超ワールドサッカー

改善の兆し見えているユナイテッド、ギグスの力か2016.01.09 20:15 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽マンチェスター・ユナイテッドのパフォーマンスが改善されつつある要因に、ライアン・ギグス氏の存在があるようだ。イギリス『ザ・サン』が報じた。

▽ユナイテッドは、昨年11月から12月にかけて公式戦8試合未勝利となるなど、低調なパフォーマンスが続いていた。チームを率いるルイス・ファン・ハール監督の去就も取りざたされているが、2日に行われたプレミアリーグ第20節のスウォンジー戦に勝利して連続未勝利を止めたことで、少し報道が落ち着いているところだ。

▽また、内容面でも改善の兆しが見えていることも、ファン・ハール監督への風当たりが和らいだ理由かもしれない。昨年の最終戦となったチェルシー戦と直近のスウォンジー戦のパフォーマンスには、スタジアムのサポーターも一定の評価を与えている様子だった。

▽『ザ・サン』によれば、ユナイテッドはチェルシー戦の前から、コーチを務めるギグス氏の役割を重くしたようだ。ギグス氏は、トレーニングをより楽しいものとするために、アレックス・ファーガソン氏が指揮官を務めていた時代に人気があった練習を再び取り入れ、選手たちの笑顔を引き出しているという。

▽また、戦術面についても、ギグス氏の意見がより反映されるようになったようだ。実際に、ファン・ハール監督も、「我々はアプローチを変えた」と話しており、何らかの変化を施したことを認めている。

▽ユナイテッドは、9日に行われるFAカップでシェフィールド・ユナイテッドと対戦。リーグ1(イングランド3部相当)所属クラブとのホーム戦だけに、快勝で4回戦に進みたいところだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッド、72億円オファーでマルキーニョス獲得を確信か

▽マンチェスター・ユナイテッドは、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表DFマルキーニョス(22)の獲得に自信を深めているのかもしれない。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽マルキーニョスはスピードと身体能力の高さを売りとするセンターバック。今夏にはユナイテッドのみならず、バルセロナやチェルシーからの関心も取り沙汰される人気銘柄の1人だ。 ▽そうした中、渦中のマルキーニョスは放出意思のないPSGから新契約のオファーを受けたものの、依然として進展なし。本人はプレミアリーグでの新たな挑戦に意欲を示しているようだ。 ▽報道によれば、ジョゼ・モウリーニョ監督は、DFエリック・バイリーを除き、現在のセンターバック陣を信頼しきれていないことから、守備陣補強の必要性を感じているとみられている。 ▽そこで、ポルトガル人指揮官は守備陣補強のメインターゲットとしてマルキーニョスの獲得を希望。クラブは移籍金5000万ポンド(約72億1000万円)での獲得を見込んでいるという。 2017.04.29 17:30 Sat
twitterfacebook
thumb

2年越しの恋が実るか!? マドリーが前回の失敗を活かして、デ・ヘア獲得に向けすでに交渉開始と報道

▽レアル・マドリーが2年越しの恋を実らせる可能性が高まっているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は、以前からコスタリカ代表GKケイロル・ナバス(30)を信頼しておらず、GKを補強ポジションの1つだと考えている。2年前の夏には、マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(26)の獲得に動き、ケイロル・ナバスの譲渡を条件としたオファーがユナイテッドとの間で合意していた。しかし移籍市場最終日に、移籍に関する必要な書類の到着が間に合わず、目前で破談となった。 ▽ペレス会長は未だにデ・ヘアの獲得を望んでいる模様。『マルカ』によると、2年前の苦い経験を踏まえて、すでにデ・ヘア獲得に向けた動きが水面下で実行されているようだ。さらに同メディアは、すでにデ・ヘアとは個人間で合意に達しており、契約期間は5年か6年と長期契約になるとみている。 ▽そのデ・ヘアは、今シーズンもリーグ戦32試合に出場し14試合でクリーンシートを達成するなど、好パフォーマンスを見せている。一度は移籍を認めたユナイテッドだが、今回も守護神の放出を認めるのかに注目が集まる。 2017.04.29 10:12 Sat
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、マンチェスター・Cのトップ4入りを予想「残り1枠は三つ巴」

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が宿敵のトップ4入りを予想した。<br><br>マンチェスター・Uは27日、マンチェスター・シティと対戦し、0-0で引き分けた。ユナイテッドは33試合を終えた時点で勝ち点64を集めて、5位につけている。1位チェルシーと2位トッテナムは頭一つ抜けているが、3位以下は勝ち点差が小さい。1つ消化試合数の多い3位リバプールが勝ち点66、4位のマンチェスター・Cは65となっており、マンチェスター・Uが残り5試合でトップ4に入ることも十分可能だ。モウリーニョはチャンピオンズリーグ出場権獲得争いについて以下のようなコメントを残した。<br><br>「マンチェスター・Cはトップ4に入るだろう。残りの試合を考えても彼らは達成できると思う。残り1枠をアーセナル、リバプール、我々で争うことになる。でも、事実として我々はヨーロッパリーグ(EL)の準決勝を戦わなければならない。負傷者も多いが、可能性がなくなるまで闘う覚悟だ」<br><br>マンチェスター・Uはリーグ戦でアーセナルやトッテナムといった上位陣との対戦も残す。さらに、セルタと戦うEL準決勝という大舞台も控えている。厳しい日程が続くが、トップ4入りは果たせるだろうか。まずは30日、プレミアリーグ第35節でスウォンジーをホームに迎える。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.28 16:04 Fri
twitterfacebook
thumb

「スコールズがポグバを蹴っていた」ユナイテッドOBが語る“世界最高額の男”の原点とは

現役時代にマンチェスター・ユナイテッドで活躍したネマニャ・ヴィディッチ氏は、ポール・スコールズ氏がポール・ポグバを練習場で蹴っていたと『ESPN』で語っている。<br><br>10代のポグバは、当時アレックス・ファーガソン氏率いるレッド・デビルズのトップチームに昇格した。同選手の能力に疑いの余地はなかったが、若手選手にとってトップチームの環境に適応することは簡単ではなく、それがユヴェントス移籍のきっかけになったようだ。プレミアリーグを5度制し、チャンピオンズリーグの優勝も経験したヴィディッチ氏は、これが&ldquo;世界最高額の男&rdquo;の原点だったと感じているようだ。<br><br>ヴィディッチ氏は「ポールはまだ17歳だったが、体はすでに出来上がっていた」とポグバがトップチームに加わった当時を振り返り、以下のように続けた。<br><br>「私がユナイテッドに加入した時のように、ポール・スコールズは彼を蹴り、テストしていた。スコールズは&ldquo;ボールを蹴り合う友達ではない&rdquo;と教えたかったと思う。まるで喧嘩をしているようだった。毎日試合のようなトレーニングを積んでいたから、試合だからと言ってスイッチを切り替える必要はなかった。常に戦うための準備はできていた」<br><br>「あの時のユナイテッドには闘争心を持った選手たちがたくさんいた。だからいつでも試合を戦う準備は十分にできていた。ヨーロッパでの試合でも、相手がチェルシーやアーセナル、リヴァプールであっても恐れる必要はなかった」<br><br>さらに元セルビア代表DFはクリスティアーノ・ロナウドについても述べている。<br><br>「クリスティアーノを相手に毎日練習していたが、彼は毎週成長していた。彼は努力を続け、練習が終わった後も両足のスキルを上げる練習をしていた。彼は生まれながらに能力に恵まれていたと言う人もいるが、彼はとても努力して今の地位まで上り詰めた。ユナイテッドに来た時の彼は華奢だったが、ほとんどケガをすることもなく全力で練習していた」<br><br>提供:goal.com 2017.04.28 12:20 Fri
twitterfacebook
thumb

シティ相手のドローに満足するキャリック、「勝ち点を獲得したことが重要」と前向き

マンチェスター・ユナイテッドのMFマイケル・キャリックは、引き分けに終わったマンチェスター・ダービーの後、勝ち点1を獲得したことが重要だとイギリス『スカイ・ スポーツ』のインタビューで語っている。<br><br>27日にエティハド・スタジアムで行われたマンチェスター・シティとの一戦に、マンチェスター・Uは守備的な布陣で臨み、84分にマルアン・フェライーニが退場したものの、0-0の引き分けに持ち込み、貴重な勝ち点1を獲得した。大部分の時間帯で守備に回ることを余儀なくされたユナイテッドだが、これで4位シティとの勝ち点差1をキープし、目標のトップ4に向け前進している。<br><br>この日欠場したポグバの代わりに中盤で出場したキャリックは「僕たちは1ポイントを獲得した」と引き分けをポジティブに捉え、以下のように続けている。<br><br>「もちろん勝利するためにここに来た。それにシティに勝てればトップ4に浮上できると思っていた。僕たちは多くの時間帯で守備に追われ、終盤は慌ただしくなってしまったが、全体的に見ればよくやったと思う。10人になってからはとても難しい試合になった。ほとんど時間が残っていないこともわかっていたが、信じられないぐらいの長さに感じた。ドローという結果に終わったが、1ポイントを持ち帰ることに成功した」<br><br>提供:goal.com 2017.04.28 11:15 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース