山口、東京V退団のDF福井とSP京都MF加藤が加入2016.01.07 14:32 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽来シーズンからJ2に昇格する山口は7日、J2の東京Vを退団したDF福井諒司(28)と、JFLのSP京都からMF加藤大樹(22)が完全移籍で加入したことを発表した。

▽福岡大から2010年に東京Vに加入した福井は、その後北九州と柏への期限付き移籍を経て2013年に東京Vに復帰。今シーズンは、センターバックと左サイドバックのバックアッパーとして、J2リーグ19試合に出場していた。

▽J2初挑戦となる山口に加入した福井は、新天地での意気込みを語っている。

「チームのために自分の持っている力を精一杯出してプレーします。サポーターの皆さま応援よろしくお願いします」

▽一方、古巣の東京Vの公式サイトでは、「ヴェルディでの経験を生かしてこれからも頑張ります。3年間応援してくださったサポーターの皆さまありがとうございました」と別れの挨拶をしている。

コメント

関連ニュース

thumb

イエロー7枚が飛び交った山口vs松本はゴールレスで痛み分け《J2》

▽21日に維新百年記念公園陸上競技場で行われた明治安田生命J2リーグ第30節のレノファ山口FC vs松本山雅FCは、0-0のドローに終わった。 ▽ここ2試合で白星から遠ざかる7位の山口と、勝利した前節のセレッソ大阪戦を含めて5戦負けなしで2位につける松本が対峙した。 ▽試合は立ち上がりから互いに攻め合いながらも、攻め切れない仕掛けが続いたことで、やや停滞感の漂う展開となる。 ▽結局、試合はゴールレスのまま後半に突入。前半と同様にボールを動かしながらリズムをつくる山口と、カウンター狙いの松本という構図となる。 ▽しかし、試合は互いにシュートチャンスこそつくりだすものの、最後の部分で両チームともに堅守が光り、なかなかゴールが生まれない。 ▽結局、7枚のカードが飛び交う激しい展開となった試合は、最後まで均衡が破られることなくゴールレスで終了。勝ち点1ずつを分け合う結果に終わった。 2016.08.21 20:55 Sun
twitterfacebook
thumb

C大阪が山口蛍の復帰弾で5試合ぶり白星《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第28節のレノファ山口vsセレッソ大阪が11日に維新百年記念公園陸上競技場で行われ、0-2でC大阪が勝利した。 ▽ここまで12勝6分け9敗で7位の山口と、同14勝6分け7敗で4位につけるC大阪が対戦。試合は、早々の8分にC大阪が動かす。バイタルエリアで杉本が頭でボールをはたくと、玉田が絡んで、最後は正面の関口がネットを揺らして1-0とした。 ▽さらに追加点を狙うC大阪は26分、右サイドで仕掛けた杉本がグラウンダーのクロス。ニアサイドで収めた玉田がターンから枠内シュートを放ったが、GK一森のセーブに阻まれた。 ▽迎えた後半、C大阪は65分にカウンターから決定機。正面に抜け出した玉田がシュートを放ったが、前に出てきたGK一森に触られて、わずかに枠をはずれる。 ▽一方、徐々に相手を押し込んでいった山口は70分、左サイド深くから福満が折り返したボールにボックス手前の幸野がミドルシュート。しかし、これはわずかに枠の左へはずれる。さらに、ゴール前に抜け出した途中出場の岡本の決定的なシュートはGKキム・ジンヒョンのファンセーブに遭う。 ▽すると、C大阪が86分に試合を楽にする追加点を記録する。右サイドで杉本が入れたクロスにニアサイドに走りこんだ山口蛍が巧みに合わせる。これがネットを揺らし、山口蛍のC大阪復帰後初ゴールで0-2とした。 ▽そのまま無失点で勝利したC大阪は5試合ぶりの白星を手にしている。 2016.08.11 21:13 Thu
twitterfacebook
thumb

山口がPO争う町田との対決を制す《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第27節のFC町田ゼルビアvsレノファ山口が7日に町田市立陸上競技場で行われ、2-3で山口が勝利した。 ▽ここまで11勝7分け8敗で7位の町田と、同11勝6分け9敗で8位に位置する山口によるプレーオフ出場権獲得に向けたシックスポインター。試合は、15分に町田が動かす。右CKに合わせた深津のヘディングシュートは左ポストに直撃するも、跳ね返りを中村が押し込み、町田が先制する。 ▽これで勢いに乗った町田は続く25分に追加点。李漢宰が蹴った右CKはDFに触られるも、ルーズボールに反応した中村が再びネットを揺らし、2-0とした。 ▽しかし、山口も食い下がる。前半アディショナルタイム3分、庄司のパスをボックス左で受けた香川が折り返すと、最後は島屋がプッシュ。さらに直後のアディショナルタイム4分には正面から再び島屋が鋭いシュートを突き刺し、一気に2-2と追いついた。 ▽迎えた後半、町田は50分、GKのフィードからゴール前に抜け出した中島が絶好機を得る。しかし、GK一森の好守を前に、このチャンスを生かせない。 ▽すると、82分に勝ち越したのは山口だった。相手の軽率なプレーからボールをかっさらった星がゴール前で冷静にシュート。決まったこのゴールが決勝弾となり、山口が4試合ぶりの白星を手にした。対する町田は前節に続く連敗となっている。 2016.08.07 21:58 Sun
twitterfacebook
thumb

山口がDF奧山政幸の接触事故を報告…双方にケガはなし

▽レノファ山口は1日、DF奥山政幸の接触事故を報告した。双方にケガはないとのことだ。 ▽奥山は7月31日(日)の23時頃、山口県山口市湯田温泉付近の道路を運転中に接触事故を起こしたとのこと。クラブは「脇見運転をしていたために交差点に停車中のタクシーに気づくことが遅れ、ブレーキを掛けましたが間に合わず、接触した」と報告している。なお、タクシーの運転手、および奥山選手本人に大きな怪我はなく、警察を呼び事故処理を行ったとのことだ。 ▽今シーズン早稲田大学から加入した奥山は、明治安田生命J2リーグで3試合に出場。31日に行われたJ2第26節の北海道コンサドーレ札幌戦には出場していなかった。奥山はクラブを通じて謝罪のコメントを寄せている。 「今回は自分の不注意からこのような事故を起こしてしまい、相手の方には大変申し訳なく、心よりお詫び申し上げます。今後はこのようなことのないように十分注意し、安全運転に努めます。大変申し訳ございませんでした」 ▽また、クラブも公式サイトを通じて謝罪。「このような交通事故を発生させてしまい、相手の方に対して深くお詫び申し上げます。クラブとして、奥山選手には厳重注意を行うとともに、再発防止に向け選手、スタッフには安全運転への教育を徹底いたします」としている。 2016.08.01 12:51 Mon
twitterfacebook
thumb

札幌が都倉&ジュリーニョ弾で山口を下し9戦負けなしで首位キープ!《J2》

▽31日に明治安田生命J2リーグ第26節のレノファ山口vs北海道コンサドーレ札幌が維新百年記念公園陸上競技場で行われ、札幌が1-2で勝利を収めた。 ▽ホームの山口は4戦負けなしと再び調子を上げ、昇格プレーオフ圏内の6位も射程圏内にとらえているため、負けられない一戦。一方、首位に立つ札幌は、現在2連勝中。前節は岐阜を相手に5-0と快勝し、8戦負けなしと好調を維持している。 ▽試合は開始早々にアクシデントが起こる。4分、堀米のFKに都倉が反応するも、GKと激突。これにより、GK一森が倒れ込み、試合が中断する。約6分間の中断後に試合は再開。すると21分、CKから都倉がヘッドで叩き込み、札幌が先制する。 ▽先制した札幌はその後も勢いに乗り、攻勢をかける。24分には前節ハットトリックのジュリーニョがミドルシュート。しかし、枠を外れる。その後も札幌が攻めこむと38分、ドリブルを仕掛けたジュリーニョがボックス手前から左足一閃。これがゴール右に決まり、札幌が追加点を奪う。 ▽札幌のリードで迎えた後半、山口は立ち上がりから攻め込む。47分、島屋がドリブルでボックス内に侵入。パスを三幸が合わせるも、シュートは枠を外れる。56分には廣木のクロスを岡本が合わせるも、枠を外してしまう。 ▽すると63分、ドリブルを仕掛けた三幸が荒野に倒されボックス手前でFKを獲得。これを庄司が狙うと、こぼれ球を三幸が決めて、山口が1点差に詰め寄る。 ▽終盤にかけては再び札幌がペースを掴むと86分、左CKから小野がクロス。これを増川がヘッドで合わせるも、シュートは左ポストに直撃し試合を終えられない。山口はアディショナルタイムに猛攻を仕掛けるが、得点を奪えず。1-2でアウェイの札幌が勝利し9戦負けなし。首位をキープした。 2016.07.31 21:02 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース