岡崎が勝ち越し弾も…スパーズがケインのPK弾で再試合に持ち込む《FAカップ》2016.01.11 02:56 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽10日にホワイト・ハート・レーンで行われたFAカップ3回戦、トッテナムvsレスター・シティは2-2で終了した。岡崎は後半の頭から途中出場。48分に自身の今季4得点目となるゴールを決めている。

▽直近の公式戦10試合でわずか1敗と安定した戦いを見せ続けるトッテナムは、先のエバートン戦の先発メンバーから7選手を変更。エースのケインや、守護神のロリスら一部主力をベンチに置き、レスター戦に挑んだ。

▽対するレスターは、リバプール、マンチェスター・シティといった強豪と連戦だったこともあり、直近の3試合で勝利から遠ざかっている状況。ラニエリ監督は直近の試合から8選手の先発変更を施し、岡崎を3試合連続でベンチに待機させた。

▽立ち上がりからホームアドバンテージを生かして攻勢を強めたトッテナムは8分、ボックス左からシャドリがシュート。これはGKシュマイケルに弾かれたものの、こぼれ球をボックス手前で拾ったエリクセンが右足でボールをゴール左下に決めた。

▽幸先よく先制したトッテナムがその後も押し気味に試合を進めるが、19分にレスターが反撃。右CKからグレイが右足でゴール前にクロスを送ると、相手DFのマークを振り切ったワシレフスキが頭で叩き込み、レスターが同点に追いついた。

▽1-1で迎えた後半、レスターはハーフタイム明けからカンテに代えて岡崎を投入。すると48分、ボックス左のアンディ・キングからパスを受けた岡崎がドリブルで相手数人の守備網を攻略し、右足を振りぬく。一度は相手GKのブロックに阻まれるも、こぼれ球を拾った岡崎が左足で押し込んだ。

▽その後、岡崎の一発で逆転を許したトッテナムは猛攻を見せるが、レスターの堅い守りを崩しきれない。すると68分、ポチェッティーノ監督はたまらず、エリック・ダイアー、トム・キャロルを下げ、休養を兼ねてベンチスタートだったケイン、ベンタレブを投入した。

▽さらに73分、シャドリに代えてデル・アリをピッチに送り込んだトッテナムは89分、ドリブルで仕掛けたローズがボックス内でネイサン・ダイアーのハンドを誘い、PKのチャンスを獲得。これをケインが冷静に決め切り、トッテナムが土壇場で同点に追いついた。結局、試合は2-2で終了。トッテナムが再試合に持ち込んでいる。

コメント

関連ニュース

thumb

フックスが解任されたラニエリとの不仲説を否定「感謝の気持ちしかない」

2月下旬にレスターの指揮官クラウディオ・ラニエリが解任されたことについて、選手たちがラニエリの更迭を希望していたという報道もあったが、クリスティアン・フックスがそのうわさを否定している。<br><br>フックスはドイツの雑誌『11Freunde』の取材で、「ラニエリがいなくなる直前、オーナーから僕らに対して説明や会合といったものは一切なかった」と言及。<br><br>「オーナーがラニエリを更迭したことは勇気がいる判断だったと思う。サッカー界はビジネスの側面もあるし、レスターを良くするためのきっかけになればと思っての解任だったはずだ」<br><br>フックスは「ラニエリは解任が決まったあと、練習場に来て選手たちにこれからの幸運を祈ると言ってくれた」と、ラニエリとの別れについて振り返った。<br><br>また、「僕はサッカー選手として16年間やってきて、15人の異なる監督に指導を受けた。そんな中でもラニエリが僕に与えてくれたポジティブな要素は忘れがたいもので感謝の気持ちしかない。クラブの決断は残酷だったかもしれないけど、それを受け入れて前を向くしかない」と続け、ラニエリとの関係は最後まで良好だったことを強調している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.23 15:07 Thu
twitterfacebook
thumb

岡崎慎司への厚い信頼…レスター指揮官がチームプレーの重要性を語る

レスター・シティを率いるクレイグ・シェイクスピア監督の、FW岡崎慎司への評価は高いようだ。『OMNISPORT』が伝えている。<br><br>レスターは18日、プレミアリーグ第29節でウェスト・ハムと対戦。チームは3-2で勝利したものの、先発出場した岡崎は得点に絡むことはできず。イギリスメディアの評価も及第点となっている。しかし、就任以降4連勝で、4試合連続で岡崎を先発起用しているシェイクスピア監督は、その重要性を語っている。<br><br>「(得点できなかったとしても)シンジがチームのために果たしてくれていることは、とても重要だ。得点者や守護神に賛辞が集まることが多いが、チームパフォーマンスにおいて何がチームのために重要か、を理解することはとても重要なんだよ」<br><br>指揮官からの信頼が厚いことが明らかになった岡崎。それでもさらなる貢献のため、ゴールでチームを助けたいと考えていることは間違いないだろう。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.21 12:24 Tue
twitterfacebook
thumb

プランデッリ「ラニエリがどんな目にあったか…」レスターからの監督オファーを拒否

イタリア人指揮官、チェーザレ・プランデッリがレスターから指揮官就任の打診があったとフランスメディア『SFR Sport』に述べている。<br><br>「実は、レスターからアプローチがあったんだ。だけど、すぐさま&ldquo;ノー&rdquo;と返事をしたよ。(クラウディオ)ラニエリが歴史的な偉業を成し遂げたにもかかわらず、どのような扱いを受けてクラブを追われたのかを見たら、その場所に行きたいとは思わないだろう?」<br><br>プランデッリは「サッカーのチームマネージメントはとても難しいものだが、やりがいのある仕事だ。サッカーチームがうまくいかない時もある。ただ、それはクラブと監督の両方にどういう事情があって機能しなくなったのか、よく把握しなければならない」と語り、監督業の難しさについても言及している。<br><br>レスターはアシスタントコーチだったクレイグ・シェイクスピアが正式に後任監督となり、ラニエリ解任後は公式戦4連勝と盛り返しに成功しつつある。<br><br>今シーズン、ラニエリはバレンシアの指揮官として指導していたが、昨年12月に途中退任。レスターの新指揮官に就任することはなかったが、クラブをリーグ優勝に導いたラニエリを残酷にも更迭したことでレスターに対する拒否反応があったことを明かしている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.19 17:32 Sun
twitterfacebook
thumb

岡崎先発レスター、ウェストハムの追い上げを振り切りアウェイ初勝利で3連勝《プレミアリーグ》

▽レスター・シティは18日、プレミアリーグ第29節でウェストハムとのアウェイ戦に臨み、3-2で競り勝った。レスターのFW岡崎慎司は76分に交代している。 ▽前節ハル・シティとの残留を懸けたシックスポインターを3-1と制して15位をキープしたレスター(勝ち点27)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグのセビージャ戦を2-0と勝利し、逆転での8強入りを決めた。シェイクスピア監督就任で息を吹き返したチームはセビージャ戦のスタメンからモーガンに代えてベナルアンのみを変更してリーグ戦3連勝を目指した。 ▽ここ4試合勝利のない11位ウェストハム(勝ち点33)に対し、レスターは5分、ボックス手前右からマフレズが左足で送ったクロスに岡崎が反応。岡崎はボールに触れなかったが、そのままゴール左にボールが吸い込まれ、先制に成功した。 ▽さらに8分、FKの流れからボックス中央のオルブライトンの右足アウトでの絶妙な浮き球パスをゴールエリア右のフートが頭で押し込み、追加点を奪った。 ▽瞬く間に2失点を喫したウェストハムは、リードが右足を負傷してスノッドグラスとの交代を強いられるも、20分にボックス手前左で得たFKをランシーニが直接ゴール左上へ決めて1点差に詰め寄る。 ▽その後は一進一退の攻防が続いた中、39分にレスターが突き放す。右CKから混戦となったところをヴァーディが左足で押し込んだ。 ▽迎えた後半、ウェストハムの圧力を受けたレスターだったが、59分に決定機。ディフェンスライン背後を取ったヴァーディがボックス左へ侵入。飛び出したGKを外すチップキックシュートを狙うも、わずかに枠を外れた。 ▽すると63分、ウェストハムが1点差に詰め寄る。左CKをファーサイドのキャロルがヘッドで折り返し、A・アイェウが頭で押し込んだ。押せ押せムードのウェストハムに対し、レスターは76分に岡崎とヴァーディに代えてスリマニとムサの2枚代えを敢行するも劣勢が続く。 ▽終盤にかけてもピンチの連続となったレスターだったが、A・アイェウのシュートミスやGKシュマイケルの好守によって何とか3-2で逃げ切り。アウェイ初勝利を挙げて3連勝とし、降格圏から遠ざかることに成功した。 2017.03.19 01:57 Sun
twitterfacebook
thumb

岡崎慎司が明かすセビージャ戦の勝算「乾貴士と『チャンスはある』と話していた」

レスター・シティに所属する日本代表FW岡崎慎司は、セビージャ戦前から勝算があったと語っている。『OMNISPORT』が伝えた。<br><br>レスターは14日、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグでセビージャと対戦。1stレグを1-2と落としていたものの、ホームでのリターンマッチでは立ち上がりから鋭い出足を見せ、2-0で勝利した。先発出場し、守備で勝利に貢献した岡崎は試合前から、今のセビージャであればチャンスはあると考えていたようだ。<br><br>「テレビなどで最近のセビージャの試合を見ていたら、チャンスがあるのではと思っていました。乾貴士(エイバル)とはよく話していて、『セビージャならいける!』みたいな感じで」<br><br>「(セビージャは)プレッシャーをかければ、うまいけど結構慌てると聞いていました。自分が(プレッシャーを)かければ、相手が余裕を持てなくなるというのは、手に取るように分かりました。あそこでドリブルを仕掛けてきたりしたら嫌だったが、(スティーブ・)エンゾンジなどは、そういうプレーヤーではなかったですね。(サミル・)ナスリはそういうところがあったが、そこまで機敏ではなかったです。抜かれることはなかったので、そこを抑えることができたのは大きかったですね」<br><br>また、一番気をつけた点として、プレッシングのタイミングを挙げている。<br><br>「みんな(の集中力)が切れそうになったときに、僕が前に行って、相手に余裕を持たせないようにしようと思っていました。それは心がけましたね。すごく微妙なところだが、味方が止まったと思ったら自分が行って、相手にボールを蹴らせ、ボールを持たせない。それは(試合を)通してやったつもりです。自分のそういうプレーは、このチームにとって大きいと思います」<br><br>提供:goal.com 2017.03.16 12:00 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース