ニューカッスル、スウォンジーからイングランド代表MFシェルヴェイを獲得…移籍金は推定20億円2016.01.13 03:13 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ニューカッスルは12日、スウォンジーからイングランド代表MFジョンジョ・シェルヴェイ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は5年半。移籍金に関しては明らかにされていないが、イギリス『BBC』によれば、ニューカッスルからスウォンジーに1200万ポンド(約20億円)が支払われるようだ。

▽2013年にリバプールからスウォンジー入りしたシェルヴェイは、卓越したダイナミズムとパスセンス、思い切りの良いミドルシュートを武器に同クラブの主力として活躍。今季は、ここまでリーグ戦16試合に出場し、1ゴール3アシストを記録している。

▽シェルヴェイの引き入れに成功したニューカッスルは、プレミアリーグの第20節を終えた現時点で、ここまで総得点が19点と得点力不足に悩まされており、順位表でも降格圏の18位に低迷。12日に行われる第21節では、ホームでマンチェスター・ユナイテッドと対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

キャロル、古巣ニューカッスルに復帰か

▽ウェストハムに所属する元イングランド代表FWアンディ・キャロル(28)に古巣であるニューカッスル復帰の可能性が浮上した。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽キャロルは、ニューカッスル下部組織出身の長身ストライカー。プレミアリーグで2009-10シーズンに17得点、翌シーズンに11得点をマークするなど、ニューカッスル生え抜きの点取り屋として一時代を築いた。だが、2011年冬のニューカッスル退団後は、故障の影響もあり、パフォーマンスが低下。2010-11シーズンを最後にプレミアリーグで二桁得点から遠ざかっている。 ▽伝えられるところによれば、ニューカッスルを率いるラファエル・ベニテス監督は、かつてクラブの得点源として活躍したキャロルに関心を寄せている模様。シーズンローンでのニューカッスル復帰を考慮しているようで、ウェストハムも相次ぐケガに苦しむキャロルにオファーが届けば移籍を容認する構えを見せているという。 2017.08.20 13:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ニューカッスル、ストークからFWホセルを獲得

▽ニューカッスルは16日、ストーク・シティからスペイン人FWホセル(27)を3年契約で獲得したことを発表した。 ▽セルタの下部組織出身のホセルは、2009年にレアル・マドリーのカスティージャに身を置くものの、トップチームでの出場はわずか1試合のみ。その後はホッフェンハイムやフランクフルト、ハノーファーなどを転々とし、2015年夏にストークに加入した。昨季はヒザの負傷で序盤を棒に振り、リーグ戦20試合の出場で5ゴールと奮わず。 ▽今夏、マグパイズの6人目の補強となったホセルは、クラブの公式サイトで以下のように加入した喜びを語っている。 「非常に大きなクラブと契約できてとても嬉しいよ、興奮している。チームメイトに会いたいし、街並みや練習場を早く見てみたい。スタジアムやサポーターもね。ここに来られてとてもハッピーだよ」 2017.08.16 18:27 Wed
twitterfacebook
thumb

デレ・アリ&デイビス弾でスパーズが快勝スタート! 昨季2部王者ニューカッスルはシェルヴェイ愚行退場響く…《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ開幕節、ニューカッスルvsトッテナムが13日にセント・ジェイムズ・パークで行われ、アウェイのトッテナムが2-0で勝利した。 ▽昨シーズン、攻守に完成度の高さを披露しながらも2位でシーズンを終えたトッテナムは、悲願のタイトル奪取を目指す今季の開幕戦でチャンピオンシップ(イングランド2部)優勝で1年でのプレミア復帰を決めたニューカッスルとのアウェイゲームに臨んだ。 ▽ポチェッティーノ監督は一昨シーズンの最終節で大敗し、アーセナルに抜かれて3位に甘んじるキッカケとなった因縁の相手との一戦に向けて現状のベストメンバーを起用。ウォーカーの移籍とトリッピアーの負傷で懸念の右サイドにはこれがトップチームデビューとなるウォーカー=ピータースを抜擢。GKにはロリス、4バックにはウォーカー=ピータース、アルデルヴァイレルト、ヴェルトンゲン、ベン・デイビス。中盤はダイアーとデンベレがセントラルMFに入り、2列目はムサ・シッソコ、エリクセン、デレ・アリ。1トップにエースのケインが入った。 ▽一方、ベニテス体制3年目でまずはプレミア残留を決めたいニューカッスルは、ゲイルやシェルヴェイ、リッチーら昨季の主力に加え、今夏加入のマンキージョやルジューヌら新戦力がスタメン入りを果たした。 ▽ホームでの開幕戦で盛り上がるホームサポーターの後押しを受けたニューカッスルが、開始直後にゲイルのシュートでチャンスを作るなど、積極的な入りを見せるが、5分過ぎにハムストリングを痛めたDFダメットがプレー続行不可能となり、DFラッセルズの緊急投入を余儀なくされた。 ▽その後はボールを保持するトッテナムと堅守速攻で応戦するニューカッスルという構図の下、拮抗した攻防が繰り広げられていく。その中でトッテナムはボックス付近でエリクセン、デンベレ、デレ・アリとフィニッシュの場面を作り出すが、相手守備を崩し切るまでには至らず。 ▽その後、ケインとの接触で負傷したDFルジューヌがプレー続行不可能となり、30分過ぎにニューカッスルが2枚目の交代カードでDFムベンバの投入を余儀なくされるなど、厳しい状況を強いられる。だが、前半終盤のエリクセンのシュートをGKエリオットが冷静に凌ぎ前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半、開始早々にアクシデントが発生。立ち上がりからニューカッスルのプレーヤーとバチバチやり合っていたデレ・アリに対して、シェルヴェイがプレーの止まっていた状況で足首を故意に踏みつける愚行を犯しレッドカードが掲示され、ホームチームは残り45分近くを1人少ない状況で戦うことになった。 ▽数的優位を手にしたトッテナムは、51分にエリクセンの縦パスが相手DFに当たってゴール前のケインにこぼれるが、このボレーシュートはGKエリオットのビッグセーブに遭う。攻撃のギアを上げたいポチェッティーノ監督は58分、古巣対戦のムサ・シッソコを下げて右腕の骨折でプレシーズンをリハビリに費やしたソン・フンミンをぶっつけ本番で投入した。 ▽すると61分、トッテナムに待望の先制点が生まれる。ボックス手前右でボールを受けたエリクセンがゴール左に走り込むデレ・アリに絶妙な浮き球のパスを送ると、これをデレ・アリが左足のスライディングボレーで流し込んだ。 ▽数的優位に加えて、リードを手にしたトッテナムは、ここから攻勢を強めていく。70分にはデンベレの縦パスをスイッチにケイン、デレ・アリ、エリクセンとボックス付近の密集でダイレクトプレーをみせ、最後はエリクセンのコントロールが大きくなったところを、ゴール前に詰めたデイビスが右足で蹴り込んで貴重な追加点を奪った。 ▽その後、殊勲のデレ・アリを下げてワニャマをピッチに送り込み試合をクローズにかかるトッテナムは、試合終了間際にソン・フンミンとケインの連携から3点目に迫るが、ケインのシュートが左ポストを叩くなど、エースに開幕戦でゴールは生まれず。それでも、ニューカッスルとの因縁対決を制したトッテナムが快勝スタートを飾り、次節のチェルシー戦に向けて弾みを付けた。 2017.08.13 23:33 Sun
twitterfacebook
thumb

プレミア復帰のニューカッスルがL・バスケスを強襲か

▽ニューカッスルのラファエル・ベニテス監督が、レアル・マドリーのスペイン代表FWルーカス・バスケス(26)獲得に強い興味を示しているようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽2015年6月から2016年1月までマドリーの指揮官を務めていたベニテス監督は、当時エスパニョールにレンタルで放出されていたL・バスケスを呼び戻し、2015年9月12日の古巣エスパニョール戦でFWカリム・ベンゼマに代えて途中から起用。トップチームデビューを飾らせた。L・バスケスは2016年1月にベニテス監督の解任劇が起きた後も順調に成長を遂げ、昨季は公式戦50試合に出場し4得点14アシストを記録。しかし、その内30試合が途中交代からの出場と、チームの中心選手にはなりきれていない。 ▽ベニテス監督は、L・バスケスが新シーズンのマドリーでレギュラーを確保することは困難だと認識しており、説得を試みているという。マドリー側は選手の売却を望んでいないが、ジネディーヌ・ジダン監督が「(移籍市場が閉じる)8月31日までは、どのようなことも起こり得る」と発言しており、移籍実現の可能性が垣間見えている。 ▽マドリーは中盤の戦力が余剰気味になっており、各紙から獲得が噂されているモナコのフランス代表FWキリアン・ムバッペと契約を結んだ場合に、試合の招集メンバー外となるのはL・バスケスだろう、とも『アス』は伝えている。 2017.07.31 17:43 Mon
twitterfacebook
thumb

ニューカッスル、ドルトムントからU-21スペイン代表ミケル・メリノをレンタルで獲得!

▽ニューカッスルは28日、ドルトムントからU-21スペイン代表MFミケル・メリノ(21)をレンタルで獲得したことを発表した。契約期間は1年。イギリス『スカイ・スポーツ』によると、レンタル料は700万ユーロ(約9億1200万円)前後で、買い取りオプションが含まれる模様だ。 ▽昨夏、オサスナからドルトムントに加入したメリノだが、加入1年目は公式戦9試合の出場にとどまった。また、今夏の移籍市場でDFオメル・トプラクやDFダン=アクセル・ザガドゥー、MFモハメド・ダフードなど、メリノと同じポジションでプレーする新戦力がドルトムントに到着しており、昨シーズン同様に出場機会の減少が見込まれていた。 ▽ニューカッスル入りが決定したメリノは、クラブを通じて以下のようにコメントしている。 「良い気分だよ。このクラブの一員になれたこと、ここに来れたことをとても幸せに感じているよ。新しいチームメイトと共にフットボールをプレーできるのが楽しみだよ」 「この場所はビッククラブであり、本当に素晴らしい都市であることを知っている。僕には他の選択肢もあったけど、ここが僕がプレーするにふさわしい場所だと思っているよ」 ▽また、ニューカッスルを率いるラファエル・ベニテス監督は、メリノの加入について以下のようにコメントしている。 「ミケル(・メリノ)は、U-21スペイン代表に選ばれるだけの才能を持つミッドフィルダーだ。素晴らしい能力、クオリティを持っている。彼は非常に集中しているし、プロフェッショナルだ。きっと我々のチームを向上させてくれる選手だよ。彼は確実に上達するメンタルを持っている」 「彼はドルトムントというトップクラスのチームから来た。昨シーズンはなかなか出場できなかったが、若い優秀な選手としてドルトムントと契約していた。そういう選手は何か素晴らしいものを持っているということだ。彼は自分が持っている能力を示していかなくてはいけない。きっとここで長い間、プレーを楽しむことができるよ」 2017.07.28 20:47 Fri
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース