超ワールドサッカー

コーチでの復帰が噂されるドログバがロンドンに…アザールらとNBA観戦2016.01.15 11:04 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽モントリオール・インパクトに所属する元チェルシーのFWディディエ・ドログバがロンドンに居るようだ。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えている。

▽ドログバがロンドンに居る理由は、チェルシーとの交渉ではなく、今回はNBAの試合観戦のため。NBAグローバルゲームズ2016の一環としてロンドンのO2アリーナで行われた、トロント・ラプターズvsオーランド・マジックを観戦しており、会場にはチェルシーのMFエデン・アザールやDFクルト・ズマ、GKティボー・クルトワも観戦に訪れていたという。

▽現在はMLSのオフシーズンを過ごしているドログバだが、兼ねてからコーチとしてチェルシーへの復帰が噂されている。フース・ヒディンク監督も復帰を望んでいるものの、「ドログバはモントリオール・インパクトとの契約が残っている。我々はそれを尊重する必要がある」とコメントし、復帰が困難であることを認めた。

▽なお、ドログバはかつてのチームメイトらと楽しそうに観戦していたとのこと。また、ハーフタイムにはコートに姿を現し、シュートを打つなどNBA観戦を楽しんでいたようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

モウリーニョの父・フェリックス氏が78歳で死去…ポルトガル代表でもプレーした守護神

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督の父親である、フェリックス氏が亡くなったとポルトガル『A Bola』が報じた。78歳だった。 ▽フェリックス氏は、現役時代にGKとして活躍し、ヴィトーリアやベレネンセスでプレー。ポルトガル代表でも1キャップを記録している。 ▽父親の死を受けたモウリーニョ監督は自身のインスタグラムを更新。幼少時代のモウリーニョ監督とフェリックス氏の2ショット写真を投稿し、哀悼の意を表している。 2017.06.26 16:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ブラジルW杯に出場していたロシア代表23名にドーピング疑惑

▽国際サッカー連盟(FIFA)は、2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)に出場したロシア代表23選手に対し、ドービング疑惑の調査を行っていることを認めた。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽ロシアでは、過去10年間にわたる国家ぐるみのドーピング疑惑が持ちかけられており、オリンピックに出場していた選手らが告発を行っていることでも知られている。 ▽『デイリー・メール』によると、世界反ドーピング期間(WADA)がオリンピックやパラリンピックの競技に関わる1000人以上のスポーツ選手が、組織的なドーピング隠微に関わっていたと認定。その対象に、ブラジルW杯に出場した23名に加え11名のサッカー選手が含まれているとのことで、FIFAもその事実を認めたようだ。 ▽現在はロシアでコンフェデレーションズカップが行われており、来年にはW杯の開催が控えている。FIFAとしてはW杯開催の前に明らかにしたい意向があるようだ。 ▽なお、対象選手には、長年ロシア代表の守護神を務めているGKイゴール・アキンフェエフやDFセルゲイ・イクナシェビッチ、MFユーリ・ジルコフ、FWアレクサンドル・ココリンなどが含まれている。 ▽なお、ロシアはブラジルW杯でグループHに属し、ベルギー代表、アルジェリア代表、韓国代表と対戦。2分け1敗の結果で3位となり、グループステージで敗退していた。 2017.06.26 12:23 Mon
twitterfacebook
thumb

ネイマール、プロポーズ失敗で美人モデルと3度目の破局

▽バルセロナに所属するブラジル代表FWネイマール(25)が恋人のブルーナ・マルケジーニさん(21)と破局した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽マルケジーニさんはモデルとして活躍する21歳のブラジル人女性。ネイマールとマルケジーニさんは、過去2度の破局を経て、昨年夏ごろに復縁したとみられていた。 ▽しかし、今回の報道によれば、ネイマールは出席したチャリティーイベントでマルケジーニさんとの交際について問われると、次のようにコメントしたという。 「私生活のことについて話すのは好きじゃないけど、別れたのは本当さ。2人で決めたことなんだ。彼女は、素晴らしい女性。彼女の幸せを願うよ。僕らは友人として終わった」 ▽なお、『マルカ』が伝えたブラジルメディア『UOL』の情報によれば、ネイマールのプロポーズにマルケジーニさんが「ノー」と返答したことが破局した理由とのこと。結婚観に違いがあったのかもしれない。 2017.06.24 19:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ポグバの移籍でユベントスに不正が発覚…FIFAの調査で明らかに

▽国際サッカー連盟(FIFA)は、昨年8月にユベントスからマンチェスター・ユナイテッドに移籍したフランス代表MFポール・ポグバの取引に関し、ユベントスに規律違反があったことを明らかにした。イギリス『BBC』など複数メディアが報じた。 ▽FIFAは、5月に史上最高額の8900万ポンド(当時のレートで約121億円)でユベントスからユナイテッドへと移籍したポグバに関して、両クラブに取引の明確化を求めていた。この結果、ユベントス側の違反が発覚し、懲戒手続きを開始するとのことだ。 ▽FIFAのスポークスマンは『ESPN』で「マンチェスター・ユナイテッドに対する懲戒処分はないことを確認している」とコメント。「ユベントスに対しては懲戒処分があることが確認された。手続きを進めている段階なので、これ以上のコメントはできない」と語り、ユベントスが処分されることを明かした。 ▽今回の件では、第三者の所有権の規則に抵触している可能性があるとのことで、不正に報酬を得ていたことが疑われている。 2017.06.21 11:37 Wed
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド、18億円の脱税容疑で7月31日に出廷へ

▽脱税容疑がかけられるレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(32)の出廷日が決まったようだ。スペイン『アス』が報じている。 ▽伝えられるところによれば、出廷日は7月31日の現地時間11時。C・ロナウドに対しては、2011年から2014年にかけて、総額1470万ユーロ(約18億2000万円)にも及ぶ肖像権収入を不正申告した疑いがかけられている。 ▽そのC・ロナウドを巡っては、このたびの脱税疑惑の問題が引き金となり、クラブのサポート不十分として、今夏のレアル・マドリー退団を希望しているとみられている。今後もピッチ内外でトピックを飾ることになりそうだ。 2017.06.20 21:15 Tue
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース