ダルミアン、今夏にバイエルン移籍か2016.01.06 20:38 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽マンチェスター・ユナイテッドのイタリア代表DFマッテオ・ダルミアン(26)が、今シーズン終了後にバイエルンに移籍する可能性が浮上している。ドイツ『ビルト』が報じている。

▽2015年夏にトリノからユナイテッドに加入したダルミアンは、シーズン序盤こそまずまずのパフォーマンスを披露していたものの、フィジカル重視のプレミアのスタイルやチーム内で起用法が定まらない影響もあって、不遇をかこっている。この状況を受けて今冬の移籍市場では、ユベントスが獲得に動いているといわれているが、同選手の新天地はドイツになるかもしれない。

▽『ビルト』の伝えるところによれば、来シーズンからバイエルンの新指揮官に就任するカルロ・アンチェロッティ監督は、以前から同胞のダルミアンを高く評価しており、共に30歳を超える元ドイツ代表DFフィリップ・ラームとブラジル人DFラフィーニャに代わる右サイドバックの主軸として、同選手の獲得を望んでいるようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

バイエルン加入の怪物MFに立ちはだかる障害は気候「ポルトガルよりはるかに寒い」

加入以来、力を発揮できているとは言い難いバイエルン・ミュンヘンのポルトガル代表MFレナト・サンチェスの障害となっているのは気候のようだ。ドイツ紙『ビルト』が報じた。<br><br>バイエルンは今夏の移籍市場で多くのビッグクラブを出し抜き、ベンフィカからサンチェスを獲得した。実際、この19歳の怪物MFは移籍が決まった後に参加したユーロ2016でもポルトガル代表の一員として優勝に大きく貢献し、実力に疑いがないことを証明している。<br><br>しかし、ブンデスリーガではいまだフィットしていない。14試合に出場し、0ゴール0アシスト。フランスの地で見せたダイナミックなプレーが見られず、ミュンヘンのサポーターも首をかしげ始めている。サンチェスはなかなか本領を発揮できない要因の一端に気候があることを語った。<br><br>「僕はまだこの寒さに慣れる必要がある。リスボンとミュンヘンの気候は全く異なる。ここはポルトガルよりはるかに寒い。でも街はとても好きになったよ」<br><br>また、カルロ・アンチェロッティ監督はサンチェスについて「バイエルンに来たのにはそれなりの理由がある。今は毎日戦術などを学んでいる最中だけどね」と語り、信頼を示している。<br><br><br>提供:goal.com 2016.12.10 15:58 Sat
twitterfacebook
thumb

【CLグループD総括】アトレティコとバイエルンが余裕の突破

▽アトレティコ・マドリーとバイエルンが戦前の予想通りグループステージ突破を果たした。昨季ベスト16のPSVは2強に割って入ることができなかった。 ■グループD順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.アトレティコ・マドリー[15/5/0/1/5] 2.バイエルン[12/4/0/2/8] 3.ロストフ[5/1/2/3/-6)] 4.PSV[2(0/2/4/-7] ◆円熟シメオネ・アトレティが5連勝で首位通過~アトレティコ・マドリー~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161208_66_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季ファイナリストのアトレティコがバイエルンを制して最終節を前に首位通過を決めた。6季目を迎えたシメオネ体制の下、持ち前の堅守と勝負強さを発揮し、第2節ではグループ最大のライバルであるバイエルンを1-0と撃破。昨季ベスト16で対戦したPSVやCL初挑戦のロストフを寄せ付けず、開幕5連勝で首位通過を果たした。 ◆アトレティコとの直接対決を前に2位通過確定~バイエルン~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161208_67_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽4季ぶりのCL優勝を目指すアンチェロッティ新監督率いるバイエルンだったが、思いのほか苦戦を強いられた。第2節でアトレティコとのグループ本命対決に敗れると、第4節PSV戦では辛くも逆転勝利。第5節ロストフ戦ではCL初白星を献上する失態を犯し、アトレティコとの直接対決を前にライバルの首位通過を許してしまう結果となった。絶対的な強さを見せるには至らず、決勝トーナメント以降に不安を残している。 ◆CL初参戦で金星~ロストフ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161208_68_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ロシアの新興勢力がPSVを抑えて3位フィニッシュを果たした。ハイライトは第5節バイエルン戦で3-2と競り勝ち、CL初勝利を飾った一戦。戦力的に乏しい中、FWアズムンやMFノボアといった中心選手たちが期待通りの活躍を見せ、最終節の直接対決でPSVに引き分けてヨーロッパリーグに回ることとなった。 ◆昨季ベスト16再現のならず~PSV~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161208_69_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽2季連続でのCL出場となったオランダ王者だったが、2強の牙城を崩すには至らなかった。アトレティコには力負けで2連敗し、バイエルンには接戦を演じながらも2敗と、苦戦が続いた。そしてロストフにも2引き分けと結果が出なかった。とりわけ、今季の目玉補強だったルーク・デ・ヨングの実兄シームの不発が大きく響いた。 2016.12.10 07:33 Sat
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第14節プレビュー】大迫vs香川、酒井高vs宇佐美

▽前節はライプツィヒが好調シャルケに競り勝って8連勝を飾り首位をキープ。バイエルンもマインツに勝利し、3ポイント差を維持した。そして酒井高がキャプテンを務めるハンブルガーSVがついに今季初勝利を収めている。迎える第14節は日本人対決が2試合開催される。 ▽まずは大迫ケルンvs香川ドルトムントから。前節ホッフェンハイムに今季最多の4失点を喫して大敗した7位ケルン(勝ち点22)。大迫も目立った活躍を見せられなかった中、ホッフェンハイム以上の攻撃力を誇るドルトムント相手に堅守を取り戻せるか。 ▽一方、ロイスやO・デンベレの躍動によりボルシアMGに4-1と快勝した6位ドルトムント(勝ち点24)は、水曜日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のレアル・マドリー戦を2点差を追いついてドローに持ち込み、首位通過を果たした。香川は足首の負傷によって欠場が続いているが、戦列復帰したロイスが絶好調でチーム力を押し上げている。上位追走のためにも連勝としたい。 ▽そして、もう一試合が酒井高の17位HSV(勝ち点7)と宇佐美の12位アウグスブルク(勝ち点14)の日本人対決だ。前節ダルムシュタットとの下位対決で2点目をアシストし、チームを今季初勝利に導いたキャプテンの酒井高。キャプテン就任後3試合目で白星を得た中、板についてきたボランチでチームを2連勝に導けるか。一方、ここ2試合途中出場と徐々に出場機会が増えている宇佐美としては、目に見える結果がそろそろ欲しいところだ。 ▽怒涛の8連勝とした首位ライプツィヒ(勝ち点33)は、最下位インゴルシュタット(勝ち点6)とのホーム戦に臨む。シャルケ戦では開始早々のPKと後半立ち上がりのオウンゴールで勝利を手にしたライプツィヒ。勢いが続く中、不調のチームを撃破して首位キープとなるか。 ▽マインツ戦で今季初めて[4-2-3-1]を採用し、リーグ戦ノーゴールのミュラーのパフォーマンスに一定の改善が見られた2位バイエルン(勝ち点30)は、15位ヴォルフスブルク(勝ち点10)とのホーム戦に臨む。火曜日に行われたCLのアトレティコ・マドリー戦は消化試合だったことから、ヴォルフスブルク戦に向けての影響は少ない。確実に勝利してライプツィヒを追走したい。 ▽日本人選手では、リベロに戻ってアウグスブルクに1-1と引き分けた5位フランクフルト(勝ち点25)の長谷部は、無敗を維持する4位ホッフェンハイム(勝ち点25)との上位対決を金曜日に戦い、原口が退いた後、逆転勝利を収めた3位ヘルタ・ベルリン(勝ち点27)は、11位ブレーメン(勝ち点11)とのホーム戦を戦うが、原口は引き続き先発となるか。 ▽そのほか、ELで1年9カ月ぶりに実戦復帰を果たしたシャルケの内田はレバークーゼンとのホーム戦を、武藤のマインツはボルシアMG戦を戦う。 ◆ブンデスリーガ第14節 ▽12/9(金) 《28:45》 フランクフルト vs ホッフェンハイム ▽12/10(土) 《23:30》 フライブルク vs ダルムシュタット インゴルシュタット vs ライプツィヒ ハンブルガーSV vs アウグスブルク ケルン vs ドルトムント バイエルン vs ヴォルフスブルク 《26:30》 ヘルタ・ベルリン vs ブレーメン ▽12/11(日) 《23:30》 ボルシアMG vs マインツ 《25:30》 シャルケ vs レバークーゼン 2016.12.09 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

リベリーがバイエルン退団後は欧州以外でのプレーを示唆…アジアも視野に?

バイエルンのMFフランク・リベリーは11月下旬、クラブと2018年6月までの新契約を結んだ。12月8日に『EUROSPORT』が報じたところによると、リベリーはこの契約を最後にバイエルンを去るつもりのようだ。<br><br>「バイエルンと新しい契約を結ぶことができてうれしいよ。2018年には35歳になるし、ヨーロッパでの契約はこれが最後になるだろうね」<br><br>ヨーロッパでのトップリーグでのプレーが最後になることを示唆したが、その後については「僕のドアは常に開かれているから、(ヨーロッパ以外から)いい話があれば考えるかもね」と発言。ヨーロッパ以外でのプレーを示唆しており、アメリカ、中東、中国でのプレーも条件のいいオファーがあれば検討する意向を示している。<br><br><br>提供:goal.com 2016.12.09 16:37 Fri
twitterfacebook
thumb

CLグループステージ2位通過となったアンチェロッティ「特に変わることはない」

▽バイエルンを率いるカルロ・アンチェロッティ監督は、チャンピオンズリーグのアトレティコ・マドリーとの一戦に満足しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽バイエルンは6日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループD最終節でアトレティコをホームに迎え、1-0と勝利を収めた。しかし、首位通過を目標に今季のCLに臨んだバイエルンは、アトレティコとのアウェイ戦での敗戦やロストフへの歴史的勝利を献上といったポイントロスにより、2位通過となった。 ▽しかし、アンチェロッティ監督は今回の結果には満足しており、2位通過となったことによる変化はないと主張している。 「我々の目標はグループステージを1位で終えることだった。しかし、2位になったからといって特に変わることはないだろう」 「1位と2位のチームの間に大きい差はない。我々は現在、抽選を待たなくてはいけない」 「我々はうまくやったと思う。試合を良くコントロールして、彼ら(アトレティコ・マドリー)のカウンターを防ぐことができた」 「結局、その結果は重要ではなかったが、今回のパフォーマンスは次の試合に対して自信を与えるだろう。とはいえ、我々はまだまだチームとして高めていく必要があるね」 2016.12.08 01:39 Thu
twitterfacebook
Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース