岡崎が勝ち越し弾も…スパーズがケインのPK弾で再試合に持ち込む《FAカップ》2016.01.11 02:56 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽10日にホワイト・ハート・レーンで行われたFAカップ3回戦、トッテナムvsレスター・シティは2-2で終了した。岡崎は後半の頭から途中出場。48分に自身の今季4得点目となるゴールを決めている。

▽直近の公式戦10試合でわずか1敗と安定した戦いを見せ続けるトッテナムは、先のエバートン戦の先発メンバーから7選手を変更。エースのケインや、守護神のロリスら一部主力をベンチに置き、レスター戦に挑んだ。

▽対するレスターは、リバプール、マンチェスター・シティといった強豪と連戦だったこともあり、直近の3試合で勝利から遠ざかっている状況。ラニエリ監督は直近の試合から8選手の先発変更を施し、岡崎を3試合連続でベンチに待機させた。

▽立ち上がりからホームアドバンテージを生かして攻勢を強めたトッテナムは8分、ボックス左からシャドリがシュート。これはGKシュマイケルに弾かれたものの、こぼれ球をボックス手前で拾ったエリクセンが右足でボールをゴール左下に決めた。

▽幸先よく先制したトッテナムがその後も押し気味に試合を進めるが、19分にレスターが反撃。右CKからグレイが右足でゴール前にクロスを送ると、相手DFのマークを振り切ったワシレフスキが頭で叩き込み、レスターが同点に追いついた。

▽1-1で迎えた後半、レスターはハーフタイム明けからカンテに代えて岡崎を投入。すると48分、ボックス左のアンディ・キングからパスを受けた岡崎がドリブルで相手数人の守備網を攻略し、右足を振りぬく。一度は相手GKのブロックに阻まれるも、こぼれ球を拾った岡崎が左足で押し込んだ。

▽その後、岡崎の一発で逆転を許したトッテナムは猛攻を見せるが、レスターの堅い守りを崩しきれない。すると68分、ポチェッティーノ監督はたまらず、エリック・ダイアー、トム・キャロルを下げ、休養を兼ねてベンチスタートだったケイン、ベンタレブを投入した。

▽さらに73分、シャドリに代えてデル・アリをピッチに送り込んだトッテナムは89分、ドリブルで仕掛けたローズがボックス内でネイサン・ダイアーのハンドを誘い、PKのチャンスを獲得。これをケインが冷静に決め切り、トッテナムが土壇場で同点に追いついた。結局、試合は2-2で終了。トッテナムが再試合に持ち込んでいる。

コメント

関連ニュース

thumb

岡崎に強力な新ライバル? レスターがスリマニ獲得に大金用意か

FW岡崎慎司が所属するレスター・シティは、クラブレコードとなる投資を考えているのかもしれない。アルジェリア代表FWイスラム・スリマニの獲得について、ポルトガルのスポルティングと交渉が進んでいる模様だと、イギリス『スカイ・スポーツ』などが伝えた。<br><br>スリマニは昨シーズン、スポルティングで27ゴールを記録した28歳のアタッカー。『スカイ・スポーツ』はレスターが相手の要求する3400万ポンド(約45億円)を用意する意思があるとしている。<br><br>まだレスター行きが決まったわけではないが、少なくともスポルティングがスリマニの放出を検討していることは確かなようだ。スポルティングは28日、ヴォルフスブルクからFWバス・ドスト(27)を獲得しており、エース放出に備えているように見える。<br><br>プレミアリーグ開幕3試合を消化して1勝1分け1敗の王者レスター。大物がチームにやってくるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.29 05:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ラニエリ、今季プレミア初勝利に満足…岡崎には「レスターでの最高の試合の一つ」

レスター・シティは27日に行われたプレミアリーグ第3節でスウォンジーと対戦し、2&minus;1で勝利した。チームを率いるクラウディオ・ラニエリ監督は結果に満足している。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。<br><br>エースのジェイミー・ヴァーディらのゴールで勝利したレスターは今シーズン初めて勝ち点3を手にしている。試合後、ラニエリ監督は「3ポイントと我々にとっての初勝利をとても喜んでいる」とコメントした。<br><br>また、リーグ戦初ゴールが生まれたヴァーディについても「ストライカーにとってゴールを奪うことは重要だし、私にとっても重要なものだった。前半は素晴らしいパフォーマンスだったね」と賛辞を贈っている。<br><br>先発出場し、79分までプレーした岡崎慎司に関しては「慎司のレスターでのキャリアの中で最高の試合の一つ」と高く評価した<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.28 13:58 Sun
twitterfacebook
thumb

スウォンジー戦途中交代のGKシュマイケル、29日にヘルニア手術へ ラニエリは次戦リバプール戦出場を示唆

▽レスター・シティの絶対的守護神を務めるデンマーク代表GKカスパー・シュマイケルが腰の手術を受けることがわかった。クラウディオ・ラニエリ監督が27日の試合後に明かしている。イギリスの地元紙『レスター・マーキュリー』が報じた。 ▽27日にホームでプレミアリーグ第3節のスウォンジー戦に臨んだレスターは、FWジェイミー・ヴァーディとDFウェズ・モーガンのゴールで2点を先行。終盤に1点を返されるが、2-1で逃げ切り、今季のプレミアリーグ初白星を挙げた。 ▽同試合後のインタビューで、57分にGKロン=ロベルト・ツィーラーとの途中交代でピッチを退いたK・シュマイケルについて問われたラニエリ監督は、以下のように説明した。 「彼は、先月から軽度のヘルニアを抱えてプレーしていた。月曜日(29日)に手術を受けることになる。4、5日すれば次戦に出られるだろうし、月曜日に手術を受ける予定だった」 「我々は彼にプレーしてもらいたかった。そして、彼もそれを希望していたんだ。しかし、彼はプレー中に違和感を覚えたため、途中でピッチを退くことを余儀なくされた」 ▽プレミアリーグ開幕から3試合目にしてリーグ戦初白星を手にしたイングランド王者レスターは9月10日に行われる次節、勝ち点4で並ぶリバプールとのアウェイゲームに臨む。 2016.08.28 12:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ヴァーディ今季初ゴールのレスターが初勝利! PK奪取の岡崎は80分までプレー《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第3節のレスター・シティvsスウォンジーが27日にキングパワー・スタジアムで行われ、ホームのレスターが2-1で勝利した。レスターの日本代表FW岡崎慎司は、80分までプレーしている。 ▽前節、アーセナルとのビッグマッチをゴールレスドローで終えた昨季王者のレスターは、開幕2試合勝利なし。今季のリーグ戦初勝利を目指すチームは、前節から先発1人を変更。負傷のメンディに代わって、アマルテイがドリンクウォーターの相棒に入った。 ▽立ち上がりから相手にボールを持たれる時間が続くレスターだが、開始10分にヴァーディの得たFKからマフレズが惜しいシュートを放つなど、スウォンジーのバックラインの背後を狙う形の攻めでゴールに迫っていく。 ▽その後は拮抗した展開が続くが、32分にエースが今季初ゴールを奪う。自陣深い位置からクリアボールを繋ぐと、ドリンクウォーターの浮き球のフィードに抜け出したヴァーディがボックス右に持ち込んで冷静にGKとの一対一を制した。 ▽良い時間帯に先制に成功したレスターは、前半終盤にかけて相手の反撃に遭い、シグルドソンに幾度か良い形でフィニッシュまで持ち込まれるが、守護神のシュマイケルを中心にゴールを許さない。逆に、前半終了間際の45分にはボックス手前左から岡崎が強烈なミドルシュートを放つ。だが、枠の左を捉えたこのシュートはGKファビアンスキのビッグセーブに阻まれた。 ▽1点リードで試合を折り返したレスターは、後半立ち上がりに追加点を奪う。52分、CKの流れからゴール前に混戦が生まれると、いち早くルーズボールに反応したモーガンがゴール至近距離から右足のボレーシュートを突き刺した。 ▽勢い付くレスターは、56分にボックス内でルーズボールに反応した岡崎が相手DFに倒されてPKを獲得。しかし、キッカーのマフレズが左を狙ったシュートはGKファビアンスキに弾かれる。このこぼれ球に反応した岡崎が押し込みにいくが、コースの甘いシュートは再びファビアンスキに阻まれる。すると、この絶好機を逸したレスターは、直後に足を痛めたGKシュマイケルがプレー続行不可能となり、今夏ハノーファーから加入したGKツィーラーがプレミアデビューを飾ることになった。 ▽後半半ばから終盤にかけて激しく降り続く雨の影響で、互いにバタバタした展開が続く。ゲームを落ち着かせたいラニエリ監督は、75分にオルブライトンに代えてムサ、80分には岡崎を下げてウジョアを投入。だが、岡崎を下げた直後の81分には右サイドでバロウが上げたクロスを、ゴール前に走り込んだフェルに打点の高いヘディングで合わせられ、点差を1点に縮められる。 ▽その後、白熱の攻防が続く中、レスターは前がかりな相手に対して、幾度もカウンターチャンスを得るが、マフレズらがチャンスを決め切れず。それでも、決死の守備でスウォンジーに2点目を許さなかったレスターが、苦しみながらも今季のリーグ戦初勝利を手にした。 2016.08.28 01:14 Sun
twitterfacebook
thumb

ラニエリ、カンテ退団でドリンクウォーターのさらなる成長に期待

レスター・シティのクラウディオ・ラニエリ監督が、MFダニー・ドリンクウォーターはMFエンゴロ・カンテがいないなかでのプレーを学ばなければならないと述べている。<br><br>先日、クラブとの契約延長が発表されたドリンクウォーターについて、ラニエリ監督はチェルシーへ移籍したカンテにも触れつつ、次のように述べている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。<br><br>「ダニーは何かを変えなければいけない。カンテとは非常に良いコンビだったからだ。うまくリンクしていた。片方が前に行くと、もう一人がカバーし、うまく入れ替わっていたんだ」<br><br>「今は正しい解決策を見つけるためにリスタートしなければいけない。(ナンパリス・)メンディがいないから、(アンディ・)キングか別のMFが何をできるか見たい。ダニーはもっとうまくやれると思う」<br><br>また、コミュニティーシールドでは得点を挙げたものの、プレミアリーグ開幕から2試合でノーゴールのFWジェイミー・ヴァーディについて、ラニエリ監督は次のように述べている。<br><br>「もちろん、彼は特別な注目を浴びている。昨季は危険な存在だった。今も危険なゴールスコアラーだ。私は心配していない。ジェイミーとはとても集中しているからね」<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.27 17:46 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース