鳥栖が磐田のU-23日本代表GK牲川歩見を期限付き移籍で獲得2016.01.07 15:39 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽鳥栖は7日、磐田のU-23日本代表GK牲川歩見(21)が期限付き移籍で加入することを発表した。期限付き移籍期間は2017年1月31日までとなる。

▽牲川は磐田の下部組織出身で、2013年にトップチーム昇格。リーグ戦での出場機会はなかったが、J-22としてJ3で21試合に出場していた。また、世代別の代表にも選出されており、1月12日から行われるAFC U-23選手権兼リオ五輪アジア最終予選に臨むU-23日本代表にも選出されている。牲川は鳥栖を通じて加入の意気込みを語っている。

「この度、ジュビロ磐田から加入することになりました、牲川歩見です。移籍という初めてのチャレンジをサガン鳥栖で出来ることを光栄に思っています。少しでも早く、サガン鳥栖に貢献できるように頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします」

▽また、磐田を通じてもコメント。感謝の言葉を述べている。

「この度、サガン鳥栖に期限付き移籍することになりました。ジュビロにはジュニアのスクールからプレーさせていただき、多くの方々の支えがあって、ここまで来ることができました。本当に感謝しています」

「また、サポーターの皆さんにはいつも温かく見守っていただき、ありがとうございました。これからもサッカー選手として努力し、またジュビロ磐田でプレーできるように頑張ってきたいと思います。ありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

【サガン鳥栖】ハマらなかったフィッカデンティ・フォーメーション《J1総括&展望》

<B>◆チーム採点</B> <B><span style="color:#FF0000;">30点</span></B> <B>◆1stステージ総括</B> ▽開幕戦となったアビスパ福岡戦では相手の追撃を振り切り白星スタートを飾った。しかし以降は、2度の6試合未勝利を味わうなど苦しんだ前半戦だった。守備に関しては17試合でリーグ2位となる15失点に留めるなど一定の評価はできる。しかしマッシモ・フィッカデンティ監督は劣勢を跳ね返すような采配がなく、それはリーグ最下位のゴール数に現れた。 ▽不甲斐ない攻撃陣の中で唯一結果を残したのがエースの豊田。残留争いから抜け出すためにも攻撃陣のテコ入れが必要で、豊田の最適なパートナーを早く見つけ出したい。 <B>◆1stステージ成績</B> <B>15位 4勝5分8敗 勝ち点17 得点:10(18位)、失点:15(2位タイ) 得失点差:-5</B> <B>◆フォーメーション</B> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/tos20160622_1_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div><B>【4-3-1-2】</B> <span style="font-size:14px;">GK:林彰洋 DF:藤田優人、キム・ミンヒョク、谷口博之、吉田豊 MF:金民友、高橋義希、高橋義希 MF:鎌田大地 FW:豊田陽平、岡田翔平</span> <B>◆1stステージMVP</B> <B>FW豊田陽平</B> <B>17試合(先発17試合)/5得点</B> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/tos20160622_2_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽チームの全得点のうち半分となる5ゴールをマークした。今までの豊田に比べれば17試合5ゴールは物足りなくも感じる。しかし今シーズンは今まで以上に少ないチャンスの中でゴールを奪っている点を評価したい。また、2ndレグで巻き返し、5シーズン連続となる15ゴールを達成できれば、チームの残留も近付くだろう。 <B>◆2ndステージ展望</B> ▽フィッカデンティ監督はFC東京時代から採用してきた[4-3-1-2]のフォーメーションを鳥栖でも採用しているが、ここまでの戦いを見てもハマっていないことは明らかだ。特に金民友は守備のタスクに追われて、持ち味のオフェンシブな部分が全く発揮できていない。 ▽一方でバックラインは4選手ともに安定したパフォーマンスを発揮。さらにアンカーに入る高橋との連係も良く、守備戦術は機能しているように見える。それだけにインサイドハーフから前線までの調整が必要だ。 ▽指揮官が頑なに現在のフォーメーションにこだわるならば補強は必須。逆に柔軟な対応を見せるのであれば昨シーズンまで用いた[4-2-3-1]に戻す手は即効性があるかもしれない。どちらにせよ、2ndステージは残留を目指して戦うことになる。それだけにチームとしてできるだけ早く戦い方を再構築したい。 2016.06.27 21:00 Mon
twitterfacebook
thumb

山崎弾で終始押し込んだ新潟が1-0で鳥栖に勝利!!《J1》

▽25日にデンカビッグスワンスタジアムで明治安田生命J1リーグ1stステージ第17節のアルビレックス新潟vsサガン鳥栖が行われ、1-0で新潟が勝利した。 ▽1stステージ最終節を迎え、3勝6分け7敗で勝ち点15の15位・新潟が、4勝5分け7敗で勝ち点17の13位・鳥栖を迎えた。立ち上がりから攻勢に出たのはホームの新潟。6分にボックス右の鈴木が入れたグラウンダーのクロスを中央の山崎はスルー。ファーに詰めた田中がダイレクトでシュートを狙うが、ここはGKがセーブする。 ▽その後も圧力を強めて鳥栖陣内に攻め込んでいく新潟だったが、決定機を決めきれない。すると21分、豊田との接触プレーでGK守田が負傷。プレー続行が不可能となり、川浪と交代でピッチを去った。 ▽鳥栖は35分、鎌田がドリブルでボールを運びスルーパスを配給するも味方には通らず。新潟も50分に右CKからファーサイドの大野が頭で合わせるも、ボールは枠外へ。お互いに、相手ボックス内まで攻め込む場面を作り出したが、シュートまで持ち込むことはできずに、ゴールレスで試合を折り返した。 ▽迎えた後半、鳥栖はハーフタイムで福田と富山を下げて、岡本と早坂を送りこむ。すると後半はその鳥栖が主導権を握った。56分、右CKから金民友のクロスに谷口がヘディングで合わせる。しかしこのシュートはクロスバーを越えていった。 ▽一方の新潟も徐々に流れを取り戻すと、63分には右サイドからのクロスに鈴木が体勢を崩しながらも頭で合わせるが、ボールは枠を越えてしまう。それでも鳥栖陣内に攻め込む回数が増えていった。すると78分、レオ・シルバが引きつけて左サイドのコルテースへ。そこから入ったクロスに加藤が頭で合わせると、ボールは左ポストを直撃。しかしこぼれ球を山崎が押し込んで新潟が先制する。 ▽追いかける展開となった鳥栖は、やや前への圧力を強めてゴールを目指す。86分には絶好機を迎えたが、豊田が左サイドに流したパスから吉田がボックス内に侵入し相手選手に倒されるも、ファウルは取られない。結局そのまま新潟が逃げ切り、1stステージ最終節で白星を飾った。 2016.06.25 21:17 Sat
twitterfacebook
thumb

鹿島一筋16年目のMF青木剛が鳥栖に完全移籍「新たな挑戦が必要だという結論に至った」

▽サガン鳥栖は23日、鹿島アントラーズからDF青木剛(33)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は35をつける。 ▽青木は前橋育英高校から2001年に鹿島へ入団。1年目でリーグ戦8試合に出ると、徐々に出場機会を増やしレギュラーに定着。センターバックの他、ボランチ、サイドバックなど幅広いポジションでプレーした。 ▽J1では通算375試合に出場し8得点、ナビスコカップでは通算73試合出場、天皇杯では44試合に出場し2得点を記録していた。また、AFCチャンピオンズリーグでも31試合に出場し3得点を記録している。今シーズンはリーグ戦の出場はなく、ナビスコカップで4試合に出場していた。 ▽世代別の日本代表を経験していた青木は、2008年にA代表に招集。2試合に出場していた。初の移籍となる青木は鹿島、鳥栖を通じてコメントを残している。 <B>◆鹿島アントラーズ</B> 「ファーストステージが最終局面を迎える大事な時期ですが、自分の気持ちをしっかりと伝えたかったので、このタイミングでの発表とさせていただきました。移籍のオファーを受けて、自分の中で二つの思いが交差しました。一つは、鹿島アントラーズでサッカー人生を全うしたいという思い。もう一つは、新天地で自分の力を試したいという思いです。葛藤はありましたが、サッカー選手として、そして一人の人間として、ここから更に進化と成長を遂げるためには新たな挑戦が必要だという結論に至りました」 「鹿島アントラーズでは15年半もの長い間、本当にお世話になりました。アントラーズのファンやサポーターの方たちからの声援を受けながら、これまで共に戦ってこられたことは決して忘れません。そして、何よりも自分が苦しい時に支えていただけたことは、深く心に残っています」 「皆さんの歓喜が僕の原動力であり、皆さんに喜んでもらうことが、僕自身にとっての最大の喜びでした。これからのサッカー人生でもアントラーズで得た貴重な経験をいかしていければと考えています。今後もアントラーズファミリーの皆さんから温かく見守っていただけるよう、新たな舞台で戦い続けたいと思います」 「最後になりましたが、僕は鹿島アントラーズに関わる全ての方々への感謝の気持ちでいっぱいです。残り1試合、アントラーズの一員としての責務を全うしたいと思います。皆さん、これまで本当にありがとうございました」 <B>◆サガン鳥栖</B> 「この度、サガン鳥栖でお世話になることとなりました。今回、移籍のお話をいただいた時、自分自身と正面から向き合いながら、いろいろな考えを巡らせました。その結果、新天地で挑戦することが自分にとって最良の選択であるという結論に至りました」 「自分のサッカー人生において新たなスタートを迎えますが、少しでもサガン鳥栖と地域のために貢献したいと考えています。これまでの経験をいかしながら、自分に挑戦の場を与えてくれたクラブへの感謝の気持ちを胸に戦います。クラブに関係するすべての皆さんに喜んでいただけるよう、そして最高の形でシーズンを終えられるよう、全力を尽くしたいと思います」 2016.06.23 16:25 Thu
twitterfacebook
thumb

千葉が鳥栖からDF丹羽を期限付き移籍で獲得「千葉のため全力で」、古巣の鳥栖には「鳥栖に関わるすべての人にアモーレです」

▽ジェフユナイテッド千葉は22日、サガン鳥栖のDF丹羽竜平(30)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。 ▽丹羽は千葉の公式サイト上で「はじめまして。サガン鳥栖から移籍してきました丹羽竜平です。ジェフ千葉のため全力で走り闘いJ1目指して頑張ります! 応援よろしくお願いします。WIN BY ALL!」と意気込みを語った。 ▽また鳥栖の公式サイト上では次のように語っている。 「こんにちは。この度、ジェフ千葉に移籍することになりました! 鳥栖で過ごした6年半はすごくいい経験になりましたしすごく皆さんによくしてもらいありがとうございました! 僕からのお願いです。ファン、サポーターのみなさん、絶対に何があろうとも鳥栖を応援してあげてください! 選手の後押しお願いします。鳥栖に関わるすべての人にアモーレです!!皆さんありがとうございました」 ▽2010年に神戸からJ2時代の鳥栖に加入した丹羽は、移籍直後から主力として活躍。しかし昨シーズンから徐々に出場機会を減らすと、今シーズンはマッシモ・フィッカデンティ新監督の下でリーグ戦での出場機会は与えられていない。 2016.06.22 19:08 Wed
twitterfacebook
thumb

長崎が鳥栖からDF坂井達弥を期限付き移籍で獲得「結果にこだわって全力を尽くしてプレー」

▽V・ファーレン長崎は22日、サガン鳥栖の元日本代表DF坂井達弥(25)を期限付き移籍で加入することを発表した。期限付き移籍期間は2017年1月31日までとなる。 ▽坂井は福岡の下部組織出身で、東福岡高校、鹿屋体育大学を経て2012年に特別指定選手として鳥栖へ加入。昨シーズンは松本山雅へと期限付き移籍していた。坂井は長崎を通じて加入のコメントを寄せている。 「初めまして、サガン鳥栖から加入することになりました坂井達弥です。結果にこだわって全力を尽くしてプレーします! V・ファーレン長崎に関わる皆さま、ファン・サポーターの皆さま、共に戦ってください。応援よろしくお願いします」 ▽また、鳥栖を通じても「いつも温かいご声援ありがとうございます。今回、V・ファーレン長崎へ期限付き移籍することに決めました!隣県での活躍を皆さまにお届けできるように頑張ります。これからも応援よろしくお願いします!」とコメントした。今シーズンの坂井はナビスコカップの1試合に出場したのみだった。 2016.06.22 11:35 Wed
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース