クロップ監督、4部と引き分けて再試合も「自分たちの状況を尊重しなければならない」2016.01.09 11:41 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リバプールは9日、FAカップ3回戦で4部のエクスターと対戦し、2-2で引き分けた。ユルゲン・クロップ監督は試合後、現状を尊重しなければならないと強調している。

▽守備陣を中心に負傷者が続出しているリバプールは、レンタル移籍から復帰したばかりのポルトガル人DFチアゴ・イロリなど若手選手をスタメンに多数起用。試合は、4部のクラブを相手にリードを許す展開となり、何とかドローで終えて再試合に持ち込んだ。

▽試合を振り返ったクロップ監督は、「カップ戦の初戦は常にとても難しいものだ。我々の状況だと特にね」と語り、若手選手が多い上に、トレーニングを満足に行うことができなったことが厳しい試合につながったことを認めた。リバプール公式サイトが伝えている。

「我々は時間についてのプレッシャーがある状況でラインナップを選ぼうとした。レンタル移籍していた何人かの選手は昨日戻った。昨日は一緒に練習したし、今日は朝に40分程度練習した」

「我々は共通のプランや考え方を生み出そうとした。それはとても良いことというわけではなかったね。悪過ぎるということもなかった。しかし、これはフットボールでは一緒に取り組むことが非常に重要だということを示したと思う。我々はこのチームと一緒にそういうことはできなかった」

「我々は自分たちの状況を尊重しなければならないし、自分たちがやったことだ。我々は次のラウンドに進出するためにここを訪れた。そして、それは100%上手くいったわけではなかった。50%だ。今はアンフィールドでもう1試合ある。そういうものだ」

▽クロップ監督は、スロバキア代表DFマルティン・シュクルテルやクロアチア代表DFデヤン・ロブレンといったセンターバック陣に負傷者が続出している現状においても、前向きに取り組まなければいけないと考えている。

「現時点での大きな問題は我々のセンターバックたちが負傷しているということだ。シーズン最初は5人のセンターバックがいたが、今は誰もいない。それが今の状況だ。それでも、来週にはその状況は変わる可能性がある。その後で、自分たちができることを確認しなければならない。我々はしっかり取り組んで前進するよ」

▽リバプールは12日、本拠地のアンフィールドでプレミアリーグ第21節のアーセナル戦が控えている。

コメント

関連ニュース

thumb

クロップ、公式戦4試合勝利なしもチームを誇る…ユナイテッドのロングボールに苦戦

リバプールのユルゲン・クロップ監督は、マンチェスター・ユナイテッドのロングボール攻勢に対応するのは簡単ではなかったとしながら、引き分けという結果に満足感を示している。イギリス『BBC』が伝えた。<br><br>リバプールは15日、プレミアリーグ第21節でマンチェスター・Uと対戦。ジェームズ・ミルナーのPKで先制しながら、終了6分前にズラタン・イブラヒモビッチのゴールで追いつかれ、リバプールは4試合勝利なしとなった。それでもクロップはチームのパフォーマンスを誇りに思っている。<br><br>「ユナイテッドは終盤、(マルアン)フェライニとイブラヒモビッチにロングボールを放り込んできた。80分を過ぎてからのインテンシティーはとても高く、厳しかったね。我々は幸運を望んだが、不幸にもそうはならなかった。しかし、結果は悪くなかったし、月曜日にはパフォーマンスだけでなく、結果を喜べると思うよ」<br><br>公式戦4試合勝利なしとなったリバプールは首位チェルシーとの勝ち点差が7まで開いた。次戦は18日、FAカップでプリマスと再試合を行う。<br><br>提供:goal.com 2017.01.16 08:30 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:マンチェスター・ユナイテッド 1-1 リバプール《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第21節、マンチェスター・ユナイテッドvsリバプールのノースウェスト・ダービーが15日にオールド・トラフォードで行われ、1-1のドローに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽マンチェスター・ユナイテッド採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170116_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 デ・ヘア 6.0 失点はノーチャンス。冷静なショットストップに加え、持ち味のキックで攻撃の起点に DF 25 バレンシア 6.0 守備はそつなくこなし、貴重な同点ゴールをアシスト 4 フィル・ジョーンズ 6.0 不用意なボールロストもあったが、概ね安定した出来だった 5 ロホ 5.5 負傷明けということもあり、セーフティファーストを心掛けた 36 ダルミアン 5.5 与えられた守備的な役目をきっちりこなしたが、プラスアルファがない (→フェライーニ 6.0) ターゲットマンとして起点となり、同点弾の起点に MF 22 ムヒタリャン 6.0 フィニッシュの精度を除けば、ここ最近の好調を感じさせる好パフォーマンス 21 エレーラ 6.0 攻守両面で判断の良さが光った。とりわけ、スペースを見つける視野の広さが際立っていた 16 キャリック 5.0 球際でのバトルなど、精彩を欠いたが、先発不敗神話は継続 (→ルーニー 5.5) 積極的に攻撃に絡み、フェライーニへのクロスから同点弾の起点になった 6 ポグバ 4.5 痛恨のPK献上。ラフプレーが目立つなど、冷静さを欠いた 11 マルシャル 5.5 攻守両面でスピードを生かしていた (→マタ 5.5) 無難にボールを捌いた FW 9 イブラヒモビッチ 6.0 苦しんだ中で最後にさすがの決定力を発揮。前線で幾度かチャンメークも見せた 監督 モウリーニョ 6.0 ツインタワー作戦が功を奏し、最低限の勝ち点1奪取 ▽リバプール採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170116_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 22 ミニョレ 6.0 2度のビッグセーブでチームを救った DF 66 アーノルド 5.5 ビッグマッチでプレミア初先発。危うい対応も見られたが、果敢な攻撃参加など、上々の出来 6 ロブレン 6.5 空中戦の強さに加え、持ち味の出足鋭い守備で躍動 17 クラバン 6.0 ロブレンと良い関係性を築き、粘り強く守った 7 ミルナー 6.0 プレッシャーがかかるPKを成功。ムヒタリャンに苦戦も粘った MF 5 ワイナルドゥム 5.5 地味ながら中盤でよく戦っていた 14 ヘンダーソン 6.0 負傷明けでのビッグマッチも安定感が際立っていた 23 カン 6.5 球際でのバトルで常に優位性を保った FW 11 フィルミノ 5.5 なかなか良い形でボールを受けられなかったが、幾つか決定機に絡んだ 27 オリジ 5.5 前線からの積極的な守備でチームをサポート (→コウチーニョ 5.5) 投入直後にさすがのテクニックを見せるなど、ボールを持てば可能性を感じさせた 20 ララナ 5.5 決定的な仕事はできなかったが、攻守にきっちりハードワークした 監督 クロップ 5.5 全体的には悪くないパフォーマンスだったが、逃げ切り失敗で公式戦4戦未勝利 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! エムレ・カン(リバプール) ▽持ち味の闘争心と球際の強さを生かして中盤を制圧。とりわけ、好調のポグバを完全に試合から締め出すなど、守備面の出来が素晴らしかった。 マンチェスター・ユナイテッド 1-1 リバプール 【マンチェスター・ユナイテッド】 イブラヒモビッチ(後39) 【リバプール】 ミルナー(前27[PK]) 2017.01.16 03:10 Mon
twitterfacebook
thumb

注目のビッグマッチはドロー ユナイテッドは連勝ストップし、リバプールは3位転落…《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第21節、マンチェスター・ユナイテッドvsリバプールのノースウェスト・ダービーが15日にオールド・トラフォードで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽6位のユナイテッド(勝ち点39)は前節、ウェストハムとのアウェイ戦を0-2で制し、リーグ戦6連勝を達成した。さらに、7日に行われたFAカップ3回戦のレディング戦(4-0)と、10日のEFLカップ準決勝1stレグのハル・シティ戦(2-0)でも勝利。公式戦9連勝で、15戦負けなしと波に乗っている。今回のビッグマッチに向けては、ハル戦からスタメン4人を変更。スモーリングとラッシュフォードに代わって、負傷明けのロホと体調不良のイブラヒモビッチが復帰し、ルーニーとマタに代わってキャリックとマルシャルが起用された。 ▽対するリバプール(勝ち点44)は、マンチェスター・シティ戦から中1日のアウェイ戦となった前節で、サンダーランドに2-2のドロー。8日のFAカップでは、メンバーを落としたとはいえ、4部のプリマス・アーガイルを相手にホームで引き分け、再試合に持ち込まれた。さらに、11日に行われたEFLカップ準決勝1stレグではサウサンプトンに0-1で敗れ、3戦未勝利と、厳しい状況の中で今回の一戦を迎えた。セインツ戦からのメンバー変更は4点。負傷のクラインに代わって、これがプレミア初先発のアーノルド、ルーカス・レイバに代わって負傷明けのヘンダーソン、3トップにはフィルミノ、ララナ、オリジが入った。 ▽ゴールレスドローに終わった前回対戦と同様に慎重な入りとなった今回のビッグマッチ。硬さの見える両チームの選手たちは、細かいミスが目立ち序盤は中盤での潰し合いが続いた。18分にはデ・ヘアのゴールキックからDFロブレンの不用意なバックパスに反応したイブラヒモビッチに決定機も、ここは飛び出したGKミニョレが何とか対応した。直後の19分にもムヒタリャンのスルーパスに抜け出したポグバに決定機も、シュートを枠に飛ばせない。 ▽一方、立ち上がりのオリジの突破以降、なかなか攻め手がないリバプールだったが、25分にDFフィル・ジョーンズへのハイプレスから良い形のシーンを作ると、27分に相手のミスから先制点を奪う。右CKの場面でロブレンと競りに行ったポグバがクロスボールを腕で触ってしまい、痛恨のPK献上。これをキッカーのミルナーが冷静に決めた。 ▽信じられないミスからホームでリードを許したユナイテッドは、33分にペナルティアーク付近でエレーラが倒されて絶好の位置でFKを獲得。これをイブラヒモビッチが壁の間を抜く低い弾道の強烈なシュートで狙うが、GKミニョレのビッグセーブに阻まれる。さらに41分にはダイアゴナルランで左サイドのエレーラからのスルーパスに抜け出したムヒタリャンに決定機も、ここはDFミルナーの寄せでコースを限定され、再びミニョレの好守に阻まれた。 ▽1点ビハインドで後半を迎えたユナイテッドは、存在感が希薄だったキャリックを諦めハーフタイム明けからキャプテンのルーニーを投入。この交代でルーニーをトップ下に置いた[4-2-3-1]にシステムを変更した。 ▽ルーニーの投入で攻勢を強めるユナイテッドは、55分に絶好の同点機。左サイドでアーノルドからマルシャルがボールを奪いショートカウンターを発動。イブラヒモビッチのスルーパスに抜け出したムヒタリャンがボックス右でGKとの一対一を迎えるが、シュートを逡巡して折り返したボールはマルシャルの前でDFアーノルドにクリアされた。 ▽後半に入って守る時間が長いリバプールは、61分にオリジを下げて直近のセインツ戦で復帰したばかりのコウチーニョを投入。この交代でフィルミノが最前線に上がり、コウチーニョが左ウイングに入った。すると、コウチーニョは投入直後のプレーで絶妙なヒールパスからフィルミノの決定機を演出するが、ボックス左で放ったシュートはGKデ・ヘアの好守に阻まれた。 ▽ホームで負けられないユナイテッドは、65分にマルシャルに代えてマタ、75分にはダルミアンを下げてフェライーニを投入。この交代でムヒタリャンが左サイドバックに下がり、イブラヒモビッチとフェライーニが前線でツインタワーを形成する攻撃的な[4-2-4]の布陣に変更した。 ▽試合終盤にかけてそのツインタワーを目がけてクロスやロングボールを放り込むユナイテッドは、84分に追いつく。ボックス左でルーズボールを拾ったルーニーの柔らかなクロスをフェライーニが頭で合わせる。このシュートは右ポストを叩くも、跳ね返りをバレンシアがすぐさま折り返す。これをイブラヒモビッチが頭で合わせると、クロスバーの内側を叩いたボールがゴールラインを越えた。 ▽イブラヒモビッチの同点弾で勢い付くユナイテッドは、その後も猛攻を仕掛けるが、粘るリバプールを前に逆転ゴールを奪うまでには至らず。注目のビッグマッチは痛み分けのドローに終わり、ユナイテッドは公式戦無敗記録を16試合に伸ばしたものの、リーグ戦(6試合)と公式戦(9試合)の連勝記録がストップした。一方、勝ち点3奪取に失敗したリバプールは、公式戦4戦未勝利でトッテナムに抜かれ3位に転落した。 2017.01.16 03:09 Mon
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、リバプール戦を特別視せず…クロップより冷静であることを強調

マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、リバプール戦では冷静に臨むとしている。『OMNISPORT』が伝えた。<br><br>マンチェスター・Uは15日、プレミアリーグ第21節でリバプールと対戦する。チームはリーグ戦6連勝中、公式戦15試合負けなしと好調をキープしているだけに、モウリーニョはビッグマッチにも余裕を見せている。<br><br>「全ての監督が勝ちたいと思うように我々は勝利が欲しい。全ての監督にそれぞれの個性があり、独自の指導やけん引のスタイルがある。おそらく我々は似たような質を備えている。間違いなく我々には他の監督との違いを作り出す別の質が備わっている。だがこの試合に関してユルゲン・クロップは私と同じくらいサッカーをしたいと思っていると思う。私と同じくらいやる気に満ちているだろう。彼が私ほどに落ち着いているかは分からない。だがこれは我々のキャリアにおいて一つのビッグゲームに過ぎない」<br><br>ユナイテッドは勝利すれば、リバプールとの勝ち点差は2となり、優勝争いへ絡んでくる可能性もある。それだけに重要な一戦となることは間違いないが、モウリーニョはあくまでもリーグ戦の1試合として戦うつもりなのかもしれない。<br><br>提供:goal.com 2017.01.15 17:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【プレビュー】9連勝中のモウ・ユナイテッドと首位追走のクロップ・リバプールが激突《マンチェスター・ユナイテッドvsリバプール》

▽プレミアリーグ第21節、マンチェスター・ユナイテッドvsリバプールが15日の日本時間25時からオールド・トラフォードで行われる。6位に位置するユナイテッドと、2位のリバプールが激突するノースウェスト・ダービーだ。 ▽6位のユナイテッド(勝ち点39)は前節、ウェストハムとのアウェイ戦を0-2で制し、リーグ戦6連勝を達成した。さらに、7日に行われたFAカップ3回戦のレディング戦(4-0)と10日のEFLカップ準決勝1stレグのハル・シティ戦(2-0)でも勝利。公式戦9連勝で、15戦負けなしと波に乗っている。6位といっても、2位のリバプールとは、わずか5ポイント差。ホームのここは3ポイントを獲得し、その差を2ポイントまで詰めたい。 ▽対するリバプール(勝ち点44)は、マンチェスター・シティ戦から中1日のアウェイ戦となった前節で、サンダーランドに2-2のドロー。8日のFAカップでは、メンバーを落としたとはいえ、4部のプリマス・アーガイルを相手にホームで引き分け、再試合に持ち込まれた。さらに、11日に行われたEFLカップ準決勝1stレグではサウサンプトンに0-1で敗れ、3戦未勝利に。今回は、ユナイテッドが中4日に対して、こちらは中3日と不利な日程。首位のチェルシーを追いたいところだが、ここは状況的にドローでも悪くない結果となる。 ◆マンチェスター・ユナイテッド◆ 【4-3-3】<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170113_60_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽マンチェスター・ユナイテッド予想スタメン GK:デ・ヘア DF:バレンシア、スモーリング、フィル・ジョーンズ、ブリント MF:ムヒタリャン、エレーラ、キャリック、ポグバ、マルシャル FW:イブラヒモビッチ 欠場者:DFバイリー(ANC)<hr> ▽コートジボワール代表としてアフリカ・ネーションズカップ(ANC)に参戦中のバイリーが起用できない。また、7日に行われたFAカップのレディング戦で負傷したロホ、そして病気でハル戦を休んだイブラヒモビッチの2選手は先発できるか微妙な状況。ウイングに関しては好調を維持している選手が多く、マタやリンガード、ラッシュフォードあたりにも先発のチャンスがある。 ◆リバプール◆ 【4-3-3】<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170113_59_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽リバプール予想スタメン GK:ミニョレ DF:クライン、ロブレン、クラバン、ミルナー MF:ワイナルドゥム、ヘンダーソン、カン FW:ララナ、フィルミノ、コウチーニョ 負傷者:DF:マティプ(足首)、MFヘンダーソン(かかと) 欠場者:FWサディオ・マネ(ANC)<hr> ▽ANC参加のS・マネが欠場する。ゴールマウスはポジション争い中のカリウスとミニョレ、どちらが先発を勝ち取るか分からない状況。直近のFAカップ準決勝サウサンプトン戦に途中出場で負傷からの復帰を果たしたコウチーニョは先発と予想した。 ▽サウサンプトン戦でメンバーに入れなかったヘンダーソンとマティプに関して、クロップ監督は出場できる可能性があると語っている。ララナとコウチーニョはいずれも中盤インサイドで起用することも可能で、フィルミノを含めた3選手のポジションがフォーメーション選定のポイントとなる。 ★注目選手 ◆ユナイテッド:MFマイケル・キャリック<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170113_61_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽今季の“不敗神話男”であるキャリックに期待がかかる。今季、キャリックは公式戦16試合に出場。このオーガナイザーが出場した試合は、14勝2分け無敗と特筆すべき数字を記録している。35歳という年齢から週2での稼働は厳しい状況だが、10日のハル・シティ戦では休養をとれており、万全の状態で今回のダービーマッチを迎えることが可能。ここでも、アンカーポジションでバランスをとり、エレーラとポグバに気持ちよくプレーさせたい。 ◆リバプール:MFフィリペ・コウチーニョ <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170113_62_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽チーム状況から劣勢が予想される中、最終ラインのメンバーが好パフォーマンスを見せることは勝利への必須条件として、攻撃陣からコウチーニョを注目選手に選ぶ。今シーズンも序盤から輝いていたが、11月26日のサンダーランド戦で負傷して離脱。直近のサウサンプトンで復帰を果たし、このダービー前に試運転をすることができた。もちろん完調ではない状態ではあるが、局面を打開できる一発のプレーが可能な選手だけに期待がかかる。S・マネが不在の中、ララナと共に攻撃陣をけん引することができるか。 2017.01.15 07:00 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース