ユナイテッドがマルキーニョス獲得に関心か? 本人も移籍を示唆2016.01.04 12:27 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽マンチェスター・ユナイテッドは、将来的にパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表センターバック獲得を目指しているようだ。

▽イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』によると、ユナイテッドが獲得を目指しているのは、PSGのブラジル代表DFマルキーニョス(21)とのこと。ブラジル代表のセンターバックコンビでもあるDFチアゴ・シウバ、DFダビド・ルイスの牙城を崩せず、今シーズンの先発出場は7試合にとどまっている。

▽『マンチェスター・イブニング・ニュース』はマルキーニョスがフランス『JDD』に語ったコメントを掲載。マルキーニョスはユナイテッドからの関心を喜ぶとともに、将来的にPSGを離れる可能性を示唆した。

「とても嬉しいよ。それは、僕たちが上手く機能しているということだからね。他の選手と一緒で、僕だっていつもスターティングメンバーに入りたいと思っているよ。でも、僕たちは監督の選択やマネジメントを尊重している」

「僕は自分のポジションを掴むために努力を続ける。でも、僕が年をとってしまうのも事実なんだ。ベンチに座り続けることには慣れないね」

「6カ月後には、PSGがタイトルを獲っているだろう。その後に何が起こるかはわからないよ」

コメント

関連ニュース

thumb

目標はユナイテッド復帰ではない? 「僕はレアル・マドリーでプレーすることになるだろう」

▽リヨンに所属するオランダ代表FWメンフィス・デパイ(23)が将来のビジョンを明かした。スペイン『アス』が報じている。 ▽2017年1月にマンチェスター・ユナイテッドから推定移籍金2000万ユーロ(約26億4000万円)でリヨンに加入したデパイ。スペイン『アス』によると、その契約の中には買い戻しオプションも付随していることだ。フランスでの復活に期待がかかる今シーズンは、公式戦10試合でここまで3ゴール3アシストを記録しており、主力としてチームの攻撃陣を支えている。 ▽そんな中、デパイは自身の将来の目標について告白。いつの日かレアル・マドリーでプレーしたいことを明かした。 「僕はいつかレアル・マドリーでプレーする。それが僕の目標だよ。実現するかどうかは神だけが知っているけど、きっと彼は僕を助けてくれるはずさ」 2017.10.17 14:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ポグバがUEFAの差別撲滅キャンペーンを支持「サッカーは戦争を止めるための力を持っている」

▽マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバが、欧州サッカー連盟(UEFA)が行っている『#EqualGame』キャンペーンを支持している。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽UEFAが実施する『#EqualGame』キャンペーンとは、フットボールというものが一体性や多様性を持ち、誰にでも開かれた競技であることを発信し、いまだ終わらない差別をなくそうとするもの。 ▽ギニア系の両親をルーツに持つポグバは「サッカー選手とは多くの人たちに見られる機会が多い。だからこそ、世界中の人々を助けることができると感じている」と語り、UEFAの行うキャンペーンについて次のように語った。 「僕の隣にはアフリカの選手、セルビア、クロアチア出身の選手がいる。僕は彼らと同じチームに所属し一緒にプレーしている。僕らは同じ目標やフットボールへの愛情を持っているんだ」 「フットボールは世界がより良くなる助けができると思っている。いろいろな人たちが一つのチームでプレーすると、誰もが友達になれるんだ」 「世界でも共通の愛情がそこにはある。だからフットボールは戦争を止める力があると思うよ。僕はまだまだ若い選手だ。だからこそ、男の子たちからフットボールの代表として見られていると意識している」 2017.10.17 08:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ロブレンの顔面を蹴ったルカクにお咎めなし

▽イングランドサッカー協会(FA)はマンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表FWロメル・ルカクに対し、処分を下すことはないようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽ルカクは14日に行われたプレミアリーグ第8節リバプール戦のハーフタイム間際、地面に倒れ込んだDFデヤン・ロブレンに対し、意図的ではない様子だったものの右足で顔面を蹴ってしまっていた。 ▽そのルカクの行為に対し、元主審のデルモット・ギャラガー氏は次のような見解を示している。 「ルカクのヒザの動きを見ると、意図したものではないことがわかると思う。ロブレンを避けようとした際に当たってしまったものだったと見るのが自然だよ」 2017.10.17 04:48 Tue
twitterfacebook
thumb

クロップ、攻撃的スタイルに批判の声も「モウリーニョのようにやっても優勝は無理」

リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督は、成功への&ldquo;レシピ&rdquo;はないと考えているようだ。<br><br>リバプールは14日、プレミアリーグ第8節でマンチェスター・ユナイテッドと対戦し、スコアレスドローに終わった。ジョゼ・モウリーニョ監督の戦術の前に、無失点に抑えられ、リバプールの攻撃的なスタイルには批判の矛先を向けられている。<br><br>クロップはマンチェスター・Uの守備的なアプローチには理解を示しつつ、それが成功をつかむために必要なことではないと主張している。<br><br>「ユナイテッドがやっていることははっきりしていた。ジョゼは自分が正しいと思っていることをやった。もしくはやりたかったことをね。それはOKだ。しかし、我々にとってそれは楽にするものではない」<br><br>さらに続けて、「我々は数年間チャレンジャーであり続ける。大きなハートで、勇気を持たいないといけない」と話している。<br><br>今季も攻撃的な姿勢をトレードマークにシーズンに臨んでいるリバプールだが、開幕8試合で首位と9ポイント差の8位に沈むなど、今のところ実を結んでいない。<br><br> <br>提供:goal.com 2017.10.16 23:38 Mon
twitterfacebook
thumb

メンディの代役探すシティ、セインツのDFバートランドをリストアップか

▽マンチェスター・シティが、負傷離脱中のフランス代表DFバンジャマン・メンディの代役に、サウサンプトンのイングランド代表DFライアン・バートランド(28)に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽今夏、DFとして歴代最高の移籍金となる5200万ポンド(約77億円)とも言われる移籍金でモナコから加入したメンディだったが、先月23日に行われたプレミアリーグ第6節のクリスタル・パレス戦でヒザを負傷。クラブの発表によると、右ヒザ前十字靭帯断裂の重傷で、現在は長期離脱を強いられている。 ▽そこで、代わりとなる左サイドバックを探すシティが白羽の矢を立てたのがバートランド。『デイリー・メール』によると、シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は今夏も同選手の獲得を求めていたようで、バートランド自身も、もしオファーが届けば前向きに検討するつもりだという。一方で、サウサンプトン側は巨額なオファーでない限り放出を拒むとみられている。 ▽また、シティは他にもエスパニョールのU-21スペイン代表DFアーロン・マーティン・カリコル(21)にも関心を寄せているらしく、13日に行われたリーガエスパニョーラ第8節のレバンテ戦にスカウトを送っていたようだ。 2017.10.16 20:00 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース