長友フル出場のインテル、今季9度目のウノゼロで好調エンポリに辛勝し首位キープ《セリエA》2016.01.07 03:57 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽インテルは6日、セリエA第18節でエンポリのホームに乗り込み、1-0で辛勝して首位をキープした。インテルの長友は左サイドバックでフル出場している。

▽クリスマス休暇前に行われた2015年最終戦のラツィオ戦をメロの愚行もあって1-2で落としたインテルは、長友がリーグ戦4試合ぶりに先発となった。そして、メロの出場停止を受けて負傷明けのコンドグビアや、ブロゾビッチといった控え組がスタメンで起用された。

▽4連勝で2015年を締めくくった好調エンポリに対し、インテルはリャイッチとペリシッチを両翼に据える[4-3-3]で臨んだ。そのインテルは立ち上がり、エンポリに圧力をかけられながらも受け流すと、徐々にポゼッションを高めて敵陣へ進攻していく。

▽しかし17分、FKからマッカローネに枠内シュートを浴びるピンチを迎える。ここはGKハンダノビッチがセーブするも、24分にはジエリンスキのミドルシュートでゴールを脅かされてしまう。なかなか主導権を握りきれないインテルは、その後も機動力に優れたエンポリの2トップに揺さぶられると、37分にはビュヘルに枠内シュートを浴びてしまう。

▽イカルディがほとんどボールに触れず、エンポリ相手に劣勢を強いられていたインテルだったが、キャプテンが少ないチャンスを仕留める。ボックス左で縦へ仕掛けたペリシッチがクロスを供給すると、ニアサイドにポジションを取ったイカルディが合わせてネットを揺らした。

▽前半追加タイムのゴールで1点をリードして迎えた後半、インテルは47分にブロゾビッチのミドルシュートが枠を捉えたものの、52分にスルーパスを引き出したサポナーラにボックス内からのシュートを許してしまう。このピンチをGKハンダノビッチのセーブで凌いだインテルは、54分にブロゾビッチのループシュートで追加点に迫ったが、枠を捉えきれない。

▽一進一退の攻防となる中、64分にマッカローネとビュヘルに代えてリバヤとクローチェを投入したエンポリに対し、インテルは67分にコンドグビアが際どいミドルシュートを浴びせていく。72分にはサポナーラのスルーパスに反応したプッチャレッリをボックス内でムリージョが倒してしまったが、主審はノーファウルの判定を下す。

▽助かったインテルは、試合終盤にかけてエンポリの攻撃を自陣に引いて受け止めながら時間を進めていく。そして、エンポリの攻撃をシャットアウトしたインテルが今季9度目のウノゼロで辛勝し、首位をキープした。

コメント

関連ニュース

thumb

インテル指揮官、EL連敗で怒りを露わに

▽インテルは29日、ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第2節でスパルタ・プラハとのアウェイゲームに臨み、1-3で敗れた。インテルを率いるフランク・デ・ブール監督が怒りを露わにした。 ▽開幕節を落としているだけに、敵地での一戦と言えども勝ち点3を持ち帰りたいインテルだったが、開始早々に失点するなど前半だけで2点失点。71分にFWロドリゴ・パラシオのゴールで1点を返すが、退場者も出たこともあり、さらに1点を奪われて1-3で敗れた。 ▽試合後会見に出席したF・デ・ブール監督は、以下のようにコメント。選手たちが「間違ったメンタリティ」を持って試合に臨んでいると述べた。クラブの公式サイトが伝えている。 「間違った姿勢で試合をスタートさせたのならば、戦術面を話し合う必要がある。しかし、大事なのは正しいメンタルをもっているかどうかだ。2失点目は、我々が相手にギフトしたもの。あのような失点は許されない」 「後半は少し良くなったが、私が見せたいインテルのプレーとしては不十分。その後のレッドカードも余計だ。それがより試合を難しくさせ、3-1にされた」 「我々は、相手にボールの主導権を与え過ぎている。それが続けば、今後の試合も難しくなる。改善しなければならない」 2016.09.30 09:15 Fri
twitterfacebook
thumb

インテルがまさかの連敗…イブラやトッティ活躍でユナイテッド&ローマが初勝利! 武藤がEL初ゴールを記録《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第2節が29日に行われた。 ▽48チームが12のグループに分かれてラウンド32進出を目指すELグループステージ。開幕節では優勝候補筆頭のマンチェスター・ユナイテッドとインテルが、いずれも黒星発進となる波乱の幕開けとなったが、今回の第2節では強豪が順当に勝ち点を伸ばした。 ▽初戦でフェイエノールト相手に苦杯を舐めたユナイテッドは、ホームでウクライナのゾズリャと対戦。ポグバやイブラヒモビッチ、ラッシュフォード、マタなどの主力を先発で起用したホームチームだったが、相手の組織的な守備に苦戦。それでも、69分に途中出場のルーニーのシュートミスを、イブラヒモビッチが泥臭く押し込んでようやく先制に成功。このリードを守り切ったユナイテッドが内容は伴わなかったものの、グループステージ初勝利を手にした。 ▽その他の強豪チームでは、2日前に40歳となったバンディエラ、トッティが3ゴールを演出する大活躍でローマがアストラに4-0で圧勝。また、フィオレンティーナは前半に退場者を出したカラバフを相手にババカルとサラテが2ゴールずつを決め、5-1で大勝した。 ▽その一方で、開幕節に続き屈辱を味わうことになったのはインテル。守護神ハンダノビッチ、ムリージョ、バネガ、カンドレーバ以外を控えメンバーで固めたインテルは、敵地でスパルタ・プラハと対戦。開始7分と25分にカドレツに続けてゴールを奪われたインテルは、後半にパラシオのゴールで1点を返すも、ラノッキアの退場直後に3点目を献上し、1-3の完敗。まさかの連敗となった。 ▽なお、毎年混戦傾向にあるグループステージで連勝に成功したのは、アポエル、ゼニト、アヤックス、シャフタール、FCクラスノダール、シャルケの6チームのみとなっている。 ▽グループステージに参戦している7人の日本人選手では、ケガのシャルケDF内田篤人、ベンチ外となったインテルDF長友佑都を除く5選手が出場。マインツFW武藤嘉紀はカバラ戦で2試合連続スタメンを飾り、前半にEL初ゴールを記録した。また、サウサンプトンDF吉田麻也、アストラMF瀬戸貴幸はフル出場を飾ったものの、共に勝ち点3を獲得できず。同じくヤング・ボーイズFW久保裕也、ザルツブルクMF南野拓実も出場機会を得たものの、チームは連敗となった。29日に行われたELグループステージ第2節の結果は以下のとおり。 ◆グループA マンチェスター・ユナイテッド 1-0 ゾリャ フェネルバフチェ 1-0 フェイエノールト ◆グループB アスタナ 0-0 ヤング・ボーイズ ※FW久保裕也は92分までプレー オリンピアコス 0-1 アポエル ◆グループC カバラ 2-3 マインツ ※FW武藤嘉紀は84分までプレーし、1ゴールを記録 サンテチェンヌ 1-1 アンデルレヒト ◆グループD ダンドーク 1-0 マッカビ・テルアビブ ゼニト 5-0 AZ ◆グループE ローマ 4-0 アストラ ※MF瀬戸貴幸はフル出場 オーストリア・ウィーン 0-0 ビクトリア・プルゼニ ◆グループF ビルバオ 1-0 ラピド・ウィーン ゲンク 3-1 サッスオーロ ◆グループG アヤックス 1-0 スタンダール・リエージュ セルタ 2-0 パナシナイコス ◆グループH ヘント 2-0 コンヤシュポル シャフタール 2-0 ブラガ ◆グループI シャルケ 3-1 ザルツブルク ※DF内田はケガのためベンチ外 ※MF南野は65分からプレー FCクラスノダール 5-2 ニース ◆グループJ フィオレンティーナ 5-1 カラバフ リベレツ 1-2 PAOK ◆グループK スパルタ・プラハ 3-1 インテル ※DF長友佑都はベンチ外 ハポエル・ベエルシェバ 0-0 サウサンプトン ※DF吉田麻也はフル出場 ◆グループL ステアウア・ブカレスト 1-1 ビジャレアル チューリッヒ 2-1 オスマンルシュポル 2016.09.30 06:37 Fri
twitterfacebook
thumb

長友ベンチ外のインテル、スパルタ・プラハに3失点完敗で2連敗スタート《EL》

▽インテルは29日、ヨーロッパリーグ(EL)・グループK第2節でスパルタ・プラハとのアウェイ戦に臨み、1-3で完敗した。インテルの長友はベンチ入りしなかった。 ▽初戦のハポエル・ベエルシェバ戦をホームで落としたインテルは、その後のセリエAでは2勝1分けと好結果を残した。そして、1-1で引き分けた直近のボローニャ戦のスタメンから6選手を変更。イカルディやペリシッチ、メデルにミランダといった主力がベンチスタートとなった。 ▽3トップに右からカンドレーバ、パラシオ、エデル、中盤アンカーにメロ、前方右にバネガ、左にニュクリと並べる[4-3-3]で臨んだインテルが、不安定な立ち上がりを見せると7分に失点する。ラノッキアのフィードミスから最後はボックス内への侵入を許したV・カドレツにシュートを決められ、先制されてしまう。 ▽その後も最前線のパラシオにボールが入らず攻撃の形を作れないインテルは25分、FKのクイックリスタートからV・カドレツにボックス右へ抜け出されて、GKハンダノビッチとの一対一を決められてしまった。ハーフタイムにかけても良いところのないインテルは2点ビハインドのまま前半を終えた。 ▽開始1分にサイドを突破されてカラバエフに決定的なシュートを浴びたインテルは、56分にダンブロージオに代えてアンサルディを投入。主力をさらに温存して週末に控えるローマ戦を見据える。 ▽62分にようやくパラシオがボックス左に侵入してゴールに近づいたインテルは、70分にイカルディを投入。すると直後、イカルディのポストプレーを起点にエデルのラストパスを受けたパラシオがシュートを決めて1点を返す。 ▽しかし75分、ラノッキアがプルクラブと入れ替わったところで倒して2枚目のイエローカードを受け退場となってしまう。直後にFKの流れからホレクのヘディングシュートで失点したインテルは、そのまま1-3で完敗。EL2連敗スタートとなってしまった。 ▽グループKもう一試合のハポエル・ベエルシェバvsサウサンプトンはゴールレスドローに終わり、両チームが勝ち点を4に伸ばしている。 2016.09.30 04:08 Fri
twitterfacebook
thumb

インテルデビューのガビゴル「ファンに心を持っていかれた」

▽“ガビゴル”ことブラジル代表FWガブリエウ・バルボサが、待望のインテルデビューを喜んだ。 ▽今夏にサントスからインテル入りしたガブリエウ・バルボサは、25日に本拠地ジュゼッペ・メアッツァで行われたセリエA第6節のボローニャ戦にベンチ入り。74分にピッチインし、インテルデビューを果たした。 ▽試合後、ガブリエウ・バルボサは自身のツイッター(@gabigol)に動画インタビューをアップ。「ファンに心を持っていかれたよ。次プレーするのが待ち切れない」と述べるなど、興奮冷めやらぬ様子でデビュー戦を振り返った。 「もちろん、(ドローという)結果は僕が望んでものではない。だけど、デビューできて嬉しい。ファンに心を持っていかれたよ。素晴らしい瞬間だった。次プレーするのが待ち切れない」 「最初は少しナーバスになってしまっていたけど、最後の方は落ち着きを取り戻していた。インテルでのプレーは、僕にとってこれまでと異なる経験だ。けれど、早く馴染みたい。再びプレーするときは勝利したいね」 2016.09.26 10:45 Mon
twitterfacebook
thumb

G・バルボサがデビューもインテル引き分けで4連勝ならず《セリエA》

▽インテルは25日、セリエA第6節でボローニャとのホーム戦に臨み、1-1で引き分けた。インテルの長友はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節エンポリ戦をイカルディの4戦連発弾で快勝して3連勝としたインテルは、エンポリ戦のスタメンから3選手を変更。ムリージョとジョアン・マリオが欠場となってダンブロージオがベンチスタートとなった一方、出場停止明けのバネガ、ラノッキアとミアングの両バックアッパーがスタメンとなった。 ▽ヴェルディが3試合連続ゴール中で3勝2敗スタートのボローニャが球際へ鋭く寄せてきたこともあってインテルは序盤、ボールが落ち着かない状況を強いられる。なかなか最前線のイカルディにボールが入らず、攻撃の形を作れずにいると14分、失点してしまう。バイタルエリア右でヴェルディに粘られてラストパスを送られると、ボックス左のデストロにシュートを決められてしまった。 ▽ポゼッションを高めてサイドから攻撃を仕掛けるインテルは、25分にバネガのミドルシュートでGKを強襲する。しかし、流れが悪いことからF・デ・ブール監督は28分にコンドグビアに代えてニュクリを投入する荒治療を施す。すると37分、カンドレーバのロングフィードに反応したボックス左のペリシッチが左足ボレーで一閃。完璧に捉えたシュートがゴール右に決まり、同点とすることに成功した。 ▽続く40分にはイカルディの浮き球パスをボックス中央のカンドレーバがボレーシュート。綺麗に捉えたシュートだったがGKダ・コスタの好守に阻まれ、前半を1-1で終えた。 ▽後半も前半終盤の流れを受け、インテルが圧力をかける入りとなると、49分にボックス右からカンドレーバが枠内シュートを浴びせた。しかし、徐々に停滞したことを受け、F・デ・ブール監督は2枚目のカードを切る。65分、バネガに代えてエデルを投入した。 ▽それでもシュートに持ち込めないインテルは、79分にカンドレーバに代えてインテルデビューとなるガブリエウ・バルボサを右ウイングに投入して打開にかかる。しかし、終盤にかけてオープンな攻防となる中、86分にピンチ。ボックス右からジェマイリの強烈なシュートがGKハンダノビッチを強襲した。 ▽追加タイム5分には右サイドからのペリシッチのクロスにフリーとなったラノッキアがヘディングシュートを放つ大チャンスを迎えるも、枠を捉えきれずに1-1でタイムアップ。連勝が3でストップした。 2016.09.26 00:15 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース