好勝負のエバートンvsスパーズは1-1のドロー《プレミアリーグ》2016.01.04 02:56 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽プレミアリーグ第20節、エバートンvsトッテナムが3日にグディソン・パークで行われ、1-1で終了した。

▽前節終了時点で11位のエバートン(勝ち点26)が、同4位のトッテナム(勝ち点35)をホームに迎えた一戦。今季15ゴールのルカクと、11ゴールのケインという好調エース対決にも注目が集まった試合は、9分にトッテナムが決定的なシーンを演出する。ボックス右手前からケインが右足を振ると、鋭いミドルシュートが左ポストに直撃した。

▽前半の半ばにかけてもトッテナムが押し気味に試合を進めたが、先制したのはワンチャンスを生かしたホームチームだった。22分、ボックス内のルカクがクレバリーからのフィードを頭で落とすと、このボールをボックス右のレノンがボレー。見事なシュートがゴール左隅に吸い込まれ、レノンが古巣相手に決めたエバートンがリードする。

▽攻勢に出ながらもビハインドを背負ったトッテナムは、気落ちすることなく前に出る。しかし、30分にCKからペナルティアーク手前のベン・デイビスが放った強烈なミドルシュートは、バーに直撃。2度にわたって枠に阻まれる。

▽それでも、前半アディショナルタイムにはトッテナムが追いつく。アルデルヴァイレルトが入れた高精度のロングフィードをボックス内のデル・アリが胸トラップし、そのままボレー。これが決まり、トッテナムが1-1としてハーフタイムを迎えた。

▽迎えた後半は、白熱した一進一退の攻防が繰り広げられる。トッテナムはソン・フンミン、一方のエバートンはデウロフェウと、アクセントを付けることができるアタッカーを投入。両者共に勝ち点3を目指す。

▽なかなか決定機が生まれない中、エバートンは78分にボックス手前のベシッチが相手のクリアボールをダイレクトボレーで叩いてゴールを強襲。しかし、この強烈なシュートは素晴らしい反応を見せたGKロリスに触られ、バーに直撃する。

▽結局、試合はそのまま1-1で終了。エバートンは3-4で敗れた前節のストーク・シティ戦に続いてホームで勝てず、一方のトッテナムは連勝が3でストップした。

コメント

関連ニュース

thumb

ヴィツェルはエバートンへ! 35億円でクラブ間合意

▽エバートンが、ゼニトのベルギー代表MFアクセル・ヴィツェル(27)獲得レースを制したようだ。著名なイタリア人移籍専門記者のジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が、自身の公式サイトでエバートンとゼニトのクラブ間合意を報じている。 ▽今夏のゼニト退団を希望するヴィツェルには、既に交渉が決裂したといわれるナポリを始め、インテルやユベントス、チェルシーなどが関心を示しているといわれる。だが、熾烈な獲得レースを制したのは、ロナルド・クーマン新監督が獲得を熱望するエバートンになったようだ。 ▽ディ・マルツィオ氏の伝えるところによれば、エバートンは2500万ユーロ(約29億円)を希望しているゼニト対して、3000万ユーロ(約35億円)の巨額オファーを掲示し、これが難なく受け入れられたという。また、現在休暇中のヴィツェルからも色好い返事を受け取っているようだ。 ▽今回のヴィツェル獲得が実現した場合、レスター・シティから引き抜いたスティーブ・ウォルシュTD(テクニカル・ディレクター)とクーマン監督の下での最初の補強となる。 2016.07.24 15:08 Sun
twitterfacebook
thumb

再獲得が噂のチェルシーに高い壁…ルカクに必要な移籍金は105億円か

▽エバートンは、ベルギー代表FWロメル・ルカク(23)の移籍金を7500万ポンド(約105億2000万円)に設定しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 ▽ルカクに関しては、古巣のチェルシーが6000万ユーロ(約5000万ポンド=約71億円)のオファーを準備していると、先日にジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が主張。しかし、『メール』によれば、エースストライカーをとどめたいエバートンは、7500万ポンドを求める構えのようだ。 ▽チェルシーのストライカー補強に関しては、ルカクのほかにもスペイン代表FWアルバロ・モラタやウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが噂されている。しかし、モラタはレアル・マドリーに6300万ポンド(約88億3000万円)のオファーを拒否され、そしてカバーニに関してはパリ・サンジェルマンから8000万ユーロ(約93億3000万円)を要求されたと報道されるなど、いずれも高額な移籍金に悩まされている模様だ。 2016.07.22 16:31 Fri
twitterfacebook
thumb

“レスター敏腕スカウト”のウォルシュ氏、エバートンFDに就任

▽エバートンは21日、レスター・シティのスカウトを担当し、アシスタントコーチを務めていたスティーブ・ウォルシュ氏(51)をフットボール・ディレクター(FD)に任命したことを発表した。 ▽ウォルシュ氏は昨季のプレミアリーグ年間最優秀選手に選ばれたアルジェリア代表MFリヤド・マフレズや、先日チェルシーへの移籍が決まったフランス代表MFエンゴロ・カンテらを発掘した人物で、レスターの奇跡の優勝の立役者の一人とされている。 ▽今年5月にレスターとの契約を延長したばかりのウォルシュ氏だったが、家族により近い場所ということでエバートンへの移籍を決断したとのことだ。そのウォルシュ氏はエバートンFD就任について以下のように語っている。 「エバートンは歴史のある素晴らしいクラブだ。そんなクラブのFDに就任でき、誇りに思っている。新しい監督の下、チームは新たな時代を築こうとしている気がする。刺激的だね。それにエバートンは私のルーツに近い場所だ。兄のミッキーはエバートンの選手だったし、その事実を私は誇りに思っていたことだよ」 2016.07.22 02:14 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシー、ルカク再獲得へ71億オファーか

▽チェルシーが、エバートンに所属するベルギー代表FWロメル・ルカク(23)の獲得に動こうとしているようだ。移籍市場に精通するジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が主張している。 ▽アンデルレヒト時代に頭角を現したルカクは、2011年の夏にチェルシーへ移籍。しかし、ポジションを確保することができず、WBAやエバートンにレンタル移籍した。2014年の夏には、エバートンへの完全移籍が決定。その後、過去2シーズンで公式戦94試合45ゴールを記録するなど、プレミアリーグ屈指のストライカーに成長した。 ▽ディ・マルツィオ氏によれば、チェルシーは6000万ユーロ(約71億円)のオファーを準備。仮にルカクの獲得が決まれば、FWジエゴ・コスタの去就にも影響するとみられている。 ▽なお、チェルシーは今夏、ルカクとベルギー代表でチームメートであるFWミッチー・バチュアイ(22)を4000万ユーロと伝えられる移籍金でマルセイユから獲得している。 2016.07.21 16:11 Thu
twitterfacebook
thumb

レスター、「優勝の立役者」の流出続く マフレズやカンテを見出したスカウトがエバートンへ

レスター・シティのスカウトを担当するスティーブ・ウォルシュ氏が、エバートンへの移籍に近づいているようだ。イギリス『BBC』や『スカイ・スポーツ』が報じている。<br><br>ウォルシュ氏は昨季の年間最優秀選手に選ばれたMFリヤド・マフレズや、先日チェルシーへの移籍が決まったMFエンゴロ・カンテを発掘した人物で、レスターの奇跡の優勝の立役者の一人とされている。<br><br>今年5月にレスターとの契約を延長したばかりのウォルシュ氏だが、『スカイ・スポーツ』によると、家族により近い場所を望んでおり、エバートンに移籍するという。両クラブは大筋合意に達しているとのことだ。<br><br>プレミアリーグ王者として新シーズンはチャンピオンズリーグにも出場するレスターだが、カンテに続いて「立役者の一人」を失うことになりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.20 14:58 Wed
twitterfacebook


ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース