愛媛が浦和FW阪野豊史&DF茂木力也を期限付き移籍で獲得2016.01.07 11:37 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽愛媛は7日、浦和からFW阪野豊史(25)、DF茂木力也(19)が期限付き移籍で加入することを発表した。期限付き移籍期間は2016年2月1日から2017年1月31日までとなる。

▽明治大から2013年に浦和へ加入した阪野は、加入1年目にJ1で9試合に出場。しかし2年目はリーグ戦の出場機会がなく、昨シーズンは栃木に期限付き移籍していた。栃木ではJ2で41試合に出場し6得点を記録している。茂木は浦和ユース出身で、2015年にトップチーム昇格。公式戦の出場はなかった。阪野と茂木は愛媛を通じて意気込みを語った。

FW阪野豊史
「愛媛FCでプレーすることになりました、阪野豊史です。自分の持ち味である貪欲にゴールを狙うプレーで、愛媛FCの力になれるように頑張ります。J1昇格という大きな目標をサポーターの皆さんと達成したいと思いますので、応援よろしくお願いします」

DF茂木力也
「2016シーズン、愛媛FCでプレーすることになりました茂木力也です。J1昇格という大きな目標に向けて、全力を尽くし、サポーターの皆さんと一緒に戦いたいと思いますので、応援よろしくお願いします」

▽また、両選手は浦和を通じてもコメントしている。

FW阪野豊史
「2016シーズンに愛媛FCへ期限付き移籍することになりました。昨年栃木SCでは、多くの試合に出場し、様々な経験を積むことができました。一日一日を大切に、サッカーに対して真摯に取り組み、必ず成長して浦和に戻ってチームの力になれるようにがんばってきます。応援よろしくお願いします」

DF茂木力也
「2016シーズン、愛媛FCに期限付き移籍することになりました。新たなチャレンジをすることで、自分自身成長したいという思いが強く、決断しました。がんばってきますので、応援よろしくお願いします」

▽阪野は昨シーズン在籍した栃木を通じてもファン・サポーターへの感謝の言葉を述べた。

「2016シーズンは愛媛FCでプレーすることになりました。昨年はサポーターの皆さんの期待に応えることができず、悔しい思いをさせてしまい、申し訳なく思っています」

「栃木で経験できたことを糧に、さらにレベルアップできるようがんばってきます。一年という短い時間でしたが、自分にとってかけがえのない時を過ごすことができました。本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

愛媛vs東京Vはゴールレス! 東京Vが鬼門ニンスタでの連敗を「7」でストップ《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第15節の愛媛FCvs東京ヴェルディが29日にニンジニアスタジアムで行われ、0-0のドローで終わった。 ▽3連敗中で14位の愛媛と、前節の清水エスパルス戦で10試合ぶりの勝利を手にした17位の東京Vが浮上のキッカケを目指して激突した一戦。愛媛は直近のファジアーノ岡山戦から先発2人を変更。玉林と茂木に代わって、浦田とパク・カンイルが先発に入った。一方、今シーズン初のアウェイ勝利と連勝を狙う東京Vも前節から先発2人を変更。負傷の南に代わって井上、高木純に代わって杉本が先発に入った。 <div id="ad"></div> ▽互いに勝ち点3を目指して集中した入りを見せる。互いに中盤ではボールホルダーに対して、素早い寄せを敢行したことで、中盤でなかなかボールを繋げないクローズな展開が続いた。 ▽その後も拮抗した展開が続く中、29分にカウンターから持ち上がった愛媛の近藤が両チームを通じて最初のシュートを放つと、ここから徐々に試合が動き始める。36分には相手陣内を持ち上がった井上のパスからボックス左の杉本がシュート性のクロスを入れるが、ゴール前の高木大が押し込めない。さらに45分にはボックス左でカットインした杉本が決定的なシュートを放つが、これは左ポストを叩き前半はゴールレスで終了した。 ▽得点力不足の両チームの現状が色濃く出た前半を経て試合は後半に突入。後半立ち上がりは前半終盤からの勢いを生かしてアウェイの東京Vが押し込む。 ▽50分にはボックス手前左から井上がミドルシュートを放つが、枠の右隅を捉えたシュートは相手GK児玉の好守に阻まれる。その後、やや勢いを失ってきたチームは60分にドウグラス・ヴィエイラを下げて平本を投入。しかし、運動量の落ちてきた東京Vは、徐々に流れを失っていく。 ▽一方、54分にパク・カンイルを下げて玉林を右ウイングバックに入れた愛媛は、その玉林の入った右サイドを起点に反撃を開始。57分と65分には近藤と瀬沼のクロスから河原に決定機も、シュートがGK正面を突くなど決め切れない。 ▽後半半ばから終盤にかけて両チームは攻撃的な選手を投入し、勝ち点3を目指していく。出足の鈍ったアウェイチームに対して、ホームの愛媛が押し込む展開が続くが、最後の場面で粘りを見せる東京Vの守備をなかなか攻略できない。結局、試合はこのままゴールレスでタイムアップを迎え、浮上のキッカケを探る両者にとって痛み分けの結果となった。 ▽なお、このドローで東京Vは2009年から続いていた鬼門ニンスタでの連敗記録をようやく「7」でストップ。一方、お得意様の東京V相手に勝ち切れなかった愛媛は、連敗を「3」でストップも6試合勝利なしとなった。 2016.05.29 21:09 Sun
twitterfacebook
thumb

愛媛、DFパク・チャニョンが右内転筋肉離れで全治4週間

▽J2の愛媛FCは20日、韓国人DFパク・チャニョンが、右内転筋肉離れで全治4週間と診断されたことを発表した。 ▽パク・チャニョンは、今月8日に行われたトレーニングマッチ中に負傷していた。なお、今シーズン韓国の大邱大から愛媛に加入した同選手は、ここまで公式戦の出場はなかった。 2016.05.20 16:54 Fri
twitterfacebook
thumb

暴風の影響で延期された愛媛戦を制した金沢がホーム初勝利!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第8節延期分のツエーゲン金沢vs愛媛FCが18日に石川県西部緑地公園陸上競技場で行われ、ホームの金沢が2-1で勝利した。 ▽4月17日に開催予定だった第8節が暴風の影響で延期となった最下位の金沢と13位愛媛による代替試合。 共に中2日という過密日程を考慮して直近の試合から数名を入れ替えて臨んだ一戦は、立ち上がりから拮抗した展開が続く。 ▽16分には瀬沼がドリブルでボックス付近に持ち込んでシュートを放つが、これはポストに阻まれる。その後も一進一退の攻防が続く中、金沢が30分過ぎに先制に成功する。36分、ボックス手前でパスを受けた安東がミドルシュートを放つと、これがゴール右上に突き刺さった。 ▽金沢の1点リードで折り返した試合は、後半に入るとアウェイの愛媛が攻め込む展開が続く。61分にはセットプレーの流れから深谷がゴールネットを揺らすも、ここはオフサイドでノーゴールの判定となる。 ▽すると73分、左CKの流れから廣井を経由したボールが金子の足元に転がると、これを金子が冷静に流し込み、貴重な追加点を奪った。 ▽その後、猛反撃を見せた愛媛が86分に瀬沼のゴールで1点を返すも、最後まで粘り強い守備を続けた金沢が2点目を許さず、試合はこのままタイムアップ。中2日の厳しいゲームを何とかモノにした金沢が、嬉しい今季のホーム初白星を手にすると共にV・ファーレン長崎を抜いて最下位を脱出した。 2016.05.18 22:23 Wed
twitterfacebook
thumb

沼のプロデビュー弾で京都が4戦負けなし《J2》

▽15日にニンジニアスタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ第13節の愛媛FCvs京都サンガF.C.は、アウェイの京都が1-0で勝利した。 ▽ここまで4勝5分け2敗で9位につける京都と、3勝6分け1敗で13位の愛媛と相まみえた。ゴールデンウィークの3連戦を2勝1分けで乗り切った京都は、イ・ヨンジェが2試合ぶりの先発復帰を果たした。 ▽カウンターベースの戦いで立ち上がった京都は、早々に山瀬のクロスバーを掠めるミドルシュートで愛媛のゴールマウスを強襲。その後、エスクデロ、イ・ヨンジェの2トップを中心とした攻撃でボールの主導権を握りにかかる。 ▽ところが、手堅い守りで京都の攻撃を停滞させる愛媛は、立ち上がりから瀬沼が積極的にシュートを放っていき、流れを手放さない。41分には内田のヘディングシュートが枠内をとらえるが、ここはGKの正面を突く。 ▽互いにシュート本数こそ増やすものの、決定打を欠いたまま後半を迎えると、京都がその立ち上がりからチャンスを演出。しかし、前半と同様に最後の部分で精度を欠き、なかなか得点に結び付けられない。 ▽その後、愛媛の攻撃を凌いだ京都は76分に山瀬が得意のミドルレンジから右足を一閃するが、ここもクロスバー直撃。その直後には、対する愛媛がカウンターから瀬沼がヘディングでゴールを狙うが、ここもクロスバーに嫌われる。 ▽0-0で終盤を迎えると、京都は85分にイ・ヨンジェに代えてプロデビュー戦となる沼を投入。すると、そのわずか3分後、エスクデロのパスをボックス右のスペースで受けた沼が右足でボールをニアサイドに叩き込んだ。 ▽結局、このゴールが決勝弾となり、京都が貴重な勝ち点3を獲得。沼の劇的弾で勝ち切った京都が2試合ぶりの白星を手にした一方で、愛媛は3戦未勝利となっている。 2016.05.15 18:15 Sun
twitterfacebook
thumb

愛媛がMF安田晃大とGK曵地裕哉の負傷を発表

▽愛媛FCは11日、MF安田晃大とGK曵地裕哉の負傷を発表した。 ▽安田は、3日(火)に行われたトレーニング中に負傷。その後、松山市内の病院にて精密検査を行った結果、右ヒザ内側側副靭帯損傷と診断された。全治は、4週間の見込みとなっている。 ▽以前よりリハビリ中だった曵地は、2日(月)に松山市内の病院にて関節鏡手術を行った結果、左ヒザ関節滑膜炎と診断され、全治は4週間の見込みとなる。 ▽昨シーズン途中に東京ヴェルディからレンタルで加入した安田は、今シーズンに完全移籍を果たすと、これまでリーグ戦1試合に出場していた。 2016.05.11 15:35 Wed
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース