猫が乱入、マルティネスが獲得狙う? 「キレのある動きだった」2016.01.10 14:06 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽FAカップ3回戦のエバートンvsダゲナム・アンド・レッドブリッジの一戦で猫がピッチに飛び出し、スタジアムの観客を沸かせた。

▽エバートンは9日、FAカップ3回戦でリーグ2(イングランド4部相当)のダゲナムをホームに迎えた。この試合、エバートンが2点をリードして迎えた85分に、格下のダゲナムの援護に出たのか、白黒の猫がボックス左に侵入。エバートンGKジョエル・ロブレスとの一対一を迎えた。GKロブレスは慎重に間合いを詰めたが、白黒の猫は圧巻のクイックネスで見事な縦突破を見せた。
Getty Images
▽2-0で勝利した試合後、エバートンのロベルト・マルティネス監督は、白黒の猫について、「素晴らしい雰囲気と動きのキレを見せた」と高く評価。「若い猫だから間違いを起こすこともある。彼にプレッシャーをかけたくないね」と、突然の侵入に苦言を呈するなど、冗談を交えたサービストークを展開した。
Getty Images

コメント

関連ニュース

thumb

ボラシエに悲劇…右ヒザ2度目の手術で復帰は2018年初旬に…

▽エバートンは23日、DRコンゴ代表MFヤニク・ボラシエが来月に2度目の右ヒザ手術を受ける予定であることを発表した。 ▽ボラシエは、昨年12月4日に行われたプレミアリーグ第14節のマンチェスター・ユナイテッド戦で右ヒザ前十字じん帯を断裂する重傷を負い、同月に1度目の手術を受けていた。 ▽エバートンを率いるロナルド・クーマン監督の説明によると、昨年12月に受けた1度目の手術は半月板を修復するためのもので、3月に行う2度目の手術は断裂したじん帯を修復するためのものであるようだ。 ▽なお、エバートンはボラシエの離脱期間に関して明かしていないが、イギリス『ガーディアン』などの複数メディアは、2017年中の復帰は絶望的で2018年初旬の復帰になる見込みであると報じている。 ▽昨夏、クリスタル・パレスから2500万ポンド(約35億4000万円)の移籍金でエバートン入りしたボラシエは、今シーズンのここまでプレミアリーグ14試合に出場し、1ゴール4アシストを記録していた。 2017.02.24 03:03 Fri
twitterfacebook
thumb

バークリー、エバートンとの契約延長先延ばしか

▽エバートンに所属するイングランド代表MFロス・バークリー(23)がクラブとの契約延長の可否について先延ばしにしているようだ。イギリス『デイリー・スター』が伝えている。 ▽ロナルド・クーマン監督就任の今シーズン、ここまで26試合5ゴール5アシストを記録しているバークリー。現行契約が残り1年となっているということで、エバートンは週給6万5000ポンド(約920万円)を受け取るバークリーに新契約を打診しているという。 ▽しかし、報道によれば、バークリーはクーマン監督とあまり良い関係を築き上げていないことから、現段階での契約延長を拒んでいる模様。ただ、今後もクラブでプレーする可能性もあるようで、今シーズン終了後にいくつかの選択肢を吟味するとのことだ。 ▽そのバークリーは、エバートン下部組織出身の生え抜き選手。『デイリー・スター』によれば、ロンドン勢やマンチェスター勢だけでなく、欧州のビッグクラブからも熱視線が注がれているとみられているが、どのような決断を下すのだろうか。 2017.02.14 10:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ルカクの契約延長間近にエバートン指揮官「パーフェクトだ」

▽エバートンを率いるロナルド・クーマン監督は、ベルギー代表FWロメル・ルカク(23)の契約延長に期待を寄せている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽2014年にチェルシーからクラブ史上最高額の2800万ポンド(当時のレートで約40億7000万円)でエバートンに加入したルカク。今シーズンは、リーグ戦23試合に出場して16得点4アシストを記録しており、プレミアリーグの得点ランクでトップに立っている。 ▽現在、ルカクとエバートンの間には2019年6月まで契約が残っている。しかし、移籍市場における人気株の1人であるとされており、古巣チェルシーを始め、パリ・サンジェルマン、アーセナルなどが関心を示しているなど今後の去就が不透明な状況だ。 ▽そんな中、ルカクの代理人を務めるミノ・ライオラ氏は、昨年12月の時点でエバートンとの新契約の交渉が大詰めの段階に来ていることを認めていた。これを受けてクーマン監督は、ルカクの契約延長が間近に迫っていることに"パーフェクト"だと期待を寄せている。 「私は、会議でロメル(・ルカク)について何も話していない。ルカクの代理人が、彼がこのクラブにいることが好きで、契約延長のサインに近づいているというのなら、エバートンにとってそれはパーフェクトだよ」 「通常、選手たちはもし将来を本当に考えるなら、チームの成長、強化、在籍する選手たちが自分にとって常にプラスかどうかを見るんだ」 「我々は全選手たちが、野心があることを知っている。それが普通だし、それが人間だ。そして、我々は、良い選手を保つことが好きだ。彼はそのうちの一人だよ」 ▽さらにクーマン監督は、もしルカクが夏にクラブを去る決断をすれば、代役を見つけることは難しいと認めている。 「彼は現在、プレミアリーグの得点ランクトップで、ハイレベルなプレーを見せている。彼の代役を探すことは難しいだろう。残ってくれればいいんだけどね」 2017.02.10 16:43 Fri
twitterfacebook
thumb

サンダーランドがエバートンからDFオビエドとMFギブソンを完全移籍で獲得

▽サンダーランドは30日、エバートンのコスタリカ代表DFブライアン・オビエド(26)とアイルランド代表MFダロン・ギブソン(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、移籍金は2選手合わせて750万ポンド(約10億6000万円)とのことだ。 ▽オビエドとは2020年6月30日までの3年半契約を、ギブソンとは2018年6月30日までの1年半契約を結んでいる。 ▽左サイドバックを本職とするオビエドは、2012年夏にコペンハーゲンからエバートンへ移籍。イングランド代表DFレイトン・ベインズのバックアッパーとして存在感を示していた。2014年1月には左足を2カ所骨折する重傷を負ったが、カムバックしている。サンダーランドでは同日、左サイドバックのレギュラーを務めていたオランダ代表DFパトリック・ファン・アーンホルトがクリスタル・パレスへ移籍していた。 ▽また、同じく2012年夏にマンチェスター・ユナイテッドからエバートンに加入したセントラルMFのギブソンも、バックアッパーとしてチームを支えていたが、今季は公式戦の出場機会がなかった。 ▽共にサンダーランドを率いるデイビッド・モイーズ監督とは2012-13シーズン、エバートンで師弟関係にあった。 ▽サンダーランドは22試合を終えたプレミアリーグで残留圏内の17位スウォンジーとは3ポイント差の最下位に位置している。 2017.01.31 04:22 Tue
twitterfacebook
thumb

エバートン、薬物使用で選手資格停止中のユース出身選手に1年のオファーを準備

エバートンは、現在薬物使用で選手登録抹消処分中のFWジョゼ・バクスターに12カ月の選手としての契約を用意しているようだ。この契約は、バクスターの処分が解除される今年6月にも結ばれる見通しとなっている。<br><br>ジョゼ・バクスターはエバートン・ユース出身のストライカーだ。2008-2009シーズンにはプレミアリーグのブラックバーン戦で、16歳にしてトップチームデビューを飾り、将来を嘱望される若手であった。しかし、その後は伸び悩み、結局エバートンのトップチームでは1得点も決めることができないまま、下部リーグのチームを渡り歩く生活を強いられた。そして昨年2月、リーグ・ワン(英3部)のシェフィールド・ユナイテッド在籍中に薬物検査でコカインの陽性反応が出て、8月にはFAから2017年6月までの選手登録抹消という処分が下されてしまった。<br><br>『The Times』に対してバクスターは、「言葉が出ない。2回目のチャンスをもらう人もなかなかいないのに、自分には3回目のチャンスが訪れたんだ」と、喜びを素直に語った。<br><br>バクスターに対して契約を用意するというアイディアは、クラブの会長を務めるビル・ケンライトと、23歳以下のチームを率いるデイヴィッド・アンズワース監督によって提案された。エバートンで選手として1995年にFAカップを掲げた経験を持つアンズワース監督は、「彼が望むようになるように我々はサポートする」と話し、次のように続けた。<br><br>「処分が解除されればすぐにでも彼は他のU-23チームの選手たちと同じように、日々厳しいトレーニングに取り組むことになる。他の選手同様にチャンスも与えられる。その後、チャンピオンシップのクラブに移籍していくか、はたまたリーグ・ワンのクラブに移籍していくことになるか、それはジョゼ次第だ」<br><br>「我々が彼を助けようとしているのは、我々がそういったクラブだからだ。彼もまた我々のクラブの一員だから、手を差し伸べることは変わったことではない。でもジョゼには、どんな理由があろうとも、これがラストチャンスだと言うことになるだろう」<br><br><br><br>バクスターは現在、選手としての復帰を目指して週5日ジムに通う生活を送っている。エバートンでは結果を残せていないが、移籍先の下部リーグのクラブではコンスタントに得点を重ねており、最年少出場記録を持つクラブでコンディションを取り戻せれば、彼にオファーを提示するクラブは現れるはずだ。<br><br>もしくは、可能性は高くないかもしれないが、U-23チームでのプレーがトップチームを率いるロナルド・クーマン監督の目に留まれば、6年ぶりにプレミアの舞台に立つことになるかもしれない。ずいぶんと遠回りをしてしまったものの、ここからの再起を目指すストライカーに注目してみよう。<br><br>提供:goal.com 2017.01.28 15:05 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース