終盤の1発に泣いたミランが5試合ぶりの黒星…2戦連続先発の本田は65分までプレー《セリエA》2016.01.07 01:10 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ミラン(6位/勝ち点28)は6日、セリエA第18節で本拠地サン・シーロにボローニャ(15位/勝ち点19)を迎え、0-1で敗れた。2試合連続で先発出場を果たした本田は、65分までプレーしている。

▽上位勢からやや遅れをとっているミランだが、現在は昨年11月のユベントス戦から2勝2分けの無敗を継続中。新年の初戦を白星で飾り、勢いをつけたいミハイロビッチ監督は、先のフロジノーネ戦からロマニョーリに代え、メクセスを先発起用するにとどめた。

▽本田を右サイドハーフに置いた[4-4-2]の布陣でスタートしたミランは、序盤こそ攻めあぐねる時間が続いたが、26分に決定機を演出。ボックス右でバッカからパスを受けた本田が角度のないところから折り返すと、これをGKミランテが弾く。こぼれ球に反応したニアンが右足のシュートを放つが、ここはGKミランテにブロックされてしまう。

▽さらに、ミランは40分、右サイドでボールを受けた本田がドリブル突破から中央へ切り込んで左足を一閃。この本田のシュートはゴール前のバッカに当り、こぼれ球をニアンが拾い、ボナヴェントゥーラが右足でゴールを狙う。しかし、ここもGKミランテのブロックに遭い、ネットを揺らせない。

▽前半の終了間際にかけてもペースを握ったミランはアディショナルタイム2分、アバーテのロングボールからゴール前のバッカに決定機。ワントラップからの右足のシュートが枠内を捉えたが、ここもGKミランテの牙城を打ち崩せず、ゴールレスでハーフタイムを迎えることになった。

▽後半もアグレッシブな入りを見せたミランは55分、カウンターからベルトラッチがドリブルで持ち上がると、前線のニアンへパスを供給。ニアンがボックス手前から右足のシュートを放ったが、ここは枠の左へ外れてしまう。

▽さらに56分には、デ・シリオとのパス交換でボックス左に侵攻したベルトラッチの折り返しから、ミランがシュートチャンスを演出。GKミランテが弾いたベルトラッチの折り返しをニアンが右足で押し込みにかかるも、枠の右上に外れてしまった。

▽なかなかゴールマウスをこじ開けられないミランは65分、本田を下げてチェルチを投入。さらに、78分にはニアンを下げてルイス・アドリアーノをピッチに送り込み、攻撃の活性化を図る。ところが82分、ボローニャは右サイドのムニエが入れたクロスから、ボックス左のジャッケリーニにワントラップからの右足シュートを決められてしまう。

▽終盤に先制を許したミランは最後まで攻勢を強めたが、本田やニアンをすでにベンチに下げていたこともあり、攻撃陣は停滞。下位に低迷するボローニャを相手に7シーズンぶりとなる黒星を喫したミランは、昨年11月のユベントス戦以来5試合ぶりの敗戦となった。ミランは10日に行われる次節、アウェイでローマと対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

【セリエA第16節プレビュー】ローマとミランによる2位対決、トリノ・ダービー開催

▽前節行われたローマ・ダービーはローマが制し、絶好調アタランタを下した首位ユベントスを4ポイント差で追走している。また、ミランも最下位クロトーネに辛勝した。迎える第16節の注目試合はローマとミランによる2位対決と、トリノvsユベントスのトリノ・ダービーだ。 ▽まずは月曜日に開催される勝ち点32で並ぶローマvsミランのビッグマッチから。前節ラツィオとのダービーマッチをサラーを欠く中、後半の2ゴールで勝利したローマは、木曜日に行われたヨーロッパリーグ(EL)のアストラ戦は既に首位通過が決まっていたためにゼコやナインゴランをベンチスタートとし温存。ストロートマンが出場停止となるが、万全の状態でミラン戦に挑み、次節のユベントス戦に向かいたい。 ▽一方、バッカやボナヴェントゥーラを欠く中、リーグ戦5試合ぶりの出場を果たした本田のFKからクロトーネに辛勝したミラン。ここ5試合で4勝と引き続き結果の出ているミランは、バッカの代役ラパドゥーラが2戦連続ゴールと好調を持続。3戦連発でチームを勝利に導けるか。冬の移籍市場を前に本田の更なるアピールにも期待したい。 ▽もう一つの注目試合は日曜日に行われるトリノvsユベントスのトリノ・ダービーだ。前節サンプドリアに敗れて連勝が4で止まった7位トリノ(勝ち点25)だが、ベロッティ、ファルケ、リャイッチのトリオはリーグ屈指。バックラインにケガ人を抱えるユベントス相手にトリノが誇る攻撃陣は躍動となるか。 ▽対するユベントスは絶好調アタランタに完勝して勝利を取り戻した。そして、水曜日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のディナモ・ザグレブ戦を2-0と勝利して首位通過を決めた。GKブッフォンやケディラ、キエッリーニ、アレックス・サンドロといった主力を温存し、ディバラが復帰した中、次節ローマ戦を前にダービーを制して更なる勢いに乗りたい。 ▽その他、前節インテルに完勝して火曜日に行われたCLではベンフィカを撃破し首位通過を果たした4位ナポリ(勝ち点28)は、11位カリアリ(勝ち点20)とのアウェイ戦を、10位インテル(勝ち点21)は、前々節ユベントスに完勝した11位ジェノア(勝ち点20)とのホーム戦に臨む。アンサルディが出場停止のため、長友は先発が予想されている。 ◆セリエA第16節 ▽12/10(土) 《26:00》 クロトーネ vs ペスカーラ 《28:45》 サンプドリア vs ラツィオ ▽12/11(日) 《20:30》 カリアリ vs ナポリ 《23:00》 アタランタ vs ウディネーゼ トリノ vs ユベントス パレルモ vs キエーボ ボローニャ vs エンポリ 《28:45》 インテル vs ジェノア ▽12/12(月) 《27:00》 フィオレンティーナ vs サッスオーロ 《29:00》 ローマ vs ミラン 2016.12.09 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

バッカのミラン残留が濃厚に…本田圭佑とL・アドリアーノ放出で資金を捻出へ

1月に移籍の可能性があると見られていたFWカルロス・バッカだが、ミランへ残留する可能性が高くなった。イタリアメディア『Premium Sport』が報じた。<br><br>13日に予定されていた中国資本への売却手続きが来年3月へと延期になり、1月の移籍市場では、バッカと日本代表のMF本田圭佑、MFホセ・ソサの3選手を放出することで、補強資金を捻出する可能性がこれまで報じられていた。<br><br>ところが一転、バッカのミラン残留が濃厚となったようだ。その裏には新オーナーとなるシノ・ヨーロッパの意向が絡んでいるという。中国系企業グループはバッカの放出に反対している。代わりにFWルイス・アドリアーノの退団の可能性が高くなったようだ。<br><br>L・アドリアーノには、スポルティング・リスボンが獲得に興味を示しているとされ、11月27日に行われたエンポリ戦を関係者が視察に訪れたとの情報もある。<br><br>ミランは中盤を補強ポイントとしており、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督がフィオレンティーナのMFミラン・バデリの獲得を希望している。その財源として充てるために、ルイス・アドリアーノに加え、同じく出場機会に恵まれていない本田を放出することになると記事は伝えている。<br><br>提供:goal.com 2016.12.09 12:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ミラン、1月移籍市場でニースの21歳MF獲得に向けて36億円を準備か

ミランがニースでFWマリオ・バロテッリの同僚の21歳MFヴァンサン・コジエロの獲得に向けて3000万ユーロを準備しているとフランスメディア『Mercato365』が報じた。<br><br>コジエロはニースの下部組織で育ち、昨シーズンは35試合に出場するなど、頭角を現した。私生活では理系高校を満点の成績で卒業し、現在も大学に在籍する秀才の好青年だという。<br><br>168センチと小柄な体格ながら、ファイトあるプレーを見せるセンターハーフだが、今シーズンは、同ポジションのMFレミ・ワルテルとMFウィラン・シプリアンに押し出され、リーグ戦での先発は6試合にとどまっている。<br><br>クラブが昨シーズンの活躍を評価したため、移籍金は3000万ユーロと決して安いとはいえないが、ミランはライバルに先んずるためにも支払いの準備を進めているという。<br><br>ミランのほかにインテルも興味を示しているとされており、コジエロ移籍の動向は注目されるところだ。<br><br>提供:goal.com 2016.12.07 12:40 Wed
twitterfacebook
thumb

本田圭佑らは残留? 退団? ミラン4選手の去就を問う国民投票をミラニスタが実施

日本代表のMF本田圭佑らミランに所属する4選手について5日、今後の去就を問う「国民投票」をミランのサポーター(ミラニスタ)がフェイスブック上で実施した。<br><br>イタリアでは4日に憲法改正を問う国民投票(反対派が勝利)が行われ、イタリア中を二分する論争を巻き起こった。反対多数の場合、辞任を表明していたマッテオ・レンツィ首相の事実上の信任投票となっていたが、ミラニスタもこれに便乗した形だ。<br><br>現在ミランは順位表で3位と好位置につけているものの、投票日と同日に行われた下位のクロトーネ相手に苦戦を強いられた。その矛先となったのが本田に加え、MFホセ・ソサ、DFマッティア・デ・シリオ、MFアンドレア・ポーリだ。<br><br>ミラニスタはその鬱憤を晴らすかのように、「ソサ、デ・シリオ、ポーリ、本田の信任を問う国民投票」と題し、フェイスブック上で投票を実施した。説明書きも添えられている。<br><br>「以上の選手について、これからもミランのユニフォームでプレーを続けて欲しいなら&rdquo;シー(はい)&rdquo;、ミラネッロからの追放を望むなら&rdquo;ノー(いいえ)&rdquo;を選択すること」<br><br>同様の投票がイタリアのミラン情報サイト『PianetaMilan』でも行われているが、いずれも退団を要望する声が多数を占めている。<br><br>提供:goal.com 2016.12.06 17:22 Tue
twitterfacebook
thumb

ミランの新星FWラパドゥーラは入団時、本田圭佑の背番号10を希望していた

ミランの新星、FWジャンルカ・ラパドゥーラが入団当時、背番号10を希望していたと、イタリアのサッカー番組『Tiki Taka』で明らかにした。<br><br>昨シーズンのセリエB得点王であるラパドゥーラは、今シーズンからミランに加入した。当初はレギュラーに君臨するコロンビア人FWカルロス・バッカの控えに甘んじていたが、先月末にバッカが負傷離脱すると、代わって先発した27日のエンポリ戦ではドッピエッタ(1試合2得点)、4日のクロトーネ戦でも1ゴールを決めてブレークした。<br><br>ミランのレジェンド、FWフィリッポ・インザーギ(現・ヴェネツィア監督)と同じ背番号9を背負うが、加入当初の希望は違った。<br><br>「実は10番が良かったんだけど、空いていなかったから&hellip;それで空きがあった9番に決めた」<br><br>背番号9については、ミランでは活躍できないとのジンクスがある。FWアレシャンドレ・パト、FWフェルナンド・トーレス、FWマッティア・デストロ、FWルイス・アドリアーノらが過去にミランでプレーしたが、本来の実力を発揮することができなかった。<br><br>直近2試合で3得点と絶好調のラパドゥーラだが、背番号9番の活躍はインザーギ以来となった。<br><br>「自分はジンクスを信じないタイプだ。チェゼーナで背番号9をつけていたときは調子が悪かったけど。9番は重要な背番号だし、このまま好調を維持していきたい」<br><br>「ミランの背番号9のジンクス」にも負けず、活躍を続けていくことを約束した。<br><br>提供:goal.com 2016.12.06 17:12 Tue
twitterfacebook
Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース