ダルミアン、今夏にバイエルン移籍か2016.01.06 20:38 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽マンチェスター・ユナイテッドのイタリア代表DFマッテオ・ダルミアン(26)が、今シーズン終了後にバイエルンに移籍する可能性が浮上している。ドイツ『ビルト』が報じている。

▽2015年夏にトリノからユナイテッドに加入したダルミアンは、シーズン序盤こそまずまずのパフォーマンスを披露していたものの、フィジカル重視のプレミアのスタイルやチーム内で起用法が定まらない影響もあって、不遇をかこっている。この状況を受けて今冬の移籍市場では、ユベントスが獲得に動いているといわれているが、同選手の新天地はドイツになるかもしれない。

▽『ビルト』の伝えるところによれば、来シーズンからバイエルンの新指揮官に就任するカルロ・アンチェロッティ監督は、以前から同胞のダルミアンを高く評価しており、共に30歳を超える元ドイツ代表DFフィリップ・ラームとブラジル人DFラフィーニャに代わる右サイドバックの主軸として、同選手の獲得を望んでいるようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

“成功者”ペップの凄さって何? ロナウジーニョ「彼はどこに行っても…」

▽バルセロナで一時代を築いた元ブラジル代表FWロナウジーニョが同クラブ時代の恩師を語った。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽恩師とは、現在マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督だ。バルセロナ時代に14個のトロフィーをもたらしたグアルディオラ監督は、その後にバイエルンでも計7個のタイトルを獲得した後、2016年夏からシティへ。就任初年度の昨シーズンこそ無冠に終わったものの、今シーズンは首位を走るプレミアリーグを含め、タイトル獲得に期待が集まる戦いを演じている。 ▽かつてグアルディオラ監督のバルセロナ監督就任に伴い、出番を失い、ミランに活躍の場を求めることを余儀なくされたロナウジーニョ。しかし、ブラジルの天才は、そのグアルディオラ監督について問われると、次のように手腕を称賛している。 「彼は選手時代からテクニカルなマインドで既にプレーしていた。だから、監督になっても、そのスタイルは変わらないね。彼は、深いフットボール知識の持ち主なんだよ」 「彼がどこに行ったとしても、そこらへんにいる普通の監督以上のことを理解していて、ピッチ上での感覚をより知っているんだ」 2017.11.21 12:05 Tue
twitterfacebook
thumb

バイエルン、グリーズマンに“3度目の正直"なるか…SDは含み持たせる

バイエルンにとってアトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンは、現実的に選択肢となっているようだ。<br><br>ドイツ『スカイ』が先日、バイエルンが契約解除金1億ユーロ(約132億円)を支払い、グリーズマン獲得に動く準備があると伝えた。過去にバイエルンは2度グリーズマンの獲得に乗り出したが、当時の強化部長であったミヒャエル・レシュケ(現シュトゥットガルト)が大金を支払うことを拒み、移籍は実現しなかった。<br><br>バルセロナやマンチェスター・ユナイテッドといったビッグクラブへの移籍がうわさされるグリーズマン。現バイエルンのSD(スポーツディレクター)であるハサン・サリハミジッチは3度目の動きについて「まだない」としながらも、「考える時間はたっぷりある」と含みを持たしている。<br><br>なお、グリーズマンは今シーズン不調に陥り、わずか3ゴールにとどまっている。<br><br>提供:goal.com 2017.11.19 22:10 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルンがレヴァンドフスキの2発などで快勝し無敗継続《ブンデスリーガ》

▽バイエルンは18日、ブンデスリーガ第12節でアウグスブルクをアイアンツ・アレーナに迎え、3-0でバイエルンが勝利した。 ▽ここまで8勝2分け1敗で勝ち点26を積み上げて首位に立つバイエルンが10位のアウグスブルク(勝ち点16)をホームに迎えた。 ▽立ち上がりからバイエルンが優勢に試合を進めていくもチャンスを決めきれずにゴールレスの時間が続く。しかし30分、ボックス右でFKを獲得するとこの流れからレヴァンドフスキがヘディングシュート。ここはうまく当たらず、こぼれたボールをフンメルスが押し込みにかかるがブロックされる。しかしこぼれ球をビダルが押し込んでバイエルンが勢いのままに先制した。 ▽アウグスブルクは直後の33分に相手陣内でFKを獲得。グレゴリッチュが直接狙ったが、GKウルライヒの守備範囲内に飛んだ。すると39分にはバイエルンがカウンターからビダルのスルーパスに抜け出したレヴァンドフスキがネットを揺らして2点目を奪う。 ▽そのまま前半が終了するが後半も試合の大勢は変わらずバイエルンがアウグスブルクを押し込んで試合を進める。49分には右サイドのキミッヒが入れたクロスをレヴァンドフスキがダイレクトで押し込み、バイエルンが後半早々に3点目を奪った。 ▽余裕の試合運びを見せるバイエルンは、さらに追加点を目指してアウグスブルクを押し込んでいく。しかし77分にロッベン、80分にビダルを下げてそれぞれトリッソとルディを投入し試合を終わらせにかかった。 ▽終盤はお互いにチャンスを作り切れず。結局バイエルンが3発快勝で無敗を継続し、首位を快走している。 2017.11.19 01:20 Sun
twitterfacebook
thumb

不調のグリーズマンに意外な移籍先が浮上…130億円超の違約金を支払えるクラブは?

アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンに、新たな移籍先が浮上している。ドイツ『スカイ』が報じた。<br><br>今シーズンはゴール欠乏症で、不調に苦しむグリーズマンは先日、バルセロナ移籍のうわさが浮上。来シーズンから加入することで合意に至ったとも伝えられた。しかし、そんな折、ドイツの盟主バイエルン・ミュンヘンが獲得に興味を示しているようだ。<br><br>バイエルンはグリーズマンの契約解除金である1億ユーロ(約132億円)を払う準備ができているという。また、グリーズマンが以前「バイエルンでプレーすることはすべての選手にとって夢だ。世界でも最高のクラブの一つだからね」と話したこともうわさ話に拍車をかけている。<br><br>なお、グリーズマンはアトレティコとの契約を2022年まで残す。今後も去就には大きな注目が集まりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.18 21:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ドイツ代表DFキミッヒの知られざる少年時代「僕はバッドルーザーだった」

バイエルンに所属するドイツ代表DFヨシュア・キミッヒが、ドイツ誌『シュポルト・ビルト』のインタビューに応じ、少年時代を振り返った。<br><br>キミッヒはジョゼップ・グアルディオラ監督時代にディフェンスラインにコンバートされたものの、元々主戦場は中盤。ユース時代手本にしていた選手には「シャビ(・エルナンデス)や(バスティアン・)シュバインシュタイガーだね」と、ボランチで活躍していた選手たちを挙げた。<br><br>ユース年代は「10番」としてプレーしていたことも明かしつつ、レベルが上がっていくごとにポジションを下げていったと話す。また、その頃にはとてつもない負けず嫌いであったことも回顧する。<br><br>「僕はバッドルーザーだった。ユースの大会の時に父が監督で、選手たちを全員平等に扱いチャンスを与えた。僕は常にプレーしたかったから腹が立ったよ。負けたら、ピッチに残って泣いていたね」<br><br>両足を遜色なく使いこなし、高いパス精度でチームに貢献するキミッヒは、幼い頃の努力が今の自分を作り上げていると感じているようだ。<br><br>「父は常に両足を使うように練習させた。子供の時に左足を使って、倒れては泣いて何度も練習していた。諦めることは選択肢になかった。僕のモットーは自分を信じることだからね」<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.17 20:55 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース