完封した川島がダンディー・U移籍後初勝利! 次回は王者セルティック戦《スコティッシュ・FAカップ》2016.01.10 08:31 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽日本代表GK川島永嗣が所属するダンディー・ユナイテッドは9日、スコティッシュ・FAカップ4回戦でエアドリーオニアンズと対戦し、敵地で1-0の勝利を収めた。川島はフル出場している。

▽2日に行われたスコティッシュ・プレミアリーグ第22節のダンディー戦でデビューを飾った川島だが、自身のミスもあり1-2の敗戦を喫した。それでも、公式戦2試合連続で川島が先発したダンディー・ユナイテッドは、3部のエアドリーオニアンズを相手に試合の主導権を掌握。試合終盤の79分にMFブレア・スピッタルのゴールで先制し、そのまま逃げ切った。川島は完封での勝利に貢献している。

▽ダンディー・ユナイテッドは16日、スコティッシュ・プレミアリーグで首位に立つセルティックとのホームゲームが控えている。スコットランド王者を相手に川島のパフォーマンスに期待だ。

コメント

関連ニュース

thumb

モイーズがスコットランド代表監督に?

▽エバートンやマンチェスター・ユナイテッドを率いた経験もあるデイビッド・モイーズ氏(54)が、母国の代表監督に就任する可能性があるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽スコットランド代表は、ロシア・ワールドカップ欧州予選で最終節を迎える段階で2位につけていた。しかし、最終節のスロベニア代表戦を2-2で引き分けると、3位に転落。本大会出場を逃していた。 ▽スコットランドサッカー協会(SFA)は、12日にゴードン・ストラカン監督(60)、アシスタントコーチのマーク・マギー氏(60)の退任を発表。後任探しがスタートしている。 ▽『Sky Bet』によると、ストラカン監督の後任の筆頭はモイーズ氏とのこと。かつてはエバートンを上位クラブに押し上げ、同郷のサー・アレックス・ファーガソン監督の後任として、ユナイテッドでも監督を務めていた。その後、レアル・ソシエダ、サンダーランドを率いたものの、サンダーランドはチャンピオンシップ(イングランド2部)に降格。監督を退任し、現在はフリーとなっている。 ▽モイーズ氏は、指導者としてこれまでスコットランドのクラブを率いたことはなく、スコットランド代表監督就任となれば、初の母国での指導となる。果たして、SFAはどの様な決断を下すのだろうか。 2017.10.13 11:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ロシアW杯を逃がしたスコットランド、ストラカン監督の退任を発表

▽スコットランドサッカー協会(SFA)は12日、スコットランド代表のゴードン・ストラカン監督(60)とアシスタントコーチのマーク・マギー氏(60)の退任を発表した。 ▽スコットランドは8日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループF最終節のスロベニア代表戦で2-2のドロー。グループ3位に終わりW杯本大会出場を逃していた。 ▽セルティックやサウサンプトンを指揮してきたストラカン監督は、2013年1月にスコットランド代表監督に就任。強豪のドイツ代表やポーランド代表と同組に入ったユーロ2016予選では、アイルランド代表とグループ3位の座を争っていたが、4位に終わり本選出場を逃した。しかし、サポーターからの支持は高く、SFAはユーロ2016予選終了後に2年間の契約延長を発表した。 ▽SFAはストラカン監督の退任について以下のようにコメントしている。 「スコットランドサッカー協会は、ゴードン・ストラカン監督が代表監督を退任することで合意に至った。ユーロ2020に向けたチームでは新たな監督が率いることとなる」 「ストラカン監督は、就任からこれまで大きな熱意とプロ意識で責任を果たしてくれた。とても感謝している」 2017.10.13 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

主将ケインの劇的弾でイングランドが6大会連続15度目の本大会出場を決める!《ロシアW杯欧州予選》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループF第9節の3試合が5日に行われた。 ▽グループFで首位に立つイングランド代表(勝ち点20)と、3位スロベニア代表(勝ち点14)の対戦は、1-0で勝利した。この結果、イングランドが6大会連続15回目のW杯本大会出場を決めた。 ▽前節、2位スロバキア代表に逆転勝利を飾り、ロシアW杯本大会出場に王手をかけたイングランドは、主将を任されたFWケインを1トップに配置した[4-2-3-1]を採用。2列目は右からチェンバレン、スターリング、ラッシュフォードと並べた。 ▽立ち上がりから集中して守るスロベニア守備陣に苦しむイングランドは、低調な立ち上がりとなる。14分、イングランドはドリブルで中央を持ち上がったケインがロングシュートを狙うも、これはGKオブラクが楽々キャッチ。 ▽イングランドは18分、ショートコーナーの戻しを受けたラッシュフォードの左クロスからチャンスを迎えるも、ニアに飛び込んだケイヒルはわずかに届かず。36分にはボックス左手前で獲得したFKをウォーカーが直接狙ったが、これも枠の上に外れるなど、前半はゴールレスで折り返した。 ▽両チーム選手交代なしで迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはイングランド。63分、相手CKのこぼれ球を自陣ボックス手前のチェンバレンが大きく蹴り出すと、これに反応したスターリングがカウンター。左サイドを駆け上がったラッシュフォードがボックス左でラストパスを受けるも、飛び出したGKの上を抜いたループシュートは守備に戻ったロトマンにゴール前でクリアされた。 ▽ゴールの遠いイングランドは64分、チェンバレンを下げてリンガードを投入。すると65分、スルーパスで左サイドを抜け出したバートランドのクロスからスターリングに決定機。さらに69分には、ケインが決定機を迎えたが、共にゴールネットは揺らせず。 ▽対するスロベニアは、84分にこの試合最大の決定機を迎える。イリチッチのスルーパスに途中出場のマタブスが抜け出すと相手GKとの1対1を迎えたが、シュートは飛び出したGKハートのブロックに阻まれた。 ▽このまま試合終了かと思われたが、後半アディショナルタイム4分に試合が動く。GKオブラクのスローインを右サイドでカットしたウォーカーが右サイドを持ち上がりクロスを供給。これをニアに飛び込んだケインが右足でゴールに流し込んだ。 ▽結局、このゴールが決勝点となりイングランドが1-0で勝利。ケイン弾で劇的勝利のイングランドが6大会連続15度目の本大会出場を決めた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171006_2_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ▽また、4位スコットランド(勝ち点14) と2位スロバキア(勝ち点15)の一戦は、1-0でスコットランドが勝利した。プレーオフ圏内の2位を争う両国の一戦は、23分にシミュレーションを犯したマクがこの試合2枚目のイエローカードで退場処分となる。 ▽その後は数的優位を得たスコットランドが攻勢を強めるものの、なかなかチャンスをモノにできない。しかし、試合終了間際の89分にスコットランドは、グリフィスのパスに抜け出した途中出場のアニャがボックス右まで持ち込みクロス。これがブロックに入ったシュクルテルに当たり、ゴールネットを揺らした。 ▽これが決勝点となり、1-0で勝利したスコットランドは、プレーオフ圏内の2位に浮上した。 ◆ロシアW杯欧州予選グループF第9節結果 ▽10/5(木) イングランド 1-0 スロベニア スコットランド 1-0 スロバキア マルタ 1-1 リトアニア 2017.10.06 06:56 Fri
twitterfacebook
thumb

イングランド戦に臨むスコットランド代表メンバー発表! ネイスミスやフレッチャーが選出《ロシアW杯欧州予選》

▽スコットランドサッカー協会(SFA)は22日、ロシア・ワールドカップ欧州予選に臨むスコットランド代表メンバー29名を発表した。 ▽ゴードン・ストラカン監督は、今回のメンバーにFWスティーブン・ネイスミス(ノリッジ)やMFダレン・フレッチャー(WBA)、MFロバート・スノッドグラス(ウェストハム) などを招集した。 ▽ロシアW杯欧州予選でグループFに属するスコットランドは、第5節終了時点で2勝2敗1分けの4位に位置している。今回の代表ウィークでは、6月10日にホームでグループ首位のイングランド代表とロシアW杯欧州予選を行う。今回発表されたスコットランド代表メンバー29名は以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆スコットランド代表招集メンバー29名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">クレイグ・ゴードン</span>(セルティック) <span style="font-weight:700;">ジャック・ハミルトン</span>(ハーツ) <span style="font-weight:700;">デイビッド・マーシャル</span>(ハル・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">アラン・マクレガー</span>(カーディフ/ウェールズ) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">マーク・レイノルズ</span>(アバディーン) <span style="font-weight:700;">キーラン・ティアニー</span>(セルティック) <span style="font-weight:700;">スティーブン・キングスレイ</span>(スウォンジー/ウェールズ) <span style="font-weight:700;">チャーリー・マルグルー</span>(ブラックバーン/イングランド) <span style="font-weight:700;">アンドリュー・ロバートソン</span>(ハル・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ラッセル・マーティン</span>(ノリッジ/イングランド) <span style="font-weight:700;">クリストフ・ベラ</span>(イプスウィッチ/イングランド) <span style="font-weight:700;"> イケチ・アニャ</span>(ダービー/イングランド) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">ケニー・マクリーン</span>(アバディーン) <span style="font-weight:700;">ジョン・マッギン</span>(ハイバーニアン) <span style="font-weight:700;">スチュアート・アームストロング</span>(セルティック) <span style="font-weight:700;">ジェームズ・フォレスト</span>(セルティック) <span style="font-weight:700;">スコット・ブラウン</span>(セルティック) <span style="font-weight:700;">トム・ケアーニー</span>(フルアム/イングランド) <span style="font-weight:700;">ライアン・フレイザー</span>(ボーンマス/イングランド) <span style="font-weight:700;">ジェームズ・マッカーサー</span>(クリスタル・パレス/イングランド) <span style="font-weight:700;">ダレン・フレッチャー</span>(WBA/イングランド) <span style="font-weight:700;">ジェームズ・モリソン</span>(WBA/イングランド) <span style="font-weight:700;">バリー・バナン</span>(シェフィールド・ウェンズデイ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ロバート・スノッドグラス</span>(ウェストハム/イングランド) <span style="font-weight:700;">オリヴァー・バーク</span>(ライプツィヒ/ドイツ) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">スティーブン・フレッチャー</span>(シェフィールド・ウェンズデイ/イングランド) <span style="font-weight:700;">スティーブン・ネイスミス</span>(ノリッジ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ジェイミー・マーフィー</span>(ブライトン&ホーヴ・アルビオン/イングランド) <span style="font-weight:700;">クリス・マーティン</span>(フルアム/イングランド) <span style="font-weight:700;">レイ・グリフィ</span>(セルティック) 2017.05.23 01:15 Tue
twitterfacebook
thumb

スコットランド、試合終了間際の劇的弾で難敵オブラクを攻略! スロバキアがグループF2位に浮上《ロシアW杯欧州予選》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループF第5節、スコットランド代表vsスロベニア代表が26日に行われ、ホームのスコットランドが1-0で勝利した。 ▽W杯欧州予選グループFで首位イングランド代表(勝ち点10)に次ぐ2位に位置するスロベニア(勝ち点8)が、5位に低迷するスコットランド(勝ち点4)のホームに乗り込んだ一戦。 ▽試合は戦前の予想に反して、ホームのスコットランドが一方的に押し込む展開に。開始7分にはCKからラッセル・マーティンがヘディングシュートでゴールネットを揺らすが、ここは競り合いの場面でオフェンスファウルを取られ、ゴールは認められず。 ▽その後も攻勢を続けるスコットランドは、厚みのある攻めで決定機を作り出していく。だが、35分過ぎにグリフィスの決定的なシュートがクロスバーと右ポストを続けて叩くなど、スロベニア守護神オブラクの牙城をあと一歩のところで崩せない。 ▽ゴールレスで迎えた後半は、スロベニアが攻守に盛り返してきたことで、前半以上にオープンな展開に。それでも、ホームの歓声を後押しに勢いづくスコットランドは、74分に途中出場のアニャがボックス内に抜け出すが、右足のシュートはGKオブラクにセーブされる。 ▽何とかホームで勝ち切りたいスコットランドは、試合終盤にかけても猛攻を仕掛けると、試合終了間際に劇的なゴールが生まれる。88分、ボックス左でアームストロングから斜めのパスを足元で受けたクリス・マーティンがすかさず左足を振り抜くと、味方のスライディングがブラインドとなり、反応が遅れたGKオブラクの左足を掠めたシュートがゴール右隅に吸い込まれた。そして、この決勝点を守り抜いたスコットランドが、2位スロバキアと勝ち点2差の4位に浮上した。 ▽また、同日行われた最下位マルタ代表(勝ち点0)と3位スロバキア代表(勝ち点6)の一戦は、アウェイのスロバキアが3-1で勝利した。 ▽エースのハムシクをベンチスタートにするなど、格下相手に余裕の試合運びが予想されたスロバキアだったが、バイスの先制点直後に同点ゴールを許すなど、思わぬ苦戦を強いられた。その後、グレグシュのゴールで前半のうちに勝ち越しに成功したが、なかなか3点目を奪えない。その後、79分の相手の退場をキッカケに攻勢を強めたスロバキアは、84分にネメクのゴールで勝負を決めたが、試合終了間際にそのネメクが退場となるなど、格下相手に後味の悪い勝利となった。 ▽それでも、勝ち点を9ポイントに積み上げたスロバキアが、この日敗れたスロベニアを抜き2位に浮上した。 2017.03.27 06:10 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース