レアル・マドリー、68億円のストーンズ獲得へ?2016.01.09 18:59 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽エバートンのイングランド代表DFジョン・ストーンズ(21)争奪戦に、レアル・マドリーが参戦するようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

▽イングランド代表の将来を担うと評される現代型センターバックのストーンズに関しては、多くのビッグクラブが獲得に興味を持っているとみられる。昨年の夏には、チェルシーが3度にわたってオファーを出すも、最後の提示額とみられる3000万ポンド(約51億1000万円)のオファーでも、エバートンを納得させることができなかった。

▽『デイリー・メール』によれば、先日にマドリー指揮官を解任されたラファエル・ベニテス監督が、ストーンズを高く評価。ベニテス監督が解任されてジネディーヌ・ジダン監督が新たにトップチーム指揮官に就任したが、ストーンズに関しては引き続き関心を示しているようだ。

▽また、マドリーと共にバルセロナもストーンズ獲得に興味を持っていることが伝えられている。しかし、こちらは4000万ポンド(約68億2000万円)と評価される移籍金を投じることが難しいとされている。

コメント

関連ニュース

thumb

イスコがレンタル移籍へ…移籍先の候補はマラガかトッテナム

▽レアル・マドリー退団が噂されるスペイン代表MFイスコだが、やはり新シーズンは新天地で迎えることになりそうだ。スペイン『アス』が報じている。 ▽レアル・マドリーではコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが退団が濃厚とされていたが、ジネディーヌ・ジダン監督が残留を強調。そのため、イスコはスペイン代表FWマルコ・アセンシオ、スペイン人MFルーカス・バスケス、クロアチア代表MFマテオ・コバチッチ、そしてハメス・ロドリゲスとポジションを争う。 ▽ジダン監督はすべての選手にチャンスを与えるとしているが、スペインメディアはイスコの序列は低いとみており、マドリーに残れば出場機会が激減するだろうとしていた。 ▽そこに目を付けたのがマラガで、イスコ自身も2シーズンを過ごした古巣への復帰を前向きに検討しているという。さらに『アス』は、今夏に多くの選手を放出してきたトッテナムもイスコの獲得に乗り出しているという。 ▽現時点でイスコ自身はマドリー退団を望んでいないとしながらも、『アス』はマラガとトッテナムについては考慮していると報道。移籍するのであれば、この2チームのどちらかになる可能性が高いとしている。 ▽なお、マドリーは未成年者の国際移籍を禁止する規定に違反したとして、今冬に国際サッカー連盟(FIFA)から移籍禁止処分を受ける可能性がある。そのため、イスコの移籍はレンタルのみ受け付ける方針を打ち出しているようだ。 2016.08.31 09:43 Wed
twitterfacebook
thumb

オーバメヤン、希望の移籍先はレアル一択…そのほかのクラブからのオファーは興味なし

今夏にドルトムントを退団する噂があったFWピエール=エメリク・オーバメヤンだが、同選手が希望する移籍先はレアル・マドリー一択であるという。スペイン『マルカ』が独占情報として伝えた。<br><br>今夏にアトレティコ・マドリー、バルセロナなどから興味を持たれたとされるオーバメヤン。しかしながらガボン代表FWは、マドリッド出身の祖父との「いつかレアル・マドリーでプレーする」という約束を果たしたいと考えている模様だ。<br><br>『マルカ』によれば、レアル首脳陣は先のチャンピオンズリーグ組み合わせ抽選会で、ドルトムント首脳陣からオーバメヤンの意思を聞かされたという。曰く、スペインのあるクラブがオーバメヤンの獲得オファーを提示したにもかかわらず、同選手はレアル以外に移籍する意思がないことを明確にしたとのことだ。<br><br>レアルは今夏の移籍市場でFWアルバロ・モラタをユヴェントスから買い戻しており、オーバメヤン自身もすぐに同クラブに移籍することは難しいと考えている様子。だがレアルに対して、自身の意思が伝わることを望んでいたとみられる。<br><br>レアルはそのオーバメヤンの意思をしっかりと受け止め、良好な関係にあるドルトムントから、同選手の去就に関するあらゆる動きについて今後連絡が入るようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.29 23:55 Mon
twitterfacebook
thumb

レアルのトップチームに残ったマリアーノ、「12月まで全力を尽くしていく」 出場機会を得られない場合は移籍か

今季からレアル・マドリーのトップチームでプレーするFWマリアーノだが、冬の市場で移籍する可能性があるのかもしれない。<br><br>昨季までレアル・マドリー・カスティージャ(Bチーム)に所属していたマリアーノ。今夏にトップチームのプレシーズンに参加したドミニカ共和国代表FWは、ジネディーヌ・ジダン監督に認められ、そのまま同チームでシーズンをスタートさせている。<br><br>しかし、選手層の厚いレアルにおけるマリアーノの挑戦には、期限があるのかもしれない。27日のリーガエスパニョーラ第2節セルタ戦(2-1)で途中出場を果たした同選手は、試合後に次のように語っている。<br><br>「リーガ1部でデビューできて嬉しい。トップチームに残ったのは、でき得る限りの貢献をするためだ。ここでプレーすることは夢だったし、12月まで全力を尽くしたい」<br><br>「マドリーで出場機会を得るために戦っていきたい。監督が求める貢献をするために、僕はここにいるんだ」<br><br>FWカリム・ベンゼマ、FWアルバロ・モラタらと出場機会を争うマリアーノだが、満足にプレーできない場合は、冬にレンタルなどで移籍する可能性もあり得そうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.29 01:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ポグバ代理人「モウリーニョのほか、ジダンも彼の獲得を望んでいた」

今夏にユベントスからマンチェスター・ユナイテッドに移籍したMFポール・ポグバの代理人ミノ・ライオラ氏によれば、レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督も同選手の獲得を望んでいたようだ。<br><br>ポグバは今夏、史上最高額の移籍金9200万ポンドでユナイテッドに加入。この移籍を成立させた一人であるライオラ氏はフランス『テレフット』とのインタビューで、ポグバにはジョゼ・モウリーニョ監督のほか、ジダン監督も強い興味を示していたと語っている。<br><br>「ユーロ開催中、ポグバとは交渉について話さなかった。彼は決勝での敗戦に大きく肩を落としていたね」<br><br>「モウリーニョは昨年にもポグバを求めたが、まだ適切な時期ではなかった。ジダンも同様に彼をほしがっていたよ。思うに、5~6クラブが彼の獲得に動いていた。とにかく、マンチェスター・ユナイテッドは私が扱う選手の獲得で、さらに強くなった。レアル・マドリーはノーだ」<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.28 21:58 Sun
twitterfacebook
thumb

ジダン、ハメスは「残留する」と明言 セルタ戦勝利については「最後まで戦い抜いた」

27日のリーガエスパニョーラ第2節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのセルタ戦に2-1で勝利した。ジネディーヌ・ジダン監督は試合後、セルタに一時同点に追いつかれたチームが、あきらめずに勝利を目指したことへの満足感を表している。<br><br>スペイン『マルカ』と『アス』がフランス人指揮官のコメントを伝えた。<br><br>「いつも簡単に勝てるわけではない。いや、勝利をつかむのは決して簡単ではないんだよ。心に残るのはチームが最後まで戦い抜いたことだ。セルタはとても良いチームだったね」<br><br>「最後まで勝利を信じて、それを手にしたことが心に残っている。交代はチームに何かを寄与するために行われるが、今日は実際にそうなった。そうすべきという試合ができたね」<br><br>また、プレシーズンから得点が足りないと指摘され続けてきたモラタが、今季公式戦初ゴールを決めたことにも触れている。<br><br>「モラタは完璧なプレーを見せた。とても素晴らしかったよ。先制点を記録しただけでなく、2点目、3点目と決められる可能性もあった」<br><br>前節レアル・ソシエダ戦を出場停止で欠場し、復帰戦となったこの試合で攻守にわたって奮闘したMFルカ・モドリッチについては、次のように述べた。<br><br>「ルカは素晴らしい貢献を見せた。とても良い感じだと思ったよ。ただ、チームメートと比べれば(フィジカルコンディションが)まだ劣っているね」<br><br>一方、この試合では途中出場から勝ち越し弾の起点となるボール奪取を見せた、MFハメス・ロドリゲスにも言及。記者から退団の可能性を問われると、残留を明言している。<br><br>「彼は試合に入り込んでいた。ああ、君(記者)が言うようにここに残るよ」<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.28 20:46 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース