愛媛が浦和FW阪野豊史&DF茂木力也を期限付き移籍で獲得2016.01.07 11:37 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽愛媛は7日、浦和からFW阪野豊史(25)、DF茂木力也(19)が期限付き移籍で加入することを発表した。期限付き移籍期間は2016年2月1日から2017年1月31日までとなる。

▽明治大から2013年に浦和へ加入した阪野は、加入1年目にJ1で9試合に出場。しかし2年目はリーグ戦の出場機会がなく、昨シーズンは栃木に期限付き移籍していた。栃木ではJ2で41試合に出場し6得点を記録している。茂木は浦和ユース出身で、2015年にトップチーム昇格。公式戦の出場はなかった。阪野と茂木は愛媛を通じて意気込みを語った。

FW阪野豊史
「愛媛FCでプレーすることになりました、阪野豊史です。自分の持ち味である貪欲にゴールを狙うプレーで、愛媛FCの力になれるように頑張ります。J1昇格という大きな目標をサポーターの皆さんと達成したいと思いますので、応援よろしくお願いします」

DF茂木力也
「2016シーズン、愛媛FCでプレーすることになりました茂木力也です。J1昇格という大きな目標に向けて、全力を尽くし、サポーターの皆さんと一緒に戦いたいと思いますので、応援よろしくお願いします」

▽また、両選手は浦和を通じてもコメントしている。

FW阪野豊史
「2016シーズンに愛媛FCへ期限付き移籍することになりました。昨年栃木SCでは、多くの試合に出場し、様々な経験を積むことができました。一日一日を大切に、サッカーに対して真摯に取り組み、必ず成長して浦和に戻ってチームの力になれるようにがんばってきます。応援よろしくお願いします」

DF茂木力也
「2016シーズン、愛媛FCに期限付き移籍することになりました。新たなチャレンジをすることで、自分自身成長したいという思いが強く、決断しました。がんばってきますので、応援よろしくお願いします」

▽阪野は昨シーズン在籍した栃木を通じてもファン・サポーターへの感謝の言葉を述べた。

「2016シーズンは愛媛FCでプレーすることになりました。昨年はサポーターの皆さんの期待に応えることができず、悔しい思いをさせてしまい、申し訳なく思っています」

「栃木で経験できたことを糧に、さらにレベルアップできるようがんばってきます。一年という短い時間でしたが、自分にとってかけがえのない時を過ごすことができました。本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

長崎がATで勝利!! 中村のJ初ゴールで愛媛との熱戦を制する!!《J2》

▽26日にニンジニアスタジアムで明治安田生命J2リーグ第20節、愛媛FCvsV・ファーレン長崎が行われ、1-0で長崎が勝利した。 ▽前節の町田ゼルビア戦で3試合ぶりの白星を飾った11位の愛媛(勝ち点23)が、ザスパクサツ群馬に引き分けて連敗を2で止めた19位の長崎(勝ち点17)と対戦した。 ▽試合は2分に、長崎が相手陣内で獲得したFKから趙民宇が合わせるも決めきれず。12分には永井にチャンスが訪れるなど、アウェイチームが立ち上がりから攻勢に出た。 ▽一方の愛媛も徐々に長崎陣内に攻め込んでいくが19分に阪野がボックス内から放ったシュートは枠を捉えきれない。両チームともにチャンスを作り出せてはいるが、ネットを揺らすことはできずに試合を折り返した。 ▽両チームともに交代なしで迎えた後半、長崎は52分にゴールキックのボールを奪った永井がこぼれ球を押し込むが、GKファウルの判定でゴールは認められず。さらにこの場面に関与していない佐藤になぜか2枚目のイエローカードが提示されて退場処分が下される。 ▽納得がいかない長崎ベンチはレフェリーに詰め寄り、両軍の指揮官は苦笑い。するとレフェリーは、アシスタントレフェリーと協議の結果、佐藤へのイエローカードを下げて永井に提示し、佐藤の退場は取り消しとなった。 ▽水が差されたものの、以降はお互いに縦に早いオープンな展開に持ち込みゴール前での攻防が増える。アディショナルタイムは7分取られたが、お互いにゴールを奪えないまま時間が経過していく。 ▽しかし97分、中村がボックス手前でボールを受けると、そのまま振り向きざまにシュート。これがゴールネットを揺らし、長崎がルーキー・中村のJ初ゴールで先制に成功。直後に試合終了のホイッスルが吹かれ、長崎がアウェイで勝ち点3を獲得した。 2016.06.26 21:01 Sun
twitterfacebook
thumb

愛媛FCのDF西岡大輝に第一子となる女の子が誕生…「より一層精進」

▽愛媛FCは25日、DF西岡大輝(27)に第一子となる女の子が誕生したことを発表した。西岡はクラブの公式サイトで以下のようにコメントを残している。 「元気な子を産んでくれた妻と頑張って生まれてきてくれた娘に感謝しています。父親になり守るべき家族も増えたのでより一層精進していき、一人の父親として、そしてサッカー選手として成長していきたいと思います」 ▽西岡は、2014年に栃木SCから愛媛に加入。在籍3シーズン目となる今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグに16試合出場している。 2016.06.25 17:25 Sat
twitterfacebook
thumb

愛媛が内田のゴールを守り切り勝利! 町田は誤審でゴールを認められず敗戦…《J2》

▽19日に明治安田生命J2リーグ第19節の町田ゼルビアvs愛媛FCが町田市立陸上競技場で行われ、愛媛が0-1で勝利した。 ▽ここ2試合勝利から遠ざかり6位に後退した町田と、上位をうかがうために3試合ぶりの勝利を目指す愛媛が対戦した。 ▽試合は序盤から愛媛が押し込む展開が続く。5分、瀬沼が反転シュートを放つもGK高原がセーブする。15分には内田がロングスロー。林堂がフリックすると最後は河原が飛び込むも得点とはならない。 ▽町田は16分にファーストチャンス。李漢宰がボックス手前右からボレーを放つも、GK児玉がセーブする。ハーフタイムにかけては互いに攻め込むが決定力を欠き、ゴールレスのまま前半を終える。 ▽迎えた後半、愛媛がスコアを動かす。51分、小島の縦パスを阪野が落とすと、内田が拾いボックス内から冷静に沈め、愛媛が先制する。 ▽先制を許した町田は、鈴木孝を中心に攻め込むもゴールを奪えない。83分には、CKから戸島のフリックを森村がヘッドも枠の外。89分にはボックス手前で得たFKを井上が直接狙うも、ポストに嫌われ得点とはならなかった。 ▽しかし迎えたアディショナルタイム3分、ボックス内での競り合いのこぼれ球を中村がヒールで押し込みラインを割ったものの、これがクリアしたと判定されゴールは認められず。そのまま試合は終了し、0-1で愛媛が勝利を収めた。 2016.06.19 21:12 Sun
twitterfacebook
thumb

徳島が25回目の四国ダービーを制す!!《J2》

▽12日に明治安田生命J2リーグ第18節の愛媛FCと徳島ヴォルティスによる“四国ダービー"がニンジニアスタジアムで行われ、0-2で徳島が勝利した。 ▽現在勝ち点20で13位につける愛媛が、勝ち点21で16位につける徳島を迎えた一戦。25回目の四国ダービーは、序盤から一進一退の攻防を繰り広げられると、21分にミドルサード左でボールを受けたカルリーニョスの浮き球パスから、ゴール前の佐藤がヘディングでゴールに流し込んだ。 ▽さらに徳島は25分、ボックス右付近でボールキープした山崎の横パスを走り込んだ木村がペナルティアークからダイレクトシュート。このシュートがゴール右上に吸い込まれた。 ▽徳島のリードで迎えた後半、立ち上がりから愛媛が猛攻に出る。54分、近藤の右クロスをGK長谷川が弾いたボールを瀬沼が頭で押し込むも、これはGK長谷川の正面。さらに愛媛は56分に河原、58分に玉林と立て続けに決定機を迎えるが、ゴールネットを揺らすことができない。 ▽対する徳島は77分、右クロスを逆サイドで受けた内田の横パスを中央に走り込んだカルリーニョスがダイレクトシュート。しかし、これはGK児玉の好セーブに阻まれた。 ▽ピンチを凌いだ愛媛は80分、ボックス右に走り込んだ広瀬の折り返しのこぼれ球を拾った石井がボックス中央からシュートを放つも、枠の上に外れた。その後も徳島ゴールに迫った愛媛だったが、最後までスコアは動かスコとはできず、試合終了。四国ダービーを制した徳島は、リーグ戦3試合ぶりの白星を飾った。 2016.06.12 21:37 Sun
twitterfacebook
thumb

香川が先制弾も内田のCKが直接決まり山口vs愛媛はドロー《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第17節のレノファ山口vs愛媛FCが8日に維新百年記念公園陸上競技場で行われ、1-1のドローに終わった。 ▽上位につけながらも、やや勢いが衰えた7位の山口と、勝ち点20で13位につける愛媛の対戦。試合はホームの山口が先手を奪う。 <div id="ad"></div> ▽2分、庄司のスルーパスに反応した鳥養がボックス内でGKと一対一を迎えるも、GK児玉に対応されてゴールとはならない。それでも7分、右サイドからの小池のクロスに島屋が合わせに行くがミートせず。しかし、ファーに流れたボールを香川が蹴り込み、山口が先制する。 ▽先制を許した愛媛だったが、ハーフタイムにかけて反撃。すると32分、右CKから内田がクロスを多くると、ニアサイドでGK一森に当たったボールがネットを揺らし、愛媛が同点に追いつく。 ▽1-1で迎えた後半、最初に決定機を作ったのは愛媛だった。54分、河原がボックス手前から強烈なミドルシュート。しかし、これはGK一森がしっかりと防ぐ。 ▽徐々にペースを掴んできた愛媛だったが、決定機を生み出す事ができず。一方の山口も決め手に欠き試合は終盤へ。すると山口は84分、ボックス手前左でFKを獲得すると、福満が直接狙うも壁を直撃。アディショナルタイムには、愛媛の内田が果敢に狙うもゴールとはならず。結局1-1のドローに終わった。 2016.06.08 23:02 Wed
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース