休暇中に逮捕されていたブロゾビッチについてマンチーニ「手放すつもりはない」2016.01.06 00:11 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽6日に行われるセリエA第18節のエンポリ戦の前日会見に臨んだインテルのロベルト・マンチーニ監督は、ウィンターブレイク中に母国クロアチアで逮捕されていたクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチについて言及した。クラブ公式サイトが伝えている。

▽ブロゾビッチは、クリスマスに母国へ帰った際に、飲酒運転、信号無視、無免許運転と3つの交通違反を犯し逮捕されていた。

▽問題行動を起こしたブロゾビッチについて問われたマンチーニ監督は、成長する必要があるとしながらも、放出する気はないと語った。

「もし彼が冷静さをキープすることができたならば、素晴らしい選手になるだろう。私が信じられないほどのオファーが届いたとしても、手放すつもりはない」

コメント

関連ニュース

thumb

「サンチェスをインテルで見てみたい」インテルのレジェンドがアーセナルのエース獲得を熱望

アーセナル退団の噂が浮上しているチリ代表FWアレクシス・サンチェスに対して、インテルの往年の名手サンドロ・マッツォーラが地元紙『コリエレ・デッロ・スポルト』の取材で語っている。<br><br>マッツォーラは「サンチェスは魅力的な選手だ。彼がインテルに加入してくれたら、チームの完成度はより高まる」と発言。アーセナルからの退団の噂が絶えないサンチェスについて、自身がかつてプレーしたインテルへの加入を希望していることを明かした。<br><br>A・サンチェスは現在アーセナルでプレーしているが、過去にウディネーゼに在籍していたこともあり、セリエAの適応にも不安はない。<br><br>1942年生まれ、現在74歳のマッツォーラは1960年代の&ldquo;グランデ・インテル&rdquo;の中心選手として知られるご意見番。生涯インテルを貫いた同氏は、古巣の復活にはサンチェスの力が必要だと分析している。<br><br>サンチェスとアーセナルの契約は2018年まで。サンチェスはユベントス、パリ・サンジェルマン、アトレティコ・マドリーなどが狙う人気銘柄としても知られるが、果たしてアーセナルを去るとすればどのチームに新天地を求めるのか、今夏の移籍市場でも話題を集めることになりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.01 15:04 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル、今夏のベラルディ獲得が内定か

▽インテルが、今夏の移籍市場でサッスオーロのU-21イタリア代表FWドメニコ・ベラルディ(22)の獲得を内定させたようだ。イタリア『Il Giornale』が報じている。 ▽2013年にセリエAに昇格したサッスオーロで2シーズン連続15ゴール以上を挙げる大活躍をみせ、一躍イタリアの次代を担う若手アタッカーとして注目を集めたベラルディ。以前はサッスオーロと友好関係を築くユベントスとの共同保有という形の契約を取っており、2016年夏にはユベントス移籍が既定路線となっていたものの、結局サッスオーロ残留という道を選択した。 ▽だが、『Il Giornale』の伝えるところによれば、新オーナーとなった中国『蘇寧グループ』から今夏に2億ユーロ(約238億円)の補強資金を与えられるといわれるインテルが、今夏のステップアップを目指すベラルディ獲得に着手したという。そして、既にベラルディ、サッスオーロ双方と移籍に向けた交渉で合意を取り付けたようだ。 ▽なお、先日のミラン戦でPKを失敗したものの、“ミランキラー”として知られるベラルディのインテル加入が実現した場合、来シーズンの“ミラノ・ダービー”ではそのプレーに大きな注目が集まることになるはずだ。 2017.03.01 01:01 Wed
twitterfacebook
thumb

コンテのイタリア復帰願望に賭けるインテル…来季の招へいに向けて水面下で交渉か

インテルのオーナーである蘇寧グループが来シーズンに向けて、チェルシーの指揮官アントニオ・コンテを監督に迎えようと、水面下で交渉を行っている。イタリア紙『ラ・レプブリカ』が報じている。<br><br>今シーズンのインテルは、オランダ人監督フランク・デ・ブールとともにスタートを切ったものの、期待された成績が残せず、11月に現監督のステファノ・ピオリにバトンタッチした。<br><br>下位のチームとの対戦では好成績を収めているが、ユベントスやナポリ、ローマといった強豪相手には力の差を見せつけられている。26日に行われたローマ戦(3-1でローマが勝利)には、蘇寧電器の張近東会長も視察しており、戦術、メンタルの両面において限界が感じられる現状を危惧しているとみられる。<br><br>このため来シーズンに向けて、新監督の招へいが現実的な選択肢となっている。候補に挙げられているのがチェルシーのコンテだ。しかし現在、チェルシーはプレミアリーグで首位と好調を維持していることに加え、契約は2019年まで残っており、約3000万ユーロ(約35億円)の違約金が発生するため、交渉は困難を極める。<br><br>それでもチャンスはある。コンテはセリエAやイタリアに残してきた家族にノスタルジーを感じており、インテル監督就任へ意欲を示す可能性がある。また移籍市場やスタッフの採用について、ロマン・アブラモビッチ会長との意見の食い違いが報じられている。蘇寧グループの代表が既にコンテと接触したとの情報もあり、来シーズンに向けて今後の動向は注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.28 21:47 Tue
twitterfacebook
thumb

「長友佑都を使うべきだった」…伊紙が急造3バックでローマに敗戦のインテルを批判

26日に行われたセリエA第26節でインテルは2位のローマと対戦したものの1-3で敗れた。この試合について、インテルは日本代表のDF長友佑都を起用すべきだったと、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が論じている。<br><br>3バックを採用し、ローマ戦に挑んだインテルだったが、クオリティの違いを見せつけられて跳ね返された。ステファノ・ピオリ監督が通常サイドバックを務めるDFダニーロ・ダンブロージオをセンターバックの一角に据え、急造3バックとしたことに、「(4バックにして)長友を使うべきだった」と批判している。<br><br>また、MFジョアン・マリオに代わり、80分から途中出場したMF エベル・バネガについては、「自信を失ってもはやお飾りだ」として、ベンチにMFディエゴ・ペロッティやMFレアンドロ・パレデスが控えていたローマと比較し、インテルの選手層のレベルが全く及ばないと結論付けている。<br>提供:goal.com 2017.02.27 16:36 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:インテル 1-3 ローマ《セリエA》

▽セリエA第26節、インテルvsローマの上位対決が26日にジュゼッペ・メアッツァで開催され、アウェイのローマが3-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽インテル採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170227_14_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ハンダノビッチ 5.5 3失点も幾つかの好守で試合への興味を繋いだ DF 24 ムリージョ 5.5 失点場面ではナインゴランを抑え切れず。それ以外は粘り強く守った 17 メデル 5.5 やや厳しい判定でのPK献上など、ゼコに起点を作られてしまったが、最後の場面で身体を張ってゴールは許さず 33 ダンブロージオ 5.0 対面のサラーの対応に苦戦し、前からボールを奪いに行くチャレンジが少なかった MF 87 カンドレーバ 5.5 積極的に仕掛ける姿勢を見せたが、集中したフアン・ジェズスを剥がし切れず (→ガブリエウ・バルボサ 5.0) 屈強な守備陣に抑え込まれ、2試合連続ゴールはならず 5 ガリアルディーニ 5.5 老獪なデ・ロッシとストロートマンの前に劣勢を強いられたが、一矢報いるゴールの起点に 7 コンドグビア 5.0 ボールを持った際の判断が遅く、度々ボールを失い、カウンターの温床となった 44 ペリシッチ 6.0 1列下のウイングバックでの起用だったが、アシストを記録するなど自身の得意な形をしっかりと出した FW 6 ジョアン・マリオ 5.5 良い形でボールを受ける場面は少なかったが、何とかしようという気持ちは見えた (→バネガ -) 9 イカルディ 6.0 同胞ファシオの厚い壁をこじ開け切れずにいたが、意地の1ゴール 77 ブロゾビッチ 5.5 負傷明けも決定機に絡むなど、まずまずの出来 (→エデル 5.0) 流れを変えるようなプレーは少なかった 監督 ピオリ 5.0 攻撃的な布陣で真っ向勝負を挑むが、要所でクオリティの差が出て完敗 ▽ローマ採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170227_15_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 シュチェスニー 6.5 安定したセービングに加え、勇敢な飛び出しで最終ラインを助けた DF 2 リュディガー 6.0 持ち味の機動性を生かしてペリシッチらの仕掛けにきっちり対応 20 ファシオ 6.5 巧みなラインコントロールと冷静な対人対応で同胞イカルディをほぼ封殺 44 マノラス 6.5 出足鋭い守備、的確なカバーリングと最終ラインに安定をもたらした MF 13 ブルーノ・ペレス 6.0 守備から攻撃への切り替えの場面で爆発力のある仕掛けから攻め手となった (→ヴェルメーレン -) 6 デ・ロッシ 6.0 非凡な戦術眼を生かして経験の少ない相手のボランチコンビを圧倒 (→レアンドロ・パレデス -) 6 ストロートマン 6.5 判断力、フィジカルコンディション、テクニックいずれも素晴らしく中盤を完全に掌握した 3 フアン・ジェズス 6.0 慣れないウイングバックでの起用だったが、自身のできる仕事を懸命にこなした FW 11 サラー 6.0 圧巻のスピードで前線を駆け回り、相手の脅威となった (→ペロッティ 6.0) 名手同士の対戦となったハンダノビッチとのPK対決に完勝 9 ゼコ 6.5 得点こそなかったが、巧さと強さを兼ね備えたプレーで起点となった 4 ナインゴラン 7.0 圧巻のミドル2発でドッピエッタ。球際の勝負で完勝 監督 スパレッティ 6.5 ミラーゲームでクオリティの差を見せつけ、敵地で完勝 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ナインゴラン(ローマ) ▽苦戦も予想された敵地での一戦で見事な2つのミドルシュートでハンダノビッチのゴールをこじ開け、勝利の立役者に。ゴール以外の場面での存在感も絶大だった。 インテル 1-3 ローマ 【インテル】 イカルディ(後36) 【ローマ】 ナインゴラン(前12) ナインゴラン(後11) ペロッティ(後40[PK]) 2017.02.27 06:54 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース