鹿島がU-23日本代表GK櫛引政敏を期限付き移籍で獲得…柴崎とは青森山田で同級生2016.01.05 15:57 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽鹿島は5日、清水からU-23日本代表GK櫛引政敏(22)を1年間の期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2016年2月1日から2017年1月31日までとなる。

▽櫛引は青森山田高で、日本代表MF柴崎岳と共に第88回全国高等学校サッカー選手権大会に出場し準優勝。2011年に清水へ加入すると、ここまでJ1で59試合に出場していた。なお、U-23日本代表の一員として1月12日に開幕するAFC U-23アジア選手権に臨む。今回の移籍に際して櫛引は、鹿島を通じて新天地での意気込みを語った。

「このたび、清水エスパルスより加入しました櫛引政敏です。強豪アントラーズの一員としてプレーすることは光栄ですし、身が引き締まる思いです。試合に出ることは簡単ではないと覚悟していますので、まずはトレーニングからしっかりアピールしていきます。今年一年よろしくお願いします」

▽また、清水を通じても新天地での活躍とさらなる成長を誓った。

「このたび、鹿島アントラーズへ期限付き移籍することになりました。今シーズンは、エスパルスで一緒に戦うことは出来ませんが、1年でのJ1復帰という目標に向かって、しっかり結果を出してくれると信じています。僕自身も負けることなく、大きく成長出来るように頑張ってきます。引き続き、応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

高木兄弟が初のアベック弾! 清水とのオリジナル10対決を制した東京Vが10戦ぶりの勝利!!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第14節の東京ヴェルディvs清水エスパルスが22日に味の素スタジアムで行われ、ホームの東京Vが2-1で勝利した。 ▽9戦勝利なしで20位に低迷する東京Vと、3戦未勝利で9位に沈む清水が、2008年のJ1での対戦以来、初めて対峙する“オリジナル10対決”。前節、最下位のツエーゲン金沢と引き分けた東京Vは、その一戦から先発3人を変更。これが移籍後初出場となるGK鈴木と、安在と南が先発に入った。また、古巣対決となる高木善と高木純が先発に入った。 ▽一方、前節徳島ヴォルティスに敗戦した清水は先発6人を変更。U-23日本代表としてトゥーロン国際大会に参戦中の三浦や鄭大世が先発を外れ、ヤコヴィッチや北川が先発で起用された。 ▽試合は開始早々に動く。6分、相手陣内の高い位置でミスパスをカットした清水が、大前のスルーパスに抜け出した白崎のゴール右隅を射抜くシュートで先制に成功した。 ▽早い時間帯の先制点で勢いづくアウェイチームは、相手のボールロストを確実にカウンターに繋げて白崎にシュートチャンスが訪れるも、これを決め切れない。すると、試合は徐々に互いにミスの目立つこう着状態に陥る。 ▽前半半ばを過ぎてドウグラス・ヴィエイラの果敢な縦への仕掛けでリズムを掴んだ東京Vは、前半終了間際に高木兄弟のゴールで試合をひっくり返す。まずは44分、中後のフィードをボックス左で競り勝った安在の浮き球クロスをゴール前の高木大が頭で押し込み、2試合連続弾で同点に追いつく。さらに前半アディショナルタイム2分には、南に代わって投入されたばかりの井上のシュートのこぼれ球に反応した高木善が豪快に古巣のゴールに蹴り込んだ。 ▽高木家次男と三男の初のアベック弾で前半のうちに逆転した東京Vは、後半も勢いづいて攻勢に出る。47分の高木大のシュートは相手GKの好守に阻まれる。さらに52分にはボックス手前で仕掛けた井上が決定的なシュートを放つが、これはわずかに枠の右に外れる。 ▽一方、後半頭から金子に代えて村田を投入した清水は、その村田の右サイドを起点に攻勢を見せるが、キーマンの大前が徹底マークに遭い、なかなか良い形でフィニッシュに絡めない。 ▽時間の経過と共に暑さの影響からオープンになった試合は、ビハインドを追う清水が押し込む展開が続く。だが、10戦ぶりの勝利を目指してハードワークを続ける東京Vの守備をなかなか崩せない。その後、清水は切り札の鄭大世を投入し、終盤にかけてパワープレーを仕掛けるが、最後までゴールをこじ開けることはできず。 ▽高木兄弟のアベック弾で清水とのオリジナル10対決を2-1の逆転で制した東京Vは、嬉しい10試合ぶりの勝利。一方、2連敗の清水はこれで4試合勝利なしとなった。 2016.05.22 18:07 Sun
twitterfacebook
thumb

清水、ホームで徳島に屈して3戦未勝利《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第13節の清水エスパルスvs徳島ヴォルティスが15日にIAIスタジアム日本平で行われ、0-1で徳島が勝利した。 ▽ここまで5勝4分け3敗で7位の清水と、同3勝2分け7敗で17位の徳島が相まみえた。試合は、立ち上がりから清水がペースを握る。大前のポストワークを起点にしながらチョン・テセがフィニッシュに持ち込むなど徳島を押し込む清水は、23分に決定機を創出。右サイドのクロスがクリアされたこぼれ球をボックス手前の福村がダイレクトで叩く。しかし、これはわずかに枠の右へ外れた。 ▽一方、カルリーニョスを起点に攻撃を組み立てる徳島は29分、ボックス左で仕掛けた渡がカットインから右足でシュート。これが枠を捉えたが、コースが甘くGK碓井のセーブに遭った。さらに、35分にも徳島にビッグチャンス。左サイドの内田が上げたクロスに正面の渡が頭で合わせたシュートが枠に飛ぶも、GK碓井のビッグセーブを前にこれもゴールとはならない。 ▽迎えた後半もオープンな展開が続く。得点を奪いにいく清水は52分、大前の左CKにファーサイドの犬飼が頭で合わせる。しかし、このシュートはわずかに枠の右へ。さらに、チョン・テセが放ったミドルシュートもクロスバーに弾かれる。 ▽すると、65分に試合の均衡を破ったのは徳島だった。65分、木村が蹴った右CKに正面で合わせた山崎のヘディングシュートが決まり、徳島が先行する。 ▽終盤、リスクを冒して攻める清水に対して、徳島もカウンターから効率よくゴールに迫る。76分には大前がゴール前で好機を得るが、シュートはわずかに枠の左に外れて同点弾とはならない。 ▽結局、試合はそのまま終了。徳島が最近6戦で3勝目を挙げた一方、清水は3戦未勝利となっている。 2016.05.15 15:10 Sun
twitterfacebook
thumb

清水でプレーした元イタリア代表FWマッサーロが政治家に転身へ

▽現役時代にミランなどでプレーした元イタリア代表FWダニエレ・マッサーロ(54)が政治家に転身するようだ。イタリア『ガゼッタ・ワールド』などが伝えている。 ▽マッサーロは現役時代、ミランやフィオレンティーナ、ローマなどでプレー。ミランでは、DFフランコ・バレージやDFパオロ・マルディーニ、FWマルコ・ファン・バステンらと共にプレーし、2度のチャンピオンズリーグ制覇や4度のセリエA優勝に貢献した。1995年には清水入りし、20試合10ゴールの活躍を見せた。 ▽そのマッサーロ氏が、ミランの名誉会長でもあるシルヴィオ・ベルルスコーニ氏が党首を務める『フォルツァ・イタリア』のミラノ市議会議員候補として推薦されたとのことだ。マッサーロ氏は、『Libero』に以下のように話している。 「私の経験をスポーツ企業家精神に生かすことができると思った。ベルルスコーニ会長は私の考えを受け入れてくれた。彼には借りがある。私と家族にとって特別な人だ。ロッソネリでは25年を過ごしたからね。人生だよ」 2016.05.12 16:50 Thu
twitterfacebook
thumb

岐阜が終盤に猛攻も清水とドロー《J2》

▽8日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で、明治安田生命J2リーグ第12節のFC岐阜vs清水エスパルスが行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前節の町田ゼルビア戦で1-1の引き分けに終わった10位の岐阜(勝ち点16)が、京都サンガF.C.戦で1-2の敗戦を喫した6位の清水(勝ち点18)を迎えた一戦は開始早々に動きを見せる。4分にボックス手前の位置で清水がFKを獲得すると、これを大前が直接叩き込んで先制に成功する。 ▽しかし岐阜も27分、FKの流れから阿部がヘディングでが押し込む。清水の選手たちは、このプレーで最後にボールを触った田中がオフサイドポジションだったと主張するも認められずに岐阜が同点に追いついた。ハーフタイムにかけては清水が押し気味に試合を進めるものの、勝ち越しゴールは生まれずに前半を終えた。 ▽後半も清水がポゼッションを高めて攻め込むのに対して、岐阜は前線のエヴァンドロやレオナルド・ロシャにボールを集めたカウンターを狙う。54分にはそのレオナルド・ロシャがドリブルで持ち込んでシュートを放つが、ここはGK碓井がなんとかはじき出した。 ▽なかなかフィニッシュに持ち込めない清水は57分に石毛を下げて村田を送り込む。65分には本田を下げて六平を送り出すなど、メンバーを入れ替えて主導権を奪い返そうとする。73分には村田がドリブルでボールを運び、ボックス右からシュートを放つが相手に当ててしまう。 ▽その後は、お互いゴールデンウィーク連戦の3試合目ということもあり運動量が低下。互いに勝ち越しゴールを目指したが、1-1のまま終了のホイッスル。勝ち点1を分け合う結果に終わった。 2016.05.08 20:00 Sun
twitterfacebook
thumb

清水のFWミッチェル・デュークが全治6カ月の負傷離脱…オーストラリアで左ヒザを手術

▽清水エスパルスは7日、元オーストラリア代表FWミッチェル・デューク(25)が3日にオーストラリアで手術を行った結果、全治約6カ月を要する見込みと発表した。 ▽ミッチェル・デュークは4月21日の練習中に左ヒザの前十字靭帯を損傷。クラブ側は全治に関して手術後に改めて発表するとしていた。 ▽昨シーズンに清水入りしたミッチェル・デュークは、今シーズンここまでの明治安田生命J2リーグで7試合に出場し、1ゴールを記録していた。 2016.05.07 14:10 Sat
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース