ダルミアン、今夏にバイエルン移籍か2016.01.06 20:38 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽マンチェスター・ユナイテッドのイタリア代表DFマッテオ・ダルミアン(26)が、今シーズン終了後にバイエルンに移籍する可能性が浮上している。ドイツ『ビルト』が報じている。

▽2015年夏にトリノからユナイテッドに加入したダルミアンは、シーズン序盤こそまずまずのパフォーマンスを披露していたものの、フィジカル重視のプレミアのスタイルやチーム内で起用法が定まらない影響もあって、不遇をかこっている。この状況を受けて今冬の移籍市場では、ユベントスが獲得に動いているといわれているが、同選手の新天地はドイツになるかもしれない。

▽『ビルト』の伝えるところによれば、来シーズンからバイエルンの新指揮官に就任するカルロ・アンチェロッティ監督は、以前から同胞のダルミアンを高く評価しており、共に30歳を超える元ドイツ代表DFフィリップ・ラームとブラジル人DFラフィーニャに代わる右サイドバックの主軸として、同選手の獲得を望んでいるようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

バイエルン、2点差追いつかれる痛恨ドロー…CLのPSG戦に不安残す《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第6節、バイエルンvsヴォルフスブルクが22日にアリアンツ・アレーナで行われ、2-2のドローに終わった。 ▽今月初旬の第3節でホッフェンハイム相手に今季初黒星を喫したバイエルンだが、以降の公式戦3試合では3得点以上無失点という完璧な内容で3連勝達成。リーグ戦4連勝を目指す今節は、直近のシャルケ戦から4人を変更。ジューレ、トリッソ、ハメス・ロドリゲス、コマンに代えて、フンメルス、リベリ、ロッベン、ビダルの主力が復帰した。 ▽立ち上がりから相手を押し込むバイエルンは、3分にキミッヒの右CKの流れからゴール前のビダル、ジェローム・ボアテングがフィニッシュに絡むが、ここは相手DFの好ブロックなどに遭い、開始早々の先制点とはならず。 ▽その後は完全に引いたヴォルフスブルクに対して、持ち味の細かいパスワーク、レヴァンドフスキの確度の高いポストプレーを軸にゴールを目指すが、ラストパスや連係の部分でうまく行かず、なかなか決定的な場面を作り出せない。 ▽それでも、33分に右サイドからのクロスをボックス中央でゴールを背にしてキープしたレヴァンドフスキが相手DFティセランに引き倒されてPKを獲得。これをレヴァンドフスキ自らGKの逆を突くシュートで流し込み、先制点を奪った。 ▽より前がかりになったヴォルフスブルクに対して、畳みかけるバイエルンは43分、中盤で相手のクサビをうまく潰したラフィーニャからバイタルエリアでフリーのロッベンにパスが入ると、ボックス手前でオランダ代表FWが放った左足のシュートが味方のラフィーニャにディフレクトする幸運な形でGKの逆を突き、貴重な2点目が生まれた。 ▽迎えた後半、敵地で2点ビハインドを追うヴォルフスブルクはウィリアムを下げて、より攻撃的なブワシュチコフスキをハーフタイム明けに投入。立ち上がりには前半からカウンターで一定の脅威を与えていたオリジが早速フィニッシュに絡むが、シュートは相手DFにブロックされる。 ▽それでも、56分にオリジの粘りからボックス手前中央の好位置でFKを獲得する。これをアーノルドが得意の左足の無回転シュートで狙うと、鋭く変化したボールに対してGKウルライヒが片手でパンチングを狙うと、これがうまくミートせず、ボールがゴールネットに吸い込まれた。 ▽代役守護神のやや緩慢な対応から点差を縮められたバイエルンは、直後の58分にビダルのスルーパスに抜け出したロッベンがGKと一対一の決定機を迎えるが、これを枠の右に外してしまう。その後、ビダルに代えてトリッソを投入し、積極的に追加点を目指すが、リベリやボアテングらが再三の決定機を決め切れない。 ▽すると83分、ギラヴォギの右サイドへの大きな展開からフェルハーフに絶妙なクロスを入れられると、ゴール前で完全にフリーにした途中出場のディダヴィに頭で合わせられ、痛恨の同点ゴールを許した。 ▽ホームで2点差を追いつかれるまさかの展開となったアンチェロッティ監督は、ロッベンとリベリに代えて、ハメスとコマンを慌てて同時投入。ここからリスクを冒して猛攻に出るが、試合終了間際に得た右CKの場面でハメスのクロスに合わせたフンメルスのヘディングシュートはわずかに枠の左に外れ、万事休す。 ▽格下ヴォルフスブルク相手にホームで2点のリードを守り切れなかったバイエルンは、来週ミッドウィークに行われるチャンピオンズリーグのパリ・サンジェルマン戦に大きな不安を残すことになった。 2017.09.23 05:41 Sat
twitterfacebook
thumb

ノイアー年内絶望のバイエルン、昨季引退のGKシュターケを選手登録!

▽バイエルンは21日、昨シーズン限りで現役を引退したドイツ人GKトム・シュターケ(36)を選手登録したことを発表した。 ▽バイエルンでは、ドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが19日に左足中足骨の手術を受け、年内の復帰が絶望的となった。この緊急事態を受けて、第2GKのスベン・ウルライヒ、ユース所属の17歳GKクリスティアン・フリュヒトルの序列を1段階上げた。 ▽しかし、今後の過密日程の中でGK2人体制に不安を抱えるクラブは、昨シーズン限りで現役を引退し、現在はユースチームでコーチングスタッフに就任しているシュターケを第3GKとして登録した。 ▽バイエルンを率いるカルロ・アンチェロッティ監督は、今夏のプレシーズンマッチでも幾度かプレーさせたシュターケを現役復帰させたことに関して、以下のように語っている。 「シュターケは第3GKとして、ウルライヒとフリュヒトルに続く立場ということになる。マヌエル・ノイアーが復帰するまでね」 「トムは素晴らしいプロフェッショナルだ。きっと、うまくいくはずだ」 2017.09.23 02:41 Sat
twitterfacebook
thumb

クラブに忠誠を誓い移籍を断ったラフィーニャが牽制「状況次第では将来を考えなくては」

▽今夏の移籍を拒否していたバイエルンのブラジル代表DFラフィーニャだが、状況次第では心変わりすると牽制している。ドイツ『ビルト』が伝えた。 ▽2011年にジェノアからバイエルンへと加入したラフィーニャは、これまでブンデスリーガで5回、チャンピオンズリーグで1回、DFBポカールで3回優勝を経験している。 ▽今夏、アーセナルやチェルシーがラフィーニャに関心を持っており、チェルシーは移籍最終日にオファーを拒否されていた。なお、チェルシーはラフィーニャの代わりに、トリノからイタリア代表DFダビド・ザッパコスタを2300万ポンド(約35億円)で獲得している。 ▽今シーズンは、オーストリアDFダビド・アラバが負傷し長期離脱。その代役としてブンデスリーガで4試合、チャンピオンズリーグで1試合に出場しているラフィーニャ。バイエルンへの忠誠を語っているものの、自身が置かれている状況は明るいものではないため、このままでは心境に変化があるかもしれないと語った。 「バイエルンのフロント陣は、シーズン前にイングランドやスペインからオファーがあったことを知っている」 「僕の心のなかにはバイエルンがあり、いつも僕自身ができることの100%を捧げている」 「だから、フロント陣は僕が本当にプレーしたいという思いを理解してくれていると思っている。さもなければ、僕は将来について考えなくてはならないね」 2017.09.21 20:19 Thu
twitterfacebook
thumb

ノイアー手術、年内絶望

▽バイエルンは19日、同クラブに所属するドイツ代表GKマヌエル・ノイアー(31)の手術が成功したことを発表した。 ▽18日のトレーニング中に左足を負傷したノイアーは中足骨の骨折が判明し、19日に手術を実施。手術は無事に成功したが、バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOによれば、復帰は来年1月になる見通しだ。 「彼のことはすごく残念に思っている。手術は完璧だった。我々と我々のキャプテンは将来を見据えている。マヌエルは以前よりも強くなって戻ってくるはずだ。1月には再びプレーできるだろう」 ▽今回の負傷により、ノイアーはチャンピオンズリーグのグループステージ全試合と年内に行われるブンデスリーガ第17節までの試合を欠場することになる。 2017.09.20 13:01 Wed
twitterfacebook
thumb

ハメス・ロドリゲスの全ゴールに絡む活躍でバイエルンがシャルケに快勝《ブンデスリーガ》

▽バイエルンは19日、ブンデスリーガ第5節でシャルケとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。 ▽前節マインツ戦をレヴァンドフスキのドッペルパックなどで4-0と快勝したバイエルンは、マインツ戦のスタメンから6選手を変更。負傷したGKノイアーとロッベンらが欠場となり、温存されたリベリやハメス・ロドリゲス、トリッソらがスタメンに戻った。 ▽[4-2-3-1]を採用し、2列目に右からハメス・ロドリゲス、ミュラー、コマンと並べたバイエルンが、5バックを敷くシャルケ相手に立ち上がりから攻勢に出た。まずは8分、ルディのボレーシュートが枠を捉えるも、GKフェールマンのファインセーブに阻まれる。 ▽続く10分にはハメス・ロドリゲスの浮き球パスに抜け出したボックス左のミュラーがシュート。しかし、ここもGKフェールマンに立ちはだかられる。 ▽その後、22分にカウンターを受けてブルクシュタラーにゴール至近距離からシュートを打たれるもGKウルライヒが凌ぐ。すると23分、ボックス左のハメス・ロドリゲスのクロスがナウドのハンドを誘い、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってPKを獲得した。これをレヴァンドフスキが決めてバイエルンが先制した。 ▽さらに29分、ベンタレブからボールを奪ってショートカウンターに転じると、トリッソのパスを受けたボックス右のハメス・ロドリゲスがGKの逆を突いてゴール右に流し込み、追加点を奪いきった。 ▽ハーフタイムにかけてもハメス・ロドリゲスを起点に試合をコントロールしたバイエルンが主導権を渡さずに2-0のまま前半を終えた。 ▽迎えた後半も一方的な展開に持ち込むと、75分にハメス・ロドリゲスの浮き球パスに抜け出したビダルがボレーシュートを流し込んで3-0。バイエルンがハメス・ロドリゲスの全ゴールに絡む活躍で快勝している。 2017.09.20 05:35 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース