山口、東京V退団のDF福井とSP京都MF加藤が加入2016.01.07 14:32 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽来シーズンからJ2に昇格する山口は7日、J2の東京Vを退団したDF福井諒司(28)と、JFLのSP京都からMF加藤大樹(22)が完全移籍で加入したことを発表した。

▽福岡大から2010年に東京Vに加入した福井は、その後北九州と柏への期限付き移籍を経て2013年に東京Vに復帰。今シーズンは、センターバックと左サイドバックのバックアッパーとして、J2リーグ19試合に出場していた。

▽J2初挑戦となる山口に加入した福井は、新天地での意気込みを語っている。

「チームのために自分の持っている力を精一杯出してプレーします。サポーターの皆さま応援よろしくお願いします」

▽一方、古巣の東京Vの公式サイトでは、「ヴェルディでの経験を生かしてこれからも頑張ります。3年間応援してくださったサポーターの皆さまありがとうございました」と別れの挨拶をしている。

コメント

関連ニュース

thumb

山口、GK山田元気の残留発表 今季京都から期限付き加入

▽レノファ山口FCは12日、GK山田元気(22)の期限付き加入期間延長を発表した。期間は、2018年2月1日〜2019年1月31日まで。同期間中、京都との全公式戦に出場できない。 ▽山田は、2012年に京都の下部組織からトップチームに昇格。今シーズンから期限付き移籍で山口に加わり、明治安田生命J2リーグ21試合に出場している。 2017.12.12 15:45 Tue
twitterfacebook
thumb

C大阪MF丸岡満が山口へ期限付き移籍・・・昨季は長崎でプレー

▽レノファ山口は11日、セレッソ大阪からMF丸岡満(21)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2018年2月1日から2019年1月31日まで。なお、丸岡は契約により移籍期間中はC大阪と対戦する全ての公式戦に出場できない。 ▽C大阪のユース出身の丸岡は2014年に日本代表MF香川真司が所属するドルトムントへ移籍。主にリザーブチームでの出場となったが、トップチームでの出場経験も持つ。昨年、C大阪に帰還した丸岡は、今シーズンの7月から期限付きでV・ファーレン長崎でプレー。明治安田生命J2リーグで5試合に出場し1ゴールを記録した。 ▽このたび、山口への移籍が発表された丸岡はC大阪と山口の公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆レノファ山口 「この度、セレッソ大阪からレノファ山口に期限付き移籍することになりました丸岡満です。クラブのJ1昇格のために全力を尽くしたいと思います。1日でも早くチームに溶け込み、ファン・サポーターの皆様に認めて頂けるようなプレーをしていきますので、応援よろしくお願いします」 ◆セレッソ大阪 「このたび、レノファ山口FCに期限付き移籍することが決まりました。来季は山口の一員としてリーグを戦い、そこで得た経験をセレッソでもしっかりと活かせるように頑張ります。これからも、応援よろしくお願いいたします」 ▽また、2018年1月31日をもって契約満了を迎える長崎に対しては以下のようなコメントを残している。 ◆V・ファーレン長崎 「半年という短い間でしたが、多くの方々にサポートしていただき、恵まれた環境の中でプレーをさせていただいたこと、本当に感謝しています。来季は長崎で学んだことを力に変えて頑張っていきます。来シーズン、V・ファーレンがJ1で活躍することを楽しみにしています。皆さま本当にありがとうございました」 2017.12.11 14:42 Mon
twitterfacebook
thumb

山口、札幌のコーチを務めていた名塚善寛氏のトップチームコーチ就任を発表…今年10月にS級コーチ認定

▽レノファ山口FCは8日、北海道コンサドーレ札幌のトップチームのコーチを務めていた元日本代表の名塚善寛氏(48)が同クラブのトップチームのコーチに就任したことを発表した。 ▽名塚氏は現役時代にフジタ工業(現・湘南ベルマーレ)や札幌でプレー。1992年にはバルセロナオリンピック日本代表、1994年から1995年には日本代表に選出されていた。現役引退後は2002年に札幌U-12のコーチ、札幌U-15の監督を経て、2013年にトップチームのコーチに就任した。また、今年10月にはS級コーチに認定されている。 ▽山口のトップチームのコーチに就任した名塚氏は、両クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆レノファ山口FC 「新しいチャレンジですが私自身、若いクラブと共に成長していきたいという想いと、霜田監督の下、レノファサポーターと共にチームを強くしていきたいという強い想いから、レノファ山口にお世話になることを決断しました」 「J2は厳しいリーグですが私の経験をクラブ・選手に伝えることで、 少しでもクラブが成長できるように頑張っていく覚悟です。レノファ山口に関わる全ての皆さん、一緒に成長していきましょう」 ◆北海道コンサドーレ札幌 「この度、19年間お世話になった北海道コンサドーレ札幌を離れる事を決めました。 選手、指導者としてJ2優勝とJ1残留を経験させてもらい、素晴らしい時間を過ごすことができました」 「選手、チームスタッフ、スポンサー様、そしてサポーターの皆様には感謝の言葉しかありません。本当にありがとうございました。 来シーズンはレノファ山口でお世話になる事になります。コンサドーレと真剣勝負ができる様、山口でチャレンジしていきたいと思います」 2017.12.08 14:47 Fri
twitterfacebook
thumb

山口がDF渡辺広大とFW大石治寿ら4選手の契約を更新

▽レノファ山口FCは8日、DF渡辺広大(31)とMF池上丈二(23)、MF清永丈瑠(23)、FW大石治寿(28)の契約を更新したことを発表した。 ▽渡辺は2017年にモンテディオ山形から加入。今シーズンは明治安田生命J2リーグで27試合2得点を記録し、天皇杯では1試合に出場した。池上は2017年に大阪体育大学から入団。今シーズンJ2リーグでは20試合に出場して1ゴールを記録した。また、天皇杯には1試合出場している。 ▽山口県出身の清永は2017年に関西大学から入団。今シーズンは明治安田生命J2リーグに9試合、天皇杯に1試合出場した。大石は2017年に栃木から入団。今シーズンはJ2リーグで23試合3ゴールを記録した。また、天皇杯には1試合出場している。 2017.12.08 13:13 Fri
twitterfacebook
thumb

山口が元JFA技術委員長の霜田正浩氏を新監督に招へい

▽レノファ山口FCは24日、新監督に霜田正浩氏(50)を招へいすることを発表した。 ▽霜田氏は、現役時代にフジタ工業(現湘南ベルマーレ)、京都紫光クラブ(現京都サンガF.C.)、横河電機でプレー。引退後は、当時JFLの大塚製薬徳島ヴォルティス(現徳島ヴォルティス)や京都、FC東京でコーチや下部組織の監督を歴任。2006年に当時関東リーグのY.S.C.C.横浜で関東を務めた。 ▽2007年からはジェフユナイテッド市原・千葉(現ジェフユナイテッド千葉)でコーチを務めると、2009年に日本サッカー協会に入り、日本代表やU-23代表などで技術委員を担当し、2014年から2016年にかけては技術委員長を務めていた。日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督やハビエル・アギーレ監督、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の招へいにも尽力した。 ▽2016年でJFAを離れ、2017-18シーズンからはベルギー・ジュピラーリーグのシント=トロイデンVVでコーチを務めていた。霜田氏はクラブを通じてコメントしている。 「来季レノファ山口の指揮を執る事になりました。クラブの新しいチャレンジに、そしてサポーターの皆さんの期待に応えるべく全力を尽くします」 「レノファらしい躍動感あふれるサッカーをしたい。戦う選手の情熱が見ている人に伝わるような試合をしたい。と同時にJ2、3年目の若いチームだからこそ、クラブの基盤を作るために様々な事をしなければならないと思っています」 「自分が今まで見て感じて経験してきたこと全てを、全身全霊をレノファに注ぐつもりです。山口県の皆さん、レノファのサポーターの皆さんと一緒に戦いたいと思っていますので、ご支援ご声援をよろしくお願いいたします」 2017.11.24 16:32 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース