鹿島から加入の本山は43番に決定! 北九州が新シーズンの背番号発表2015.01.02 16:01 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽J2の北九州は2日、2016シーズンの背番号を発表した。

▽2015シーズンのJ2リーグを7位でフィニッシュした北九州は、待望のJ1ライセンスを取得したことで、J1昇格への機運が高まる。

▽注目の新シーズンの背番号では、J1の鹿島から加入した元日本代表MF本山雅志が、鹿島時代に付けていた10番ではなく、43番を選択。また、J2の長崎から加入したDF石神直哉は2番、DF刀根亮輔は41番、MF花井聖は20番に決定した。さらにJ2の松本から2年ぶりに復帰するFW池元友樹は、以前に付けていた11番ではなく、松本時代の14番となった。

▽今回発表された北九州の2016シーズン背番号は以下の通り。

◆北九州2016シーズン背番号
GK
1.阿部伸行
21.鈴木彩貴
27.中山開帆

DF
2.石神直哉
3.星原健太
4.市川恵多
5.前田和哉
6.西嶋弘之
16.弓崎恭平
19.川島大地
23.寺岡真弘
26.梶原夕希也
28.小谷健悟
41.刀根亮輔

MF
7.風間宏希
8.八角剛史
10.小手川宏基
11.井上翔太
13.多田高行
17.加藤弘堅
18.内藤洋平
20.花井聖
24.新井純平
43.本山雅志

FW
9.原一樹
14.池元友樹
15.大島秀夫
25.小松塁

※は新加入選手

コメント

関連ニュース

thumb

敵地で千葉を撃破した北九州が今季4勝目!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第20節のジェフユナイテッド千葉vsギラヴァンツ北九州が26日にフクダ電子アリーナで行われ、1-2で北九州が勝利した。 ▽現在リーグ戦9試合負けなしで9位の千葉が、21位と低迷する北九州をホームに迎えた一戦。千葉は先発出場する予定だったアランダが試合前のウォーミングアップ中に負傷。代わって富澤が急遽スターティングメンバーに起用された。試合は開始1分、千葉に再びアクシデントが起きる。相手のスルーパスをカットした際に足を痛めた近藤がプレー続行不可能となり、4分に大久保との交代を余儀なくされた。 ▽アクシデント続きの千葉に対し、北九州は13分、GK佐藤の縦パスをカットした小松がドリブルでボックス右まで持ち上がりクロス。これをファーサイドに走りこんだ川島がダイレクトシュートで狙ったが、ボールは枠を大きく外した。 ▽素早い攻守の切り替えでカウンターを狙う北九州は25分に先制する。風間のスルーパスに抜け出した星原がボックス右ライン際から折り返すと、GK佐藤の弾いたこぼれ球に反応した原がダイレクトでゴールに叩き込んだ。 ▽その後、徐々に落ち着きを取り戻した千葉は前半終了間際の46分、ボックス右手前でボールを受けたエウトンが反転からシュートを放ったが、これはGK鈴木のセーブに阻まれた。 ▽後半に入っても攻めあぐねる千葉は、54分に山本を下げ、オナイウ阿道を投入。さらに60分には町田に代えて井出をピッチに送り出す。65分には、エウトンのパスを受けた船山がボックス右からゴールを狙ったが、シュートはゴール左に逸れた。 ▽対する北九州は68分、風間のパスでゴール前に抜け出した小松がシュート。これはGK佐藤がブロックに阻まれたが76分に追加点を奪う。ボックス右でボールを受けた原が右サイドに開きクロスを供給すると、二アサイドの風間がヘディングでゴールに流し込んだ。 ▽千葉は82分に多々良の右クロスからエウトンのヘディングシュートで1点を返すも、反撃はここまで。結局試合はそのまま終了し、アウェイの北九州が今季4勝目を飾った。 2016.06.26 20:10 Sun
twitterfacebook
thumb

宮澤の今季初ゴールで2連勝の札幌が首位キープ!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第19節の北海道コンサドーレ札幌vsギラヴァンツ北九州が19日に札幌ドーム行われ、ホームの札幌が1-0で勝利した。 ▽前節、V・ファーレン長崎相手に3試合ぶりの白星を掴んだ首位の札幌と、前節、ツエーゲン金沢との下位対決を制して最下位を脱出した21位の北九州が対峙した一戦。試合は立ち上がりからボールを保持する札幌が押し込む時間が続くも、自陣深くに引いてスペースを消す北九州の守備を前になかなかフィニッシュまで持ち込めない。 ▽一方、狙いどころを定めた守備から原を起点としたロングカウンターを繰り出す北九州は、20分過ぎに続けて決定機を創出。21分には右サイドからのクロスを原が頭で合わせるが、これはGKク・ソンユンにセーブされる。続く22分にはボックス左で池元がグラウンダーで折り返したボールを、ゴール前の原がバックヒールで合わす。さらにGKが弾いたこぼれ球を新井が押し込みにかかるが、これはDF増川がゴールライン手前でかき出した。 ▽守備陣の粘りでピンチを凌いだ札幌は、25分過ぎにヘイスのヘディングシュートから最初のチャンスを作ると、29分には左CKからニアの石井が枠を捉えたヘディングシュートを放つが、これはGK鈴木のビッグセーブに阻まれた。 ▽前半終盤にかけて猛攻を見せる札幌は、37分にボックス右で都倉が頭で折り返したボールをゴール前の内村が押し込むが、これは手を使ってボールを叩いたとして内村にイエローカードが掲示される。それでも、攻め続けるホームチームは前半ラストプレーでボックス左に抜け出した石井の折り返しが相手DFのクリアミスを誘うと、これをゴール前に走り込んだ宮澤がシュート。GK鈴木の手を弾いたボールがネットに吸い込まれた。 ▽宮澤の今シーズン初ゴールで先手を奪った札幌だったが、後半は立ち上がりから押し込まれる展開を強いられる。49分にはサイドからのクロスをキッカケにボックス手前でこぼれ球に反応した風間に強烈なミドルシュートを許すが、ここはGKク・ソンユンの好守で凌いだ。 ▽時間の経過と共に北九州を押し返した札幌は、64分にボックス手前のヘイスが左足を振りぬくが、シュートはGK鈴木のセーブに遭った。その後、69分過ぎに内村とヘイスを下げて前とジュリーニョを同時投入した札幌は、70分に投入直後のジュリーニョが際どいヘディングシュートを放つが、これは惜しくもクロスバーの上を越えた。 ▽一方、流れを変えたい北九州は加藤、小松を続け様に投入し、82分には明日に37歳の誕生日を迎えるベテランMF本山をピッチに送り出した。この交代で長身FW小松を目掛けたロングボールで局面の打開を図るが、札幌の堅守を最後までこじ開けることはできず。前半終了間際に宮澤が挙げたゴールを最後まで守り切った札幌が、2連勝で首位キープに成功した。 2016.06.19 15:59 Sun
twitterfacebook
thumb

ボトム対決を制した北九州、5試合ぶり白星で最下位脱出…金沢は2連敗で5戦未勝利《J2》

▽12日に行われた明治安田生命J2リーグ第18節のギラヴァンツ北九州vsツエーゲン金沢は、北九州が3-2で勝利した。 ▽ここまで2勝5分け10敗で最下位の北九州と、同成績ながら得失点差で21位につける金沢が相まみえた。試合が動いたのは11分。右サイドの敵陣深くでFKのチャンスを得た北九州は、川島が左足で入れたクロスから、ニアサイドの石神が左足を合わせて先制する。 ▽しかし、この直接対決を落とせない金沢も一歩も引かない。21分、安東が相手DFと競り合うと、ボールがボックス内に転がる。これに素早く反応した山崎が走り込みながらシュートを放つと、北九州のゴールマウス右に決まった。 ▽それでも、北九州は43分に再び引き離す。右サイドの敵陣深くから送られた小手川のクロスを受けた川島がボックス左から中央へボールを入れると、これがDFのクリアミスを誘発。ボールはそのままゴールラインを割り、ラッキーな形で勝ち越しゴールが生まれた。 ▽1点ビハインドで試合を折り返すこととなった金沢だが、気落ちすることなく、立ち上がりから攻め入ると、49分に好機。ボックス内の水永が右からのクロスを頭で折り返すと、これに反応した山藤が左足で流し込んだ。 ▽しかし、最下位からの脱出を狙う北九州が意地を見せる。59分、川島の縦パスに星原が反応。星原はボックス右からクロスを入れると、ニアサイドの原を経由してゴール前の池元にボールが渡る。池元は落ち着いてシュートを放ち、ネットを揺らした。 ▽結局、このゴールが決勝点となり、北九州が”ボトム対決”を3-2で勝利。5試合ぶりの白星を手にした。一方、競り負けた金沢は2連敗で5戦未勝利となり、北九州に代わって最下位に転落した。 2016.06.12 18:46 Sun
twitterfacebook
thumb

高瀬→瀬川のホットライン! ルーキー瀬川のプロ初ハットで群馬が北九州に快勝!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第17節のギラヴァンツ北九州vsザスパクサツ群馬が8日に北九州市立本城陸上競技場で行われ、アウェイの群馬が0-3で勝利した。 ▽現在リーグ戦3連敗、勝ち点11で最下位に沈む北九州が、2連敗中の20位・群馬を迎えた一戦。試合はアウェイの群馬が序盤からペースを握った。 <div id="ad"></div> ▽開始2分、瀬川がボックス左からシュートを放つもDFがブロックする。さらに5分には瀬川が右サイドを仕掛け中央に折り返すも、舩津には合わない。 ▽すると迎えた12分、高瀬からのロングフィードを受けた瀬川が、巧なトラップから華麗に沈め、群馬が先制する。 ▽先制を許した北九州は14分、原のシュートのコースが変わると、小松が合わせるも枠を外れる。ハーフタイムにかけては群馬が攻勢。高橋を中心に北九州ゴールに迫ると43分、高瀬からのクロスを瀬川がヘディングで叩き込み、群馬が2点のリードを奪って前半を終える。 ▽後半に入ると、前半とは打って変わって北九州が攻勢に出る。57分には風間がボックス手前からシュートを放つもGK清水がセーブ。59分には、本山のクロスを井上が頭で合わせるも、再びGK清水が立ちはだかる。 ▽北九州に押し込まれる時間帯が続いた群馬だったが、徐々に盛り返していくも、ゴールを奪えずに終盤へ。すると後半アディショナルタイム1分、相手CKからカウンターを仕掛けると、高瀬からのパスを瀬川が飛び出したGKと競り合い勝利。そのまま無人のゴールへと流し込みハットトリックを達成。そのまま試合は終了し、群馬が0-3で勝利を収めた。 2016.06.08 22:15 Wed
twitterfacebook
thumb

松本が粘りを見せる北九州を振り切り、今季2度目の3連勝!!《J2》

▽4日に松本平広域公園総合球技場で明治安田生命J2リーグ戦第16節の松本山雅vsギラヴァンツ北九州が行われ、2-1で松本が勝利した。 ▽4戦無敗の2連勝中と勢いに乗る4位の松本(勝ち点26)が、2連敗中の21位・北九州(勝ち点11)が対戦した。試合は、お互いに相手陣内まで攻め込むオープンな展開の中、14分に松本は右CKからこぼれ球を拾った岩間がドリブルでボックス内へとボールを運びシュート。これがGL阿部の守るゴールマウスを破り、先制に成功する。 <div id="ad"></div> ▽追いかける展開となった北九州だが16分にアクシデント。星原が負傷し、プレー続行が不可能となって寺岡との交代を余儀なくされた。すると、ハーフタイムにかけても松本が攻勢に出るが、1-0のスコアのまま後半を迎えた。 ▽すると61分、松本は右CKの流れからファーサイドに流れた當間が頭で合わせる。するとこれがゴールネットを揺らし、後半も勢いを持って攻めていた松本がリードを広げた。一方の北九州は79分、右CKからニアサイドでフリックしたボールを、ファーサイドの原が押し込み1点を返す。 ▽試合終盤には同点にした北九州が攻守にアグレッシブさをみせるも、松本も球際で強さを見せて1点を守る。するとそのまま試合は終了のホイッスルが吹かれ、松本が今季2度目の3連勝を飾った。 2016.06.04 16:51 Sat
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース