終盤の1発に泣いたミランが5試合ぶりの黒星…2戦連続先発の本田は65分までプレー《セリエA》2016.01.07 01:10 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ミラン(6位/勝ち点28)は6日、セリエA第18節で本拠地サン・シーロにボローニャ(15位/勝ち点19)を迎え、0-1で敗れた。2試合連続で先発出場を果たした本田は、65分までプレーしている。

▽上位勢からやや遅れをとっているミランだが、現在は昨年11月のユベントス戦から2勝2分けの無敗を継続中。新年の初戦を白星で飾り、勢いをつけたいミハイロビッチ監督は、先のフロジノーネ戦からロマニョーリに代え、メクセスを先発起用するにとどめた。

▽本田を右サイドハーフに置いた[4-4-2]の布陣でスタートしたミランは、序盤こそ攻めあぐねる時間が続いたが、26分に決定機を演出。ボックス右でバッカからパスを受けた本田が角度のないところから折り返すと、これをGKミランテが弾く。こぼれ球に反応したニアンが右足のシュートを放つが、ここはGKミランテにブロックされてしまう。

▽さらに、ミランは40分、右サイドでボールを受けた本田がドリブル突破から中央へ切り込んで左足を一閃。この本田のシュートはゴール前のバッカに当り、こぼれ球をニアンが拾い、ボナヴェントゥーラが右足でゴールを狙う。しかし、ここもGKミランテのブロックに遭い、ネットを揺らせない。

▽前半の終了間際にかけてもペースを握ったミランはアディショナルタイム2分、アバーテのロングボールからゴール前のバッカに決定機。ワントラップからの右足のシュートが枠内を捉えたが、ここもGKミランテの牙城を打ち崩せず、ゴールレスでハーフタイムを迎えることになった。

▽後半もアグレッシブな入りを見せたミランは55分、カウンターからベルトラッチがドリブルで持ち上がると、前線のニアンへパスを供給。ニアンがボックス手前から右足のシュートを放ったが、ここは枠の左へ外れてしまう。

▽さらに56分には、デ・シリオとのパス交換でボックス左に侵攻したベルトラッチの折り返しから、ミランがシュートチャンスを演出。GKミランテが弾いたベルトラッチの折り返しをニアンが右足で押し込みにかかるも、枠の右上に外れてしまった。

▽なかなかゴールマウスをこじ開けられないミランは65分、本田を下げてチェルチを投入。さらに、78分にはニアンを下げてルイス・アドリアーノをピッチに送り込み、攻撃の活性化を図る。ところが82分、ボローニャは右サイドのムニエが入れたクロスから、ボックス左のジャッケリーニにワントラップからの右足シュートを決められてしまう。

▽終盤に先制を許したミランは最後まで攻勢を強めたが、本田やニアンをすでにベンチに下げていたこともあり、攻撃陣は停滞。下位に低迷するボローニャを相手に7シーズンぶりとなる黒星を喫したミランは、昨年11月のユベントス戦以来5試合ぶりの敗戦となった。ミランは10日に行われる次節、アウェイでローマと対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

ニアンやる気なし、ミランサポーターが酷評「ガットゥーゾがいたらタダでは済まない」

16日に行われたセリエA第20節トリノ対ミラン戦(2-2)で、試合終盤から途中出場したFWエムバイェ・ニアンが、ミランのサポーターにSNSで酷評されている。<br><br>トリノ戦では2-2と同点の段階で、84分にMFジャコモ・ボナヴェントゥーラに代わってピッチに入った。勝ち越しを狙うミランにとって、疲労が見え始めた相手にはニアンのスピードが大きな武器になるとみられていた。しかし、ピッチに現れたニアンにはやる気が一切見えず、走っても90分近くプレーしている相手に追いつかれる始末だった。<br><br>当然ながら、ミランサポーターからも非難の声が上がった。ツイッターでは辛辣なコメントが並んでいる。<br><br>「僕がミランの幹部だったら、今夜にもニアンを売り払うよ。あの走りはなんだ? 馬鹿にしている」<br><br>「(ジェンナーロ・)ガットゥーゾみたいなチームメートがいたら、今夜は無事に帰れなかっただろうね」<br><br>「(イニャツィオ・)アバーテのクロスは完璧だったのに。たった一押しするだけもできないなんて。ウインガーならしっかりプレーを追ってろ」<br><br>「なぜニアンがこんなにやる気のない姿勢なのか誰か教えてくれ。恥ずべきだ」<br><br>普段は22歳の若手FWに期待を寄せ、擁護を続けるヴィンチェンツォ・モンテッラ監督も今回ばかりはお手上げのようだ。「彼のことはこれまで何度も称えてきたが、今日はそうはいかない」と苦言を呈している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.17 16:30 Tue
twitterfacebook
thumb

立ち上がりの悪さに落胆するモンテッラ「時間帯ごとにすべきことをわかっていない選手がいる」

▽ミランを率いるヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が、16日に行われたセリエA第20節のトリノ戦を振り返っている。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽アウェイでの一戦に臨んだミランは、前半に2失点を喫する展開となった。しかし後半は、55分にベルトラッチのゴールで1点差とすると、60分にはバッカがPKから同点ゴールを奪い、勝ち点1の獲得に成功している。 ▽試合後の会見に臨んだモンテッラ監督は、試合への入りの悪さを指摘。試合終盤で見せるようなプレーを立ち上がりからする必要があることを強調した。 「これまでのゲームでも度々見られた現象だ。選手の中には、試合中の時間帯ごとに何をしなければいけないかわかっていない者がいる。確かにトリノは立ち上がりから気持ちを見せていた。リードするに値するプレーを見せていたと思う」 「我々は75分から90分に良いプレーを見せたが、それを常に見せなければいけない。それはメンタル面の問題だと感じている。立ち上がりからそういったプレーを見せられるようにしなければいけない」 2017.01.17 10:00 Tue
twitterfacebook
thumb

前半の戦いぶりを嘆くベルトラッチ「あの2失点は平手打ちのようなものだった」

▽ミランのイタリア代表MFアンドレア・ベルトラッチが、16日に行われたセリエA第20節のトリノ戦を振り返っている。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽12日にはコッパ・イタリアでトリノと対戦したミラン。ホームで行われたカップ戦では2-1で勝利するも、アウェイで行われた今回のリーグ戦では前半に2点のリードを許す展開となった。しかし55分、ベルトラッチのゴールで点差を詰めると、60分にはバッカがPKを決めきり逆転こそできなかったものの2-2と追いついて試合を終えた。 ▽試合を振り返ったベルトラッチは、追いついた後半の戦いぶりに満足感を示す一方で、前半はミランらしくない戦いだったと強調。2失点を喫したことでチームが目を覚ました印象だったと打ち明けた。 「前半の戦いぶりはとてもミランとは思えないようなものだった。ハーフタイム後はやっと目を覚ますことができたね。本当に眠っているような試合の入りで、あの2つの失点はまさに平手打ちのようなものだったよ。あれで目を覚ますことができたけれど、最初の45分がとてももったいなかった」 「今日は僕らにとって重要な試合だったんだ。でもシーズンはまだまだ長い。今日の勝ち点を今後に活かすのは自分たち次第だね」 2017.01.17 09:53 Tue
twitterfacebook
thumb

ルイス・アドリアーノのスパルタク・モスクワ移籍が完了

▽ミランは16日、元ブラジル代表FWルイス・アドリアーノ(29)がスパルタク・モスクワに完全移籍することを発表した。 ▽イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は先日、すでにルイス・アドリアーノがスパルタク・モスクワのメディカルチェックを受けており、正式契約は秒読みの段階だと報じていた。 ▽移籍が決定したルイス・アドリアーノは、スパルタク・モスクワの公式サイト上で「このチームに加入することができて満足しているよ。僕はこの赤と白のユニフォームに全てを捧げる。多くのゴールを奪い、タイトルを獲得したい」と意気込みを語った。 ▽伝えられるところでは、今回の移籍金は100万ユーロ程度(約1億2000万円)と非常に安価なものとなっている。なお、ルイス・アドリアーノは2015年の夏にシャフタールから移籍金800万ユーロ(現在のレートで約9億6800万円)でミランに加入。公式戦36試合6ゴール4アシストと目立った活躍を見せることはできず、今季に至ってはヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の下、1試合の先発に終わっていた。 2017.01.17 08:40 Tue
twitterfacebook
thumb

敵地で2点差を追いついたミランが公式戦5試合無敗!《セリエA》

▽セリエA第20節のトリノvsミランが16日にスタディオ・グランデ・トリノで行われ、2-2の引き分けに終わった。ミランの日本代表FW本田はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽12日にコッパ・イタリア5回戦で行われた同カードで逆転勝利(2-1)した5位のミランは、その試合からスタメンを5人変更。ラパドゥーラやクツカ、ホセ・ソサらに代えてバッカやロカテッリ、パシャリッチなどがスタメンに名を連ねた。 ▽一方、前回対戦の雪辱に燃える8位トリノは、12日の試合からスタメンを3人変更。新加入のイトゥルベやバセッリ、デ・シルベストリに代わりファルケ、オビ、ザッパコスタが起用された。 ▽立ち上がりから主導権争いが続く中、開始6分にトリノに最初の決定機。右サイドからのスルーパスに抜け出したベロッティがボックス右からシュートを放ったが、これはGKドンナルンマの正面を突いた。 ▽その後は攻守が目まぐるしく入れ替わる展開の中でアウェイのミランがやや優勢に試合を運んでいくが、トリノの守備を崩し切れない。すると、立ち上がりから鋭いカウンターを仕掛けていたトリノが先制に成功する。20分、右サイド深くからカットインしたファルケの折り返しをペナルティアーク内のリャイッチがシュート。これはミランDFのブロックに防がれるも、このこぼれ球をゴール前のベロッティがワンタッチでゴールに流し込んだ。 ▽トリノは26分にも決定機。ファルケが放ったシュートが相手DFに当たると、こぼれ球をゴール左に駆け上がったオビが反応。シュートの前に飛び出したGKドンナルンマがボールを弾くも、セカンドボールを拾ったベロッティがゴール前へラストパス。これをゴール前に走り込んだファルケのワンタッチで合わせると、ゴール前のベナッシがヒールでコースを変えてゴールネットを揺らした。 ▽リードを広げたトリノは31分、左サイドからドリブルで仕掛けたバレッカがボックス内でアバーテに倒され、PKを獲得。しかし、リャイッチのPKはGKドンナルンマが正面で弾くと、こぼれ球に詰めたファルケのシュートもゴール左に逸れた。 ▽ピンチを凌いだミランは38分、ボックス手前右からカットインしたスソがドライブ回転のシュートを放ったが、ボールはGKハートが左手でセーブ。さらに41分にもボックス右手前で獲得したFKをスソが直接狙ったがボールはゴール右に外れた。 ▽両チーム選手交代なしで迎えた後半、最初のチャンスはミランに生まれる。55分、アバーテの右クロスをファーサイドに走り込んだボナヴェントゥーラがダイレクトで折り返すと、ゴール前のベルトラッチがシュート。一度はGKハートに弾かれたが、こぼれ球を再びベルトラッチがゴールに押し込んだ。 ▽1点差に迫り勢いづくミランは60分、左クロスをボックス内で競り合ったパレッタがロッセッティーニに引き倒され、PKを獲得。このPKをバッカがゴール右に決め、同点に追いついた。 ▽同点に追いつかれたトリノは、61分にオビを下げてイトゥルベを投入。さらに67分にはヴァルディフィオーリを下げてルキッチをピッチに送り出した。対するミランは、74分にベルトラッチに代えてクツカをピッチに投入した。 ▽すると直後にチャンスを迎えたのはトリノ。右サイド深い位置でボールを受けたベナッシのクロスをゴール前のベロッティが右足で合わせたが、これはゴール右に外れた。 ▽試合終盤の89分、ミランはロマニョーリが2枚目のイエローカードを受け、退場となってしまう。数的不利となったミランだったが、アディショナルタイムでスコアは動かず。試合は2-2のまま終了。2点差を追いついたミランが、敵地で勝ち点1を獲得し公式戦の無敗記録を5に伸ばした。 2017.01.17 07:08 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース