好勝負のエバートンvsスパーズは1-1のドロー《プレミアリーグ》2016.01.04 02:56 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽プレミアリーグ第20節、エバートンvsトッテナムが3日にグディソン・パークで行われ、1-1で終了した。

▽前節終了時点で11位のエバートン(勝ち点26)が、同4位のトッテナム(勝ち点35)をホームに迎えた一戦。今季15ゴールのルカクと、11ゴールのケインという好調エース対決にも注目が集まった試合は、9分にトッテナムが決定的なシーンを演出する。ボックス右手前からケインが右足を振ると、鋭いミドルシュートが左ポストに直撃した。

▽前半の半ばにかけてもトッテナムが押し気味に試合を進めたが、先制したのはワンチャンスを生かしたホームチームだった。22分、ボックス内のルカクがクレバリーからのフィードを頭で落とすと、このボールをボックス右のレノンがボレー。見事なシュートがゴール左隅に吸い込まれ、レノンが古巣相手に決めたエバートンがリードする。

▽攻勢に出ながらもビハインドを背負ったトッテナムは、気落ちすることなく前に出る。しかし、30分にCKからペナルティアーク手前のベン・デイビスが放った強烈なミドルシュートは、バーに直撃。2度にわたって枠に阻まれる。

▽それでも、前半アディショナルタイムにはトッテナムが追いつく。アルデルヴァイレルトが入れた高精度のロングフィードをボックス内のデル・アリが胸トラップし、そのままボレー。これが決まり、トッテナムが1-1としてハーフタイムを迎えた。

▽迎えた後半は、白熱した一進一退の攻防が繰り広げられる。トッテナムはソン・フンミン、一方のエバートンはデウロフェウと、アクセントを付けることができるアタッカーを投入。両者共に勝ち点3を目指す。

▽なかなか決定機が生まれない中、エバートンは78分にボックス手前のベシッチが相手のクリアボールをダイレクトボレーで叩いてゴールを強襲。しかし、この強烈なシュートは素晴らしい反応を見せたGKロリスに触られ、バーに直撃する。

▽結局、試合はそのまま1-1で終了。エバートンは3-4で敗れた前節のストーク・シティ戦に続いてホームで勝てず、一方のトッテナムは連勝が3でストップした。

コメント

関連ニュース

thumb

エバートンがシティ相手に4発圧勝! 大敗シティはCL出場圏外の5位転落…《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第21節のエバートンvsマンチェスター・シティが15日にグディソン・パークで行われ、ホームのエバートンが4-0で圧勝した。 ▽2016年最終戦となったリバプール戦で敗戦を喫したものの、2017年は公式戦2連勝スタートの4位シティ。迎えた今節は、7位エバートンとのアウェイゲームに臨んだ。引き続きフェルナンジーニョを出場停止で欠くチームは、ヤヤ・トゥーレとサバレタを中盤の底で起用。前線には2列目にスターリング、シルバ、デ・ブライネ、1トップにアグエロとレギュラー4人が揃った。また、この一戦でベンチ入りが期待されたガブリエウ・ジェズスは招集外となった。 ▽立ち上がりから主導権争いが続く中、開始10分にエバートンに最初の決定機。ボックス付近でクサビを受けたルカクのスルーパスに抜け出した右サイドのコールマンからの折り返しを、ゴール前でドフリーのミララスが押し込むが、ここはコールマンがオフサイドを取られる。直後の12分にはアグエロのスルーパスに抜け出した左サイドのデ・ブライネの折り返しを受けたスターリングがボックス内でDFと交錯するが、ここはノーファウルの判定となった。 ▽その後は攻守が目まぐるしく入れ替わる展開の中でアウェイのシティがやや優勢に試合を運んでいくが、集中したエバートンの守備を崩し切れない。すると、立ち上がりから鋭いカウンターを仕掛けていたエバートンが、相手のミスから先制点を奪う。34分、クリシの縦パスをカットしたトム・デイビスのスルーパスに抜け出したミララスがボックス右で折り返すと、これをゴール前のルカクがワンタッチシュートで流し込んだ。 ▽厳しい先制点を献上したシティは、失点直後の36分に左サイドに抜け出したデ・ブライネの丁寧な折り返しにアグエロが飛び込むが、わずかに届かない。さらに37分にはスターリングがミドルシュートを狙うが、枠の左に外れた。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半、エバートンが早々に追加点を挙げる。47分、高い位置でのプレッシャーからボックス手前でクリアボールを奪ったバークリーのスルーパスに抜け出したミララスがボックス右から右足のシュートをファーポストに流し込んだ。 ▽まずい入りから痛恨の2失点目を喫したシティはリスクを冒して前に出るが、80パーセント近いボール支配率とは裏腹にアタッキングサードで決定的な場面を作れない。この状況を受けて、グアルディオラ監督は62分にサバレタを下げて、イヘアナチョを投入。攻撃的な[4-2-4]の布陣でゴールを目指す。 ▽一方、守勢が続くエバートンは65分、ミララスを下げて今冬にマンチェスター・ユナイテッドから獲得したシュナイデルランをデビューさせる。さらに、疲れの見えた古巣対戦のバリーを下げてマッカーシーを投入。一連の選手交代でベインズを最終ラインに下げた[4-4-2]に布陣を変更した。 ▽流動的な前線の動きを生かしてアグエロらにシュートチャンスが訪れるも、ゴールが遠いシティは、79分に痛恨の3失点目を許す。相手陣内でのボールロストからトム・デイビスに独走を許すと、最後はバークリーのスルーパスに抜け出したデイビスにチップキックを流し込まれ、プレミア初ゴールを奪われた。 ▽最後まで良いところのないシティは、試合終了間際にも緩慢な対応から今冬にチャールトンからエバートンに加入した19歳FWルックマンにデビュー戦ゴールを献上し、敵地で0-4の大敗。低調な内容で新年初黒星を喫したチームは、チャンピオンズリーグ出場圏外の5位に転落した。一方、圧巻のパフォーマンスでシティを粉砕したエバートンは、直近のリーグ戦3勝1分けと好調を継続している。 2017.01.16 00:32 Mon
twitterfacebook
thumb

エバートン加入のシュナイデルラン、モウリーニョに怒りはなし…昨年の加入は難しかったと告白

エバートンに加入したフランス代表MFモルガン・シュナイデルランは、ジョゼ・モウリーニョ監督に恨みはないという。<br><br>シュナイデルランは12日、マンチェスター・ユナイテッドからエバートンへ2400万ポンドで移籍。出場機会をほとんど得られなかったことが移籍を決断した要因の一つだが、自身にチャンスを与えなかったモウリーニョに怒りはないと語っている。<br><br>「ジョゼに怒りはないよ。彼は僕にとって良い存在だった。僕らは互いに説明していたし、彼の決断を僕は受け入れていた。僕は前に進まなければならなかったし、『1年間ベンチに座っているわけにいかない』と話し、移籍するという僕の決断を彼は受け入れてくれた」<br><br>また、昨シーズンからマンチェスター・Uでプレーしていたシュナイデルランは難しい時期にチームへ加わったことも認めている。<br><br>「大きな野望を持ち、クラブのためにベストを尽くしたかったが、マンチェスター・Uの歴史上でベストな時に加わったとは思っていない。昨年は常に良いフットボールができているわけではなかったし、魅力的ではなく、チームの周りに批判があったことも事実だ。僕の観点では試合を楽しめていなかったし、予想していたようなものにはならなかった。フットボールと恋には落ちなかったんだよ。幸福は人生において最も重要なことで、ここでまた見つけることができるかもしれない」<br><br>エバートンは15日、マンチェスター・シティと対戦する。シュナイデルランのデビュー戦は古巣のライバルチームとなりそうだ。<br><br>提供:goal.com 2017.01.14 17:35 Sat
twitterfacebook
thumb

最下位ハル・シティがエバートンのセネガル代表FWとポルトのブラジル人MFを獲得

▽ハル・シティは13日、エバートンのセネガル代表FWバイェ・オウマル・ニアッセ(26)を半年間のレンタル移籍で、ポルトのブラジル人MFエヴァンドロ(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。エヴァンドロの移籍金は発表されていないが、契約期間は2019年6月30日までの2年半となっている。 ▽ストライカーのニアッセは2016年1月にロコモティフ・モスクワからエバートンに加入。しかし、ロナルド・クーマン監督の構想に入れず、今季の公式戦出場はなかった。 ▽一方、攻撃的MFのエヴァンドロは2014年夏にエストリルからポルトに加入。公式戦52試合に出場して6ゴールをマークしていた。ハル・シティのマルコ・シウバ監督とはエストリル時代に師弟関係にあった。 ▽プレミアリーグで最下位に沈むハル・シティは、残留圏内の17位クリスタル・パレスとは3ポイント差となっている。 2017.01.13 23:14 Fri
twitterfacebook
thumb

シュナイデルラン獲得のエバートン、クレバリーをワトフォードに放出…買取OP付きの今季終了までのレンタル

▽ワトフォードは12日、エバートンに所属する元イングランド代表MFトム・クレバリー(27)を買取オプション付きの今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽マンチェスター・ユナイテッドのアカデミーで育ったクレバリーは、2012年8月にイングランド代表デビュー。2015年夏に完全移籍でエバートン入りした。 ▽加入初年度の2015-16シーズンには、公式戦30試合に出場して2ゴール6アシストを記録。今シーズンは公式戦12試合1アシストをマークしていた。 ▽ロナルド・クーマン監督率いるエバートンは同日、ユナイテッドからフランス代表MFモルガン・シュナイデルラン(27)を完全移籍で獲得したことを発表している。 2017.01.13 08:15 Fri
twitterfacebook
thumb

エバートンがシュナイデルラン獲得を発表! 4年半の契約にサイン

▽エバートンは12日、マンチェスター・ユナイテッドからフランス代表MFモルガン・シュナイデルラン(27)を完全移籍で獲得した。契約期間は2021年6月30日までの4年半で移籍金は2400万ポンド(約33億4000万円) と発表している。 ▽シュナイデルランは、2015年7月にサウサンプトンからユナイテッドに加入。ルイス・ファン・ハール前監督の下、加入初年度はリーグ戦29試合に出場するなど主力としてプレー。しかし、ジョゼ・モウリーニョ新監督が就任した今シーズンは、ここまでリーグ戦3試合の出場に留まっていた。 ▽エバートンへの加入が決まったシュナイデルランはクラブ公式サイトで喜びのコメントを残している。 「エバートンは歴史あるビッグクラブだ。僕はエバートンのスタジアムの雰囲気が好きで、いつもプレーするのが楽しみだったんだ。この素晴らしいクラブの代表としてプレーすることが、今から待ち切れないよ」 「そして、ここには僕を知っている監督がいる。ロナルド・クーマンは僕のベストを引き出してくれるんだ。僕はクーマン監督のスタイルを理解し、彼のスタイルととても相性がいいんだ」 2017.01.13 04:15 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース