長友フル出場のインテル、今季9度目のウノゼロで好調エンポリに辛勝し首位キープ《セリエA》2016.01.07 03:57 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽インテルは6日、セリエA第18節でエンポリのホームに乗り込み、1-0で辛勝して首位をキープした。インテルの長友は左サイドバックでフル出場している。

▽クリスマス休暇前に行われた2015年最終戦のラツィオ戦をメロの愚行もあって1-2で落としたインテルは、長友がリーグ戦4試合ぶりに先発となった。そして、メロの出場停止を受けて負傷明けのコンドグビアや、ブロゾビッチといった控え組がスタメンで起用された。

▽4連勝で2015年を締めくくった好調エンポリに対し、インテルはリャイッチとペリシッチを両翼に据える[4-3-3]で臨んだ。そのインテルは立ち上がり、エンポリに圧力をかけられながらも受け流すと、徐々にポゼッションを高めて敵陣へ進攻していく。

▽しかし17分、FKからマッカローネに枠内シュートを浴びるピンチを迎える。ここはGKハンダノビッチがセーブするも、24分にはジエリンスキのミドルシュートでゴールを脅かされてしまう。なかなか主導権を握りきれないインテルは、その後も機動力に優れたエンポリの2トップに揺さぶられると、37分にはビュヘルに枠内シュートを浴びてしまう。

▽イカルディがほとんどボールに触れず、エンポリ相手に劣勢を強いられていたインテルだったが、キャプテンが少ないチャンスを仕留める。ボックス左で縦へ仕掛けたペリシッチがクロスを供給すると、ニアサイドにポジションを取ったイカルディが合わせてネットを揺らした。

▽前半追加タイムのゴールで1点をリードして迎えた後半、インテルは47分にブロゾビッチのミドルシュートが枠を捉えたものの、52分にスルーパスを引き出したサポナーラにボックス内からのシュートを許してしまう。このピンチをGKハンダノビッチのセーブで凌いだインテルは、54分にブロゾビッチのループシュートで追加点に迫ったが、枠を捉えきれない。

▽一進一退の攻防となる中、64分にマッカローネとビュヘルに代えてリバヤとクローチェを投入したエンポリに対し、インテルは67分にコンドグビアが際どいミドルシュートを浴びせていく。72分にはサポナーラのスルーパスに反応したプッチャレッリをボックス内でムリージョが倒してしまったが、主審はノーファウルの判定を下す。

▽助かったインテルは、試合終盤にかけてエンポリの攻撃を自陣に引いて受け止めながら時間を進めていく。そして、エンポリの攻撃をシャットアウトしたインテルが今季9度目のウノゼロで辛勝し、首位をキープした。

コメント

関連ニュース

thumb

アーセナル、ユーロで輝くペリシッチ獲得に関心

▽アーセナルがインテルのクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(27)の獲得に動き始めたようだ。イギリス『talkSPORT』が報じている。 ▽今夏の移籍市場でイングランド代表FWセオ・ウォルコット(27)や同MFアレックス・オクスレイド=チェンバレン(22)らの放出が噂されるアーセナルは、その後釜としてペリシッチの獲得に関心を示しているようだ。 ▽昨夏にヴォルフスブルクからインテルに加入したペリシッチは、リーグ戦34試合で7ゴール5アシストを記録するなど、攻撃のクオリティ不足を指摘されたネッラズーロの貴重な攻め手となった。さらに、現在開催中のユーロ2016ではグループステージで2ゴールを記録し、2連覇中のスペイン代表撃破に貢献するなど、自身の価値を高めている。 ▽また、一部メディアの伝えるところによれば、アーセナルは今夏に獲得を狙うレスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズ(25)との交渉が停滞しており、クラブはペリシッチへの関心を強めているようだ。 2016.06.26 07:05 Sun
twitterfacebook
thumb

スナイデルがインテル復帰を希望か

▽ガラタサライに所属するオランダ代表ヴェスレイ・スナイデル(32)にインテル復帰の可能性が浮上した。イタリア『スカイ』が報じた。 ▽インテル時代に日本代表DF長友佑都と仲が良かったことでも知られるスナイデルは、2013年1月からガラタサライでプレー。しかし、本人は愛着のあるクラブへの帰還を希望していて、ガラタサライで師弟関係にあったロベルト・マンチーニ監督に電話で直接交渉もしたようだ。 ▽ところが、『スカイ』は過去にファイナンシャル・フェアプレー制度に引っかかったことのあるインテルにとって、スナイデルの給与を支払うのは難しいと主張。スナイデル本人は減俸を受け入れる意向を示しているものの、それでもインテル復帰には大きな問題が生じてくるという。 ▽また、現在のインテルはスナイデルの呼び戻しを考えていない様子。伝えられるところによれば、ロベルト・クーマン新監督が就任したエバートンがスナイデルの獲得に関心を示しており、好オファーを打診しているとみられる。 2016.06.25 18:15 Sat
twitterfacebook
thumb

インテル、若手FWマナイの買い取りOPを行使! 今季は6試合に出場

▽インテルが、クレモネーゼからレンタルで加入していたアルバニア代表FWレイ・マナイ(19)の買い取りオプションを行使した。クレモネーゼが24日に同選手の放出を発表した。 ▽2015年にクレモネーゼからインテルに加入したマナイは、今シーズンの公式戦6試合に出場するなど、才能の片りんを見せた。ロベルト・マンチーニ監督を筆頭にマナイの才能を高く評価するインテルは、50万ユーロ(約5600万円)といわれる買い取りオプションを行使した。 2016.06.25 02:05 Sat
twitterfacebook
thumb

サバレタ、マンチーニとの再会希望でインテル移籍を決断か…ミラノで代理人と会談

▽インテルは、マンチェスター・シティでの将来が不透明な状況にあるアルゼンチン代表DFパブロ・サバレタ(31)の獲得に迫っているのかもしれない。イギリス『サン』が報じた。 ▽報道によれば、インテルは21日にミラノで代理人と会談を行った模様。そのサバレタに関しては、ローマも獲得に興味を示しているようだが、本人はシティ時代の恩師であるマンチーニ監督との再会を希望しているようだ。 ▽そのため、『サン』はサバレタがシティとまだ1年契約を残している今夏に出場機会を求めてイタリアへ活躍の場を移す可能性があると主張。インテルに移籍することになれば、サバレタは3年ぶりにマンチーニ監督の下でプレーすることになる。 ▽サン・ロレンソでプロキャリアをスタートさせたサバレタは、エスパニョールでのプレーを経て、2008年夏にシティへと移籍。在籍8シーズンで公式戦301試合(9得点)に出場するも、今シーズンはわずかリーグ戦13試合の出場にとどまった。 2016.06.24 14:00 Fri
twitterfacebook
thumb

「チャイナ・インテル」が初補強へ アンサルディ獲得で合意と報道

イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、インテルがジェノアDFクリスティアン・アンサルディ(29)の獲得で合意したようだ。<br><br>昨季、ゼニト・サンクトペテルブルクからジェノアにレンタル移籍していたアンサルディは、シーズン後に完全移籍を果たしていた。だが、ジェノアは買い取ったうえでビッグクラブにアンサルディを売却する狙いだったとみられる。<br><br>そのアンサルディに関心を寄せていたのがインテルだ。『ガゼッタ』によると、ジェノアの要求は600万ユーロ(約7億1000万円)。インテルはMFディエゴ・ラクサールの保有権に300万ユーロを加える条件で合意したようだ。29歳のアンサルディとは3年契約を結ぶ見込み。<br><br>アルゼンチン代表MFエベル・バネガや、トルコ代表DFジャネル・エルキンの獲得を決めているインテルだが、蘇寧グループがクラブ買収を発表してからの補強はアンサルディが初となる。<br><br>なお『ガゼッタ』によると、インテルのハビエル・サネッティ副会長が選手に直接連絡して口説き落としたもよう。インテルの「アルゼンチンコネクション」は健在のようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.23 02:20 Thu
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース