完封した川島がダンディー・U移籍後初勝利! 次回は王者セルティック戦《スコティッシュ・FAカップ》2016.01.10 08:31 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽日本代表GK川島永嗣が所属するダンディー・ユナイテッドは9日、スコティッシュ・FAカップ4回戦でエアドリーオニアンズと対戦し、敵地で1-0の勝利を収めた。川島はフル出場している。

▽2日に行われたスコティッシュ・プレミアリーグ第22節のダンディー戦でデビューを飾った川島だが、自身のミスもあり1-2の敗戦を喫した。それでも、公式戦2試合連続で川島が先発したダンディー・ユナイテッドは、3部のエアドリーオニアンズを相手に試合の主導権を掌握。試合終盤の79分にMFブレア・スピッタルのゴールで先制し、そのまま逃げ切った。川島は完封での勝利に貢献している。

▽ダンディー・ユナイテッドは16日、スコティッシュ・プレミアリーグで首位に立つセルティックとのホームゲームが控えている。スコットランド王者を相手に川島のパフォーマンスに期待だ。

コメント

関連ニュース

thumb

114年ぶりの戴冠! ハイバーニアンが土壇場の逆転劇でレンジャーズを下す!《スコティッシュ・カップ》

▽スコティッシュ・カップの決勝が21日に行われ、レンジャーズvsハイバーニアンの一戦はハイバーニアンが2-3で勝利。実に114年ぶりのカップ戦優勝を達成した。 ▽財政問題により4部からの再スタートを切り、来シーズンからスコティシュ・プレミアリーグへの復帰を果たす名門・レンジャーズと、今季のスコティッシュ・プレミアリーグを3位で終えたハイバーニアンの一戦。 ▽試合は4分、セルティックからシーズン途中にレンタル加入したストークスが、左サイドからボックスに侵入。そのまま冷静にネットを揺らし、ハイバーニアンが先制する。しかし、レンジャーズは27分、右サイドからのクロスをミラーがヘッドで叩きこみ、同点に追いつき前半を折り返す。 ▽迎えた64分、レンジャーズがチャンス。ボックス手前からハリデイが左足を振り抜くと、強烈なシュートがそのままネットを揺らし、レンジャーズが逆転に成功する。 ▽逆転を許したハイバーニアンだったが80分、右CKからのクロスをニアサイドでストークスが合わせて同点に。さらに90分には、再び右CKから今度はグレイがヘッドで決めて逆転に成功。そのまま試合は終了し、ハイバーニアンがスコティシュ・カップを制覇。1902年以来、114年ぶりの戴冠に試合後にはピッチに観客が乱入する騒動となったが、見事にタイトルを獲得した。 2016.05.22 18:35 Sun
twitterfacebook
thumb

イタリアとフランス戦に臨むスコットランド代表メンバー27名が発表《国際親善試合》

▽スコットランドサッカー協会(SFA)は12日、イタリア代表(5月29日)とフランス代表(6月4日)との国際親善試合に臨むスコットランド代表メンバー27名を発表した。 ▽今回のメンバーには、WBAのMFダレン・フレッチャーやアストン・ビラDFアラン・ハットン、ボーンマスMFマット・リッチーらに加え、念願の1部復帰を果たしたレンジャーズからDFリー・ウォレスとMFバリー・マッケイが招集されている。今回発表されたスコットランド代表メンバーは以下のとおり。 ◆スコットランド代表メンバー27名 GK <B>スコット・ベイン</B>(ダンディー) <B>アラン・マクレガー</B>(ハル・シティ/イングランド) <B>デイビッド・マーシャル</B>(カーディフ/ウェールズ) DF <B>クリストフ・ベラ</B>(イプスウィッチ/イングランド) <B>カラム・パターソン</B>(ハーツ) <B>ゴードン・グリール</B>(ブライトン/イングランド) <B>アラン・ハットン</B>(アストン・ビラ/イングランド) <B>ラッセル・マーティン</B>(ノリッジ/イングランド) <B>チャーリー・マルグリュー</B>(セルティック) <B>リー・ウォレス</B>(レンジャーズ) <B>アンドリュー・ロバートソン</B>(ハル・シティ/イングランド) <B>グラント・ハンリー</B>(ブラックバーン/イングランド) MF <B>ロバート・スノッドグラス</B>(ハル・シティ/イングランド) <B>ショーン・マロニー</B>(ハル・シティ/イングランド) <B>イケチ・アニャ</B>(ワトフォード/イングランド) <B>バリー・バナン</B>(シェフィールド・ウェンズデイ/イングランド) <B>マット・フィリップス</B>(QPR/イングランド) <B>ダレン・フレッチャー</B>(WBA/イングランド) <B>ジョン・マッギン</B>(ハイバーニアン) <B>バリー・マッケイ</B>(レンジャーズ) <B>オリヴァー・バーク</B>(ノッティンガム・フォレスト/イングランド) <B>ジェームズ・マッカーサー</B>(クリスタル・パレス/イングランド) <B>マット・リッチー</B>(ボーンマス/イングランド) FW <B>スティーブン・フレッチャー</B>(マルセイユ/フランス) <B>クリス・マーティン</B>(ダービー/イングランド) <B>スティーブン・ネイスミス</B>(ノリッジ/イングランド) <B>ロス・マコーマック</B>(フルアム/イングランド) 2016.05.13 00:20 Fri
twitterfacebook
thumb

開催国フランスが開幕直前にカメルーン、スコットランドと対戦《ユーロ2016》

▽フランスサッカー協会(FFF)は8日、今年6月に自国開催を迎えるユーロ2016の開幕前にカメルーン代表、スコットランド代表とテストマッチを行うことを発表した。 ▽カメルーン代表とは5月30日にナントにあるスタッド・ドゥ・ラ・ボージョワールで、スコットランド代表とは6月4日にメスにあるスタッド・サン・サンフォリアンで対戦する。 ▽フランスは、3月にアウェイでオランダ代表、ホームでロシア代表と対戦。その後、カメルーン、スコットランドと対戦し、本大会は6月10日にルーマニア代表との開幕戦を迎える。 2016.02.09 10:55 Tue
twitterfacebook
thumb

スコットランド代表を率いるストラカン監督が2年の契約延長「名誉である」

▽スコットランドサッカー協会(SFA)は16日、ゴードン・ストラカン監督が2年の契約延長にサインしたと発表した。契約延長によりロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選でもスコットランド代表を率いることになる。 ▽スコットランドはユーロ2016予選でドイツ代表、ポーランド代表などと同じグループDに所属。アイルランド代表とグループ3位の座を争っていたが、4位に終わり本選出場を逃していた。しかし、最終節のジブラルタル代表戦ではアウェイに12,000人ものサポーターが駆けつけ、試合後はスタンディングオベーションを行うなど、サポーターからの支持を受けていた。 ▽ストラカン監督は今回の契約延長について名誉であるとコメント。ユーロ2016予選を戦った選手たちを誇るとともに、人々から受ける評価を喜んだ。 「自分の母国を率いるということは名誉であり特権だ。ユーロ2016予選では大きな失望を与えてしまった。しかし、予選を通してのサポーターからの反応は、私の人生において素晴らしい経験となった。もちろん、選手の努力には感謝している」 「今週受け取ったメールや手紙、チャットでのメッセージや街で受けた支持も、その評価を感じられた」 ▽スコットランドは来年のユーロ本選には出場しないため、次の目標はロシアW杯となる。ストラカン監督はロシアW杯欧州予選への意気込みも語った。 「我々の国のため、そして選手のために最高の結果を残したい。我々はスコットランドを次の予選で誇り高きものにできると信じている」 「そういった意味で、この役割を続けられるオファーを受けたことを嬉しく思っている。ユーロ2016予選での反省点を生かし、W杯予選で結果を残せるように、スタッフと選手とともに働きたい」 2015.10.17 15:44 Sat
twitterfacebook
thumb

レーティング:スコットランド 2-2 ポーランド《ユーロ2016予選》

▽8日にグラスゴーのハンプトン・パークで行われたユーロ2016予選グループD第9節の4位・スコットランド(勝ち点11)vs2位・ポーランド(勝ち点17)は、2-2のドローに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽スコットランド採点 GK 1 マーシャル 6.0 何度か好守を見せて最小失点にとどめていたが… DF 2 ハットン 6.0 ポーランド攻撃陣の仕掛けに苦慮していたが、逆転ゴールは自身の素早い切り替えによるボール奪取から 4 マーティン 5.0 レヴァンドフスキを視野に入れることができず、あっさりと先制点を奪われた 5 ハンリー 5.5 雑さもあったが、激しい当たりでポーランドの攻撃を抑えていた 3 ウィテカー 5.5 攻守に堅実なプレーだった MF 11 リッチー 6.5 積極果敢にプレーし、思い切りの良いシュートで同点弾を記録。逆転ゴールにも絡む 8 スコット・ブラウン 6.0 中盤で懸命に守備をこなした 7 D・フレッチャー 5.5 攻守にバランスを意識したプレーぶり (→マッカーサー 5.5) 中盤のスペースを埋めていた 6 フォーレスト 6.0 徐々に存在感を示し、リッチーのゴールをアシスト (→ドアランズ -) FW 10 ネイスミス 5.5 ボールが入れば可能性を感じさせたが、後半序盤の決定機は決めたかった (→マロニー ) 左サイドで果敢に仕掛けた 9 S・フレッチャー 6.0 良い形でなかなかボールが入らなかったが、鮮やかなシュートで逆転弾を決めた 監督 ストラカン 5.5 諦めずに戦わせ続けて勝利まであと一歩に迫っていたが、最後に運に見放された ▽ポーランド採点 GK 22 ファビアンスキ 5.5 2失点ともに責任は問えない DF 20 ピシュチェク 5.5 攻守に無難なパフォーマンス 15 グリク 5.5 身体を張った対応で相手のシュートチャンスを阻止していた 21 パズダン 5.5 フィジカルの強さを生かした対応が目立った 13 リブス 5.0 守備面でやや後手を取ることが多かった (→バブジニャク 5.5) うまく試合に入った MF 8 クリホヴィアク 6.0 球際の強さと正確な配球で中盤を制圧 5 マチニスキ 5.5 攻守に奮闘していた 16 ブワシュチコフスキ 5.5 右サイドで精力的に動き回った (→オルコウスキ -) 7 ミリック 6.0 ライン間でうまくボールを受け、好パスで味方を生かす。レヴァンドフスキのゴールをアシスト (→ヨドロヴィエツ 5.0) 攻撃を活性化しきれず 11 グロシツキー 5.5 縦への推進力でチャンスを演出していたが、痛恨のボールロストが失点につながる。それでも、最後までゴールを目指し、自身のFKで土壇場弾につなげた FW 9 レヴァンドフスキ 6.5 さすがの決定力で開始3分に先制点。その後はトーンダウンしたが、最後にスコットランドを敗退に追い込む同点弾を決めた 監督 ナヴァウカ 5.5 スコットランドの勢いに屈しかけたが、エースの一撃で勝ち点1を持ち帰ることに成功 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! レヴァンドフスキ(ポーランド) ▽抜群の決定力で今日も2ゴール。バイエルンでのゴールを含めると、直近における自身の公式戦5試合で14ゴール目となった。 スコットランド 2-2 ポーランド 【スコットランド】 リッチー(前45) S・フレッチャー(後17) 【ポーランド】 レヴァンドフスキ(前3) レヴァンドフスキ(後49) 2015.10.09 06:13 Fri
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース