鹿島から加入の本山は43番に決定! 北九州が新シーズンの背番号発表2015.01.02 16:01 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽J2の北九州は2日、2016シーズンの背番号を発表した。

▽2015シーズンのJ2リーグを7位でフィニッシュした北九州は、待望のJ1ライセンスを取得したことで、J1昇格への機運が高まる。

▽注目の新シーズンの背番号では、J1の鹿島から加入した元日本代表MF本山雅志が、鹿島時代に付けていた10番ではなく、43番を選択。また、J2の長崎から加入したDF石神直哉は2番、DF刀根亮輔は41番、MF花井聖は20番に決定した。さらにJ2の松本から2年ぶりに復帰するFW池元友樹は、以前に付けていた11番ではなく、松本時代の14番となった。

▽今回発表された北九州の2016シーズン背番号は以下の通り。

◆北九州2016シーズン背番号
GK
1.阿部伸行
21.鈴木彩貴
27.中山開帆

DF
2.石神直哉
3.星原健太
4.市川恵多
5.前田和哉
6.西嶋弘之
16.弓崎恭平
19.川島大地
23.寺岡真弘
26.梶原夕希也
28.小谷健悟
41.刀根亮輔

MF
7.風間宏希
8.八角剛史
10.小手川宏基
11.井上翔太
13.多田高行
17.加藤弘堅
18.内藤洋平
20.花井聖
24.新井純平
43.本山雅志

FW
9.原一樹
14.池元友樹
15.大島秀夫
25.小松塁

※は新加入選手

コメント

関連ニュース

thumb

京都が終始攻め込むも決定力欠きゴールレスドロー…引き分けた北九州は最下位転落《J2》

▽25日に明治安田生命J2リーグ第33節の京都サンガF.C.vsギラヴァンツ北九州が京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場で行われ、0-0のゴールレスドローに終わった。 ▽現在勝ち点51で昇格プレーオフ圏内の6位に位置する京都が、勝ち点27でJ2・J3入れ替え戦圏内の21位につける北九州を迎えた一戦。互いに勝ち点3が欲しい両チームの一戦は、慎重な立ち上がりを見せる。 ▽最初に決定機を迎えたのは北九州。13分、本山がボックス手前から星原へ絶妙なパス。星原はGKと一対一になるも、GK菅野がビッグセーブを見せて事なきを得る。 ▽京都は山瀬、堀米、エスクデロ競飛王を中心に攻め込むも、フィニッシュの精度を欠き得点を奪えない。28分にはアンドレイがミドルシュートを放つも、GK阿部がセーブ。35分にはエスクデロが狙うも枠を外れる。 ▽北九州は42分、ボックス内に本山が侵入し小松へ絶妙なパス。これを小松が流し込むも、GK菅野がしっかりとセーブする。 ▽ゴールレスで迎えた後半は京都が攻め込む。53分には、有田がボックス手前で反転シュートを放つも、GK阿部が片手でセーブする。京都は有田、エスクデロ、下畠と北九州ゴールに迫るも、GK阿部が好セーブを連発する。 ▽その後も京都が一方的に攻め込むが、得点を奪えないまま試合終了。0-0のゴールレスドローに終わった。なお、最下位にツエーゲン金沢が同日に勝利したため、北九州が最下位に転落した。 2016.09.25 19:03 Sun
twitterfacebook
thumb

ケガ明けの杉本弾でC大阪が上位追走《J2》

▽18日に北九州市立本城陸上競技場で行われた明治安田生命J2リーグ第32節のギラヴァンツ北九州vsセレッソ大阪は、アウェイのC大阪が1-0で勝利した。 ▽J2残留を狙う21位の北九州と、自動昇格圏内浮上へ公式戦4連勝中と勢い付く3位のC大阪が対峙した。試合は、立ち上がりから鋭い攻守の切り替えで相手を上回り、玉田を中心にボールの主導権を握ったC大阪のペースで進む。 ▽しかし、C大阪の攻撃陣はブロックを低く設定した北九州の守備攻略に苦戦。その間、山村や、玉田にシュートチャンスが巡ってくるが、いずれもこじ開けるには至らず。試合はゴールレスでハーフタイムを迎えた。 ▽後半もほぼワンサイドゲームの展開に持ち込んだC大阪。後半の半ばに肋骨骨折から早期復帰の杉本、リカルド・サントスをピッチに送り込むが、シュート本数が増やすだけで、北九州からゴールを奪うことができない。 ▽それでも79分、山口のパスに反応した杉本がヒールでボックス左に流して前を向く。巧みなステップで相手を交して右足のインサイドでボールをゴール右に沈め、C大阪がついに均衡を破る。 ▽杉本の今シーズン10ゴール目でリードしたC大阪は、その後もマイボールの時間を保ちながら試合をコントロール。結局、杉本のゴールで得たリードを守り切り、リーグ戦3連勝で上位追走に成功した。 2016.09.18 15:52 Sun
twitterfacebook
thumb

渡の劇的弾で徳島が北九州下す 今季2度目の連勝で4戦負けなし《J2》

▽11日に北九州市立本城陸上競技場で行われた明治安田生命J2リーグ第31節のギラヴァンツ北九州vs徳島ヴォルティスは、アウェイの徳島が1-0で勝利した。 ▽ここ2戦無敗の21位に沈む北九州と、3戦負けなしで12位につける徳島が、3日の天皇杯に続きリーグ戦でも対峙した。 ▽試合は、両チーム共に攻め手を探し合う展開となる。そのため、両チームともに決定打を欠き、ゴールが遠く前半終了。ゴールレスで試合を折り返した。 ▽迎えた後半も比較的ゆったりとしたペースで進む中、後半アディショナルタイム3分に長く続いた均衡が破れる。 ▽左CKのチャンスを獲得した徳島は、キッカーのカルリーニョスは左足でクロスを供給。渡がゴール前でヘディングシュートを放つと、ゴールマウス中央に決まった。 ▽結局、試合は渡のゴールが決勝点となり、徳島が1-0で勝利。今シーズン2度目の連勝で4戦負けなしとした。 2016.09.11 20:24 Sun
twitterfacebook
thumb

北九州MF川島大地が一般女性と入籍「一層の責任感をもってプレーしていきたい」

▽ギラヴァンツ北九州は7日、MF川島大地(29)の入籍を発表した。お相手は一般女性のため、プロフィール等は公表されていない。 ▽8月18日に入籍を済ませていた川島はクラブを通じてコメント。今後の活躍を誓った。 「私事ではありますが、先日8月18日にかねてよりお付き合いしておりました方と入籍いたしましたことをご報告致します。今後もより一層の責任感をもってプレーしていきたいと思いますので、今後とも応援をよろしくお願い致します」 ▽川島は東海大学から2009年に鹿島アントラーズへ入団。同期にはケルンでプレーする日本代表FW大迫勇也などがいる。2011年、2012年はモンテディオ山形へと期限付き移籍を経験。2014年から北九州でプレーしている。今シーズンは明治安田生命J2リーグで18試合に出場し1得点を記録している。 2016.09.07 13:20 Wed
twitterfacebook
thumb

熊本を6発粉砕の北九州が最下位脱出《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第30節のロアッソ熊本vsギラヴァンツ北九州が21日にうまかな・よかなスタジアムで行われ、1-6で北九州が勝利した。 ▽ここまで9勝6分け11敗で14位の熊本と、同5勝9分け15敗で最下位の北九州が激突。試合は9分に北九州が動かす。本山が蹴った右CKにニアサイドの小松がヘッド。これが決まり、北九州が先行する。 ▽さらに、勢いに乗る北九州は続く16分に加点。ボックス左でボールを受けた原の折り返しを正面の小手川が合わして、2-0とした。 ▽完全に試合を支配する北九州は、36分、39分と立て続けに原がゴールを記録。前半だけで4-0と圧倒する。 ▽迎えた後半、熊本は47分に清武が反撃の狼煙としたいゴールを記録するも、北九州が49分に風間の得点により、すぐさま差を4点に戻す。 ▽その後、北九州はアディショナルタイムに井上がダメ押しとなる6点目を奪取。大勝で最下位を脱出して21位となった。 2016.08.21 21:31 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース