ユナイテッドが3回戦突破 後半ATのPKで3部チームを相手に辛勝《FAカップ》2016.01.10 04:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽マンチェスター・ユナイテッドは9日、FAカップ3回戦で本拠地オールド・トラフォードにリーグ1(イングランド3部相当)のシェフィールド・ユナイテッドを迎え、1-0で辛くも3回戦突破を果たした。

▽先のスウォンジー戦で公式戦9試合ぶりの白星を手にし、失意の12月から復調の兆しを見せつつあるユナイテッド。フィル・ジョーンズやアシュリー・ヤングら数名の負傷者を抱えるファン・ハール監督だが、ボースウィック=ジャクソン以外、ルーニー、マルシャル、スモーリング、デ・ヘアら現状のベストメンバーをスタートから起用した。

▽立ち上がりからホームの歓声を受けたユナイテッドは、マタ、エレーラを中心にボールを支配。チーム全体で囲い込むようにシェフィールド・ユナイテッドを攻め立てるが、なかなか相手のタイトな守備を攻略する糸口を見いだせず、時間だけが経過していく。

▽ほとんどチャンスらしいチャンスをつくりだせずいるユナイテッドは19分、敵陣中央の位置でボールを受けたルーニーが積極的にミドルレンジからシュートを放っていくが、これはクロスバーの上に外れてしまう。

▽さらに、終了間際には左サイドのCKフラッグ付近でFKのチャンスを獲得するが、マタのグラウンダーのパスからブリントが左足ダイレクトで狙ったシュートは枠外。結局、ユナイテッドはゴールレスでハーフタイムを迎えた。

▽後半から、フェライーニを一列前に上げるなど中盤の構成に手を加えたユナイテッドは、前半と同様にボールポゼッションで相手を圧倒。しかし、淡白なサイドからの攻撃は、シュートチャンスの演出には至らない。

▽すると、ユナイテッドのファン・ハール監督は60分、エレーラ、マタを下げ、ケガ明けのリンガード、デパイを投入。この交代により、マルシャル、ルーニーの2トップにシステムを変更し、攻撃の活性化を図る。

▽さらに、78分にフェライーニに代えてアンドレアス・ペレイラを投入したユナイテッドは後半アディショナルタイム2分、ドリブルでボックス左に抜け出したデパイが相手のタックルを受けてPKを獲得。これをルーニーが冷静に決め切り、ユナイテッドが土壇場でゴールマウスをこじ開けた。

▽結局、このルーニーのゴールが決勝弾となり、ユナイテッドが1-0でシェフィールド・ユナイテッドに勝利。格下を相手にチームとして課題とする決定力不足を露呈してしまったものの、3回戦突破という最低限の目標を達成することに成功した。

コメント

関連ニュース

thumb

ELラウンド16でロストフと対戦が決まったモウリーニョ監督「我々にとっては良くない組み合わせだ」

▽ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16の組み合わせ抽選会が24日に行われ、ジョゼ・モウリーニョ監督が率いるマンチェスター・ユナイテッドは、ロシアのロストフと対戦することになった。 ▽抽選後に会見に臨んだモウリーニョ監督は、長距離の移動や過密日程の点からロストフとの試合は厳しい戦いになるとの見解を示した。 「移動距離が長く、(アウェイでは)厳しい環境での試合となる。試合時期も我々にとって良い時期とは言えない。彼らは非常に難しい相手だ。チャンピオンズリーグでも良いプレーをしていた」 「彼らはプレーオフでアヤックスとアンデルレヒトに勝ってグループステージに勝ち進んだ。バイエルンやアトレティコ・マドリーと同組になったグループステージでは、バイエルンに勝利してPSVより順位が上の3位でグループステージを終えている」 「彼らの監督(イヴァン・ダニリアンツ)のことは知っている。私がインテルを率いていた時に彼はルビン・カザンの監督で、対戦経験がある。非常に強いチームだった。とても守りが堅く、フィジカルが強かった。我々にとっては良くない組み合わせだ。しかし、これ以上のことはサウサンプトン戦とボーンマス戦が終わってから考えることにするよ」 2017.02.25 06:00 Sat
twitterfacebook
thumb

カントナ「私がこれまで一緒にプレーした中で最高の選手は…」意外な元同僚の名を挙げる

かつてマンチェスター・ユナイテッドでプレーし、圧倒的なカリスマ性から&ldquo;キング&rdquo;と称された元フランス代表FWエリック・カントナ。同氏が「自身がこれまでにプレーした中で最高の選手は」というヨーロッパメディアの質問に答えている。<br><br>カントナは迷わず「ガリーだね。ガリー・マカリスターだ」と返答している。<br><br>1966年生まれ、現在50歳のカントナは母国フランスのオセールでトップデビュー後、複数のクラブへのレンタルを経験しながら、マルセイユ、ボルドー、モンペリエ、ニームなどを渡り歩き、92年にイングランドのリーズに加入。リーズで数カ月プレーした後に加わったマンチェスター・Uでは97年に現役引退するまで在籍した。<br><br>カントナが「一番」と評したマカリスターはリーズ時代の同僚。91-92シーズンに、プレミアリーグ前身のフットボールリーグ・ディビジョン1で、カントナはマカリスターとともに優勝を経験している。マカリスターはスコットランドが輩出した&ldquo;ファンタジスタ&rdquo;としても知られ、後にリヴァプールでもプレーした。<br><br>ロイ・キーン、ライアン・ギグス、ピーター・シュマイケルといった伝説的プレーヤーと一緒にプレーしたカントナだが、リーズ時代に数カ月ともにプレーした同僚マカリスターの印象が最も強いようだ。なお、イギリスメディアはこの話題について「カントナが最高と思う元同僚はユナイテッドの選手ではなかった」と驚きを持って伝えている。<br>提供:goal.com 2017.02.24 23:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ELラウンド16組み合わせ決定…優勝候補筆頭のユナイテッドはロストフと激突! 内田シャルケ、久保ヘントは共に同国対決に《EL》

▽24日、ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16の組み合わせ抽選会がスイスのニヨンで行われ、8つの対戦カードが決定した。 ▽ラウンド32でサンテチェンヌを下した今大会優勝候補筆頭のマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)は、ロストフ(ロシア)と激突。ビジャレアルとの強豪対決を制したローマ(イタリア)は、リヨン(フランス)と対戦する。 ▽その他、日本人所属クラブでは、PAOKを退けたDF内田篤人所属のシャルケ(ドイツ)がボルシアMG(ドイツ)、そしてトッテナムの壁を打ち破ったFW久保裕也所属のヘント(ベルギー)がヘンク(ベルギー)と同国対決となった。 ▽ラウンド16の1stレグは3月9日(木)、2ndレグは同月16日(木)に開催される。ラウンド16組み合わせは以下のとおり。 ◆ラウンド16※左側が1stレグをホーム セルタ(スペイン) × FCクラスノダール(ロシア) アポエル(キプロス) × アンデルレヒト(ベルギー) シャルケ(ドイツ) × ボルシアMG(ドイツ) リヨン(フランス) × ローマ(イタリア) ロストフ(ロシア)×マンチェスター・U(イングランド) オリンピアコス(ギリシャ) × ベシクタシュ(トルコ) ヘント(ベルギー) × ヘンク(ベルギー) コペンハーゲン(デンマーク) × アヤックス(オランダ) 2017.02.24 21:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ロナウジーニョ、ルーニーの中国行きに反対「ユナイテッドでの時間が終わったとしても…」

マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表FWウェイン・ルーニーは、残留することを明言したが、元ブラジル代表MFのロナウジーニョ氏はこのニュースを見て、安どしたかもしれない。『フォックス・ラテン・アメリカ』が伝えた。<br><br>ルーニーは今シーズン、ジョゼ・モウリーニョ監督の元で中心選手としての扱いは受けられていない。リーグ戦の先発は8にとどまるなど、今月中にも中国行きの可能性が伝えられていたが、ルーニー自身は「クラブの一員として残りたい」と語り、残留を宣言した。<br><br>ロナウジーニョ氏はルーニーがまだまだトップレベルにあるとし、たとえマンチェスター・Uでの時間が終わったとしても、欧州のトップクラブでプレーする資格があると話した。<br><br>「リスペクトしていないわけではないけど、まだルーニーが中国でプレーするところは見たくない。おそらく2、3年後に考えることになるかもしれないが、それは今じゃない。マンチェスター・ユナイテッドでの時間が終わったとしても、イングランドやイタリア、スペイン、ドイツ、フランスのトップクラブで重要な選手になれるだろう」<br><br>「過去10年間で、僕が最も尊敬している選手の一人だ。並外れた能力を持っているし、もう少しトップリーグで見ていたいね」<br><br>また、代表キャリアや現役引退などについても自身の見解を示している。<br><br>「代表キャリアのほうを考えないとね。クラブでプレーしていなくとも、イングランド代表にとって彼は重要な選手だし、代表監督は選ぶのがどんどん難しくなるだろう」<br><br>「本来のタイミングより、早く引退を決断する選手たちがいる。ただキャリアは短いし、引退に関して後悔はしてほしくないね」<br><br>提供:goal.com 2017.02.24 16:00 Fri
twitterfacebook
thumb

マタ、モウリーニョとの確執のうわさを完全否定「人間的な面で問題は何もない」

マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表MFのフアン・マタが、ジョゼ・モウリーニョ監督との確執を完全否定した。『BBC』の番組に出演した際に語っている。<br><br>マタとモウリーニョはチェルシーで仕事をともにしていた。しかし、モウリーニョの就任後にマタの出場機会が激減し、2014年1月にユナイテッドへ移籍する運びとなった。<br><br>しかし、運命はいたずらを好むもので、昨夏に再びマタはモウリーニョと顔を合わせることになった。そして再びマタの出場機会が減るのではないかという憶測は絶えなかった。<br><br><br><br>だが、モウリーニョはマタを主力の一人として起用。プレミアリーグでは20試合に出場し、6ゴールを挙げる活躍を見せている。<br><br>マタは「時々、人生やフットボールでは変化を求められることがある。ジョゼが来たとき、僕はあまりたくさんプレーしていなかった。その時、僕には素晴らしいクラブへ行くチャンスがあり、チェルシーにとってもいいオファーだった」と移籍を決断した経緯を振り返った。<br><br><br><br>さらにモウリーニョとの間に問題があったのではないかといううわさについて「ノー、ノー! (移籍が決まったのは)フットボール的な理由だ。スタイルとか、そういったたぐいのね。僕らの間に人間的な面で問題は何もない。今は一緒に仕事をしている。問題ないよ」と、確執を完全に否定した。<br><br>提供:goal.com 2017.02.24 15:45 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース