今季14発のイガロ、移籍する唯一のクラブはユナイテッド 「常に夢だった」2016.01.08 22:22 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽今シーズンのプレミアリーグでインパクトを残しているナイジェリア代表FWオディオン・イガロ(26)は、ワトフォードから退団するとすれば、マンチェスター・ユナイテッドからオファーが届いた場合のみであると明かした。イギリス『ザ・サン』が伝えた。

▽屈強なフィジカルを生かしたポストプレーや強引な突破を持ち味とするイガロは、今季のリーグ戦ここまでで14ゴールを記録。先日にはアトレティコ・マドリーからの関心が伝えられるなど、注目を浴びているストライカーだ。

▽そのイガロは、他クラブからの関心を喜びながらも、ワトフォードでの満足感を強調。それでも、ユナイテッドからのオファーが届けば心変わりするかもしれないと話した。

「スペインとイタリアからの噂話があったね。でも、僕はどちらの国でもプレーしたし、今はイングランドでプレーし続けたい」

「移籍することになるとは考えていない。でも、もしユナイテッドに呼ばれれば、ノーと言えるかどうか確信できないな」

「彼らは、僕が成長期に見てきたチームなんだ。テレビでアンディ・コールとドワイト・ヨークのコンビを見るのが好きだった。彼らが僕のアイドルだったんだ。オールド・トラフォードでプレーするのは、常に夢だった」

コメント

関連ニュース

thumb

マタ、モウリーニョ監督との確執を否定…過去も現在もなかったことを強調

マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表MFフアン・マタが、ジョゼ・モウリーニョ監督との確執を否定している。イギリス各紙が報じた。<br><br>マタは2014年、当時チェルシーを率いていたモウリーニョと仲違いをした影響でマンチェスター・Uへと移籍してきた。しかし、マタは過去のうわさを否定し、今もチームで問題なく仕事をしていることを強調している。<br><br>「僕とモウリーニョの間には何の問題もなかった。彼が今夏にチームへやってきた時から多くの嘘が飛び交っている。毎日事実ではない嘘を読んだり聞いたりして、僕も困らされているよ。フェイスブックやツイッターのコメントを見て、いつも笑わされるね」<br><br>マタは今シーズン、8試合に出場し、2ゴールをマークしている。問題がある選手には徹底的な冷遇もいとわないモウリーニョ監督がこれほど出番を与えていることから、2人の間に何かあるとは考えづらいだろう。<br><br>提供:goal.com 2016.10.01 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

スコールズ「イブラの肉体は25歳」

▽元イングランド代表MFのポール・スコールズ氏が、自身の古巣マンチェスター・ユナイテッドでプレーする元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチのさらなる活躍に期待を寄せた。イギリス『エクスプレス』が伝えた。 ▽昨シーズン限りでパリ・サンジェルマン(PSG)との契約が満了を迎えたイブラヒモビッチは今夏、インテル時代の恩師であるジョゼ・モウリーニョ監督が就任したユナイテッド行きを選択した。 ▽そのイブラヒモビッチは、10月3日に35歳の誕生日を迎える。しかし、今シーズンはここまで公式戦10試合出場で6ゴールを記録。カリスマ性はもちろん、依然として高い決定力を誇っている。 ▽スコールズ氏は、自身が解説者を務めるイギリス『BT スポーツ』で、そのイブラヒモビッチについて言及。アヤックス、ユベントス、インテル、バルセロナ、ミラン、PSGを渡り歩いてきた実力は衰えていないと太鼓判を押した。 「彼は偉大なセンターフォワードだよ。それがこのクラブにいる理由だ」 「確かに、彼はキャリアの終盤にいるかもしれない。しかし、彼は25歳の肉体があることを示している。私はそう思う」 「彼の身体はすごく絞れているように見える。今シーズンの彼があと20ゴールを決めてくれることを願うよ」 2016.10.01 11:00 Sat
twitterfacebook
thumb

モウ、決勝アシストのルーニーに言及 「役割を遂行してくれた」

▽マンチェスター・ユナイテッドは29日、ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第2節でゾリャをホームに迎え、1-0で勝利した。ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、イングランド代表FWウェイン・ルーニーの活躍を称えた。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽先のリーグ戦から数名変更もFWズラタン・イブラヒモビッチ、MFポール・ポグバなど一部主力を引き続き先発起用したモウ・ユナイテッド。開幕節を落とした中で迎えた今節は、ウクライナのゾリャと対戦した。 ▽序盤からホームのユナイテッドが押し気味に試合を進めていく展開となるが、FWマーカス・ラッシュフォードのシュートがクロスバーに嫌われるなどゴールが遠い。それでも69分、ルーニーのシュートにワンタッチで合わせたイブラヒモビッチのゴールが決まり、ユナイテッドが先制。そのまま逃げ切り、今大会初白星を手にした。 ▽試合後の会見に出席したモウリーニョ監督は、「難しい試合だったが、勝利で終えることが重要だった」と安堵。その後、ここ公式戦2試合でベンチスタートが続いている中、決勝点をアシストしたルーニーについて、以下のようにコメントしている。 「彼は笑いながら『大きなアシストを決めた』と言っていた。あのときのチームが必要としていたセカンドストライカーという役割を遂行してくれた。彼は、(フアン・)マタよりもストライカー気質な選手だ。したがって、私はマタを右にスライドさせた。我々はとても良いチームで試合をスタートさせた。しかし、ベンチにも、全ての問題を解決できる選手たちが待機していた」 2016.09.30 09:30 Fri
twitterfacebook
thumb

モウ「イブラのクオリティはアメージング」

▽マンチェスター・ユナイテッドは29日、ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第2節でゾリャをホームに迎え、1-0で勝利した。ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチを絶賛した。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽先のリーグ戦から数名変更もイブラヒモビッチ、MFポール・ポグバなど一部主力を引き続き先発起用したモウ・ユナイテッド。開幕節を落とした中で迎えた今節は、ウクライナのゾリャと対戦した。 ▽序盤からホームのユナイテッドが押し気味に試合を進めていく展開となるが、FWマーカス・ラッシュフォードのシュートがクロスバーに嫌われるなどゴールが遠い。それでも69分、FWウェイン・ルーニーのシュートにワンタッチで合わせたイブラヒモビッチのゴールが決まり、ユナイテッドが先制。そのまま逃げ切り、今大会初白星を手にした。 ▽試合後の会見に出席したモウリーニョ監督は、「難しい試合だったが、勝利で終えることが重要だった」と安堵。その後、決勝点をマークしたイブラヒモビッチについて、以下のようにコメントしている。 「彼は本当に素晴らしい選手。ゴールを決められなかったとしても、チームにダイナミックさをもたらしてくれる。攻撃のときには、リーダーシップと動きを与えてくれるんだ。誰も、彼の実年齢を信じられないだろうね。重要なのはクオリティ。彼が持つクオリティはアメージングだ」 2016.09.30 09:00 Fri
twitterfacebook
thumb

インテルがまさかの連敗…イブラやトッティ活躍でユナイテッド&ローマが初勝利! 武藤がEL初ゴールを記録《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第2節が29日に行われた。 ▽48チームが12のグループに分かれてラウンド32進出を目指すELグループステージ。開幕節では優勝候補筆頭のマンチェスター・ユナイテッドとインテルが、いずれも黒星発進となる波乱の幕開けとなったが、今回の第2節では強豪が順当に勝ち点を伸ばした。 ▽初戦でフェイエノールト相手に苦杯を舐めたユナイテッドは、ホームでウクライナのゾズリャと対戦。ポグバやイブラヒモビッチ、ラッシュフォード、マタなどの主力を先発で起用したホームチームだったが、相手の組織的な守備に苦戦。それでも、69分に途中出場のルーニーのシュートミスを、イブラヒモビッチが泥臭く押し込んでようやく先制に成功。このリードを守り切ったユナイテッドが内容は伴わなかったものの、グループステージ初勝利を手にした。 ▽その他の強豪チームでは、2日前に40歳となったバンディエラ、トッティが3ゴールを演出する大活躍でローマがアストラに4-0で圧勝。また、フィオレンティーナは前半に退場者を出したカラバフを相手にババカルとサラテが2ゴールずつを決め、5-1で大勝した。 ▽その一方で、開幕節に続き屈辱を味わうことになったのはインテル。守護神ハンダノビッチ、ムリージョ、バネガ、カンドレーバ以外を控えメンバーで固めたインテルは、敵地でスパルタ・プラハと対戦。開始7分と25分にカドレツに続けてゴールを奪われたインテルは、後半にパラシオのゴールで1点を返すも、ラノッキアの退場直後に3点目を献上し、1-3の完敗。まさかの連敗となった。 ▽なお、毎年混戦傾向にあるグループステージで連勝に成功したのは、アポエル、ゼニト、アヤックス、シャフタール、FCクラスノダール、シャルケの6チームのみとなっている。 ▽グループステージに参戦している7人の日本人選手では、ケガのシャルケDF内田篤人、ベンチ外となったインテルDF長友佑都を除く5選手が出場。マインツFW武藤嘉紀はカバラ戦で2試合連続スタメンを飾り、前半にEL初ゴールを記録した。また、サウサンプトンDF吉田麻也、アストラMF瀬戸貴幸はフル出場を飾ったものの、共に勝ち点3を獲得できず。同じくヤング・ボーイズFW久保裕也、ザルツブルクMF南野拓実も出場機会を得たものの、チームは連敗となった。29日に行われたELグループステージ第2節の結果は以下のとおり。 ◆グループA マンチェスター・ユナイテッド 1-0 ゾリャ フェネルバフチェ 1-0 フェイエノールト ◆グループB アスタナ 0-0 ヤング・ボーイズ ※FW久保裕也は92分までプレー オリンピアコス 0-1 アポエル ◆グループC カバラ 2-3 マインツ ※FW武藤嘉紀は84分までプレーし、1ゴールを記録 サンテチェンヌ 1-1 アンデルレヒト ◆グループD ダンドーク 1-0 マッカビ・テルアビブ ゼニト 5-0 AZ ◆グループE ローマ 4-0 アストラ ※MF瀬戸貴幸はフル出場 オーストリア・ウィーン 0-0 ビクトリア・プルゼニ ◆グループF ビルバオ 1-0 ラピド・ウィーン ゲンク 3-1 サッスオーロ ◆グループG アヤックス 1-0 スタンダール・リエージュ セルタ 2-0 パナシナイコス ◆グループH ヘント 2-0 コンヤシュポル シャフタール 2-0 ブラガ ◆グループI シャルケ 3-1 ザルツブルク ※DF内田はケガのためベンチ外 ※MF南野は65分からプレー FCクラスノダール 5-2 ニース ◆グループJ フィオレンティーナ 5-1 カラバフ リベレツ 1-2 PAOK ◆グループK スパルタ・プラハ 3-1 インテル ※DF長友佑都はベンチ外 ハポエル・ベエルシェバ 0-0 サウサンプトン ※DF吉田麻也はフル出場 ◆グループL ステアウア・ブカレスト 1-1 ビジャレアル チューリッヒ 2-1 オスマンルシュポル 2016.09.30 06:37 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース