休暇中に逮捕されていたブロゾビッチについてマンチーニ「手放すつもりはない」2016.01.06 00:11 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽6日に行われるセリエA第18節のエンポリ戦の前日会見に臨んだインテルのロベルト・マンチーニ監督は、ウィンターブレイク中に母国クロアチアで逮捕されていたクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチについて言及した。クラブ公式サイトが伝えている。

▽ブロゾビッチは、クリスマスに母国へ帰った際に、飲酒運転、信号無視、無免許運転と3つの交通違反を犯し逮捕されていた。

▽問題行動を起こしたブロゾビッチについて問われたマンチーニ監督は、成長する必要があるとしながらも、放出する気はないと語った。

「もし彼が冷静さをキープすることができたならば、素晴らしい選手になるだろう。私が信じられないほどのオファーが届いたとしても、手放すつもりはない」

コメント

関連ニュース

thumb

インテルがダルミアンにオファーもユナイテッドが拒否

▽インテルがマンチェスター・ユナイテッドのイタリア代表DFマッテオ・ダルミアン(26)にオファーを出したようだ。イタリア『スカイ・スポーツ・イタリア』が報じた。 ▽ユナイテッドは新シーズンからジョゼ・モウリーニョ監督を招へい。するとダルミアンは開幕から3戦連続で出場機会を与えられなかった。そのためセリエAの複数クラブがダルミアンの動向を追っていると言われていた。 ▽『スカイ・スポーツ・イタリア』によると、インテルがダルミアンの獲得に向けて正式なオファーを提示したという。しかしモウリーニョ監督の判断で、ユナイテッドはこのオファーを拒否した。 ▽なお、ダルミアンは2015-16シーズンにトリノからユナイテッドに加入。同年は公式戦39試合1ゴールを記録した。クラブとは2019年6月まで契約が残っている。 2016.08.31 09:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ベシクタシュ、インテルからトルコ代表DFエルキンを買取義務付きレンタルで獲得! ポルトからカメルーン代表FWアブバカルも加入

▽インテルは30日、トルコ代表DFジャネル・エルキン(27)がベシクタシュに買取義務付きの1年間のレンタル移籍で加入することを発表した。 ▽左利きの攻撃的サイドバックのエルキンは、今夏にフェネルバフチェからインテルにフリートランスファーで加入。だが、獲得を希望したロベルト・マンチーニ前監督が退任し、フランク・デ・ブール新監督が就任したことで、まさかの構想外に。インテルでの公式戦の出場がないまま、母国のトルコに帰還することになった。 ▽また、ベシクタシュは29日、ポルトからカメルーン代表FWヴァンサン・アブバカル(24)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得した。同選手は昨シーズン終了後にクラブを退団したドイツ代表FWマリオ・ゴメスに代わる新エースストライカーとして活躍が期待される。 2016.08.31 05:44 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル、ブラジルの新星“ガビゴル”獲得を正式発表! 20歳の誕生日に5年契約にサイン

▽インテルは30日、サントスからブラジル代表FWガブリエウ・バルボサ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの5年契約となる。なお、移籍金に関して、『フットボール・イタリア』は、2500万ユーロ(約28億円)と推定している。 ▽ブラジル国内で“ガビゴル”との愛称で親しまれているガブリエウは、バルセロナでプレーするブラジル代表FWネイマールの後継者として、高い評価を受けるサントスの逸材。リオ五輪でもブラジルの初優勝に貢献し、ユベントスやバルセロナらが興味を示していると伝えられていた。 ▽自身の20歳の誕生日にインテルとの5年契約にサインした超新星は、27日に同時に加入が発表されていたポルトガル代表MFジョアン・マリオ(23)と共に、新生インテルのバンディエラとしての活躍が期待される。 2016.08.31 02:00 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシー、インテルからブロゾビッチ獲得が濃厚に

インテルMFマルセロ・ブロゾビッチが、チェルシーへ移籍することになりそうだ。『Goal』はまもなく決定するという情報を得た。<br><br>チェルシーとインテルは、2500万ユーロでブロゾビッチを移籍させることで合意した模様だ。選手とクラブ間の交渉がまだ合意に達していないものの、関係者は『Goal』に対して、8月31日までに正式決定を迎えられるはずだと話している。<br><br>ガビゴルとジョアン・マリオを獲得したことで、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)に抵触しないためにブロゾビッチを手放す必要があると言われているインテル。無事に売却先が決まりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.30 04:31 Tue
twitterfacebook
thumb

途中出場カンドレーバからイカルディ弾のインテル、格下パレルモにドロー《セリエA》

▽インテルは28日、セリエA第2節でパレルモとのホーム戦に臨み、1-1で引き分けた。インテルの長友は右足を負傷して欠場となっている。 ▽開幕戦のキエーボ戦を完敗したF・デ・ブール新体制のインテルは、前節のスタメンから3選手を変更。負傷した長友、低調なプレーに終わったカンドレーバとラノッキアに代わってペリシッチ、サントン、出場停止明けのムリージョが入った。 ▽キエーボ戦に続き[4-3-3]を採用したF・デ・ブール監督は、中盤アンカーにバネガを配置。その両脇にコンドグビアとメデルを据え、3トップに右からペリシッチ、イカルディ、エデルと配置した。 ▽インテルが積極的な入りを見せたものの、7分に大ピンチを迎える。FKからボックス中央へフリーで走り込まれたゴルダニーガに右足で合わせられたシュートが枠の左へ外れて助かった。 ▽バネガがゲームを組み立てて押し込むインテルは32分、左サイドからのクロスが流れたルーズボールをメデルが拾って右足でシュート。枠の左を捉えていたが、DFの好カバーにブロックされる。ここからギアを上げたインテルは続く35分にボックス左で仕掛けたペリシッチが左足シュートでGKを強襲すれば、直後の右CKからミランダの放ったヘディングシュートがわずかに枠の左へ外れた。 ▽さらに37分にはバネガの右サイドからのFKをムリージョが頭で合わせる決定機を演出。しかし、これも枠の右に外れ、先制とはならない。前半終了間際の45分にはイカルディのヒールでの落としを受けたボックス右のメデルがシュートに持ち込んだが枠の右へ外れ、圧倒しながらも前半をゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半開始3分、インテルは痛恨の失点を喫する。ボックス手前右からリスポーリの放ったボレーシュートがサントンに当たってディフレクトし、無情にもボールが枠の左に吸い込まれた。 ▽まさかの失点を喫したインテルは51分にペリシッチがヘディングシュートでGKを強襲するも、その後は焦りからかミスを頻発。なかなかシュートに持ち込めない状況が続く。そこで68分、F・デ・ブール監督はペリシッチに代えてカンドレーバを投入。70分にはFKからイカルディがフリーでヘディングシュートを放ったが、枠の右に外してしまう。 ▽それでも72分、エースが汚名を返上する。右サイドからカンドレーバの上げた鋭いクロスにニアへ走り込んだイカルディが頭で合わせてネットを揺らした。77分にもカンドレーバの右クロスからエデルが決定的なヘディングシュートを放つも、わずかに枠の左に外れたインテルは、終盤にかけてトーンダウン。決定機を作れずに1-1で終了し、開幕から2戦格下相手に引き分けたチームに対して会場からはブーイングが鳴り響いた。 2016.08.29 03:04 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース