ユナイテッドが3回戦突破 後半ATのPKで3部チームを相手に辛勝《FAカップ》2016.01.10 04:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽マンチェスター・ユナイテッドは9日、FAカップ3回戦で本拠地オールド・トラフォードにリーグ1(イングランド3部相当)のシェフィールド・ユナイテッドを迎え、1-0で辛くも3回戦突破を果たした。

▽先のスウォンジー戦で公式戦9試合ぶりの白星を手にし、失意の12月から復調の兆しを見せつつあるユナイテッド。フィル・ジョーンズやアシュリー・ヤングら数名の負傷者を抱えるファン・ハール監督だが、ボースウィック=ジャクソン以外、ルーニー、マルシャル、スモーリング、デ・ヘアら現状のベストメンバーをスタートから起用した。

▽立ち上がりからホームの歓声を受けたユナイテッドは、マタ、エレーラを中心にボールを支配。チーム全体で囲い込むようにシェフィールド・ユナイテッドを攻め立てるが、なかなか相手のタイトな守備を攻略する糸口を見いだせず、時間だけが経過していく。

▽ほとんどチャンスらしいチャンスをつくりだせずいるユナイテッドは19分、敵陣中央の位置でボールを受けたルーニーが積極的にミドルレンジからシュートを放っていくが、これはクロスバーの上に外れてしまう。

▽さらに、終了間際には左サイドのCKフラッグ付近でFKのチャンスを獲得するが、マタのグラウンダーのパスからブリントが左足ダイレクトで狙ったシュートは枠外。結局、ユナイテッドはゴールレスでハーフタイムを迎えた。

▽後半から、フェライーニを一列前に上げるなど中盤の構成に手を加えたユナイテッドは、前半と同様にボールポゼッションで相手を圧倒。しかし、淡白なサイドからの攻撃は、シュートチャンスの演出には至らない。

▽すると、ユナイテッドのファン・ハール監督は60分、エレーラ、マタを下げ、ケガ明けのリンガード、デパイを投入。この交代により、マルシャル、ルーニーの2トップにシステムを変更し、攻撃の活性化を図る。

▽さらに、78分にフェライーニに代えてアンドレアス・ペレイラを投入したユナイテッドは後半アディショナルタイム2分、ドリブルでボックス左に抜け出したデパイが相手のタックルを受けてPKを獲得。これをルーニーが冷静に決め切り、ユナイテッドが土壇場でゴールマウスをこじ開けた。

▽結局、このルーニーのゴールが決勝弾となり、ユナイテッドが1-0でシェフィールド・ユナイテッドに勝利。格下を相手にチームとして課題とする決定力不足を露呈してしまったものの、3回戦突破という最低限の目標を達成することに成功した。

コメント

関連ニュース

thumb

大器フォス=メンサー、ユナイテッド愛を語る

▽オランダ代表DFティモシー・フォス=メンサーが、マンチェスター・ユナイテッドのトップチームでプレーする喜びを語った。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えた。 ▽ユナイテッドユース出身の18歳であるフォス=メンサーは、昨シーズンにトップチームデビュー。守備的MFに加え、最終ラインの全ポジションをカバーできる逸材は、ユナイテッドでのプレーが評価され、オランダ代表にも招集された。 ▽フォス=メンサーは、ジョゼ・モウリーニョ監督の下で飛躍したいと考えている。 「マンチェスター・ユナイテッドでのプレーは、あらゆる選手の夢だと思うよ。僕は、偉大なクラブの選手として、すごく誇りに感じる」 「ユナイテッドのファンは本当に素晴らしい。いつも選手たちに寄り添ってくれる。僕の昨シーズンの目標は、ユナイテッドでデビューすることだったけど、それが達成できた。とても嬉しいよ。10試合プレーしたけど、多くを学んで成長できた」 「成長し続けて、トッププレーヤーになりたいね。素晴らしいジョゼ・モウリーニョ監督の下で、完璧な選手になりたい」 ▽フォス=メンサーは、ベテラン勢から多くを学んでいるようだ。 「ウェイン・ルーニーやマイケル・キャリック、フアン・マタのような選手たちと練習できるね。僕と違うポジションの選手だとしても、間違いなく成長の助けになる。彼らから多くを学んでいるところだ」 2016.07.27 23:38 Wed
twitterfacebook
thumb

メッシ&C・ロナウドに次いでユニフォームが売れた選手は…

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表FWアントニー・マルシャルのユニフォーム売り上げが3位となった。フランス『レキップ』が伝えた。 ▽昨年の夏にモナコから5000万ユーロ+ボーナス3000万ユーロと伝えられる移籍金でユナイテッド入りしたマルシャルは、低調なチームの中で気を吐く活躍を見せた。先日にはFWズラタン・イブラヒモビッチに加入により、今シーズンの背番号が「9」から「11」に変更されたことに怒りを示しているとも報じられたが(真相は不明)、ユニフォームの売り上げは素晴らしい数字を記録しているようだ。 ▽なお、クラブ別の売り上げではユナイテッドが、2位のバルセロナと3位のレアル・マドリーを抑えて首位。4位にチェルシー、5位にはバイエルンが続いた。 ◆選手別ユニフォーム売り上げランキング 1.リオネル・メッシ 2.クリスティアーノ・ロナウド 3.アントニー・マルシャル 4.バスティアン・シュバインシュタイガー 5.エデン・アザール 6.ウェイン・ルーニー 7.ネイマール 8.セルヒオ・アグエロ 9.アレクシス・サンチェス 10.フィリペ・コウチーニョ ◆クラブ別ユニフォーム売り上げランキング 1.マンチェスター・ユナイテッド(アディダス) 2.バルセロナ(ナイキ) 3.レアル・マドリー(アディダス) 4.チェルシー(アディダス) 5.バイエルン(アディダス) 6.アーセナル(プーマ) 7.ユベントス(アディダス) 8.リバプール(ニューバランス) 9.パリ・サンジェルマン(ナイキ) 10.ミラン(アディダス) 2016.07.27 20:01 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、モウリーニョの指示で早朝6時に練習を行う

ジョゼ・モウリーニョ監督は、マンチェスター・ユナイテッドで早速自身の信念に従った行動を見せている。イギリス『サン』やスペイン『アス』が伝えた。<br><br>モウリーニョ監督は、中国ツアーへと向かったユナイテッドの選手たちをイギリスに戻ってすぐ練習場に向かわせた。ここまでは普通の話である。その練習時間を除いては...<br><br>ユナイテッドが拠点を置くマンチェスターに到着したのは、なんと午前5時。それにもかかわらず、指揮官は練習を命じた。選手たちは午前6時からトレーニングで汗を流すこととなった。<br><br>ユナイテッドは22日に行われたインターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)でドルトムントに1-4と敗れた。その3日後に予定されていたマンチェスター・シティとの一戦は悪天候により中止に。モウリーニョ監督は、およそ72時間もの間フィジカル系のトレーニングができなかったことに不満を抱いていたとみられる。<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.27 19:56 Wed
twitterfacebook
thumb

元同僚のラーションがイブラのユナイテッド加入に太鼓判

▽かつてマンチェスター・ユナイテッドでもプレーした元スウェーデン代表のエースで、現在はヘルシンボリで指揮を執るヘンリク・ラーション監督が、今夏に加入したズラタン・イブラヒモビッチについて語った。イギリス『デイリー・スター』が伝えている。 ▽セルティックでその名を轟かせ、バルセロナを経て、2007年にユナイテッドへとレンタル移籍で加入したラーション。36歳ながら、3カ月間の短期レンタルで加入していた。 ▽同郷のイブラヒモビッチが今夏にユナイテッドへと移籍を果たしたが、ラーションはチームに大きな影響を与えるとコメント。ユナイテッドをあるべき姿に元に戻してくれると期待を語った。 「ズラタンはスウェーデンの巨人だ。彼はナンバーワンだよ。誰もが彼のことを知っているし、彼についても知っている。そして、多くの人が彼を見て興味を持つ」 「誰もが、彼のプレーを見ている。テクニックを持ち、スキルがある彼を見るのは喜びなんだ」 「彼がマンチェスター・ユナイテッドに来た今、全てのことが上手くいくことを望んでいる。彼はユナイテッドを居るべき所に戻してくれるだろう」 ▽34歳でのプレミアリーグ挑戦となったイブラヒモビッチだが、ラーション氏は年齢は関係ないとコメント。年齢はズラタンにとっての心配事ではないと語った。 「そうは思わない。彼はフィットするんだ。身体のケアを怠らないし、(年齢が)問題になることはない」 「私は全てが上手くいくことを望んでいる。彼はユナイテッドに値するし、良いことを起こすに値するんだ。彼はスウェーデンの偉大なフットボーラーだ。ユナイテッドに加入することは、大きな喜びだよ」 2016.07.27 19:02 Wed
twitterfacebook
thumb

プレミア現地ファンに最もウザいと思われているクラブは…

▽プレミアリーグのファンによって最も嫌われているクラブはチェルシーのようだ。 ▽イギリス『ミラー』は、約1万人を対象に最も嫌いなクラブの投票を実施。公平さを保つために、各ファンの人数を合わせたうえで調査を行った。 ▽その結果、最も嫌われているクラブの1位は、チェルシーとなった。調査によれば、チェルシーはトッテナムファンからの票数が集まったとのことだ。逆にチェルシーファンは、アーセナルを嫌いな人が最も多かった。 ▽2位にはマンチェスター・ユナイテッドが入り、3位はリバプール。ユナイテッドのファンは予想通り、マンチェスター・シティとリバプールに票が集まった。リバプールとシティのファンは、ユナイテッドに票を入れた人が多かったとのことだ。 ▽なお、強豪クラブが上位に集中しているが、王者のレスターは19位と好感度抜群だった。 ◆プレミアリーグで最も嫌いなクラブ 1位:チェルシー 2位:マンチェスター・ユナイテッド 3位:リバプール 4位:マンチェスター・シティ 5位:アーセナル 6位:トッテナム 7位:ストーク・シティ 8位:ウェストハム 9位:サンダーランド 10位:WBA 11位:クリスタル・パレス 12位:エバートン 13位:ハル・シティ 14位:ミドルズブラ 15位:スウォンジー 16位:サウサンプトン 17位:ワトフォード 18位:バーンリー 19位:レスター・シティ 20位:ボーンマス 2016.07.27 16:26 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース