奮闘ラツィオに敗戦のフィオレンティーナ、インテルにプレッシャーをかけられず《セリエA》2016.01.10 04:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽フィオレンティーナは9日、セリエA第19節でラツィオをアルテミオ・フランキに迎え、1-3で敗れた。

▽イリチッチのドッピエッタとブワシュチコフスキの復活ゴールで前節パレルモ戦を勝利した3位フィオレンティーナ(勝ち点38)が、9位ラツィオ(勝ち点24)をホームに迎えた一戦。好調イリチッチをベンチスタートとし、M・フェルナンデスをカリニッチの後方に据える[3-4-2-1]の布陣で臨んだフィオレンティーナは開始4分、M・フェルナンデスの際どい直接FKでゴールに迫った。

▽そのフィオレンティーナがポゼッションを高める流れで試合は推移していったが、ラツィオの激しい寄せの前になかなかシュートに持ち込めない状況を強いられた。すると、28分にはケイタにボックス左へ抜け出されてシュートを許すピンチを迎える。ここはGKタタルサヌがセーブしたが、32分にもピンチ。CKからミリンコビッチ=サビッチのヘディングシュートが枠を捉えたが、ゴールライン上のアストーリがクリアして失点を逃れた。

▽しかし追加タイム1分、ついに失点する。ジョルジェビッチの落としを受けたケイタにドリブルでボックス中央に侵入され、ゴール左へシュートを流し込まれた。

▽後半もタイトな守備からカウンターに転じるラツィオの前にペースを掴みきれないフィオレンティーナは、59分にバデリの負傷を受けてイリチッチを投入。攻勢を強めると、63分にはM・フェルナンデスが際どいミドルシュートを放った。

▽さらに70分にイリチッチが直接FKでゴールに迫ったフィオレンティーナは、74分にロッシを投入するとその直後、ロッシの強烈なミドルシュートが枠を捉えたが、GKベリシャの好守に阻まれる。88分にもロッシが枠内シュートを浴びせたが、再度GKベリシャのセーブに阻まれてしまう。そして、追加タイム2分にミリンコビッチ=サビッチのゴールを許したフィオレンティーナは直後にロンカーリアのミドルシュートで1点を返すも、F・アンデルソンのゴールも許して1-3でタイムアップ。明日試合を行う首位インテルにプレッシャーをかけることはできなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

エンポリがフィオレンティーナ退団のパスクアルを獲得

▽エンポリは5月31日、フィオレンティーナを今季限りで退団していた元イタリア代表DFマヌエル・パスクアル(34)の獲得を発表した。契約期間は2018年6月30日までとなっている。 ▽パスクアルは2005年に入団したフィオレンティーナでは11年間のキャリアで公式戦356試合に出場し、10ゴールを記録した。高精度の左足クロスを武器に左サイドのスペシャリストとして活躍していた。 <div id="ad"></div>▽2年連続残留を果たしたエンポリは、マルコ・ジャンパオロ監督の退任を受け、アシスタントコーチを務めていたジョバンニ・マルトゥシエッロ氏を新監督に昇格させている。 2016.06.01 00:29 Wed
twitterfacebook
thumb

G・ロッシ代理人「ラツィオやサンプ行きの話は単なる噂」 だが可能性は閉ざさず

FWジュゼッペ・ロッシの代理人は、同選手がラツィオやサンプドリアへ移籍するのではないかという話は「噂でしかない」と述べながらも、来シーズンに向けてあらゆる可能性を排除しないとコメントしている。<br><br>度重なる負傷離脱を経て、今季フィオレンティーナで復帰を果たしたG・ロッシだが、十分な出場機会を得ることはできず。冬の移籍市場でレバンテへのレンタル移籍を選ぶことになった。<br><br><div id="ad"></div>レバンテではレギュラーポジションを確保し、リーグ戦17試合に出場して5ゴールを記録したものの、チームを2部降格から救うことはできなかった。完全移籍の形でレバンテに残る可能性は低く、一旦フィオレンティーナに戻ることになるようだ。<br><br>代理人のアンドレア・パストレッロ氏がイタリア『ラジオ・ブル』に次のように語ったとしてイタリア複数メディアが伝えている。<br><br>「レバンテが買い取ることはないのではないかと思う。したがってフィオレンティーナの選手に戻った上で、今後のことを検討しなければならないだろう」<br><br>「クラブが望むのであればフィオレンティーナに残ることに問題はないし、他国へ行くとしても問題はない。ラツィオやサンプドリア? 単なる噂でしかないが、どんな扉も閉ざすつもりはないよ」<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.29 18:32 Sun
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナがウルグアイ代表MFヴェシーノと2021年まで契約延長

▽フィオレンティーナは17日、ウルグアイ代表MFマティアス・ヴェシーノ(24)との契約を延長したことを発表した。現行の契約から4年間延長し、2021年夏までチームに所属する。 ▽2013年1月に母国ウルグアイのナシオナル・モンテビデオからフィオレンティーナに加入したヴェシーノは、2013年9月26日のインテル戦でセリエAデビューを果たすも、その後は出場機会に恵まれず、2013年1月にカリアリ、2014年8月にエンポリへレンタル移籍していた。 ▽昨夏にフィオレンティーナ復帰を果たしたヴェシーノは、トレクアルティスタとして中盤で好守に気の利いたプレーを披露。今シーズンは公式戦39試合に出場し、2ゴールを記録した。 ▽また、ウルグアイ代表としては3月25日に行われたロシア・ワールドカップ南米予選第5節のブラジル戦でA代表デビューを果たすと、6月にアメリカで行われるコパ・アメリカ センテナリオUSA 2016のウルグアイ代表にも選出された。 2016.05.18 01:32 Wed
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナ、ベシノが契約延長 SDが明かす

フィオレンティーナMFマティアス・ベシノ(24)が、クラブと長期契約を交わした。ダニエレ・プラデSD(スポーツディレクター)が明かしている。<br><br>フィオレンティーナは後半戦に失速し、今シーズンのセリエAを5位で終えた。しかし、新シーズンに向けた準備はすでに始まっており、クラブが放出不可と位置づけていたウルグアイ人MFの残留を決めている。<br><br>プラデSDは15日、「マティアスは契約を2021年まで延長した」と発表。「我々はチームを改善するために働いているところだ」と述べた。<br><br>提供:goal.com 2016.05.16 19:10 Mon
twitterfacebook
thumb

ラツィオ退団クローゼ、ファン要望のPKで有終の美 引退は語らず

ラツィオFWミロスラフ・クローゼが15日、セリエA最終節フィオレンティーナ戦で1ゴールを決めた。有終の美を飾ってラツィオを去る同選手は、引退するかどうか明言していない。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。<br><br>2011年からラツィオでプレーしてきたクローゼは、契約が満了する今季での退団を発表していた。ラストゲームとなったフィオレンティーナ戦で、クローゼに花道を用意したのは、本拠地オリンピコの観客だ。<br><br>前半に3失点し、後半にも1点を許したラツィオは、1-4で迎えた終盤にPKを獲得する。当初はFWフェリペ・アンデルソンがキッカーを務める予定だったが、オリンピコの観客がクローゼに蹴るように要求。F・アンデルソンもクローゼに舞台を譲った。<br><br>PKを決めたクローゼは、ラツィオで通算64得点。ゴラン・パンデフ(現ジェノア)に並び、外国人選手のクラブレコードトップタイとなった。ラツィオ全体では通算7位タイとなる。<br><br>クローゼは試合後、次のように述べた。<br><br>「観客がPKを蹴るように後押ししてくれた。僕はPKを蹴らないし、最初はフェリペの方が良いと思ったんだけど、うまくいったね」<br><br>「ラツィオでのベストゲームは、ローマとのコッパ・イタリア決勝だ。素晴らしかった。最高のゴールは、ダービーでの最初の得点だ。サポーターが泣いているのを見た。心に残っている。言葉にできない感動だった」<br><br>間もなく38歳となるクローゼは、このままスパイクを脱ぐのだろうか。<br><br>「これが完全なラストゲームかどうかは分からない。代理人とは話している。テーブルに乗せられているのがどんなものかを見て、それから決めるよ」<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.16 13:30 Mon
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース