インテル、パラシオと1年間の契約延長2016.01.08 22:38 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽インテルは8日、元アルゼンチン代表FWロドリゴ・パラシオ(33)と2017年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。

▽2012年にジェノアからインテルに加入したパラシオは、ここまでの在籍期間で公式戦132試合に出場して54ゴールを記録。今シーズンは、リーグ戦12試合に出場して無得点だった。

▽今シーズン終了後に終了するインテルとの契約を1年延長したパラシオは、同クラブの公式サイトで喜びを露わにしている。

「このクラブでプレーする以上のものはないんだ。僕は本当に嬉しいし、今シーズンこれから待ち受けているビッグマッチに絡むことが待ち切れない気分だ」

「インテルとファンたちに感謝を示したい」

コメント

関連ニュース

thumb

バレンシア、インテルからフランス代表MFコンドグビアを買取OP付きのレンタルで獲得!

▽バレンシアは21日、インテルからフランス代表MFジェフリー・コンドグビア(24)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の伝えるところによれば、バレンシアが今季終了後に買い取りオプションを行使する場合、2500万ユーロ(約32億円)を支払わなければならないという。 ▽2015年にモナコから3000万ユーロ(約38億5000万円)でインテルに加入したコンドグビアは、ここまで公式戦84試合に出場し、3ゴールを記録した。だが、戦術的なセリエAのスタイルに順応できず、時折見せる集中力を欠いた軽いプレーが批判の的となっていた。 ▽なお、今回の移籍はバレンシアからインテル行きが確実視されているポルトガル代表DFジョアン・カンセロ(23)の交渉の一部に含まれている模様だ。 ▽2012年から2013年まで在籍していたセビージャ時代以来のリーガ復帰となるコンドグビアは、バレンシアの地でその才能を開花させることができるか。 2017.08.22 00:45 Tue
twitterfacebook
thumb

サプライズ采配で開幕戦先発の長友佑都を伊メディアが評価「えり抜きのロングパサー」

開幕戦のフィオレンティーナ戦でフル出場を飾ったインテルのDF長友佑都について、イタリアメディアは高評価を与えている。<br><br>セリエA第1節が20日に行われ、インテルはフィオレンティーナと対戦した。当初、イタリアの複数メディアにより新戦力の23歳、DFダウベルト・エンリケの先発が予想されていたため、長友の先発が発表されると驚きをもって報じられた。なお、インテルの先制点となった主将FWマウロ・イカルディのPK獲得のシーンでは長友のロングパスが起点となったほか、フル出場を果たして3-0での完封勝利に貢献している。<br><br>『ユーロスポーツ』は長友に「6.5」を与え、「すばしこいジル・ディアスを前に落ち着かない夜を過ごすも、今回に限っては、日本人選手はミスを犯さなかった。えり抜きのロングパサー。PKへつながるプレーの起点となった」と高く評価した。なおチーム内最高評価はドッピエッタ(1試合2得点)を決めたイカルディの「7.5」、最低評価はMFアントニオ・カンドレーバら4選手の「6」で及第点の評価となっている。また『メディアセット』も同様に長友に対し、チーム内で平均的ながらも「6.5」と高評価を与えている。<br><br>移籍市場情報サイト『カルチョメルカート・コム』も長友に対し、「6.5」の評価を与えている。「メアッツァのスピーカーからスタメン発表が放送されると、観衆から少々ヤジが飛んだ。エネルギーに満ち溢れ、良いパフォーマンスを見せた。イカルディへのアシストは彼。アルゼンチン選手はPK獲得に成功した。(マティアス)ベシーノへもパスを送ったが元ヴィオーラ(フィオレンティーナ)の選手が無駄にしてしまった」との寸評を加え、長友の効果的なパスを称えた。なおチーム内の最高評価はイカルディの「8」、最低評価はDFダニーロ・ダンブロージオら3選手の「6」となっている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.21 22:33 Mon
twitterfacebook
thumb

イカルディのドッピエッタなどで新生インテルが快勝スタート!《セリエA》

▽20日にセリエA開幕節のインテルvsフィオレンティーナがジュゼッペ・メアッツァで行われ、3-0でインテルが勝利した。インテルの日本代表DF長友佑都はフル出場を果たした。 ▽前ローマ指揮官のルチアーノ・スパレッティ氏を新指揮官に迎えた昨季7位のインテルは、イカルディを最前線に配置した[4-2-3-1]の布陣を採用。2列目は右からカンドレーバ、ブロゾビッチ、ペリシッチを起用。胃腸炎で12日のプレシーズンマッチを欠場した長友は左サイドバックで先発に名を連ねた。 ▽一方、新指揮官に昨季途中にインテルを率いたステファノ・ピオリ監督を迎えたフィオレンティーナは、新シーズンを前に昨季の主力が大幅に流出。過渡期を迎えたチームは、ジョバンニ・シメオネやジル・ディアスなど、若手選手をスタメンに起用。インテルとの今季開幕節に臨んだ。 ▽試合は開始早々に動く。5分、長友のロングフィードを最前線で受けたイカルディがボックス内でアストーリに倒され、PK獲得。このPKをイカルディがゴール右隅に決め、インテルが先制した。 ▽先制点で勢いづくインテルは9分、カンドレーバのスルーパスでボックス左に抜け出した長友がマイナスの折り返しを供給。走り込んだヴェシーノがダイレクトで合わせたが、シュートは枠の右に外れた。 ▽主導権を握ったインテルは、15分に追加点を奪う。右サイドを持ち上がったカンドレーバがボックス付近でペリシッチに預けると、ペリシッチのクロスをゴール前に走り込んだイカルディがヘディングで叩き込んだ。 ▽なかなか攻勢に出ることができなかったフィオレンティーナだが、27分に最初の決定機。左サイドからカットインしたエイセリックのクロスをゴール前に抜け出したシメオネがヘディングシュート。しかし、これはGKハンダノビッチの好守に阻まれた。 ▽迎えた後半、2点を追うフィオレンティーナは55分にベナッシを下げてクリストーフォロ、60分にシメオネを下げてババカルをピッチに送り出す。対するインテルは、63分に古巣対戦となったボルハ・バレロに代えてジョアン・マリオを投入した。 ▽すると64分、インテルは長友にチャンスが訪れる。ボックス左から仕掛けたペリシッチのパスでボックス左深くまで侵攻した長友が折り返しを狙うも、これは飛び出したGKスポルティエッロがキャッチ。 ▽その後、フィオレンティーナに攻め込まれる時間帯が続いたインテルだが79分、ボックス右付近でボールを受けたジョアン・マリオのクロスを、ファーサイドでフリーのペリシッチがダイビングヘッドでゴールネットを揺らした。 ▽結局、試合はそのまま3-0で終了。イカルディのドッピエッタなどで快勝のインテルが、ホーム開幕戦を快勝で飾った。 2017.08.21 05:49 Mon
twitterfacebook
thumb

【セリエA開幕節プレビュー】スパレッティ・インテルがピオリ・ヴィオラと初戦

▽ユベントスの史上初の6連覇で幕を閉じた昨季のセリエA。迎える新シーズンは昨季優勝争いに絡んだローマとナポリの他、ミラノ勢も復活の可能性が高く、群雄割拠のシーズンとなることが予想される。そんなセリエA開幕節の注目試合はインテルvsフィオレンティーナだ。 ▽インテルはローマで好結果を残し続けてきたスパレッティ監督を招へい。昨季は2度の監督交代を行っただけに名将の招へいは、何よりの補強と言える。課題だったバックラインにはパワー系センターバックのシュクリニアとリーグ・アン最高と評された左サイドバックのダウベルト・エンリケを加え、質を高めた。ペリシッチを留めた攻撃陣は元々リーグ屈指なだけに、スパレッティ監督が守備を構築すれば上位に絡んでこれるはずだ。古巣との対戦となるボルハ・バレロやヴェシーノのプレーにも注目だ。 ▽一方のフィオレンティーナは昨季途中、インテルを率いたピオリ監督が指揮する。一時は堅守速攻を武器にインテルを復調させた同監督だが、4月に突如失速し、解任の憂き目に遭った。そのインテルに痛い恩返しといきたいところだが、チームは大半の主力が流出し、過渡期にある。シメオネJrやキエーザJrら若手中心のチームでどれだけ戦えるか。 ▽また、日曜日にはアタランタvsローマの好カードも組まれている。昨季はガスペリーニ監督の下、4位と大躍進したアタランタ。ただ、注目の有望株はことごとくビッグクラブに引き抜かれ、弱体化が進んでいる。残留したのはペターニャ、アレハンドロ・ゴメス、カルダーラ位だが、知将の下で良いスタートを切れるか。 ▽対するローマはサッスオーロで実績を残していたディ・フランチェスコ監督を招へい。現役時代にローマでスクデットを獲得した指揮官の下、チームはサラーやパレデス、リュディガーにシュチェスニーら主力を失った。それでも敏腕SDのモンチ氏の下、コラロフやデフレル、ジェンギズにモレノ、ペッレグリーニにゴナロンと渋い補強を敢行。戦力を整えた中、新監督の手腕に期待が懸かる。 ▽7連覇を目指すユベントスは、土曜日の開幕戦でカリアリとホームで対戦する。そのユベントスは守備の要となっていたボヌッチがミランへ電撃移籍した他、ダニエウ・アウベスが退団した。主力2人を失って守備に難を抱えそうな中、ドグラス・コスタやベルナルデスキといった新攻撃陣が守備の不安を払拭するような働きを見せることが期待される。 ▽月曜日には大型補強を敢行したミランがクロトーネとのアウェイ戦で新シーズンをスタートさせる。中国資本に切り替わったミランは、GKドンナルンマの残留に成功したのを皮切りに、前述のボヌッチの他、ムサッキオにリカルド・ロドリゲス、コンティを加え、崩壊気味だった守備が一気に整備されそうな気配がある。中盤ではチャルハノール、ケシエ、ビリアとタイプの違う選手を揃え、ストライカーにはアンドレ・シウバと、好タレントを全ポジションに加えた。あとはモンテッラ監督が彼らをいかに機能させていくかが、鍵を握りそうだ。 ▽最後にチャンピオンズリーグ(CL)・プレーオフでニースにしっかりと先勝した優勝候補ナポリは、サッリ体制3季目で熟成路線を採る中、昇格組ヴェローナとのアウェイ戦に臨む。 ◆セリエA開幕節 ▽8/19(土) 《25:00》 ユベントス vs カリアリ 《27:45》 ヴェローナ vs ナポリ ▽8/20(日) 《25:00》 アタランタ vs ローマ 《27:45》 サンプドリア vs ベネヴェント ラツィオ vs SPAL ボローニャ vs トリノ インテル vs フィオレンティーナ ウディネーゼ vs キエーボ サッスオーロ vs ジェノア ▽8/21(月) 《27:45》 クロトーネ vs ミラン 2017.08.19 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

インテル、玉突き移籍を狙う? シティがエバンス獲得ならマンガラのレンタルを希望か

▽インテルがマンチェスター・シティに所属するフランス代表DFエリアキム・マンガラ(26)のレンタルに関心を寄せているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽マンガラは2014年にポルトからシティに加入した。しかし、ジョゼップ・グアルディオラ監督が就任した昨シーズンは、構想外となり、バレンシアにレンタル移籍。今シーズンからシティに復帰したが、12日に行われたプレミアリーグ開幕節のブライトン戦で出番なしに終わった。これを受けて、イギリス『スカイ・スポーツ』は、マンガラにレンタル移籍の可能性があると伝えている。 ▽そうしたなか、インテルはアーセナルに所属するドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィ(25)の獲得失敗により、次なるターゲットとしてマンガラに白羽の矢。シティが関心を寄せているとされるWBAの北アイルランド代表DFジョニー・エバンス(29)の獲得に成功すれば、マンガラをレンタルできる踏んでいるようだ。 2017.08.19 14:20 Sat
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース