鹿島から加入の本山は43番に決定! 北九州が新シーズンの背番号発表2015.01.02 16:01 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽J2の北九州は2日、2016シーズンの背番号を発表した。

▽2015シーズンのJ2リーグを7位でフィニッシュした北九州は、待望のJ1ライセンスを取得したことで、J1昇格への機運が高まる。

▽注目の新シーズンの背番号では、J1の鹿島から加入した元日本代表MF本山雅志が、鹿島時代に付けていた10番ではなく、43番を選択。また、J2の長崎から加入したDF石神直哉は2番、DF刀根亮輔は41番、MF花井聖は20番に決定した。さらにJ2の松本から2年ぶりに復帰するFW池元友樹は、以前に付けていた11番ではなく、松本時代の14番となった。

▽今回発表された北九州の2016シーズン背番号は以下の通り。

◆北九州2016シーズン背番号
GK
1.阿部伸行
21.鈴木彩貴
27.中山開帆

DF
2.石神直哉
3.星原健太
4.市川恵多
5.前田和哉
6.西嶋弘之
16.弓崎恭平
19.川島大地
23.寺岡真弘
26.梶原夕希也
28.小谷健悟
41.刀根亮輔

MF
7.風間宏希
8.八角剛史
10.小手川宏基
11.井上翔太
13.多田高行
17.加藤弘堅
18.内藤洋平
20.花井聖
24.新井純平
43.本山雅志

FW
9.原一樹
14.池元友樹
15.大島秀夫
25.小松塁

※は新加入選手

コメント

関連ニュース

thumb

北九州MF加藤弘堅が3台が絡む玉突き事故を起こす…ケガ人はなし

▽ギラヴァンツ北九州は18日、MF加藤弘堅が追突事故を起こしたことを発表した。 ▽クラブの発表によると、事故は18日の午前7時20分ごろに発生。北九州市小倉南区葛原本町1丁目交差点で、赤信号で停止していた軽自動車にペダルを足から離して徐行していた加藤の運転する普通乗用車が接近。加藤がブレーキペダルを踏もうとした所、誤ってアクセルペダルを踏んでしまい前方の軽自動車に衝突。さらに、その衝撃で前方に停止していたもう1台の軽自動車にも衝突し、3台の玉突き事故となったとのことだ。 ▽加藤は事故発生後の警察へ通報。警察立ち合いの下、現場検証・事故処理を行ったとのことだ。なお、ケガ人は出ていないとのことだ。 ▽長崎はチーム練習前に、野見山強化育成部長より加藤および選手全員へ事故報告および安全運転徹底への再確認と注意喚起を実施。安全運転講習会を実施する予定とのことだ。 2017.03.18 20:37 Sat
twitterfacebook
thumb

新戦力躍動の北九州が快勝!! 熊本は後半チャンス作るも決めきれず未勝利で大会終える《DAZNニューイヤーカップ》

▽11日に2017 JリーグDAZNニューイヤーカップの鹿児島ラウンド第3節のロアッソ熊本(J2)vsギラヴァンツ北九州(J3)が行われ、3-0で北九州が勝利した。 ▽ここまでの2試合で1分け1敗の熊本と、同じく1分け1敗の北九州による“バトル・オブ・九州”。九州地方を襲った記録的寒波の影響で、ピッチの至る所に雪が残った状態でキックオフを迎えた。お互いに白星で大会を終えたい2チームの一戦は、お互いに[4-4-2]のフォーメーションを採用して臨んでいる。 ▽試合は開始2分、上里が出した浮き球のパスに平繁が反応。ボックス内でシュートを試みるが、戻った刀根がスライディングでブロックした。北九州も左サイドでボールを受けた神崎が右足で狙うなど、お互いに攻撃的な姿勢を見せる入りとなった。 ▽その後は北九州がやや押し込む形を見せる。左サイドを起点にピッチの幅を使いながら熊本を押し込むと、23分にはこぼれ球を拾った中原が積極的にミドルシュートを狙う。熊本は、前線の動き出しと中盤からのパス出しが合わない場面が目立ち、相手陣内にボールを運んでもハイプレスに出る北九州の網にかかる。 ▽すると40分、ボックス右でボールを受けた茂が縦に突破して右足でクロスを入れると、ニアで平井が合わせる。これはうまくミートできなかったものの、平井がこぼれたボールを自分で押し込んで北九州が先制する。しかし北九州は直後にイムが足を負傷し、米原と交代でベンチへと下がり前半を終えた。 ▽追いかける熊本はハーフタイムで村上を下げて上村を投入する。しかし48分、GK野村のクリアミスを拾った平井がボールを収めてゴール前にボールを配給。池元のシュートはうまくミートできなかったものの、茂がこぼれ球をシュート。一度はGK野村に防がれたが、こぼれ球を茂が押し込んで北九州が2点目を奪った。 ▽2点を追う展開となった熊本は、前線の平繁や田中が裏を狙い、そこに中盤からロングボールが出るようになるも、攻撃をフィニッシュで終われない場面が続く。それでも57分には田中のスルーパスから裏に抜け出した岡本がシュート。しかしこの一対一の場面はGK高橋に軍配が上がった。 ▽しかしこのプレーで勢いが増した熊本は岡本がやや中央に絞った位置でプレーしてゲームをコントロール。66分にはその岡本がパス交換でマークを剥がしてボックス外から狙うも、ボールは枠を捉えきれなかった。 ▽終盤にかけてはお互いに選手を入れ替えて流れを変えようとする。しかし熊本が優位に試合を進める展開は変わらず、84分には岡本のスルーパスに抜け出した途中出場の八久保がボックス内からシュートを狙うが、GK高橋が止める。 ▽チャンスを外し続けていた熊本に対して北九州は86分、ボックス右でFKを獲得するとこの流れから鈴木が頭でゴールネットを揺らしてダメ押しとなる3点目を奪った。 ▽その後は北九州が危なげない試合運びを見せて終了のホイッスル。北九州が新戦力の活躍で今大会初勝利を飾った。一方の熊本は後半にチャンスを作るも決めきれず、未勝利で大会を終えた。 ロアッソ熊本 0-3 ギラヴァンツ北九州 【北九州】 平井将生(40) 茂平(48) 鈴木翔登(86) 2017.02.11 12:55 Sat
twitterfacebook
thumb

若手積極起用の磐田が北九州に辛勝で最終節は鹿児島との決勝戦!!《DAZNニューイヤーカップ》

▽8日に2017 JリーグDAZNニューイヤーカップの鹿児島ラウンド第2節のギラヴァンツ北九州(J3)vsジュビロ磐田(J1)が行われ、1-0で磐田が勝利した。 ▽5日に行われた鹿児島ラウンドの開幕節で鹿児島ユナイテッドと引き分けた北九州と、ロアッソ熊本に引き分けた磐田が初勝利を目指して激突した。北九州は[4-4-2]のフォーメーションを採用。一方、初戦とは大きくメンバーを入れ替えた磐田は[4-2-3-1]のフォーメーションを用い、若手を多く起用した。 ▽試合は北九州がロングボールを用いて中盤を飛ばした縦に速い展開を見せる中、磐田はバックラインから丁寧にビルドアップして前線までチームとしてボールを運ぶ姿勢を見せた。 ▽17分に磐田は荒木が右サイドで仕掛けてボックス内に侵入。遅れて入ってきた針谷が荒木からの横パスに合わせるが決めきれなかった。北九州も徐々にプレスラインを高くし、ボール奪取からのショートカウンターを狙っていく。 ▽22分にはまたも磐田に決定機。太田が右サイドを突破してクロスを配給。針谷がややスピードを落としてボックス内中央でこのボールに合わせる。フリーで放ったシュートだったが、枠を捉えきれずにチャンスを逸した。北九州も23分に相手陣内でボールを奪って左サイドに展開。このクロスに、水永が頭で合わせるもこちらも決めきれなかった。 ▽迎えた42分、松浦の縦パスをボックス内で小川がしっかりとポストプレーで落とす。最後は走り込んだ荒木がシュートを放つと、GK山岸が弾くがボールはゴールネットを揺らし磐田が先制した。前半はそのまま磐田が1点リードで終えた。 ▽迎えた後半は47分に北九州が右サイドでFKを獲得。浦田が左足で入れたインスイングのボールに花井が飛び込むが触れず。ボールはゴールマウスに向かうが、わずかにコースを外れてゴールとはならなかった。 ▽北九州は55分にもチャンスを作り出す。左CKの流れからファーサイドにボールがこぼれると、ここでフリーとなった西島がボレーで合わせるが、ボールはクロスバーを叩き、北九州はこのチャンスも決めきれなかった。 ▽両選手とも交代カードを切ってフレッシュな選手を送り出していくが、決定機を決めきれない場面が目立つ。試合終盤は北九州がセットプレーからゴールを目指すも最後まで決めきることはできずに試合終了。後半は押され気味だった磐田が1点を守り切り今大会初勝利を飾った。 ギラヴァンツ北九州 0-1 ジュビロ磐田 【磐田】 荒木大吾(42) 2017.02.08 15:52 Wed
twitterfacebook
thumb

北九州DF西嶋弘之に次女となる第三子誕生!

▽ギラヴァンツ北九州は5日、DF西嶋弘之に次女となる第三子が1月31日に誕生したことを発表した。 ▽第三子が誕生した西嶋は、クラブの公式サイトを通じて以下のコメントを残している。 「ここ最近そわそわしていましたが、無事元気な女の子が産まれました! 頑張ってくれた妻と子供達、色々と助けて頂いた多くの方々に感謝の気持ちでいっぱいです。これからもチームのために、そして家族のためにも、より一層努力し、覚悟と責任感をもって、自分のできることを1日1日大切に取り組んでいきたいと思います。これからもよろしくお願いします」 2017.02.05 19:22 Sun
twitterfacebook
thumb

鹿児島R開幕! 鹿児島と北九州の九州勢対決は1-1のドロー《DAZNニューイヤーカップ》

▽2017 JリーグDAZNニューイヤーカップの鹿児島ラウンドが5日に開幕し、鹿児島ユナイテッドFC(J3)vsギラヴァンツ北九州(J3)は、1-1のドローに終わった。 ▽開幕戦で対峙する鹿児島と北九州の他、ジュビロ磐田(J1)、ロアッソ熊本(J2)の4クラブが参戦する鹿児島ラウンド。4クラブ総当たりで争われる。 ▽鹿児島と北九州の九州勢による開幕ゲームは、あいにくの雨模様下でキックオフ。試合は北九州が押し気味に進める展開で立ち上がった。 ▽しかし、鹿児島は19分にカウンターを発動。野嶽がボックス右に侵攻し、右足のシュートを放つ。これが枠内を捉えるが、ゴールライン際で加藤にクリアされる。 ▽何とか無失点で切り抜けた北九州はその後、ボールの主導権をコントロール。ペースを握りにかかるが、なかなかネットを揺らすことができない。 ▽それでも、44分にはボックス左で水永が上本からファウルを受けて、北九州がPKのチャンスを獲得。これを新加入の平井が冷静にゴール左隅に沈めた。 ▽ところが、前半アディショナルタイム2分に藤本がボックス内で刀根に倒されて、今度は鹿児島がPKのチャンスを獲得。これを藤本自らが決め切り、同点に追いついた。 ▽迎えた後半も一進一退の攻防が続くが、互いにゴールが遠く、試合は長くこう着。そんな中、互いに交代カードを駆使するが、なかなかスコアを動かせない。 ▽結局、最後まで勝ち越しゴールが生まれなかった試合は1-1のドロー。両チーム共に勝ち点1ずつを分け合う結果に終わった。 鹿児島ユナイテッドFC 1-1 ギラヴァンツ北九州 【鹿児島ユナイテッドFC】 藤本憲明(45+3) 【ギラヴァンツ北九州】 平井将生(45) 2017.02.05 12:52 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース