休暇中に逮捕されていたブロゾビッチについてマンチーニ「手放すつもりはない」2016.01.06 00:11 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽6日に行われるセリエA第18節のエンポリ戦の前日会見に臨んだインテルのロベルト・マンチーニ監督は、ウィンターブレイク中に母国クロアチアで逮捕されていたクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチについて言及した。クラブ公式サイトが伝えている。

▽ブロゾビッチは、クリスマスに母国へ帰った際に、飲酒運転、信号無視、無免許運転と3つの交通違反を犯し逮捕されていた。

▽問題行動を起こしたブロゾビッチについて問われたマンチーニ監督は、成長する必要があるとしながらも、放出する気はないと語った。

「もし彼が冷静さをキープすることができたならば、素晴らしい選手になるだろう。私が信じられないほどのオファーが届いたとしても、手放すつもりはない」

コメント

関連ニュース

thumb

パストーレ、どこに行く? セビージャも獲得レースに名乗り

▽パリ・サンジェルマン(PSG)で将来が不透明な状況に陥るアルゼンチン代表MFハビエル・パストーレ(28)にリーガエスパニョーラ挑戦の可能性が浮上した。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ▽2011年にパレルモからPSG入りしたパストーレ。だが、近年は度重なる故障や、ブラジル代表FWネイマールら有力なタレントの加入に伴い、定期的な出場機会を確保できず、PSGの放出リストに名が挙がっているとみられている。 ▽そのアルゼンチンのファンタジスタを巡っては現在、バレルモ時代に慣れ親しんだセリエAのユベントスやインテルの興味が伝えられるほか、プレミアリーグのチェルシーやリバプールも後に続いているという。 ▽だが、その獲得レースにリーガエスパニョーラからもセビージャが参戦の意向を示している模様。伝えられるところによれば、セビージャは2000万ユーロ(26億3000万円)で獲得できると自信を深めているようだ。 2017.11.22 13:25 Wed
twitterfacebook
thumb

復調気配も…マドリ―はベンゼマに変わりインテルFWに熱視線!? 元清水のあの選手が証言!

▽レアル・マドリーが新たなストライカーの獲得に興味を持っているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽マドリ―ではこれまでフランス代表FWカリム・ベンゼマがセンターフォワードのポジションを勝ち取っていた。しかし今シーズンは不振に陥っており、リーグ戦8試合で1ゴールにとどまっている。 ▽21日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループH第5節のアポエル戦では2ゴールを奪うなど復調気配があるベンゼマだが、クラブは同選手のパフォーマンスに満足していないようで、すでに新たなストライカーを探しているという。 ▽『マルカ』によると、マドリ―はインテルのアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディに興味を持っているようだ。さらに同メディアは、かつてフィオレンティーナやミラン、さらに清水エスパルスで活躍した元イタリア代表FWダニエレ・マッサーロ氏のコメントを引用。「来年、イカルディはベンゼマのポジションでプレーしているだろう」と、来夏のマドリ―入りを予想した。 ▽2013年からインテルでプレーするイカルディは、同クラブのキャプテンとして活躍中。今シーズンはリーグ戦13試合で13ゴールをマークし、得点ランキングでは2位につけている。なお、同選手は2016年10月に、インテルとの契約を2021年まで延長しており、契約解除金は1億ユーロ(約131億7800万円)以上になると見られている。 2017.11.22 10:28 Wed
twitterfacebook
thumb

今季初先発の長友佑都ライバル、ポジション争いに自信「ここで幸せ。準備はできているよ」

インテルは、19日に行われたセリエA第13節のアタランタ戦に2-0で勝利した。この試合で今季初先発を飾ったDFダビデ・サントンは、勝利を喜びつつ、ルチアーノ・スパレッティ監督との間に問題はないと語っている。<br><br>ここまでリーグ戦無敗をキープし、難敵アタランタをホームに迎えたインテル。51分にFKからエースのイカルディの頭のゴールで先制すると、さらにその8分後に再びイカルディがヘディングで決め、相手の攻撃を最後までシャットアウト。リーグの無敗記録を「13」にまで伸ばしている。<br><br>この試合で、日本代表DF長友佑都に代わって左サイドバックで先発したサントンは、今季初の先発フル出場を果たしている。26歳のイタリア人は、フル出場は「幸せ」と語りつつ、難敵相手の勝利を喜んでいる。<br><br>「約1年ぶりのフル出場は嬉しかったよ。アタランタと対戦するのはいつだってハードだ。今日も難しかったけど、勝利と2位浮上は良いことだね。多彩でフィジカルなベルガモのチーム相手に良い試合ができたし、クリーンシート達成は誇らしいことだと思うよ。僕らは試合毎に改善しているし、良い準備をしてきたから、勝利に値しただろう」<br><br>今季は長友の活躍もあり、ここまで出場時間は7分にとどまっていたサントンだが、スパレッティ監督とは問題はないとし、ポジション争いの準備はできていると語っている。<br><br>「スパレッティとの間には、誠実でリスペクトを持った関係性がある。僕はインテルを愛している。クラブとファンはシンプルに最高だ。定位置争いの準備はできている。監督の選択に従うし、選手は選ばれたらいつでもプレーする準備をしないとね」<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.21 13:48 Tue
twitterfacebook
thumb

長友に代わって先発のDF、インテル勝利も最低評価「興味深い決断だった」

インテルのDF長友佑都に代わって先発でチャンスを得たDFダビデ・サントンだったが、アピールに失敗している。<br><br>インテルは19日、セリエA第13節でアタランタと対戦。この試合で左サイドバックを務めたのは長友でも今夏加入したダウベルト・エンリケでもなく、リーグ戦でいまだ先発出場のなかったサントンであった。<br><br>試合はエースのマウロ・イカルディが2ゴールを挙げてインテルが勝利。開幕からの無敗を守り、2位をキープしている。しかし、リーグ戦初先発のサントンの評価は厳しいものとなった。<br><br>『フットボール・イタリア』では、サントンに対してチーム最低タイとなる「5」の採点を与え、以下のように寸評を記した。<br><br>「今季セリエAでは初先発となったが、(イヴァン)ペリシッチとの関係性と最後のボールの供給に苦しんだ。長友佑都とダルベルトをベンチに置いたことを考えれば、サントンを先発にするというのは興味深い決断だった」<br><br>なお、最高は「9」を獲得したイカルディとなっている。9月24日ジェノア戦以来の出番なしに終わった長友だが、次節のカリアリ戦では再び出場機会が巡ってくることが期待される。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.20 13:12 Mon
twitterfacebook
thumb

インテルがイカルディのドッピエッタで難敵アタランタに快勝! 長友は出場せず《セリエA》

▽インテルは19日、セリエA第13節でアタランタをホームに迎え、2-0で快勝した。インテルのDF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節トリノ戦を途中出場のエデル弾で引き分けて無敗を維持した3位インテル(勝ち点30)は、日本代表としてブラジル戦とベルギー戦にフル出場した長友がベンチスタートとなってサントンが起用された。 ▽9位アタランタ(勝ち点16)に対し、一進一退の攻防で立ち上がると、16分にピンチ。ハテボエルにボックス右に侵入され、枠内シュートを浴びせられるが、GKハンダノビッチがセーブした。 ▽ひやりとしたインテルは25分に反撃。ボルハ・バレロのダイレクトヒールパスに抜け出したイカルディがGKと一対一に。しかし、ややシュートコースが甘く止められてしまう。 ▽ハーフタイムにかけてはインテルが押し込む時間を増やしたが、アタランタ守備陣を崩せずに前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、開始6分にインテルが試合を動かす。右サイドからのカンドレーバのFKをフリーとなったイカルディがヘッドで叩き込んだ。 ▽失点を受けてイリチッチに代えてペターニャを投入してきたアタランタに対し、60分にインテルが突き放す。右サイドからのダンブロージオの左足クロスをイカルディがヘディングで流し込んだ。 ▽その後、アレハンドロ・ゴメスを諦めてオルソリーニを投入してきたアタランタをインテルがシャットアウト。イカルディのドッピエッタでインテルが勝利し、ユベントスを抜いて2位に浮上している。 2017.11.20 06:43 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース