インテルが守護神と契約延長! ハンダノビッチと2019年までの新契約締結2016.01.05 22:07 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽インテルは5日、元スロベニア代表GKサミル・ハンダノビッチ(31)と2019年までの契約延長で合意に達したことを発表した。

▽スロベニアの小クラブでキャリアをスタートさせたハンダノビッチは以後、ウディネーゼ、ラツィオなどイタリアの数クラブを渡り歩き、2012年の夏にインテルへ加入。安定感抜群のショットストップを武器とし、在籍4年間で公式戦142試合の出場数を記録している。

▽また、今季もリーグ戦17試合に出場しているハンダノビッチは、2004年の11月にA代表デビューを果たしたスロベニア代表においても、絶対的な守護神として活躍。昨年の11月に代表からの引退を表明するまでに、スロベニア代表として79試合のキャップ数を記録した。

▽インテルと新契約締結に察し、ハンダノビッチはクラブの公式サイトで「契約を延長することができて満足している。互いが互いを望み合っているとき、問題が生じることはないんだ」とコメント。インテルと相思相愛の関係であることを強調した。

コメント

関連ニュース

thumb

悪童・バロテッリがナポリ移籍に興味!? ツイートを受けてサッリは「スポーツディレクターの番号を教えよう」

▽イタリアの悪童がセリエAに復帰することになるかもしれない。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽数々の問題行為を行ってきた元イタリア代表FWマリオ・バロテッリ。現在負傷中の同選手は、2日にセリエA第15節のナポリvsインテルを観戦していたようで、2分にジェリンスキがゴールを決めた際には「ナポリが素晴らしいゴールを決めた」とツイートしていた。 ▽試合後の会見で、ナポリのマウリツィオ・サッリ監督は、バロテッリのツイートに関する質問を受けると次のように答えた。 「マリオはどんなチームでも自身の特長を出せる選手だ。彼が力を出せていないときは、彼自身に問題があると思う。私は移籍市場に関与していない。ただ、彼がナポリを気に入ってくれているのであれば、スポーツディレクターの番号を教えよう」 ▽なお、ナポリはポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクが長期離脱を余儀なくされており、冬の移籍市場で新たなストライカーの獲得を目指していると言われている。これまでに広州恒大のコロンビア代表FWジャクソン・マルティネスや元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバなどが噂に挙がっている。 2016.12.03 13:20 Sat
twitterfacebook
thumb

ナポリに完敗のインテル、心技体が揃わぬ選手たちにピオリ「改善すべき点は多い」

▽インテルを率いるステファノ・ピオリ監督が、2日に行われたセリエA第15節のナポリ戦を振り返っている。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽アウェイでナポリと対戦したインテルは、立ち上がりの6分までに2失点を喫する。その後は立ち直りハーフタイムを迎えたが、52分にも追加点を奪われるなど守備陣が踏ん張り切れず。攻撃陣もノーゴールに終わり、0-3と完敗を喫した。 ▽試合を振り返ったピオリ監督は「試合へのアプローチを間違った」と、立ち上がりの悪さを認めて次のように語った。 「ナポリのようなチームとの対戦に向けた試合への入りではなかったように思う。このスタジアムで2点を先行されれば、そこから巻き返すことは難しい。さらに、我々はチャンスを作りながらも決めきれなかったことで、自分たちの首を絞めてしまった」 「守備においては改善すべき点が多く、またメンタル面でも決意を持って戦うことが大事だと思う。戦術面、フィジカル面、メンタル面のレベルを高めなければいけない」 2016.12.03 13:05 Sat
twitterfacebook
thumb

レーティング:ナポリ 3-0 インテル《セリエA》

▽セリエA第15節ナポリvsインテルが2日にサン・パオロで行われ、3-0でナポリが完勝した。インテルの長友はベンチ入りしたものの出場機会はなかった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ナポリ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161203_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 25 レイナ 6.5 前半にイカルディとの一対一を2度防ぎ、後半にカンドレーバの決定的なシュートを防いだ DF 2 ヒサイ 5.5 無理に上がらず守備重点でペリシッチを封じる (→マッジョ 5.5) すんなりと試合に入った 33 アルビオル 5.5 1度失点につながりかねないミスパスを犯すもそれ以外は安定 26 クリバリ 6.0 ソリッドな対応が目立った 31 グラム 5.5 ヒサイ同様に無理せず守備を気にかけた MF 20 ジエリンスキ 6.5 ハムシクと共に攻撃面で違いを生んだ。1ゴール1アシスト 42 A・ディアワラ 6.0 効果的な縦パスを供給 7 ハムシク 6.5 追加点を奪い、先制点を演出。推進力あるプレーを何度も見せた (→ログ -) FW 7 カジェホン 6.0 先制点をアシスト。気の利いた動きを見せた 23 ガッビアディーニ 6.0 苦手なポストプレーで十分な存在感。よくボールを収めて起点となり、シュートも果敢に狙った 24 インシーニェ 6.0 省エネ気味も3点目を奪ってお役御免 (→ジャッケリーニ 5.5) さほどボールに絡めず 監督 サッリ 6.5 圧勝。すっきりとした勝利で大一番へ ▽インテル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161203_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ハンダノビッチ 5.5 3失点も防げるシュートは止めていた DF 33 ダンブロージオ 5.0 攻守に凡庸 13 ラノッキア 5.0 喰い付き気味の守備で背後を取られた 25 ミランダ 5.0 守備を統率できず 15 アンサルディ 5.0 1失点目はカジェホンに背後を取られる MF 87 カンドレーバ 5.5 何度か単騎突破を見せた (→パラシオ -) 77 ブロゾビッチ 5.0 バイタルエリアをケアしきれず 19 バネガ 5.0 ほぼ見せ場なく左ヒザを負傷 (→エデル 5.0) ほぼ仕事ができなかった 7 コンドグビア 5.0 対面のジエリンスキに完敗 (→ジョアン・マリオ 5.5) 多くの変化をもたらすには至らず 44 ペリシッチ 5.0 スペースがなく打開できず FW 9 イカルディ 5.0 前半にあった決定機を決めたかった 監督 ピオリ 5.0 フィオレンティーナ戦の勝利をフイにする完敗 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ジエリンスキ(ナポリ) ▽ハムシクも素晴らしいパフォーマンスだったが、1ゴール1アシストと結果を残したポーランド代表MFを選出。ゴール前へ絡むタイミングが的確だった。 ナポリ 3-0 インテル 【ナポリ】 ジエリンスキ(前2) ハムシク(前6) インシーニェ(後6) 2016.12.03 06:43 Sat
twitterfacebook
thumb

ハムシク&ジエリンスキが躍動のナポリがインテルに3発完勝で上位追走《セリエA》

▽セリエA第15節ナポリvsインテルが2日にサン・パオロで行われ、3-0でナポリが完勝した。インテルの長友はベンチ入りしたものの出場機会はなかった。 ▽前節サッスオーロ戦を終盤の被弾で1-1と引き分けた7位ナポリ(勝ち点25)は、4日後にチャンピオンズリーグ(CL)のベンフィカ戦を控える中、出場停止のメルテンスを欠き、アランをベンチスタートとした。 ▽一方、前節フィオレンティーナ戦を4-2と逃げ切ってピオリ体制初勝利を飾った8位インテル(勝ち点21)は、前節と同様のスタメンを送り出し、長友はベンチスタートとなった。 ▽試合は2分、ハムシクの正確な浮き球フィードをボックス右のカジェホンがヘッドで落とすと、ボックス中央のジエリンスキがダイレクトでシュート。これがゴール左隅に決まってナポリが先制する。 ▽さらに6分、ジエリンスキの絶妙なスルーパスに抜け出したハムシクがボックス左まで侵入。左足のシュートでGKハンダノビッチとの一対一を制してあっさり追加点を奪った。勢いの止まらないナポリは、ガッビアディーニやインシーニェがGKハンダノビッチを強襲するシュートを浴びせ、畳みかけにかかる。 ▽一方、まずい入りを見せたインテルは20分にようやくイカルディの反転シュートでナポリゴールに迫ると、直後にはアルビオルの自陣でのミスパスをブロゾビッチがカットした流れからイカルディが決定的なシュートを放つも、GKレイナにセーブされてしまった。さらに34分、スルーパスに抜け出したイカルディがシュートに持ち込んだが、GKレイナに好守で阻止された。 ▽2点のリードを保ったナポリが前半半ば以降も主導権を握ると、36分にはボックス左からガッビアディーニがGKハンダノビッチを強襲する強烈なシュートを浴びせた。そして40分にバネガが左ヒザを負傷したインテルに対し、ナポリは43分にハムシクの左足ミドルでハンダノビッチを襲ったが、3点目は奪えずに前半を終えた。 ▽迎えた後半、バネガに代えてエデルを投入したインテルは48分にブロゾビッチがコントロールシュートでナポリを脅かすも、51分に勝負を決定付ける3点目を奪われる。 ▽CKの流れからアルビオルがつないだボールを、インシーニェが左足ダイレクトでゴール右に流し込む技ありゴールで3点目を奪いきった。 ▽痛恨の失点を喫したインテルはコンドグビアに代えてジョアン・マリオを投入。しかし、ハムシクやガッビアディーニに決定的なシュートを浴び、劣勢が続く。そんな中68分、カンドレーバがペリシッチの左クロスに合わせる決定的なシュートを飛ばすも、GKレイナのビッグセーブに阻止される。 ▽終盤にかけては今夏ディナモ・ザグレブから加入のログをデビューさせるなど余裕を見せたナポリが、インテルに付け入る隙を与えずに3-0のまま試合を終わらせ快勝。ベンフィカ戦に弾みを付けている。 2016.12.03 06:42 Sat
twitterfacebook
thumb

【セリエA第15節プレビュー】4位vs2位のローマ・ダービー、金曜にナポリvsインテル開催

▽前節は首位ユベントスがジェノアに惨敗した一方、2位ローマとミランが共に勝利したため4ポイント差に縮まった。そして、インテルvsフィオレンティーナの上位を狙う注目試合はインテルが4-2と勝利した。迎える第15節の注目試合はラツィオvsローマのローマ・ダービーとナポリvsインテルだ。 ▽4位ラツィオ(勝ち点28)は前節パレルモを下してリーグ戦9試合負けなし(6勝3分け)とした。好調を維持する中で迎えるダービーは、ベストメンバーを送り出せる中、守備に難を抱えるローマを相手に自慢の3トップであるインモービレ、F・アンデルソン、ケイタらは脅威となれるか。 ▽一方、ペスカーラに2点を許すもゼコのハットトリックで逃げ切った2位ローマ(29)は、アタランタ戦の敗戦を払拭した。公式戦ここ5試合で4勝とこちらも好調な中、地元のライバルを下してユベントスを射程圏内に捉えたい。 ▽もう一つの注目試合は金曜日に行われるナポリvsインテルだ。7位ナポリ(勝ち点25)は前節サッスオーロ戦をインシーニェのビューティフルゴールで先制したものの、終盤の被弾で追いつかれ、勝利を逃してしまった。思うように勝ち星を伸ばせない中、水曜日にはCL決勝トーナメント進出を懸けたベンフィカとの大一番が待っているが、インテルを撃破してベンフィカ戦に臨めるか。 ▽8位インテル(勝ち点21)は、フィオレンティーナ戦でイカルディの2発や相手DFゴンサロ・ロドリゲスの退場もあってピオリ体制初勝利を飾った。3点リードから2点を奪われ盤石の勝利とはいかなったが、ヨーロッパリーグ(EL)敗退が決まった中、チーム状況を好転させる勝利を飾れたのは大きい。サイドバックのポジション争いでやや後塵を拝している長友は引き続きベンチスタート予想だ。 ▽ジェノアに惨敗して公式戦7試合ぶりの敗戦となった首位ユベントス(勝ち点33)は、5位アタランタ(勝ち点28)とのホーム戦に臨む。ジェノア戦では敗戦した上、ボヌッチとダニエウ・アウベスが重傷を負う痛手を負ったユベントスだが、ディバラの復帰が見込まれる中、6連勝と絶好調を維持するアタランタを退けることはできるか。 ▽最後にバッカの代役ラパドゥーラのドッピエッタでエンポリに快勝した2位ミラン(勝ち点29)は、最下位クロトーネ(勝ち点6)とのホーム戦に臨む。引き続きバッカが欠場する中、ラパドゥーラやスソといった粋の良いアタッカーたちの活躍に期待が懸かる。 ◆セリエA第15節 ▽12/2(金) 《28:45》 ナポリ vs インテル ▽12/3(土) 《28:45》 ユベントス vs アタランタ ▽12/4(日) 《20:30》 ミラン vs クロトーネ 《23:00》 ラツィオ vs ローマ ペスカーラ vs カリアリ サッスオーロ vs エンポリ サンプドリア vs トリノ 《28:45》 フィオレンティーナ vs パレルモ ▽12/5(月) 《27:00》 キエーボ vs ジェノア 《29:00》 ウディネーゼ vs ボローニャ 2016.12.02 18:00 Fri
twitterfacebook
Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース