鹿島から加入の本山は43番に決定! 北九州が新シーズンの背番号発表2015.01.02 16:01 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽J2の北九州は2日、2016シーズンの背番号を発表した。

▽2015シーズンのJ2リーグを7位でフィニッシュした北九州は、待望のJ1ライセンスを取得したことで、J1昇格への機運が高まる。

▽注目の新シーズンの背番号では、J1の鹿島から加入した元日本代表MF本山雅志が、鹿島時代に付けていた10番ではなく、43番を選択。また、J2の長崎から加入したDF石神直哉は2番、DF刀根亮輔は41番、MF花井聖は20番に決定した。さらにJ2の松本から2年ぶりに復帰するFW池元友樹は、以前に付けていた11番ではなく、松本時代の14番となった。

▽今回発表された北九州の2016シーズン背番号は以下の通り。

◆北九州2016シーズン背番号
GK
1.阿部伸行
21.鈴木彩貴
27.中山開帆

DF
2.石神直哉
3.星原健太
4.市川恵多
5.前田和哉
6.西嶋弘之
16.弓崎恭平
19.川島大地
23.寺岡真弘
26.梶原夕希也
28.小谷健悟
41.刀根亮輔

MF
7.風間宏希
8.八角剛史
10.小手川宏基
11.井上翔太
13.多田高行
17.加藤弘堅
18.内藤洋平
20.花井聖
24.新井純平
43.本山雅志

FW
9.原一樹
14.池元友樹
15.大島秀夫
25.小松塁

※は新加入選手

コメント

関連ニュース

thumb

逆転勝利の京都が5戦無敗!!《J2》

▽22日に北九州市立本城陸上競技場で、明治安田生命J2リーグ第14節のギラヴァンツ北九州vs京都サンガF.C.が行われ、2-1で京都が勝利した。 ▽前節の町田ゼルビア戦で開幕戦以来の白星を挙げた19位の北九州(勝ち点11)が、愛媛FCに勝利し4戦無敗とした7位の京都(勝ち点20)をホームに迎えた一戦。立ち上がりこそ京都が北九州ゴールに迫る展開となるも、先制点はホームチームに転がり込む。30分、北九州は原へのロングボールから相手ボックス内に攻め込むと、原がそのままボックス右から右足でシュート。これが相手にディフレクトしてゴールネットを揺らした。 ▽追いかける展開となった京都だがすぐさま反撃を開始すると、37分にエスクデロからのパスを受けたイ・ヨンジェが角度のない位置からシュートを蹴り込む。京都が試合を振り出しに戻して前半を終えた。 ▽すると52分に決勝ゴールが生まれる。山瀬がドリブルでボックス右に侵入し、そのまま右足を振り抜く。するとこのシュートがGKを破ってゴールネットに突き刺さり京都が勝ち越しに成功した。 ▽今季初の連勝を目指す北九州は、終盤に猛攻を仕掛けるが最後まで追いつくことはできずに試合は終了。京都が逆転勝利を収め、5戦無敗とした。 2016.05.22 16:11 Sun
twitterfacebook
thumb

エース・原の一撃で北九州が開幕戦以来12戦ぶりの勝利!! 敗れた町田は首位陥落…《J2》

▽15日に町田市立陸上競技場で、明治安田生命J2リーグ第13節の町田ゼルビアvsギラヴァンツ北九州が行われ、1-0で北九州が勝利した。 ▽前節のカマタマーレ讃岐戦に勝利し首位に浮上した町田(勝ち点25)と、3戦連続ドローとなっている20位の北九州(勝ち点8)が対戦した。 ▽試合は5分、セカンドボールを拾った鈴木孝が放った強烈なボレーシュートがポストを直撃する。その後も北九州を押し込んで攻勢に出た。しかし北九州も5分に本山がボックス手前からミドルシュートを狙うなど、要所で攻撃を仕掛けていく。 ▽その後も町田は26分に重松が強烈なミドルシュートを浴びせ、北九州も42分にセットプレーから小松がヘディングシュートを試みるが、どちらも決めきれないままに前半を終えた。 ▽迎えた56分、左サイドでボールを受けた原がゴール前にインスイングのクロスを送る。これに小松が合わせにかかるがボールに触れられず。しかしボールはそのまま逆サイドネットに収まり、北九州が先制に成功した。 ▽対する町田は72分に左サイドからのクロスに中島が頭で合わせる。しかしボールは右ポストを叩くなど決めきれない。試合終盤も町田が攻勢を強めてゴールを目指す。しかし北九州もこれまで何度も苦杯を舐めてきたアディショナルタイムを守りきって試合は終了。北九州が開幕戦以来となる12試合ぶりの白星を飾った。 2016.05.15 17:57 Sun
twitterfacebook
thumb

水戸が土壇場でドローに持ち込む!! 北九州はまたも終盤の失点で開幕戦以来の白星を逃す《J2》

▽7日にケーズデンキスタジアム水戸で、明治安田生命J2リーグ第12節の水戸ホーリーホックvsギラヴァンツ北九州が行われ、1-1のドローに終わった。 ▽ここまで10試合を終えて勝ち点11の15位に位置する水戸が11試合を終えて勝ち点7で21位の北九州をホームに迎えた一戦。ゴールデンウィーク3連戦の最終戦は、ホームの水戸が主導権をにいる展開となった。 ▽13分には船谷がボックス手前からシュート。15分には右CKからボックス内の今瀬がヘディングで合わせるが、どちらのチャンスも決めきれず。一方の北九州はビルドアップの場面でミスが目立ち、ボールを相手陣内に運べない時間が続く。 ▽ハーフタイムにかけても水戸が攻勢に出るが、45分には今瀬のシュートがディフレクトしてコースが変わる。ボールはゴールマウスに向かうもGK阿部がセーブし、ゴールレスで試合を折り返した。 ▽後半も水戸が攻勢に出ると、50分に湯澤がドリブルで左サイドの深い位置に侵入。右足のアウトサイドで入れたクロスに、ニアサイドに入り込んだ三島が合わせたがこのチャンスも決めきれなかった。 ▽一方の北九州は劣勢の状況が続く中、72分にディフェンスラインの裏に抜け出した原が、GK本間との一対一を制す。ワンチャンスを決めたアウェイの北九州が先制に成功した。 ▽その後は追いかける展開となった水戸がプレスを強めて攻め込む。しかし北九州も11試合ぶりの白星を目指して体を張ったブロックを見せる。するとこのまま終了かと思われたアディショナルタイム4分、三島の落としから湯澤がボックス左に侵入。マイナスのボールを入れると最後は萬代が押し込み、水戸が土壇場で試合を振り出しに戻す。 ▽すると直後に試合は終了。水戸が土壇場で勝ち点1を獲得。一方の北九州は11試合ぶりの白星が、終了間際にすり抜けてしまった。 2016.05.07 15:02 Sat
twitterfacebook
thumb

北九州と長崎の“バトル・オブ・九州”はドロー《J2》

▽3日に明治安田生命J2リーグ第11節、ギラヴァンツ北九州vsV・ファーレン長崎の“バトル・オブ・九州”が北九州市立本城陸上競技場で行われ、2-2のドローに終わった。 ▽前節、アウェイでのカマタマーレ讃岐戦を1-1で引き分けている北九州と、ホームでの横浜FC戦で敗れ、開幕戦以来の白星を目指す長崎の一戦。試合はホームの北九州がいきなりスコアを動かす。 ▽10分、ボックス手前でパスを受けた風間が右足一閃。これがネットに突き刺さり、北九州が先制する。先制した北九州はその後も攻勢を止めない。18分にはFKから本山がクロス。これはクリアされるも拾った小手川がシュート。しかし、枠を捉えられない。 ▽このまま前半が終了するかと思われたアディショナルタイム2分、FKからのクロスのこぼれ球を松本が蹴り込みゴール。長崎が土壇場で追いつき、1-1で試合を折り返す。 ▽前半終了間際に同点に追いついた長崎は、後半も攻勢をかける。50分、梶川がボックス内で反転シュートもGKがセーブ。53分には養父がミドルシュートも枠を外れる。すると迎えた59分、北九州がカウンターのチャンス。左サイドからの石神のグラウンダーのクロスが相手オウンゴールを誘発し北九州が勝ち越しに成功する。 ▽リードを許した64分、松本の右サイドからのクロスを、永井がオーバーヘッドで叩き込み、長崎が同点に追いつく。長崎はここから猛攻。73分には松本がヘディングで狙うもGKがセーブ。76分には養父が強烈なボレーシュートを放つもGKがセーブする。 ▽その後は、互いに勝利が欲しい両チームが試合終盤まで攻め込むもゴールを奪えず。そのまま試合は終了し、2-2のドローに終わった。 2016.05.03 15:54 Tue
twitterfacebook
thumb

讃岐がエブソン弾でドロー 追いつかれた北九州は開幕戦以来勝ち星なし《J2》

▽29日にPikaraスタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ第10節のカマタマーレ讃岐vsギラヴァンツ北九州は、1-1のドローに終わった。 ▽前節の愛媛FC戦(0-1)に敗れた9位・讃岐と、前節の清水エスパルス戦(1-2)に敗れて開幕戦以来、勝利から遠ざかっている21位・北九州の一戦。 ▽試合は、アウェイチームが開始早々に均衡を破る。2分、左サイドで本山がドリブル突破からクロス。これをニアサイドで小松が頭で合わせると、ボールはファーポストを叩いてゴールネットに吸い込まれた。 ▽早々に得点を奪った北九州は、その後も次々とゴールに迫っていく。一方、出鼻を挫かれた讃岐は、時間が経つにつれて落ち着きを取り戻すが、決定機を欠き北九州のリードのまま試合を折り返す。 ▽迎えた後半、反撃に出た讃岐は56分に試合を振り出しに戻す。右CKから高木が上げたボールにファーで反応したエブソンがヘディングで沈めた。これで息を吹き返した讃岐は、サイドを起点に攻撃に転じるが、北九州も固い守備を見せて逆転ゴールを許さない。 ▽後半半ばから一進一退となった両チームは、追加点を奪うことができずにタイムアップ。ホームで引き分けた讃岐は3戦未勝利。一方、アウェイの北九州は、またしてもシーズン2勝目を挙げることができなかった。 2016.04.29 15:51 Fri
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース