長友フル出場のインテル、今季9度目のウノゼロで好調エンポリに辛勝し首位キープ《セリエA》2016.01.07 03:57 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽インテルは6日、セリエA第18節でエンポリのホームに乗り込み、1-0で辛勝して首位をキープした。インテルの長友は左サイドバックでフル出場している。

▽クリスマス休暇前に行われた2015年最終戦のラツィオ戦をメロの愚行もあって1-2で落としたインテルは、長友がリーグ戦4試合ぶりに先発となった。そして、メロの出場停止を受けて負傷明けのコンドグビアや、ブロゾビッチといった控え組がスタメンで起用された。

▽4連勝で2015年を締めくくった好調エンポリに対し、インテルはリャイッチとペリシッチを両翼に据える[4-3-3]で臨んだ。そのインテルは立ち上がり、エンポリに圧力をかけられながらも受け流すと、徐々にポゼッションを高めて敵陣へ進攻していく。

▽しかし17分、FKからマッカローネに枠内シュートを浴びるピンチを迎える。ここはGKハンダノビッチがセーブするも、24分にはジエリンスキのミドルシュートでゴールを脅かされてしまう。なかなか主導権を握りきれないインテルは、その後も機動力に優れたエンポリの2トップに揺さぶられると、37分にはビュヘルに枠内シュートを浴びてしまう。

▽イカルディがほとんどボールに触れず、エンポリ相手に劣勢を強いられていたインテルだったが、キャプテンが少ないチャンスを仕留める。ボックス左で縦へ仕掛けたペリシッチがクロスを供給すると、ニアサイドにポジションを取ったイカルディが合わせてネットを揺らした。

▽前半追加タイムのゴールで1点をリードして迎えた後半、インテルは47分にブロゾビッチのミドルシュートが枠を捉えたものの、52分にスルーパスを引き出したサポナーラにボックス内からのシュートを許してしまう。このピンチをGKハンダノビッチのセーブで凌いだインテルは、54分にブロゾビッチのループシュートで追加点に迫ったが、枠を捉えきれない。

▽一進一退の攻防となる中、64分にマッカローネとビュヘルに代えてリバヤとクローチェを投入したエンポリに対し、インテルは67分にコンドグビアが際どいミドルシュートを浴びせていく。72分にはサポナーラのスルーパスに反応したプッチャレッリをボックス内でムリージョが倒してしまったが、主審はノーファウルの判定を下す。

▽助かったインテルは、試合終盤にかけてエンポリの攻撃を自陣に引いて受け止めながら時間を進めていく。そして、エンポリの攻撃をシャットアウトしたインテルが今季9度目のウノゼロで辛勝し、首位をキープした。

コメント

関連ニュース

thumb

インテルの伊代表FW、ミラノでのお気に入りの料理は…「日本食が1番好き」

インテルに所属するイタリア代表FWエデルがイタリアでの食生活について、クラブの公式チャンネル『インテル・チャンネル』の番組内で明らかにした。<br><br>エデルはブラジル出身だが祖父母がイタリア人だった縁もあり、2015年にイタリア国籍を取得した。イタリアでは2005年からプレーを続けており、各地を転々とする中、様々なイタリア料理を嗜んできた。中でもお気に入りはカルボナーラだと明かしている。<br><br>「好きな料理はカルボナーラかな。自分でも作れるんだ。フロジノーネにいたときに作り方を教えてもらったんだ」<br><br>ローマ近郊のフロジノーネに在籍していた時に、名物のカルボナーラを習得したと自負している。このほか、トスカーナ州のエンポリでは、トスカーナ名物の豆料理やビーフステーキ、ブレシアでは馬肉料理、チェゼーナではロマーニャ名物のピアディーナ、ジェノヴァではジェノヴェーゼを好んで食べていた。<br><br>「ミラノでは? いろんな物を食べるよ。だけど日本料理が一番好きなんだ」<br><br>現在所属するインテルの本拠地ミラノでは、様々な料理を食べる機会がある中で、和食が1番のお気に入りのようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.25 00:55 Sat
twitterfacebook
thumb

インテル長友佑都、次節ローマ戦で先発出場の可能性…快足サラー封じの切り札か

インテルに所属する日本代表のDF長友佑都が、26日に行われるセリエA第26節インテル対ローマ戦で先発する可能性があると、イタリアメディア『Premium Sport』が報じている。<br><br>次戦はDFミランダが累積警告により出場停止となるほか、DFジェイソン・ムリージョが右太ももの違和感を訴えて練習を中断するハプニングに見舞われている。ステファノ・ピオリ監督がその対策を検討しているが、サイドバックでは、MFモハメド・サラー対策として、長友の先発が予想されている。<br><br>なお、インフルエンザにより戦列を離れていたMFジェフリー・コンドグビアは復帰が確実視されている。また若手を対象としたイタリア代表合宿を終えたMFロベルト・ガリアルディーニもチームに合流する見込みだ。<br><br>提供:goal.com 2017.02.24 18:30 Fri
twitterfacebook
thumb

元インテル監督が告白「ウルトラスと口論にディスコ…ピッチ外の問題に悩まされた」

元インテルの指揮官、フランク・デ・ブールが当時のチーム事情について、「サッカー以外のことで悩まされていた」と、イギリス紙『デイリー・メール』のインタビューで告白した。<br><br>オランダ人のデ・ブールは今シーズンから日本代表DF長友佑都が所属するインテルを指揮し、11月に解任された。当時は主将のFWマウロ・イカルディが「耐え難いほどだった。出場機会が少ない選手は不満をかなり溜め込んでいて、ゴール後の歓喜の輪にすら加わろうとしなかった」と証言するほど、チームの雰囲気が最悪だった。<br><br>「サッカーとは関係ないことで問題を抱えていた。エネルギーを使い果たした。ピッチで良い方向へ向かっているように見えるたびに、面倒なことが起きた。(マルセロ)ブロゾビッチはディスコに行って処分を受けたし、(マウロ)イカルディは本の事でウルトラスとケンカになった。3カ月が1年のように思えた」<br><br>また、デ・ブールは将来について「プレミアのクラブを指揮してみたいと思う」と語り、希望を明かしている。<br><br>提供:goal.com 2017.02.24 16:00 Fri
twitterfacebook
thumb

インテル長友佑都、チームでいじられキャラに定着…伊メディアが報道

インテルに所属する日本代表のDF長友佑都がチームの中でいじられキャラになっていると、イタリアメディア『PassioneInter.com』が報じている。<br><br>長友はこれまでも、元同僚で悪童として知られたFWアントニオ・カッサーノらからいじられ話題となってきた。カッサーノがインテルを去った後も、愛されるいじられキャラとしての地位を確立したようだ。<br><br>長友が20日、バールでポーズをとる写真をインスタグラムに掲載し、「Caff&egrave; time キメてみました笑」とコメントを書くと、すぐさまDFダニーロ・ダンブロージオとFWステファン・ヨベティッチが反応した。<br><br>ダンブロージオは「カッコイイ」とコメントを残したが、ヨベティッチは「僕らには返事もしてくれないね。インテルでプレーして22年も経つのに、まだ(イタリア語で)書けないのか(笑)」といじっている。<br><br>提供:goal.com 2017.02.21 12:25 Tue
twitterfacebook
thumb

インテル加入後初ゴールにガビゴル「永遠に忘れることはない」…「歴史を作る」と力強く宣言も

インテルのFWガブリエル・バルボサが加入後初ゴールを挙げ、試合後に喜びを語った。<br><br>インテルは19日、セリエA第25節でボローニャと対戦。74分から途中出場したガビゴルが81分にゴールを挙げ、それがそのまま決勝点となっている。昨夏に加わったガビゴルはインテルでの嬉しい公式戦初ゴールとなり、試合後ブラジル版『Goal』に喜びを語ってくれた。<br><br>「初ゴールの瞬間が訪れて、本当に嬉しい。チームも勝つことができたしね。ずっとこの瞬間を待っていたし、永遠に忘れることはないだろう」<br><br>「ここに来てからずっとハードワークを続けていた。インテルを助けられることはわかっているし、歴史を作りたい。これは新たな歴史の始まりに過ぎないよ」<br><br>辛勝で勝ち点3をつかんだインテルは4位に浮上。リーグ戦2連勝を達成している。<br><br>提供:goal.com 2017.02.20 09:10 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース