ニューカッスル、スウォンジーからイングランド代表MFシェルヴェイを獲得…移籍金は推定20億円2016.01.13 03:13 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ニューカッスルは12日、スウォンジーからイングランド代表MFジョンジョ・シェルヴェイ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は5年半。移籍金に関しては明らかにされていないが、イギリス『BBC』によれば、ニューカッスルからスウォンジーに1200万ポンド(約20億円)が支払われるようだ。

▽2013年にリバプールからスウォンジー入りしたシェルヴェイは、卓越したダイナミズムとパスセンス、思い切りの良いミドルシュートを武器に同クラブの主力として活躍。今季は、ここまでリーグ戦16試合に出場し、1ゴール3アシストを記録している。

▽シェルヴェイの引き入れに成功したニューカッスルは、プレミアリーグの第20節を終えた現時点で、ここまで総得点が19点と得点力不足に悩まされており、順位表でも降格圏の18位に低迷。12日に行われる第21節では、ホームでマンチェスター・ユナイテッドと対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

ニューカッスル会長、年内までにクラブ売却へ

▽ニューカッスルの会長を務めるマイク・アシュリー氏は16日、クラブを売却することを決断したようだ。『スカイ・スポーツ』や『BBC』などイギリス各メディアが報じている。 ▽イギリスでチェーン展開するスポーツ用品店スポーツ・ダイレクトを経営するアシュリー氏は2007年7月に1億3400万ポンドでニューカッスルを買収。しかし、クラブへの投資に消極的でこれまでファンとの確執から何度かクラブを売却する意思を示していた。 ▽ニューカッスルは会長の売却意向を受けて次のような声明を発表している。 「プレミアリーグで最も伝統があり、多くのファンにサポートされているニューカッスルは、明るい未来への確かな方向性を必要としている。クラブを次のレベルにステップアップさせるには、必要な投資を行える新たなオーナーを得ることが必要だ。今がその最善のタイミングだと判断した」 ▽なお、『スカイ・スポーツ』はアシュリー氏がクリスマスまでに売却先を決めると主張している。アシュリー氏が会長に就任して以降の10年でニューカッスルは2度の降格を経験していたが、今季はここまで8試合を戦って9位に位置している。 2017.10.17 05:13 Tue
twitterfacebook
thumb

吉田がフル出場も3試合ぶりの白星を狙う両者の一戦は痛み分けのドロー…《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第8節のサウサンプトンvsニューカッスルが15日に行われ、2-2の引き分けに終わった。サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場を果たしている。 ▽前節ストーク・シティに惜敗した12位サウサンプトン(勝ち点8)が、9位ニューカッスル(勝ち点10)をホームに迎えた一戦。サウサンプトンは、前節からデイビスに代えてガッビアディーニをスタメンで起用。吉田はファン・ダイクとのコンビで先発に名を連ねている。 ▽試合はボールポゼッションで優位に立つサウサンプトンのペースで進む。だが、先に決定機を作り出したのはニューカッスル。9分、右CKのこぼれ球をボックス内で拾ったアツがボックス左から左足を振り抜いたが、これはゴール左に逸れた。 ▽対するサウサンプトンのチャンスは16分、スルーパスで左サイドを突破したレドモンドのクロスをファーサイドのタディッチが頭で合わせたが、これは枠の上に外れた。 ▽前半半ばにかけて一進一退の展開が続く中、20分にニューカッスルがスコアを動かす。リッチーの左クロスをボックス中央のアツがボレーシュート。これは吉田にブロックされたが、こぼれ球をペナルティアーク手前のヘイデンがダイレクトシュートで合わせると、これがゴール左隅に決まった。 ▽迎えた後半、1点を追うサウサンプトンが早い時間に同点ゴールを奪う。49分、レドモンドのロングフィードをボックス内で受けたガッビアディーニが相手DFを背負いながらボールキープ。ガッビアディーニは上がってきた味方を囮に使うとカットインから左足でシュート。これがゴール右隅に吸い込まれた。 ▽同点とされたニューカッスルだが、直後のプレーで再び勝ち越しに成功する。51分、ヘイデンのパスを右サイドで受けたリッチーがワンタッチでボックス右のスペースへスルーパスを供給。これに反応したアヨセ・ペレスがボックス右からダイクレトシュート。一度はGKフォースターに弾かれるも、こぼれ球をアヨセ・ペレスが押し込みゴールネットを揺らした。 ▽まずい試合運びで再びリードを許したサウサンプトンは、58分レドモンドを下げてブファルを投入。さらに67分にもロメウを下げてデイビスをピッチに送り出した。すると74分、ブファルとのパス交換でボックス左に侵入したロングが、ルジューヌに倒されPKを獲得。このPKをガッビアディーニがゴール右隅に沈め、サウサンプトンが同点に追いついた。 ▽82分、両指揮官が3点目奪取に向け、最後の交代カードを切る。サウサンプトンのペジェグリーノ監督は、ロングを下げてオースティンを投入。対するニューカッスルのベニテス監督はホセルを下げてゲイルをピッチに送り出した。 ▽試合終盤、チャンスを迎えたのはニューカッスル。89分、リッチーの左CKをゴール前のルジューヌがヘディングシュート。これがゴール左隅を捉えるも、ボールはゴールライン手前でデイビスのクリアに阻まれた。 ▽結局、試合は2-2でタイムアップ。互いに3試合ぶりの白星を目指した一戦は、痛み分けのドローで終了した。 2017.10.16 02:12 Mon
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルがドルトムントからレンタル中のU-21スペイン代表MFメリノを完全移籍に切り替え

▽ニューカッスルは13日、ドルトムントからレンタル移籍で加入したU-21スペイン代表MFミケル・メリノ(21)に関して、完全移籍に切り替えることを発表した。契約期間は2022年までとなる。 ▽メリノは、オサスナの下部組織で育ち、2014年7月にトップチームに昇格。2016年7月にドルトムントへと完全移籍した。ドルトムントではブンデスリーガで8試合に出場。DFBポカールでも1試合に出場していた。 ▽今シーズンはニューカッスルへレンタル移籍すると、プレミアリーグで7試合に出場していた。メリノはクラブを通じて喜びのコメントを残している。 「僕はここにいることができて本当に幸せだ。契約について、公式に発表できた。5年以上ここに居続けることができるし、クラブや全ての人に良い物を与えられるように、クラブのためにプレーし続けたい」 2017.10.13 20:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ニューカッスル主将ラッセルズが2023年まで契約延長

▽ニューカッスルは7日、イングランド人DFジャマール・ラッセルズ(23)と2023年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ▽2014年にノッティンガム・フォレストからニューカッスルに移籍したセンターバックのラッセルズは、これまでニューカッスルで公式戦75試合に出場して7ゴールをマーク。昨季はチャンピオンシップ(イングランド2部)で43試合に出場して3ゴールを挙げ、チームのプレミアリーグ復帰に大きく貢献していた。 ▽ニューカッスルの主将を務めるラッセルズは、今季もここまでプレミアリーグ全7試合に出場して2ゴールと、欠かせない戦力として存在感を示している。 ▽契約延長に至ったラッセルズは公式サイトで次のように語っている。 「ニューカッスルに移籍して以降、幸せな気分が続いている。今後6年間、ここに居られることを嬉しく思う。僕らは野心のある若手が揃うチームで、ファンも素晴らしい。そして、監督も信頼してくれて本当に満足している。クラブをできるだけ高みに導きたい」 2017.10.07 01:12 Sat
twitterfacebook
thumb

マネ復帰のリバプール、コウチーニョの豪快ミドル弾もニューカッスルにドロー《プレミアリーグ》

▽リバプールは1日、プレミアリーグ第7節でニューカッスルとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 ▽前節レスター・シティ戦を3-2と競り勝ってリーグ戦3試合ぶりに勝利を取り戻したリバプールは、直近のチャンピオンズリーグ(CL)・スパルタク・モスクワ戦を圧倒しながらも1-1と引き分けた。そのスパルタク・モスクワ戦のスタメンから4選手を変更。フィルミノやジャンらに代わって3試合の出場停止処分が明けたマネや、スタリッジらが先発となった。 ▽元リバプール指揮官のベニテス監督が率いるニューカッスルに対し、前線に右からサラー、スタリッジ、マネと並べる[4-3-3]で臨んだリバプールは、5分にシェルヴェイのミドルシュートを浴びると、12分にもリッチーの枠内シュートでGKミニョレを強襲された。 ▽アグレッシブな入りを見せたニューカッスルに牽制される入りとなったものの、徐々にポゼッションを高めたリバプールは、23分に決定機。右CKからニアのワイナルドゥムのボレーシュートが右ポストを叩いた。さらにルーズボールをロブレンとマネが蹴り込むも、前者はDFにカットされ、後者は枠を捉えきれなかった。 ▽それでも29分に個人技で先制点を奪う。ボックス手前左からコウチーニョが右足を振り抜くと、強烈なシュートがゴール左上に突き刺さった。 ▽しかし36分、軽率な対応で同点とされてしまう。シェルヴェイのスルーパスでマティプがホセルにディフェンスライン裏を取られると、そのまま独走。GKミニョレとの一対一を制された。 ▽1-1で迎えた後半、リバプールは50分に勝ち越しのチャンス。クラークのクリアミスを突いてスタリッジとサラーが決定的なシュートに持ち込むが、スタリッジはGKにセーブされ、サラーは枠を捉えることができなかった。 ▽しかし、その後は攻撃が停滞。互いにチャンスを生み出せずこう着すると、リバプールが動く。74分、マネとスタリッジに代えてフィルミノとソランケを投入した。 ▽そのリバプールが攻勢に出る流れが続いたが、終盤にかけてもニューカッスルの守備網を攻略できずに1-1でタイムアップ。代表ウィーク明けに行われるマンチェスター・ユナイテッドとの大一番を前に弾みを付けることはできなかった。 2017.10.02 02:32 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース