長友フル出場のインテル、今季9度目のウノゼロで好調エンポリに辛勝し首位キープ《セリエA》2016.01.07 03:57 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽インテルは6日、セリエA第18節でエンポリのホームに乗り込み、1-0で辛勝して首位をキープした。インテルの長友は左サイドバックでフル出場している。

▽クリスマス休暇前に行われた2015年最終戦のラツィオ戦をメロの愚行もあって1-2で落としたインテルは、長友がリーグ戦4試合ぶりに先発となった。そして、メロの出場停止を受けて負傷明けのコンドグビアや、ブロゾビッチといった控え組がスタメンで起用された。

▽4連勝で2015年を締めくくった好調エンポリに対し、インテルはリャイッチとペリシッチを両翼に据える[4-3-3]で臨んだ。そのインテルは立ち上がり、エンポリに圧力をかけられながらも受け流すと、徐々にポゼッションを高めて敵陣へ進攻していく。

▽しかし17分、FKからマッカローネに枠内シュートを浴びるピンチを迎える。ここはGKハンダノビッチがセーブするも、24分にはジエリンスキのミドルシュートでゴールを脅かされてしまう。なかなか主導権を握りきれないインテルは、その後も機動力に優れたエンポリの2トップに揺さぶられると、37分にはビュヘルに枠内シュートを浴びてしまう。

▽イカルディがほとんどボールに触れず、エンポリ相手に劣勢を強いられていたインテルだったが、キャプテンが少ないチャンスを仕留める。ボックス左で縦へ仕掛けたペリシッチがクロスを供給すると、ニアサイドにポジションを取ったイカルディが合わせてネットを揺らした。

▽前半追加タイムのゴールで1点をリードして迎えた後半、インテルは47分にブロゾビッチのミドルシュートが枠を捉えたものの、52分にスルーパスを引き出したサポナーラにボックス内からのシュートを許してしまう。このピンチをGKハンダノビッチのセーブで凌いだインテルは、54分にブロゾビッチのループシュートで追加点に迫ったが、枠を捉えきれない。

▽一進一退の攻防となる中、64分にマッカローネとビュヘルに代えてリバヤとクローチェを投入したエンポリに対し、インテルは67分にコンドグビアが際どいミドルシュートを浴びせていく。72分にはサポナーラのスルーパスに反応したプッチャレッリをボックス内でムリージョが倒してしまったが、主審はノーファウルの判定を下す。

▽助かったインテルは、試合終盤にかけてエンポリの攻撃を自陣に引いて受け止めながら時間を進めていく。そして、エンポリの攻撃をシャットアウトしたインテルが今季9度目のウノゼロで辛勝し、首位をキープした。

コメント

関連ニュース

thumb

ガビゴル初先発のインテル、延長戦突入もムリージョの華麗バイシクル弾などでボローニャ撃破《コッパ・イタリア》

▽インテルは17日、コッパ・イタリア5回戦でボローニャを本拠地ジュゼッペ・メアッツァに迎え、延長戦の末3-2で勝利した。インテルのDF長友佑都はベンチ入りしたものの出場機会はなかった。 ▽3日前に行われたセリエA第20節のキエーボ戦を3-1で逆転勝利したインテルは、その試合のスタメンから5選手を変更。バックラインと中盤は大幅に入れ替えず、前線のイカルディやペリシッチ、カンドレーバらを温存し、ガブリエウ・バルボサが移籍後初スタメンを飾って、負傷していたメデルが約2カ月ぶりに戦列に復帰した。 ▽デストロを残して[4-5]の守備ブロックを形成するボローニャに対し、3トップに右からG・バルボサ、パラシオ、エデルと並べる[4-3-3]で臨んだインテルが、立ち上がりからボールを保持していく。 ▽しかし、最前線のパラシオに全くボールが入らず崩しきれずにいると、徐々にボローニャの反撃に遭う。なかなか攻撃のギアが上がらない中、23分に右サイドからカットインしたG・バルボサが枠内シュートをマーク。その後も攻めあぐねていたインテルだったが33分、ムリージョの華麗なゴールで先制する。右CKを得ると、クロスボールに反応したムリージョが美しいバイシクルシュートをゴール左に叩き込んだ。 ▽さらに39分、カウンターに転じたインテルは、右サイドからのジョアン・マリオの絶妙なアーリークロスを受けたパラシオがボックス右に侵入してゴール左へ冷静にシュートを流し込み、追加点を奪いきる。ところが43分、一瞬の隙を突かれてジェマイリに1点を返され、前半を2-1で終えた。 ▽迎えた後半、50分にジョアン・マリオが決定的なヘディングシュートを浴びせたインテルが良い入りを見せる。前半に思うようなプレーを見せられていなかったエデルが左サイドで起点となると、57分にそのエデルが左足で際どいミドルシュートを浴びせた。 ▽攻勢を続けるインテルは66分にショートカウンターからパラシオがGKを強襲するシュートを放つと、68分にもジョアン・マリオが決定的な枠内シュートを浴びせていく。ダメを押す3点目を奪いたいインテルは72分、G・バルボサとパラシオに代えてイカルディとカンドレーバを投入。 ▽しかし73分、ワンチャンスを決められる。左サイドからのマジーナの正確な鋭いクロスを、ドンサーにヘディングで合わせられ、2-2とされてしまった。 ▽圧倒しながらも痛恨の失点を喫したインテルはその後、動揺からか拙攻を続ける。結局、90分のうちに勝ち越しゴールを奪うことはできず、延長戦へ突入した。 ▽迎えた延長戦前半、インテルが押し込む流れが続くと、99分に勝ち越しゴールを奪う。イカルディの右サイドからのクロスをファーサイドで受けたカンドレーバが左足を振り抜くと、DFに当たったシュートがネットを揺らした。延長後半も危なげなく試合を進めたインテルが3-2で勝利。延長戦を制して準々決勝進出を決めた。 2017.01.18 07:33 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル長友佑都、コッパ・イタリアのボローニャ戦で先発か…伊紙予想

ジュゼッペ・メアッツァで17日に行われるコッパ・イタリア5回戦インテル対ボローニャ戦に日本代表のDF長友佑都が先発する可能性があると、イタリア紙『ラ・レプッブリカ』が報じている。<br><br>ステファノ・ピオリ監督率いるインテルにおいて、長友は序列を落としており、ベンチを温める日々が続いている。しかし、次戦となるボローニャ戦では、14日のキエーヴォ戦(3-1でインテルが勝利)での疲労を考慮し、これまで出番の少なかった控えメンバーが起用される見込みだ。守備陣では、長友とDFマルコ・アンドレオッリの先発が有力であると見られている。<br><br>インテルは開幕後、リーグ戦では大きく出遅れただけに、ピオリ監督はコッパ・イタリアに照準を当てている。「目標は決勝進出だ。この大会には力を入れたいので、次戦に向けてしっかり準備してきた」<br><br>長友には今冬の移籍市場で、サンプドリアやプレミアリーグのバーンリーも興味を示しているとされている。本人が希望するインテル残留へ向けて、次戦でピオリ監督の信頼を勝ち取ることができるか、注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.17 12:20 Tue
twitterfacebook
thumb

イカルディ妻、中国からのオファーを認めるも「インテルがマウロを手放すことはない」

▽インテルの元アルゼンチン代表マウロ・イカルディの妻であり代理人でもあるワンダ・ナラさんが、中国からのオファーが届いていたことを認めた。『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽イタリア『スカイ・スポーツ・イタリア』は先日、イカルディに対して、ファビオ・カンナバーロ監督が指揮を執る天津権建が昨年夏にボーナス含め年俸3000万ユーロ(現在のレートで約36億3400万円)という巨額のオファーを提示していた。しかしイカルディ自身がこのオファーを断ったと言われている。 ▽一部では天津権建が再びイカルディに対してオファーを提示するのではないかと言われている中で、ワンダ・ナラさんは具体名は明かさなかったものの現在も中国からオファーがあることを認めた。しかし、インテルがイカルディを手放すことはないだろうとしている。 「私の元には、中国から彼に対するオファーが入ってきているわ。でもイカルディは、インテルと新契約を結んでいる。彼自身もインテルでプレーできることに喜びを感じているのよ」 「マウロは、ネラッズーロのキャプテンとしてチームに留まるわ。そもそもインテルが彼を手放すことはない」 ▽なお、イカルディは昨年の10月にインテルとの契約を2021年まで延長している。一部では契約解除条項が1億1000万ユーロ(約133億2300万円)に設定してあると報じられている。 2017.01.17 11:14 Tue
twitterfacebook
thumb

インテル長友佑都、サイドバックの獲得候補としてサンプドリアの補強リスト入りか

インテルに所属する日本代表のDF長友佑都の獲得に、サンプドリアが興味を示していると、イタリアメディア『Sportal.it』が報じている。<br><br>サンプドリアは今冬の移籍市場で、DFペドロ・ペレイラが移籍する可能性があるほか、MFヤコポ・サーラの負傷の影響もあり、不足するサイドバックの獲得へ動いている。<br><br>これまでインテルのDFダビデ・サントンの獲得に興味を示しているとされていたが、公式なオファーは届いていないとの報道もある。一方で、長友の名前も挙がっているという。<br><br>ステファノ・ピオリ監督率いるインテルにおいて、長友は序列を落としており、14日に行われたキエーボ戦(3-1でインテルが勝利)でも出番は訪れなかった。<br><br>長友には、プレミアリーグのバーンリーも獲得に興味を示しているとされるが、本人はインテルへの残留を希望しているという。<br><br>提供:goal.com 2017.01.16 13:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ガリアルディーニ即デビューのインテル、攻め続けて逆転勝利! 連勝を5に伸ばす《セリエA》

▽インテルは14日、セリエA第20節で本拠地ジュゼッペ・メアッツァにキエーボを迎え、3-1で逆転勝利した。インテルのDF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節ウディネーゼ戦を苦戦しながらも2-1と逆転勝利して4連勝とした7位インテル(勝ち点33)は、ブロゾビッチの出場停止を受けて、3日前に獲得したばかりの新戦力ガリアルディーニを早速スタメンで起用した。 ▽リーグ戦2連敗中の10位キエーボ(勝ち点25)に対し、インテルはガリアルディーニを2ボランチの一角に配し、2列目に右からカンドレーバ、ジョアン・マリオ、ペリシッチと並べる[4-2-3-1]を採用。 ▽積極的な入りを見せてキエーボにプレッシャーをかけると、12分に決定機を演出する。ガリアルディーニのパスを受けた左サイドゴールライン際のアンサルディのクロスにイカルディがヘッド。しかし、枠の左に外れた。その後も仕掛けるインテルは、18分にガリアルディーニのミドルシュートでGKソレンティーノを強襲。 ▽圧倒し続けるインテルは、29分にカンドレーバの強烈なミドルシュートが枠を捉えたものの、GKソレンティーノの好守に阻まれる。すると34分、ビルサの右CKからペリッシエルにボレーで叩き込まれ、先制を許してしまった。 ▽1チャンスを生かされたインテルだったが、ハーフタイムにかけても動揺することなく圧倒していく。鋭いサイド攻撃を仕掛け続けると、38分にガリアルディーニのヘディングシュートが左ポストを直撃した。さらに追加タイム1分、右CKからイカルディの放ったヘディングシュートはGKソレンティーノの守備範囲に飛び、前半を1点ビハインドで終えた。 ▽迎えた後半、キックオフ直後にペリッシエルに決定的なシュートを浴びたインテルだったが、GKハンダノビッチが好守で阻止。すると53分にダンブロージオの右クロスにペリシッチがヘディングシュート。ゴール至近距離からのシュートだったが、GKソレンティーノの正面を突いてしまった。 ▽ゴールが遠いインテルは60分、アンサルディに代えてエデルを投入し、3バックに変更。攻撃的な布陣として同点弾を目指し、直後にはエデルが直接FKでゴールに迫った。それでも69分、インテルが同点ゴールを奪う。右サイドからのカンドレーバのクロスにイカルディが左足を伸ばしてうまく合わせる難度の高いシュートをゴール左へ流し込んだ。 ▽同点に追いついて勢いに乗るインテルは終盤、ペリシッチやイカルディのカットインからのシュートで逆転ゴールに迫ると、86分に待望の得点を奪う。ペリシッチがドリブルを仕掛けてボックス左へ侵入。右足を振り抜いてGKソレンティーノを破った。さらに追加タイム3分にもエデルが続き、攻め続けたインテルが3-1で逆転勝利。連勝を5に伸ばしている。 2017.01.15 06:41 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース