鳥栖が磐田のU-23日本代表GK牲川歩見を期限付き移籍で獲得2016.01.07 15:39 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽鳥栖は7日、磐田のU-23日本代表GK牲川歩見(21)が期限付き移籍で加入することを発表した。期限付き移籍期間は2017年1月31日までとなる。

▽牲川は磐田の下部組織出身で、2013年にトップチーム昇格。リーグ戦での出場機会はなかったが、J-22としてJ3で21試合に出場していた。また、世代別の代表にも選出されており、1月12日から行われるAFC U-23選手権兼リオ五輪アジア最終予選に臨むU-23日本代表にも選出されている。牲川は鳥栖を通じて加入の意気込みを語っている。

「この度、ジュビロ磐田から加入することになりました、牲川歩見です。移籍という初めてのチャレンジをサガン鳥栖で出来ることを光栄に思っています。少しでも早く、サガン鳥栖に貢献できるように頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします」

▽また、磐田を通じてもコメント。感謝の言葉を述べている。

「この度、サガン鳥栖に期限付き移籍することになりました。ジュビロにはジュニアのスクールからプレーさせていただき、多くの方々の支えがあって、ここまで来ることができました。本当に感謝しています」

「また、サポーターの皆さんにはいつも温かく見守っていただき、ありがとうございました。これからもサッカー選手として努力し、またジュビロ磐田でプレーできるように頑張ってきたいと思います。ありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

杉本&清武弾のC大阪が鳥栖撃破で連敗ストップ《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第29節のサガン鳥栖vsセレッソ大阪が15日にベストアメニティスタジアムで行われ、1-2でC大阪が勝利した。 ▽ここまで11勝8分け9敗で8位の鳥栖と14勝6分け8敗で5位のC大阪(勝ち点48)が相まみえた。ホームの鳥栖は、1-0で勝利した前節の鹿島アントラーズ戦から小林に代えて藤田を起用する1点を変更。一方、中間にルヴァンカップを挟んだC大阪は、1-5で敗れた前節の川崎フロンターレ戦から田中、山下、秋山、負傷の山村に代えて丸橋、木本、ソウザ、清武を起用した。 ▽試合序盤はホームの鳥栖が声援に押される形で前に出る。最初にゴールへ近づいたのはその鳥栖で、15分だった。正面やや遠めの位置から高橋が左足を一閃。鋭いミドルシュートが飛んだが、これは右ポスト外側に弾かれた。 ▽前半の半ばにかけても攻める鳥栖は、23分に先制する。ボックス左で仕掛けた吉田が松田のファウルを受けてPKを獲得。このPKをイバルボが決めて鳥栖が試合の均衡を破った。 ▽それでも、C大阪がすぐさま試合を振り出しに戻す。バイタルエリアで仕掛けた杉本がDF2人の監視を受けながらも強引に正面突破。最後はボックス内の正面から左足でゴール右にシュートを流し込み、C大阪が追いつく。 ▽ハーフタイムにかけては一進一退の攻防となるも、スコアは動かず、1-1のまま試合を折り返す。 ▽迎えた後半、鳥栖は早々にゴールへ近づく。46分、右サイドの藤田が入れたクロスをボックス左のイバルボがダイレクトで折り返す。スピードが速いボールだったが、何とかこれに合わせた小野のヘディングシュートが枠に飛ぶ。しかし、これはバーに直撃し、跳ね返りを再度、小野が押し込みにかかるもわずかに枠を捉えられない。 ▽すると、チャンスをモノにしたのはC大阪だった。58分、松田からボールを受けた水沼がボックス右でクロス。ファーサイドに走り込んだ清武が頭で合わせてネットを揺らし、C大阪が逆転に成功した。 ▽さらにC大阪は74分にもチャンス。ボックス右で清武の縦パスに反応した柿谷がシュートに持ち込むも、左ポストに嫌われてしまい、追加点とはならない。 ▽その後は鳥栖がリスクを冒して攻めるも、C大阪がうまく時間を消費して逃げ切り。C大阪がリーグ戦の連敗を3試合でストップさせる白星を手にした。 2017.10.15 19:01 Sun
twitterfacebook
thumb

鳥栖が福田弾で首位・鹿島の連勝を止める《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第28節のサガン鳥栖vs鹿島アントラーズが30日にベストアメニティスタジアムで行われ、1-0で鳥栖が勝利した。 ▽ここまで10勝8分け9敗で9位に位置する鳥栖(勝ち点38)と20勝1分け6敗で首位につける鹿島(勝ち点61)が対戦した。鳥栖は2-2で引き分けた前節の浦和レッズ戦から三丸に代わって出場停止明けの吉田がスタメン復帰。一方、リーグ5連勝中の鹿島も2-1で勝利した前節のガンバ大阪戦から永木に代えて三竿健を起用する1点を変更した。 ▽序盤は鳥栖が力強い試合への入りを見せる。4分には原川がゴール前に入れたFKからゴールエリア左の田川がフリーでボールを受ける。しかし、田川はシュートをミートさせることができず、決定機を逸する。 ▽さらに14分にも鳥栖にチャンス。原川のスルーパスに抜け出した小野がボックス左からシュートに持ち込む。しかし、このシュートはわずかに枠の右にはずれた。 ▽ハーフタイムにかけて盛り返された鳥栖だが、31分には再び決定機。バイタルエリアをイバルボとのワンツーで攻略した原川がボックス正面に侵入してシュートを放つ。しかし、これはバーに直撃し、先制点とはならない。 ▽ピンチが続く鹿島だが、39分にはセットプレーから好機を迎える。レオ・シルバの右CKがファーに流れると、最後は金崎がボレー。しかし、シュートはわずかに枠の左にはずれた。 ▽ビハインドを背負ったまま前半を終えた鹿島は迎えた後半、積極的に前へ出ていく。しかし、鳥栖の粘り強い守備を前になかなかチャンスをモノにできず、62分には中村を下げて安部を投入。さらに78分には土居を下げてペドロ・ジュニオールを送り出し、攻撃の活性化を図る。 ▽しかし、試合の均衡を破ったのは鳥栖だった。80分、ボックス右手前から田川がクロスを入れると、ゴール正面でフリーとなっていた福田がヘッド。このシュートが決まり、鳥栖がリードを手にした。 ▽リードされた鹿島は86分にレオ・シルバに代えて伊東を送り出し、リスクを冒して前に出る。しかし、最後まで鳥栖の守備を崩しきれず、試合終了。鹿島の連勝は5試合でストップし、6試合ぶりの黒星を喫した。 2017.09.30 16:56 Sat
twitterfacebook
thumb

田川41秒弾含む2発の鳥栖と引き分けた浦和が3戦未勝利《J1》

▽23日に埼玉スタジアム2002で行われた明治安田生命J1リーグ第27節の浦和レッズvsサガン鳥栖は、2-2のドローに終わった。 ▽12勝4分け10敗で8位の浦和(勝ち点40)が10勝7分け9敗の9位につける鳥栖(同37)をホームで迎え撃った。ACL出場圏の3位滑り込みを狙う浦和は、現在2戦未勝利。アンカーには出場停止で欠場の青木拓矢に代わり、阿部勇樹が起用された。一方、シーズン2度目の連勝を見据える鳥栖は、左サイドバックのレギュラーである吉田が出場停止。代わって、三丸が同ポジションを務めた。 ▽浦和ボールでキックオフされた試合はわずか41秒で動く。小野のロングフィードからディフェンスラインの背後に抜け出した田川がボックス左から迷うことなく左足ボレー。これがGK西川の守るゴール右に突き刺さり、鳥栖があっさり先制した。電光石火の先制劇で良い入りを見せた鳥栖は、3分にも小野が右ポスト直撃の強烈なシュートでゴールに迫るなど、浦和を相手にチャンスを多く演出する。 ▽最悪の立ち上がりを強いられた浦和は、冷静さを保ちつつ、ボールポゼッションで攻撃のリズムを構築。なかなか攻め手を見いだせない時間が続く。その中で、25分に高木の強引なシュートから浦和にチャンス。ボックス左深くで相手GKの弾いたボールに反応した武藤が中央に折り返すと、阿部が頭で合わせる。だが、これはクロスバーに嫌われてしまう。 ▽前半の半ば以降も攻め立てた浦和だが、攻めあぐねた挙句の35分にも原川に右ポスト直撃のミドルシュートを許すなど、不安定な戦いを露呈。迎えた後半も攻撃に時間を割くが、なかなかゴールネットを揺らせない。その流れの中で、長澤、ズラタンを立て続けに投入。すると、74分には高木の右CKから中央のマウリシオが頭で合わせて、浦和がついに追いついた。 ▽ところが、80分には浦和が守備のミスを突かれてしまう。GK権田のパントキックを矢島がヘディングで処理するが、これが甘くなったところを見逃さなかった田川が反応。飛び出してきたGK西川の頭上を越えるシュートを無人のゴールマウスに流し込み、鳥栖が再びリードに成功した。 ▽ミスから再び追う展開を余儀なくされた浦和だが、最後の交代枠で梅崎を投入すると、85分に遠藤のクロスから武藤がへディング。いったんはGK権田にセーブされたものの、こぼれ球を武藤自ら詰めて、再び試合を振り出しに戻した。だが、これ以上の反撃は続かず、2-2の痛み分けに終わった。 2017.09.23 18:15 Sat
twitterfacebook
thumb

鳥栖FW趙東建が左脛骨疲労骨折により一時帰国

▽サガン鳥栖は20日、韓国人FW趙東建が治療のため一時帰国することを発表した。 ▽趙東建は、トレーニング中に負傷しており、経過を見ていたものの左脛骨疲労骨折の手術のために韓国に帰国することとなった。 ▽今シーズン水原三星ブルーウィングスから加入した趙東建は、明治安田生命J1リーグで17試合に出場し5得点を記録していた。 2017.09.20 20:41 Wed
twitterfacebook
thumb

鳥栖が数的優位を活かしたパワープレーで甲府に逆転勝利!!《J1》

▽16日に明治安田生命J1リーグ第26節のサガン鳥栖vsヴァンフォーレ甲府がベストアメニティスタジアムで行われ、2-1で鳥栖が勝利した。 ▽前節のベガルタ仙台戦で4失点を喫した9位の鳥栖(勝ち点34)。2連敗となりその2試合で7失点を喫するなど、守備陣が崩壊している。対する15位の甲府(勝ち点21)は、清水エスパルスに0-1と惜敗し5試合白星から遠ざかっている。 ▽負の連鎖を断ち切りたい両チームの一戦は、早速8分に動きを見せた。自陣からカウンターを仕掛けた甲府は、リンスがボールを運ぶと右サイドへ展開。橋爪がダイレクトで折り返したボールを、逆サイドに詰めたリンスが押し込んで先制点を奪った。 ▽その後も主導権を握るのはアウェイの甲府で、11分にもカウンターからドゥドゥがボックス左から左足で狙うが、ここはサイドネットに阻まれる。しかし前半の中盤ごろになるとお互いに攻め手を欠いて攻撃が停滞していく。 ▽迎えた45分、右サイドの福田が入れたクロスボールにイバルボが頭で合わせるとこれがネットを揺らす。しかしイバルボのプレーがファウルを取られて、ノーゴールの判定に。前半はそのまま終了を迎えた。 ▽後半は追いかける鳥栖が立ち上がりから勢いを増して攻め立てる。まずは46分、左サイドの吉田が入れたクロスボールにイバルボが反応。ここはオフサイドを取られてシュートまで持ち込めなかったが、その後もチャンスを創出する。 ▽しかし甲府も62分、リンスが落としたボールにドゥドゥがダイレクトで合わせるが、ここはGK赤星がセーブ。両チームともにゴール前での攻防が増えていった。迎えた63分には甲府にアクシデント。橋爪が2枚目のイエローカードで退場となってしまう。すると65分、セットプレーからチョン・スンヒョンが押し込み、鳥栖が試合を振り出しへと戻す。 ▽そこからは鳥栖の波状攻撃が続くが、甲府もGK河田の好守などでゴールを割らせない。一方、防戦一方の甲府も84分には右CKからチャンスをつくるが、新里が左足で放ったシュートは相手のブロックに遭う。 ▽鳥栖も後半アディショナルタイムに左サイドを突破した吉田がGKを交わしてグラウンダーのクロスを配給。しかし豊田に渡る前に甲府にはじき出されて、チャンスを潰されてしまう。最後まで鳥栖はサイドからクロスを入れてゴールを目指したがあと一点が遠く。しかし試合終了間際、イバルボがドリブルでボックス内に攻め込みゴール前へと入れたクロスを、パワープレーで上がっていたキム・ミンヒョクがプッシュ。これが決まって試合は終了。鳥栖が土壇場で勝ち点3をもぎ取った。 2017.09.16 21:04 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース