ユナイテッドが3回戦突破 後半ATのPKで3部チームを相手に辛勝《FAカップ》2016.01.10 04:30 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽マンチェスター・ユナイテッドは9日、FAカップ3回戦で本拠地オールド・トラフォードにリーグ1(イングランド3部相当)のシェフィールド・ユナイテッドを迎え、1-0で辛くも3回戦突破を果たした。

▽先のスウォンジー戦で公式戦9試合ぶりの白星を手にし、失意の12月から復調の兆しを見せつつあるユナイテッド。フィル・ジョーンズやアシュリー・ヤングら数名の負傷者を抱えるファン・ハール監督だが、ボースウィック=ジャクソン以外、ルーニー、マルシャル、スモーリング、デ・ヘアら現状のベストメンバーをスタートから起用した。

▽立ち上がりからホームの歓声を受けたユナイテッドは、マタ、エレーラを中心にボールを支配。チーム全体で囲い込むようにシェフィールド・ユナイテッドを攻め立てるが、なかなか相手のタイトな守備を攻略する糸口を見いだせず、時間だけが経過していく。

▽ほとんどチャンスらしいチャンスをつくりだせずいるユナイテッドは19分、敵陣中央の位置でボールを受けたルーニーが積極的にミドルレンジからシュートを放っていくが、これはクロスバーの上に外れてしまう。

▽さらに、終了間際には左サイドのCKフラッグ付近でFKのチャンスを獲得するが、マタのグラウンダーのパスからブリントが左足ダイレクトで狙ったシュートは枠外。結局、ユナイテッドはゴールレスでハーフタイムを迎えた。

▽後半から、フェライーニを一列前に上げるなど中盤の構成に手を加えたユナイテッドは、前半と同様にボールポゼッションで相手を圧倒。しかし、淡白なサイドからの攻撃は、シュートチャンスの演出には至らない。

▽すると、ユナイテッドのファン・ハール監督は60分、エレーラ、マタを下げ、ケガ明けのリンガード、デパイを投入。この交代により、マルシャル、ルーニーの2トップにシステムを変更し、攻撃の活性化を図る。

▽さらに、78分にフェライーニに代えてアンドレアス・ペレイラを投入したユナイテッドは後半アディショナルタイム2分、ドリブルでボックス左に抜け出したデパイが相手のタックルを受けてPKを獲得。これをルーニーが冷静に決め切り、ユナイテッドが土壇場でゴールマウスをこじ開けた。

▽結局、このルーニーのゴールが決勝弾となり、ユナイテッドが1-0でシェフィールド・ユナイテッドに勝利。格下を相手にチームとして課題とする決定力不足を露呈してしまったものの、3回戦突破という最低限の目標を達成することに成功した。

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッド移籍は? イブラヒモビッチが口を開く 「勝利を望むのなら...」

スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチはマンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ氏招へいを支持している。一方で、自身の去就については明言を避けた。<br><br>今季限りでパリ・サンジェルマン(PSG)を退団したイブラヒモビッチ。モウリーニョ氏の就任迫るユナイテッドは、同氏がインテル時代に指導したスウェーデン代表のストライカーを狙っているとみられる。<br><br>イブラヒモビッチはユナイテッドのモウリーニョ氏招へいの動きを称えている。だが、プレミアリーグ移籍の可能性については多くを語らなかった。<br><br>「素晴らしい契約になるだろう。アクションを望むのであれば、モウリーニョを連れてくればいい。そして、勝利を望む場合においても、彼を連れてくるのがいい」<br><br>「僕の将来はすでに記されている。もう決断はしているよ。その決断はずいぶん前に下したものだ」<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.26 22:58 Thu
twitterfacebook
thumb

シュバインシュタイガー、モウ対ペップのダービー実現に「街が特別なことになる」

マンチェスター・ユナイテッドMFバスティアン・シュバインシュタイガーは、先日解任が発表されたルイス・ファン・ハール監督に感謝の言葉を送っている。一方、ユナイテッドが新監督に迎えると見られるジョゼ・モウリーニョ氏については楽しみにしている様子をうかがわせた。<br><br>シュバインシュタイガーは昨年の夏にバイエルンからユナイテッドに移籍。だが、シーズン後半戦は負傷に悩まされ、プレミアリーグ初シーズンではリーグ戦18試合の出場にとどまった。<br><br>そして、シュバインシュタイガーがプレーせずにシーズンを終えると同時に、ファン・ハール体制も幕を閉じた。シュバインシュタイガーは25日に開かれたドイツ代表の会見で、バイエルン時代から知る恩師との関係について次のように語っている。<br><br>「ルイス・ファン・ハールとはすごく特別な関係だった。バイエルンで僕を中盤で起用し始めたのは彼だったんだ。彼には感謝することが多い。ユナイテッドへの移籍が実現したのも彼のおかげだからね」<br><br>「彼に対して、ネガティブな言葉を口にすることはない。むしろその逆だよ。意見が一致しなくても僕たちの関係は常に良好だった。監督として、人として、すごく尊敬しているんだ」<br><br>一方で、就任が秒読み段階となっているジョゼ・モウリーニョ氏についてはこのように話している。<br><br>「今のところは誰が監督を務めることになるのか知らないよ(笑)。マンチェスターはサッカーに情熱的な街だ。興味深い地元ダービーになりそうだね。選手だったら、誰もがジョゼ・モウリーニョの指導を受けたいと思うものだ。マンチェスターが、かなり特別なことになるだろうね」<br><br>昨夏ジョゼップ・グアルディオラ監督の下を去ったシュバインシュタイガー。新シーズンはそのグアルディオラ監督が指揮を執るマンチェスター・シティとのダービーが待っている。永遠のライバルとして知られるモウリーニョ氏がユナイテッドを率いることになるのだから、シュバインシュタイガーにとってもなおさら特別な対戦となるに違いないだろう。<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.26 20:32 Thu
twitterfacebook
thumb

モウリーニョに期待するスコールズ氏 「面白いサッカーを」

元マンチェスター・ユナイテッドのポール・スコールズ氏は、ジョゼ・モウリーニョ氏が古巣の指揮官に就任することへ期待しているようだ。<br><br>ルイス・ファン・ハール前監督を解任したユナイテッドは、27日にもモウリーニョ氏と新監督の契約を結ぼうとしていると言われる。<br><br>スコールズ氏はイギリス『BBC』で、モウリーニョ氏について次のように述べた。<br><br>「ユナイテッドのファンは面白いサッカーを求める。私は、モウリーニョが来て、それをしようとするはずだと確信しているよ」<br><br>以前からファン・ハール氏のサッカーを批判してきたスコールズ氏は、前監督が「クラブの精神」を理解していなかったのではないかとし、一方でモウリーニョ氏には期待寄せた。<br><br>「モウリーニョはそれを近くで見ていたはずだ。彼はトップクラスの監督であり、すでに実績もある。(ユナイテッドで)再びそれをやってくれると願っているよ」<br><br>また、スコールズ氏はかつてのチームメートであるライアン・ギグス氏が、モウリーニョ氏のアシスタントコーチとして残ることを願った。<br><br>「継続が大事だと思う。私は、彼がまだクラブに残ることを、トップチームで仕事を続けることを願っているよ。彼はクラブを隅々まで知っている。もう30年近くいるからね」<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.26 12:55 Thu
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ・ユナイテッド、初補強はローマのマノラス? 約50億円投入とも

ジョゼ・モウリーニョ氏がマンチェスター・ユナイテッド再建の第1歩として狙うのは、ローマDFコスタス・マノラスかもしれない。イタリア『スカイ・スポーツ』などが報じている。<br><br>ルイス・ファン・ハール氏を解任したユナイテッドは、まもなくモウリーニョ氏の監督就任が決まると言われている。当然、同氏は来季に向けて補強に動いているだろう。<br><br>『スカイ』や『gianlucadimarzio.com』によると、その新生ユナイテッドの最初の補強が、ギリシャ代表のマノラスになるという。ローマは4000万ユーロ(約49億2000万円)を求めているようだが、報道ではユナイテッドがこの金額を投じるとされている。<br><br>ローマはマノラスを古巣オリンピアコスから獲得した際、2016年9月1日以前に選手を売却する場合、移籍金の50%を支払う条件に応じたとされている。だが『gianlucadimarzio.com』は、ユナイテッドにはレンタル移籍にし、オリンピアコスに別条件を提示して納得させる方針だと報じた。<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.26 11:35 Thu
twitterfacebook
thumb

モウ・ユナイテッド、補強の一番手はウィリアンか?

▽ジョゼ・モウリーニョ氏の監督就任が迫っていると言われているマンチェスター・ユナイテッドが、チェルシーのブラジル代表MFウィリアン(27)に触手を伸ばしているようだ。イギリス『ザ・サン』が報じている。 ▽ユナイテッドは24日、ルイス・ファン・ハール監督の解任を発表。後任については、モウリーニョ氏の招へいが有力だと報じられており、遅くとも27日までに正式発表される見通しだと噂されている。 ▽『ザ・サン』によると、モウリーニョ氏の下で再スタートを切るユナイテッドは、補強の一番手として、同氏の愛弟子であるウィリアンの獲得に動くようだ。ウィリアンは、モウリーニョ氏がチェルシーの指揮官に復帰した2013-14シーズンにアンジ・マハチカラから加入。その後はチェルシーの主力として活躍し、2014-15シーズンにはプレミアリーグ制覇に大きく貢献し、ここまでの3シーズンで公式戦137試合19ゴールを奪っている。 ▽また、同メディアは現在ロサンゼルスに滞在中のウィリアンのコメントを掲載。自身の去就については口を閉ざすも、モウリーニョ氏への称賛を語った。 「ジョゼは世界で最も成功した指揮官の1人だ。ユナイテッドの監督就任は素晴らしいことだね。彼は偉大な指揮官であり、僕は今でも良い関係を築いている。彼とプレミアリーグを制覇できたのはキャリアの中でも最高の思い出だ」 「再び彼と仕事をするようになるかはわからない。今の僕はコパ・アメリカだけに集中している。本来ならば、コパ・アメリカに向けたインタビュー以外には応えたくないね」 2016.05.26 10:20 Thu
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース