終盤の1発に泣いたミランが5試合ぶりの黒星…2戦連続先発の本田は65分までプレー《セリエA》2016.01.07 01:10 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ミラン(6位/勝ち点28)は6日、セリエA第18節で本拠地サン・シーロにボローニャ(15位/勝ち点19)を迎え、0-1で敗れた。2試合連続で先発出場を果たした本田は、65分までプレーしている。

▽上位勢からやや遅れをとっているミランだが、現在は昨年11月のユベントス戦から2勝2分けの無敗を継続中。新年の初戦を白星で飾り、勢いをつけたいミハイロビッチ監督は、先のフロジノーネ戦からロマニョーリに代え、メクセスを先発起用するにとどめた。

▽本田を右サイドハーフに置いた[4-4-2]の布陣でスタートしたミランは、序盤こそ攻めあぐねる時間が続いたが、26分に決定機を演出。ボックス右でバッカからパスを受けた本田が角度のないところから折り返すと、これをGKミランテが弾く。こぼれ球に反応したニアンが右足のシュートを放つが、ここはGKミランテにブロックされてしまう。

▽さらに、ミランは40分、右サイドでボールを受けた本田がドリブル突破から中央へ切り込んで左足を一閃。この本田のシュートはゴール前のバッカに当り、こぼれ球をニアンが拾い、ボナヴェントゥーラが右足でゴールを狙う。しかし、ここもGKミランテのブロックに遭い、ネットを揺らせない。

▽前半の終了間際にかけてもペースを握ったミランはアディショナルタイム2分、アバーテのロングボールからゴール前のバッカに決定機。ワントラップからの右足のシュートが枠内を捉えたが、ここもGKミランテの牙城を打ち崩せず、ゴールレスでハーフタイムを迎えることになった。

▽後半もアグレッシブな入りを見せたミランは55分、カウンターからベルトラッチがドリブルで持ち上がると、前線のニアンへパスを供給。ニアンがボックス手前から右足のシュートを放ったが、ここは枠の左へ外れてしまう。

▽さらに56分には、デ・シリオとのパス交換でボックス左に侵攻したベルトラッチの折り返しから、ミランがシュートチャンスを演出。GKミランテが弾いたベルトラッチの折り返しをニアンが右足で押し込みにかかるも、枠の右上に外れてしまった。

▽なかなかゴールマウスをこじ開けられないミランは65分、本田を下げてチェルチを投入。さらに、78分にはニアンを下げてルイス・アドリアーノをピッチに送り込み、攻撃の活性化を図る。ところが82分、ボローニャは右サイドのムニエが入れたクロスから、ボックス左のジャッケリーニにワントラップからの右足シュートを決められてしまう。

▽終盤に先制を許したミランは最後まで攻勢を強めたが、本田やニアンをすでにベンチに下げていたこともあり、攻撃陣は停滞。下位に低迷するボローニャを相手に7シーズンぶりとなる黒星を喫したミランは、昨年11月のユベントス戦以来5試合ぶりの敗戦となった。ミランは10日に行われる次節、アウェイでローマと対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

ミラン、今度はモンテッラが有力候補に? 混迷極まる監督人事

ミランの新監督候補に、サンプドリアのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が浮上した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが報じている。<br><br>ミランは中国の企業グループとクラブ売却の交渉中で、結論が出るまで監督人事も決まらない。6月で契約が満了するクリスティアン・ブロッキ監督は、26日に退任の意向を伝えたとされる。セリエBのブレシアと交渉中のようだ。シルヴィオ・ベルルスコーニ名誉会長は、ブロッキ監督にしばらく待つように要請したと伝えられている。<br><br>ブロッキ監督とともに新シーズンの指揮官候補とされていたのが、元エンポリのマルコ・ジャンパオロ氏だ。だが報道によると、ここにきてモンテッラ監督が有力候補に浮上したという。ミランは以前から、攻撃的なサッカーでフィオレンティーナを躍進させた同監督への関心が報じられていた。<br><br>ミランは中国企業グループの意向を受け、元アヤックスのフランク・デ・ブール氏にも注目していると言われていたが、『ガゼッタ』によると同氏を招へいする可能性は下がっているとのこと。なお、モンテッラ監督がミランに向かう場合、サンプドリアは後任にジャンパオロ氏を招く考えという。<br><br>来週には新シーズンに向けてチームが集合し始めるミランだが、指揮官がいまだ決まらないという混迷が続いている。<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.27 22:29 Mon
twitterfacebook
thumb

ブロッキ、ミランに見切り 身売り交渉の決着前に退団、2部の監督就任へ

クラブの買収話が決着をみる前に、クリスティアン・ブロッキ監督はミランを去る決意を固めたようだ。セリエBのブレシアと契約を結ぶために、上層部に連絡を入れたという。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。<br><br>シーズン途中にシニシャ・ミハイロビッチ氏の後を継ぎ、ユースから昇格してミランのトップチームを率いたブロッキ監督だが、セリエAを7位で終え、ヨーロッパリーグ出場権を逃した。<br><br>それでも、シルヴィオ・ベルルスコーニ名誉会長は自身が口説いたブロッキ監督を称賛し、クラブを売却しない場合は続投させると話してきた。だが、ベルルスコーニ氏は中国の企業グループと身売り交渉しており、買収が実現すれば、ブロッキ監督は契約満了で退任となる見込みだった。<br><br>身売り交渉はまだ続いており、7月7日ごろに結論が出ると言われている。だが、ブロッキ監督はいずれにしてもミランを出て新たな挑戦に臨むことを決めたようだ。報道によると、ブロッキ監督はベルルスコーニ氏に連絡を入れ、ブレシアと契約するために&ldquo;解放&rdquo;してくれと要請したそうだ。<br><br>ブロッキ監督は、ミランには仕事を続けるだけの理想的な条件がそろっていないと考え、セリエBを戦うブレシアでやり直す考えという。『ガゼッタ』によると、ブレシアとはすでに合意しているそうだ。ベルルスコーニ氏が認めれば、ブロッキ監督はブレシアの指揮官に就任するという。<br><br>ペスカーラからFWジャンルか・ラパドゥーラを獲得したものの、身売り交渉の影響から指揮官が決まらず、新シーズンに向けて出遅れが指摘されるミラン。ブロッキ監督のほかに、マルコ・ジャンパオロ氏やフランク・デ・ブール氏らが新監督候補と言われているが&hellip;?<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.26 23:31 Sun
twitterfacebook
thumb

ミラン、七夕に身売りが決定? 80%の株式売却契約にサインか

ミランのクラブ売却交渉は、7月7日に契約書への署名を迎えるという。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が報じた。<br><br>ミランは中国の企業グループとクラブの売却について交渉している。だが、シルヴィオ・ベルルスコーニ名誉会長が心臓の手術を受けたこともあり、交渉期限が延期となっているところだ。<br><br>だが『コッリエレ』によると、両者は7月7日にサインをかわすという。これまでは株式の70%の買収について交渉していたが、この割合が80%に増えるとのことだ。中国サイドはその後1年半をかけて残りの20%の株式も取得するという。<br><br>報道によると、その後の「クロージング」までは45~60日を要する見込み。だが、FWステファン・エル・シャーラウィをローマに完全売却し、FWジャンルカ・ラパドゥーラを獲得したように、マーケットでの動きはその間も続いていくとみられている。<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.25 23:59 Sat
twitterfacebook
thumb

ミラン、セリエB得点王のラパドゥーラが完全移籍で加入! 2021年までの5年契約にサイン

▽ミランは24日、ペスカーラからイタリア人FWジャンルカ・ラパドゥーラ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの5年契約となる。 ▽ミランへの加入が決定したラパドゥーラは、クラブの公式サイトで名門加入の喜びを語っている。 「僕たちは互いに求め合っていたから、本当に嬉しいよ。ベルルスコーニ会長とガッリアーニCEOに感謝を示したい。そして。会長が早く快復することを願っている」 「また、クローゼを見本とするようにと、僕を1年間指導してくれたマッシモ・オッド監督、ペスカーラの人々に感謝したい。彼らは僕の移籍がスムーズに進むように取り計らってくれた。今週はミランでの手続きや結婚式も控えているから、とても忙しい1週間となるよ」 ▽これまで下部リーグのクラブを渡り歩いてきたラパドゥーラは、2015年にペスカーラに加入。今シーズンは、セリエBの舞台で卓越した得点力を発揮し、40試合出場で27ゴールを記録し、得点王に輝いた。また、セリエA昇格プレーオフでは、4試合で3ゴールを挙げて同クラブのセリエA昇格の立役者となった。 ▽なお、ラパドゥーラにはレスター・シティやユベントス、ナポリといったクラブが獲得に動いていたものの、ミランが900万ユーロ(約10億1000万円)前後といわれる移籍金で争奪戦を制した。 2016.06.25 00:16 Sat
twitterfacebook
thumb

ミラン、セリエB得点王を獲得へ ラパドゥーラが加入に向けメディカルチェック

復活を目指すミランに、期待の新戦力が加わることになりそうだ。ペスカーラFWジャンルカ・ラパドゥーラ(26)が加入に向けてメディカルチェックを受けていることが発表された。<br><br>これまでセリエAでの出場経験はなく、セリエBでの経験すらわずかだったラパドゥーラだが、2015-16シーズンに大きく飛躍。セリエB得点王に輝く活躍で、ペスカーラをセリエA復帰へと導いた。<br><br>5月にはプレミアリーグ王者となったレスター・シティのクラウディオ・ラニエリ監督が関心を認め、日本代表FW岡崎慎司のライバルとなる可能性も取りざたされていた。ほかにナポリなどの関心も伝えられていたが、来季はMF本田圭佑のチームメートとしてプレーする可能性が高くなった。<br><br>ミランは24日朝に公式サイトで、「ジャンルカ・ラパドゥーラは9時15分にミラノのラ・マドンニーナ病院に到着し、メディカルチェックを開始した」と簡潔に伝えている。メディカルチェックを無事に済ませれば、ミランと正式に契約を交わすことが見込まれる。<br><br> <br>提供:goal.com 2016.06.24 17:30 Fri
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース