クロップ監督、4部と引き分けて再試合も「自分たちの状況を尊重しなければならない」2016.01.09 11:41 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リバプールは9日、FAカップ3回戦で4部のエクスターと対戦し、2-2で引き分けた。ユルゲン・クロップ監督は試合後、現状を尊重しなければならないと強調している。

▽守備陣を中心に負傷者が続出しているリバプールは、レンタル移籍から復帰したばかりのポルトガル人DFチアゴ・イロリなど若手選手をスタメンに多数起用。試合は、4部のクラブを相手にリードを許す展開となり、何とかドローで終えて再試合に持ち込んだ。

▽試合を振り返ったクロップ監督は、「カップ戦の初戦は常にとても難しいものだ。我々の状況だと特にね」と語り、若手選手が多い上に、トレーニングを満足に行うことができなったことが厳しい試合につながったことを認めた。リバプール公式サイトが伝えている。

「我々は時間についてのプレッシャーがある状況でラインナップを選ぼうとした。レンタル移籍していた何人かの選手は昨日戻った。昨日は一緒に練習したし、今日は朝に40分程度練習した」

「我々は共通のプランや考え方を生み出そうとした。それはとても良いことというわけではなかったね。悪過ぎるということもなかった。しかし、これはフットボールでは一緒に取り組むことが非常に重要だということを示したと思う。我々はこのチームと一緒にそういうことはできなかった」

「我々は自分たちの状況を尊重しなければならないし、自分たちがやったことだ。我々は次のラウンドに進出するためにここを訪れた。そして、それは100%上手くいったわけではなかった。50%だ。今はアンフィールドでもう1試合ある。そういうものだ」

▽クロップ監督は、スロバキア代表DFマルティン・シュクルテルやクロアチア代表DFデヤン・ロブレンといったセンターバック陣に負傷者が続出している現状においても、前向きに取り組まなければいけないと考えている。

「現時点での大きな問題は我々のセンターバックたちが負傷しているということだ。シーズン最初は5人のセンターバックがいたが、今は誰もいない。それが今の状況だ。それでも、来週にはその状況は変わる可能性がある。その後で、自分たちができることを確認しなければならない。我々はしっかり取り組んで前進するよ」

▽リバプールは12日、本拠地のアンフィールドでプレミアリーグ第21節のアーセナル戦が控えている。

コメント

関連ニュース

thumb

リバプールとスパーズが1月にチチャリート争奪戦へ?

▽リバプールとトッテナムが、レバークーゼンに所属するメキシコ代表FWハビエル・エルナンデス(28)の獲得を考慮しているようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽エルナンデスは、2015年に出場機会を求めてマンチェスター・ユナイテッドからレバークーゼンに移籍。すると、ドイツの地で2015-16シーズンに公式戦40試合で26ゴールを記録し、持ち前の得点感覚を発揮した。今シーズンはここまで、公式戦20試合で7ゴールを挙げている。 ▽『ミラー』によれば、リバプールとトッテナムに加え、バレンシアもエルナンデスに関心を持っている。バレンシアは、エルナンデスの獲得に向けて、3350万ポンド(約48億5000万円)とみられる契約解除金を支払う準備ができているとのことだ。 ▽一方、今夏に獲得したFWフィンチェント・ヤンセンが得点を重ねることができていないトッテナムは、より低い移籍金での獲得を目指すという。 2016.12.10 17:45 Sat
twitterfacebook
thumb

クロップ、ドイツ時代からフィルミノを高く評価 「彼こそブンデス最高の選手の1人だと…」

▽リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、ブラジル代表FWロベルト・フィルミノを絶賛した。イギリス『ガーディアン』が伝えている。 ▽ホッフェンハイムで名を轟かせたフィルミノは2015年夏、推定移籍金4100万ユーロ(現在のレートで約50億円)でリバプールに移籍。今シーズンはここまでプレミアリーグ13試合5ゴールを記録している。 ▽2015-16シーズン開幕から数カ月後、ブレンダン・ロジャーズ前監督の後任としてリバプールの新指揮官に就任し、フィルミノを指導することになったクロップ監督。同監督は、ブンデスリーガ時代からフィルミノの才能を高く評価していたようだ。 「私はドルトムントを離れるとき、(リバプールに)何もアドバイスしていない。フィルミノだけではなく他の誰かのこともだ。それに、誰も彼のことを聞いても来なかった。だが、私の中で、彼こそブンデスリーガ最高の選手の1人だと思っていたんだ」 「リバプールが彼とサインをしたと知ったとき、私は『どうやって、彼とサインできたんだい?』ってね。あのときの彼らは100%のチーム状態ではなかった。他のクラブなら、もっと資金を費やすこともできただろうね」 「でも、私はすぐにピンときた。『リバプールにとって素晴らしい契約になる!』とね。私がそのことを聞いたときは、これは間違いなく良い契約になると思った。なぜなら、大きなクラブが彼のために大金を投じてくれると考えたんだ」 2016.12.10 11:08 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプール、バロテッリと「問題行動がなければ1億4000万円のボーナス」の契約

FWマリオ・バロテッリとリバプールの間の契約に、「プレー中の問題行動がなければ100万ポンド(約1億4000万円)のボーナスを与える」との条項が含まれていたと『フットボール・リークス』で明らかとなった。<br><br>リバプールでは2014年から2シーズンプレーしたバロテッリだが、これまでプレーよりも私生活で目立つことが多く、行く先々で問題を起こしてきた。リバプールもプレーへの影響を懸念し、バロテッリとの契約に特別条項を加えたとみられる。<br><br>当時のバロテッリの年棒は600万ポンド(約8億7000万円)とされており、これにボーナスが加わる。ボーナスの支払いは各シーズン終了後となり、審判や相手選手への攻撃的な態度や唾吐き、暴言、抗議などによる退場処分が4回以上なかった場合に限るという。<br><br>またバロテッリには、5得点以上決めた場合に限り、以降1ゴールにつき5万ポンド(約720万円)が支払われるボーナスもあったとされている。<br><br提供:goal.com 2016.12.06 17:10 Tue
twitterfacebook
thumb

逆転負けに落胆のヘンダーソン、前進を主張 「この敗戦から学習」

▽リバプールは4日、プレミアリーグ第14節でボーンマスとのアウェイゲームに臨み、3-4で敗れた。リバプールのイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンは、逆転負けに落胆している。 ▽一時3-1でリードしていたリバプールだったが、そこから痛恨の3失点。第2節以来の今シーズン2敗目を喫した。試合後、ヘンダーソンは以下のようにコメントしている。リバプール公式サイトが伝えた。 「それ(物事を適切な状況に変えること)は僕たちがやらなければならないことの1つだ。できる限り、この敗戦から学習するようにする。そして、それを次の試合で生かすようにするんだ。明らかに、これから数日、僕たちは落胆しているだろうね。でも、僕たちは練習に戻るわけだし、ハードに取り組むよ。次の試合に集中するんだ」 「今シーズンはここまでは素晴らしかったけど、この試合は僕たちのベストの状態ではなかった。そして、僕たちは罰せられたわけだ。ボーンマスを称えなければならないね。彼らは最後まで前進し続けた。とはいえ、僕たちはすぐに学習して前進しなければならない。次の試合では適切な状態であるようにしなければならない」 2016.12.06 08:15 Tue
twitterfacebook
thumb

痛恨の逆転負け喫したクロップ監督、「我々はこの敗戦から学ばなければならない」

▽リバプールは4日、プレミアリーグ第14節でボーンマスとのアウェイ戦に臨み、3-4で逆転負けした。同クラブを率いるユルゲン・クロップ監督は、「ボーンマスは勝利に相応しいパフォーマンスだった」と語り、この試合の結果が妥当なものだと主張している。イギリス『スカイ・スポーツ』が試合後のコメントを伝えている。 ▽FWサディオ・マネとFWディボック・オリジのゴールで前半を2点リードで終えたリバプールだが、後半に入ってPKから1点を返される。すぐにMFエムレ・カンのゴールで点差を再び2点に広げるも、PK奪取で勢いに乗る途中出場の相手MFライアン・フレイザーに1ゴール1アシストの活躍を許し、79分に追いつかれてしまう。 ▽さらに、後半アディショナルタイムには、MFネイサン・アケに逆転ゴールを許し、まさかの逆転負けを喫した。敵地で痛恨の逆転負けとなったリバプールは、第2節のバーンリー戦以来、12試合ぶりの今季2敗目を喫し、首位チェルシーとの勝ち点差が4に広がっている。 ▽同試合後、クロップ監督は最後まで諦めずに戦ったボーンマスを称賛すると共に、再三のミスで相手にチャンスを与えたチームの戦いを悔やんでいる。 「ボーンマスは間違いなく勝利に相応しいパフォーマンスだった。彼らのパフォーマンスと勇敢な戦いを祝福したい」 「個人的に試合のほとんどの時間で我々は優れていたと思う。しかし、重要な局面で我々は相手にチャンスを与えてしまった。我々はドアを開けてしまい、ボーンマスはそのドアを難なくすり抜けていった」 「彼らはゲームを諦めず、幾つかの素晴らしいゴールを挙げた。したがって、勝利に相応しいと考えている。逆に、我々は無暗にボールを相手に渡し、間違ったタイミングで間違ったパスを出していた」 「こういったことはフットボールでよくあることだ。人生においては最も重大で深刻なものではないが、フットボールにおいてはそういったものが結果を左右する」 「我々はこの敗戦から学ばなければならない。それは望まない経験だった。気分の良いものでもないが、それはときどき必要なものでもある」 ▽なお、今回の敗戦からの巻き返しを目指すリバプールは、11日に17位に低迷するウェストハムとのホームゲームに臨む。 2016.12.05 06:10 Mon
twitterfacebook
Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース