鳥栖が磐田のU-23日本代表GK牲川歩見を期限付き移籍で獲得2016.01.07 15:39 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽鳥栖は7日、磐田のU-23日本代表GK牲川歩見(21)が期限付き移籍で加入することを発表した。期限付き移籍期間は2017年1月31日までとなる。

▽牲川は磐田の下部組織出身で、2013年にトップチーム昇格。リーグ戦での出場機会はなかったが、J-22としてJ3で21試合に出場していた。また、世代別の代表にも選出されており、1月12日から行われるAFC U-23選手権兼リオ五輪アジア最終予選に臨むU-23日本代表にも選出されている。牲川は鳥栖を通じて加入の意気込みを語っている。

「この度、ジュビロ磐田から加入することになりました、牲川歩見です。移籍という初めてのチャレンジをサガン鳥栖で出来ることを光栄に思っています。少しでも早く、サガン鳥栖に貢献できるように頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします」

▽また、磐田を通じてもコメント。感謝の言葉を述べている。

「この度、サガン鳥栖に期限付き移籍することになりました。ジュビロにはジュニアのスクールからプレーさせていただき、多くの方々の支えがあって、ここまで来ることができました。本当に感謝しています」

「また、サポーターの皆さんにはいつも温かく見守っていただき、ありがとうございました。これからもサッカー選手として努力し、またジュビロ磐田でプレーできるように頑張ってきたいと思います。ありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

低調・浦和が鳥栖のブロックを崩せずゴールレスドロー…《J1》

▽29日にベストアメニティスタジアムで、明治安田生命J1リーグ1stレグ第14節、サガン鳥栖vs浦和レッズが行われ、ゴールレスドローに終わった。 ▽前節の大宮戦に敗れて4戦未勝利となった鳥栖が、2試合未消化ながら首位の川崎フロンターレに勝ち点2差の2位・浦和(勝ち点26)をホームに迎えた。試合はアウェイの浦和が相手陣内で試合を進めていく。ショートパスを繋ぎながら、前線はポジションチェンジを繰り返し的を絞らせない攻撃を見せる。 <div id="ad"></div> ▽21分には浦和がカウンターでボールを運び、最後は興梠がこの試合最初となるミドルシュートを狙う。一方の鳥栖は、豊田の高さと強さを活かしてボールを集める。さらに白星東のドリブルを起点に、徐々に高い位置でプレーできるようになるも、なかなかシュートチャンスを作れず。お互いにゴール前までボールを運んでいくも、シュート数は少ない前半となった。 ▽交代選手なしで迎えた後半は、鳥栖が前線からのプレスを強め、浦和も縦への推進力をより前面に押し出して戦う。しかしお互いに前半と同様にシュートまで持ち込めない時間が続くと、先に動いたのは浦和のペトロヴィッチ監督。関根を下げて駒井を送り込み、流れを引き寄せにかかる。 ▽鳥栖も23分に早坂を下げて富山を入れるなど、前線を入れ替えてゴールを目指す。しかし試合の大勢は変わらず、シュートチャンスを作れないまま時間だけが過ぎていく。鳥栖は83分にボックスすぐ左の位置でFKを獲得。ニアを狙ったボールも味方に合わず。その後もセットプレーからゴールに迫るが決めきれない。対する浦和も相手陣内で時間を使って行くがやはりシュートを打てず。 ▽結局お互いに決定的なチャンスが少なく、決勝点を奪えないままに試合は終了。1stステージ優勝を目指す浦和にとっては痛い勝ち点1となり、残留争い中の鳥栖にとっては大きな勝ち点1となった。 2016.05.29 17:59 Sun
twitterfacebook
thumb

鳥栖MF高橋義希に第二子となる長男が誕生 「たくさんの支えがあったからこそ」

▽サガン鳥栖は28日、MF高橋義希(31)に第二子となる長男が27日に誕生したことを発表した。 ▽2004年に鳥栖でプロキャリアをスタートさせた高橋は、2010シーズンから2年間にわたってベガルタ仙台でプレー。その後、2012年にレンタルで鳥栖に復帰すると、翌シーズンから完全移籍で再加入した。高橋はクラブの公式サイトで以下のようにコメントを残した。<div id="ad"></div> 「いつもたくさんの応援をいただきありがとうございます。昨日、元気な男の子が生まれました。元気に生まれてくれた息子、頑張ってくれた妻の顔を見るとホッと安心しました」 「たくさんの支えがあったからこそ、この日を迎えることが出来ました。支えていただいた皆様にとても感謝しています」 「娘と息子の成長を楽しみながら、サッカー選手として1日でも長くプレーできるよう、日々の練習から勝利のために頑張ります」 2016.05.28 17:29 Sat
twitterfacebook
thumb

平井の豪快ミドルで福岡が決勝Tに望みを繋ぐ…鳥栖は敗退《ナビスコカップ》

▽25日にヤマザキナビスコカップ2016のグループB第6節、アビスパ福岡vsサガン鳥栖の“バトル・オブ・九州”が行われ、1-1のドローに終わった。 ▽4試合を消化して6位の福岡(勝ち点5)が、同じく4試合を終えて7位の鳥栖(勝ち点2)をレベルファイブスタジアムに迎えたダービーマッチ。決勝トーナメントに進出するためにはこの試合で勝利が欲しい両チームの一戦は、鳥栖が主導権を握る展開となる。 ▽しかし20分を過ぎる頃から徐々に福岡がボールを持ち始めると、左サイドの下坂を起点として鳥栖陣内に攻め込んでいく。すると42分、相手陣内左サイドからのFKで濱田がヘディングシュートを沈める。しかし、これはオフサイドの判定によりゴールは認められなかった。 ▽すると45分、冨安がボックス内で豊田を倒してしまいPKを献上。冨安は2度目の警告で退場となった。鳥栖はこのチャンスを豊田がきっちりと決めきり、1点リードして前半を終える。 ▽追いかける展開の福岡はハーフタイムで三島を下げて城後を投入し、まずは同点を目指す。しかし最初のチャンスは鳥栖が迎えた。49分にCKの流れからボックス内でフリーとなっていた豊田がシュートを沈める。しかし、ここはオフサイドの判定により、ゴールは認められなかった。 ▽福岡は71分、ボールを運んだ城後がボックス手前から右足を一閃。しかし、このシュートはクロスバーを越えるなどゴールが遠い。それでも85分、城後とのパス交換から平井がボックス外から右足を一閃。これがゴールネットに突き刺さって、福岡が同点とする。 ▽試合終盤はお互いにロングボールを蹴り込んで勝ち越しを目指すも、決勝点は生まれずに試合終了。同点に追いついた福岡は、決勝トーナメント進出に望みを繋いだ。一方の鳥栖は、グループステージ敗退が決定した。 2016.05.25 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

鳥栖に痛手、MF金民友が右ヒザ内側側副じん帯損傷で全治3週間

▽J1のサガン鳥栖は23日、韓国代表MF金民友が右ヒザ内側側副じん帯損傷で全治3週間と診断されたことを発表した。 ▽金民友は21日に行われた明治安田生命J1・1stステージ第13節の大宮アルディージャ戦で負傷していた。 ▽ここまでリーグ戦全試合に出場し、1ゴールを記録していた金民友の離脱は、リーグ4戦未勝利で16位に低迷する鳥栖にとって大きな痛手となりそうだ。 2016.05.23 19:33 Mon
twitterfacebook
thumb

大宮が江坂のJ1初ゴールで連続完封勝利! 鳥栖は4戦連続の無得点…《J1》

▽21日にベストアメニティスタジアムで明治安田生命J1リーグ・1stステージ第13節、サガン鳥栖vs大宮アルディージャが行われ、大宮が0-1で勝利した。 ▽前節はアウェイでFC東京と対戦した鳥栖は1選手を変更。U-23日本代表としてトゥーロン国際大会に参加しているMF鎌田に代えてMF白星東を起用した。一方の大宮は、前節はアウェイでベガルタ仙台と対戦。出場停止のDF菊地に代えて、リーグ戦初先発となったルーキーのDF山越を起用した。18日には、互いにナビスコカップを戦っており、中2日でのゲームとなった。 ▽最初にチャンスを作ったのは大宮。10分、横谷のスルーパスに抜け出したムルジャがドルブルで持ち上がり、そのままシュート。しかし、GK林がかろうじて触り、ボールはわずかに外れる。 ▽鳥栖は両サイドから効果的にクロスを上げ、ターゲットの豊田を狙う攻撃を繰り返すが、大宮の集中した守備が跳ね返しシュートにつながらない。大宮は30分、家長のパスに抜け出したムルジャがGKと一対一になるも、シュートはGK林の正面に飛びゴールとはならない。 ▽鳥栖は39分、ボックス手前で得たFKを高橋が直接狙うも、シュートは枠を越えていく。その後は、鳥栖がサイドを中心に攻撃を仕掛けると、42分には右サイドの藤田からの高速クロスをボックス左で受けた吉田が強烈なシュート。しかし、これはポストに嫌われる。結局お互いに決定機を決めきれず、前半はゴールレスで終わった。 ▽後半も鳥栖はサイドを中心に攻撃を組み立て、クロスから大宮ゴールを目指すが、クロスの精度を欠いてシュートは打てない。大宮は60分、ムルジャガ前線からチェイスをかけると、GK林のキックをブロックするも、シュートは打てず。61分には、スルーパスに抜け出した家長がボックス内からシュートも、枠をわずかに越えるなど、チャンスを生かせない。 ▽63分、横谷のサイドチェンジから奥井がワンタッチで前に送り、抜け出した家長がGKと一対一でシュート。しかし、力なくGKがキャッチする。鳥栖は67分、FKの流れから最後は岡本がジャンピングボレーもGK加藤が好セーブを見せる。 ▽得点が欲しい大宮は岩上に代えて江坂を投入。すると71分、右サイドからの横谷のクロスを、投入されたばかりの江坂がヘッドもGK林がセーブする。それでも74分、ボックス右でムルジャがパスを受けると、クロスから江坂がヘッド。今度は決まり、先制点をもぎとる。なお、このゴールが大宮にとってJ1通算400点目となった。 ▽先制を許した鳥栖は、ロングボールを放り込むパワープレーで攻め込むが、大宮の守備陣がしっかりと跳ね返す。すると91分、ロングボールの落としを吉田がダイレクトシュートで狙うも、シュートは枠外。CKからのクロスを谷口が合わせるが、これも枠を外れる。 ▽アディショナルタイムも鳥栖はロングボールで大宮ゴールに迫るが、得点を奪えずに試合終了。0-1で勝利した大宮が公式戦3試合連続の完封勝利。一方の鳥栖は、4試合連続無得点と苦しい戦いが続いている。 2016.05.21 16:58 Sat
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース