岐阜、ブラジル出身の長身DFウェリントン・ロシャを獲得2016.01.12 16:51 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽J2の岐阜は12日、ブラジル出身の東ティモール代表DFウェリントン・ロシャ(25)の加入を発表した。なお、東ティモール代表でプレーする同選手はアジア枠での登録となる。

▽ブラジルのマリリアでキャリアをスタートした190cmの長身DFウェリントン・ロシャは、その後バンコク・ユナイテッド(タイ)やアル・ハラ(バーレーン)、ボウシェアー(オマーン)といったアジアのクラブを渡り歩いた。

▽岐阜の公式サイトで“空中戦と対人プレーに強い、左利きの大型センターバック"と紹介されたウェリントン・ロシャは、「このすばらしい日本という国でプレーすることを幸せに思います。FC岐阜で精一杯頑張りますので、応援よろしくお願い致します」とコメントしている。

コメント

関連ニュース

thumb

8戦未勝利の山形vs10戦未勝利の岐阜は1-1のドロー《J2》

▽21日にNDソフトスタジアム山形で行われた明治安田生命J2リーグ第30節のモンテディオ山形vsFC岐阜は、1-1の痛み分けに終わった。 ▽ここ8試合で白星から遠ざかる18位の山形と、3戦連続ドローで10試合未勝利の20位に沈む岐阜が相まみえた。 ▽先に試合を動かしたのは岐阜。27分、左CKから青木が左足でクロスを供給する。これに反応した難波がニアサイドに走り込み、頭でネットを揺らした。 ▽しかし、1点ビハインドで後半を迎えた山形は、64分に追いつく、右CKから佐藤が右足で入れたクロスをニアサイドで大黒が頭で流すと、これを林が左足を押し込んだ。 ▽その後、互いに勝ち越しを目指して攻め合うが、1-1で試合終了。両チームともに勝ち点1ずつを分け合う結果に終わった。 2016.08.21 20:15 Sun
twitterfacebook
thumb

阪南大DF甲斐健太郎が岐阜の特別指定選手に「岐阜の力になれるように頑張ります」

▽日本サッカー協会(JFA)は18日、阪南大学サッカー部に所属するDF甲斐健太郎(21)を、16日付けで2016年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。また、受け入れ先のFC岐阜も公式サイトで発表している。背番号は「41」。 ▽甲斐は大阪府出身で、立正大淞南高校から阪南大学へと進学。2013年には日本高校選抜、2014年、2015年には関西学生選抜に選ばれていた。岐阜は甲斐について「身体能力が高く、滞空時間が長く打点の高いヘディングで攻守において力を発揮するDF。攻撃の起点となるパスのフィード能力も備える」とプレーの特徴を紹介している。甲斐はクラブを通じてコメントしている。 「FC岐阜の特別指定選手として加入することになりました。岐阜の力になれるように頑張ります。よろしくお願いします」 2016.08.18 15:14 Thu
twitterfacebook
thumb

岐阜vs徳島は互いに譲らずドロー《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第29節のFC岐阜vs徳島ヴォルティスが14日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われ、1-1で終了した。 ▽ここまで7勝5分16敗で20位の岐阜と、同9勝6分け13敗で13位の徳島が対戦。試合は、17分に徳島が動かす。右サイドからクロスが送られると、正面の大崎がヘッド。これが決まり、徳島がリードする。 ▽1-0で迎えた後半、反撃に出た岐阜は、69分に追いつく。エヴァンドロのボールに反応したレオミネイロが、GKが飛び出してきた中でシュート。これがブロックされるも跳ね返りが自身に当たると、ボールが無人のゴールに入った。 ▽その後はスコアが動かず終了。両者が勝ち点を分け合った。 2016.08.14 20:14 Sun
twitterfacebook
thumb

岐阜に追いつかれた松本が3戦連続のドローで足踏み続く《J2》

▽11日に松本平広域公園総合球技場アルウィンで行われた明治安田生命J2リーグ第28節の松本山雅vsFC岐阜は、1-1のドローに終わった。 ▽2戦連続ドローながら3戦無敗で2位につける松本と、前節のカマタマーレ讃岐戦を引き分けて連敗を「7」で止めた20位の岐阜が対峙した。先に試合を動かしたのは松本。18分、ボックス右角の外側でFKのチャンスを得ると、ファーサイドで完全にフリーとなった後藤が頭でボールを押し込み、松本が先制する。 ▽後藤の今シーズン初ゴールで先行した松本は、その後もホームアドバンテージを生かして試合の主導権を掌握。しかし、追加点のチャンスを決め切ることができない。1点リードで迎えた後半も岐阜の反撃を抑え込みながら追加点を目指した松本は66分、岩間のクロスから三島、工藤が立て続けにシュート。しかし、いずれもポストを叩く。 ▽すると、3枚の交代カードでエヴァンドロ、レオナルド・ロシャ、レオミネイロを投入した岐阜は90分、右サイドでFKのチャンスを獲得。レオナルド・ロシャのクロスから中央のスペースに抜け出した瀧谷が頭で押し込んだ。結局、試合は1-1で終了。追いつかれた松本は、3戦連続ドローで足踏みが続く結果となった。 2016.08.11 20:15 Thu
twitterfacebook
thumb

岐阜がエヴァンドロのAT弾で追いつき連敗を「7」でストップ 逃げ切り失敗の讃岐は今季初の3連勝ならず《J2》

▽7日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われた明治安田生命J2リーグ第27節のFC岐阜vsカマタマーレ讃岐は、1-1のドローに終わった。 ▽今シーズン初の3連勝が懸かる16位の讃岐と、泥沼の7連敗で19位に沈む岐阜の一戦。試合は互いにボールを持てば積極的に仕掛け合う攻防戦が繰り広げられる。 ▽しかし、両チームともに容易にボックス手前までボールを持ち込むものの、シュートチャンスに繫がらない攻撃に終始。そのため、停滞感の漂う展開となる。 ▽“塩試合”の感が否めない前半の戦いを経て、後半を迎えた試合は、立ち上がりから岐阜が攻勢に出る。ゴールから遠い位置からでも積極的にシュートを放っていく。 ▽ところが、なかなかネットを揺らせずにいると、讃岐も反撃。それでも、エヴァンドロ、レオナルド・ロシャを立て続けに投入した岐阜が流れを明け渡さない。 ▽その岐阜は78分に決定機。レオナルド・ロシャとのワンツーでボックス左に侵攻したエヴァンドロがエブソンとの接触で倒れるが、シミュレーションの判定が下る。 ▽すると、讃岐は84分、右サイド深くから渡邉が中央にセンタリングを供給すると、これに61分から出場の小澤がヘディング。これが決まり、讃岐が均衡を破る。 ▽後がなくなった岐阜だが、後半アディショナルタイムに最終ラインからのハイボールのこぼれ球から、ボックス中央のエヴァンドロがプッシュ。土壇場で追いつく。 ▽結局、互いに途中出場の選手が結果を残す形となった試合は1-1のドロー。讃岐は今シーズン初の3連勝を逃した一方で、岐阜は連敗を「7」で止めた。 2016.08.07 19:57 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース