超ワールドサッカー

鳥栖が磐田のU-23日本代表GK牲川歩見を期限付き移籍で獲得2016.01.07 15:39 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽鳥栖は7日、磐田のU-23日本代表GK牲川歩見(21)が期限付き移籍で加入することを発表した。期限付き移籍期間は2017年1月31日までとなる。

▽牲川は磐田の下部組織出身で、2013年にトップチーム昇格。リーグ戦での出場機会はなかったが、J-22としてJ3で21試合に出場していた。また、世代別の代表にも選出されており、1月12日から行われるAFC U-23選手権兼リオ五輪アジア最終予選に臨むU-23日本代表にも選出されている。牲川は鳥栖を通じて加入の意気込みを語っている。

「この度、ジュビロ磐田から加入することになりました、牲川歩見です。移籍という初めてのチャレンジをサガン鳥栖で出来ることを光栄に思っています。少しでも早く、サガン鳥栖に貢献できるように頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします」

▽また、磐田を通じてもコメント。感謝の言葉を述べている。

「この度、サガン鳥栖に期限付き移籍することになりました。ジュビロにはジュニアのスクールからプレーさせていただき、多くの方々の支えがあって、ここまで来ることができました。本当に感謝しています」

「また、サポーターの皆さんにはいつも温かく見守っていただき、ありがとうございました。これからもサッカー選手として努力し、またジュビロ磐田でプレーできるように頑張ってきたいと思います。ありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

鳥栖FW小野裕二が左大腿ハムストリング筋損傷…全治は4週間

▽サガン鳥栖は22日、FW小野裕二が左大腿ハムストリング筋損傷と診断されたことを発表した。全治は4週間とのこと。 ▽小野は、20日に行われた明治安田生命J1リーグ第12節のガンバ大阪戦(0-3で敗北)で先発。ところが、34分にFWビクトル・イバルボと途中交代していた。 ▽今シーズンにベルギーのシント=トロイデンから鳥栖へ加入した小野は今シーズン、ここまでJ1リーグに8試合に出場し、1ゴールを記録。YBCルヴァンカップでは2試合に出場していた。 2017.05.22 19:06 Mon
twitterfacebook
thumb

長沢のリーグ10戦ぶりの2発に倉田が圧巻ボレー! 鳥栖に完勝のG大阪が6戦無敗で首位浮上!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第12節、ガンバ大阪vsサガン鳥栖が20日に市立吹田サッカースタジアムで行われ、ホームのG大阪が3-0で勝利した。 ▽前節終了時点で首位浦和レッズと同勝ち点(22)で2位に位置するG大阪と、11位鳥栖が激突した一戦。前節、北海道コンサドーレ札幌に敵地で快勝したG大阪は、今節先に試合を行った浦和が引き分けたため、首位浮上のチャンスを得た。連勝を目指すこの試合に向けては、札幌戦と全く同じメンバーを起用。また、負傷明けの呉屋がベンチに入った。一方、エースFW豊田、谷口ら主力に負傷者が出ている鳥栖は、1-1のドローに終わった清水エスパルス戦から2選手を変更。青木、イバルボに代わって、小野とリーグ戦初スタメンとなるフランコ・スブットーニが先発に入った。 ▽立ち上がりからホームのG大阪ペースが続くも、最初の決定機は鳥栖に訪れる。8分、原川のFKをゴール前のスブットーニが頭で合わすが、これは枠を捉え切れない。 ▽一方、サイドを起点に攻勢を見せるG大阪は、11分に左サイドから倉田が入れたクロスをゴール前に飛び込んだ長沢が頭で合わせるが、これはわずかに枠の左に外れる。その後も中盤の構成力の差を生かして押し気味に試合を進めるG大阪だが、28分に小野のクロスから趙東建にゴール前で際どいヘディングシュートを許すなど、流れを掴み切れない。 ▽それでも、地力で勝るホームチームは、30分過ぎに畳みかける攻撃でゴールをこじ開ける。33分、相手陣内中央で強引な突破を見せた倉田が右サイドに攻め上がっていたセンターバックの三浦にパスを繋ぐ。そして、三浦の丁寧なクロスをゴール前でフリーの長沢が難なく頭で流し込んだ。続く37分には右サイド深くでオ・ジェソクがマイナスに折り返すと、ボックス中央で待ち構えていた倉田が難しいバウンドを見事な右足ボレーでゴール左隅に突き刺した。 ▽2点ビハインドに加え、前半に小野の負傷でイバルボの投入を強いられるなど、厳しい展開が続く鳥栖は、後半も押し込まれる入りとなる。それでも、積極的に攻め上がる左サイドの吉田を起点に反撃を試みる。58分にはボックス付近での細かいパス交換から中央で仕掛けた鎌田が強烈なシュートを放つが、これはGK東口のファインセーブに阻まれた。 ▽後半も危なげなく試合をコントロールするG大阪は、59分に赤崎を下げてアデミウソンを投入。以降は相手との接触で倉田が足を気にする場面なども見受けられ、後半はなかなか決定機を作れない。71分にはアデミウソンのクロスのこぼれ球をペナルティアーク付近に走り込んだ井手口がシュートするが、これはわずかにクロスバーの上を越えた。 ▽試合終盤にかけて水野、池田と攻撃的なカードを切った鳥栖に対して、泉澤を投入して逃げ切りを図るG大阪は、試合終了間際の後半アディショナルタイム3分に右サイドで井手口が上げたクロスをファーサイドの長沢が頭で流し込み、試合を決定付ける3点目を奪取。その後、殊勲の長沢を下げて負傷明けの呉屋が今季初出場を飾ったG大阪がホームで3-0の完勝。長沢のリーグ戦10試合ぶりとなるゴールなどで、鳥栖を一蹴したG大阪が、6戦無敗で首位に浮上した。 2017.05.20 21:10 Sat
twitterfacebook
thumb

鳥栖がU-18所属のDF倉員宏人、DF藤松航矢、MF森山真伍を2種登録

▽サガン鳥栖は19日、鳥栖U-18に所属するDF倉員宏人(17)、DF藤松航矢(17)、MF森山真伍(17)をトップチームに2種登録したことを発表した。 ▽福岡県出身の倉員と森山はジュニアユース時代から鳥栖の下部組織に所属。佐賀県出身の藤松は鳥栖U-15唐津から鳥栖U-18に加入した。 ▽2種登録をした3選手は、クラブの公式サイトで以下のようにコメントした。 ◆DF倉員宏人 「今回2種登録をしていただき、大変嬉しく思います。しかし、まだサガン鳥栖とプロ契約ができた訳ではないので、これに過信せずにこれまで関わって下さった全ての方々への感謝を忘れず、これまで以上に日々の練習から向上心を持って取り組み、トップチームで活躍出来るように頑張ります」 ◆DF藤松航矢 「去年から引き続き2種登録していただき嬉しく思います。これに満足する事なく、1日でも早くトップチームに昇格できるように努力していきたいと思います。応援よろしくお願いします」 ◆MF森山真伍 「この度、2種登録をしていただきとても嬉しく思います。様々な方々の支えがあったからこそ今があるので、常に感謝の気持ちを忘れず、チャンスを掴めるように全力で頑張っていきます。応援よろしくお願いします!」 2017.05.19 18:17 Fri
twitterfacebook
thumb

鳥栖に負傷者が続出…FW豊田陽平、FW小野裕二、GK赤星拓は3週間、MF谷口博之は手術で5カ月の離脱

▽サガン鳥栖は15日、FW豊田陽平、FW小野裕二、MF谷口博之、GK赤星拓の負傷を発表した。 ▽豊田と谷口は7日に行われた明治安田生命J1リーグ第10節の横浜F・マリノス戦で負傷。豊田は、外傷性気胸と診断され全治3〜4週間、谷口は左膝蓋骨(しつがいこつ)骨軟骨損傷と診断され14日に手術。全治5カ月とのことだ。 ▽また、小野は3日に行われたYBCルヴァンカップ第4節のヴィッセル神戸戦で負傷。左大腿ハムストリング筋損傷と診断され、全治3週間。赤星は10日のYBCルヴァンカップ第5節のサンフレッチェ広島戦で負傷し、左大腿ハムストリング筋損傷と診断。全治は3週間とのこと。 2017.05.15 14:38 Mon
twitterfacebook
thumb

水野晃樹が後半ATに同点弾! 清水vs鳥栖はドロー《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第11節の清水エスパルスvsサガン鳥栖が14日にIAIスタジアム日本平で行われ、1-1で引き分けた。 ▽ここまで3勝3分け1敗で14位に位置する清水と、4勝2分け4敗で10位の鳥栖が相まみえた。清水は、1-1で引き分けた前節のガンバ大阪戦と同様のスタメン。一方の鳥栖は、1-0で勝利した前節の横浜F・マリノス戦から、欠場の谷口と豊田に代えて青木とイバルボを起用した。 ▽試合は序盤、一進一退の攻防で進む。そんな中、試合を動かしたのは清水の新戦力だった。23分、バイタルエリアで鄭大世が潰れると、こぼれたボールをチアゴ・アウベスが左足で叩く。強烈なミドルシュートがゴール右上に突き刺さり、チアゴ・アウベスの直近6試合4得点目となるスーパーゴールで清水が先行する。 ▽ハーフタイムにかけては鳥栖が反撃に転じると、31分にビッグチャンス。ボックス右で鎌田がボールを収めると、付近でパスを受けた趙東建がシュートに持ち込む。しかし、これはGK六反のセーブに遭う。さらに40分にはボックス右の趙東建から近くでボールを受けた原川がシュートに持ち込んだが、これは枠を捉えることができなかった。 ▽迎えた後半も好勝負が展開される。清水は59分、枝村の縦パスからボックス左に抜けた白崎がチャンスを迎えるも、シュートブロックに遭ってこれを生かせない。さらに62分にはビッグチャンス。相手最終ラインのキム・ミンヒョクのミスを突いてボールを奪った鄭大世がGKとの一対一を迎えたが、枠を捉えたシュートはGK権田のビッグセーブに阻まれた。 ▽終盤、清水は犬飼が負傷のため角田と交代。一方、鳥栖はイバルボ、福田に代えて池田、水野を投入し、同点弾を目指す。 ▽その後は、リスクを冒して鳥栖がゴールを目指す。すると、試合終了間際に追いつく。アディショナルタイム4分、左サイドから鎌田が中央にボールを入れると、富山が触って、正面の水野へ。水野が、飛び出してきたGK六反を冷静にかわし、ネットを揺らした。 ▽そして、試合はそのまま1-1で終了。両者が勝ち点を分け合っている。 2017.05.14 15:00 Sun
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース