鹿島がU-23日本代表GK櫛引政敏を期限付き移籍で獲得…柴崎とは青森山田で同級生2016.01.05 15:57 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽鹿島は5日、清水からU-23日本代表GK櫛引政敏(22)を1年間の期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2016年2月1日から2017年1月31日までとなる。

▽櫛引は青森山田高で、日本代表MF柴崎岳と共に第88回全国高等学校サッカー選手権大会に出場し準優勝。2011年に清水へ加入すると、ここまでJ1で59試合に出場していた。なお、U-23日本代表の一員として1月12日に開幕するAFC U-23アジア選手権に臨む。今回の移籍に際して櫛引は、鹿島を通じて新天地での意気込みを語った。

「このたび、清水エスパルスより加入しました櫛引政敏です。強豪アントラーズの一員としてプレーすることは光栄ですし、身が引き締まる思いです。試合に出ることは簡単ではないと覚悟していますので、まずはトレーニングからしっかりアピールしていきます。今年一年よろしくお願いします」

▽また、清水を通じても新天地での活躍とさらなる成長を誓った。

「このたび、鹿島アントラーズへ期限付き移籍することになりました。今シーズンは、エスパルスで一緒に戦うことは出来ませんが、1年でのJ1復帰という目標に向かって、しっかり結果を出してくれると信じています。僕自身も負けることなく、大きく成長出来るように頑張ってきます。引き続き、応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

清水が横浜FCを完封し2発快勝を飾る《J2》

▽21日に明治安田生命J2リーグ第30節の横浜FCvs清水エスパルスがニッパツ三ツ沢球技場で行われ、清水が2-0で勝利している。 ▽前節の東京ヴェルディ線に勝利し4連勝と勢いに乗る9位の横浜FC(勝ち点40)が、レノファ山口と引き分けた6位の清水(勝ち点48)を迎えた一戦。清水がマイボールを大事にビルドアップしていくのに対して、横浜FCはより直線的にゴールを目指す展開となった。迎えた9分、ボックス手前左の位置でFKを獲得した横浜FCはイバが直接狙うも、ボールは落ちきらずにクロスバーを越えていった。 ▽対する清水は26分にボックス右でスルーパスに反応した鄭大世がシュートを流し込む。ネットを揺らすも、鄭大世はオフサイドポジションにいたためノーゴールとなった。その後も清水が多くのチャンスを作り出すが、横浜FCも集中してはじき返していき前半はゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半は早い時間に試合が動いた。47分に河井が入れたロングボールを鄭大世が頭で落とすと、最後はボックス左に最後まで走り切った金子が押し込んで清水が先制する。さらに53分には左サイドからのクロスにゴール前でフリーとなった白崎が頭で押し込み、清水が2点目を奪った。 ▽試合終盤は追いかける横浜FCが攻勢に出るが、清水も集中したディフェンスを見せて相手を寄せ付けず。結局清水が横浜FCの攻撃を完封し、2-0の完勝を飾った。 2016.08.21 20:04 Sun
twitterfacebook
thumb

止まらない清水FWチョン・テセ! チームは山口に勝ちきれずドロー《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第29節の清水エスパルスvsレノファ山口が14日にIAIスタジアム日本平で行われ、2-2で終了した。 ▽ここまで13勝8分け7敗で5位の清水と、同12勝6分け10敗で7位の山口が激突。試合は序盤、アウェイの山口が立ち上がりから前に出てきたため、オープンな序盤となる。山口は3分に島屋がゴール前で際どいシュートを放つなど、まずまずの入りを見せる。 ▽それでも、すぐに巻き返し始めた清水が最初の決定機をモノにする。ボックス左の北川が入れたクロスに正面のチョン・テセがダイレクトシュート。これが決まり、チョン・テセの5試合連続弾で清水がリードする。 ▽ハーフタイムにかけては、前線から果敢にプレスをかける山口が盛り返す。すると、26分に追いつく。細かい動きでバイタルエリアを崩すと、最後はボックス左の福満が入れたクロスに正面で合わせた島屋がゴール。島屋の今季9発目で山口が試合を振り出しに戻す。 ▽迎えた後半、清水は立ち上がりに絶好調男が勝ち越し弾。右サイドの北川が出したパスを竹内がスルーすると、最後は正面やや左のチョン・テセが冷静にネットを揺らす。チョン・テセの今季17発目で清水がリードする。 ▽しかし、山口も食い下がる。77分には加藤のクロスが河井のハンドを誘ってPKを獲得。これを庄司が冷静に沈めて、2-2とする。 ▽その後は両者共に勝ち点3を目指すもスコアは動かず、試合終了。チョン・テセ2発の清水は勝ち切ることができなかった。 2016.08.14 20:02 Sun
twitterfacebook
thumb

チョン・テセ直近4戦連続6発目! 清水が長崎に快勝《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第28節の清水エスパルスvs V・ファーレン長崎が11日にIAIスタジアム日本平で行われ、2-0で清水が勝利した。 ▽ここまで12勝8分け7敗で6位の清水と、9勝9分け8敗で9位の長崎が激突した。前半は、両者共に守備陣が集中し、相手にシュートへ持ち込ませない。より攻めたのは長崎だったが、何本かあったCKのチャンスを生かすことができず、試合は両者シュート0本のまま折り返す。 ▽迎えた後半、64分に先行したのは清水だった。右サイドから枝村が上げたクロスをファーサイドの白崎がヘッド。この枠内シュートはGKに弾かれるも、ルーズボールを正面の北川が冷静に蹴りこみ、清水がスコアを1-0とする。 ▽これで勢いに乗った清水は79分にセットプレーから加点する。河合の右CKにニアサイドに走りこんだチョン・テセがヘッド。これが右ポスト内側に当たってゴールに収まり、チョン・テセの最近8試合で9ゴール目となる得点で清水が2-0とした。 ▽結局、そのまま清水が逃げ切り。直近4戦連続6発目のチョン・テセの活躍で最近4試合での3勝目を記録した。 2016.08.11 20:10 Thu
twitterfacebook
thumb

6戦7発を記録した清水FW鄭大世がJ2の7月度月間MVPを受賞《明治安田生命Jリーグ月間MVP》

▽Jリーグは9日、7月度の明治安田生命Jリーグ月間MVPを発表した。J2は清水エスパルスのFW鄭大世が選出された。鄭大世は初受賞となる。 ▽鄭大世は7月に行われたリーグ戦全6試合に出場。7得点を記録し、得点ランキングでも1位に踊り出ている。Jリーグ公式サイトは鄭大世の受賞コメントを紹介している。 ◆<B>FW鄭大世(清水)</B> 「7月に多くのゴールを決めることができ、この賞をいただくことができて素直に嬉しく思います。MVPという賞は、得点という結果を出したFWにフォーカスされがちですが、得点できているのはチームの状態が良いからであり、得点までにチームメイトが作り上げてくれたからこそで、個人だけの力で受賞できたとは到底思っていません」 「チームメイトやチームに携わる方々やファン・サポーターの皆さんの力が99%で僕は1%の仕事をしただけなので、この喜びを皆と分かち合いたいと思います。また、これからもこのような賞を一つでも多く受賞し、チームやサポーターの皆さんに還元できるよう、努力していきたいです」 ▽また、Jリーグは鄭大世の選出について選考委員会による総評を紹介している。 「7月に行われた全6試合に出場し、7得点をマーク。得点ランキング1位に躍り出た。前線で攻撃の起点になるシーンが多く、シュート数25本(1位タイ)、枠内シュート数14本(1位タイ)とフィニッシャーとして抜群の存在感を放った」 「大前選手が怪我で欠場が続く中、以前のようなゴールに突き進むプレースタイルが戻り、鄭選手ならではの得点感覚が戻ったことからコンディションの良さがうかがえる」 2016.08.09 16:51 Tue
twitterfacebook
thumb

エース都倉の劇的AT弾で首位札幌が4連勝! 鄭大世3連発で得点ランクトップも敗れた清水は連勝ストップ…《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第27節の北海道コンサドーレ札幌vs清水エスパルスが、7日に札幌ドームで行われ、ホームの札幌が3-2で勝利した。 ▽3連勝で首位をキープする札幌と、2連勝で5位の清水による上位対決。前節、レノファ山口に競り勝った札幌は、その試合から先発3人を変更。2戦連発中のジュリーニョらが先発を外れ、内村がエース都倉と2トップを組み、古巣対戦の小野はベンチスタートとなった。一方、前節FC岐阜に快勝の清水はメンバー変更を行わず、2戦連続2ゴールの鄭大世が先発。また、長谷川悠が移籍後初のベンチ入りとなった。 ▽試合は開始早々に動きを見せる。5分、福森からの浮き球フィードに反応した内村が最終ライン裏に完全に抜け出すと、やや飛び出しが遅れたGK杉山に詰められる前に浮いたボールを足先で触り、無人のゴールへ流し込んだ。 ▽この先制点で勢いづく札幌は、9分にも同じような形の攻めからDFに競り勝った都倉がボックス内でシュートも、GK杉山の好守に阻まれて2点目とはならず。一方、鄭大世を起点に徐々に反撃に転じた清水は、その鄭大世がミドルシュートやクロスからのヘディングシュートでゴールを目指すが、いずれも決定機には至らず。 ▽やや守勢に回り始めた札幌だったが、相手GK杉山の痛恨のミスから2点目を奪う。28分、ボックス右で味方からバックパスを受けた杉山が不用意に中央のエリアに蹴りだしたボールが、ヘイスの足元に渡る。すると、ヘイスは右足アウトにかけたシュートを無人のゴールへ流し込んだ。その後、追加点を決めたヘイスが右ふくらはぎのケガを再発し、石井との交代を強いられるアクシデントこそあったものの、2点リードで試合を折り返した。 ▽迎えた後半の立ち上がりは、互いに積極的にフィニッシュまで持ち込む白熱の展開となる。50分にはボックス右角度のないところから石毛が意表を突いたシュートを放つが、これはGK金山がパンチングでクリア。直後のCKでもゴール前の混戦からシュートチャンスも、札幌の粘り強い守備をあと一歩で崩せない。 ▽後半の早い時間帯にまずは1点を返したい清水は、61分に石毛を下げて北川、69分に枝村を下げて村田を投入。この交代で攻勢を強めると、75分にはゴール前でルーズボールに反応した鄭大世がシュートもクロスバーを叩く。だが、直後に右サイドからのクロスを再び鄭大世が頭で合わせたボールがクロスバーを叩くと、このこぼれ球を北川が押し込んだ。 ▽このゴールで勢いづく清水は、79分に中盤の竹内を下げて、これが徳島ヴォルティスから移籍後初出場となる長谷川を投入。81分にその長谷川が左足のシュートでチャンスに絡むと、84分にエースが魅せる。右サイドで村田が上げたクロスをファーサイドの鄭大世がストロングヘッドでゴール右隅に叩き込み、得点ランキング単独トップの14点目となる3試合連続ゴールを達成した。 ▽ホームで2点差を追いつかれた札幌は、失点前から投入していた宮澤に続いて切り札の ジュリーニョを投入。試合終盤にかけても劣勢が続く中、土壇場でエースが値千金の決勝点を決める。後半アディショナルタイム4分、相手陣内からのリスタートで福森のロングフィードに反応した都倉がボックス内に抜け出し、体勢を崩しながらもGK杉山の頭上を越えるループシュートを流し込んだ。 ▽都倉の2試合連続ゴールで劇的勝利を収めた札幌が、上位対決を制して4連勝。一方、鄭大世の3試合連続ゴールで2点差を追いつきながら最後に力尽きた清水は、連勝が「2」でストップした。 2016.08.07 16:11 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース