コリンチャンスがパトを再登録! ヨーロッパからのオファーはない?2015.01.02 18:18 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽1月の移籍市場でブラジル代表FWアレシャンドレ・パト(26)が、ヨーロッパ再上陸する可能性は低いようだ。イギリス『101greatgoals』は、同選手が所属元のコリンチャンスのスカッドメンバーに再登録されたと報じた。

▽今シーズン、コリンチャンスからのレンタルで加入したサンパウロでトップフォームを取り戻したパトは、マンチェスター・ユナイテッドやリバプール、チェルシー、バルセロナなど複数クラブの獲得候補に挙がっているとみられている。

▽だが、現地メディアの伝えるところによれば、ここまでヨーロッパのクラブから一向にコンタクトがない状況に業を煮やしたコリンチャンスは、パトの残留を考慮して来シーズンのスカッドメンバーに再登録を行ったようだ。

▽1月の移籍市場における注目銘柄とみられたパトだが、多くのクラブは筋肉系の負傷を繰り返してきた同選手のコンディションに懐疑的な目を向けている模様。加えて、コリンチャンスの設定する2500万ユーロ(約32億7000万円)の高額な移籍金が、彼らに二の足を踏ませているようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

バロテッリの新天地はスイス? シオン会長が関心認める

リバプールFWマリオ・バロテッリの新天地が決まるかもしれない。スイスのシオンが、同選手の獲得に興味を持っていることを認めた。<br><br>ミランへのレンタルが終わってリバプールに戻っているバロテッリは、ユルゲン・クロップ監督の構想に含まれていない。そのため今夏の移籍が決定的となっているが、買い手がいない状況が続いていた。<br><br>そこでシオンが動き出したようだ。シオンのクリスティアン・コンスタンティン会長は、「バロテッリのレンタルについて話し合っていることを認める」と『Ticinonews.ch』にコメント。「交渉は前進している。ただ、移籍が決まるかどうかはまだ言うことができない」と続けた。<br><br>イタリア国内のクラブに自身を売り込んでいるとも言われるバロテッリ。スイスで再出発ということになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.25 05:34 Thu
twitterfacebook
thumb

快勝のリバプール、クロップはS・マネを称賛「2試合だけで語るのは好きではないが…」

リバプールは23日、イングランド・リーグカップ初戦でバートン・アルビオンと対戦し、5-0で勝利した。<br><br>試合はFWダニエル・スタリッジの2ゴールなどで大量5得点の大勝となっている。しかし、チームを率いるユルゲン・クロップ監督は得点のなかったFWサディオ・マネを称賛した。イギリス『ミラー』がコメントを伝えている。<br><br>「私は本当に彼が大好きだが、2試合を見ただけで多くを語るのは好きではない。彼のクオリティーやスタイルがリバプールに合うことはわかっていた。我々が彼をここに連れてきたんだからね」<br><br>マネは今夏、サウサンプトンから3000万ポンド(約41億円)でリバプールへ加入した。バートン戦では2アシストをマークし、パス成功率は82%となっている。なお、週末リバプールはプレミアリーグ第3節でトッテナムと対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.24 19:58 Wed
twitterfacebook
thumb

バロテッリに今度こそ救いの手!? 敏腕代理人がガッビアディーニを狙うエバートンに売り込み

▽リバプールに所属する元イタリア代表FWマリオ・バロテッリ(26)に救いの手を差し伸べるクラブが現れるかもしれない。 ▽リバプールのユルゲン・クロップ監督から構想外であることが明かされたバロテッリは移籍先を探しており、これまでにベシクタシュやサッスオーロに売り込みをかけたと報じられている。しかし現時点で新たな所属先は決まっていない。 ▽『フットボール・イタリア』によると、バロテッリの代理人を務めるミノ・ライオラ氏は、新たな売り込み先としてエバートンに目を付けたようだ。 ▽そのエバートンはナポリのイタリア代表FWマノロ・ガッビアディーニ(24)の獲得に動いていると噂されており、3000万ユーロ(約34億円)ほどの移籍金を準備しているようだ。 ▽ライオラ氏は、エバートンのカッビアディーニ獲得オペレーションは万全ではないと見ているようで、失敗した際にバロテッリの売り込みにかかるようだ。 ▽バロテッリは自身のインスタグラムで、トレーニングに励んでいる動画を公開。完璧なコンディションであることを強調しているが、それを披露させてくれるクラブは現れるのだろうか…。 2016.08.24 11:59 Wed
twitterfacebook
thumb

EFLカップでカンが負傷…クロップは軽傷を強調

▽リバプールのドイツ代表MFエムレ・カンが、24日に行われたイングランドフットボールリーグカップ(EFLカップ)で負傷した。イギリス『スカイ・スポーツ』がユルゲン・クロップ監督のコメントを伝えている。 ▽リバプールは24日、EFLカップ2回戦でバートンとアウェイで対戦。前半からゴールを重ねていくリバプールだったが、71分にアクシデント。カンが足首を負傷してプレー続行が不可能となった。なお、チームは5-0と大勝して3回戦へと駒を進めている。 ▽試合後の会見でクロップはカンの状態について言及。詳しい検査を行わなければならないが、現時点で重症ではないと強調した。 「負傷した際の状況についてはわかっている。彼は足を伸ばしてしまったんだ。こういったことだ誰にだって起こる問題だ。現時点で痛みに関しては問題ない様だ。詳しい検査が必要だが、それほど大きなケガではないだろう」 ▽なお、プレミアリーグ第1節でバーンリーに敗戦しているリバプールは、27日にトッテナムとの重要な一戦を控える。 2016.08.24 10:05 Wed
twitterfacebook
thumb

マネ躍動のリバプールが5発大勝で2回戦突破《EFLカップ》

▽リバプールは23日、EFLカップ2回戦でバートンとのアウェイ戦に臨み、5-0で大勝した。 ▽3日前に行われたプレミアリーグ第1節のバートン戦を0-2と完敗したリバプールはその試合のスタメンから4選手を変更。コウチーニョとワイナルドゥムが欠場となって、負傷明けのS・マネや、新戦力のマティプが移籍後初スタメンを飾った。 ▽3トップに右からマネ、オリジ、フィルミノと配す[4-3-3]で臨んだリバプールが、チャンピオンシップ(2部)のバートン相手に立ち上がりからボールを保持すると7分、マネのスルーパスをボックス左で引き出したオリジのシュートはGKの守備範囲に飛んでしまう。そして11分にはゴール至近距離からのフィルミノのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKのビッグセーブに阻まれる。それでも15分、ミルナーの左クロスを受けたボックス右のマネが中へパスを送ると、オリジがヒールでうまく流し込んで先制に成功した。 ▽さらに22分、リバプールは相手GKのスローインをカットしてショートカウンターに転じると、右サイドからクラインの上げたクロスにフィルミノが頭で押し込み、2-0と突き放す。ハーフタイムにかけてもポゼッションして時間を進めたリバプールが余裕の展開に持ち込み、試合を折り返した。 ▽迎えた後半もリバプールが主導権を握ると、61分に3点目を挙げる。左CKが相手選手のオウンゴールを誘った。余裕の展開としていたリバプールは71分に足を負傷したカンを下げてスチュアートを投入するアクシデントがあったものの、78分に4-0とする。マネのスルーパスをボックス右で引き出したミルナーのクロスをファーのスタリッジが押し込んだ。 ▽そして83分、右サイドを突破したマネのパスを受けたスタリッジがシュートを突き刺して5-0としたリバプールが圧勝。マネが3ゴールに絡む活躍を見せたリバプールが余裕の勝ち上がりを見せている。 2016.08.24 06:12 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース