ニューカッスル、スウォンジーからイングランド代表MFシェルヴェイを獲得…移籍金は推定20億円2016.01.13 03:13 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ニューカッスルは12日、スウォンジーからイングランド代表MFジョンジョ・シェルヴェイ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は5年半。移籍金に関しては明らかにされていないが、イギリス『BBC』によれば、ニューカッスルからスウォンジーに1200万ポンド(約20億円)が支払われるようだ。

▽2013年にリバプールからスウォンジー入りしたシェルヴェイは、卓越したダイナミズムとパスセンス、思い切りの良いミドルシュートを武器に同クラブの主力として活躍。今季は、ここまでリーグ戦16試合に出場し、1ゴール3アシストを記録している。

▽シェルヴェイの引き入れに成功したニューカッスルは、プレミアリーグの第20節を終えた現時点で、ここまで総得点が19点と得点力不足に悩まされており、順位表でも降格圏の18位に低迷。12日に行われる第21節では、ホームでマンチェスター・ユナイテッドと対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

エジルのビューティフルボレーでアーセナルが4戦ぶりの白星!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第18節、アーセナルvsニューカッスルが16日にエミレーツ・スタジアムで行われ、ホームのアーセナルが1-0で勝利した。 ▽前節、下位に低迷するウェストハムとのダービーをゴールレスドローで終えた7位のアーセナル(勝ち点30)は、3戦未勝利と泥沼の状況が続く。4試合ぶりの白星を目指す今節は、直近3連敗中で8戦未勝利の16位ニューカッスル(勝ち点15)とのホームゲームに臨んだ。前節からはジルーに代えてラカゼットを最前線に起用した以外、同じメンバーを起用。また、引き続き[4-2-3-1]の布陣を採用した。 ▽得意とするニューカッスルを相手に立ち上がりから主導権を握るアーセナルだが、やや守備的に入った相手の守備を崩し切るまでには至らず。それでも、ウィルシャーやベジェリンの積極的な攻撃参加から相手を押し込んでいく。 ▽序盤から攻勢を続けるホームチームは22分、右サイド深くでパスを受けたイウォビがグラウンダーのマイナスクロスを入れる。ニアにいた2人の味方には合わなかったものの、ファーでフリーのサンチェスがダイレクトシュート。これが相手DFの頭に当たって跳ね返ると、最後はエジルが得意の左足ダイレクトボレーでゴールネットへ突き刺した。 ▽エジルのビューティフルボレーでリードを奪ったアーセナルは、畳みかける攻撃で積極的に2点目を狙う。27分、サンチェスのスルーパスに抜け出したベジェリンがシュートを放てば、その後もサンチェスやラカゼットが積極的な仕掛けで相手ゴールに迫るが、前半のうちに追加点を奪うことはできなかった。 ▽後半に入ってもエンジン全開のアーセナルは、カウンターから左サイドのサンチェスを起点に厚みのある攻撃を続ける。55分にはボックス中央でパスを受けたラカゼットがグラウンダーのシュートを放つが、ここはGKエリオットがセーブ。さらにこぼれ球をイウォビが押し込みにかかるが、エリオットにパンチングでかき出される。この直後の57分には相手のカウンターからボックス手前のマーフィーに鋭いシュートを許すが、枠の右隅を捉えたシュートはGKチェフが見事な反応ではじき出す。 ▽後半半ばを過ぎてやや試合がこう着し始める。アーセナルは73分、足を痛めたイウォビ、ラカゼットに代えてウェルベック、ジルーを同時投入。75分には波状攻撃からボックス中央でジルーが頭で落としたボールをゴール前のウィルシャーがボレーで合わすが、これは相手GKのビッグセーブに阻まれる。 ▽その後、ニューカッスルの攻勢が続いた終盤にサンチェスを下げてコクランを投入し逃げ切り態勢に入ったホームチームは、幾度となく自陣深くに押し込まれたものの、GKチェフを中心とした守備陣が何とか凌ぎ切って1-0で勝利。本調子には程遠い内容ながらも勝ち切ったアーセナルが4試合ぶりの白星を手にした。 2017.12.17 02:24 Sun
twitterfacebook
thumb

途中出場の流血岡崎が決勝点に絡みレスター3連勝! 《プレミアリーグ》

▽レスター・シティは9日、プレミアリーグ第16節でニューカッスルのホームに乗り込み、3-2で勝利した。日本代表FW岡崎慎司は74分から出場している。 ▽連勝中のレスターと、直近のプレミア6試合で勝ちがないニューカッスルの一戦。岡崎は、前節のバーンリー戦に続いてこの試合もベンチからスタートすることに。エースであるヴァーディの相方は、グレイが務めている。 ▽3連勝を目指して臨んだこの試合、レスターは最序盤に失点を喫する。4分、味方のフィードに抜け出したゲイルが、左サイド深くまで侵攻。相手DFを引き付けて中央に折り返すと、走りこんだホセルが足で合わせてネットを揺らした。 ▽早い時間にビハインドを背負うこととなったレスターだったが、前半のうちにスコアをイーブンに戻す。20分、敵陣中央やや右でボールを持ったマフレズが、中央へスライドするようにドリブルしていく。相手DFのチェックが甘くなったところで左足一閃。ゴール右上隅に豪快なシュートを突き刺した。 ▽しかし36分、自陣左サイドでボールを持ったDFチルウェルがボールを中央に戻すと、これが直接FWマーフィーに渡ってしまう。しかし、マーフィーが素早く放ったシュートをGKシュマイケルがファインセーブ。レスターは守護神の活躍で危機を脱出した。 ▽前半はこのまま終了。折り返して後半に入ると、レスターが逆転弾を奪い切る。60分にハーフウェイライン付近でボールを持ったマフレズが前線にロングパス。ボックス左のオルブライトンがワンタッチで丁寧に落とし、最後はグレイが右足アウトにかけたシュートをゴール左上に沈めた。 ▽それでも、ホームで負けたくないニューカッスルが、73分に試合を再び振り出しに戻す。左CKの混戦から、ボールがボックス右のゲイルの下へ。右足でシュートフェイントを入れて相手DFを外し、左足でネットを揺らした。 ▽1点が欲しい展開に戻ったレスターは、直後の74分にグレイに代えて岡崎を投入。前線の圧力を高めて、ゴールを目指していく。しかし、その岡崎は78分に相手との競り合いの中で目の上付近を切って流血。包帯を巻きながらのプレーを強いられることとなった。 ▽それでも、スコアが動かずに終わるかに思われた87分、レスターに幸運な展開が訪れる。カウンターの場面で、ボールは左サイドのヴァーディに。ボックス左から中央に折り返すと、フリー状態の岡崎がワントラップ挟む。シュートモーションに入ったところで、守備に戻ったFWアヨセ・ペレスが足で掻き出そうとする。しかし、アヨセ・ペレスの触れたボールは自陣ゴールに飛んでいき、痛恨のオウンゴールを献上することとなった。 ▽試合は直後に終了。この結果、レスターは3連勝を飾った。対するニューカッスルは連敗に突入し、7戦連続で勝利なしとなっている。 2017.12.10 05:39 Sun
twitterfacebook
thumb

ベニテス「ニューカッスルは1月の補強が必要」冬の移籍市場での強化を示唆

2部からプレミア昇格を果たしたニューカッスルだが、同チームは第15節終了時点で4勝3分け8敗の15位と苦戦を強いられている。<br><br>この現状を受けて、ラファエル・ベニテス監督は冬の移籍市場での補強が必要だと考えているようだ。指揮官は記者の前で「選手たちはよく頑張ってくれていると思う。だが、このままでいいとも思えない」と発言。<br><br>「2部降格圏から遠ざかれば遠ざかるだけ、クラブにとって好ましい状況だ。そのためには新しい戦力が必要だと思うし、実際に即戦力を我々は常に欲している。プレミアリーグに留まるためには、冬に強化資金を投入する必要があるはずだ」<br><br>2部からの昇格を果たした古豪ニューカッスルだが、リーグ戦ここ6試合は未勝利が続いている状態。9日にはホームでのレスター戦、13日エバートン戦、16日アーセナル戦と連戦が続くだけに、ベニテスにとっては正念場となりそうだ。<br><br>果たしてニューカッスルは冬の移籍市場でいかに補強を推し進めるのか、今後もその動向が注目される。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.09 18:33 Sat
twitterfacebook
thumb

カシージャス、ポルト退団決意で1月にプレミアリーグ参戦か

▽ポルトに所属する元スペイン代表GKイケル・カシージャス(36)が今冬にプレミアリーグ移籍する可能性が高まっているようだ。スペイン『アス』が報じている。 ▽レアル・マドリーのレジェンドであるカシージャスは、2015年にポルトへ移籍。加入から2シーズンはレギュラーとしてプレーしたものの、今シーズンはポルトガル人GKホセ・ペドロの控えに甘んじている。 ▽『アス』によれば、レギュラーを下ろされたカシージャスはポルトを退団することを決意。GKのポジション強化を狙うラファエル・ベニテス監督率いるニューカッスルが新天地の候補となっているようだ。 2017.12.05 15:09 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシー、アザール2ゴール&モラタ弾でニューカッスルに逆転勝利!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第15節、チェルシーvsニューカッスルが2日にスタンフォード・ブリッジで行われ、チェルシーが3-1で逆転勝利した。 ▽前節、苦しみながらもリュディガーのプレミア初ゴールでスウォンジーに勝利した3位のチェルシー(勝ち点29)は、中2日で戦うホームでの一戦で元指揮官のベニテス監督率いる12位ニューカッスル(勝ち点15)と対戦。今節に向けては先発4人を変更。ケイヒル、ザッパコスタ、ウィリアン、ペドロに代わって、前節温存されたアザール、アスピリクエタ、ドリンクウォーター、負傷明け後初先発のモーゼスが復帰した。 ▽試合は立ち上がりからホームチームが優勢に試合を運ぶが、先制点を奪ったのはアウェイのニューカッスル。12分、最終ラインからのロングボールに競り勝ったゲイルの落としに反応したマーフィーがゲイルにリターンパス。これはうまく収まらなかったが、マルコス・アロンソのGKへのバックパスに対して、マーフィーとGKクルトワが交錯すると、こぼれ球をゲイルが無人のゴールへ流し込んだ。 ▽ホームで先制を許すまさかの展開となったチェルシーはすぐさま猛攻に打って出る。17分にはセスクの浮き球パスに抜け出したアザールがGKと一対一となるが、ここは相手GKダーローの好守に遭う。さらに20分にはセットプレーの流れからカンテの右クロスにクリステンセンが頭で合わすが、今度は右ポストを叩く。 ▽それでも、直後のプレーでアスピリクエタの右クロスをゴール前でDFが何とかクリアしたボールに反応したアザールが落ち着いたボレーシュートでゴール左隅に流し込み、21分に試合を振り出しに戻した。 ▽この同点ゴールで完全に乗ったチェルシーはセスクとアザールを起点とした中央からの仕掛け、右サイドのモーゼスの積極的なドリブル突破で相手を押し込む。すると33分、リュディガーのロングボールに対して、相手DFの甘いクリアを回収したモーゼスが右サイド深くから高速クロス。これをファーでフリーのモラタが頭で合わせた。その後は前がかりになった相手に対して、得意のカウンターに持ち込み、ドリンクウォーターのミドルなどで3点目に迫るが、前半は2-1のまま終了した。 ▽後半もチェルシーペースで試合が進む中、57分にはモラタとのパス交換でゴール前に抜け出したアザールにシュートチャンスも、DFとGKとの交錯の中でシュートを打ち切れず。66分には右サイドからのクロスをゴール前のモーゼスが頭で合わすが、これはGK正面。続く69分にはセットプレーの二次攻撃からボックス左角からカットインしたアザールがシュートも、これもGKに阻まれる。 ▽押し込みながらも決めきれない嫌な流れが続くチェルシーだが、74分にようやく3点目を奪う。セスクのスルーパスに反応したモーゼスがボックス右で相手DFに倒されてPKを獲得。これをキッカーのアザールが冷静なチップキックで流し込み、試合を決定付ける追加点を奪った。 ▽その後、来週ミッドウィークに行われるチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦を睨んで79分にアザールとセスクに代えてウィリアン、バカヨコ、81分にはクリステンセンに代えてケイヒルを投入し、試合をクローズにかかるホームチーム。試合終盤にはヘイデン、シェルヴェイの投入で攻勢を強める相手の反撃に遭うも、これをきっちり凌ぎ切った。アザールの2ゴールの活躍などで逆転勝利を飾ったチェルシーがリーグ2連勝を決めた。 2017.12.02 23:27 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース