終盤の1発に泣いたミランが5試合ぶりの黒星…2戦連続先発の本田は65分までプレー《セリエA》2016.01.07 01:10 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ミラン(6位/勝ち点28)は6日、セリエA第18節で本拠地サン・シーロにボローニャ(15位/勝ち点19)を迎え、0-1で敗れた。2試合連続で先発出場を果たした本田は、65分までプレーしている。

▽上位勢からやや遅れをとっているミランだが、現在は昨年11月のユベントス戦から2勝2分けの無敗を継続中。新年の初戦を白星で飾り、勢いをつけたいミハイロビッチ監督は、先のフロジノーネ戦からロマニョーリに代え、メクセスを先発起用するにとどめた。

▽本田を右サイドハーフに置いた[4-4-2]の布陣でスタートしたミランは、序盤こそ攻めあぐねる時間が続いたが、26分に決定機を演出。ボックス右でバッカからパスを受けた本田が角度のないところから折り返すと、これをGKミランテが弾く。こぼれ球に反応したニアンが右足のシュートを放つが、ここはGKミランテにブロックされてしまう。

▽さらに、ミランは40分、右サイドでボールを受けた本田がドリブル突破から中央へ切り込んで左足を一閃。この本田のシュートはゴール前のバッカに当り、こぼれ球をニアンが拾い、ボナヴェントゥーラが右足でゴールを狙う。しかし、ここもGKミランテのブロックに遭い、ネットを揺らせない。

▽前半の終了間際にかけてもペースを握ったミランはアディショナルタイム2分、アバーテのロングボールからゴール前のバッカに決定機。ワントラップからの右足のシュートが枠内を捉えたが、ここもGKミランテの牙城を打ち崩せず、ゴールレスでハーフタイムを迎えることになった。

▽後半もアグレッシブな入りを見せたミランは55分、カウンターからベルトラッチがドリブルで持ち上がると、前線のニアンへパスを供給。ニアンがボックス手前から右足のシュートを放ったが、ここは枠の左へ外れてしまう。

▽さらに56分には、デ・シリオとのパス交換でボックス左に侵攻したベルトラッチの折り返しから、ミランがシュートチャンスを演出。GKミランテが弾いたベルトラッチの折り返しをニアンが右足で押し込みにかかるも、枠の右上に外れてしまった。

▽なかなかゴールマウスをこじ開けられないミランは65分、本田を下げてチェルチを投入。さらに、78分にはニアンを下げてルイス・アドリアーノをピッチに送り込み、攻撃の活性化を図る。ところが82分、ボローニャは右サイドのムニエが入れたクロスから、ボックス左のジャッケリーニにワントラップからの右足シュートを決められてしまう。

▽終盤に先制を許したミランは最後まで攻勢を強めたが、本田やニアンをすでにベンチに下げていたこともあり、攻撃陣は停滞。下位に低迷するボローニャを相手に7シーズンぶりとなる黒星を喫したミランは、昨年11月のユベントス戦以来5試合ぶりの敗戦となった。ミランは10日に行われる次節、アウェイでローマと対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

そりゃ付いてくわ! キャプテン・ボヌッチの熱すぎる円陣が話題

▽イタリア代表DFレオナルド・ボヌッチが早くも強烈なキャプテンシーを発揮している。 ▽ユベントスで数々のトロフィー獲得に貢献したボヌッチは今夏、ミランに電撃移籍。その経験と闘争心からキャプテンを任され、ミラン復権への旗手として期待されている。 ▽そのミランは20日、セリエA開幕節でクロトーネと対戦し、3-0で快勝。ボヌッチはフル出場でチームの勝利に貢献した。 ▽この試合前、ボヌッチはチームメートとコーチ陣を集めて円陣を組み、全員に熱いスピーチを実施。その模様をミランの公式ツイッターが伝えた。 「これから新しい冒険が始まる。俺たちはどうやって乗り越えるんだ? 俺たちはミランの栄光の日々を取り戻すために全員で団結するんだ!」 「俺たちにはサパタがいる。ケシエがいる。スソがいる。マッラ(コーチ)もいる。カッチャ(コーチ)もいる。俺たちはソリッドなチームだ」 「俺たちは日に日に強くなれる。だが、もっと結束が必要だ! 全員で団結するんだ! 全員で団結してプレーしなければならない」 「全ての試合でチームとしてプレーしなければならない! チームのために戦い、チームのために勝つんだ! いくぞ!!」 ▽今夏に積極補強を敢行しているミランの中でも、やはりボヌッチの獲得は非常に大きな効果が期待できることをうかがわせるシーンと言えるだろう。 2017.08.21 17:15 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシーorミラン? オーバメヤン「今夏に退団する必要性を感じる」

▽ドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(27)が今夏の移籍の可能性を認めた。イギリス『エクスプレス』が報じた。 ▽オーバメヤンに関しては、今夏に中国のクラブやチェルシーからの関心が伝えられ、移籍の可能性が取りざたされてきた。それでも先日、オーバメヤンはドイツ『WELT』に対して、「僕にとってドルトムントは自宅のようなところだし、ここに留まる」と残留宣言をしたことが伝えられてきた。 ▽しかし、移籍市場閉鎖を前に、再び今夏の移籍の可能性を示唆したようだ。オーバメヤンは、『Radio Montecarlo Italy』に対して以下のように話したという。 「退団すべきかどうかまだ悩んでいる。クラブとファンは素晴らしいけど、成長のためには退団する必要性を感じる」 「自問自答し続けている。答えは出てない。考える時間が必要だけど、成長したければ今夏に去る必要があると思う」 「僕は27歳だから成長しなければならない。移籍するなら、レギュラーとしてプレーできるところだ」 ▽なお、オーバメヤンに関しては現在、古巣であるミランとの関連が伝えられている。 2017.08.21 16:31 Mon
twitterfacebook
thumb

ミラン、カリニッチ獲得へ 「NK」イニシャル付きの歓迎ツイート

▽フィオレンティーナに所属するクロアチア代表FWニコラ・カリニッチ(29)のミラン加入が決定的になった。 ▽ミランは20日、ツイッターを更新。「NK」のイニシャルとクロアチア国旗の絵文字と共に、「WELCOME TO MILAN」とのつぶやきを投稿した。「NK」のイニシャルとクロアチア国旗から推測すると、かねてより加入が噂されるカリニッチに宛てたものとみられる。 ▽今夏の積極補強が際立つミランは、新たなターゲットとして、昨シーズンのセリエA15得点を記録したカリニッチ獲得に向けた動きが伝えられてきた。渦中のカリニッチはフィオレンティーナの練習を欠席。20日に行われたセリエA開幕節のインテル戦もメンバーから外れている。 ▽なお、19日付けの『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、移籍金はレンタル料と買取金を合わせて2500万ユーロ(約32億1000万円)。21日にもミラン加入に向け、メディカルチェックを受けるとみられている。 2017.08.21 10:25 Mon
twitterfacebook
thumb

クトローネが全得点に絡む活躍でミランがVAR退場のクロトーネに快勝《セリエA》

▽ミランは20日、セリエA第1節でクロトーネとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。 ▽昨季6位のミランは今夏、中国資本となって大型補強を敢行。ヨーロッパリーグ(EL)・プレーオフ1stレグのシュケンディヤ戦では早速その効果が表れ、6-0と大勝した。EL出場を確実とした中、シュケンディヤ戦のスタメンから4選手を変更。アンドレ・シウバやモントリーボらがベンチスタートとなってR・ロドリゲスやムサッキオ、クトローネらがスタメンとなった。 ▽3トップに右からスソ、クトローネ、ボリーニと並べる[4-3-3]で臨んだミランは、開始3分にPKを獲得する。クトローネがボックス中央に抜け出しところをチェッケリーニに引っ張られて倒された。主審はイエローカードを提示していたが、ミラン陣営の抗議によってビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が適用され、一発レッドカードに判定が変わった。 ▽このPKをケシエがゴール左隅に決めて先制したミランは10人となったクロトーネを一方的に攻め立てていく。そして18分に突き放した。スソがゴールライン右から上げた右足でのクロスをニアサイドのクトローネがヘディングで流し込んだ。 ▽その後、21分のピンチをGKドンナルンマの好守で防いだミランは、24分に3点目を奪いきる。クトローネが浮き球パスに抜け出してマイナスに折り返したパスをボックス左のスソがゴール右にシュートを突き刺した。 ▽ハーフタイムにかけてもミランが敵陣でのプレーを続け、3点をリードしたまま前半を終えた。 ▽迎えた後半もハーフコートゲームを展開したミランは、61分にクトローネに代えてアンドレ・シウバを、68分にコンティに代えてアバーテを投入した。 ▽すると終盤の87分にはアンドレ・シウバの強烈なボレーシュートが枠を捉えたが、GKの正面を突いた。そして、試合終了間際の直接FKをドンナルンマが防いだミランが3-0で快勝。クトローネが全得点に絡む活躍を見せ、10人の相手を難なく下して快勝スタートとしている。 2017.08.21 05:57 Mon
twitterfacebook
thumb

ミランがウィルシャー獲得に名乗り…本人はプレミアでのプレーを希望との報道も

イタリアメディア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じたところによると、ミランがアーセナルに所属するMFジャック・ウィルシャーに関心を示しているようだ。<br><br>昨シーズン、ボーンマスへの期限付き移籍を経て、アーセナルに戻ったウィルシャー。しかし、現時点でウィルシャーはアーセナルのトップチームで出場機会が得られず、プレミア開幕週にはBチームの一員として下部リーグの公式戦に出場していた。<br><br>ウィルシャーはロシア・ワールドカップを前にイングランド代表への返り咲きを狙っているが、アーセナルではアピールの場がないことから、今夏の再移籍が有力視されている。<br><br>しかし、ミランからの関心についてウィルシャー本人は乗り気ではなく、イギリス国内でプレーする道を希望しているとの報道もある。<br><br>同選手にはミランのほか、アストン・ビラ、ウェストハム、ユベントス、サンプドリア、アンタルヤシュポルなども関心を示しているとされる。アーセナルとの契約は2018年6月までとなっており、ウィルシャーがどのような道を選ぶのか。移籍市場が閉幕する8月31日まで、いつ再移籍が決定してもおかしくない状況となっているようだ。<br><br>提供:goal.com 2017.08.20 11:35 Sun
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース