ダルミアン、今夏にバイエルン移籍か2016.01.06 20:38 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽マンチェスター・ユナイテッドのイタリア代表DFマッテオ・ダルミアン(26)が、今シーズン終了後にバイエルンに移籍する可能性が浮上している。ドイツ『ビルト』が報じている。

▽2015年夏にトリノからユナイテッドに加入したダルミアンは、シーズン序盤こそまずまずのパフォーマンスを披露していたものの、フィジカル重視のプレミアのスタイルやチーム内で起用法が定まらない影響もあって、不遇をかこっている。この状況を受けて今冬の移籍市場では、ユベントスが獲得に動いているといわれているが、同選手の新天地はドイツになるかもしれない。

▽『ビルト』の伝えるところによれば、来シーズンからバイエルンの新指揮官に就任するカルロ・アンチェロッティ監督は、以前から同胞のダルミアンを高く評価しており、共に30歳を超える元ドイツ代表DFフィリップ・ラームとブラジル人DFラフィーニャに代わる右サイドバックの主軸として、同選手の獲得を望んでいるようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

開幕戦大勝のバイエルンにクラブOBもご満悦「彼らはペップの鎖に縛られていたから…」

元バイエルンMFで、現在は解説を務めるメーメット・ショル氏はジョゼップ・グアルディオラ時代のチームを非難している。ドイツ『ビルト』が報じた。<br><br>バイエルンは26日に行われたブンデスリーガ開幕節でブレーメンと対戦し、6-0の大勝を収めた。カルロ・アンチェロッティ監督も「ペップ時代より直線的にプレーした」と変化を語っていて、大量得点につなげている。ショル氏は新監督の展開するスタイルが好みであることを話した。<br><br>「アンチェロッティは選手たちに自由を与え、楽しんでやっていた。彼らはペップの鎖に縛られていたからね」<br><br>なお、9月10日にバイエルンはブンデスリーガ第2節でシャルケと対戦する。<br><br><br><br>提供:goal.com 2016.08.28 20:40 Sun
twitterfacebook
thumb

アンチェロッティとペップ、昨今の代理人に嫌悪感「重要なのはフットボールと選手」

バイエルンのカルロ・アンチェロッティ監督とマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、昨今の代理人に嫌悪感を示している。ドイツ紙『ヴェルト』が報じた。<br><br>今日のフットボール界では、選手の移籍時、代理人の暗躍が目につくようになってきている。移籍金の引き上げや給与の増額要望など様々な形で駆け引きを行うため、注目が集まることが少なくない。アンチェロッティ監督は現状に不快感を示した。<br><br>「選手たちを助けているのはスタジアムにやってくるファンやテレビの前で応援してくれる人々だ。重要なのはフットボールであり、選手で、代理人や指揮官ではない」<br><br>また、グアルディオラ監督も「代理人とは話したくない。私の職務外のことだ」とし、アンチェロッティも「問題が起こったときでも、出来る限り選手たちと直接話したい。代理人に連絡するのではなくね」とコンタクトを取りたくないことをコメントしている。<br><br><br><br>提供:goal.com 2016.08.28 19:59 Sun
twitterfacebook
thumb

2人の名将を比較するノイアー「ペップは変化を、アンチェロッティは自信をチームに与えてくれる」

バイエルン・ミュンヘンに所属するドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが2人の名将を比較している。イギリス誌『フォーフォートゥー』が報じた。<br><br>バイエルンは昨シーズンまでジョゼップ・グアルディオラが率い、今シーズンは前任者とはタイプの異なる匠のカルロ・アンチェロッティがチームを率いている。フランク・リベリは前任者を非難し、ダビド・アラバはペップに感謝を示した。ノイアーは以下のようにコメントした。<br><br>「ペップはチームを助けるための影響を常に与えたがっていた。カルロはチームに落ち着きをもたらすために自信を与えようとしているね」<br><br>なお、トーマス・ミュラーはペップに対して「1日中自分の世界にいる。良い意味でクレイジーだね」と話している。<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.28 18:29 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルンがイングランド下部の若手に食指

バイエルンが、ノッティンガム・フォレストに所属する若手オリバー・バーク(19)に注目しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が27日に報じている。<br><br>ノッティンガム・フォレストに所属するバークはすでにスコットランド代表として2試合に出場。欧州屈指のタレントと評されており、バイエルンは1000万ポンドを投じて獲得に踏み切るかもしれない。<br><br>ノッティンガムでは攻撃的MFとしてプレーするバークは、アーセナル、トッテナム、サンダーランドが獲得を狙っていると噂されている。<br><br>ここ数週間、バイエルンのスカウトがバークを視察しており、水曜日の移籍市場が閉じる前にオファーを提示するものと見られている。<br><br>バイエルンは2011年にも、イングランド下部リーグのトランメアからデール・ジェニングスを獲得しており、若い選手の獲得については積極的だ。<br><br><br><br>提供:goal.com 2016.08.28 17:29 Sun
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、シュバイニー処遇をめぐりバイエルンに反論

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、MFバスティアン・シュバインシュタイガーの処遇をめぐり、選手の古巣バイエルンに&ldquo;反論&rdquo;した。<br><br>モウリーニョ監督のもとで構想外となったシュバインシュタイガーの処遇について、バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOは先日、「とても信じられない」と述べていた。<br><br>だが、モウリーニョ監督は26日、次のように返している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。<br><br>「彼を戻すために走ってでもマンチェスターまで来るというバイエルンの人のコメントを記事で読んだが、そうはならなかった。ミスター・ルンメニゲが彼を戻すためにここにいないことに、私はかなり驚いているよ」<br><br>シュバインシュタイガー本人は先日、欧州のほかのクラブに行くつもりがないことを強調したが、モウリーニョ監督は同選手に出場機会がないとの見解を繰り返している。<br><br>「そうなるのは非常に難しい。不可能とは言っていない。とても難しいと言っている。我々は(ポール・)ポグバ、(アンデル・)エレーラ、(モルガン・)シュナイデルラン、(マルアン・)フェライーニ、そしてマイケル・キャリックについて完全に決断をした。2つのポジションに5選手だ。チャンスが訪れるのは非常に難しいことだろう」<br><br>「私には23人の選手がおり、基本的に誰も移籍する予定はない。私はどの選手の退団も望んでいないからだ。誰も加わらないし、23選手で十分すぎる。問題やチャンスがあっても、私にはアカデミーの若手が何人かいるんだ。彼らの成長を加速させられるならうれしい」<br><br>シュバインシュタイガーの契約はあと2年残っているが、モウリーニョ監督はこう続けた。<br><br>「彼に答えることはできない。彼の人生だ。彼のキャリアだ。彼はマンチェスター・ユナイテッドと契約を結んでおり、残るという決断を下す権利がある。それは我々の問題ではない。サッカーは決断して成り立つものだ。私はキャリアを通じてずっとそうしてきた。私だけではない。誰もがそうしている。違うリアクションや決断をする選手たちもいる」<br><br>「バスティアンはあまり話していない。彼はこの間、ああいう表明をした。客観的かつ礼儀正しいやり方であり、そのようにするのは完全に自由だ。問題はまったくない」<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.27 15:32 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース