奮闘ラツィオに敗戦のフィオレンティーナ、インテルにプレッシャーをかけられず《セリエA》2016.01.10 04:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽フィオレンティーナは9日、セリエA第19節でラツィオをアルテミオ・フランキに迎え、1-3で敗れた。

▽イリチッチのドッピエッタとブワシュチコフスキの復活ゴールで前節パレルモ戦を勝利した3位フィオレンティーナ(勝ち点38)が、9位ラツィオ(勝ち点24)をホームに迎えた一戦。好調イリチッチをベンチスタートとし、M・フェルナンデスをカリニッチの後方に据える[3-4-2-1]の布陣で臨んだフィオレンティーナは開始4分、M・フェルナンデスの際どい直接FKでゴールに迫った。

▽そのフィオレンティーナがポゼッションを高める流れで試合は推移していったが、ラツィオの激しい寄せの前になかなかシュートに持ち込めない状況を強いられた。すると、28分にはケイタにボックス左へ抜け出されてシュートを許すピンチを迎える。ここはGKタタルサヌがセーブしたが、32分にもピンチ。CKからミリンコビッチ=サビッチのヘディングシュートが枠を捉えたが、ゴールライン上のアストーリがクリアして失点を逃れた。

▽しかし追加タイム1分、ついに失点する。ジョルジェビッチの落としを受けたケイタにドリブルでボックス中央に侵入され、ゴール左へシュートを流し込まれた。

▽後半もタイトな守備からカウンターに転じるラツィオの前にペースを掴みきれないフィオレンティーナは、59分にバデリの負傷を受けてイリチッチを投入。攻勢を強めると、63分にはM・フェルナンデスが際どいミドルシュートを放った。

▽さらに70分にイリチッチが直接FKでゴールに迫ったフィオレンティーナは、74分にロッシを投入するとその直後、ロッシの強烈なミドルシュートが枠を捉えたが、GKベリシャの好守に阻まれる。88分にもロッシが枠内シュートを浴びせたが、再度GKベリシャのセーブに阻まれてしまう。そして、追加タイム2分にミリンコビッチ=サビッチのゴールを許したフィオレンティーナは直後にロンカーリアのミドルシュートで1点を返すも、F・アンデルソンのゴールも許して1-3でタイムアップ。明日試合を行う首位インテルにプレッシャーをかけることはできなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

シュティンドルのハット含む4発でボルシアMGがヴィオラ相手に大逆転突破《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦2ndレグのフィオレンティーナvsボルシアMGが23日に行われ、2-4でボルシアMGが勝利した。この結果、2戦合計スコア3-4でボルシアMGがベスト16へ進出している。 ▽先週アウェイで行われた1stレグを1-0と先勝したフィオレンティーナは、1-2で敗れた直近のミラン戦のスタメンから3選手を変更。主力のベルナルデスキ、バデリ、オリヴェラが先発に戻った。 ▽一方、0-1と先勝を許したボルシアMGは、1-2と競り負けたライプツィヒ戦のスタメンから2選手を変更。ハーンとジョンソンに代えてヘアマンとJ・ホフマンを起用した。 ▽立ち上がりから仕掛けたのはボルシアMG。すると7分には左CKの流れから、ヴェントの左クロスをヘディングで合わせたヴェステルゴーアのシュートが左ポストを叩いた。 ▽しかし15分、ドリブルで中央を持ち上がったベルナルデスキのスルーパスを受けたボックス左のカリニッチが冷静にGKとの一対一を制してフィオレンティーナが先制する。さらに23分にはゴール至近距離からキエーザがシュートに持ち込むもGKゾンマーの好守に阻まれた。 ▽それでも、29分に突き放す。バックパスを受けたヴェステルゴーアがロングボールを蹴ろうとしてまさかの転倒。ルーズボールを拾ったボルハ・バレロが難なくGKとの一対一を制した。 ▽ハーフタイムにかけてはフィオレンティーナが自陣に引いて時間を進めていたものの、42分にボルシアMGが決定機を演出。ショートカウンターからボックス左に侵入したドルミッチのシュートがGKタタルサヌを強襲した。それでも直後、ボックス内でクロスボールに飛び込んだヴェントがオリヴェラに倒されてPKを獲得。これをシュティンドルが決めて1点を返した。 ▽迎えた後半開始2分、ボルシアMGが加点する。右CKの流れからドルミッチがGKタタルサヌを強襲するシュートを浴びせると、ルーズボールをシュティンドルが押し込んだ。 ▽さらに55分、右サイドで得たFKでサインプレーを使うと、グラウンダーのボールをペナルティアーク中央のシュティインドルがダイレクトでシュート。これがゴール左に決まってボルシアMGがアウェイゴール差で逆転に成功した。 ▽勢いの止まらないボルシアMGは続く61分、右CKでショートコーナーを使うと、右サイドゴールライン際からJ・ホフマンの折り返しをクリステンセンがヘッドで叩き込み、2戦合計スコアで4-3とリードを広げた。 ▽これで2点が必要となったフィオレンティーナはバデリに代えてババカルを投入。67分にはイリチッチの直接FKがバーを直撃する決定機を演出するも、それ以降はトーンダウン。ボルシアMGがシュティンドルのハットトリックで逆転突破している。 2017.02.24 06:59 Fri
twitterfacebook
thumb

デウロフェウが移籍後初ゴールでヴィオラに競り勝ったミランが7位キープ!《セリエA》

▽セリエA第25節のミランvsフィオレンティーナが19日にサンシーロで行われ、ミランが2-1で勝利した。ミランのMF本田圭佑はベンチ入りするも、出場機会はなかった。 ▽前節のラツィオ戦を出場停止とケガにより主力を欠きながらも、勝ち点1をもぎとった7位ミラン(勝ち点41)と、16日に行われたヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦1stレグでボルシアMGに1-0で勝利し、公式戦2連勝を飾った8位フィオレンティーナ(勝ち点40)が激突した。 ▽厳しい相手との戦いが続く中、なんとか上位を追走したいミランは、ラツィオ戦から先発メンバーを4人変更。サパタ、ポーリ、ロカテッリらに代えて、出場停止から復帰したパレッタとクツカに加え、バッカを先発で起用した。本田はベンチスタートとなった。 ▽一方、勝利すれば、ミランを退いて7位浮上となるフィオレンティーナは、中2日と厳しい中、ボルシアMG戦からスタメンを4人変更。オリヴェラとテージョ、バデリらに変えて、サルセドとキエーザ、イリチッチらを起用した。 ▽この試合を落とすと上位争いに遅れをとってしまう両者の立ち上がりは、攻守が激しく入れ替わる展開となった。まずはミランが5分、ボックス左外からのホセ・ソサが直接FKでゴールを脅かす。対するフィオレンティーナは11分、イリチッチのパスを受けたボルハ・バレロがボックス右手前からミドルシュート。ボールはゴール右隅を捉えるもGKドンナルンマがパンチングでセーブした。 ▽流れからチャンスを作り、試合のペースを握り始めたフィオレンティーナだったが、この流れをミランがセットプレーで断ち切る。17分、敵陣中央右からのFKをホセ・ソサがボックス内に放り込むと、走りこんだクツカが頭で合わせる。このボールにGKタタルサヌが反応できず、ゴール左隅に吸い込まれた。 ▽リズムを掴み始めていただけに苦しい展開となったフィオレンティーナは21分、ボックス右外でボールを受けたキエーザがカットインから鋭いクロスを供給。これを走りこんだカリニッチが左足で合わせると、反応していたGKドンナルンマの脇の下をすり抜け、ゴールネットに突き刺さった。 ▽同点に追いつかれるも、次第に攻撃がかみ合いだしたミランは31分、敵陣中央でボルハ・バレロからボールを奪うと、ショートカウンター。ホセ・ソサ、パシャリッチとつないで、最後はデウロフェウがボックス手前から右足を振り抜くと、弧を描いてゴール右隅に吸い込まれた。 ▽勝ち越しを許したフィオレンティーナは56分、セットプレーから決定機を迎える。敵陣中央右でFKを獲得すると、ボルハ・バレロがクロスを供給。ファーサイドでフリーのC・サンチェスが、これを左足で合わせるも、ミートのずれたシュートは枠の上へと外れた。 ▽ボールを支配するもチャンスをモノにできないフィオレンティーナは71分、FWキエーザとMFクリストーフォロに代えて、FWテージョとMFバデリを投入し、攻撃の活性化を図る。 ▽一方、押し込まれるミランは85分、敵陣中央でセカンドボールを拾ったベルトラッチが、ボックス右にスルーパス。これに抜け出したアバーテがシュートを放つも、GKタタルサヌがファインセーブで弾く。 ▽このセカンドボールを奪ったフィオレンティーナは、素早く前線に送りカウンターを仕掛けると、最終ラインに抜け出したテージョがミランゴールに迫ったが、今度はミランのGKドンナルンマが好判断な飛び出しで対応した。 ▽なんとかドローに持ち込みたいフィオレンティーナは、後半アディショナルタイムにボックス左外からボルハ・バレロがクロスを送ると、このこぼれ球がに反応したテージョがボックス手前からダイレクトシュート。しかし、これはミスキックとなり、ボールはGKドンナルンマが落ち着いてキャッチした。 ▽結局、試合はそのまま2-1で終了。デウロフェウの移籍後初ゴールで勝ち越したミランがホームでヴィオラを撃破し、7位をキープしている。 2017.02.20 07:29 Mon
twitterfacebook
thumb

【セリエA第25節プレビュー】ミランvsヴィオラ開催、CL控えるユーベは金曜に登場

▽前節はユベントス、ローマ、ナポリ、インテルといった上位チームが順当に勝利を収め、ラツィオがミランを圧倒しながらも痛み分けに終わった。迎える第25節はミランvsフィオレンティーナの好カードが組まれている。 ▽前節ラツィオ戦を出場停止とケガにより主力を複数欠いた中、劣勢を強いられながらもスソの一発で引き分けに持ち込んだ7位ミラン(勝ち点41)は、パレッタとクツカが出場停止から復帰予定。厳しい相手との戦いが続くが、上位を追走するための3ポイントを手にできるか。 ▽一方、ウディネーゼに3-0と快勝してローマ戦の惨敗を払拭した8位フィオレンティーナ(勝ち点40)は、木曜日に行われたヨーロッパリーグ(EL)のボルシアMG戦をベルナルデスキのバースデー弾で1-0と辛勝。ベストメンバーを送り込んで中2日と厳しい日程の中、連勝となるか。 ▽前節カリアリ戦をイグアインのドッピエッタで5連勝とし、2位ローマとの7ポイント差を維持した首位ユベントス(勝ち点60)は、金曜日に降格圏の18位に沈むパレルモ(勝ち点14)を28連勝中のホームに迎える。好調の要因となっていたマンジュキッチが出場停止となるが、若干のターンオーバーを図って翌水曜日に控えるチャンピオンズリーグ(CL)のポルト戦に臨みたい。 ▽ゼコの公式戦6試合連続ゴールなどでクロトーネを押し切った2位ローマ(勝ち点53)は、9位トリノ(勝ち点35)を14連勝中のホームに迎える。木曜日に敵地で行われたELのビジャレアル戦をゼコのハットトリックで4-0と圧勝。中2日での試合となるが、元ローマのファルケ、リャイッチらが攻撃の核としてチームを牽引しているトリノ相手にホーム戦15連勝となるか。 ▽前節ジェノア戦をメルテンスが2ゴールに絡む活躍を見せて快勝した3位ナポリ(勝ち点51)は11位キエーボ(勝ち点32)とのアウェイ戦に臨む。水曜日に行われたCLのレアル・マドリー戦では善戦しながらも1-3と敗戦。公式戦19試合ぶりに黒星を喫した中、確実に勝利を取り戻して2強を追走したい。 ▽イグアインとペリシッチが出場停止の中、代役エデルの1G1Aでエンポリを寄せ付けずに快勝してイタリア・ダービーの敗戦を払拭した4位インテル(勝ち点45)は、日曜日のランチタイムに13位ボローニャ(勝ち点27)とのアウェイ戦に臨む。引き続き得点源のイカルディが出場停止となるが、ペリシッチは処罰が軽減され出場可能。エンポリ戦で活躍したエデルの引き続きの活躍に期待だ。 ▽その他、A・ゴメスが2試合連続ドッピエッタ中の4位アタランタは19位に沈むクロトーネとのホーム戦を、詰めが甘くミランに引き分けた6位ラツィオは残留圏内ぎりぎりの17位エンポリとのアウェイ戦に臨む。 ※スタメン予想はイタリア『ガゼッタ』を参照 ◆セリエA第25節 ▽2/17(金) 《28:45》 ユベントス vs パレルモ ▽2/18(土) 《26:00》 アタランタ vs クロトーネ 《28:45》 エンポリ vs ラツィオ ▽2/19(日) 《20:30》 ボローニャ vs インテル 《23:00》 ペスカーラ vs ジェノア サンプドリア vs カリアリ キエーボ vs ナポリ ウディネーゼ vs サッスオーロ 《26:00》 ローマ vs トリノ 《28:45》 ミラン vs フィオレンティーナ 2017.02.17 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ベルナルデスキの直接FKバースデー弾でヴィオラがボルシアMGに辛勝で先勝《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦1stレグのボルシアMGvsフィオレンティーナが16日に行われ、0-1でフィオレンティーナが先勝した。 ▽バルセロナとマンチェスター・シティに屈し、チャンピオンズリーグ(CL)・グループCを3位で終えてEL決勝トーナメントに戦いの場を移したボルシアMGと、ELグループJを首位通過したフィオレンティーナの好カード。 ▽共に主力を起用し、フラットな[4-4-2]を採用した両チームの一戦は、慎重な立ち上がりを見せる。互いに守備ブロックを形成する中で進んだ試合は14分、まずはボルシアMGにチャンスが訪れる。ヘアマンがT・アザールの意表を突いたヒールパスをゴールエリア左で受けてシュート。決定的だったが、GKタタルサヌの好守に阻まれた。 ▽ここから勢いに乗ったボルシアMGが押し気味に試合を進めるも、フィオレンティーナの守備網を攻略するには至らない。ハーフタイムにかけてもこう着状態が続いたが、40分に決定機。ボックス右のヘアマンの折り返しをゴール前のシュティンドルがダイレクトでシュート。しかし、枠の上に外してしまう。さらに41分にもボルシアMGがゴールに迫る。右サイドからのT・アザールのクロスにジョンソンの合わせたシュートが右ポストを直撃した。 ▽劣勢となっていたフィオレンティーナだったが、ワンチャンスを生かして先制する。44分、ゴール正面約25mの位置で得たFKをベルナルデスキが直接狙うと、完璧にコントロールされたシュートがゴール左上隅に決まった。 ▽迎えた後半、1点を追うボルシアMGが前がかると、60分にボックス左のジョンソンが左サイドからのクロスを受けてシュート。しかし、枠の右上に外れていった。 ▽その後、フィオレンティーナはベルナルデスキを下げてクリストーフォロを投入し、守備の強度を上げていく。一方のボルシアMGはヤンチュケに代えてドルミッチを投入し、右サイドバックにジョンソンを下げる攻撃的な布陣とした。 ▽試合終盤にかけて、[4-4-2]の守備ブロックでボルシアMGの反撃を許さなかったフィオレンティーナが敵地で逃げ切って先勝。来週ホームで行われる2ndレグに向けてアドバンテージを手にしている。 2017.02.17 04:51 Fri
twitterfacebook
thumb

ベルナルデスキ活躍のヴィオラがウディネーゼに快勝《セリエA》

▽フィオレンティーナは11日、セリエA第24節でウディネーゼを本拠地スタディオ・アルテミオ・フランキに迎え、3-0で快勝した。 ▽前節ローマ戦を0-4と大敗して6試合ぶりの敗戦を喫した8位フィオレンティーナ(勝ち点37)は、負傷明けのカリニッチがベンチスタートとなり、出場停止のC・サンチェスに代わってトモビッチを3バックの右に起用した。 ▽開始30秒にババカルが枠内シュートを浴びせたフィオレンティーナが、立ち上がりから押し込んでいく。自陣に引くウディネーゼに対し、21分にはバデリのボレーシュートでGKを強襲。続く25分にはババカルのヘディングシュートでゴールに迫った。 ▽そして、押し込み続けたフィオレンティーナが41分に押し切る。ベルナルデスキのミドルシュートはバーを叩いたものの、ルーズボールをボックス右のボルハ・バレロが胸トラップからゴール左に決めた。 ▽後半からヤンクトに代えてバドゥを投入したウディネーゼに開始3分、D・サパタのヘディングシュートでゴールを脅かされる。しかし、至近距離からのシュートをGKタタルサヌがファインセーブで阻止した。その後も前がかるウディネーゼに58分、テローのミドルシュートでGKタタルサヌを強襲される。 ▽しかし、凌いだフィオレンティーナが62分に突き放す。ボックス手前中央からババカルが思い切りよくミドルシュート。これがDFにディフレクトしてゴールに吸い込まれた。 ▽余裕の展開としたフィオンレンティーナはケガ明けのカリニッチを投入。さらにヒザを打撲したヴェシーノを大事を取ってベンチに下げていく。 ▽すると79分、ボックス手前右で得たFKをベルナルデスキが直接狙うと、壁に入っていたフォファナの手に当たってPKを獲得。これをベルナルデスキが決めて3-0と快勝したフィオンレンティーナが勝利を取り戻し、7位ミランに暫定勝ち点で並んでいる。 2017.02.12 06:44 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース