レアル・マドリー、68億円のストーンズ獲得へ?2016.01.09 18:59 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽エバートンのイングランド代表DFジョン・ストーンズ(21)争奪戦に、レアル・マドリーが参戦するようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

▽イングランド代表の将来を担うと評される現代型センターバックのストーンズに関しては、多くのビッグクラブが獲得に興味を持っているとみられる。昨年の夏には、チェルシーが3度にわたってオファーを出すも、最後の提示額とみられる3000万ポンド(約51億1000万円)のオファーでも、エバートンを納得させることができなかった。

▽『デイリー・メール』によれば、先日にマドリー指揮官を解任されたラファエル・ベニテス監督が、ストーンズを高く評価。ベニテス監督が解任されてジネディーヌ・ジダン監督が新たにトップチーム指揮官に就任したが、ストーンズに関しては引き続き関心を示しているようだ。

▽また、マドリーと共にバルセロナもストーンズ獲得に興味を持っていることが伝えられている。しかし、こちらは4000万ポンド(約68億2000万円)と評価される移籍金を投じることが難しいとされている。

コメント

関連ニュース

thumb

カシージャス、欠点とされてきた足元の技術について…「キックを任されたのは15~16歳からだった」

ポルトに所属するスペイン代表GKイケル・カシージャスが、自身の欠点とされてきた足元の技術について語っている。<br><br>その類い稀なる反射神経やセービングの技術を基にして、レアル・マドリー、スペイン代表で一時代を築いたカシージャス。そんな同選手が、欠点として常々指摘されてきたのが、ゴールキックやパントキックなど足元の技術である。<br><br>スペインのサッカー誌『リベロ』とのインタビューに応じたカシージャスは、どうして足元の技術が欠点となったかを問われ、次のような見解を述べている。<br><br>「小さい頃から欠点とされてきたね。ただ、幼い頃は今とは時代が異なり、キックはGKではなくリベロが行っていたんだ。そしてカデテ(U-15~16)から、監督からリベロではなく、僕がボールを蹴らなければいけないと言われた。しかし、つま先で蹴ったボールはあらゆる方向に飛んで行ったよ。キックは教えられてこなかったからね」<br><br>「GKがサイドを狙って正確にキックするようになったのは、グアルディオラが監督となった後だと思う。スペイン代表に関して言えば、6年前からそうするようになった」<br><br>カシージャスがキックの代わりに得意とするのは、スローインだ。レアル・マドリー時代、その手でボールを届けた最たる選手は、ジネディーヌ・ジダン現レアル監督だった。<br><br>「キックよりも手でボールを送る方が好きだ。マドリーのトップチームに昇格したときには、ジダンがピッチ上に君臨していたが、僕のスローインについて唯一注文をつけたのが彼だったね。ジダンは僕がボールを手に持ったとき、自分だけに投げてくれと求めてきたんだ」<br><br>「ビデオで振り返れば分かると思うけど、僕のスローインの対象は常にジダンであり続けた。そうしないと、彼は苛立ちを露わにしたんだよ」<br><br>また、ジダン監督の性格についても説明している。<br><br>「選手時代のジズーはロッカールームで多くを語るタイプではなかった。フェルナンド・イエロのように、率先して口を開く人物ではなかったね。だけどコーチとしては、選手に落ち着くよう促したり、自分の望みをはっきりと口にしていると思う」<br><br>提供:goal.com 2016.06.25 22:40 Sat
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーもガブリエウ・ジェズスに関心? 宿敵バルセロナと争奪戦か

バルセロナが獲得に関心を抱いていることが報じられてきたパルメイラスFWガブリエウ・ジェズスだが、最大のライバルとの争奪戦となるかもしれない。レアル・マドリーも同選手の獲得を望んでいるとスペイン『マルカ』は伝えている。<br><br>19歳のガブリエウ・ジェズスはブラジル五輪代表としてリオデジャネイロ・オリンピック出場が見込まれ、A代表入りも近いとみられる逸材。バルセロナは移籍金1900万ユーロ+出来高500万ユーロのオファーを出したと報じられており、クラブ幹部がたびたび視察に訪れていたことはパルメイラスのクカ監督も認めている。<br><br>だが、マドリーも本格的にブラジルの新星を獲りに行くことになるのかもしれない。ガブリエウ・ジェズスの契約には、マドリーやバルサなどを含む欧州ビッグクラブからのオファーを対象とした2400万ユーロの契約解除金が設定されており、マドリーはこの金額を支払う意志があるのだという。<br><br>スペイン2強のほかにもマンチェスター・シティや、ユベントスなどもガブリエウ・ジェズスに目をつけているのではないかと言われる。今後の移籍市場での動向が注目されることになりそうだ。<br><br>『マルカ』は、ブラジル人選手特有の複雑な権利関係が交渉を難航させる可能性も指摘している。ガブリエウ・ジェズスの保有権の55%は代理人、30%はパルメイラス、15%は選手本人が保有しているという。<br><br> <br>提供:goal.com 2016.06.25 15:40 Sat
twitterfacebook
thumb

モラタがユベントスに別れのメッセージ 「どこへ行っても僕はユベンティーノ」

ユベントスから古巣レアル・マドリーへの復帰が決まったスペイン代表FWアルバロ・モラタが、2年間過ごしたクラブへの別れのメッセージを記した。<br><br>2014年夏にマドリーからユベントスへ移籍したモラタだが、マドリーは同選手に対する買い戻しオプションを有しており、その権利を行使するのかどうかが長らく注目されていた。結局今月21日に、買い戻しが正式に発表されることになった。<br><br>ユベントスでの2年間で大きく飛躍を成し遂げ、スペイン代表としてユーロ2016にも出場することになったストライカーは、自身の公式サイトやソーシャルメディアに別れの手紙を掲載している。<br><br>「こういう手紙を書くのは簡単ではないけど、まずは僕のことを信じて頼りにしてくれたすべての人々に感謝を述べたい。素晴らしい待遇を受けたおかげで、僕はユベントスとトリノで幸せに過ごすことができた」<br><br>アンドレア・アニェッリ会長をはじめとするクラブ幹部やスタッフ、サポーターや監督やチームメートらへの感謝を表しつつ、モラタはユーベを心の中に抱き続けることを強調した。<br><br>「このクラブや、クラブの歴史や、君たち全員がつけてくれた印はずっと僕の中に残る。どこへ行っても僕はずっと自分が一人のユベンティーノだと感じるだろうし、ユベントスのユニフォームを着てチャンピオンになったということを誇らしげに口にすることができるだろう」<br><br>7月1日付で再びマドリーの選手となるモラタだが、クラブは同選手を売却することを考えているとも言われ、新シーズンをどこで迎えることになるかはまだ分からないかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.25 15:29 Sat
twitterfacebook
thumb

モウ代理人がユナイテッドにハメス引き抜きの橋渡しか…移籍金69億円で獲得可能と耳打ち

▽レアル・マドリーでの将来が不透明な状況にあるコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(24)。どうやら、レアル・マドリーは2014年にモナコに投じた移籍金5600万ポンド(現在のレートで78億3000万円)以下での売却を考慮しているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽伝えられるところによれば、ハメス・ロドリゲスの代理人を務めるジョルジ・メンデス氏は、同じくクライアントのジョゼ・モウリーニョ監督が新指揮官に就任したマンチェスター・ユナイテッドに、移籍金5000万ポンド(約69億9000万円)で獲得可能であることを耳打ちしたという。 ▽また、『デイリー・ミラー』は、コロンビア代表がアメリカで開催中のコパ・アメリカ センテナリオの準決勝で敗退したことを指摘。そのため、ひと足先にオフシーズンを迎えることとなったハメス・ロドリゲスとの移籍交渉を迅速に進めることができる状況だと伝えている。 ▽昨シーズン、途中から指揮を執ったジネディーヌ・ジダン監督率いるレアル・マドリーでレギュラーの座を追われたハメス・ロドリゲスは、リーグ戦26試合に出場するも、そのうち17回の先発にとどまった。先日にはスペインにある自宅の売却が報道されており、今夏の移籍に向けた動きが熱を帯びつつある。 2016.06.25 11:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ベイルが4人目のEU外外国人選手に? イギリスのEU離脱はレアル・マドリーにも影響か

イギリスのEU(ヨーロッパ連合)からの離脱が実現したとすれば、サッカー界への影響はイングランドのプレミアリーグや英国国内サッカーだけにとどまるものではない。『アス』などスペインメディアは、ウェールズ代表FWガレス・ベイルがEU外外国人枠を占めることがレアル・マドリーに影響することも指摘している。<br><br>EUからの離脱か残留かを問う国民投票が23日にイギリスで行われ、離脱を支持する票が多数を占めることが確実になったと『BBC』などイギリス各メディアが報じた。これにより、今後イギリスは離脱に向けた手続きを進めていくことが予想される。<br><br>離脱が実行された場合、サッカー界で最も大きな影響を受けるのは当然ながらプレミアリーグをはじめとする英国国内の各リーグだろう。だが、他国のリーグでプレーする英国人選手がこれまでのようにEU内選手とは扱われず、EU外外国人枠を占めることになるという影響もある。<br><br>現在ユーロ2016に出場中のイングランド代表全選手が国内でプレーしており、ウェールズ代表や北アイルランド代表選手もほとんどがイギリス国内のクラブに所属しているという状況が示すように、他国でプレーするイギリス人の主要選手の数は多くはない。だが、その中でも突出した存在だと言えるのが、ユーロでも3試合連続ゴール中と絶好調なベイルだ。<br><br>リーガエスパニョーラでは3人までのEU外外国人選手が認められており、マドリーではDFダニーロ、MFカゼミロ、MFハメス・ロドリゲスの3人がその枠を占めている。ベイルが「4人目」になったとすれば、クラブは誰か1人を放出する決断を強いられることになる。<br><br>もちろん、離脱が正式に実行されるとしてもある程度の時間がかかる可能性もあり、今すぐにメンバー構成に影響するわけではないかもしれない。だが、マドリーはベイルに対して2023年までの長期契約を提示する考えだとも報じられており、長期的なチーム作りを進めていく上では考慮すべき事柄となりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.24 19:28 Fri
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース