クロップ監督、4部と引き分けて再試合も「自分たちの状況を尊重しなければならない」2016.01.09 11:41 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リバプールは9日、FAカップ3回戦で4部のエクスターと対戦し、2-2で引き分けた。ユルゲン・クロップ監督は試合後、現状を尊重しなければならないと強調している。

▽守備陣を中心に負傷者が続出しているリバプールは、レンタル移籍から復帰したばかりのポルトガル人DFチアゴ・イロリなど若手選手をスタメンに多数起用。試合は、4部のクラブを相手にリードを許す展開となり、何とかドローで終えて再試合に持ち込んだ。

▽試合を振り返ったクロップ監督は、「カップ戦の初戦は常にとても難しいものだ。我々の状況だと特にね」と語り、若手選手が多い上に、トレーニングを満足に行うことができなったことが厳しい試合につながったことを認めた。リバプール公式サイトが伝えている。

「我々は時間についてのプレッシャーがある状況でラインナップを選ぼうとした。レンタル移籍していた何人かの選手は昨日戻った。昨日は一緒に練習したし、今日は朝に40分程度練習した」

「我々は共通のプランや考え方を生み出そうとした。それはとても良いことというわけではなかったね。悪過ぎるということもなかった。しかし、これはフットボールでは一緒に取り組むことが非常に重要だということを示したと思う。我々はこのチームと一緒にそういうことはできなかった」

「我々は自分たちの状況を尊重しなければならないし、自分たちがやったことだ。我々は次のラウンドに進出するためにここを訪れた。そして、それは100%上手くいったわけではなかった。50%だ。今はアンフィールドでもう1試合ある。そういうものだ」

▽クロップ監督は、スロバキア代表DFマルティン・シュクルテルやクロアチア代表DFデヤン・ロブレンといったセンターバック陣に負傷者が続出している現状においても、前向きに取り組まなければいけないと考えている。

「現時点での大きな問題は我々のセンターバックたちが負傷しているということだ。シーズン最初は5人のセンターバックがいたが、今は誰もいない。それが今の状況だ。それでも、来週にはその状況は変わる可能性がある。その後で、自分たちができることを確認しなければならない。我々はしっかり取り組んで前進するよ」

▽リバプールは12日、本拠地のアンフィールドでプレミアリーグ第21節のアーセナル戦が控えている。

コメント

関連ニュース

thumb

リバプールの補強に満足のクロップ 「望まない補強や放出はひとつもなかった」

リバプールのユルゲン・クロップ監督は、クラブの行ってきたこれまでの補強に満足しているようだ。数人の選手たちを入れ替えた現在のチームは「私のチーム」だと強調している。<br><br>昨季途中での就任以来初めてとなる夏の移籍市場を迎えたクロップ監督は、これまでにGKロリス・カリウス、DFラグナル・クラバン、ジョエル・マティプ、MFジョルジニオ・ワイナルドゥム、FWサディオ・マネらを獲得。一方でDFマルティン・シュクルテル、コロ・トゥーレ、MFジョー・アレン、FWジョーダン・アイブらを放出してきた。<br><br>クロップ監督はすべての移籍が自分の意図のとおりだと述べつつ、これ以上の選手を放出する可能性は低いとの見解を示した。『リバプール・エコー』などイギリスメディアが同監督のコメントを伝えている。<br><br>「もちろん、今はこれが私のチーム、私のメンバーだ。8月31日までに何が起こるかはこれから見てみなければならないが、色々と移籍が済んで、今はこれが私のチームだ」<br><br>「今ここにいる選手たちの中で、私が不要だと思う選手はおそらくこれ以上いないだろう。私の望まなかったような補強はひとつもなかったし、私が売りたくないと思う選手を売ったこともなかったよ」<br><br>望みどおりの戦力をそろえた上で、タイトル獲得に向けて戦っていきたいという意欲も口にした。<br><br>「私は今の自分のチームに満足している。我々は挑戦者になると言うことができるよ。あらゆるものに向けて戦って、あらゆるカップを狙っていく。その上で、最終的にどういう結果になっているかを見てみよう」<br><br>「もちろん、言い訳を探すべきではない。『もう1年必要だ』とか、そういうことを言うべきではないんだ。100%を尽くして、それでどうなるかだ。我々は成功を収めるためにこのチームを作っているんだ」<br><br>提供:goal.com 2016.07.30 17:50 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプール守護神候補の新加入GKカリウスが開幕戦前に骨折…8~10週間の離脱か

▽リバプールに痛手だ。今夏に加入した守護神候補のドイツ人GKロリス・カリウスが負傷でシーズンの開幕に間に合わないようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ▽伝えられるところによれば、カリウスは28日に行われたインターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)2016米国・欧州ラウンドのチェルシー戦(0-1でリバプールが敗戦)で手を骨折したという。 ▽そのため、カリウスはイングランドに戻り、手術を受けることになるとのこと。全治8~10週間程度が見込まれており、これが事実ならば8月13日に開幕するプレミアリーグのアーセナル戦を皮切りに、シーズン序盤戦を欠場することになるとみられる。 ▽カリウスは、今夏にマインツからリバプールに完全移籍。不安定なプレーに終始するGKシモン・ミニョレに代わる新たなリバプールの守護神として、今シーズンの活躍に期待が寄せられていた。 2016.07.30 09:30 Sat
twitterfacebook
thumb

クロップ、移籍金高騰の風潮に苦言 「1億ポンドの選手が負傷したら…」

リバプールのユルゲン・クロップ監督は、選手の移籍金が高騰を続ける風潮に苦言を呈している。リバプールが一人の選手に天文学的な金額をつぎ込むことはないと主張した。<br><br>マンチェスター・ユナイテッドは、1億1000万ユーロ(約128億5000万ユーロ)とも言われる金額でユベントスMFポール・ポグバの獲得に近づいているとみられる。そのユベントスもナポリからFWゴンサロ・イグアインを9000万ユーロ(約100億円)で獲得するなど、巨額の移籍金が飛び交う現状となっている。<br><br>クロップ監督も3000万ポンド(約40億9000万円)あるいは3400万ポンド(約46億3000万円)などと報じられた額でサウサンプトンからFWサディオ・マネを獲得するなどの補強を行っているが、それを大きく越える金額を一人の選手に支払うつもりはないようだ。補強の方針について次のように語っている。<br><br>「1億ポンドの選手を連れて来て、その選手が負傷してしまうと、すべて台無しになってしまうね。サッカーがそういうものになってしまう日には、私はもう仕事をしていないよ。大事なのは一緒にプレーすることだからね」<br><br>「最高の選手が欲しいとは思うものだが、成功するためにはグループを作り上げることが必要だ。私は金を使うとしても、チームを作るために使うよ。バルセロナはそうしてきた。タイトルを獲得することはできるとしても、どういうやり方でやりたいかというものがある」<br><br>多くのビッグクラブが関心を寄せるような選手の獲得を争うのでなく、&rdquo;掘り出し物&rdquo;を見つけるのが移籍市場の醍醐味だとクロップ監督は考えているようだ。<br><br>「全員が同じプールで泳ぐには、プールは小さすぎる。全員が同じ選手を求めていくのはね。プールの外にも大勢の選手がいる。キャリアの次のステップを踏み出そうしている選手たちだ。我々はそういう選手を見つけたい」<br><br>「昨シーズンの最高の選手が誰なのかを知るのは良いが、それ以上に面白いのは、来年の最高の選手が誰になるかを見つけ出そうとすることだ。今からそれが分かっていれば、本当に素晴らしい補強になるだろうね。はるかに安い補強でもある。それが我々の取り組んでいることだ」<br><br>提供:goal.com 2016.07.29 20:35 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプールMFマルコビッチにフィオレンティーナとローマが興味

▽リバプールのセルビア代表MFラザール・マルコビッチ(22)に対して、フィオレンティーナとローマが獲得に興味を示しているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽2014年7月にベンフィカからリバプールに加入したマルコビッチだったが、当時の指揮官であるブレンダン・ロジャーズ監督を納得させるプレーを見せることはできずに、2015-16シーズンはフェネルバフチェにレンタルで加入していた。 ▽現在はリバプールに復帰しているもののユルゲン・クロップ監督の信頼を勝ち取れておらず、今夏の移籍市場で放出される可能性が高いと噂されている。 ▽そんな同選手に対して『フットボール・イタリア』は、中盤の補強を画策しているフィオレンティーナとローマが獲得に興味を示していると報道。どちらのクラブもマルコビッチの能力は高く評価しているようで、完全移籍ではなくレンタルでの加入が可能かどうかを探っているという。 ▽また『フットボール・イタリア』は、ポルトガルのスポルティング・リスボンもマルコビッチ獲得に動いていると報道。こちらは、移籍形態については報じていないもののかねてから熱心にマルコビッチの動向を追っていたと伝えている。 2016.07.29 10:20 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプールが若手FWウィルソンと新契約を締結

▽リバプールは28日、ウェールズ代表FWハリー・ウィルソン(19)と新契約を締結したことを発表した。契約の詳細は明らかにされていない。 ▽8歳でリバプール下部組織に加入したウィルソンは、2014年にトップチームへと昇格。昨シーズンはリーグ1(イングランド3部)のクルーへとレンタル移籍し、今年1月に復帰していた。 ▽また、2013年10月には16歳でウェールズ代表デビューし、史上最年少での出場を記録している。ウェールズ代表キャプ数は1。 2016.07.29 09:49 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース