超ワールドサッカー

リオ五輪最終予選へ始動するなでしこ、佐々木監督「なでしこのパワーを日本のみなさんに示していきたい」2016.01.14 18:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽日本サッカー協会(JFA)は14日、18日(月)から26日(火)まで沖縄で行われる日本女子代表候補トレーニングキャンプに臨むメンバーを発表した。2月末にリオ五輪の出場権が懸かるアジア最終予選が控える中、なでしこジャパンを率いる佐々木則夫監督は、今回のメンバーを選考した理由やトレーニングキャンプを実施する意図に関して説明している。

▽なでしこジャパンは、来週に沖縄でトレーニングキャンプを行った後、大阪での直前合宿を経てアジア最終予選に臨む。佐々木監督は、前日に男子のU-23日本代表がリオ五輪の出場権を懸けた戦いをスタートさせたことに関し、「緊張感も含めてこちらに伝わってきました。どの戦いも予選は、精神的にも体力的にも非常に厳しい試合になりますので、そういった部分をひしひしと感じさせてもらいました」と、予選に対する率直な感想を述べて次のように語った。

佐々木則夫監督
――今回のメンバーを選んだ意図は
「経験のある選手がメインでありますし、かつ何人かは昨年のリーグ戦での活躍を踏まえました。また、あともう一度、海外組を除いた中でキャンプがありますので、この2回のキャンプの中で予選を戦うメンバーをしっかりと選びたいです。特に、今回のメンバーには海外組がいますので、そういう意味では直前のキャンプに集合してもチームとしてやるべきことがすぐにできるようにしたいと思います。移行すべき時期でもありますが、コンディションのみならず、チームとしてどう戦うのか、ワールドカップの反省も含めて修正してきたいです」

――今回の26人から予選のメンバー20人までどのように絞るのか
「次のキャンプを含めた総体的な部分の中で、どれが一番良い形で組み合わせができるのか、そういったことも加味しながら人選していきたいです」

――直前のキャンプまで20人には絞らないのか
「直前のキャンプの途中で20人に絞ろうと思っています」

――沖縄のキャンプと大阪のキャンプの間はあまりないが
「そこのところでは構成もしながら、20人というメンバーで5戦連続での間がない中でやるので、どこかでコンディションが悪ければ、そこを外して計算ができる選手を選考するでしょうし、最後の最後まではわからないという状況です。イメージは頭の中にありますが、それが順風満帆にいくはわからないので、直前のキャンプまでは選考はしません」

――選考において重視する部分は
「この5戦の厳しい、そして精神的にも厳しい(状況を考慮して)、チームとしてしっかり結び付けられるような状況の選手を選考します。(複数のポジションでプレーできる選手は)メンバーの中にはそういった選手も必要だと思います。それぞれのポジションのストロングな選手も必要だと思います」

――GK海堀あゆみが招集されなかった理由は
「現状のコンディションや相対的な部分を加味した中でのGKの選出となりました」

――MF岩渕真奈に関しては
「バイエルンでまだ公式戦に出場していないので、その辺を踏まえてから、しっかりとコンディションを含めてチェックし、選考するかどうかを決めたいと思う」

――今年1年をどうしたいか
「なでしこのパワーを日本のみなさんに示していきたいと思います」

――FW安藤梢が昨年のワールドカップ以来となる復帰を果たしたが
「現時点でもドイツのチームでしっかり戦力として戦っていますので、そういったところをもう一度確認し、チームに融合する上でメンバーに入る存在かどうかを確認したいです」

――澤穂希が引退して初のなでしことなるが
「それについては昨年、彼女が決断したことの中で、私たち自身の中で切り替えてやるしかないと思っています。澤選手の魅力や存在感があると思いますが、すぐにそういった選手が現われるのはもう少し時間がかかると思うので、みなさんの目で新たななでしこのレギュラーを見ていただいて、それに匹敵するかどうかを決めていただければと思います。私たち自身もそういった潜在能力がある選手を選びたいと思います」

――練習試合ではなく、合宿を行う意図は
「親善試合で1試合2試合の部分ではなく、昨年からの過程の中で反省したり修正しなければいけないところがあるので、その辺をしっかりとやりたいという思いで合宿を行うことにしました」

――やりたいサッカーを新たなスタートとしてやっていきたいか
「以前においては、セットプレーは攻守ともに質が高かったですが、その辺の部分がまだまだ昨年の感想では現れていないので、その辺をやりたいです。諸外国のレベルが上がってきた現実があるので、連係した守備ももっとレベルを上げていく必要があります。攻撃も、相手の守備が向上しているので、その辺を攻略するのはもっとコンビネーションを高めなければいけません。そういった意味では、我々の力を1ステップ2ステップ上げるためには、親善試合よりもキャンプが良いということです」

――今年U-20ワールドカップを控えるDF乗松瑠華(浦和レッズレディース)を呼んだ意図は
「昨年はレッズの右サイドバックで良いプレーを見せていたので、なでしこに加えてどうなるかどうかを確認したいと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

なでしこFW永里優季がアメリカのシカゴ・レッド・スターズに完全移籍

▽ドイツ・女子ブンデスリーガ1部の1.FFCフランクフルトに所属するなでしこジャパンFW永里優季(29)が、NWSL(ナショナル・ウーマンズ・サッカーリーグ)のシカゴ・レッド・スターズに完全移籍で加入した。契約条件などは非公開となっており、国際移籍証明書が発行されるのを待つ状況という。 ▽永里は日テレ・ベレーザから2010年にポツダムへと移籍。2009-10シーズンの女子チャンピオンズリーグ制覇に貢献すると、2012-13シーズンにはブンデスリーガ得点王を獲得した。2013年にはチェルシー、2015年1月にはヴォルフスブルクへと移籍。2015年8月から1.FFCフランクフルトでプレーしていた。 ▽また、なでしこジャパンとして132試合に出場し58得点を記録。女子ワールドカップに3度出場し2011年には世界一に貢献。オリンピックにも2度出場していた。 ▽NWSLでは、日本人選手が多数所属。シアトル・レインにはMF川澄奈穂美、MF宇津木瑠美が所属しており、ノースカロライナ・カレッジにはMF川村優理が所属している。 2017.05.25 11:39 Thu
twitterfacebook
thumb

元なでしこジャパンのFW安藤梢が古巣の浦和レッズレディースに復帰

▽浦和レッズレディースは12日、女子ブンデスリーガのSGSエッセンに所属していた元なでしこジャパンFW安藤梢(34)の加入を発表した。6月1日から加入することとなる。 ▽安藤は栃木県出身で、筑波大学から浦和レイナスFC、さいたまレイナスFCを経て浦和レッズレディースに入団。その後、FCR2001デュイスブルク、1.FFCフランクフルト、SGSエッセンとドイツでプレーしていた。 ▽日本ではリーグ優勝2回、リーグ最優秀選手に2度選出され、ドイツではDFBポカールで2度、女子チャンピオンズリーグでは1度優勝を経験している。安藤はクラブを通じてコメントしている。 「浦和レッズのみなさん、お久しぶりです。安藤梢です。5月でブンデスリーガのシーズンが終わり、6月から浦和レッズレディースでプレーすることになりました。みなさんに見送られ、ドイツでプレーを始めたのはもう7年半前のことです」 「サッカー大国ドイツでプロサッカー選手としてチャレンジしてきた経験は、私の人生においてとてもかけがえのないものでした。苦しいときもありましたが、夢だったワールドカップ優勝とヨーロッパチャンピオンズリーグ優勝を果たすことができ、充実した日々でした。しかし、ドイツでたくさんのことを学んだと同時に、日本のサッカーの良さをあらためて感じることもありました。そして、日独両方のサッカーの経験を活かして日本でもう一度チャレンジしたいという気持ちを持つようになりました。ドイツにいる間、浦和の存在はずっと家族のように心にあり、いつも活躍を願っていました」 「ドイツに発つ前の最後のピッチで、『待ってるからな!』とサポーターのみなさんが熱い激励の言葉をかけてくれたことは今でも鮮明に覚えています。そのときの約束を、今かなえることができ、嬉しく思います。温かく迎えてくれるクラブにも感謝したいです。シーズン半ばではありますが、浦和レッズレディースのために全力で闘います。応援よろしくお願いします」 2017.05.12 17:11 Fri
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパンが7月に「2017 Tournament of Nations」に出場…アメリカ、ブラジル、オーストラリアと対戦

▽日本サッカー協会は11日、なでしこジャパンが7月27日から8月3日まで開催される「2017 Tournament of Nations」に出場することを発表した。 ▽「2017 Tournament of Nations」は、アメリカで行われる国際大会で、日本の他、アメリカ、ブラジル、オーストラリアが参加する。日本は7月27日にブラジル女子代表、7月30日にオーストラリア女子代表、8月3日にアメリカ女子代表と対戦する。 ▽なでしこジャパンを率いる高倉麻子監督は今回の大会参加についてコメントした。 「世界の中でも強豪チームであり、タイプの違う 3 ヶ国と試合ができることは、今のなでしこジャパンが力をつけていく上で非常に重要な機会であると考えています。今年に入ってからの数試合で見えた日本の良さを発揮し、また課題は修正しながら、チームの積み上げをしていく大会にしたいと思います」 2017.05.11 11:51 Thu
twitterfacebook
thumb

リヨンがフランス女子リーグ11連覇達成! なでしこDF熊谷はPKを決めて大勝に貢献!!《フランス女子リーグ》

▽なでしこジャパンのDF熊谷紗希が所属するリヨンは8日、フランス女子サッカーリーグ第20節でソショーと対戦し、9-0で勝利。この結果、リヨンは11年連続15度目のリーグ優勝を決めた。 ▽本職のセンターバックでなく守備的MFとして熊谷がフル出場した試合は、リヨンが21分にオウンゴールで先制に成功すると、24分と32分にノルウェー女子代表FWアダ・ヘゲルベリが、36分にアメリカ女子代表FWアレックス・モーガンが追加点を挙げる。さらに前半終了間際の43分には、熊谷がPKを決め、5-0で試合を折り返す。 ▽後半に入っても攻撃の手を緩めないリヨンは、開始早々にフランス女子代表FWル・ソマーがゴールネットを揺らすと、51分にモーガン、59分にル・ソマーがそれぞれこの試合2点目となるゴールを記録。68分にもフランス女子代表DFワンディ・ルナールがネットを揺らし、この日のゴールショーを締めくくった。 ▽フランス女子リーグ11連覇を決めたリヨンは、6月1日(日本時間:5月31日)に女子チャンピオンズリーグ連覇を懸けて、決勝戦でパリ・サンジェルマンと対戦する。 2017.05.09 02:20 Tue
twitterfacebook
thumb

浦和レディースMF長野風花らU-19女子日本代表が発表!《アメリカ遠征》

▽日本サッカー協会(JFA)は8日、16日〜26日にかけて行われるアメリカ遠征に臨むU-19日本女子代表メンバーを発表した。 ▽今回のメンバーには、U-17女子ワールドカップの準優勝メンバーであるMF長野風花(浦和レッズレディース)やMF宮澤ひなた(星槎国際高湘南)、DF高橋はな(浦和レッズレディースユース)らが選出された。 ▽U-19日本女子代表は、アメリカでU-18アメリカ女子代表、U-19アメリカ女子代表とトレーニングマッチを行う。今回発表されたメンバーは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆U-19日本女子代表メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> 21.<span style="font-weight:700;">福田まい</span>(日体大FIELDS横浜) 1.<span style="font-weight:700;">鈴木あぐり</span>(マイナビベガルタ仙台レディース) 18.<span style="font-weight:700;">スタンボー華</span>(INAC神戸レオネッサ) <span style="font-weight:700;">DF</span> 5.<span style="font-weight:700;">宮川麻都</span>(日テレ・ベレーザ) 12.<span style="font-weight:700;">長嶋玲奈</span>(浦和レッズレディース) 4.<span style="font-weight:700;">南萌華</span>(浦和レッズレディース) 23.<span style="font-weight:700;">冨田実侑</span>(早稲田大) 15.<span style="font-weight:700;">小野奈菜</span>(日テレ・メニーナ) 3.<span style="font-weight:700;">高平美憂</span>(JFAアカデミー福島) 2.<span style="font-weight:700;">牛島理子</span>(日ノ本学園高) 13.<span style="font-weight:700;">高橋はな</span>(浦和レッズレディースユース) <span style="font-weight:700;">MF</span> 16.<span style="font-weight:700;">今井裕里奈</span>(日体大FIELDS横浜) 19.<span style="font-weight:700;">佐藤渚</span>(ニッパツ横浜FCシーガルズ) 6.<span style="font-weight:700;">福田ゆい</span>(INAC神戸レオネッサ) 7.<span style="font-weight:700;">佐藤瑞夏</span>(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース) 17.<span style="font-weight:700;">鈴木紗理</span>(慶応義塾大) 10.<span style="font-weight:700;">長野風花</span>(浦和レッズレディース) 22.<span style="font-weight:700;">唐橋万結</span>(アルビレックス新潟レディース) 9.<span style="font-weight:700;">宮澤ひなた</span>(星槎国際高湘南) <span style="font-weight:700;">FW</span> 11.<span style="font-weight:700;">児野楓香</span>(日体大FIELDS横浜) 20.<span style="font-weight:700;">山田仁衣奈</span>(早稲田大) 8.<span style="font-weight:700;">目原莉奈</span>(日体大FIELDS横浜) 14.<span style="font-weight:700;">遠藤純</span>(JFAアカデミー福島) 2017.05.08 20:35 Mon
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース