レアル・マドリー、68億円のストーンズ獲得へ?2016.01.09 18:59 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽エバートンのイングランド代表DFジョン・ストーンズ(21)争奪戦に、レアル・マドリーが参戦するようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

▽イングランド代表の将来を担うと評される現代型センターバックのストーンズに関しては、多くのビッグクラブが獲得に興味を持っているとみられる。昨年の夏には、チェルシーが3度にわたってオファーを出すも、最後の提示額とみられる3000万ポンド(約51億1000万円)のオファーでも、エバートンを納得させることができなかった。

▽『デイリー・メール』によれば、先日にマドリー指揮官を解任されたラファエル・ベニテス監督が、ストーンズを高く評価。ベニテス監督が解任されてジネディーヌ・ジダン監督が新たにトップチーム指揮官に就任したが、ストーンズに関しては引き続き関心を示しているようだ。

▽また、マドリーと共にバルセロナもストーンズ獲得に興味を持っていることが伝えられている。しかし、こちらは4000万ポンド(約68億2000万円)と評価される移籍金を投じることが難しいとされている。

コメント

関連ニュース

thumb

C・ロナウド「CL優勝はバルサの2冠よりも大きなこと」

レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドは、チャンピオンズリーグ(CL)優勝には国内2冠以上の価値があると主張した。<br><br>リーガエスパニョーラとコパ・デル・レイを制したバルセロナのDFジェラール・ピケは、コパ決勝の前に「CLの方が2冠より価値があると言う人がいるが、そうじゃない」と、2冠を飾ることの意義を強調した。<br><br>だが、C・ロナウドは28日のCL決勝を前にスペイン『セクスタ』で次のように述べている。『マルカ』や『アス』が伝えた。<br><br>「バルサの2冠を煩わしくは思わない。ゼロだ。僕らがCLで優勝すれば、2冠よりもずっと大きなことだと分かっているからね。一度も勝ったことのない素晴らしい選手だっているんだ。CL優勝は夢なんだよ。心から言っている」<br><br>そのピケが先日、2冠を祝った際にC・ロナウドの真似をしたことについては、こう述べている。<br><br>「ほかの人たちが祝うときでも、C・ロナウドのことを思い出すんだね。良し悪しは関係なく、常にC・ロナウドのことを話すのさ。でも、個人的に僕はピケと問題ない」<br><br>ゴールデンシューを逃したことについては、悔しさを認めながらもFWルイス・スアレスをたたえた。<br><br>「もちろん、悔しい。でも、それに取りつかれていたわけじゃない。近くまではいったんだ。今季はスアレスが勝った。彼は素晴らしかったよ。僕は祝福する。彼は素晴らしいシーズンを過ごした」<br><br>提供:goal.com 2016.05.27 12:30 Fri
twitterfacebook
thumb

アルベロア「モウリーニョが来ていなければ、今でもペップはバルサを率いていたかも」

レアル・マドリーDFアルバロ・アルベロアは、マンチェスター・ユナイテッド監督就任に近づくジョゼ・モウリーニョ氏がマドリーで重要な役割を担ったことを強調している。<br><br>マドリーのカンテラーノ(下部組織出身選手)であるアルベロアは、今季限りで同クラブを退団する。モウリーニョ氏とは、2010年から2013年まで一緒に仕事をした。その当時、圧倒的な強さを誇っていたのがジョゼップ・グアルディオラ監督率いるバルセロナである。<br><br>アルベロアは『BeinSports』で宿敵に苦杯をなめさせられていた2008年から2012年の間で、モウリーニョ氏就任以降マドリーに変化が訪れたと語っている。<br><br>「モウリーニョは、バルサの覇権を崩すのに重要な役割を担った。それは十分に理解されていないように思える」<br><br>「モウリーニョが来ていなければ...。今でも、グアルディオラはバルサを率いてタイトルを取り続けていたかもしれない」<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.27 00:35 Fri
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド、ベニテスを再びチクリ 「監督が教えられないこともある」

レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドは、今季途中まで指揮を執ったラファエル・ベニテス前監督に再び苦言を呈した。<br><br>1月に解任されたベニテス監督は、C・ロナウドとの緊張関係が度々報じられていた。C・ロナウドはスペイン『セクスタ』のインタビューで、かつての指揮官について次のように述べている。『マルカ』や『アス』が伝えた。<br><br>「ベニテス監督は僕にFKの蹴り方を言ってきた? 監督からは常に学ぶことができる。でも、学べることと、そうじゃないこととあるんだ。誰も教えることができないこともある。FKだけでなく、ボールの蹴り方やドリブル&hellip;議論できないこともある。考え方が違うのなら、礼を言うだけさ」<br><br>一方で、C・ロナウドはジダン監督と良い関係を築けているようだ。<br><br>「彼はインテリジェントな人だよ。あまり話さないけど、すごくポジティブだ。僕は彼と同じに感じるんだ。すごくプロフェッショナルなんだよ。<br><br>「僕は、彼にとって監督として初となるCL優勝を実現したい。そして、これから何年も続けることを願っている。監督としての経験は浅いけど、とてもうまく道やスタイルを見つけようとしているんだ。僕はそれが好きなんだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.26 14:39 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリー、プランBはEL3連覇監督? エメリとコンタクトか

イタリア『メディアセット』は25日、レアル・マドリーがセビージャのウナイ・エメリ監督とコンタクトを取っていると報じた。<br><br>28日のチャンピオンズリーグ(CL)決勝に向けて集中しているマドリーだが、ジネディーヌ・ジダン監督のシーズン後の進退は未定とされている。<br><br>『メディアセット』は、マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が「プランB」を用意しており、それはジダン監督の続投意思だけでなく、CLファイナルの結果次第という。ペレス会長はエメリ監督に、セビージャのフロントに続投を伝えるのを今月いっぱい待つように要請したとされる。<br><br>エメリ監督は2013年にセビージャの指揮官に就任し、ヨーロッパリーグ3連覇という偉業を達成。エヴァートンも同監督に関心を寄せているが、『メディアセット』はセビージャが続投を確信していると締めくくっている。<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.26 11:03 Thu
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドがマドリーと契約延長!! 正式発表はCL決勝後を予定

▽レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(31)が、同クラブとの契約を延長したようだ。スペイン『アス』が報じている。 ▽レアル・マドリーと2018年6月まで契約を残しているC・ロナウドに対しては、古巣であるマンチェスター・ユナイテッドなどが獲得に興味を示していると報じられている。中でもパリ・サンジャエルマンは同選手の獲得に本腰を入れているようで、年俸3000万ユーロ(約36億8600万円)の高額オファーで引き抜きを画策していると噂されていた。 ▽6シーズン連続で公式戦50ゴールを上げるなど、衰えを見せないC・ロナウドに対してマドリー側は残留を望んでおり、両者は新契約に関する交渉を行っていた模様。『アス』によると、マドリーは当初、2020年までの2年延長を視野に入れていたが、C・ロナウドが望む2021年までの3年延長で合意したようだ。 ▽なお、すでに選手は契約書にサインをしているようで、正式発表は28日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝戦後に正式発表を行うようだ。 ▽また同メディアは、契約を全うした場合にC・ロナウドが36歳を迎えることで、今回の新契約により同クラブで現役を終える覚悟をしたのではないかと報じている。 2016.05.26 08:30 Thu
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース