バルセロナB、同じ3部から今季9ゴールのスペイン人FW獲得2016.01.15 13:55 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽バルセロナBは14日、リーガエスパニョーラ・セグンダB(スペイン3部)のオロトからスペイン人FWアルベルト・ペレア(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2017年6月30日までの1年半となっている。

▽今シーズンのセグンダBで下位に低迷しているバルセロナBは、14日にスペイン人FWアイトール・カンタラピエドラ(19)がビジャレアルにフリートランスファーで移籍。この移籍を受けて、同日にセグンダBのオロトからペレアを獲得した。

▽現在、アルバセテのカンテラ出身のペレアは、ラージョやアトレティコ・マドリーなどの下部組織を渡り歩いて、2015-16シーズンからオロトでプレーしていた。

▽バルセロナBへの加入が決定したペレアは、同クラブの公式サイトで「ここでのトレーニングや試合をとても楽しみにしているよ。僕はこのチームでは年上の方だから、自分自身の成熟や経験をチームに与えたいと考えているんだ」とコメントしている。

コメント

関連ニュース

thumb

迷走するバルサの前線補強...多くの選手がメッシ、スアレス、ネイマールとの競争を恐れる

前線の補強が遅々として進まないバルセロナだが、その原因は多くの選手が世界最高の3トップとの競争を恐れていることにあるのかもしれない。<br><br>ルイス・エンリケ監督は今夏FWリオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールの控えとなれる選手の補強を望んでいる。だがクラブはこれまで、指揮官の要望を満たせないまま1カ月余りを過ごしてきた。<br><br>「第4のFW探し」と銘打たれたバルサの補強に秘密はない。&ldquo;MSN&rdquo;のサブとして、要所で決定力を発揮してくれる選手を欲している。しかしサッカー選手で控えの立場に甘んじる者はいない。現に、複数の選手がバルサからの関心をよそに他クラブへの移籍を果たした。<br><br>L・エンリケ監督のバルセロナBとセルタ時代の愛弟子ノリートは、ジョゼップ・グアルディオラ新監督を迎えたマンチェスター・シティへと渡った。レンヌで才能を輝かせていた新星ウスマーヌ・デンベレはドルトムントに移籍。フリーで獲得できるチャンスのあったハテム・ベン・アルファはニースを離れ、パリ・サンジェルマンに新天地を求めた。そのほか、アトレティコ・マドリーFWルシアーノ・ビエットはセビージャ移籍が濃厚に。パルメイラスFWガブリエル・ジェズスはマンチェスター・シティ移籍に傾いている。<br><br>バルサでスポーツ・ディレクターを務めるロベルト・フェルナンデス氏は、27日の公式会見で第4のFW探しについて難航しているかを問われ、「イエス」と答えた。スペイン『スポルト』によると、現在候補に挙げられているのはフィオレンティーナFWマリオ・ゴメス、デポルティボFWルーカス・ペレス、リヨンFWアレクサンドル・ラカゼット、ニューカッスルFWアヨセ・ペレス、フェネルバフチェFWロビン・ファン・ペルシだとされる。<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.28 21:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ネイマール「メッシのためにプレーするのを恥だとは思わない」

バルセロナFWネイマールは、FWリオネル・メッシのような選手がいれば、チームが選手に依存してしまうのは避けられないと話している。<br><br>ネイマールは2013年夏にサントスからバルサに移籍。昨年、契約延長における交渉が長引いたものの、結局2021年までの延長で合意した。<br><br>ブラジル代表ではエースを張るネイマールだが、バルサにはメッシという絶対的なエースが存在する。ネイマールはメッシへの依存を悪いことではないと考えているようだ。<br><br>「バルサは世界一のビッグクラブだ。でも、ロッカールームの雰囲気は素晴らしいよ。どんな偉大な選手であれ、バルサでは手厚く歓迎されるはずだ。バルサに来る選手は幸せになれる。今の僕がそうであるようにね」<br><br>「各選手がチームでの重要性を認識しなければいけない。バルサがメッシに頼っていないとは言えない。もちろん、僕たちは彼を頼っている。常にベストの選手には頼ってしまうものだよ。彼のためにプレーするのを、恥だとは思わない。選べるのなら、僕は常にメッシに頼ることを選ぶね」<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.28 20:29 Thu
twitterfacebook
thumb

アンドレ・ゴメス、レアルではなくバルサを選んだ理由は...「クラブの哲学」

バルセロナへと電撃移籍を果たしたポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスが、27日に入団会見に臨んだ。バレンシアから加入した22歳の新鋭は、この場で今回の移籍に至った経緯を語っている。<br><br>バルセロナは今月21日にA・ゴメス獲得を発表した。その移籍金は固定額3500万ユーロ、成功報酬額2000万ユーロ(試合出場・得点・アシスト数で計算)+1500万ユーロ(FIFAバロンドールでトップ10入りとの条件)で最大7000万ユーロ(約81億円)に上るとされる。<br><br>A・ゴメスの移籍は周囲を驚かせるものとなった。この夏を通じて、レアル・マドリーが同選手をずっと狙っていたからだ。だが、ポルトガル代表MFはバルセロナ行きを選択。その理由をこのように明かしている。<br><br>「自分に最適なクラブを選ばなければいけなかった。まったく迷わなかったよ。今後の自分の成長を考えれば、バルセロナが一番だとすぐに分かった」<br><br>「(レアルの関心について)それは個人的な問題だ。クラブには、それぞれ哲学がある。バルセロナのそれが僕に合うと思った。僕のパーソナリティーや特徴を考えるとね」<br><br>移籍に際して、ルイス・エンリケ監督とは電話で会話を交わしたようだ。<br><br>「監督とは電話で話をした。僕の加入に、すごく満足していると言っていたよ。仕事に励んでくれ、と言われた。すぐにチームメートと一緒にトレーニングを始めて、できるだけ早く適応したい」<br><br>A・ゴメスが待望するのは当然、世界最高3トップとの共存だ。<br><br>「(リオネル・)メッシ、(ルイス・)スアレス、ネイマールとプレーできるようになり、本当にうれしい。彼らを立てなければいけない。彼らは&ldquo;クラック(名手)&rdquo;だからね」<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.28 18:41 Thu
twitterfacebook
thumb

マスチェラーノがバルサと3年の契約延長

▽バルセロナは27日、アルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノ(32)と3年間の契約延長で合意したことを発表した。 ▽32歳ながらも衰え知らずのマスチェラーノに関しては、移籍が取りざたされているMFポール・ポグバの後釜としてユベントスが獲得を狙っているとの噂が出ていたが、2019年6月までバルセロナでプレーし続けることになった。 ▽2010年の夏にリバプールからバルセロナに加入したマスチェラーノは、センターバックを主戦場に282試合に出場。2度のチャンピオンズリーグ制覇や4度のリーガエスパニョーラ優勝など、16のタイトルを獲得している。 2016.07.27 20:58 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ、契約延長に向けマスチェラーノと交渉開始

バルセロナは、MFハビエル・マスチェラーノ(32)の契約延長に向けて動き始めているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。<br><br>2018年までバルサとの契約を結ぶマスチェラーノだが、今夏ユベントスが獲得に動いていた。選手は本職の守備的MFでのプレーを確約され、一時はユーベ移籍に傾いているとみられていた。<br><br>バルサは疑いを持ったマスチェラーノを説き伏せるため、コパ・アメリカ開催中にロベルト・フェルナンデスSD(スポーツディレクター)をアメリカに送り込み、話し合いの場を設けた。その後、マスチェラーノ自身が「バルサから移籍するのは難しい」と公言。移籍の可能性はそこで事実上消滅した。<br><br>マスチェラーノの代理人を務めるワルテル・タメル氏は、先日クラブ幹部と会合を開いた。内容は契約延長に関するものだったとされる。幹部が『ムンド・デポルティボ』に明かしたところによれば、交渉は順調に進んでいる模様だ。<br><br>32歳のマスチェラーノは、今もバルサで重要な存在であり続けている。それは彼ほどカリスマ性があり、模範的で、クラブに忠実な選手は他にいないからだろう。<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.27 17:59 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース