コリンチャンスがパトを再登録! ヨーロッパからのオファーはない?2015.01.02 18:18 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽1月の移籍市場でブラジル代表FWアレシャンドレ・パト(26)が、ヨーロッパ再上陸する可能性は低いようだ。イギリス『101greatgoals』は、同選手が所属元のコリンチャンスのスカッドメンバーに再登録されたと報じた。

▽今シーズン、コリンチャンスからのレンタルで加入したサンパウロでトップフォームを取り戻したパトは、マンチェスター・ユナイテッドやリバプール、チェルシー、バルセロナなど複数クラブの獲得候補に挙がっているとみられている。

▽だが、現地メディアの伝えるところによれば、ここまでヨーロッパのクラブから一向にコンタクトがない状況に業を煮やしたコリンチャンスは、パトの残留を考慮して来シーズンのスカッドメンバーに再登録を行ったようだ。

▽1月の移籍市場における注目銘柄とみられたパトだが、多くのクラブは筋肉系の負傷を繰り返してきた同選手のコンディションに懐疑的な目を向けている模様。加えて、コリンチャンスの設定する2500万ユーロ(約32億7000万円)の高額な移籍金が、彼らに二の足を踏ませているようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

カリウス加入を歓迎するミニョレ 「ポジション争いは必要」

リバプールは、この夏にGKロリス・カリウスを獲得した。さらに、22日にはGKアレックス・マニンガーを短期契約で獲得している。これまでチームの正守護神を務めてきたGKシモン・ミニョレは、ポジション争いを歓迎した。<br><br>昨シーズン途中にミニョレはクラブとの長期契約延長を果たしたが、いまでもGKのポジションがリバプールの問題点と考える声は少なくない。カリウスの獲得は、ミニョレのポジションをおびやかす補強とも言われている。<br><br>ミニョレはライバルの加入を歓迎しており、次のように語った。<br><br>「チャレンジは良いことだと思う。すべてのポジションに競争が必要だ。それは選手の向上になるし、チームとしても成長になる」<br><br>「僕はポジション争いに慣れているよ。過去2シーズン起きていたことだ。それに、前にいたチームでもあった。それを望むなら、戦わなければいけない。挑戦していかなければいけないね」<br><br>強力なライバルの加入で、ミニョレがさらに成長を遂げるだろうか。リバプールは27日に行われるインターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)でチェルシーと対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.25 12:07 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプールで切磋琢磨したいオリジ 「お互いをプッシュしていく」

リバプールFWディヴォク・オリジは、チーム内競争の準備ができている。仲間と切磋琢磨することで、もっとリバプールに貢献したいと考えているようだ。<br><br>ジョルジニオ・ワイナルドゥムの獲得が決まったリバプールは、ダニエル・スタリッジ、コウチーニョ、ロベルト・フィルミーノ、ダニー・イングス、クリスティアン・ベンテケと、攻撃的な選手が多く所属している。<br><br>21歳のオリジは、リバプールのために成長することを望んでいる。イギリス『スカイ・スポーツ』が、同選手のコメントを伝えた。<br><br>「僕たちはビッグクラブにいる。より高みを目指す挑戦でもあるね。お互いのことをサポートし、お互いをプッシュしなければいけない。だからこそ、僕はリバプールで挑戦することを選んだ」<br><br>「それぞれに個性がある。その中で団結して、みんなですごいことができると示さなければいけない」<br><br>ベルギー代表のオリジは、2014年のワールドカップ(W杯)で活躍した後でリバプールへの移籍が決まった。<br><br>「W杯でプレーして、19歳の僕は世界最大のクラブの一つに来ることになった。ここに来る前、それが意味することをよく理解していなかった。でも、今はクラブに恋してしまったんだ」<br><br>「僕はすごく成長していると思う。まだ若いから、きっとシーズンの中で浮き沈みはあるだろう。でも、進歩してチームを助ける準備はできているよ」<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.25 11:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ワイナルドゥム、リバプール移籍決断の理由はクロップ

オランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムは、この夏にリバプールの一員となった。リバプール行きは、自分の希望だと語っている。<br><br>ニューカッスルが降格して新天地が話題になっていたワイナルドゥムは、ユルゲン・クロップ監督との話し合いが自身を移籍に近づけたと述べた。<br><br>「ユルゲン・クロップ監督と話した後、リバプールに行きたいという気持ちがはっきりしたんだ」<br><br>「リバプールは素晴らしい伝統を持つビッグクラブで、それは誰もが知っている。確かにエヴァートンからも関心があったけど、リバプールの方がより強力だった。ユルゲンとの会話で、そのフィーリングが明確になった。そして、リバプールへ行くことを僕が望んだんだ」<br><br>「あの会話で、僕は本当に良い感覚を得た。彼は僕のサッカーのスタイルが好きだと言ってくれたから、信頼を感じる。チームに望んでいた選手だと言われたよ。そういったことを聞くのは、いつだって気分が良いものだね。それもユルゲン・クロップという偉大な監督から言われたなら、なおさらだ」<br><br>クロップ監督の期待にワイナルドゥムは応えることができるだろうか。新シーズンの活躍に注目だ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.25 10:27 Mon
twitterfacebook
thumb

セルティック、リバプール退団の元コードジボワール代表DFコロ・トゥーレを1年契約で獲得

▽セルティックは24日、元コードジボワール代表DFコロ・トゥーレ(35) がフリートランスファーで加入したことを発表した。契約期間は2017年6月30日までとなる。 ▽母国のミモザでプロキャリアをスタートさせたK・トゥーレは、アーセナルやマンチェスター・シティを経て、2013年にリバプールに加入。リバプールでは、公式戦71試合に出場したが、昨シーズン終了後に退団していた。 ▽なお、セルティックによるとK・トゥーレは25日にセルティックパークで記者会見に臨む予定だ。 2016.07.25 01:00 Mon
twitterfacebook
thumb

スウォンジー、リヴァプールMFに関心 新オーナーが認める

スウォンジー・シティが、リヴァプールMFジョー・アレンの獲得に関心を示している。スウォンジーの新オーナーの一人であるジェイソン・レヴィーン氏が認めた。<br><br>26歳のアレンは、スウォンジーの下部組織出身で、2012年にリヴァプールへ移籍した。現在はリヴァプールとの契約が残り1年という状況で、選手本人はより多くの出番があるチームに行くことを検討しているものと思われる。<br><br>レヴィーン氏はアレンの復帰に関心があることを認めており、次のように語った。<br><br>「彼は我々が注目している選手で、獲得を検討していることは確かだ」<br><br>「彼はまだ若い。我々を含む複数のクラブが関心を示している選手だね」<br><br>ストークも獲得に動いているというアレン。この夏に移籍することになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.24 08:36 Sun
twitterfacebook


ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース