改善の兆し見えているユナイテッド、ギグスの力か2016.01.09 20:15 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽マンチェスター・ユナイテッドのパフォーマンスが改善されつつある要因に、ライアン・ギグス氏の存在があるようだ。イギリス『ザ・サン』が報じた。

▽ユナイテッドは、昨年11月から12月にかけて公式戦8試合未勝利となるなど、低調なパフォーマンスが続いていた。チームを率いるルイス・ファン・ハール監督の去就も取りざたされているが、2日に行われたプレミアリーグ第20節のスウォンジー戦に勝利して連続未勝利を止めたことで、少し報道が落ち着いているところだ。

▽また、内容面でも改善の兆しが見えていることも、ファン・ハール監督への風当たりが和らいだ理由かもしれない。昨年の最終戦となったチェルシー戦と直近のスウォンジー戦のパフォーマンスには、スタジアムのサポーターも一定の評価を与えている様子だった。

▽『ザ・サン』によれば、ユナイテッドはチェルシー戦の前から、コーチを務めるギグス氏の役割を重くしたようだ。ギグス氏は、トレーニングをより楽しいものとするために、アレックス・ファーガソン氏が指揮官を務めていた時代に人気があった練習を再び取り入れ、選手たちの笑顔を引き出しているという。

▽また、戦術面についても、ギグス氏の意見がより反映されるようになったようだ。実際に、ファン・ハール監督も、「我々はアプローチを変えた」と話しており、何らかの変化を施したことを認めている。

▽ユナイテッドは、9日に行われるFAカップでシェフィールド・ユナイテッドと対戦。リーグ1(イングランド3部相当)所属クラブとのホーム戦だけに、快勝で4回戦に進みたいところだ。

コメント

関連ニュース

thumb

常にリスペクト…モウリーニョ、ユナイテッドに対する過去の発言まとめ

▽マンチェスター・ユナイテッドは27日、ジョゼ・モウリーニョ氏を3年+1年の延長オプション付の契約で新指揮官に招へいしたことを発表した。イギリス『スカイ・スポーツ』は、モウリーニョ監督が過去にユナイテッドに対して残したコメントを紹介している。 ◆アレックス・ファーガソン元ユナイテッド指揮官について(2014年12月) 「全てだ。マンチェスター・ユナイテッドとフットボール界全体にそのタレント性を見せた。あらゆる情熱がある。プライベートに関してもね。素晴らしい人物であり、友人だ。ファンタスティックなユーモアもある」 ◆オールド・トラフォードについて(2015年10月) 「サッカー・エイドでプレーしたときも楽しめた。スタジアムは満員だった。フットボーラーだけでなく、俳優や歌手やコメディアンもプレーし、スタジアムの雰囲気を非常に楽しんだ。私もそうだ。それは、チャリティマッチだった。楽しまなければならない場所だ」 ◆チャンピオンズリーグでユナイテッドとの対戦が決まって(2013年3月) 「それは、常に特権だ。勝利するかにかかわらずね。誰もが大きな敵と戦いたいと考えている。有名な監督、有名な選手、有名なチームとね。ユナイテッドは、その全てだ」 ◆ライアン・ギグスについて(2009年5月) 「10度もプレミアリーグを制した選手に何を言うことがあるだろうか。彼のメダルが証明している。プレミアリーグの歴史上で最も偉大な選手に関することだ。1つのプレミアリーグのクラブに対してギグスほど貢献した選手はいない」 ◆ファーガソンの後任にデイビッド・モイーズ氏が選ばれたことについて(2014年1月) 「サー・アレックスの後任に彼を選んだ際、クラブは驚くべき信頼を与えた。素晴らしい文化を持つクラブだ。彼らは安定性を信じる。監督の権力を信じる」 ◆ウェイン・ルーニーの移籍騒動について(2010年10月) 「彼が退団したいのは、何らかの理由があるのだろう。だが、私は彼がマンチェスター・ユナイテッドに属する選手だと信じている。ユナイテッドのファンのものだ。オールド・トラフォードに属する選手だ。だけど、いつかユナイテッドでのときが終わりを迎えるのならば、彼に電話させてもらうよ」 2016.05.27 18:27 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド新指揮官モウリーニョ「他のいかなるクラブも対抗できない神秘性とロマンスがある」

▽マンチェスター・ユナイテッドは27日、来シーズンからの新指揮官にジョゼ・モウリーニョ氏(53)を招へいすることを発表した。契約期間は3年で、1年の延長オプションが付けられている。クラブ公式サイトがモウリーニョ監督のコメントを伝えている。 「マンチェスター・ユナイテッドの監督になることは特別な名誉だ。世界中で知られていて、称賛されるクラブだ。他のいかなるクラブも対抗できない神秘性とロマンスがある」 <div id="ad"></div> 「私は常にオールド・トラフォードに親近感を覚えてきた。私のキャリアにおいても、いくつかの重要な記憶となったものがある。私は常にユナイテッドファンとの関係を楽しんでいた。ユナイテッド指揮官として働くのを楽しみにしている。驚くべきサポートを受けられるときを楽しみにしたい」 2016.05.27 18:03 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、モウリーニョ招聘を公式発表

▽マンチェスター・ユナイテッドは27日、来シーズンからの新指揮官にジョゼ・モウリーニョ氏(53)を招へいすることを発表した。契約期間は3年で、1年の延長オプションが付けられている。イギリス複数メディアによれば、年俸は1000万ポンド(約16億円)程度とみられる。 ▽ユナイテッドは、23日にルイス・ファン・ハール前監督を解任。2014年のブラジル・ワールドカップ後からユナイテッドを率いていたファン・ハール監督は、1年目を無冠で終えると、今シーズンはチャンピオンズリーグ出場権を逃す5位でのフィニッシュとなり、契約最終年を前に解任された。 <div id="ad"></div> ▽一方、過去14シーズンで8度のリーグ優勝を経験するなど世界屈指の名将として名高いモウリーニョ氏は、昨年12月にチェルシーの指揮官を解任された。王者として臨んだ今シーズンだったが、開幕から調子を上げることができず、2度目のチェルシー指揮官解任の憂き目を見ていた。 2016.05.27 17:32 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド1年目を振り返るデパイ「悪い1年でも良い1年でもなかった」

マンチェスター・ユナイテッドFWメンフィス・デパイは、ユナイテッドでの1年目のシーズンが「良くも悪くもなかった」と振り返りつつ、来シーズンに向けて諦めず戦い続ける姿勢を強調している。<br><br>PSVで大きな活躍を見せ、昨夏のユナイテッドの補強の目玉として加入したデパイだが、その期待に十分に応えられたとは言えないシーズンとなった。先発を外れる機会も多く、最後はFAカップ決勝でベンチ入りメンバーからも外れてシーズンを終えた。<br><br><div id="ad"></div><br>公式戦45試合に出場して7ゴールという成績で終えた2015-16シーズンについて、デパイは『Unscriptd』によるインタビューに次のように語っている。<br><br>「悪い1年ではなかったけど、良い1年でもなかったね。そのちょうど中間だったよ。僕は自分自身にもっと期待していたし、ファンも同じだ。それが普通だよ」<br><br>「今シーズンは僕にとって、プレミアリーグでプレーするという新たな経験だった。今季得られた経験や、対処しなければならなかったことには大きな意味があったよ。ミスを犯すことやベンチに座ることもあって、僕には初めてのことだったよ」<br><br>ジョゼ・モウリーニョ氏の新監督就任が確実になったとみられる来シーズンも、自分を信じて戦い続けると意気込みを口にした。<br><br>「進み続けるしかないし、自分自身を信じ続けるしかない。誰よりもまず自分こそが自分を信じなければならないんだ。本当に厳しいこともあるけどね」<br><br>「僕はまだ若い。22歳なんだ。何かを成し遂げられると信じて、すべてを注ぎ込めばやれるものだと思う。夢を見て、信じて、成し遂げる。それが僕のモットーだ。どんなことも諦めたくはないよ」<br><br><br><br>提供:goal.com 2016.05.27 17:27 Fri
twitterfacebook
thumb

リオ、熱弁でモウリーニョに太鼓判 「本物の勝者」

▽マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドである元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏が、ジョゼ・モウリーニョ氏の同クラブ行きについてコメントを残した。 ▽ルイス・ファン・ハール監督を解任したユナイテッドは、モウリーニョ氏の招へいが決定的になっている。ユナイテッドで12シーズンにわたってプレーし、公式戦451試合に出場したファーディナンド氏は、自身のフェイスブックでモウリーニョ氏を祝福。復権を期するユナイテッドを任せることができる人物であると太鼓判を押した。 <div id="ad"></div> 「世界最大のクラブの指揮官となったモウリーニョ、おめでとう。これはモウリーニョにとって最もエキサイティングで、やりがいのある仕事だ。彼が最初にやる必要があることは、勝者のメンタリティをユナイテッドに戻すことだ。選手にもその精神を戻し、人々やクラブ内部で働く人にも徐々に戻してもらわないと。クラブの至るところで、そのような信念を取り戻すことが重要だ」 「ただ、マンチェスター・ユナイテッドらしさを出すことも同じように重要だ。私は、モウリーニョのやり方がマンチェスター・ユナイテッドには合わないと多くの人が話しているのを耳にした」 「だが、彼がプレミアリーグで初めてチェルシーを率いたとき、ウインガーを重用し、速くて鋭い攻撃を見せていた。ロッベンやダフのようなウインガーを起用し、速くてダイレクトなフットボールをしていた。これは、どのようなやり方でプレーさせるべきか彼が分かっていることの兆候だ。マンチェスター・ユナイテッドのファンは前向きになれる」 「よく聞くもうひとつの疑問は、若手を成長させるというクラブの伝統と彼が共存できるかということだ。今現在、そのことに関して答えはできない。時間を見てみなければならない。私がマンチェスター・ユナイテッドのファンに話すことができる唯一のことは、あらゆる面を考慮し、本物の勝者が指揮官に就任するということだ。彼の履歴書は成功を示している」 「最後のシーズンにチェルシーで成功できず、彼はチームを指揮することに飢えている。リーグカップとプレミアリーグを獲得してから失望のシーズンを過ごした。早く払拭したいと考えているだろう。ネガティブな意見を述べているメディアを黙らせたいはずだ。モウリーニョの強烈な個性は、ユナイテッドのような偉大なクラブのためにある。彼もこの機会を待っていた。彼のベストを祈る」 2016.05.27 16:41 Fri
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース