長友フル出場のインテル、今季9度目のウノゼロで好調エンポリに辛勝し首位キープ《セリエA》2016.01.07 03:57 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽インテルは6日、セリエA第18節でエンポリのホームに乗り込み、1-0で辛勝して首位をキープした。インテルの長友は左サイドバックでフル出場している。

▽クリスマス休暇前に行われた2015年最終戦のラツィオ戦をメロの愚行もあって1-2で落としたインテルは、長友がリーグ戦4試合ぶりに先発となった。そして、メロの出場停止を受けて負傷明けのコンドグビアや、ブロゾビッチといった控え組がスタメンで起用された。

▽4連勝で2015年を締めくくった好調エンポリに対し、インテルはリャイッチとペリシッチを両翼に据える[4-3-3]で臨んだ。そのインテルは立ち上がり、エンポリに圧力をかけられながらも受け流すと、徐々にポゼッションを高めて敵陣へ進攻していく。

▽しかし17分、FKからマッカローネに枠内シュートを浴びるピンチを迎える。ここはGKハンダノビッチがセーブするも、24分にはジエリンスキのミドルシュートでゴールを脅かされてしまう。なかなか主導権を握りきれないインテルは、その後も機動力に優れたエンポリの2トップに揺さぶられると、37分にはビュヘルに枠内シュートを浴びてしまう。

▽イカルディがほとんどボールに触れず、エンポリ相手に劣勢を強いられていたインテルだったが、キャプテンが少ないチャンスを仕留める。ボックス左で縦へ仕掛けたペリシッチがクロスを供給すると、ニアサイドにポジションを取ったイカルディが合わせてネットを揺らした。

▽前半追加タイムのゴールで1点をリードして迎えた後半、インテルは47分にブロゾビッチのミドルシュートが枠を捉えたものの、52分にスルーパスを引き出したサポナーラにボックス内からのシュートを許してしまう。このピンチをGKハンダノビッチのセーブで凌いだインテルは、54分にブロゾビッチのループシュートで追加点に迫ったが、枠を捉えきれない。

▽一進一退の攻防となる中、64分にマッカローネとビュヘルに代えてリバヤとクローチェを投入したエンポリに対し、インテルは67分にコンドグビアが際どいミドルシュートを浴びせていく。72分にはサポナーラのスルーパスに反応したプッチャレッリをボックス内でムリージョが倒してしまったが、主審はノーファウルの判定を下す。

▽助かったインテルは、試合終盤にかけてエンポリの攻撃を自陣に引いて受け止めながら時間を進めていく。そして、エンポリの攻撃をシャットアウトしたインテルが今季9度目のウノゼロで辛勝し、首位をキープした。

コメント

関連ニュース

thumb

長友佑都がフル出場で今季初ゴール…インテルはアルゼンチンの名門エストゥディアンテスと1-1のドロー《プレシーズンマッチ》

▽インテルに所属する日本代表DF長友佑都が、プレシーズンで嬉しい今シーズン初ゴールで指揮官へのアピールに成功した。 ▽インテルは28日に行われた親善試合でアルゼンチンの名門エストゥディアンテスと対戦。長友は、24日に行われたインターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)2016米国・欧州ラウンドのパリ・サンジェルマン戦(1-3で敗戦)に引き続き先発出場した。 ▽ニューヨークで行われた試合を動かしたのはインテル。5分、スルーパスでボックス左に抜け出したパラシオが右足でグラウンダーのクロスを供給すると、中央のフェリペ・メロがスルーし、ファーサイドに詰めていた長友が冷静に左足で沈めた。 ▽しかし、1点のリードに成功したインテルは、前半終了間際の43分に追いつかれてしまい、そのまま1-1で試合終了。長友はフル出場を果たしたものの、チームの勝利に貢献することはできなかった。 2016.07.28 11:50 Thu
twitterfacebook
thumb

インテル会長、イカルディ放出を否定 「我々は売らない」

インテルは、エースを手放さないことを決めたようだ。エリック・トヒル会長が、FWマウロ・イカルディの放出を否定した。<br><br>イカルディは以前からアーセナルへの移籍が話題になっていた。最近では、FWゴンサロ・イグアインをユベントスに放出したナポリが獲得に動き出したことが伝えられている。<br><br>しかし、トヒル会長はエースの放出を否定。『インテル・チャンネル』で「イカルディは売らない」と明言し、こう続けた。<br><br>「ナポリからもオファーがあったが、我々は売らない。1年前にイカルディは契約を延長した。我々はファミリーだ。問題があれば、話し合うことができる。彼は我々のキャプテンであり、チームにとって重要な選手だ。我々は彼にとても満足している」<br><br>また、ロベルト・マンチーニ監督の続投も改めて強調している。<br><br>「マンチーニは我々の監督だ。ピッチでもそうだが、マネジメントとしても一緒に仕事をしている。私は彼の仕事ぶりをとても信じているんだ。ここでは我々が一緒に働いている」<br><br>提供:goal.com 2016.07.27 11:10 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル、カンドレーバ獲得に前進か ラツィオの要求額28億円オファーで歩み寄り

▽ラツィオに所属するイタリア代表MFアントニオ・カンドレーバ(29)は、インテル移籍に向かっているようだ。移籍市場に精通するジャーナリストであるジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が統括するイタリア『gianlucadimarzio.com』が報じた。 ▽カンドレーバに関しては、以前からインテルからの関心が伝えられてきた。しかし、移籍金を巡ってクラブ間の交渉が難航し、インテルが獲得レースから撤退した可能性が浮上していた。 ▽しかし、インテルとラツィオによるカンドレーバの移籍交渉は進展中のようだ。インテルがラツィオのクラウディオ・ロティート会長の要求額に匹敵するボーナス込みの移籍金2500万ユーロ(約28億8000万円)を提示したという。 ▽また、『gianlucadimarzio.com』は、インテルがカンドレーバを獲得できれば、補強の進まない状況に不満に抱えて辞任の可能性が浮上しているロベルト・マンチーニ監督を説得させることができるだろうと伝えている。 2016.07.27 10:05 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプール&インテル、ジョアン・マリオ獲得に失敗していた?

ユーロ2016を制したポルトガル代表メンバーの評判が上がっているようだ。ポルトガルのスポルティングに所属するMFジョアン・マリオに対して、インテルとリバプールがそれぞれオファーを出していたという。<br><br>同選手の父によると、スポルティングはこれらのオファーを断った。クラブは23歳のJ・マリオを高く評価しているようで、簡単に手放すつもりはないようだ。<br><br>『ディアリオ・デ・ノティシアス』が、J・マリオの父のコメントを伝えた。<br><br>「息子へのオファーは、直接私のところに来るわけではない。それは代理人やクラブの会長のところへ行く。ただ、インテルから3500万ユーロ+ボーナス1000万ユーロ、リバプールから4000万ユーロのオファーがあり、それを断ったことは知っている」<br><br>「特別なことはない。息子は、自分がプロであり、スポルティングとの契約があることを分かっている」<br><br>高額オファーを断った様子のスポルティング。いくらであればJ・マリオを手放すのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2016.07.27 09:10 Wed
twitterfacebook
thumb

サネッティ副会長「シメオネはいつかインテルを率いると想像できる」

インテルのハビエル・サネッティ副会長は、現アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督がいつかインテルを指揮することになると考えている。<br><br>シメオネ監督は、現役時代の古巣であるインテルにいつか監督として復帰したいという希望を公言している。サネッティ副会長は、インテルとアルゼンチン代表の元チームメートでもあるシメオネ監督について、アルゼンチン『ナシオン』のインタビューに次のように語った。<br><br>「チョロ(シメオネ)は、将来的にぜひインテルを指揮してみたいと言っていた。だが今は(ロベルト・)マンチーニが我々の監督であり、彼と彼の仕事を尊重したい」<br><br>「別の監督について話をしたいとは思わない。しかし、未来に目を向けるとすれば、インテルとシメオネが再会することになると想像できる」<br><br>ナポリなどへの移籍の可能性が取りざたされるFWマウロ・イカルディに関しては、残留を希望しながらも、プレー以外の面で話題となることに苦言も呈している。<br><br>「非常に若い選手だ。素晴らしいポテンシャルを持っており、まだまだ大きく成長することができる。プレーすることに集中するべきだよ」<br><br>「ここ数日色々と言われてはいるが、彼の意思はここに残ることにある。昨年契約を更改したところであり、キャプテンでもある。我々は彼に残ってほしいと思っているが、彼はインテルにいるということを理解しなければならない」<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.26 14:30 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース