超ワールドサッカー

愛媛が浦和FW阪野豊史&DF茂木力也を期限付き移籍で獲得2016.01.07 11:37 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽愛媛は7日、浦和からFW阪野豊史(25)、DF茂木力也(19)が期限付き移籍で加入することを発表した。期限付き移籍期間は2016年2月1日から2017年1月31日までとなる。

▽明治大から2013年に浦和へ加入した阪野は、加入1年目にJ1で9試合に出場。しかし2年目はリーグ戦の出場機会がなく、昨シーズンは栃木に期限付き移籍していた。栃木ではJ2で41試合に出場し6得点を記録している。茂木は浦和ユース出身で、2015年にトップチーム昇格。公式戦の出場はなかった。阪野と茂木は愛媛を通じて意気込みを語った。

FW阪野豊史
「愛媛FCでプレーすることになりました、阪野豊史です。自分の持ち味である貪欲にゴールを狙うプレーで、愛媛FCの力になれるように頑張ります。J1昇格という大きな目標をサポーターの皆さんと達成したいと思いますので、応援よろしくお願いします」

DF茂木力也
「2016シーズン、愛媛FCでプレーすることになりました茂木力也です。J1昇格という大きな目標に向けて、全力を尽くし、サポーターの皆さんと一緒に戦いたいと思いますので、応援よろしくお願いします」

▽また、両選手は浦和を通じてもコメントしている。

FW阪野豊史
「2016シーズンに愛媛FCへ期限付き移籍することになりました。昨年栃木SCでは、多くの試合に出場し、様々な経験を積むことができました。一日一日を大切に、サッカーに対して真摯に取り組み、必ず成長して浦和に戻ってチームの力になれるようにがんばってきます。応援よろしくお願いします」

DF茂木力也
「2016シーズン、愛媛FCに期限付き移籍することになりました。新たなチャレンジをすることで、自分自身成長したいという思いが強く、決断しました。がんばってきますので、応援よろしくお願いします」

▽阪野は昨シーズン在籍した栃木を通じてもファン・サポーターへの感謝の言葉を述べた。

「2016シーズンは愛媛FCでプレーすることになりました。昨年はサポーターの皆さんの期待に応えることができず、悔しい思いをさせてしまい、申し訳なく思っています」

「栃木で経験できたことを糧に、さらにレベルアップできるようがんばってきます。一年という短い時間でしたが、自分にとってかけがえのない時を過ごすことができました。本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

東京Vvs愛媛の同勝ち点対決は3-3の壮絶ドロー! 東京Vが土壇場PK弾で勝ち点1拾う《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第19節の東京ヴェルディvs愛媛FCが17日に味の素スタジアムで行われ、3-3のドローに終わった。 ▽自動昇格圏内浮上を目指す6位東京V(勝ち点30)と、7位愛媛(勝ち点30)による同勝ち点対決。前節、名古屋グランパスとの上位対決を逆転で制し、4戦ぶりの白星を手にした東京Vは、連勝を目指すこの一戦に向けて、前節から先発2人を変更。平と高木大に代わって、第6節ファジアーノ岡山戦以来の出場となる永田と、前節2ゴールのドウグラス・ヴィエイラが先発入り。また、負傷明けの井上と高木善がベンチに入った。一方、FC岐阜に快勝して連勝の愛媛は、間瀬監督が以前にコーチを務めた古巣との一戦に向けて、前節と全く同じスタメンで臨んだ。 ▽キックオフ直後こそ愛媛のハイプレスに手を焼いたものの、時間の経過と共に後方から丁寧にボールを動かし、主導権を掴む東京V。7分にアラン・ピニェイロが際どいミドルシュートを放つと、15分に先制点を奪う。右サイドでアランの浮き球パスに抜け出した安西がDFを振り切ってボックス右ライン際で絶妙なクロス。これをゴール前に飛び込んだドウグラスが頭で合わせ、2試合連発となる今季5点目を奪った。 ▽幸先よく先制したホームチームは、その後も梶川や永田を起点に冷静にボールを動かして流れを渡さない。時折与えた相手のカウンターチャンスもDF井林を中心に危なげなく凌ぐ。前半終了間際の39分にはMF渡辺のお膳立てからドウグラスに決定機も、ここは相手GKのセーブに遭った。 ▽一方、失点直後に玉林が負傷交代を強いられた愛媛は田中を投入して反撃を試みるが、単発のカウンターやセットプレーから西岡が放ったヘディングシュート以外に決定機を作れず、前半を1点ビハインドで終えた。 ▽東京Vの1点リードで迎えた後半、立ち上がりにドウグラスのスルーパスからアランに追加点のチャンスが生まれるが、この決定機は相手GKの好守に遭う。 ▽すると53分、小池のスルーパスに抜け出した近藤がボックス右で入れたクロスを中央で胸トラップした河原が右足のシュートを流し込み、この試合最初の決定機を同点ゴールに結び付ける。さらに59分には左サイド深くで丹羽が折り返したボールを、白井が体勢を崩しながらも強烈なシュートで流し込み、瞬く間に試合を引っくり返した。 ▽一方、流れを変えたい東京Vは59分に梶川に代えて高木善、61分には渡辺を下げて橋本を投入。その後も苦しい時間が続くも、69分にワンチャンスを生かして追いつく。左サイドでカットインした安西のシュート性のクロスを、ゴール前に飛び出したドウグラスがワンタッチでニアに流し込んだ。 ▽2-2のイーブンに戻った試合は、ここからカウンターの応酬となるオープンな展開に。内田を下げて井上をピッチに送り出した東京Vに対して、愛媛は丹羽と小池を下げて有田と小暮をピッチに送り出す。 ▽互いに3点目を奪えない状況が続くが、カウンターの鋭さで勝る愛媛が一歩前に出る。90分、ロングカウンターからボックス右でパスを受けた近藤が右足を振り抜くと、クロスバーの内側を叩いたボールが左隅に吸い込まれた。 ▽これで勝負ありと思われたが、諦めない東京Vは直後にボックス内でハイボールを競った安在が白井に倒され、値千金のPK奪取。このプレッシャーがかかるPKを高木善が冷静に流し込み、土壇場で追いついた。その後、互いに勝ち越しのチャンスもあったものの、試合は3-3でタイムアップ。東京Vと愛媛による同勝ち点対決は、壮絶な打ち合いの末に痛み分けのドローとなった。 2017.06.17 20:58 Sat
twitterfacebook
thumb

岐阜、攻めながらも得点奪えず7戦連続勝利なし…愛媛は7位浮上《J2》

▽11日に明治安田生命J2リーグ第18節の愛媛FCvsFC岐阜がニンジニアスタジアムで行われ、2-0で愛媛が勝利した。 ▽愛媛(勝ち点27)は暫定10位ながらも、既に今節終了時での昇格プレーオフ圏内を確保している5位の東京V(勝ち点30)とは勝ち点差3と、昇格を争える位置に付けている。一方、暫定15位の岐阜(勝ち点22)は直近6戦で4分け2敗の勝利なしと、調子を上げきれていない。 ▽序盤は岐阜がゆったりとパスを回す。アンカーに入った庄司が頻繁にボールに触り無理をせずにポゼッションを高めると、愛媛は自陣深めにラインを2つ引き、飛び込まずに守備をする。 ▽最初に得点機を得たのは愛媛だった。24分、DFラインから前線へロングボールを放り込むと、ボックス内での混戦から近藤へボールがこぼれる。GKと至近距離でのシュートだったが好セーブに阻まれ、先制ならず。守備を重視していた時間帯にチャンスを迎え調子を上げた愛媛は、徐々にプレスの位置を上げ始める。 ▽すると32分、今度は岐阜がチャンスを作り出す。愛媛が連動した岐阜のプレスから逃れるように右サイドへとボールを送るが、これを古橋がカットする。難波、小野、古橋と素早くパスを3本繋ぎ、あっという間にボックス内へ。走り込んだ古橋が再びボールを受けるとGKとの一対一に。狙いすましたシュートだったが、これはゴールポストに弾かれてしまう。 ▽折り返して53分、小池が右サイドでボールを受けると個人技で前を向き、右足を振り抜きGKを強襲する。シュートは弾かれるがこぼれ球に河原が反応する。しかし、これは枠を外れる。さらに54分にも河原がシュートを放つも、バーに阻まれる。愛媛がボールを持つシーンが目立つようになる。 ▽良い時間帯が続く愛媛が先制に成功する。57分、丹羽が岐阜陣内深めでインターセプトすると、そのままドリブルで持ち上がりGKとの一対一になる。股の下を狙った冷静なシュートが得点となり、貴重な先制点となる。試合が動いてからは再び岐阜がボールを保持する時間が増えるが、守備を固める愛媛を前に攻めきることができない。 ▽82分、愛媛がさらに岐阜を突き放す。左サイドでボールを受けた小島が右足に持ち替えファーサイドへ質の高いクロスを上げる。反応した有田がダイビングヘッドで合わせると、これがネットへ吸い込まれる。試合を大きく決定付ける2点目となった。 ▽試合はそのまま終了し、愛媛(勝ち点30)は7位となりプレーオフ圏内浮上ならずも、6位となった東京V(勝ち点30)と勝ち点で並んだ。対して、終始ボールを保持しながらも敗北を喫した岐阜(勝ち点22)は7試合連続で勝ちなしとなり、16位へと順位を下げた。 2017.06.11 21:09 Sun
twitterfacebook
thumb

愛媛が1分間で逆転勝利!! 町田は重松のFK弾を守り切れず…《J2》

▽4日に明治安田生命J2リーグ第17節のFC町田ゼルビアvsFC愛媛が町田市立陸上競技場で行われ、2-1で愛媛が勝利した。 ▽15位の町田(勝ち点21)は前節、レノファ山口に1-0で勝利し5試合ぶりの白星を飾った。一方、10位の愛媛(勝ち点24)はジェフユナイテッド千葉に打ち合いの末2-4で敗れて2連敗となっている。 ▽試合は立ち上がりに町田が勢いを持って攻め込んでいく。町田はサイドの谷澤を起点に相手陣内へと攻め込み、対する愛媛は町田のバックラインの裏を積極的に狙っていく。しかしお互いに決定機を作り出せないまま時間が経過していった。 ▽すると迎えた25分、町田は相手陣内中央のやや距離がある位置でFKを獲得。すると重松が右足で直接狙うと、無回転のシュートがゴールマウス左上に突き刺さり、町田が先制に成功した。 ▽このゴールを境に試合は激しさを増していく。愛媛は27分、ボックス右の小島が入れたクロスに河原がプッシュ。しかしオフサイドの判定を受ける。町田も30分に谷澤がボックス左からクロスを入れるが、そのボックス内でファウルの判定により追加点のチャンスを逸した。 ▽結局前半は町田が1点リードで終えて、迎えた後半はお互いに交代なしで入る。すると48分、重松がファウルで倒されたところで町田はクイックリスタート。みぎサイドからのクロスにボックス左の谷澤がボレーで合わせるが枠を捉えきれなかった。 ▽愛媛も58分に右サイドを縦に突破した近藤のクロスに河原が飛び込むが、わずかに合わず決定機を逸する。その後、追いかける愛媛は藤田と木暮を下げて、安田と小池の2枚代えを敢行し、追加点を目指す。 ▽すると68分、左サイドで裏に抜け出した白井がボックス手前で飛び出したGKの位置を見てループシュート。これがゴールマウス左隅に決まって、愛媛が試合を振り出しに戻した。さらに直後の69分、右サイドへの大きな展開から、小池が入れたグラウンダーのクロスがファーサイドに流れる。これを河原が押し込んで、愛媛が一気に試合をひっくり返した。 ▽町田は87分、押し込んだ状態からボックス右にこぼれたボールを重松が押し込みにかかるが、相手にブロックされる。その後も猛攻を仕掛けていくが、89分に迎えた決定機もボックス左の吉濵が放ったシュートは枠を外す。 ▽愛媛は町田の猛攻をしのぎ切って試合終了のホイッスル。愛媛が逆転で3試合ぶりの白星を手にした。 2017.06.04 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

愛媛下した千葉が今季初逆転勝ちで3試合ぶり勝ち点3《J2》

▽27日に行われたフクダ電子アリーナで行われた明治安田生命J2リーグ第16節のジェフユナイテッド千葉vs愛媛FCは、ホームの千葉が4-2で勝利した。 ▽13位の千葉と8位の愛媛が激突した。試合は12分、カウンターから白井がディフェンスラインの裏を狙ったスルーパスを供給。ボックス内で受けた近藤がGKとの一対一を制し、愛媛が先制する。 ▽しかし、千葉は31分、こぼれ球を拾った清武がボックス右からクロスを上げると、乾が頭で合わせてゴールネットに突き刺して同点。続く38分には山本真希が町田とのワンツーからダイレクトでゴール右隅に蹴り込み、千葉が勝ち越した。 ▽44分に清武が放ったシュートのこぼれ球から町田にもゴールが生まれた千葉。64分には左CKからキッカーの清武が右足でクロスを送り、指宿の頭上を越えたボールに反応したニアサイドの近藤が頭で合わせ、チーム4点目を記録する。 ▽しかし、74にはスローインからボックス右の丹羽が右足でクロスを送り、小島のボレーシュートで愛媛が反撃。それでも、これ以上の反撃を許さなかった千葉が今シーズン初の逆転勝ちで3試合ぶりの白星を手にした。 2017.05.27 16:57 Sat
twitterfacebook
thumb

愛媛との上位対決を制した名古屋が連勝《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第15節の愛媛FC vs名古屋グランパスが21日にニンジニアスタジアムで行われ、1-2で名古屋が勝利した。 ▽ここまで7勝3分け4敗で6位の愛媛と、7勝4分け3敗で5位に位置する名古屋が激突した。試合は序盤、アウェイの名古屋が積極性を見せる。すると、11分にゴールに近づく。バイタルエリアで仕掛けた和泉がペナルティアーク手前から左足でシュート。しかし、これはわずかに枠の右に外れた。 ▽すると、先制したのは愛媛だった。27分、ペナルティアーク付近の河原が出したスルーパスで、近藤がボックス右に抜け出す。近藤が冷静にゴールネットを揺らし、愛媛が試合の均衡を破った。 ▽ハーフタイムにかけては、ビハインドを背負う名古屋が押し気味に試合を進める。すると、44分に追いつく。和泉の縦パスからシモビッチがボールを収めると、正面に走り込んだ田口が拾ってボックス内に進入。そのままGKとの一対一を制し、名古屋が1-1とした。 ▽迎えた後半、愛媛は56分にビッグチャンスを迎える。小島が出したスルーパスを受けてボックス左に進入した河原が枠内シュートに持ち込む。しかし、これはGK楢崎のファインセーブに遭い、決定機を阻まれる。 ▽すると、守護神に助けられた名古屋が追加点を記録する。59分、シモビッチのパスから右サイド深くに入った八反田がグラウンダーのクロスを入れる。これに正面で合わせた玉田が押し込み、名古屋が逆転に成功する。 ▽終盤にかけては、愛媛が徐々に攻撃への比重を強める。愛媛は河原、有田、藤田と下げていき、丹羽、西田、小池を投入する。 ▽その後も愛媛はゴールを狙うが、名古屋がしっかりと守って逃げ切りで連勝。愛媛は連勝が3試合でストップする黒星を喫した。 2017.05.21 17:57 Sun
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース