猫が乱入、マルティネスが獲得狙う? 「キレのある動きだった」2016.01.10 14:06 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽FAカップ3回戦のエバートンvsダゲナム・アンド・レッドブリッジの一戦で猫がピッチに飛び出し、スタジアムの観客を沸かせた。

▽エバートンは9日、FAカップ3回戦でリーグ2(イングランド4部相当)のダゲナムをホームに迎えた。この試合、エバートンが2点をリードして迎えた85分に、格下のダゲナムの援護に出たのか、白黒の猫がボックス左に侵入。エバートンGKジョエル・ロブレスとの一対一を迎えた。GKロブレスは慎重に間合いを詰めたが、白黒の猫は圧巻のクイックネスで見事な縦突破を見せた。
Getty Images
▽2-0で勝利した試合後、エバートンのロベルト・マルティネス監督は、白黒の猫について、「素晴らしい雰囲気と動きのキレを見せた」と高く評価。「若い猫だから間違いを起こすこともある。彼にプレッシャーをかけたくないね」と、突然の侵入に苦言を呈するなど、冗談を交えたサービストークを展開した。
Getty Images

コメント

関連ニュース

thumb

ルカクは「クライファート2世」?クーマンが元バルセロナFWとの類似点を語る

エバートンを率いるロナルド・クーマン監督は、FWロメル・ルカクを元オランダ代表のあのストライカーになぞらえている。<br><br>現役時代にバルセロナで活躍し、同クラブに初のUEFAチャンピンズカップ(現チャンピオンズリーグ)奪冠をもたらしたクーマン監督。同様にバルセロナで一時代を築いたストライカー、パトリック・クライファートを引き合いに出し、ルカクを評価している。<br><br>クーマン監督は『HLM』で「ルカクには途轍もないFWになるポテンシャルがある。彼はまだ23歳。日々成長を続けている」と語っている。また、「彼のフィニッシュは素晴らしい。私の選手時代、監督時代を通じて彼はベストFWの一人だ。特筆すべきは、決定機の判断力。ただ、守備面ではまだ課題がある」と指摘し、このように続けた。<br><br>「ルカクはクライファートのようになれる。彼も早くから頭角を現し、素晴らしいキャリアを送った選手だ。最終的にバルセロナにたどり着いたが、ルカクも同じような道をたどれるはずだ」<br><br>「エバートンがルカクの最後のクラブになってはいけない。彼にはもっと大きなクラブでプレーするだけの力が秘められている。ここでは、そのすべてを使い切れない。我々の関係は非常に良いよ。しかし、今シーズン終了時に何が起こるかは誰にも分からない」<br><br>提供:goal.com 2016.11.11 08:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ルカクが明かす“コーチ・アンリ”とは?元プレミアNo.1ストライカーの指導に感謝

エバートンに所属するベルギー代表FWロメル・ルカクは、今夏ベルギー代表のコーチに就任したティエリ・アンリ氏の指導が、自身をさらに強く怖いストライカーにしていると明かした。なんでも、アンリ氏はルカクに対してより高いレベルのプレーを要求しているようだ。<br><br>アーセナルやバルセロナでプレーした元フランス代表FWのアンリ氏は、今夏2018年に開催されるロシアワールドカップの欧州最終予選を前に就任したロベルト・マルティネス監督に誘われ、8月に代表コーチに就任している。現在FIFAランキングで4位につけるベルギーは、欧州予選のここまでの3試合でいずれも複数得点を記録し、勝利を飾っている。ルカクは、アンリ氏の指導がこの3試合の結果につながっていると感じているようだ。<br><br>『SFRシュポルト』のインタビューの中で、ルカクはアンリ氏の要求するレベルが高いことを明かし、次のように続けている。<br><br>「ここまで多くを要求されたことは初めてだよ。たとえいいコースにパスを出しても、少しでもバウンドしていたら注文を付けられるんだ」<br><br>今季ここまでプレミアリーグでは9試合で7得点、ベルギー代表として臨んでいる欧州予選では3試合で3得点をマークしているルカク。アンリ氏は自らの姿をルカクと重ね合わせ、自身が1998年のワールドカップで優勝した際に見せたような総合力の高いプレーを期待していると、ルカクは感じている。<br><br>「アンリは自分の若いころと多くの共通点を僕に見出しているみたいだよ。だからこそ厳しく指導してもらえるのだと思う。彼の指導によってより頭を使ってプレーするようになり、そのおかげか今季はオフサイドを取られる回数が減ったよ」<br><br>「それだけでなく、フィニッシュやボールコントロール、ゲームの流れなどについても指導してもらっている。現役時代、アンリはシーズンで10アシストを記録したことがあり、自分も同じような数字を残したいと思うよ」<br><br>生まれ持った身体能力を武器に若くから頭角を現したルカク。欧州を代表するFWの1人であるアンリ氏の指導を受けて完成度を高められるのか。今後の彼のプレーに注目してみよう。<br><br><br>提供:goal.com 2016.11.10 07:30 Thu
twitterfacebook
thumb

アザールが5ゴールに絡む圧巻の存在感! エバートンに圧勝のチェルシーが5連勝で暫定首位浮上!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第11節のチェルシーvsエバートンが5日にスタンフォード・ブリッジで行われ、チェルシーが5-0で圧勝した。 ▽リーグ戦4連勝で4位に浮上したチェルシーと、前節リーグ戦5試合ぶりの勝利を掴んだ6位エバートンの上位対決。ホームで5連勝を目指すチェルシーは、直近のサウサンプトン戦と同じ11人を起用。一方のエバートンは、古巣対戦のルカクや好調を継続するバークリー、ボラシエらが先発に入った。 ▽立ち上がりから球際でバチバチぶつかり合うハイインテンシティのゲームは、ホームのチェルシーが優勢に試合を進めていく。すると、エバートンの緩慢な守備を突いたホームチームが立て続けにゴールネットを揺らす。 ▽まずは19分、中盤でのマティッチのボール奪取からショートカウンターに転じると、ジエゴ・コスタからパスを受けたアザールが、ボックス右でDF2枚を前にカットインから右足のシュートを放つと、これがゴール右隅に決まった。この場面ではオフサイドラインを越えてゴール前に飛び込んだペドロが、GKステケレンブルフのブラインドになっていたようにも見えたが、マノレー主審はゴールを認めアザールは4試合連続ゴールとなった。 ▽畳みかけるチェルシーは先制ゴールから1分後の20分にも、アザールの縦への仕掛けからボックス右に抜け出したペドロが折り返したボールを、マルコス・アロンソがGKの股間を抜くダイレクトシュートで移籍後初ゴールを記録した。 ▽瞬く間に2点のリードを手にしたチェルシーは、前がかりな相手に対して得意のカウンターで3点目を目指す。34分にはマルコス・アロンソの柔らかなクロスに反応したボックス右のモーゼスがダイレクトボレーも、このシュートは右ポストを叩く。一方、劣勢が続くエバートンは、36分に左ウイングバックのオビエドを下げてミララスを投入し、チェルシー対策として採用した[3-5-2]の布陣から[4-1-4-1]の布陣に変更した。 ▽その後も攻勢を続けるチェルシーは、前半終了間際の42分にアザールの右CKからニアでマティッチがフリックしたボールを、ファーサイドのジエゴ・コスタが右足のダイレクトシュートで流し込み、試合を決定付ける3点目を奪った。 ▽後半に入っても攻撃の手を緩めないチェルシーは、56分に絶好調のエースが魅せる。右サイドのタッチライン際でモーゼスから縦パスを受けたアザールは、シンプルにペドロにワンタッチで叩くと、スペイン代表からのヒールパスを受け直してドリブルでボックス内に切り込む。最後はGKのタイミングを外す絶妙な左足のシュートをニアポストに流し込んだ。 ▽この4点目で相手の心を完全に折ったチェルシーは、65分にもジエゴ・コスタの突破からアザールのシュートのこぼれ球をペドロが右足ダイレクトで蹴り込んで今季最多となる5点目を奪取した。 ▽一方、目を覆いたくなる拙守に加え、ここまでシュート0本と低調なパフォーマンスに終始するエバートンは、共にカードをもらっていたボラシエ、バリーを下げてレノンとトム・デイビスを投入。70分過ぎに右CKの場面でミララスがようやくファーストシュートを放つが、あとが続かない。 ▽その後、殊勲のペドロやアザールを下げて試合を終わらせにかかるチェルシーは、84分にケイヒルに代わってキャプテンのテリーが約2カ月ぶりの戦列復帰。最後まで集中力を切らさず、5試合連続クリーンシートを達成したチェルシーは、エバートンとの上位対決に5-0で圧勝。圧巻の強さを見せたコンテ率いるブルーズは、今節引き分けたマンチェスター・シティを抜いて暫定首位に浮上した。 2016.11.06 04:28 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサカンテラ出身のエバートンFWは古巣に未練なし?「僕にとって復帰は夢ではない」

エバートンに所属するFWジェラール・デウロフェウが古巣復帰について語っている。スペインのラジオ局『Cadena SER』が報じた。<br><br>現在22歳のデウロフェウは9歳の頃からバルセロナでプレーし、2011年にはトップチームデビューを果たしている。その後、出場機会を求めてエバートン、セビージャにレンタル移籍を繰り返し、2015年にエバートンへ完全移籍した。バルセロナのカンテラ出身の選手にとって、トップチームでプレーすることは大きな夢になることがほとんどだが、デウロフェウは復帰を今のところ考えていないという。<br><br>「バルセロナへの気持ちを失ったわけではないし、バルセロナは全員にとって夢のクラブだけど、戻ることは僕にとって夢ではない。将来、何が起こるか見てみようじゃないか。僕がここに残ると決めたのは自分の決断だ。ここで幸せなんだ」<br><br><br>提供:goal.com 2016.11.04 18:30 Fri
twitterfacebook
thumb

PK2度失敗の首位シティがホームでエバートンとドロー 2戦未勝利でCLバルサ戦へ《プレミアリーグ》

▽15日にプレミアリーグ第8節のマンチェスター・シティvsエバートンがエティハド・スタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽前節のトッテナム戦で今シーズン初黒星を喫した首位のマンチェスター・シティ(勝ち点19)は、トッテナム戦からスタメンを5人変更。代表戦で長距離移動のアグエロやサバレタをベンチに温存し、イヘアナチョやギュンドアン、クリシらをスタメンに起用した。 ▽対する5位のエバートン(勝ち点14)は、前節のクリスタル・パレス戦からバークリーに代えてデウロフェウを先発起用。デウロフェウ、ルカク、ボラシエを前線に並べた[4-3-3]の布陣で試合に臨んだ。 ▽立ち上がりから中央を固めるエバートンに対して、両翼のシルバ、デ・ブライネや両サイドMFのスターリング、リロイ・ザネを起点にゴールを目指すシティだが、なかなかシュートの形に持ち込むことができず、消化不良な攻撃に終始する。 ▽要所を締める相手の堅守に苦戦するシティは27分、高い位置からのボール奪取でチャンスを迎えるが、デ・ブライネのパスをペナルティアーク左付近で受けたシルバのシュートは、枠の上に外れた。 ▽ポゼッションで圧倒するシティは42分、ドリブルでボックス内に侵入したシルバがジャギエルカに倒されPKを獲得。しかし、デ・ブライネのPKは、GKステケレンブルフの完璧なPKストップに防がれた。 ▽後半に入っても試合のペースはシティが握る。52分、ギュンドアンのパスを左サイドで受けたL・ザネのクロスをニアに走りこんだイヘアナチョがヒールシュートで狙ったが、これはGKステケレンブルフがセーブ。すると56分、グアルディオラ監督はイヘアナチョを下げてアグエロを投入。 ▽しかし、エバートンがワンチャンスをモノにする。64分、自陣からのフィードボールをボラシエがワンタッチで前線につなぐと、このボールに反応したルカクがドリブルでボックス左から侵入し、ゴール右隅にシュートを流し込んだ。 ▽先制を許したシティは69分、ボックス内でアグエロがジャギエルカに倒されてPKを獲得。今度はデ・ブライネに代わってアグエロがキッカーを務めるも、代表戦でPKを失敗したアグエロは、再びGKステケレンブルフのPKストップに阻まれた。 ▽2度のPK失敗で苦しい状況を強いられたシティは、L・ザネに代わってノリートがピッチに立つ。すると、ノリートがファーストタッチで決める。72分にショートCKの流れから左サイドでボールを受けたシルバのクロスを投入されたばかりのノリートが正面でヘディング。このシュートがネットを揺らし、シティが同点に追いついた。 ▽逆転を狙うシティは81分、敵陣でスローインをカットするとシルバのパスを受けたデ・ブライネのミドルシュート。相手DFにディフデクトしたボールが枠を捉えたが、これはGKステケレンブルフの好セーブに阻まれる。 ▽さらに90分にはコンパニを投入し、パワープレーに出たシティだが、最後まで勝ち越しゴールは奪えず、試合はそのまま1-1で終了。2戦未勝利のシティは、ミッドウィークの19日にチャンピオンズリーグ・グループC第3節でバルセロナと対戦する。 2016.10.16 01:48 Sun
twitterfacebook
Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース