奮闘ラツィオに敗戦のフィオレンティーナ、インテルにプレッシャーをかけられず《セリエA》2016.01.10 04:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
▽フィオレンティーナは9日、セリエA第19節でラツィオをアルテミオ・フランキに迎え、1-3で敗れた。

▽イリチッチのドッピエッタとブワシュチコフスキの復活ゴールで前節パレルモ戦を勝利した3位フィオレンティーナ(勝ち点38)が、9位ラツィオ(勝ち点24)をホームに迎えた一戦。好調イリチッチをベンチスタートとし、M・フェルナンデスをカリニッチの後方に据える[3-4-2-1]の布陣で臨んだフィオレンティーナは開始4分、M・フェルナンデスの際どい直接FKでゴールに迫った。

▽そのフィオレンティーナがポゼッションを高める流れで試合は推移していったが、ラツィオの激しい寄せの前になかなかシュートに持ち込めない状況を強いられた。すると、28分にはケイタにボックス左へ抜け出されてシュートを許すピンチを迎える。ここはGKタタルサヌがセーブしたが、32分にもピンチ。CKからミリンコビッチ=サビッチのヘディングシュートが枠を捉えたが、ゴールライン上のアストーリがクリアして失点を逃れた。

▽しかし追加タイム1分、ついに失点する。ジョルジェビッチの落としを受けたケイタにドリブルでボックス中央に侵入され、ゴール左へシュートを流し込まれた。

▽後半もタイトな守備からカウンターに転じるラツィオの前にペースを掴みきれないフィオレンティーナは、59分にバデリの負傷を受けてイリチッチを投入。攻勢を強めると、63分にはM・フェルナンデスが際どいミドルシュートを放った。

▽さらに70分にイリチッチが直接FKでゴールに迫ったフィオレンティーナは、74分にロッシを投入するとその直後、ロッシの強烈なミドルシュートが枠を捉えたが、GKベリシャの好守に阻まれる。88分にもロッシが枠内シュートを浴びせたが、再度GKベリシャのセーブに阻まれてしまう。そして、追加タイム2分にミリンコビッチ=サビッチのゴールを許したフィオレンティーナは直後にロンカーリアのミドルシュートで1点を返すも、F・アンデルソンのゴールも許して1-3でタイムアップ。明日試合を行う首位インテルにプレッシャーをかけることはできなかった。

コメント

関連ニュース

thumb

キエーザのセリエA初ゴールなど3発のフィオレンティーナが快勝《セリエA》

▽フィオレンティーナは21日、セリエA第21節でキエーボとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。 ▽前節ユベントスを2-1で退けた暫定9位のフィオレンティーナ(勝ち点30)は、出場停止のカリニッチの代役にババカルを起用した。 ▽リーグ戦3連敗中の11位キエーボ(勝ち点)に対し、ユベントス戦同様に[3-4-2-1]の布陣を採用したフィオレンティーナが立ち上がりからボールを保持して仕掛けていった。そんな中9分にL・カストロに際どいミドルシュートを打たれたが、GKタタルサヌがファインセーブで阻止。続く13分にはメッジョリーニのボレーシュートでゴールに迫られるも、わずかに枠を捉えきれず助かった。 ▽すると18分、ダイネッリからボールを奪ったテージョがボックス左へ侵入。左足で確実にシュートを決めて、フィオレンティーナが先制した。その後もボールを保持したフィオレンティーナだったが、カウンターから31分にメッジョリーニに枠内シュートを浴びると、ペリッシエルにもクロスボールを合わせられてヒヤリとした。 ▽リードを保ったフィオレンティーナは41分、ベルナルデスキの直接FKでゴールに迫ったが、GKにセーブされ前半を1-0で終える。 ▽迎えた後半、48分にメッジョリーニのヘディングシュートでゴールを脅かされたフィオレンティーナは、直後にベルナルデスキのミドルシュートでGKソレンティーノを強襲。さらにルーズボールをババカルがシュートするもここもソレンティーノにセーブされた。しかし直後のCKの流れからキエーザがL・カストロにボックス内で倒されてPKを獲得。これをババカルが決めてリードを広げた。 ▽2点をリードして以降はフィオレンティーナが自陣に引いてキエーボにボールを持たせて時間を消化。66分にはベルナルデスキに代えてクリストーフォロを投入し、守備の強度を上げて逃げ切りを図ると、追加タイム4分にヴェシーノのラストパスを受けたキエーザのセリエA初ゴールも生まれてフィオレンティーナが快勝。2連勝としている。 2017.01.22 04:04 Sun
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナFW、中国行き報道を一蹴「一度も『行きたい』なんて言っていない」

フィオレンティーナに所属するクロアチア代表FWニコラ・カリニッチが、中国からのオファーを断り、残留すると明言した。クロアチア『Sportske』が報じた。<br><br>フィオレンティーナのエースFWとして活躍するカリニッチにはかねてより中国スーパーリーグの天津権健が獲得に興味を示していた。移籍金としてフィオレンティーナへ5000万ユーロ(約61億円)、選手には年俸1200万ユーロ(約15億円)の条件が想定されていたが、カリニッチは中国行きを拒否したことを明かしている。<br><br>「フィオレンティーナに残るよ。僕の決断だ。イタリアでプレーしたいし、快適に感じているからね。僕を売るんじゃないかという圧力がここ数日あり、全員が僕の中国行きを勧めているように感じた。クラブだけでなく、記者や世の中の人もね。僕が行くべきだとという雰囲気になっていて、皆は僕を取り除きたがっていた。『行きたい』なんて言っていないのにね。もちろんオファーについては考慮したけど、行きたいと言ったことはないよ」<br><br>続けて、オファーについては「天津がフィオレンティーナにどんな額のオファーをしたのかはわからないけど、僕は残るという決断をした。これが最終的な答えだ」と、話している。<br><br>多くのスター選手が中国行きを決断する中で、自身のキャリアを重要視し、イタリアで続けることを決断したカリニッチ。まだ世界に名が知れているストライカーということはできないが、今後の活躍に期待したいところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.21 15:55 Sat
twitterfacebook
thumb

危険タックルのサラテにコッパ・イタリア3試合の出場停止処分… 勝ち上がっても来季初戦まで出場できず

▽FIGC(イタリアサッカー連盟)は20日、フィオレンティーナのアルゼンチン人FWマウロ・サラテに対し、コッパ・イタリア3試合の出場停止処分を科した。 ▽サラテは11日に行われたコッパ・イタリア5回戦のキエーボ戦で先発し、71分に相手MFバスティエンに対して後方からの危険なスライディングタックルで一発退場となっていた。この裁定により、フィオレンティーナが今季の決勝まで進んだとして、サラテは来季の初戦まで出場できないことになる。 ▽また、FIGCはコッパ・イタリア5回戦で退場したトリノのイタリア人DFアントニオ・バレッカとキエーボの元セルビア代表MFイバン・ラドバノビッチに対し、1試合の出場停止処分を科したことを併せて発表している。 2017.01.21 02:02 Sat
twitterfacebook
thumb

ワトフォードがフィオレンティーナFW獲得に興味…31億円のオファーを提示

ワトフォードがフィオレンティーナのFWマウロ・サラテの獲得に向けて、250万ユーロのオファーを出していることが明らかになった。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。<br><br>今冬の移籍市場において、ワルテル・マッツァーリ監督率いるワトフォードはミランのMF本田圭佑の獲得に興味を示しているなどと報道があったが、監督とジーノ・ポッツォ会長との間で意見が割れるなどして、実現に至っていない。<br><br>一方で今回、サラテの名前が挙がった。今シーズンのリーグ戦では、出場がわずか7試合と出場機会に恵まれていない。ワトフォードは獲得のため、250万ユーロ(約31億円)のオファーをフィオレンティーナへ出したと見られているが、フィオレンティーナの希望額は300万ユーロ(約37億円)とされている。<br><br>条件面での開きはあるものの、もし移籍が実現すれば、サラテにとって、1年ぶりのプレミアリーグ復帰となる。今月末へ向けて移籍交渉の動向が注目されるところだ。<br><br>提供:goal.com 2017.01.20 16:40 Fri
twitterfacebook
thumb

レーティング: フィオレンティーナ 2-1 ユベントス《セリエA》

▽セリエA第20節フィオレンティーナvsユベントスが15日にスタディオ・アルテミオ・フランキで行われ、2-1でフィオレンティーナが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽フィオレンティーナ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170116_14_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 12 タタルサヌ 6.0 80分のイグアインのヘディングシュートを好守で阻止 DF 6 C・サンチェス 6.5 本職でないストッパーの位置ながらも好パフォーマンス 2 ゴンサロ・ロドリゲス 6.0 守備を統率。悪癖の軽いプレーが見られなかった 13 アストーリ 6.0 高い集中力を保ってプレー MF 25 キエーザ 6.0 攻守に奮闘。セリエA初ゴールは幻に (→テージョ -) 20 ボルハ・バレロ 5.5 幅広く動いてボールを引き出した (→イリチッチ -) 8 ヴェシーノ 6.5 アンカーの位置から攻撃によく絡んだ 5 バデリ 6.0 攻守のバランスを取り、決勝ゴールをマーク 15 オリヴェラ 6.0 クアドラードの突破を阻んだ FW 10 ベルナルデスキ 6.0 カリニッチと良い距離感を保つ (→クリストーフォロ 6.0) 守備の強度を狙い通りに上げる働きを担った 9 カリニッチ 6.5 ボヌッチとのフィジカル勝負で負けず。先制ゴールを奪った 監督 パウロ・ソウザ 6.5 ユベントスに合わせて3-5-2を採用し、真っ向勝負を挑んで見事に勝利 ▽ユベントス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170116_15_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ブッフォン 6.0 防げるシュートは止めていた DF 15 バルザーリ 5.5 大崩れせず耐える (→マンジュキッチ -) 19 ボヌッチ 5.0 約1カ月半ぶりの先発復帰。カリニッチに完敗 3 キエッリーニ 5.5 身体を張った対応位を続けた MF 7 クアドラード 5.5 オリヴェラとのマッチアップで優位に立てず 6 ケディラ 5.0 ゴールに絡んだが、なかなかボールに触れず 8 マルキジオ 5.0 [4-2-4]に変更して以降、ボールタッチが増えたものの、存在感が乏しかった (→リンコン -) 27 ストゥラーロ 5.5 球際でハードに戦うもボールが足に付いていなかった (→ピアツァ 5.0) 左ウイングでプレー。1度良い突破があったが、試合に入れず 12 アレックス・サンドロ 6.0 キエーザと好勝負を演じた FW 21 ディバラ 6.0 終盤の決定機を決めたかったが、下がってボールを受けて起点になろうとした 9 イグアイン 6.0 なかなかボールに絡めなかったが、反撃の狼煙を上げる1ゴール 監督 アッレグリ 5.5 何とか追いつこうと超攻撃的布陣に変更したが、届かなかった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! カリニッチ(フィオレンティーナ) ▽ヴェシーノも素晴らしい働きぶりだったが、攻撃面以外にも守備への切り替えでも秀逸の働きを見せたカリニッチを選出。 フィオレンティーナ 2-1 ユベントス 【フィオレンティーナ】 カリニッチ(前37) バデリ(後9) 【ユベントス】 イグアイン(後13) 2017.01.16 06:53 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース