鹿島から加入の本山は43番に決定! 北九州が新シーズンの背番号発表2015.01.02 16:01 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽J2の北九州は2日、2016シーズンの背番号を発表した。

▽2015シーズンのJ2リーグを7位でフィニッシュした北九州は、待望のJ1ライセンスを取得したことで、J1昇格への機運が高まる。

▽注目の新シーズンの背番号では、J1の鹿島から加入した元日本代表MF本山雅志が、鹿島時代に付けていた10番ではなく、43番を選択。また、J2の長崎から加入したDF石神直哉は2番、DF刀根亮輔は41番、MF花井聖は20番に決定した。さらにJ2の松本から2年ぶりに復帰するFW池元友樹は、以前に付けていた11番ではなく、松本時代の14番となった。

▽今回発表された北九州の2016シーズン背番号は以下の通り。

◆北九州2016シーズン背番号
GK
1.阿部伸行
21.鈴木彩貴
27.中山開帆

DF
2.石神直哉
3.星原健太
4.市川恵多
5.前田和哉
6.西嶋弘之
16.弓崎恭平
19.川島大地
23.寺岡真弘
26.梶原夕希也
28.小谷健悟
41.刀根亮輔

MF
7.風間宏希
8.八角剛史
10.小手川宏基
11.井上翔太
13.多田高行
17.加藤弘堅
18.内藤洋平
20.花井聖
24.新井純平
43.本山雅志

FW
9.原一樹
14.池元友樹
15.大島秀夫
25.小松塁

※は新加入選手

コメント

関連ニュース

thumb

北九州MF本山雅志が右ヒザ内側半月板損傷で手術…全治は2カ月

▽ギラヴァンツ北九州は17日、MF本山雅志が東京都内の病院にて右ヒザ内側半月板損傷の手術を行ったことを発表した。全治は2カ月とのこと。 ▽本山は7日、本城運動場での練習後、右ヒザに違和感を訴え、8日に受診していた。 ▽2016年に鹿島アントラーズから北九州に加入した本山。今シーズンはここまで公式戦での出場はない。 2017.08.17 21:04 Thu
twitterfacebook
thumb

北九州がMF山藤健太の期限付き移籍加入を発表

▽ギラヴァンツ北九州は12日、ツエーゲン金沢からMF山藤健太(30)の期限付き加入が決まったことを発表した。 ▽山藤は昨シーズンにリーグ戦37試合に出場して4得点を記録したが、今シーズンここまでは2試合の出場にとどまっていた。 ▽山藤は移籍に際して以下のコメントを公式サイトを通じて発表している。 2017.08.12 14:37 Sat
twitterfacebook
thumb

北九州が栃木MF安藤由翔を完全移籍で獲得「持っている力を存分に発揮する」

▽ギラヴァンツ北九州は9日、栃木SCからMF安藤由翔(25)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は「31」となる。 ▽安藤は京都産業大学から2013年にガイナーレ鳥取へと加入3シーズンを過ごすと、2016年にレノファ山口FCへ移籍。今シーズンから栃木に加入していた。栃木では明治安田生命J3リーグで5試合に出場している。J2通算20試合出場1得点、J3通算64試合出場6得点。安藤は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ギラヴァンツ北九州 「栃木SCから加入することになりました、安藤由翔です。ギラヴァンツ北九州に加入できることを嬉しく思っています。北九州のJ2昇格のために、自分の持っている力を存分に発揮してチームに貢献できるように頑張りますので、熱いご声援をよろしくお願いします!」 ◆栃木SC 「この度、ギラヴァンツ北九州に移籍することになりました。怪我も多くてなかなか試合に出場する機会もなく、栃木SCに貢献することができずに申し訳無い気持ちでいっぱいです。栃木SCに関わる全ての方、サポーターの方々には半年という短い間でしたがとても感謝しています。また、このようなかたちでの移籍となり、サポーターの皆様に直接ご挨拶ができず申し訳ありませんが、また新しい場所で頑張りますのでこれからも宜しくお願いします。ありがとうございました!」 2017.08.09 11:25 Wed
twitterfacebook
thumb

鹿児島が地元出身のMF中原秀人を北九州から完全移籍で獲得「チームのため鹿児島のために精一杯プレーします」

▽鹿児島ユナイテッドFCは1日、ギラヴァンツ北九州のMF中原秀人(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「38」を付ける。 ▽中原は、鹿児島県阿久根市出身で、2012年に福岡教育大学から北九州に加入。2013年から2016年まではアビスパ福岡でプレーし、今シーズンから北九州に復帰。明治安田生命J3リーグで5試合の出場に留まっていた。中原は両クラブを通じてコメントしている。 ◆鹿児島ユナイテッドFC 「ギラヴァンツ北九州から移籍してきました中原秀人です。地元である鹿児島でプレーできる事を嬉しく思います。 僕のプレーは運動量や攻撃に、特に自信があります。今まで培ってきた経験を結果で示し、必ずJ2昇格できるようにチームのため鹿児島のために精一杯プレーします。みなさんに一日でも早く認めていただけるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」 ◆ギラヴァンツ北九州 「ギラヴァンツ北九州のファン・サポーターのみなさん、半年間という短い間でしたが、応援ありがとうございました。練習場やスタジアムでいつも温かい声をかけていただき励みになりました。なかなかチームの力になれず申し訳なり気持ちでいっぱいですが、この半年間育ててくれたこのチームにはとても感謝していますし、北九州でプレーできた事を誇りに思います。今まで本当にありがとうございました」 2017.08.01 19:33 Tue
twitterfacebook
thumb

好セーブを連発して“空気を読め”と言われ続けた山岸範宏「正面に来ちゃったら…(笑)」《鈴木啓太 引退試合》

▽『鈴木啓太 引退試合』が17日に浦和レッズの本拠地である埼玉スタジアム2002で行われた。REDS LEGENDS(浦和OB主体)vsBLUE FRIENDS(鈴木と同じ時代に日の丸を背負った仲間たち)は、4-4のドローに終わっている。 ▽BLUE FRIENDSの一員としてピッチに立った山岸範宏は、セーブを連発してゴールを許さなかった前半を振り返り、困惑したことを明かした。 <span style="font-weight:700;">◆山岸範宏(BLUE FRIENDS)</span> <span style="font-weight:700;">──かなり空気読めという言葉が飛んでいましたが</span> 「空気読めって言われて、僕も分かっているんですけど、読みようがなかったです。だって正面に来るんですもん」 「福さん(福田正博)に決めてもらってと言ったらあれですけど、面白い試合にするために考えたんですけどね(笑) 正面に来ちゃったら空気読みようがないです(笑)。浦和ベンチのGKコーチからすごいプレッシャーを感じました。怒っているのは分かっていたんですけど、読みようがなかったですね」 <span style="font-weight:700;">──浦和では啓太さんと長い間一緒にプレーしていましたが、どのような選手でしたか</span> 「みなさんがご覧になられている通り、危機察知能力に優れていて、危ないと思ったところにいる頼りになる存在でした。物の考え方、姿勢も僕にとっては勉強になりましたね」 <span style="font-weight:700;">──今日は啓太さんと一緒にプレーしましたが?</span> 「啓太のこともそうですし、昔の仲間と会える機会をいただけたのは嬉しかったですし、光栄です」 <span style="font-weight:700;">──久々の埼スタはいかがでしたか?</span> 「何ものにも変えがたいスタジアムですね」 2017.07.18 13:41 Tue
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース