リバプール、グルイッチに続いてポーランド期待の若手GK獲得へ2016.01.07 14:10 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リバプールは、U-21セルビア代表MFマルコ・グルイッチ(19)に続いて、今冬の移籍市場で2人目の補強を決定的なモノとしたようだ。イギリス『ガーディアン』は6日、リバプールがポーランドのルフ・ホジューフからポーランド人GKカミル・グラバラ(16)を獲得すると報じた。

▽グラバラは、今月8日に17歳の誕生日を迎えるポーランド屈指の若手GKと評される逸材だ。同選手の獲得に関しては、マンチェスター・ユナイテッドも正式なオファーを掲示したものの、リバプールが25万ポンド(約4300万円)のオファーで獲得に成功した模様だ。

▽既にリバプールのメディカルをパスしたグラバラは、当面はリバプールのアカデミーでプレーをするようだ。なお、同選手の地元であるポーランドメディアは、グラバラとかつてリバプールに在籍してチャンピオンズリーグ制覇に貢献した元ポーランド代表GKイェルジ・デュデク氏(42)を比較し、今後の活躍に期待を寄せている。

コメント

関連ニュース

thumb

堅守光るコンテ・チェルシー、セスク一発退場もクロップ・リバプールに1-0勝利《ICC2016》

▽28日に行われたインターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)2016米国・欧州ラウンドのチェルシーvsリバプールは、チェルシーが1-0で勝利した。 ▽チェルシーは、ユベントスから復帰のクアドラード、新加入のバチュアイらをベンチに温存。ウェストハムから復帰のモーゼスを先発起用した。対するリバプールは、カリウス、クラバン、サディオ・マネ、グルイッチの新戦力を先発起用。加入組のマニンガーや、マルコビッチら復帰組はベンチスタートとなった。 ▽徐々にチェルシーが攻守の切り替えでリバプールを上回っていった試合は、10分に動く。チェルシーはモーゼスの仕掛けから左CKのチャンスを獲得すると、キッカーのセスクが右足でクロスを供給。これに反応したケイヒルがファーサイドからグルイッチの背後を突き、高い打点のヘディングシュートでネットを揺らした。 ▽リードを許したリバプールは、コウチーニョを中心にFKのチャンスなどでゴールに迫るが、最後の部分で噛み合わないなど、なかなかシュートの形に持ち込むことができない。その後、互いにシュートチャンスの少なさが際立つ展開となった試合は、チェルシーの1点リードでハーフタイムを迎えた。 ▽1点ビハインドで試合を折り返したリバプールは、その後半の立ち上がりからアブレッシブな入りを見せる。しかし、対するチェルシーもロフタス=チークやモーゼスの仕掛けを武器に得たFKのチャンスから何度かゴールに迫るが、互いに決定打を欠き、チャンスらしいチャンスの少ない展開が続く。 ▽その後、リバプールがイングス、ミルナー、マルコビッチ、ヘンダーソンらを送り込むと、対するチェルシーはバチュアイやクアドラード、ペドロを投入。互いに勝負へのこだわりを見せる。しかし、75分にはイーブンなボールに反応したセスクがクラバンに対するスライディングで一発退場。チェルシーは数的不利に陥る。 ▽それでも、コンテ監督仕込みの堅守でリバプールの反撃を無失点に抑え込んだチェルシーがケイヒルのゴールを守り抜き、1-0で逃げ切り。今大会の初戦を白星で飾った。そのチェルシーは、30日に行われる次戦でレアル・マドリーと対戦。敗れたリバプールは、31日にミランと激突する。 2016.07.28 14:35 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプールDFスミスがボーンマスへ完全移籍

▽ボーンマスは27日、リバプールのオーストラリア代表DFブラッド・スミス(22)を完全移籍で獲得したと発表した。契約期間は4年で、イギリス『スカイ・スポーツ』によれば移籍金は300万ポンド(約4億1700万円)。スミスのパフォーマンス次第で600万ポンド(約8億3300万円)まで上昇する契約とのことだ。 ▽2008年からリバプールのユースに所属していたスミスは、左サイドバックを主戦場とするDF。2013年12月にトップチームデビューを飾ったが定着するには至らず、2014年夏にはスウィンドンへレンタル移籍していた。復帰した2015-16シーズンは公式戦4試合の出場に留まっていた。ボーンマスへの移籍についてスミスは以下のように話している。 「このチャンスを本当に楽しみにしている。全てがあっという間に起こったんだ。関心を持たれていることを知り、クラブがオファーを受け入れてくれた。ボーンマスは昨季本当に良いシーズンを送った。僕は今後もボーンマスが長くプレミアリーグに定着すると思っているんだ」 ▽ボーンマスは今夏、リバプールからU-21イングランド代表FWジョーダン・アイブをクラブレコードの1500万ポンド(約21億円)で獲得している。 2016.07.28 00:00 Thu
twitterfacebook
thumb

構想外バロテッリが改心? リザーブとの練習後のインスタで「リスペクト」の文字

▽リバプールの元イタリア代表FWマリオ・バロテッリは心を入れ替え、来る新シーズンに向けてトレーニングに励んでいるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽レンタル期間満了に伴いミランからリバプールに復帰したバロテッリに関しては先日、ユルゲン・クロップ監督によって、構想外であることが明らかにされた。 ▽そのため、プレシーズンツアーに出発したトップチームのメンバーからも外れたバロテッリは現在、リバプールの練習施設があるメルウッドで、リバプールのアカデミーに属する選手たちと汗を流しているという。 ▽そのバロテッリは自身のインスタグラム上に、アカデミーの選手たちとの写真を掲載し、「今日はリザーブチームにいるトッププレーヤーたちと、トップクオリティの練習に一生懸命取り組んだ。#respect」と投稿。心を新たに日々の練習をこなしているようだ。 2016.07.27 09:15 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプール&インテル、ジョアン・マリオ獲得に失敗していた?

ユーロ2016を制したポルトガル代表メンバーの評判が上がっているようだ。ポルトガルのスポルティングに所属するMFジョアン・マリオに対して、インテルとリバプールがそれぞれオファーを出していたという。<br><br>同選手の父によると、スポルティングはこれらのオファーを断った。クラブは23歳のJ・マリオを高く評価しているようで、簡単に手放すつもりはないようだ。<br><br>『ディアリオ・デ・ノティシアス』が、J・マリオの父のコメントを伝えた。<br><br>「息子へのオファーは、直接私のところに来るわけではない。それは代理人やクラブの会長のところへ行く。ただ、インテルから3500万ユーロ+ボーナス1000万ユーロ、リバプールから4000万ユーロのオファーがあり、それを断ったことは知っている」<br><br>「特別なことはない。息子は、自分がプロであり、スポルティングとの契約があることを分かっている」<br><br>高額オファーを断った様子のスポルティング。いくらであればJ・マリオを手放すのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2016.07.27 09:10 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプールDFサコー、ツアー中の態度に問題で送還か

▽リバプールに所属するフランス代表DFママドゥ・サコー(26)が、アメリカツアー中のチームから離脱し、イングランドに帰国した。イギリス『リバプール・エコー』が伝えた。 ▽アキレス腱を負傷しているサコーだが、今夏のアメリカツアーに参加。しかし、26日にイングランドに帰国したとのことだ。表向きの理由は負傷の影響のためとされているものの、『リバプール・エコー』は、遠征中のサコーの態度に問題があり、帰国を指示されたのではないかとみている。リバプール側も、サコーが早期帰国した理由の説明について控えているとのことで、移籍の可能性が取りざたされそうだ。 ▽インターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)2016アメリカラウンドに参戦するリバプールは、チェルシー(27日)、ミラン(30日)、バルセロナ(8月6日)といったビッグクラブと対戦する。 2016.07.26 16:34 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース