コリンチャンスがパトを再登録! ヨーロッパからのオファーはない?2015.01.02 18:18 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽1月の移籍市場でブラジル代表FWアレシャンドレ・パト(26)が、ヨーロッパ再上陸する可能性は低いようだ。イギリス『101greatgoals』は、同選手が所属元のコリンチャンスのスカッドメンバーに再登録されたと報じた。

▽今シーズン、コリンチャンスからのレンタルで加入したサンパウロでトップフォームを取り戻したパトは、マンチェスター・ユナイテッドやリバプール、チェルシー、バルセロナなど複数クラブの獲得候補に挙がっているとみられている。

▽だが、現地メディアの伝えるところによれば、ここまでヨーロッパのクラブから一向にコンタクトがない状況に業を煮やしたコリンチャンスは、パトの残留を考慮して来シーズンのスカッドメンバーに再登録を行ったようだ。

▽1月の移籍市場における注目銘柄とみられたパトだが、多くのクラブは筋肉系の負傷を繰り返してきた同選手のコンディションに懐疑的な目を向けている模様。加えて、コリンチャンスの設定する2500万ユーロ(約32億7000万円)の高額な移籍金が、彼らに二の足を踏ませているようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ユベントス、リバプールのMFカンをスカウティングか

▽ユベントスは、リバプールのドイツ代表MFエムレ・カン(23)に対する関心を高めているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ▽報道によれば、ユベントスは強さを売りとする中盤の獲得に動いている模様。そこで、ここ数週間にわたり、スカウト陣をイングランドに派遣し、カンのプレーぶりを視察しているという。 ▽2014年夏にレバークーゼンからリバプールに移籍したカンは、今シーズンのここまで公式戦22試合2ゴール3アシストを記録。リバプールとの現行契約は2018年6月に満了を迎えるとみられている。 2017.01.22 09:30 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプール、最下位スワンズ相手にアンフィールド陥落…痛恨の今季ホーム初黒星でリーグ3戦未勝利《プレミアリーグ》

▽リバプールは21日、アンフィールドで行われたプレミアリーグ第22節でスウォンジーと対戦し、2-3で敗戦した。 ▽直近のFAカップ3回戦再試合のプリマス戦で公式戦5試合ぶりの勝利を手にしたものの、リーグ戦では2試合未勝利が続く3位のリバプール。リーグ4戦ぶりの白星を目指す今節は、最下位に低迷するスウォンジーをホームに迎えた。前節のマンチェスター・ユナイテッド戦からのメンバー変更は2点。アーノルドに代わって負傷明けのクラインが右サイドバックに戻り、オリジに代わってプリマス戦で先発復帰したコウチーニョがリーグ戦でも先発に復帰した。 ▽戦前の予想通り、立ち上がりからボールを保持して相手を押し込むリバプールは、開始9分に右サイドでヘンダーソンが上げたクロスをゴール前のカンが頭で合わせるが、これは枠の上に外れる。さらに16分にはボックス右でDFをかわしたフィルミノが柔らかなクロスを上げると、これをゴール前のララナが豪快なジャンピングボレーで合わす。しかし、このシュートも枠を捉え切れない。 ▽その後、20分に右サイドを崩されてトム・キャロルの折り返しがディフレクトし左ポストを叩くピンチを招くなど、やや押し返されたリバプールは、32分に決定機。ショートカウンターからボックス中央でコウチーニョのラストパスを受けたフィルミノが右足を振り抜くが、ここは相手DFのブロックに阻まれた。 ▽その後もサイドを起点に幾つか際どい場面こそ作ったものの、高い集中力を保つスウォンジーの守備に苦戦を強いられたリバプールは、枠内シュート0で後半へと折り返した。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半、リバプールはまずい入りからまさかの先制を許す。48分、DFロブレンのクリアミスから右CKを与えると、シグルドソンのアウトスウィングのクロスをファーでフェデリコ・フェルナンデスに頭で折り返される。そして、ゴール前でルートリッジが落としたボールをジョレンテに蹴り込まれた。 ▽両チーム通じて最初の枠内シュートで先制を許したリバプールはすかさず反撃に出るが、前がかりなチームは相手のカウンターから追加点を許す。52分、左サイド深くに侵攻したオルソンのスルーパスに抜け出したキャロルのクロスをゴール前に走り込んだジョレンテに豪快なヘディングシュートで合わせられた。 ▽最下位相手にまさかの2点ビハインドを背負ったリバプールだが、2失点目直後の55分に1点を返す。ヘンダーソンからサイドチェンジを受けた左サイドのミルナーが絶妙なクロスを入れると、ファーサイドでDFオルソンに競り勝ったフィルミノが頭で流し込んだ。反撃の狼煙を上げるこのゴールで勢い付くリバプールは、57分にコウチーニョを下げてスタリッジを投入。58分にはヘンダーソンがミドルシュートを放つが、これはGKファビアンスキの守備範囲。 ▽その後は66分に相手セットプレーからマウソンに際どいヘディングシュートを許すなど、攻勢が弱まってきたリバプールだったが、再びフィルミノが魅せる。69分、左サイドに流れてボールを収めたワイナルドゥムからのクロスを、ゴール前で胸トラップしたフィルミノがボールの落ち際を左足ボレーで蹴り込み、同点に追いついた。 ▽この直後にカンを下げてオリジを投入し、前線に4人のアタッカーが並ぶ超攻撃的布陣でゴールを目指す。だが、74分に前線でジョレンテに起点を作られると、キャロルのドリブル突破にDF2枚がかわされる。ここでDFクラバンが何とかクリアを試みるが、これがボックス左のシグルドソンに渡ってしまい、左足のシュートを流し込まれた。 ▽再びビハインドを背負うことになったリバプールは、試合終盤にかけて決死の猛攻を見せる。81分にはロブレンのミドルシュート、86分には波状攻撃からララナがヘディングシュートもGKファビアンスキの守るゴールをこじ開けられない。後半アディショナルタイムにはワイナルドゥムを下げて、FIFAからの通知で代表招集拒否問題がクリアしたDFマティプをパワープレー要員として投入するが、試合はこのまま2-3でタイムアップ。最下位スウォンジー相手にアンフィールドで初めて敗れたリバプールは、痛恨の今季ホーム初黒星で3戦未勝利となった。一方、リバプール相手に大金星のスウォンジーは暫定ながら最下位脱出に成功した。 2017.01.21 23:31 Sat
twitterfacebook
thumb

マネの活躍を手放しで喜べないクロップ「おめでとう。でも背中を蹴ってやりたい」

リバプールのユルゲン・クロップ監督は、アフリカ・ネイションズカップでFWサディオ・マネがプレーするセネガル代表が決勝トーナメント進出したことは「複雑だ」と述べた。<br><br>セネガル代表は19日、ジンバブエ代表戦に臨み、マネのゴールなどで2-0と勝利を収めた。しかし試合を観戦したクロップ監督は、マネの離脱が伸びたことで素直にセネガル代表の躍進を喜べないようだ。「マネに&ldquo;おめでとう、でも背中を蹴ってやりたい&rdquo;とメッセージを送った」と金曜日の会見で話したクロップ。「セネガルは素晴らしい活躍を見せているし、マネも良いプレーを続けている。複雑な心境っていう言葉が今の私の気持ちを表すのに最適だ」と心情を吐露した。<br><br>カメルーン代表からの招集を拒んだことで、FIFAから大会期間中の出場停止を受けたジョエル・マティプ。この決定に対してに対して「マティプへの決定はフェアじゃない。アフリカ・ネイションズカップは偉大な大会で私も敬意を払っている。しかしシーズンも中盤に差し掛かったこの時期にこの決定はクールじゃない」とクロップは納得していない様子。<br><br>さらに、クロップは「プレミアリーグは毎試合ファイナルを戦っているようだ」とメディアからのプレッシャーが強いことにも言及。「1試合でシーズンの結果が決まったように報道されるし、非常に激しくバッシングされることもある。しかし、優勝戦線に踏みとどまれている現状は非常に良いことだ」<br><br>そして11月に足首を負傷し、18日に行われたFAカップ3回戦の4部のプリマス戦で復帰したフェリペ・コウチーニョに関して「まだ100%のパフォーマンスには戻っていないが、コウチーニョはプリマス戦で60分間プレーすることができた。フェリペとプレーすると、選手全員がよい影響を受けるだろう」とエースの復帰に期待を寄せている。<br><br>首位チェルシーと7ポイント差の3位につけているリバプールは、土曜日にアンフィールドで第22節スウォンジー・シティ戦を控えている。リーグ戦で3試合ぶりに白星を取り戻すことはできるだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.01.21 17:51 Sat
twitterfacebook
thumb

FIFA、マティプへの出場停止処分を科さず!! スウォンジー戦で出場可能に

▽リバプールは20日、カメルーン代表DFジョエル・マティプについて、国際サッカー連盟(FIFA)から出場停止処分を科すことはないとの通達を受けたことを明かした。 ▽2015年以来、カメルーン代表から遠ざかっているマティプだが、現在行われているアフリカネーションズカップの予備登録メンバーに選出されていた。しかし同選手は代表でのプレーを辞退。マティプのほかに、アンドレ・オナナ、アラン・ニョムなど数名の選手も出場を辞退していた。 ▽これを受けてカメルーンサッカー協会は「代表チームでの公式戦について、FIFAの規則に従って選手を招集する権利を行使する」と強硬策に出る構えを見せた。実際は、マティプらを招集せずに大会を戦っているが、協会側とクラブ側の対立は続いており、今後はクラブチームレベルでの出場停止処分が科される可能性があった。 ▽そのためリバプールは、15日のプレミアリーグ第21節マンチェスター・ユナイテッド戦と、18日のFAカッププリマス戦を欠場していた。しかし同クラブはFIFAからクラブでの試合で起用して良いとの決定を受けたことを報告。これによりマティプは次節のスウォンジー戦でプレーが可能となった。 2017.01.21 12:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ジェラードがリバプールに帰還!! アカデミーのコーチ就任を発表

▽リバプールは20日、同クラブのレジェンドである元イングランド代表MFスティーブン・ジェラード氏(36)が、アカデミーのコーチにに就任したことを発表した。 ▽昨年11月にロサンゼルス・ギャラクシーを退団し、現役引退を表明していたジェラード氏。現役時代にはリバプールのアカデミーからトップチームデビューを果たし、公式戦710試合に出場し186ゴールをマークした。 ▽クラブの発表によるとジェラード氏は今年2月からアカデミーで本格的にコーチを務めることになるようだ。クラブ公式サイトで次のように喜びを示している。 「円が完成したような感覚だ。自分がプロとしてスタートした場所に戻るわけだからね」 「とはいえ、この決定は感情に基づいて下されたものではないよ。重要なことは僕がなにを提供してリバプールに貢献できるかということなんだ」 「このクラブが僕にとってどういう意味があるかを説明する必要があるとは思わない。ただ、僕はこのクラブに戻る時には、真剣な役割を果たすことが重要だった。この組織を本当に助けることができる役割であることがね」 2017.01.21 10:40 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース