愛媛が浦和FW阪野豊史&DF茂木力也を期限付き移籍で獲得2016.01.07 11:37 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽愛媛は7日、浦和からFW阪野豊史(25)、DF茂木力也(19)が期限付き移籍で加入することを発表した。期限付き移籍期間は2016年2月1日から2017年1月31日までとなる。

▽明治大から2013年に浦和へ加入した阪野は、加入1年目にJ1で9試合に出場。しかし2年目はリーグ戦の出場機会がなく、昨シーズンは栃木に期限付き移籍していた。栃木ではJ2で41試合に出場し6得点を記録している。茂木は浦和ユース出身で、2015年にトップチーム昇格。公式戦の出場はなかった。阪野と茂木は愛媛を通じて意気込みを語った。

FW阪野豊史
「愛媛FCでプレーすることになりました、阪野豊史です。自分の持ち味である貪欲にゴールを狙うプレーで、愛媛FCの力になれるように頑張ります。J1昇格という大きな目標をサポーターの皆さんと達成したいと思いますので、応援よろしくお願いします」

DF茂木力也
「2016シーズン、愛媛FCでプレーすることになりました茂木力也です。J1昇格という大きな目標に向けて、全力を尽くし、サポーターの皆さんと一緒に戦いたいと思いますので、応援よろしくお願いします」

▽また、両選手は浦和を通じてもコメントしている。

FW阪野豊史
「2016シーズンに愛媛FCへ期限付き移籍することになりました。昨年栃木SCでは、多くの試合に出場し、様々な経験を積むことができました。一日一日を大切に、サッカーに対して真摯に取り組み、必ず成長して浦和に戻ってチームの力になれるようにがんばってきます。応援よろしくお願いします」

DF茂木力也
「2016シーズン、愛媛FCに期限付き移籍することになりました。新たなチャレンジをすることで、自分自身成長したいという思いが強く、決断しました。がんばってきますので、応援よろしくお願いします」

▽阪野は昨シーズン在籍した栃木を通じてもファン・サポーターへの感謝の言葉を述べた。

「2016シーズンは愛媛FCでプレーすることになりました。昨年はサポーターの皆さんの期待に応えることができず、悔しい思いをさせてしまい、申し訳なく思っています」

「栃木で経験できたことを糧に、さらにレベルアップできるようがんばってきます。一年という短い時間でしたが、自分にとってかけがえのない時を過ごすことができました。本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

愛媛MF藤直也に第一子誕生「これを機に成長できるように」

▽愛媛FCは25日、藤直也選手に第一子となる長男が誕生したことを発表した。 ▽藤は公式サイトを通じて、以下のコメントを残した。 「7月23日(土)7時56分に元気な男の子を授かりました。元気な子を産んでくれた妻と支えて下さったみなさまに感謝し、今までよりもさらに責任感を持った行動をしてまいりたいと思います。なかなかチームの力になることが出来ていませんが、これを機にまた成長できるように精進していきます。引き続き応援をよろしくお願い致します」 2016.07.25 18:19 Mon
twitterfacebook
thumb

徳島がカルリーニョスの加入後初ゴールなどで愛媛との“四国ダービー”でダブル達成!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第25節の徳島ヴォルティスvs愛媛FCが鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで行われ、2-0で徳島が勝利した。 ▽前節はアウェイのロアッソ熊本戦を0-1で落とした徳島と、ホームでのレノファ山口戦で引き分け3戦連続ドローとなった愛媛の“四国ダービー”。勝ち点差1で迎える対戦は、徳島が先に試合を動かす。 ▽11分、左CKを得た徳島は広瀬がグラウンダーのパスを送るサインプレー。これをボックス内でカルリーニョスがダイレクトで左足を振り抜き、徳島が幸先良く先制する。14分にはゴール正面で得たFKを先制点のカルリーニョスが左足一閃。強烈なシュートがゴールを脅かすも、わずかにクロスバーを越えていく。 ▽先制を許したアウェイの愛媛は27分、右サイドからのクロスに小島が合わせるもシュートは枠を外れる。38分には左サイドを仕掛けた白井がDFをかわしてクロス。これを飛び込んだ西田がヘッドで合わせるも、わずかに枠を越えてしまう。直後には瀬沼のクロスから小島が合わせるも、DFにブロックされてしまう。 ▽徳島が1点リードで迎えた後半、愛媛が序盤から猛攻をかける。49分には河原がボックス内で瀬沼からのパスをフリーで受けるも、岩尾が戻りシュートを打たせない。50分には左の河原からのパスを受けた西田がボックス手前からシュートを放つも、DFにブロックされる。さらに51分、右サイドを突破した三原のグラウンダーのクロスに河原が跳び込むも、わずかに合わない。 ▽連続ピンチを凌いだ徳島は53分、右サイドからのパスを大崎がヒールで流し、フリーの渡がボックス内でシュート。しかし、大きくふかしてしまう。それでも56分、ボックス手前からカルリーニョスが強烈なミドルシュート。GKが弾くもこぼれ球を渡が詰めて、徳島がリードを2点に広げる。 ▽リードを広げられた愛媛は攻撃を仕掛けるも、徳島の集中した守りを崩すことができない。結局そのまま徳島が逃げ切り2-0で勝利。今季の愛媛戦との“四国ダービー”を2連勝で終えた。 2016.07.24 20:06 Sun
twitterfacebook
thumb

山口が土壇場弾で愛媛とドロー《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第24節の愛媛FCvsレノファ山口FCが20日にニンジニアスタジアムで行われ、1-1で終了した。 ▽3試合負けなしで11位に位置する愛媛と、2連勝中で7位につける山口が相まみえた。試合は19分に愛媛が先制する。右サイドからのクロスにゴール前の河原がヘッド。これはGK一森にセーブされるも、最後は瀬沼が混戦からルーズボールを押し込んだ。 ▽ビハインドを背負った山口は、22分に反撃に出る。三幸が右サイドから入れたクロスを正面で受けた福満が胸トラップからシュート。しかし、このシュートはわずかに枠をはずれ、絶好機を生かすことができない。 ▽迎えた後半、愛媛は53分、63分と小島がチャンスを迎えるも、山口GK一森の好守やシュート精度を欠いたことでゴールとはならない。 ▽その後、山口はリスクを冒して反撃に出る。すると90分、ボックス左で安藤が放ったシュートはミートしなかったが、ゴール前の星がヘッド。コースを変えたシュートがネットに収まり、土壇場で追いついた山口が勝ち点1をもぎ取った。 2016.07.20 22:25 Wed
twitterfacebook
thumb

鄭大世3戦連発の清水、主将西田が8カ月ぶり復帰の愛媛に土壇場被弾で痛恨ドロー《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第23節の愛媛FCvs清水エスパルスが、16日にニンジニアスタジアムで行われ、2-2の引き分けに終わった。 ▽2戦負けなし(1勝1分け)で11位の愛媛と、8戦負けなし(5勝3分け)で昇格プレーオフ圏内の6位に付ける清水が対峙した一戦。 ▽前節、カマタマーレ讃岐との“四国ダービー”をドローで終えた愛媛は、この清水戦に向けて先発3人を変更。清水からレンタル移籍している2戦連発中の瀬沼を契約上の問題で起用できないチームは、前線に阪野と安田、近藤の3選手を起用。一方、ロアッソ熊本に4-0で大勝した清水は、メンバー変更を行わず、この一戦に臨んだ。 ▽地力に勝る清水が押し込む入りとなった試合だったが、ホームの愛媛が早い時間にスコアを動かす。10分、右サイドで近藤の落としを受けた三原がワンタッチでクロスを入れると、うまくゴール前のスペースに飛び込んだ小島が頭で合わせた。 ▽早々に失点を喫した清水は前がかりになって攻めるが、後方に重心を置いた愛媛を相手に攻め切れない。21分には阪野のスルーパスに抜け出した近藤に一対一の決定機を許すが、ここはGK杉山のビッグセーブで凌いだ。 ▽すると、この絶体絶命のピンチを凌いだ清水は、24分にボックス左に走りこんだ白崎がクロスを入れる。GK児玉が弾いたボールが味方の藤田に当たってゴールに吸い込まれ、幸運な形から同点に追いついた。その後、一進一退の攻防を見せた試合は1-1のイーブンで後半へと折り返した。 ▽迎えた後半は鄭大世を起点に清水が押し込む展開が続く。その中で64分に金子を下げて北川を投入した清水は、頼れるエースのゴールで逆転に成功する。66分、右サイドからのクロスを白崎とGK児玉が競ったこぼれ球を、鄭大世がボックス中央で胸トラップ。そこから、右足の強烈なシュートを突き刺した。 ▽鄭大世に3試合連続ゴールを許して逆転された愛媛は流れを変えるため、前十字じん帯断裂で8カ月の離脱を強いられたキャプテンの西田と河原を72分に同時投入。西田の帰還に沸くニンスタの空気を後押しに猛攻を見せる愛媛は、試合終了間際に劇的同点弾を奪う。 ▽93分、GK児玉も攻撃参加したセットプレーからゴール前に生まれた混戦で林堂が身体ごとボールを押し込んで土壇場で追いついた。この直後に試合はタイムアップを迎え、白熱の一戦は痛み分けのドローに終わった。 2016.07.16 21:05 Sat
twitterfacebook
thumb

讃岐vs愛媛の“四国対決”は勝ち点を分け合う《J2》

▽10日に明治安田生命J2リーグ第22節のカマタマーレ讃岐vs愛媛FCがPikaraスタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽ここ5試合白星から遠ざかっている15位の讃岐が、前節はホームでジェフユナイテッド千葉に勝利した11位の愛媛を迎えた一戦。讃岐は昨シーズン大宮アルディージャで10番を背負い、韓国の釜山アイパークから加入したMF渡邉大剛をベンチに置いた。 ▽試合は序盤からホームの讃岐ペースで進む。2トップに入った木島良輔、木島徹也の兄弟2トップを中心に攻め込む讃岐は5分、仲間のパスに反応した木島良がラインの裏に抜けるもGKが処理。6分には木島徹が裏に抜けるも、追いつけずにボールはラインを割ってしまう。 ▽その後も讃岐が愛媛ゴールに迫るシーンが続くも、先にネットを揺らしたのは愛媛だった。23分、サイドチェンジを受けた内田が左サイドを仕掛けてクロス。これがゴール前で混戦となると、こぼれ球を小島がシュート。エブソンがブロックするも、最後は瀬沼が押し込んで愛媛が先制する。 ▽讃岐は44分、ボックス右でFKを得ると馬場がクロス。これを永田が頭で合わせ、讃岐が前半の内に同点に追いつく。 ▽1-1のタイスコアで迎えた後半、讃岐は仲間に代えて、加入したばかりのMF渡邉を投入し攻撃の活性化を目指す。 ▽後半、最初にビッグチャンスを迎えたのは愛媛。58分、ボックス内で内田のパスを受けた小島がDFを背負いながらシュート。こぼれを阪野が押し込むもGK清水がセーブする。 ▽61分には讃岐がチャンス。ボックス手前でパスを受けた木島良が鋭い切り返しでDFをかわし右足でシュート。これは枠を捉えるも、GK児玉が何とかセーブする。 ▽68分には愛媛がビッグチャンス。右からのアーリークロスを上げると、讃岐DFアランが触れボールはゴールへ。しかし、GK清水がなんとか反応し事なきを得る。 ▽81分には瀬沼がボックス内にドリブルで侵入しシュートも枠を捉えられず。82分には安田のパスに河原が反応するも、DFに対応されてします。結局その後はゴールが生まれずに試合終了。四国対決は1-1のドローに終わった。 2016.07.10 20:05 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース