超ワールドサッカー

シュツットガルトがウクライナ代表FWクラベツを獲得…シーズン終了までのレンタル2016.01.05 12:43 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽シュツットガルトは4日、ディナモ・キエフのウクライナ代表FWアルテム・クラベツ(26)の加入を発表した。レンタルでの加入となり、移籍期間は今シーズン終了までとなる。

▽クラベツはディナモ・キエフのユース出身で、2008年にトップチーム昇格。ウクライナ国内でのレンタル移籍は経験しているが、国外移籍は初となる。また、2011年からはウクライナ代表にも招集され、ここまで12試合で4得点を記録。今年フランスで開催されるユーロ2016の予選では8試合で3得点を記録していた。

▽クラベツは今回の移籍についてコメント。「早くドイツ語を学びたい」と語学を学ぶことにも意欲を見せている。

「早くドイツ語を学びたいね。僕はチームがシーズン後半戦に成功するよう、貢献したいと思っている」

▽なお、ドイツ『キッカー』によると、レンタル料は50万ユーロ(約6500万円)で、500万ユーロ(約6億5000万円)での買取オプションが付いているとのことだ。

コメント

関連ニュース

thumb

バイエルン、今夏獲得のドイツ代表ウィンガーをシャルケへレンタルか…

シャルケがバイエルンのドイツ代表MFセルジュ・ニャブリのレンタルでの獲得に興味を示しているようだ。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』が報じている。<br><br>ニャブリは今夏、ブレーメンから800万ユーロ(約10億円)でバイエルンへと移籍。ドイツ代表ですでにデビュー済みで、現在はU-21ドイツ代表として欧州選手権に参戦中であるが、新シーズンをバイエルンで迎えるかは明らかになっていない。<br><br>ニャブリ獲得後もアーセナルのFWアレクシス・サンチェスを始め、さらなるスター選手獲得を目論むバイエルンは、新たなアタッカーを獲得したあかつきには、21歳のニャブリはレンタルで放出する見込み。その候補に挙がっているのがホッフェンハイムとシャルケだ。<br><br>シャルケはクリスティアン・ハイデルSD(スポーツディレクター)が以前からニャブリ獲得に興味を示しており、レンタルであれば、新戦力確保に本腰を入れそうだ。また、バイエルンとの関係は良好で、ホルガー・バドシュトゥバーを始め、何人かの貸し出しに成功してきた実績もある。ニャブリが新シーズンをどのユニフォームを着て迎えるか、注目が集まるところだ。<br><br>提供:goal.com 2017.06.24 14:15 Sat
twitterfacebook
thumb

シャルケがヴァインツィアル監督を解任、31歳テデスコ監督を招へい

▽シャルケは9日、マルクス・ヴァインツィアル監督(42)を解任したことを発表した。そして、新指揮官にブンデスリーガ2部のエルツゲビルゲ・アウエを率いていたドメニコ・テデスコ監督(31)を招へいしたことを発表している。契約期間は2019年6月30日までの2年となっている。 ▽2016年夏にアウグスブルクで好結果を残していたヴァインツィアル監督を引き抜いたシャルケだったが、2016-17シーズンはブンデスリーガで10位に終わり、7年ぶりに欧州カップ戦出場を逃していた。 ▽一方、2部のアウエを第24節から率いたイタリア人指揮官のテデスコ監督は、最下位に沈んでいたチームを14位まで浮上させて残留に導き、評価を高めていた。アウエを指揮する前はシュツットガルトやホッフェンハイムの下部組織を率いていた経歴を持っている。 2017.06.10 00:43 Sat
twitterfacebook
thumb

アウグスブルクがシャルケからGKギーファーを獲得、4年契約で加入

▽日本代表FW宇佐美貴史が所属するアウグスブルクは8日、シャルケからドイツ人GKファビアン・ギーファー(27)を獲得したことを発表した。2021年6月までの4年契約での加入となる。 ▽レバークーゼンの下部組織で育ったギーファーは、デュッセルドルフでのプレーを経て、2014年夏からシャルケに所属。2016-17シーズン途中から出場機会を求めて、ブリストル・シティにレンタル移籍していた。 2017.06.09 08:30 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナル、DFコラシナツがフリーで加入! チェルシーやユーベとの争奪戦制す!

▽アーセナルは6日、シャルケからボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFセアド・コラシナツ(23)がフリートランスファーで加入することを発表した。契約期間は“長期”とだけ記載されている。 ▽なお、今月末にシャルケとの契約が終了するコラシナツは、イギリスの労働許可証の取得など、書類手続きが完了した後、7月1日からアーセナルの正式な一員となり、プレシーズンのトレーニングに合流する予定だ。 ▽ボスニア・ヘルツェゴビナ人の両親の下、ドイツのカールスルーエで生まれ育ったコラシナツは、2012年にシャルケでトップチームデビュー。屈強なフィジカルを武器にセンターバックとしてもプレー可能な左サイドバックは、シャルケでの在籍5シーズンで公式戦123試合に出場し、6ゴール13アシストを記録している。 ▽これまでは一対一の守備に強い一方、攻撃面での評価は今ひとつだった。しかし、今季は左ウイングバックでプレーする機会が増えると、公式戦36試合で3ゴール9アシストと積極的な仕掛けや精度の高い左足のクロスで攻撃面でも大きな成長を見せた。 ▽また、世代別代表ではドイツを選択するも、2013年11月にボスニア・ヘルツェゴビナのフル代表デビューを飾ると、2014年ブラジル・ワールドカップに出場するなど、ここまで通算23試合に出場している。 ▽今夏の移籍市場ではユベントスやチェルシー、マンチェスター・シティなど、多くのビッグクラブの関心を集めたコラシナツだが、新天地はアーセナルとなった。 2017.06.06 19:31 Tue
twitterfacebook
thumb

エジルがブンデス復帰?将来的な古巣シャルケ帰還の可能性を否定せず

アーセナルに所属するドイツ代表MFメスト・エジルが、将来的には古巣に戻る可能性を示唆した。『Funke Media Group』で語っている。<br><br>シャルケのユースで育ったエジルはトップチームでプレーした後、2008年にブレーメンへ加入。ここでクラウディオ・ピサロとのコンビで一世を風靡すると、2010年にはレアル・マドリーへステップアップしていった。現在はアーセナルで契約延長交渉に臨んでいるところだが、いまだ古巣シャルケへの強い気持ちは残っているという。「今すぐには考えられないけど」と前置きしながら、次のように語る。<br><br>「フットボールではどんな可能性も除外できない。ドイツに戻れば、家族はとても喜ぶだろう。シャルケは完璧に僕の心のクラブだ。ファンなんだ。そこで僕は育ったからね。素晴らしいファンを持ち、最高のスタジアムがある。僕にとっては素晴らしく価値のあるクラブだ」<br><br>古巣のシャルケについて、バイエルン、ドルトムントに次ぐクラブだと語ったエジル。しかしここ数シーズン、シャルケは不振に喘ぎ、2016-17シーズンはブンデスリーガを10位で終えている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.06 14:30 Tue
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース