完封した川島がダンディー・U移籍後初勝利! 次回は王者セルティック戦《スコティッシュ・FAカップ》2016.01.10 08:31 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽日本代表GK川島永嗣が所属するダンディー・ユナイテッドは9日、スコティッシュ・FAカップ4回戦でエアドリーオニアンズと対戦し、敵地で1-0の勝利を収めた。川島はフル出場している。

▽2日に行われたスコティッシュ・プレミアリーグ第22節のダンディー戦でデビューを飾った川島だが、自身のミスもあり1-2の敗戦を喫した。それでも、公式戦2試合連続で川島が先発したダンディー・ユナイテッドは、3部のエアドリーオニアンズを相手に試合の主導権を掌握。試合終盤の79分にMFブレア・スピッタルのゴールで先制し、そのまま逃げ切った。川島は完封での勝利に貢献している。

▽ダンディー・ユナイテッドは16日、スコティッシュ・プレミアリーグで首位に立つセルティックとのホームゲームが控えている。スコットランド王者を相手に川島のパフォーマンスに期待だ。

コメント

関連ニュース

thumb

セルティックの13歳神童カラモコ・デンベレがU-15イングランド代表デビュー! 10月にはU-16スコットランド代表でプレー

▽セルティックのアカデミーに所属する13歳の神童MFカラモコ・デンベレが、U-15イングランド代表デビューを飾った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽先日、13歳ながら飛び級でセルティックのU-20チームデビューを飾ったデンベレは、卓越したドリブルや攻撃センスを武器に、新たなメッシの後継者と称されるサッカー界注目のローティーンの1人だ。 ▽コートジボワール人の両親の下でロンドンで生まれたデンベレは、幼少期にスコットランドに移住し、セルティックのアカデミーで研鑽を積んでいる。そのため、出身地のイングランド、両親の母国コートジボワール、在住しているスコットランドの3カ国の代表でのプレー資格がある。 ▽今年10月には飛び級でU-16スコットランド代表デビューを飾ったデンベレだったが、将来のスーパースター候補を虎視眈々と狙うイングランドサッカー協会(FA)は、すぐさま両親と同選手の説得に動き、U-15イングランド代表でのプレーを実現させた。 ▽19日に行われたU-15トルコ代表戦でU-15イングランド代表デビューを飾ったデンベレは、自身の『インスタグラム』を通じてイングランドデビューの感想を以下のように語っている。 「イングランドで良い経験ができたよ。トルコ相手に5-3で勝利できたし、僕自身1アシストを記録し、とてもうまくプレーできた」 ▽デンベレが将来どんなプレーヤーになるかは、現時点で不明だが、将来のスーパースター候補をA代表でプレーさせるため、今後もイングランド、スコットランド、コートジボワールの間で熾烈な争奪戦が続くはずだ。 ※写真はU-16スコットランド代表でプレーするデンベレ 2016.12.21 01:16 Wed
twitterfacebook
thumb

ウェンブリー・スタジアムに血の雨が…イギリス・ダービーでサポーターが乱闘騒ぎ

▽11日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のイングランドvsスコットランドで、サポーター同士による乱闘騒ぎが起こったようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 ▽ウェンブリー・スタジアムで行われたイギリス・ダービーは、24分にスタリッジのゴールでイングランドが先制。52分にもララナが加点すると、61分にはケイヒルもネットを揺らし、イングランドが3-0で勝利した。 ▽『デイリー・メール』によると、試合中のスタンドで暴行事件が発生。男性2人がつかみ合いの末に殴り合いへと発展。1名の男性は流血し、駆けつけた警備員が2人を引き離したとのこと。流血した男性は、その後も治療を行わずに観戦したようだ。 ▽さらに、今回の欧州予選で両チームはポピーをあしらったアームバンドを着用して試合に臨んだ。これは第一次世界大戦で亡くなった方々への追悼の意味を込められたもで、イギリスのトラファルガー広場にある泉にもポピーが浮かべられている。 ▽試合観戦に訪れたスコットランドサポーターは、あろうことかこの泉にダイブ。さらに同広場では下腹部を露出するなどの行為に及んだようだ。また広場周辺のパブでは「ビッグ・サムはうそつきだ。ワールドカップに行くのはスコットランドだ」と合唱していた模様。おとり捜査で不適切発言があったとされるサム・アラダイス前イングランド代表監督への皮肉を口にし、大暴れしていたようだ。 2016.11.12 10:12 Sat
twitterfacebook
thumb

W杯出場に黄信号のスコットランド、ストラカン監督は「進退を考えてベンチに座っているというのは大きな間違い」

▽スコットランド代表を率いるゴードン・ストラカン監督が、11日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のイングランド代表戦を振り返っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽敵地でのイギリス・ダービーに臨んだスコットランドだったが、24分にスタリッジのゴールで先制を許してしまう。そのまま試合を折り返すと後半にも2失点を喫して0-3の敗戦となった。この結果、スコットランドは、勝ち点4でグループFの5位に位置。W杯出場権が獲得できる首位のイングランドまでは勝ち点6差、プレーオフ出場権を獲得できる2位のスロベニアには勝ち点4差となった。 ▽試合後、ストラカン監督は自身の進退については考えていないことを強調。イングランド戦でのチームが見せたパフォーマンスも満足できるものだったと口にした。 「自分の進退について気にしていると言われているが、そんなことはない。私はチームのことだけを考えている。今日のパフォーマンスは良かったように思っているよ。自分のことを心配してベンチに座っていると考えているのであれば、それは大きな間違いだ」 「今夜の結果は良くなかったが、選手たちは勇敢な姿勢を見せて、組織化されたパフォーマンスを発揮した。この結果は残酷なものだったが、それでも進んでいかなければいけない」 2016.11.12 09:40 Sat
twitterfacebook
thumb

英国対決を制したイングランドが4戦連続クリーンシートで首位をキープ《ロシア・ワールドカップ欧州予選》

▽イングランド代表は11日、ロシア・ワールドカップ欧州予選グループF第4節でスコットランド代表とのイギリス・ダービーをホームで行い、3-0で勝利した。 ▽グループFの首位に立つイングランド(勝ち点7)が4位スコットランド(勝ち点4)をウェンブリーに迎えた一戦。[4-2-3-1]の布陣で中盤のセンターにエリック・ダイアーとヘンダーソンを置いたイングランドは、1トップに据えたスタリッジの後方に右からスターリング、ルーニー、ララナと並べた。 ▽リベンバランスデーのセレモニーとして第一次世界大戦で亡くなった方々への黙祷が捧げられた後、スタートした一戦。互いに慎重な入りを見せた立ち上がり、自陣でコンパクトな守備陣形を形成するスコットランドに対してイングランドはなかなか決定機を作り出せないまま時間が経過していく。 ▽それでも23分、イングランドがファーストチャンスで先制に成功する。スターリングのミドルシュートのこぼれ球を拾ったウォーカーがボックス右からクロスを供給。これをニアで反応したスタリッジがヘディングで流し込んだ。 ▽先制に成功したイングランドだが、27分に最初のピンチを招く。セットプレーの守備でマークの受け渡しをミスすると、ボックス中央でフリーのハンリーにヘディングシュートで合わせられた。だが、これは枠の上に外れて助かる。その後、互いにシュートチャンスの少なさが際立つ展開となった試合は、イングランドの1点リードでハーフタイムを迎えた。 ▽迎えた後半、立ち上がりからアグレッシブにハイプレスを敢行するスコットランドは49分、左サイドを抜け出したリー・ウォレスの折り返しからフォーレストがシュートを狙ったが、これはゴール右に逸れる。その直後にも、味方とのワンツーでボックス左に侵入したL・ウォレスのクロスからスノッドグラスが決定機を迎えたが、シュートは相手DFのブロックに阻まれた。 ▽ピンチを凌いだイングランドは50分、スターリングのパスで左サイド深くまでオーバーラップしたローズのクロスを中央に走り込んだララナがダイビングヘッドでゴールに流し込み、追加点を奪った。 ▽リードを広げたイングランドは60分にも、ルーニーの左CKをニアのケイヒルが頭で合わせると、GKゴードンの左手を弾いたボールがそのままゴール右に吸い込まれ、試合を決定付ける3点目を奪った。 ▽その後は危なげない試合運びを見せたイングランドが試合をクローズ。欧州予選4試合連続クリーンシートを達成したイングランドがグループF首位をキープした。 2016.11.12 06:58 Sat
twitterfacebook
thumb

イングランド代表MFララナ、暫定指揮官サウスゲイトの正式就任を望む?「代表にはクラブほどの時間がない」

▽リバプール所属のイングランド代表MFアダム・ララナは、すぐにでも新しい代表監督が決まることを望んでいるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽イングランド代表はユーロ2016終了後、サム・アラダイス氏が代表監督に就任したものの、おとり取材で影での愚行が明るみとなり、辞任した。現在は、暫定指揮官としてU-21イングランド代表を指揮していたガレス・サウスゲイト監督が同国代表を指揮。現時点では、今月の11日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のスコットランド代表戦と16日に行われる国際親善試合のスペイン代表戦まで指揮することが決まっている。 ▽上記2試合の代表メンバーに招集されたララナは、イングランドサッカー協会(FA)に迅速な代表監督の決定を求めた。以下のようにコメントしている。 「僕らは安定性を必要としている」 「クラブレベルほど代表に時間はない。リーグのように準備する時間も限られている。異なる課題なんだ」 「僕らは彼のために戦う準備はできている」 「彼が長く務められるだけの十分な仕事をしてくれくれることを願うよ」 2016.11.10 16:46 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース