リバプール、グルイッチに続いてポーランド期待の若手GK獲得へ2016.01.07 14:10 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リバプールは、U-21セルビア代表MFマルコ・グルイッチ(19)に続いて、今冬の移籍市場で2人目の補強を決定的なモノとしたようだ。イギリス『ガーディアン』は6日、リバプールがポーランドのルフ・ホジューフからポーランド人GKカミル・グラバラ(16)を獲得すると報じた。

▽グラバラは、今月8日に17歳の誕生日を迎えるポーランド屈指の若手GKと評される逸材だ。同選手の獲得に関しては、マンチェスター・ユナイテッドも正式なオファーを掲示したものの、リバプールが25万ポンド(約4300万円)のオファーで獲得に成功した模様だ。

▽既にリバプールのメディカルをパスしたグラバラは、当面はリバプールのアカデミーでプレーをするようだ。なお、同選手の地元であるポーランドメディアは、グラバラとかつてリバプールに在籍してチャンピオンズリーグ制覇に貢献した元ポーランド代表GKイェルジ・デュデク氏(42)を比較し、今後の活躍に期待を寄せている。

コメント

関連ニュース

thumb

リバプールがサディオ・マネ獲得に本格参戦…移籍金41億円でサウサンプトンと交渉中

▽リバプールがサウサンプトンに所属するセネガル代表MFサディオ・マネ(24)の獲得に本格参戦しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽世代別のセネガル代表として2012年のロンドン五輪に出場歴を持つS・マネは、2014年にザルツブルクから加入。昨シーズンのプレミアリーグでは、リーグ最速の2分56秒でハットトリックを達成するなど、37試合出場で11ゴール7アシストを記録した。 ▽『スカイ・スポーツ』は、リバプールとサウサンプトンが、多くのクラブが関心を示すそのS・マネの移籍に向けて、交渉に入っていると報道。会談での話し合いは移籍金3000万ポンド(約41億8000万円)で進められており、詳細を詰めている状況だという。 2016.06.25 12:15 Sat
twitterfacebook
thumb

セビージャ、リバプールのアレンを狙う 出場機会を求める選手は...

セビージャが、リバプールのウェールズ代表MFジョー・アレンを狙っている。『Goal』の取材で明らかになった。<br><br>アレンは2012年にスウォンジー・シティからリバプールに移籍。リバプールは同選手の獲得を望むクラブに対し、移籍金1000万ポンドを要求する構えだ。<br><br>ホルヘ・サンパオリ元チリ代表監督の就任が濃厚なセビージャは、ラス・パルマスMFロケ・メサと個人合意に達している。だがロケ・メサ確保はアレンへの関心を弱めることにはつながらないようだ。<br><br>リバプールは昨季途中からユルゲン・クロップ監督を迎え、アレンは同監督の下で出番を減らしている。さらにクラブは今夏レッドスターからMFマルコ・グルイッチを獲得。エンポリのポーランド代表MFピオトロ・ジエリンスキ獲得にも近づいている。アレンは出場機会を求めて移籍を検討しているとみられる。<br><br>アレンを狙っているのはセビージャだけではない。古巣スウォンジーも、今夏アレンの復帰を画策している。しかし、スウォンジーが準備した800万ポンドのオファーは、リバプールを満足させることができなかった模様だ。<br><br>一方、以前アレンを指導したブレンダン・ロジャース監督も選手への関心を認めている。新シーズンからセルティックを率いる指揮官は先日、「ジョーは素晴らしい選手だよ。私は常に指導してきた選手たちを注意深く見守っている」と語っていた。<br><br>またリバプール移籍の噂が浮上しているジエリンスキの代理人は、『Goal』に対して「彼は今ユーロに集中している。大会が終わってから、話し合わなければいけない案件があるだろう」と述べた。代理人は今夏の移籍を示唆している。<br><br>ジエリンスキの加入や、他クラブの関心がアレンのセビージャ移籍に影響するのは間違いない。出場機会増加を望むアレン、MFアントニオ・レジェスやエベル・バネガの退団で中盤の強化を目論むセビージャ、両者の思惑は一致しているように見えるが果たして...?<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.24 21:00 Fri
twitterfacebook
thumb

クロップ、マインツ&ドルト時代の教え子スボティッチとの再会を希望か

▽リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督は、自身の古巣ドルトムントで定位置を失っている元セルビア代表DFネヴェン・スボティッチ(27)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『サン』が報じた。 ▽クロップ監督がドルトムントを率いていた当時、DFマッツ・フンメルスと共に不動のセンターバックとして活躍してきたスボティッチだが、今シーズンから指揮を執るトーマス・トゥヘル監督の下で出場機会が減少。そのため、今夏の移籍を考慮しているとみられる。 ▽その中、『サン』は恩師であるクロップ監督が退団したDFコロ・トゥーレの他、DFマルティン・シュクルテルの去就も不透明な状況下にある守備陣の強化として、191cmの長身を売りとするスボティッチとのアンフィールドでの再会を希望していると伝えた。 ▽スボティッチとクロップ監督は、マインツ時代から師弟関係を築く間柄。2008年夏にドルトムントの指揮官に就任したクロップ監督にとって、同クラブで獲得した最初の新戦力はマインツ時代からの教え子であるスボティッチだった。 2016.06.24 14:50 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプールが吉田同僚のセネガル代表MFマネを急襲か?

▽リバプールがサウサンプトンのセネガル代表MFサディオ・マネ(24)の急襲を目論んでいるようだ。イギリ『デイリー・メール』が伝えている。 ▽2014年9月にザルツブルクからサウサンプトンに加入したマネは、プレミアリーグ初挑戦となったシーズンで、リーグ戦30試合に出場し10得点を記録。2年目の今シーズンは37試合に出場し、11得点を記録するなど、サウサンプトンの攻撃陣を牽引している。 ▽リバプールは、マネの獲得に2500万ポンド(約38億7000万円)を用意しているとのこと。サウサンプトンは移籍金1180万ポンド(約18億2700万円)でマネを獲得しており、価値はおよそ2倍に上がっている状況だ。 ▽近年リバプールは、MFアダム・ララーナやDFデヤン・ロブレン、DFナサニエル・クライン、FWリッキー・ランバート(現WBA)などサウサンプトンから多くの選手を獲得している。 ▽ロナルド・クーマン監督がエバートンの指揮官に就任することが決定しているサウサンプトンは、後任監督が未定。多くの選手に移籍の噂が挙がっており、慰留に奔走している状況となっている。 2016.06.23 14:20 Thu
twitterfacebook
thumb

バロテッリ代理人、トルコ移籍を完全否定 リバプールでは構想外

ミランFWマリオ・バロテッリの代理人が、ベジクタシュとのコンタクトを否定した。だが、『Goal』の取材によると、保有権を持つリバプールは、いずれにしてもバロテッリを新シーズンの構想に含めていない。<br><br>トルコメディアは先日、ミーノ・ライオラ代理人とベジクタシュがバロテッリの移籍について交渉しており、同代理人が取引成立に自信をうかがわせたと報じている。<br><br>だが、ライオラ代理人は『Goal』に対し、次のように否定した。<br><br>「ベジクタシュとマリオのことを話してはいない。それに関してトルコメディアに話をしたこともない。私は昨年、彼らはウソを書くから最低だと言ったが、今回も同じだよ」<br><br>また、ベジクタシュのスポーツディレクターも、バロテッリへの関心を否定している。<br><br>「関心すらないよ! 我々が優先しているのは、マリオ・ゴメスを残すことだ。今月が決定的になる。すべてはゴメス次第だ。我々がどうするかは、それからだよ」<br><br>トルコ移籍の可能性がないとあれば、バロテッリの今後はどうなるのか。ライオラ代理人はこう答えている。<br><br>「今の彼の選択肢はリバプールだ。素晴らしい選択肢だよ」<br><br>しかし、FWダニエル・スタリッジ、FWディヴォク・オリジ、FWダニー・イングス、MFロベルト・フィルミノらを抱えるリバプールは、バロテッリを新シーズンのプランに含めていない。出場機会を求めるFWクリスティアン・ベンテケ同様に、ユルゲン・クロップ監督のチームには入らないようだ。<br><br>以前、リバプール復帰はないとしていたバロテッリは、どのチームで2016-17シーズンを戦うのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2016.06.21 08:45 Tue
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース