奮闘ラツィオに敗戦のフィオレンティーナ、インテルにプレッシャーをかけられず《セリエA》2016.01.10 04:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽フィオレンティーナは9日、セリエA第19節でラツィオをアルテミオ・フランキに迎え、1-3で敗れた。

▽イリチッチのドッピエッタとブワシュチコフスキの復活ゴールで前節パレルモ戦を勝利した3位フィオレンティーナ(勝ち点38)が、9位ラツィオ(勝ち点24)をホームに迎えた一戦。好調イリチッチをベンチスタートとし、M・フェルナンデスをカリニッチの後方に据える[3-4-2-1]の布陣で臨んだフィオレンティーナは開始4分、M・フェルナンデスの際どい直接FKでゴールに迫った。

▽そのフィオレンティーナがポゼッションを高める流れで試合は推移していったが、ラツィオの激しい寄せの前になかなかシュートに持ち込めない状況を強いられた。すると、28分にはケイタにボックス左へ抜け出されてシュートを許すピンチを迎える。ここはGKタタルサヌがセーブしたが、32分にもピンチ。CKからミリンコビッチ=サビッチのヘディングシュートが枠を捉えたが、ゴールライン上のアストーリがクリアして失点を逃れた。

▽しかし追加タイム1分、ついに失点する。ジョルジェビッチの落としを受けたケイタにドリブルでボックス中央に侵入され、ゴール左へシュートを流し込まれた。

▽後半もタイトな守備からカウンターに転じるラツィオの前にペースを掴みきれないフィオレンティーナは、59分にバデリの負傷を受けてイリチッチを投入。攻勢を強めると、63分にはM・フェルナンデスが際どいミドルシュートを放った。

▽さらに70分にイリチッチが直接FKでゴールに迫ったフィオレンティーナは、74分にロッシを投入するとその直後、ロッシの強烈なミドルシュートが枠を捉えたが、GKベリシャの好守に阻まれる。88分にもロッシが枠内シュートを浴びせたが、再度GKベリシャのセーブに阻まれてしまう。そして、追加タイム2分にミリンコビッチ=サビッチのゴールを許したフィオレンティーナは直後にロンカーリアのミドルシュートで1点を返すも、F・アンデルソンのゴールも許して1-3でタイムアップ。明日試合を行う首位インテルにプレッシャーをかけることはできなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

レーティング:インテル 4-2 フィオレンティーナ《セリエA》

▽セリエA第14節インテルvsフィオレンティーナが28日に行われ、4-2でインテルが勝利した。インテルの長友はベンチ入りも出場機会はなかった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽インテル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161129_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ハンダノビッチ 5.5 好守も多かったが、2失点目は防げる DF 33 ダンブロージオ 5.0 1失点目に関与。攻守に凡庸 13 ラノッキア 5.0 カリニッチとのマッチアップで劣勢に 25 ミランダ 5.5 まだまだ本調子ではない様子 15 アンサルディ 5.0 2点目に関与。決して良いパフォーマンスとは言えない内容 MF 87 カンドレーバ 6.0 1失点に関与も1ゴール1アシスト (→エデル -) 77 ブロゾビッチ 6.0 タイミング良く攻撃に絡む。先制ゴールを奪った 19 バネガ 5.5 前線からのプレスで相手のビルドアップを阻む。後半はフィニッシュシーンに絡んだ (→メロ 5.5) 守備を締めた 7 コンドグビア 5.5 守備に気を配っていた (→ジョアン・マリオ 5.5) 前線に絡んで攻撃に厚みを加える。ただ80分の決定機は決めなければ 44 ペリシッチ 6.5 2点目を演出。キレのある動きでサルシードを翻弄 FW 9 イカルディ 6.5 前への推進力をいつも以上に発揮。3、4点目を奪い、ゴンサロ・ロドリゲスを退場に追い込んだ 監督 ピオリ 6.0 ハポエル戦に続き、後半に追い上げられたが逃げ切り ▽フィオレンティーナ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161129_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 12 タタルサヌ 5.0 2失点目のクロスの弾き方は甘かった。好守は1本 DF 18 サルセド 5.0 ペリシッチの仕掛けに苦戦 2 ゴンサロ・ロドリゲス 4.0 イカルディに許したゴールシーンの対応は軽かった。そして前半終了間際に退場 13 アストーリ 5.0 ソリッドさがなかった MF 16 テージョ 5.0 良い形でボールを受けられず持ち味の突破が見られず (→ジョシュア・ペレス -) 5 バデリ 5.5 カリニッチのゴールをアシストもインテルの中盤相手に後手を踏む 10 ベルナルデスキ 5.5 前半はイリチッチと共に攻撃の中心を担った (→キエーザ 5.5) 左サイドでプレー。何度か果敢に仕掛けた 72 イリチッチ 6.5 バイタエルエリアでボールを受けて打開を図った。2点目を奪う 20 ボルハ・バレロ 5.5 ゲームをコントロールできず 31 ミリッチ 5.0 カンドレーバに付ききれず2失点目に関与。前半で交代 (→トモビッチ 5.5) 守備を統率。後半は無失点に抑える FW 9 カリニッチ 6.0 前線で身体を張って起点となり1ゴール 監督 パウロ・ソウザ 5.5 試合の入りが悪かったが持ち直してインテルを苦しめた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! イカルディ(インテル) ▽珍しく単騎突破で打開を図り、大きなアクセントを付けた。3、4点目を奪い、ゴンサロ・ロドリゲスを退場させて勝利に導く。 インテル 4-2 フィオレンティーナ 【インテル】 ブロゾビッチ(前3) カンドレーバ(前9) イカルディ(前19) イカルディ(後46) 【フィオレンティーナ】 カリニッチ(前37) イリチッチ(後17) 2016.11.29 07:01 Tue
twitterfacebook
thumb

20分までに3発のインテルが10人のフィオレンティーナに逃げ切ってピオリ体制初勝利《セリエA》

▽セリエA第14節インテルvsフィオレンティーナが28日に行われ、4-2でインテルが勝利した。インテルの長友はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽ピオリ監督の初陣となった前節ミランとのダービーを終了間際弾で2-2と引き分けた9位インテル(勝ち点18)。しかし、4日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)のハポエル・ベエルシェバ戦では主力を投入した中、2点のリードから逆転負けを喫するまずい試合運びを見せた末、グループステージ敗退に終わった。そのハポエル戦のスタメンから4選手を変更。長友がベンチスタートとなり、ペリシッチやブロゾビッチが先発に戻った。 ▽一方、前節エンポリ戦をベルナルデスキとイリチッチのダブルドッピエッタで4-0と圧勝した8位フィオレンティーナ(勝ち点20)は、EL・PAOK戦では終了間際被弾で2-3と競り負けた。公式戦10試合ぶりの黒星となった中、PAOK戦のスタメンから5選手を変更。イリチッチやボルハ・バレロ、カリニッチといった主力が先発に復帰した。 ▽テンション高く試合に入ったインテルは開始3分、左クロスのルーズボールをボックス中央のブロゾビッチがダイレクトでゴールへ叩き込み、幸先良く先制する。8分にベルナルデスキのミドルシュートがGKハンダノビッチを強襲したものの、直後の9分に加点する。ボックス左に侵入したペリシッチの折り返しをGKタタルサヌが弾いたルーズボールをカンドレーバが詰めた。 ▽出足の鋭さでフィオレンティーナを圧倒するインテルは19分、カンドレーバの縦パスを受けてボックス右に侵入したイカルディがDF2人を巧みにかわしてシュートをねじ込み、3点目を奪いきってしまう。 ▽20分を前に3点を追う展開となったフィオレンティーナは、22分にミリッチがGKハンダノビッチと一対一となるも止められてしまう。さらに33分のイリチッチの直接FKもハンダノビッチにセーブされた。それでも37分、バデリのロングフィードに抜け出したカリニッチがカンドレーバとの競り合いを制してボックス左に侵入。ハンダノビッチとの一対一を制して1点を返した。 ▽嫌な流れになりつつあった中、インテルは追加タイム1分、イカルディが強引な突破を図るとゴンサロ・ロドリゲスがファウル。ダマト主審は独走しかけたイカルディを止めたとしてゴンサロ・ロドリゲスにレッドカードを提示した。 ▽後半からインテルはコンドグビアに代えて同ポジションにジョアン・マリオを、10人のフィオレンティーナはミリッチに代えてトモビッチを投入した。トモビッチは3バックの中央に、ミリッチのいた左サイドにはベルナルデスキが入った。 ▽そのフィオレンティーナに52分、イリチッチの右足ミドルでGKハンダノビッチを強襲されたものの、直後にはペリシッチの左クロスにバネガが合わせる決定機を演出。ゴール至近距離からのシュートだったが、GKタタルサヌの驚異的な反応に阻まれる。さらに58分にもバネガのラストパスを受けたペリシッチが左ポスト直撃の決定的なシュートを浴びせた。 ▽凌いだフィオレンティーナは62分、ボックス左に侵入したイリチッチが左足を振り抜くと、GKハンダノビッチの前で1バウンドしたシュートがネットを揺らし、1点差に詰め寄った。 ▽詰め寄られたインテルは69分にバネガに代えてメロを投入。守備の強度を上げて逃げ切りを図る中、80分にはカウンターから最後はジョアン・マリオがGKとの一対一を迎えるも、シュートを枠の上に外して決めきれない。それでも、終盤はフィオレンティーナの反撃を許さず、追加タイム1分にはカウンターから最後はイカルディが決めて4-2で勝利。上位を窺うための勝ち点3を手に入れ、ピオリ体制初白星とした。 2016.11.29 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

【セリエA第14節プレビュー】月曜にインテルvsヴィオラ開催

▽前節行われたミラノ・ダービーはインテルが終了間際のペリシッチ弾で2-2の引き分けに持ち込んだ。上位陣では首位ユベントスが順当に勝利を収めた一方、2位ローマが好調アタランタに敗れて両軍のポイント差が7に広がった。迎える第14節の注目試合は月曜に行われるインテルvsフィオレンティーナだ。 ▽ピオリ監督の初陣となったミランとのダービーでは優勢に試合を運ぶ時間も多く、復調の手応えを得た9位インテル(勝ち点18)。しかし、木曜日に行われたヨーロッパリーグのハポエル・ベエルシェバ戦では主力を投入した中、2点のリードから逆転負けを喫するまずい試合運びを見せた末、グループステージ敗退に終わった。一進一退の状況が続く中、フィオレンティーナを下して状況を好転させることはできるか。ハポエル戦でフル出場したもののアピールするには至らなかった長友は引き続き先発となるか。 ▽一方、前節エンポリに対してベルナルデスキとイリチッチのダブルドッピエッタで4-0と圧勝した8位フィオレンティーナ(勝ち点20)は、直近のEL・PAOK戦では終了間際被弾で2-3と競り負けた。グループステージ突破が最終節にお預けとなったが、イリチッチとカリニッチは温存できており、インテルに比べれば状況は悪くない。上位追走のためにも必勝が求められる。 ▽主力を温存してペスカーラに快勝した首位ユベントス(勝ち点33)は、12位ジェノア(勝ち点16)とのアウェイ戦に臨む。火曜日に要塞サンチェス・ピスファンで行われたチャンピオンズリーグのセビージャ戦ではイグアインとディバラを負傷で欠いた中、主審の判定にも助けられて逆転勝利を飾り、決勝トーナメント進出を果たした。リーグ戦に集中できる環境を得た中、3試合勝利がないもののオカンポスに2試合連続ゴールが生まれているジェノアに勝利し、首位固めとしたい。 ▽好調アタランタの攻撃サッカーに押し切られた2位ローマ(勝ち点26)は、18位ペスカーラ(勝ち点7)とのホーム戦に臨む。公式戦10試合ぶりの敗戦を喫した中、直近のEL・ビクトリア・プルゼニ戦ではゼコのハットトリックなどで4-1と圧勝。グループステージ(GS)突破を決めて良い流れに持ち込んだ中、4試合ゴールのないペスカーラに勝利して次節ラツィオとのダービーに向かいたい。 ▽インテルとのダービーでは堅守速攻を武器に常にリードする展開としたもののスソの2ゴールを守り切れず、終盤の被弾によって引き分けに終わった2位ミラン(勝ち点13)。勝ち点2を失った中、前節フィオレンティーナに惨敗した17位エンポリ(勝ち点10)とのアウェイ戦で勝利を取り戻しにかかる。 ▽その他、ここ8試合で5勝を挙げている好調の4位ラツィオ(勝ち点25)は、ネストロフスキが4試合連発中ながら6連敗中の19位パレルモ(勝ち点6)とのアウェイ戦を、CLのディナモ・キエフ戦を0-0と引き分けてGS突破を決められなかった6位ナポリ(勝ち点24)は月曜に公式戦7試合勝利のない16位サッスオーロ(勝ち点13)とのホーム戦に臨む。 ◆セリエA第14節 ▽11/26(土) 《26:00》 トリノ vs キエーボ 《28:45》 エンポリ vs ミラン ▽11/27(日) 《20:30》 パレルモ vs ラツィオ 《23:00》 ボローニャ vs アタランタ ジェノア vs ユベントス クロトーネ vs サンプドリア カリアリ vs ウディネーゼ 《28:45》 ローマ vs ペスカーラ ▽11/28(月) 《27:00》 ナポリ vs サッスオーロ 《29:00》 インテル vs フィオレンティーナ 2016.11.25 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナ、ファルケの1G1A とGKハートの好守に沈む《セリエA》

▽フィオレンティーナは2日、セリエA第7節でトリノとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。 ▽前節ミラン戦を引き分け、3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)のカラバフ戦を5-1と大勝した10位フィオレンティーナ(勝ち点8)は、カラバフ戦のスタメンから5選手を変更。ボルハ・バレロやイリチッチ、バデリといった主力が先発に戻った。 ▽前節ローマを破った10位トリノ(勝ち点8)を相手に、フィオレンティーナがポゼッションする流れとなったが、縦に早い攻撃を仕掛けるトリノに揺さぶられると、15分に失点する。右サイドから中へ切れ込んだファルケにボックス右へ侵入され、左足のシュートでゴール左へ流し込まれてしまった。 ▽失点後もボールを保持してトリノを打開にかかるフィオレンティーナは、33分にようやく決定機。右サイドからのクロスをファーのカリニッチがヘッド。枠の左を捉えたシュートだったが、GKハートの好守に阻まれてしまった。ハーフタイムにかけては目立ったチャンスを作れず、1点ビハインドのまま前半を終えた。 ▽迎えた後半頭からイリチッチに代えてサラテを投入したフィオレンティーナだったが60分、ファルケの浮き球パスに抜け出してボックス右に侵入したベナッシにシュートを決められて追加点を許す。 ▽66分にボルハ・バレロがボックス左から左足で放ったシュートをGKハートに止められたフィオレンティーナは、68分に2枚代えを敢行。ベルナルデスキとバデリに代えてババカルとヴェシーノを投入した。 ▽それでもトリノを崩せず、試合は終盤へ。そんな中84分、左サイドからのミリッチのクロスをフリーとなっていたババカルがヘッドで押し込み、フィオレンティーナが1点差に詰め寄る。しかし、反撃はここまで。ファルケの1ゴール1アシストとGKハートの好守により、フィオレンティーナが開幕戦以来となる今季2敗目を喫した。一方、トリノは前節ローマ戦に続き、強豪撃破となっている。 2016.10.03 03:21 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:フィオレンティーナ 0-0 ミラン《セリエA》

▽セリエA第6節フィオレンティーナvsミランが25日に行われ、0-0で引き分けた。ミランの本田はベンチ入りしたが、出場機会はなかった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽フィオレンティーナ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160926_6_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 12 タタルサヌ 5.5 守備機会はほぼなかったが、1度良い飛び出しを見せた DF 40 トモビッチ 5.5 終了間際のタックルはPKと判定されても仕方ない。ただニアンをよく封じる 2 ゴンサロ・ロドリゲス 5.5 バッカに対して激しく当たる。後半序盤に交代 (→ヴェシーノ 5.5) 中盤を落ち着かせる 18 サルセド 6.0 対人の強さを見せてスソを試合から締め出した MF 10 ベルナルデスキ 5.5 何度かアクセントを付けるプレーもあったが、物足りない 5 バデリ 5.0 ミスパスが多くカウンターを浴びる要因に (→テージョ 5.5) アタッキングサードで違いを多少生んだ 6 C・サンチェス 5.5 ミスからバッカに決定機を1度許したが、ゴンサロ・ロドリゲスが退いた後は3バックの中央でそつなくプレー 31 ミリッチ 5.5 高い位置を取ってプレーも効果は薄かった FW 72 イリチッチ 5.5 8本連続PKを成功していたが痛恨の失敗。試合を難しくした (→ババカル -) 9 カリニッチ 5.5 パレッタの厳しい対応に手を焼く 20 ボルハ・バレロ 5.5 PK獲得。カリニッチをもう少しサポートしたかった 監督 パウロ・ソウザ 5.5 勝ちに行ったが、最後のクオリティが不足していた ▽ミラン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160926_8_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 99 ドンナルンマ 6.0 相変わらずの安定感でクリーンシート DF 96 カラブリア 5.0 PK献上。相手のミスに救われた。攻守に及第点以下のプレーぶり 29 パレッタ 6.0 カリニッチに対してハードな当たりを続けた 13 ロマニョーリ 6.0 的確なカバーリングを見せる 2 デ・シリオ 5.0 背後を取られてPK献上につながった。やや軽いプレーが目立った MF 33 クツカ 5.5 守備面で身体を張る 18 モントリーボ 5.5 古巣相手にそつなくボールを動かした 5 ボナヴェントゥーラ 5.5 一定のキープ力を前線で見せた (→アントネッリ -) FW 8 スソ 5.0 サルセドの前に消される 70 バッカ 5.5 ゴンサロ・ロドリゲスに潰されたが、常に一瞬の隙を狙っていた (→ルイス・アドリアーノ -) 11 ニアン 5.0 トモビッチを突破しきれず (→ロカテッリ 5.5) 無難に試合へ入った 監督 モンテッラ 5.5 古巣対戦。守備的な戦いで勝ち点1を持ち帰る ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! パレッタ(ミラン) ▽良いパフォーマンスを見せた選手は少なかったが、ミランの守備陣からハードな対応を続けていたパレッタを選出。 フィオレンティーナ 0-0 ミラン 2016.09.26 05:45 Mon
twitterfacebook
Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース