山口、東京V退団のDF福井とSP京都MF加藤が加入2016.01.07 14:32 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽来シーズンからJ2に昇格する山口は7日、J2の東京Vを退団したDF福井諒司(28)と、JFLのSP京都からMF加藤大樹(22)が完全移籍で加入したことを発表した。

▽福岡大から2010年に東京Vに加入した福井は、その後北九州と柏への期限付き移籍を経て2013年に東京Vに復帰。今シーズンは、センターバックと左サイドバックのバックアッパーとして、J2リーグ19試合に出場していた。

▽J2初挑戦となる山口に加入した福井は、新天地での意気込みを語っている。

「チームのために自分の持っている力を精一杯出してプレーします。サポーターの皆さま応援よろしくお願いします」

▽一方、古巣の東京Vの公式サイトでは、「ヴェルディでの経験を生かしてこれからも頑張ります。3年間応援してくださったサポーターの皆さまありがとうございました」と別れの挨拶をしている。

コメント

関連ニュース

thumb

J2リーグ2・3月度月間MVPは山口FWオナイウ阿道! J2開幕から9戦6発《Mastercard月間MVP》

▽Jリーグは17日、2・3月度の「明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 月間MVP」として、J2リーグからレノファ山口FCのFWオナイウ阿道を選出した。 ▽オナイウ阿道は、今シーズンの明治安田生命J2リーグ開幕から全試合に先発。6ゴールを挙げ、5勝2分け2敗で3位の好位置につけるチームに大きく貢献した。 ▽Jリーグは、受賞者であるオナイウ阿道のコメントとJリーグ選考委員会による総評を次のように紹介している。 ◆FWオナイウ阿道(レノファ山口FC) 「月間MVPに選んでいただいてとても嬉しいです。この賞は僕だけの力では決してとれるものでもなかったと思うのでチームメイトに感謝しています! これからもゴールという形でチームの勝利に貢献していきたいです。ファン・サポーターの皆様に、たくさんの元気と感動を届けられるよう、これからもチーム一丸となり戦っていきますので、引き続き応援よろしくお願いします!」 ◆Jリーグ選考委員会による総評 「開幕戦、開始早々のゴール奪取から勢いに乗り、2、3月は得点ランキングトップタイの5ゴールを決める大活躍を見せた。高い身体能力と、両足遜色なく蹴られるポテンシャルの高さを発揮し、まさにストライカーといえる形でゴールを積み重ねている。同月4勝2分1敗で4位につけた好調山口の中でひときわ輝きを放ったオナイウが今回初受賞。試合ごとに成長が見て取れ、今後の更なる活躍に期待したい」 2018.04.17 16:05 Tue
twitterfacebook
thumb

山口DFミン・キョンジュンが東海1部のFC刈谷に期限付き移籍

▽レノファ山口は4日、韓国人DFミン・キョンジュン(20)が東海社会人サッカーリーグ1部のFC刈谷に期限付き移籍することを発表した。 ▽今季、淸州(チョンジュ)大学から山口に加入したミン・キョンジュンだが、ここまで出場機会はなかった。ミン・キョンジュンはクラブの公式サイトを通じてコメントしている。 「いつも応援ありがとうございます。このたび、FC刈谷に期限付き移籍することとなりました。しっかり成長して、またみなさんの前に戻ってこられるように頑張ります。これからも応援よろしくお願いします」 2018.04.04 13:19 Wed
twitterfacebook
thumb

山口が高木のゴールで山形を下し今季4勝目! 京都と讃岐は1-1のドロー《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第7節の2試合が31日に各地で行われた。 ▽17位のモンテディオ山形(勝ち点6)と4位のレノファ山口(勝ち点11)の一戦は、開幕3連勝以降の4試合ぶりとなる勝利を目指す山口が先制する。25分、前からのロングボールに抜け出した高木。相手最終ラインの背後を取ると、ボックス手前から見事なループシュートを決めて、山口に先制点をもたらした。 ▽前半終了間際の44分にも、右サイドのクロスをファーサイドで受けた山下がゴール至近距離からシュートを見舞うなど、前半の45分は山口が攻め立てた。 ▽迎えた後半も先にチャンスを迎えたのは山口だった。48分にオナイウ阿道がボックス内からのシュートでチャンスを得ると、直後のCKには山下がヘディングでゴールに迫る。 ▽60分には疑惑の判定が生まれる。山形の松岡が放ったシュートのクリアを試みた瀬川だったが、これが手に当たってしまう。山形の選手はハンドをアピールしたものの、判定はCK。山口は命拾いした格好となった。 ▽結局、前半の得点以降スコアが動くことはなく山口の1点リードのまま試合終了。アウェイ戦に臨んだ山口が4試合ぶりの勝利で今季4勝目を手にした。 ▽一方、京都サンガS.C.vsカマタマーレ讃岐は、19位の京都(勝ち点5)がやや優勢に進めながらも、試合を動かしたのは最下位に沈む讃岐(勝ち点3)。33分、ボックス手前やや左寄りという絶好の位置でFKを得ると、原がこれを直接叩き込み先制。 ▽しかし京都は、その直後の34分、湯澤のパスを受けた沼がボックス左からシュートを放つと、これをGKパク・チョニャンがブロック。その跳ね返りを小屋松が頭で押し込んで同点に追いついた。 ▽後半は互いに攻め手を欠きスコアは動かず1-1のドロー。勝ち点1を分け合った。 2018.03.31 17:40 Sat
twitterfacebook
thumb

山口MF佐藤健太郎、左外側半月板断裂で8週間程度の離脱

▽レノファ山口FCは30日、MF佐藤健太郎の負傷を発表した。 ▽佐藤は検査の結果、左外側半月板断裂と診断。手術が施行され、8週間程度の加療予定だという。 ▽佐藤は昨年から山口でプレー。今シーズンのここまで明治安田生命J2リーグ4試合に先発出場している。 ▽J2リーグ4位につける山口は、31日に行われる第7節でモンテディオ山形とアウェイで対戦する。 2018.03.30 10:45 Fri
twitterfacebook
thumb

松本の雪融け遠く…AT2発被弾で山口に追いつかれ今季初勝利逃す《J2》

▽明治安田生命J2リーグのレノファ山口FCvs松本山雅FCが25日に維新みらいふスタジアムで行われ、2-2の引き分けに終わった。 ▽開幕からリーグ3連勝を飾ったものの直近2試合で1分け1敗と失速気味の4位山口(勝ち点10)は、2-2で引き分けた前節ツエーゲン金沢戦からスタメンを変更せず。現状のベストメンバーで臨んだ。 ▽一方、開幕5試合3分け2敗で未勝利に苦しむ20位松本(勝ち点3)は、1-2で敗北した前節FC町田ゼルビア戦からスタメンを4名変更。岩間、石原、工藤、高崎に代えて、下川、藤田、セルジーニョ、前田、を起用した。 ▽立ち上がり、アウェイの松本が積極的な入りをみせる。試合開始直後の1分、ショートカウンターからボックス手前右の岩上にボールが渡ると、ここから狙う。強烈なシュートはバーに嫌われたが、山口ゴールを脅かしていく。 ▽その後も一進一退の攻防が続く中、41分にアクシデントが発生。永井が倒れ込んで負傷を訴え、担架で運び出される事態に。高崎との交代でピッチを退くことを余儀なくされた。 ▽それでも、前半終了間際の46分、その高崎が立ち込め始めた悪い雰囲気を一変させる。パウリ―ニョと高崎が細かく連係しつつボックス手前を侵攻し、最後はパウリ―ニョがタイミングをずらすようにヒールでラストパス。ボックス手前の高崎が右足を振り抜き、先制に成功した。 ▽直後に折り返しを迎えた試合、松本は引き続き積極的に攻撃をしかけていく。50分にセットプレーのこぼれ球を拾ったパウリーニョがシュートを浴びせれば、57分にもパウリ―ニョが山口陣内中央からミドルシュート。どちらも追加点には繫がらなかったが、優勢に試合を運ぶ。 ▽すると73分、松本が追加点を奪い切る。ボックス手前右でセルジーニョからのパスを受けた岩上が、角度のない位置から右足で狙う。質の高いシュートがGK藤嶋の頭上を越え、ゴール左に吸い込まれた。 ▽反撃に出たい山口は、77分に左CKを獲得する。しかし、キッカーの池上が右足で入れたインスウィングのボールは松本DFに跳ね返され、シュートを放てず。山口にとっては攻撃の糸口が手繰り寄せられない時間が続く。 ▽しかし、試合終了間際にドラマが待っていた。91分、ボックス手前右でボールを持った小野瀬が左足でクロスを上げると、ボックス左にで飛び上がった途中出場の山下が頭で落とす。ボックス内中央で足元にボールを収めたオナイウが、松本DFを背負いつつ振り向きざまにシュートを放ち、点差を1点に縮める。 ▽さらに92分、途中出場の池上がボックス手前中央でパワープレーのこぼれ球を拾うと、素早く左に展開。ボックス左まで上がっていたDF前が右足を振り抜き、土壇場の同点弾とした。 ▽直後に試合が終了。後半ATの立て続けの得点でドローに持ち込んだ山口は、2試合負けなしに。対する松本は今シーズン初の複数得点を生かせず、初白星はお預けとなった。 2018.03.25 17:15 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース