シュツットガルトがウクライナ代表FWクラベツを獲得…シーズン終了までのレンタル2016.01.05 12:43 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽シュツットガルトは4日、ディナモ・キエフのウクライナ代表FWアルテム・クラベツ(26)の加入を発表した。レンタルでの加入となり、移籍期間は今シーズン終了までとなる。

▽クラベツはディナモ・キエフのユース出身で、2008年にトップチーム昇格。ウクライナ国内でのレンタル移籍は経験しているが、国外移籍は初となる。また、2011年からはウクライナ代表にも招集され、ここまで12試合で4得点を記録。今年フランスで開催されるユーロ2016の予選では8試合で3得点を記録していた。

▽クラベツは今回の移籍についてコメント。「早くドイツ語を学びたい」と語学を学ぶことにも意欲を見せている。

「早くドイツ語を学びたいね。僕はチームがシーズン後半戦に成功するよう、貢献したいと思っている」

▽なお、ドイツ『キッカー』によると、レンタル料は50万ユーロ(約6500万円)で、500万ユーロ(約6億5000万円)での買取オプションが付いているとのことだ。

コメント

関連ニュース

thumb

シャルケが南野途中出場のザルツブルク撃破で連勝! ニースはバロテッリ弾もクラスノダールに大敗…《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)・グループI第2節のシャルケvsザルツブルクが29日に行われ、ホームのシャルケが3-1で勝利した。なお、シャルケのDF内田篤人はケガのため欠場。一方、ザルツブルクのMF南野拓実は、65分からプレーしている。 ▽ニースとの初戦を制したシャルケと、FCクラスノダールとの初戦に敗れたザルツブルクの一戦。EL初戦を制したものの、リーグ戦では開幕5連敗と泥沼の状況が続くシャルケは、直近のホッフェンハイム戦から先発数人を変更。体調不良のフンテラールが先発を外れたものの、エンボロやベンタレブ、ゴレツカら主力が起用された。一方のザルツブルクでは、南野がベンチスタートとなった。 ▽立ち上がりから拮抗した展開が続く中、シャルケがワンチャンスを生かして先制に成功する。15分、左サイドを攻め上がったコラシナクがゴール前のスペースに絶妙なグラウンダーのクロスを供給。これをゴレツカがダイレクトで合わせたボールはGKに阻まれるも、跳ね返りを再びゴレツカが頭で押し込んだ。 ▽ホームで幸先良く先制に成功したシャルケはその後もペースを掴むと、26分にはフィードに抜け出したシェプフがボックス内でシュートも、ここはGKヴァルケの好守に遭う。さらに40分過ぎにはボックス左で切り返したコラシナクが強烈なシュートを放つが、これは枠を捉えられず。一方、ホナタン・ソリアーノが接触プレーで頭部から流血するアクシデントに見舞われたザルツブルクは、なかなか決定機を作れぬまま、前半を終えた。 ▽迎えた後半、1点リードのシャルケがいきなり追加点を奪う。47分、右サイドでヘヴェデスが上げたクロスがボックス内のDFカレタ=カルに当たってコースが変わると、このディフレクトボールがそのままゴールネットに吸い込まれた。 ▽相手のオウンゴールで追加点を奪ったシャルケは畳みかける攻めを見せると、58分には右CKからナウドが放ったヘディングシュートがクロスバーを叩き、ゴールライン際にボールが落ちる。この場面でゴールラインを完全に割っていたものの、副審はゴールを認めず。それでも、跳ね返りに詰めたヘヴェデスが押し込み、ダメ押しの3点目を奪った。 ▽敵地で痛恨の3失点目を喫したザルツブルクは、65分にラザロとライマーを下げて南野とラドシェビッチを同時投入。すると、この交代がゴールに結びつく。72分、右サイドでライナーが入れたクロスをニアで南野が競ると、このこぼれ球がファーサイドに流れる。これを主砲ホナタン・ソリアーノが冷静に蹴り込んだ。 ▽その後、南野の果敢な仕掛けを軸に攻勢に出たザルツブルクだったが、完全に守りに入ったシャルケの守備を最後まで崩し切れず。ホームで快勝のシャルケがグループステージ2連勝を飾った。一方、敗れたザルツブルクは厳しい連敗となった。 ▽また、同日行われたグループIのもう試合、FCクラスノダールvsニースは、ホームのクラスノダールが5-2で大勝した。相手DFダンテのミスなどで2点を先行したクラスノダールは、前半終了間際にバロテッリのスライディングシュートから1点を返された。 ▽だが、後半も主導権を掴むホームチームは、再びダンテのミスやPKから効果的にゴールを重ね、最終的に5-2の大勝を飾った。この結果、クラスノダールがグループステージ連勝、ニースが連敗という形になった。 2016.09.30 04:12 Fri
twitterfacebook
thumb

開幕5連敗のシャルケ、フロントがチームに激怒 「無気力に染まっている」「残留争いに入った」

シャルケはブンデスリーガ第5節を終えて、勝ち点ゼロで最下位に位置している。開幕5連敗のスタートに、取締役のクリスティアン・ハイデル氏は「我々は残留争いに入った」と語り、怒りを爆発させた。<br><br>日本代表DF内田篤人が所属するシャルケは今夏、マインツで長年にわたりゼネラルマネジャーを務めていたハイデル氏をスポーツ部門の取締役として迎えた。また、アウクスブルクをブンデスリーガ1部に定着させた実績を誇るマルクス・ヴァインツィアル監督を招へいし、移籍市場でもスイス代表FWブリール・エンボロを獲得するなど積極的な動きを見せていた。<br><br>シャルケはドイツ国内でバイエルン・ミュンヘンに次いで2位の会員数を誇るクラブだ。新シーズンに向けて周囲の期待も当然膨らんでいたが、開幕節でフランクフルトに0-1で敗れると、続くリーグ戦4試合も落とし、どん底に転落。クラブ史上最悪の開幕5連敗を喫している。<br><br>25日に行われた第5節で同じく白星を獲得していなかったホッフェンハイムに1-2で逆転負けを喫したあと、ハイデル氏も不満を抑えきれず、次のように発言した。ドイツ『シュポルト1』など複数メディアが伝えている。<br><br>「5試合で0ポイントの我々は残留争いに入ったということだ。それを全員が理解していない。いくつかのことに関して、ハッキリさせなければいけない時期となった。何人かは我々がどんな状況なのか整理できていないようだ。(昨季の)ボルシア・メンヒェングラッドバッハが開幕5連敗しながらチャンピオンズリーグ出場権を得られたと話す者もいるが、そんなのは現実からかけ離れた考えだ」<br><br>ハイデル氏はチームのメンタリティーを問題視している。<br><br>「私はチームに失望している。彼らが話していたことを実行しなかったんだ。前半1-0でリードしながら、(総合走行距離)53キロメートルしか走っていなければ、サッカーについて知識がある誰もが、それが何を意味するか分かるはず。少なすぎるということだ」<br><br>「ここは無気力に染まっている。だが我々はそれをもう許さない。すぐにもそれを振り払わなければいけない。(そうできないのなら)ほかの選手がプレーすることになり、無気力な選手はもうプレーしない。働く選手を起用するんだ」<br><br>ハイデル氏はさらにシャルケの現状を示すため「最下位の順位表の拡大したプリントをドレッシングルームに貼る」とコメント。「私は残留争いがどれほど難しいのか知っている。チームは経験したことがないので、それを知らない」と続けている。<br><br>29日に行われるヨーロッパリーグで、シャルケはレッドブル・ザルツブルクをホームに迎える。欧州の舞台では初戦でニースに1-0で勝った同チームだが、オーストリア王者相手に勝利を得て自信を取り戻したいところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.09.27 22:20 Tue
twitterfacebook
thumb

シャルケ、逆転負けで泥沼の開幕5連敗《ブンデスリーガ》

▽シャルケは25日、ブンデスリーガ第5節でホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。シャルケの内田は欠場している。 ▽前節ケルン戦を1-3で逆転負けし、開幕4連敗と大きく躓いたシャルケ。そのシャルケはケルン戦のスタメンから4選手を変更。ナウド、ガイス、マックス・マイヤー、シェプフに代えてナスタシッチ、スタンブリ、ゴレツカ、エンボロを起用した。 ▽4分けスタートのホッフェンハイムに対し、シャルケは開始5分、右サイドからのエンボロの鋭いクロスボールにチュポ=モティングが頭で合わせて先制する。先制後は自陣に引いてホッフェンハイムの攻撃を凌いでいたシャルケだったが、17分に左サイドからのクロスをクラマリッチにヘディングで合わせられ、試合を振り出しに戻されてしまった。 ▽その後も押し込まれた中、33分にシャルケはショートコーナーを使ってボックス手前左から送られたフィードを、フンテラールが頭で合わせたシュートが右ポストを直撃する決定機を演出。 ▽しかし41分、ボックス右に侵入したデミルパイのラストパスを、ファーサイドのルップに押し込まれて逆転されてしまう。 ▽迎えた後半、押し込む展開としたシャルケだったが、なかなかフィニッシュに持ち込めない。58分にはスタンブリに代えてアタッカーのシェプフを投入するも、60分にクラマリッチのミドルシュートでゴールを脅かされてしまう。 ▽流れを好転できないシャルケは65分にフンテラールを諦めてマックス・マイヤーを投入。さらに75分にはチュポ=モティングに代えてディ・サントを投入し攻勢をかけたが、ホッフェンハイムのゴールをこじ開けられずに1-2のままタイムアップ。ヴァインツィアル新体制でまさかの開幕5連敗となった。一方、ホッフェンハイムは今季初勝利を挙げている。 2016.09.26 00:28 Mon
twitterfacebook
thumb

内田篤人の復帰についてシャルケSD「10月4日に検査を予定」 結果次第で復帰を判断か

▽約1年半にわたって戦線を離脱しているシャルケの日本代表DF内田篤人だが、10月4日に受ける検査によって復帰できるかどうかの判断が下されるようだ。ドイツ『WAZ』が報じている。 ▽昨年3月に戦列を離脱し、6月に右ヒザ膝蓋(しつがい)の手術を受け、昨シーズンを棒に振った内田は、先月中旬に治療のため日本へと帰国。現在はチームに合流してリハビリを続けている。 ▽復帰に慎重な姿勢を見せていたアクセル・シュスターSD(スポーツディレクター)は内田について「10月4日に内田はMRI検査を予定している」とコメント。検査結果で復帰の判断を下すようだ。 2016.09.21 16:48 Wed
twitterfacebook
thumb

原口フル出場のヘルタ・ベルリンがシャルケ撃破で開幕3連勝!!《ブンデスリーガ》

▽18日にベルリン・オリンピアシュタディオンでブンデスリーガ第3節のヘルタ・ベルリンvsシャルケが行われ、2-0でヘルタ・ベルリンが勝利した。 ▽開幕から2連勝を飾っているヘルタ・ベルリンは、日本代表FW原口元気が3戦連続でスタメン出場となった。一方のシャルケは開幕から2連敗とスタートダッシュに失敗。また、今節も日本代表DF内田篤人はケガにより引き続きベンチ外となっている。 ▽試合はホームのヘルタ・ベルリンが攻勢に出る中、5分には原口の仕掛けたからボックス手前左の位置でFKを獲得。しかしこのチャンスでヴァイザーがヘディングシュートを試みるが、ボールはクロスバーを越えた。 ▽対するシャルケはボールを奪っても無理に縦へと急ぐことはせずに、バックラインから丁寧にビルドアップしていく。しかし相手陣内でのパスにミスが散見され、フィニッシュに持ち込む場面がなかなか作れない。 ▽それでも30分を過ぎる頃からシャルケが徐々にボールを持ち始めて相手陣内でプレーする時間が長くなっていく。36分には右サイドからの鋭いクロスに対して、チュポ=モティングがゴール前に飛び込むなど、ヘルタ・ベルリンのゴールマウスへと迫っていく。しかし前半にスコアが動くことはなく後半へと突入した。 ▽良い形でハーフタイムに入ったシャルケは、後半開始からエンボロに代えてコノプリャンカを投入する。すると51分にはスタンブリのミドルシュートがディフレクとしてゴールマウスに向かう。ここはGKヤルシュテインがセーブするも、シャルケが良い入りを見せた。 ▽一方のヘルタ・ベルリンは61分、原口が左サイドで仕掛けてカットインしシュートを狙うが、ボールは枠を捉えきれず。その後も押し込まれる時間が続く中、選手の個人技でボールを運ぶ場面が多くみられた。 ▽迎えた64分に試合の均衡が破れる。高い位置でボールを奪ってカウンターに持ち込んだヘルタ・ベルリンは、右サイドへの展開が長くなり相手にボールを奪われる。しかしペカリークがスタンブリからボールを奪い、ゴール前にボールを入れると、これをヴァイザーが蹴り込んでヘルタ・ベルリンが先制に成功した。 ▽さらに74分にはシェルブレのボール奪取からヴァイザーが縦に展開。このボールに抜け出したシュトッカーが冷静に蹴り込んで、ヘルタ・ベルリンが2点目を奪う。 ▽2点を追いかけるシャルケは、ギアを上げて攻め込むが焦りからかラストパスの精度を欠いてフィニッシュに持ち込めない。ヘルタ・ベルリンも余裕を持ってブロックを形成し、シャルケの攻撃を跳ね返していく。 ▽結局、ヘルタ・ベルリンが2点のリードを守り切って試合は終了。勝利したヘルタ・ベルリンは開幕3連勝を飾り、敗れたシャルケは開幕3連敗となった。 2016.09.19 02:27 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース