鹿島から加入の本山は43番に決定! 北九州が新シーズンの背番号発表2015.01.02 16:01 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽J2の北九州は2日、2016シーズンの背番号を発表した。

▽2015シーズンのJ2リーグを7位でフィニッシュした北九州は、待望のJ1ライセンスを取得したことで、J1昇格への機運が高まる。

▽注目の新シーズンの背番号では、J1の鹿島から加入した元日本代表MF本山雅志が、鹿島時代に付けていた10番ではなく、43番を選択。また、J2の長崎から加入したDF石神直哉は2番、DF刀根亮輔は41番、MF花井聖は20番に決定した。さらにJ2の松本から2年ぶりに復帰するFW池元友樹は、以前に付けていた11番ではなく、松本時代の14番となった。

▽今回発表された北九州の2016シーズン背番号は以下の通り。

◆北九州2016シーズン背番号
GK
1.阿部伸行
21.鈴木彩貴
27.中山開帆

DF
2.石神直哉
3.星原健太
4.市川恵多
5.前田和哉
6.西嶋弘之
16.弓崎恭平
19.川島大地
23.寺岡真弘
26.梶原夕希也
28.小谷健悟
41.刀根亮輔

MF
7.風間宏希
8.八角剛史
10.小手川宏基
11.井上翔太
13.多田高行
17.加藤弘堅
18.内藤洋平
20.花井聖
24.新井純平
43.本山雅志

FW
9.原一樹
14.池元友樹
15.大島秀夫
25.小松塁

※は新加入選手

コメント

関連ニュース

thumb

北九州DF石神直哉がFCマルヤス岡崎に完全移籍

▽ギラヴァンツ北九州は2日、DF石神直哉(32)がJFLに所属するFCマルヤス岡崎に完全移籍することを発表した。 ▽茨城県出身の石神は、鹿島アントラーズでプロキャリアをスタートさせた後、セレッソ大阪、湘南ベルマーレ、V・ファーレン長崎などでプレー。2016年にギラヴァンツに加入し、昨シーズンは明治安田生命J3リーグで7試合、天皇杯に2試合出場していた。 ▽FCマルヤス岡崎への加入が決定した石神は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆FCマルヤス岡崎 「この度、ギラヴァンツ北九州から移籍してきました石神直哉です。FCマルヤス岡崎のために全力でプレーをしたいと思います」 ◆ギラヴァンツ北九州 「FCマルヤス岡崎に移籍することになりました。2年間、本当にありがとうございました。北九州市で初めて生活することになった日から、たくさんの方々に親切にして頂き、また助けて頂きました」 「なかなか結果が出ない中、いつも応援して下さったサポーターの皆様のことは決して忘れません。そして、満員のミクニワールドスタジアムでプレー出来たことは最高の思い出です。私は北九州からは離れてしまいますが、ギラヴァンツ北九州がJ2に復帰し、J1昇格の夢を叶えられることを願っています!!」 2018.02.02 18:44 Fri
twitterfacebook
thumb

G大阪DFぺ・スヨンが北九州に期限付き移籍 「成長して戻ってきます」

▽ギラヴァンツ北九州は1日、ガンバ大阪に所属する韓国人DFぺ・スヨン(19)の期限付き移籍加入を発表した。期間は2018年2月1日〜2019年1月1日まで。同期間中、U-23を含むG大阪との全公式戦に出場できない。 ▽188cmの長身センターバックであるぺ・スヨンは、2017年に輔仁高校からG大阪入り。加入初年度の昨シーズンはU-23を主戦場とし、明治安田生命J3リーグ24試合1ゴールを記録した。 ▽シーズン開幕間近の移籍決定を受けて、ペ・スヨンは両クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆ギラヴァンツ北九州 「初めまして。ガンバから来たぺ・スヨンです。チームに早く馴染み、選手、スタッフと共に練習に励んでチームの昇格に貢献できるよう、ベストを尽くします。ご声援よろしくお願いします」 ◆ガンバ大阪 「一年間有難うございました。足りない部分もありましたが、応援してくださり本当に有難うございました。北九州でも頑張って、成長して戻ってきます」 2018.02.01 13:10 Thu
twitterfacebook
thumb

北九州退団のFW小松塁が現役引退…古巣C大阪のスクールコーチに

▽ギラヴァンツ北九州は30日、FW小松塁(34)の現役引退およびセレッソ大阪スクールコーチ就任を発表した。 ▽小松は2006年、関西学院大学からC大阪に加入。その後、V・ファーレン長崎、川崎フロンターレ、大分トリニータを経て、2015年から北九州に活躍の場を移したが、2017シーズン限りでの退団が決定していた。 ▽キャリア通算でJ1リーグ64試合8得点、J2リーグ215試合64得点、J3リーグ14試合を記録。昨シーズン限りで現役生活にピリオドを打つ小松は、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「この度、私小松塁は2017シーズンをもちまして現役を退く決意をいたしました。今までセレッソ大阪、V・ファーレン長崎、川崎フロンターレ、大分トリニータ、ギラヴァンツ北九州と5つのチームでプレーさせていただきました。各クラブで素晴らしい方々や仲間と出会い、学び、成長させていただきました。私のキャリアは間違いなく自分に携わっていただいた「人」によって形作られたものです」 「その中で日々、サッカーに対して真摯に向き合い、やれること、やるべきことをしてきた思いがあります。もう少しうまくやれた思いもありますが、高知の片田舎から出てきた自分が今までやってこられたのも周りのたくさんの方々の支えがあってこそだと思います。良い時も悪い時もありましたが、その全てが美しい思い出として残っています。そして私に熱いサポートをいただいたファン、サポーターの皆さまにはこの場を借りて感謝の思いを伝えたいです。本当にありがとうございました」 「また私をプロの道に導いて下さいました井ノ口、土居少年SC、清水ヶ丘中学校、高知追手前高校、関西学院大学の関係者の皆さま、ありがとうございました。私にとりましてはサッカーの楽しさ、喜びや厳しさを学んだ貴重な時間でした。最後になりますが、サッカーを始めて今まで1番のサポーターでいてくれ、常に自分を応援してくれた両親と兄、さまざまなサポートをしてくれた妻の両親に感謝しています。ありがとうございました」 「そして私の1番の理解者であり戦友でもある妻と息子たちへ。あなたがいたからこそ続けることができたし、今の自分がいると思っています。心からの感謝を伝えたいです。本当にありがとう! これからは新たなステージで新たなチャレンジをして行きたいと思います。本当にありがとうございました」 2018.01.30 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

北九州、DF梶原夕希也の現役引退&スクールコーチ就任を発表「潰瘍性大腸炎という病気にかかってしまい…」

▽ギラヴァンツ北九州は29日、DF梶原夕希也(21)が現役を引退し、同クラブのスクールコーチに就任することを発表した。 ▽福岡県北九州市出身の梶原は、2015年に北九州の選手として初めて同クラブのアカデミーからトップチームに昇格。しかし、これまでに出場機会を得ることはできていなかった。 ▽梶原は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「現役を引退して、ギラヴァンツ北九州のスクールコーチをさせてもらうことになりました」 「プロ2年目からは潰瘍性大腸炎という病気にかかってしまい、なかなか思うように、サッカーが出来ずにいました。それでも、プロとして3年間プレーすることが出来たのは、沢山の人の支えがあったからです。これまで一緒に戦ってくれた、チームメイト、指導してくれた監督、コーチ、スタッフの皆さん、応援してくれたファン、サポーターの皆さん、体調を整えてくれた病院の先生方、そして一番近くで見守ってくれた家族。こんな自分を応援してくれて、支えてくれた皆さんに本当に感謝しています。サッカーを通じて、出会った全ての人が僕の宝です」 「これから新たなチャレンジになりますが、ギラヴァンツ北九州そして北九州の力になれるようこれからも頑張っていきます。本当にありがとうございました」 2018.01.29 16:09 Mon
twitterfacebook
thumb

北九州MF茂平が入籍 「より一層の覚悟と責任感を」

▽ギラヴァンツ北九州は27日、MF茂平(24)が26日に入籍したことを発表した。 ▽茂は、立命館大学、奈良クラブを経て、2017シーズンから北九州でプレー。明治安田生命J3リーグ21試合に出場した。 ▽入籍発表を受けて、茂はクラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「私事ですが、1月26日にかねてよりお付き合いしていた方と入籍致しました。家族のために、より一層の覚悟と責任感を持ち、支えて下さっている皆さまへの感謝の気持ちを忘れずに日々精進します。これからも応援よろしくお願い致します」 2018.01.27 13:10 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース