ユナイテッドが3回戦突破 後半ATのPKで3部チームを相手に辛勝《FAカップ》2016.01.10 04:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽マンチェスター・ユナイテッドは9日、FAカップ3回戦で本拠地オールド・トラフォードにリーグ1(イングランド3部相当)のシェフィールド・ユナイテッドを迎え、1-0で辛くも3回戦突破を果たした。

▽先のスウォンジー戦で公式戦9試合ぶりの白星を手にし、失意の12月から復調の兆しを見せつつあるユナイテッド。フィル・ジョーンズやアシュリー・ヤングら数名の負傷者を抱えるファン・ハール監督だが、ボースウィック=ジャクソン以外、ルーニー、マルシャル、スモーリング、デ・ヘアら現状のベストメンバーをスタートから起用した。

▽立ち上がりからホームの歓声を受けたユナイテッドは、マタ、エレーラを中心にボールを支配。チーム全体で囲い込むようにシェフィールド・ユナイテッドを攻め立てるが、なかなか相手のタイトな守備を攻略する糸口を見いだせず、時間だけが経過していく。

▽ほとんどチャンスらしいチャンスをつくりだせずいるユナイテッドは19分、敵陣中央の位置でボールを受けたルーニーが積極的にミドルレンジからシュートを放っていくが、これはクロスバーの上に外れてしまう。

▽さらに、終了間際には左サイドのCKフラッグ付近でFKのチャンスを獲得するが、マタのグラウンダーのパスからブリントが左足ダイレクトで狙ったシュートは枠外。結局、ユナイテッドはゴールレスでハーフタイムを迎えた。

▽後半から、フェライーニを一列前に上げるなど中盤の構成に手を加えたユナイテッドは、前半と同様にボールポゼッションで相手を圧倒。しかし、淡白なサイドからの攻撃は、シュートチャンスの演出には至らない。

▽すると、ユナイテッドのファン・ハール監督は60分、エレーラ、マタを下げ、ケガ明けのリンガード、デパイを投入。この交代により、マルシャル、ルーニーの2トップにシステムを変更し、攻撃の活性化を図る。

▽さらに、78分にフェライーニに代えてアンドレアス・ペレイラを投入したユナイテッドは後半アディショナルタイム2分、ドリブルでボックス左に抜け出したデパイが相手のタックルを受けてPKを獲得。これをルーニーが冷静に決め切り、ユナイテッドが土壇場でゴールマウスをこじ開けた。

▽結局、このルーニーのゴールが決勝弾となり、ユナイテッドが1-0でシェフィールド・ユナイテッドに勝利。格下を相手にチームとして課題とする決定力不足を露呈してしまったものの、3回戦突破という最低限の目標を達成することに成功した。

コメント

関連ニュース

thumb

ELに強気のスコールズ氏、古巣ユナイテッドに敵なし?「心配させるようなチームはない」

元マンチェスター・ユナイテッドMFで、現在はコメンテーターなどを務めるポール・スコールズ氏は古巣がヨーロッパリーグ(EL)で恐れるチームはないと強気の姿勢を打ち出している。『BTスポーツ』が報じた。<br><br>ユナイテッドは8日、ELグループステージ第6節ゾリャ戦に2-0で勝利し、決勝トーナメント進出を決めた。スコールズ氏はノックアウトラウンドでもジョゼ・モウリーニョ監督はどこも恐れるべきではないと語っている。<br><br>「正直に言って、どことやることになっても心配はしていないよ。心配にさせるようなチームは一つもない。彼らは相手がどこであっても倒すことができるメンバーを揃えていると思う」<br><br>ELをおそるるにたらないと語ったスコールズ氏。しかし、決勝トーナメントからはチャンピオンズリーグ敗退チームも参戦してくるため、優勝を狙うとなると、一筋縄ではいかないことも事実だろう。<br><br><br>提供:goal.com 2016.12.10 15:47 Sat
twitterfacebook
thumb

【プレミア第15節プレビュー】レスターvsマン・シティ&ユナイテッドvsスパーズが開催

▽前節に行われたマンチェスター・シティvsチェルシーは、チェルシーが1-3の快勝により、リーグ戦8連勝で首位をキープ。アーセナルとトッテナムのノースロンドン勢が共に5得点で大勝した一方、ドローのマンチェスター・ユナイテッド、敗戦のリバプールがポイントを落とした。迎える今節は、日曜の日本時間23:15からユナイテッドvsスパーズの好カードが組まれている。 ▽6位のユナイテッド(勝ち点21)は前節、エバートンを相手に1-1のドロー。これでリーグ戦3試合連続ドローと、勝ちきれない試合が続き、首位のチェルシーと13ポイント差と苦しんでいる。好材料なのは、イブラヒモビッチが再び調子を上げてきたこと。全て得点を挙げている最近の公式戦4試合で5ゴールと、得点感覚を研ぎ澄ましてきた。ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ最終節では、ゾリャを相手に2-0で快勝し、決勝トーナメント進出。中2日と厳しい日程だが、ここをモノにできなければ、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向けて早くも暗雲が立ち込める ▽一方のスパーズはユナイテッドと6ポイント差の5位に位置。前節はスウォンジーを相手にケインとエリクセンの2ゴール、ソン・フンミンの得点により5-0と大勝した。水曜日には、決勝トーナメント行きを逃したCLのグループステージ最終節でCSKAモスクワと対戦し、3-1と勝利。3位に入り、ELに回ることとなった。勝利して公式戦3連勝といきたいところだが、オールド・トラフォードでの試合だけに勝ち点1でも悪くない結果だ。 ▽土曜の日本時間26:30からのレスターvsマン・シティも注目だ。現在16位と低迷しているレスター(勝ち点13)は、直近のリーグ5試合で2分け3敗と苦しんでいる。さらに、7日行われたCLグループステージ最終節ではポルトに0-5と大敗した。前節でゴールを挙げた岡崎に期待したい。対する4位のシティ(勝ち点30)も10月以降、リーグ戦の連勝はなし。前節はチェルシーに完敗し、CLでもセルティックとドロー。出場停止のアグエロが不在の中、セルティック戦でゴールを記録したイヘアナチョのパフォーマンスに期待がかかる。 ▽首位のチェルシー(勝ち点34)は、7位のWBA(勝ち点20)をホームに迎える。3バックに変更後、破竹のリーグ戦8連勝。選手層は気になるものの、今シーズンはヨーロッパの試合がないため、メンバーを固定して戦えている点も大きい。WBAはここ4戦で3勝1分けと好調だが、リーグ戦9連勝となるか。リーグ戦11ゴールのジエゴ・コスタ、同8ゴールのアザールと好調のダブルエースに引き続き注目だ。 ▽そのほか、2位のアーセナル(勝ち点31)は、9位に位置するストーク・シティ(勝ち点19)とのホーム戦。3位のリバプール(勝ち点30)は、現在17位と苦しんでいるウェストハム(勝ち点12)を本拠地アンフィールドに迎える。 ◆プレミアリーグ第15節 ▽12/10(土) 《21:30》 ワトフォード vs エバートン 《24:00》 スウォンジー vs サンダーランド アーセナル vs ストーク・シティ ハル・シティ vs クリスタル・パレス バーンリー vs ボーンマス 《26:30》 レスター・シティ vs マンチェスター・シティ ▽12/11(日) 《21:00》 チェルシー vs WBA 《23:15》 サウサンプトン vs ミドルズブラ マンチェスター・ユナイテッド vs トッテナム 《25:30》 リバプール vs ウェストハム 2016.12.10 13:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【ELグループステージ総括】ユナイテッドらが順当に突破もインテルが屈辱 日本勢は7クラブ中2チームが突破!

▽2016-17シーズンのELグループステージが8日に終了した。ここでは、グループステージの結果を大まかに総括していきたい。 <span style="font-weight:700;">◆強豪が順当に突破もインテルが屈辱の最下位…</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161209_51_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨シーズンと同様に4大リーグに所属する強豪チームが順当に突破を決めた。今大会優勝候補の筆頭に挙げられるマンチェスター・ユナイテッドは、初戦でフェイエノールト相手に黒星スタートも、その後2連勝で盛り返す。だが、第4節でフェネルバフチェに2敗目を喫して窮地に陥るが、尻に火が付いたチームはFWイブラヒモビッチやMFムヒタリャンら新戦力の活躍で再び連勝を飾り、辛くも2位でラウンド32へ駒を進めた。 ▽ドイツ勢では、DF内田篤人が所属するシャルケがFCクラスノダールやニースといった曲者揃いのグループIを首位で突破。国内リーグでは開幕から大苦戦を強いられたが、ELの舞台ではその不調が嘘のように圧巻のパフォーマンスで5連勝。内田の復帰戦となった最終戦こそ勝利を逃したものの、ELでの勢いをリーグ戦にも持ち込んだチームは、シーズン後半に向けて尻上がりに調子を上げている。 ▽近年、ELで存在感を放つイタリア勢では、ローマとフィオレンティーナが順当に首位通過を決めた一方、初参戦のサッスオーロに加え、優勝候補のインテルがいずれも最下位で敗退と明暗が分かれた。ローマは最後のELの舞台と噂されるFWトッティやFWゼコら主力に加え、控え中心のメンバー構成で臨むも、国内リーグでも猛威を振るう攻撃陣の活躍によって無敗で突破を決めた。一方、デ・ブール前監督の下で開幕から苦戦を強いられたインテルは、ピオリ新監督の下でも流れを好転させられず。格下のハポエル・ベエルシェバにダブルをかまされるなど、屈辱的な最下位で大会を後にした。 ▽例年、ELとの相性の良さを見せているスペイン勢では、3連覇中のセビージャの後釜を狙うビジャレアルとビルバオ、セルタの3チームが順当にラウンド32進出を決定。なお、ビルバオのエースFWアドゥリスが第4節のゲンク戦で1試合5ゴールの新記録を樹立している。 ▽4大リーグ以外のクラブでは、グループステージ唯一の全勝を飾ったシャフタールやゼニト、アヤックス、フェネルバフチェなどの名門クラブがいずれも首位通過を決めている。また、代表チームが近年好成績を収めているベルギー勢では、スタンダール・リエージュが敗退となったものの、ゲンク、ヘント、アンデルレヒトの3チームが突破を決めている。 <span style="font-weight:700;">◆日本人所属クラブは苦戦…内田と瀬戸が決勝Tへ</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161209_52_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽今回のグループステージでは、史上最多となる7人の日本人選手が参戦。その中でラウンド32進出を決めたのは、前述した内田のシャルケと、全試合に出場してクラブ史上初の快挙に貢献したMF瀬戸貴幸のアストラの2チームのみとなった。 ▽瀬戸と共にグループステージ全試合に出場したサウサンプトンのDF吉田麻也は、安定したパフォーマンスで自身の評価を高めたものの、最終節でハポエル・ベエルシェバに引き分けたことで、グループステージ敗退が決定。貴重なプレー機会を失った吉田は、リーグ戦でのポジション奪取を目指す。また、共に4試合に出場したインテルのDF長友佑都とヤング・ボーイズのFW久保裕也は、やや悔いが残るパフォーマンスとなった。長友はサウサンプトンでオウンゴールを献上するなど、チームの不振に引きずられた印象。久保に関しては決定機を逃がすなどノーゴールに終わり、4大リーグ移籍に向けて思うようなアピールはできなかった。 ▽マインツのFW武藤嘉紀は、ガバラ戦でEL初ゴールを記録したが、その後はケガの影響で欠場が続いた。また、ザルツブルクのMF南野拓実はポジション争いで苦戦を強いられ、4試合に出場したものの、先発は2試合にとどまった。 <span style="font-weight:700;">◆サプライズチームは?</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161209_53_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽比較的波乱が少なかった今回のグループステージの中でサプライズを起こしたのは、インテルにダブルをかましたイスラエルの無名クラブ、ハポエル・ベエルシェバ。傑出したタレントこそいないが、チーム一丸となった粘り強いプレーや要所で披露した攻撃の迫力は素晴らしかった。 ▽また、プレーオフでウェストハムを破り、オーストリア・ウィーンとビクトリア・プルゼニと東欧の名門2チームを相手に決勝トーナメント行きを決めたルーマニア王者のアストラも、サプライズを起こしたチームの1つだ。その他ではFWウェボやFWルセスクらリーガ経験者や逸材MFマヘルを擁し、ビジャレアルを抑えてグループLを首位通過したトルコのオスマンルシュポルの躍進も目立った。 <span style="font-weight:700;">◆注目はスパーズ&ボルシアMG</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161209_54_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽グループステージを突破した24チームと共にラウンド32を戦うことになるCL敗退組(グループ3位)の8チームでは、トッテナムとボルシアMG、ベシクタシュ、リヨンの4チームに注目だ。いずれも厳しいグループに入った影響でCL決勝トーナメント進出を逃すも、いずれもELで優勝を狙える実力者だ。とりわけ、ELでの経験も豊富なトッテナム、ウィンターブレークでの立て直しを図るボルシアMGの2チームには注目だ。 ▽その他のレギア・ワルシャワ、コペンハーゲン、ロストフ、ルドゴレツも個性を持った好チームだけに、ELグループステージ突破組にとっては難敵と言えるだろう。なお、注目のラウンド32の組み合わせ抽選会は12月12日に行われる予定だ。グループステージ順位表および、CLグループステージ敗退組の一覧は以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆グループステージ順位表◆</span> 【グループA】 [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.<span style="font-weight:700;">フェネルバフチェ</span>[13/4/1/1/2] 2.<span style="font-weight:700;">マンチェスター・ユナイテッド</span>[12/4/0/2/8] 3.フェイエノールト[7/2/1/3/-4] 4.ゾリャ[2/0/2/4/-6] 【グループB】 [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.<span style="font-weight:700;">アポエル</span>[12/4/0/2/2] 2.<span style="font-weight:700;">オリンピアコス</span>[8/2/2/2/1] 3.ヤング・ボーイズ[8/2/2/2/3] 4.アスタナ[5/1/2/3/-6] 【グループC】 [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.<span style="font-weight:700;">サンテチェンヌ</span>[12/3/3/0/3] 2.<span style="font-weight:700;">アンデルレヒト</span>[11/3/2/1/8] 3.マインツ[9/2/3/1/-2] 4.ガバラ[0/0/0/6/-9] 【グループD】 [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.<span style="font-weight:700;">ゼニト</span>[15/5/0/1/9] 2.<span style="font-weight:700;">AZ</span>[8/2/2/2/-4] 3.マッカビ・テルアビブ[7/2/1/3/-2] 4.ダンドーク[4/1/1/4/-3] 【グループE】 [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.<span style="font-weight:700;">ローマ</span>[12/3/3/0/9] 2.<span style="font-weight:700;">アストラ</span>[8/2/2/2/-3] 3.ビクトリア・プルゼニ[6/1/3/2/-3] 4.オーストリア・ウィーン[5/1/2/3/-3] 【グループF】 [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.<span style="font-weight:700;">ゲンク</span>[12/4/0/2/4] 2.<span style="font-weight:700;">ビルバオ</span>[10/3/1/2/-1] 3.ラピド・ウィーン[6/1/3/2/-1] 4.サッスオーロ[5/1/2/3/-2] 【グループG】 [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.<span style="font-weight:700;">アヤックス</span>[14/4/2/0/5] 2.<span style="font-weight:700;">セルタ</span>[9/2/3/1/3] 3.スタンダール・リエージュ[7/1/4/1/2] 4.パナシナイコス[1/0/1/5/-10] 【グループH】 [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.<span style="font-weight:700;">シャフタール</span>[18/6/0/0/16] 2.<span style="font-weight:700;">ヘント</span>[8/2/2/2/-4] 3.ブラガ[6/1/3/2/-2] 4.コンヤシュポル[1/0/1/5/-10] 【グループI】 [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.<span style="font-weight:700;">シャルケ</span>[15/5/0/1/6] 2.<span style="font-weight:700;">FCクラスノダール</span>[7/2/1/3/0] 3.ザルツブルク[7/2/1/3/0] 4.ニース[6/2/0/4/-6] 【グループJ】 [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.<span style="font-weight:700;">フィオレンティーナ</span>[13/4/1/1/9] 2.<span style="font-weight:700;">PAOK</span>[10/3/1/2/1] 3.カラバフ[7/2/1/3/-5] 4.リベレツ[4/1/1/4/-5] 【グループK】 [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.<span style="font-weight:700;">スパルタ・プラハ</span>[12/4/0/2/2] 2.<span style="font-weight:700;">ハポエル・ベエルシェバ</span>[8/2/2/2/0] 3.サウサンプトン[8/2/2/2/2] 4.インテル[6/2/0/4/-4] 【グループL】 [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.<span style="font-weight:700;">オスマンルシュポル</span>[10/3/1/2/3] 2.<span style="font-weight:700;">ビジャレアル</span>[9/2/3/1/1] 3.チューリッヒ[6/1/3/2/-2] 4.ステアウア・ブカレスト[6/1/3/2/-2] <span style="font-weight:700;">◆CLグループステージ敗退組(3位チーム)</span> ルドゴレツ(ブルガリア) ベシクタシュ(トルコ) ボルシアMG(ドイツ) ロストフ(ロシア) トッテナム(イングランド) レギア・ワルシャワ(ポーランド) コペンハーゲン(デンマーク) リヨン(フランス) 2016.12.10 07:45 Sat
twitterfacebook
thumb

一時は構想外のムヒタリャンの活躍にモウリーニョも称賛…ELで独走ゴールを披露

マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、ゾリャ戦で独走ドリブルからのゴールを決めたMFヘンリク・ムヒタリャンを称賛している。<br><br>マンチェスター・Uは8日、ヨーロッパリーグ・グループステージ最終節でゾリャと対戦。この試合で大きな先制点を挙げたのがムヒタリャンだ。48分にハーフライン付近で相手のボールをカットするとドリブルを開始。相手守備陣の中央を切り裂き、落ち着いてキーパーとの1対1を制した。試合はアディショナルタイムにもゴールを加えたマンチェスター・Uが2-0で勝利している。<br><br>ムヒタリャンは今夏に加入して以来、難しい時間を過ごしていた。9月に行なわれたマンチェスター・ダービーで低調なパフォーマンスに終始すると、モウリーニョ監督からの信頼を失い、出場機会を与えられなくなった。しかし、腐ることなくハードワークを続け、ここ数試合で目覚ましいパフォーマンスを披露。モウリーニョ監督も強いメンタリティとともに高いパフォーマンスを評価した。<br><br>「彼は強いメンタリティを持っていることを示してくれた。難しいピッチコンディションにも適応し、決定的な存在になった。彼は身体的にも戦術的にもハードワークを続けてきた。才能はすでに知っているし、だからこそ獲得したんだ。パフォーマンスはどんどん良くなっているし、プレミアリーグ、ヨーロッパリーグ、EFLカップで良いプレーを見せた。とても嬉しいことだね」<br><br>今夏に獲得した選手の中で早々と失敗の烙印を押されていたムヒタリャン。しかし、ここに来て獲得にかけた大金が無駄ではなかったことを証明しつつあるようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.12.09 19:38 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド移籍後初ゴールのムヒタリャン「次はオールド・トラフォードで決めたい」

▽マンチェスター・ユナイテッドは8日、ヨーロッパリーグのグループステージ最終節に臨み、ゾリャとのアウェイゲームを2-0で勝利した。アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリャンは、待望のユナイテッド加入後初ゴールを振り返った。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えている。 ▽引き分け以上で決勝トーナメント進出が確定するユナイテッドは、ゴールレスで試合を折り返すと、後半開始早々にムヒタリャンが先制ゴールを記録。その後、FWズラタン・イブラヒモビッチのゴールでリードを広げたユナイテッドがゾリャを退けてグループA2位で突破を決めた。 ▽この試合で、敵陣中央からの独走弾でユナイテッド加入後記念すべき初ゴールを記録したムヒタリャンは試合後、『BTスポーツ』のインタビューに対して、以下のようにコメント。「次はオールド・トラフォードで決めたい」とホームでの初ゴールにも意欲を示している。 「長い間、このゴールを待っていた。けれど、次はオールド・トラフォードでゴールを決めたい。オールド・トラフォードでのゴールはまた別の喜びだ。最善を尽くすよ」 「前半はラストパスを通せず、苦しんだね。けれど、後半はスペースをつくり出すことができていた」 「ウェイン(・ルーニー)がスペースをつくってくれたおかげで、僕はゴールを決めることができた。最も大事だった勝利を手にし、グループステージを突破することができたね」 2016.12.09 09:00 Fri
twitterfacebook
Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース