大宮にペチュニク放出の千葉、30歳のブラジル人FWエウトンを獲得2015.01.02 14:15 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽J2の千葉は2日、ブラジル2部のECヴィトーリアからブラジル人FWエウトン(30)を獲得したと発表した。

▽同日に今シーズン、チーム最多となる14ゴールを挙げたスロベニア代表FWネイツ・ペチュニクの大宮移籍を発表していた千葉は、同選手の後釜として今シーズンのセリエB(ブラジル2部)で10ゴールを記録した185cmの長身ストライカーを獲得した。


▽千葉加入が決定したエウトンは、同クラブの公式サイトで意気込みを語っている。

「今回はジェフユナイテッド千葉からオファーをいただき感謝してます。J1昇格がクラブの悲願だと聞いています。より多くのゴールをクラブとサポーターに捧げられるように努力します」

コメント

関連ニュース

thumb

千葉が神戸から元日本代表GK山本海人を完全移籍で獲得「移籍してきた理由はJ1に導くため」

▽ジェフユナイテッド千葉は10日、ヴィッセル神戸の元日本代表GK山本海人(31)が完全移籍で加入することを発表した。 ▽山本は清水エスパルスのユース出身で、2004年にトップチームに昇格。2013年に神戸へと移籍していた。神戸では移籍1年目でJ2通算18試合に出場するとチームのJ1昇格に貢献。2014年、2015年は正守護神としてJ1で27試合、29試合に出場。しかし、今シーズンは韓国代表GKキム・スンギュの加入により出番を失い、公式戦の出場はなかった。山本は千葉を通じてコメントしている。 「ヴィッセル神戸から移籍してきました山本海人です。千葉に移籍してきた理由はただ1つ。チームをJ1に導くためです!」 「そのためには、監督、スタッフ、選手、スポンサー、そして、何よりもサポーターの皆さんの力が必要です。最後は、みんなで笑って1年を締めくくりましょう!どうぞよろしくお願いします」 ▽また、3シーズンを過ごした神戸を通じてもコメントしている。 「来シーズンからジェフユナイテッド千葉に移籍することになりました。ヴィッセル神戸には感謝の気持ちしかありません。4年間、いつも応援していただき有難うございました。その中でも皆さんと一緒に昇格出来たことは一生忘れることはないでしょう。今のヴィッセル神戸は残留争いをするようなレベルではなく、間違いなくタイトルを狙える位置にいます。チームは変わりますがこれからも応援したいと思います。4年間本当にありがとうございました」 2016.12.10 16:34 Sat
twitterfacebook
thumb

弟思いの清武弘嗣が熊本サポーターにメッセージ「功暉を成長させてくれたのもロアッソ熊本さん」

▽セビージャに所属する日本代表MF清武弘嗣が、弟のMF清武功暉の移籍について自身のブログでコメントを残した。 ▽清武の実弟である功暉は8日、ロアッソ熊本との期限付き移籍期間が満了を迎え、サガン鳥栖からジェフユナイテッド千葉へと移籍した。 ▽清武は弟の移籍を受けて「ロアッソ熊本のみなさん。」のタイトルで、功暉に代わって熊本のクラブやサポーターたちに感謝の言葉を述べた。 「今、リヨンから帰ってきました。まずは予選を突破でき良かったです。自分も試合に絡めるように日々頑張ります!!」 「そして先ほど、功暉の千葉への移籍が発表されました。功暉の中でたくさん悩んで決断したと思います」 「ロアッソ熊本に行って1年半。たくさん素晴らしい経験をさせてもらったと外から見ていて思いました。功暉を成長させてくれたのもロアッソ熊本さんのおかげだと功暉も僕自身も思っています。監督、スタッフ、選手をはじめ、スポンサーの方々、そしてロアッソ熊本のサポーターのみなさんのおかげだと思います。本当に兄として感謝しています。ありがとうございました」 「功暉もこれからもっと頑張らないといけないと思うし、もっと成長すべき選手だと思います。熊本を離れても、功暉の事を応援してもらえると本当にありがたいと思ってます。勝手ですが、よろしくお願いします。また2人で熊本にサッカーをしに必ずいきます。本当にありがとうございました!」 ▽またブログの最後には加入する千葉サポーターたちに向けたコメントをよせられた。 「そして千葉のみなさん。清武功暉をよろしくお願いします。僕も選手として功暉に負けないように頑張りたいと思います」 2016.12.08 18:18 Thu
twitterfacebook
thumb

セビージャ清武の弟・功暉が熊本との期限付き移籍満了、さらに鳥栖から千葉へと完全移籍

▽ロアッソ熊本は8日、サガン鳥栖から期限付き移籍で加入していた清武功暉(25)が契約期間の満了により退団することを発表した。さらに同日、ジェフユナイテッド千葉が清武を鳥栖から完全移籍で獲得することを発表した。 ▽2015シーズンの途中に鳥栖から熊本に加入した清武は、今季の明治安田生命J2リーグで37試合12ゴールを奪うなどしゅりょくとしてかつやくした。なお、2012年からプレーした鳥栖では、J1通算で14試合に出場している。 ▽清武は、熊本の公式サイト上で次のように別れの言葉を残している。 「いつもロアッソ熊本を支えてくださるファン、サポーター、スポンサーの皆さん、今シーズンも本当にたくさんの声援をありがとうございました。このロアッソで過ごした1年半は、私にとって本当に素晴らしいものでした。皆さんの声援がなければ最後まで走り切ることは出来なかったと思います。今回熊本が復興に向かってる中で、この決断は本当に悩みました。しかし、新しいチャレンジをすることに決めました。これからも熊本の復興を心より祈ってますし、自分が出来ることは継続してやりたいと思っています。そして、来年自分の成長した姿を見せ、熊本の方々を元気づけられるようなプレーをしたいと思います。1年半、本当にありがとうございました」 ▽さらに鳥栖の公式サイト上では次のように語った。 「4年間たくさんの応援ありがとうございました。 なかなかサガン鳥栖で結果を残すことは出来ませんでしたが、サポーターの皆さんの声援がとても力になっていました。ロアッソの選手として、ベアスタで試合をした時も、温かく迎えてくれて本当に嬉しかったです。そして、サガン鳥栖というクラブでプロ生活をスタート出来た事を誇りに思います。竹原社長を始め、サガン・ドリームスの皆さん、スポンサーの皆さん、ファン、サポーターの皆さんありがとうございました」 ▽最後に、加入する千葉の公式サイトでは次のように意気込みを語っている。 「ジェフユナイテッド千葉を愛する皆さん、この度、完全移籍で加入することになりました清武功暉です。熊本地震後の復帰試合の時の、サポーターの皆さんの温かい声援は本当に感動しました。そして、ホームでこの声援を受けてプレーをしてみたいとも思いました。自分の特徴は攻撃です。このクラブでたくさんゴールを決め、たくさんのサポーターと喜びたいと思います。応援よろしくお願いします」 2016.12.08 13:41 Thu
twitterfacebook
thumb

千葉がDF若狭大志と契約更新…加入初年度の今季J2で20試合出場

▽ジェフユナイテッド千葉は6日、DF若狭大志(27)と2017シーズンの契約を更新したことを発表した。 ▽2012年に東洋大学から大分トリニータに入団した若狭は今年、千葉に移籍。明治安田生命J2リーグの20試合に出場していた。 ▽契約更新を受け、若狭はクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「来季もジェフでプレーさせていただくことが決まりました。最後にジェフに関わる全ての方々が笑顔で終えられるよう、全力で戦います。応援よろしくお願いします」 2016.12.06 13:25 Tue
twitterfacebook
thumb

千葉がMFアランダと契約更新「たくさんの喜びを届けられるように」

▽ジェフユナイテッド千葉は5日、パラグアイ人MFエドゥアルド・アランダ(31)と来シーズンの契約を更新したことを発表した。 ▽アランダは2015年12月に千葉入り。今シーズンは明治安田生命J2リーグ27試合と天皇杯2試合に出場した。 ▽アランダは千葉の公式サイトで以下のようにコメントした。 「来シーズンも、このチームでプレーできることを、とても嬉しく思います。私を信頼し、チャンスをくれたジェフの関係者の方々に、感謝いたします。今年、目標にたどり着けなかったことをとても悔しく思いますが、来年はジェフを愛するすべての人たちにとって、幸せな年になることを祈っています。そのためには、我々一人一人が持っている力をすべて出し切り、さらにチームのためにどんな努力も惜しまない姿勢が大事になるはずです。そうすることで、我々の目指しているものが、現実に変わると信じています。毎試合、全力で応援してくださるサポーターの方々にも、心から感謝しています。たくさんの喜びを届けられるように頑張ります。アランダ家共々、日本の皆様、チームに関わるすべての方々に感謝しています。来日一年目の今年、たくさんお世話になりました。ありがとうございます」 2016.12.05 19:38 Mon
twitterfacebook
Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース