ダルミアン、今夏にバイエルン移籍か2016.01.06 20:38 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽マンチェスター・ユナイテッドのイタリア代表DFマッテオ・ダルミアン(26)が、今シーズン終了後にバイエルンに移籍する可能性が浮上している。ドイツ『ビルト』が報じている。

▽2015年夏にトリノからユナイテッドに加入したダルミアンは、シーズン序盤こそまずまずのパフォーマンスを披露していたものの、フィジカル重視のプレミアのスタイルやチーム内で起用法が定まらない影響もあって、不遇をかこっている。この状況を受けて今冬の移籍市場では、ユベントスが獲得に動いているといわれているが、同選手の新天地はドイツになるかもしれない。

▽『ビルト』の伝えるところによれば、来シーズンからバイエルンの新指揮官に就任するカルロ・アンチェロッティ監督は、以前から同胞のダルミアンを高く評価しており、共に30歳を超える元ドイツ代表DFフィリップ・ラームとブラジル人DFラフィーニャに代わる右サイドバックの主軸として、同選手の獲得を望んでいるようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ラームの恩師はキミッヒを後継者に”指名” 「彼が我々の新しい右SBになれる」

バイエルンは、今年の11月に33歳の誕生日を迎える主将、DFフィリップ・ラームが引退する日をそれほど恐れていないかもしれない。アシスタントコーチのヘアマン・ゲアラント氏はドイツ『TZ』で、MFヨシュア・キミヒがその後釜になれると述べている。<br><br>キミヒはドイツ代表での自身2試合目となったユーロ2016の北アイルランド戦で右SBとして先発フル出場。この試合でパス成功率87%を記録するとともに、全選手中で最多となる9本のクロスを送り込んでいる。<br><br>バイエルンにとってそのパフォーマンスは、将来的にラームのポジションを任せられると安心できるものだったようだ。ゲアラント氏は次のように語った。<br><br>「フィリップが2年後に現役生活を終えても、我々は彼のポジションを心配する必要はない。ヨシュアがバイエルンの新しい右SBになれるのだからね。もちろん、それを決めるのはカルロ・アンチェロッティだがね」<br><br>ゲアラント氏は、カルロ・アンチェロッティ新監督の下でもアシスタントコーチを務めることが決定している。長年バイエルンのリザーブチームを率いた経歴を持ち、ラームの育て親としても知られる。<br><br>「フィリップは17歳のころにはすでに完璧だった。だけど、誰も彼のことを欲しがらなかったんだよ。(トップチームなどに)推薦したが、彼はまるで(売れ残った)&rdquo;苦いビール&rdquo;のようだったよ」<br><br>だが、ラームはのちにはバイエルン、そしてドイツ代表をけん引する存在となった。21歳のキミヒにも、余計なプレッシャーをかける必要はないとゲアラント氏は考えている。<br><br>「2人の選手を比較するのは常に難しいことだ。君たち(記者たち)も、フィリップは世界最高の右SBであることを忘れてはいけない。まだあれほど若いヨシュアが、今すでにフィリップの領域にたどり着けるはずはないだろう」<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.24 22:20 Fri
twitterfacebook
thumb

フンメルス、ユナイテッドを選ばなかったのは「CLに出られないから」

バイエルンに移籍したドイツ代表DFマッツ・フンメルスが、マンチェスター・ユナイテッドに移籍しなかった理由に、チャンピオンズリーグ(CL)出場権がなかったことを挙げた。<br><br>ボルシア・ドルトムントからバイエルンに移籍したフンメルスは、ユナイテッドをはじめとするプレミアリーグのクラブへの移籍も盛んに報じられていた。だが、『ズュートドイチェ・ツァイトゥング』で、フンメルスは次のように述べている。『ESPN』が伝えた。<br><br>「自分がプレーできると思った主要リーグは、イングランド、スペイン、ドイツだった。でも、イングランドのクラブは全体としてのパッケージが合わなかったんだ。全体としてのパッケージというのは、僕が魅力を覚えるクラブか、加わりたいとずっと思ってきたクラブか、スポーツ面で正しい集団か、そしてもちろんCLに出られるかどうかということだ」<br><br>「そして最後の項目(CL)のために、一つのクラブは排除された。それがどのクラブかは、想像できるだろう」<br><br>また、フンメルスはアーセナルやリーガエスパニョーラのクラブからのオファーはなかったと明かしている。<br><br>「オファーはなかった。スペインについても同じだ。コンタクトはずっとあったけど、選択肢ではない。だからドイツでキャリアを続けるという決断を下した」<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.22 01:10 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルン、アンチェロッティ体制の新スタッフを発表

▽バイエルンは21日、カルロ・アンチェロッティ新監督と共に来シーズンのチームを指揮するコーチ陣を発表した。 ▽アンチェロッティ監督の副官を務めるのは、チェルシー時代から同監督をサポートしてきたイングランド人のポール・クレメント氏。44歳のクレメント氏は、チェルシーとパリ・サンジェルマン、レアル・マドリーでアンチェロッティ監督をサポートしてきた。また、今シーズン途中まではチャンピオンシップ(イングランド2部)のダービーで監督を務め、U-21イングランド代表のコーチも務めていた。 ▽また、ルイス・ファン・ハール監督、ユップ・ハインケス監督、ジョゼップ・グアルディオラ監督と共に仕事をしてきたヘルマン・ゲルラント氏が、クレメント氏と共に引き続きアシスタントコーチを務める。 ▽フィットネス部門では、ジョヴァンニ・マウリ氏とその息子のフランチェスコ・マウリ氏、アンチェロッティ監督の息子ダヴィデ・アンチェロッティ氏が新スタッフとして加入。また、娘の恋人であるミーノ・フルコ氏が栄養士として加入する。 2016.06.22 00:08 Wed
twitterfacebook
thumb

DFBポカール1回戦の組み合わせが決定! 王者・バイエルンはアマチュアリーグのイエナと対戦《DFBポカール》

▽19日、2016-17シーズンのDFBポカール1回戦の組み合わせが決定した。1回戦は8月19日から22日にかけて開催される。 ▽2015-16シーズン王者のバイエルンは、かつてDF菊地直哉(現サガン鳥栖)が所属したこともあるイエナと対戦。日本代表MF香川真司が所属する昨季ファイナリストのドルトムントは、SVアイントラハト・トリアと対戦する。 ▽その他、日本人選手が所属するクラブはアマチュアリーグのクラブと対戦することが決定。日本代表MF原口元気が所属するヘルタ・ベルリンは3部のレーゲンスブルクと対戦する。DFBポーカル1回戦の対戦カードは以下のとおり。 ◆2016-17 DFBポカール1回戦 トリア(アマチュア) vs <B>ドルトムント</B>※香川真司 フィリンゲン(アマチュア) vs <B>シャルケ</B>※内田篤人 マグデブルク(3部) vs <B>フランクフルト</B>※長谷部誠 レーゲンスブルク(3部) vs <B>ヘルタ・ベルリン</B>※原口元気 ウンターハッヒング(アマチュア) vs <B>マインツ</B>※武藤嘉紀 ツヴィッカウ(3部) vs <B>ハンブルガーSV</B>※酒井高徳 BFCプロイセン(アマチュア) vs <B>ケルン</B>※大迫勇也 1860ミュンヘン(2部) vs <B>カールスルーエ</B>(2部)※山田大記 リューベック(アマチュア) vs <B>ザンクト・パウリ</B>(2部)※宮市亮 イエナ vs バイエルン ハウエンシュタイン vs レバークーゼン ドロホテルセン vs ボルシアMG FSVフランクフルト vs ヴォルフスブルク ラヴェンスブルク vs アウグスブルク エゲストルフ vs ホッフェンハイム ブレーマーSV vs ダルムシュタット アウエ vs インゴルシュタット ロッテ vs ブレーメン ドレスデン vs RBライプツィヒ オッフェンバッハ vs ハノーファー ホンブルク vs シュツットガルト ヴァッテンシャイト vs ハイデンハイム デュイスブルク vs ウニオン・ベルリン ヴルツブルク vs ブラウンシュヴァイク ノルダーシュテット vs グロイター・フュルト バベルスベルク vs フライブルク ヴァルドルフ vs ボーフム ヴィクトリア・ケルン vs ニュルンベルク エッセン vs ビーレフェルト ロストック vs デュッセルドルフ パダーボルン vs ザントハウゼン ハレ vs カイザースラウテルン 2016.06.19 15:08 Sun
twitterfacebook
thumb

ユーベ、「BBC」を支える新DF獲得か ベナティアやムスタフィが候補

ユベントスには強力な「BBC」がいる。だが、クラブは守備の強化を怠らない考えのようだ。バイエルンDFメフディ・ベナティアやバレンシアDFシュコドラン・ムスタフィに関心を寄せているという。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。<br><br>リーグ5連覇中のイタリア王者は、DFアンドレア・バルザーリ、DFレオナルド・ボヌッチ、DFジョルジョ・キエッリーニの強力3バックに信頼を寄せている。レアル・マドリーの強力3トップになぞらえ、頭文字を取って「BBC」と呼ばれる3選手は、現在開催中のユーロ2016でも、イタリアのベスト16進出に貢献している。<br><br>だが、ユーベはこの夏、DFマルティン・カセレスが契約満了で退団予定。若手のDFダニエレ・ルガーニが控えるが、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は守備陣の選手層を厚くするために補強を望んでいるようだ。<br><br>ベナティアは以前からイタリア復帰の可能性が噂されている。この夏はドルトムントからDFマッツ・フンメルスがバイエルンに加わるだけに、なおさら移籍の可能性が取りざたされているところだ。ベナティアには古巣ローマも依然として興味を示していると言われる。<br><br>『ガゼッタ』によれば、ベナティアはユベントス移籍を好意的にみているようだ。だが、買い取りオプション(ないし義務)つきのレンタル移籍という形態や買い取り金額に関して、両クラブが合意していないという。<br><br>一方のムスタフィは、センターバックと右サイドバックをこなせるとあり、カセレスの後継者としては理想的な選手だ。インテルやローマも関心を寄せるムスタフィの獲得に、ユーベは1500~2000万ユーロを用意しているという。<br><br>なお『ガゼッタ』は、ユーベがミランDFマッティア・デ・シリオにも引き続き注目していると報じた。ユーベはバルセロナ退団を決めたDFダニエウ・アウベスの獲得が確実と言われ、DFシュテファン・リヒトシュタイナーの去就が騒がれている。同選手が退団する場合、ユーベは両サイドでプレーできるデ・シリオの獲得に動くかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.19 00:58 Sun
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース