ダルミアン、今夏にバイエルン移籍か2016.01.06 20:38 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽マンチェスター・ユナイテッドのイタリア代表DFマッテオ・ダルミアン(26)が、今シーズン終了後にバイエルンに移籍する可能性が浮上している。ドイツ『ビルト』が報じている。

▽2015年夏にトリノからユナイテッドに加入したダルミアンは、シーズン序盤こそまずまずのパフォーマンスを披露していたものの、フィジカル重視のプレミアのスタイルやチーム内で起用法が定まらない影響もあって、不遇をかこっている。この状況を受けて今冬の移籍市場では、ユベントスが獲得に動いているといわれているが、同選手の新天地はドイツになるかもしれない。

▽『ビルト』の伝えるところによれば、来シーズンからバイエルンの新指揮官に就任するカルロ・アンチェロッティ監督は、以前から同胞のダルミアンを高く評価しており、共に30歳を超える元ドイツ代表DFフィリップ・ラームとブラジル人DFラフィーニャに代わる右サイドバックの主軸として、同選手の獲得を望んでいるようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

チームの窮地を救ったレヴァンドフスキが決勝弾を振り返り「とにかくトライすることが大事だった」

▽バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、20日に行われたブンデスリーガ第17節のフライブルク戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽ウィンターブレイクが明けて、2017年の初戦を迎えたバイエルンは敵地でフライブルクと対戦した。開始4分に先制を許すと、35分にレヴァンドフスキのゴールで同点とする。しかしその後はゴールが奪えず、引き分けが濃厚となった中で迎えた後半アディショナルタイム。レヴァンドフスキが値千金の逆転ゴールを奪い、バイエルンが敵地で白星を飾った。 ▽レヴァンドフスキは試合後、決勝ゴールの場面を振り返って次のようにコメントした。 「最初はボールを受けて、ダイレクトで味方に繋ごうと思っていたよ。でも周りに誰もいなかったから、トラップからのシュートに切り替えた。この試合の最後のシーンだったね。あのような場面では、とにかくトライすることが大事だ。そしてクオリティも求められるね」 「幸いにも決勝ゴールを決めることができた。うまくミートできたわけではないけれど、どんな形であれ、ゴールはゴール。そして勝ち点3も同じように勝ち点3なんだ」 2017.01.21 10:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ウインターブレイク明けの一戦を逆転勝利で飾ったアンチェロッティ「勝利への執着を見せた」

▽バイエルンのカルロ・アンチェロッティ監督が、20日に行われたブンデスリーガ第17節のフライブルク戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽ウインターブレイク明けの一戦でバイエルンはアウェイに乗り込んだ。開始4分に先制を許すと、35分にレヴァンドフスキのゴールで同点とする。しかしその後は点が奪えず、引き分けが濃厚の中で迎えたアディショナルタイムに再びレヴァンドフスキがネットを揺らして2-1と逆転勝利を飾った。 ▽試合を振り返ったアンチェロッティ監督は苦戦したことを認めつつ、再開初戦で勝ちきれたことを称えた。 「相手が非常に強力でアグレッシブな姿勢を見せたことでとても苦しんだ試合となった。特に前半の我々のプレーは良くなかったね。しかしチームは勝利への執着を見せてくれた。そのお陰で勝ち切ることができたと思っている。満足できるプレーではなかったが、結果は満足してよいものだ」 2017.01.21 09:59 Sat
twitterfacebook
thumb

低調バイエルン、引き分け濃厚もレヴァンドフスキのドッペルパックで劇的勝利《ブンデスリーガ》

▽バイエルンは20日、ブンデスリーガ第17節でフライブルクのホームに乗り込み、2-1で辛勝した。 ▽ウインターブレイク前に行われたライプツィヒとの頂上対決を3-0と貫禄勝ちして3ポイント差を付けた5連勝中の首位バイエルン(勝ち点39)は、ウインターブレイク中に好調だったチアゴが負傷し欠場。胸筋を痛めているJ・ボアテングも引き続き欠場となった中、それ以外はベストメンバーを送り込んだ。 ▽8位と健闘するフライブルク(勝ち点23)に対し、1トップのレヴァンドフスキの後方2列目に右からロッベン、ミュラー、ドグラス・コスタと配置する[4-2-3-1]を採用したバイエルンは、開始4分にまさかの失点を喫する。ショートカウンターを受けると、バイタルエリアのグリフォの浮き球パスに反応したハベラーにボックス右へ進入され、ゴール左へシュートを流し込まれた。 ▽失点後、敵陣でポゼッションして隙を窺うバイエルンだったが、自陣に[4-4-2]のブロックを敷くフライブルクを攻略しきれない状況が続く。すると20分には再びショートカウンターを浴び、ニーダーレヒナーにミドルシュートでGKノイアーを脅かされる。 ▽まずい試合運びを続けていたバイエルンだったが、27分にようやく決定機。ボックス左のビダルがコントロールシュートを放つ。だが、枠の右隅を捉えていたシュートはGKのファインセーブに阻まれる。それでも35分、左CKからレヴァンドフスキが左足ボレーでうまく合わせてネットを揺らし、試合を振り出しに戻した。ハーフタイムにかけても一方的にボールを持ったバイエルンだったが、シュートチャンスは生み出せずに1-1で後半へ折り返した。 ▽迎えた後半もバイエルンが圧力をかけていくと 56分にロッベンの強烈なミドルシュートがゴール左上を捉える。しかし、ここもGKシュウォローのファインセーブに阻止された。 ▽逆転のチャンスを阻まれたバイエルンは、ここからこう着状態に陥る。そこで71分にドグラス・コスタに代えてリベリを投入。攻撃のギアを上げにかかった。 ▽ところが、終盤にかけてもチャンスを生み出せずにいると、84分にピンチ。ボックス手前左のM・フィリップの強烈なミドルシュートでゴールを脅かされたが、わずかに枠の右に外れて助かった。 ▽そのまま低調バイエルンが1-1で引き分けるかに思われたが、追加タイム1分にエースが大仕事を果たす。左サイドからのリベリのクロスをレヴァンドフスキが胸トラップでうまく収めると、左足ボレーでシュート。これが左ポスト内側に当たってゴールに吸い込まれ、バイエルンが土壇場で逆転に成功。劇的勝利で連勝を6に伸ばした。 2017.01.21 06:28 Sat
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第17節プレビュー】ブンデス再開、前半戦ラストマッチ開催

▽1カ月のウインターブレイクを経てブンデスリーガが再開される。ブレイク前に行われた第16節では首位バイエルンと2位ライプツィヒの頂上対決が行われ、バイエルンが3-0と快勝し3ポイント差を付けた。下位チームでは14位と低迷するボルシアMGがシューベルト監督を解任し、最下位のダルムシュタットが初の監督挑戦となる元ドイツ代表MFフリンクス氏を招へいしている。迎える第17節では2位ライプツィヒ(勝ち点36)vs4位フランクフルト(勝ち点29)の上位対決が行われる。 ▽バイエルン戦では実力差をまざまざと見せ付けられたライプツィヒは、退場したフォルスベリが出場停止となる。プレースキッカーを欠く中、堅守フランクフルトを攻略し、バイエルン追走となるか。ビッグクラブが注目していたザルツブルクから加入の新戦力DFウパメカノはベンチスタート予想となっている。 ▽一方、長谷部が軸となって堅守を築くフランクフルトは、前節マインツ戦を新星バルコクの1ゴール1アシストなどで快勝。マインツ戦に続き本職ボランチでの起用が見込まれる長谷部としては長身FWポウルセンと俊足FWヴェルナーの2トップにボールを入れさせない働きが求められる。 ▽頂上対決を貫禄勝ちして5連勝とした首位バイエルン(勝ち点39)は、金曜日に8位と健闘するフライブルク(勝ち点23)のホームに乗り込む。ライプツィヒ戦では好調を持続するチアゴの1ゴール1アシストの活躍もあって快勝したバイエルンは、ウインターブレイク中はカタールのドーハでキャンプを行い、テレコムカップではデュッセルドルフをPK戦の末に下し、決勝のマインツ戦では2-1と勝利して順調に調整を終えた。チアゴが負傷で欠場の見込みだが、ここ4試合負けがなく好調FWニーダーレヒナーを擁するフライブルクを下して再開初戦を勝利でスタートできるか。 ▽6位と躓いているドルトムント(勝ち点27)は、アウェイで15位ブレーメン(勝ち点16)と対戦する。前節アウグスブルク戦ではリーグ戦7試合ぶりに先発し、1アシストを記録した香川は、ウインターブレイク中のプレシーズンマッチでゴールを決めるなどアピールに成功。先発が予想されている中、厳しいポジション争いを勝ち抜くためにもニャブリ擁するブレーメン戦で活躍したいところだ。 ▽今節の日本人対決では日曜日に武藤マインツvs大迫ケルンが行われる。主軸のマリが移籍した中、前半戦をケガで棒に振った武藤がスタメン予想となっている。改めてレギュラー獲りを狙う武藤としては再開初戦でインパクトを残したい。 ▽一方、大迫はウインターブレイク中にヒザを痛めていたが、マインツ戦出場に問題はないようで先発が見込まれている。前半戦では相棒モデストを生かす働きを存分にこなしていた中、ウインターブレイク後は自身のゴール数を伸ばしていきたい。 ▽疲労の影響か、ややパフォーマンスを落としてウインターブレイクに入ったヘルタ・ベルリンの原口は、9位と調子の上がらないレバークーゼン戦に臨む。ドイツ『キッカー』ではベンチスタート予想となっているが、3位と好位置に付ける中、チームを上位に留まらせる活躍を見せてスタメン奪取としたい。 ▽その他、キャプテンとしてチームを牽引し、前節シャルケ戦を制して残留プレーオフ圏の16位に浮上したハンブルガーSV(勝ち点13)の酒井高は、13位と低迷しドラクスラーが移籍したヴォルフスブルク(勝ち点16)とのアウェイ戦を、暫定監督就任で風向きが変わり、スタメン予想となっているアウグスブルクの宇佐美は唯一の無敗を維持するホッフェンハイム戦を戦う。そして、ライバルのDFカイサラが移籍し、後半戦での復活を期待したいシャルケの内田はインゴルシュタット戦を戦うが、ベンチスタート予想となっている。 ◆ブンデスリーガ第17節 ▽1/20(金) 《28:30》 フライブルク vs バイエルン ▽1/21(土) 《23:30》 シャルケ vs インゴルシュタット ダルムシュタット vs ボルシアMG ブレーメン vs ドルトムント アウグスブルク vs ホッフェンハイム ヴォルフスブルク vs ハンブルガーSV 《26:30》 ライプツィヒ vs フランクフルト ▽1/22(日) 《23:30》 レバークーゼン vs ヘルタ・ベルリン 《25:30》 マインツ vs ケルン 2017.01.20 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

アンチェロッティ、オフサイド廃止の新ルール提案に「それは別のスポーツ」

FIFA技術開発部門のチーフオフィサーであり、元オランダ代表FWマルコ・ファン・バステンが提案したサッカーの新ルールについてカルロ・アンチェロッティは否定的な反応を示している。<br><br>ファン・バステンは先日、ドイツ誌『シュポルト・ビルト』の独占インタビューで『オフサイドの廃止』や『PKではなくシュートアウト』といった新ルールを提案した。革新的とも言えるアイデアだが、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督をはじめ、&ldquo;新ルール&rdquo;を前向きに受け取る関係者は多くない。バイエルンを率いるアンチェロッティ監督もそんな関係者の一人だ。<br><br>「先月、ファン・バステンとは一緒にディナーをして、話をした。私は彼に『オフサイドをなくしてしまったら、それは別のスポーツだ』と伝えたよ。別のスポーツをやりたいなら、そう伝えなければならない」<br><br>一方で、アンチェロッティ監督は頭ごなしに新ルールについて反対しているわけではなく、「新ルールに全て反対しているわけではないけど、事前にテストしなければならない。いつかは新たなルールも生まれるかもしれないからね」と含みを持たせている。<br><br>提供:goal.com 2017.01.20 17:45 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース