愛媛が浦和FW阪野豊史&DF茂木力也を期限付き移籍で獲得2016.01.07 11:37 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽愛媛は7日、浦和からFW阪野豊史(25)、DF茂木力也(19)が期限付き移籍で加入することを発表した。期限付き移籍期間は2016年2月1日から2017年1月31日までとなる。

▽明治大から2013年に浦和へ加入した阪野は、加入1年目にJ1で9試合に出場。しかし2年目はリーグ戦の出場機会がなく、昨シーズンは栃木に期限付き移籍していた。栃木ではJ2で41試合に出場し6得点を記録している。茂木は浦和ユース出身で、2015年にトップチーム昇格。公式戦の出場はなかった。阪野と茂木は愛媛を通じて意気込みを語った。

FW阪野豊史
「愛媛FCでプレーすることになりました、阪野豊史です。自分の持ち味である貪欲にゴールを狙うプレーで、愛媛FCの力になれるように頑張ります。J1昇格という大きな目標をサポーターの皆さんと達成したいと思いますので、応援よろしくお願いします」

DF茂木力也
「2016シーズン、愛媛FCでプレーすることになりました茂木力也です。J1昇格という大きな目標に向けて、全力を尽くし、サポーターの皆さんと一緒に戦いたいと思いますので、応援よろしくお願いします」

▽また、両選手は浦和を通じてもコメントしている。

FW阪野豊史
「2016シーズンに愛媛FCへ期限付き移籍することになりました。昨年栃木SCでは、多くの試合に出場し、様々な経験を積むことができました。一日一日を大切に、サッカーに対して真摯に取り組み、必ず成長して浦和に戻ってチームの力になれるようにがんばってきます。応援よろしくお願いします」

DF茂木力也
「2016シーズン、愛媛FCに期限付き移籍することになりました。新たなチャレンジをすることで、自分自身成長したいという思いが強く、決断しました。がんばってきますので、応援よろしくお願いします」

▽阪野は昨シーズン在籍した栃木を通じてもファン・サポーターへの感謝の言葉を述べた。

「2016シーズンは愛媛FCでプレーすることになりました。昨年はサポーターの皆さんの期待に応えることができず、悔しい思いをさせてしまい、申し訳なく思っています」

「栃木で経験できたことを糧に、さらにレベルアップできるようがんばってきます。一年という短い時間でしたが、自分にとってかけがえのない時を過ごすことができました。本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

愛媛のDF三原向平に第二子が誕生

▽愛媛FCは18日、DF三原向平(27)に第二子が誕生したことを発表した。 ▽三原はクラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「頑張ってくれた妻と子どもに感謝し、一家の大黒柱として今まで以上に責任感を持って日々努力していきたいと思います。変わらぬご支援ご声援をよろしくお願いします」 ▽2013年から愛媛で活躍する三原は、J2通算100試合以上に出場。今シーズンの明治安田生命J2リーグではここまで5試合に出場している。 2017.08.18 17:53 Fri
twitterfacebook
thumb

名古屋4点先制も愛媛一時同点に!計11得点の打ち合い制した名古屋が昇格PO圏内5位浮上! 《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第26節の名古屋グランパスvs愛媛FCが6日に行われ、7-4で名古屋が勝利した。 ▽7位の名古屋(勝ち点40)は、前節のロアッソ熊本戦に1-0で勝利したものの、完封勝利に貢献したワシントンが累積警告で出場停止に。守備の要を欠いて今節に臨むこととなった。J1昇格プレーオフのラインになっている6位大分トリニータ(勝ち点41)まで勝ち点差「1」に迫っているため、勝利して確実に浮上を果たしたい一戦だ。 ▽15位に沈んでいる愛媛(勝ち点35)は、前節のジェフユナイテッド千葉戦に1-0で競り勝ち、リーグ7試合ぶりの勝ち点「3」を獲得。この試合で連勝を飾り、チームに良い流れを引き寄せたい。 ▽試合は開始直後に大きく動いた。2分、シモビッチがボックス手前中央でボールを受けると、佐藤がディフェンスラインに対して斜めにランニングを開始。丁寧なパスが供給されると、巧みなトラップでボールを収めた佐藤が、DFを1人背負いながらも素早く左足を振り抜いて先制に成功した。 ▽得点後も、名古屋はシモビッチを起点としてショートパスを多用。試合の主導権を握った。愛媛はシンプルに前線にボールを当てるが、うまく収まらない。それでも16分、守備時に5バックを敷く名古屋に対して、左サイドに大きく開いた白井が中央にマイナス気味のパスを送る。ボックス手前でボールを受けた神田がミドルシュートを放ったが、枠を外れた。 ▽愛媛がチャンスを逸した直後の18分、田口の無回転シュートが炸裂した。愛媛陣内中央付近で名古屋がFKを獲得すると、キッカーを田口が務めた。右足を振り抜くと、無回転のロングシュートがGKの目前でバウンドし、ネットを揺らした。 ▽32分、名古屋がさらに得点を重ねた。ガブリエル・シャビエルのパスで青木がディフェンスラインの裏に抜け出し、ボックス内右まで侵攻。ボックス内中央でフリーになっていたシモビッチが、青木からのクロスにダイレクトで合わせて追加点とした。38分にもガブリエル・シャビエルのパスに抜け出したシモビッチがGKとの一対一を迎えたが、シュートは阻まれた。 ▽3点差としてからもボールの支配を緩めない名古屋に対し、愛媛は前線からのプレスでボールを奪おうとするが、ディフェンスラインまで経由するボール回しをうまく追い込むことができず。試合は大差が付いた状態で折り返しを迎えた。 ▽後半早々の48分にも名古屋が得点を決めた。この日、Jリーグデビューとなった秋山が左サイドでボールを受けるとDFとの一対一となり、勝負を仕掛ける。縦に突破して左足でクロスを上げることに成功すると、ボックス内に走り込んでいた田口が頭で合わせてこの試合2得点目とした。 ▽それでも、58分に愛媛が反撃の狼煙を上げた。左サイド浅めの位置から白井がクロスを上げると、ボックス内で近藤が頭で落とす。反応した丹羽がシュートを放ち、ネットを揺らした。さらに、直後の59分、再び白井のクロスから近藤がヘディングシュートを放ったが、枠を外れた。 ▽反撃ムードが漂い始めると、69分にも愛媛が得点に成功。左サイドでボールを持った白井が中央へドリブルを開始し、ボックス内左まで侵攻すると、そのまま右足を振り抜いてゴール右上隅に突き刺した。さらに70分にも、ボックス内で思い切りよく放った河原のシュートが決まり、試合は1点差に。 ▽大差の試合は一転、猛攻をしかけた愛媛が試合をイーブンに戻した。72分に白井が左サイドからクロスを上げると、ボックス内で待ち構えた丹羽が強烈なボレーシュート。ボールはネットに突き刺さった。 ▽しかし、愛媛の反撃の時間帯からさらに試合は一変し、名古屋がリードを奪う。74分、青木がガブリエル・シャビエルとのワンツーでボックス内に。リターンパスを青木がダイレクトで蹴り込んだ。さらに、81分にも追加点を決めた名古屋が愛媛を再び突き放した。ガブリエル・シャビエルが左サイドの敵陣深い位置で相手からボールを奪い、ボックス内左の青木にパスを供給。その場で反転しシュートを放つと、バーに当たりながらもゴールに吸い込まれ、青木はこの日2得点目とした。 ▽点の取り合いとなった試合は、96分に田口がハットトリックとなるチームの7点目を決めて締めくくった。この結果、前半早々に点差をつけた名古屋(勝ち点43)が、一時追いつかれながらも愛媛に競り勝ち、順位を5位まで浮上させた。愛媛(勝ち点35)は勝利すれば12位まで浮上することができたが、この試合の敗北で順位を16位に下げることとなった。 ▽8/6(日) 名古屋グランパス 7-4 愛媛FC ▽8/5(土) 京都サンガF.C. 1-1 ファジアーノ岡山 ザスパクサツ群馬 0-1 モンテディオ山形 横浜FC 1-2 大分トリニータ 徳島ヴォルティス 0-1 ジェフユナイテッド千葉 湘南ベルマーレ 2-1 松本山雅FC ツエーゲン金沢 0-0 東京ヴェルディ カマタマーレ讃岐 2-0 水戸ホーリーホック V・ファーレン長崎 2-1 岐阜FC レノファ山口FC 1-2 ロアッソ熊本 FC町田ゼルビア 0-1 アビスパ福岡 2017.08.06 20:32 Sun
twitterfacebook
thumb

愛媛FW西田剛が左肋軟骨損傷で全治3〜4週間

▽愛媛FCは19日、FW西田剛の負傷を発表した。 ▽西田は、9日に行われた明治安田生命J2リーグ第22節のV・ファーレン長崎戦で負傷。検査の結果、左肋軟骨損傷と診断され、全治は3〜4週間の見込みとのことだ。 ▽今シーズンの西田は、明治安田生命J2リーグで15試合に出場し2得点を記録していた。 2017.07.19 11:54 Wed
twitterfacebook
thumb

愛媛に勝利した長崎が2連勝で4位浮上!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第22節の4試合が、9日に各地で行われた。 ▽ここまで10勝4分け7敗で6位につけている東京ヴェルディ(勝ち点34)と、8勝6分け7敗で14位のファジアーノ岡山(勝ち点30)の一戦は、ホームの東京Vが序盤から攻勢に出る。12分、アラン・ピニェイロとのワンツーで右サイドを抜け出した安西が、グラウンダーのクロスで、ボックス内のアラン・ピニェイロにリターン。そこから反転してシュートを狙うが、DFにブロックされゴールとはならなかった。なおも攻める東京Vは16分、再び右サイドの安西のクロスから最後は橋本がボックス手前からシュートを放つが、クロスバーを叩いてしまいネットを揺らすことはできなかった。対する岡山も反撃。塚川がボックス右からボレーシュートを狙うが、GK柴崎のファインセーブに遭ってしまう。その後は互いに大きなチャンスもなく試合は進んだが、40分に試合が動く。右CKを獲得した岡山は、そのクロスをニアで片山が後ろに逸らす。そこに詰めた豊川が右足で押し込んでネットを揺らし、アウェイの岡山が先制して前半を終えた。 ▽迎えた後半、追いつきたい東京Vは53分、高木善のシュートのこぼれ球からアラン・ピニェイロがもう一度シュートを狙うが、右ポストを弾いてゴールとはならず。その後も東京Vがボールを保持し、岡山ゴールを目指すが、5バックを敷く岡山の守備陣を崩すことができない。69分に敵陣中央の左サイドで得たFKでは、石毛が直接狙いネットを揺らすが、ゴール前でオフサイドを取られゴールは認められず。73分にもボックス手前左寄りのFKから梶川が直接狙うがクロスバー直撃。ゴールを奪うことができない。 ▽それでも攻め立てる東京Vは75分、ようやく同点ゴールを奪う。梶川の左CKにDF平が頭で合わせネットを揺らした。最後まで攻め続けた東京Vだったが、結局逆転弾を決めることは出来ず。1-1のまま試合は終了。勝ち点1を分け合った。 ▽また、現在10勝5分け6敗で5位に位置しているV・ファーレン長崎(勝ち点35)は、9勝4分け8敗で13位の愛媛FC(勝ち点31)と対戦。最初のチャンスは開始2分、右サイドを突破した澤田が、ボックス右の深い位置からシュートを放つがGKに阻まれる。試合開始からボールを保持する長崎は、早い時間帯で先制する。5分、左サイドから扇長がロングスローでゴール前に供給。競り合った乾が、そのこぼれ球にいち早く反応しゴールに押し込んだ。早々にスコアが動いた試合は、その後は膠着状態を迎える。長崎が勢いに乗るかに思われたが、愛媛が意外にもボールを支配する展開に。すると36分、ボックス右の小暮がシュートを放つがGKに弾かれる。直後のCKからも西田が頭で合わせるが、GK増田のファインセーブに遭い、立て続けに訪れたチャンスを同点に繋げることはできなかった。 ▽後半は中盤での潰し合いが続き、互いに見せ場を作れないでいたが、後半アディショナルタイムの91分、澤田がドリブルでボックス右に侵入すると、GKが出てきたところをループシュートを沈め、試合を決定付ける2点目を挙げた。試合はこのまま終了。危なげなく試合を運んだ長崎が2-0で勝利し、2連勝で4位浮上となった。一方の愛媛はこれで3連敗と苦しい状況が続いている。 ▽その他の試合ではFC岐阜がホームで京都サンガF.C.を3-2で退け、11試合ぶりの勝利を収めた。また、レノファ山口FCはモンテディオ山形にホームで2-0と快勝。2試合ぶりの白星となった。 ▽9日に開催された明治安田生命J2リーグ第22節の試合結果は、以下の通り。 ◆明治安田生命J2リーグ第22節 ▽7/9(日) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">岐阜FC 3</span>-2 京都サンガF.C. <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レノファ山口 2</span>-0 モンテディオ山形 東京ヴェルディ 1-1 ファジアーノ岡山 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 2</span>-0 愛媛FC 2017.07.09 22:06 Sun
twitterfacebook
thumb

愛媛DF玉林睦実が右足損傷で全治4週間

▽愛媛FCは28日、DF玉林睦実が17日に行われた明治安田生命J2リーグ第19節の東京ヴェルディ戦で負傷し、右ヒザ内側側副じん帯損傷で全治4週間の見込みと診断されたと発表した。 ▽玉林は、2007年に吉備国際大学からファジアーノ岡山に入団。その後、松本山雅FCを経て、2015年に愛媛入りした。今シーズンは明治安田生命J2リーグ13試合(1ゴール)に出場している。 2017.06.28 17:32 Wed
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース