コリンチャンスがパトを再登録! ヨーロッパからのオファーはない?2015.01.02 18:18 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽1月の移籍市場でブラジル代表FWアレシャンドレ・パト(26)が、ヨーロッパ再上陸する可能性は低いようだ。イギリス『101greatgoals』は、同選手が所属元のコリンチャンスのスカッドメンバーに再登録されたと報じた。

▽今シーズン、コリンチャンスからのレンタルで加入したサンパウロでトップフォームを取り戻したパトは、マンチェスター・ユナイテッドやリバプール、チェルシー、バルセロナなど複数クラブの獲得候補に挙がっているとみられている。

▽だが、現地メディアの伝えるところによれば、ここまでヨーロッパのクラブから一向にコンタクトがない状況に業を煮やしたコリンチャンスは、パトの残留を考慮して来シーズンのスカッドメンバーに再登録を行ったようだ。

▽1月の移籍市場における注目銘柄とみられたパトだが、多くのクラブは筋肉系の負傷を繰り返してきた同選手のコンディションに懐疑的な目を向けている模様。加えて、コリンチャンスの設定する2500万ユーロ(約32億7000万円)の高額な移籍金が、彼らに二の足を踏ませているようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

クロップが考える今季起きた奇妙なこと…「EU離脱、トランプの大統領就任、ラニエリの監督解任」

▽リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、レスター・シティが下したクラウディオ・ラニエリ氏の監督解任という決断に、独特な言い回しで言及した。イギリス『インディペンデント』が伝えている。 ▽レスターは23日、成績不振の責任を問う形で、昨シーズンのプレミアリーグで世紀の優勝に導いたラニエリ氏を解任。降格圏に落ち込む今シーズンの成績を見れば、致し方ない部分もあるように思える。 ▽27日にプレミアリーグ第26節のレスター戦を控えるクロップ監督は、前日会見に出席。解任されたラニエリ氏について問われると、以下のようにコメントした。 「私に何が言える? このような出来事は驚きか? そう思わないね。このようなことが起こるのはフットボール界だけではない」 「特に、今季は奇妙なことが起きている。(イギリスの)EU離脱、ドナルド・トランプ(のアメリカ大統領就任)、そしてラニエリ(の解任)だ」 ▽また、リバプールのドイツ人指揮官はラニエリ氏の人間性を称えつつ、ドルトムントを率いていた頃のエピソードを紹介。シーズン途中での更迭を残念がった。 「彼は、この業界でも本当に特別な人間。彼はドルトムントまで来てくれて、素敵な会話をしたこともある。こうなってしまった理由はわからない。君たち(記者)がレスターの記者会見で聞いてみてくれ」 2017.02.25 10:38 Sat
twitterfacebook
thumb

【プレミア第26節プレビュー】レスターvsリバプール開催

▽前節のプレミアリーグでは、リバプールがトッテナムに2-0で完勝。首位のチェルシーが引き分けに終わって勝ち点を落とした一方、ユナイテッドとシティのマンチェスター勢、アーセナルは勝利した。 ▽迎える今節は、EFLカップの決勝が行われる影響で、ユナイテッドとサウサンプトンに関連する試合(サウサンプトンvsアーセナル、マンチェスター・シティvsマンチェスター・ユナイテッド)が延期。その中で注目は、マンデーナイトに開催されるレスター・シティvsリバプールだ。 ▽17位のレスター(勝ち点21)は、直近の公式戦9試合で1勝1分け7敗と苦しんでいる。前節はスウォンジーに0-2で敗れ、先週末はリーグ1(イングランド3部相当)のミルウォールに屈してFAカップ敗退。さらに水曜日にはチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、セビージャとのアウェイ戦を1-2で落とした。そんな中、リーグ戦では現時点で残留圏とはいえ、最下位のサンダーランドとはわずか2ポイント差。完全に残留争いに巻き込まれており、強豪相手でも勝ち点をもぎ取らなければならない状況だ。 ▽対するリバプール(勝ち点49)は、スパーズ戦の勝利が実にリーグ戦6試合ぶりの白星。それまでは公式戦5試合で1分け4敗と苦しんでいただけに、前節の勝利を何とか浮上のキッカケとしたい。ヨーロッパの大会に加え、カップ戦も敗退しているために、中間は約2週間にわたって試合がなく、休養は十分。年明け以降は疲れが見えていた状況だっただけに、リフレッシュしたここから再び盛り返したい。 ▽2位シティとの差が8ポイントに縮まった首位のチェルシー(勝ち点60)は、15位のスウォンジー(勝ち点24)とホームで対戦する。前節のバーンリー戦は1-1に終わったが、この引き分けを引きずらず、先週末にはFAカップでウォルバーハンプトンに2-0で勝利し、準々決勝に進出した。ミッドウィークに試合がなく1週間の間隔が取れた後のホーム戦のここは、きっちり勝ち点3を上積みしておきたい。 ▽3位のスパーズ(勝ち点50)は、9位のストーク・シティ(勝ち点32)をホームに迎える。スパーズはリバプールに敗れた後、ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦の1stレグでもヘントに敗戦。先週末のFAカップではフルアムを相手にケインのハットトリックで快勝して準々決勝に進出した。リーグ戦7連勝中のホームに戻り、白星を取り戻したい。 ◆プレミアリーグ第26節 ▽2/25(土) 《24:00》 チェルシー vs スウォンジー WBA vs ボーンマス ハル・シティ vs バーンリー エバートン vs サンダーランド クリスタル・パレス vs ミドルズブラ 《26:30》 ワトフォード vs ウェストハム ▽2/26(日) 《21:00》 トッテナム vs ストーク・シティ ▽2/27(月) 《29:00》 レスター・シティ vs リバプール ▽延期 マンチェスター・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド サウサンプトン vs アーセナル 2017.02.24 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプールがMFララナと長期の新契約を締結!!

▽リバプールは22日、イングランド代表MFアダム・ララナ(28)と新契約を締結したことを発表した。 ▽契約内容について『長期』としか明らかにされていないが、イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、契約期間は2020年6月までとなり、さらに1年間の延長オプションが付いているという。また、新契約締結によりララナは、週給11万ポンド(約1550万円)に昇給した模様だ。 ▽リバプールとの新契約にサインしたララナは、クラブの将来に大きな期待を持っていると語った。 「新たな契約にサインできたことをとても誇りに思っているよ。特に、クラブと監督が示してくれた自分への信頼を謙虚に受け止めたいと思う」 「リバプールのようなクラブとの契約は特別なことだし、とりわけ新契約に関してはクラブの人たちが、できるだけ長く留まってほしいと思っているということだから嬉しいよ」 「ここは現時点で本当に素晴らしい場所だ。特に、特別な何かを成し遂げたいと思うプレーヤーにとってはね。自分の将来に関して、ここ以上のクラブはないと考えているよ」 ▽2014年の夏にサウサンプトンからリバプールに2500万ポンド(当時レート:約43億2000万円)で加入したララナは、ここまで公式戦117試合に出場し20ゴールをマーク。ユルゲン・クロップ監督の下でも好パフォーマンスを続けており、今シーズンも公式戦27試合に出場して7ゴールを記録している。 2017.02.23 02:22 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプールが練習施設移転計画発表! メルウッドからアカデミー練習施設のあるカークビーに移転へ

▽リバプールは22日、メルウッドにあるトップチームのトレーニング施設をアカデミーのトレーニング施設があるカークビーに移転する計画を発表した。 ▽リバプールは現在、リバプール中心から東に約8キロほどの位置にあるメルウッドにトレーニング施設の拠点を置いている。だが、カークビーにあるアカデミーのトレーニング施設とは、約8キロほど離れており、若手プレーヤーを積極的に登用する同クラブにとって、このトレーニング施設同士の距離の問題が以前から指摘されていた。 ▽そして、リバプールはこの問題を解決すべく22日にカークビーにあるアカデミーのトレーニング施設再開発計画を発表した。 「リバプール・フットボールクラブと、ノウスリー・メトロポリタン・バロー・カウンシル(KMBC)は、カークビーのレッズ・アカデミー拠点の再開発を計画しています。これには、シモンズウッド・レーンの地域住民と地域の競技場の改善が含まれます」 「来月には住民や企業が提案された計画について、より議論するための公開協議が行われる予定です」 「LFCのビジョンは、トップチームとアカデミーのトレーニング施設を1つの場所に集約することです」 「5000万ポンド(約70億円)の提案には、新しい複合トレーニングセンターの建設、アカデミー既存施設の再開発、メインピッチを屋内ピッチに変更する計画が含まれています」 ▽なお、カークビーへの移転が完了したあかつきには、メルウッドのトレーニング施設を解体し、新たに160戸の住宅を建設する予定だという。 2017.02.22 23:48 Wed
twitterfacebook
thumb

ゲッツェ、恩師クロップの下で再出発を目指す?来夏にリバプール移籍か

プレミアリーグで5位につけるリバプールが、ドルトムントのマリオ・ゲッツェ獲得に興味を抱いていることが分かったと、イギリス紙『ミラー』が伝えている。<br><br>ゲッツェは2013年にバイエルンに移籍したものの、期待通りの活躍ができず、今季からドルトムントに戻ってきた。しかし、ここまで公式戦の出場は16試合に留まり、2得点2アシストと思うような結果が残せていない。<br><br>リバプールの指揮官であるユルゲン・クロップは、昨夏に続いてかつての愛弟子の獲得に関心を寄せている。リバプールは、来期欧州カップ戦への出場が見込まれるため、選手層の充実を図る意向を持っている。一方のドルトムントはバイエルンからゲッツェを再獲得する際に必要とした2000万ポンド(約28億円)の回収を狙う。<br><br>輝きを取り戻したいゲッツェは、かつての恩師の下での再出発を決断するのだろうか。その去就に注目が集まる。<br><br>提供:goal.com 2017.02.21 05:09 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース