コリンチャンスがパトを再登録! ヨーロッパからのオファーはない?2015.01.02 18:18 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽1月の移籍市場でブラジル代表FWアレシャンドレ・パト(26)が、ヨーロッパ再上陸する可能性は低いようだ。イギリス『101greatgoals』は、同選手が所属元のコリンチャンスのスカッドメンバーに再登録されたと報じた。

▽今シーズン、コリンチャンスからのレンタルで加入したサンパウロでトップフォームを取り戻したパトは、マンチェスター・ユナイテッドやリバプール、チェルシー、バルセロナなど複数クラブの獲得候補に挙がっているとみられている。

▽だが、現地メディアの伝えるところによれば、ここまでヨーロッパのクラブから一向にコンタクトがない状況に業を煮やしたコリンチャンスは、パトの残留を考慮して来シーズンのスカッドメンバーに再登録を行ったようだ。

▽1月の移籍市場における注目銘柄とみられたパトだが、多くのクラブは筋肉系の負傷を繰り返してきた同選手のコンディションに懐疑的な目を向けている模様。加えて、コリンチャンスの設定する2500万ユーロ(約32億7000万円)の高額な移籍金が、彼らに二の足を踏ませているようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

リバプールのレジェンド、ロニー・モラン氏が死去

▽現役時代にリバプールのキャプテンを務め、引退後に監督としてチームを率いた経験を持つロニー・モラン氏が22日、死去した。83歳だった。同日にリバプールの公式サイトで発表されている。 ▽同氏は1952年から1966年にリバプールで活躍し、379試合の出場を記録した。また、1991年、1992年と2度にわたり暫定監督としてリバプールを指揮。1992年にはFAカップ決勝までチームを導いた。 ▽リバプール公式サイトは「リバプールFCとそのサポーターの想いはロニーの妻と子供たち、家族そして多くの友人たちと共にあります」と哀悼の意を表している。 2017.03.22 22:28 Wed
twitterfacebook
thumb

クロップ「この結果は悔やまれる」マンチェスター・C戦でのドロー決着を悔やむ

プレミアリーグ第29節、マンチェスター・シティvsリバプールは1-1のドローに終わった。試合後、リバプールのユルゲン・クロップ監督が敵地で勝ち点3を取り損ねたことを悔やんでいる。『スカイスポーツ』のインタビューで明かした。<br><br>「この試合では両チームともPKのチャンスがあった可能性がある。ただ、我々にあった決定的なチャンスは(アダム)ララーナと(サディオ)マネにもあった。チャンスを逃したことで結果的に難しい試合になってしまった」<br><br>「アウェー戦だったが我々は最後まで十分に得点できるチャンスがあった。試合内容は悪くなかっただけに、(勝利できなかった)この結果は悔やまれるね」<br><br>51分にジェームズ・ミルナーのPKで先制したものの、リバプールは69分にセルヒオ・アグエロにゴールを奪われて、結果的に1-1のドローに終わった。しかし、クロップにとっては、PK以外でマンチェスター・Cのゴールを脅かすシーンが目立ったことに満足感を示しつつも、上位争いを展開するマンチェスター・Cから勝ち点1を分け合う結果には悔しさをにじませた。<br><br>また、「(相手の)GK(ウィリー・カバジェロ)はとても印象的だったね。彼はとても素晴らしい働きをしていた」と述べ、相手の守護神に賛辞を贈っている。<br><br>マンチェスター・Cは勝ち点57の3位、リバプールは勝ち点56の4位。2位トッテナムが同じ節で勝利して勝ち点を59に伸ばしており、上位争いはさらに白熱の様相を呈している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.20 09:15 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:マンチェスター・シティ 1-1 リバプール《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第29節マンチェスター・シティvsリバプールが19日に行われ、1-1で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽マンチェスター・シティ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170320_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 カバジェロ 6.0 シュートへの反応の良さを示した DF 25 フェルナンジーニョ 6.0 右サイドバックでプレー。攻守にそつなし 24 ストーンズ 6.0 攻撃時のセットプレーで存在感。守備面も及第点 30 オタメンディ 6.0 1度マネに独走を許すも概ねソリッドだった 22 クリシ 5.0 痛恨のPK献上。背後をフィルミノに取られた MF 7 スターリング 5.5 スペースを突いていたが、決定機を逸す 21 シルバ 6.0 効果的にゴール前のスペースを突いていた 42 ヤヤ・トゥーレ 5.5 自身のところにプレスがかかり、思うようにビルドアップできなかった (→サーニャ 5.5) すんなりと試合に入った 17 デ・ブライネ 6.0 アグエロ弾を絶妙クロスでアシスト。ポスト直撃のシュートも放つ 19 L・ザネ 5.5 サイドで一定の起点となるも、決定的な仕事をするには至らず (→フェルナンド -) FW 10 アグエロ 6.0 サポートが少なかったが、数少ないチャンスを決めた 監督 グアルディオラ 6.0 モナコ戦の敗戦をさほど感じさせない内容を見せた ▽リバプール採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170320_7_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 22 ミニョレ 5.5 鋭い飛び出しで失点を防ぐ DF 2 クライン 5.5 L・ザネの監視に努めた 32 マティプ 6.0 ポジショニング良くクロスボールを跳ね返す 17 クラバン 6.0 セーフティーなプレーを心掛けた 7 ミルナー 6.0 スターリングの動きを制限。PKを決める MF 20 ララナ 5.5 攻守に絡んだが、80分の決定機は決めたい 23 カン 6.0 PKにつながるフィードを出した 5 ワイナルドゥム 5.5 攻守にさぼらず FW 19 S・マネ 6.0 カウンター時に脅威となる 11 フィルミノ 6.0 PK獲得の他、チャンスメークも担う (→ルーカス・レイバ -) 10 コウチーニョ 5.5 フィルミノやS・マネをまずまずうまく使っていた (→オリジ -) 監督 クロップ 6.0 S・マネを生かしたロングカウンターで揺さぶった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! デ・ブライネ(マンチェスター・シティ) ▽圧倒的な存在感を放った選手はいなかったが、引き分けでも悪くない結果のシティから同点弾を演出したデ・ブライネを選出。 マンチェスター・シティ 1-1 リバプール 【マンチェスター・シティ】 アグエロ(後24) 【リバプール】 ミルナー(後6[PK]) 2017.03.20 03:46 Mon
twitterfacebook
thumb

3位シティと4位リバプールの上位対決はドロー決着《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第29節マンチェスター・シティvsリバプールが19日に行われ、1-1で引き分けた。 ▽前節ストーク・シティ戦をゴールレスドローで終えた3位シティ(勝ち点56)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のモナコ戦を1-3と敗れて痛恨のベスト16敗退に終わった。ここ2試合低調なチームはそのモナコ戦のスタメンから2選手を変更。サーニャとコラロフに代えてヤヤ・トゥーレとオタメンディを起用した。 ▽一方、前節バーンリー戦を苦戦しながらも2-1で勝利した4位リバプール(勝ち点55)は、1試合消化が多いながらシティに1ポイント差に詰め寄った。そのリバプールはバーンリー戦のスタメンからオリジに代えて負傷明けのフィルミノを起用した。 ▽雨が降る中キックオフされたビッグマッチ。右サイドバックにフェルナンジーニョを起用したシティが仕掛ける立ち上がりとなると、サイド攻撃を起点にリバプールを揺さぶりにかかる。すると20分に決定機。ボックス左に抜け出したL・ザネがGKミニョレを強襲すると、ルーズボールをシルバがボレー。しかし、わずかに枠の左上に外れた。 ▽一方、機を見てハイプレスをかけていたリバプールは23分、スルーパスに抜け出したS・マネがオタメンディを振り切ってボックス左へ侵入。GKと一対一となったが、カバジェロにセーブされた。 ▽引き続き押し込むシティは39分に決定機。デ・ブライネのスルーパスをボックス左で受けたシルバの折り返しをスターリングとフェルナンジーニョが詰めるも、いずれもシュートを枠に押し込めない。その後、41分にCKの流れからルーズボールをララナにボレーで狙われたが、GKカバジェロが好守で阻止し、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、開始2分にS・マネが決定的なシュートを浴びせたリバプールは、49分にPKを獲得する。カンのフィードに抜け出したフィルミノが胸トラップでボールをうまく収めると、クリシに後方から足を入れられて倒された。このPKをミルナーがゴール左へ決めて、リバプールが先制する。 ▽リードしたリバプールは56分、右CKからストーンズに際どいヘディングシュートを浴びせられるも枠を外れて助かると、61分にコウチーニョのスルーパスに抜け出したフィルミノがGKとの一対一を迎える。しかし、これを決めきれない。 ▽助かったシティは65分にヤヤ・トゥーレに代えてサーニャを投入。フェルナンジーニョを中盤アンカーに入れた。すると69分、シティは右サイドでボールを受けたデ・ブライネの絶妙なクロスをアグエロが合わせて試合を振り出しに戻す。ここから攻勢を強めると、77分には分厚い攻めを見せてデ・ブライネのシュートが右ポストを直撃する決定機を演出。 ▽一方、劣勢のリバプールは80分に勝ち越しのチャンス。ワイナルドゥムの浮き球パスに抜け出したフィルミノがボックス左からダイレクトに折り返すも、ララナはミートできなかった。 ▽対するシティも82分、シルバの浮き球パスに抜け出したスターリングがボックス中央へ侵入したが、飛び出したGKミニョレに阻まれ、シュートを打ちきれない。そして追加タイム1分の右サイドからのクロスをアグエロがボレーで合わせたシュートは枠を大きく外れ、1-1のままタイムアップ。3位と4位の上位対決はドロー決着に終わっている。 2017.03.20 03:45 Mon
twitterfacebook
thumb

過密日程に不満のモウリーニョをクロップが擁護「我々も同じ経験をした」

リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督の発言に理解を示した。<br><br>モウリーニョ監督は、19日に行われるプレミアリーグ第29節のミドルズブラ戦が正午キックオフであることに対して「12時キックオフの試合は難しい。我々にはたくさんの敵がいる。素晴らしい選手はいるが、それでも日曜日は負けるだろう」と発言し、厳しい日程に不満を募らせていた。<br><br>クロップ監督は昨季リバプールで厳しい日程に悩まされたこともあって、モウリーニョの発言を擁護した。「昨シーズン、我々も同じ経験をしたが本当にハードだった。ビジャレアルとの試合があって、中2日で12時からスウォンジーと対戦した。助ける気があるならあのような日程を組むべきではない。必要以上に難しくする必要はないんだ。我々も同じことを思ったし、本当に大変だったよ」<br><br>両者はチャンピオンズリーグの出場権を争うライバル同士ではあるが、どちらの指揮官もハードなスケジュールについては共通して頭を悩ませているようだ。<br>提供:goal.com 2017.03.19 12:05 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース