鳥栖が磐田のU-23日本代表GK牲川歩見を期限付き移籍で獲得2016.01.07 15:39 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽鳥栖は7日、磐田のU-23日本代表GK牲川歩見(21)が期限付き移籍で加入することを発表した。期限付き移籍期間は2017年1月31日までとなる。

▽牲川は磐田の下部組織出身で、2013年にトップチーム昇格。リーグ戦での出場機会はなかったが、J-22としてJ3で21試合に出場していた。また、世代別の代表にも選出されており、1月12日から行われるAFC U-23選手権兼リオ五輪アジア最終予選に臨むU-23日本代表にも選出されている。牲川は鳥栖を通じて加入の意気込みを語っている。

「この度、ジュビロ磐田から加入することになりました、牲川歩見です。移籍という初めてのチャレンジをサガン鳥栖で出来ることを光栄に思っています。少しでも早く、サガン鳥栖に貢献できるように頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします」

▽また、磐田を通じてもコメント。感謝の言葉を述べている。

「この度、サガン鳥栖に期限付き移籍することになりました。ジュビロにはジュニアのスクールからプレーさせていただき、多くの方々の支えがあって、ここまで来ることができました。本当に感謝しています」

「また、サポーターの皆さんにはいつも温かく見守っていただき、ありがとうございました。これからもサッカー選手として努力し、またジュビロ磐田でプレーできるように頑張ってきたいと思います。ありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

【2017 J1チーム診断】的を射た補強でフィッカデンティ2年目は飛躍のシーズンへ《サガン鳥栖》

▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分で大幅な見直しが行われたことで、高みを目指した戦いにこれまで以上の激化が必至だ。 ▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回は、的を射た補強で飛躍を遂げるシーズンとなりそうな鳥栖編をお届けする。 <span style="font-weight:700;">◆成熟度に期待がかかるフィッカデンティ政権2シーズン目</span> ▽マッシモ・フィッカデンティ監督の就任初年度となった昨季の序盤は過去最高に苦しんだ時期となった。戦術家で知られる指揮官の下、これまでの堅守速攻にポゼッションに加えた新たなスタイルの構築に取り組んだ結果、1stステージでは15位に沈むなど降格争いに巻き込まれた。 ▽しかし、2ndステージではその状況が一転。フィッカデンティ監督の戦術が浸透すると8位で後半戦を終えた。年間通しては11位とやや不満が残り結果となるも、昨季の後半に見せた戦いぶりは新シーズンに期待が持てるものだった。さらにストーブリーグでもシント・トロイデンからFW小野裕二、名古屋グランパスからMF小川佳純、横浜F・マリノスからDF小林祐三、FC東京からGK権田修一を獲得するなど、各ポジションを補った。今季目指すは初のJ1タイトルだ。 <span style="font-weight:700;">◆2017 シーズンの注目ポイント</span> ▽これまでは堅守速攻のチームスタイルにFW豊田陽平の得点力が鍵を握っていた。しかし、今シーズンはアタッカーとして小野が加入し、豊田への負担が減らせるだろう。さらに中盤では小川や原川力(川崎フロンターレから期限付き移籍)で加入し、またFW鎌田大地の成長もあって、能動的なオフェンスができる選手が増えた。持ち味のハードワークに、自分たちから仕掛けるオフェンスがハマれば非常に面白い戦いを見せてくれるだろう。 <span style="font-weight:700;">◆予想フォーメーション</span>[4-3-1-2] <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170224_tosu_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">権田修一</span> DF:<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">小林祐三</span>、キム・ミンヒョク、谷口博之、吉田豊 MF:<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">小川佳純</span>、高橋義希、福田晃斗 MF:鎌田大地 FW:<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">小野裕二</span>、豊田陽平 ▽昨季同様に中盤ダイヤの[4-4-2]を採用。GK林彰洋が抜けた守護神のポジションには権田、兵役の関係で退団した金民友のところは、小川が埋める。右サイドバックは新加入の小林祐三とDF藤田優人がポジションを争うことになりそうだ。攻撃陣はトップ下の鎌田と前線の豊田は当確で、もう一枚のアタッカーを新加入の小野や昨季活躍したFW富山貴光らが争う。 <span style="font-weight:700;">◆期待の新戦力</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170224_tosu_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>GK権田修一(日本) 1989年3月3日(27歳) 2016シーズン(オーストリア・2部):15試合 ▽2015年にオーバートレーニング症候群が発覚して戦列を離れていたが、ミランでプレーする日本代表FW本田圭佑がオーナーを務めるSVホルンに期限付き移籍で加入してリーグ戦にも出場した。今年1月にFC東京との契約を解除して海外でのプレーを目指すも新天地が見つからず。恩師でもあるフィッカデンティ監督の下で、2年ぶりにJリーグへと復帰した。守護神である林をFC東京に引き抜かれた鳥栖としては、今回のストーブリーグで最大の補強だったと言える。 <span style="font-weight:700;">◆キープレーヤー</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170224_tosu_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>MF鎌田大地 1996年8月5日(20歳) 2016シーズン(J1):28試合7ゴール ▽鳥栖が用いているフォーメーションの鍵となるトップ下を任されており、昨シーズンは得点力も開花して自身最多の7ゴールをマーク。今季も前線と中盤のリンクマンとしてだけでなく、得点でも結果を残したい。目標では、ライバル視している鹿島アントラーズのFW鈴木優磨の15ゴールを上回る16ゴールと公言。有言実行となれば、タイトル獲得に大きく近づくことができるだろう。 2017.02.24 17:55 Fri
twitterfacebook
thumb

「勝利の女神」就任の倖田來未、鳥栖のホーム開幕戦で国歌独唱

▽サガン鳥栖は19日、25日にホームで開幕する明治安田生命J1リーグ第1節の柏レイソル戦で、女性歌手の倖田來未さんによる国歌独唱を発表した。 ▽今シーズンからスペシャルサポーター「勝利の女神」に就任した倖田さんは、選手入場後にメインスタンド側のピッチ中央で国歌独唱の予定。その他、倖田さんと鳥栖のコラボレーション企画として、オリジナルグッズが販売されるという。 ▽倖田さんは昨シーズン、鳥栖にサイン入りのフラッグを贈呈した他、「93(くみ)シート」で佐賀県内の児童クラブに通う子供を招待するなどの活動を展開している。 2017.02.21 12:20 Tue
twitterfacebook
thumb

鳥栖指揮2季目のフィッカデンティ監督、自信をのぞかせる…「勝つべき者が勝つ」《Jリーグキックオフカンファレンス》

▽2017 Jリーグキックオフカンファレンスが13日に東京都内で開催。J1、J2、J3所属の全クラブから監督、選手が出席した。 ▽サガン鳥栖の監督に就任して2シーズン目を迎えたマッシモ・フィッカデンティ監督。例年以上に戦力を整えることに成功した今シーズンの目標について「勝つべき者が勝つ」と述べ、初のJ1リーグ制覇へ自信をのぞかせた。 <span style="font-weight:700;">◆マッシモ・フィッカンデンティ監督</span>(サガン鳥栖) <span style="font-weight:700;">──キャンプについて</span> 「何か特別なことをやったというよりも、全部を一通りやった。戦術的なところ、個人の技術的なところ、全部やったということしか言えない」 <span style="font-weight:700;">──充実した補強内容だと思うが</span> 「何人かの即戦力を獲ることができた。ただ、去年のベースに、新戦力をどれだけ組み込むことができるかという作業がある。獲っただけで機能するわけじゃない」 <span style="font-weight:700;">──FC東京時代の教え子である新加入のGK権田修一について</span> 「彼自身が今後のプレー先を考えた上で、彼からアプローチをしてくれた。彼と話し合い、『それならウチで頑張ってくれ』と伝えた。私が思うに、彼は日本でもトップのGK。彼の決断を聞いたことで、私自身も快く受け入れることができた。それが彼とのストーリーです」 <span style="font-weight:700;">──今シーズンの目標は</span> 「とにかく、自分たちのクオリティをピッチ上で示せるような状況、どことでも戦える状況を作ることで、結果は自ずとついてくるもの。勝つべき者が勝つ。勝ったときに、みんなが納得できるようなチームを作っていきたい」 2017.02.13 20:30 Mon
twitterfacebook
thumb

鳥栖の新キャプテンはFW豊田陽平! 副キャプテンはMF高橋義希、FW池田圭、DF吉田豊

▽サガン鳥栖は12日、2017シーズンのキャプテンにFW豊田陽平が就任したことを発表した。また、副キャプテンとしてMF高橋義希、FW池田圭、DF吉田豊が就任したことも併せて発表されている。 ▽昨シーズンは水原三星ブルーウィングスへと移籍したMF金民友がキャプテンを務めており、豊田は副キャプテンを務めていた。豊田を含む4選手はクラブを通じてコメントしている。 【キャプテン】 ◆FW豊田陽平 「このチームには戦術的役割と規律があります。中でも規律とサガン鳥栖の選手としてあるべき姿、振る舞い、犠牲心というものを今後未来へ継承していく意味でも重点的に助言、アプローチしていこうと思います」 「J1にいる今そして未来だけが素晴らしいと考えるのではなく、現在まで苦労し積み重ねてきて頂いた過去に関わられた全ての方々に感謝し、20年の節目の主将として目配り気配りできるよう常に主体的に俯瞰的に役割を全うしてまいりたいと思います」 「また、キャプテンシーの使いどころを見極めることが、課題だと思います。3人の副キャプテンを頼りながらFWとして自分の役割も忘れずに、務めさせて頂きます」 【副キャプテン】 ◆MF高橋義希 「自分自身がやるべきことは今までと変わりません。チームのためになることは精一杯やっていきたいと思いますし、それにプラスして副キャプテンという自覚を持って、更に自分がやるべきことを考えてやっていきます」 ◆FW池田圭 「チームが一岩となってやれるように頑張ります。まずはプレイヤーとしてトレーニング、試合でしっかりプレーをするということがチームの中で大事だと思っています。ファン、サポーターの皆さんが試合を楽しみに週末を迎えられるようにそういう試合をして良い1年にしたい」 ◆DF吉田豊 「副キャプテンの皆で、トヨさん(豊田選手)、チームを支えていきたい。まずは試合を通して、皆さんによりサガン鳥栖らしさを感じて頂けるように全力で頑張りますので、皆さんの応援で後押しをよろしくお願いします」 2017.02.12 20:56 Sun
twitterfacebook
thumb

鳥栖を退団していたMF平秀斗が福島に加入…昨季は群馬で10試合に出場

▽福島ユナイテッドFCは12日、サガン鳥栖を退団していたMF平秀斗(22)の加入を発表した。 ▽平は、2014年に佐賀東高校から鳥栖へ加入。2シーズンを過ごすと、昨シーズンはザスパクサツ群馬へと期限付き移籍していた。鳥栖ではリーグ戦の出場はなく、ナビスコカップで3試合に出場。群馬では明治安田生命J2リーグで10試合に出場していた。平は福島を通じてコメントしている。 「この度福島ユナイテッドFCに加入させていただくことになりました平秀斗です。とても寒い地域ですが、怪我せずに福島ユナイテッドFCの勝利に貢献できるよう頑張ります。サポーターの皆様、チーム関係者の皆様今シーズンよろしくお願いします」 2017.02.12 18:49 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース