岡崎が勝ち越し弾も…スパーズがケインのPK弾で再試合に持ち込む《FAカップ》2016.01.11 02:56 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽10日にホワイト・ハート・レーンで行われたFAカップ3回戦、トッテナムvsレスター・シティは2-2で終了した。岡崎は後半の頭から途中出場。48分に自身の今季4得点目となるゴールを決めている。

▽直近の公式戦10試合でわずか1敗と安定した戦いを見せ続けるトッテナムは、先のエバートン戦の先発メンバーから7選手を変更。エースのケインや、守護神のロリスら一部主力をベンチに置き、レスター戦に挑んだ。

▽対するレスターは、リバプール、マンチェスター・シティといった強豪と連戦だったこともあり、直近の3試合で勝利から遠ざかっている状況。ラニエリ監督は直近の試合から8選手の先発変更を施し、岡崎を3試合連続でベンチに待機させた。

▽立ち上がりからホームアドバンテージを生かして攻勢を強めたトッテナムは8分、ボックス左からシャドリがシュート。これはGKシュマイケルに弾かれたものの、こぼれ球をボックス手前で拾ったエリクセンが右足でボールをゴール左下に決めた。

▽幸先よく先制したトッテナムがその後も押し気味に試合を進めるが、19分にレスターが反撃。右CKからグレイが右足でゴール前にクロスを送ると、相手DFのマークを振り切ったワシレフスキが頭で叩き込み、レスターが同点に追いついた。

▽1-1で迎えた後半、レスターはハーフタイム明けからカンテに代えて岡崎を投入。すると48分、ボックス左のアンディ・キングからパスを受けた岡崎がドリブルで相手数人の守備網を攻略し、右足を振りぬく。一度は相手GKのブロックに阻まれるも、こぼれ球を拾った岡崎が左足で押し込んだ。

▽その後、岡崎の一発で逆転を許したトッテナムは猛攻を見せるが、レスターの堅い守りを崩しきれない。すると68分、ポチェッティーノ監督はたまらず、エリック・ダイアー、トム・キャロルを下げ、休養を兼ねてベンチスタートだったケイン、ベンタレブを投入した。

▽さらに73分、シャドリに代えてデル・アリをピッチに送り込んだトッテナムは89分、ドリブルで仕掛けたローズがボックス内でネイサン・ダイアーのハンドを誘い、PKのチャンスを獲得。これをケインが冷静に決め切り、トッテナムが土壇場で同点に追いついた。結局、試合は2-2で終了。トッテナムが再試合に持ち込んでいる。

コメント

関連ニュース

thumb

途中出場の岡崎が今季2点目記録も、レスターが最下位サンダーランドに敗戦…《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第14節のサンダーランドvsレスター・シティが3日にスタジアム・オブ・ライトで行われ、2-1でサンダーランドが勝利した。レスター・シティのFW岡崎は68分から出場し、80分に今季リーグ2得点目を記録した。 ▽現在、リーグ戦4試合勝利のない14位のレスターが、最下位に沈むサンダーランドのホームに乗り込んだ一戦。レスターは、前節のミドルズブラ戦から岡崎に代えてスリマニを先発で起用した。 ▽試合は、開始早々にサンダーランドにチャンスが生まれる。4分、左クロスをボックス内のアニチェベが合わせたが、これは相手DFのブロックに阻まれ、枠を外れた。対するレスターは24分、左サイドを持ち上がったフックスの左クロスをボックス内のヴァーディが頭で合わせたが、ボールはゴール右に逸れた。 ▽その後は一進一退の攻防を繰り広げた両チームだが、互いに決定機を活かすことができず。前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半、サンダーランドのモイーズ監督はピーナールとデナイヤーを下げてラーションとキルヒホフを投入。すると、64分セットプレーから待望の先制点が生まれる。右CKをニアに走りこんだキルヒホフが頭で合わせると、フートに当たったボールがそのままゴールに吸い込まれた。 ▽先制を許したレスターのラニエリ監督は、68分にスリマニを下げて岡崎を投入。しかし、再びチャンスを迎えたのはサンダーランド。77分、ロングパスを左サイドで受けたアニチェベの折り返しをワットモアがシュート。これはフートのブロックに阻まれたが、こぼれ球をデフォーが流し込み、追加点を奪った。 ▽リードを広げられたレスターは80分、相手陣内でヴァーディがボールを奪取。このボールをボックス左付近で受けたグレイが縦に仕掛けると、折り返しを岡崎がワンタッチでゴールに流し込んだ。このゴールは岡崎にとって、リーグ戦5試合ぶりの今季2点目となった。 ▽試合終盤にパワープレーしたレスターは、後半アディショナルタイム6分に決定機。左クロスをボックス右で受けたシンプソンのシュートが相手DFに阻まれると、このこぼれ球をゴール前のモーガンが流し込みにかかるが、これはGKピックフォードがファインセーブ。 ▽結局、試合はそのまま終了。岡崎のゴールで反撃の狼煙を挙げたレスターだったが、同点ゴールを奪えず、リーグ戦5試合ぶりの勝利とはならなかった。 2016.12.04 02:48 Sun
twitterfacebook
thumb

FIFA新設の男子最優秀監督賞最終候補3名が発表! ラニエリ、フェルナンド・サントス、ジダンが選出

▽国際サッカー連盟(FIFA)は2日、今年度より新設されたFIFA最優秀監督賞の最終候補3名にレスター・シティのクラウディオ・ラニエリ監督、ポルトガル代表のフェルナンド・サントス監督、レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督を選出した。 ▽先月初めに発表された23名の候補者から、全世界200以上のメディア、FIFA加盟国の代表監督とキャプテン、ファンの投票によって、最終候補3人に選出されたのは、日本代表FW岡崎慎司も所属するレスターに奇跡のプレミアリーグ初優勝をもたらしたラニエリ監督、ユーロ2016でポルトガル代表に初優勝をもたらしたサントス監督、途中就任ながらレアル・マドリーに通算11度目のチャンピオンズリーグ優勝をもたらしたジダン監督となった。 ▽また、同日発表されたFIFA女子最優秀監督賞には、リオデジャネイロ五輪で優勝を逃したものの、アメリカ女子代表で安定した成績を収めたジル・エリス監督、そのリオ五輪を制したドイツ女子代表を率いていたシルビア・ネイド監督(現在は退任)、同大会でスウェーデン女子代表に準優勝をもたらしたピア・スンドハーゲ監督の3人が最終候補に選出された。 ▽ファン投票によるプスカシュ賞(最優秀ゴール賞)には、コリンチャンスに所属するブラジル人MFマルロンのアクロバティックゴール、ベネズエラ女子代表MFダニウスカ・ロドリゲスのビューティフルボレー、マーレシア人として初のプスカシュ賞ノミネートとなったペナンFAのマレーシア代表FWモハド・ファイズ・サブリの無回転FKが最終候補に選出されている。 ◆3つのスーパーゴールをチェック! https://youtu.be/snJRLqVuZ9g ▽なお、各賞の受賞者は、来年1月9日にスイスのチューリッヒで行われる表彰式で発表される。 <span style="font-weight:700;">◆FIFA男子最優秀監督賞最終候補者3名</span> <span style="font-weight:700;">クラウディオ・ラニエリ</span>(レスター・シティ/イタリア) <span style="font-weight:700;">フェルナンド・サントス</span>(ポルトガル/ポルトガル) <span style="font-weight:700;">ジネディーヌ・ジダン</span>(レアル・マドリー/フランス) <span style="font-weight:700;">◆FIFA女子最優秀監督賞最終候補者3名</span> <span style="font-weight:700;">ジル・エリス</span>(アメリカ/アメリカ) <span style="font-weight:700;">シルビア・ネイド</span>(ドイツ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ピア・スンドハーゲ</span>(スウェーデン/スウェーデン) <span style="font-weight:700;">◆プスカシュ賞</span> <span style="font-weight:700;">マルロン</span>(コリンチャンス/ブラジル) <span style="font-weight:700;">ダニウスカ・ロドリゲス</span>(ベネズエラ女子/ベネズエラ) <span style="font-weight:700;">モハド・ファイズ・サブリ</span>(ペナンFA/マレーシア) 2016.12.03 01:16 Sat
twitterfacebook
thumb

レスター指揮官、不調の責任を新戦力に押し付けず…マフレズを例に出して擁護

レスター・シティを率いるクラウディオ・ラニエリ監督はチームの不調の責任を新戦力に押し付けるつもりはない。<br><br>プレミアリーグ王者であるレスターは今夏、多くの新戦力をチームに加えた。FWイスラム・スリマニ、FWアフメド・ムサ、MFナンパリス・メンディといった選手たちを決して安価とはいえない額で獲得してきた。しかし、チームは初挑戦のチャンピオンズリーグで好成績を収める一方で、プレミアリーグでは14位に沈んでいる。国内リーグでは新戦力が十分に力を発揮できていないという批判もあるが、ラニエリ監督は「時間が必要」と話し、以下のように続けた。<br><br>「移籍市場での動きはとても良かったし、ハッピーだよ。しかし、新戦力を加えた時、すぐに力を発揮するとは限らない。リヤド・マフレズは2年目に力を発揮した。昨シーズンと比較したら、多くのものを失っているかもしれない。でもスピリットは同じだよ」<br><br>さらに、ラニエリは「我々は同じ方向を向いている」と団結を強調した。いまだ復調とはいかないレスター。早いうちに残留争いから抜け出したいと考えているはずだ。<br><br>提供:goal.com 2016.12.02 12:25 Fri
twitterfacebook
thumb

マフレズが「愉快だった」と語る思い出とは?昨季の“おとぎ話”を振り返る

レスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズは、昨シーズンのプレミアリーグでタイトルを争っていたトッテナムが第36節のチェルシー戦を観戦していた時が「もっとも愉快な瞬間」と振り返った。<br><br>レスター・シティとスパーズはいずれも初となるプレミアリーグのタイトル獲得に向けて激しい争いを繰り広げていた。5月に入り、勝ち点で先行を許すスパーズは、チェルシー戦に勝利しなければ優勝の可能性が絶たれてしまう状況にあった。<br><br>26年間スタンフォード・ブリッジ(チェルシーの本拠地)で勝利から遠ざかっていたスパーズだが、前半のうちにハリー・ケインとソン・フンミンのゴールが決まり、2点のリードを得た。しかし後半に入るとガリー・ケーヒルのゴールとエデン・アザールの鮮やかなシュートが決まり、スパーズとしてはレスター・シティにタイトルを譲ってしまう格好となった。<br><br>月曜日に行われたトッテナムのこの試合を観戦するために、ジェイミー・バーディーの自宅にはレスターの選手たちとそれを撮影するためにやってきた何台かのテレビクルーが集った。2-2の同点で試合終了の笛が吹かれるとレスターのストライカーの自宅キッチンは優勝に喚起する選手たちで大荒れ状態に。この場面をマフレズは振り返っている。<br><br>『フォーフォートゥー』のインタビューの中で、「昨シーズンもっとも愉快だった瞬間? たぶんトッテナムがチェルシーを2-0でリードしていた時じゃないかな?」と話した。<br><br>「チームの選手たちはバ―ディーの家にいたんだけど、その時はおそらく僕たちの優勝は今夜には決まらないと思っていた」<br><br>「僕は、なんでここに集まったんだよ、とさえ思っていた。そしたら2-1になって、2-2になって、もう本当に愉快な瞬間だったね」<br><br>マフレズは最近、『Goal 50 Presented by DAZN』に世界で7番目の選手としてランクインを果たした。しかし、今季はおとぎ話を完成させたチームメイトたちと共に苦しんでおり、ディフェンディング・チャンピオンとして過去最悪の成績を残してしまっている。<br><br>提供:goal.com 2016.12.02 11:39 Fri
twitterfacebook
thumb

日本勢が岡崎のアジア国際年間最優秀選手賞を含む5部門受賞!《AFC年間表彰式》

▽アジアサッカー連盟(AFC)は1日、UAE(アブダビ)でAFCアニュアルアワード2016の受賞式を開催した。 ▽日本勢では、レスター・シティに所属する日本代表FW岡崎慎司(30)がアジア国際年間最優秀選手賞に選出された。 ▽岡崎は、レスター・シティでクラブ史上初となるプレミアリーグ制覇に加え、日本代表での国際Aマッチ通算100試合出場などが評価され、最終選考に残ったドルトムントの日本代表MF香川真司やトッテナムの韓国代表FWソン・フンミンを抑え、同賞を初受賞。なお、日本人選手の受賞は、2013年に受賞したインテルの日本代表DF長友佑都以来2人目となる。 ▽また、10月に行われたU-19アジア選手権でU-19日本代表を初優勝に導き、大会MVPを獲得したガンバ大阪MF堂安律(18)がアジア年間最優秀若手選手賞を受賞。さらに同月に行われたU-17女子ワールドカップでゴールデンボール(最優秀選手賞)に輝いた浦和レッズレディースMF長野風花(17)がアジア女子年間最優秀若手選手賞を受賞した。 ▽なお、アジア年間最優秀監督賞の最終候補者3名に残っていた元U-23日本代表監督の手倉森誠氏(現日本代表コーチ)と、U-19日本代表の内山篤監督は、惜しくも受賞を逃した。しかし、手倉森氏は今年1月に行われたU-23アジア選手権でU-23日本代表を優勝に導いた功績を評価され、AFC特別賞に選出された。 ▽また、施設や資源の多様性など、自国のサッカーの発展への努力や成果を評価する目的で2013年に設立されたAFC会員賞では、「インスピレーション(閃き)」、「ディベロッピング(発展)」、「アスピリング(野心)」の3部門の中で、日本サッカー協会がインスピレーション部門を受賞している。AFCアニュアルアワード2016の各賞受賞者は以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆アジア年間最優秀選手賞</span> <span style="font-weight:700;">MFオマール・アブドゥルラフマン</span>(UAE/アル・アイン) <span style="font-weight:700;">◆アジア年間国際最優秀選手賞</span> <span style="font-weight:700;">FW岡崎慎司</span>(日本/レスター・シティ) <span style="font-weight:700;">◆アジア女子年間最優秀選手賞</span> <span style="font-weight:700;">MFケートリン・フォード</span>(オーストラリア/シドニーFCレディース) <span style="font-weight:700;">◆アジア年間最優秀若手選手賞</span> <span style="font-weight:700;">MF堂安律</span>(日本/ガンバ大阪) <span style="font-weight:700;">◆アジア女子年間最優秀若手選手賞</span> <span style="font-weight:700;">MF長野風花</span>(日本/浦和レッズレディース) <span style="font-weight:700;">◆アジア年間最優秀監督賞</span> <span style="font-weight:700;">チェ・ガンヒ</span>(韓国/全北現代) <span style="font-weight:700;">◆アジア女子年間最優秀監督賞</span> <span style="font-weight:700;">チャン・ユンティン</span>(香港/イースタンSC) <span style="font-weight:700;">◆AFC特別賞</span> <span style="font-weight:700;">手倉森誠</span>(日本/U-23日本代表) <span style="font-weight:700;">◆AFC Inspiring MA of the Year</span> <span style="font-weight:700;">日本サッカー協会</span> <span style="font-weight:700;">◆AFC Developing MA of the Year</span> <span style="font-weight:700;"> 全インドサッカー連盟</span> <span style="font-weight:700;">◆AFC Aspiring MA of the Year</span> <span style="font-weight:700;"> ブータンサッカー連盟</span> 2016.12.02 04:24 Fri
twitterfacebook
Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース