前日に天皇杯連覇のG大阪、シジクレイ&マルキーニョスコーチが退団2015.01.02 15:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽J1のG大阪は2日、2015シーズンにコーチングスタッフとして働いていたシジクレイ氏(43)とマルキーニョス氏(52)との契約が終了したことを発表した。

▽現役時代にG大阪でプレーし、2013シーズンからの3年間同クラブでコーチを務めたシジクレイ氏は、「心から愛しているクラブ」へ以下のような別れのメッセージを送っている。

「最初は選手の頃からお世話になって、コーチとして初めて仕事をしてから3年間が経ちました。心から愛しているクラブです。選手のときもたくさん勝利を収めて、コーチとしてもたくさん勝利を収めることができました。またたくさんのことを学ばせてもらいました。サポーターの皆さんには、僕の後押しをしてくれて、感謝の気持ちでいっぱいです。もっと自分の力をつけて、サッカーの中で仕事を続けていきたい。また皆さんに会えることを楽しみにしています。フロントスタッフ、コーチングスタッフ、サポーター、選手に感謝しています」

▽一方、2006~2009年と2013~2015年まで合計7年間、G大阪のGKコーチとして多くの選手を指導してきたマルキーニョス氏は、G大阪を支える全ての人々への感謝の言葉を口にしている。

「全員に感謝しかありません。フロントスタッフ、コーチングスタッフ、選手、サポーター、全員に感謝しかありません。とても嬉しい7年間でした」

コメント

関連ニュース

thumb

長沢の2ゴールでG大阪が湘南に逆転勝利! 敗れた湘南は8連敗…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第10節の湘南ベルマーレvsガンバ大阪がShonan BMWスタジアム平塚で行われ、G大阪が1-2で勝利した。 ▽前節はアウェイで鹿島アントラーズと対戦し1-0で敗れ7連敗中の湘南と、前節はホームでヴィッセル神戸に敗れて連勝が3でストップしたG大阪の一戦。湘南がいきなりスコアを動かす。 ▽3分、右サイドからのクロスをGK東口が弾くも、こぼれ球を三竿が右足一閃。これがネットを揺らし、ホームの湘南が先制する。 ▽先制を許したG大阪だったが26分、オ・ジェソクがハーフウェイライン付近から前線にパスを送ると、反応した長沢がワンバウンドしたボールをダイレクトボレー。これがネットに突き刺ささり同点に追いつく。 ▽前半を1-1で終えると、後半は序盤からG大阪が攻勢に出る。47分、大森がアデミウソンとのワンツーで抜け出しGKと一対一になるも、シュートはGK正面。53分には遠藤とのパス交換から井手口がミドルシュートも相手にブロックされる。 ▽それでも64分、左サイドからのCKを得ると、遠藤のクロスを長沢がヘッドで合わせ、G大阪が逆転に成功する。 ▽逆転を許した湘南はウェズレー、ジネイの助っ人2人を投入。しかし74分、遠藤のパスを受けた大森がシュートを放つも、GKタンドウ・ベラピの好セーブに遭い、G大阪は追加点を奪えない。 ▽その後は連敗を脱出すべく湘南が攻勢をかけるも、G大阪がいなして試合終了。1-2でG大阪が逆転勝利。敗れた湘南は8連敗となった。 2016.08.27 20:28 Sat
twitterfacebook
thumb

最終予選に意気込むG大阪GK東口順昭「自分自身の結果も求めていきたい」《ロシアW杯アジア最終予選》

▽日本サッカー協会(JFA)は25日、9月1日、6日に行われるロシア・ワールドカップ アジア最終予選に臨む日本代表メンバーを発表した。 ▽日本代表に選出されたガンバ大阪GK東口順昭はクラブを通じてコメント。最終予選への意気込みを語った。 <B>◆GK東口順昭(ガンバ大阪)</B> 「選出されて光栄に思います。最終予選ということで、これまで以上に戦いは厳しく、結果が求められていくので、そこでしっかりとチームも自分自身の結果も求めていきたいです。また、カテゴリーは違いますが、リオオリンピックを日本の代表としてめいっぱい戦い、悔しい想いをしたチームメイトの為にも、しっかりこの代表で結果を出したいと思います」 2016.08.25 16:17 Thu
twitterfacebook
thumb

前人未踏の3連覇へ G大阪の長谷川健太監督と主将MF遠藤保仁がそれぞれ抱負《天皇杯》

▽第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会の開幕に先駆け、24日にJFAハウスにて記者会見が実施。大会連覇中のガンバ大阪から長谷川健太監督と、主将の元日本代表MF遠藤保仁が前人未踏の3連覇へ向け、それぞれ抱負を語った。 ▽今大会は、来年の元日に行われる決勝戦を56年ぶりに関西で開催。会場は今年からG大阪の新たな本拠地として稼働した約4万人収容の市立吹田サッカースタジアムとなる。 ▽今シーズンのAFCチャンピオンズリーグ出場チームであることから、今大会の4回戦から出場する長谷川監督と、遠藤は以下のようにコメントを寄せた。 ◆<B>長谷川健太監督</B>(ガンバ大阪) 「市立吹田サッカースタジアムで天皇杯の決勝が行われるということで、なんとしてでも決勝戦にでなくてはならないと思っています」 「さらに、3連覇を達成することができれば、サポーターと一緒に喜びあい、最高の年の始まりになると思います」 「まずは初戦ですが、一戦一戦全力で戦って、市立吹田サッカースタジアムでの決勝戦、そして、3連覇を達成できるように頑張っていきたいです」 ◆MF<B>遠藤保仁</B>(ガンバ大阪) 「3連覇のかかる今大会ですが、選手・スタッフとも非常にモチベーションも高いですし、なおかつ市立吹田サッカースタジアムで決勝が行われるので良い戦いをして、まずは決勝に勝ち進むことを目標にやっていきたいです」 「せっかくなので、良い結果を残して素晴らしい大会にできるよう、全員で良いコンディションで大会をむかえられるように頑張っていきたいと思います」 2016.08.24 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

G大阪MF嫁阪翔太が交通事故…双方ケガなし

▽ガンバ大阪は22日、MF嫁阪翔太が交通事故を起こしたと公式サイトで報告した。 ▽嫁阪は、22日の6時頃、堺市内で交通事故を起こしたとのこと。前方を走行している自動車に追突する事故を起こした。なお、双方にケガはない。 ▽G大阪は、今年に入りDF金正也やMF倉田秋、FW小川直毅らも交通事故を起こしており、選手による交通事故が頻発。クラブは「ご迷惑をおかけしました皆様に深くお詫び申し上げます。安全運転教育に取り組み、事故再発防止に努めます」としている。 2016.08.22 16:05 Mon
twitterfacebook
thumb

神戸がアデミPK失敗のG大阪を1-0完封でシーズンダブル《J1》

▽20日に市立吹田サッカースタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第9節のガンバ大阪(総合5位/2ndステージ3位)vsヴィッセル神戸(総合11位/2ndステージ7位)は、アウェイの神戸が1-0で勝利した。 ▽今季初の3連勝で勢いに乗るG大阪が、直近8試合で5勝3分け無敗のホームに、ここ5試合3勝2敗の神戸を迎えた。1stステージでは、ホームの神戸が小川とレアンドロのゴールにより、2-1で勝利している。 ▽G大阪は前節のスタメンから変更なく、リオ・デジャネイロ オリンピック(五輪)から帰還した藤春と、井手口をベンチに温存。対する神戸は中坂をJリーグ初先発させ、リオ五輪帰りの岩波をスタートから起用した。 ▽試合は、G大阪が序盤からボールの主導権を握り、対する神戸がカウンターを徹底する展開となる。試合を動かしたのは神戸。14分、左CKの流れから左サイドでボールを拾った中坂が切り込むと、ボールがゴール前の岩波に渡る。岩波の押し込んだボールはGK東口に弾かれるも、ペドロ・ジュニオールがネットを揺らした。 ▽先制を許したG大阪は、その後もボールの主導権を握りながら攻めに転じるが、バイタルエリアの部分でのプレーに精彩を欠き、なかなかシュートの形を見いだせない。すると、終盤にピンチを迎えるが、中坂のゴール右隅を捉えたシュートをGK東口がファインセーブ。神戸に追加点を許さない。 ▽そのまま1点ビハインドで後半の頭から米倉に代えて藤春を投入したG大阪。49分にその藤春が左サイドからのクロスでチャンスメークすると、続く50分にはアデミウソンとのパス交換から倉田がミドルシュートを放つ。その間、ピンチを迎える良いリズムで立ち上がる。 ▽すると、G大阪は60分、左CKの流れからルーズボールに反応した今野が背後から渡邉のチャージを受けてPKのチャンスを獲得。キッカーを任されたアデミウソンが右足のシュートを放つと、枠を捉える。しかし、これはGKキム・スンギュの伸ばした左手一本に阻まれてしまう。 ▽同点機を逸したG大阪は、その直後に阿部に代えて長沢を投入。70分には、右サイドバックに入ったオ・ジェソクのクロスをアデミウソンが落として、遠藤が右足ボレーを放つ。これがゴールマウスの上を捉えるが、またしてもGKキム・スンギュのファインセーブに遭う。 ▽その後、倉田を下げて堂安をピッチに送り込んだG大阪だが、終盤の波状攻撃も実を結ばす、ホームで9試合ぶりの黒星。連勝も「3」でストップした。神戸はG大阪にシーズンダブル達成。連勝を飾った。 2016.08.20 21:11 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース