バルセロナB、同じ3部から今季9ゴールのスペイン人FW獲得2016.01.15 13:55 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽バルセロナBは14日、リーガエスパニョーラ・セグンダB(スペイン3部)のオロトからスペイン人FWアルベルト・ペレア(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2017年6月30日までの1年半となっている。

▽今シーズンのセグンダBで下位に低迷しているバルセロナBは、14日にスペイン人FWアイトール・カンタラピエドラ(19)がビジャレアルにフリートランスファーで移籍。この移籍を受けて、同日にセグンダBのオロトからペレアを獲得した。

▽現在、アルバセテのカンテラ出身のペレアは、ラージョやアトレティコ・マドリーなどの下部組織を渡り歩いて、2015-16シーズンからオロトでプレーしていた。

▽バルセロナBへの加入が決定したペレアは、同クラブの公式サイトで「ここでのトレーニングや試合をとても楽しみにしているよ。僕はこのチームでは年上の方だから、自分自身の成熟や経験をチームに与えたいと考えているんだ」とコメントしている。

コメント

関連ニュース

thumb

バレンシアがバルサ期待の新生・ムニルを買取りOP付きのレンタルで獲得!!

▽バレンシアは30日、バルセロナのスペイン代表FWムニル・エル・ハダディ(20)を買取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は9に決定した。 ▽なお、2016-17シーズン終了後に買取りオプションを行使する際には1200万ユーロ(約13億7200万円)を支払う契約になっている。また、バルセロナは買い戻しオプションを付けている。 ▽バルセロナのカンテラ(下部組織)で育ったムニルは、2014-15シーズンにトップチームデビューを飾り、昨シーズンまでに公式戦26試合8ゴールをマーク。また、2014年9月8日にはFWジエゴ・コスタの負傷を受けて、ユーロ2016予選のマケドニア戦に臨むスペイン代表に招集され、同試合で代表デビューを果たしている。 ▽バルセロナは同日、バレンシアからスペイン代表FWパコ・アルカセル(22)を完全移籍で獲得しており、ムニルは同選手の後釜を担うことになる。 2016.08.30 22:56 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ、“第4のFW”問題がついに決着!! バレンシアからパコ・アルカセル獲得!!

▽バルセロナは30日、バレンシアのスペイン代表FWパコ・アルカセル(22)を獲得したことを発表した。移籍金は3000万ユーロ+ボーナス200万ユーロ(計、約36億6000万円)で契約期間は5年となっている。 ▽また、バルセロナは同選手のバイアウト条項を1億ユーロ(約114億2000万円)に設定した。パコ・アルカセルは、既にメディカルチェックと契約のサインを済ませているが、29日からスペイン代表のトレーニングに参加しており、代表ウィークから戻り次第、正式なお披露目会見に出席する予定だ。 ▽以前から、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス、ブラジル代表FWネイマールの“MSN”をバックアップする“第4のFW”獲得を目指していると言われていたバルセロナ。地元紙である『ムンド・デポルティボ』は29日にパコ・アルカセルがバルセロナのメディカルチェックを通過したと報道。移籍決定の発表は秒読み段階となっていた。 ▽バレンシアの下部組織で育ったパコ・アルカセルは、2010年にトップチームデビューを果たすと、2012-13シーズンはヘタフェにレンタル移籍で加入。公式戦24試合4ゴールを奪う活躍を見せた。翌シーズンからはバレンシアに復帰して主力として活躍。2015-16シーズンは公式戦40試合15ゴールを奪っていた。また、2014年9月4日に行われた国際親善試合のフランス代表戦で、スペイン代表デビューを果たしている。 2016.08.30 21:47 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ下部組織選手たちのフェアプレー精神が話題に

28日にU-12ジュニアワールドサッカーチャレンジ2016決勝が行われ、バルセロナが優勝を飾った。この試合後のバルサの選手たちの振る舞いがスペインで話題を呼んでいる。<br><br>バルサはシャビ・プラナスの決勝点で大宮アルディージャ・ジュニアを下し、優勝を達成した。だが、バルサの選手たちが素晴らしい行動を見せたのは試合後だった。<br><br>大宮の選手たちが涙を流して落胆するなか、バルサの選手たちはひとりひとり抱擁と握手を交え、相手の健闘をたたえた。言葉は通じないながら、しっかりとフェアプレー精神を体現している。<br><br>スペイン『マルカ』や『アス』電子版は、この様子を映像で伝え、バルサの選手たちの振る舞いを称賛している。<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.30 21:40 Tue
twitterfacebook
thumb

メッシ、スアレス、ネイマールの控えを受け入れ...新たな挑戦を決意したP・アルカセル

バルセロナ移籍が間近に迫っているバレンシアFWパコ・アルカセルだが、これまで様々な試練を乗り越えてきたこともあり、世界最高峰の3トップからの定位置奪取という挑戦を決意したのかもしれない。<br><br>今夏FWリオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールの控えを務められる選手を探していたバルサ。多くの選手が4番手という状況を嫌がる中で、移籍市場が閉まる直前にP・アルカセルをほぼ手中に収めた。<br><br>P・アルカセルは&ldquo;MSN&rdquo;と称される3トップとのポジション争いという非常に困難な挑戦に臨むことになる。過去を顧みれば、この男はこれまでもたくさんの試練に直面してきた。当時17歳だった2011年には、父親が心筋梗塞のため亡くなった。バレンシアでは、FWロベルト・ソルダード(現ビジャレアル)、アルバロ・ネグレド(ミドルスブラフ)、ジョナス(ベンフィカ)ら実力に疑いの余地がないストライカー獲得たちとしのぎを削った。スペインの世代別代表では、常にアルバロ・モラタ(レアル・マドリー)が立ちはだかった。<br><br>今からおよそ2年前、P・アルカセルは地元メディアに自身の職業に対する考え方を明かしている。「サッカーは2時間で成り立つものじゃない」「それ以外でいかにトレーニング、体のケア、集中の維持に時間を割くか」「注目されていない場所でも良い振る舞いを見せなければいけない」「そこで本当のプロフェッショナリズムが問われるから」。23歳のストライカーの野心が垣間見える。<br><br>バレンシアでの活躍が、スペイン代表への扉を開いた。代表ではバレンシアに所属していることでFWダビド・ビジャ(ニューヨーク・シティ)の後継者と目された。だがその重圧を跳ね返し、公式戦9試合で6得点。しかしながら、ユーロ2016のメンバーからは外された。<br><br>それでも、この夏「第4のFW獲得」と銘打たれたオペレーションで、バルサが選んだのはP・アルカセルだ。P・アルカセルはルイス・エンリケ監督やロベルト・フェルナンデスSD(スポーツディレクター)ら首脳陣の目に狂いがないと証明しなければならない。これまでやってきたように、である。<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.30 19:13 Tue
twitterfacebook
thumb

バルセロナ会長、メッシと契約延長を望む「世界一の選手に残ってほしい」

バルセロナは、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシと契約延長に向けて動いていくようだ。<br><br>メッシとバルセロナは2018年まで契約を結んでいる。契約延長のうわさがある一方、脱税騒動の影響により退団するのではないかと憶測されることも少なくない。<br><br>クラブの社長を務めるジョゼップ・マリア・バルトメウ氏は『Catalunya Radio』の取材に対し、「メッシとは現在、2年契約を結んでいる。しかし、我々は新しい契約に向けて話し合いの場を持とうとしている。ここに残ってほしいからね」と話し、新契約へ向けた働きかけをしていくと明かした。<br><br>さらにバルトメウ氏は、「メッシは世界最高の選手だ。税金のことに関しては彼の家族の問題である部分が大きく、選手に責任を求めるのがいいことだとは思わない。我々はすべての選手に対してそうだが、レオのケースに関してもしっかりと話し合っていく。彼はとても強い人間で、素晴らしい野心を持っている。バルセロナの人々を幸せにできる選手なんだ。彼はいつも我々のリストに入っているよ」と、放出する意向がないと話している。<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.30 17:59 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース