リバプール、ブンデス2部からスウェーデン代表FW獲得に関心か2015.01.02 18:44 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リバプールが、1月の移籍市場でブンデスリーガ2部に所属するRBライプツィヒのスウェーデン代表FWエミル・フォルスベリ(24)獲得に関心を示しているようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。

▽前半戦終了時点でリーグ11位タイの22ゴールと得点力不足に陥っているリバプールは、1月の移籍市場で攻撃陣のスケールアップを目指している。その中でユルゲン・クロップ監督は、母国のドイツから新たな攻撃オプションを加えたいと考えているようだ。

▽現在、リバプールが獲得を狙っているのは、知将ラルフ・ラングニック監督が率いるRBライプツィヒの左ウイングのフォルスベリ。2015年冬にマルメから同クラブに加入して以降、リーグ戦31試合に出場して5ゴールを記録している同選手は、2015年のブンデスリーガ2部のプレーヤー・オブ・イヤーに選出された実力者だ。

▽そしてリバプールは、フォルスベリの獲得に向けて900万ユーロ(約11億8000万円)を準備しているようだ。

▽なお、今回の報道を受けてリバプールサポーターは、同選手の容姿が元ブラジル代表MFルーカス・レイバに似ているとSNS上で盛り上がっているとのことだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ドーピング違反疑惑のサコー、暫定出場停止処分が終了 正式処分なしでユーロ出場も可能か!?

▽ドーピング違反疑惑で長期出場停止処分を科される見込みと報じられたリバプールのフランス代表DFママドゥ・サコー(26)だが、ユーロ2016出場の可能性が急浮上している。フランス『レキップ』は28日、同日に欧州サッカー連盟(UEFA)の科した30日間の暫定的な停止処分が明けたサコーに、正式な処分が科されない可能性が出てきたと報じている。 ▽サコーは、3月17日に行われたヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント2回戦2ndレグのマンチェスター・ユナイテッド戦後のドーピング検査で陽性反応が出たとして、UEFAよりドーピング違反の疑いを指摘されていた。 <div id="ad"></div> ▽この違反行為によって、UEFAから30日間の暫定的な停止処分を科されたサコーには、その後1年~2年の長期出場停止処分が科される見込みだと報じられていた。 ▽だが、『レキップ』の伝えるところによれば、サコーの弁護団は先日、同選手が服用した脂肪燃焼薬に禁止成分が含まれていなかったと反論を行い、この申し立てがUEFAに受け入れられたようだ。 ▽現時点でこの一件に関するUEFAの公式見解が発表されていないが、最終的に追加の出場停止処分が科されない可能性が出てきている模様だ。 ▽仮に、同選手の処分見送りが決定した場合、31日に最終登録期限を迎えるユーロ2016の出場も可能になる。また、リバプールにとっても来シーズンのスタートから同選手の起用が可能となる。 2016.05.28 23:27 Sat
twitterfacebook
thumb

ポルトガル代表SBにドルトムントやリバプールがオファー クラブ副会長が明かす

フランスのロリアンでプレーするポルトガル代表DFラファエウ・ゲレイロ(22)に、ドルトムントやリバプールなど4クラブがオファーを出しているようだ。クラブ副会長が明かしている。<br><br>22歳の左サイドバックであるラファエウは、2014年にポルトガル代表にデビュー。これまで代表で5試合に出場し、ユーロ2016に向けた23名のメンバーにも招集されている。<br><br><div id="ad"></div><br>ロリアンのアレックス・ヘイズ副会長が同選手へのオファーについて明かし、『Ouest France』に次のように語ったとしてイギリスやフランスなどのメディアが伝えている。<br><br>「誰もラファエウが去ることを望んではいない。会長は特にそうだ。彼が移籍するとすれば、我々の断れないオファーを出してきたクラブがあった場合のみだ」<br><br>「現時点では、ドルトムントとリバプールを含む国外の4つの大きなクラブがオファーを出してきている。だがどれも我々を満足させるものではない。収支のために売る必要があるわけではないので、我々は焦ってはいない」<br><br><br><br>提供:goal.com 2016.05.27 16:01 Fri
twitterfacebook
thumb

ゲッツェを逃したリバプール、新ターゲットは吉田同僚か マネ獲得を狙う?

バイエルンMFマリオ・ゲッツェを逃したリバプールが、サウサンプトンに所属するセネガル代表MFサディオ・マネ(24)の獲得に向かうという。イギリス『ガーディアン』が報じた。<br><br>リバプールのユルゲン・クロップ監督は、ドルトムント時代の愛弟子ゲッツェの獲得を望んでいたとされるが、ゲッツェは先日、契約が残り1年となるバイエルンで勝負すると述べた。<br><br><div id="ad"></div><br>バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOは、選手に熟考を求めるような発言をしているが、『ガーディアン』はリバプールがマネにターゲットを変えると報じた。マネもクロップ監督が関心を寄せている選手という。<br><br>報道によると、リバプールはまだ正式にアプローチしていないとのこと。だが、クロップ監督は来季に向けて補強を望んでいるそうだ。<br><br>サウサンプトンと2018年までの契約を結び、マンチェスター・ユナイテッドやトッテナムからの関心も報じられるサネは、リバプールがゲッツェ獲得に計算していた2000万ポンド(約32億2000万円)を上回る市場価値とされる。<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.27 13:35 Fri
twitterfacebook
thumb

シュクルテル、リバプール退団の可能性は「90%」?

リバプールDFマルティン・シュクルテルが、この夏の移籍に向かっているようだ。同選手の代理人が、トルコ行きの可能性を明かしている。<br><br>2015-16シーズン途中にユルゲン・クロップ監督を迎えてから、シュクルテルは18試合出場にとどまった。スロバキア代表の同選手には、ベジクタシュが関心を示しており、交渉が続いているという。<br><br>カロル・クソント代理人が、スロバキアのテレビで次のように語った。<br><br>「ベジクタシュはマルティンに関心を持つクラブの一つだ。だが、まだ決定するような段階ではない。マルティンがリバプールを去る確率は90%くらいだろう」<br><br>シュクルテルは2008年にゼニトからリバプールに移籍していた。<br><br>提供:goal.com 2016.05.27 08:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ゲッツェの残留宣言、驚いているのはバイエルン? 「クラブの考えは知っているはずだが…」

ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェの残留宣言に驚いているのは、ほかでもない所属クラブのバイエルンだった? ドイツ『キッカー』に対して、カール=ハインツ・ルンメニゲCEOが戸惑いのコメントを残している。<br><br>ジョゼップ・グアルディオラ監督の下でレギュラーポジションを得られなかったゲッツェは、しばらく移籍の噂が続いていた。しかし週明けに「バイエルンでの新シーズンを楽しみにしている」と、残留宣言。ドルトムントやリバプールへの移籍が話題になっていたが、バイエルンでのキャリアを続けるつもりだとしている。<br><br>これは、バイエルン幹部にとっても寝耳に水だったようだ。ゲッツェの契約は2017年までとなっているが、契約延長交渉に入る気配はなかった。<br><br>ルンメニゲCEOは、ゲッツェのコメントの「位置づけは難しい」と、困惑している様子。以下のように続けた。<br><br>「マリオはすべてのことに関して、明確かつ誠実に伝えられている。彼は、クラブの考え、新監督の考えを知っているはずだ。最終的にはマリオが自分で考えることだがね」<br><br>「私も(次期監督のカルロ・)アンチェロッティも、彼と話した。マリオはバイエルンの考えを知っている。ただ単にユーロに集中したいということかもしれない。だが、マリオはコンスタントにプレーしたいのかを考えなければいけないだろう」<br><br>次のシーズンからバイエルンを率いるアンチェロッティ監督は、ゲッツェに出場機会を確約することはできないと話したと見られている。『キッカー』によると、リバプールはバイエルンに対して移籍金2500万ユーロを支払い、選手本人には現行契約を上回る額の条件を用意。取引の成立は間近だったと伝えている。<br><br>選手の急な残留宣言に、バイエルンもリバプールも面食らっているのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.26 17:28 Thu
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース