好勝負のエバートンvsスパーズは1-1のドロー《プレミアリーグ》2016.01.04 02:56 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽プレミアリーグ第20節、エバートンvsトッテナムが3日にグディソン・パークで行われ、1-1で終了した。

▽前節終了時点で11位のエバートン(勝ち点26)が、同4位のトッテナム(勝ち点35)をホームに迎えた一戦。今季15ゴールのルカクと、11ゴールのケインという好調エース対決にも注目が集まった試合は、9分にトッテナムが決定的なシーンを演出する。ボックス右手前からケインが右足を振ると、鋭いミドルシュートが左ポストに直撃した。

▽前半の半ばにかけてもトッテナムが押し気味に試合を進めたが、先制したのはワンチャンスを生かしたホームチームだった。22分、ボックス内のルカクがクレバリーからのフィードを頭で落とすと、このボールをボックス右のレノンがボレー。見事なシュートがゴール左隅に吸い込まれ、レノンが古巣相手に決めたエバートンがリードする。

▽攻勢に出ながらもビハインドを背負ったトッテナムは、気落ちすることなく前に出る。しかし、30分にCKからペナルティアーク手前のベン・デイビスが放った強烈なミドルシュートは、バーに直撃。2度にわたって枠に阻まれる。

▽それでも、前半アディショナルタイムにはトッテナムが追いつく。アルデルヴァイレルトが入れた高精度のロングフィードをボックス内のデル・アリが胸トラップし、そのままボレー。これが決まり、トッテナムが1-1としてハーフタイムを迎えた。

▽迎えた後半は、白熱した一進一退の攻防が繰り広げられる。トッテナムはソン・フンミン、一方のエバートンはデウロフェウと、アクセントを付けることができるアタッカーを投入。両者共に勝ち点3を目指す。

▽なかなか決定機が生まれない中、エバートンは78分にボックス手前のベシッチが相手のクリアボールをダイレクトボレーで叩いてゴールを強襲。しかし、この強烈なシュートは素晴らしい反応を見せたGKロリスに触られ、バーに直撃する。

▽結局、試合はそのまま1-1で終了。エバートンは3-4で敗れた前節のストーク・シティ戦に続いてホームで勝てず、一方のトッテナムは連勝が3でストップした。

コメント

関連ニュース

thumb

ルカク、今夏にプレミアのライバル加入の可能性があった「クラブに説得された」

エバートンに所属するベルギー代表FWロメル・ルカクは今夏、同じプレミアリーグのビッグクラブに移籍する可能性があったことを明かしている。ベルギー『Sport/Voetbalmagazine』が報じた。<br><br>2014年にエバートンへ加入して以来、ゴールを量産し続けるルカク。今夏もユヴェントスなどビッグクラブ行きがうわさされたが、結局は残留を決断し、今シーズンもエバートンのエースとして活躍している。そんなルカクはユヴェントス以外にもプレミアリーグのクラブが自身の獲得を狙っていたと明かした。<br><br>「嘘をつくつもりはない。イングランドのあるクラブが僕の獲得を真剣に考えていた。しかし、エバートンのスタッフから『君を出て行かせるつもりはない』と言われ、納得したんだ」<br><br>さらに、海外移籍にも前向きな姿勢を見せるルカクは「セリエAやリーガ、リーグ・アンやブンデスリーガにも&ldquo;ノー&rdquo;と言うつもりはないよ。まず大事なのは僕を信頼してくれる監督がいることだ」と語った。<br><br>続けて「欲しいのはタイトルだ。タイトルを勝ち取るために戦うよ」と話している。<br><br>提供:goal.com 2016.12.10 10:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ボラシー負傷離脱を嘆くエバートン指揮官「良いオプションとなる選手を探している」

▽エバートンを率いるロナルド・クーマン監督は、同クラブ所属のDRコンゴ代表MFヤニク・ボラシーの負傷離脱を嘆き、代役確保に動く可能性をほのめかした。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽今夏にクリスタル・パレスからエバートンに加入したボラシー。今シーズンはここまでリーグ戦14試合に出場し、1ゴール4アシストとチームに貢献していた。しかし、4日に行われたプレミアリーグ第14節のマンチェスター・ユナイテッド戦で右ヒザの前十字じん帯を痛めて負傷交代。その後、クラブによって、数日中に手術を受けることが明らかにされている。 ▽10日に行われる第15節ワトフォード戦に向けた前日会見に出席クーマン監督は、負傷のボラシーについて言及。1月の移籍市場で新たなオプションとなり得る選手の獲得を示唆した。 「おそらく、あまりプレーチャンスがなかった他の選手は出場機会が増えるだろう。我々は、チーム内に競争が必要だということを知っている」 「試合の多い月では、厚い選手層が必要だ。そして、我々は良い状態の選手であれば、誰でも必要とする」 「しかし、私たちは良いオプションとなる選手を探している。そしてヤニクの長期離脱が決まった今、少なからずもその必要性が増しているだろう」 2016.12.09 09:42 Fri
twitterfacebook
thumb

エバートンがボラシエの右ヒザ手術を発表…ユナイテッド戦で負傷

▽エバートンは5日、DRコンゴ代表MFヤニク・ボラシエが右ヒザの前十字じん帯損傷で数日中に手術を受けることを発表した。 ▽ボラシエは、4日に行われたプレミアリーグ第14節のマンチェスター・ユナイテッド戦に先発。しかし、68分に負傷交代を余儀なくされていた。 ▽今夏、クリスタル・パレスからエバートン入りしたボラシエ。今シーズンのここまでプレミアリーグ14試合に出場し、1ゴール4アシストを記録している。 2016.12.06 09:05 Tue
twitterfacebook
thumb

イブラ公式戦3連発もフェライーニ背信のユナイテッドが土壇場被弾で逃げ切り失敗…リーグ戦3試合連続ドロー《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第14節のエバートンvsマンチェスター・ユナイテッドが4日にグディソン・パークで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内のトップ4浮上を窺う7位のエバートン(勝ち点19)と、6位のユナイテッド(勝ち点20)が対峙した一戦。ここ3試合勝利のないホームのエバートンは、バークリーやデウロフェウをベンチに置くなど、やや守備的な布陣で臨んだ。一方、リーグ戦2試合連続ドローも直近のEFLカップでウェストハムに快勝し、準決勝進出を決めたユナイテッドは、累積警告で出場停止のルーニー、ショーに代わってポグバ、ダルミアンを起用した以外、そのハマーズ戦と同じメンバーを起用した。 ▽立ち上がりから一進一退の攻防が繰り広げられた中、カウンターの鋭さで優るエバートンが右サイドのボラシエを起点に幾つか際どいシュートを見せるが、中との連係の問題やDFフィル・ジョーンズの好守に阻まれ、先制点には繫がらない。 ▽一方、ポグバとイブラヒモビッチのキープ力を生かしつつ、好調なムヒタリャンの仕掛けを起点にチャンスを窺うユナイテッドは、その3人の絡みから決定機に近づくが、エバートンの集中した守備を崩し切れない。それでも、ゴールレスで迎えた前半終盤に相手のミスから先制点を奪う。 ▽42分、マルシャルからの浮き球パスに反応したイブラヒモビッチがDFを引き連れながらボックス付近に走り込むと、不用意に飛び出したGKステケレンブルフのポジションを見極めた元スウェーデン代表FWはロングループシュートを選択。このシュートはクロスバーとポストを続けて叩くが、相手DFがかき出す前にゴールラインを割った。 ▽ユナイテッドの1点リードで折り返した後半、先に決定機を作ったのはホームのエバートン。53分、ボックス右に抜け出したミララスが右足を強振するが、ゴール至近距離から放たれたシュートはGKデ・ヘアのビッグセーブに阻まれる。 ▽守護神の好守で失点を免れたユナイテッドは、60分付近に続けて決定機。まずはボックス右でポグバからパスを受けたムヒタリャンがカットインから左足のシュートも、これはDFのブロックに遭う。直後にはカウンターから右サイドでキャリックが上げたクロスのこぼれに反応したエレーラがシュートも、今度はクロスバーに阻まれた。 ▽ホームで負けられないエバートンは、65分に古巣対戦のクレバリーを下げてデウロフェウを投入。だが、直後にコールマン、ボラシエが続けて負傷し、ホルゲイト、エネル・バレンシアの緊急投入を余儀なくされ、20分を残して3枚の交代カードを切ることになった。 ▽それでも、諦めずに攻め続けるエバートンは、75分にグイエがミドルシュート、77分にはボックス内でのホルゲイトのシュートでゴールに迫るが、いずれもGKデ・ヘアの好守に遭う。さらに81分にもE・バレンシアに決定機も、ユナイテッドの守護神が立ちはだかる。 ▽逃げ切りを図るモウリーニョ監督は、83分にマルシャルを下げてラッシュフォード、85分にはムヒタリャンを下げてフェライーニを投入する。だが、この交代策が完全に裏目に出て、痛恨の同点ゴールを献上してしまう。88分、古巣対戦のフェライーニがボックス内でグイエを倒し、PKを与える。キッカーのベインズのシュートはGKデ・ヘアが読んでいたものの、ボールはゴール左隅に突き刺さった。 ▽これで完全に流れを相手に渡したユナイテッドは、後半アディショナルタイムに劣勢を強いられるが、何とか逆転ゴールは許さず、試合は1-1でタイムアップ。イブラヒモビッチが公式戦3試合連続ゴールも逃げ切りに失敗したユナイテッドは、厳しいリーグ戦3試合連続ドローとなった。 2016.12.05 03:07 Mon
twitterfacebook
thumb

ルカクは「クライファート2世」?クーマンが元バルセロナFWとの類似点を語る

エバートンを率いるロナルド・クーマン監督は、FWロメル・ルカクを元オランダ代表のあのストライカーになぞらえている。<br><br>現役時代にバルセロナで活躍し、同クラブに初のUEFAチャンピンズカップ(現チャンピオンズリーグ)奪冠をもたらしたクーマン監督。同様にバルセロナで一時代を築いたストライカー、パトリック・クライファートを引き合いに出し、ルカクを評価している。<br><br>クーマン監督は『HLM』で「ルカクには途轍もないFWになるポテンシャルがある。彼はまだ23歳。日々成長を続けている」と語っている。また、「彼のフィニッシュは素晴らしい。私の選手時代、監督時代を通じて彼はベストFWの一人だ。特筆すべきは、決定機の判断力。ただ、守備面ではまだ課題がある」と指摘し、このように続けた。<br><br>「ルカクはクライファートのようになれる。彼も早くから頭角を現し、素晴らしいキャリアを送った選手だ。最終的にバルセロナにたどり着いたが、ルカクも同じような道をたどれるはずだ」<br><br>「エバートンがルカクの最後のクラブになってはいけない。彼にはもっと大きなクラブでプレーするだけの力が秘められている。ここでは、そのすべてを使い切れない。我々の関係は非常に良いよ。しかし、今シーズン終了時に何が起こるかは誰にも分からない」<br><br>提供:goal.com 2016.11.11 08:55 Fri
twitterfacebook
Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース