リバプール、グルイッチに続いてポーランド期待の若手GK獲得へ2016.01.07 14:10 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リバプールは、U-21セルビア代表MFマルコ・グルイッチ(19)に続いて、今冬の移籍市場で2人目の補強を決定的なモノとしたようだ。イギリス『ガーディアン』は6日、リバプールがポーランドのルフ・ホジューフからポーランド人GKカミル・グラバラ(16)を獲得すると報じた。

▽グラバラは、今月8日に17歳の誕生日を迎えるポーランド屈指の若手GKと評される逸材だ。同選手の獲得に関しては、マンチェスター・ユナイテッドも正式なオファーを掲示したものの、リバプールが25万ポンド(約4300万円)のオファーで獲得に成功した模様だ。

▽既にリバプールのメディカルをパスしたグラバラは、当面はリバプールのアカデミーでプレーをするようだ。なお、同選手の地元であるポーランドメディアは、グラバラとかつてリバプールに在籍してチャンピオンズリーグ制覇に貢献した元ポーランド代表GKイェルジ・デュデク氏(42)を比較し、今後の活躍に期待を寄せている。

コメント

関連ニュース

thumb

リバプール、コウチーニョに対するバルセロナの3度目の入札を拒否!

▽リバプールがブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(25)に対するバルセロナのオファーを三度拒否したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽これまで2度コウチーニョのオファーを拒否されたバルセロナは、移籍金7680万ポンド+ボーナス1360万ポンドを積んだ2度目の入札から移籍金1億1300万ポンド(158億5000万円)+ボーナス500万ポンド(7億円)に条件を引き上げたが、リバプールを納得させられなかった模様だ。 ▽伝えられるところによれば、バルセロナへの移籍志願をクラブに伝えたコウチーニョはだが、リバプールは昨シーズンのプレミアリーグ13得点7アシストを記録したコウチーニョを売却不可能選手として再確認。これまでと同様、今年1月に5年の契約延長で合意したブラジル人プレーメーカーを売らない姿勢だという。 2017.08.19 00:42 Sat
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、コウチーニョ&O・デンベレ獲得目前? クラブSDが明言

▽バルセロナのスポーツディレクターを務めるペップ・セグラ氏が、リバプールに所属するブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(25)とドルトムントに所属するフランス代表MFウスマーヌ・デンベレ(20)の獲得に近づいていることを明かした。イギリス『デイリー・ミラー』がスペインのテレビ局『TV3』でのインタビューを引用して伝えている。 ▽バルセロナは今夏の移籍市場でトリデンテの1つとして君臨したブラジル代表FWネイマールが、パリ・サンジェルマンに移籍した。その補強が急務となっている中、かねてよりコウチーニョとO・デンベレへの興味が囁かれている。 ▽そうした中で、バルセロナはネイマールの放出によって受け取った移籍金2億2200万ポンド(約314億4600万円)を使って両選手の獲得を試みているようだ。『デイリー・ミラー』によるとコウチーニョの獲得に向けては1億2000万ポンド(約170億円)、O・デンベレの獲得には1億1800万ポンド(約167億2500万円)での獲得を目指しているようだ。 ▽補強に関する報道を受けて、ペップ・セグラ氏は、クラブが両選手に対してすでに接触していることを明言。また、バルセロナ加入の実現へ近づいていると自信をあらわにしている。 「我々はコウチーニョとデンベレの獲得に近づいている。条件についても話している。ただ、いつ頃成立するかはまだはっきりとは言えないね」 「彼らが今シーズン、バルセロナのプレーヤーになってくれることを望んでいるよ」 2017.08.17 16:51 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプール、U-20イングランド代表FWオジョがフルアムにレンタル移籍!

▽リバプールは16日、U-20イングランド代表FWセイ・オジョ(20)がチャンピオンシップ(イングランド2部)のフルアムに1年間のレンタル移籍で加入することを発表した。 ▽リバプールの下部組織出身の左利きのウイングプレーヤーのオジョは、2015-16シーズンにトップチームデビュー。同シーズンには公式戦11試合に出場し1ゴールを記録するなど、その才能の片鱗を披露した。 ▽さらに、これまでウィガンやウォルバーハンプトンへのレンタル移籍しており、チャンピオンシップでのプレー経験も持っている。 ▽また、今年行われたFIFA U-20ワールドカップではU-20イングランド代表の一員として初優勝に貢献していた。 2017.08.17 00:01 Thu
twitterfacebook
thumb

ワイナルドゥム、渦中のコウチーニョ残留を切望も「彼のために決断することはできない」

▽リバプールに所属するオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムが、バルセロナから関心を寄せられている同僚のブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(25)の残留を強く望んでいる。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽バルセロナが今夏パリ・サンジェルマンに移籍したブラジル代表FWネイマールの後釜として狙っているとされるコウチーニョ。しかし、リバプールはこれまでコウチーニョの残留の姿勢を貫いてきた。そんな中、最近、『BBC』をはじめとしたイギリスの各メディアが、同選手がトランスファーリクエストを提出したことを報じるなど、コウチーニョのバルセロナ移籍が現実味を増してきている。 ▽同件に関する噂について尋ねられたワイナルドゥムは、コウチーニョの残留を切望。しかし、同選手の意思を尊重することしかできないことを主張している。 「みんなが彼が残ることを望んでいるんだ」 「ただ、誰も彼の頭の中を覗くことはできないし、彼のために決断することもできないよ。彼が自分自身で決断しなくてはいけない。そのことについて話し、答えを出すことは難しいよ」 「僕は彼が何を望んでいるかはわかっている。しかし、それは彼の決断だよ。何が起こるか見守るよ」 2017.08.16 22:59 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプール、コウチーニョと引き換えにラキティッチを要求?

▽ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(25)の引き抜きを狙うバルセロナに対して、リバプールはクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチ(29)を取引に含めることを要求しているようだ。スペイン『Diario Gol』が伝えている。 ▽コウチーニョのバルセロナ移籍が目前となっているリバプール。イギリス各メディアも同選手が移籍志願をクラブに伝えたことを報じる中、コウチーニョの引き留めが困難だと踏んだリバプールは、代わりとしてラキティッチの獲得を考慮しているという。 ▽『Diario Gol』は、バルセロナが先日、広州恒大からブラジル代表MFパウリ―ニョを獲得したことと、そこにさらにコウチーニョが加われば中盤は飽和状態になることから、リバプールに獲得のチャンスがあるのではないかと推測している。 ▽バルセロナからしてみても、中盤の整理と高額なコウチーニョの移籍金を引き下げることができるこのオプションは1つの選択肢となるかもしれない。 2017.08.16 14:52 Wed
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース