猫が乱入、マルティネスが獲得狙う? 「キレのある動きだった」2016.01.10 14:06 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽FAカップ3回戦のエバートンvsダゲナム・アンド・レッドブリッジの一戦で猫がピッチに飛び出し、スタジアムの観客を沸かせた。

▽エバートンは9日、FAカップ3回戦でリーグ2(イングランド4部相当)のダゲナムをホームに迎えた。この試合、エバートンが2点をリードして迎えた85分に、格下のダゲナムの援護に出たのか、白黒の猫がボックス左に侵入。エバートンGKジョエル・ロブレスとの一対一を迎えた。GKロブレスは慎重に間合いを詰めたが、白黒の猫は圧巻のクイックネスで見事な縦突破を見せた。
Getty Images
▽2-0で勝利した試合後、エバートンのロベルト・マルティネス監督は、白黒の猫について、「素晴らしい雰囲気と動きのキレを見せた」と高く評価。「若い猫だから間違いを起こすこともある。彼にプレッシャーをかけたくないね」と、突然の侵入に苦言を呈するなど、冗談を交えたサービストークを展開した。
Getty Images

コメント

関連ニュース

thumb

ルカク残留濃厚のエバートン、L・ペレスを約20億円で獲得か

▽イギリス『BBC』は23日、エバートンがデポルティボのスペイン人FWルーカス・ペレス(27)の獲得に本腰を入れていると報じた。エバートンは移籍金1500万ポンド(約19億8000万円)を用意しているとのことだ。 ▽エバートンではベルギー代表FWロメル・ルカクのチェルシー帰還が報じられていたが、ロナルド・クーマン監督はルカクが残留したいと述べたことを先日明かしていた。 ▽しかし、来季以降の去就は依然として不透明なため、エバートンのフットボール・ディレクターを務めるスティーブ・ウォルシュ氏が長年目を付けているL・ペレスに照準を絞ったとのことだ。 ▽昨季、リーガエスパニョーラで17ゴールを挙げてブレイクしたL・ペレスは、左利きのストライカー。プレースキッカーも務め、アシスト能力も高い。19日に行われたリーガエスパニョーラ開幕戦のエイバル戦では1ゴール1アシストの活躍を見せていた。 2016.08.24 02:09 Wed
twitterfacebook
thumb

WBA、エバートンのU-21イングランド代表DFギャロウェイをレンタルで獲得

▽WBAは22日、エバートンのU-21イングランド代表DFブレンダン・ギャロウェイ(20)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。なお、ギャロウェイは背番号20を着用する。 ▽左サイドバックを主戦場とするギャロウェイは、2014年夏に5年契約でMKドンズからエバートンに加入。2015年5月にトップチームデビューを果たすと、昨シーズンはイングランド代表DFレイトン・ベインズやコスタリカ代表DFブライアン・オビエドの負傷離脱を受けて、プレミアリーグ15試合に出場した。 ▽レンタル移籍の決まったギャロウェイがWBAの公式サイトで以下のコメントを残した。 「WBAのようなビッグクラブに加入できてうれしいね。僕はここでプレーしてチームのために全力を尽くすよ」 2016.08.23 07:05 Tue
twitterfacebook
thumb

清武とGKジョー・ハートがチームメートに? セビージャが獲得に興味

▽日本代表MF清武弘嗣が所属するセビージャが、マンチェスター・シティのイングランド代表GKジョー・ハート(29)の獲得に関心を示しているようだ。 ▽シティのGKに関しては、これまで守護神を務めてきたハートが、ジョゼップ・グアルディオラ体制下で2試合連続ベンチとなっている。ビルドアップ能力を重視している指揮官は、足元の技術に乏しいハートではなくGKウィリー・カバジェロを起用している。 ▽さらにシティは、バルセロナのGKクラウディオ・ブラーボの獲得が近いとみられている。そのため、第3GKに降格する可能性もあるハートは移籍が噂されている。 ▽そのハートに関して、イギリス『BBC』のデイビッド・オーンステイン記者は、エバートンとセビージャが獲得に関心を示していると伝えた。なお、同記者によればハート自身はレンタルでの移籍を求めているということだ。 2016.08.17 19:01 Wed
twitterfacebook
thumb

リネカー氏のパンツ一丁に触発!? エバートンの美人プレゼンターが“一肌脱ぐ”宣言

▽男性サッカーファンには朗報かもしれない。エバートンの『ファン・ゾーン』のプレゼンターを務めるジェニファー・ジュエルさんが思わぬ約束を宣言した。 ▽昨シーズンのプレミアリーグで奇跡の優勝を果たしたレスター・シティ。シーズン中盤に元イングランド代表FWのギャリー・リネカー氏が「このまま優勝したら、マッチ・オブ・ザ・デイにパンツ一丁で出演する」と宣言。結果、リネカー氏は13日に自身が司会を務める『BBC』のサッカー番組『マッチ・オブ・ザ・デイ』にパンツ1丁で登場していた。 ▽リネカー氏が約束を果たした日、ジュエルさんは自身のツイッター(@JenniferJewellx)で「ギャリー・リネカーはフェアプレイだわ」と約束を果たしたリネカー氏を賞賛。そして、自身も触発されたのか、「もしエバートンが今シーズン優勝したら、私は来年の最初の『ファン・ゾーン』をビキニで行うわ」と思わぬ宣言をした。 ▽『ファン・ゾーン』とはエバートンの本拠地であるグディソン・パークで、試合前にファンやサポーターに向けたイベントなどを行うスペース。エバートンが優勝した場合は、来シーズンのホーム開幕戦は大勢の観客が訪れることになりそうだ。 ▽なお、ロナルド・クーマン監督を新指揮官に迎えたエバートンは、開幕戦で優勝候補にも挙げられているトッテナムと対戦し1-1のドローに終わっている。今シーズンのエバートンの戦いには違った意味でも注目だ。 2016.08.16 10:20 Tue
twitterfacebook
thumb

エバートン、C・パレスからボラシエ獲得! 移籍金は推定32億!

▽エバートンは15日、クリスタル・パレスからDRコンゴ代表FWヤニク・ボラシエ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は14番。契約期間は2021年6月30日までの5年契約となる。移籍金は明かされていないが、イギリス『BBC』は2500万ポンド(約32億5000万円)と推定している。 ▽エバートンとの5年契約にサインしたボラシエは、同クラブの公式サイトでトフィーズ入りの喜びを語っている。 「エバートンのユニフォームを着ることを楽しみにしているんだ。ここはビッグクラブだ。僕は長年に渡って対戦していたから、その意味をよく理解しているんだ」 「僕にとってここに来ることは簡単なことではなかったけど、ただここに来ただけで仕事は終わったわけではないんだ。これからハードワークしていきたい。新たな挑戦に向けて準備はできているよ」 ▽また、ボラシエは今回の移籍を決断した理由が、金銭面ではなくフットボール面だったと説明している。 「今回の移籍はお金のためではなかった。僕はクラブの野心や将来性を見てきたんだ。心からここでプレーしたいと思っているし、世界のベストプレーヤーだったロナルド・クーマンから多くのことを学べることを楽しみにしているんだ」 ▽2012年にブリストル・シティからクリスタル・パレスに加入したボラシエは、ここまで公式戦144試合に出場して13ゴール30アシストを記録。卓越したスピードと独特なリズムから繰り出す予測不可能なドリブルを武器に、クリスタル・パレスのエースとして活躍するボラシエは、これまでリバプールやトッテナムなどへの移籍が噂されていた。 ▽なお、イギリス『スカイ・スポーツ』は14日、ボラシエの移籍金が、2014年にエバートンがチェルシーからベルギー代表FWロメル・ルカク(23)を獲得する際に支払った、2800万ポンド(約36億6000万円)を超えるクラブ史上最高額の3000万ポンド(約39億2000万円)と報じていたが、実際は2500万ポンドほどになったようだ。 2016.08.15 22:40 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース