ユナイテッドがマルキーニョス獲得に関心か? 本人も移籍を示唆2016.01.04 12:27 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽マンチェスター・ユナイテッドは、将来的にパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表センターバック獲得を目指しているようだ。

▽イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』によると、ユナイテッドが獲得を目指しているのは、PSGのブラジル代表DFマルキーニョス(21)とのこと。ブラジル代表のセンターバックコンビでもあるDFチアゴ・シウバ、DFダビド・ルイスの牙城を崩せず、今シーズンの先発出場は7試合にとどまっている。

▽『マンチェスター・イブニング・ニュース』はマルキーニョスがフランス『JDD』に語ったコメントを掲載。マルキーニョスはユナイテッドからの関心を喜ぶとともに、将来的にPSGを離れる可能性を示唆した。

「とても嬉しいよ。それは、僕たちが上手く機能しているということだからね。他の選手と一緒で、僕だっていつもスターティングメンバーに入りたいと思っているよ。でも、僕たちは監督の選択やマネジメントを尊重している」

「僕は自分のポジションを掴むために努力を続ける。でも、僕が年をとってしまうのも事実なんだ。ベンチに座り続けることには慣れないね」

「6カ月後には、PSGがタイトルを獲っているだろう。その後に何が起こるかはわからないよ」

コメント

関連ニュース

thumb

ヴェンゲル、エジルの残留を希望も…来季以降の去就は「オープンな状態」

アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、騒がしくなっているドイツ代表MFメスト・エジルの去就について語った。<br><br>今シーズン終了後にアーセナルとの契約が満了を迎えるエジルだが、依然としてクラブと契約延長に至っていない。そのため、1月にマンチェスター・ユナイテッドに渡ってしまうのではないかなど、さまざまな憶測が飛び交っている。<br><br>さらに、来夏フリーで移籍する可能性があるため、エジルは1月から他クラブとの交渉を開始する。それを受け、ヴェンゲル監督は同選手が今冬にクラブから離れることを否定したものの、来シーズン以降はクラブに残っているかわからないと考えているようだ。<br><br>エジルの契約交渉の進捗状況について問われたヴェンゲル監督は「どのくらい合意に近づいたか私にはわからない。少なくともマンチェスター・ユナイテッドからの接触はないから、なぜそのようなうわさが流れているのか不明だ」と1月のライバルクラブへの移籍を否定。そして「彼はシーズン終了後までここにいるが、それ以降はオープンだ」と来シーズン以降の去就は未定と明かした。<br><br>また、エジル同様、アレクシス・サンチェスもシーズン終了後に契約が切れる。その後、フリーでマンチェスター・シティへの移籍が取り沙汰されている同選手も6月まではチームに残ると強調した同指揮官は「個人的にいかなるシチュエーションも想定しているが、全員残ることが私の希望であり、願望だ」と話している。<br><br>提供:goal.com 2017.12.16 13:35 Sat
twitterfacebook
thumb

信頼関係が崩壊…モウリーニョとムヒタリアンがケンカ

▽アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(28)のマンチェスター・ユナイテッドでの将来は終焉に向かっている模様だ。チームを率いるジョゼ・モウリーニョ監督との関係悪化を複数メディアが伝えている。 ▽昨夏にドルトムント入りしたムヒタリアンは、今シーズン序盤こそ印象的なプレーを見せていたものの、徐々にパフォーマンスが低下。直近8試合のうち7試合でメンバー外の状況となっており、モウリーニョ監督も先日、「ベンチにはアウトフィールドプレーヤーを6人しか入れられない。現時点では、彼以外のプレーヤーが出場機会を得るのに相応しいと考えている」とムヒタリアンに満足していない様子だった。 ▽大手メディア『ESPN』によれば両者は先月、練習場でのビデオ分析セッションの中で衝突。モウリーニョ監督がムヒタリアンの守備の動きに対してファーストチームの選手たちの前で苦言を呈すると、同選手が指揮官の意見に反発し、口論となったようだ。 ▽『BBC』もモウリーニョとムヒタリアンの関係悪化を伝えており、同メディアは両者の「信頼関係が崩壊した」と報じている。 ▽アーセナルとの契約が今季限りで満了すると伝えられるMFメスト・エジル獲得の噂も出ているユナイテッド。ムヒタリアンとエジルの入れ替わりが現実味を帯びてきているようだ。 2017.12.16 13:21 Sat
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ「ユナイテッドでの仕事はレアル・マドリーのよう」

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、ユナイテッドでの仕事がレアル・マドリー時代と似ていることを主張している。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽これまで名将アレックス・ファーガソン氏のもとで幾多のタイトルを勝ち取ってきたユナイテッド。しかし、ファーガソン氏が退任した2013-14シーズン以降、デイビッド・モイーズ氏、ルイス・ファン・ハール氏といった指揮官を招へいしてきたが、勝ち得た主要タイトルは2016年のFAカップのみとなっている。 ▽2016-2017シーズンからユナイテッドを指揮したモウリーニョ監督は昨シーズン、プレミアリーグを6位で終えたものの、就任初年度でEFLカップとヨーロッパリーグ制覇。今シーズンはチームの5シーズンぶりリーグ奪還に向けて首位のマンチェスター・シティに勝ち点差11をつけられているが、2位に位置している。 ▽そんなモウリーニョ監督は、現在の仕事が2010年に就任したレアル・マドリーのようだと主張。しかし、低迷しているビッククラブでの指揮が自身の成長につながってきたと語っている。 「ユナイテッドでの仕事が簡単ではないことは分かっていた。多くの人々は偉大な歴史とともに歩む。その瞬間ではなく、歴史に目を向けるんだ。その中で期待は高かった」 「私は以前にも似たような経験があった。レアル・マドリーに行ったとき、難しい時期を迎えていたんだ。長い間、リーグタイトルもなく、カップ戦でも勝っていない。チャンピオンズリーグさえもね」 「ただ、それは私の監督としての成長には素晴らしかった。私は常に成長したいと思っている」 2017.12.16 12:08 Sat
twitterfacebook
thumb

バイリーは復帰まで2カ月以上の見込み モウリーニョ「今季残り試合を欠場するとは言わないが…」

▽長期離脱が伝えられていた、マンチェスター・ユナイテッドのコートジボワール代表DFエリック・バイリーに、今シーズン絶望の可能性が浮上した。クラブ公式サイトが報じている。 ▽バイリーは、11月の上旬から足首のケガにより離脱中だ。さらに、13日のプレミアリーグ第17節ボーンマス戦後の会見では、チームを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が同選手が手術を受ける必要があり、長期離脱となる可能性を示唆していた。『MUTV』のインタビューに応じた同監督が、バイリーの手術が決定したこと、離脱が今後2~3カ月に及ぶであろうことを明かしている。 「エリック(・バイリー)は手術を受ける。決断はそのようになった。今シーズンの残りの試合(全て)を欠場するとまでは言わないが、2、3カ月はかかる見込みだ」 「しかし今は、(フィル・)ジョーンズが復帰し、(クリス・)スモーリング、(ダレイ・)ブリントもいるため、メンバーは揃っている。もちろん、バイリーが欠けることは残念だ」 「少々の休養とローテーションが必要になる。試合ごとに何名か選手を入れ替えるよ。12月、1月上旬を同じメンバーでこなすことは、ほぼ不可能だ」 2017.12.16 01:41 Sat
twitterfacebook
thumb

【FIFA18体験記】赤い悪魔・ユナイテッドが圧巻の強さを見せるシティを迎える“マンチェスター・ダービー"

▽圧巻のグラフィックとリアルさを追求し、バーチャルとリアルの境界線を曖昧にするほどの表現を追求した『FIFA 18』。超ワールドサッカー編集部体験記の第3回は10日に行われるプレミアリーグの一戦。マンチェスター・ユナイテッドvsマンチェスター・シティの“マンチェスター・ダービー"に挑戦します。 <span style="font-weight:700;">◆今シーズンの覇権争いを左右するダービー</span> ▽ジョゼ・モウリーニョ監督に率いられ、2シーズン目を迎えるユナイテッドと、圧倒的な強さを誇りリーグ首位を独走するシティの一戦。 ▽今シーズン最初の“マンチェスター・ダービー"は、ユナイテッドのホームであるオールド・トラッフォードで行われます。 ▽2位のユナイテッドと首位のシティ。両チームの勝ち点差は15節を終えた時点で「8」となっており、結果次第ではシーズンの行方が左右されるでしょう。 <span style="font-weight:700;">◆ユナイテッドが牙をむく!</span> ▽ホームのユナイテッドを操作してまずはプレー。すでに、シティvsサウサンプトンをプレーしたことで、シティの強さは十分知り尽くしているつもりです。 ▽試合はユナイテッドが優勢に進めます。まずは17分、ヘンリク・ムヒタリャンのパスを受けたロメル・ルカクがボックス手前中央からシュート。これが決まり、ユナイテッドが先制します。 ▽さらに前半終了間際の42分には、フアン・マタがセンターサークル付近でボールを持つと、ロングスルーパス。これに反応したルカクが最終ラインの裏をとると、そのまま冷静に流し込み、ユナイテッドが2点リードで前半を終えます。 ▽圧倒的な強さを誇るシティに対し、リードしているユナイテッドは、76分にも追加点。アンソニー・マルシャルからのパスを受けたルカクがそのままダイレクトで叩くと、マルシャルが落ち着いて沈めて勝負あり。ユナイテッドが3-0でシティを下しました。ユナイテッド強し。 <span style="font-weight:700;">◆シティもやっぱり強かった…</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/ea20171210_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽ということで、例のごとくシティを使ってもプレー。するとやっぱり強いんですよ。シティは。 ▽まずは13分、右サイドを仕掛けたガブリエウ・ジェズスがグラウンダーのクロス。これを、セルヒオ・アグエロがシュート。GKダビド・デ・ヘアがセーブするも、アグエロが自ら詰めてシティが先制します。 ▽しかし35分、ユナイテッドが追いつきます。右サイドからのアシュリー・ヤングのクロスをマーカス・ラッシュフォードがファーで合わせて同点となります。 ▽それでもシティは強かった。前半終了間際の45分、CKからジョン・ストーンズがヘッドで折り返すと、最後はダビド・シルバが蹴り込み、シティが勝ち越しに成功。後半はこう着状態が続いたものの、93分にスルーパスに抜け出したリロイ・ザネが決めて勝負あり。3-1でシティが勝利しました。 <span style="font-weight:700;">◆ハイレベルな戦い</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/ea20171210_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽今回マンチェスターの両クラブを使用しましたが、どちらも選手個々のレベルの高さを感じました。ルカクはスピードだけでなくパワーと精度があり、シティのザネはテクニックとスピードに。どちらもチームも操作することで3得点を奪えたことを考えると、チームのレベルが高いことが分かります。ちなみに、サウサンプトンでの悔しさをユナイテッドで果たすことに成功しました! にしても、実際と同じでシティは強すぎるぞ…そんなところで、また次回です。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://goo.gl/pxonVw" target="_blank">『FIFA 18』をプレーしよう!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;">★僕の「Alex Hunter」</span> ▽よもやのチェルシー退団、ロサンゼルス・ギャラクシー入りとなった「Alex Hunter」。しかし、世界中が注目する若き才能はMLSで爆発した。デビュー戦は途中出場ながら1ゴール1アシスト、2戦目には先発すると2ゴール3アシストと爆発。3戦目にしてハットトリックを達成するなど、アメリカでのキャリアは順風満帆なスタートとなった。 レーティング:78(2↑) 市場価格:$16,119,999(37%↑) 性格:情熱的 MLS:7試合14ゴール11アシスト プレミアリーグ:3試合出場4ゴール3アシスト <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://goo.gl/6oqwwj" target="_blank">『FIFA 18』で<br />「The Journey」をプレーしよう!</a><hr></div> 2017.12.15 22:00 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース