長野が横浜FMを退団したDF天野貴史を完全移籍で獲得「優勝して、必ずJ2昇格しましょう」2016.01.05 16:12 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽長野は5日、横浜FMを退団していたDF天野貴史(29)が完全移籍で加入することを発表した。天野は11月25日に契約満了が発表されていた。

▽天野は2014年に千葉へ期限付き移籍した1年を除き、下部組織時代から17年間所属。横浜FMではJ1で45試合に出場し4得点を記録していた。天野は長野を通じて意気込みを語っている。

「長野パルセイロのファン・サポーターの皆さん、はじめまして天野貴史です。今回、パルセイロよりお声掛け頂いたことを大変感謝しています。優勝して、必ずJ2昇格しましょう。そして、長野の街を熱くしましょう。そのために全力で頑張りますので、応援よろしくお願い致します」

▽また、17年間所属した横浜FMを通じては、感謝の気持を述べるとともに、将来的な対戦を誓った。

「このたび、長野パルセイロに行くことになりました。今年必ずJ2に昇格して、来年にはJ1に昇格してF・マリノスと対戦出来るように頑張ります」

「横浜から長野は遠いようで近いのでぜひ応援に来て下さい! 皆さんに育成時代から頂いた応援は決して忘れません。本当にありがとうございました。長野でも、まだまだ頑張りますので、引き続き応援頂けたら嬉しいです」

コメント

関連ニュース

thumb

長野が水戸FW萬代宏樹を期限付き移籍で獲得「J2昇格を目指して頑張ります」

▽AC長野パルセイロは14日、水戸ホーリーホックのFW萬代宏樹(31)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。期限付き移籍期間は2018年1月31日までとなる。背番号は「30」に決まった。 ▽萬代はベガルタ仙台やジュビロ磐田、サガン鳥栖、ザスパ草津(現ザスパクサツ群馬)、モンテディオ山形と渡り歩き、2015年に水戸へ加入。1年半の在籍となり、今シーズンは明治安田生命J2リーグで1試合、天皇杯で1試合の出場に留まっていた。萬代は両クラブを通じてコメントしている。 ◆AC長野パルセイロ 「はじめまして、萬代宏樹です。この時期の移籍は初めてですが、少しでも早くチームになじみ、力になれるよう頑張ります。まずは試合に出て結果を出し、J2昇格を目指して頑張ります」 ◆水戸ホーリーホック 「1年半という短い間でしたが、試合に出場する機会が少ない中でも、やさしく声をかけていただいたり、熱心に応援をしていただき、ありがとうございました。この時期に移籍という事は非常に悔しくもあり、申し訳ない気持ちでいっぱいですが、長野でも精一杯頑張りますので少しでも気にかけてくれたら嬉しいです。ありがとうございました」 2017.07.14 16:06 Fri
twitterfacebook
thumb

長野、MF新井純平が七夕入籍 「より一層の“責任”と“覚悟”をもって」

▽AS長野パルセイロは7日、MF新井純平(27)が同日に入籍したことを発表した。 ▽新井は、長野の公式サイトを通じて以下のようなコメントを残している。 「私事ではありますが、この度かねてよりお付き合いしておりました方と入籍することとなりました。いつも支えてくれる彼女のためにも、より一層の“責任”と“覚悟”をもって戦っていきたいと思います。今後も変わらぬご声援をよろしくお願いいたします」 ▽新井は、今シーズンのリーグ戦14試合に出場していた。 2017.07.07 16:03 Fri
twitterfacebook
thumb

鳥取が終了間際の2発で上位沼津と意地のドロー! 《J3》

▽明治安田生命J3リーグの第15節の4試合が2日に行われた。 ▽3位のアスルクラロ沼津(勝ち点26)はとりぎんバードスタジアムに乗り込み、14位のガイナーレ鳥取(勝ち点12)と2-2で引き分けた。 ▽試合は序盤から沼津が攻め込む展開が続くも、なかなか決定機を作れない。得点が生まれたのは試合を折り返した50分。ドリブルでDFを翻弄した中村がボックス内右へ切り込みグラウンダーのクロスを上げると、待ち構えていた薗田が冷静に合わせリーグ戦9得点目とし、沼津が先制した。さらに54分にも、中村の右サイドからのクロスに薗田が反応し、得点ランク1位タイとなる10得点目を決めて沼津がリードを2点とする。 ▽しかし88分、鳥取がPKを獲得。これをキッカーの河合が豪快に蹴り込み、試合終了間際に反撃ののろしを揚げる。すると89分、鳥取が自陣からロングボールを放り込むと、沼津のDFが目測を見誤りボールが裏のスペースへ流れる。走り込んだ加藤がGKとの一対一を制し、同点弾を決めた。試合はそのまま引き分けに終わり、勝ち点27となった沼津は3位をキープも、今節すでに勝利していた2位のカターレ富山(勝ち点31)との勝ち点差が2ポイントに広がる痛い引き分けとなってしまった。 ▽また、5位のAC長野パルセイロ(勝ち点23)が11位の藤枝MYFC(勝ち点12)をホームの長野Uスタジアムに迎えた一戦は、3-0で藤枝の勝利に終わった。この結果、長野の無敗記録は9試合で打ち止めとなった。 ▽7/2(日) ガイナーレ鳥取 2-2 アスルクラロ沼津 グルージャ盛岡 0-0 鹿児島ユナイテッドFC AC長野パルセイロ 0-3 藤枝MYFC ガンバ大阪U-23 3-2 栃木SC ▽7/1(土) FC東京U-23 1-1 ブラウブリッツ秋田 Y.S.C.C.横浜 2-2 FC琉球 カターレ富山 2-1 ギラヴァンツ北九州 セレッソ大阪U-23 2-2 SC相模原 2017.07.02 20:06 Sun
twitterfacebook
thumb

長野レディースのなでしこジャパンFW横山久美がドイツ女子1部の1.FFCフランクフルトへ期限付き移籍…今季は永里優季が所属

▽AC長野パルセイロレディースは1日、なでしこジャパンFW横山久美(23)が、ドイツ・女子ブンデスリーガ1部の1.FFCフランクフルトへ期限付き移籍することを発表した。期限付き移籍期間は2017年7月1日〜2018年6月30日となり、なでしこリーグカップ第5節のアルビレックス新潟レディース戦(6月24日)が最終出場試合となる予定だ。 ▽横山は、十文字高校から2012年に岡山湯郷Belleへ入団。長野には2014年から在籍している。当時チャレンジリーグに在籍した長野では21試合で30得点を記録し得点王に輝くと、2015年にはなでしこリーグ2部で25試合出場35得点を記録。チームを2部での優勝へ導くとともに、自身も得点王を獲得した。2016年はなでしこリーグ1部で18試合出場16得点。今シーズンは、ここまで5試合に出場し2得点を記録している。 ▽また、2015年からはなでしこジャパンでもプレー。現在はチームの中心となってプレーしている。横山はクラブを通じてコメントしている。 「この度、海外移籍をすることになりました。シーズン途中ながら背中を押してくれた本田監督、スタッフの皆様、チームメイトには感謝の言葉しかありません」 「パルセイロに移籍以来、3年半本当に色々な事がありました。当初は、なでしこ2部リーグでしたが、パルセイロに移籍してきたことにより、沢山の個性豊かなチームメイトと出会うことができ、毎日楽しくサッカーをやれたこと、そして、南長野に最高のスタジアムが完成し、最高のサポーターの皆さんがいたからこそ、ここまで来られたのだと確信しています。長野に来た当時の自分を知っている人からしたら、とても考えられない今の自分がいます」 「また、2年間勤務させて頂いた長野信用金庫様では、多くの社会での常識や人との繋がりの大切さなどを教えて頂きました。色々と話をしたらキリが有りませんが、とにかくこのような道を開くことが出来たのは本田監督なくしてはありえません。普段はこんなこと言えませんが、ここまで成長させて頂き本当に有難うございました。そして長野パルセイロのサポーターの皆さん、皆さんは日本一のサポーターです。これからもずっと日本一でいて下さい」 「応援してくださった全ての皆さん、本当に本当に有難うございました!心から感謝しています。ここで一旦、長野を離れますが、これからもずっとパルセイロ・レディースと共に横山久美への応援もよろしくお願いします!」 「最後に、チームメイトのみんなありがとう!」」 ▽なお、1.FFCフランクフルトにはなでしこジャパンのFW永里優季が現在所属している。 2017.05.01 15:50 Mon
twitterfacebook
thumb

FW久保建英のJ最年少ゴールを守り切りFC東京U-23がC大阪U-23を下す! G大阪U-23は長野の前に敗戦《J3》

▽15日、明治安田生命J3リーグ第5節の2試合が行われた。 ▽セレッソ大阪U-23vsFC東京U-23は、FC東京U-23が0-1で勝利した。 ▽J1勢のU-23チーム同士の対戦となった一戦は、U-20日本代表FW久保建英が魅せる。 ▽0-0で迎えた38分、ボックス左でボールを持った久保は、3人のDFに囲まれながらもドリブル突破。そのままボックス内に侵入すると、そのまま左足一閃。クロスバーに当たったボールが右ポストを叩いてネットを揺らし、FC東京U-23が先制した。 ▽2004年に当時東京ヴェルディに所属していたFW森本貴幸(現川崎フロンターレ)が記録した、15歳11カ月28日が最年少ゴール記録を15歳10カ月11日に塗り替えた久保の1点を守りきり、FC東京U-23が0-1でC大阪U-23を下した。 ▽もう1試合のガンバ大阪U-23vsAC長野パルセイロの一戦は、長野が0-2で勝利した。 ▽長野は開始50秒、シュートの跳ね返りをボックス内で佐藤が落ち着いて流し込み、早々に先制する。今シーズン未だノーゴールのG大阪U-23は積極的に攻勢に出るも、GK阿部の前にゴールを奪うことができない。 ▽すると40分、長野はFKを獲得。東のクロスをDFが触ると、大島と競り合ったボールがゴールに吸い込まれ、オウンゴールで失点。後半も長野が試合の主導権を握り続け、タイムアップ。長野が0-2で勝利。G大阪U-23は未だノーゴールで、5連敗となった。 ガンバ大阪U-23 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 AC長野パルセイロ</span> 【長野】 佐藤悠希(前1) OG(前40) セレッソ大阪U-23 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 FC東京U-23</span> 【FC東京】 久保建英(前38) 2017.04.15 16:24 Sat
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース