インテルが守護神と契約延長! ハンダノビッチと2019年までの新契約締結2016.01.05 22:07 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽インテルは5日、元スロベニア代表GKサミル・ハンダノビッチ(31)と2019年までの契約延長で合意に達したことを発表した。

▽スロベニアの小クラブでキャリアをスタートさせたハンダノビッチは以後、ウディネーゼ、ラツィオなどイタリアの数クラブを渡り歩き、2012年の夏にインテルへ加入。安定感抜群のショットストップを武器とし、在籍4年間で公式戦142試合の出場数を記録している。

▽また、今季もリーグ戦17試合に出場しているハンダノビッチは、2004年の11月にA代表デビューを果たしたスロベニア代表においても、絶対的な守護神として活躍。昨年の11月に代表からの引退を表明するまでに、スロベニア代表として79試合のキャップ数を記録した。

▽インテルと新契約締結に察し、ハンダノビッチはクラブの公式サイトで「契約を延長することができて満足している。互いが互いを望み合っているとき、問題が生じることはないんだ」とコメント。インテルと相思相愛の関係であることを強調した。

コメント

関連ニュース

thumb

ベラルディのインテル移籍はなし? サッスオーロが再度強調

サッスオーロFWドメニコ・ベラルディがインテルに移籍することはない。ジョヴァンニ・カルネヴァーリSD(スポーツディレクター)が強調した。<br><br>イタリアの将来を担うと期待される21歳のストライカーは、優先交渉権を持つユベントスへの移籍を断ったと言われている。そこで動いたのが、ベラルディがファンというインテルだ。<br><br>だが、カルネヴァーリSDは30日、ベラルディについて次のように述べた。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。<br><br>「我々に売る必要性はない。クラブはチームをつくることを目標としたんだ。我々は最も正しい形でそれを実現させていく。チームを強化したいんだ」<br><br>「ベラルディは残る。1カ月前、私とドメニコはそう話したんだ。チームメートやエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督と一緒に仕事を続けると彼が選んだ理由の一つが、サッスオーロのユニフォームで欧州カップ戦(ヨーロッパリーグ)を戦うということだった」<br><br>また、ディ・フランチェスコ監督もベラルディの残留を信じているようだ。<br><br>「クラブから彼は残ると聞いている。もう1年、彼を指導することができるのは、私もうれしいよ。ただ私は、彼はすでにビッグクラブでプレーする準備ができていると思っているがね」<br><br>なお、カルネヴァーリSDはDFシメ・ヴルサリコのアトレティコ・マドリー移籍について、「正式な合意まではあとわずか」と認めている。<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.01 12:53 Fri
twitterfacebook
thumb

スタンコビッチがインテルのチームマネージャーを退任! 監督業挑戦か

▽インテルは6月30日、チームマネージャーを務めていた元セルビア代表MFデヤン・スタンコビッチ氏(37)の退任を発表した。 ▽インテルは、スタンコビッチ氏の退任に際して以下のような声明を発表している。 「チームマネージャーとして過ごした1年を経て、デヤン・スタンコビッチはインテルに別れを告げて、自身のキャリアにおける新たなステージに臨むことになりました」 「彼は選手として326試合に出場した後、昨シーズンにチームマネージャーとしてネッラズーロに復帰しました。そして現在、彼は新たな活躍の場に移ろうとしています。しかし、彼とインテルの間にある絆は決して途切れることはありません。彼はこれからもインテリスタであり続けます」 「“デキ”のこれまでの献身に感謝を。そして、彼の今後のキャリアにおける幸運を願っています」 ▽また、1年で同職を辞することになったスタンコビッチ氏は、愛するクラブに別れの言葉を告げている。 「私はこれまでクラブの幹部として、クラブのために自身の為すべきことをやり遂げられたことを嬉しく思っている。インテルは私にとってのホームであり、ここでの数々の素晴らしい経験は、自分の今後のキャリアを助けてくれると思っている」 「我々は現在異なる道を進み始めており、新たな挑戦が待ち構えている。しかし、私の心の中はいつもネッラズーロに染まっている」 ▽2004~2013年まで約10年にわたってインテルの主力として活躍したスタンコビッチ氏は、2013年10月に行われた日本代表との親善試合を最後に現役引退。その後、2014年7月にインテル時代に指導を受けたアンドレア・ストラマッチョーニ監督の下でウディネーゼのアシスタントコーチ就任したものの、同監督の退任を受けてクラブから退団していた。 ▽現時点でスタンコビッチ氏の去就は判明していないものの、監督業に初挑戦する見込みだ。 2016.07.01 05:00 Fri
twitterfacebook
thumb

インテル移籍が噂のヤヤ・トゥーレ、シティは残留希望か 代理人が明かす

マンチェスター・シティMFヤヤ・トゥーレの代理人が、噂されるインテル移籍に言及した。シティは依然としてヤヤ・トゥーレに期待を寄せているという。<br><br>ヤヤ・トゥーレは、ロベルト・マンチーニ監督が昨年に続き獲得を望んでいるとされる選手だ。だが、代理人のディミトリ・セルク氏は、イタリア『fcinternews.it』で次のように述べている。<br><br>「現時点で特にニュースはない。ヤヤはシティの選手だ。どうなるか、様子をみよう。インテルはとても素晴らしいクラブであり、マンチーニは偉大な指揮官だ。だが、待たなければいけない」<br><br>「何がインテル移籍にブレーキをかけているか? 本質的には2つだ。まず、シティはまだ彼に賭けたがっている。来季も彼を残すつもりなんだ。だが、それは普通のことだよ。ヤヤは素晴らしい選手だからね。それと、インテルにはファイナンシャルフェアプレーの問題もある」<br><br>インテル移籍の可能性を問われると、セルク代理人はこのように述べた。<br><br>「それは分からないよ。もちろん、来シーズンが終わってから、(シティとの)契約が終わってから、ミラノに来る方が簡単だね」<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.28 03:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマ、ゼコ放出はなし? 関係者が「売りに出していない」

去就が騒がれるローマFWエディン・ゼコだが、関係者はクラブが売りに出していないと強調している。<br><br>マンチェスター・シティからローマに加わったゼコだが、初挑戦のセリエAでは期待されたインパクトを残すことができなかった。そのため、この夏の去就が取りざたされている。一部イタリアメディアは、インテルがFWマウロ・イカルディを手放すことになった場合の代役に考えていると報じた。<br><br>だが、DFエルビン・ズカノビッチとともにゼコのマネジメントの仲介役を務めるシルヴァーノ・マルティーナ氏は、イタリア『Forzaroma.info』のインタビューで次のように述べている。<br><br>「ズカノビッチがアタランタ移籍? 私は知らない。我々はアタランタと話していないよ。ローマからもその交渉について知らされてはいない」<br><br>「エディンはローマのキャンプに招集されている。クラブが放出を望んでいるなら、呼ぶことはなかっただろう。すべて普通のことだ。ゼコとズカノビッチは数週間後にキャンプで再会する」<br><br>ゼコ本人はローマに残ることを望んでいるのだろうか。マルティーナ氏は次のように答えた。<br><br>「ゴールを決めたか外したかということだけでなく、彼のことはこれまでのキャリアが物語っていると思う。ローマが彼を売りに出したということは確認されていないな。逆に、彼はとても落ち着いているということは認められるよ」<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.28 03:25 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ユーロで輝くペリシッチ獲得に関心

▽アーセナルがインテルのクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(27)の獲得に動き始めたようだ。イギリス『talkSPORT』が報じている。 ▽今夏の移籍市場でイングランド代表FWセオ・ウォルコット(27)や同MFアレックス・オクスレイド=チェンバレン(22)らの放出が噂されるアーセナルは、その後釜としてペリシッチの獲得に関心を示しているようだ。 ▽昨夏にヴォルフスブルクからインテルに加入したペリシッチは、リーグ戦34試合で7ゴール5アシストを記録するなど、攻撃のクオリティ不足を指摘されたネッラズーロの貴重な攻め手となった。さらに、現在開催中のユーロ2016ではグループステージで2ゴールを記録し、2連覇中のスペイン代表撃破に貢献するなど、自身の価値を高めている。 ▽また、一部メディアの伝えるところによれば、アーセナルは今夏に獲得を狙うレスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズ(25)との交渉が停滞しており、クラブはペリシッチへの関心を強めているようだ。 2016.06.26 07:05 Sun
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース