鹿島がU-23日本代表GK櫛引政敏を期限付き移籍で獲得…柴崎とは青森山田で同級生2016.01.05 15:57 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽鹿島は5日、清水からU-23日本代表GK櫛引政敏(22)を1年間の期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2016年2月1日から2017年1月31日までとなる。

▽櫛引は青森山田高で、日本代表MF柴崎岳と共に第88回全国高等学校サッカー選手権大会に出場し準優勝。2011年に清水へ加入すると、ここまでJ1で59試合に出場していた。なお、U-23日本代表の一員として1月12日に開幕するAFC U-23アジア選手権に臨む。今回の移籍に際して櫛引は、鹿島を通じて新天地での意気込みを語った。

「このたび、清水エスパルスより加入しました櫛引政敏です。強豪アントラーズの一員としてプレーすることは光栄ですし、身が引き締まる思いです。試合に出ることは簡単ではないと覚悟していますので、まずはトレーニングからしっかりアピールしていきます。今年一年よろしくお願いします」

▽また、清水を通じても新天地での活躍とさらなる成長を誓った。

「このたび、鹿島アントラーズへ期限付き移籍することになりました。今シーズンは、エスパルスで一緒に戦うことは出来ませんが、1年でのJ1復帰という目標に向かって、しっかり結果を出してくれると信じています。僕自身も負けることなく、大きく成長出来るように頑張ってきます。引き続き、応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

【2017 J1チーム診断】大前流出も新進気鋭の若手&新加入の実力者でJ1定着を目指す《清水エスパルス》

▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分で大幅な見直しが行われたことで、高みを目指した戦いにこれまで以上の激化が必至だ。 ▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回は昨シーズンの明治安田生命J2リーグで2位となり、1年でのJ1復帰を果たした清水エスパルス編をお届けする。 <span style="font-weight:700;">◆残留のカギは新鋭のさらなる成長</span> ▽J1復帰元年の今シーズン。当面の目標はJ1残留だ。小林体制2年目を迎えるにあたり、今オフには大黒柱FW大前元紀の流失に苛まれたが、リオ五輪世代のMF野津田岳人と日本代表招集経験者のGK六反勇治といった攻守両面で軸になり得る選手を獲得。全体的に選手層の薄さが気がかりだが、チームにはJ2での戦いを通じて頭角を現しつつあるDF松原后、MF白崎凌兵、FW金子翔太、FW北川航也らポテンシャルを秘めた新鋭が多く在籍している。彼らがJ1という舞台でも昨年と同様の活躍を見せることができれば、目標達成への機運も高まる。 <span style="font-weight:700;">◆2017シーズンの注目ポイント</span> ▽大前が抜けた攻撃陣がどれだけJ1で通用するかが一つポイントだ。昨シーズン、チーム全体で総得点85得点を記録したが、そのうち25得点は大前、36得点はFW鄭大世が演出したもの。それだけに、攻撃力の低下が不安視される。さらに、大前という相棒を失った鄭大世に対する負担も気になるところだ。そこで、カギとなり得るのが若手の存在。先述した白崎や、新加入の野津田ら才能溢れる若手が、J1というトップリーグで鄭大世をフォローすることができるか。チームが新体制発表会見で目標に掲げる「15勝、勝ち点50、9位以内」を達成するためには、若手の台頭が不可欠となるだろう。 <span style="font-weight:700;">◆予想フォーメーション</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170222_shimizu_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">六反勇治</span> DF:鎌田翔雅、犬飼智也、角田誠、松原后 MF:<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">野津田岳人</span>、河井陽介、竹内涼、白崎凌兵 FW:鄭大世、北川航也<hr>▽昨季に引き続き [4-4-2]がベースとなるだろう。左サイドのホットラインはほぼ当確。期限付き移籍期間の満了で退団したDF川口尚紀の右サイドバックの後釜と鄭大世の相方探しには、時間を要すと思われる。このポジションの問題解決と複数のポジションをこなすことができる新外国人選手のDFカヌとDFフレイレの適性の見極めが急務だ。 <span style="font-weight:700;">◆期待の新戦力</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170222_shimizu_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>MF野津田岳人(日本) 1994年6月6日(22歳) 2016シーズン(J1):18試合2得点<hr>▽レフティーモンスターから繰り出されるキックには、攻撃にアクセントを加え、昨季と違う得点パターンを増やす可能性を秘めている。また、長身選手が複数いるこのクラブでは、FKの場面で直接狙うだけでなく、味方に合わせるという選択も可能。状況を打破する強烈なシュートに磨きがかかれば、集中するであろう鄭大世のマークを分散させることにも繋がり、"リオ五輪世代のホープ"から"真のレフティーモンスター"に飛躍を遂げるだろう。 <span style="font-weight:700;">◆キープレーヤー</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170222_shimizu_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>MF白崎凌兵(日本) 1993年5月18日(23歳) 2016シーズン(J2):31試合8得点<hr>▽昨季は8得点6アシストと飛躍。J2で再起した鄭大世の得点力ももちろんだが、それを活かせるかどうかは、今季から背番号"10"を任されたこの男に懸かっている。抜群の攻撃センスと身体能力を兼ね備えたアタッカーに、チャンスメイクや前線の活性化が求められることはもはや当然。エースナンバー"10"を背負う以上、クラブの目的達成のために彼に期することは、戦いの舞台がJ1に上がろうとも、昨季に残した数字同等もしくはそれ以上の結果を残すこと以外にない。昨季から積み上げてきた松原、竹内との左サイドがオレンジ軍団復活への活路を見出してくれるはずだ。 2017.02.22 21:10 Wed
twitterfacebook
thumb

J1復帰の清水、新キャプテンはFW鄭大世「チームが苦しいときに自分が助けられる存在になれれば」

▽清水エスパルスは21日、2017シーズンのキャプテンを発表した。新シーズンのキャプテンはFW鄭大世が務めることとなる。また、副キャプテンにはGK西部洋平、MF河井陽介、DF犬飼智也が就任したことも発表した。 ▽新キャプテンに就任した鄭大世は、昨シーズンの明治安田生命J2リーグで37試合に出場し26得点を記録。チームのJ1復帰の原動力となっていた。4選手はクラブを通じてコメントしている。 【キャプテン】 ◆FW鄭大世 「ピッチの上でも、それ以外の部分でも、チームが苦しいときに自分が助けられる存在になれればと思っています。チームみんなで良い方向に向かい、良い成績を収められるよう精一杯頑張っていきたいと思います」 ■清水エスパルス歴代キャプテンおよび副キャプテン [1992年]三浦泰年 [1993年]三浦泰年 [1994年]三浦泰年 [1995年]長谷川健太 [1996年]澤登正朗 [1997年]澤登正朗 [1998年]澤登正朗 [1999年]澤登正朗 [2000年]澤登正朗 [2001年]伊東輝悦 [2002年]伊東輝悦(副キャプテン=森岡隆三) [2003年]三都主アレサンドロ(副キャプテン=森岡隆三・市川大祐) [2004年]森岡隆三 [2005年]森岡隆三 [2006年]山西尊裕(副キャプテン=高木和道) [2007年]山西尊裕(副キャプテン=高木和道・兵働昭弘) [2008年]高木和道(副キャプテン=西部洋平・兵働昭弘) [2009年]兵働昭弘(副キャプテン=児玉新・岡崎慎司) [2010年]兵働昭弘(副キャプテン=児玉新・岩下敬輔) [2011年]小野伸二(副キャプテン=高原直泰・ボスナー) [2012年]小野伸二 [2013年]杉山浩太 [2014年]杉山浩太(10月~副キャプテン=本田拓也) [2015年]本田拓也(副キャプテン=長沢駿・大前元紀) [2016年]大前元紀(副キャプテン=西部洋平・犬飼智也) [2017年]鄭大世(副キャプテン=西部洋平・河井陽介・犬飼智也) 2017.02.21 16:28 Tue
twitterfacebook
thumb

清水の新加入DFカヌが右腓腹筋肉離れで全治5週間…開幕絶望

▽清水エスパルスは15日、今シーズンから加入したDFカヌの負傷を発表した。 ▽清水の発表によると、カヌは1月25日に行われたトレーニング中に負傷。これまで治療を行ってきたものの、静岡市内の病院で再検査を行った所、右腓腹筋肉離れと診断。全治までは5週間かかるとのことだ。 ▽カヌはタイのチョンブリーFCから今シーズン加入。AFCチャンピオンズリーグに出場した経験もあり、期待されていたものの開幕戦の出場は絶望的となった。 2017.02.15 17:35 Wed
twitterfacebook
thumb

清水、ブラジル人DFフレイレを獲得…ポルトガル1部のチャベスから加入

▽清水エスパルスは14日、ポルトガル・プリメイラ・リーガ(ポルトガル1部)のチャベスからブラジル人DFフレイレ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽フレイレは、ブラジル国内でキャリアをスタート。その後、自国の数クラブや、カザフスタンやキプロスでプレーし、2016年7月からポルトガルのチャベスに活躍の場を移した。 ▽ポルトガル・プリメイラ・リーガ通算59試合2得点を記録しているフレイレは、清水加入を受けて、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「日本でプレーすることが夢でしたし、清水というクラブが夢をかなえてくれました。そのチームのために全力を注ぎ、チームの目標のために頑張っていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします」 2017.02.14 13:33 Tue
twitterfacebook
thumb

ポルトガル1部のチャベスがブラジル人DFフレイレの清水入りを発表

▽ポルトガル・プリメイラ・リーガ(ポルトガル1部)のチャベスは6日、ブラジル人DFレアンドロ・フレイレ・アラウホ(27)が清水エスパルスへ完全移籍することを発表した。クラブの公式Facebookで発表した。 ▽フレイレは、ブラジル国内でキャリアをスタートさせると、2010年7月にポルトガルのギマラエスへと移籍。2014年1月からナシオナルでプレーしていた。その後は、カザフスタンやキプロスでプレー。2016年7月からポルトガルのチャベスでプレーしていた。 ▽主戦場はセンターバックだが、右サイドバックでもプレーが可能。今シーズンはポルトガル・プリメイラ・リーガで18試合に出場していた。通算では59試合に出場し2得点を記録している。 2017.02.07 18:45 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース