終盤の1発に泣いたミランが5試合ぶりの黒星…2戦連続先発の本田は65分までプレー《セリエA》2016.01.07 01:10 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ミラン(6位/勝ち点28)は6日、セリエA第18節で本拠地サン・シーロにボローニャ(15位/勝ち点19)を迎え、0-1で敗れた。2試合連続で先発出場を果たした本田は、65分までプレーしている。

▽上位勢からやや遅れをとっているミランだが、現在は昨年11月のユベントス戦から2勝2分けの無敗を継続中。新年の初戦を白星で飾り、勢いをつけたいミハイロビッチ監督は、先のフロジノーネ戦からロマニョーリに代え、メクセスを先発起用するにとどめた。

▽本田を右サイドハーフに置いた[4-4-2]の布陣でスタートしたミランは、序盤こそ攻めあぐねる時間が続いたが、26分に決定機を演出。ボックス右でバッカからパスを受けた本田が角度のないところから折り返すと、これをGKミランテが弾く。こぼれ球に反応したニアンが右足のシュートを放つが、ここはGKミランテにブロックされてしまう。

▽さらに、ミランは40分、右サイドでボールを受けた本田がドリブル突破から中央へ切り込んで左足を一閃。この本田のシュートはゴール前のバッカに当り、こぼれ球をニアンが拾い、ボナヴェントゥーラが右足でゴールを狙う。しかし、ここもGKミランテのブロックに遭い、ネットを揺らせない。

▽前半の終了間際にかけてもペースを握ったミランはアディショナルタイム2分、アバーテのロングボールからゴール前のバッカに決定機。ワントラップからの右足のシュートが枠内を捉えたが、ここもGKミランテの牙城を打ち崩せず、ゴールレスでハーフタイムを迎えることになった。

▽後半もアグレッシブな入りを見せたミランは55分、カウンターからベルトラッチがドリブルで持ち上がると、前線のニアンへパスを供給。ニアンがボックス手前から右足のシュートを放ったが、ここは枠の左へ外れてしまう。

▽さらに56分には、デ・シリオとのパス交換でボックス左に侵攻したベルトラッチの折り返しから、ミランがシュートチャンスを演出。GKミランテが弾いたベルトラッチの折り返しをニアンが右足で押し込みにかかるも、枠の右上に外れてしまった。

▽なかなかゴールマウスをこじ開けられないミランは65分、本田を下げてチェルチを投入。さらに、78分にはニアンを下げてルイス・アドリアーノをピッチに送り込み、攻撃の活性化を図る。ところが82分、ボローニャは右サイドのムニエが入れたクロスから、ボックス左のジャッケリーニにワントラップからの右足シュートを決められてしまう。

▽終盤に先制を許したミランは最後まで攻勢を強めたが、本田やニアンをすでにベンチに下げていたこともあり、攻撃陣は停滞。下位に低迷するボローニャを相手に7シーズンぶりとなる黒星を喫したミランは、昨年11月のユベントス戦以来5試合ぶりの敗戦となった。ミランは10日に行われる次節、アウェイでローマと対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

レーティング:フィオレンティーナ 0-0 ミラン《セリエA》

▽セリエA第6節フィオレンティーナvsミランが25日に行われ、0-0で引き分けた。ミランの本田はベンチ入りしたが、出場機会はなかった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽フィオレンティーナ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160926_6_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 12 タタルサヌ 5.5 守備機会はほぼなかったが、1度良い飛び出しを見せた DF 40 トモビッチ 5.5 終了間際のタックルはPKと判定されても仕方ない。ただニアンをよく封じる 2 ゴンサロ・ロドリゲス 5.5 バッカに対して激しく当たる。後半序盤に交代 (→ヴェシーノ 5.5) 中盤を落ち着かせる 18 サルセド 6.0 対人の強さを見せてスソを試合から締め出した MF 10 ベルナルデスキ 5.5 何度かアクセントを付けるプレーもあったが、物足りない 5 バデリ 5.0 ミスパスが多くカウンターを浴びる要因に (→テージョ 5.5) アタッキングサードで違いを多少生んだ 6 C・サンチェス 5.5 ミスからバッカに決定機を1度許したが、ゴンサロ・ロドリゲスが退いた後は3バックの中央でそつなくプレー 31 ミリッチ 5.5 高い位置を取ってプレーも効果は薄かった FW 72 イリチッチ 5.5 8本連続PKを成功していたが痛恨の失敗。試合を難しくした (→ババカル -) 9 カリニッチ 5.5 パレッタの厳しい対応に手を焼く 20 ボルハ・バレロ 5.5 PK獲得。カリニッチをもう少しサポートしたかった 監督 パウロ・ソウザ 5.5 勝ちに行ったが、最後のクオリティが不足していた ▽ミラン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160926_8_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 99 ドンナルンマ 6.0 相変わらずの安定感でクリーンシート DF 96 カラブリア 5.0 PK献上。相手のミスに救われた。攻守に及第点以下のプレーぶり 29 パレッタ 6.0 カリニッチに対してハードな当たりを続けた 13 ロマニョーリ 6.0 的確なカバーリングを見せる 2 デ・シリオ 5.0 背後を取られてPK献上につながった。やや軽いプレーが目立った MF 33 クツカ 5.5 守備面で身体を張る 18 モントリーボ 5.5 古巣相手にそつなくボールを動かした 5 ボナヴェントゥーラ 5.5 一定のキープ力を前線で見せた (→アントネッリ -) FW 8 スソ 5.0 サルセドの前に消される 70 バッカ 5.5 ゴンサロ・ロドリゲスに潰されたが、常に一瞬の隙を狙っていた (→ルイス・アドリアーノ -) 11 ニアン 5.0 トモビッチを突破しきれず (→ロカテッリ 5.5) 無難に試合へ入った 監督 モンテッラ 5.5 古巣対戦。守備的な戦いで勝ち点1を持ち帰る ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! パレッタ(ミラン) ▽良いパフォーマンスを見せた選手は少なかったが、ミランの守備陣からハードな対応を続けていたパレッタを選出。 フィオレンティーナ 0-0 ミラン 2016.09.26 05:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ヴィオラvsミランは譲らずゴールレスドロー、本田は出場せず《セリエA》

▽セリエA第6節フィオレンティーナvsミランが25日に行われ、0-0で引き分けた。ミランの本田はベンチ入りしたが、出場機会はなかった。 ▽4日前に行われた前節ウディネーゼ戦をカリニッチとイリチッチを温存させたこともあって2-2と引き分けたフィオンレンティーナは、ここまで2勝1分け1敗。そのフィオンレンティーナはウディネーゼ戦のスタメンから3選手を変更。カリニッチとイリチッチが先発に戻った。 ▽一方、5日前に行われた前節ラツィオ戦をバッカの2試合連続ゴールなどで2連勝としたミランは、ここまで3勝2敗。そのミランはラツィオ戦と同じスタメンを送り出し、本田は引き続きベンチスタートとなった。 ▽2分にベルナルデスキ、5分にイリチッチが際どいミドルシュートを浴びせたフィオレンティーナが、徐々にポゼッションを高めていく展開で試合は推移。カウンターからバッカとニアンを走らせるミランに対し、フィオレンティーナは22分にPKを獲得する。 ▽右サイドのスペースを突いたイリチッチの折り返しをカリニッチはシュートミス。しかし、ルーズボールに反応したボルハ・バレロがボックス内でカラブリアに倒された。ところが、キッカーのイリチッチのシュートは右ポスト内側に当たって枠外に外れ、先制とはならない。前半半ば以降もフィオレンティーナがボールを保持する展開となったが、互いにシュートチャンスを作れず、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半立ち上がり、フィオレンティーナが圧力をかけていく。敵陣でボールを動かすフィオレンティーナは55分、ボックス右に侵入したカリニッチがGKドンナルンマを強襲。59分にディフェンスリーダーのゴンサロ・ロドリゲスが負傷の影響か交代となり、代わってヴェシーノが投入され、C・サンチェスが3バックの中央に入った。 ▽攻勢を続けるフィオレンティーナは66分にボックス右に侵入したボルハ・バレロの左足シュートが枠を捉えたが、GKドンナルンマの好守に阻まれた。73分にはバデリに代えてテージョを右ウイングに投入し、攻撃的な布陣とする。 ▽ボナヴェントゥーラに代えてアントネッリを入れ、守備重視の布陣に変更したミランに対し、フィオレンティーナは80分にボックス左からカリニッチが枠内シュートを放ったが、GKドンナルンマの守備範囲に飛ぶ。 ▽そんな中83分、ミランにビッグチャンス。右サイドからのクロスを受けたバッカがバイシクルシュート。しかし、わずかに枠の右に外れた。さらに追加タイム5分にもチャンスが訪れ、ルイス・アドリアーノがロングボールに抜け出してボックス内でトモビッチに倒されたが主審はノーファウルの判定を下し、勝ち点1を分け合う結果となった。 2016.09.26 05:44 Mon
twitterfacebook
thumb

エッシェン、豪州行き破談で引退決意か

▽かつてチェルシーや、レアル・マドリー、ミランなどでプレーした元ガーナ代表MFマイケル・エッシェン(33)が現役引退を決断したのかもしれない。オーストラリア『The Sydney Morning Herald』が伝えた。 ▽昨シーズンまでプレーしていたパナシナイコスとの契約を解除したエッシェンは現在フリー。先日には友人に対して、オーストラリアリーグのクラブに移籍できなければ引退すると漏らしたと報道されていた。 ▽そんな中、『The Sydney Morning Herald』はメルボルン・ビクトリーの広報が「クラブは、マイケルと彼の代理人と会談していたが、個人的な問題で、選手自身がメルボルンに移籍しないことを決めた」と述べたとし、交渉が決裂したと伝えている。 2016.09.24 12:15 Sat
twitterfacebook
thumb

【セリエA第6節プレビュー】ヴィオラvsミラン開催、ハートがローマと対戦

▽火曜と水曜に行われた前節では、ユベントスが圧勝で勝利を取り戻して首位を奪還した一方、ナポリがジェノアに引き分けて2位に後退した。そして、ミラノ勢ではイタリア・ダービーを制したインテルが順当に勝利を収め、ミランがラツィオを下して2連勝としている。迎える第6節の注目カードは日曜に行われるフィオレンティーナvsミランだ。 ▽前々節は苦手ローマに約4年ぶりの勝利を飾ったフィオレンティーナだったが、水曜に行われた前節ウディネーゼ戦ではカリニッチとイリチッチを温存させたこともあって2-2と引き分けた。なかなか波に乗り切れない中、主力を投入してミランを叩きたい。 ▽一方、火曜に行われたラツィオ戦をバッカの2試合連続ゴールなどで連勝としたミランは、徐々にチームが固まってきた印象だ。その自信を確かなものとするためにもフィオレンティーナを下して3連勝としたいところ。古巣との対戦となるモンテッラ監督の采配に注目が集まる中、本田としては引き続き短い時間で結果を残すことが求められる。 ▽主力を投入してカリアリを粉砕したユベントスは、パレルモとのアウェイ戦に臨む。カリアリ戦ではインテル戦の敗戦を払拭すべく大半の選手が好パフォーマンスを発揮した中、ダニエウ・アウベスの移籍後初ゴールなどで快勝した。火曜日にチャンピオンズリーグ(CL)のディナモ・ザグレブ戦を控えるため、パレルモ戦はディバラやダニエウ・アウベスがベンチ予想となっているが、主力を一部温存した中、前節今季初勝利を挙げたパレルモを下して首位キープとなるか。 ▽好戦的な戦いを見せてきたジェノアに苦戦し、ゴールレスドローに終わったナポリは、キエーボとのホーム戦に臨む。こちらは水曜日にグループ最大のライバルと見られるCLベンフィカ戦を控える中、引き続き主力を投入して勝利を目指すようだ。連戦の疲労が溜まり始める中、カウンターに鋭さのあるキエーボ攻略となるか。 ▽イタリア・ダービー勝利で勢いに乗るインテルは、ボローニャとのホーム戦に臨む。前節エンポリ戦ではイカルディのリーグ戦4試合連続ゴールで快勝し、しっかり3連勝を飾った。攻守に機能性が増している中、ドナドーニ監督の下で組織的な守備を見せるボローニャを下して更なる自信を手にしたい。 ▽最後に昇格組のクロトーネを難なく撃破して3勝1分け1敗スタートとしたローマは、ハートがゴールマウスを守るトリノとのアウェイ戦に臨む。ハート加入後のトリノは2分け1敗となっているが、うち2試合は無失点と堅守を誇っている。そのトリノ相手にリーグ屈指の攻撃力を誇るローマがどう対抗するかに注目だ。 <div style="text-align:left;font-size:x-small;">◆セリエA第6節 ▽9/24(土) 《25:00》 パレルモ vs ユベントス 《27:45》 ナポリ vs キエーボ ▽9/25(日) 《19:30》 トリノ vs ローマ 《22:00》 ジェノア vs ペスカーラ ラツィオ vs エンポリ サッスオーロ vs ウディネーゼ インテル vs ボローニャ 《27:45》 フィオレンティーナ vs ミラン ▽9/26(月) 《26:00》 クロトーネ vs アタランタ 《27:45》 カリアリ vs サンプドリア</div> 2016.09.24 12:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ミランがデパイに興味? 買い取りOP付きレンタルでの獲得を考慮か

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するオランダ代表FWメンフィス・デパイ(22)にミラン移籍の可能性が浮上した。イタリア『CalcioMercato.com』が報じた。 ▽デパイは、昨夏にPSVからユナイテッドに加入。しかし、オランダ代表時代の恩師であるルイス・ファン・ハール前監督の下でも本領を発揮できず、今シーズンもここまでジョゼ・モウリーニョ監督からの信頼も薄い。 ▽そこで、中国資本への売却が発表されたミランがデパイをリストアップ。ウィンガーの起用を好むヴィンチェンツォ・モンテッラ監督がデパイを評価しているようだ。 ▽伝えられるところによれば、ミランは来年1月に移籍金2800万ユーロ(約31億7000万円)の買い取りオプションが付随したレンタルでの引き入れを考慮しているという。 2016.09.24 11:45 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース