大宮にペチュニク放出の千葉、30歳のブラジル人FWエウトンを獲得2015.01.02 14:15 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽J2の千葉は2日、ブラジル2部のECヴィトーリアからブラジル人FWエウトン(30)を獲得したと発表した。

▽同日に今シーズン、チーム最多となる14ゴールを挙げたスロベニア代表FWネイツ・ペチュニクの大宮移籍を発表していた千葉は、同選手の後釜として今シーズンのセリエB(ブラジル2部)で10ゴールを記録した185cmの長身ストライカーを獲得した。


▽千葉加入が決定したエウトンは、同クラブの公式サイトで意気込みを語っている。

「今回はジェフユナイテッド千葉からオファーをいただき感謝してます。J1昇格がクラブの悲願だと聞いています。より多くのゴールをクラブとサポーターに捧げられるように努力します」

コメント

関連ニュース

thumb

千葉が関塚隆監督を解任…昇格目指す今季は8勝9分け8敗の9位

▽ジェフユナイテッド千葉が25日、関塚隆監督(56)の解任を発表した。なお、後任には長谷部茂利コーチ(45)が昇格することも併せて発表されている。また、小倉勉ヘッドコーチと里内猛フィジカルコーチも退任する。 ▽1998年、1999年に鹿島アントラーズで監督代行を務めた関塚氏は、2004年から川崎フロンターレの指揮官に就任。初年度にJ2優勝を果たしてJ1昇格を果たすと、その後は川崎Fを強豪チームへと引き上げた。2008年には不整脈による体調不良により辞任するも、2009年に復帰している。 ▽また2010年からはロンドン五輪を目指すU-23日本代表監督に就任。本大会では日本代表を44年ぶりのベスト4に導いた。2013年にはJ2降格危機に陥っていたジュビロ磐田の指揮官を務めるが、チームを残留させることはできずに、わずか1年で退任。2014年から出身地である千葉の指揮官を務めていた。 ▽就任初年度はJ2リーグ戦で3位に食い込み昇格プレーオフに出場するも、準決勝で山形に敗れてクラブとしては3年連続のプレーオフ敗退となる。2年目の今季は多くの選手を獲得しJ1昇格を目指したが、25節終了時点で8勝9分け8敗の9位となっていた。 2016.07.25 12:35 Mon
twitterfacebook
thumb

白熱のオリジナル10対決は、鄭大世弾で清水に軍配!!《J2》

▽24日に明治安田生命J2リーグ第25節のジェフユナイテッド千葉vs清水エスパルスがフクダ電子アリーナで行われ、4-3で清水が勝利した。 ▽勝ち点33で9位の千葉、勝ち点38で7位の清水のオリジナル10対決。序盤はハーフウェイライン付近で激しいぶつかり合いを見せるも、徐々に清水が主導権を握っていく。すると19分、石毛が高い位置でボールを奪うとそのままゴールに向かってドリブルを開始。右足で狙ったシュートは相手にブロックされるも、こぼれ球に詰めた鄭大世が頭で押し込んで、清水が勢いのままに先制した。 ▽さらに27分、右サイドをパス交換で攻略すると走りこんだ川口がボールを受けてボックス右に侵入。そのまま右足のアウトサイドでシュートを放つとこれが決まり、川口のJリーグ初ゴールで清水がリードを広げた。しかし千葉も37分、町田のパスに抜け出した船山が右足のアウトサイドでシュートを叩き込み1点差に詰め寄って前半を終えた。 ▽両チームともにハーフタイムでの交代を行わずに後半に入ると、追いかける千葉が攻勢に出る展開となった。相手陣内で時間を使っていく千葉だが、なかなかゴールを奪えない。それでも62分、右サイドから入れたクロスをGK杉山が弾いたところに船山が詰めて試合を振り出しに戻した。 ▽千葉の攻撃をなかなか押し返せない清水は、交代カードを切って流れを変えにかかる。しかし79分、川口が長澤に対するファウルでレッドカードを受けて退場。清水は数的不利となった。すると84分、ゴール前の混戦からこぼれ球を拾った長澤がうまく蹴り込み、千葉が逆転に成功した。 ▽失点を喫した清水は反撃に出ると、90分にオウンゴールから3-3の同点とする。すると試合終了間際の94分、ボックス左から北脇が入れたクロスは相手にクリアされるも、これを拾った鄭大世がボックス左からコントロールシュートを放つ。これがファーポストに当たりながらもゴールネットを揺らし、清水が土壇場で逆転に成功する。 ▽結局、このゴールが決勝点となり、清水が白熱のオリジナル10対決を制した。 2016.07.24 20:10 Sun
twitterfacebook
thumb

千葉、慶応大DF溝渕雄志の来季加入が内定

▽J2のジェフユナイテッド千葉は23日、慶應義塾大学のDF溝渕雄志(22)が2017シーズンから加入することが内定したことを発表した。 ▽香川県出身の溝渕は、流通経済大付属柏高校を経て2013年に慶應義塾大学に進学。同大では1年時からサイドバックのレギュラーポジションを掴み、2年時には全日本選抜にも選出されていた。 ▽溝渕は千葉入りに際して、公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「この素晴らしいチームの一員として、自身の抱く夢へのスタートが切れることを大変幸せに思います。これまで私を支え、応援して下さった方々に改めて感謝の意を表すと共に、今後も猛烈な努力を積み重ねては成長していく決意です。そして一日も早くジェフユナイテッド市原・千葉の戦力として貢献出来るよう、精進して参ります」 2016.07.23 15:18 Sat
twitterfacebook
thumb

エウトン負傷交代の千葉は山形とドロー《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第24節のモンテディオ山形vsジェフユナイテッド千葉が20日にNDソフトスタジアム山形で行われ、1-1で終了した。 ▽2連敗中で10位の山形と、前節の町田ゼルビア戦で未勝利を5試合で止めた9位の千葉が対戦。試合は14分、右サイド深くから北爪が入れたロングスローをボックス内で収めたエウトンがそのままねじ込んで、千葉が先制する。 ▽だが、32分には千葉にアクシデント。足を負傷したエウトンがオナイウ阿道との交代でピッチを後にする。すると、40分に山形が追いつく。佐藤が蹴った左CKにニアサイドの田代が合わせて、試合を振り出しに戻した。 ▽迎えた後半、攻める山形は59分、右から高木が入れたクロスにファーサイドで合わせた渡辺がヘディングシュート。しかし、わずかに枠を捉えることができない。 ▽その後も両者共に攻めたが、決め手を欠いてドロー。勝ち点1を分け合っている。 2016.07.20 21:47 Wed
twitterfacebook
thumb

劇的オナイウ弾で町田を下した千葉の連敗ストップ《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第23節のFC町田ゼルビアvsジェフユナイテッド千葉が16日に町田市立陸上競技場で行われ、2-3で千葉が勝利した。 ▽7位につける町田と、そこから7ポイント差の9位に位置する千葉の対戦。試合は早々の5分、カウンターから千葉が均衡を破る。右サイドを駆け上がった北爪のクロスに正面で合わせたMF町田がネットを揺らし、千葉が先行した。 ▽しかし、町田もすぐさま反撃に出る。11分には見事なサインプレーで同点に。ペナルティアーク付近で得たFKで直接狙わず、森村がパスを選択。ボックスのやや左でフリーになっていた中村がダイレクトシュートでゴールに叩き込んで、1-1とした。 ▽迎えた後半も白熱の展開が繰り広げられる。町田は70分、鈴木孝からパスを受けた重松がボックス右の手前で右足を強振。鋭いミドルシュートでネットを揺らし、勝ち越しに成功する。 ▽しかし、千葉も盛り返す。81分には波状攻撃からボックス右の丹羽が鋭いシュートを突き刺して追いつく。 ▽さらに攻める千葉はアディショナルタイム5分、劇的に決勝弾を決める。左サイドから井出が上げたクロスに正面で合わせた途中出場のオナイウ阿道がヘディングシュートを叩き込み、土壇場で2-3とした。 ▽結局、このシュートを決勝点とした千葉が連敗を3試合で止めて、6試合ぶりの勝利を手にした。 2016.07.16 20:39 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース