鹿島から加入の本山は43番に決定! 北九州が新シーズンの背番号発表2015.01.02 16:01 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽J2の北九州は2日、2016シーズンの背番号を発表した。

▽2015シーズンのJ2リーグを7位でフィニッシュした北九州は、待望のJ1ライセンスを取得したことで、J1昇格への機運が高まる。

▽注目の新シーズンの背番号では、J1の鹿島から加入した元日本代表MF本山雅志が、鹿島時代に付けていた10番ではなく、43番を選択。また、J2の長崎から加入したDF石神直哉は2番、DF刀根亮輔は41番、MF花井聖は20番に決定した。さらにJ2の松本から2年ぶりに復帰するFW池元友樹は、以前に付けていた11番ではなく、松本時代の14番となった。

▽今回発表された北九州の2016シーズン背番号は以下の通り。

◆北九州2016シーズン背番号
GK
1.阿部伸行
21.鈴木彩貴
27.中山開帆

DF
2.石神直哉
3.星原健太
4.市川恵多
5.前田和哉
6.西嶋弘之
16.弓崎恭平
19.川島大地
23.寺岡真弘
26.梶原夕希也
28.小谷健悟
41.刀根亮輔

MF
7.風間宏希
8.八角剛史
10.小手川宏基
11.井上翔太
13.多田高行
17.加藤弘堅
18.内藤洋平
20.花井聖
24.新井純平
43.本山雅志

FW
9.原一樹
14.池元友樹
15.大島秀夫
25.小松塁

※は新加入選手

コメント

関連ニュース

thumb

熊本を6発粉砕の北九州が最下位脱出《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第30節のロアッソ熊本vsギラヴァンツ北九州が21日にうまかな・よかなスタジアムで行われ、1-6で北九州が勝利した。 ▽ここまで9勝6分け11敗で14位の熊本と、同5勝9分け15敗で最下位の北九州が激突。試合は9分に北九州が動かす。本山が蹴った右CKにニアサイドの小松がヘッド。これが決まり、北九州が先行する。 ▽さらに、勢いに乗る北九州は続く16分に加点。ボックス左でボールを受けた原の折り返しを正面の小手川が合わして、2-0とした。 ▽完全に試合を支配する北九州は、36分、39分と立て続けに原がゴールを記録。前半だけで4-0と圧倒する。 ▽迎えた後半、熊本は47分に清武が反撃の狼煙としたいゴールを記録するも、北九州が49分に風間の得点により、すぐさま差を4点に戻す。 ▽その後、北九州はアディショナルタイムに井上がダメ押しとなる6点目を奪取。大勝で最下位を脱出して21位となった。 2016.08.21 21:31 Sun
twitterfacebook
thumb

北九州のMF花井聖に第一子となる長男誕生「責任感も増しました」

▽ギラヴァンツ北九州は19日、MF花井聖(26)に第一子となる長男が7月28日に誕生したことを発表した。花井はクラブの公式サイトを通じて、以下のようにコメントを寄せている。 「この度、無事に出産してくれた妻、元気に産まれてきてくれた息子に感謝しています。家族が1人増えたことにより、責任感も増しました。家族のためにもより一層努力して、チームの勝利に貢献できるよう頑張ります。サポーターの皆様、これからも応援よろしくお願いします」 ▽名古屋グランパスのユースで育った花井は、2007年10月にトップチーム昇格。以降、徳島ヴォルティス、V・ファーレン長崎への移籍を経て、今シーズンから北九州入りを果たした。 2016.08.19 19:49 Fri
twitterfacebook
thumb

北九州vs愛媛は1-1ドロー《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第29節のギラヴァンツ北九州vs愛媛FCが14日に北九州市立本城陸上競技場で行われ、1-1で終了した。 ▽ここまで5勝8分け15敗で最下位の北九州と、同7勝13分け7敗の愛媛FCが対戦。試合は早々の5分に北九州が動かす。左CKをGK児玉がはじききれず、ファーに流れたボールを西嶋が押し込んだ。 ▽迎えた後半、徐々にリスクを冒して攻め始めた愛媛は、79分に追いつく。左サイドから白井が上げたクロスはGKに弾かれるも、こぼれ球を正面の安田がボレー。これが見事に決まり、同点に追いついた。 ▽結局、試合はそのまま1-1で終了。両者が勝ち点を分け合っている。 2016.08.14 20:20 Sun
twitterfacebook
thumb

10人の千葉が北九州撃破で5試合ぶり白星《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第28節のギラヴァンツ北九州vsジェフユナイテッド千葉が11日に北九州市立本城陸上競技場で行われ、0-2で千葉が勝利した。 ▽ここまで5勝8分け14敗で最下位の北九州と、同8勝10分け9敗の千葉が相まみえた。試合は、千葉がスーパーゴールで動かす。16分、ゴールまで遠い位置ながらも、町田が相手のクリアボールをボレーで叩く。高い弾道からドライブしたシュートがゴール右に突き刺さり、千葉がリードを手にした。 ▽先行した千葉だが、38分には窮地に陥る。高い位置で足を激しく振ってチャレンジしたアランダが一発退場。やや厳しい判定に下された千葉が1人少ない状況となる。 ▽迎えた後半は数的有利の北九州が同点弾を狙いに出ていく。しかし、千葉も何とかリードを保って終盤に持ち込むと、アディショナルタイムに追加点。ボックス左手前でうまく相手と入れ替わったエウトンがそのままネットを揺らした。 ▽無失点で試合を終えた千葉は5試合ぶりの白星。一方の北九州は7試合未勝利と苦しい状況となっている。 2016.08.11 20:19 Thu
twitterfacebook
thumb

金沢と北九州の裏天王山は痛み分けのドロー《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第27節のツエーゲン金沢vsギラヴァンツ北九州が、7日に石川県西部緑地公園陸上競技場で行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽21位の金沢と最下位の北九州が勝ち点1差の中で迎えた裏天王山。前節、水戸ホーリーホックに0-3で大敗したホームの金沢は、先発2人を変更。星野と水永に代えて、これがデビュー戦となるダビと、山藤が起用された。一方、5戦未勝利(3敗2分け)の北九州は、最終ラインの2選手を変更。大宮アルディージャからレンタル移籍の福田がデビューを飾った。 ▽アグレッシブな入りを見せた北九州が、エースの原を起点にホームチームを押し込んでいく。対してカウンターからチャンスを窺う金沢は、13分に秋葉が鋭いミドルシュートを放つが、これはGK鈴木が指先で触り、クロスバーを叩く。さらに20分には山藤のFKをゴール前の太田が薄く頭ですらしたボールが左ポストに直撃。この跳ね返りをダビがボレーで狙うが、シュートをふかしてしまう。 ▽その後も拮抗した展開が続く中、金沢が鮮やかなダイレクトプレーから先制点を奪う。38分、左サイドの熊谷アンドリューからサイドチェンジを受けた太田がワンタッチでゴール前にボールを上げると、これに反応した中美がワンタッチで押し込んだ。 ▽金沢の1点リードで迎えた後半も試合展開に大きな変化はなし。流れを変えたい北九州は、57分に池元と本山を下げて、内藤と小松を投入。対して金沢は60分、久々の出場で足が攣ってしまったデビュー戦のダビが水永との交代でピッチを退いた。 ▽後半半ばにはボックス内で小松の折り返しに反応した小手川、秋葉のシュートミスに反応した中美がそれぞれ際どいシュートを放つが、いずれもゴールとはならず。 ▽拮抗した試合展開を動かしたのは北九州。77分に小手川に代えてロドリゴを投入した北九州は、82分に右サイドの原のロングフィードを起点に攻めるとボックス左で内藤が折り返したボールをロドリゴが頭で押し込んだ。 ▽互いに勝ち点3がほしい両者は最後まで必死のプレーを見せるも、試合は1-1のままタイムアップ。金沢と北九州の裏天王山は痛み分けのドローに終わった。 2016.08.07 20:04 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース