好勝負のエバートンvsスパーズは1-1のドロー《プレミアリーグ》2016.01.04 02:56 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽プレミアリーグ第20節、エバートンvsトッテナムが3日にグディソン・パークで行われ、1-1で終了した。

▽前節終了時点で11位のエバートン(勝ち点26)が、同4位のトッテナム(勝ち点35)をホームに迎えた一戦。今季15ゴールのルカクと、11ゴールのケインという好調エース対決にも注目が集まった試合は、9分にトッテナムが決定的なシーンを演出する。ボックス右手前からケインが右足を振ると、鋭いミドルシュートが左ポストに直撃した。

▽前半の半ばにかけてもトッテナムが押し気味に試合を進めたが、先制したのはワンチャンスを生かしたホームチームだった。22分、ボックス内のルカクがクレバリーからのフィードを頭で落とすと、このボールをボックス右のレノンがボレー。見事なシュートがゴール左隅に吸い込まれ、レノンが古巣相手に決めたエバートンがリードする。

▽攻勢に出ながらもビハインドを背負ったトッテナムは、気落ちすることなく前に出る。しかし、30分にCKからペナルティアーク手前のベン・デイビスが放った強烈なミドルシュートは、バーに直撃。2度にわたって枠に阻まれる。

▽それでも、前半アディショナルタイムにはトッテナムが追いつく。アルデルヴァイレルトが入れた高精度のロングフィードをボックス内のデル・アリが胸トラップし、そのままボレー。これが決まり、トッテナムが1-1としてハーフタイムを迎えた。

▽迎えた後半は、白熱した一進一退の攻防が繰り広げられる。トッテナムはソン・フンミン、一方のエバートンはデウロフェウと、アクセントを付けることができるアタッカーを投入。両者共に勝ち点3を目指す。

▽なかなか決定機が生まれない中、エバートンは78分にボックス手前のベシッチが相手のクリアボールをダイレクトボレーで叩いてゴールを強襲。しかし、この強烈なシュートは素晴らしい反応を見せたGKロリスに触られ、バーに直撃する。

▽結局、試合はそのまま1-1で終了。エバートンは3-4で敗れた前節のストーク・シティ戦に続いてホームで勝てず、一方のトッテナムは連勝が3でストップした。

コメント

関連ニュース

thumb

青いルーニーに未だ宿るレッド・デビルズの魂「赤いマンチェスターも喜んでくれる」

▽エバートンのイングランド代表FWウェイン・ルーニーが“元宿敵”を挑発した。 ▽マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるルーニーは今夏、古巣のエバートンに復帰。プレシーズン中から好調を維持すると、開幕節のストーク・シティ戦で決勝弾を記録し、さらには21日に行われた第2節のマンチェスター・シティ戦でもゴールを奪った。 ▽敵地での1-1の引き分けに貢献したルーニーは試合後、自身のツイッターを更新。「勝てなかったのは残念だが、いい勝ち点を獲得できた。プレミアリーグ200ゴールに到達できたことも嬉しい」と自身のプレミア200ゴール達成を喜んだのち、ゴールを祝福するシーンでシティファンからヤジを飛ばされている画像とともに以下のコメントを投稿した。 「お馴染みの表情を見るのは、いつだって愉快だね」 ▽このツイートは、約3時間で12万以上の「いいね」を記録。心のクラブに復帰したルーニーだが、今もレッド・デビルズの魂は失っていないようで、イギリス『BBC』によれば、「赤い他のマンチェスターも楽しめたと確信している」と語ったとのことで、ユナイテッドに貢献できたことを喜んでいた。 2017.08.22 10:09 Tue
twitterfacebook
thumb

1億ポンド補強にも満足せず…欲しがり屋のクーマンは「ベインズのバックアップと左利きのセンターバックとストライカーが欲しい」

▽今夏の移籍市場を賑わせているエバートンだが、ロナルド・クーマン監督はさらなる補強を望んでいるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽エバートンは今夏の移籍市場で、イングランド代表FWウェイン・ルーニー、イングランド代表DFマイケル・キーンなど多くの選手を獲得。さらに16日にはアイスランド代表MFギルフィ・シグルドソンを獲得し、今夏に投じた補強費は1億ポンド(約140億7300万円)を越えたと言われている。 ▽しかしクーマン監督は、現状の戦力に満足していない様子。21日に行われたプレミアリーグ第2節のマンチェスター・シティ戦(1-1のドロー)後に次のようにコメントした。 「我々は左利きのセンターバックを欲している。さらにベインズのバックアップとしてプレーできる選手が良いね。フネス・モリが負傷したことで左利きの選手が不足している。また、ストライカーも欲しい。今はドミニク(・カルバート=ルーウィン)とサンドロ(・ラミレス)がいるが、彼らとは異なるタイプのストライカーが欲しい」 2017.08.22 09:55 Tue
twitterfacebook
thumb

シアラー氏に次ぐ、プレミア史上2人目となる200ゴールの偉業達成にルーニー「これからももっと多くのゴールを」

▽エバートンのイングランド代表FWウェイン・ルーニーが、プレミアリーグ通算200ゴール達成に喜びを示した。クラブ公式サイトがルーニーのコメントを伝えている。 ▽今夏の移籍市場で、マンチェスター・ユナイテッドから古巣であるエバートンに13年ぶりとなる復帰を果たしたルーニー。12日に行われたプレミアリーグ開幕節のストーク・シティ戦で復帰後初ゴールをマークすると、21日に行われた第2節のマンチェスター・シティ戦でもネットを揺らした。 ▽ルーニーにとって、このシティ戦で奪ったゴールは、プレミアリーグでの通算200ゴールとなるメモリアル弾。イングランドのレジェンドであるアラン・シアラー氏に次ぐ、2人目の大記録達成に喜びを示した。 「アラン・シアラーと共に200ゴールを達成することができてとても嬉しいよ。とはいえ、彼に追いつくためにはまだまだ時間がかかるね。今日は本当に素晴らしい瞬間だった。これからももっと多くのゴールを奪いたい」 ▽また、ルーニーは先制しながらもドローに終わったシティ戦を振り返っている。 「前半の僕らはとてもうまく戦えていたね。シティにチャンスを作らせなかった。それでも危ない場面はあって、ハーフタイムでは気を引き締めなおしたんだ。相手には退場者もいたけれど、新たな気持ちで後半に臨んだよ。でも追いつかれてしまってとても残念だ」 2017.08.22 08:35 Tue
twitterfacebook
thumb

レーティング:マンチェスター・シティ 1-1 エバートン《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第2節、マンチェスター・シティvsエバートンが21日にエティハド・スタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽マンチェスター・シティ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170822_7_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 31 エデルソン 5.0 難しい対応ではあったが、ルーニーのシュートは触っていただけに弾き出したかった DF 4 コンパニ 5.5 試合途中に右から左に移動。失点場面ではカルバート=ルーウィンにかわされた 5 ストーンズ 5.5 相手のカウンターに危なげなく対応 (→ダニーロ 6.0) 同点ゴールにつながるクロスや惜しいシュートなど、チームに活力を与えた 30 オタメンディ 6.5 球際の強さを見せつつ、要所で持ち上がって攻撃に厚みを加えた MF 2 ウォーカー 4.0 2枚目は厳しい判定だったが、わずか2分間で2枚のカードをもらい、チームのプランを壊した 17 デ・ブライネ 6.0 グイエのマンマークに遭いながらも、要所で決定機を創出 25 フェルナンジーニョ 6.0 ルーニーやトム・デイビスの監視に遭い、無難な捌きに終始。終盤は左サイドバックでもプレー 21 シルバ 6.0 ゴールこそ奪えなかったが、マッチアップしたシュナイデルランを手玉に取り、多くのチャンスに絡んだ 19 L・ザネ 5.0 やや無理な体勢で出したバックパスが失点のキッカケに。ただ、攻撃では持ち味のスピードや仕掛けが活きた (→ベルナルド・シウバ 6.0) 攻撃では持ち味のテクニックを発揮し、守備では鋭いタックルでピンチの芽を摘んだ FW 10 アグエロ 5.5 パスやクロスでチャンスを作ったが、求められた決め切る力を欠いた 33 ガブリエウ・ジェズス 5.5 惜しみないフリーランや守備で貢献もウォーカー退場の煽りを受けて、前半のみの出場に (→スターリング 6.5) チームを救う圧巻のボレーシュートを決めた 監督 グアルディオラ 6.0 数的不利の状況の中、配置やシステムを積極的に入れ替えて勝ち点1を掴む ▽エバートン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170822_8_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ピックフォード 6.5 失点はノーチャンス。持ち味のショットストップに加え、正確なパントキックやフィードで見せ場を作る DF 4 M・キーン 6.0 かつての宿敵相手に粘り強い守備を披露 5 ウィリアムズ 6.0 前に出ていく潰しで相手のアタッカー陣に対応 (→クラーセン 5.5) 試合に入り切れていなかったが、最後に好クリアでチームを救う 6 ジャギエルカ 6.0 アジリティ不足は気になったが、最後の場面で気迫のこもったブロックを見せた MF 30 ホルゲイト 5.0 先制点の起点になるなど良い攻撃参加もあったが、失点場面では比較的余裕があった中、危険な中央のエリアにクリアしてしまった 2 シュナイデルラン 4.5 マンツーマンで付いたシルバに苦戦。序盤にカードをもらった中で粘り強くプレーしたが、試合終盤に退場に… 26 トム・デイビス 6.0 豊富な運動量とダイナミズムを活かして攻守に味方を助けた (→シグルドソン 5.5) エバートンデビューも高額な移籍金に見合ったプレーはできず 10 ルーニー 6.5 かつての宿敵相手に値千金の先制点。プレミア通算200ゴールを達成 (→ベシッチ -) 17 グイエ 6.0 デ・ブライネとの対戦で苦戦も、機動力を生かした守備でバイタルエリアをケア 3 ベインズ 6.0 押し込まれた中、ウォーカーの突破を見事なスライディングで阻むなど、奮闘ぶりが光った FW 29 カルバート=ルーウィン 6.5 先制点をアシスト。周囲のサポートが少ない中、前線で幅広いエリアを動き回りボールを引き出した 監督 クーマン 5.5 マンマークと交代策はハマり切らなかったが、頼れるエースと相手の退場に助けられて敵地から勝ち点1を持ち帰る ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! カルバート=ルーウィン(エバートン) ▽主役の座は200ゴール達成のルーニーや同点弾を決めたスターリングに譲るも、冷静なアシストや前線で攻撃の起点となった20歳の若武者をMOMに選出。 マンチェスター・シティ 1-1 エバートン 【マンチェスター・シティ】 スターリング(後37) 【エバートン】 ルーニー(前35) 2017.08.22 06:16 Tue
twitterfacebook
thumb

10人同士のシティvsエバートンは白熱ドロー! 2戦連発ルーニーがプレミア200得点!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第2節、マンチェスター・シティvsエバートンが21日にエティハド・スタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽ディフェンスラインを中心とした大型補強が実り、ブライトンとの開幕戦を2-0で勝利したシティは、連勝を目指してホーム開幕戦でエバートンを迎え撃った。ブライトン戦からダニーロに代えてザネを起用した以外、同じメンバーを起用。両ウイングバックに新戦力のウォーカー、ザネを配し、2トップにガブリエウ・ジェズスとアグエロを並べた中盤逆三角形の[3-5-2]の布陣を採用した。 ▽一方、主砲ルカクがマンチェスター・ユナイテッドに旅立ったものの、ルーニーの帰還、逸材DFマイケル・キーンなど、各ポジションに実力者を迎え入れたエバートンは、スウォンジーとの開幕戦をルーニーの復帰弾で1-0の勝利。ミッドウィークに行われたハイデュク・スプリトとのヨーロッパリーグ(EL)プレーオフ1stレグも快勝し、公式戦4連勝を飾った。その試合から中3日で行われたこの試合ではスウォンジー戦から2選手を変更。サンドロ・ラミレス、クラーセンに代わってホルゲイト、トム・デイビスの若手2選手が先発入りした。また、スウォンジーからの新戦力シグルドソンがベンチ入りを果たした。 ▽試合前セレモニーでの花火の影響で煙がピッチを覆う中でスタートした一戦。守備的な[3-4-2-1]の布陣を採用し、相手のキーマンであるシルバとデ・ブライネにシュナイデルラン、グイエをマンマークで付けるエバートンの奇策に対し、いつも通りの攻撃で押し込むシティ。6分にはボックス手前左で得たFKの場面でデ・ブライネのキックが相手DFのオウンゴールを誘うが、ここはGKピックフォードの好守に遭う。 ▽一方、実質5バックという形で押し込まれ耐える展開が続くエバートンだが、16分にGKピックフォードの正確なパントキックを受けた最前線のカルバート=ルーウィンを起点にトム・デイビス、ルーニーの好フィードから再びカルバート=ルーウィンが起点になってフィニッシュにつなげるなど、手数の少ない攻めでチャンスを窺う。 ▽その後はセンターバックの持ち上がりやポジションチェンジでマンマーク戦術の打開を図るシティが、再三の決定機を創出。26分にはオタメンディのミドルシュートのこぼれ球をボックス左のアグエロがループで狙うが、これは相手DFにクリアされる。さらに、34分にはアグエロの絶妙なパスをボックス左で受けたシルバが左足シュートも、これは左ポストを叩く。 ▽立ち上がりから我慢の展開が続くエバートンだったが、頼れるエースが魅せる。35分、相手陣内右サイドでタッチライン際のザネの不用意なバックパスを奪ったホルゲイトがそのままドリブルでボックス付近に持ち上がって、オフサイドラインぎりぎりのカルバート=ルーウィンに短いスルーパス。巧みな切り返しでDFコンパニを転がしたカルバート=ルーウィンのグラウンダーの折り返しを、ゴール前に飛び込んだルーニーが左足インサイドのワンタッチで流し込み、プレミアリーグ通算200ゴールを達成した。 ▽元ユナイテッドの主将相手に痛恨の2試合連続ゴールを許したシティは、すぐさま反撃を開始。43分にはルーニーの不用意な横パスを奪ったショートカウンターからアグエロの浮き球クロスを受けたジェズスがゴール前でシュートも、これはGK正面。すると、直前の42分にカードをもらっていたウォーカーが、44分にカルバート=ルーウィンへのエルボーで再びカードをもらい、前半終了間際に痛恨の退場となった。 ▽ホームでビハインドに加え、数的不利まで背負って後半を迎えたシティは、ジェズスを下げてスターリングをハーフタイム明けに投入。アグエロを1トップに置いた[3-1-4-1]の布陣で同点ゴールを目指す。 ▽一方、後半も危なげなく試合を運ぶエバートンは61分、ウィリアムズとトム・デイビスを下げて、これがエバートンデビューとなるシグルドソンとクラーセンを投入。この交代でシステムを[4-2-3-1]に変更した。 ▽散発的にスターリングがチャンスに絡むものの、数的不利の影響もあってなかなか良い形で攻められないシティは、65分にストーンズを下げてダニーロ、69分にザネを下げてベルナルド・シウバを投入。この交代でフェルナンジーニョを左サイドバックに下げた[4-3-2]に変更。すると、ダニーロやベルナルド・シウバ、スターリングといった途中出場の選手たちが攻撃に絡んでいくと、82分に同点ゴールが生まれる。右サイドからダニーロが上げたクロスをファーのDFホルゲイトが頭でクリア。ボックス中央に飛んだクリアボールに反応したスターリングが抑えの利いた見事な右足ダイレクトボレーをゴール左隅に流し込んだ。 ▽数的不利のシティが振り出しに戻した試合は、その後88分に2枚目の警告を受けたシュナイデルランが退場となり、10人同士の戦いに。勢いで勝るシティが勝ち越しを目指して攻勢に出るが、クラーセンの好クリアなど勝ち点奪取に意地を見せるエバートンの守備を崩しきれず、試合はこのままタイムアップ。互いに退場者を出すなど、白熱の強豪対決は1-1のドローに終わった。 2017.08.22 06:15 Tue
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース