終盤の1発に泣いたミランが5試合ぶりの黒星…2戦連続先発の本田は65分までプレー《セリエA》2016.01.07 01:10 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ミラン(6位/勝ち点28)は6日、セリエA第18節で本拠地サン・シーロにボローニャ(15位/勝ち点19)を迎え、0-1で敗れた。2試合連続で先発出場を果たした本田は、65分までプレーしている。

▽上位勢からやや遅れをとっているミランだが、現在は昨年11月のユベントス戦から2勝2分けの無敗を継続中。新年の初戦を白星で飾り、勢いをつけたいミハイロビッチ監督は、先のフロジノーネ戦からロマニョーリに代え、メクセスを先発起用するにとどめた。

▽本田を右サイドハーフに置いた[4-4-2]の布陣でスタートしたミランは、序盤こそ攻めあぐねる時間が続いたが、26分に決定機を演出。ボックス右でバッカからパスを受けた本田が角度のないところから折り返すと、これをGKミランテが弾く。こぼれ球に反応したニアンが右足のシュートを放つが、ここはGKミランテにブロックされてしまう。

▽さらに、ミランは40分、右サイドでボールを受けた本田がドリブル突破から中央へ切り込んで左足を一閃。この本田のシュートはゴール前のバッカに当り、こぼれ球をニアンが拾い、ボナヴェントゥーラが右足でゴールを狙う。しかし、ここもGKミランテのブロックに遭い、ネットを揺らせない。

▽前半の終了間際にかけてもペースを握ったミランはアディショナルタイム2分、アバーテのロングボールからゴール前のバッカに決定機。ワントラップからの右足のシュートが枠内を捉えたが、ここもGKミランテの牙城を打ち崩せず、ゴールレスでハーフタイムを迎えることになった。

▽後半もアグレッシブな入りを見せたミランは55分、カウンターからベルトラッチがドリブルで持ち上がると、前線のニアンへパスを供給。ニアンがボックス手前から右足のシュートを放ったが、ここは枠の左へ外れてしまう。

▽さらに56分には、デ・シリオとのパス交換でボックス左に侵攻したベルトラッチの折り返しから、ミランがシュートチャンスを演出。GKミランテが弾いたベルトラッチの折り返しをニアンが右足で押し込みにかかるも、枠の右上に外れてしまった。

▽なかなかゴールマウスをこじ開けられないミランは65分、本田を下げてチェルチを投入。さらに、78分にはニアンを下げてルイス・アドリアーノをピッチに送り込み、攻撃の活性化を図る。ところが82分、ボローニャは右サイドのムニエが入れたクロスから、ボックス左のジャッケリーニにワントラップからの右足シュートを決められてしまう。

▽終盤に先制を許したミランは最後まで攻勢を強めたが、本田やニアンをすでにベンチに下げていたこともあり、攻撃陣は停滞。下位に低迷するボローニャを相手に7シーズンぶりとなる黒星を喫したミランは、昨年11月のユベントス戦以来5試合ぶりの敗戦となった。ミランは10日に行われる次節、アウェイでローマと対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

バイエルンvsミランのアンチェロッティ古巣対決は点を取り合うもPK戦の末ミランが勝利《ICC2016》

▽28日に行われたインターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)2016米国・欧州ラウンドのバイエルンvsミランは、3-3で90分を終了。PK戦の末、3-5でミランが勝利した。 ▽共に米国・欧州ラウンドの開幕ゲームとなるバイエルンとミラン。バイエルンはMFリベリやMFシャビ・アロンソ、MFラームなど主力が先発。ミランもMFモントリーボやDFアバーテ、GKドンナルンマなどが先発。FW本田圭佑はベンチスタートとなった。 ▽序盤から積極的な入りを見せたのはミラン。連続CKからゴールを目指すも、バイエルンの守備陣に跳ね返されて得点を奪えない。一方のバイエルンは14分、浮き球のパスにグリーンが反応してシュートを放つも、オフサイドの判定。ミランは15分、CKの流れから右サイドからのクロスを味方がすらし、最後はニアンが詰めるもオフサイドの判定でノーゴールとなった。 ▽19分、バイエルンはCKから決定機。バドシュトゥバーが頭で合わせるも、GKドンナルンマが好セーブで失点を免れる。さらに20分には後方からのクロスにハビ・マルティネスがヘッドで合わせるも、わずかに枠を外れる。 ▽互いに決定機を作りながらも精度を欠く中23分、相手のミスからニアンがボールをかっさらうと、そのままGKとの一対一を冷静に決めてミランが先制する。 ▽先制を許したバイエルンだったが29分、左サイドからのボックス内でパスを受けたリベリが、トラップからそのままシュート。これがゴール左隅に決まり、バイエルンが同点に追いつくと、38分にはボックス手前でパスを受けたアラバが反転から、左足一閃。これがゴール右隅へと決まり、バイエルンが前半のうちに逆転に成功した。 ▽バイエルン1点リードで迎えた後半、立ち上がりにミランがスコアを動かく。49分、右サイドからのクロスがゴール前で浮き球となると、ニアンの落としをベルトラッチが豪快に蹴り込み、ミランが同点に追いつく。 ▽51分にはボックス内右でパスを受けたスソがGKとの一対一でシュートを放つも、枠を越えていく。56分にはバイエルンが反撃。ボックス手前からシャビ・アロンソがミドルシュートで狙うも、わずかに枠を外れていく。 ▽それでも61分、ニアンのパスを受けたクツカが左足一閃。これが左隅に決まり、ミランが逆転に成功する。 ▽逆転したミランは、直後にスソに代えて本田を投入。本田は右ウイングに入った。追いつきたいバイエルンは72分、アラバが左サイドを仕掛けると、ボックス内でパスを受けたベルナトがシュートも、枠を大きく外す。対するミランは81分、右サイドで得たFKから本田がクロス。これをザネラートがヘッドで合わせるも、シュートはわずかに枠を越えていく。 ▽このままミランが勝利かと思われた90分、ミランはベルガラがファウルを犯しPKを献上。これをリベリが冷静に沈め、バイエルンが土壇場で同点に追いつく。アディショナルタイムはミランが再びFKからチャンスを得るも、ゴールならず。そのまま終了し3-3でPK戦に突入した。 ▽本田が最初のキッカーを務めたミランは、4人連続で成功。一方のバイエルンもラームから始まったキッカーは3人目までが成功したが、4人目のラフィーニャがドンナルンマにセーブされ失敗。ミランは5人目のボナヴェントゥーラがしっかり決め、3-5で勝利を収めた。 2016.07.28 12:30 Thu
twitterfacebook
thumb

PSG、バッカ獲得はなし エメリはマテュイディの残留を強調

パリ・サンジェルマン(PSG)のウナイ・エメリ監督が、フランス『レキップ』で選手の獲得・放出について意見を述べている。<br><br>PSGは昨季限りで契約満了となったFWズラタン・イブラヒモビッチがマンチェスター・ユナイテッドへ渡った。ストライカー獲得を必須とするなか、先日元オランダ代表パトリック・クライファート氏のスポーツディレクター就任が発表され、今後の動きが注目されている。<br><br>エメリ監督は「ビッグクラブに適した素晴らしい選手」をFWエディンソン・カバーニと一緒に2トップを組ませる考えを示した。だが、補強候補と噂されるミランFWカルロス・バッカに関してはDFマクスウェル、ダビド・ルイス、チアゴ・シウバ、MFルーカス・モウラと外国人登録枠が埋まっていることを理由に、獲得の可能性を除外している。<br><br>GKのポジションには4選手が控える。ケビン・トラップ、アルフォンス・アレオラ、サルバトーレ・シリグ、レミー・デシャンが定位置を争う状況だ。だがエメリ監督は問題ないと主張している。<br><br>「私は良いGKが2人いることを望んでいる。ナンバー1は欲していない。ナンバー2になれる選手が欲しいんだ」<br><br>「シリグは契約をあと2年残している。我々はそれを尊重する。彼は状況を理解している。我々とも話し合った。話を続けていくつもりだよ。その間、チームで問題なく練習をこなしてくれるはずだ」<br><br>MFブレーズ・マテュイディにはユベントス移籍の噂がある。ユナイテッド移籍に傾くMFポール・ポグバの後釜に、ユーベが狙っているとみられる。<br><br>「マテュイディは素晴らしい選手。我々の中盤には左利きの良い選手がたくさんいるね。中盤の選手が多く、移籍するチャンスがあると彼自身が考えたら...。私は彼の残留を願っているけれどね」<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.27 18:28 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ、「第4のFW探し」に次善の策 バッカを補強リストに加える

バルセロナはストライカー補強に向け、次善の策を用意している。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。<br><br>FWリオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールの控えを務められる「第4のFW」を探しているバルサは、その照準をアトレティコ・マドリーFWルシアーノ・ビエットに定めたかに見えた。獲得に向け、アトレティコに移籍金2200万ユーロを提示。しかし選手が出場機会の確保に不安を抱き、交渉が難航している模様だ。<br><br>そこで、バルサは補強リストに新たな名前を加えている。それはミランFWカルロス・バッカだ。バッカはバルサのルイス・エンリケ監督が求める2つの条件を満たしている。高い決定力と、リーガエスパニョーラでの経験である。<br><br>だがバッカを狙っているのはバルサだけではない。FWゴンサロ・イグアインが移籍に傾くナポリもコロンビア代表FWの状況を注視している。ナポリはすでに移籍金2000万ユーロ+選手譲渡という条件をミランに提示したものの、これは断られたと見られている。<br><br>ミランは昨年夏にセビージャからバッカを獲得。その際に支払った移籍金は3000万ユーロだとされる。同選手を放出するのであれば、相応額の移籍金を期待するのは当然だろう。<br><br>バッカは2013年から2015年まで在籍したセビージャで、公式戦108試合に出場して49得点をマークした。昨季はセリエAで18得点を記録。イグアイン(36)、ユベントスFWパウロ・ディバラ(19)に次いで得点ランク3位に入り、高い得点能力が健在であることを示している。<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.26 19:58 Tue
twitterfacebook
thumb

FW本田圭佑はミランの10番! ミランがICCに臨むメンバー&背番号を発表!《ICC》

▽日本代表FW本田圭佑が所属するミランは、プレシーズンマッチのメンバーと背番号を発表。本田は10番を背負って戦うようだ。 ▽ミランは、27日にバイエルン、30日にリバプール、8月3日にチェルシーとインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)で対戦。プレシーズンマッチに臨むメンバーに本田の名前も入り、背番号は「10」であることが発表された。 ▽その他、FWルイス・アドリアーノが昨シーズンの「9」から「87」に変更。また、FWエムバイェ・ニアンは「19」から「11」に、MFジョコモ・ボナヴェントゥーラは「28」からフィリップ・メクセスがつけていた「5」に変更となるなど、複数選手の背番号が変わっている。また、移籍が噂されているコロンビア代表FWカルロス・バッカはメンバー外となっている。ICCに臨むメンバーと背番号は以下のとおり。 GK 1.ディエゴ・ロペス 22.ガブリエウ 40.アレッサンドロ・リビエリ 99.ジャンルイジ・ドンナルンマ DF 13.アレッシオ・ロマニョーリ 20.イグナツィオ・アバーテ 29.ガブリエル・パレッタ 30.ジェルソン・ベルガラ 31.ルカ・アントネッリ 42.イバン・デ・サンティス 96.ダビデ・カラブリア 93.ロドリゴ・エリー MF 5.ジョコモ・ボナヴェントゥーラ 8.スソ 16.アンドレア・ポーリ 18.リッカルド・モントリーヴォ 33.ユライ・クツカ 43.マッティア・エル・ヒラリ 45.ニッコロ・ザネラート 91.アンドレア・ベルトラッチ FW 10.本田圭佑 11.エムバイェ・ニアン 32.アレッサンドロ・マトリ 44.ルカ・ヴィド 87.ルイス・アドリアーノ 2016.07.26 12:16 Tue
twitterfacebook
thumb

アルベロアがミランと1年契約で合意か、イタリア紙報じる

2015&minus;16シーズンまでレアル・マドリーに在籍したDFアルバロ・アルベロアは、どうやらミランに加わるようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。<br><br>先にレアルとの契約が終了したアルベロアだが、次にプレーするクラブはミランになることが濃厚となった。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、33歳の右サイドバックはミランとの交渉に臨み、1年契約を結ぶことで合意したという。同契約には1年の延長オプションも付いているようだ。<br><br>ミランはヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が経験豊富なアルベロアの獲得を求めた模様。レアル、リバプールなどでプレーした歴戦のDFは、初となるセリエAでの挑戦に臨む。<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.26 00:35 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース