鳥栖が磐田のU-23日本代表GK牲川歩見を期限付き移籍で獲得2016.01.07 15:39 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽鳥栖は7日、磐田のU-23日本代表GK牲川歩見(21)が期限付き移籍で加入することを発表した。期限付き移籍期間は2017年1月31日までとなる。

▽牲川は磐田の下部組織出身で、2013年にトップチーム昇格。リーグ戦での出場機会はなかったが、J-22としてJ3で21試合に出場していた。また、世代別の代表にも選出されており、1月12日から行われるAFC U-23選手権兼リオ五輪アジア最終予選に臨むU-23日本代表にも選出されている。牲川は鳥栖を通じて加入の意気込みを語っている。

「この度、ジュビロ磐田から加入することになりました、牲川歩見です。移籍という初めてのチャレンジをサガン鳥栖で出来ることを光栄に思っています。少しでも早く、サガン鳥栖に貢献できるように頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします」

▽また、磐田を通じてもコメント。感謝の言葉を述べている。

「この度、サガン鳥栖に期限付き移籍することになりました。ジュビロにはジュニアのスクールからプレーさせていただき、多くの方々の支えがあって、ここまで来ることができました。本当に感謝しています」

「また、サポーターの皆さんにはいつも温かく見守っていただき、ありがとうございました。これからもサッカー選手として努力し、またジュビロ磐田でプレーできるように頑張ってきたいと思います。ありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

富山が古巣相手のPK弾も家長弾で大宮がドローに持ち込み7戦無敗《J1》

▽25日に明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第13節の大宮アルディージャvsサガン鳥栖がNACK5スタジアム大宮で行われ、1-1で引き分けに終わった。 ▽リーグ戦6試合負けなし、シーズン初の3連勝を目指す大宮は、出場停止のDF河本裕之、MF横谷繁の代わりにDF山越康平、MF大山啓輔を起用。一方2連敗中の鳥栖は、FW豊田陽平、FWムスタファ・エル・カビルが出場停止となり、古巣対決となるFW富山貴光、FW早坂良太が2トップを組む。なお、前節退席処分となったマッシモ・フィッカデンティ監督に代わり、ブルーノ・コンカコーチが指揮を執る。 ▽開始1分、大宮は右サイドの奥井からのクロスを江坂がヘッド。枠を捉えるも、これはGK林がセーブする。鳥栖は6分、富山が菊地に倒されたとしてPKを獲得。古巣相手のPKを自らしっかりと沈め、鳥栖が先制する。 ▽思わぬ形から先制を許した大宮は、ポゼッションを高めて鳥栖ゴールを目指す。21分には、相手のパスをカットした大山がボックス手前から思い切り良くミドルシュートを放つが、枠を捉えられない。 ▽大宮がボールを保持する中、鳥栖は30分。鎌田がボックス手前中央から左足ミドル。しかし、これは枠を大きく外してしまう。 ▽鳥栖が1点リードで迎えた後半、立ち上がりから大宮は攻勢をかける。47分、家長が泉澤とのワンツーで抜け出すも、シュートは打てず。51分には、ボックス左でボールを持った泉澤が股抜きのクロスを送るも、飛び込んだムルジャはわずかに合わない。 ▽それでも迎えた58分、左CKを得た大宮はクリアボールを金澤が豪快にミドルシュート。GK林がセーブするも、家長が蹴り込み同点に追いつく。さらに60分には泉澤のパスに抜け出た江坂がボックス内で折り返すと、走り込んだ家長がシュート。しかし、これは枠を越えていく。 ▽その後も攻め込む大宮は清水、ネイツ・ペチュニクを投入して前線を活性化。すると78分、左サイドに入った清水がボックス内左からシュートも、わずかに枠を外れる。 ▽鳥栖は前線でボールを収めることができず、なかなか決定機を作れない。大宮は90分、家長がドリブルで仕掛けると、ボックス手前からループシュート。しかし、長身のGK林が手を伸ばして何とか弾き出す。 ▽その後も大宮が猛攻をかけるが、シュートまで行けず。結局そのまま試合は終了し、1-1のドローに終わった。 2016.09.25 18:59 Sun
twitterfacebook
thumb

広島戦で退席処分となった鳥栖のフィッカデンティ監督が大宮戦でベンチ入り停止

▽Jリーグは21日、規律委員会においてサガン鳥栖のマッシモ・フィッカデンティ監督に1試合のベンチ入り停止処分を下すことを発表した。 ▽フィッカデンティ監督は、17日に行われた明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第12節のサンフレッチェ広島戦で、主審より退席を命じられていた。この行為は、「主審、副審の判定に対する執拗な抗議」に相当すると判断され、1試合のベンチ入り停止処分となった。 ▽これに伴い、25日に行われる明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第13節の大宮アルディージャ戦でベンチ入り停止となる。なお、鳥栖はFW豊田陽平、FWムスタファ・エル・カビルも警告の累積により、大宮戦で出場停止となる。 2016.09.21 23:02 Wed
twitterfacebook
thumb

ウタカ18発目の広島が鳥栖の反撃を凌いで公式戦4戦ぶり白星《J1》

▽明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第12節のサガン鳥栖vsサンフレッチェ広島が17日にベストアメニティスタジアムで行われ、2-3で広島が勝利した。 ▽2ndステージ6勝3分け2敗で6位の鳥栖(総合11位)と、同5勝2分け4敗で8位の広島(総合5位)が対戦。立ち上がりは広島がペースを握る。10分までに丸谷のミドルシュートやCKからの千葉のヘディング、ウタカの際どいシュートなどのチャンスをつくるも、いずれも相手守備陣の踏ん張りもあってゴールにつながらない。 ▽それでも、試合の均衡を破ったのは広島だった。34分、遠めの位置でボールを持った塩谷がロングシュート。距離のある位置からのシュートだったが、高い位置からドライブ気味に落ちたボールがGK林の頭上を越えてネットを揺らした。 ▽迎えた後半、鳥栖は序盤にチャンス。ボックス右で仕掛けた鎌田の折り返しにニアサイドのムスタファ・エル・カビルが合わせる。しかし、これは右ポストに弾かれてゴールとはならない。 ▽すると、リーディングスコアラーが決定力を見せつける。千葉の縦パスから最終ラインでうまく相手と入れ替わったウタカが直進。そのままゴールを破り、ウタカの今季18発目で広島がリードを2点に広げた。 ▽さらに広島は62分、ボックス右手前の茶島が縦に仕掛けて切り返し。最後は左足でゴール左にシュートを流し込み、3-0とする。 ▽しかし、鳥栖も諦めない。71分には、富山が入れたボールにファーの谷口が合わせて1点を返す。さらに77分には、キム・ミンヒョクの縦パスを受けたキム・ミヌが左足のシュートでニアサイドを射抜き、鳥栖が1点差に詰め寄る。 ▽その後、鳥栖は同点弾を狙ってリスクを負うも、最後まで広島が凌いで逃げ切り。広島が公式戦4試合ぶりの白星を手にした。 2016.09.17 21:01 Sat
twitterfacebook
thumb

宇賀神&武藤弾を守り切った浦和が鳥栖を下し首位追走!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第11節の浦和レッズvsサガン鳥栖が埼玉スタジアム2002で行われ、2-0で浦和が勝利した。 ▽年間1位、2ndステージ優勝を目指す浦和は、前節のヴィッセル神戸戦を2-1で落として敗戦。リーグ2連敗中と悪い流れだったが、JリーグYBCルヴァンカップでは、その神戸に2戦2勝と調子を戻しベスト4に進出した。一方の鳥栖は、2ndステージで6勝3分け1敗と好調を維持し現在2ndステージ3位。勝てば浦和を抜き、首位浮上の可能性もある。 ▽序盤から裏を狙う浦和に対し、サイドから攻撃を仕掛ける鳥栖の構図となる。鳥栖は11分、浮き球のパスをボックス内で受けた豊田がシュートも、サイドネットを揺らしてしまう。 ▽22分、右サイドからのクロスに飛び込んだ高木が合わせるもDFがブロック。こぼれ球をボックス手前から森脇がシュートも、枠を越えていく。24分には、ボックス内左からの宇賀神のクロスをズラタンがヘッドも。枠をわずかに外れる。 ▽ボックスナイでパスを受けたズラタンがポストプレーで落とすと、宇賀神がボックス手前から右足一閃。これが左ポストを叩いてネットを揺らし、浦和が先制する。先制を許した鳥栖だったが42分、アーリークロスにエル・カビルがヘッドで合わせるもGK西川がセーブする。 ▽44分には関根のスルーパスに反応した武藤が、DFラインの裏を取ってボックス内右からシュート。これが決まり、2-0とする。 ▽浦和の2点リードで迎えた後半も、主導権は浦和が握る。49分、柏木が絶妙なスルーパスをズラタンに送るも、GKの林がキャッチ。56分にはズラタンのキープから、落としを受けた高木がカットインからシュートも枠を捉えられない。 ▽鳥栖は富山や早坂ら攻撃のカードを切り攻め込むも、フィニッシュの精度を欠き得点ならず。浦和も集中した守りを見せてクリーンシートを達成。2-0で勝利し、2ndステージ首位の川崎Fを追走している。 2016.09.10 21:11 Sat
twitterfacebook
thumb

豊田の決勝弾で鳥栖が新潟を撃破《J1》

▽明治安田生命J1リーグ2ndステージ第10節のサガン鳥栖vsアルビレックス新潟が27日にベストアメニティスタジアムで行われ、1-0で鳥栖が勝利した。 ▽2ndステージ5勝3分け1敗で3位(総合11位)につける鳥栖と、同3勝6敗で14位(総合14位)の新潟が激突した。積極的な入りを見せた鳥栖は4分、藤田のクロスから正面の豊田がヘッド。しかし、このシュートはわずかに枠の右にはずれる。 ▽ハーフタイムにかけても鳥栖が押し気味に試合を進める。16分にはボックス右に侵入したエル・カビルがシュート。一度、GK守田にブロックされたボールを再び自ら詰めたが、ゴールとはならない。結局、前半はゴールレスのまま終了する。 ▽迎えた後半、先にチャンスをモノにしたのは鳥栖だった。64分、パスカットのクリアを拾った豊田が一気に仕掛けてボックス内へ。そのまま冷静にシュートを流し込み、鳥栖が試合の均衡を破った。 ▽これで勢いに乗った鳥栖は71分、左サイドで仕掛けた鎌田の折り返しを正面のキム・ミヌが合わせる。しかし、このシュートはゴール前でDFにブロックされる。 ▽その後は新潟がリスクを冒して攻めるも、最後まで鳥栖が耐えて逃げ切り。豊田の今季11ゴール目を決勝点とした鳥栖が勝ち点3を上乗せした。 2016.08.27 21:30 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース