岐阜、ブラジル出身の長身DFウェリントン・ロシャを獲得2016.01.12 16:51 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽J2の岐阜は12日、ブラジル出身の東ティモール代表DFウェリントン・ロシャ(25)の加入を発表した。なお、東ティモール代表でプレーする同選手はアジア枠での登録となる。

▽ブラジルのマリリアでキャリアをスタートした190cmの長身DFウェリントン・ロシャは、その後バンコク・ユナイテッド(タイ)やアル・ハラ(バーレーン)、ボウシェアー(オマーン)といったアジアのクラブを渡り歩いた。

▽岐阜の公式サイトで“空中戦と対人プレーに強い、左利きの大型センターバック"と紹介されたウェリントン・ロシャは、「このすばらしい日本という国でプレーすることを幸せに思います。FC岐阜で精一杯頑張りますので、応援よろしくお願い致します」とコメントしている。

コメント

関連ニュース

thumb

打ち合いを制した千葉が今季2度目のリーグ戦連勝を飾る《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第14節のジェフユナイテッド千葉vsFC岐阜が22日にフクダ電子アリーナで行われ、3-2で千葉が勝利した。 ▽3月以来のリーグ戦連勝を目指す10位千葉(勝ち点19)が、3戦無敗中の8位岐阜(勝ち点20)をホームに迎えた一戦は、立ち上がり早い時間にスコアが動く。5分、長澤のパスをボックス左で受けた船山のクロスをニアのエウトンがヘディングでゴールに流し込んだ。 ▽早い時間に先制した千葉は、10分にもエウトンのパスをボックス右で受けた井出が切り返しでマークを外し、シュート。これがゴール左隅に吸い込まれ、追加点を奪った。 ▽その後も試合巧者ぶりを発揮する千葉は33分、阿部の右CKに飛び込んだイ・ジュヨンがヘディングシュート。38分にはボックス右付近でパス受けた井出のグラウンダーのクロスをゴール前に走りこんだエウトンが合わせるも、これは枠を外した。 ▽千葉の2点リードで迎えた後半、岐阜は鈴木ブルーノを下げて瀧瀬を投入。すると51分、右CKのこぼれ球を阿部が残すと、これを受けたエヴァンドロの左クロスをゴール前の田森がヘディングで流し込んだ。 ▽1点を返された千葉もすぐに反撃。52分、ロングスローをボックス左で受けたエウトンの落としをボックス手前の長澤がワンタッチで繋ぐと、これに反応した船山がゴール左からシュート。しかし、このシュートは左サイドネットに外れた。 ▽さらに千葉は83分、吉田のパスをペナルティアークで受けた長澤がボックス中央に侵入しシュート。このボールがGK高木が触れられ勢いが弱まるも、そのままゴール左に吸い込まれた。 ▽リードを広げられた岐阜だが85分、CKのこぼれ球を奪った野垣内のロングスルーパスをボックス左で受けた高地がゴール右にシュートを流し込んだ。再び1点差となり勢いづく岐阜は試合終了間際の91分にも、田中達の右クロスをファーサイドの瀧谷が頭で合わせるたが、これはクロスバーを直撃した。 ▽その後も千葉ゴールに迫った岐阜だが、最後まで同点ゴールは生まれず、試合は3-2で終了。勝利した千葉は今季2度目のリーグ戦連勝を飾った。 2016.05.22 18:35 Sun
twitterfacebook
thumb

赤嶺弾で岡山が愛媛に逆転勝利!!《J2》

▽22日にシティライトスタジアムで、明治安田生命J2リーグ第14節のファジアーノ岡山vs愛媛FCが行われ、2-1で岡山が勝利した。 ▽前節のFC岐阜戦に敗れて5位に後退した岡山(勝ち点22)が、ツエーゲン金沢に敗れて4戦未勝利となった13位の愛媛(勝ち点15)をホームに迎えた一戦。お互いに相手ゴール前での攻防が続く中で、試合が動いたのは前半終了まぎわの45分だった。愛媛は林堂のパスをボックス右で受けた近藤がうまく反転してシュート。これが相手選手にディフレクトしてコースが変わると、ボールはそのままゴールネットへと吸い込まれた。 ▽愛媛が1点リードで迎えた後半も、お互いにゴール前でのチャンスを作り出すが決めきれずスコアは動かない。それでも62分、赤嶺が強引にシュートに持ち込むと、このこぼれ球を拾った押谷がボックス内にクロス。最後は田中がヘディングで押し込んで、岡山が試合を振り出しに戻した。 ▽お互いに選手交代を行いながらせめぎ合う中、85分に試合が動く。片山のロングスローを起点に赤嶺が相手選手との競り合いを制してヘディングシュートを放つと、これがネットに吸い込まれ、岡山が逆転に成功した。 ▽追いかける愛媛は、試合終盤に猛攻を仕掛けようとするも効果的な攻めを見せることはできずに試合は終了。岡山が赤嶺のゴールで愛媛に逆転勝利した。 2016.05.22 16:09 Sun
twitterfacebook
thumb

岐阜のFWレオミネイロが右大腿内転筋肉離れで全治2〜3週間

▽FC岐阜は15日、FWレオミネイロの負傷を発表した。 ▽レオミネイロは、8日に行われた明治安田生命J2リーグ第12節の清水エスパルス戦で負傷。右大腿内転筋肉離れと診断され、全治までは約2〜3週間を要する見込みとのことだ。 ▽今シーズンのレオミネイロは、開幕から12試合連続で先発出場し2得点を記録していた。 2016.05.16 10:12 Mon
twitterfacebook
thumb

エヴァンドロのPK弾で岐阜が好調の岡山を下す!!《J2》

▽15日にシティライトスタジアムで明治安田生命J2リーグ第13節のファジアーノ岡山vsFC岐阜が行われ、1-0で岐阜が勝利している。 ▽3戦無敗の2連勝中と勢いのある4位の岡山(勝ち点22)が、2戦連続ドローの10位・岐阜(勝ち点17)をホームに迎えた一戦。立ち上がりからお互いに縦へ早い攻撃を仕掛けるオープンな展開となる。 ▽20分には岡山がチャンスを迎える。左サイドのFKから押谷が合わせるもオフサイドの判定となった。直後の21分には岐阜がCKから田中達がシュートを放つがポストを直撃。お互いにゴールに迫った前半となったが、得点は動かないまま後半を迎えた。 ▽迎えた50分、岐阜はバックラインを抜け出した田中達がGK中林に倒されてPKを獲得。このチャンスをキッカーのエヴァンドロがきっちりと決めて、先制点を奪った。 ▽追いかける岡山は59分、カウンターから加持の落としから矢島のボレーシュートがクロスバーを叩く。こぼれ球を押谷が押し込んだが、オフサイドの判定により無効となった。 ▽70分にはボックス外にこぼれてきたボールを田中パウロ淳一がボレーで合わせる。しかしここはGK中林が片手ではじき出し、岐阜は追加点を奪うチャンスを逸した。 ▽岡山は終盤、岩政を相手のボックス内に送り込んでパワープレーに出る。しかし同点ゴールが生まれることはなく試合は終了。勝利した岐阜は4試合ぶりの白星を飾り、岡山は4試合ぶりの敗戦となった。 2016.05.15 15:55 Sun
twitterfacebook
thumb

岐阜が終盤に猛攻も清水とドロー《J2》

▽8日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で、明治安田生命J2リーグ第12節のFC岐阜vs清水エスパルスが行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前節の町田ゼルビア戦で1-1の引き分けに終わった10位の岐阜(勝ち点16)が、京都サンガF.C.戦で1-2の敗戦を喫した6位の清水(勝ち点18)を迎えた一戦は開始早々に動きを見せる。4分にボックス手前の位置で清水がFKを獲得すると、これを大前が直接叩き込んで先制に成功する。 ▽しかし岐阜も27分、FKの流れから阿部がヘディングでが押し込む。清水の選手たちは、このプレーで最後にボールを触った田中がオフサイドポジションだったと主張するも認められずに岐阜が同点に追いついた。ハーフタイムにかけては清水が押し気味に試合を進めるものの、勝ち越しゴールは生まれずに前半を終えた。 ▽後半も清水がポゼッションを高めて攻め込むのに対して、岐阜は前線のエヴァンドロやレオナルド・ロシャにボールを集めたカウンターを狙う。54分にはそのレオナルド・ロシャがドリブルで持ち込んでシュートを放つが、ここはGK碓井がなんとかはじき出した。 ▽なかなかフィニッシュに持ち込めない清水は57分に石毛を下げて村田を送り込む。65分には本田を下げて六平を送り出すなど、メンバーを入れ替えて主導権を奪い返そうとする。73分には村田がドリブルでボールを運び、ボックス右からシュートを放つが相手に当ててしまう。 ▽その後は、お互いゴールデンウィーク連戦の3試合目ということもあり運動量が低下。互いに勝ち越しゴールを目指したが、1-1のまま終了のホイッスル。勝ち点1を分け合う結果に終わった。 2016.05.08 20:00 Sun
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース