ダルミアン、今夏にバイエルン移籍か2016.01.06 20:38 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽マンチェスター・ユナイテッドのイタリア代表DFマッテオ・ダルミアン(26)が、今シーズン終了後にバイエルンに移籍する可能性が浮上している。ドイツ『ビルト』が報じている。

▽2015年夏にトリノからユナイテッドに加入したダルミアンは、シーズン序盤こそまずまずのパフォーマンスを披露していたものの、フィジカル重視のプレミアのスタイルやチーム内で起用法が定まらない影響もあって、不遇をかこっている。この状況を受けて今冬の移籍市場では、ユベントスが獲得に動いているといわれているが、同選手の新天地はドイツになるかもしれない。

▽『ビルト』の伝えるところによれば、来シーズンからバイエルンの新指揮官に就任するカルロ・アンチェロッティ監督は、以前から同胞のダルミアンを高く評価しており、共に30歳を超える元ドイツ代表DFフィリップ・ラームとブラジル人DFラフィーニャに代わる右サイドバックの主軸として、同選手の獲得を望んでいるようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

レヴァンドフスキ、マドリーだけでなくPSGも接触? 代理人は否定

バイエルンFWロベルト・レヴァンドフスキは、移籍先の候補としてレアル・マドリーだけでなくパリ・サンジェルマン(PSG)とも接触していると報じられたが、同選手の代理人はこれを否定している。<br><br>レヴァンドフスキの代理人の一人であるチェザリ・クハルスキ氏は先日、マドリーが同選手の獲得に関心を抱いており、コンタクトを取ってきたと明らかにしていた。レヴァンドフスキ自身も「新たな刺激を追い求める」可能性に言及し、必ずしもバイエルンに残るとは限らないという姿勢を示している。<div id="ad"></div><br><br>一方でバイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOはレヴァンドフスキについて、「来季もバイエルンでプレーする。すでに決定は下されている」と明言し、ポーランド代表FWを売却しない意向を明確にした。<br><br>それでも、ブンデスリーガでゴールを量産してきたレヴァンドフスキを他のビッグクラブが狙っているという噂は絶えない。ドイツ『ビルト』は、FWズラタン・イブラヒモビッチの後継者を探すPSGがレヴァンドフスキの獲得に動いていると報じた。クハルスキ氏およびもう一人の代理人であるマイク・バルテル氏が3月にPSGと接触し、移籍に向けた話し合いを行ったというのが『ビルト』の主張だ。<br><br>だがバルテル氏は、この報道を否定する姿勢を取った。「レヴァンドフスキはパリとも交渉を行った」という『ビルト』南ドイツ版スポーツ部長のツイートに返信する形で、「間違いだ」と簡潔な一言を返している。<br><br><br><br>提供:goal.com 2016.05.30 19:58 Mon
twitterfacebook
thumb

バイエルンCEO、レヴァンドフスキのマドリー行きを否定 「来季もバイエルン」

バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOは、来季レアル・マドリーへの移籍の可能性が取りざたされるFWロベルト・レヴァンドフスキ(27)の放出を強く否定している。<br><br>レヴァンドフスキの代理人チェザリ・クハルスキ氏は先日、マドリーが同選手の獲得に関心を抱いているとして、コンタクトを取っていることを明らかにしていた。レヴァンドフスキも「契約は絶対ではない」として、2019年まで契約を残すバイエルンを離れる可能性も否定はしなかった。<br><br><div id="ad"></div>前所属クラブのドルトムント時代も含めてブンデスリーガで6年間プレーしてきたレヴァンドフスキは、新たな挑戦を求める可能性もあるのだろうか。だがルンメニゲCEOは、ポーランド代表FWの残留は決定しているとドイツ『キッカー』に語った。<br><br>「1つ、私が確実に分かっていることがある。ロベルト・レヴァンドフスキは来シーズンもバイエルンでプレーするということだ」<br><br>「すでに決定は下されている。我々がロベルト・レヴァンドフスキを売ることはないよ。どんなオファーが届いたとしてもね」<br><br><br><br>提供:goal.com 2016.05.29 13:58 Sun
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキ代理人、マドリーと接触 本人も「新しい刺激」に言及

バイエルン・ミュンヘンFWロベルト・レヴァンドフスキの代理人が、レアル・マドリーとのコンタクトを明かした。選手本人も「新たな刺激」に言及している。 以前もマドリー移籍が騒がれたレヴァンドフスキについて、代理人のチェザリ・クハルスキ氏がドイツ『シュピーゲル』で次のように述べている。イギリス『ガーディアン』が伝えた。 <div id="ad"></div> 「数週間前、マドリーは我々にコンタクトを取ってきた。我々は彼らの話をすべて聞いたよ。エキサイティングなビッグクラブだ。我々はマドリーと話したことをバイエルンにも伝えた」<br><br>さらに、レヴァンドフスキ本人は移籍を検討しているかのようなコメントを残している。<br><br>「サッカーにおいて契約は聖遺物ではない。そういう姿勢に好き嫌いはあるだろうけど、それは真実なんだ。新たな刺激を追い求めることに意味があるかどうかを考えなければいけないときもある」<br><br>ジョゼップ・グアルディオラ監督が退任し、来季からカルロ・アンチェロッティ氏を迎えるバイエルンは、レヴァンドフスキを手放すことになるのだろうか。契約は2019年までだが&hellip;。<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.28 10:29 Sat
twitterfacebook
thumb

ペップ超えを狙うアンチェロッティ「最初の会見はドイツ語で」

新シーズンからバイエルンを率いるカルロ・アンチェロッティ氏は、周囲の要求が高いことを理解している。ドイツメディアに対するインタビューで、2015-16シーズンを「上回ることを目指さなければいけない」と話した。<br><br>3シーズンにわたってバイエルンを指揮したジョゼップ・グアルディオラ監督は、チャンピオンズリーグこそ3年連続で準決勝敗退だったものの、ブンデスリーガ3連覇を含む7タイトルを獲得した。2015-16シーズンも国内2冠を達成している。<br><br><div id="ad"></div><br>そのグアルディオラ監督がマンチェスター・シティへ行き、後任にアンチェロッティ氏がやってくる。前任者の功績を考えると、要求が高くなるのは必然だ。<br><br>ドイツ『スカイ』に対して、アンチェロッティ氏がこのように語った。<br><br>「大きな仕事が待っている。素晴らしかったこのシーズンを上回ることを試みなければいけないからね。私の哲学や、やり方を採り入れたいが、多くを変えるつもりはない。チームはファンタスティックだ。バイエルンの戦力についてはとてもハッピーだよ」<br><br>「(15-16シーズンは)スーパーだった。だが、もちろん次のシーズンはさらにうまくやることが求められる。何が起こるか分からないが、良い仕事ができると確信しているよ」<br><br>母国イタリアのほか、イングランド、フランス、スペインのビッグクラブを率いてきたアンチェロッティ氏。ブンデスリーガという新しい舞台も楽しみにしている。<br><br>「新しい国で暮らし、新しい経験を集めることができる。だから、バイエルンの監督になることを非常に楽しみにしているよ。今は毎日ドイツ語の勉強をしているんだ。時間があるからね。最初の会見はドイツ語で話すつもりだ」<br><br>グアルディオラ監督は2013年、入団会見からドイツ語で臨み、現地メディアやファンに喜ばれた。アンチェロッティ氏は、前任者に負けていられないと考えているのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.27 19:33 Fri
twitterfacebook
thumb

アンチェロッティが明かすイブラ節…「違いを作れるのは世界でメッシ、C・ロナウド、オレだけ」

▽来シーズンからバイエルンを率いるカルロ・アンチェロッティ新監督が、今夏のマンチェスター・ユナイテッド移籍で注目を集めるスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの秘話を明かした。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 ▽アンチェロッティ新監督とイブラヒモビッチは、パリ・サンジェルマン(PSG)時代に師弟関係を築いた間柄。そのアンチェロッティ新監督は、新たに執筆した自身の著書でイブラヒモビッチとのやり取りの中で、印象に残っている1つのエピソードを紹介した。 <div id="ad"></div> 「彼は誰であっても、本心を明かすことを恐れていない。私に対してもね。以前に、彼と(元アルゼンチン代表FW)エルナン・クレスポについて話したことがあったんだ。私がクレスポのことを素晴らしいストライカーだと言うと、彼はこう返してきた」 「『そうだな。彼はストライカーだ。だけど、彼は違いを作れない。それができる選手が世界に3人だけいる。イブラヒモビッチ、(バルセロナのFWリオネル・)メッシ、(レアル・マドリーのFWクリスティアーノ・)ロナウドだけだ』ってね」 2016.05.27 12:00 Fri
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース