鳥栖が磐田のU-23日本代表GK牲川歩見を期限付き移籍で獲得2016.01.07 15:39 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽鳥栖は7日、磐田のU-23日本代表GK牲川歩見(21)が期限付き移籍で加入することを発表した。期限付き移籍期間は2017年1月31日までとなる。

▽牲川は磐田の下部組織出身で、2013年にトップチーム昇格。リーグ戦での出場機会はなかったが、J-22としてJ3で21試合に出場していた。また、世代別の代表にも選出されており、1月12日から行われるAFC U-23選手権兼リオ五輪アジア最終予選に臨むU-23日本代表にも選出されている。牲川は鳥栖を通じて加入の意気込みを語っている。

「この度、ジュビロ磐田から加入することになりました、牲川歩見です。移籍という初めてのチャレンジをサガン鳥栖で出来ることを光栄に思っています。少しでも早く、サガン鳥栖に貢献できるように頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします」

▽また、磐田を通じてもコメント。感謝の言葉を述べている。

「この度、サガン鳥栖に期限付き移籍することになりました。ジュビロにはジュニアのスクールからプレーさせていただき、多くの方々の支えがあって、ここまで来ることができました。本当に感謝しています」

「また、サポーターの皆さんにはいつも温かく見守っていただき、ありがとうございました。これからもサッカー選手として努力し、またジュビロ磐田でプレーできるように頑張ってきたいと思います。ありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

日本代表に選出の鳥栖GK林彰洋「チームにプラスがもたらせる様に」《ロシアW杯アジア最終予選》

▽日本サッカー協会(JFA)は25日、9月1日、6日に行われるロシア・ワールドカップ アジア最終予選に臨む日本代表メンバーを発表した。 ▽日本代表に選出されたサガン鳥栖GK林彰洋はクラブを通じてコメントしている。 <B>◆GK林彰洋(サガン鳥栖)</B> 「日本代表に選出して頂き嬉しく思います。チームにプラスがもたらせる様に行動していきたいと思います。 そしてサガン鳥栖の選手として、次節のアルビレックス新潟との試合に集中して挑めるよう、いい準備をして 臨みたいと思います。ご声援よろしくお願いします」 2016.08.25 16:40 Thu
twitterfacebook
thumb

磐田が2ndステージ9戦未勝利もジェイの土壇場弾で鳥栖から勝ち点1《J1》

▽20日にヤマハスタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第9節のジュビロ磐田(総合13位/2ndステージ16位)vsサガン鳥栖(総合10位/2ndステージ4位)は、1-1のドローに終わった ▽ヘーレンフェーンに移籍した小林のラストゲームとなった前節のガンバ大阪戦を0-2で落とした磐田と、前節の川崎フロンターレ戦(1-0)で2試合ぶりの白星を手にした鳥栖が対峙した。1stステージでは、ホームの磐田が1-0で勝利している。 ▽2ndステージ初勝利を狙う磐田は、GKにカミンスキーが15試合ぶりに先発復帰。出場停止明けのパパドプーロスも先発起用された。対する鳥栖は、前節から先発に変更なし。鎌田や豊田ら主力が名を連ねた。 ▽試合を動かしたのは、アウェイの鳥栖だった。12分、右サイドのキム・ミヌが左足でファーサイドにロングボールを供給すると、これがパパドプーロスのクリアミスを誘発。このこぼれ球をボックス右の鎌田が冷静に沈めて、鳥栖が先制した。 ▽先制を許した磐田は、1ビハインドで迎えた後半の立ち上がりから攻勢をかけるが、なかなか追いつけない。すると、対する鳥栖もカウンターで応戦。しかし、こちらもGKカミンスキーとの一対一を決め切れないなど、追加点が遠い。 ▽それでも、磐田は後半アディショナルタイム3分、途中出場の森島がボックス内で相手のファウルを受けて、PKのチャンスを獲得。これをジェイが落ち着いて決め切った磐田が辛くも引き分けに持ち込み、勝ち点1を手にした。 2016.08.20 21:20 Sat
twitterfacebook
thumb

7戦連発中だった小林悠が不発の川崎F、鳥栖に敗れて17戦ぶり黒星《J1》

▽明治安田生命J1リーグ2ndステージ第8節のサガン鳥栖vs川崎フロンターレが13日にベストアメニティスタジアムで行われ、1-0で鳥栖が勝利した。 ▽ここまで4勝2分け1敗で5位の鳥栖(年間総合11位)と、6勝1分け無敗で首位に立つ川崎F(年間総合1位)が激突。序盤は両者共に集中を切らさずに進み、どちらもシュートまで持ち込めない。そんな中、両者通じてのファーストシュートが決定機となる。鳥栖は25分、ボックス左に抜け出した早坂がシュート。しかし、これはわずかに枠の右へはずれた。 ▽ゴールレスで迎えた後半、川崎は反撃に転じるも効率の良い試合を展開する鳥栖に苦しみ、なかなかチャンスを生み出せない。80分には鳥栖がキム・ミヌのクロスから福田がヘディングシュートで強襲するも、これはGKチョン・ソンリョンのビッグセーブで川崎Fが追加点を許さない。 ▽しかし、川崎Fは84分、途中出場のMF三好がキム・ミヌへの足裏へのチャレンジをとられて一発退場。これで苦しくなると、そのまま反撃及ばずリーグ戦17試合ぶりの敗戦を喫した。また、前節まで連続ゴールを記録していたFW小林悠は、7試合で記録がストップした。 2016.08.13 21:19 Sat
twitterfacebook
thumb

G大阪が長沢の劇的弾で鳥栖に2ndステージ初黒星をつける《J1》

▽明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第7節のガンバ大阪vsサガン鳥栖が6日に市立吹田サッカースタジアムで行われ、2-1でG大阪が勝利した。 ▽ここまで3勝2分け1敗のG大阪と、同4勝2分けで負けなしの鳥栖が激突した。前半は、高い位置からの守備をハメた鳥栖が主導権を握る。 ▽福田や鎌田らがミドルシュートを狙う鳥栖は、41分にキム・ミヌがミドルレンジから強烈なミドルシュートを飛ばす。しかし、これはGK東口のセーブに阻まれた。 ▽一方のG大阪は前半、守備はまずまずだったものの、攻撃面が低調で、シュートは呉屋が放った1本にとどまった。 ▽迎えた後半、鳥栖は57分に絶好機を迎える。キム・ミヌのシュートが丹羽のハンドを誘ってPKを獲得。これを豊田が落ち着いて決めて、先制点をもたらした。 ▽しかし、ビハインドを背負ったG大阪も直後に反撃する。61分、遠藤のパスを受けて仕掛けたアデミウソンがボックス右で折り返すと、クリアを試みたDF藤田のオウンゴールを誘発し、試合を振り出しに戻した。 ▽その後、両者ともに勝ち点3を目指して攻める。その中で、試合を決定づけたのは、80分にアデミウソンとの交代で入った長沢だった。アディショナルタイム2分、左サイドから大森が入れたクロスに正面で飛び込んだ長沢がヘディングシュートを突き刺し、ホームのファンに歓喜をもたらした。 ▽結局、このゴールが決勝点となり、G大阪がホームで連勝。一方の鳥栖は2ndステージ初黒星を喫した。 2016.08.06 21:25 Sat
twitterfacebook
thumb

鳥栖がステアウア・ブカレストの元U-20アルジェリア代表MFアイメン・タハールの加入合意を発表

▽サガン鳥栖は4日、元U-20アルジェリア代表MFアイメン・タハール(26)と加入することで基本合意に達したと発表した。アルジェリア出身だがイギリス国籍になるとのこと。 ▽アイメン・タハールは、2008年にシェフィールド・ユナイテッドでキャリアをスタートさせると、その後はルーマニアでプレー。2015年にステアウア・ブカレストへと移籍すると、ポルトガルのボアビスタへとレンタル移籍していた。昨シーズンはステアウア・ブカレストでチャンピオンズリーグの予選にも出場している。 ▽現在はまだ登録手続きが完了していないものの、練習には参加しているとのこと。鳥栖は、元モロッコ代表FWエル・カビルに続いて今夏2人目の外国人選手の加入となる。 2016.08.04 17:03 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース