超ワールドサッカー

奮闘ラツィオに敗戦のフィオレンティーナ、インテルにプレッシャーをかけられず《セリエA》2016.01.10 04:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽フィオレンティーナは9日、セリエA第19節でラツィオをアルテミオ・フランキに迎え、1-3で敗れた。

▽イリチッチのドッピエッタとブワシュチコフスキの復活ゴールで前節パレルモ戦を勝利した3位フィオレンティーナ(勝ち点38)が、9位ラツィオ(勝ち点24)をホームに迎えた一戦。好調イリチッチをベンチスタートとし、M・フェルナンデスをカリニッチの後方に据える[3-4-2-1]の布陣で臨んだフィオレンティーナは開始4分、M・フェルナンデスの際どい直接FKでゴールに迫った。

▽そのフィオレンティーナがポゼッションを高める流れで試合は推移していったが、ラツィオの激しい寄せの前になかなかシュートに持ち込めない状況を強いられた。すると、28分にはケイタにボックス左へ抜け出されてシュートを許すピンチを迎える。ここはGKタタルサヌがセーブしたが、32分にもピンチ。CKからミリンコビッチ=サビッチのヘディングシュートが枠を捉えたが、ゴールライン上のアストーリがクリアして失点を逃れた。

▽しかし追加タイム1分、ついに失点する。ジョルジェビッチの落としを受けたケイタにドリブルでボックス中央に侵入され、ゴール左へシュートを流し込まれた。

▽後半もタイトな守備からカウンターに転じるラツィオの前にペースを掴みきれないフィオレンティーナは、59分にバデリの負傷を受けてイリチッチを投入。攻勢を強めると、63分にはM・フェルナンデスが際どいミドルシュートを放った。

▽さらに70分にイリチッチが直接FKでゴールに迫ったフィオレンティーナは、74分にロッシを投入するとその直後、ロッシの強烈なミドルシュートが枠を捉えたが、GKベリシャの好守に阻まれる。88分にもロッシが枠内シュートを浴びせたが、再度GKベリシャのセーブに阻まれてしまう。そして、追加タイム2分にミリンコビッチ=サビッチのゴールを許したフィオレンティーナは直後にロンカーリアのミドルシュートで1点を返すも、F・アンデルソンのゴールも許して1-3でタイムアップ。明日試合を行う首位インテルにプレッシャーをかけることはできなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

イカルディのトリプレッタも5発のヴィオラが辛くも逃げ切る…長友は73分までプレー《セリエA》

▽セリエA第33節フィオレンティーナvsインテルが22日にアルテミオ・フランキで行われ、5-4でフィオレンティーナが勝利した。インテルのDF長友佑都は73分までプレーしている。 ▽前節ミランとのダービーマッチをラストプレー弾で2-2の引き分けに持ち込まれた7位インテル(勝ち点56)は、4戦勝利から見放され、ヨーロッパリーグ出場圏内の6位ミランを2ポイント差で追う。そのインテルはミラン戦と同様のスタメンを送り出し、長友が2試合連続先発となった。 ▽前節エンポリ戦で7試合ぶりの敗戦を喫し、一発退場となったカリニッチが出場停止となった8位フィオレンティーナ(勝ち点52)に対し、インテルが押し込む立ち上がりとなった。しかし、それを凌いだフィオレンティーナが徐々にポゼッションを高めると、23分に先制する。遅攻から左サイドのミリッチのグラウンダークロスをゴール前に走り込んだヴェシーノが押し込んだ。 ▽それでもインテルはワンチャンスを生かして試合を振り出しに戻す。29分、ペリシッチのスルーパスを受けたカンドレーバがボックス右へ侵入。DFをかわしてグラウンダーのクロスを入れ、ゴール前に詰めていたペリシッチが押し込んだ。 ▽その後もポゼッションを譲ったインテルだったが、34分に逆転する。ジョアン・マリオのスルーパスを受けたイカルディがC・サンチェスの寄せをものともせずボックス中央へ侵入。冷静にGKとの一対一を制した。キャプテンのキャリアハイとなる24ゴール目で逆転したインテルが前半を1点リードして終えた。 ▽迎えた後半、一進一退の攻防で立ち上がった中、51分にフィオレンティーナがPKを獲得する。ルーズボールをボックス左で拾ったババカルがダンブロージオに引っ張られて倒された。しかし、このPKをベルナルデスキが意表を突いたチップキックで狙うも、GKハンダノビッチに完璧に読まれて止められ、同点とすることはできない。 ▽それでも62分、ボルハ・バレロの左CKからアストーリがヘディングで流し込み、フィオレンティーナが試合を振り出しに戻した。さらに2分後、中央突破から勝ち越しゴールを奪いきる。ボルハ・バレロのヒールパスを受けたヴェシーノがドリブルで中央を持ち上がり、ボックス手前右からシュート。グラウンダーのシュートがゴール左に決まった。 ▽攻め手を緩めないフィオレンティーナは70分、4点目を奪う。ボックス左までドリブルで持ち上がったババカルがゴール右隅へコントロールシュートを流し込んだ。 ▽8分間で立て続けに3失点を喫したインテルは守備に専念していた長友に代えてエデルを投入。しかし、79分に致命的な5失点目を喰らった。イリチッチのスルーパスに抜け出した右サイドのサルセドの折り返しをババカルに押し込まれた。 ▽結局、イカルディが終盤に2点を追加してトリプレッタとしたものの、4-5で敗戦となったインテルは5戦勝利から見離され、EL出場権獲得が絶望的な状況となってきている。 2017.04.23 05:54 Sun
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナファンがリスボンで死去…“リスボン・ダービー”直前のサポーターの衝突が原因か?

▽フィオレンティーナのファンが遠く離れたポルトガルのリスボンで命を落としたようだ。サポーター同士の衝突が原因と見られている。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽22日に行われる、スポルティング・リスボンvsベンフィカの“リスボン・ダービー”のため、ポルトガルを訪れていた41歳のフィオレンティーナファンが、21日の深夜に命を落としていた。警察が原因を調査している。 ▽この死を受け、スポルティング・リスボンがクラブを通じて声明を発表。ファンの死を悲しむとともに、事件にはクラブが関与していないと表明した。 「スポルティングは、昨夜の悲劇的な出来事に関し、とても残念に思うとともに、関与を否定します。」 「家族に対し、スポルティングは最も深い哀悼の意を表します」 ▽命を落としたフィオレンティーナファンは、長年スポルティングも応援しており、ダービーを観戦するためにリスボンを訪れていたとのこと。複数メディアによると、スタジアム付近でスポルティング・リスボンのファンとベンフィカのファンが衝突。そこから逃げ出す際に、車に轢かれてしまったとのことだ。 2017.04.22 21:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【セリエA第33節プレビュー】EL目指すヴィオラvsインテル開催

▽前節行われたミラノ・ダービーはサパタのラストプレー弾でミランが引き分けに持ち込み、ヨーロッパリーグ出場圏内の6位を死守した。優勝争いでは首位ユベントスが勝利した一方、2位ローマが引き分けたことで8ポイント差に広がっている。そして3位ナポリが勝利したため、チャンピオンズリーグ(CL)ストレートインのできる2位ローマとのポイント差が2に縮まった。迎える第33節はEL出場を狙うフィオレンティーナvsインテルが行われる。 ▽前節ミランとのダービーマッチを指定された追加タイムを1分半過ぎたラストプレー弾で2-2の引き分けに持ち込まれた7位インテル(勝ち点56)は、8位フィオレンティーナ(勝ち点52)とのアウェイ戦に臨む。審判のジャッジに泣かされる形となって4戦勝利から見放されているインテルは、6位ミランを2ポイント差で追う中、前節エンポリ戦で7試合ぶりの敗戦を喫し、一発退場となったカリニッチが出場停止となるフィオレンティーナを相手に5試合ぶりの勝利を目指す。ダービーでリーグ戦10試合ぶりに先発に抜擢され、ミラン陣営の攻撃のキーマンであるスソをほぼ完ぺきに封じる働きを見せた長友は引き続き先発予想となっている。 ▽最下位ペスカーラを相手にイグアインのドッピエッタで快勝した首位ユベントス(勝ち点80)は、16位ジェノア(勝ち点30)を32連勝中のホームに迎える。2位ローマとのポイント差を8に広げ、セリエA6連覇へ着実に歩みを進める中、水曜日に行われたCLバルセロナ戦では思惑通りに0-0とシャトアウトし、ベスト4進出を決めた。ジェノアはユリッチ監督が復帰した前節ラツィオ戦では終了間際の被弾によって5試合ぶりの勝利を逃したものの、連敗を4で止めている。そのジェノアを下し、アタランタ、トリノ、ローマと続く難敵との3連戦に臨めるか。 ▽アタランタに勝ち切れず引き分け止まりに終わった2位ローマ(勝ち点72)は、最下位ペスカーラ(勝ち点14)とのアウェイ戦に臨む。アタランタ戦ではゼコに5戦連続ゴールが生まれたものの、相手の粘り強い守備の前に攻めあぐね、逆転ゴールを奪うには至らなかった。次節ラツィオとのダービーを前に勝利を取り戻し、2位死守とともにユベントス追走としたい。 ▽3位ナポリ(勝ち点70)は、日曜日のランチタイムに15位サッスオーロ(勝ち点35)とのアウェイ戦に臨む。公式戦ここ3試合連続3ゴール中と攻撃陣が絶好調のナポリは、前節サンプドリア戦で7試合ぶりの勝利を手にし、残留をほぼ確実としているサッスオーロを下してローマにプレッシャーをかけたい。 ▽その他、前節ジェノア戦を終了間際のルイス・アルベルト弾で辛くも引き分けに持ち込んだ4位ラツィオ(勝ち点61)は、19位パレルモとのホーム戦に臨み、アレハンドロ・ゴメスを欠きながらもローマに引き分けた5位アタランタ(勝ち点60)は、14位ボローニャ(勝ち点35)とのホーム戦に臨む。 ◆セリエA第33節 ▽4/22(土) 《25:00》 アタランタ vs ボローニャ 《27:45》 フィオレンティーナ vs インテル ▽4/23(日) 《19:30》 サッスオーロ vs ナポリ 《22:00》 ウディネーゼ vs カリアリ ラツィオ vs パレルモ サンプドリア vs クロトーネ ミラン vs エンポリ キエーボ vs トリノ 《27:45》 ユベントス vs ジェノア ▽4/24(月) 《27:45》 ペスカーラ vs ローマ 2017.04.21 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

PSGがベルナルデスキ獲得レースに参戦か…国内外のクラブが興味

▽パリ・サンジェルマン(PSG)が、フィオレンティーナに所属するイタリア代表FWフェデリコ・ベルナルデスキ(23)の獲得に動くようだ。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽フィオレンティーナの下部組織で育ったベルナルデスキは、レンタル移籍先のクロトーネで得点を量産。翌シーズンには20歳でセリエAデビューを果たしていた。 ▽2016年3月にはイタリア代表にも選出され、今シーズンはセリエAでここまで26試合に出場し10得点を記録しているベルナルデスキ。インテルやユベントス、ミランなどイタリア勢の他、チェルシーやアーセナルのプレミア勢、バイエルン、バルセロナなどビッグクラブが獲得に興味を示す中、PSGもこの獲得レースに参戦したようだ。 ▽ベルナルデスキとフィオレンティーナは2019年6月まで契約を結んでおり、移籍金は4000万ユーロ(約46億1200万円)とのこと。獲得に動くチームとしては払えない額ではないだけに、今夏の去就には注目が集まりそうだ。 2017.04.15 10:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ジュゼッペ・ロッシが今夏トリノに移籍か

▽現在、フィオレンティーナからセルタに期限付き移籍中の元イタリア代表FWジュゼッペ・ロッシ(30)が、今夏イタリアに戻ることになるかもしれない。イタリア『トゥットスポルト』の報道をもとに、『フットボール・エスパーニャ』が伝えた。 ▽ロッシは今シーズン、セルタでの公式戦26試合で6得点をマークしており、3日のリーガエスパニョーラ第29節のラス・パルマス戦では、ハットトリックを達成し勝利に大きく貢献した。 ▽伝えられるところによると、シニシャ・ミハイロビッチ監督率いるトリノが、同クラブのイタリア代表FWアンドレア・ベロッティとコンビを組ませるためにロッシの獲得を画策しているようだ。 ▽なお、ロッシの代理人であるアンドレア・パストレッリ氏は、今年1月に「今シーズン終了後に、ロッシはセルタを去るだろう」と語っている。ロッシの今後の去就に注目が集まるところだ。 2017.04.05 20:47 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース