クロップ監督、4部と引き分けて再試合も「自分たちの状況を尊重しなければならない」2016.01.09 11:41 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リバプールは9日、FAカップ3回戦で4部のエクスターと対戦し、2-2で引き分けた。ユルゲン・クロップ監督は試合後、現状を尊重しなければならないと強調している。

▽守備陣を中心に負傷者が続出しているリバプールは、レンタル移籍から復帰したばかりのポルトガル人DFチアゴ・イロリなど若手選手をスタメンに多数起用。試合は、4部のクラブを相手にリードを許す展開となり、何とかドローで終えて再試合に持ち込んだ。

▽試合を振り返ったクロップ監督は、「カップ戦の初戦は常にとても難しいものだ。我々の状況だと特にね」と語り、若手選手が多い上に、トレーニングを満足に行うことができなったことが厳しい試合につながったことを認めた。リバプール公式サイトが伝えている。

「我々は時間についてのプレッシャーがある状況でラインナップを選ぼうとした。レンタル移籍していた何人かの選手は昨日戻った。昨日は一緒に練習したし、今日は朝に40分程度練習した」

「我々は共通のプランや考え方を生み出そうとした。それはとても良いことというわけではなかったね。悪過ぎるということもなかった。しかし、これはフットボールでは一緒に取り組むことが非常に重要だということを示したと思う。我々はこのチームと一緒にそういうことはできなかった」

「我々は自分たちの状況を尊重しなければならないし、自分たちがやったことだ。我々は次のラウンドに進出するためにここを訪れた。そして、それは100%上手くいったわけではなかった。50%だ。今はアンフィールドでもう1試合ある。そういうものだ」

▽クロップ監督は、スロバキア代表DFマルティン・シュクルテルやクロアチア代表DFデヤン・ロブレンといったセンターバック陣に負傷者が続出している現状においても、前向きに取り組まなければいけないと考えている。

「現時点での大きな問題は我々のセンターバックたちが負傷しているということだ。シーズン最初は5人のセンターバックがいたが、今は誰もいない。それが今の状況だ。それでも、来週にはその状況は変わる可能性がある。その後で、自分たちができることを確認しなければならない。我々はしっかり取り組んで前進するよ」

▽リバプールは12日、本拠地のアンフィールドでプレミアリーグ第21節のアーセナル戦が控えている。

コメント

関連ニュース

thumb

シュクルテル、リバプール退団の可能性は「90%」?

リバプールDFマルティン・シュクルテルが、この夏の移籍に向かっているようだ。同選手の代理人が、トルコ行きの可能性を明かしている。<br><br>2015-16シーズン途中にユルゲン・クロップ監督を迎えてから、シュクルテルは18試合出場にとどまった。スロバキア代表の同選手には、ベジクタシュが関心を示しており、交渉が続いているという。<br><br>カロル・クソント代理人が、スロバキアのテレビで次のように語った。<br><br>「ベジクタシュはマルティンに関心を持つクラブの一つだ。だが、まだ決定するような段階ではない。マルティンがリバプールを去る確率は90%くらいだろう」<br><br>シュクルテルは2008年にゼニトからリバプールに移籍していた。<br><br>提供:goal.com 2016.05.27 08:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ゲッツェの残留宣言、驚いているのはバイエルン? 「クラブの考えは知っているはずだが…」

ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェの残留宣言に驚いているのは、ほかでもない所属クラブのバイエルンだった? ドイツ『キッカー』に対して、カール=ハインツ・ルンメニゲCEOが戸惑いのコメントを残している。<br><br>ジョゼップ・グアルディオラ監督の下でレギュラーポジションを得られなかったゲッツェは、しばらく移籍の噂が続いていた。しかし週明けに「バイエルンでの新シーズンを楽しみにしている」と、残留宣言。ドルトムントやリバプールへの移籍が話題になっていたが、バイエルンでのキャリアを続けるつもりだとしている。<br><br>これは、バイエルン幹部にとっても寝耳に水だったようだ。ゲッツェの契約は2017年までとなっているが、契約延長交渉に入る気配はなかった。<br><br>ルンメニゲCEOは、ゲッツェのコメントの「位置づけは難しい」と、困惑している様子。以下のように続けた。<br><br>「マリオはすべてのことに関して、明確かつ誠実に伝えられている。彼は、クラブの考え、新監督の考えを知っているはずだ。最終的にはマリオが自分で考えることだがね」<br><br>「私も(次期監督のカルロ・)アンチェロッティも、彼と話した。マリオはバイエルンの考えを知っている。ただ単にユーロに集中したいということかもしれない。だが、マリオはコンスタントにプレーしたいのかを考えなければいけないだろう」<br><br>次のシーズンからバイエルンを率いるアンチェロッティ監督は、ゲッツェに出場機会を確約することはできないと話したと見られている。『キッカー』によると、リバプールはバイエルンに対して移籍金2500万ユーロを支払い、選手本人には現行契約を上回る額の条件を用意。取引の成立は間近だったと伝えている。<br><br>選手の急な残留宣言に、バイエルンもリバプールも面食らっているのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.26 17:28 Thu
twitterfacebook
thumb

シュクルテルがリバプール退団へ 代理人「退団の可能性は90%」

▽リバプールのスロバキア代表DFマルティン・シュクルテル(31)の今シーズン限りでの退団は決定的のようだ。スロバキアのテレビ番組『TV Markíz』で同選手の代理人が語っている。 ▽2008年1月にゼニトからリバプールに加入したシュクルテルは、屈強なフィジカルと闘争心溢れるプレーを武器に、2010-11シーズンからリバプールの最終ラインのレギュラーに定着。2013-14シーズンには、キャリアハイとなるリーグ戦7ゴールを記録するなど、攻撃時のセットプレーでも存在感を放った。 ▽だが、今シーズンは度重なる負傷の影響で離脱を繰り返し、パフォーマンス自体も低下しており、ユルゲン・クロップ監督の構想外とも言われている。 ▽そして、今夏の退団が噂されるシュクルテルに関して同選手の代理人を務めるカロル・クソント氏は「マルティンがリバプールを去る可能性について、90%だと確信を持って言うことができる。もちろん、それは決定事項ではない」と、退団の可能性を認めた。 ▽その一方で同氏は、シュクルテルの有力な移籍先といわれるベシクタシュ行きに関しては否定している。 「それはナンセンスだ。彼とベシクタシュの間でいかなる契約も交わされていない。我々は他のクラブについて話し合いを行っているしね。もちろん、ベシクタシュは彼に興味を示しているクラブの1つだ。ただ、彼の行き先は決まっていないよ」 ▽シュクルテルの移籍先に関しては現時点で不明だが、これまで公式戦320試合に出場したリバプールを去ることは決定的な模様だ。 2016.05.26 07:33 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプール、ポルトの6000万ユーロのスター獲得に急接近か

▽リバプールが、ポルトに所属するアルジェリア代表MFヤシン・ブラヒミ(26)の獲得に近づいているようだ。ポルトガル『A Bola』が報じている。 ▽来シーズンに向けてカメルーン代表MFジョエル・マティプ、クロアチア代表MFマルコ・グルイッチ、ドイツ人GKロリス・カリウスの3選手を確保しているリバプール。だが、ユルゲン・クロップ監督は、今夏の移籍市場におけるトップターゲットとしてブラヒミをリストアップしているようだ。 ▽『A Bola』の伝えるところによれば、リバプールは2014年のポルト加入以降、公式戦91試合に出場し、23ゴール21アシストを記録するアルジェリア人MF獲得に向けて、6000万ユーロ(約73億7000万円)の契約解除金を全額支払う準備を進めているようだ。 ▽ポルトは既にブラヒミの後釜として、ヴィトーリア・ギマラエスのブラジル人FWエンリケ・ドラード(26)をリストアップしており、放出に前向きな姿勢を見せている模様。ただ、同選手のリバプール行きに向けての障壁は、ポルトが保有権を50%しか有しておらず、放出に向けてもう1つの保有元との話し合いが必要となることだという。 2016.05.26 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプールがマインツ守護神カリウスを獲得

▽リバプールは24日、マインツのドイツ人GKロリス・カリウス(22)の獲得を発表した。契約期間は長期とだけ明かしているが、イギリス『BBC』によれば5年と報じている。そして移籍金は470万ポンド(約7億5000万円)とのことだ。 ▽3シーズン前にマインツの正GKに定着したカリウスは今季のブンデスリーガで全試合にフル出場して6位と躍進したチームを最後尾で支えた。クリーンシートは9試合を数え、バイエルン、ドルトムントに次ぐ失点数(42)の少なさを誇った。 ▽リバプール移籍が決まったカリウスは公式サイトで次のように話した。 「とても良い気分だ。リバプールでプレーできることを誇りに思っている。彼らには特別な歴史があり、特別なサポーターがいる。アンフィールドでのプレーを楽しみにしているよ。監督とは話したよ。僕に対する要望を伝えてくれた。この移籍の決断が正しいものであることを確信している」 ▽リバプールでは正GKを務めるベルギー代表GKシモン・ミニョレが不安定なプレーに終始しており、新たな守護神を探していた。 2016.05.25 05:13 Wed
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース