休暇中に逮捕されていたブロゾビッチについてマンチーニ「手放すつもりはない」2016.01.06 00:11 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽6日に行われるセリエA第18節のエンポリ戦の前日会見に臨んだインテルのロベルト・マンチーニ監督は、ウィンターブレイク中に母国クロアチアで逮捕されていたクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチについて言及した。クラブ公式サイトが伝えている。

▽ブロゾビッチは、クリスマスに母国へ帰った際に、飲酒運転、信号無視、無免許運転と3つの交通違反を犯し逮捕されていた。

▽問題行動を起こしたブロゾビッチについて問われたマンチーニ監督は、成長する必要があるとしながらも、放出する気はないと語った。

「もし彼が冷静さをキープすることができたならば、素晴らしい選手になるだろう。私が信じられないほどのオファーが届いたとしても、手放すつもりはない」

コメント

関連ニュース

thumb

アーセナル、エジルをインテルに来冬売却か

▽アーセナルに所属するドイツ代表MFメスト・エジル(28)に来冬のインテル移籍の可能性が浮上した。イギリス『デイリー・スター』がイタリア『トゥットメルカート』の情報をもとに伝えている。 ▽アーセナルとの現行契約が2018年で満了を迎えるエジル。同僚のFWアレクシス・サンチェスと共に以前から取り沙汰される延長合意にいまだ至っておらず、様々な憶測が飛び交い続けているところだ。 ▽このままの状況が続けば来夏にフリーでドイツ人プレーメーカーを失うアーセナルだが、延長交渉から既に撤退。エジル獲得を狙っているとされるインテルに来冬売却することで、移籍金を手にする意向があるという。 ▽また、インテルは、トップ下を務めるMFジョアン・マリオのパフォーマンス内容に満足していない様子。そこで、新たな司令塔としてアーセナルの“創造者”の引き入れを興味を示しているとのことだ。 2017.09.23 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

インテル、守護神GKハンダノビッチと契約延長間近か!?

▽インテルに所属するスロベニア代表GKサミル・ハンダノビッチ(33)が契約延長間近に迫っているようだ。 ▽イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の報道によると、基本的な契約については合意に至っており、細部の確認を残すのみのようだ。なお、現行の契約が2019年までとなっているハンダノビッチに対し、インテルは2021年までの新契約を打診。300万ユーロ(約4億円)の年棒を提示しているようだ。 ▽スロベニアの小クラブでキャリアをスタートさせたハンダノビッチは以後、ウディネーゼ、ラツィオなどイタリアの数クラブを渡り歩き、2012年の夏にインテルへ加入。安定感抜群のショットストップを武器とし、在籍5年間で公式戦205試合の出場数を記録。 ▽また、今季も絶対的守護神としてリーグ戦全試合に出場しているハンダノビッチは、2004年の11月にA代表デビューを果たしたスロベニア代表においても、絶対的な守護神として活躍。昨年の11月に代表からの引退を表明するまでに、スロベニア代表として79試合のキャップ数を記録した。 2017.09.23 01:38 Sat
twitterfacebook
thumb

イカルディのPK弾でインテルが辛くもドロー…開幕からの連勝止まる《セリエA》

▽セリエA第5節のボローニャvsインテルが19日に行われ、1-1の引き分けに終わった。日本代表DF長友佑都はフル出場した。 ▽開幕から4連勝と絶好の開幕スタートを切ったインテルが、ここまで1勝1敗1分けで13位のボローニャとのアウェイ戦に臨んだ一戦。2-0で勝利した前節のクロトーネ戦からスタメンを2選手変更したインテルは、ダウベルト・エンリケとガリアルディーニに代えて、長友とヴェシーノを起用した。 ▽5連勝を目指すインテルは、序盤から積極的に攻勢に出るボローニャにチャンスを作られる。9分、左CKの流れから、最後はスルーパスでボックス左の深くに抜け出したヴェルディに狙われるが、これはGKハンダノビッチが右手でファインセーブ。 ▽さらに16分にもインテルにピンチが襲う。GKハンダノビッチのパスを自陣中央でペトコビッチに奪われると、すぐさまゴール前にスルーパスを供給。これに反応したヴェルディがGKとの一対一を迎えるが、わずかに左に逸れ事なきを得た。 ▽前半半ばにかけて徐々に盛り返してきたインテルは25分、左ウイングのペリシッチのドリブルから、こぼれ球を長友がボックス左から狙うが、枠を捉えられず。だが、先制したのは試合開始から攻勢に出ていたホームチームだった。 ▽序盤から再三ゴールチャンスに顔を出していたヴェルディに、遂にインテルはゴールを許してしまう。32分、敵陣中央でドリブルを開始したヴェルディがボックス手前まで侵攻すると、そこから左足一閃。凄まじいスピードのブレ球を前にGKハンダノビッチはなす術がなかった。 ▽1点リードされたまま迎えた後半、早く追いつきたいインテルが好機を演出。59分、カンドレーバの右CKにミランダが頭で合わせるが、GKミランテのセーブに遭う。対するボローニャも66分に追加点を狙いにいく。左サイドからディ・フランチェスコのパスを受けたドンサーがボックス手前左から狙うが枠を捉えることができなかった。 ▽このままボローニャが押し切るかに思われたが76分、インテルが試合を振り出しに戻す。右サイドのカンドレーバからクロスが入ると、ボックス内でエムバイェが転倒した際の手がかかり、エデルが倒されPKを獲得。これをイカルディが沈めて同点に追いついた。 ▽その後は互いに大きなチャンスもなく、このまま試合終了。PKでなんとか1-1に持ち込んだインテルだったが、開幕5連勝とはならなかった。 2017.09.20 05:55 Wed
twitterfacebook
thumb

長友佑都、インテルでの公式戦200試合出場達成を「試合が終わって知ったよ。笑」

▽インテルに所属する日本代表DF長友佑都が、インテルでの公式戦200試合出場を達成した。 ▽16日に行われたセリエA第4節のクロトーネ戦でベンチ入りを果たした長友。ゴールレスのまま試合を折り返すと迎えた64分、長友はダウベルト・エンリケと代わってピッチに立った。その長友は82分、ボックス左付近で相手のファールを誘発。これが先制点のきっかけとなり、シュクリニアルのゴールで均衡を破ったインテルは、後半アディショナルタイム2分にもペリシッチがゴールネットを揺らし、2-0で勝利した。 ▽試合後、公式戦200試合出場を達成した長友はクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「このユニフォームを着てプレーすることは、僕にとって大変な名誉だ。今後もこのように続けていこう、僕たちは全ての試合に勝ちたい。僕のモチベーションはとても高いし、いつでも試合に出場する準備はできている」 「常に全力を尽くしたいし、常に可能な限りのハードワークをすることは僕の基本姿勢だ。ダウベルト(・エンリケ)もとても良いプレーをしていたし、彼は素晴らしい選手だ。でも重要なのは、僕たちが勝利をホームに持ち帰ることだ」 ▽また、長友は自身のTwitter(@YutoNagatomo5)を更新。公式戦200試合出場を達成していたことを試合後に知ったことを明かしている。 「インテルで200試合出場。試合終わって知ったよ。笑 知らないうちに積み重ねてたんやね。31歳で7年もいたらそれくらいになるのか。ありがとう」 2017.09.17 11:03 Sun
twitterfacebook
thumb

シュクリニアル&ペリシッチ弾でインテルが4連勝! 長友は途中出場でインテル公式戦200試合出場!!《セリエA》

▽インテルは16日、セリエA第4節でクロトーネとアウェイで対戦し、2-0で勝利した。日本代表DF長友佑都は、64分からプレー。この試合で長友はインテルでの公式戦200試合出場を達成した。 ▽開幕3連勝中のインテルは、前節のSPAL戦と同じ先発メンバーを起用。イカルディをワントップに置いた[4-2-3-1]の布陣で、2列目は右からカンドレーバ、ジョアン・マリオ、ペリシッチと並べた。DF長友佑都は前節に続きベンチスタートとなった。 ▽序盤、インテルはクロトーネの集中した守りに苦戦を強いられる。すると9分、最終ラインのミランダが中盤でトネフにボールを奪われるとカウンターを浴びる。しかし、ボックス右からのシュートはGKハンダノビッチが弾き、難を逃れた。 ▽ピンチを凌いだインテルは13分、ダンブロージオのロングパスをボックス右で受けたペリシッチが切り返しからシュート。さらに29分には、中盤でのボール奪取でカウンターを仕掛けると、ペリシッチのラストパスでボックス左に侵入したジョアン・マリオが左足を振り抜くも、シュートは枠の右に外れた。 ▽先制点の遠いインテルは42分にピンチ。自陣バイタルエリアでFKを献上すると、バルベリスのワンタッチからマルテッラが強烈なミドルシュートを放つ。しかし、これはゴール左に外れ、前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはホームチーム。51分、マンドラゴーラのロングパスに抜け出したトネフがボックス右からシュートを放ったが、これは飛び出したGKハンダノビッチがブロック。 ▽56分、インテルのスパレッティ監督はガリアルディーニを下げてヴェシーノを投入。さらに64分には、ダウベルト・エンリケを下げて長友をピッチに送り出した。しかし、インテルは再びピンチに見舞われる。 ▽68分、左サイドを持ち上がったストイアンのアーリークロスがゴール前でワンバウンドすると、走り込んだローデンがヘディングで流し込む。これはGKハンダノビッチのファインセーブで凌いだ。 ▽肝を冷やしたインテルだったが、迎えた82分についに均衡を破る。ボックス左付近で長友が倒されFKを獲得すると、ジョアン・マリオのクロスをファーサイドのヴェシーノが頭で折り返す。そして、ゴール前の混戦からシュクリニアルが右足でゴール右隅にシュートを流し込んだ。 ▽先制したインテルは、試合終了間際の後半アディショナルタイム2分にもボックス左でパスを受けたペリシッチがコントロールシュートでゴールネットを揺らし、2-0で勝利。クロトーネの堅い守りに苦戦したインテルだが、終盤の2得点で開幕4連勝を飾った。 2017.09.17 00:16 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース