ダルミアン、今夏にバイエルン移籍か2016.01.06 20:38 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽マンチェスター・ユナイテッドのイタリア代表DFマッテオ・ダルミアン(26)が、今シーズン終了後にバイエルンに移籍する可能性が浮上している。ドイツ『ビルト』が報じている。

▽2015年夏にトリノからユナイテッドに加入したダルミアンは、シーズン序盤こそまずまずのパフォーマンスを披露していたものの、フィジカル重視のプレミアのスタイルやチーム内で起用法が定まらない影響もあって、不遇をかこっている。この状況を受けて今冬の移籍市場では、ユベントスが獲得に動いているといわれているが、同選手の新天地はドイツになるかもしれない。

▽『ビルト』の伝えるところによれば、来シーズンからバイエルンの新指揮官に就任するカルロ・アンチェロッティ監督は、以前から同胞のダルミアンを高く評価しており、共に30歳を超える元ドイツ代表DFフィリップ・ラームとブラジル人DFラフィーニャに代わる右サイドバックの主軸として、同選手の獲得を望んでいるようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

グアルディオラ、リベリの「経験不足」発言に反応… 「彼が正しい」

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は、昨季まで指導していたバイエルンMFフランク・リベリの発言に反応した。同選手の意見には一理あると認めている。<br><br>リベリは先日、ドイツ『キッカー』によるインタビューで、カルロ・アンチェロッティ新監督の下で「やっと信頼を感じることができている」と発言。その後『シュポルト・ビルト』が伝えたコメントでは、グアルディオラ前監督について「彼は若い監督。経験が不足しているんだ。話が多すぎることもあったね。サッカーはシンプルなものなのに」と苦言を呈していた。<br><br>28日のドルトムント戦後の会見で、記者にそのリベリの発言について意見を問われたグアルディオラ監督は微笑みながらこう返している。<br><br>「それは正しいよ。私は若い。それに私が監督であることも正しい」<br><br>「リベリが正しい。私は若い。だが、私は多くを学んだんだ。この3年間で本当に多くを学んだよ」<br><br>提供:goal.com 2016.07.29 23:32 Fri
twitterfacebook
thumb

ペップ、後任にトゥヘルを推薦していた バイエルン幹部が明かす

バイエルン・ミュンヘンのミヒャエル・レシュケTD(テクニカルディレクター)が、ジョゼップ・グアルディオラ監督がかつて、自身の後任にボルシア・ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督を推薦していたと明かしている。<br><br>2014年にバイエルンに加わったレシュケTDは、グアルディオラ監督がミーティングでマインツを退団していたトゥヘル監督こそ「私の後任になるべき」指揮官だと話していたと明かした。『11 Freunde』でのコメントを、『ESPN』が伝えている。<br><br>「私はトゥヘルと信頼関係にあり、彼がペップの仕事を称賛していたのを知っていた。一方でペップもマインツのプレーに感銘を受けていたんだ。彼はよくトーマスについて私に話していた」<br><br>だが、トゥヘル監督は2015年春にドルトムントの指揮官になることが決定。グアルディオラ監督はこの夏、バイエルンを離れてマンチェスター・シティへ向かい、ドイツ王者は後任にカルロ・アンチェロッティ監督を招へいしている。<br><br>なお、グアルディオラ監督がレシュケTDをシティに引き抜く考えとの報道について、バイエルンと2018年までの契約を結ぶレシュケTDは次のように否定した。<br><br>「それはまったく正しくない。私がミュンヘンに残るのは明らかだ。ペップが求めてきたことはない」<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.29 10:59 Fri
twitterfacebook
thumb

リベリ、グアルディオラの指導に苦言 「経験が不足している」「話が多過ぎ」

バイエルンMFフランク・リベリは、ジョゼップ・グアルディオラ監督の退団を惜しんでいないようだ。マンチェスター・シティへと向かった指揮官について「経験が不足している」と苦言を呈している。<br><br>元フランス代表MFは先日、ドイツ『キッカー』でカルロ・アンチェロッティ新監督の下で「やっと信頼を感じることができている」とコメントした。前監督については直接言及しなかったが、相性がそれほど良くなかったことをうかがわせていた。<br><br>しかしバイエルンとともにアメリカでツアー中のリベリは、今度はグアルディオラ前監督について具体的に発言した。ドイツ『シュポルト・ビルト』によると、次のように述べたという。<br><br>「彼は若い監督。経験が不足しているんだ。ときには話が多過ぎたね。サッカーはシンプルなものなのに」<br><br>リベリは昨季のチャンピオンズリーグ(CL)準決勝ファーストレグで、グアルディオラ前監督がベストメンバーを起用しなかったとも主張している。自身やFWトーマス・ミュラーがベンチスタートとなり、負傷明けのDFジェローム・ボアテングがメンバーに含まれなかったことに不満を感じていたようだ。<br><br>「CLの準決勝ではミスは許されない。ビッグネームが、ベストな選手たちがピッチに立たなければいけないんだよ」<br><br>「CLのような大事なタイトルを勝ち取るために必要なのは、僕らに良いフィーリングを与えてくれる監督だ」<br><br>『キッカー』では、アンチェロッティ新体制の下で「自由な気持ちや大きなモチベーションを感じている」と明かしたリベリ。イタリア人指揮官の下では4年ぶりのCL制覇を成し遂げられると信じているかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.28 21:29 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルンvsミランのアンチェロッティ古巣対決は点を取り合うもPK戦の末ミランが勝利《ICC2016》

▽28日に行われたインターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)2016米国・欧州ラウンドのバイエルンvsミランは、3-3で90分を終了。PK戦の末、3-5でミランが勝利した。 ▽共に米国・欧州ラウンドの開幕ゲームとなるバイエルンとミラン。バイエルンはMFリベリやMFシャビ・アロンソ、MFラームなど主力が先発。ミランもMFモントリーボやDFアバーテ、GKドンナルンマなどが先発。FW本田圭佑はベンチスタートとなった。 ▽序盤から積極的な入りを見せたのはミラン。連続CKからゴールを目指すも、バイエルンの守備陣に跳ね返されて得点を奪えない。一方のバイエルンは14分、浮き球のパスにグリーンが反応してシュートを放つも、オフサイドの判定。ミランは15分、CKの流れから右サイドからのクロスを味方がすらし、最後はニアンが詰めるもオフサイドの判定でノーゴールとなった。 ▽19分、バイエルンはCKから決定機。バドシュトゥバーが頭で合わせるも、GKドンナルンマが好セーブで失点を免れる。さらに20分には後方からのクロスにハビ・マルティネスがヘッドで合わせるも、わずかに枠を外れる。 ▽互いに決定機を作りながらも精度を欠く中23分、相手のミスからニアンがボールをかっさらうと、そのままGKとの一対一を冷静に決めてミランが先制する。 ▽先制を許したバイエルンだったが29分、左サイドからのボックス内でパスを受けたリベリが、トラップからそのままシュート。これがゴール左隅に決まり、バイエルンが同点に追いつくと、38分にはボックス手前でパスを受けたアラバが反転から、左足一閃。これがゴール右隅へと決まり、バイエルンが前半のうちに逆転に成功した。 ▽バイエルン1点リードで迎えた後半、立ち上がりにミランがスコアを動かく。49分、右サイドからのクロスがゴール前で浮き球となると、ニアンの落としをベルトラッチが豪快に蹴り込み、ミランが同点に追いつく。 ▽51分にはボックス内右でパスを受けたスソがGKとの一対一でシュートを放つも、枠を越えていく。56分にはバイエルンが反撃。ボックス手前からシャビ・アロンソがミドルシュートで狙うも、わずかに枠を外れていく。 ▽それでも61分、ニアンのパスを受けたクツカが左足一閃。これが左隅に決まり、ミランが逆転に成功する。 ▽逆転したミランは、直後にスソに代えて本田を投入。本田は右ウイングに入った。追いつきたいバイエルンは72分、アラバが左サイドを仕掛けると、ボックス内でパスを受けたベルナトがシュートも、枠を大きく外す。対するミランは81分、右サイドで得たFKから本田がクロス。これをザネラートがヘッドで合わせるも、シュートはわずかに枠を越えていく。 ▽このままミランが勝利かと思われた90分、ミランはベルガラがファウルを犯しPKを献上。これをリベリが冷静に沈め、バイエルンが土壇場で同点に追いつく。アディショナルタイムはミランが再びFKからチャンスを得るも、ゴールならず。そのまま終了し3-3でPK戦に突入した。 ▽本田が最初のキッカーを務めたミランは、4人連続で成功。一方のバイエルンもラームから始まったキッカーは3人目までが成功したが、4人目のラフィーニャがドンナルンマにセーブされ失敗。ミランは5人目のボナヴェントゥーラがしっかり決め、3-5で勝利を収めた。 2016.07.28 12:30 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルン控えGKルチッチ、ブリストル・シティへ移籍

▽チャンピオンシップ(イングランド2部)のブリストル・シティは27日、バイエルンのオーストリア人GKイバン・ルチッチ(21)の獲得を発表した。契約期間は2年で1年延長のオプションが付いている。 ▽2014年夏にSVリートからバイエルンのBチームに入団したルチッチはそのBチームで15試合に出場。しかし、トップチームでプレーする機会は得られなかった。代表としてはU-19まで選出されていた。 2016.07.28 06:40 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース