レアル・マドリー、68億円のストーンズ獲得へ?2016.01.09 18:59 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽エバートンのイングランド代表DFジョン・ストーンズ(21)争奪戦に、レアル・マドリーが参戦するようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

▽イングランド代表の将来を担うと評される現代型センターバックのストーンズに関しては、多くのビッグクラブが獲得に興味を持っているとみられる。昨年の夏には、チェルシーが3度にわたってオファーを出すも、最後の提示額とみられる3000万ポンド(約51億1000万円)のオファーでも、エバートンを納得させることができなかった。

▽『デイリー・メール』によれば、先日にマドリー指揮官を解任されたラファエル・ベニテス監督が、ストーンズを高く評価。ベニテス監督が解任されてジネディーヌ・ジダン監督が新たにトップチーム指揮官に就任したが、ストーンズに関しては引き続き関心を示しているようだ。

▽また、マドリーと共にバルセロナもストーンズ獲得に興味を持っていることが伝えられている。しかし、こちらは4000万ポンド(約68億2000万円)と評価される移籍金を投じることが難しいとされている。

コメント

関連ニュース

thumb

デポル戦でチームを勝利に導いたイスコ「キャリア最高の時期を迎えているかもしれない」

レアル・マドリーは26日のリーガエスパニョーラ第34節、敵地リアソールでデポルティボと対戦し、6-2と勝利を収めた。MFイスコは自身の出来に満足感を表している。<br><br>イスコはデポル戦で1得点1アシストの活躍。3点目の場面では&ldquo;マルセイユ・ルーレット&rdquo;で相手MFギリェルメ・ドス・サントスをかわしてMFルーカス・バスケスの得点を演出するなど、終始存在感を示した。<br><br>イスコは試合後、前節バルセロナ戦(2-3)から複数選手を入れ替えて臨んだデポル戦を次のように振り返っている。<br><br>「マドリーというクラブの偉大さだ。23選手全員がスタメンにふさわしい。こうやってメンバーを入れ替えた試合で、それは現れる。誰が試合に出ても、大きな違いは見て取れないことが重要だ。僕たちは世界でも屈指の選手層を誇っている」<br><br>「みんな、こういうチャンスを生かすために日々働いている。他チームであれば、先発の11人が決まっているだろう。だけど、そうではない選手がうまくやることが大事なんだ」<br><br>また、今がキャリア最高の時期か、と問われたイスコは以下のように答えている。<br><br>「そうかもしれない。とても心地良くプレーできている。このチームメートたちがいれば、すべては簡単だ。今の状況に満足しているよ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.27 18:58 Thu
twitterfacebook
thumb

クラシコに続きゴールを奪ったハメス・ロドリゲス「チャンスで結果を残そうと考えていた」

▽レアル・マドリーのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが、26日に行われたリーガエスパニョーラ第34節のデポルティボ戦を振り返っている。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽23日に行われたリーガエスパニョーラ第33節のバルセロナ戦で途中出場から1ゴールをマークしたハメス・ロドリゲス。デポルティボ戦では、チームがターンオーバーを採用したことから先発でピッチに立つと、1点リードの14分にネットを揺らした。さらに3-1で迎えた67分にもゴールを奪うなど、好パフォーマンスを見せてチームを6-2の勝利に導いている。 ▽ハメス・ロドリゲスは試合後、ターンオーバーを用いたことで巡ってきた出場機会について次のようにコメントした。 「今日のチームが良いパフォーマンスだったかはわからないよ。ただ、僕らはこういうチャンスでしっかりと結果を残そうと考えているんだ。2つのチーム(スタメンで出場するメンバーと控えのメンバー)は常にうまくやっているさ」 ▽またハメス・ロドリゲスは、リーガエスパニョーラとチャンピオンズリーグ優勝に向けてもコメントしている。 「僕らにはまだ5試合が残されている。そのどれもが決勝戦だ。選手たちみんなが強い欲求を持っている。全員が団結して、チャンピオンズリーグではまず準決勝を戦わなければいけないね」 2017.04.27 11:17 Thu
twitterfacebook
thumb

クラシコで出番なしに終わったイスコ、鬱憤を晴らすパフォーマンスに「出番の時に何ができるか」

▽レアル・マドリーのスペイン代表MFイスコが、26日に行われたリーガエスパニョーラ第34節のデポルティボ戦を振り返った。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽23日に行われたリーガエスパニョーラ第33節、バルセロナとの“エル・クラシコ”では出番がなかったイスコ。デポルティボ戦ではチームがターンオーバーを用いたことでスタメンでピッチに立った。 ▽すると立ち上がりから好パフォーマンスを披露し、66分にはハメス・ロドリゲスのゴールにつながるスルーパスを通し、78分にはチームの5点目を奪取。79分までプレーし、6-2の勝利に大きく貢献した。 ▽試合を振り返ったイスコは、チームとして良いパフォーマンスを出すことができたと満足感を示している。 「個人的にも良いパフォーマンスだったね。僕はいつだってこのチームで快適にプレーしている。これほどの選手たちに囲まれていれば、プレーすることは簡単なんだ。今日はどのプレーも良かったと思うよ。個人でも良かったし、チームとしても良かった。大事な試合で、良い内容の戦いを見せて結果が残せた」 ▽またイスコはチームのターンオーバーについても言及。スタメンでの出場機会が少ない状況でも、与えられたチャンスで結果を残すことが重要だと語った。 「マドリーのようなクラブでは、そういうこともあり得る。23人の選手たちがスタメンを争っているんだ。そしてチームとして変更がある時、チャンスをもらった時に結果で示したい」 「僕は世界で最高のクラブでプレーしている。こういうチームにとって大事なことは、誰が出ても変わらないパフォーマンスをすること。僕はこういうチャンスをモノにするために努力している。確かに11人は決まっているのかもしれないけれど、こうやって出番の時に何ができるかだ」 2017.04.27 08:53 Thu
twitterfacebook
thumb

主力欠場のレアル・マドリーが難所リアソールで6発圧勝《リーガエスパニョーラ》

▽レアル・マドリーは26日、リーガエスパニョーラ第34節でデポルティボの本拠地リアソールに乗り込み、6-2で圧勝している。 ▽前節バルセロナ戦をラストプレー被弾で敗れ、1試合消化が少ないながらバルセロナに首位の座を明け渡した2位レアル・マドリー(勝ち点75)は、ナチョとマルセロ以外の9選手を変更。C・ロナウドとクロースを招集外とした他、出場停止のセルヒオ・ラモスが欠場となって、負傷明けのヴァランが戻った。 ▽16位デポルティボ(勝ち点31)に対し、レアル・マドリーは開始1分に先制する。イスコのスルーパスを受けてボックス右に侵入したモラタがGKのニアサイドを破る強烈なシュートを蹴り込んだ。 ▽その後もレアル・マドリーがデポルティボを圧倒すると、7分にイスコがコントロールシュートでゴールに近づく。さらに13分のアセンシオのミドルシュートが右ポストを直撃したレアル・マドリーは、14分に加点する。 ▽ハメス・ロドリゲスのパスを受けたL・バスケスのボックス右からの折り返しを、ゴール前に詰めたハメスが左足アウトで合わせてネットを揺らした。 ▽しかし、前半半ば以降はデポルティボの圧力を受けると、35分に失点する。アンドネのゴールを許し、1点差に詰め寄られてしまう。さらに39分にはカルレス・ヒルのコントロールシュートがGKカシージャを強襲。 ▽それでも44分、マルセロの左クロスのルーズボールをL・バスケスが押し込んで3-1と突き放し、ハーフタイムに入った。 ▽迎えた後半、2点をリードするレアル・マドリーは自陣に引いて対応。59分にはロングカウターに転じ、アセンシオのラストパスからL・バスケスが決定的なシュートを浴びせるも枠を捉えきれない。 ▽それでも66分、勝負を決定付ける。イスコのスルーパスに抜け出たモラタがボックス左へ侵入。GKをかわしてラストパスを送り、最後はハメスがゴールへ流し込んだ。 ▽終盤にかけてはレアル・マドリーが余裕を持った試合運びを展開。そして、78分にはイスコがL・バスケスのクロスを流し込んで5点目を挙げると、ホセルに1点を返されるも、カゼミロにもゴールが生まれてレアル・マドリーが6-2と圧勝。クラシコの敗戦を払拭し、バルセロナを同勝ち点で追走している。 2017.04.27 06:24 Thu
twitterfacebook
thumb

戦力外報道のハメス、ユナイテッド移籍を決心か…決め手はポルトガル人指揮官の存在

▽コロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(25)がレアル・マドリーを去り、マンチェスター・ユナイテッド移籍を決心したようだ。スペイン『Don Balon』が報じている。 ▽伝えられるところによれば、ハメスをユナイテッド移籍という決断に向かわせたのは、ジョゼ・モウリーニョ監督の存在。ユナイテッドの他にも、チェルシーやアーセナル、リバプールといったイングランド勢から関心を寄せられているものの、ハメス本人はポルトガル人監督の下でのプレーをより魅力的を感じているという。 ▽2014年夏にモナコから加入したハメスは当初、カルロ・アンチェロッティ現バイエルン監督の下で輝きを放ったが、ジネディーヌ・ジダン監督の下で出場機会が減少。今シーズンの公式戦28試合7ゴール13アシストという成績が示す通り、ピッチに立てば決定的な仕事こそ果たすものの、不動の地位を確立できずにいる状況だ。 ▽また、スペイン『マルカ』の報道によれば、レアル・マドリーは2022年6月までの契約延長で合意に達したとみられているスペイン代表MFイスコと、同代表MFマルコ・アセンシオを高く評価。したがって、ジダン監督はハメスを余剰戦力として、今夏における放出要員の1人とみなしているそうだ。果たして、ハメスの去就はいかに…。 2017.04.26 14:35 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース