ユナイテッドが3回戦突破 後半ATのPKで3部チームを相手に辛勝《FAカップ》2016.01.10 04:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽マンチェスター・ユナイテッドは9日、FAカップ3回戦で本拠地オールド・トラフォードにリーグ1(イングランド3部相当)のシェフィールド・ユナイテッドを迎え、1-0で辛くも3回戦突破を果たした。

▽先のスウォンジー戦で公式戦9試合ぶりの白星を手にし、失意の12月から復調の兆しを見せつつあるユナイテッド。フィル・ジョーンズやアシュリー・ヤングら数名の負傷者を抱えるファン・ハール監督だが、ボースウィック=ジャクソン以外、ルーニー、マルシャル、スモーリング、デ・ヘアら現状のベストメンバーをスタートから起用した。

▽立ち上がりからホームの歓声を受けたユナイテッドは、マタ、エレーラを中心にボールを支配。チーム全体で囲い込むようにシェフィールド・ユナイテッドを攻め立てるが、なかなか相手のタイトな守備を攻略する糸口を見いだせず、時間だけが経過していく。

▽ほとんどチャンスらしいチャンスをつくりだせずいるユナイテッドは19分、敵陣中央の位置でボールを受けたルーニーが積極的にミドルレンジからシュートを放っていくが、これはクロスバーの上に外れてしまう。

▽さらに、終了間際には左サイドのCKフラッグ付近でFKのチャンスを獲得するが、マタのグラウンダーのパスからブリントが左足ダイレクトで狙ったシュートは枠外。結局、ユナイテッドはゴールレスでハーフタイムを迎えた。

▽後半から、フェライーニを一列前に上げるなど中盤の構成に手を加えたユナイテッドは、前半と同様にボールポゼッションで相手を圧倒。しかし、淡白なサイドからの攻撃は、シュートチャンスの演出には至らない。

▽すると、ユナイテッドのファン・ハール監督は60分、エレーラ、マタを下げ、ケガ明けのリンガード、デパイを投入。この交代により、マルシャル、ルーニーの2トップにシステムを変更し、攻撃の活性化を図る。

▽さらに、78分にフェライーニに代えてアンドレアス・ペレイラを投入したユナイテッドは後半アディショナルタイム2分、ドリブルでボックス左に抜け出したデパイが相手のタックルを受けてPKを獲得。これをルーニーが冷静に決め切り、ユナイテッドが土壇場でゴールマウスをこじ開けた。

▽結局、このルーニーのゴールが決勝弾となり、ユナイテッドが1-0でシェフィールド・ユナイテッドに勝利。格下を相手にチームとして課題とする決定力不足を露呈してしまったものの、3回戦突破という最低限の目標を達成することに成功した。

コメント

関連ニュース

thumb

【FIFA18体験記】赤い悪魔・ユナイテッドが圧巻の強さを見せるシティを迎える“マンチェスター・ダービー"

▽圧巻のグラフィックとリアルさを追求し、バーチャルとリアルの境界線を曖昧にするほどの表現を追求した『FIFA 18』。超ワールドサッカー編集部体験記の第3回は10日に行われるプレミアリーグの一戦。マンチェスター・ユナイテッドvsマンチェスター・シティの“マンチェスター・ダービー"に挑戦します。 <span style="font-weight:700;">◆今シーズンの覇権争いを左右するダービー</span> ▽ジョゼ・モウリーニョ監督に率いられ、2シーズン目を迎えるユナイテッドと、圧倒的な強さを誇りリーグ首位を独走するシティの一戦。 ▽今シーズン最初の“マンチェスター・ダービー"は、ユナイテッドのホームであるオールド・トラッフォードで行われます。 ▽2位のユナイテッドと首位のシティ。両チームの勝ち点差は15節を終えた時点で「8」となっており、結果次第ではシーズンの行方が左右されるでしょう。 <span style="font-weight:700;">◆ユナイテッドが牙をむく!</span> ▽ホームのユナイテッドを操作してまずはプレー。すでに、シティvsサウサンプトンをプレーしたことで、シティの強さは十分知り尽くしているつもりです。 ▽試合はユナイテッドが優勢に進めます。まずは17分、ヘンリク・ムヒタリャンのパスを受けたロメル・ルカクがボックス手前中央からシュート。これが決まり、ユナイテッドが先制します。 ▽さらに前半終了間際の42分には、フアン・マタがセンターサークル付近でボールを持つと、ロングスルーパス。これに反応したルカクが最終ラインの裏をとると、そのまま冷静に流し込み、ユナイテッドが2点リードで前半を終えます。 ▽圧倒的な強さを誇るシティに対し、リードしているユナイテッドは、76分にも追加点。アンソニー・マルシャルからのパスを受けたルカクがそのままダイレクトで叩くと、マルシャルが落ち着いて沈めて勝負あり。ユナイテッドが3-0でシティを下しました。ユナイテッド強し。 <span style="font-weight:700;">◆シティもやっぱり強かった…</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/ea20171210_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽ということで、例のごとくシティを使ってもプレー。するとやっぱり強いんですよ。シティは。 ▽まずは13分、右サイドを仕掛けたガブリエウ・ジェズスがグラウンダーのクロス。これを、セルヒオ・アグエロがシュート。GKダビド・デ・ヘアがセーブするも、アグエロが自ら詰めてシティが先制します。 ▽しかし35分、ユナイテッドが追いつきます。右サイドからのアシュリー・ヤングのクロスをマーカス・ラッシュフォードがファーで合わせて同点となります。 ▽それでもシティは強かった。前半終了間際の45分、CKからジョン・ストーンズがヘッドで折り返すと、最後はダビド・シルバが蹴り込み、シティが勝ち越しに成功。後半はこう着状態が続いたものの、93分にスルーパスに抜け出したリロイ・ザネが決めて勝負あり。3-1でシティが勝利しました。 <span style="font-weight:700;">◆ハイレベルな戦い</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/ea20171210_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽今回マンチェスターの両クラブを使用しましたが、どちらも選手個々のレベルの高さを感じました。ルカクはスピードだけでなくパワーと精度があり、シティのザネはテクニックとスピードに。どちらもチームも操作することで3得点を奪えたことを考えると、チームのレベルが高いことが分かります。ちなみに、サウサンプトンでの悔しさをユナイテッドで果たすことに成功しました! にしても、実際と同じでシティは強すぎるぞ…そんなところで、また次回です。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://goo.gl/pxonVw" target="_blank">『FIFA 18』をプレーしよう!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;">★僕の「Alex Hunter」</span> ▽よもやのチェルシー退団、ロサンゼルス・ギャラクシー入りとなった「Alex Hunter」。しかし、世界中が注目する若き才能はMLSで爆発した。デビュー戦は途中出場ながら1ゴール1アシスト、2戦目には先発すると2ゴール3アシストと爆発。3戦目にしてハットトリックを達成するなど、アメリカでのキャリアは順風満帆なスタートとなった。 レーティング:78(2↑) 市場価格:$16,119,999(37%↑) 性格:情熱的 MLS:7試合14ゴール11アシスト プレミアリーグ:3試合出場4ゴール3アシスト <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://goo.gl/6oqwwj" target="_blank">『FIFA 18』で<br />「The Journey」をプレーしよう!</a><hr></div> 2017.12.12 17:30 Tue
twitterfacebook
thumb

高過ぎる…スパーズ&ユナイテッド、121億円のベイル争奪戦に出馬か

▽レアル・マドリーのウェールズ代表MFガレス・ベイル(28)を巡り、イングランドの2クラブが争奪戦の出馬を果たしたようだ。イギリス『デイリー・スター』がスペイン『Diario Gol』の情報をもとに報じた。 ▽2013年夏のレアル・マドリー加入以来、故障癖がとどまるところを知らないベイル。復調を長い目で見守ってきたレアル・マドリーも、我慢の限界に達して売却に前向きだという。 ▽そのベイルに対して、チェルシーが関心を示しているようだが、トッテナムとマンチェスター・ユナイテッドが既に本格参戦の意向を固めているとみられている。 ▽だが、ベイル獲得金の回収を目論むレアル・マドリーは、売却額を8000万ポンド(約121億円)に設定。トッテナムとユナイテッド共にその要求額に難色を示しているとのことだ。 2017.12.12 17:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ファン・ハール「モウリーニョのサッカーは退屈」ユナイテッドは“後退した”と主張

プレミアリーグ第16節、マンチェスター・ユナイテッドvsマンチェスター・シティのダービーマッチは、アウェーのマンチェスター・Cが勝利を収めた。<br><br>リーグ2位と1位の天王山はシティが勝利し、この結果勝ち点差は11にまで広がる結果に。<br><br>この状況について、かつてユナイテッドを率いたルイス・ファン・ハール氏がオランダの『FOXスポーツ』で、ジョゼ・モウリーニョが率いる現ユナイテッドについて&ldquo;退屈なサッカーをしている&rdquo;との見解を示した。<br><br>「私はユナイテッドよりもシティのサッカーのほうが魅力的だと思うし、実際にファンとしてサッカーを見るとしたら、迷わずシティを選ぶね。ユナイテッドよりもシティが素晴らしいサッカーをしていることは明らかだ」<br><br>「ジョゼ(モウリーニョ)は守備的なサッカーを展開している。ある程度結果を残しているように見えるから、それほど批判の声は高まっていないかもしれないが、シティに比べたらはるかに退屈なものだ」<br><br>また、ファン・ハールは「私が率いていたころのユナイテッドのほうがまだ魅力的だったと思う。現在のユナイテッドは&ldquo;後退&rdquo;したと言えるね」と続け、自身が率いていたチームのほうが優れていたとほのめかしている。<br><br>モウリーニョはかつて、ファン・ハールのバルセロナ監督時代にアシスタントコーチを務めた経験があり、言わば&ldquo;師弟関係&rdquo;でもある。ファン・ハールにとっては、その後監督として数多くの名声を手にしたモウリーニョに対して、複雑な心境を抱いているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.12 13:05 Tue
twitterfacebook
thumb

【プレミア第17節プレビュー】シティ、新記録更新の15連勝なるか

▽前節では首位のマンチェスター・シティが2位のマンチェスター・ユナイテッドとのダービーをアウェイで勝利し、プレミアリーグ記録の14連勝を達成。スパーズがストーク・シティに勝利してリーグ5戦ぶりの白星を挙げた一方、チェルシーはワトフォードに0-1で敗れた。また、アーセナルとリバプールもそれぞれ引き分け、勝ち点を落としている。迎える今節は、ミッドウィークにプレミアが開催される。 ▽ダービーを制してユナイテッドとの差を11ポイントまで広げたシティ(勝ち点46)は、ウェールズに赴いて19位のスウォンジー(勝ち点12)と対戦する。オールド・トラフォードでライバルを打ち負かしたチームは、リーグ戦5試合連続で1点差勝利と、勝負強さも発揮。チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦の抽選会でも組みしやすいバーゼルを引き当てるなど、運も味方につけている。引き続きストーンズが離脱中だが、ユナイテッド戦でも得点を取ったオタメンディが好調。マンガラのコンディションも上げつつフェルナンジーニョをセンターバック起用するなどペップ采配も冴えている。スウォンジーは前節、WBAを1-0で下してリーグ戦連敗を6試合でストップしたが、シティ優位は揺るがない。 ▽ユナイテッド(勝ち点35)は、ホームでのボーンマス戦で白星を取り戻しにかかる。アーセナル戦で一発退場となったポグバが引き続き欠場する中で、疲労蓄積が顕著なルカクやマティッチも休ませる必要性が出ており、モウリーニョ監督のマネジメント力が問われている。14位のボーンマス(勝ち点16)はここ4戦未勝利と調子を落としているだけに、ここは勝ち点3必須の一戦だ。 ▽3位のチェルシー(勝ち点32)は前節、ウェストハムとのロンドン・ダービーを0-1で落とした。さらに、この試合で負傷したモラタが再離脱することに。リーグ戦15試合9得点のエースの離脱は、コンテ監督の頭を悩ますことになる上、チーム全体としての選手層の薄さがここから年末の過密日程に向けて不安なところ。12位のハダースフィールド(勝ち点18)は現在4連敗中と不調だが、今季はホームでユナイテッドを下し、シティ相手にも善戦している。侮れない相手になりそうだ。 ▽4位のリバプール(勝ち点30)は前節、エバートンとのマージーサイド・ダービーを終盤の失点により1-1で引き分けた。とはいえ、公式戦10試合負けなしで、引き続きサラーを中心した前線が好調で、チームパフォーマンスも上々。リーグ14試合未勝利で17位のWBA(勝ち点13)相手には確実に勝利が求められる。 ▽5位のアーセナル(勝ち点29)は、チェルシー撃破で波に乗りたいモイーズ・ウェストハム(18位=勝ち点13)とのアウェイ戦。サウサンプトン(11位=勝ち点11)vsレスター・シティ(8位=勝ち点23)では吉田vs岡崎の日本人対決実現に期待したい。そのほか、前節にブライトンを5-1と圧倒した6位のスパーズ(勝ち点28)は、13位のブライトン(勝ち点17)を引き続きウェンブリーに迎えるが、次節のシティ戦を前に勢いを持続できるか。 ◆プレミアリーグ第17節 ▽12/12(火) 《28:45》 バーンリー vs ストーク・シティ 《29:00》 ハダースフィールド vs チェルシー クリスタル・パレス vs ワトフォード ▽12/13(水) 《28:45》 スウォンジー・シティ vs マンチェスター・シティ ニューカッスル vs エバートン サウサンプトン vs レスター・シティ 《29:00》 ウェストハム vs アーセナル マンチェスター・ユナイテッド vs ボーンマス リバプール vs WBA トッテナム vs ブライトン 2017.12.12 13:00 Tue
twitterfacebook
thumb

クロース、究極の選択に答える…ジェラード、ランパード、スコールズで誰が一番?

▽レアル・マドリーに所属するドイツ代表MFトニ・クロースが、イングランドのレジェンド3選手を比較した。 ▽11日に自身のツイッターで『Q&A』に応じたクロース。あるアカウントから「ジェラード、ランパード、スコールズというトップに立ったミッドフィルダーで誰が一番ですか」と問われた。 ▽3選手とも言わずと知れたプレミアリーグのレジェンド。スティーブン・ジェラードは17シーズンにわたってリバプールでプレーし、類まれなキャプテンシーや強烈なミドルシュートを装備し、守備力も高かった。フランク・ランパードはチェルシーのレジェンドで、セントラルMFながらプレミアリーグ歴代最多得点記録で4位(クラブでは最多)の記録を保持。ロングパスを駆使した展開力が持ち味だったポール・スコールズはマンチェスター・ユナイテッド一筋のキャリアで公式戦700試合以上に出場した。 ▽クロースはこの質問に対して、以下のように答えた。 「ポール・スコールズだ」 ▽クロースが選んだのはスコールズ。同選手は特に名選手からの評価が高く、ジネディーヌ・ジダン現レアル・マドリー指揮官やバルセロナのレジェンドであるMFシャビ・エルナンデスらも過去に絶賛していた。 2017.12.12 10:58 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース