超ワールドサッカー

休暇中に逮捕されていたブロゾビッチについてマンチーニ「手放すつもりはない」2016.01.06 00:11 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽6日に行われるセリエA第18節のエンポリ戦の前日会見に臨んだインテルのロベルト・マンチーニ監督は、ウィンターブレイク中に母国クロアチアで逮捕されていたクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチについて言及した。クラブ公式サイトが伝えている。

▽ブロゾビッチは、クリスマスに母国へ帰った際に、飲酒運転、信号無視、無免許運転と3つの交通違反を犯し逮捕されていた。

▽問題行動を起こしたブロゾビッチについて問われたマンチーニ監督は、成長する必要があるとしながらも、放出する気はないと語った。

「もし彼が冷静さをキープすることができたならば、素晴らしい選手になるだろう。私が信じられないほどのオファーが届いたとしても、手放すつもりはない」

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッドがインテルのクロアチア代表MFペリシッチを狙う?

▽インテルのクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(28)に対し、マンチェスター・ユナイテッドが獲得に興味を持っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽ペリシッチは、2015年8月にヴォルフスブルクからインテルへと移籍。セリエAにもしっかりと適応し、2シーズンで69試合に出場し27ゴール16アシストを記録している。 ▽インテルとの契約は2020年まで残っているものの、インテルは今夏にチーム編成を刷新すると考えられており、ペリシッチに関しても適正価格でのオファーがあれば放出する可能性があるとみられている。 ▽ペリシッチの移籍金は3600万ユーロ(約44億8000万円)を超えているものとみられているが、ジョゼ・モウリーニョ監督は交渉担当であるエド・ウッドワード副会長に欲しい選手を伝えてあると明かした。 「ウッドワードは3月から私が欲しい選手、私が欲しいもの、そしてそれがいくらなのかを知っている」 「彼は3月から全てを知っているし、彼は働いている。なぜなら彼は8月に休暇を取るからだ。そして、私は働くよ」 2017.05.28 11:44 Sun
twitterfacebook
thumb

ナイキが“ミラネーゼスタイル”のインテル新ホームキットを発表!

▽ナイキは26日、インテルの2017-18シーズンのホームキットを発表した。新ホームキットはミラネーゼスタイルにDRI -FIT テクノロジーを組み合わせ、“Nerazzurri” (インター・ミランの愛称で「ブラックとブルー」の意味)を象徴するブラックとブルーのストライプを現代的なディテールと丸い襟口でアップデートしている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/nike20170526_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ▽身頃には、ミラノの建築物から着想を得た幅の異なる縦のストライプが裾に向かって広がるように描かれている。シャツの裏側には“Nerazzurri”という言葉を記し、心に秘めたクラブの誇りを感じさせるものとなっている。 ▽ナイキ グリップテクノロジーが使用されたブラックのソックスがキットを完成させます。ソックスの前面には対照的なホワイトカラーで“Inter’とあしらい、ふくらはぎ側には特徴的なブルーの横線が描かれている。 ▽インテルの新ホームキットは5月26日にniki.comや一部専門店で発売。選手たちは28日に行われる最終節で新ホームキットを着用する。 2017.05.26 16:30 Fri
twitterfacebook
thumb

降格ハル・シティ、ラノッキアの退団を発表

▽ハル・シティは24日、元イタリア代表DFアンドレア・ラノッキア(29)の退団を発表した。 ▽ラノッキアは1月の移籍市場でインテルから今季終了までの契約でハル・シティへレンタル移籍。プレミアリーグで15試合に出場して2ゴールをマークしたが、失点につながるミスも多く、降格圏に沈んでいたチームを残留に導くことはできなかった。 ▽ハル・シティへの完全移籍が成立しなかったラノッキアは来季、インテルへ復帰する。 2017.05.25 00:31 Thu
twitterfacebook
thumb

インテル長友佑都、イタリア紙の評価は?退場リスクは「見逃してもらえた」

ラツィオ戦に先発フル出場したインテルに所属する日本代表DF長友佑都について、イタリア紙の評価は分かれた。<br><br>21日に行われたセリエA第37節でインテルはアウェイで4位のラツィオと対戦し、長友は前節のサッスオーロ戦に続いて6試合連続の先発出場を果たした。インテルは3-1で勝利を収めている。<br><br>『コリエレ・デロ・スポルト』ではFWエデル、MFロベルト・ガリアルディーニ、DFマルコ・アンドレオッリの3人がチーム内最高の「7」を得た。長友はこれに次ぐ「6.5」の評価を受けている。「守備面ではミスを犯し、ラツィオ先制のシーンでは左サイドに穴をあけてしまった。(ステファノ・)ヴェッキの指示で前に上がり、カバーリングの仕事から解放されると良くなった」として、守備面での不安が指摘されているが、攻撃面においては評価されている。なお、最低点はPKを献上した挙句、負傷交代したDFジェイソン・ムリージョの「5」となっている。<br><br>『トゥット・スポルト』では最低評価を受けたムリージョの「5」に次ぎ、ワースト2となる「5.5」の評価を受けている。「後ろではふらつく。後半は退場のリスクがあったが、(マルコ・)ディ・ベッロ主審から見逃してもらえた」として、守備面でのミスが評価に響いた。なお最高評価はMFアントニオ・カンドレーバの「7」となっている。一方『ガゼッタ・デロ・スポルト』は長友に対し、及第点となる「6」を与えている。<br><br>提供:goal.com 2017.05.23 13:50 Tue
twitterfacebook
thumb

インテル長友佑都、守備に不安もイタリアメディアから及第点「攻撃面が良かった」

ラツィオ戦に先発フル出場したインテルの日本代表DF長友佑都について、イタリアメディアは概ね及第点の評価を与えている。<br><br>21日に行われたセリエA第37節でインテルはアウェイで4位のラツィオと対戦し、長友は前節のサッスオーロ戦に続いて6試合連続の先発出場を果たした。インテルは3-1で勝利を収めている。<br><br>イタリア紙『コリエレ・デッラ・セーラ』は長友に対し、チーム内で平均点となる「6」を与えている。「エリア付近での不用意なラフプレーで試合を壊しかねなかった。これまでの試合よりはかなりマシ」として、危ないプレーがあったことを指摘しながらも、他の試合と比較すれば悪くない出来であったと伝えた。なお、チーム内の最高点はMFアントニオ・カンドレーバの「7.5」で、最低点はラツィオに先制点となるPKを献上した上、負傷交代したDFジェイソン・ムリージョの「4」となっている。<br><br>移籍情報サイト『トゥット・メルカート・ウェブ』も同様に平均的な「6」を与えている。「攻撃面では最近の試合より良かった。だが守備では常にインテルのサポーターを不安にさせた」として、守備面の危うさがあったものの、攻撃参加が評価されている。なおチーム内の最高点はカンドレーバらの「6.5」、最低点はムリージョの「4.5」となっている。<br><br>またメディア『スカイ・スポーツ』は長友に平均を上回る「6,5」を、『メディアセット』は「6」を与え、いずれも及第点の評価だった。<br><br>提供:goal.com 2017.05.22 17:10 Mon
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース