前日に天皇杯連覇のG大阪、シジクレイ&マルキーニョスコーチが退団2015.01.02 15:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽J1のG大阪は2日、2015シーズンにコーチングスタッフとして働いていたシジクレイ氏(43)とマルキーニョス氏(52)との契約が終了したことを発表した。

▽現役時代にG大阪でプレーし、2013シーズンからの3年間同クラブでコーチを務めたシジクレイ氏は、「心から愛しているクラブ」へ以下のような別れのメッセージを送っている。

「最初は選手の頃からお世話になって、コーチとして初めて仕事をしてから3年間が経ちました。心から愛しているクラブです。選手のときもたくさん勝利を収めて、コーチとしてもたくさん勝利を収めることができました。またたくさんのことを学ばせてもらいました。サポーターの皆さんには、僕の後押しをしてくれて、感謝の気持ちでいっぱいです。もっと自分の力をつけて、サッカーの中で仕事を続けていきたい。また皆さんに会えることを楽しみにしています。フロントスタッフ、コーチングスタッフ、サポーター、選手に感謝しています」

▽一方、2006~2009年と2013~2015年まで合計7年間、G大阪のGKコーチとして多くの選手を指導してきたマルキーニョス氏は、G大阪を支える全ての人々への感謝の言葉を口にしている。

「全員に感謝しかありません。フロントスタッフ、コーチングスタッフ、選手、サポーター、全員に感謝しかありません。とても嬉しい7年間でした」

コメント

関連ニュース

thumb

ホーム吹田で済州に4失点惨敗のG大阪が今大会初黒星《ACL2017》

▽ガンバ大阪は1日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017のグループH第2節で済州ユナイテッド(韓国)をホームの市立吹田サッカースタジアムに迎え、1-4で今大会初黒星を喫した。 ▽先の敵地で行われたアデレード・ユナイテッド(オーストラリア)との開幕戦を3-0の白星で飾ったG大阪は今節に向けて、直近のJ1リーグ開幕戦から長沢に代えて今シーズン初先発となる金正也の1点のみを変更。布陣も3バックを初採用し、2009年大会以来の開幕連勝を狙った。 ▽遠藤のアンカー起用をそのままに、アミデウソンの後方に倉田を配する[3-5-1-1]の布陣でスタートしたG大阪。開始5分に与えたセットプレーから右ポスト直撃のシュートや、15分に背後を取られてピンチを迎えるなど、不安定な立ち上がりを見せるが、相手の決定力にも助けられて事なきを得る。 ▽しかし、その後も劣勢のG大阪は43分、自陣左サイド深くでFKのチャンスを献上。チョン・ウンのクロスに反応した遠藤だったが、頭で触れたボールがファーサイドに吸い込まれた。さらに、前半アディショナルタイム1分、ボックス手前のスペースからイ・チャンミンにシュートを決められ、立て続けに失点を喫する。 ▽ハーフタイム明けから負傷を抱えて強行出場の井手口を下げて長沢を投入したG大阪は、3バックをそのままに、長沢の背後にアデミウソンと倉田を配置。ボールを保持率を高め始めるが、51分に右CKの折り返しからオ・バンソクのシュートをゴール前のトスカーノに押し込まれて、3失点目を許してしまう。 ▽完全に後がなくなったG大阪は、3失点目の直後に藤春を諦めて初瀬を投入。しかし、72分には、ハーフウェイライン付近で遠藤がボールを奪われると、ボールを受けたイ・チャンミンに前に出ていたGK東口の頭上を越えるロングシュートを叩き込まれ、4失点を許した。 ▽その後、最後の交代枠で遠藤に代えて泉澤をピッチに送り込んだG大阪は、一矢報いるべく、前に圧力を強める。90分にはアデミウソンが自ら得たPKを確実に沈めるが、このまま試合終了。アウェイで行われた開幕節の快勝劇から一転してホームで惨敗した。15日に行われる次節では、ホームに江蘇蘇寧(中国)を迎え撃つ。 2017.03.01 20:51 Wed
twitterfacebook
thumb

ホーム開幕戦のG大阪、今野の劇的弾で甲府とドロースタート《J1》

▽26日に市立吹田サッカースタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ開幕節のガンバ大阪vsヴァンフォーレ甲府は、1-1のドローに終わった。 ▽2014年以来のJ1制覇を狙う長谷川体制5年目のG大阪と、吉田新体制で5年連続のJ1残留を目指す甲府が激突した。22日に行われたACLのオーストラリア遠征から中3日のG大阪は、先発に変更なし。今シーズン初の公式戦となる甲府は2年ぶり復帰の堀米がベンチ外となり、ウイルソン、古巣対戦の小椋、兵働ら新戦力が起用された。 ▽[4-3-1-2]のシステムで立ち上がったG大阪。序盤から自陣に引いてブロックを固め、カウンター狙いの甲府を押し込むが、好機をモノにできない。43分には倉田の浮き球パスに反応した今野が相手の背後に抜け出して左足シュートを放つが枠外。その流れで得た左CKから長沢が頭でゴールを狙うが、新井にヘディングでクリアされてしまう。 ▽甲府に苦戦を強いられたG大阪は、ゴールレスで迎えた後半も押し込む展開に持ち込むが、55分に被弾。左サイドからボールを持ち上がった田中が中央にグラウンダーのクロスを送り、これに反応した松橋が右足ダイレクトで合わせる。これがゴール右隅に決まり、甲府が均衡を破る。 ▽失点から6分後、倉田を諦めて堂安を投入したG大阪はその直後に井手口がミドルレンジから不規則に変化するシュート。66分には、三浦のフィードを左サイドで受けた今野のパスを起点に、長沢とのワンツーからアデミウソンが右足を振り抜く。しかし、シュートを枠の中に飛ばせない。 ▽その後、G大阪は右足首に負傷を抱える井手口に代えて泉澤、オ・ジェソクを下げて初瀬を途中起用。しかし、攻め切れない展開が続く。その流れの中で、河本を下げて道渕を投入した甲府は、中盤の枚数を増やして守備固め。吉田監督は、1点のリードを守り抜くプランに出る。 ▽それでも、G大阪は後半アディショナルタイム1分、バイタルエリア右の位置で長沢の粘りからFKのチャンスを獲得。キッカーの遠藤がクロスを送ると、これがGK岡の処理ミスを誘発し、ゴール前で待ち構えていた今野が頭で合わせた。結局、このまま試合終了。G大阪はホーム開幕戦で勝ち点1を得るにとどまった。 2017.02.26 19:14 Sun
twitterfacebook
thumb

【2017 J1チーム診断】昨季無冠の青黒軍団、バージョンアップで逆襲のシーズンに《ガンバ大阪》

▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分で大幅な見直しが行われたことで、高みを目指した戦いにこれまで以上の激化が必至だ。 ▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回は明治安田生命J1リーグ4位で初の無冠を味わった昨シーズンの雪辱を期するガンバ大阪編をお届けする。 <span style="font-weight:700;">◆二兎も三兎も追う新生ガンバ</span> ▽長谷川健太監督就任後、初めて無冠に終わった2016シーズン。5年目の指揮を執る長谷川監督は舵を切った。MF阿部浩之ら2014年の三冠メンバーに流失が相次いだ一方で、MF泉澤仁(大宮アルディージャ)やMF井出遥也(ジェフユナイテッド千葉)、DFファビオ(横浜F・マリノス)、DF三浦弦太(清水エスパルス)らを獲得。例年以上の戦力に入れ替わりが活発的だった中、布陣も中盤ダイヤモンド型の[4-3-1-2]を新たに導入した。チームのスローガンは『勝』で、長谷川監督も「二兎も三兎も追う」と気合十分。バージョンアップされた『新生ガンバ』で狙うは全冠だ。 <span style="font-weight:700;">◆2017シーズンの注目ポイント</span> ▽多くの変化があった今シーズンのG大阪におけるポイントは、長谷川監督が着手した「ボール(の主導権)を握って押し込むサッカー」の体現。この冬、阿部やMF大森晃太郎、DF岩下敬輔ら主力流失で戦力低下が懸念されたが、ここまでの戦いを見る限り、攻守両面においてダメージはない。むしろ、チームの根底にある鋭い攻守の切り替えはそのままに、ハイラインや前に人数を割いた攻め上がりといった、近年影を潜めてきた戦いを実現させている。あとは、その新たな戦い方の完成度をどこまで高めていけるか。その新スタイルが確立すると共に、MF堂安律やMF市丸瑞希、DF初瀬亮ら東京五輪世代がレギュラー争いに絡んでくれば、より魅力的な関西の雄をお目にかかれるはずだ。 <span style="font-weight:700;">◆予想フォーメーション</span>[4-3-1-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170223_gamba_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:東口順昭 DF:オ・ジェソク、<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">三浦弦太</span>、<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">ファビオ</span>、藤春廣輝 MF:井手口陽介、遠藤保仁、今野泰幸 MF:倉田秋 FW:長沢駿、アデミウソン<hr>▽基本フォーメーションは、中盤ダイヤモンド型の[4-3-1-2]で、抜群の展開力と戦術眼を兼備するMF遠藤保仁のアンカーシステム。守備面で下り坂に差し掛かる遠藤のアンカー起用に関して、守備時のリスクが伴うことは長谷川監督も重々承知で、それよりも年々の迫力低下に苛まれる攻撃意識の再構築を優先した格好だ。ただ、長谷川監督は[4-2-3-1]やフラットな[4-4-2]を捨てたわけではない。対戦相手や試合状況に応じて、システムを使い分けてくるはずだ。 <span style="font-weight:700;">◆期待の新戦力</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170223_gamba_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>DF三浦弦太(日本) 1995年3月1日(21歳) 2016シーズン(J2):29試合0得点<hr>▽ポテンシャルを秘めたリオ五輪世代の若き大型センターバック。スピード、一対一の強さ、ビルドアップで攻守両面の働きが可能で、すでにプレーオフを含むAFCチャンピオンズリーグ2試合で証明済みのセットプレーの強さも魅力の一つだ。いずれの能力もDF丹羽大輝やDF金正也ら既存のセンターバックにないもの。まだ荒削りな部分もあるものの、長らく適任不足に悩ましかった関西の雄にとって、待望の才能高きセンターバックの到着となる。 <span style="font-weight:700;">◆キープレーヤー</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170223_gamba_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>MF今野泰幸(日本) 1983年1月25日(34歳) 2016シーズン(J1):33試合4得点<hr>▽新布陣[4-3-1-2]のキーマンは、今年34歳の誕生日を迎えたMF今野泰幸だ。今年1月28日に37歳の誕生日を迎えた遠藤のアンカー起用と、その機能性に注目が集まるところ。その両面で鍵を握る存在が今野とMF井手口陽介の両インサイドハーフとなる。昨年のJリーグヤングベストプレーヤーである井手口のプレーぶりから試行錯誤が目立つものの、今野は水を得た魚のように躍動感溢れるパフォーマンスを披露。新境地を開拓しつつあるボールハンターの攻守両面における働きから目が離せない。 2017.02.23 21:40 Thu
twitterfacebook
thumb

長沢&今野弾でG大阪が白星発進《ACL2017》

▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017のグループH第1節、アデレード・ユナイテッド(オーストラリア)vsガンバ大阪が22日にハインドマーシュ・スタジアムで行われ、0-3でG大阪が勝利した。 ▽プレーオフを勝ち抜いて本戦出場を果たしたG大阪は、中盤がダイヤモンド型の[4-4-2]を採用した。GKに東口を据え、最終ラインは右からオ・ジェソク、三浦、ファビオ、藤春。アンカーの遠藤の脇に今野と井手口を配し、アデミウソンと長沢の2トップ下に倉田を起用した。 ▽比較的落ち着いた入りを見せたG大阪は、徐々にペースを掴むと、15分に最初のチャンスを得る。右サイドのオ・ジェソクが入れたアーリークロスに正面の長沢がヘッド。このヘディングシュートはわずかに枠の左にはずれた。さらに19分にはボックス右に侵入した倉田が今野のボールから枠内シュート。この決定機は、相手GKのファインセーブに遭い、先制点とはならない。 ▽それでも、G大阪は21分に試合の均衡を破る。立ち上がりから攻撃参加でインパクトを残していたオ・ジェソクの好クロスに正面の長沢が頭で合わせる。オ・ジェソクから2度目の好クロスを受けた長沢が今度はネットを揺らし、G大阪に先制点をもたらした。 ▽その後、G大阪はアデレードの反撃に遭う。39分にはゴール至近距離から決定的なシュートを放たれたが、GK東口がファインセーブで得点を許さない。すると前半終了間際のアディショナルタイム1分に追加点を奪う。左サイドで仕掛けたアデミウソンのクロスからファーの井手口がシュート。これはブロックされるも、こぼれ球を叩いた今野がシュートを突き刺し、2-0とした。 ▽迎えた後半、G大阪は攻撃への比重を強めたアデレードを前に苦戦を強いられる。それでも、アデレードがアタッキングサードでのプレーの質とフィニッシュ精度を欠いたこともあって、2点のリードを保ったまま試合を進める。 ▽徐々に試合の主導権を取り戻したG大阪は67分、右CKから三浦がボレーシュートを枠内に飛ばす。しかし、これは相手GKの好セーブに遭い、3点目とはならない。 ▽その後、G大阪は79分に長沢に代えて堂安を投入する。81分には、右サイドから遠藤がゴール前に入れたFKに合わせにいった三浦が相手のオウンゴールを誘い、3点目。そのままシャットアウトして白星スタートをきったG大阪は、26日に行われる明治安田生命J1リーグ開幕節でヴァンフォーレ甲府をホームに迎える。 2017.02.22 19:58 Wed
twitterfacebook
thumb

【ACL2017】G大阪、初優勝の地・アデレードから2度目のアジア統制へ出陣〜グループH〜

▽2月21日(火)、今シーズンのアジア王者を決めるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017の本戦がスタートする。日本からは、Jリーグ王者の鹿島アントラーズの他、浦和レッズ、川崎フロンターレ、そしてプレーオフを勝ち上がったガンバ大阪の4チームが出場する。 ▽日本勢でグループHに入ったのは、3大会連続9度目の出場となるG大阪だ。2008シーズン以来2度目のアジア制覇を目指す。今回は、出場各チームのACLにおける成績や注目選手などを紹介したい。<hr>■グループH アデレード・ユナイテッド(オーストラリア) 江蘇蘇寧(中国) 済州ユナイテッド(韓国) ガンバ大阪(日本)<hr> <span style="font-weight:700;">★アデレード・ユナイテッド</span>(オーストラリア/6回目) 【出場資格】 オーストラリア・リーグ2016 優勝 オーストラリア・リーグ2016グランドファイナル 優勝 【前回出場】 2016年 【前回大会】 プレーオフ敗退 【最高成績】 準優勝(2008)<hr>▽2016シーズンのオーストラリア・リーグ王者であるアデレード・ユナイテッド。2005-06シーズン以来、遠ざかっていた国内リーグ優勝を果たしての出場となる。指揮を執るのはスペイン人のギシェルモ・アモレ監督。しかし、今シーズンの国内リーグでは下位に低迷している。風向きを変えるためにも、22日にホームで開幕するグループステージ第1節でG大阪を叩きたい。 【注目選手】<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170222_acl_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>FWババ・ディアワラ(セネガル) 1988年1月5日(29歳)<hr>▽セネガル人ストライカーに期待だ。これまでマリティモやセビージャ、レバンテ、ヘタフェを経て、今冬にフリートランスファーでアデレード・ユナイテッドに加入。アフリカ特有のバネを生かしたドリブルや、独特の間合いから放たれるシュートは、このアジアという舞台で相手の脅威になるに違いない。 <span style="font-weight:700;">★江蘇蘇寧</span>(中国/3回目) 【出場資格】 中国スーパーリーグ 2位 【前回出場】 2016年 【前回大会】 グループステージ敗退 【最高成績】 グループステージ敗退(2016)<hr>▽昨年、MFラミレスや、MFアレックス・テイシェイラら欧州で実績十分の大物を引き入れて話題をふるまった江蘇蘇寧。しかし。3年ぶりの出場となった前回大会は、グループステージ敗退に終わった。指揮を執るのは、かつてFCソウルを率いたチェ・ヨンス監督。昨年ほどの目玉補強こそなかったものの、チームの成熟度や組織力という面で昨シーズン以上だ。 【注目選手】<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170222_acl_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>MFラミレス(ブラジル) 1987年3月24日(29)<hr>▽かつてチェルシーで異彩を放ったダイナモに注目だ。ラミレスは昨年から中国スーパーリーグに参戦。適正のボランチだけでなく、トップ下でもプレーし、昨シーズンのリーグ戦で26試合4ゴール1アシストを記録。昨年11発のアレックス・テイシェイラと、10発を記録したロヘル・マルティネスを繋ぐリンクマンとして輝く姿に期待したいところだ。 <span style="font-weight:700;">★済州ユナイテッド</span>(韓国/2回目) 【出場資格】 Kリーグ・クラシック2016 2位 【前回出場】 2011年 【前回大会】 不参加 【最高成績】 グループステージ敗退(2011)<hr>▽昨シーズンのKリーグ・クラシックを3位フィニッシュ。プレーオフから参戦のはずだったが、全北現代が違反行為で出場権を剥奪されたため、繰り上がりで本戦から出場することになった。前回大会はグループステージで敗退したが、同居したG大阪に2-1で勝利。2度目の出場となる今大会でも再び相まみえることになる。 【注目選手】<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170222_acl_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>FWマルセロ・トスカーノ(ブラジル) 1985年5月12日(31)<hr>▽ブラジル人ストライカーをピックアップ。昨年から蔚山現代でプレーすると、昨シーズンのKリーグ・クラシックでチームトップの11ゴールを挙げた。武器は184cmの上背と足下のテクニック。クラブ史上初のグループステージ突破には、男の活躍が必要だ。 <span style="font-weight:700;">★ガンバ大阪</span>(日本/9回目) 【出場資格】 明治安田生命J1リーグ 4位 【前回出場】 2016年 【前回大会】 グループステージ敗退 【最高成績】 優勝(2008)<hr>▽2017年の明治安田生命J1リーグで年間勝ち点4位に滑り込み、天皇杯の結果により、繰り上げでアジアへの挑戦権を手にしたG大阪。今シーズンはスローガン『勝』に込められた思いのとおり、全てのタイトル獲得が目標だ。今オフは、ストライカー獲得の失敗やMF阿部浩之ら主力の流失が相次いだ一方で、DF三浦弦太(清水エスパルス)やDFファビオ(横浜F・マリノス)、MF泉澤仁(大宮アルディージャ)、MF井出遥也(ジェフユナイテッド千葉)らを獲得。戦術面や布陣の変更も含めて、フルカスタマイズされた新たなチームは、初優勝の2008年に舞台となったアデレードから2度目のアジア王者への戦いが始まる。 【注目選手】<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170222_acl_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>DFファビオ(ブラジル) 1989年2月28日(27歳)<hr>▽今シーズンからG大阪に加入したファビオに注目。7日に行われたACLプレーオフで公式戦デビューを果たすと、守備面で強度を見せると共に、後方からのビルドアップやセットプレーから攻撃面でも存在感を発揮した。強烈な個が際立つアジアでの戦いにおいて、守備の耐久力は不可欠。自身2度目のACLという舞台で躍動する姿に期待だ。 2017.02.22 16:00 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース