リオ五輪最終予選へ始動するなでしこ、佐々木監督「なでしこのパワーを日本のみなさんに示していきたい」2016.01.14 18:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽日本サッカー協会(JFA)は14日、18日(月)から26日(火)まで沖縄で行われる日本女子代表候補トレーニングキャンプに臨むメンバーを発表した。2月末にリオ五輪の出場権が懸かるアジア最終予選が控える中、なでしこジャパンを率いる佐々木則夫監督は、今回のメンバーを選考した理由やトレーニングキャンプを実施する意図に関して説明している。

▽なでしこジャパンは、来週に沖縄でトレーニングキャンプを行った後、大阪での直前合宿を経てアジア最終予選に臨む。佐々木監督は、前日に男子のU-23日本代表がリオ五輪の出場権を懸けた戦いをスタートさせたことに関し、「緊張感も含めてこちらに伝わってきました。どの戦いも予選は、精神的にも体力的にも非常に厳しい試合になりますので、そういった部分をひしひしと感じさせてもらいました」と、予選に対する率直な感想を述べて次のように語った。

佐々木則夫監督
――今回のメンバーを選んだ意図は
「経験のある選手がメインでありますし、かつ何人かは昨年のリーグ戦での活躍を踏まえました。また、あともう一度、海外組を除いた中でキャンプがありますので、この2回のキャンプの中で予選を戦うメンバーをしっかりと選びたいです。特に、今回のメンバーには海外組がいますので、そういう意味では直前のキャンプに集合してもチームとしてやるべきことがすぐにできるようにしたいと思います。移行すべき時期でもありますが、コンディションのみならず、チームとしてどう戦うのか、ワールドカップの反省も含めて修正してきたいです」

――今回の26人から予選のメンバー20人までどのように絞るのか
「次のキャンプを含めた総体的な部分の中で、どれが一番良い形で組み合わせができるのか、そういったことも加味しながら人選していきたいです」

――直前のキャンプまで20人には絞らないのか
「直前のキャンプの途中で20人に絞ろうと思っています」

――沖縄のキャンプと大阪のキャンプの間はあまりないが
「そこのところでは構成もしながら、20人というメンバーで5戦連続での間がない中でやるので、どこかでコンディションが悪ければ、そこを外して計算ができる選手を選考するでしょうし、最後の最後まではわからないという状況です。イメージは頭の中にありますが、それが順風満帆にいくはわからないので、直前のキャンプまでは選考はしません」

――選考において重視する部分は
「この5戦の厳しい、そして精神的にも厳しい(状況を考慮して)、チームとしてしっかり結び付けられるような状況の選手を選考します。(複数のポジションでプレーできる選手は)メンバーの中にはそういった選手も必要だと思います。それぞれのポジションのストロングな選手も必要だと思います」

――GK海堀あゆみが招集されなかった理由は
「現状のコンディションや相対的な部分を加味した中でのGKの選出となりました」

――MF岩渕真奈に関しては
「バイエルンでまだ公式戦に出場していないので、その辺を踏まえてから、しっかりとコンディションを含めてチェックし、選考するかどうかを決めたいと思う」

――今年1年をどうしたいか
「なでしこのパワーを日本のみなさんに示していきたいと思います」

――FW安藤梢が昨年のワールドカップ以来となる復帰を果たしたが
「現時点でもドイツのチームでしっかり戦力として戦っていますので、そういったところをもう一度確認し、チームに融合する上でメンバーに入る存在かどうかを確認したいです」

――澤穂希が引退して初のなでしことなるが
「それについては昨年、彼女が決断したことの中で、私たち自身の中で切り替えてやるしかないと思っています。澤選手の魅力や存在感があると思いますが、すぐにそういった選手が現われるのはもう少し時間がかかると思うので、みなさんの目で新たななでしこのレギュラーを見ていただいて、それに匹敵するかどうかを決めていただければと思います。私たち自身もそういった潜在能力がある選手を選びたいと思います」

――練習試合ではなく、合宿を行う意図は
「親善試合で1試合2試合の部分ではなく、昨年からの過程の中で反省したり修正しなければいけないところがあるので、その辺をしっかりとやりたいという思いで合宿を行うことにしました」

――やりたいサッカーを新たなスタートとしてやっていきたいか
「以前においては、セットプレーは攻守ともに質が高かったですが、その辺の部分がまだまだ昨年の感想では現れていないので、その辺をやりたいです。諸外国のレベルが上がってきた現実があるので、連係した守備ももっとレベルを上げていく必要があります。攻撃も、相手の守備が向上しているので、その辺を攻略するのはもっとコンビネーションを高めなければいけません。そういった意味では、我々の力を1ステップ2ステップ上げるためには、親善試合よりもキャンプが良いということです」

――今年U-20ワールドカップを控えるDF乗松瑠華(浦和レッズレディース)を呼んだ意図は
「昨年はレッズの右サイドバックで良いプレーを見せていたので、なでしこに加えてどうなるかどうかを確認したいと思います」

コメント

関連ニュース

thumb

なでしこFW川澄奈穂美、アメリカ再挑戦の経緯明かす…「思い切って環境を変えてもう一度上を」

▽アメリカのシアトル・レインへ完全移籍するなでしこジャパンFW川澄奈穂美(30)が17日、移籍先発表を受け、自身の公式ブログでコメントを残した。 ▽シアトル・レインは、川澄にとって2014年3月から5カ月間にわたってプレーした古巣。今回は、なでしこジャパンMF宇津木瑠美(27)とクラブでもチームメートとなる。 ▽約2年ぶりのアメリカ再挑戦を決断した川澄は、「移籍のご報告」と題して以下のように移籍の経緯や感謝の言葉を綴った。 「いつも応援ありがとうございます。シーズン中で、大変突然ではありますが、この度アメリカのSeattle Reign FCに移籍します」 「昨年あたりから以前と比べ、スタートで試合に出れなかったり、途中交代になることが多くなりました。ここ最近も自分自身が納得のいく形で試合に出場できていませんでした。それが今の自分の実力だと痛感しています」 「そんな中でSeattle Reign FCからオファーを受け、このタイミングなのも何かの縁だと思い、思い切って環境を変えてもう一度上を目指してチャレンジしようと思いました」 「『このチームで1年やり切る』『INACのみんなとタイトルを取る』という思いを胸に、今シーズンのスタートを切りました。みんなとタイトルを取りたい思いは今もありますし、私はINACが大好きです。それでも、INACから飛び出しチャレンジすることが今の私にはとても大切な事だと思っています」 「移籍したからといって、何かがなんとなく上手く行くようになるとは全く思っていません。これからまたSeattle Reign FCで仲間と戦い、相手と戦い、自分と戦っていかなければなりません。今よりも厳しい状況になる可能性があることも覚悟の上です。この決断をするまでに、色々な葛藤もありました。でも決めたからには、自分の決断に責任を持って、努力していきます」 「シーズン中の移籍は多方面にわたり多大な迷惑を掛けることだと分かっています。それは大変申し訳ないと思っています。それにも関わらず快く送り出してくれた会長、チームスタッフ、仲間たちには本当に感謝しています」 「また、INACは本当に多くのスポンサーの方々に支えられています。毎年行われる感動感謝の集いや試合会場など、あらゆる場でそれを感じています。日頃なかなか感謝を伝えられませんが、この場をお借りして感謝申し上げます」 「最後になりましたが、いつも応援してくださっている皆様。どんな時もいつも熱く選手と共に戦ってくださり本当にありがとうございます。今回の移籍について、それぞれの方が色々なご意見をお持ちだと思います」 「まず、移籍の報告につきまして、本当は練習場やこの前の試合後に直接サポーターやファンの皆様にお話ししたかったです。それができず申し訳なかったです。昨日、退団発表だけ先にしましたのは、本日の練習で最後にファンの方々と神戸でご挨拶が出来るようにという思いからです。本当は移籍先も同時に発表したかったのですが、様々な事情があったことをご理解いただければ幸いです」 「シーズン中の移籍につきまして、肯定的な方、否定的な方、どちらでもない方と様々いらっしゃると思います。全ての方に全てのことを理解していただくことは難しいですが、少しでも多くの方に『応援してあげるか!』と思っていただける様、私にできることは“頑張り続け、結果を出すこと”です。楽しく生き生きサッカーしている姿を応援していただけるよう頑張ります」 「私自身、それなりに年齢を重ねてきましたが、今がサッカー人生の集大成だなんて全く思っていません。これからまだまだ続くサッカー人生をより充実させるために、大きな夢に向かって無限の可能性に賭けていきます。ファンの皆様には私の我儘な行動にお付き合いいただく形になりますが、これからも応援してくだされば、とても心強いですし嬉しいです」 「INACでの約8年間、本当にありがとうございました。INACは私にとってまさにホームです。移籍しても、INACとはお互い良い刺激を与えられる様な関係でいたいです。これからもINACへのご声援、何卒よろしくお願い致します」 「私の気持ちを100%反映できていないかもしれませんし、長くて読みづらい文章ですが、最後までお読みいただきありがとうございました」 2016.06.17 09:50 Fri
twitterfacebook
thumb

INAC退団のなでしこFW川澄奈穂美が古巣シアトル・レインへ…MF宇津木瑠美とチームメートに

▽なでしこジャパンFW川澄奈穂美(30)が17日、アメリカのシアトル・レインへ完全移籍することがわかった。所属元のINAC神戸が発表した。2014年3月から5カ月間にわたってシアトル・レインでプレーしていた川澄にとって、約2年ぶりのアメリカ挑戦となる。 ▽日本体育大学卒業後の2008年にINAC神戸に入団した川澄は、これまで3度のなでしこリーグ制覇と、5度の皇后杯優勝を経験。2011年、2013年にはなでしこリーグMVPに輝き、2011年にはリーグ得点王も獲得した。 ▽また、代表のキャリアにおいては、なでしこジャパンの一員として、初優勝を飾った同年のドイツ女子ワールドカップでもプレー。これまでなでしこジャパンの選手として、通算82試合に出場し、20ゴールを決めている。 ▽なお、シアトル・レインには、なでしこジャパンでチームメートとしてプレーしてきたMF宇津木瑠美(27)も今シーズンからモンペリエから加入している。 2016.06.17 09:20 Fri
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパンFW川澄奈穂美がINAC神戸を退団「最後まで応援よろしくお願い致します」

▽INAC神戸レオネッサは16日、なでしこジャパンFW川澄奈穂美(30)の退団を発表した。なお、移籍先は明日発表予定とのことだ。 ▽川澄は16日に自身のブログでも発表。「退団のお知らせ」とのタイトルで次のように述べている。 「いつも応援ありがとうございます」 「この度、突然ですがINAC神戸を退団し、移籍することになりました」 「移籍先との兼ね合いもあり、移籍先につきましてはまだお話しできず大変申し訳ないですが、詳細につきましては明日9時に発表させていただく予定です」 「明日の練習は通常通り参加致します。移籍前にINACの選手として試合に出場できる機会は19日のジェフ戦が最後になります。最後まで応援よろしくお願い致します」 ▽2008年にINAC神戸に加入した川澄は2014年3月にアメリカのシアトル・レインに期限付き移籍。同年9月には再びINAC神戸に復帰していた。所属クラブではなでしこリーグを3度制覇し、皇后杯も4連覇を含む5度の優勝を経験。2011年、2013年にはなでしこリーグMVPに輝き、2011年にはリーグ得点王にも選出された。 ▽なでしこジャパンとしても活躍し、2011年にドイツで行われた女子ワールドカップ優勝に貢献。2014年のAFC女子アジアカップ制覇のメンバーでもある。 2016.06.16 19:25 Thu
twitterfacebook
thumb

アメリカと2試合を戦ったなでしこジャパンが7月はスウェーデン女子代表と対戦!《国際親善試合》

▽日本サッカー協会(JFA)は16日、なでしこジャパンが7月下旬にスウェーデン遠征を行うことを発表した。なお、7月21日にはスウェーデン女子代表と国際親善試合で対戦する。 ▽高倉麻子監督が率いるなでしこジャパンは、6月にアメリカ遠征を行い、世界女王のアメリカ女子代表と2試合を実施。1試合目はドローに終わり、2試合目は雷雨のため試合途中で中止となっていた。 ▽スウェーデンは、8月に行われるリオ・デ・ジャネイロ五輪に出場。欧州予選で優勝し6大会連続で五輪に出場する強豪国だ。なお、24日にはスウェーデン女子リーグのクリスティアンスタッドDFFと練習試合を行う。高倉監督のコメントは以下のとおり。 ◆<B>高倉麻子監督</B>(なでしこジャパン) 「アメリカ遠征で収穫と課題が出た中で、時間を空けずにヨーロッパの強豪と試合をする機会ができました。チームの形をつくり、方向性を出す上でとても良い経験となります。スウェーデンはスンドハーゲ監督の下、かつての勢いを取り戻してきている印象がありますが、さまざまな選手を試し、積極的にチャレンジしていきたいと思います」 2016.06.16 16:55 Thu
twitterfacebook
thumb

U-20日本女子代表がトレーニングメンバー候補を発表…20日から新潟で3日間実施《トレーニングキャンプ》

▽日本サッカー協会(JFA)は10日、6月19日から22日まで新潟で行われるU-20日本女子代表のトレーニングメンバー候補23名を発表した。 ▽なでしこジャパンを率いる高倉麻子監督が兼任するU-20日本女子代表は、20日より3日間にわたってトレーニングを実施予定。22日に解散する。 GK <B>平尾知佳</B>(浦和レッズレディース) <B>松本真未子</B>(浦和レッズレディース) <B>鈴木あぐり</B>(常盤木学園高) DF <B>乗松瑠華</B>(浦和レッズレディース) <B>清水梨紗</B>(日テレ・ベレーザ) <B>畑中美友香</B>(伊賀フットボールクラブ くノ一) <B>守屋都弥</B>(INAC神戸レオネッサ) <B>北川ひかる</B>(浦和レッズレディース) <B>松原志歩</B>(セレッソ大阪堺レディース) <B>塩越柚歩</B>(浦和レッズレディース) <B>南萌華</B>(浦和レッズレディースユース) MF <B>隅田凜</B>(日テレ・ベレーザ) <B>大久保舞</B>(岡山湯郷Belle) <B>長谷川唯</B>(日テレ・ベレーザ) <B>杉田妃和</B>(INAC神戸レオネッサ) <B>三浦成美</B>(日テレ・ベレーザ) <B>西田明華</B>(セレッソ大阪堺レディース) <B>林穂之香</B>(セレッソ大阪堺レディース) FW <B>籾木結花</B>(日テレ・ベレーザ) <B>上野真実</B>(愛媛FCレディース) <B>白木星</B>(浦和レッズレディース) <B>河野朱里</B>(早稲田大学) <B>神田若帆</B>(AC長野パルセイロ・レディース) 2016.06.10 19:05 Fri
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース