インテルが守護神と契約延長! ハンダノビッチと2019年までの新契約締結2016.01.05 22:07 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽インテルは5日、元スロベニア代表GKサミル・ハンダノビッチ(31)と2019年までの契約延長で合意に達したことを発表した。

▽スロベニアの小クラブでキャリアをスタートさせたハンダノビッチは以後、ウディネーゼ、ラツィオなどイタリアの数クラブを渡り歩き、2012年の夏にインテルへ加入。安定感抜群のショットストップを武器とし、在籍4年間で公式戦142試合の出場数を記録している。

▽また、今季もリーグ戦17試合に出場しているハンダノビッチは、2004年の11月にA代表デビューを果たしたスロベニア代表においても、絶対的な守護神として活躍。昨年の11月に代表からの引退を表明するまでに、スロベニア代表として79試合のキャップ数を記録した。

▽インテルと新契約締結に察し、ハンダノビッチはクラブの公式サイトで「契約を延長することができて満足している。互いが互いを望み合っているとき、問題が生じることはないんだ」とコメント。インテルと相思相愛の関係であることを強調した。

コメント

関連ニュース

thumb

「金正恩はインテリスタ。モウリーニョを見に通っていた」伊の親朝鮮派上院議員が証言

イタリアのアントニオ・ラッツィ上院議員がラジオ局『ラディオ・クサーノ・カンプス』のインタビューに応じ、北朝鮮について触れた。<br><br>ラッツィ議員はミランの元名誉会長であるシルヴィオ・ベルススコーニ氏が党首を務めるフォルツァ・イタリアに所属。北朝鮮とのパイプを持つ議員として知られている。ラッツィ議員はインタビューにおいて、金正恩朝鮮労働党委員長が今シーズン、セリエAでトップを走るインテルのファンであると断言した。スイス在住時にインテルの本拠地ジュゼッペ・メアッツァで開催される試合に足を運んでいたと説明している。<br><br>「キム・ジョンウンはインテリスタだよ。イタリアサッカーが好きだったから、ベルンからジュゼッペ・メアッツアまで通っていたんだ。当時は(ジョゼ)モウリーニョがチームを率いていたから、よくインテルの試合を見に行っていたよ。タイトルを総なめにしたモウリーニョのような監督を見に行く好きだったようだ。それに(元ブラジル代表)ロナウドや偉大なトッププレーヤーが何人もいたからね。彼はインテルを応援していたが、私はユベンティーノなのでこれだけは残念だ&hellip;」<br><br>北朝鮮の核・ミサイル問題により世界情勢が不安視されていることについて、同議員はインテルの指揮官ルチアーノ・スパレッティや主将のFWマウロ・イカルディが平和的解決に寄与できると主張した。<br><br>「彼らなら貢献できるかもしれない。彼はイタリアサッカーを知り尽くしているよ。きっとキムは喜ぶだろう。だけどインテルのチーム全員が訪問して、世界最大の平壌のスタジアムでフレンドリーマッチを開催すればもっと喜ぶだろうね。」<br><br>なおラッツィ議員は過去に何度も訪朝しており、セリエBペルージャに所属する19歳FWハン・グァンソンを発掘し、イタリア移籍を実現させた人物として知られている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.12 17:37 Tue
twitterfacebook
thumb

躍進インテルの縁の下の力持ち“復活組”に現地識者が注目「ナガトモらを忘れるな」

元ラツィオのGKで現在はイタリアメディア『メディアセット・プレミアム』のコメンテーターを務めるフェルナンド・オルシ氏が11日、『トゥット・メルカート・ウェブ』のラジオ番組でインタビューに応じた。<br><br>オルシ氏は、今シーズン、無敗のまま首位を独走するインテルについて言及。開幕前は移籍の噂が流れ、退団寸前と見られていた日本代表のDF長友佑都らを復活させることに成功した指揮官ルチアーノ・スパレッティの功績を称えた。<br><br>「(ミラン)シュクリニアルが素晴らしいパフォーマンスを見せているのは事実だが、スパレッティが復活させた選手たちを忘れてはならない。(ダニーロ・)ダンブロージオ、(ダビデ・)サントン、それにナガトモも&hellip; メンタル面において本当に物凄い仕事を成し遂げたと思う。ルチアーノが現役監督の中でも最高峰の1人であることを証明している」<br><br>また9日に行われたユベントスとのイタリアダービー(0-0)での戦いぶりについて非難の声が見られたものの、オルシ氏はスパレッティを支持する。<br><br>「ポジティブなファンですら、現段階でクラブが首位につけるなど考えていなかったわけで、インテルへの批判は大げさだ。アリアンツスタジアムで守備的にプレーすることは不名誉ではない。スパレッティはトリノで1ポイントをもぎ取ったことに満足しているだろう」<br><br>提供:goal.com 2017.12.12 15:25 Tue
twitterfacebook
thumb

レーティング:ユベントス 0-0 インテル《セリエA》

▽セリエA第16節、ユベントスvsインテルの“イタリア・ダービー”が9日に行われ、0-0で引き分けた。インテルのDF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ユベントス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171210_13_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 23 シュチェスニー 5.5 守備機会がなかった DF 2 デ・シリオ 6.0 対面のペリシッチを消した 4 ベナティア 6.5 前節のメルテンスに続き、イカルディを完璧に潰した 3 キエッリーニ 6.5 身体を張った守備でベナティアと共に鉄壁を築く 22 アサモア 6.5 ミラン戦やナポリ戦同様、ビッグマッチで冷静なプレーぶり。攻守に質が高かった MF 6 ケディラ 6.0 前線への飛び出しでアクセントに (→ディバラ 5.5) さほど良い形でボールを持てなかった 5 ピャニッチ 6.0 的確な捌きでリズムを与える (→ベンタンクール -) 14 マテュイディ 6.0 前線への飛び出しでケディラと共にアクセントに。守備にもよく戻った FW 7 クアドラード 6.5 マンジュキッチとのホットラインで好クロスを供給 9 イグアイン 5.0 ボールホルダーによくプレスをかけていたが、攻撃面では効果的な働きはできなかった 17 マンジュキッチ 5.5 クアドラードとのホットラインはあったが、シュートを決めきれず 監督 アッレグリ 6.0 ディバラのベンチスタート、インテルに合わせた[4-3-3]の採用など大胆な采配を施し優勢に試合を進めた ▽インテル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171210_13_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ハンダノビッチ 6.0 的確なゴールキーピングでクリーンシート DF 33 ダンブロージオ 5.5 マンジュキッチとのミスマッチも乗り切る 37 シュクリニアル 6.5 ソリッドな守備でイグアインを封じる 25 ミランダ 6.5 終始、安定した守備を続けた 21 サントン 5.0 対面のクアドラードに押し込まれた (→ダウベルト・エンリケ 5.5) 投入直後こそクアドラードに苦戦も徐々に慣れる MF 87 カンドレーバ 5.0 仕掛けのプレーはなかった (→ガリアルディーニ 5.5) 守備を安定させた 11 ヴェシーノ 6.0 バイタルエリアを締めた 77 ブロゾビッチ 5.0 イカルディをサポートできなかった 20 ボルハ・バレロ 6.0 一定のキープ力を見せて時間を作る 44 ペリシッチ 5.0 カンドレーバ同様、仕掛けのプレーは出せず FW 9 イカルディ 5.0 ボールが入らなかった (→エデル -) 監督 スパレッティ 6.0 劣勢ながらもしっかりと勝ち点1を持ち帰った ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ミランダ(インテル) ▽両陣営のセンターバックが出色のパフォーマンスを発揮していたためMOMは選びにくいが、勝ち点1を得た価値がより大きなインテルからミランダを選出。相棒のシュクリニアルと共に鉄壁を築いた。 ユベントス 0-0 インテル 2017.12.10 06:48 Sun
twitterfacebook
thumb

緊迫のイタリア・ダービーはゴールレスドロー、暫定首位のインテルは無敗を維持《セリエA》

▽セリエA第16節、ユベントスvsインテルの“イタリア・ダービー”が9日に行われ、0-0で引き分けた。インテルのDF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節ナポリ戦をイグアインの古巣弾と鉄壁の守備で1-0と勝利した3位ユベントス(勝ち点37)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のオリンピアコス戦を2-0と勝利してグループステージ突破を果たした。そのユベントスはオリンピアコス戦のスタメンから4選手を変更。ディバラ、ドグラス・コスタ、バルザーリ、アレックス・サンドロに代えてマンジュキッチ、キエッリーニ、ピャニッチ、アサモアを起用し、GKブッフォンは引き続き欠場となった。 ▽一方、前節キエーボ戦をペリシッチのトリプレッタと好調イカルディのゴールなどで5-0と大勝して首位に浮上したインテル(勝ち点39)は、1週間の調整期間があった中、キエーボ戦のスタメンから2選手を変更。ジョアン・マリオとラノッキアに代えてヴェシーノと出場停止明けのミランダが先発となり、長友は4試合連続ベンチスタートとなった。 ▽インテルに合わせる形で[4-3-3]を採用したユベントスは、立ち上がりの主導権争いを経て8分に決定機。クアドラードの右クロスがディフレクトし、ファーサイドのマンジュキッチが右足で合わせる。しかし、GKハンダノビッチの守備範囲に飛んでしまった。さらにルーズボールをマンジュキッチが頭で押し込みにかかるも、ゴールライン前のミランダにクリアされた。 ▽その後も互角の攻防が続き、互いに隙を見せなかったことで、両チームのストライカーにボールが入らずシュートに持ち込めない状況が続く。 ▽前半半ば以降も緊張感溢れる攻防が続く中、ユベントスは37分にマテュイディの落としに反応したケディラがボックス右からボレー。シュートは枠を捉えていたが、GKハンダノビッチにセーブされた。さらに45分、クアドラードの右クロスをファーサイドのマンジュキッチがダンブロージオに競り勝ってヘディングシュート。しかし、バーに直撃し、両陣営が水も漏らさない攻防を繰り広げた前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半も一進一退の攻防で立ち上がった中、右サイドのクアドラードを起点に攻め込むユベントスは、54分にマンジュキッチがミドルシュートでオンターゲットを記録。 ▽攻勢を強めるユベントスに対し、インテルは63分に負傷したサントンに代えてダウベルト・エンリケを投入した。 ▽引き続き押し込むユベントスが68分にケディラがボレーでゴールに迫った中、インテルはカンドレーバに代えてガルアルディーニを投入し、右サイドにブロゾビッチを回した。 ▽守備に比重を置いたインテルに対し、71分にアサモアのミドルシュートでゴールに迫ったユベントスは75分、勝負に出る。ケディラに代えてディバラを投入した。 ▽しかし、決定機を生み出すには至らない。終盤、イカルディを下げてエデルを投入したインテルが引き分けに持ち込み、緊迫のダービーはゴールレスドローで終了した。 2017.12.10 06:47 Sun
twitterfacebook
thumb

【プレビュー】首位攻防のイタリア・ダービー《ユベントスvsインテル》

▽セリエA第16節、ユベントスvsインテルが日本時間9日の28:45にキックオフされる。前節ナポリに今季初黒星を喫しさせた3位ユベントスと、首位に浮上したインテルによる首位攻防のイタリア・ダービーだ。 ▽前節ナポリ戦を強行出場のイグアインの古巣弾と鉄壁の守備で1-0と勝利した3位ユベントス(勝ち点37)は、火曜日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のオリンピアコス戦を守護神ブッフォンを欠いた中、2-0と勝利してグループステージ突破を果たした。痺れる試合が続いているため疲弊が気がかりだが、ダービーを制して首位獲りとなるか。 ▽一方、ミランダとガリアルディーニを出場停止で欠いた前節キエーボ戦をペリシッチのトリプレッタと好調イカルディのゴールなどで5-0と大勝して首位に浮上したインテル(勝ち点39)は、1週間の調整期間があったアドバンテージを持つ。フィジカルコンディションの優位性とともに、ここ3試合で5ゴールと絶好調の“ユベントスキラー”イカルディの活躍で無敗を維持し、首位をキープしたい。 <div style="text-align:center;">◆ユベントス◆ 【3-4-2-1】</div><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171207_38_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽ユベントス予想スタメン GK:シュチェスニー DF:バルザーリ、ベナティア、キエッリーニ MF:クアドラード、ピャニッチ、ケディラ、アレックス・サンドロ FW:ディバラ、ドグラス・コスタ FW:イグアイン 負傷者:GKブッフォン、DFヘヴェデス、 DFリヒトシュタイナー、FWピアツァ 出場停止者:なし ▽ヘヴェデスが再び戦列を離れ、リヒトシュタイナーとオリンピアコス戦をコンディション不良の影響で欠場したGKブッフォンが招集メンバーを外れた。そのため、シュチェスニーがゴールマウスを守る。一方でオリンピアコス戦をコンディション不良の影響で欠場したキエッリーニは復帰が見込まれている。ここ数試合、3バックと4バックを併用しているが、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は3バックを予想している。 <div style="text-align:center;">◆インテル◆ 【4-2-3-1】</div><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171207_39_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽インテル予想スタメン GK:ハンダノビッチ DF:ダンブロージオ、シュクリニアル、ミランダ、サントン MF:ヴェシーノ、ガリアルディーニ MF:カンドレーバ、ボルハ・バレロ、ペリシッチ FW:イカルディ 負傷者: なし 出場停止者:なし ▽ミランダとガリアルディーニが出場停止から復帰する。それ以外にキエーボ戦からのスタメン変更はないものと思われる。サントンが前節のキエーボ戦で好パフォーマンスを見せたため、長友は引き続きベンチスタート予想だ。 ★注目選手 ◆ユベントス:FWドグラス・コスタ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171207_35_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ディバラとイグアインの両主軸も注目だが、ユベントスの注目選手にはドグラス・コスタを挙げたい。今季、バイエルンから加入した高速ドリブラーは、加入当初こそチームにフィットできない状況が続いていたが、ここ数試合でチームに順応し始めている。とりわけナポリ戦では攻撃の核として機能し、攻撃に人数をかけられない中、単騎突破で違いを生む働きを担った。インテル戦ではナポリ戦ほど守備に比重を置くことはないことが予想され、ドグラス・コスタが相手DFを引き付けることで他のアタッカーが生かされる展開が増えるはずだ。 ◆インテル:FWマウロ・イカルディ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171207_36_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽一方、インテルの注目選手には今季ここまで16ゴールを挙げて得点ランキングトップに立つイカルディを挙げたい。抜群の決定力でエースとしての働きを全うしているアルゼンチン代表FWは、首位に立ったチームを牽引する存在。メルテンスを封じたユベントス守備陣が相手となるが、ユベントスに対しては抜群の相性の良さを誇る。この大一番でゴールを決め、チームの首位キープに貢献できれば、さらに評価を高めることになる。 2017.12.09 18:01 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース