超ワールドサッカー

鹿島から加入の本山は43番に決定! 北九州が新シーズンの背番号発表2015.01.02 16:01 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽J2の北九州は2日、2016シーズンの背番号を発表した。

▽2015シーズンのJ2リーグを7位でフィニッシュした北九州は、待望のJ1ライセンスを取得したことで、J1昇格への機運が高まる。

▽注目の新シーズンの背番号では、J1の鹿島から加入した元日本代表MF本山雅志が、鹿島時代に付けていた10番ではなく、43番を選択。また、J2の長崎から加入したDF石神直哉は2番、DF刀根亮輔は41番、MF花井聖は20番に決定した。さらにJ2の松本から2年ぶりに復帰するFW池元友樹は、以前に付けていた11番ではなく、松本時代の14番となった。

▽今回発表された北九州の2016シーズン背番号は以下の通り。

◆北九州2016シーズン背番号
GK
1.阿部伸行
21.鈴木彩貴
27.中山開帆

DF
2.石神直哉
3.星原健太
4.市川恵多
5.前田和哉
6.西嶋弘之
16.弓崎恭平
19.川島大地
23.寺岡真弘
26.梶原夕希也
28.小谷健悟
41.刀根亮輔

MF
7.風間宏希
8.八角剛史
10.小手川宏基
11.井上翔太
13.多田高行
17.加藤弘堅
18.内藤洋平
20.花井聖
24.新井純平
43.本山雅志

FW
9.原一樹
14.池元友樹
15.大島秀夫
25.小松塁

※は新加入選手

コメント

関連ニュース

thumb

藤本の2得点で鹿児島が3連勝! 北九州との“九州ダービー”を制す《J3》

▽明治安田生命J3リーグ第5節の6試合が16日に各地で行われた。 ▽鹿児島県立鴨池陸上競技場で行われた鹿児島ユナイテッドFCvsギラヴァンツ北九州は、2-1で鹿児島が勝利した。“九州ダービー”となった試合は22分、ハーフウェイライン付近でナ・ソンスがパスを受けると、ドリブルを開始。そのままボックス左まで切り込んで左足でシュートを放つも、GK山岸範宏の好守に阻まれる。 ▽試合が動いたのは53分、ボックス右で縦パスを受けた赤尾がダイレクトで中央に折り返すと、走り込んだ藤本が右足で押し込んだ。 ▽先制を許した北九州はその後、なかなか攻勢に転じることができなかったが、後半半ばに同点のチャンスを迎える。ボックス右で落としを受けた小谷が中央への侵攻を図ると赤尾がたまらずファール。このPKを池元が左隅に沈め、試合を振り出しに戻す。 ▽同点ゴールを許した鹿児島だったが、粘りのプレーから決定機を迎える。82分、右サイドからのクロスがファーサイドに流れると、ラインを割りそうなボールを永畑が懸命に残す。これを赤尾が拾うと、弓崎に倒されてPKを獲得。これを藤本が冷静にゴール正面に突き刺すとこれが決勝点となり、鹿児島が北九州との“九州ダービー”を制した。 ▽4/16(日) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">グルージャ盛岡 1</span>-0 藤枝MYFC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ブラウブリッツ秋田 3</span>-1 ガイナーレ鳥取 福島ユナイテッド 1-1 SC相模原 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">栃木SC 2</span>-1 アスルクラロ沼津 カターレ富山 0-0 FC琉球 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">鹿児島ユナイテッドFC 2</span>-1 ギラヴァンツ北九州 ▽4/15(土) ガンバ大阪U-23 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 AC長野パルセイロ</span> セレッソ大阪U-23 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 FC東京U-23</span> 2017.04.16 19:10 Sun
twitterfacebook
thumb

北九州が中国人MF孫峻崗の期限付き移籍加入を発表

▽ギラヴァンツ北九州は31日、中国人MF孫峻崗(21)が期限付き移籍で加入したことを発表した。なお、移籍期間は2017年3月21日~2017年12月31日までとなっている。また、中国人選手の在籍はクラブとして初めてとのこと。 ▽北九州に加入した孫はクラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この度、ギラヴァンツ北九州に加入できることになり、大変感謝しています。ミクニワールドスタジアム北九州という素晴らしいスタジアムで試合ができることを楽しみにしています。日頃のトレーニングの成果を、自分のプレーに活かせるように、努力を惜しまず、精一杯取り組みたいと思いますので、温かい声援をよろしくお願いします」 ▽孫は2015年から上海上港集団足球倶楽部のリザーブチームに在籍しており、2016年のアジアチャンピオンズリーグでの水原三星ブルーウィングス戦でトップチームデビューを果たしている。 2017.03.31 20:19 Fri
twitterfacebook
thumb

北九州が新スタ初勝利! 池元弾でC大阪U-23を撃破《J3》

▽明治安田生命J3リーグ第3節の4試合が各地で行われた。 ▽ミクニワールドスタジアム北九州で行われたギラヴァンツ北九州vsセレッソ大阪U-23は、1-0で北九州が勝利した。試合はC大阪U-23が9分、温井の左CKを岸本が頭で合わせるも、枠を捉えきれない。対する北九州は10分、ボックス内でパスを受けた小松が2度シュートを放つも、決めることができなかった。 ▽前半半ばに差し掛かると、C大阪U-23がビックチャンスを迎える。24分、敵陣左深い位置へのスルーパスに反応した温井が中央にクロスを送ると、ボックス内で収めた35が右足で押し込む。しかし、これがバーに嫌われる。対する北九州も40分、最終ラインからボックス右へのロングフィードに反応した小松が切り返して左足を振り抜くと、バーに直撃。両チームともにバーに嫌われ、決定機をモノにすることができない。 ▽後半に入るとC大阪U23が北九州を攻め立てる。55分、左サイドでパスを受けた斧澤がボックス中央にクロスを供給。これをフリーで走り込んだ岸本頭で合わせるも、GK山岸の好守に阻まれる。 ▽迎えた60分、ピンチを防いだ北九州が均衡を破る。敵陣中央からの縦パスを小谷がそのまま反転。ボックス右に侵攻して、シュートを放つと、GKキム・ジンヒョンに弾かれるも、こぼれ球に反応した池元が押し込んだ。 ▽これで流れを掴んだ北九州がその後押し込む展開に。C大阪U-23も北九州ゴールに迫るも、前半ほどの怖さを見せられず、最後は北九州がうまく時間を使い、試合終了。池元の今季初ゴールを守り切った北九州が初勝利を挙げた。 ▽3/26(日) グルージャ盛岡 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 カターレ富山</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">福島ユナイテッド 1</span>-0 FC琉球 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ガイナーレ鳥取 1</span>-0 AC長野パルセイロ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ギラヴァンツ北九州 1</span>-0 セレッソ大阪U-23 ▽3/25(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">栃木SC 1</span>-0 Y.S.C.C.横浜 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アスルクラロ沼津 4</span>-1 藤枝MYFC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">鹿児島ユナイテッドFC 1</span>-0 ガンバ大阪U-23 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC東京U-23 1</span>-0 SC相模原 2017.03.26 17:07 Sun
twitterfacebook
thumb

北九州MF加藤弘堅が3台が絡む玉突き事故を起こす…ケガ人はなし

▽ギラヴァンツ北九州は18日、MF加藤弘堅が追突事故を起こしたことを発表した。 ▽クラブの発表によると、事故は18日の午前7時20分ごろに発生。北九州市小倉南区葛原本町1丁目交差点で、赤信号で停止していた軽自動車にペダルを足から離して徐行していた加藤の運転する普通乗用車が接近。加藤がブレーキペダルを踏もうとした所、誤ってアクセルペダルを踏んでしまい前方の軽自動車に衝突。さらに、その衝撃で前方に停止していたもう1台の軽自動車にも衝突し、3台の玉突き事故となったとのことだ。 ▽加藤は事故発生後の警察へ通報。警察立ち合いの下、現場検証・事故処理を行ったとのことだ。なお、ケガ人は出ていないとのことだ。 ▽長崎はチーム練習前に、野見山強化育成部長より加藤および選手全員へ事故報告および安全運転徹底への再確認と注意喚起を実施。安全運転講習会を実施する予定とのことだ。 2017.03.18 20:37 Sat
twitterfacebook
thumb

新戦力躍動の北九州が快勝!! 熊本は後半チャンス作るも決めきれず未勝利で大会終える《DAZNニューイヤーカップ》

▽11日に2017 JリーグDAZNニューイヤーカップの鹿児島ラウンド第3節のロアッソ熊本(J2)vsギラヴァンツ北九州(J3)が行われ、3-0で北九州が勝利した。 ▽ここまでの2試合で1分け1敗の熊本と、同じく1分け1敗の北九州による“バトル・オブ・九州”。九州地方を襲った記録的寒波の影響で、ピッチの至る所に雪が残った状態でキックオフを迎えた。お互いに白星で大会を終えたい2チームの一戦は、お互いに[4-4-2]のフォーメーションを採用して臨んでいる。 ▽試合は開始2分、上里が出した浮き球のパスに平繁が反応。ボックス内でシュートを試みるが、戻った刀根がスライディングでブロックした。北九州も左サイドでボールを受けた神崎が右足で狙うなど、お互いに攻撃的な姿勢を見せる入りとなった。 ▽その後は北九州がやや押し込む形を見せる。左サイドを起点にピッチの幅を使いながら熊本を押し込むと、23分にはこぼれ球を拾った中原が積極的にミドルシュートを狙う。熊本は、前線の動き出しと中盤からのパス出しが合わない場面が目立ち、相手陣内にボールを運んでもハイプレスに出る北九州の網にかかる。 ▽すると40分、ボックス右でボールを受けた茂が縦に突破して右足でクロスを入れると、ニアで平井が合わせる。これはうまくミートできなかったものの、平井がこぼれたボールを自分で押し込んで北九州が先制する。しかし北九州は直後にイムが足を負傷し、米原と交代でベンチへと下がり前半を終えた。 ▽追いかける熊本はハーフタイムで村上を下げて上村を投入する。しかし48分、GK野村のクリアミスを拾った平井がボールを収めてゴール前にボールを配給。池元のシュートはうまくミートできなかったものの、茂がこぼれ球をシュート。一度はGK野村に防がれたが、こぼれ球を茂が押し込んで北九州が2点目を奪った。 ▽2点を追う展開となった熊本は、前線の平繁や田中が裏を狙い、そこに中盤からロングボールが出るようになるも、攻撃をフィニッシュで終われない場面が続く。それでも57分には田中のスルーパスから裏に抜け出した岡本がシュート。しかしこの一対一の場面はGK高橋に軍配が上がった。 ▽しかしこのプレーで勢いが増した熊本は岡本がやや中央に絞った位置でプレーしてゲームをコントロール。66分にはその岡本がパス交換でマークを剥がしてボックス外から狙うも、ボールは枠を捉えきれなかった。 ▽終盤にかけてはお互いに選手を入れ替えて流れを変えようとする。しかし熊本が優位に試合を進める展開は変わらず、84分には岡本のスルーパスに抜け出した途中出場の八久保がボックス内からシュートを狙うが、GK高橋が止める。 ▽チャンスを外し続けていた熊本に対して北九州は86分、ボックス右でFKを獲得するとこの流れから鈴木が頭でゴールネットを揺らしてダメ押しとなる3点目を奪った。 ▽その後は北九州が危なげない試合運びを見せて終了のホイッスル。北九州が新戦力の活躍で今大会初勝利を飾った。一方の熊本は後半にチャンスを作るも決めきれず、未勝利で大会を終えた。 ロアッソ熊本 0-3 ギラヴァンツ北九州 【北九州】 平井将生(40) 茂平(48) 鈴木翔登(86) 2017.02.11 12:55 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース