猫が乱入、マルティネスが獲得狙う? 「キレのある動きだった」2016.01.10 14:06 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽FAカップ3回戦のエバートンvsダゲナム・アンド・レッドブリッジの一戦で猫がピッチに飛び出し、スタジアムの観客を沸かせた。

▽エバートンは9日、FAカップ3回戦でリーグ2(イングランド4部相当)のダゲナムをホームに迎えた。この試合、エバートンが2点をリードして迎えた85分に、格下のダゲナムの援護に出たのか、白黒の猫がボックス左に侵入。エバートンGKジョエル・ロブレスとの一対一を迎えた。GKロブレスは慎重に間合いを詰めたが、白黒の猫は圧巻のクイックネスで見事な縦突破を見せた。
Getty Images
▽2-0で勝利した試合後、エバートンのロベルト・マルティネス監督は、白黒の猫について、「素晴らしい雰囲気と動きのキレを見せた」と高く評価。「若い猫だから間違いを起こすこともある。彼にプレッシャーをかけたくないね」と、突然の侵入に苦言を呈するなど、冗談を交えたサービストークを展開した。
Getty Images

コメント

関連ニュース

thumb

何があった? ルーニーの決定率が凄い!

▽エバートンに所属する元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが好調だ。 ▽マンチェスター・ユナイテッドで歴代最多得点者となったルーニーは、今夏に古巣のエバートンに復帰。トップ下が主戦場となっているが、リーグ戦のここまでで15試合9得点と結果を残しており、チームを牽引している。 ▽『Opta』によれば、ルーニーはオープンプレーでの21本のシュートのうち7本をゴールに陥れているとのこと。決定率は33.3%となっており、これまでのキャリアにおけるどのシーズンよりも高い数字のようだ。 ▽なお、この数字が最も悪かったのはユナイテッド時代の昨シーズンで、6.1%だったとのことだ。心のクラブに復帰して心身ともにリフレッシュした模様のルーニー。シーズン中盤戦以降の活躍にも期待がかかる。 2017.12.15 11:21 Fri
twitterfacebook
thumb

エバートン、トップチーム定着のU-21イングランド代表3選手と新契約締結!

▽エバートンは14日、U-21イングランド代表FWドミニク・カルバート=ルーウィン(20)と、同DFメイソン・ホルゲイト(21)、同DFジョンジョ・ケニー(20)の3選手と新契約を締結したことを発表した。 ▽昨夏、シェフィールド・ユナイテッドから加入したカルバート=ルーウィン(写真)は、加入1年目にリーグ戦11試合に出場し1ゴールを記録。さらに、加入2年目となった今シーズンはチームが序盤から苦しんでいる中、ここまでのリーグ戦17試合すべてに出場し、チーム最多となる6アシストに加え2ゴールを記録している。なお、前線の複数ポジションをこなす強さと巧さを兼ね備えた万能アタッカーは、2023年までの長期契約にサインした。 ▽また、2015年にバーンズリーから加入したホルゲイトは、本職のセンターバックに加え、右サイドバックや右ウイングバックをカバーする守備のマルチロール。ここまでは公式戦34試合に出場。今季はリーグ戦8試合、ヨーロッパリーグ(EL)4試合に出場していた。なお、今回の新契約によって2021年まで同クラブでプレーすることになった。 ▽前述の2選手とは異なり、エバートン生え抜きのケニーは、2015-16シーズンにトップチームデビュー。以降、2シーズンはウィガンやオックスフォードへのレンタル移籍を経験したが、今季はリーグ戦10試合に出場するなど、右サイドバックの主力として活躍。そして、今回2022年までの契約にサインした。 2017.12.15 06:01 Fri
twitterfacebook
thumb

ダービーでドローのリバプール…クロップ、PKを与えた主審に怒り爆発

リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、エバートン戦で下したクレイグ・ポーソン主審の判定に納得できないようだ。<br><br>10日に行われたプレミアリーグ第16節でリヴァプールはエバートンと対戦。モハメド・サラーが前半のうちに先制点を奪うも、77分にデヤン・ロブレンがドミニク・カルバート・ルーウィンを倒して得たPKをウェイン・ルーニーがきっちりと沈め、マージーサイドダービーは1-1のドローで終わった。<br><br>試合後、苛立ちを隠せない表情で『スカイスポーツ』のインタビューを受けたクロップ監督は「ロブレンはタックルにも行っていない。カルバート・ルーウィンが前に入って、ロブレンの手は後ろにあっただけだ。君があれをPKと思うならそうだろうが、私の答えは変えられない」と判定に納得できない様子で話した。<br><br>レポーターがPKだったと自身の考えを話すと、同指揮官は「今すぐインタビューを止めたってかまわない。フットボールを少しでも理解している人間と話したい」と怒りが納まらないようだ。<br><br>さらに、守備的なプレーに終始したサム・アラダイス監督率いるエバートンに対しても「1つのチームしかプレーしていなかった」と噛み付いたクロップ監督は「我々のパフォーマンスは良かった。クリーンで、反則もなくプレーしていた」と言及。<br><br>続けて「(ギルフィ)シグルドソンのファールは不愉快で、退場させるべきだ。カルバート・ルーウィンもスマートな動きをしたが、あの場面で何も反則はなかった。しかし、1つのチームは喜び、もう一方には何も残っていない」<br><br>「レフェリーがなぜあの場面でPKを与えたのか理解できない。それに1チームだけが95分勝利のために戦った。片方のチームはボックス内に入ることもなく、PKを除けば枠内シュートすらない」とドローの結果に不満を呈した。<br><br>提供:goal.com 2017.12.11 13:00 Mon
twitterfacebook
thumb

アラダイス、アンフィールドでのPK奪取に「主審は勇気ある決断を下した」

エバートンを率いるサム・アラダイス監督は、マージーサイドダービーで主審は勇敢な決断を下したと考えているようだ。<br><br>エバートンは10日、プレミアリーグ第16節でリバプールと対戦。1点を失い大半の時間を押し込まれながら、ワンチャンスをPKへと結びつけて、1-1にドローに持ち込んでいる。敵将のユルゲン・クロップはPKの判定に納得が行っていない様子だが、アラダイス監督は判定に驚きはないという。<br><br>「ボックス内では手を使うべきではないし、触ってはいけないし、押してもいけない。もしそうすれば、PKを与えるリスクがある。(デヤン)ロブレンはそれをする必要はなかったね」<br><br>「手を使って押したんだ。接触はソフトだと言うかもしれないが、程度は関係ない。主審のクレイグ・ポーソンはアンフィールドで勇気ある判定を下してくれた」<br><br>ウェイン・ルーニーのPK弾により、アンフィールドから勝ち点1を持ち帰ったエバートン。アラダイス監督としてはしてやったりといったところかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.11 11:21 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:リバプール 1-1 エバートン《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第16節、リバプールvsエバートンが10日に行われ、1-1で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽リバプール採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171211_6_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 22 ミニョレ 5.5 高いラインの裏をケア DF 12 J・ゴメス 6.0 サラーの背後で相手のカウンターを潰した 6 ロブレン 5.0 リズムを変えつつビルドアップも不用意なタックルでPK献上 17 クラバン 5.5 無難な対応を続けた 26 ロバートソン 6.5 良いタイミングでの駆け上がり、クロスでチャンスを作った MF 21 チェンバレン 6.0 アタッキングサードで多くボールを引き出した (→コウチーニョ -) 14 ヘンダーソン 6.5 落ち着いて左右に配給し攻撃に安定感をもたらした 7 ミルナー 6.0 左に流れて良いクロスやサイドチェンジを使った FW 11 サラー 7.0 再三の突破で常に脅威となり1ゴール (→フィルミノ 5.5) 精力的にボールを要求し前線でチャンスに絡む 29 ソランケ 6.0 ポストでチャンスメイクもフィニッシュにはあまり絡めず (→イングス -) 19 マネ 5.0 前半終了間際のチャンスは得点に繋げたかった 監督 クロップ 5.0 1点のリードでサラーを代えた判断は不可解なもの。勝てた試合を落とした ▽エバートン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171211_6_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ピックフォード 5.5 好守もあったが1失点 DF 43 ケニー 5.5 ロバートソンの上がりに対応できず 30 ホルゲイト 5.5 ハイボールで競り負ける場面も 5 ウィリアムズ 5.0 無難なプレーも失点に関与 15 マルティナ 4.5 サラーに手を焼かされ続けデュエルの敗北から失点 MF 29 カルバート=ルーウィン 6.5 後半は前線で身体を張って起点に。貴重なPKを獲得した 26 トム・デイビス 5.0 自軍カウンター時にもたつく場面も (→レノン 6.0) 個人技でボールをキープし攻め手を作った 17 グイエ 6.0 激しいチェックで守備に貢献も前半終了間際に警告を受けてからトーンダウン 10 ルーニー 6.5 前半は守備で狙われるも後半は素晴らしいパスでPKを獲得する要因に (→ジャギエルカ -) 18 シグルドソン 6.0 攻守に奮闘し前半から気を吐いていた FW 19 ニアッセ 5.0 相手の背後も狙い続けるも脅威になれず (→シュナイデルラン 5.5) 丁寧な繋ぎで前線に配給 監督 アラダイス 6.5 ハーフタイムで大胆に2枚を代えてポジションを変更。結果的にはこの采配がPK獲得に与した ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! サラー(リバプール) ▽チームの結果は不本意なものだったが、自身の価値を改めて証明する素晴らしい得点。加えて、攻撃の大部分で脅威となっていた リバプール 1-1 エバートン 【リバプール】 サラー(前42) 【エバートン】 ルーニー(後32[PK]) 2017.12.11 01:19 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース