超ワールドサッカー

長友フル出場のインテル、今季9度目のウノゼロで好調エンポリに辛勝し首位キープ《セリエA》2016.01.07 03:57 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽インテルは6日、セリエA第18節でエンポリのホームに乗り込み、1-0で辛勝して首位をキープした。インテルの長友は左サイドバックでフル出場している。

▽クリスマス休暇前に行われた2015年最終戦のラツィオ戦をメロの愚行もあって1-2で落としたインテルは、長友がリーグ戦4試合ぶりに先発となった。そして、メロの出場停止を受けて負傷明けのコンドグビアや、ブロゾビッチといった控え組がスタメンで起用された。

▽4連勝で2015年を締めくくった好調エンポリに対し、インテルはリャイッチとペリシッチを両翼に据える[4-3-3]で臨んだ。そのインテルは立ち上がり、エンポリに圧力をかけられながらも受け流すと、徐々にポゼッションを高めて敵陣へ進攻していく。

▽しかし17分、FKからマッカローネに枠内シュートを浴びるピンチを迎える。ここはGKハンダノビッチがセーブするも、24分にはジエリンスキのミドルシュートでゴールを脅かされてしまう。なかなか主導権を握りきれないインテルは、その後も機動力に優れたエンポリの2トップに揺さぶられると、37分にはビュヘルに枠内シュートを浴びてしまう。

▽イカルディがほとんどボールに触れず、エンポリ相手に劣勢を強いられていたインテルだったが、キャプテンが少ないチャンスを仕留める。ボックス左で縦へ仕掛けたペリシッチがクロスを供給すると、ニアサイドにポジションを取ったイカルディが合わせてネットを揺らした。

▽前半追加タイムのゴールで1点をリードして迎えた後半、インテルは47分にブロゾビッチのミドルシュートが枠を捉えたものの、52分にスルーパスを引き出したサポナーラにボックス内からのシュートを許してしまう。このピンチをGKハンダノビッチのセーブで凌いだインテルは、54分にブロゾビッチのループシュートで追加点に迫ったが、枠を捉えきれない。

▽一進一退の攻防となる中、64分にマッカローネとビュヘルに代えてリバヤとクローチェを投入したエンポリに対し、インテルは67分にコンドグビアが際どいミドルシュートを浴びせていく。72分にはサポナーラのスルーパスに反応したプッチャレッリをボックス内でムリージョが倒してしまったが、主審はノーファウルの判定を下す。

▽助かったインテルは、試合終盤にかけてエンポリの攻撃を自陣に引いて受け止めながら時間を進めていく。そして、エンポリの攻撃をシャットアウトしたインテルが今季9度目のウノゼロで辛勝し、首位をキープした。

コメント

関連ニュース

thumb

バネガ代理人「彼は今夏、99%スペインに行く」

▽インテルに所属するアルゼンチン代表MFエベル・バネガ(28)のスペイン復帰が決定的なようだ。『トゥットメルカート』が伝えている。 ▽2015-16シーズンをセビージャで過ごしたバネガは、昨夏にフリートランスファーでインテルに加入。今シーズンは公式戦33試合に出場して6ゴール8アシストをマークした。 ▽しかし、バネガを巡っては、加入からわずか1年でインテル退団の可能性が浮上。事前の報道によれば、エスパニョールなどが挙がる一方で、古巣セビージャが有力な移籍先としてみられている。 ▽伝えられるところによれば、バネガの代理人を務めるマルセロ・シモニアン氏は、「エベルは今夏、99%スペインに行く。この数日、メディアに取り上げられている1300ユーロ(約16億1000万円)以下でね」と言及したという。 2017.06.24 13:25 Sat
twitterfacebook
thumb

サンプドリアが長友佑都のトレード案に難色…22歳DF譲渡の対価に現金を優先

サンプドリアがインテルに所属する日本代表のDF長友佑都のトレードを拒否したと、イタリアメディア『スポルティタリア』でサッカー解説を務めるジャーナリストのアルフレド・ペドゥラ氏が22日、独占スクープとして報じている。<br><br>インテルは今夏の移籍市場において、サンプドリアに所属する22歳のスロバキア代表DFミラン・シュクリニアルの獲得に興味を示している。サンプドリアも放出の意向を示しているが、条件についてインテルと交渉が続いている。<br><br>22日、サンプドリアのマッシモ・フェレロ会長と右腕であるアントニオ・ロメイ弁護士がミランを訪れた。ロメイ弁護士はインテルのスポーツディレクター、ピエロ・アウジリオと夕食を共にし、シュクリニアルの移籍に関して、協議を行った。<br><br>インテルはこれまで1500万ユーロ(約19億円)の移籍金に加え、FWジャンルカ・カプラーリをトレード要員として差し出す方向性を示していた。しかし両者の間で見積額に隔たりがあったため、インテルはトレード要員としてさらに長友など他の所属選手を加える提案をしていた。ところが今回の協議では、サンプドリア側がこれを拒否し、2700万ユーロ(約34億円)の移籍金もしくは、2000万ユーロ(約25億円)とカプラーリのみのトレードを要求しており、長友はトレード要員から外された模様だ。長友はルチアーノ・スパレッティ新監督の下、構想外とみられており、今後の動向は注目されるところだ。<br><br>提供:goal.com 2017.06.23 15:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴェッラッティの去就に揺れるPSGがバネガに興味示すも、セビージャ復帰が濃厚か

▽インテルのアルゼンチン代表MFエベル・バネガ(28)が、セビージャに復帰する可能性が高まっている。『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽今シーズンにセビージャからインテルに加入したバネガは、初挑戦となったセリエAで28試合6ゴールを奪った。インテルと3年契約を結んだ同選手だが、イタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティに退団の噂が流れているパリ・サンジェルマンがその後釜としてバネガの獲得に興味を示しているようだ。また、パリ・サンジェルマンにはバレンシアとセビージャで共に働いたウナイ・エメリ監督もいる。 ▽しかし『フットボール・イタリア』によると、バネガはすでにスペインへの復帰を考えているようで、古巣であるセビージャに戻る可能性が高い様だ。なお、同メディアは移籍金が900万ユーロ(約11億1700万円)程度と見込んでいる。 ▽またバネガの代理人を務めるマルセロ・シモニア氏は、チーム名こそ明かさなかったものの次のように語りスペイン復帰が濃厚だと示した。 「99%スペインに行くことになる。報道では移籍金が1300万ユーロ(約16億1400万円)と言われているが、もっと下だ。合意までもう間もなくだ」 2017.06.22 10:13 Thu
twitterfacebook
thumb

バネガはセビージャに復帰も? セビージャ会長がバネガとヨベティッチの状況を語る

▽セビージャのホセ・カストロ会長が、インテルのアルゼンチン代表MFエベル・バネガを連れ戻す考えを明かした。 ▽バネガは、2016年7月にセビージャからフリートランスファーでインテルへと移籍。インテルではセリエAで28試合に出場し6ゴール8アシストを記録。しかし、FFP(ファイナンシャル・フェアプレー)違反で制裁を受けているインテルは、選手を売却する必要があり、去就が騒がれている。 ▽2014-15シーズンから2シーズンセビージャに在籍したバネガは、ヨーロッパリーグ連覇に貢献。カストロ会長はスペイン『ラジオ・セビージャ』にバネガを連れ戻したい意向を語った。 「バネガ? フットボールの世界で、絶対はない。彼はセビージャで多くを勝ち取っているし、素晴らしい選手だ」 「我々はインテルの意志を知らないが、彼は素晴らしい月日を過ごしたここに戻ってくることを決断することになるだろう」 「インテルとの交渉はしていないが、我々のスポーツディレクターとバネガは話している」 「彼がインテルで得た給料を保証することはできないがね」 ▽また、シーズン途中にレンタル移籍で加入したモンテネグロ代表FWステファン・ヨベティッチについてもコメント。バネガとは別の話になるが、インテルと話をしていると語った。 「我々はヨベティッチについてインテルに妥当なオファーをした。しかし、インテルは受け入れなかった」 「我々はヨベティッチが戻らないことを意味するかは分からない。オファーは大きなものだが、セビージャにも限界がある。我々は、インテルが求める金額を払うことはできない」 「別のオプションを持っている。しかし、それは合意に達せないということを意味している訳ではない。合意するための努力が必要だ」 「ヨベティッチとバネガの状況は異なる。我々は多くのことで動いており、数日後にはアップデートできるだろう」 2017.06.20 20:40 Tue
twitterfacebook
thumb

長友佑都、片山晋呉がMTGの新製品発表会に出席! 長友は披露した体幹ポーズに「バンビーノ」と命名

▽20日、「MTG TAIKAN STREAM/Style BX 新製品発表会」が都内で行われ、製品開発に携わったインテルの日本代表DF長友佑都とプロゴルファーの片山晋呉がゲストとして登場。開発へのこだわりや、体幹についてのエピソードトークを披露した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170620_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽「SIXPAD」や「ReFa」などでも知られるMTG社が、長友、片山と共同開発したものが『TAIKAN STREAM』だ。水の特性を活かして体幹を効率的に鍛えるトレーニングギアである『TAIKAN STREAM』について片山は「水というのが一番のポイントです。水が不規則な動きをすることによって、体だけじゃなく神経、脳にまで反射的に起こさせます。水が動くということが商品開発で一番重要でした」と特徴を語った。また、「水漏れなどもありましたが、グリップが持ちやすく、女性からお年寄りまで持ちやすくなっています。誰が持っても気持ちよく、今までに味わったことがないトレーニングができると思います」と商品開発へのこだわりを語った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170620_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽長友も開発から携わったとのことで、体幹について「何十年とずっとトレーニングしてきて、色々なことを試しました。こういったもので、中に砂が入っていたり重りが入っているのはインテルの練習場や、海外のチームでたくさん見てきましたが、水というのは初めてです」とコメント。「水が中で動くことでバランスを取らなくてはいけないですし、(体の)中のコアの部分、筋肉が刺激されて、片山さんがおっしゃったように脳や神経、集中していないと持って行かれてしまいます。水の量も変えられるので、小学生からでも水の量を変えてトレーニングできますし、幅広い層にトレーニング、エクササイズをして頂けれると思います」と語った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170620_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽また、長友と片山は実際に『TAIKAN STREAM』を使ったエクササイズを披露。片山は『TAIKAN STREAM』を持って、ゴルフのスイングの様に左右に振る動きを披露。「テレビを観ながらでも良いですし、家の中でこれをするだけで、軸ができながら、体幹を鍛えられるという一石二鳥のことが詰まっています」と動きの説明をした。「(ドライバーの)距離はこれをやることで出てくると思います。また、軸を安定させるトレーニングはプロでも難しいので、凄く良い物ができたなという印象です」と『TAIKAN STREAM』の完成を喜んだ。なお、片山はこの動きの名前を「シンクロストリーム」と名づけた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170620_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽長友は体幹を使うトレーニングとして、ハイレベルなバランスを取る動きを披露。「腕周りもそうですし、背筋、臀筋(お尻の筋肉)も、体幹周り、脚も全て鍛えられます。バランス取るのは難しいです」と語り、実践した片山は「鍛えてない人は難しいですね。僕はある程度やっているからいけますけど、相当難しいです」とコメント。「重さを変えればできると思いますし、それが『TAIKAN STREAM』の良い所ですね」と、新製品の活用方法を語った。なお、長友はこのポーズについて「バンビーノ」と命名。「イタリア語で小さい子供という意味なんですが、子供のように繊細に扱わないとブレてしまいます。子供を優しく抱っこしてバランスを取るイメージです。人生もですが、ブレないように、子供ができてもしっかりと抱きかかえて守っていけないなと思います」と名づけた理由を語った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170620_1_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽また、姿勢をサポートする『Style BX』についても披露。長友が開発に携わっているもので、「素材がめちゃくちゃ柔らかいです。脇の部分の素材が固いと擦れたり、痛くなったりしますがそういったことは全く無いです。あと、日本に帰ってきた時に姿勢の悪い人が多いなというのを感じていて、直していくことができるのかなと思い、考えて作らせて頂きました。猫背や姿勢が悪いと腰痛になったり、お腹が出てきたりしてしまいますし、見た目としても自信が無いように感じたので、この商品であれば全てを改善できるかなと思います」と開発の意図を語った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170620_1_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽イベント終了後の記念撮影を前に、結婚披露宴を控える長友をサプライズで祝福。夫人の平愛梨さんと長友をイメージした花束が手渡された。長友はサプライズでの祝福について「イベントが終わって控室に待っている時に、10分ぐらい待ってくださいと言われたので、なんだろうなとは思っていましたが、まさか結婚の祝福をして頂けるとは思っていませんでした。素直に嬉しいです。ありがとうございます。披露宴やイベントがありますが、しっかりとイベントを成功させて、良い家庭を築けるように頑張って行きたいと思います」と喜びのコメントを語った。 ▽また、囲み取材に応じた長友は残り2試合となったロシア・ワールドカップ アジア最終予選について言及。「8月と9月にワールドカップ予選のオーストラリア戦とサウジアラビア戦があります。この2戦に勝てないとワールドカップに行けないのでね。今はオフですけど気は張り詰めていますし、常に代表のことやそこで勝つイメージをしています。どうにかしっかりと勝って、ワールドカップ出場を決めたいという思いがあります」と意気込みを語った。 ▽『TAIKAN STREAM』は8月下旬よりTV通販で、9月中旬より量販店で順次発売。価格はSTANDARDが12,800円(税抜)、ADVANCEが14,800円(税抜)、PROFESSIONALが24,800円(税抜)となっている。また、『Style BX』は10月下旬よりTV通販、その後量販店で順次発売。価格は5,800円(税抜)となっている。 2017.06.20 17:30 Tue
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース