シュツットガルトがウクライナ代表FWクラベツを獲得…シーズン終了までのレンタル2016.01.05 12:43 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽シュツットガルトは4日、ディナモ・キエフのウクライナ代表FWアルテム・クラベツ(26)の加入を発表した。レンタルでの加入となり、移籍期間は今シーズン終了までとなる。

▽クラベツはディナモ・キエフのユース出身で、2008年にトップチーム昇格。ウクライナ国内でのレンタル移籍は経験しているが、国外移籍は初となる。また、2011年からはウクライナ代表にも招集され、ここまで12試合で4得点を記録。今年フランスで開催されるユーロ2016の予選では8試合で3得点を記録していた。

▽クラベツは今回の移籍についてコメント。「早くドイツ語を学びたい」と語学を学ぶことにも意欲を見せている。

「早くドイツ語を学びたいね。僕はチームがシーズン後半戦に成功するよう、貢献したいと思っている」

▽なお、ドイツ『キッカー』によると、レンタル料は50万ユーロ(約6500万円)で、500万ユーロ(約6億5000万円)での買取オプションが付いているとのことだ。

コメント

関連ニュース

thumb

長谷部フル出場のフランクフルトが劣勢ながらも2年連続決勝進出《DFBポカール》

▽DFBポカール準決勝、シャルケvsフランクフルトが18日に行われ、0-1でフランクフルトが勝利し、2年連続決勝進出を決めた。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場し、鎌田大地はベンチ入りしなかった。 ▽準々決勝でヴォルフスブルクに勝利したシャルケと、マインツに勝利したフランクフルトの決勝進出を懸けた一戦。 ▽3日前に行われたドルトムントとのレヴィア・ダービーを2-0と快勝したシャルケは、ドルトムント戦のスタメンからコノプリャンカに代えてピアツァのみを変更した。 ▽一方、レバークーゼン戦を1-4と惨敗したフランクフルトは、長谷部が3バックの中央で先発となった。 ▽試合は長谷部とマスカレルを軸にボールを動かすフランクフルトが後方でポゼッションする慎重な入りとなった。 ▽自陣に引いてカウンターを狙うシャルケは13分、FKからケフラーがヘディングシュートで狙うも、叩きつけ過ぎて枠の上に外れる。 ▽引き続きリスクを嫌う慎重な試合展開が続く中32分、再びシャルケに決定機。カリジウリのミドルシュートがDFにディフレクトしてゴールに向かったが、わずかに枠の左に外れた。さらに直後の左CKからブルクシュタラーのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKフラデツキーのファインセーブに阻まれる。 ▽チャンスを作れないフランクフルトは42分、負傷したK・ボアテングに代えてガシノビッチを投入し、後半へ折り返した。 ▽互いに攻め手を欠く中、52分にまずはシャルケが動く。存在感のなかったピアツァに代えてコノプリャンカを投入した。 ▽すると67分、シャルケに決定機。カリジウリのドリブル突破からボックス内のブルクシュタラーがシュート。しかし、GKフラデツキーのファインセーブに阻まれる。直後にもコノプリャンカがGKを強襲するシュートを浴びせたシャルケだったが、先制したのはフランクフルト。 ▽75分、左CKからニアサイドのヨビッチが巧みなヒールシュートでゴール右に流し込んだ。逃げ切りたいフランクフルトだったが80分、3分前に投入されていたジェルソン・フェルナンデスがゴレツカの足首にスパイクしてVARの末に一発退場となった。 ▽数的優位となったシャルケが終盤にかけて押し込み続ける中、追加タイム3分にCKの流れからディ・サントがネットを揺らすも、オフェンスファウルを取られてフランクフルトが逃げ切り。2年連続決勝に進出し、バイエルンとタイトルを懸けて戦うこととなった。 2018.04.19 06:14 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング: シャルケ 2-0 ドルトムント《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第30節、シャルケvsドルトムントのレヴィア・ダービーが15日に行われ、2-0でシャルケが快勝した。ドルトムントのMF香川真司は欠場している。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽シャルケ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180416_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 フェールマン 6.0 ロイスの直接FKを止めた以外に大きな仕事はなし DF 17 スタンブリ 6.5 M・フィリップとシュールレを試合から締め出す 29 ナウド 7.0 バチュアイを封殺。ゴール前で壁となった 20 ケフラー 6.0 プリシッチとのマッチアップで勝利 MF 18 カリジウリ 6.0 守備に重点を置きつつ、先制点を演出 8 ゴレツカ 5.5 持ち味のゴール前への推進力は発揮できず (→マッキーニー 5.5) ボールホルダーにプレッシャーをかけた 10 ベンタレブ 6.0 バイタルエリアを使わせず 25 アリ 5.5 ドリブルでの仕掛けで多少のアクセントに 28 シェプフ 6.0 左サイドで推進力を発揮 FW 19 ブルクシュタラー 6.0 前線からの守備で勝利に貢献 11 コノプリャンカ 6.5 先制ゴール。果敢にシュートを狙っていた (→ピアツァ -) 監督 テデスコ 6.5 攻守にドルトムントを凌駕していた ▽ドルトムント採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180416_3_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 38 ビュルキ 5.5 立ち上がりのシェプフのミドルシュートを好セーブで凌いだが、ナウドの直接FKは壁の作りが甘かった DF 26 ピシュチェク 5.0 攻守に凡庸だった 25 パパスタソプーロス 5.5 ゴール前で身体を張る 36 トプラク 5.5 大きなミスはなかった 29 シュメルツァー 5.0 1失点目は彼のボールロストから (→ゲッツェ -) MF 11 ロイス 5.5 直接FKでゴールに迫るなど、何度か脅威に 8 シャヒン 5.5 ゲームをコントロールしきれず 19 ダフード 5.0 攻守にどっちつかずだった (→サンチョ -) FW 22 プリシッチ 5.0 71分のチャンスを決めたかった 44 バチュアイ 5.0 ナウドの密着マークに苦戦し、シュート1本。試合終了間際に負傷 20 M・フィリップ 5.0 見せ場を作れなかった (→シュールレ 5.5) M・フィリップとさほど大差ない出来 監督 シュティーガー 5.0 攻撃面での低調さが顕著 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ナウド(シャルケ) ▽攻守両面で大活躍のナウドを選出。守備面ではクロスボールを跳ね返し、攻撃面ではFKからパワーシュートを叩き込んだ。 シャルケ 2-0 ドルトムント 【シャルケ】 コノプリャンカ(後5) ナウド(後37) 2018.04.16 00:31 Mon
twitterfacebook
thumb

シャルケがレヴィア・ダービー快勝で2位を死守《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第30節、シャルケvsドルトムントのレヴィア・ダービーが15日に行われ、2-0でシャルケが快勝した。ドルトムントのMF香川真司は欠場している。 ▽前節ハンブルガーSVに敗れ、連勝が6でストップした2位シャルケ(勝ち点52)は、HSV戦で負傷して今季絶望となったナスタシッチが欠場となった以外は、現状のベストメンバーを送り込んだ。 ▽一方、前節シュツットガルト戦をバイエルン戦の大敗を払拭する快勝劇でシャルケに1ポイント差に迫った3位ドルトムント(勝ち点51)は、シュツットガルト戦同様のスタメンで臨んだ。 ▽今季の1stマッチではドルトムントが前半で4点をリードしながらも4-4で引き分ける大乱戦となったダービー。立ち上がりの主導権争いを経て、5分にシェプフのミドルシュートでゴールに迫ったシャルケが流れを引き寄せていく。GKビュルキのファインセーブで先制こそならなかったシャルケだが、攻守にドルトムントを凌駕。敵陣でのプレー時間を増やしていった。 ▽一方、前線でボールが収まらず、劣勢のドルトムントは24分に初めてのチャンスを迎え、ロイスの直接FKでGKフェールマンを脅かした。 ▽前半半ば以降もシャルケが押し込む流れが続いたが、ドルトムントも水際で身体を張り、シュートは打たせない。そんな中45分、ボックス左角でボールを持ったコノプリャンカがシュート。際どかったが、シュートはわずかに枠の右に外れ、前半をゴールレスで終えた。 ▽後半からM・フィリップに代えてシュールレを投入し流れを変えにかかったドルトムントだったが、開始5分にシャルケが順当に均衡を破った。カリジウリがシュメルツァーからボールを奪ってショートカウンターに転じると、持ち上がったカリジウリはコノプリャンカにラストパス。コノプリャンカはボックス内から左足でネットを揺らした。 ▽失点を受けて前がかるドルトムントは66分にようやくロイスが枠内シュートを記録。続く71分には右サイドに流れたロイスのクロスをプリシッチが合わせるチャンスを迎えたが、シュートを枠の上に外してしまう。 ▽ギアを上げて攻勢に出るドルトムントは、ダフードに代えてサンチョを投入。81分にはバチュアイがこの試合自身初のシュートを浴びせるも、シャルケが直後に勝負を決定付けた。ゴール正面で得たFKをナウドが直接狙うと、強烈なシュートがゴール左に突き刺さった。 ▽これで勝負は決し、シャルケが2-0で快勝。7試合ぶりにダービーを制し、2位を死守している。一方、敗れたドルトムントは4位に後退している。 2018.04.16 00:30 Mon
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第30節プレビュー】2位シャルケと3位にドルトムントによるレヴィア・ダービー開催

▽前節はバイエルンがアウグスブルクに逆転勝利を飾って6連覇を決めた。チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いでは、フランクフルトがホッフェンハイムに引き分けた中、レバークーゼンがライプツィヒに勝利し、4位に浮上している。残り5試合となった迎える第30節は、2位シャルケと3位ドルトムントによるレヴィア・ダービーが開催される。 ▽今季の1stマッチではドルトムントが前半で4点をリードしながらも4-4で引き分ける乱戦となったダービー。前節ハンブルガーSVに敗れ、連勝が6でストップした2位シャルケ(勝ち点52)は、HSV戦では低調な内容での敗戦となった。そのHSV戦ではナスタシッチが負傷して欠場予想となっているが、それ以外に主力で欠場者はいない中、ダービー勝利で2位死守となるか。 ▽一方、前節シュツットガルト戦をバイエルン戦の大敗を払拭する快勝劇でシャルケに1ポイント差に迫った3位ドルトムント(勝ち点51)は、ダービーを制すことができれば2位浮上となる。コンスタントにゴールを重ねるバチュアイと、ケガから復帰したロイスら攻撃陣が、シャルケの守備の要であるナウドを攻略できるかに注目だ。練習に復帰した香川だが、引き続き欠場予想となっている。 ▽今節は4位レバークーゼン(勝ち点48)と、5位フランクフルト(勝ち点46)のCL出場権争いも要注目だ。前節ライプツィヒ戦を4-1の逆転勝利で飾ったレバークーゼンは、ブラントやハフェルツらユース育ちの若手アタッカーが躍動。フランクフルト戦でも彼らの活躍に期待が懸かる。 ▽一方、ホッフェンハイム相手に優勢に試合を運びながらも勝ちきれなかったフランクフルトは、長谷部が引き続きリベロで先発予想。勝利すればCL圏内再浮上となる中、長谷部は最後尾でレバークーゼンの攻撃を封じ込め、チームの勝利に貢献できるか。 ▽レバークーゼンに敗れてCL圏内から6位に後退したライプツィヒは、12位ブレーメンとのアウェイ戦に臨む。そのライプツィヒは木曜日に行われたヨーロッパリーグのマルセイユ戦を2-5で敗れ、ベスト4進出はならなかった。リーグ戦でのCL出場に懸ける中、上位陣が潰し合う今節は勝利してCL圏内再浮上といきたい。 ▽残留争いでは前節、ケルンとマインツが引き分け、両チームの6ポイント差が維持された。その間隙を縫ってHSV(勝ち点22)がシャルケ相手にフントの豪快ミドル弾で3-2と競り勝って16試合ぶりの勝利を飾り、最下位を脱出。残留プレーオフに回れる16位マインツとの勝ち点差を5に縮めた。奇跡の逆転残留へ望みをつないだ中、シャルケ戦でキレのあるドリブルから多くのチャンスを演出した伊藤は、7位ホッフェンハイム(勝ち点43)戦でも引き続き先発予想となっており、活躍が期待される。 ▽見せ場なくマインツ戦を途中交代したケルンの大迫は、10位ヘルタ・ベルリン(勝ち点36)戦に臨む。マインツとの勝ち点差を縮められず、残留が遠のいた最下位ケルンだが、何も懸かっていないヘルタを下して残留に望みをつなげられるか。 ▽最後にケルンに引き分けて最低限の結果を得た16位マインツ(勝ち点27)は、月曜日に14位フライブルク(勝ち点30)とのホーム戦に臨む。ここ2試合負傷で欠場している武藤は、戦列に復帰することが見込まれている。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』参照 ◆ブンデスリーガ第30節 ▽4/13(金) 《27:30》 ヴォルフスブルク vs アウグスブルク ▽4/14(土) 《22:30》 シュツットガルト vs ハノーファー レバークーゼン vs フランクフルト ホッフェンハイム vs ハンブルガーSV ヘルタ・ベルリン vs ケルン 《25:30》 バイエルン vs ボルシアMG ▽4/15(日) 《22:30》 シャルケ vs ドルトムント 《25:00》 ブレーメン vs ライプツィヒ ▽4/16(月) 《27:30》 マインツ vs フライブルク 2018.04.13 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

シャルケがハノーファーのセネガル代表DFサネを獲得

▽シャルケは12日、ハノーファーのセネガル代表DFサリフ・サネ(27)を獲得したことを発表した。加入は新シーズンからで契約は2022年6月30日までの4年間となっている。 ▽194cmの長身センターバックであるS・サネは、2013年7月にナンシーからハノーファーに加入。これまで公式戦131試合に出場して13ゴール3アシストを記録。セレッソ大阪のMF清武博嗣とも共にプレーしていた。今季はリーグ戦27試合に出場して3ゴール1アシストをマークし、昇格チームを13位に押し上げる原動力となっていた。 ▽また、セネガル代表としては14試合に出場。ロシア・ワールドカップでは日本代表と対戦する可能性もある。 ▽シャルケへの加入が決まったS・サネは公式サイトで次のように語っている。 「シャルケへの加入が決まって嬉しいよ。でも、今はハノーファーのことに集中している」 2018.04.13 03:41 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース