好勝負のエバートンvsスパーズは1-1のドロー《プレミアリーグ》2016.01.04 02:56 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽プレミアリーグ第20節、エバートンvsトッテナムが3日にグディソン・パークで行われ、1-1で終了した。

▽前節終了時点で11位のエバートン(勝ち点26)が、同4位のトッテナム(勝ち点35)をホームに迎えた一戦。今季15ゴールのルカクと、11ゴールのケインという好調エース対決にも注目が集まった試合は、9分にトッテナムが決定的なシーンを演出する。ボックス右手前からケインが右足を振ると、鋭いミドルシュートが左ポストに直撃した。

▽前半の半ばにかけてもトッテナムが押し気味に試合を進めたが、先制したのはワンチャンスを生かしたホームチームだった。22分、ボックス内のルカクがクレバリーからのフィードを頭で落とすと、このボールをボックス右のレノンがボレー。見事なシュートがゴール左隅に吸い込まれ、レノンが古巣相手に決めたエバートンがリードする。

▽攻勢に出ながらもビハインドを背負ったトッテナムは、気落ちすることなく前に出る。しかし、30分にCKからペナルティアーク手前のベン・デイビスが放った強烈なミドルシュートは、バーに直撃。2度にわたって枠に阻まれる。

▽それでも、前半アディショナルタイムにはトッテナムが追いつく。アルデルヴァイレルトが入れた高精度のロングフィードをボックス内のデル・アリが胸トラップし、そのままボレー。これが決まり、トッテナムが1-1としてハーフタイムを迎えた。

▽迎えた後半は、白熱した一進一退の攻防が繰り広げられる。トッテナムはソン・フンミン、一方のエバートンはデウロフェウと、アクセントを付けることができるアタッカーを投入。両者共に勝ち点3を目指す。

▽なかなか決定機が生まれない中、エバートンは78分にボックス手前のベシッチが相手のクリアボールをダイレクトボレーで叩いてゴールを強襲。しかし、この強烈なシュートは素晴らしい反応を見せたGKロリスに触られ、バーに直撃する。

▽結局、試合はそのまま1-1で終了。エバートンは3-4で敗れた前節のストーク・シティ戦に続いてホームで勝てず、一方のトッテナムは連勝が3でストップした。

コメント

関連ニュース

thumb

クーマン、エバートンでシュナイデルランと再会?

マンチェスター・ユナイテッドMFモルガン・シュナイデルランに対し、エバートンが関心を示しているようだ。イギリス『サンデー・ミラー』が伝えた。<br><br>2015-16シーズンにふるわなかったエバートンは、サウサンプトンからロナルド・クーマン監督を引き抜いて新シーズンに向けた準備をしている。オランダ人指揮官は、昨年夏にユナイテッドへの移籍を止めることができなかったシュナイデルランと、エバートンで再会したいと考えているという。<br><br>エバートンは新監督のリクエストに応えるため、シュナイデルラン獲得に2000万ポンドを投じる準備がある。新シーズンからユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が新戦力を中盤に加えるつもりであれば、クラブは放出を検討するかもしれない。<br><br>クーマン監督率いるサウサンプトンで見事な存在感を示していたシュナイデルラン。獲得が実現すれば、エバートンにとっては大きな意味があるかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.26 10:45 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ヴァーディ代役はルカク? 個人間合意の報道も

▽アーセナルは、先日に獲得失敗を認めたレスター・シティのイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディ(29)の代役として、エバートンのベルギー代表FWロメル・ルカク(23)の獲得に近づいているようだ。イギリス『FourFourTwo』やイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などに寄稿しているイタリア人ジャーナリストのエマヌエレ・ジュリアネッティ氏が自身の『ツイッター』で主張している。 ▽今夏の移籍市場でストライカーの獲得を目指すアーセナルは、一時ヴァーディの獲得に迫るも、同選手が戦術面の問題を理由に固辞し、最終的にレスターと新契約を結び、残留の運びとなった。 ▽ヴァーディ獲得失敗を受けて、アーセナルは同選手の代役としてルカクの獲得に動いているようだ。 ▽ジュリアネッティ氏の伝えるところによれば、アーセナルとルカクは既に個人間で合意に至っており、アーセナルは保有元のエバートンに対して、公式オファーを準備しているという。 ▽なお、ルカクの去就に関しては、先日に代理人を務めるミーノ・ライオラ氏が「エバートンはもう売却益を必要としていない。ロメルはタイトル獲得を希望しているが、今のエバートンは大きく変貌を遂げた。彼らには新しいプロジェクトがあるからね」と、ルカク残留の可能性を示唆。また、エバートンはルカクの放出条件を6500万ポンド(約91億円)という法外な金額に設定しており、移籍実現は容易ではない。 ▽ただ、今回の件を報じたジュリアネッティ氏は、スイス代表MFグラニト・ジャカ(23)のアーセナル移籍に関して、いち早く報じた実績があり、ルカクのアーセナル行きの可能性は十分にあるはずだ。 2016.06.25 07:34 Sat
twitterfacebook
thumb

エバートン、期待の若手MFと契約延長 ドゥウェルが3年契約

エバートンは23日、MFキーラン・ドゥウェル(18)の契約延長を発表した。<br><br>ドゥウェルは7歳でエバートンに入団したMFで、2014年のヨーロッパリーグでトップデビューを飾っている。2015-16シーズン前半戦を負傷で棒に振ったものの、復帰後はU-21のチームでインパクトを残した。4月にはプレミアリーグデビューを飾り、着実に前進しているところだ。<br><br>契約延長を喜ぶドゥウェルは、「僕にとって大きな一日だ。とてもうれしい」と語った。<br><br>2015-16シーズンを11位という不本意な順位で終えたエバートンは、ロナルド・クーマン氏を新監督に招へいし、次のシーズンに向けた準備を始めている。<br><br>提供:goal.com 2016.06.24 09:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ルカク、セリエ移籍はなし ライオラ代理人が「イタリアのクラブには高すぎる」

エバートンFWロメル・ルカクの代理人であるミーノ・ライオラ氏が、セリエAへの移籍を否定した。ルカクを獲得するだけの資金力がないとしている。<br><br>ベルギー代表としてユーロ2016に参戦中のルカクだけに、ライオラ氏はベルギー『Sportwereld』で、大会が終わるまでは選手がユーロだけに集中していると強調した。<br><br>そのうえで、関心が報じられているユベントスへの移籍については、次のように否定している。<br><br>「ロメルにイタリアでプレーするだけのクオリティーがあるのは確かだ。だが、今のイタリアの状況からは、どのチームもロメルを獲得できないだろう。セリエAには高すぎるんだ。(ミランに)新たな中国の投資グループがやってこない限りね」<br><br>「ルカクを獲得できるのは、世界的なトップクラブだけだ。イングランドのトップクラブ、バルセロナ、レアル・マドリー、パリ・サンジェルマン、バイエルンだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.22 07:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ルカクやストーンズの残留を願うクーマン 古巣サウサンプトンからの補強は…?

エバートンの新たな指揮官に就任することが決まったロナルド・クーマン監督は、他クラブへの移籍が噂されるFWロメル・ルカクやDFジョン・ストーンズをチームに残したいという意欲を見せている。<br><br>低調なシーズンを過ごしたエバートンは、先月ロベルト・マルティネス前監督を解任。後任として、サウサンプトンを率いていたクーマン監督を招へいすることが14日に正式発表された。<br><br>タイトル挑戦やチャンピオンズリーグ出場の野心を持つルカクは、エバートンからの移籍を望んでいる様子を見せている。ストーンズに対しても国内外の強豪クラブからの関心がたびたび取りざたされてきた。だがクーマン監督は、新たに率いることになるクラブの主力を残留させたいようだ。イギリス複数メディアが同監督のコメントを伝えた。<br><br>「ロメルとまだ話はしていない。これからはエバートンのために仕事をして、何人かの選手たちと話をしていくつもりだ。ルカクは重要な選手であり点取り屋だ。チームの最高の選手たちを失いたいとは思わないのが普通だよ」<br><br>「(ストーンズは)私がプレーしていたのと同じポジションでプレーしている。彼には良いサポートができるだろう。まずは個人的に話をして、彼がどう感じているのかを聞いた上で結論を出したいと思う」<br><br>2年間率いたサウサンプトンから、自身のよく知る選手たちを引き抜く可能性もあるのだろうか。<br><br>「もっと良い選手たちや、別のポジションの選手たちが必要だと認識したとすれば、そのために動くことになるだろう。我々には予算がある」<br><br>「サウサンプトンの選手を獲得するか? それは分からない。難しいことだ。私は(サウサンプトンの)ほとんどの選手たちを気に入っているが、今はそういう戦いをしないのがおそらくベストだろう」<br><br> <br>提供:goal.com 2016.06.18 15:20 Sat
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース