奮闘ラツィオに敗戦のフィオレンティーナ、インテルにプレッシャーをかけられず《セリエA》2016.01.10 04:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽フィオレンティーナは9日、セリエA第19節でラツィオをアルテミオ・フランキに迎え、1-3で敗れた。

▽イリチッチのドッピエッタとブワシュチコフスキの復活ゴールで前節パレルモ戦を勝利した3位フィオレンティーナ(勝ち点38)が、9位ラツィオ(勝ち点24)をホームに迎えた一戦。好調イリチッチをベンチスタートとし、M・フェルナンデスをカリニッチの後方に据える[3-4-2-1]の布陣で臨んだフィオレンティーナは開始4分、M・フェルナンデスの際どい直接FKでゴールに迫った。

▽そのフィオレンティーナがポゼッションを高める流れで試合は推移していったが、ラツィオの激しい寄せの前になかなかシュートに持ち込めない状況を強いられた。すると、28分にはケイタにボックス左へ抜け出されてシュートを許すピンチを迎える。ここはGKタタルサヌがセーブしたが、32分にもピンチ。CKからミリンコビッチ=サビッチのヘディングシュートが枠を捉えたが、ゴールライン上のアストーリがクリアして失点を逃れた。

▽しかし追加タイム1分、ついに失点する。ジョルジェビッチの落としを受けたケイタにドリブルでボックス中央に侵入され、ゴール左へシュートを流し込まれた。

▽後半もタイトな守備からカウンターに転じるラツィオの前にペースを掴みきれないフィオレンティーナは、59分にバデリの負傷を受けてイリチッチを投入。攻勢を強めると、63分にはM・フェルナンデスが際どいミドルシュートを放った。

▽さらに70分にイリチッチが直接FKでゴールに迫ったフィオレンティーナは、74分にロッシを投入するとその直後、ロッシの強烈なミドルシュートが枠を捉えたが、GKベリシャの好守に阻まれる。88分にもロッシが枠内シュートを浴びせたが、再度GKベリシャのセーブに阻まれてしまう。そして、追加タイム2分にミリンコビッチ=サビッチのゴールを許したフィオレンティーナは直後にロンカーリアのミドルシュートで1点を返すも、F・アンデルソンのゴールも許して1-3でタイムアップ。明日試合を行う首位インテルにプレッシャーをかけることはできなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

元伊代表FWキエーザ氏の息子、フィオレンティーナのトップチーム昇格へ

元イタリア代表FWエンリコ・キエーザ氏の息子が、フィオレンティーナのトップチームでプレーすることになりそうだ。イタリアメディアが伝えている。<br><br>父親のエンリコ氏はサンプドリアやパルマ、フィオレンティーナなどで活躍し、イタリア代表としてユーロ96や1998年ワールドカップなどにも出場した名ストライカーだった。<br><br>その息子であるフェデリコは1997年10月に生まれ、現在18歳。主に右ウイングでプレーする同選手はフィオレンティーナ下部組織で育ち、U-19イタリア代表でもプレーするなど、将来を有望視される選手だ。<br><br>新シーズンに向けたプレシーズントレーニングではトップチームに参加しており、14日の親善試合ではゴールも記録。17日の試合でも好プレーを見せていたという。<br><br>今季セリエBに昇格するスパルからオファーが届いているとも報じられていたが、イタリア『violanews.com』などによれば、17日の試合後の会見でパウロ・ソウザ監督は「キエーザはシーズン中ずっとフィオレンティーナ(トップチーム)に残る」と話したとのことだ。『gianlucadimarzio.com』は、同監督がクラブにその意向を伝えたとしている。<br><br>フィオレンティーナには元ルーマニア代表ゲオルゲ・ハジ氏の息子であるU-18ルーマニア代表MFヤニス・ハジも加入している。往年の名プレーヤーの二世たちの共演が見られることになるかもしれない。<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.18 17:57 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサ退団が噂されるテージョにトッテナムらプレミアリーグのクラブが興味

▽バルセロナのスペイン人FWクリスティアン・テージョ(24)に対して、トッテナムなどのプレミアリーグのクラブが興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えた。 ▽2013年8月に、2017-18シーズンまでの契約延長に合意したテージョだったが、バルセロナではポジションを奪えず、2014-15シーズンから2シーズンはポルト、2015-16シーズンはフィオレンティーナにレンタル移籍で加入した。 ▽フィオレンティーナ移籍の際には買い取りオプションが付いていたが、同クラブはこのオプションを使わず、テージョはバルセロナへと復帰した。しかしバルセロナはテージョのポジションはないと考えており、今夏に放出する考えがあると噂されている。 ▽そこに目を付けたのがトッテナムで、『ミラー』によるとマウリッシオ・ポチェッティーン監督は、スピードを武器とするテージョがチームの攻撃オプションになると考えているようで、獲得に向けた調査を開始したようだ。 ▽さらに同メディアはトッテナムの他にもスウォンジーやサウサンプトンと言ったクラブもテージョ獲得に興味を示していると綴った。 2016.07.14 12:15 Thu
twitterfacebook
thumb

セルタ、アルゼンチン代表DFロンカーリアを4年契約で獲得!

▽セルタは12日、フィオレンティーナ所属のアルゼンチン代表DFファクンド・ロンカーリア(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの4年間となる。 ▽ボカ・ジュニアーズの下部組織出身のロンカーリアは、2007年にトップチームに昇格。その後、エスパニョールやエストゥディアンテスで経験を積むと、2012年にフィオレンティーナに加入。在籍3シーズンで公式戦80試合に出場し、4ゴールをマークした。 ▽また、2013年にアルゼンチン代表デビューを飾ったロンカーリアは、これまで11試合に出場。先日まで行われていたコパ・アメリカ2016にもアルゼンチン代表として招集されており、グループリーグ最終節のボリビア戦に先発出場した。 2016.07.13 00:34 Wed
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナ、“ルーマニアのレジェンド”ハジ息子を獲得

▽フィオレンティーナは10日、ヴィトルル・コンスタンツァのU-18ルーマニア代表MFラニス・ハジ(17)を完全移籍で獲得したことを発表した。移籍金は100万ユーロ(約1億1000万円)とのことだ。 ▽右ウイングを本職に、トップ下やFWとしてもプレー可能なハジは、1990年代にレアル・マドリーとバルセロナでプレーしたルーマニア・サッカー界の“レジェンド”ゲオルゲ・ハジ氏の息子だ。 ▽2014年12月に父が監督を務めるヴィトルルでトップチームデビューを飾ったハジは、2015-16シーズンはルーマニア・リーグで31試合に出場し、3ゴールを挙げていた。 2016.07.11 00:17 Mon
twitterfacebook
thumb

レスター、セリエでブレイクのクロアチア代表FWもターゲットに

レスター・シティがフィオレンティーナに所属するクロアチア代表FW二コラ・カリニッチに関心を寄せていることが分かった。代理人が明かしている。<br><br>カリニッチは昨季からフィオレンティーナに加入し、セリエAで1年目ながら特に前半戦でゴールを量産し、高く評価された。クロアチア代表としてユーロ2016にも参戦している。<br><br>『Jutarnji List』でカリニッチの代理人は次のように述べた。イタリア『メディアセット』が伝えている。<br><br>「事実だ。我々はレスターの関心を示している。すべてがまだオープンだ。だが、急いではいない。マーケットは始まったばかりだ」<br><br>CSKAモスクワFWアーメド・ムサの獲得が近いとされるレスターは、フェネルバフチェFWロビン・ファン・ペルシへの関心も浮上したところ。チャンピオンズリーグに出場する新シーズンに向け、補強を進めるイングランド王者が選ぶストライカーは?<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.06 13:30 Wed
twitterfacebook


ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース