岡崎が勝ち越し弾も…スパーズがケインのPK弾で再試合に持ち込む《FAカップ》2016.01.11 02:56 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽10日にホワイト・ハート・レーンで行われたFAカップ3回戦、トッテナムvsレスター・シティは2-2で終了した。岡崎は後半の頭から途中出場。48分に自身の今季4得点目となるゴールを決めている。

▽直近の公式戦10試合でわずか1敗と安定した戦いを見せ続けるトッテナムは、先のエバートン戦の先発メンバーから7選手を変更。エースのケインや、守護神のロリスら一部主力をベンチに置き、レスター戦に挑んだ。

▽対するレスターは、リバプール、マンチェスター・シティといった強豪と連戦だったこともあり、直近の3試合で勝利から遠ざかっている状況。ラニエリ監督は直近の試合から8選手の先発変更を施し、岡崎を3試合連続でベンチに待機させた。

▽立ち上がりからホームアドバンテージを生かして攻勢を強めたトッテナムは8分、ボックス左からシャドリがシュート。これはGKシュマイケルに弾かれたものの、こぼれ球をボックス手前で拾ったエリクセンが右足でボールをゴール左下に決めた。

▽幸先よく先制したトッテナムがその後も押し気味に試合を進めるが、19分にレスターが反撃。右CKからグレイが右足でゴール前にクロスを送ると、相手DFのマークを振り切ったワシレフスキが頭で叩き込み、レスターが同点に追いついた。

▽1-1で迎えた後半、レスターはハーフタイム明けからカンテに代えて岡崎を投入。すると48分、ボックス左のアンディ・キングからパスを受けた岡崎がドリブルで相手数人の守備網を攻略し、右足を振りぬく。一度は相手GKのブロックに阻まれるも、こぼれ球を拾った岡崎が左足で押し込んだ。

▽その後、岡崎の一発で逆転を許したトッテナムは猛攻を見せるが、レスターの堅い守りを崩しきれない。すると68分、ポチェッティーノ監督はたまらず、エリック・ダイアー、トム・キャロルを下げ、休養を兼ねてベンチスタートだったケイン、ベンタレブを投入した。

▽さらに73分、シャドリに代えてデル・アリをピッチに送り込んだトッテナムは89分、ドリブルで仕掛けたローズがボックス内でネイサン・ダイアーのハンドを誘い、PKのチャンスを獲得。これをケインが冷静に決め切り、トッテナムが土壇場で同点に追いついた。結局、試合は2-2で終了。トッテナムが再試合に持ち込んでいる。

コメント

関連ニュース

thumb

レスター監督解任のラニエリが声明…「昨日、私の夢は死んだ」

▽レスター・シティは23日、クラウディオ・ラニエリ氏(65)の監督解任を発表した。イギリス『スカイ・スポーツ』が、ラニエリ氏の声明文を掲載している。 ▽昨シーズンのプレミアリーグでレスターを世紀の初優勝に導き、FIFA(国際サッカー連盟)選定の最優秀監督賞を受賞したラニエリ氏。しかし、今シーズンはここまでプレミアリーグで降格圏の16位ハル・シティに勝ち点1差の15位と不振に喘いでおり、ラニエリ氏の去就に関する憶測も熱を帯びていた。 ▽史上最大ともいえる世紀の優勝から9カ月後、解任という憂き目に遭うことになったラニエリ氏は、「昨日、私の夢は死んだ」と書き出し、思いを綴った。 「昨日、私の夢は死んだ。昨シーズンの幸福感とプレミアリーグ制覇によって、私が抱いていた夢は常に愛するレスターと共にいることだった。悲しいことに、それは叶わなかった」 「私は、絶えなくサポートしてくれた妻のロザンナと家族のみんなに感謝したい。この素晴らしい旅に付き添ってくれたパオロ(・ベネッティ)とアンドレア(・アザリン)にも感謝を送る。チャンピオンになるチャンスを与えてくれたスティーブ・カットナーとフランコ・グラネッロにもだ」 「レスターにも多くのことを感謝しなければならない。この冒険は素晴らしいもので、永遠に私の中で生き続けるだろう」 「我々と共にサッカーの偉大な物語をレポートしてくれた全てのジャーナリストやメディアにも感謝したい」 「全てのクラブ関係者、選手、スタッフ、そして偉業達成を支えてくれた全ての人に心から感謝したい。だが、大部分はサポーターに対してだ。君たちは初日から私を心から歓迎してくれて、愛してくれた。私も愛している」 「誰も、私たちが共に成し遂げたものを奪い去ることはできない。そして、みんながそのこと(優勝)を毎日思い出して笑顔になってくれることを願う。私がいつまでもそうするようにね」 「決して忘れることのない素晴らしさと幸福に溢れた時間だった。みんなと共にチャンピオンになれたことは喜びであり、名誉だった」 2017.02.25 08:35 Sat
twitterfacebook
thumb

【プレミア第26節プレビュー】レスターvsリバプール開催

▽前節のプレミアリーグでは、リバプールがトッテナムに2-0で完勝。首位のチェルシーが引き分けに終わって勝ち点を落とした一方、ユナイテッドとシティのマンチェスター勢、アーセナルは勝利した。 ▽迎える今節は、EFLカップの決勝が行われる影響で、ユナイテッドとサウサンプトンに関連する試合(サウサンプトンvsアーセナル、マンチェスター・シティvsマンチェスター・ユナイテッド)が延期。その中で注目は、マンデーナイトに開催されるレスター・シティvsリバプールだ。 ▽17位のレスター(勝ち点21)は、直近の公式戦9試合で1勝1分け7敗と苦しんでいる。前節はスウォンジーに0-2で敗れ、先週末はリーグ1(イングランド3部相当)のミルウォールに屈してFAカップ敗退。さらに水曜日にはチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、セビージャとのアウェイ戦を1-2で落とした。そんな中、リーグ戦では現時点で残留圏とはいえ、最下位のサンダーランドとはわずか2ポイント差。完全に残留争いに巻き込まれており、強豪相手でも勝ち点をもぎ取らなければならない状況だ。 ▽対するリバプール(勝ち点49)は、スパーズ戦の勝利が実にリーグ戦6試合ぶりの白星。それまでは公式戦5試合で1分け4敗と苦しんでいただけに、前節の勝利を何とか浮上のキッカケとしたい。ヨーロッパの大会に加え、カップ戦も敗退しているために、中間は約2週間にわたって試合がなく、休養は十分。年明け以降は疲れが見えていた状況だっただけに、リフレッシュしたここから再び盛り返したい。 ▽2位シティとの差が8ポイントに縮まった首位のチェルシー(勝ち点60)は、15位のスウォンジー(勝ち点24)とホームで対戦する。前節のバーンリー戦は1-1に終わったが、この引き分けを引きずらず、先週末にはFAカップでウォルバーハンプトンに2-0で勝利し、準々決勝に進出した。ミッドウィークに試合がなく1週間の間隔が取れた後のホーム戦のここは、きっちり勝ち点3を上積みしておきたい。 ▽3位のスパーズ(勝ち点50)は、9位のストーク・シティ(勝ち点32)をホームに迎える。スパーズはリバプールに敗れた後、ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦の1stレグでもヘントに敗戦。先週末のFAカップではフルアムを相手にケインのハットトリックで快勝して準々決勝に進出した。リーグ戦7連勝中のホームに戻り、白星を取り戻したい。 ◆プレミアリーグ第26節 ▽2/25(土) 《24:00》 チェルシー vs スウォンジー WBA vs ボーンマス ハル・シティ vs バーンリー エバートン vs サンダーランド クリスタル・パレス vs ミドルズブラ 《26:30》 ワトフォード vs ウェストハム ▽2/26(日) 《21:00》 トッテナム vs ストーク・シティ ▽2/27(月) 《29:00》 レスター・シティ vs リバプール ▽延期 マンチェスター・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド サウサンプトン vs アーセナル 2017.02.24 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

キャラガー氏もレスター指揮官を解任されたラニエリに同情「ラニエリと契約した時に何を期待していた?」

▽リバプールでプレーしていた元イングランド代表DFジェイミー・キャラガー氏が、レスター・シティの監督を解任されたクラウディオ・ラニエリ監督に同情した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽昨シーズン奇跡のプレミアリーグ制覇を成し遂げたレスター・シティだったが、今シーズンは極度の不振に陥り、現在降格圏と勝ち点差1の17位に位置している。 ▽優勝トロフィーを掲げてからわずか9カ月での解任となったラニエリ監督。しかし、キャラガー氏はレスターの元々の立ち位置について言及し、解任を告げられたラニエリ監督への同情を明かした。 「多くの人々が、ラニエリとともにレスターが降格することを望んでいないと思う。しかし、多くの同情が生まれるだろう」 「レスターが降格した場合は災難ではあるが、レスターはいつもエレベータクラブだった」 「彼らはいつでもそうであったし、タイトルを獲ったからといって変わることはなかった。ラニエリと契約した時に何を期待していたのだろうか」 2017.02.24 13:27 Fri
twitterfacebook
thumb

同胞・ラニエリの解任に憤るスパレッティ監督「感謝を感じない」

▽ローマを率いるルチアーノ・スパレッティ監督が、同胞でありレスター・シティの監督を解任されたクラウディオ・ラニエリ監督への思いを語った。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽昨シーズンの奇跡の優勝から一転、今シーズンは不振に陥っていたレスター・シティが23日にクラウディオ・ラニエリ監督を突如解任した。 ▽同日にヨーロッパリーグ ラウンド32の2ndレグのビジャレアル戦を終えたスパレッティ監督が、ラニエリ監督の解任についてコメント。不可解であることを明かしつつ、ローマを訪ねることを求めた。 「ラニエリへの感謝を感じない。彼はこのチームを作り、化学反応を起こした人物だ。昨シーズンのタイトル獲得の最終的な決め手となった」 「このような形でタイトルを獲ると、クラブがまとまっているならば降格の可能性も受け入れるだろう。タイトルと降格の2つの間には、喜びと結果の面で非常に不均衡だ」 「クラブは誰も非難せず、自分で責任を負うものだ。しかし、フットボールでは違う方向に物事が起こる。私は同じ経験をしたので、言わせてもらう」 「ラニエリには残念なことだが、ローマに住んでいるのだから、会いに来たくなったら喜んで受け入れる。我々にその経験を教えてもらいたいね」 2017.02.24 13:18 Fri
twitterfacebook
thumb

ラニエリの後任はマンチーニ? 「Sky Bet」で一番人気

▽昨シーズンの奇跡の優勝から一転、不振に陥っていたレスター・シティがクラウディオ・ラニエリ監督を突如解任した。イギリス『スカイ・スポーツ』は、ロベルト・マンチーニ氏が『Sky Bet』での一番人気だと報じた。 ▽フィオレンティーナやラツィオ、インテル、マンチェスター・シティ、ガラタサライで指揮を執っていたマンチーニ氏は、2016年8月にインテルの監督を退任して以来フリーとなっている。 ▽現役時代は“ミスター・サンプ”と呼ばれ、サンプドリアの他、ボローニャやラツィオでプレー。1999-2000シーズンにラツィオでスクデットを獲得すると、現役を引退。2001年1月にレスター・シティで現役復帰を果たしたものの、1カ月で退団していた。 ▽マンチーニ氏に続いているのは、昨年12月にクリスタル・パレスの監督を解任されたアラン・パーデュー氏。昨年11月にインテルの監督を解任されたフランク・デ・ブール氏と続いている。 2017.02.24 12:37 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース