コーチでの復帰が噂されるドログバがロンドンに…アザールらとNBA観戦2016.01.15 11:04 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽モントリオール・インパクトに所属する元チェルシーのFWディディエ・ドログバがロンドンに居るようだ。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えている。

▽ドログバがロンドンに居る理由は、チェルシーとの交渉ではなく、今回はNBAの試合観戦のため。NBAグローバルゲームズ2016の一環としてロンドンのO2アリーナで行われた、トロント・ラプターズvsオーランド・マジックを観戦しており、会場にはチェルシーのMFエデン・アザールやDFクルト・ズマ、GKティボー・クルトワも観戦に訪れていたという。

▽現在はMLSのオフシーズンを過ごしているドログバだが、兼ねてからコーチとしてチェルシーへの復帰が噂されている。フース・ヒディンク監督も復帰を望んでいるものの、「ドログバはモントリオール・インパクトとの契約が残っている。我々はそれを尊重する必要がある」とコメントし、復帰が困難であることを認めた。

▽なお、ドログバはかつてのチームメイトらと楽しそうに観戦していたとのこと。また、ハーフタイムにはコートに姿を現し、シュートを打つなどNBA観戦を楽しんでいたようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

新たな体験を…『DAZN(ダ・ゾーン)』がサービス開始! 年間6000以上の試合を月額1750円で提供

▽世界中でスポーツコンテンツの制作や配信を行ってきたPerform Groupが展開するスポーツのライブストリーミングサービス『DAZN(ダ・ゾーン)』が、23日にサービスを開始した。 ▽『DAZN』は、130以上のスポーツコンテンツを配信し、国内スポーツでは、2017シーズンからJ1、J2、J3を全試合放送。また、プロ野球では横浜DeNAベイスターズ、広島東洋カープのホームゲーム全試合、バレーボールのVリーグ、ラグビーのトップリーグ、日本代表のホームゲームを放送する。 ▽また、海外スポーツではセリエAやブンデスリーガ(1部、2部)、リーグ・アン、FAカップを配信。その他にも、NBAやNFL、MLB、PGAツアー、UFC,F1なども放送する。 ▽なお、利用料金は月額定額の1750円(税別)で、1つのアカウントで最大6つのデバイスを登録可能。同時に2台まで試聴できるので、家族で違う試合を見ることもできる。また、映像はフルHDで提供されるため、テレビで視聴しても画質に問題はない。 ▽また、日本向けの映像は日本のスタジオで制作され、約65%のコンテンツは日本語の実況を付けるとのこと。解説も付ける予定だ。 ▽DAZN CEOのジェームズ・ラシュトン氏は「日本人は世界に類をみないほど、幅広いジャンルのスポーツが好きな国民だと言われています。大好きなスポーツをいつでもどこでもインターネットを通じて届けることが、日本のスポーツファンに新たなスポーツ観戦体験を提供できる機会だと考え、『DAZN』をお届けする地として日本を選びました」とコメント。「これまでにない新しいサービスを通じて、日本のスポーツファンの皆さまにより多くのスポーツをお楽しみ頂ければと考えております」と語り、日本のスポーツ界の未来への期待を寄せている。 2016.08.23 21:56 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ新入りアンドレ・ゴメスとスアレスが事故る 目の当たりにした警備員は苦笑

▽バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、“新入り”ポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスにより、背後から不意の一撃を食らった。スペイン『Deportes Cuatro』が動画とともに報じている。 ▽報道によれば、アクシデントが起きたのは21日。チームでのトレーニングを終えたバルセロナの選手たちが、各々の愛車でトレーニングセンターを後にしようとしていたときのことだった。 ▽映像を見ると、駐車場を徐行で後にしようとしていたスアレスがスピードを緩めた瞬間、後方に続いて走行していたアンドレ・ゴメスが、ウルグアイ人FWの車両後部に衝突。その瞬間を目の当たりにした警備員は苦笑していた。 ▽なお、両選手ともに衝突事故を起こしたものの、そのまま何もなかったように車を発進させており、大事には至らなかった様子。ピッチ上では両者の息の合ったプレーを見たいところだ。 2016.08.23 19:50 Tue
twitterfacebook
thumb

リーガ開幕戦で人種差別的チャント…相手選手がサポーターのチャントを止めさせる

▽新シーズンの開幕を迎えたリーガエスパニョーラだが、開幕戦でいきなり残念なことが起こったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽事件が起こったのは、21日に行われたリーガエスパニョーラ第1節のスポルティング・ヒホンvsアスレティック・ビルバオの一戦。30分ごろ、ヒホンのサポーターがビルバオのスペイン代表FWイニャキ・ウィリアムスに対し、人種差別的なチャントを歌ったために試合が一時中断されたようだ。 ▽『スカイ・スポーツ』によると、このチャントを聞いたヒホンの選手たちがサポーターに対して止めるように嘆願。その後は試合が再開され、2-1でヒホンが勝利を収めた。 ▽ウィリアムスはビルバオで生まれ、2014年にトップチーム昇格。2015年にはクラブ史上初の黒人選手としてのゴールを記録している。今年3月にはスペイン代表デビューも果たした。 2016.08.22 21:20 Mon
twitterfacebook
thumb

レスター残留のヴァーディ、“幻”のアーセナルユニ姿をお披露目…英紙が皮肉交じりの報道

▽レスター・シティに所属するイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディが、幻に終わったアーセナルのユニフォーム姿を披露した。イギリス『デイリー・スター』が報じている。 ▽今夏、アーセナル移籍が間近との見方が強まっていた中、最終的にレスター残留を決断したヴァーディ。そのヴァーディは、20日に本拠地で行われたプレミアリーグ第2節のアーセナル戦(0-0のドロー)に先発した。 ▽その試合後、ヴァーディはイングランド代表でのチームメートであり、アーセナルでプレーするウィルシャーとユニフォームを交換。アーセナルの黄色いアウェイユニフォームに袖を通し、ピッチを後にした。 ▽その様子について、『デイリー・スター』は「ウィルシャーとユニフォームを交換したが、これはイングランド人ストライカーが近いうちにアーセナルへと移籍するという意味ではない」と念を押し、今夏の補強に関してネガティブな報道が続くアーセナルを皮肉った。 2016.08.21 15:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ベンテケがC・パレス移籍初日にSNS上で凡ミス 所属先をバーンリーと誤記

▽今夏にリバプールからクリスタル・パレスに移籍したベルギー代表FWクリスティアン・ベンテケが移籍先決定の初日に凡ミスを犯した。スペイン『マルカ』が、ベンテケの公式ツイッター上で、所属先が“バーンリー”になっていたと報じている。 ▽昨夏に前任のブレンダン・ロジャーズ監督が率いるリバプールに加入したベンテケ。しかし、活躍できずにいると、昨年10月に途中就任したユルゲン・クロップ監督からも信頼を勝ち取れず、今夏の移籍が有力視されていた。 ▽そのベンテケは20日、以前から移籍先として噂されていたクリスタル・パレス移籍が決定。その後、自身のツイッター上のプロフィール欄の画像や紹介文を変更したベンテケだが、何を勘違いしたのか所属先を“バーンリー”と記してしまったようだ。 ▽なお、その凡ミスにすぐさま気づいたベンテケは、誤記を訂正した後、「すまない。僕がサインしたのは、バーンリーじゃなくて、クリスタル・パレスだ。僕のツイッターを管理している人の小さなミスにより、フォロワーに誤解を招かせてしまって、申し訳ない」とのツイートで陳謝している。 2016.08.21 13:45 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース