ダルミアン、今夏にバイエルン移籍か2016.01.06 20:38 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽マンチェスター・ユナイテッドのイタリア代表DFマッテオ・ダルミアン(26)が、今シーズン終了後にバイエルンに移籍する可能性が浮上している。ドイツ『ビルト』が報じている。

▽2015年夏にトリノからユナイテッドに加入したダルミアンは、シーズン序盤こそまずまずのパフォーマンスを披露していたものの、フィジカル重視のプレミアのスタイルやチーム内で起用法が定まらない影響もあって、不遇をかこっている。この状況を受けて今冬の移籍市場では、ユベントスが獲得に動いているといわれているが、同選手の新天地はドイツになるかもしれない。

▽『ビルト』の伝えるところによれば、来シーズンからバイエルンの新指揮官に就任するカルロ・アンチェロッティ監督は、以前から同胞のダルミアンを高く評価しており、共に30歳を超える元ドイツ代表DFフィリップ・ラームとブラジル人DFラフィーニャに代わる右サイドバックの主軸として、同選手の獲得を望んでいるようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

バイエルン、ロンドンの2クラブから大型補強? アーセナル得点源やトッテナムの攻撃的SBに興味

バイエルンは来季に向けて、ロンドンの2クラブからの補強を画策しているかもしれない。ドイツ誌『キッカー』によると、バイエルンはアーセナルFWアレクシス・サンチェスとトッテナムDFカイル・ウォーカーらの獲得を検討しているという。<br><br>すでにホッフェンハイムからDFニクラス・ズューレ、MFセバスティアン・ルディといった守備的な選手の加入が決まっているバイエルン。カルロ・アンチェロッティ監督は先日の会見で、今後の補強プランについて「革命を起こすことはない」と大きな動きを否定していた。だが、その一方でここ最近エースFWのロベルト・レヴァンドフスキが本調子に至らない場合、オプションとする即戦力の必要性がより明らかになっているのも現状だ。<br><br>そんな中、バイエルンはレヴァンドフスキの代役兼パートナーとしてA・サンチェスの獲得に乗り出す可能性が浮上しているようだ。2014年夏に4400万ユーロ(約51億円)とされる移籍金でバルセロナからアーセナルに渡ったチリ代表FWだが、いまだに2018年までの現行契約を更新していないことから、『キッカー』曰く今夏には2500~3000万ユーロ(約29億~35億円)程度で交渉が可能とされる。<br><br>また同誌がトッテナム関係者から得た情報によると、バイエルンのテクニカルディレクターを務めるミヒャエル・レシュケ氏は22日のFAカップ準決勝チェルシー対トッテナムを観戦したという。レシュケ氏の目的はトッテナムの右サイドバックであるイングランド代表のウォーカーの視察とのこと。バイエルンは今シーズン限りで現役引退の意思を表明したDFフィリップ・ラームの後釜として同選手の獲得を考えており、移籍金は1800万ユーロ(約21億円)程度だと伝えられている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.24 19:57 Mon
twitterfacebook
thumb

バイエルン、ダビド・アラバの左ヒザ負傷を発表…26日ドルト戦は今後の状態次第

▽バイエルンは22日、オーストリア代表DFダビド・アラバが左ヒザ関節包負傷と診断されたことを発表した。 ▽アラバは同日に行われたブンデスリーガ第30節のマインツ戦で負傷。17分に負傷交代を余儀なくされていた。 ▽しかし、試合後、バイエルンを率いるカルロ・アンチェロッティ監督は「それほど大きな問題ではない」と言及。軽傷をアピールした。 ▽しかし、26日に行われるDFBポカール準決勝のドルトムント戦に出場可能かどうかについては、今後の状態を見てからの判断になるという。 2017.04.23 11:05 Sun
twitterfacebook
thumb

武藤PK獲得&ボージャン移籍後初ゴールのマインツがバイエルンにドロー《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第30節バイエルンvsマインツが22日にアリアンツ・アレーナで行われ、2-2で引き分けた。マインツのFW武藤嘉紀はフル出場している。 ▽前節は10人のレバークーゼンに0-0で引き分け、2位ライプツィヒに8ポイント差とされた首位バイエルン(勝ち点69)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のレアル・マドリー戦では延長戦にもつれ込んだ末にベスト8敗退に終わった。そのバイエルンはレアル・マドリー戦でGKノイアーが左足中足骨を骨折して今季絶望となり欠場。その他、ベテランのラームとシャビ・アロンソがベンチスタートとなった。 ▽一方、前節ヘルタ・ベルリン戦を1-0と辛勝して7試合ぶりの勝利を飾り、残留圏内の15位を死守したマインツ(勝ち点32)。ヘルタ戦では攻撃面で存在感を見せられなかった武藤だったが、3試合連続スタメンとなり、ボージャンと縦関係の2トップを形成した。 ▽試合は開始3分、意外にもマインツが先制する。ビダルのバックパスミスをカットしたボージャンがボックス中央へ侵入し、GKウルライヒとの一対一を制した。 ▽その後もカウンターを狙うマインツが主導権を握ると、15分には武藤のスルーパスを受けたエツナリがGKウルライヒとの一対一に。しかし、シュートはウルライヒの右手一本の好守に阻まれる。 ▽すると直後の16分、バイエルンはリベリのスルーパスを受けたロッベンがボックス左へ侵入し、ゴール右サイドネットへ流し込んで試合を振り出しに戻した。 ▽同点としたバイエルンだったが、アラバの負傷を受けてキミッヒをセンターバックに投入せざるを得なくなる。それでも、バイエルンが圧倒していくと、29分に左CKからミュラーがヘディングシュートでGKを強襲。続く33分にはミュラーがミドルシュートでゴールを脅かすも、わずかに枠を外れた。 ▽劣勢に陥っていたマインツだったが、40分に武藤がPKを獲得する。ボックス左で味方のパスを受けた武藤がキミッヒに足を引っかけられた。これをブロシンスキが決めてマインツが勝ち越しに成功し、前半を終えた。 ▽後半からリベリに代えてコマンを投入したバイエルンは、開始2分にチアゴの左足ボレーで同点ゴールに近づいた。その後も敵陣で試合を進めると、62分にはコマンが強烈なミドルシュートを浴びせる。 ▽その後、徐々に膠着状態に陥り、不穏な空気が流れていた中、バイエルンは73分に再び試合を振り出しに戻す。バイタルエリアでパスを受けたチアゴがペナルティアーク右から右足を一閃。これがゴール左隅に決まった。 ▽ここから勢いに乗るかと思われたが、終盤にかけてはチャンスを生み出せずに2-2のままタイムアップ。マインツが武藤のPK獲得とボージャンの移籍後初ゴールで王者相手に勝ち点1をもぎ取り、16位アウグスブルクとのポイント差を1に広げている。 2017.04.23 00:36 Sun
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第30節プレビュー】CL敗退のバイエルンは武藤マインツと対戦

▽前節は日本人対決が2試合実現し、武藤マインツが原口ヘルタ・ベルリンに1-0と勝利。そして、宇佐美アウグスブルクが大迫ケルンに2-1と勝利した。優勝争いではバイエルンがレバークーゼンに引き分け、2位ライプツィヒがフライブルクに快勝したことで勝ち点差が8に縮まっている。チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いでは3位ホッフェンハイム、4位ドルトムントが揃って勝利したため、勝ち点差は1でキープされた。残り5試合となって迎える第30節はCLベスト8敗退に終わったバイエルンが武藤マインツをホームに迎える。 ▽前節は10人のレバークーゼンに0-0で引き分け、火曜日に行われたCLレアル・マドリー戦では延長戦にもつれ込んだ末に敗退した首位バイエルン(勝ち点69)は、心身ともに疲弊していることが予想される。控えメンバーが先発に名を連ねる可能性が高い中、残留に向けて死に物狂いで向かってくるであろうマインツ撃破となるか。 ▽一方、2試合連続スタメンとなったものの、攻撃面で存在感を見せられなかった武藤だが、チームはヘルタに1-0と辛勝し、残留圏内の15位を死守。7試合ぶりの勝利となったが、残留プレーオフに回らなければならない16位アウグスブルクとは依然同勝ち点で並んでおり、予断を許さない状況が続く。バイエルン戦では武藤がベンチスタート予想となっているが、途中出場で金星獲得貢献となるか。 ▽バイエルンを追う2位ライプツィヒ(勝ち点61)は、11位シャルケとのアウェイ戦に臨む。前節は好調フライブルクを4-0と一蹴してリーグ戦4連勝としたライプツィヒは、ベストメンバーで臨める中、木曜日に行われたアヤックス戦を延長戦にもつれ込んだ末にELベスト8敗退に終わったシャルケ相手に5連勝を目指す。前節久々にベンチ入りした内田は引き続きベンチスタート予想となっている。 ▽サライとデミルバイのドッペルパックでボルシアMGとの打ち合いを制した3位ホッフェンハイム(勝ち点54)は、金曜日に大迫の7位ケルン(勝ち点40)と敵地で対戦する。ドルトムントが1ポイント差で追走する中、堅守ケルン相手に2試合連続攻撃陣爆発となるか。前節アウグスブルク戦で決定機を逸した大迫だが引き続き先発予想となっており、汚名返上といきたい。 ▽ロイスの復帰弾などでフランクフルトに快勝してバイエルン戦の大敗を払拭した4位ドルトムント(勝ち点53は、10位フランクフルト(勝ち点38)とのホーム戦に臨む。しかし、水曜日に行われたモナコとのCLでは1-3と敗れ、ベスト8敗退に終わった。リーグ戦一本となる中、モナコ戦でもフル出場した香川は引き続き先発予想となっているが、後半戦に入って大失速しているフランクフルトを撃破して3位浮上となるか。 ▽その他、マインツ戦で先発しながらも守備に追われたヘルタの原口はヴォルフスブルクとのホーム戦に臨むがベンチスタート予想。ボランチで好パフォーマンスが続いているハンブルガーSVの酒井高はダルムシュタットとのホーム戦を、ケルン戦で先発したもののインパクトを残せなかったアウグスブルクの宇佐美はフランクフルトとのアウェイ戦に臨むが先発予想となっている。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』を参照 ◆ブンデスリーガ第30節 ▽4/21(金) 《27:30》 ケルン vs ホッフェンハイム ▽4/22(土) 《22:30》 バイエルン vs マインツ ヘルタ・ベルリン vs ヴォルフスブルク ハンブルガーSV vs ダルムシュタット インゴルシュタット vs ブレーメン フランクフルト vs アウグスブルク 《25:30》 ボルシアMG vs ドルトムント ▽4/23(日) 《22:30》 フライブルク vs レバークーゼン 《24:30》 シャルケ vs ライプツィヒ 2017.04.21 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

CLベスト8敗退のバイエルン、2冠達成にも暗雲…守護神ノイアーが今季絶望

バイエルン・ミュンヘンに所属するドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが今シーズン残りの全日程を欠場することが明らかとなった。クラブの公式サイトが伝えている。<br><br>ノイアーは18日に行われたチャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグのレアル・マドリー戦で左足を負傷していた。バイエルンはクラブの公式メディアを通して「ノイアーはまずミュンヘンに戻ってメディカルチェックを受ける。その後、回復のための適切な治療法を決める」と発表していたが、精密検査の結果左足の中骨骨折と診断され、手術は必要ないものの保存療法による治療が行われることが決定。今シーズンの残りの全日程を欠場する見込みとなった。<br><br>ノイアーは「もちろん、シーズン終盤にチームの力になれないのは悲しい。できるだけ早期の復帰を目指して全力を注ぎたい。それが僕にとって最優先事項だ」とコメントを残した。<br><br>バイエルンはCL敗退で3冠達成の可能性は消滅。今後は、守護神不在でリーグ戦とカップ戦の2冠を目指していくことになる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.21 13:18 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース