好勝負のエバートンvsスパーズは1-1のドロー《プレミアリーグ》2016.01.04 02:56 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽プレミアリーグ第20節、エバートンvsトッテナムが3日にグディソン・パークで行われ、1-1で終了した。

▽前節終了時点で11位のエバートン(勝ち点26)が、同4位のトッテナム(勝ち点35)をホームに迎えた一戦。今季15ゴールのルカクと、11ゴールのケインという好調エース対決にも注目が集まった試合は、9分にトッテナムが決定的なシーンを演出する。ボックス右手前からケインが右足を振ると、鋭いミドルシュートが左ポストに直撃した。

▽前半の半ばにかけてもトッテナムが押し気味に試合を進めたが、先制したのはワンチャンスを生かしたホームチームだった。22分、ボックス内のルカクがクレバリーからのフィードを頭で落とすと、このボールをボックス右のレノンがボレー。見事なシュートがゴール左隅に吸い込まれ、レノンが古巣相手に決めたエバートンがリードする。

▽攻勢に出ながらもビハインドを背負ったトッテナムは、気落ちすることなく前に出る。しかし、30分にCKからペナルティアーク手前のベン・デイビスが放った強烈なミドルシュートは、バーに直撃。2度にわたって枠に阻まれる。

▽それでも、前半アディショナルタイムにはトッテナムが追いつく。アルデルヴァイレルトが入れた高精度のロングフィードをボックス内のデル・アリが胸トラップし、そのままボレー。これが決まり、トッテナムが1-1としてハーフタイムを迎えた。

▽迎えた後半は、白熱した一進一退の攻防が繰り広げられる。トッテナムはソン・フンミン、一方のエバートンはデウロフェウと、アクセントを付けることができるアタッカーを投入。両者共に勝ち点3を目指す。

▽なかなか決定機が生まれない中、エバートンは78分にボックス手前のベシッチが相手のクリアボールをダイレクトボレーで叩いてゴールを強襲。しかし、この強烈なシュートは素晴らしい反応を見せたGKロリスに触られ、バーに直撃する。

▽結局、試合はそのまま1-1で終了。エバートンは3-4で敗れた前節のストーク・シティ戦に続いてホームで勝てず、一方のトッテナムは連勝が3でストップした。

コメント

関連ニュース

thumb

ミララス「ルカクはエバートンのことだけに集中している」

エバートンFWケビン・ミララスは、チームメートのFWロメル・ルカクが今ではチームのことに集中していると述べた。<br><br>古巣チェルシーへの復帰など、去就をめぐる騒ぎが絶えないルカクだが、ミララスはイギリス『スカイ・スポーツ』で次のように話している。<br><br>「彼に関する憶測がたくさんあったことは知っている。でも、ロメルはチームのこと、クラブのことに集中しているよ。僕は彼が今週末もゴールを決められるように願っている」<br><br>「いろいろな理由から、ロメルは重要な存在なんだ。エバートンのベストストライカーであり、ゴールを量産してくれる。だから、チームにおいて重要な選手なんだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.27 15:59 Sat
twitterfacebook
thumb

エバートン、ハート獲得なしか クーマン「噂について言及する監督ではない」

▽エバートンを率いるロナルド・クーマン監督が、マンチェスター・シティから獲得が噂されるイングランド代表GKジョー・ハートに関して、否定的な姿勢を見せた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽ジョゼップ・グアルディオラ新監督の構想から外されているハートに関しては、今シーズンここまでわずか1試合しか出場機会を与えられていない。そんな中、シティは25日、バルセロナからチリ代表GKクラウディオ・ブラーボの獲得を正式発表した。 ▽そのため、今夏に出場機会を求めて移籍する公算がより高まったハートだが、新天地の1つとして有力視されてきたエバートンのクーマン監督は、獲得の可能性について「関心ない」と述べ、続けて以下のように言及したという。 「移籍市場が閉幕する来週になれば、全員がエバートンのチームについて知ることになるだろう。どんな監督であっても、チームの強化しようとするのは当然のこと。しかし、私は、噂について言及する監督ではない」 2016.08.26 09:15 Fri
twitterfacebook
thumb

バロテッリに今度こそ救いの手!? 敏腕代理人がガッビアディーニを狙うエバートンに売り込み

▽リバプールに所属する元イタリア代表FWマリオ・バロテッリ(26)に救いの手を差し伸べるクラブが現れるかもしれない。 ▽リバプールのユルゲン・クロップ監督から構想外であることが明かされたバロテッリは移籍先を探しており、これまでにベシクタシュやサッスオーロに売り込みをかけたと報じられている。しかし現時点で新たな所属先は決まっていない。 ▽『フットボール・イタリア』によると、バロテッリの代理人を務めるミノ・ライオラ氏は、新たな売り込み先としてエバートンに目を付けたようだ。 ▽そのエバートンはナポリのイタリア代表FWマノロ・ガッビアディーニ(24)の獲得に動いていると噂されており、3000万ユーロ(約34億円)ほどの移籍金を準備しているようだ。 ▽ライオラ氏は、エバートンのカッビアディーニ獲得オペレーションは万全ではないと見ているようで、失敗した際にバロテッリの売り込みにかかるようだ。 ▽バロテッリは自身のインスタグラムで、トレーニングに励んでいる動画を公開。完璧なコンディションであることを強調しているが、それを披露させてくれるクラブは現れるのだろうか…。 2016.08.24 11:59 Wed
twitterfacebook
thumb

ルカク残留濃厚のエバートン、L・ペレスを約20億円で獲得か

▽イギリス『BBC』は23日、エバートンがデポルティボのスペイン人FWルーカス・ペレス(27)の獲得に本腰を入れていると報じた。エバートンは移籍金1500万ポンド(約19億8000万円)を用意しているとのことだ。 ▽エバートンではベルギー代表FWロメル・ルカクのチェルシー帰還が報じられていたが、ロナルド・クーマン監督はルカクが残留したいと述べたことを先日明かしていた。 ▽しかし、来季以降の去就は依然として不透明なため、エバートンのフットボール・ディレクターを務めるスティーブ・ウォルシュ氏が長年目を付けているL・ペレスに照準を絞ったとのことだ。 ▽昨季、リーガエスパニョーラで17ゴールを挙げてブレイクしたL・ペレスは、左利きのストライカー。プレースキッカーも務め、アシスト能力も高い。19日に行われたリーガエスパニョーラ開幕戦のエイバル戦では1ゴール1アシストの活躍を見せていた。 2016.08.24 02:09 Wed
twitterfacebook
thumb

WBA、エバートンのU-21イングランド代表DFギャロウェイをレンタルで獲得

▽WBAは22日、エバートンのU-21イングランド代表DFブレンダン・ギャロウェイ(20)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。なお、ギャロウェイは背番号20を着用する。 ▽左サイドバックを主戦場とするギャロウェイは、2014年夏に5年契約でMKドンズからエバートンに加入。2015年5月にトップチームデビューを果たすと、昨シーズンはイングランド代表DFレイトン・ベインズやコスタリカ代表DFブライアン・オビエドの負傷離脱を受けて、プレミアリーグ15試合に出場した。 ▽レンタル移籍の決まったギャロウェイがWBAの公式サイトで以下のコメントを残した。 「WBAのようなビッグクラブに加入できてうれしいね。僕はここでプレーしてチームのために全力を尽くすよ」 2016.08.23 07:05 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース