山口、東京V退団のDF福井とSP京都MF加藤が加入2016.01.07 14:32 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽来シーズンからJ2に昇格する山口は7日、J2の東京Vを退団したDF福井諒司(28)と、JFLのSP京都からMF加藤大樹(22)が完全移籍で加入したことを発表した。

▽福岡大から2010年に東京Vに加入した福井は、その後北九州と柏への期限付き移籍を経て2013年に東京Vに復帰。今シーズンは、センターバックと左サイドバックのバックアッパーとして、J2リーグ19試合に出場していた。

▽J2初挑戦となる山口に加入した福井は、新天地での意気込みを語っている。

「チームのために自分の持っている力を精一杯出してプレーします。サポーターの皆さま応援よろしくお願いします」

▽一方、古巣の東京Vの公式サイトでは、「ヴェルディでの経験を生かしてこれからも頑張ります。3年間応援してくださったサポーターの皆さまありがとうございました」と別れの挨拶をしている。

コメント

関連ニュース

thumb

山口、DF小池龍太が入籍「常に全力で、家族、チームの為に頑張ります」

▽J2のレノファ山口FCは28日、DF小池龍太が同日に入籍したことを発表した。 ▽小池は、同クラブの公式サイトで喜びのコメントを残している。 「このたび、2016年7月28日に入籍しました。明るく、幸せな家庭を築けるように、より一層責任感を持ち、常に全力で、家族、チームの為に頑張ります」 2016.07.28 13:11 Thu
twitterfacebook
thumb

栃木がDF島川俊郎を期限付き移籍で獲得…今季から山口でプレー

▽栃木SCは26日、レノファ山口FCからDF島川俊郎(26)が期限付き移籍で加入することを発表した。加入期間は2016年7月26日~2017年1月31日までとなる。 ▽柏レイソルのユースで育った島川は、これまでベガルタ仙台、東京ヴェルディ、ブラウブリッツ秋田でプレー。今シーズンから山口に渡り、ここまで明治安田生命J2リーグに2試合出場していた。 ▽シーズン途中での移籍を受け、島川は両クラブを通じて以下のようにコメントを残している。 ◆<B>栃木SC</B> 「レノファ山口FCから来ました、島川俊郎です。栃木でプレー出来る事を幸せに思っています。自分の持っている力を出して、チームの勝利そしてJ2昇格に貢献できるように努力します。よろしくお願いします」 ◆<B>レノファ山口FC </B> 「チームの力になることができずに申し訳ない気持ちです。短い間でしたが本当にありがとうございました」 2016.07.26 10:15 Tue
twitterfacebook
thumb

J1昇格を目指す山口がアルゼンチン人MFルシアーノを完全移籍で獲得

▽レノファ山口は25日、チリ2部のラセレーナに所属するアルゼンチン人MFルシアーノ(22)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は「26」となる。 ▽ルシアーノは、2013年にリーベルプレートでプレーすると、2014年にはアルゼンチン2部のドグラス・ハイーへ移籍。2015年には同じくアルゼンチン2部のデポルティボ・アルメーニョへと移籍した。ラセレーナでは、昨シーズンのリーグ戦で14試合に出場し1得点を記録していた。ルシアーノはクラブを通じてコメントしている。 「山口に来ることができて嬉しいです。チームのJ1昇格に貢献できるように全力で頑張りますので応援してください」 2016.07.25 13:31 Mon
twitterfacebook
thumb

山口が土壇場弾で愛媛とドロー《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第24節の愛媛FCvsレノファ山口FCが20日にニンジニアスタジアムで行われ、1-1で終了した。 ▽3試合負けなしで11位に位置する愛媛と、2連勝中で7位につける山口が相まみえた。試合は19分に愛媛が先制する。右サイドからのクロスにゴール前の河原がヘッド。これはGK一森にセーブされるも、最後は瀬沼が混戦からルーズボールを押し込んだ。 ▽ビハインドを背負った山口は、22分に反撃に出る。三幸が右サイドから入れたクロスを正面で受けた福満が胸トラップからシュート。しかし、このシュートはわずかに枠をはずれ、絶好機を生かすことができない。 ▽迎えた後半、愛媛は53分、63分と小島がチャンスを迎えるも、山口GK一森の好守やシュート精度を欠いたことでゴールとはならない。 ▽その後、山口はリスクを冒して反撃に出る。すると90分、ボックス左で安藤が放ったシュートはミートしなかったが、ゴール前の星がヘッド。コースを変えたシュートがネットに収まり、土壇場で追いついた山口が勝ち点1をもぎ取った。 2016.07.20 22:25 Wed
twitterfacebook
thumb

山口が途中出場FW中山のハットなど5得点で北九州に勝利し連敗ストップ!《J2》

▽10日に明治安田生命J2リーグ第22節のレノファ山口vsギラヴァンツ北九州が維新百年記念公園陸上競技場で行われ、5-1で山口が勝利した。 ▽現在2連敗中の山口が、2連勝中の北九州を迎えた一戦。試合は序盤から互いに攻め合う展開で進む。 ▽7分、左サイドでサイドチェンジを受けた香川がボックス手前左からクロス。これをファーサイドの福満がヘッドで折り返すも、味方がシュートを打てない。 ▽北九州は9分、セットプレーの流れから左サイドに展開。小手川がクロスを上げるもGKがキャッチする。 ▽その後も互いに攻め合うと24分、山口が先制点を奪う。ゴール正面でパスを受けた福満が浮き球のパスを出すと、ボックス内で三幸がシュート。これがニアサイドを抜いて、山口が先制する。 ▽山口の1点リードで試合を折り返すと、後半は山口がゴールラッシュ。67分に右サイドでFKを得ると、三幸のクロスを途中出場の中山がヘッドで合わせて追加点を奪う。 ▽さらに70分には素早いリスタートからカウンターを仕掛けると、島屋のクロスを受けた中山がボックス内で左足シュート。これが決まり、リードを3点に広げる。 ▽3点差をつけられた北九州だったが73分、CKを得ると、石神のキックが直接決まり、1点を返す。息を吹き返した北九州は本山がチャンスを生み出すもオフサイドの判定を受ける。 ▽終盤にかけては再び山口が押し込むと、87分にはボックス手前で庄司の縦パスを受けた加藤が冷静に沈めて4点目。さらに89分には、庄司のパスを受けた中山がGKと一対一を冷静に沈めてハットトリックを達成。結局5-1で山口が勝利し、連敗をストップ。北九州は連勝がストップした。 2016.07.10 20:38 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース