超ワールドサッカー

終盤の1発に泣いたミランが5試合ぶりの黒星…2戦連続先発の本田は65分までプレー《セリエA》2016.01.07 01:10 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ミラン(6位/勝ち点28)は6日、セリエA第18節で本拠地サン・シーロにボローニャ(15位/勝ち点19)を迎え、0-1で敗れた。2試合連続で先発出場を果たした本田は、65分までプレーしている。

▽上位勢からやや遅れをとっているミランだが、現在は昨年11月のユベントス戦から2勝2分けの無敗を継続中。新年の初戦を白星で飾り、勢いをつけたいミハイロビッチ監督は、先のフロジノーネ戦からロマニョーリに代え、メクセスを先発起用するにとどめた。

▽本田を右サイドハーフに置いた[4-4-2]の布陣でスタートしたミランは、序盤こそ攻めあぐねる時間が続いたが、26分に決定機を演出。ボックス右でバッカからパスを受けた本田が角度のないところから折り返すと、これをGKミランテが弾く。こぼれ球に反応したニアンが右足のシュートを放つが、ここはGKミランテにブロックされてしまう。

▽さらに、ミランは40分、右サイドでボールを受けた本田がドリブル突破から中央へ切り込んで左足を一閃。この本田のシュートはゴール前のバッカに当り、こぼれ球をニアンが拾い、ボナヴェントゥーラが右足でゴールを狙う。しかし、ここもGKミランテのブロックに遭い、ネットを揺らせない。

▽前半の終了間際にかけてもペースを握ったミランはアディショナルタイム2分、アバーテのロングボールからゴール前のバッカに決定機。ワントラップからの右足のシュートが枠内を捉えたが、ここもGKミランテの牙城を打ち崩せず、ゴールレスでハーフタイムを迎えることになった。

▽後半もアグレッシブな入りを見せたミランは55分、カウンターからベルトラッチがドリブルで持ち上がると、前線のニアンへパスを供給。ニアンがボックス手前から右足のシュートを放ったが、ここは枠の左へ外れてしまう。

▽さらに56分には、デ・シリオとのパス交換でボックス左に侵攻したベルトラッチの折り返しから、ミランがシュートチャンスを演出。GKミランテが弾いたベルトラッチの折り返しをニアンが右足で押し込みにかかるも、枠の右上に外れてしまった。

▽なかなかゴールマウスをこじ開けられないミランは65分、本田を下げてチェルチを投入。さらに、78分にはニアンを下げてルイス・アドリアーノをピッチに送り込み、攻撃の活性化を図る。ところが82分、ボローニャは右サイドのムニエが入れたクロスから、ボックス左のジャッケリーニにワントラップからの右足シュートを決められてしまう。

▽終盤に先制を許したミランは最後まで攻勢を強めたが、本田やニアンをすでにベンチに下げていたこともあり、攻撃陣は停滞。下位に低迷するボローニャを相手に7シーズンぶりとなる黒星を喫したミランは、昨年11月のユベントス戦以来5試合ぶりの敗戦となった。ミランは10日に行われる次節、アウェイでローマと対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

ミラン、名門復活の鍵はセスク?

▽復権を期するミランが、今夏のおけるトップターゲットをチェルシーに所属するスペイン代表MFセスク・ファブレガス(29)に設定したようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽ミランは、セリエA第33終了の現時点で17勝7分け9敗の勝ち点58で6位に位置。ヨーロッパリーグ出場圏内にさえも、達していない状況だ。 ▽そうした中、13日には中国資本へのクラブ売却が決定。今夏の補強予算として約1億3000万ユーロ(約150億円)の割り当てがあるとみられている。 ▽報道によれば、ミランは最初の補強選手としてセスクに関心。名門復活の新たなレジスタとして迎え入れる意向を示しているという。 ▽セスクは2014年夏にチェルシーに加入。在籍3年目の今シーズン序盤こそベンチを暖める日々が続いたが、徐々に輝きを取り戻し始め、プレミアリーグ24試合4ゴール8アシストをマークしている。 2017.04.29 14:36 Sat
twitterfacebook
thumb

ミラン本田圭佑の新天地はやはりMLSか…シアトル・サウンダース移籍説か再浮上

▽ミランに所属する日本代表FW本田圭佑(30)の新天地は、やはりメジャーリーグ・サッカー(MLS)なのかもしれない。イタリア『トゥットメルカート』が今夏のシアトル・サウンダース移籍を改めて報じている。 ▽本田は今シーズンのここまで、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の下で出場機会が減少。レギュラーポジションはおろか、プレー時間の確保にも苦しむ現況を受けて、以前から移籍の可能性こそ取り沙汰されてきたが、実現に至っていなかった。 ▽その本田を巡っては、これまでトッテナムやサンダーランドの他、MLSのロサンゼルス・ギャラクシーといったクラブ移籍の可能性が浮上。今年2月には、シアトル・サウンダーズ移籍間近とも伝えられていた。 2017.04.28 12:45 Fri
twitterfacebook
thumb

インテルが興味のユナイテッドDFダルミアン獲得レースにミランも参戦か

▽ミランとインテルの両ミラノ勢がマンチェスター・ユナイテッドのイタリア代表DFマッテオ・ダルミアン(27)の獲得に興味を抱いているようだ。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽ダルミアンの獲得に関しては、インテルがかねてより獲得に興味を示していたが、ここに来てミランも獲得に動くとのこと。どうやら、イタリア代表DFマッティア・デ・シリオが今夏に移籍する可能性が浮上したことが原因のようだ。 ▽ダルミアンは、2015年にトリノからユナイテッドへと移籍。しかし、今シーズンはジョゼ・モウリーニョ監督の下、プレミアリーグで12試合の出場に留まっており、イタリア代表でコンスタントにプレーするためにも移籍を望んでいるという。 ▽ミランは、ダルミアンが下部組織時代を過ごしたクラブでもあり、インテルより本人が希望する可能性もある。果たして、古巣なのか、同じ街のライバルなのか。ダルミアンの去就に注目だ。 2017.04.26 19:52 Wed
twitterfacebook
thumb

ミラン下部組織育ちの24歳デ・シリオが退団を希望?ユベントスが獲得に興味も

ミランのDFマッティア・デ・シリオが退団を検討していると、イタリアメディア『スカイスポーツ』が24日に報じている。<br><br>デ・シリオとの契約は2018年6月までと期限まで残り1年ほどになり、ミラン側は契約の更新へ向けて動いている。24日には、ミランのスポーツディレクターであるマッシミリアーノ・ミラベッリ氏がデ・シリオと面談を行い、選手の意向を確認した。ところがデ・シリオ本人は、他クラブからオファーがあった場合、移籍を希望していることを明らかにした。<br><br>デ・シリオには、ユヴェントスが数カ月前から獲得に興味を示している。昨年5月に行われたコッパ・イタリア決勝、ミランvsユベントス戦の席で、マッシミリアーノ・アッレグリはすれ違ったデ・シリオに対し、直接オファーを出したとも報じられている。<br><br>一方でサポーターとの確執もデ・シリオをミランから遠ざける要因となっている。23日のエンポリ戦(2-1でエンポリが勝利)では、デ・シリオが途中交代してピッチを去る際、厳しいブーイングが浴びせられた。試合終了後には、駐車場に現れたデ・シリオをサポーターが取り囲み一触即発の状態となる事態も発生した。<br><br>ユベントスはデ・シリオの獲得に1000万ユーロ(約12億円)前後のオファーを準備しているとも伝えられている。以前、生涯ミラン一筋を貫いたレジェンド、パオロ・マルディーニ氏を「目標としている」と話していたミラン生え抜きのデ・シリオだが、退団が現実的となるのか今後の動向は注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.26 05:42 Wed
twitterfacebook
thumb

ミラン指揮官、格下に取りこぼしを悔やむ…クロトーネ戦に向け選手の士気高める

23日のセリエA第33節で格下のエンポリと対戦するも1-2で敗れたことで、ミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は24日、選手を集めて熱く持論を語った。<br><br>シルヴィオ・ベルルスコーニ体制から中国資本の傘下に移行して初めての試合となった15日のミラノダービーでは、インテルに2点のリードを許す展開ながらも試合終了間際に劇的な同点ゴールを決めて引き分けに持ち込んだ。ヨーロッパリーグ(EL)出場権を賭けて戦うライバルから貴重な勝ち点1ポイントをもぎ取ったことで、ミランは勢いに乗っていたのだが、降格争いの最中の格下エンポリに2点を献上してしまう。後半、FWカルロス・バッカ、FWルーカス・オカンポスそしてリーグ戦で17試合ぶりとなるMF本田圭佑をピッチに送り込んで逆転を狙うも同点にすら届かず、3ポイントを取りこぼした。<br><br>モンテッラは次戦以降に向けて気を引き締めるべく、練習の前に選手を集めてミーティングを行った。エンポリ戦では残留に向けて必死にポイントの獲得を狙う相手に対し、誤った試合へのアプローチが見られた。EL出場権を逃さないためにも士気を高め試合に挑むよう指揮官は選手に奮起を求めた。<br><br>30日に行われる次節で対戦するクロトーネも現在18位と、残留圏内となる17位浮上を目指して全力で体当たりしてくるはずだ。エンポリ戦のような気の緩みは許されない。<br><br>提供:goal.com 2017.04.25 13:20 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース