奮闘ラツィオに敗戦のフィオレンティーナ、インテルにプレッシャーをかけられず《セリエA》2016.01.10 04:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽フィオレンティーナは9日、セリエA第19節でラツィオをアルテミオ・フランキに迎え、1-3で敗れた。

▽イリチッチのドッピエッタとブワシュチコフスキの復活ゴールで前節パレルモ戦を勝利した3位フィオレンティーナ(勝ち点38)が、9位ラツィオ(勝ち点24)をホームに迎えた一戦。好調イリチッチをベンチスタートとし、M・フェルナンデスをカリニッチの後方に据える[3-4-2-1]の布陣で臨んだフィオレンティーナは開始4分、M・フェルナンデスの際どい直接FKでゴールに迫った。

▽そのフィオレンティーナがポゼッションを高める流れで試合は推移していったが、ラツィオの激しい寄せの前になかなかシュートに持ち込めない状況を強いられた。すると、28分にはケイタにボックス左へ抜け出されてシュートを許すピンチを迎える。ここはGKタタルサヌがセーブしたが、32分にもピンチ。CKからミリンコビッチ=サビッチのヘディングシュートが枠を捉えたが、ゴールライン上のアストーリがクリアして失点を逃れた。

▽しかし追加タイム1分、ついに失点する。ジョルジェビッチの落としを受けたケイタにドリブルでボックス中央に侵入され、ゴール左へシュートを流し込まれた。

▽後半もタイトな守備からカウンターに転じるラツィオの前にペースを掴みきれないフィオレンティーナは、59分にバデリの負傷を受けてイリチッチを投入。攻勢を強めると、63分にはM・フェルナンデスが際どいミドルシュートを放った。

▽さらに70分にイリチッチが直接FKでゴールに迫ったフィオレンティーナは、74分にロッシを投入するとその直後、ロッシの強烈なミドルシュートが枠を捉えたが、GKベリシャの好守に阻まれる。88分にもロッシが枠内シュートを浴びせたが、再度GKベリシャのセーブに阻まれてしまう。そして、追加タイム2分にミリンコビッチ=サビッチのゴールを許したフィオレンティーナは直後にロンカーリアのミドルシュートで1点を返すも、F・アンデルソンのゴールも許して1-3でタイムアップ。明日試合を行う首位インテルにプレッシャーをかけることはできなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

レーティング:フィオレンティーナ 0-0 ミラン《セリエA》

▽セリエA第6節フィオレンティーナvsミランが25日に行われ、0-0で引き分けた。ミランの本田はベンチ入りしたが、出場機会はなかった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽フィオレンティーナ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160926_6_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 12 タタルサヌ 5.5 守備機会はほぼなかったが、1度良い飛び出しを見せた DF 40 トモビッチ 5.5 終了間際のタックルはPKと判定されても仕方ない。ただニアンをよく封じる 2 ゴンサロ・ロドリゲス 5.5 バッカに対して激しく当たる。後半序盤に交代 (→ヴェシーノ 5.5) 中盤を落ち着かせる 18 サルセド 6.0 対人の強さを見せてスソを試合から締め出した MF 10 ベルナルデスキ 5.5 何度かアクセントを付けるプレーもあったが、物足りない 5 バデリ 5.0 ミスパスが多くカウンターを浴びる要因に (→テージョ 5.5) アタッキングサードで違いを多少生んだ 6 C・サンチェス 5.5 ミスからバッカに決定機を1度許したが、ゴンサロ・ロドリゲスが退いた後は3バックの中央でそつなくプレー 31 ミリッチ 5.5 高い位置を取ってプレーも効果は薄かった FW 72 イリチッチ 5.5 8本連続PKを成功していたが痛恨の失敗。試合を難しくした (→ババカル -) 9 カリニッチ 5.5 パレッタの厳しい対応に手を焼く 20 ボルハ・バレロ 5.5 PK獲得。カリニッチをもう少しサポートしたかった 監督 パウロ・ソウザ 5.5 勝ちに行ったが、最後のクオリティが不足していた ▽ミラン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160926_8_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 99 ドンナルンマ 6.0 相変わらずの安定感でクリーンシート DF 96 カラブリア 5.0 PK献上。相手のミスに救われた。攻守に及第点以下のプレーぶり 29 パレッタ 6.0 カリニッチに対してハードな当たりを続けた 13 ロマニョーリ 6.0 的確なカバーリングを見せる 2 デ・シリオ 5.0 背後を取られてPK献上につながった。やや軽いプレーが目立った MF 33 クツカ 5.5 守備面で身体を張る 18 モントリーボ 5.5 古巣相手にそつなくボールを動かした 5 ボナヴェントゥーラ 5.5 一定のキープ力を前線で見せた (→アントネッリ -) FW 8 スソ 5.0 サルセドの前に消される 70 バッカ 5.5 ゴンサロ・ロドリゲスに潰されたが、常に一瞬の隙を狙っていた (→ルイス・アドリアーノ -) 11 ニアン 5.0 トモビッチを突破しきれず (→ロカテッリ 5.5) 無難に試合へ入った 監督 モンテッラ 5.5 古巣対戦。守備的な戦いで勝ち点1を持ち帰る ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! パレッタ(ミラン) ▽良いパフォーマンスを見せた選手は少なかったが、ミランの守備陣からハードな対応を続けていたパレッタを選出。 フィオレンティーナ 0-0 ミラン 2016.09.26 05:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ヴィオラvsミランは譲らずゴールレスドロー、本田は出場せず《セリエA》

▽セリエA第6節フィオレンティーナvsミランが25日に行われ、0-0で引き分けた。ミランの本田はベンチ入りしたが、出場機会はなかった。 ▽4日前に行われた前節ウディネーゼ戦をカリニッチとイリチッチを温存させたこともあって2-2と引き分けたフィオンレンティーナは、ここまで2勝1分け1敗。そのフィオンレンティーナはウディネーゼ戦のスタメンから3選手を変更。カリニッチとイリチッチが先発に戻った。 ▽一方、5日前に行われた前節ラツィオ戦をバッカの2試合連続ゴールなどで2連勝としたミランは、ここまで3勝2敗。そのミランはラツィオ戦と同じスタメンを送り出し、本田は引き続きベンチスタートとなった。 ▽2分にベルナルデスキ、5分にイリチッチが際どいミドルシュートを浴びせたフィオレンティーナが、徐々にポゼッションを高めていく展開で試合は推移。カウンターからバッカとニアンを走らせるミランに対し、フィオレンティーナは22分にPKを獲得する。 ▽右サイドのスペースを突いたイリチッチの折り返しをカリニッチはシュートミス。しかし、ルーズボールに反応したボルハ・バレロがボックス内でカラブリアに倒された。ところが、キッカーのイリチッチのシュートは右ポスト内側に当たって枠外に外れ、先制とはならない。前半半ば以降もフィオレンティーナがボールを保持する展開となったが、互いにシュートチャンスを作れず、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半立ち上がり、フィオレンティーナが圧力をかけていく。敵陣でボールを動かすフィオレンティーナは55分、ボックス右に侵入したカリニッチがGKドンナルンマを強襲。59分にディフェンスリーダーのゴンサロ・ロドリゲスが負傷の影響か交代となり、代わってヴェシーノが投入され、C・サンチェスが3バックの中央に入った。 ▽攻勢を続けるフィオレンティーナは66分にボックス右に侵入したボルハ・バレロの左足シュートが枠を捉えたが、GKドンナルンマの好守に阻まれた。73分にはバデリに代えてテージョを右ウイングに投入し、攻撃的な布陣とする。 ▽ボナヴェントゥーラに代えてアントネッリを入れ、守備重視の布陣に変更したミランに対し、フィオレンティーナは80分にボックス左からカリニッチが枠内シュートを放ったが、GKドンナルンマの守備範囲に飛ぶ。 ▽そんな中83分、ミランにビッグチャンス。右サイドからのクロスを受けたバッカがバイシクルシュート。しかし、わずかに枠の右に外れた。さらに追加タイム5分にもチャンスが訪れ、ルイス・アドリアーノがロングボールに抜け出してボックス内でトモビッチに倒されたが主審はノーファウルの判定を下し、勝ち点1を分け合う結果となった。 2016.09.26 05:44 Mon
twitterfacebook
thumb

【セリエA第6節プレビュー】ヴィオラvsミラン開催、ハートがローマと対戦

▽火曜と水曜に行われた前節では、ユベントスが圧勝で勝利を取り戻して首位を奪還した一方、ナポリがジェノアに引き分けて2位に後退した。そして、ミラノ勢ではイタリア・ダービーを制したインテルが順当に勝利を収め、ミランがラツィオを下して2連勝としている。迎える第6節の注目カードは日曜に行われるフィオレンティーナvsミランだ。 ▽前々節は苦手ローマに約4年ぶりの勝利を飾ったフィオレンティーナだったが、水曜に行われた前節ウディネーゼ戦ではカリニッチとイリチッチを温存させたこともあって2-2と引き分けた。なかなか波に乗り切れない中、主力を投入してミランを叩きたい。 ▽一方、火曜に行われたラツィオ戦をバッカの2試合連続ゴールなどで連勝としたミランは、徐々にチームが固まってきた印象だ。その自信を確かなものとするためにもフィオレンティーナを下して3連勝としたいところ。古巣との対戦となるモンテッラ監督の采配に注目が集まる中、本田としては引き続き短い時間で結果を残すことが求められる。 ▽主力を投入してカリアリを粉砕したユベントスは、パレルモとのアウェイ戦に臨む。カリアリ戦ではインテル戦の敗戦を払拭すべく大半の選手が好パフォーマンスを発揮した中、ダニエウ・アウベスの移籍後初ゴールなどで快勝した。火曜日にチャンピオンズリーグ(CL)のディナモ・ザグレブ戦を控えるため、パレルモ戦はディバラやダニエウ・アウベスがベンチ予想となっているが、主力を一部温存した中、前節今季初勝利を挙げたパレルモを下して首位キープとなるか。 ▽好戦的な戦いを見せてきたジェノアに苦戦し、ゴールレスドローに終わったナポリは、キエーボとのホーム戦に臨む。こちらは水曜日にグループ最大のライバルと見られるCLベンフィカ戦を控える中、引き続き主力を投入して勝利を目指すようだ。連戦の疲労が溜まり始める中、カウンターに鋭さのあるキエーボ攻略となるか。 ▽イタリア・ダービー勝利で勢いに乗るインテルは、ボローニャとのホーム戦に臨む。前節エンポリ戦ではイカルディのリーグ戦4試合連続ゴールで快勝し、しっかり3連勝を飾った。攻守に機能性が増している中、ドナドーニ監督の下で組織的な守備を見せるボローニャを下して更なる自信を手にしたい。 ▽最後に昇格組のクロトーネを難なく撃破して3勝1分け1敗スタートとしたローマは、ハートがゴールマウスを守るトリノとのアウェイ戦に臨む。ハート加入後のトリノは2分け1敗となっているが、うち2試合は無失点と堅守を誇っている。そのトリノ相手にリーグ屈指の攻撃力を誇るローマがどう対抗するかに注目だ。 <div style="text-align:left;font-size:x-small;">◆セリエA第6節 ▽9/24(土) 《25:00》 パレルモ vs ユベントス 《27:45》 ナポリ vs キエーボ ▽9/25(日) 《19:30》 トリノ vs ローマ 《22:00》 ジェノア vs ペスカーラ ラツィオ vs エンポリ サッスオーロ vs ウディネーゼ インテル vs ボローニャ 《27:45》 フィオレンティーナ vs ミラン ▽9/26(月) 《26:00》 クロトーネ vs アタランタ 《27:45》 カリアリ vs サンプドリア</div> 2016.09.24 12:00 Sat
twitterfacebook
thumb

バデリのミドル弾でフィオレンティーナがローマとの接戦を制す《セリエA》

▽セリエA第4節フィオレンティーナvsローマが18日に行われ、1-0でフィオレンティーナが勝利した。 ▽前節ジェノア戦が豪雨延期となったフィオレンティーナは、3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)・PAOK戦を0-0で引き分けた。そのPAOK戦のスタメンから3選手を変更。C・サンチェスやテージョが先発に戻った。 ▽一方、前節サンプドリア戦をトッティの1ゴール1アシストで競り勝ったローマは、ELのビクトリア・プルゼニ戦を1-1で引き分けた。そのプルゼニ戦のスタメンから6選手を変更。ゼコやサラー、ストロートマンといった主力が先発に戻った。 ▽最前線にカリニッチ、2シャドーにボルハ・バレロとイリチッチ、右サイドにテージョ、左サイドにミリッチを配す[3-4-3]の布陣を採用したフィオレンティーナがポゼッションを高め、3トップに右からサラー、ゼコ、ペロッティと並べる[4-3-3]の布陣を採用したローマがカウンターを狙う展開で立ち上がった序盤。 ▽静かな攻防を経て、15分にローマに決定機。右サイドからフロレンツィの上げたアーリークロスをゼコがヘディング。しかしわずかに枠の左に外れた。直後のCKからボックス右のゼコが強烈なボレーシュートでGKタタルサヌを強襲すると、ここからポゼッションを高めたローマが圧力をかけていく。すると30分にはデ・ロッシの浮き球パスに反応したボックス内のゼコがトモビッチに倒されるも、主審はノーファウルの判定を下した。 ▽ハーフタイムにかけてフィオレンティーナがポゼッションを再び上げてきた中、37分にローマに決定機。右サイドからのフロレンツィのアーリークロスを受けたボックス左のゼコが胸トラップからシュート。しかし、左足で放ったフィニッシュは枠を捉えることができずに前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半開始3分、フィオレンティーナはボックス左のミリッチの強烈なシュートがGKシュチェスニーを強襲すれば、ローマは63分、ナインゴランのパスを受けたボックス左のペロッティが強烈なシュートを浴びせてGKタタルサヌを強襲。そして、テージョに代えてベルナルデスキを投入したフィオレンティーナは67分、カリニッチのヘディングシュートがGKシュチェスニーの正面を突いた。 ▽オープンな後半序盤を過ぎると、試合は膠着状態に。そこでフィオレンティーナはイリチッチに代えてババカルを、ローマはペロッティに代えてトッティを投入した。すると81分、ローマに決定機。フロレンツィのスルーパスをボックス右で引き出したナインゴランのシュートが右ポストを直撃した。 ▽助かったフィオレンティーナは83分、ゴール正面の位置からバデリの放った強烈なミドルシュートがゴール左隅に決まって均衡を破った。終盤にかけてはローマの攻勢に遭うと、終了間際の追加タイム4分にはボックス左に抜け出されたエル・シャーラウィに決定的なシュートを許すも、GKタタルサヌがセーブ。ウノゼロで逃げ切ったフィオレンティーナは2012年4月以来となるローマ戦勝利を飾った。 2016.09.19 05:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ミラン、ヴィオラのチリ代表MFマティアス・フェルナンデスを買取りOP付きのレンタルで獲得

▽ミランは8月31日、フィオレンティーナのチリ代表MFマティアス・フェルナンデス(30)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したと発表した。レンタル料は50万ユーロ(約5700万円)で、買い取る際の移籍金は100万ユーロ(約1億1500万円)となっている。 ▽2012年夏にスポルティング・リスボンからフィオレンティーナへ移籍したM・フェルナンデスは、2列目からのドリブルを持ち味とする攻撃的MF。フィオレンティーナでの在籍4シーズンでは公式戦131試合に出場して7ゴールと、準主力として活躍した。なお、ミランを率いるヴィンチェンツォ・モンテッラ監督とは、2012~15シーズンにわたって師弟関係にあった。 2016.09.01 07:46 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース