鹿島がU-23日本代表GK櫛引政敏を期限付き移籍で獲得…柴崎とは青森山田で同級生2016.01.05 15:57 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽鹿島は5日、清水からU-23日本代表GK櫛引政敏(22)を1年間の期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2016年2月1日から2017年1月31日までとなる。

▽櫛引は青森山田高で、日本代表MF柴崎岳と共に第88回全国高等学校サッカー選手権大会に出場し準優勝。2011年に清水へ加入すると、ここまでJ1で59試合に出場していた。なお、U-23日本代表の一員として1月12日に開幕するAFC U-23アジア選手権に臨む。今回の移籍に際して櫛引は、鹿島を通じて新天地での意気込みを語った。

「このたび、清水エスパルスより加入しました櫛引政敏です。強豪アントラーズの一員としてプレーすることは光栄ですし、身が引き締まる思いです。試合に出ることは簡単ではないと覚悟していますので、まずはトレーニングからしっかりアピールしていきます。今年一年よろしくお願いします」

▽また、清水を通じても新天地での活躍とさらなる成長を誓った。

「このたび、鹿島アントラーズへ期限付き移籍することになりました。今シーズンは、エスパルスで一緒に戦うことは出来ませんが、1年でのJ1復帰という目標に向かって、しっかり結果を出してくれると信じています。僕自身も負けることなく、大きく成長出来るように頑張ってきます。引き続き、応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

【J1開幕直前クラブガイド】新監督ヨンソンの手腕に期待も現実目標は残留か《清水エスパルス》

▽2018シーズンの明治安田生命J1リーグが史上初となる金曜開催の23日を皮切りに幕を開ける。“蹴”春到来に先駆けて、超WS編集部が今シーズンのJ1を彩る全18クラブを徹底分析。チームのノルマ、補強達成度、イチオシ選手、予想布陣をお届けしていく。第10弾は清水エスパルスを紹介する。 <span style="font-weight:700;">◆新指揮官ヨンソンに期待</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【チームのノルマ:残留】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_spulse_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽J2リーグ85得点という攻撃力を武器に1年でJ1リーグに返り咲いて臨んだ昨シーズンだったが、負傷者に悩まされたこともあって勝ち点を積み重ねることに苦労し、最終節の勝利で辛くも残留。シーズン後に小林伸二監督と袂を分かち、新シーズンは前サンフレッチェ広島指揮官のヤン・ヨンソン監督と共に再出発する。昨シーズン途中の7月から広島を率いて短い期間ながらもチームを立て直して残留させたスウェーデン人指揮官の手腕に期待だ。 ▽目標は高く設定したいところだが、オフシーズンの動きも考慮すると、チームのノルマは残留になるだろう。昨シーズンは得点数が「36」だった一方、失点数も「54」と攻守両面において満足いく数字を残せなかった。その大きな理由として、補強でのチーム強化失敗と新戦力が期待に応えることができなかった点が挙げられるだけに、今シーズンは新戦力のパフォーマンスが非常に重要になるだろう。 <span style="font-weight:700;">◆レギュラークラスの補強少なく…</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【補強達成度:C】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_spulse_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽前述したように補強が残留に向けて重要なファクターとなるが、達成度としてはもうひとつの印象だ。とりわけ、柱だったDF犬飼智也の鹿島アントラーズ移籍の影響は小さくない。DFファン・ソッコを引き入れることには成功したが、連係面と選手層という観点から昨シーズンに引き続き懸念材料となる。 ▽中盤ではMF石毛秀樹とMF兵働昭弘の復帰に加え、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズで海外修行を行ったMF楠神順平を引き入れたことで枚数としては充実しており、彼らがレギュラー組を脅かすパフォーマンスを見せることができれば戦力アップと言える。 ▽前線では、1月の下旬になって決定した万能型FWクリスランの期限付き移籍加入がチームの浮沈を左右する補強になり得る。ルーキーは、神村学園高のFW高橋大悟ら6選手と例年より多いが、即戦力とまではいかないだろう。<hr>【IN】 GK新井栄聡←流通経済大/新加入 DFファン・ソッコ←天津泰達(中国)/完全 DF伊藤研太←清水エスパルスユース/昇格 MF西村恭史←興國高/新加入 MF滝裕太←清水エスパルスユース/昇格 MF石毛秀樹←ファジアーノ岡山/期限付き移籍復帰 MF清水航平←サンフレッチェ広島/期限付き MF兵働昭弘←ヴァンフォーレ甲府/完全 MF楠神順平←ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ/完全 MF水谷拓磨←FC今治/期限付き移籍復帰 FW平墳迅←清水エスパルスユース/昇格 FW高橋大悟←神村学園高/新加入 FWクリスラン←ベガルタ仙台/期限付き 【OUT】 GK櫛引政敏→モンテディオ山形/完全 GK碓井健平→沖縄SV/完全 DF 村松大輔→退団 DF犬飼智也→鹿島アントラーズ/完全 DFキム・ボムヨン→水原FC(韓国)/完全 DFビョン・ジュンボン→ヴァンフォーレ甲府/完全 DF福村貴幸→FC岐阜/完全 DFカヌ→スパンブリーFC(タイ)/完全 MF杉山浩太→引退 MF枝村匠馬→アビスパ福岡/期限付き MF宮本航汰→FC岐阜/期限付き MF光崎伸→退団 FW瀬沼優司→モンテディオ山形/完全 FWチアゴ・アウベス→アル・ヒラル(UAE)/期限付き満了<hr><span style="font-weight:700;">◆超WS編集部イチオシ選手</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_spulse_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;"> (c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>FWクリスラン(25) 2017シーズン(J1) 29試合出場8得点<hr>▽ベガルタ仙台から期限付き移籍で加入した25歳のブラジル人FWに注目する。昨シーズンは明治安田生命J1リーグで29試合8得点、Jリーグカップで7試合5得点を記録した。リーグ戦での得点数はもうひとつだが、前線からのチェイシングやポストワークなどを献身的にこなすことができるチームプレーヤーで、既存の選手の中ではFW鄭大世に近いタイプの選手だ。とはいえ、お互い気が利くタイプでスピードも水準のため、共存は可能だろう。クリスランが早めにフィットすれば、清水の攻撃力は侮れないものになりそうだ。 <span style="font-weight:700;">◆2018シーズンの予想布陣</span>[4-4-2] <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_spulse_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:六反勇治 DF:飯田貴敬、ファン・ソッコ、フレイレ、松原后 MF:金子翔太、竹内涼、増田誓志、ミッチェル・デューク FW:北川航也、鄭大世<hr> ▽新監督ということもあって、現時点でレギュラーポジション確約級の選手は少ない。当確に近い存在なのはGK六反勇治とDF松原后、DFファン・ソッコ、MF竹内涼か。最終ラインでは、8日に行われたFC岐阜との練習試合(45分×3本)で1本目(0-0)と2本目(4-0)にフル出場したDFフレイレ(CB)とDF飯田貴徳(右SB)がポジション争いで一歩リードしているとみていいだろう。 ▽中盤の底では、新キャプテンに就任した竹内と誰がコンビを組むか。開幕はMF増田誓志と予想するが、MF河井陽介やMF兵働昭弘という選択肢もある。右サイドのアタッカーは、FW金子翔太が軸となりそうだが、左サイドのポジション争いはMFミッチェル・デューク、MF白崎凌兵に加えて、ドリブラーのMF楠神順平が加入したことで熾烈となっている。 ▽前線は基本的に3選手で回すことになりそうだ。FWクリスランが加わったことにより、FW鄭大世のポジションも安泰ではない。ヨンソン監督が組み合わせのバランスを重視するならば、裏抜けとパス出しができるFW北川航也が軸になっていくだろう。 2018.02.20 13:00 Tue
twitterfacebook
thumb

「ステップアップや日本代表も…」清水DF松原后、守備改善でさらなる飛躍へ

▽「2018Jリーグキックオフカンファレンス」が都内で行われた。 ▽昨シーズンの明治安田生命J1リーグで攻撃的左サイドバックとして台頭した清水エスパルスDF松原后がクラブブースで取材に応対。課題に掲げる守備改善でステップアップや日本代表を見据えた。 ◆DF松原后(清水エスパルス) ──キャンプでのここまでの仕上がり具合は 「選手たちも監督の要求していることが最初は出来ていなかったですけど、全体で共有して理解しつつあります。開幕までにもっともっと共有して90分通してそれができるように仕上げていきたいです」 ──J1復帰初年度となった昨シーズンの手応えは 「手応えもありますし、自信を掴めた年になりました。課題というのも見つかりましたけど、そこを改善することができれば、自分のステップアップや代表というのも見えてくると思います」 ──自身の課題は 「守備時での個人戦術の向上です。守備の時の体の向きであったり、1対1での粘り強さはもっと高めていかなくてはいけません」 ──DF犬飼智也が鹿島アントラーズに移籍し、守備のラインも変わってくると思うが 「犬飼くんは抜けてしまいましたけど、戦える選手はいると思います。しっかりと90分集中して4バックが守備をできるようにコミュニケーションを取ることができれば問題ないと思います」 ──今年はチームとしてもさらなる高みが期待されるが 「コンパクトな守備をして自分のクロスから得点を取るというサッカーができれば良いです」 ──新たにヤン・ヨンソン監督が就任したが 「守備の部分でとても細かく要求してきます。去年はそういう部分が課題にも挙がっていたので、そこを改善しようとしてくれているので良い感じです」 ──開幕戦は鹿島アントラーズという強豪だが 「素晴らしいチームですけど、自分たちはチャレンジャー精神を持ってプレーすることができれば、勝てる相手だと思っています」 2018.02.15 21:20 Thu
twitterfacebook
thumb

清水、キャプテン・副キャプテンを発表! 新主将・MF竹内涼「大変光栄に思う」

▽清水エスパルスは12日、2018シーズンにおける新キャプテンと副キャプテン3名を発表した。 ▽J1復帰初年度となった昨シーズンをで残留に成功し、さらなる高みを目指す清水は今シーズンのキャプテンにMF竹内涼、副キャプテンにFW鄭大世、GK六反勇治、MF河井陽介が就任。新キャプテンとなった竹内はクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆MF竹内涼 「清水エスパルスのキャプテンに任命されたことは大変光栄に思うと同時に、責任を重く感じています。選手みんなに助けてもらうことも多いと思いますが、自分自身勉強しながら、チームの力になっていきたいと思います。選手、監督、スタッフとしっかりコミュニケーションを取り、チームの目標に向かって進んでいきます。今シーズン、よろしくお願いします」 ▽また、清水はクラブ公式サイトで歴代のキャプテンおよび副キャプテンを紹介している。 ◆歴代キャプテン・副キャプテン [1992年]三浦泰年 [1993年]三浦泰年 [1994年]三浦泰年 [1995年]長谷川健太 [1996年]澤登正朗 [1997年]澤登正朗 [1998年]澤登正朗 [1999年]澤登正朗 [2000年]澤登正朗 [2001年]伊東輝悦 [2002年]伊東輝悦(副キャプテン=森岡隆三) [2003年]三都主アレサンドロ(副キャプテン=森岡隆三・市川大祐) [2004年]森岡隆三 [2005年]森岡隆三 [2006年]山西尊裕(副キャプテン=高木和道) [2007年]山西尊裕(副キャプテン=高木和道・兵働昭弘) [2008年]高木和道(副キャプテン=西部洋平・兵働昭弘) [2009年]兵働昭弘(副キャプテン=児玉新・岡崎慎司) [2010年]兵働昭弘(副キャプテン=児玉新・岩下敬輔) [2011年]小野伸二(副キャプテン=高原直泰・ボスナー) [2012年]小野伸二 [2013年]杉山浩太 [2014年]杉山浩太(10月~副キャプテン=本田拓也) [2015年]本田拓也(副キャプテン=長沢駿・大前元紀) [2016年]大前元紀(副キャプテン=西部洋平・犬飼智也) [2017年]鄭大世(副キャプテン=西部洋平・河井陽介・犬飼智也) [2018年]竹内涼(副キャプテン=鄭大世・六反勇治・河井陽介) 2018.02.12 16:18 Mon
twitterfacebook
thumb

今季期限付き移籍から復帰した清水MF水谷拓磨が左鎖骨骨折

▽清水エスパルスは2日、MF水谷拓磨が1日に静岡市内の病院で手術を行った結果、左鎖骨骨折と診断されたことを発表した。全治には2カ月を要する見込みだ。 ▽水谷は1月27日に行われた東海学生選抜とのトレーニングマッチ中に負傷した模様。 ▽清水下部組織出身の水谷は、2014年に2種登録選手としてトップチームに在籍し、2015年にトップチーム昇格を果たした。2016年6月から昨シーズン終了時までは期限付き移籍でFC今治に加入していた。 2018.02.02 16:11 Fri
twitterfacebook
thumb

清水のルーキーMF西村恭史が左ハムストリングス肉離れ…全治は4週間の見込み

▽清水エスパルスは31日、MF西村恭史が静岡市内の病院にて検査を行った結果、左ハムストリングス肉離れと診断されたことを発表した。全治は4週間を要する見込み。 ▽クラブの発表によると、西村は27日の東海学生選抜とのトレーニングマッチにて負傷した模様だ。 ▽西村は2018年に興國高校から入団。2017年にはU-18日本代表候補にも選出されていた。 2018.01.31 14:55 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース