鹿島がU-23日本代表GK櫛引政敏を期限付き移籍で獲得…柴崎とは青森山田で同級生2016.01.05 15:57 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽鹿島は5日、清水からU-23日本代表GK櫛引政敏(22)を1年間の期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2016年2月1日から2017年1月31日までとなる。

▽櫛引は青森山田高で、日本代表MF柴崎岳と共に第88回全国高等学校サッカー選手権大会に出場し準優勝。2011年に清水へ加入すると、ここまでJ1で59試合に出場していた。なお、U-23日本代表の一員として1月12日に開幕するAFC U-23アジア選手権に臨む。今回の移籍に際して櫛引は、鹿島を通じて新天地での意気込みを語った。

「このたび、清水エスパルスより加入しました櫛引政敏です。強豪アントラーズの一員としてプレーすることは光栄ですし、身が引き締まる思いです。試合に出ることは簡単ではないと覚悟していますので、まずはトレーニングからしっかりアピールしていきます。今年一年よろしくお願いします」

▽また、清水を通じても新天地での活躍とさらなる成長を誓った。

「このたび、鹿島アントラーズへ期限付き移籍することになりました。今シーズンは、エスパルスで一緒に戦うことは出来ませんが、1年でのJ1復帰という目標に向かって、しっかり結果を出してくれると信じています。僕自身も負けることなく、大きく成長出来るように頑張ってきます。引き続き、応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

4発快勝の清水が6戦無敗!!《J2》

▽26日に維新百年記念公園陸上競技場で明治安田生命J2リーグ第20節、レノファ山口vs清水エスパルスが行われ、4-0で清水が勝利した。 ▽前節の水戸ホーリーホック戦で3試合ぶりの白星を飾った7位の山口(勝ち点31)が、ジェフユナイテッド千葉と引き分けて5戦無敗とした8位の清水(勝ち点30)を迎えた。 ▽試合は序盤こそホームの町田が攻勢に出るも、徐々に清水が流れを引き寄せる。すると20分に石毛のスルーパスから白崎が丁寧に流し込み、清水が先制に成功した。その後も清水が攻勢にでると、38分にはボックス内でパスを繋ごうとした山口のミスをついて石毛が押し込んで2点目を奪った。 ▽2点を追う山口はハーフタイムで鳥養を下げて三幸を送りだした。しかし後半も清水が主導権を握り、65分からは枝村に代えて村田を送り出すなどさらに前への圧力を強めていく。 ▽山口も選手を入れ替えて流れを引き寄せにかかるが、なかなかシュートまで持ち込むことができずに時間が経過していく。すると逆に清水は85分、ボックス右の鄭大世が折り返したボールに途中出場の北川が低空ダイビングヘッドで押し込み3点目を奪った。 ▽88分にも村田のゴールで4点目を奪った清水は、その後も危なげない試合運びで山口の攻撃をシャットアウト。2試合ぶりの白星を手にして、6試合無敗とした。 2016.06.26 19:59 Sun
twitterfacebook
thumb

清水が負傷したFW大前元紀の状況を発表…全治まで3カ月の見込み

▽清水エスパルスは23日、FW大前元紀の負傷について発表した。 ▽大前は8日に行われた明治安田生命J2リーグ第17節の町田ゼルビア戦で、プレー中に負傷。前半の35分過ぎに相手セットプレーの場面で相手選手と交錯した際、左脇腹に相手のヒザとヒジが入ってしまい、ピッチに倒れ込み、そのまま担架に乗せられてピッチを後にしていた。その後、東京都多摩市の病院に緊急搬送されていた。 ▽清水は9日に左第5・6・7・8肋骨骨折および肺挫傷と診断されたと発表していたが、改めて静岡市内の病院にて検査をおこなった結果を発表。全治まで3カ月を要する見込みだと発表した。 2016.06.23 12:51 Thu
twitterfacebook
thumb

清水が千葉戦での不正入場を発表…大人が小中高チケットで入場

▽清水エスパルスは22日、不正入場が起こっていたことを発表した。 ▽清水の発表によると、19日に行われた明治安田生命J2リーグ第節のジェフユナイテッド千葉戦で、大人チケットを所持すべき来場者が小中高チケットで不正入場したとのことだ。清水が調査を行った結果、実行者が特定され、同規程第9条「入場拒否、退場命令、物の没収」に基づき対処したとしている。 ▽清水は公式サイトで声明を発表。不正入場をが後を絶たないとし、来場者への注意喚起を行った。 「小中高生のチケットを意図的に購入し入場されようとする「大人」のお客様が後を絶ちません。こういった行為は断じて許すことは出来ません。チケット収入は、クラブ運営を支える大切な収入となります。観戦ルール&マナーを守り、適正なチケット券種にて観戦頂けますようお願い申し上げます」 2016.06.22 21:18 Wed
twitterfacebook
thumb

7位清水vs8位千葉は1-1の痛み分け《J2》

▽19日にIAIスタジアム日本平で行われた明治安田生命J2リーグ第19節の清水エスパルスvsジェフユナイテッド千葉は、1-1のドローに終わった。 ▽2連勝で4戦負けなしの7位清水と、直近8試合で負けなしの8位千葉が相まみえた一戦は17分に動く。清水がボックス手前のゴール正面でFKのチャンスを獲得。鄭大世が右足で直接狙ったシュートが弧をクロスバーの下を叩き、ゴールラインを割った。 ▽幸先良く先制に成功した清水だが、わずか4分でこのリードを失う。21分、千葉はオナイウ阿道がタッチの細かいドリブルで運ぶと、ボックス手前から左足を一閃。グラウンダーのシュートがゴール右下に突き刺さり、千葉があっさりと追いつく。 ▽互いに点を取り合うオープンな展開で進んだ試合だが、その後はこう着状態が続く。迎えた後半も互いに勝ち越しゴールを目指して凌ぎを削るが、最後まで決定打を欠き、1-1で終了。勝ち点1ずつを分け合う結果に終わった。 2016.06.19 20:25 Sun
twitterfacebook
thumb

大前不在の清水が2連勝で4戦負けなし…キングカズ先発の横浜FCは6戦未勝利《J2》

▽12日に行われた明治安田生命J2リーグ第18節の清水エスパルスvs横浜FCは、清水が3-0で勝利した。この試合に先発したFW三浦知良は最年長出場記録を49歳3か月17日に更新。42分までプレーした。 ▽ここまで7勝5分け5敗で9位の清水と、5勝5分け6敗で12位の横浜FCが相まみえた。エースの大前をケガで欠く清水が立ち上がりから攻勢に出る。 ▽そんな中、清水は37分、ボックス左からのチョン・テセの折り返しがDFに引っかかるも、こぼれ球を枝村がプッシュ。清水が先制する。 ▽1点を先行する清水は、迎えた後半も試合の主導権を握る。すると、75分に投入された村田が直後にボックス手前から左足のシュートを決め、リードを広げる。 ▽さらに、90分に六平のスルーパスから村田がこの試合2点目を決めた清水が、そのまま横浜FCに3-0で勝利した。 ▽この結果、清水は2連勝で4戦負けなし。対する横浜FCは6試合で白星から遠ざかる結果となっている。 2016.06.12 15:09 Sun
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース