リオ五輪最終予選へ始動するなでしこ、佐々木監督「なでしこのパワーを日本のみなさんに示していきたい」2016.01.14 18:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽日本サッカー協会(JFA)は14日、18日(月)から26日(火)まで沖縄で行われる日本女子代表候補トレーニングキャンプに臨むメンバーを発表した。2月末にリオ五輪の出場権が懸かるアジア最終予選が控える中、なでしこジャパンを率いる佐々木則夫監督は、今回のメンバーを選考した理由やトレーニングキャンプを実施する意図に関して説明している。

▽なでしこジャパンは、来週に沖縄でトレーニングキャンプを行った後、大阪での直前合宿を経てアジア最終予選に臨む。佐々木監督は、前日に男子のU-23日本代表がリオ五輪の出場権を懸けた戦いをスタートさせたことに関し、「緊張感も含めてこちらに伝わってきました。どの戦いも予選は、精神的にも体力的にも非常に厳しい試合になりますので、そういった部分をひしひしと感じさせてもらいました」と、予選に対する率直な感想を述べて次のように語った。

佐々木則夫監督
――今回のメンバーを選んだ意図は
「経験のある選手がメインでありますし、かつ何人かは昨年のリーグ戦での活躍を踏まえました。また、あともう一度、海外組を除いた中でキャンプがありますので、この2回のキャンプの中で予選を戦うメンバーをしっかりと選びたいです。特に、今回のメンバーには海外組がいますので、そういう意味では直前のキャンプに集合してもチームとしてやるべきことがすぐにできるようにしたいと思います。移行すべき時期でもありますが、コンディションのみならず、チームとしてどう戦うのか、ワールドカップの反省も含めて修正してきたいです」

――今回の26人から予選のメンバー20人までどのように絞るのか
「次のキャンプを含めた総体的な部分の中で、どれが一番良い形で組み合わせができるのか、そういったことも加味しながら人選していきたいです」

――直前のキャンプまで20人には絞らないのか
「直前のキャンプの途中で20人に絞ろうと思っています」

――沖縄のキャンプと大阪のキャンプの間はあまりないが
「そこのところでは構成もしながら、20人というメンバーで5戦連続での間がない中でやるので、どこかでコンディションが悪ければ、そこを外して計算ができる選手を選考するでしょうし、最後の最後まではわからないという状況です。イメージは頭の中にありますが、それが順風満帆にいくはわからないので、直前のキャンプまでは選考はしません」

――選考において重視する部分は
「この5戦の厳しい、そして精神的にも厳しい(状況を考慮して)、チームとしてしっかり結び付けられるような状況の選手を選考します。(複数のポジションでプレーできる選手は)メンバーの中にはそういった選手も必要だと思います。それぞれのポジションのストロングな選手も必要だと思います」

――GK海堀あゆみが招集されなかった理由は
「現状のコンディションや相対的な部分を加味した中でのGKの選出となりました」

――MF岩渕真奈に関しては
「バイエルンでまだ公式戦に出場していないので、その辺を踏まえてから、しっかりとコンディションを含めてチェックし、選考するかどうかを決めたいと思う」

――今年1年をどうしたいか
「なでしこのパワーを日本のみなさんに示していきたいと思います」

――FW安藤梢が昨年のワールドカップ以来となる復帰を果たしたが
「現時点でもドイツのチームでしっかり戦力として戦っていますので、そういったところをもう一度確認し、チームに融合する上でメンバーに入る存在かどうかを確認したいです」

――澤穂希が引退して初のなでしことなるが
「それについては昨年、彼女が決断したことの中で、私たち自身の中で切り替えてやるしかないと思っています。澤選手の魅力や存在感があると思いますが、すぐにそういった選手が現われるのはもう少し時間がかかると思うので、みなさんの目で新たななでしこのレギュラーを見ていただいて、それに匹敵するかどうかを決めていただければと思います。私たち自身もそういった潜在能力がある選手を選びたいと思います」

――練習試合ではなく、合宿を行う意図は
「親善試合で1試合2試合の部分ではなく、昨年からの過程の中で反省したり修正しなければいけないところがあるので、その辺をしっかりとやりたいという思いで合宿を行うことにしました」

――やりたいサッカーを新たなスタートとしてやっていきたいか
「以前においては、セットプレーは攻守ともに質が高かったですが、その辺の部分がまだまだ昨年の感想では現れていないので、その辺をやりたいです。諸外国のレベルが上がってきた現実があるので、連係した守備ももっとレベルを上げていく必要があります。攻撃も、相手の守備が向上しているので、その辺を攻略するのはもっとコンビネーションを高めなければいけません。そういった意味では、我々の力を1ステップ2ステップ上げるためには、親善試合よりもキャンプが良いということです」

――今年U-20ワールドカップを控えるDF乗松瑠華(浦和レッズレディース)を呼んだ意図は
「昨年はレッズの右サイドバックで良いプレーを見せていたので、なでしこに加えてどうなるかどうかを確認したいと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

千葉のなでしこジャパンFW菅澤優衣香が浦和に完全移籍

▽浦和レッズレディースは14日、ジェフユナイテッド市原・千葉レディースのなでしこジャパンFW菅澤優衣香(26)が完全移籍で加入することを発表した。 ▽菅澤はJFAアカデミー福島から2009年にアルビレックス新潟レディースへ入団。2013年からジェフユナイテッド市原・千葉レディースでプレー。ジェフユナイテッド市原・千葉レディースでは、2014年、2015年と2年連続でなでしこリーグ得点王に輝き、2年連続でベストイレブンにも選出されていた。昨シーズンはなでしこリーグで17試合出場5得点。 ▽また、2010年からはなでしこジャパンにも選出され、2014年のAFC 女子アジアカップ優勝や、2015年のカナダ女子ワールドカップ準優勝などに貢献した。菅澤は今回の移籍について、浦和レッズレディースを通じてコメントしている。 「今シーズンから浦和レッズレディースに加入することになりました。今までのサッカーはもちろんですが、それ以上にレベルアップし、チームの力になれるよう頑張りたいと思います。ファン・サポーターのみなさん、応援よろしくお願いします」 ▽また、4シーズンを過ごしたジェフユナイテッド市原・千葉レディースを通じてもコメントしている。 「新年、明けましておめでとうございます。年明け早々ですが、皆さんにご報告があります。今季でジェフレディースを移籍することになりました。ジェフに移籍してきて4年間、たくさんの方々に支えて頂いて今の自分があると思います。新しい環境に身を置き、また新たな気持ちでサッカーに向き合いたいと思っています。更に上を目指せる選手になれるよう頑張っていきたいと思っています」 「今までご指導サポートして頂いたスタッフ、選手、スポンサー企業の皆様、それから、何を置いてもなくてはならないサポーターの皆様、そして身近で支えてくれた家族にこの場をかりて改めて感謝申し上げます。最後に、チームは違いますがなでしこリーグをこれからも一緒に盛り上げていけたらと思っていますので今後も陰ながら応援して頂ければと思っています。4年間、本当にありがとうございました」 2017.01.14 22:40 Sat
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパン候補メンバーが発表! U-20女子W杯出場の4名が初招集!《トレーニングキャンプ》

▽日本サッカー協会(JFA)は13日、20日~24日にかけて行われるトレーニングキャンプに臨むなでしこジャパンの候補メンバーを発表した。 ▽今回のメンバーには、GK山根恵里奈(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)やDF鮫島彩(INAC神戸レオネッサ)、MF阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)、MF猶本光(浦和レッズレディース)、FW菅澤優衣香(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)らこれまで招集されたメンバーに加え、DF熊谷紗希(リヨン)、MF宇津木瑠美(シアトル・レイン)の海外組2名が選出された。 ▽また、昨年パプア・ニューギニアで行われたU-20女子ワールドカップにU-20日本女子代表として出場していたDF北川ひかる(浦和レッズレディース)、DF市瀬菜々(ベガルタ仙台レディース)、MF長谷川唯(日テレ・ベレーザ)、FW籾木結花(日テレ・ベレーザ)が初選出されている。今回発表されたメンバーは以下の通り。 ◆なでしこジャパン候補メンバー GK 山根恵里奈(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース) 池田咲紀子(浦和レッズレディース) 山下杏也加(日テレ・ベレーザ) 平尾知佳(浦和レッズレディース) DF 鮫島彩(INAC神戸レオネッサ) 有吉佐織(日テレ・ベレーザ) 川村優理(ベガルタ仙台レディース) 熊谷紗希(オリンピック・リヨン/フランス) 國澤志乃(AC長野パルセイロ・レディース) 京川舞(INAC神戸レオネッサ) 高木ひかり(ノジマステラ神奈川相模原) 北川ひかる(浦和レッズレディース)※ 市瀬菜々(ベガルタ仙台レディース)※ MF 上尾野辺めぐみ(アルビレックス新潟レディース) 阪口夢穂(日テレ・ベレーザ) 宇津木瑠美(シアトル・レインFC/アメリカ) 中島依美(INAC神戸レオネッサ) 杉田亜未(伊賀フットボールクラブくノ一) 佐々木繭(ベガルタ仙台レディース) 猶本光(浦和レッズレディース) 中里優(日テレ・ベレーザ) 長谷川唯(日テレ・ベレーザ)※ FW 有町紗央里(ベガルタ仙台レディース) 菅澤優衣香(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース) 千葉園子(ASハリマアルビオン) 横山久美(AC長野パルセイロ・レディース) 田中美南(日テレ・ベレーザ) 増矢理花(INAC神戸レオネッサ) 籾木結花(日テレ・ベレーザ)※ ※は初招集 2017.01.13 17:32 Fri
twitterfacebook
thumb

元なでしこ・澤穂希さんが第1子となる女の子を出産「感動と感謝の気持ちで胸がいっぱい」

▽なでしこジャパンとして活躍した澤穂希さん(38)が9日、第1子となる女の子を出産した。所属事務所が10日に発表した。 ▽2015年限りで現役を退いた澤さんは、2015年8月に結婚を発表。昨年7月に妊娠を発表していた。澤さんは、「いつもお世話になっている皆様へ」と題し、直筆メッセージで出産を報告した。 「いつもお世話になっている皆様へ」 「私ごとではございますが 1月9日に第1子となる女の子を無事に出産いたしました。子ども、私ともに健康で元気です」 「産声を聞いた瞬間、言葉にならないほどの感動と感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました。また出産中、主人は私の隣を片時も離れず不安を払拭してくれたことで夫婦の絆が深まりました」 「これから家族3人。かけがえのない我が子を2人で力を合わせて大切に育てていきます」 「温かく見守り応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します」 2017.01.10 20:31 Tue
twitterfacebook
thumb

宮間退団の岡山湯郷Belleに元なでしこジャパンFW木龍七瀬やオーバートレーニング症候群で引退のMF藤田のぞみら9名が加入

▽なでしこリーグ2部に降格が決定した岡山湯郷Belleは26日、9選手の加入を発表した。元なでしこジャパンのFW木龍七瀬(27)や、オーバートレーニング症候群で今年1月に現役引退を発表していたMF藤田のぞみ(24)らが加入している。 ▽木龍は日テレ・ベレーザやスカイ・ブルーFC(アメリカ)でプレーし、2016年1月に引退を発表。それでも、ボカ・ジュニアーズに所属経験もある亘崇詞に誘われ、監督を務める中国の広東女子足球隊でプレーしていた。2010年からはなでしこジャパンでもプレー。16試合に出場し2得点を挙げている。 「この度、中国・広東女子足球隊から加入しました木龍七瀬です。湯郷ベルのサッカー環境と今後の考え方に共感し、自分自身も新しい環境でチャレンジしたいと思い、移籍を決意しました。良い環境を準備していただいたことに感謝し、共に上を目指していきたいと思います」 ▽藤田は2010年から浦和レッズレディースでプレー。U-20日本女子代表としてU-20ワールドカップにキャプテンとして出場した。しかし、今年1月にオーバートレーニング症候群の影響で現役引退を表明。それでも地元島根の松江シティRagazzaでプレーしていた。 「松江シティRagazzaより移籍してきました藤田のぞみです。1部昇格の力になれるように精一杯頑張ります」 ▽その他、ちふれASエルフェン埼玉のMF萩原愛海(26)、静岡産業大学磐田ボニータのDF島村公美子(21)、開志学園JSC高等部のMF守屋栞奈(18)、FCヴィトーリアのDF秦美結(18)、伊賀フットボールクラブくノ一のMF北野梨絵(24)、MF吉村碧(23)、MF藤江沙樹(23)も加入した。 ▽岡山湯郷Belleはシーズン途中に元なでしこジャパンのGK福元美穂らが退団。なでしこリーグでは最下位に終わり、2部降格が決定。なでしこジャパンのMF宮間あやら10名以上がシーズン終了後に退団していた。 2016.12.26 22:34 Mon
twitterfacebook
thumb

悲願の初優勝とはならなかった新潟の辛島監督「大事なことや課題を突き付けられた」《皇后杯》

▽25日にフクダ電子アリーナで行われた第38回皇后杯決勝戦のアルビレックス新潟レディースvsINAC神戸レオネッサは、0-0で120分でも決着がつかず、PK戦の末に5-4で勝利したINAC神戸が優勝した。 ▽試合後の会見に出席したアルビレックス新潟レディースの辛島啓珠監督は、次のように試合を総括した。 ◆辛島啓珠監督(アルビレックス新潟レディース) ――試合を振り返って 「4回目の決勝ということですべて対戦相手がINAC神戸なんですけど、結果的にはPKで負けたが、なにがなんでもやっぱり勝ちたかった。結果だけ考えたらクラブとしてタイトルの部分では勝てば初だったので、その点では勝ちたかったし残念だったなと思う。INAC神戸の方が力が上だったと認めざるを得ないし、そういう点ではまだまだこれからタイトルを獲るための課題があるんじゃないかなと思う」 「前半はいい形でチャンスがあった。でも、INAC神戸の方もカウンターからミドルでバーに当たるというとチャンスがあって、後半に杉田(妃和)選手が入って、ボールを保持されて主導権握られてからは守備に振られて、体力が消耗したんじゃないかなと思う。杉田選手一人が入るだけで、かなり主導権握られて、前半とは打って変わって後半以降はあまりチャンスがなかった。その中でもディフェンスラインが必死になって体張って防いで、失点しなかったことに関しては評価したいと思うし、120分で0-0という結果になったのは選手がよく頑張ってくれたと思う」 「試合内容で上回れる、決定的なところで決め切れるという部分が必要なのかなと。それがなければタイトルという部分に手が届かないんだなと率直に思う。そういう点では、大事なことや課題を突き付けられたなと感じている」 ――杉田選手が入って主導権を握られたことに対して、どう打開しようとしたか 「主導権握られて動かされて、前半とは内容が違った中で守備に回る時間というのは必然的に多くなって、その中でもボールを奪ったときにチャンスを作っていかなくてはいけない。ハーフタイムにはよりサイドから攻撃しようという話をしていたが、ボールがなかなかいい形でとれないところもあったので、消耗していってしまった。その中で守備に追われてボール奪って保持した時には疲労している状態で、逆に相手はそこの切り替えのところで守備に余力があったから、そういう点では相手のプレッシャーによりミスが起こったり精度が落ちたりというところがあったと思う。それでも失点しないで、どんな形でも1点入れば状況が違ったので、後半はそうならざるを得なかったと思う」 ――チームでハードワークするのが信条だが、中一日は影響したか 「相手も一緒だったと思う。ただINAC神戸には前半は伊藤選手を起用して、後半に杉田選手を投入するというプランがあったと思う。我々もその中でディフェンスしてだんだん主導権とられて疲労して中盤の選手がついていけなかったり、セカンドボールを拾えなかったりというところで、選手を交代してある程度チームを活性化しようという思いがあったが、代わって入った選手がフレッシュだったので良かったとは思う。ボールを動かされて守備に追われると体力を消耗するということを考えたら、自分たちがここで主導権をとれるような方法は今後必要なのかなと思う」 ――タイトルは獲れるべきに獲れて、獲れないときは獲れないだけの理由があると言っていたが、その点でまだ選手に足りない部分は 「どうやって勝つかというのはあると思う。チームの編成の中で、堅守速攻でやるのか、INAC神戸のように個人技の高い選手がいるなかで主導権を握って点を狙うのかというのは、当然チームの方向性によるところはあると思うが、点をとれないと勝てないし、守っているだけじゃ勝てない。個々でも集団でも点をとるためには攻撃の精度を高めなくてはいけないし、そこを求めなければ頭打ちになってしまう。速い選手がいてカウンターを仕掛けてというのが戦術にあったとしても、その選手がいなくなってしまったら全部なくなってしまう。そう考えたらサッカーの質の部分を高めていく必要がある」 ――前半のビルドアップを見ても、チームがやろうとしていることが身についた一年だと思うが 「自分はまだ(就任して)一年で、当然これが完成とは全然思っていないし、来季に向けてまだまだ自分がやりたいことの過程だと思っている。日テレ・ベレーザ戦の時は守備にしながら頑張ったところはある。今回は、前半主導権握れたところもあるけど、後半は内容が変わってしまった。そういう試合が入ってきたときにいろんな状況があったとしてもブレないでやっていくことが必要だと思う。今年はこれでタイトル獲れなくて終わったが、ここで出た課題を来年活かして上積みしてやっていきたい」 ――今日の試合は新潟県民に勇気を与える試合だったと思うが 「そうだと思うし、アルビレックスの特徴としてひたむきさやハードワーク、泥臭さがあると思う。そういう点ではそういう部分を出せてそういう風に感じてもらえば良いことだと思うし、彼女たちがハードワークして最後まで戦えたことは良かったと思う。今後はそれをベースとしてやっていくというのを魅せられたと思う」 2016.12.25 23:22 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース