好勝負のエバートンvsスパーズは1-1のドロー《プレミアリーグ》2016.01.04 02:56 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽プレミアリーグ第20節、エバートンvsトッテナムが3日にグディソン・パークで行われ、1-1で終了した。

▽前節終了時点で11位のエバートン(勝ち点26)が、同4位のトッテナム(勝ち点35)をホームに迎えた一戦。今季15ゴールのルカクと、11ゴールのケインという好調エース対決にも注目が集まった試合は、9分にトッテナムが決定的なシーンを演出する。ボックス右手前からケインが右足を振ると、鋭いミドルシュートが左ポストに直撃した。

▽前半の半ばにかけてもトッテナムが押し気味に試合を進めたが、先制したのはワンチャンスを生かしたホームチームだった。22分、ボックス内のルカクがクレバリーからのフィードを頭で落とすと、このボールをボックス右のレノンがボレー。見事なシュートがゴール左隅に吸い込まれ、レノンが古巣相手に決めたエバートンがリードする。

▽攻勢に出ながらもビハインドを背負ったトッテナムは、気落ちすることなく前に出る。しかし、30分にCKからペナルティアーク手前のベン・デイビスが放った強烈なミドルシュートは、バーに直撃。2度にわたって枠に阻まれる。

▽それでも、前半アディショナルタイムにはトッテナムが追いつく。アルデルヴァイレルトが入れた高精度のロングフィードをボックス内のデル・アリが胸トラップし、そのままボレー。これが決まり、トッテナムが1-1としてハーフタイムを迎えた。

▽迎えた後半は、白熱した一進一退の攻防が繰り広げられる。トッテナムはソン・フンミン、一方のエバートンはデウロフェウと、アクセントを付けることができるアタッカーを投入。両者共に勝ち点3を目指す。

▽なかなか決定機が生まれない中、エバートンは78分にボックス手前のベシッチが相手のクリアボールをダイレクトボレーで叩いてゴールを強襲。しかし、この強烈なシュートは素晴らしい反応を見せたGKロリスに触られ、バーに直撃する。

▽結局、試合はそのまま1-1で終了。エバートンは3-4で敗れた前節のストーク・シティ戦に続いてホームで勝てず、一方のトッテナムは連勝が3でストップした。

コメント

関連ニュース

thumb

移籍希望を認めるルカク「タイトルを獲りたい」

エバートンFWロメル・ルカク(23)が、移籍の意思を明らかにした。イギリス『デイリー・スター』が同選手のコメントを伝えている。<br><br>ルカクに対しては、古巣のチェルシーが獲得に動いている様子だ。選手本人は以前、その可能性を否定せず、「僕の中では決まっている」と話していたところである。<br><br>『デイリー・スター』に対して、ベルギー代表FWがこのように話した。<br><br>「僕は良い選択をしなければいけない。エバートンには新しい投資家がいる。僕はその話を聞かなければいけない。礼儀という意味でね。でも、自分の考えが頭にある。タイトルを獲りたいんだ。僕は良いシーズンを過ごした。だが、僕は自分の履歴書を書かなければいけないね」<br><br>ルカクは2015&minus;16シーズンのプレミアリーグで18得点を記録。チームは苦しみ11位でシーズンを終えたが、エースの存在感は際立っていた。<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.26 16:58 Thu
twitterfacebook
thumb

来季の巻き返しを目指すエバートンがGKジョー・ハート獲得に向けてオファー準備

▽来シーズンの巻き返しを目指すエバートンが、マンチェスター・シティのイングランド代表GKジョー・ハート(29)獲得に向けてオファーを準備しているようだ。イギリス『ザ・サン』が報じている。 ▽ロベルト・マルティネス政権3年目を迎えた今シーズンのエバートンだったが、プレミアリーグを11位で終えたことで来シーズンの欧州カップ戦出場権を手にすることはできなかった。シーズン途中の5月13日にはマルティネス監督を解任し、デイビッド・アンズワース氏が暫定監督を務めた。 ▽新監督候補には、アヤックスを退団したフランク・デ・ブール氏や、今シーズン限りでマンチェスター・シティの指揮官を退任するマヌエル・ペジェグリーニ監督らが候補として挙げられている。 ▽新シーズンに向けた巻き返しを図る中、『ザ・サン』によるとエバートンの筆頭株主となったファルハド・モシリ氏が、ジョー・ハートの獲得に向けてオファーを準備しているようだ。同メディアは、モリシ氏がジョー・ハート獲得に向けて4000万ポンド(約63億5300万円)を準備していると報道。さらに選手に対しては週給20万ポンド(約3200万円)を提示するようだ。 ▽エバートンではアメリカ代表GKティム・ハワードが守護神を務め、今シーズンのプレミアリーグでは25試合に出場した。しかし同選手は、今シーズン限りで退団することを発表しており、新GK獲得が急務となっている。果たしてエバートンはシティの守護神を引き抜くことができるのだろうか。 2016.05.24 16:52 Tue
twitterfacebook
thumb

エバートン、EL3連覇のエメリを狙う 今週会談か

エバートンがヨーロッパリーグ(EL)3連覇の名将を狙うという。イギリス『テレグラフ』は、クラブが今週、セビージャのウナイ・エメリ監督と会談すると報じた。<br><br>22日のコパ・デル・レイ決勝では延長戦の末にバルセロナに敗れたエメリ監督だが、EL3連覇という偉業を成し遂げ、その評価は高まるばかりだ。<br><br>一方、今季のプレミアリーグを11位で終え、ロベルト・マルティネス前監督を解任したエバートンは、新監督を探しているところ。『テレグラフ』は「ファーストチョイスかどうかは分からない」としつつ、エバートンが72時間以内にエメリ監督に会うと報じた。<br><br>『テレグラフ』によると、エバートンの上層部はエメリ監督を評価しているという。そのほか、新指揮官候補にはサウサンプトンのロナルド・クーマン監督や、アヤックスを退団したフランク・デ・ブール氏が挙がっている。<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.23 14:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ルカク、チェルシー復帰も否定せず 「僕の中では去就は決まっている」

エバートンFWロメル・ルカクは、すでに去就に関する決断を下しているという。古巣チェルシー復帰の可能性も排除はしなかった。イギリス『デイリー・メール』が報じている。<br><br>ルカクはチャンピオンズリーグ(CL)出場のためにビッグクラブへ移籍する可能性が騒がれている。父親は先日、ユーロ2016が開幕するまでに去就が決まるとの見解を示した。<br><br>『デイリー・メール』は、マンチェスター・ユナイテッドパリ・サンジェルマン、ユベントス、バイエルンとともに、古巣チェルシー復帰の可能性も高まっていると報じた。そのルカクはベルギーメディアで次のように述べている。<br><br>「僕の心の中では、将来についてすでに決断を下している。どうなるかは様子をみよう。チェルシー復帰? 様子をみよう。僕は自分の中だけにとどめておく。イングランドが僕に完璧にフィットしているのは事実だ。でも、ほかにも美しいクラブはたくさんある」<br><br>「最近のエバートンは厳しかった。FWだから、チームメートたちのパフォーマンスによるところもあるけど、僕はハードワークを続けてきた。ユーロ開幕に向けて精神的な準備はかなりできている」<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.22 13:59 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドとラツィオがフネス・モリ争奪戦か

▽マンチェスター・ユナイテッドとラツィオがエバートンのアルゼンチン代表DFラミロ・フネス・モリ(25)の争奪戦を繰り広げることになりそうだ。イタリア『La Lazio Siamo Noi』が報じている。 ▽報道によれば、ラツィオはセンターバックの補強のためにフネス・モリに接近。しかし、1500万ユーロ(約18億6000万円)と評価される同選手に関しては、マンチェスター・ユナイテッドも興味を示しているという。資金力に差があるレッド・デビルズとの争奪戦となれば、ラツィオが不利になることは明らかだ。 ▽昨年の夏にエバートン入りしたフネス・モリは今シーズン、リーグ戦28試合に出場して4ゴールを記録。チームは11位フィニッシュと低調なシーズンを過ごしており、フネス・モリ自身は移籍を考慮しているという。 2016.05.21 03:04 Sat
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース