猫が乱入、マルティネスが獲得狙う? 「キレのある動きだった」2016.01.10 14:06 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽FAカップ3回戦のエバートンvsダゲナム・アンド・レッドブリッジの一戦で猫がピッチに飛び出し、スタジアムの観客を沸かせた。

▽エバートンは9日、FAカップ3回戦でリーグ2(イングランド4部相当)のダゲナムをホームに迎えた。この試合、エバートンが2点をリードして迎えた85分に、格下のダゲナムの援護に出たのか、白黒の猫がボックス左に侵入。エバートンGKジョエル・ロブレスとの一対一を迎えた。GKロブレスは慎重に間合いを詰めたが、白黒の猫は圧巻のクイックネスで見事な縦突破を見せた。
Getty Images
▽2-0で勝利した試合後、エバートンのロベルト・マルティネス監督は、白黒の猫について、「素晴らしい雰囲気と動きのキレを見せた」と高く評価。「若い猫だから間違いを起こすこともある。彼にプレッシャーをかけたくないね」と、突然の侵入に苦言を呈するなど、冗談を交えたサービストークを展開した。
Getty Images

コメント

関連ニュース

thumb

元エバートンDF「ストーンズにとって一番良かったのはモイーズがチームを去ったこと」

今夏、マンチェスター・シティに移籍を果たし、評価を高めているイングランド代表DFジョン・ストーンズ。<br><br>そのストーンズにとってもっとも良かった出来事は「デイヴィッド・モイーズ監督」が、クラブを離れたことではないかと、アイルランド代表DFのシェーン・ダフィが話した。英地方紙『アーガス』が伝えている。<br><br>エバートンの本拠地、グーディソン・パークでは共に同じ時間を過ごしたダフィとストーンズ。<br><br>当初、両者の序列はダフィのほうが上だった。だが、デイヴィッド・モイーズ監督がマンチェスター・ユナイテッドに就任し、後任にロベルト・マルティネス監督が収まると、新指揮官はストーンズを好んで重用した。<br><br>現在ブライトンでプレーするダフィは「ストーンズは僕より上手かったからね。それに対して何か嫌な気持ちを持っていることはない」と当時を振り返る。<br><br>「僕とストーンズは仲が良かったんだ。一緒にリザーブでプレーすることもたくさんあった。ストーンズが良い選手かどうかは見たらすぐわかる。本人にとって一番良かったのはモイーズがチームを去ったことだろうね」<br><br>「マルティネスのもとで成長を遂げ、今のような選手になった。モイーズはもっと&quot;ディフェンダー&quot;を欲しがっていたんだ」<br><br><br>提供:goal.com 2016.09.25 19:31 Sun
twitterfacebook
thumb

ルカクやバリー弾などで絶好調エバートンが逆転勝利で全勝シティを2ポイント差で追走《プレミアリーグ》

▽エバートンは17日、プレミアリーグ第5節でミドルスブラをホームに迎え、3-1で逆転勝利した。 ▽3勝1分けと絶好スタートを切ったエバートンが、1勝2分け1敗スタートの昇格組ミドルスブラをホームに迎えた一戦。[4-2-3-1]のシステムを採用し、2列目に右からボラシエ、バークリー、ミララスと配し、1トップに前節ハットトリックのルカクを据えたエバートンがボールを保持していく。 ▽立ち上がりからボールを保持する中、エバートンは19分にバークリーのミドルシュートでゴールに迫ったが、21分に失点する。自陣右サイドからのクロスをGKステケレンブルフがキャッチにかかったところをネグレドに頭で押し込まれてしまった。 ▽やや軽率なプレーで失点したエバートンだったが、好調なチーム状態を示すように24分に追いつく。ミララスの左CKがファーサイドに流れると、ルーズボールをバリーが左足で蹴り込んだ。攻勢に出るエバートンは42分、オーバーラップしたコールマンがボックス右へ侵入して左足でゴール右へ蹴り込み、前半のうちに逆転に成功した。 ▽さらに前半終了間際の追加タイム1分、右サイドからの浮き球パスに反応したボックス中央のルカクが左足を伸ばすと、僅かに触ったボールがGKをすり抜けてネットに吸い込まれた。 ▽迎えた後半、ボールを保持して試合をコントロールするエバートンは、66分にルカクをお役御免とし、E・バレンシアを投入する。そしてニュージェントやフィッシャーといったアタッカーを投入してきたミドルスブラを難なくいなして時間を消化。 ▽追加タイムにはプレミアリーグ600試合出場を達成したバリーを下げたエバートンが3-1のまま試合を終わらせ、全勝のシティを2ポイント差で追走している。 2016.09.18 03:21 Sun
twitterfacebook
thumb

エバートン、試合に勝利後… サンダーランドファンのがん治療に20万ポンド寄付

エバートンは12日に行われたプレミアリーグ第4節のサンダーランド戦後、がんを患った相手チームのファンの治療に向けて、20万ポンド(約2700万円)を寄付した。イギリス『リバプール・エコー』など複数メディアが伝えている。<br><br>5歳のブラドリー・ロウワリーくんは大のサンダーランドファン。神経芽腫(しんけいがしゅ)といった小児がんの一種である病気にかかっており、アメリカで治療を受けるために70万ポンドを必要としている。<br><br>インターネットを通じた募金活動により、12日時点で約47万ポンドが集まっていた。ロウワリーくんがエバートン戦前に自身が憧れるプレーヤーたちとともにサンダーランドのエスコートキッズの1人として登場すると、試合開始5分には1分間にわたって少年への拍手が送られた。<br><br>さらに試合後、エバートンはロウワリーくんの治療のために20万ポンドを寄付すると発表している。3-0の勝利でスタジアム・オブ・ライトをあとにしたエバートンが、1人のサンダーランドファンに大きなプレゼントを残していった。<br><br>また、エバートンは2月に行われるホームのサンダーランド戦にロウワリーくんを招待している。<br><br><br>提供:goal.com 2016.09.13 23:33 Tue
twitterfacebook
thumb

ルカクはやはり怪物 同時期のC・ロナウドのゴール記録を上回る

▽エバートンのベルギー代表FWロメル・ルカクの得点力が話題となっている。 ▽エバートンは12日、プレミアリーグ第4節でサンダーランドに3-0で勝利した。敵地で行われたこの一戦、ルカクはエバートンの全得点にあたるハットトリックの活躍で、エバートンの3位浮上に貢献した。 ▽『TheODDSbible』はルカクの得点力に注目。現在23歳のルカクはこれまで、アンデルレヒトとチェルシー、WBA、そしてエバートンで公式戦282試合に出場。122ゴールを記録している。 ▽『TheODDSbible』によれば、世界屈指のゴールスコアラーであるレアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドは、23歳時点で110ゴール。バルセロナのFWルイス・スアレスは同じく107ゴール。マンチェスター・ユナイテッドのFWウェイン・ルーニーは23歳時点で100ゴールだったとのことで、ルカクはこの3人のゴール記録を上回っている。 ▽プレーしたリーグや環境も異なるため、ゴールの数字だけで単純に評価することは難しい。それでも、ルカクがこのままゴールを積み重ねれば、より偉大な地位を確立することができることは明らかだろう。 ◆23歳時点のゴール数(TheODDSbible) ロメル・ルカク…122ゴール (参考) C・ロナウド…110ゴール ルイス・スアレス…107ゴール ウェイン・ルーニー…100 ズラタン・イブラヒモビッチ…65ゴール 2016.09.13 13:31 Tue
twitterfacebook
thumb

ルカクのハットトリックでエバートンが3連勝!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第4節のサンダーランドvsエバートンが12日にスタジアム・オブ・ライトで行われ、0-3でエバートンが勝利した。 ▽前節のサウサンプトン戦を1-1の引き分けで終え、1分2敗とスタートに躓いたサンダーランドは、前節のスタメンから2選手を変更。負傷したボリーニとピーナールに代わり、ワットモアとキルヒホフが先発に入った。 ▽一方、2勝1分と今季リーグ戦負けのないエバートンは、前節のストーク・シティ戦からホルゲイトに代えて、負傷明けのコールマンを先発で起用した。 ▽試合は開始1分、右クロスに反応したルカクがサンダーランドゴールに迫ったが、これは飛び出したGKピックフォードがセーブ。さらに13分にも、右サイドを突破したボラシエの右クロスからルカクが強力なヘディングシュートを放ったが、これもGKピックフォードの好守に防がれた。 ▽その後は一進一退の攻防が続くと、共に少ない決定機を活かすことができず、前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半、エバートンはバークリを下げてデウロフェウを投入。しかし、最初のチャンスはホームチームに生まれる。50分、ロッドウェルのパスを受けたデフォーがボックス左からシュート。さらにこれで獲得したCKをラミーヌ・コネが頭で合わせたが、ボールはGKステケレンブルフの正面を突いてしまう。 ▽ピンチを凌いだエバートンは、ここからエースが圧巻のゴールショーを見せる。まずは60分、自陣からロングカウンターを仕掛けると、ドリブルで持ち上がったデウロフェウのラストパスのこぼれ球を拾ったグイエがボックス右付近からクロス。このボールをゴール前のルカクがヘディングでゴール左に突き刺した。 ▽勢いづくエバートンは、63分にもグイエのパスをボックス中央で受けたルカクが反転からシュート。これはクロスバーに阻まれたが68分、左サイドをドリブルで突破したボラシエの左クロスをゴール前のルカクがヘディングで叩き込んだ。 ▽さらに直後の71分、ミララスのロングスルーパスに抜け出したルカクが相手GKとの一対一を制し、冷静にゴール左隅にシュートを流し込み、ハットトリックを達成。 ▽その後も攻撃の手を緩めないエバートンは、ルカクやデウロフェウがゴールに迫ったが、追加点は生まれず、試合は3-0のまま終了。快勝したエバートンは、リーグ戦3連勝で3位に浮上した。 2016.09.13 06:15 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース