前日に天皇杯連覇のG大阪、シジクレイ&マルキーニョスコーチが退団2015.01.02 15:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽J1のG大阪は2日、2015シーズンにコーチングスタッフとして働いていたシジクレイ氏(43)とマルキーニョス氏(52)との契約が終了したことを発表した。

▽現役時代にG大阪でプレーし、2013シーズンからの3年間同クラブでコーチを務めたシジクレイ氏は、「心から愛しているクラブ」へ以下のような別れのメッセージを送っている。

「最初は選手の頃からお世話になって、コーチとして初めて仕事をしてから3年間が経ちました。心から愛しているクラブです。選手のときもたくさん勝利を収めて、コーチとしてもたくさん勝利を収めることができました。またたくさんのことを学ばせてもらいました。サポーターの皆さんには、僕の後押しをしてくれて、感謝の気持ちでいっぱいです。もっと自分の力をつけて、サッカーの中で仕事を続けていきたい。また皆さんに会えることを楽しみにしています。フロントスタッフ、コーチングスタッフ、サポーター、選手に感謝しています」

▽一方、2006~2009年と2013~2015年まで合計7年間、G大阪のGKコーチとして多くの選手を指導してきたマルキーニョス氏は、G大阪を支える全ての人々への感謝の言葉を口にしている。

「全員に感謝しかありません。フロントスタッフ、コーチングスタッフ、選手、サポーター、全員に感謝しかありません。とても嬉しい7年間でした」

コメント

関連ニュース

thumb

G大阪FW長沢駿が左大腿肉離れ…今季リーグ戦でチーム2位の3得点記録

▽ガンバ大阪は30日、FW長沢駿が左大腿ハムストリングの肉離れで離脱したことを発表した。 ▽クラブの発表によると、長沢は26日に行われたチームのトレーニング中に負傷。全治に関しては明らかにされていない。<div id="ad"></div> ▽今シーズンはここまで公式戦13試合に出場。リーグ戦では9試合出場でチーム2位の3ゴールをマークしていた。 2016.05.30 16:30 Mon
twitterfacebook
thumb

FC東京が前田弾でG大阪を撃破《J1》

▽明治安田生命J1リーグ1stステージ第14節のFC東京vsガンバ大阪が29日に味の素スタジアムで行われ、1-0でFC東京が勝利した。 ▽ここまで4勝2分け5敗で12位のFC東京と、6勝1分け5敗で6位に位置するG大阪が激突した。序盤は両者共にそれほどリスクを冒さず、一進一退の攻防が繰り広げられる。G大阪はアデミウソン、宇佐美、パトリックの仕掛けを軸に攻める。 <div id="ad"></div> ▽一方のFC東京はポゼッションを意識しながら、東や水沼が仕掛ける姿勢を見せる。34分にはパスカットした高橋が遠めの位置からミドルシュート。DFにディフレクトしてゴールに向かったボールは、わずかにバーの上へはずれた。 ▽さらに前半アディショナルタイムにもFC東京に好機。CKの流れから徳永がゴール右隅を捉えるミドルシュートを放ったが、これはGK東口のセーブに遭った。 ▽迎えた後半も好勝負が展開される。65分には、東に代わって投入されたばかりの阿部がゴールに近づく。右から丸山が入れたクロスに巧みに合わせた阿部のヘディングシュートが左ポストにヒット。FC東京の先制とはならない。 ▽それでも、80分にはFC東京が均衡を破る。途中出場の河野が入れたFKに前田が頭で合わせる。これがネットに収まり、FC東京が先行した。 ▽その後、G大阪の反撃を凌いだFC東京が強敵を撃破。一方のG大阪は4試合ぶりの黒星を喫した。 2016.05.29 18:52 Sun
twitterfacebook
thumb

個でのアピールを狙うFW宇佐美貴史「ガンバファンが誇りに思える戦い見せる」

▽日本サッカー協会(JFA)は26日、6月3日と7日に行われるキリンカップサッカー2016に臨む日本代表メンバーを発表した。FW宇佐美貴史がガンバ大阪の公式サイトで喜びのコメントを残している。 ▽3日に行われるブルガリア代表戦は、市立吹田サッカースタジアムでの初めての日本代表戦となる。宇佐美は、ホームスタジアムであるガンバ大阪のサポーターが誇れる戦いを見せたいと考えている。 「5年ぶりの開催となる『キリンカップサッカー2016』に選出されたことを嬉しく思います。優勝はもちろん、個人の結果も目標に戦います。今回、市立吹田サッカースタジアムで行われる初めての日本代表戦です。代表を応援してくださる方はもちろん、ガンバ大阪のファンの方が誇りに思える戦いができるよう、しっかり戦いたいと思います」 2016.05.26 16:38 Thu
twitterfacebook
thumb

ホームで行われる代表戦を楽しみするGK東口順昭「いつも以上の喜び」

▽日本サッカー協会(JFA)は26日、6月3日と7日に行われるキリンカップサッカー2016に臨む日本代表メンバーを発表した。3月に行われた2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)・アジア2次予選に引き続き代表に選ばれたGK東口順昭がガンバ大阪の公式サイトで喜びのコメントを残している。 ▽東口は、3日に行われるブルガリア代表戦が初めての市立吹田サッカースタジアムでの日本代表戦ということで、いつも以上の喜びを感じているようだ。 「選出されて光栄です。今大会はガンバのホームスタジアムである市立吹田サッカースタジアムで開催され、このスタジアムでの代表戦初戦ということで、選出されたことにいつも以上の喜びを感じています。しかし、これまでと変わることなく、試合までの練習と1戦1戦をしっかりと戦い抜き、このスタジアムで自分自身が出場できるように準備したいと思います」 2016.05.26 16:35 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:サンフレッチェ広島 1-3 ガンバ大阪《J1》

▽21日にエディオンスタジアム広島で行われた明治安田生命J1リーグ・1stステージ第13節のサンフレッチェ広島vsガンバ大阪は、アウェイのG大阪が3-1で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160521_24_480000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽サンフレッチェ広島採点 GK 1 林卓人 5.0 悔やまれる3失点 DF 33 塩谷司 5.0 とりわけ、前半は潰しにいくプレーで中途半端な場面が散見。1失点目はポジショニングが悪かった 5 千葉和彦 5.5 いつもどおり、ビルドアップの部分で攻撃に関与 4 水本裕貴 4.5 緩い守備が散見。特に、パトリックの推進力に後手を踏んだ (→佐藤寿人 5.0) 何度か絶妙なポジショニングからゴールに迫る。ただ、本調子とは言いがたい出来 MF 14 ミキッチ 5.0 右サイド攻略に苦戦。らしいプレーはほとんどなかった 6 青山敏弘 5.5 序盤にパトリックの枠内シュートを好カバーで阻止。スルーパスで攻撃のタクトを振るった 8 森崎和幸 5.0 J1通算400試合出場達成。イージーミス散見で安定感を欠いた 18 柏好文 5.0 チームの生命線となるサイド攻撃に尽力も米倉の牙城攻略に手を焼いた (→清水航平 5.0) 岩下との因縁再び。ただ、プレーで監督の期待に応えられず 25 茶島雄介 4.5 ピーター・ウタカのフォロー役としては不十分な働き (→皆川佑介 5.0) 戦う姿勢を示すもストライカーとしての恐さなし 30 柴崎晃誠 5.5 ボールを引き出す動きで前線の狭いスペースを活用。何度かゴールに迫ったが、相手の守備に阻まれた FW 9 ピーター・ウタカ 5.5 一子報いる一発で今季10ゴール目。ただ、何度かあった前半のチャンスを不意にした場面は印象が悪い 監督 森保一 5.0 結果のみならず、内容においてもJリーグ王者らしくない戦いに終始した。点差以上の完敗<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160521_25_480000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽ガンバ大阪採点 GK 1 東口順昭 6.0 58分のピンチをファインセーブで阻止。砦としての役割を全うした DF 14 米倉恒貴 6.0 豊富な運動量で攻守にファイト。自サイドの秩序を守った 5 丹羽大輝 6.0 クレバーな対応で相手FWとの駆け引きで優位に立つ 8 岩下敬輔 6.0 何度かミスでピンチを招くも、闘志むき出しの守備で最終ラインを統率 4 藤春廣輝 6.0 ミキッチへの対応でソリッドさを保つ MF 15 今野泰幸 6.0 試合中に鼻を負傷しながらも最後までバイタルエリアを徹底監視 11 倉田秋 6.5 井手口の代役でボランチとして出場。パス&ゴーを織り交ぜたドリブル突破で今季初弾 (→小椋祥平 -) 9 アデミウソン 6.5 2戦連発で今季4ゴール目。連携面も上々 (→大森晃太郎 5.5) 流れを崩さないように攻守にハードワーク 7 遠藤保仁 6.0 ファジーなポジション取りでボールの潤滑油に 39 宇佐美貴史 6.0 フィニッシュワークは冴えずとも、チャンスメーカーとして存在感。パトリック、アデミウソン、遠藤とのコンビネーションプレーも上々だった FW 29 パトリック 6.5 1アシスト。これまで鳴りを潜めたパワフルなプレーで、ボールの収まりどころとしての役割をしっかりと遂行 (→長沢駿 6.0) 左足の鮮やかループで今季3得点目 監督 長谷川健太 6.5 今季最高の内容。自身の采配もようやくハマり、巻き返しの予兆を感じさせた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! アデミウソン(ガンバ大阪) ▽ついに完全フィットの兆し。宇佐美、遠藤、パトリックとのコンビネーションも良好で、パス&ムーブと卓越したボールスキルで攻め手に サンフレッチェ広島 1-3 ガンバ大阪 【広島】 ピーター・ウタカ(後49) 【G大阪】 アデミウソン(前23) 倉田秋(後19) 長沢駿(後37) 2016.05.21 18:26 Sat
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース