超ワールドサッカー

好勝負のエバートンvsスパーズは1-1のドロー《プレミアリーグ》2016.01.04 02:56 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽プレミアリーグ第20節、エバートンvsトッテナムが3日にグディソン・パークで行われ、1-1で終了した。

▽前節終了時点で11位のエバートン(勝ち点26)が、同4位のトッテナム(勝ち点35)をホームに迎えた一戦。今季15ゴールのルカクと、11ゴールのケインという好調エース対決にも注目が集まった試合は、9分にトッテナムが決定的なシーンを演出する。ボックス右手前からケインが右足を振ると、鋭いミドルシュートが左ポストに直撃した。

▽前半の半ばにかけてもトッテナムが押し気味に試合を進めたが、先制したのはワンチャンスを生かしたホームチームだった。22分、ボックス内のルカクがクレバリーからのフィードを頭で落とすと、このボールをボックス右のレノンがボレー。見事なシュートがゴール左隅に吸い込まれ、レノンが古巣相手に決めたエバートンがリードする。

▽攻勢に出ながらもビハインドを背負ったトッテナムは、気落ちすることなく前に出る。しかし、30分にCKからペナルティアーク手前のベン・デイビスが放った強烈なミドルシュートは、バーに直撃。2度にわたって枠に阻まれる。

▽それでも、前半アディショナルタイムにはトッテナムが追いつく。アルデルヴァイレルトが入れた高精度のロングフィードをボックス内のデル・アリが胸トラップし、そのままボレー。これが決まり、トッテナムが1-1としてハーフタイムを迎えた。

▽迎えた後半は、白熱した一進一退の攻防が繰り広げられる。トッテナムはソン・フンミン、一方のエバートンはデウロフェウと、アクセントを付けることができるアタッカーを投入。両者共に勝ち点3を目指す。

▽なかなか決定機が生まれない中、エバートンは78分にボックス手前のベシッチが相手のクリアボールをダイレクトボレーで叩いてゴールを強襲。しかし、この強烈なシュートは素晴らしい反応を見せたGKロリスに触られ、バーに直撃する。

▽結局、試合はそのまま1-1で終了。エバートンは3-4で敗れた前節のストーク・シティ戦に続いてホームで勝てず、一方のトッテナムは連勝が3でストップした。

コメント

関連ニュース

thumb

クーマン監督、ルカク残留へ「全てのことをする」

▽エバートンを率いるロナルド・クーマン監督は、ベルギー代表FWロメル・ルカク(23)を残留させるために、尽力することを主張している。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽今シーズン、プレミアリーグで24得点を挙げ、現在得点ランクトップに立っているルカク。クラブとの現行契約が2019年までとなっている同選手には、チェルシーやマンチェスター・ユナイテッドといった多くのビッグクラブが獲得に関心を持っており、今夏でのエバートン退団が噂されている。また、ルカクがチャンピオンズリーグに出場したいという想いから同クラブからの契約延長の打診を拒否したことを、クーマン監督が認めたとイギリスの複数メディアが伝えており、その去就に注目が集まっている。 ▽そんな中、エバートンは最近になって、ルカクの移籍金を1億ポンド(約139億9000万円)に設定したり、クーマン監督が契約延長を拒否したルカクに現行契約を尊重しなくてはいけないと主張したりするなど、同選手の放出を拒む動向がイギリス『リバプール・エコー』によって伝えられた。 ▽残留を望むクーマン監督は「全てのことをする」と、ルカク残留のために尽力することを主張している。 「ルカクは24ゴールを挙げている。そして、残りの5試合でより多くのゴール数を記録することができるだろう」 「どんな選手にも高いレベルでプレーすることを望んでいる。ゴールはチームへの証明にもなるので、どのチームも得点を挙げる選手を好むんだ」 「しかし、彼は、フットボールにおいて他の部分でも成長している。プレスやランにも目を向けてうまくプレーしているんだ。私は彼に対して、ストライカーとしてどれだけハードワークし、成長する必要があるかを話した」 「どこかのチームが獲得へ興味を持っているのであれば、彼らは強化担当を呼び、我々はそのことについて話し合うだろう。しかし、我々は来シーズンにも彼が残るよう全てのことをするつもりだ」 2017.04.21 16:20 Fri
twitterfacebook
thumb

エバートンDFウィリアムズ、5位フィニッシュを目標に掲げ「エバートンは上位争いに加わることができるチーム」

▽エバートンに所属するウェールズ代表DFアシュリー・ウィリアムズは、同クラブがプレミアリーグで上位争いに加わることができるチームだと主張し、目標として5位でのフィニッシュを掲げた。イギリス『デイリー・ミラー』が報じている。 ▽2016年8月にスウォンジーからエバートンに加入したウィリアムズは、移籍1年目となった今シーズンのプレミアリーグで31試合に出場し、1ゴール3アシストを記録。同クラブの上位争いに貢献している。また、エバートン(勝ち点57)は現在、プレミアリーグで7位につけており、ヨーロッパリーグ出場圏内5位に位置しているマンチェスター・ユナイテッド(勝ち点60/2試合未消化)と3ポイント差に迫っている。 ▽ウィリアムズは、今季の現実的な目標としてリーグ戦を5位で終えることだと掲げた。また、エバートンがプレミアリーグのトップチームの一つになれると主張している。 「僕は5位になることが現実的な目標だと考えているよ。確かに、この目標を達成できるかどうかは、上位にいる他のクラブの結果にもよるんだけどね」 「でも、僕たちが今できることは、自分たちの試合に集中することだ。今までだってそうしてきたんだ。これを続けていかなくてはいけないし、勝利してこつこつと勝ち点を積み上げていくことが重要なんだ」 ▽また、エバートンがプレミアリーグで上位争いに加わることができるクラブかと尋ねられると、以下のように述べた。 「きっと、僕たちはそのチームの一つだよ。大きな自信を持っているし、多くの試合に勝っている。それは僕たちが望んでいる場所なんだ。上位争いに加わることができるチームだと思っているよ」 2017.04.18 18:52 Tue
twitterfacebook
thumb

エバートン、ルカク放出には1億ポンドを要求か

▽エバートンは、ベルギー代表FWロメル・ルカク(23)の移籍金を1億ポンド(約137億円)に設定したようだ。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 ▽今シーズン、プレミアリーグで24得点を挙げ、現在得点ランクトップに立っているルカク。クラブとの現行契約が2019年までとなっている同選手には、チェルシーやマンチェスター・ユナイテッドといった多くのビッグクラブが獲得に関心を持っており、今夏でのエバートン退団が噂されている。また最近になって、同クラブの指揮官であるロナルド・クーマン監督は、ルカクがチャンピオンズリーグに出場したいという想いから、同クラブからの契約延長の打診を拒否したことを認めたとイギリスの複数メディアによって伝えられ、その去就に注目が集まっていた。 ▽昨年、同選手に強い関心を寄せていたチェルシーは、7000万ポンド(約95億9000万円)のオファーを提示したものの、エバートンはこれを拒否。さらに、今回の報道によると、エバートンは、プレミアリーグで得点を量産するルカクの移籍金を1億ポンド(約137億円)に設定したようだ。 ▽様々な移籍に関する報道が飛び交うルカクだが、一方でクーマン監督は、契約延長を拒否したルカクに現行契約を尊重しなくてはいけないと主張。果たして今後の去就はどうなるのだろうか。 2017.04.18 18:19 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ、エバートンからミランにレンタル中のFWデウロフェウの復帰を検討

▽バルセロナが、エバートンからミランへレンタル移籍中のスペイン代表FWジェラール・デウロフェウ(23)との再契約条項を検討しているようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ▽2015年7月にバルセロナからエバートンに完全移籍したデウロフェウは、プレミアリーグで26試合に出場し2得点。今シーズンは11試合に出場していたが、1月の移籍市場でミランへとレンタル移籍。ミラン加入後はセリエAでここまで12試合に出場し2得点を記録している。 ▽バルセロナのロバート・フェルナンデスSD(スポーツ・ディレクター)は16日、スペイン『TV3』でデウロフェウについてコメント。「クラブは来シーズンのトップチームとして、彼を戻すオプションを考えている」と、デウロフェウ復帰を考慮していると明かした。 ▽なお、バルセロナは、デウロフェウに関して1200万ユーロ(約13億8000万円)でチームに引き戻すオプションを持っているとのこと。来シーズンに向けてその条項を適用するのか、注目が集まる。 2017.04.17 12:57 Mon
twitterfacebook
thumb

エバートン、2大エース流出不可避か…クーマンがルカク&バークリーの状況を説明

▽エバートンは、今夏の移籍市場でベルギー代表FWロメル・ルカク(23)と、イングランド代表MFロス・バークリー(23)の2大エース流出を覚悟しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽今シーズン、ロナルド・クーマン新監督の下で躍進するエバートンだが、今シーズンにトップ4フィニッシュを逃した場合、ルカクとバークリーという若き2大エースの流出は不可避のようだ。 ▽クーマン監督は、15日に行われるプレミアリーグ第33節のバーンリー戦に向けた定例会見の場で、今季23ゴールで得点ランキングトップに立つエースFWルカクが、契約延長を拒否していることを認めた。 「彼は新たな契約にサインしたくないと私に伝えてきた」 ▽さらに、同指揮官は契約延長拒否によって、チェルシー復帰が濃厚とされるルカクに関して、「私はルカクが何処に行きたいか、知らない。きっと、ドログバに電話をかければ教えてくれるはずだ」と、同選手がチェルシーでドログバの後継者と目されていることを引き合いに出したジョークを語っていた。 ▽また、クーマン監督は2018年6月に終了するエバートンとの契約延長交渉に応じていないバークリーに関して、チャンピオンズリーグ出場権獲得が交渉のカギを握っていると考えているようだ。 「私は数週間前にロスと話をした。そのときに彼はチャンピオンズリーグでプレーしたいという野心を語った。もちろん、私もクラブが同じ野心を持っていることを伝えた」 「そういった考えはプレーヤーにとって普通のことであり、多くのプレーヤーと監督がチャンピオンズリーグでプレーしたいという野心を持っている」 「ただ、我々の次のステップはヨーロッパリーグに出場することだ。ただ、簡単なことではない。5位か6位でシーズンを終えられれば、プレーオフを戦う必要がなく、完璧なんだがね」 「私は交渉に直接関わっていないが、幹部が彼の代理人と話し合いをしていることを知っている。したがって、シーズン終了までにその答えを知る必要がある」 ▽現在、チャンピオンズリーグ出場圏内の4位マンチェスター・シティと勝ち点7差の7位に位置しているエバートンだが、残り6試合で消化試合が1試合少ないシティを追い抜くことは困難と思われる。 2017.04.14 02:50 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース