鹿島がU-23日本代表GK櫛引政敏を期限付き移籍で獲得…柴崎とは青森山田で同級生2016.01.05 15:57 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽鹿島は5日、清水からU-23日本代表GK櫛引政敏(22)を1年間の期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2016年2月1日から2017年1月31日までとなる。

▽櫛引は青森山田高で、日本代表MF柴崎岳と共に第88回全国高等学校サッカー選手権大会に出場し準優勝。2011年に清水へ加入すると、ここまでJ1で59試合に出場していた。なお、U-23日本代表の一員として1月12日に開幕するAFC U-23アジア選手権に臨む。今回の移籍に際して櫛引は、鹿島を通じて新天地での意気込みを語った。

「このたび、清水エスパルスより加入しました櫛引政敏です。強豪アントラーズの一員としてプレーすることは光栄ですし、身が引き締まる思いです。試合に出ることは簡単ではないと覚悟していますので、まずはトレーニングからしっかりアピールしていきます。今年一年よろしくお願いします」

▽また、清水を通じても新天地での活躍とさらなる成長を誓った。

「このたび、鹿島アントラーズへ期限付き移籍することになりました。今シーズンは、エスパルスで一緒に戦うことは出来ませんが、1年でのJ1復帰という目標に向かって、しっかり結果を出してくれると信じています。僕自身も負けることなく、大きく成長出来るように頑張ってきます。引き続き、応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

昇格を目指す清水に痛手…MF六平光成が右大腿二頭筋肉離れで全治約8週間

▽清水エスパルスは28日、MF六平光成の負傷を発表した。 ▽清水の発表によると、六平は25日に行われた明治安田生命J2リーグ第33節の松本山雅FC戦で負傷したとのことだ。 ▽六平は、26日に静岡市内の病院にて検査を行った結果、右大腿二頭筋肉離れと診断。全治は約8週間を要する見込みとのことだ。六平は今シーズンの明治安田生命J2リーグで26試合に出場していた。 2016.09.28 18:24 Wed
twitterfacebook
thumb

松本、公式戦6連勝中だった清水との上位対決を制す《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第33節の松本山雅FCvs清水エスパルスが25日に松本平広域公園総合球技場で行われ、1-0で松本が勝利した。 ▽ここまで17勝10分け5敗で2位につける松本と、同16勝9分け7敗で4位に位置する清水の上位対決。試合は、24分に松本が動かす。ハーフウェーライン付近から喜山がゴール前に入れたFKを山本が頭で落とすと、最後は正面の工藤が合わせる。このシュートがネットを揺らし、松本が先行した。 ▽このゴールで勢いに乗った松本は、ハーフタイムにかけてもペースを握る。パウリーニョや岩間のシュートでゴールに迫ったものの追加点には至らず、1-0のまま後半を迎える。 ▽迎えた後半も一進一退の攻防が繰り広げられる。ビハインドを背負う清水は、大前や村田、長谷川を投入していき、徐々にリスクを冒しながら同点弾を狙う。 ▽しかし、最後まで松本がリードを保って逃げ切り。清水の公式戦連勝は6試合でストップしている。 2016.09.25 16:02 Sun
twitterfacebook
thumb

清水MF枝村匠馬が負傷で4週間の離脱

▽清水エスパルスは21日、MF枝村匠馬が右大腿二頭筋肉離れで全治4週間と診断されたことを発表した。 ▽枝村は18日に行われた明治安田生命J2リーグ第32節の水戸ホーリーホック戦で負傷(2-1で清水が勝利)。直近のリーグ戦16試合で先発に名を連ねていた。 2016.09.21 20:28 Wed
twitterfacebook
thumb

清水がビョン・ジュンボンのAT弾で水戸に劇的逆転勝利《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第32節の清水エスパルスvs水戸ホーリーホックが18日にIAIスタジアム日本平で行われ、2-1で清水が勝利した。 ▽ここまで15勝9分け7敗で5位の清水と、同8勝13分け10敗で14位の水戸が対戦。先に決定機を演出したのは清水だった。19分、左からのアーリークロスを正面のチョン・テセがヘッド。このシュートが枠を捉えるも、水戸GK笠原のファインセーブに遭う。 ▽清水は、25分に負傷の枝村に代えて村田を投入。ハーフタイムにかけてはアウェイの水戸が白井の際どいミドルシュートなどで盛り返す。しかし、清水の守備陣が集中をきらさず、前半は0-0のまま終了する。 ▽迎えた後半、清水は51分に正面の竹内が枠をわずかにはずれるミドルシュートで相手を脅かす。しかし、試合の均衡を破ったのは水戸だった。66分、田向が右サイドから入れたグラウンダークロスにファーで飛び込んだ山村がダイレクトで合わせてネットを揺らす。 ▽その後、清水は大前を軸に同点弾を目指していく。しかし、81分にクロスに合わせた白崎のヘディングシュートはGKの正面を突いたことでセーブされる。 ▽それでも、85分にはついに清水が追いつく。大前の鋭い左CKが正面で競り合っていた松原のかかと付近に当たる。このボールがゴールに吸い込まれ、20歳DF松原のプロ初ゴールで清水が追いついた。 ▽さらに勢いに乗る清水はアディショナルタイム5分、大前の左CKに今度はファーのビョン・ジュンボンがヘッド。これが決まり、劇的な逆転勝利でリーグ3連勝を記録している。 2016.09.18 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

肋骨骨折から復帰の大前が直接FK弾! 清水が山形に3発快勝!《J2》

▽11日に明治安田生命J2リーグ第31節の清水エスパルスvsモンテディオ山形がIAIスタジアムで行われ、清水が3-1で勝利した。 ▽3週間ぶりのリーグ戦となる今節のJ2。現在昇格プレーオフ圏内の5位につける清水が、18位と残留争い中の山形をホームに迎えた。清水は、6月に肋骨を骨折していたFW大前元紀がベンチ入りした。 ▽試合は、ホームの清水が立ち上がりから主導権を握りに行く。すると9分、ボックス手前正面でFKを得ると、鄭大世が直接シュートを狙うも壁に当たりゴールとはならない。 ▽山形は16分、宇佐美が左サイドを抜け出すと中央に折り返す。これが混戦となるも、アルセウは蹴り込めない。 ▽21分、山形はカウンターから右サイドを突破。グラウンダーのクロスを山田が上げるも、合わせることができない。 ▽25分に山形がビッグチャンス。ボックス手前からアルセウがミドルシュート。これをGK植草が弾くと、ボックス内で林がこぼれ球をシュート。しかし、GK植草が再びセーブ。さらにこぼれた球を、後方から走り込んだ鈴木がシュートも、再びGK植草がセーブする。 26分には左CKからのクロスを渡辺がヘッドで合わせるも、再びGK植草がキャッチする。 ▽31分、左サイドからのクロスを枝村が折り返すと、鄭大世、白崎が飛び込むも合わせられない。このまま前半終了かと思われたアディショナルタイム2分、左サイドからのグラウンダーのクロスをボックス中央で枝村がダイレクトシュート。これが決まり、清水がリードして試合を折り返す。 ▽1点ビハインドで後半をスタートする山形は伊東に代えて大黒を後半開始から投入。攻撃の活性化を図る。 ▽大黒をディフェンスラインの裏に走らせる展開を続ける山形だが、角田を中心とした清水の守備網を破ることができない。清水は金子や鄭大世がシュートを放つも、こちらも決定機を生かせない展開が続く。 ▽それでも金子がボックス手前で白崎の横パスを受けると、勢い良く右足を振り抜く。これがDFの股間を抜け、ゴール右隅に決まり、清水がリードを2点に広げる。 ▽清水は77分に負傷明けの大前を投入。すると80分に大前の突破を阻止した田代が一発退場。これで得たFKを大前が直接沈め、清水がリードを3点に広げる。 ▽反撃に出たい山形は87分、左CKからディエゴがクロス。これを渡辺がヘッドで合わせ、1点を返す。勢いに乗りたい山形だったが、清水がボールを回し時計を進め試合終了。大前の復帰弾などで清水が3-1と勝利した。 2016.09.11 19:58 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース