休暇中に逮捕されていたブロゾビッチについてマンチーニ「手放すつもりはない」2016.01.06 00:11 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽6日に行われるセリエA第18節のエンポリ戦の前日会見に臨んだインテルのロベルト・マンチーニ監督は、ウィンターブレイク中に母国クロアチアで逮捕されていたクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチについて言及した。クラブ公式サイトが伝えている。

▽ブロゾビッチは、クリスマスに母国へ帰った際に、飲酒運転、信号無視、無免許運転と3つの交通違反を犯し逮捕されていた。

▽問題行動を起こしたブロゾビッチについて問われたマンチーニ監督は、成長する必要があるとしながらも、放出する気はないと語った。

「もし彼が冷静さをキープすることができたならば、素晴らしい選手になるだろう。私が信じられないほどのオファーが届いたとしても、手放すつもりはない」

コメント

関連ニュース

thumb

ゼニト監督、インテルDFの加入を熱望も、本人はプレミアリーグのオファーを優先か

ロシアリーグのゼニトがインテルのDFアンドレア・ラノッキアの獲得に興味を示していると、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。<br><br>ゼニトのミルチェア・ルチェスク監督はラノッキアを高く評価しており、獲得を熱望していると報じられている。ラノッキアは現在、インテルを率いるステファノ・ピオリ監督の構想から外れており、今冬の移籍が濃厚と見られている。<br><br>ゼニトには元イタリア代表のDFドメニコ・クリーシトも所属しているものの、ラノッキア本人はゼニトへの移籍に難色を示しており、希望するプレミアリーグやブンデスリーガからのオファーを待っているようだ。ラノッキアについてはこれまで、ハル・シティ、ウェストハム、ハンブルガーSV、ヴォルフスブルクなどが興味を示しているとされている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.24 19:30 Tue
twitterfacebook
thumb

インテル長友佑都がDF酒井宏樹のチームメートに? マルセイユ移籍の可能性浮上

▽インテルで出番を失っているDF長友佑都(30)に、日本代表でチームメートのDF酒井宏樹も所属するマルセイユ移籍の可能性が浮上した。『fcinternews』がフランス『Canal+』の情報として伝えている。 ▽報道によれば、かつてローマを指揮したルディ・ガルシア監督率いるマルセイユは、左サイドバックの獲得に奔走中。ユベントスのDFパトリス・エブラ、ヴォルフスブルクのDFリカルド・ロドリゲスらと共に、長友を上位にリストアップしているという。 ▽インテルは今シーズン途中にステファノ・ピオリ監督を招へい後、現在公式戦8連勝中と復調。しかし、長友自身は出場機会を減らしており、今年に入っての公式戦4試合でも出番がなく、サンプドリアやバーンリー移籍の可能性が伝えられている。 2017.01.24 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

トッテナムがインテル期待の新星FWピナモンティ獲得に興味か

▽トッテナムはインテル期待のU-19イタリア代表FWアンドレア・ピナモンティ(17)に興味を持っているようだ。イタリア『calciomercato』が伝えた。 ▽ピナモンティはインテルの下部組織出身で、今年1月から正式にトップチームに昇格。今シーズンは既にヨーロッパリーグで1試合に出場している。 ▽世代別のイタリア代表としてもプレーし続け、2016年8月からは飛び級でU-19イタリア代表としてプレーし、ここまで4試合に出場していた。 ▽インテルは、ピナモンティが18歳の誕生日を迎える5月19日に5年契約を締結する予定だったが、その前に触手が伸びたとのこと。アントニオ・コンテ監督率いるチェルシーのほか、トッテナムもここに来て興味を抱いているようだ。 2017.01.23 18:11 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル長友佑都、パレルモ戦でも不合格の烙印に「移籍が近づく?」…伊メディア報道

22日に行われたセリエA第21 節パレルモ対インテル戦(0-1)で、日本代表のDF長友佑都が起用されなかったため、「移籍が近づいている」とインテル情報サイト『Passioneinter.com』が報じている。<br><br>この試合に左サイドバックとして先発出場したDFクリスティアン・アンサルディは79分、パレルモのFWイリヤ・ネストロフスキと交錯した際のプレーに対し2枚目のイエローカードが提示され、退場処分を受けた。<br><br>それを受け、ピオリ監督はMFアントニオ・カンドレーバを下げ、DFダビデ・サントンを投入する決断をした。長友は長時間ウォーミングアップを続けていたにも関わらず、出場が叶わなかった。<br><br>今冬の移籍市場において、インテルはサイドバックの補強および放出が話題となっている。このため、パレルモ戦でも出場機会を与えられなかった長友については、「日本人選手は再び、不合格の烙印を押された。これから放出される可能性がある」と分析されている。<br><br>長友にはサンプドリアのほか、バーンリーなどプレミアリーグの複数クラブが獲得に興味を示していると報じられている。移籍期間の期限となる今月末まで、動向は注目されるところだ。<br><br>提供:goal.com 2017.01.23 12:44 Mon
twitterfacebook
thumb

インテルDF退場の際、長友佑都でなく移籍噂のライバルを起用したワケは「身長」

22日に行われたセリエA第21 節パレルモ対インテル戦(0-1)で、日本代表のDF長友佑都を起用しなかった理由について、ステファノ・ピオリ監督は「高さが必要だった」と、試合後の記者会見で話した。<br><br>この試合に左サイドバックとして先発出場したDFクリスティアン・アンサルディは79分、パレルモのFWイリヤ・ネストロフスキと交錯した際のプレーに対し2枚目のイエローカードが提示され、退場処分を受けた。<br><br>それを受け、ピオリ監督はMFアントニオ・カンドレーバを下げ、DFダビデ・サントンを投入する決断をした。長時間ウォーミングアップを続けていた長友が起用されなかったことについて、日本人記者から問われると、「長友のことは信頼しているが、パレルモのハイボールを警戒していたので高さが必要だった。それでサントンを選んだ」と話した。<br><br>身長170センチの長友に対し、サントンは187センチと高身長だ。65分に生まれたMFジョアン・マリオの先制点によるリードを保つための守備固めであったことが明らかになった。<br><br>提供:goal.com 2017.01.23 12:25 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース