インテルが守護神と契約延長! ハンダノビッチと2019年までの新契約締結2016.01.05 22:07 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽インテルは5日、元スロベニア代表GKサミル・ハンダノビッチ(31)と2019年までの契約延長で合意に達したことを発表した。

▽スロベニアの小クラブでキャリアをスタートさせたハンダノビッチは以後、ウディネーゼ、ラツィオなどイタリアの数クラブを渡り歩き、2012年の夏にインテルへ加入。安定感抜群のショットストップを武器とし、在籍4年間で公式戦142試合の出場数を記録している。

▽また、今季もリーグ戦17試合に出場しているハンダノビッチは、2004年の11月にA代表デビューを果たしたスロベニア代表においても、絶対的な守護神として活躍。昨年の11月に代表からの引退を表明するまでに、スロベニア代表として79試合のキャップ数を記録した。

▽インテルと新契約締結に察し、ハンダノビッチはクラブの公式サイトで「契約を延長することができて満足している。互いが互いを望み合っているとき、問題が生じることはないんだ」とコメント。インテルと相思相愛の関係であることを強調した。

コメント

関連ニュース

thumb

サネッティ副会長「シメオネはいつかインテルを率いると想像できる」

インテルのハビエル・サネッティ副会長は、現アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督がいつかインテルを指揮することになると考えている。<br><br>シメオネ監督は、現役時代の古巣であるインテルにいつか監督として復帰したいという希望を公言している。サネッティ副会長は、インテルとアルゼンチン代表の元チームメートでもあるシメオネ監督について、アルゼンチン『ナシオン』のインタビューに次のように語った。<br><br>「チョロ(シメオネ)は、将来的にぜひインテルを指揮してみたいと言っていた。だが今は(ロベルト・)マンチーニが我々の監督であり、彼と彼の仕事を尊重したい」<br><br>「別の監督について話をしたいとは思わない。しかし、未来に目を向けるとすれば、インテルとシメオネが再会することになると想像できる」<br><br>ナポリなどへの移籍の可能性が取りざたされるFWマウロ・イカルディに関しては、残留を希望しながらも、プレー以外の面で話題となることに苦言も呈している。<br><br>「非常に若い選手だ。素晴らしいポテンシャルを持っており、まだまだ大きく成長することができる。プレーすることに集中するべきだよ」<br><br>「ここ数日色々と言われてはいるが、彼の意思はここに残ることにある。昨年契約を更改したところであり、キャプテンでもある。我々は彼に残ってほしいと思っているが、彼はインテルにいるということを理解しなければならない」<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.26 14:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ナポリ、イカルディ獲得に条件を改善 5000万ユーロ近い移籍金を用意か

ナポリがインテルFWマウロ・イカルディの獲得に動いている。アウレリオ・デ・ラウレンティス会長は、さらに条件を改善して交渉に臨んでいるようだ。<br><br>FWゴンサロ・イグアインの放出が決定的となっているナポリは、後釜探しを始めており、インテルの主将に目をつけた。移籍金4000万ユーロ(約46億4000万円)のオファーはインテルが拒否したが、ナポリは条件を4500万ユーロ(約52億2000万円)+ボーナス200万ユーロ(約2億3000万円)という条件に引き上げたという。<br><br>さらに、選手本人に対しては、年俸650万ユーロ(約7億5000万円)の5年契約を提示。肖像権300万ユーロ(約3億4000万円)もつけるという条件を提示しているようだ。<br><br>インテルはこれまで、イカルディの放出を否定している。ただし、代理人を務める妻のワンダ・ナラ氏が要求する条件を煩わしく思っているところもあると言われており、放出の可能性はゼロではなさそうだ。<br><br>イグアインの放出で大金を手にするナポリは、イカルディを後釜に決めたのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2016.07.26 09:05 Tue
twitterfacebook
thumb

PSGに敗れたマンチーニ「大きな差があるも70分までは五分」、トヒル会長との衝突については明言避ける

▽インテルのロベルト・マンチーニ監督が、24日に行われたインターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)2016欧州&米国ラウンドのパリ・サンジェルマン(PSG)戦を振り返った。クラブ公式サイトが指揮官のコメントを伝えている。 ▽日本代表DF長友佑都が先発出場を果たした一戦は、14分にインテルが先制を許す展開となった。しかし前半アディショナルタイムに獲得したPKをヨベティッチが決めて、同点で試合を折り返した。長友は71分に交代でベンチへと下がると、チームは88分に決勝ゴールを許し1-2で試合は終了している。 ▽試合後の会見でマンチーニ監督は、PSGとは大きな差があったと認めたうえで、70分までの戦いぶりは五分五分の戦いを見せることができたと強調している。 「現時点ではPSGとの間に大きな差がある。しかし70分間はよくやっていたし、彼らと同等のレベルでプレーができていた。ただ、交代選手を見てみると、こちらは若手選手を送り出したが、相手はディ・マリアやカバーニなどの大物が出てきた」 ▽またマンチーニは、メディアで報じられたエリック・トヒル会長との衝突についてや、アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディの移籍についても言及している。 「(会長との衝突については)何も言うことはない。2日前と同じで、普通の状態だ。今後数日で何が起こるか見てみる必要はある」 「(イカルディの移籍について)それは会長に聞くべきだ。カンドレーバの獲得についても同じで、すべては会長に聞くべきことだ」 2016.07.25 12:45 Mon
twitterfacebook
thumb

マンチーニがクラブ首脳陣と対立し電撃辞任か? 伊各紙が一斉に報じる

▽日本代表DF長友佑都が所属するインテルのロベルト・マンチーニ監督(51)が数日のうちに指揮官を退任する可能性が急浮上している。イタリア『スカイ・スポーツ』、同『メディアセットプレミア』など有力紙が一斉に報じた。 ▽報道によると、マンチーニ監督はクラブの補強リストを提出しており自身の希望を伝えている。しかしマンチーニ監督は、エリック・トヒル前会長が蘇寧グループに株式を売却して新体制となったクラブが現場の声を受け入れていないと感じているようで、不信感を持っているようだ。 ▽具体的な例も挙げられており、マンチーニ監督はコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレ(33)やイタリア代表MFアントニオ・カンドレーバ(29)といった経験豊富な選手を要望しているが、蘇寧グループは若手主体のチームにシフトしたい意向を示しているという。 ▽タイトル獲得を目指すチームを作りたいマンチーニ監督と、若手育成に切り替えたいクラブの溝は深まるばかりのようで、今後4日間で進退が決定すると言われている。 ▽なお、インテルはマンチーニ監督が辞任した際には、2010-11シーズン途中に監督を務めた元ブラジル代表のレオナルド氏(46)、アヤックスの指揮官を退任したフランク・デ・ブール氏らが有力とみられているようだ。 2016.07.25 09:45 Mon
twitterfacebook
thumb

3ゴールを奪ったPSGが長友先発のインテルを撃破!《ICC2016》

▽インターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)2016欧州&米国ラウンドのインテルvsパリ・サンジェルマン(PSG)が24日にアメリカのオーツェン・スタジアムで行われ、1-3でパリ・サンジェルマンが勝利した。インテルのDF長友は71分までプレーした。 ▽インテルのマンチーニ監督はフラットな[4-4-2]の布陣を採用。GKにハンダノビッチ、最終ラインは右からダンブロージオ、ラノッキア、ミランダ、エルキンが起用された。中盤はビアビアニ、コンドグビア、メロ、長友が並び、2トップにはパラシオとヨベティッチが起用された。 ▽対するPSGのエメリ監督は[4-1-4-1]の布陣を採用。GKはアレオラで、最終ラインは右からオーリエ、チアゴ・シウバ、キンペンベ、マクスウェルを起用。中盤の底にカレガリを置き、最前線のベン・アルファの後方に右からルーカス・モウラ、スタンブリ、ラビオ、イコネと並べた。 ▽一進一退の攻防で進んだ試合は、14分に動く。ボックス右手前でFKを獲得すると、ベン・アルファが直接狙う。これはGKハンダノビッチが弾かれるも、こぼれ球に反応したオーリエがゴールに押し込み、PSGが先制した。 ▽1点のビハンドを背負ったインテルは36分に反撃。ボックス手前でボールを受けたヨベティッチがミドルシュートを狙うが、これはゴール左に外れる。その後も劣勢を強いられたインテルだったが前半アディショナルタイム2分、右CKの混戦でルーカス・モウラがハンドを犯してPKを獲得。このPKをヨベティッチがゴール右に決めた。 ▽同点で折り返した後半、PSGはGKアレオラとマクスウェルに代えてGKトラップとクルザワを投入。後半に入ってもゲームをコントロールするPSGは60分、バイタルエリア中央左でベン・アルファが倒されFKを獲得すると、クルザワの直接FKがそのままゴール左隅に吸い込まれた。 ▽その後、71分に長友やGKハンダノビッチらに代えて、サントンやGKカリッソを投入したインテルだったが、反撃が実ることはなく、逆にPSGは88分にオーリエがダメ押し点を奪って試合終了。 ▽なお、完勝したPSGの次戦は28日にレアル・マドリーと対戦。一方、敗れたインテルは30日にバイエルンと対戦する。 2016.07.25 08:00 Mon
twitterfacebook


ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース