インテル、パラシオと1年間の契約延長2016.01.08 22:38 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽インテルは8日、元アルゼンチン代表FWロドリゴ・パラシオ(33)と2017年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。

▽2012年にジェノアからインテルに加入したパラシオは、ここまでの在籍期間で公式戦132試合に出場して54ゴールを記録。今シーズンは、リーグ戦12試合に出場して無得点だった。

▽今シーズン終了後に終了するインテルとの契約を1年延長したパラシオは、同クラブの公式サイトで喜びを露わにしている。

「このクラブでプレーする以上のものはないんだ。僕は本当に嬉しいし、今シーズンこれから待ち受けているビッグマッチに絡むことが待ち切れない気分だ」

「インテルとファンたちに感謝を示したい」

コメント

関連ニュース

thumb

インテル会長「補強するには1、2選手を売らないと」 アトレティコがブロゾビッチを狙う?

インテルのエリック・トヒル会長は、補強のために一部主力を手放さざるを得ないと認めている。その候補は、MFマルセロ・ブロゾビッチかもしれない。アトレティコ・マドリーがインテルと交渉を始めたという。イタリアメディアが報じた。<br><br>トヒル会長は現在、中国の蘇寧グループとクラブ株式の一部売却を交渉している。そのトヒル会長は27日、補強について次のように述べた。イタリア『メディアセット』が伝えている。<div id="ad"></div> 「我々はクラブのためにパートナーを探している。東アジアにおけるサッカーは成長しており、インテルをさらに強くするためのパートナーを見つけることが重要だ。だが、サインをするまでは何も言えない。何かあるだろう」<br><br>「レギュラーを8人変えることはない。だが、1、2人はあり得る。しかし、そのためには1、2選手を手放す必要があるだろう。ファイナンシャルフェアプレー(FFP)によってね。我々には良いベースがあり、それを保護しなければいけない。だが、FFPを守らなければ、ガラタサライのようになってしまう。我々はそれを望んでいない」<br><br>そしてイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、インテルがアトレティコとブロゾビッチの移籍に関する交渉を始めた。チャンピオンズリーグ決勝でミラノを訪れているアトレティコのミゲル・アンヘル・ヒル・マリンCEOが、インテルのピエロ・アウジリオSD(スポーツディレクター)と会談したそうだ。<br><br>ブロゾビッチの代理人は先日、「インテル残留はクラブがより良い契約をオファーした場合」と述べており、条件次第では移籍に向かう可能性をほのめかしている。<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.28 14:40 Sat
twitterfacebook
thumb

元アルゼンチン代表DFサムエルが38歳で現役引退! ローマやインテルで22のタイトルを獲得…

▽バーゼルの元アルゼンチン代表DFワルテル・サムエル(38)が、今シーズン限りでの現役引退を発表した。 ▽1996年に母国のニューウェルズ・オールドボーイズでプロキャリアをスタートしたサムエルは、優れた身体能力と卓越した守備センスを武器に頭角を現すと、翌年に加入した母国屈指の名門ボカ・ジュニアーズでは、国内リーグとコパ・リベルタドーレスカップ制覇を経験した。 <div id="ad"></div> ▽そして、2000年に加入したローマでは、同胞FWガブリエル・バティストゥータや元日本代表MF中田英寿、元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティと共にセリエA制覇に貢献。“エル・ムロ(壁)”の愛称で知られる世界屈指のセンターバックは、レアル・マドリーを経て2005年に加入したインテルでは、2009-10シーズンのシーズン3冠を含め、「14」のタイトルを獲得した。 ▽その後、2014年に加入したバーゼルでは、負傷の影響で出場機会こそ少なかったものの、加入した2シーズンでリーグ優勝を経験。そして、サムエルは25日に行われたバーゼルの今シーズンのホーム最終戦の場で家族や親しい友人を前に、今シーズン限りでの現役引退を表明した。サムエルは、クラブキャリアを通じて通算494試合に出場し、34ゴールを記録していた。 ▽なお、アルゼンチン代表では、1997年に行われたU-20ワールドカップで優勝を経験すると、1999年にフル代表デビュー。その後、2002年の日韓ワールドカップと2010年の南アフリカ・ワールドカップの2大会に出場するなど、通算52試合に出場し、5ゴールを記録していた。 2016.05.28 00:05 Sat
twitterfacebook
thumb

ベラルディ代理人、ユーベ移籍は決まっていないと強調 「現時点で交渉はない」

サッスオーロFWドメニコ・ベラルディの代理人であるシモーネ・セゲドーニ氏は、現時点で選手の去就は決まっていないと述べている。<br><br>共同保有が解消された際にユベントスが買い戻しオプションを手にしたことで、ベラルディはこの夏の去就が注目されている。レアル・マドリーが買い戻しオプションを持つFWアルバロ・モラタの退団が見込まれていることもあり、ユーベがベラルディを獲得すると騒がれているところだ。<br><br><div id="ad"></div><br>インテルの関心も絶えず報じられるベラルディについて、ユーベのジュゼッペ・マロッタCEOは獲得に前向きな姿勢を見せたが、セゲドーニ氏は『road2sport.com』で次のように述べている。<br><br>「現時点で今後について新しいことは何もない。この数日で報じられていることは事実じゃないよ。(ユーベの買い戻しについては)全員の交渉が必要で、これまではそれがなかった。だから、現時点で何もない」<br><br>「今の彼はサッスオーロでのことに満足している。ヨーロッパリーグ出場権を獲得したのだしね。今の我々はこれから起きることを考えていない。彼はバカンス中だから、私が考えるよ」<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.27 14:31 Fri
twitterfacebook
thumb

日本代表での競争を求めるDF長友佑都「刺激しあってやっていきたい」《日本代表海外組合宿》

▽6月にキリンカップサッカー2016を控える日本代表は24日、千葉県内で海外組の一部選手が集まり、事前合宿を行った。 ▽練習後、囲み取材に応じたインテルのDF長友佑都は、平成28年熊本地震の被災地へ訪れたことを振り返るとともに、今回の合宿、今後の日本代表への意気込みを語った。 ◆DF<B>長友佑都</B>(インテル/イタリア) <B>──子どもたちも非常に喜んだと思いますが</B> 「子どもたちがたくさん居て、みんな笑顔で喜んでくれました。1人で行くのではなく、みんなで行ったというのが良かったと思います。1人の力では、やれることも限られるし、みんなが集まれば、それだけ大きなものが作れるんだなということを再確認できました」 <B>──子供たちとの触れ合い以外でも、中心部がまだ復興していなかったりというのがあったと思うが</B> 「自分が思っていたよりも、家なども壊れていたし、かなり崩れていました。大変なことだなと思いましたし、今でも怯えている方も多くいらっしゃるのでね。なかなか、サッカー選手としてやれることは限られますけど、できることを考えて、行動に移していきたいなと思います」 <B>──九州には知り合いの方もたくさん居ると思いますが</B> 「僕の祖母が都城出身で、長友という苗字も宮崎では凄く多いです。そういった縁もありますし、高校時代は福岡で過ごしたというのもあります。第2の故郷みたいなものですね。熊本には何度も試合で行きましたし、そういった中で、行けただけでも自分の中では嬉しかったと言いますか。その上、子供たちの笑顔が本当に輝いていたので、サッカー選手であるということの誇りというか、そういったものを再確認できました」 <B>──海外組の合宿というこの試みは</B> 「今日はみんな怯えて来ましたよ(笑)。これから3、4日はかなりあげるみたいなので。良い準備をして…だいぶみんな怯えてますけど、頑張ります」 <B>──身体はキツくないですか?</B> 「僕は大丈夫です。身体も動かしていましたし、明日から本番だと思います。明日から3、4日はかなり厳しいトレーニングになると思います」 <B>──シーズンが終わって、日本に帰ってきたら一段落というサイクルがあったと思うが</B> 「それはないですね(笑)。5日間ぐらい休みはありましたけど、それでもこの合宿があることは知っていたので、結構良いコンディションで来ないと、ついて行けないですし、ケガをすることもあると思うので。とにかく身体をずっと動かして、準備はできていました」 <B>──若い選手を呼んだりという話も監督がしていましたが、最終予選前にチームには競争が必要だと感じますか?</B> 「最終予選前ということだけではなく、常に競争は必要で、どんどん若い選手が出てこないと、本当にサッカーは盛り上がらないし、レベルアップもしていきません。僕も今年30歳になるので、もっともっと刺激しあってやっていきたいですね」 2016.05.24 23:31 Tue
twitterfacebook
thumb

インテル移籍に迫るバネガ 「セビージャは家族のようなものだった」

セビージャMFエベル・バネガは、今季限りで同クラブを退団することを認めている。<br><br>インテル移籍が秒読み段階となっているバネガ。セビージャのウナイ・エメリ監督は先日、コパ・デル・レイ決勝後にバネガが涙を流していたと語り、同試合が27歳MFにとってラストマッチになることを示唆していた。<br><br>バネガは、『BeinSports』でこの夏の移籍を明かしている。<br><br>「すごく悲しい。だけど、誰もが人生で決断を迫られる。決断が正しいときもあれば、間違っているときもある。(移籍当初から)手厚く歓迎してくれたサポーターには感謝したい。僕たちはタイトルを獲得することで彼らに恩返しをしてきた。決断するのは本当に難しかった。このクラブにすごく馴染んでいたからね。家族みたいなものだった」<br><br>「セビージャへの移籍は、自分にいろいろな経験を与えてくれた。エメリや(スポーツディレクターの)モンチ、チームメートに感謝したい。セビージャは素晴らしいクラブだ。いつか戻ってこれたらいいね。自分のキャリアに印を刻んでくれたクラブだから」<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.24 22:49 Tue
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース