大宮にペチュニク放出の千葉、30歳のブラジル人FWエウトンを獲得2015.01.02 14:15 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽J2の千葉は2日、ブラジル2部のECヴィトーリアからブラジル人FWエウトン(30)を獲得したと発表した。

▽同日に今シーズン、チーム最多となる14ゴールを挙げたスロベニア代表FWネイツ・ペチュニクの大宮移籍を発表していた千葉は、同選手の後釜として今シーズンのセリエB(ブラジル2部)で10ゴールを記録した185cmの長身ストライカーを獲得した。


▽千葉加入が決定したエウトンは、同クラブの公式サイトで意気込みを語っている。

「今回はジェフユナイテッド千葉からオファーをいただき感謝してます。J1昇格がクラブの悲願だと聞いています。より多くのゴールをクラブとサポーターに捧げられるように努力します」

コメント

関連ニュース

thumb

打ち合いを制した千葉が今季2度目のリーグ戦連勝を飾る《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第14節のジェフユナイテッド千葉vsFC岐阜が22日にフクダ電子アリーナで行われ、3-2で千葉が勝利した。 ▽3月以来のリーグ戦連勝を目指す10位千葉(勝ち点19)が、3戦無敗中の8位岐阜(勝ち点20)をホームに迎えた一戦は、立ち上がり早い時間にスコアが動く。5分、長澤のパスをボックス左で受けた船山のクロスをニアのエウトンがヘディングでゴールに流し込んだ。 ▽早い時間に先制した千葉は、10分にもエウトンのパスをボックス右で受けた井出が切り返しでマークを外し、シュート。これがゴール左隅に吸い込まれ、追加点を奪った。 ▽その後も試合巧者ぶりを発揮する千葉は33分、阿部の右CKに飛び込んだイ・ジュヨンがヘディングシュート。38分にはボックス右付近でパス受けた井出のグラウンダーのクロスをゴール前に走りこんだエウトンが合わせるも、これは枠を外した。 ▽千葉の2点リードで迎えた後半、岐阜は鈴木ブルーノを下げて瀧瀬を投入。すると51分、右CKのこぼれ球を阿部が残すと、これを受けたエヴァンドロの左クロスをゴール前の田森がヘディングで流し込んだ。 ▽1点を返された千葉もすぐに反撃。52分、ロングスローをボックス左で受けたエウトンの落としをボックス手前の長澤がワンタッチで繋ぐと、これに反応した船山がゴール左からシュート。しかし、このシュートは左サイドネットに外れた。 ▽さらに千葉は83分、吉田のパスをペナルティアークで受けた長澤がボックス中央に侵入しシュート。このボールがGK高木が触れられ勢いが弱まるも、そのままゴール左に吸い込まれた。 ▽リードを広げられた岐阜だが85分、CKのこぼれ球を奪った野垣内のロングスルーパスをボックス左で受けた高地がゴール右にシュートを流し込んだ。再び1点差となり勢いづく岐阜は試合終了間際の91分にも、田中達の右クロスをファーサイドの瀧谷が頭で合わせるたが、これはクロスバーを直撃した。 ▽その後も千葉ゴールに迫った岐阜だが、最後まで同点ゴールは生まれず、試合は3-2で終了。勝利した千葉は今季2度目のリーグ戦連勝を飾った。 2016.05.22 18:35 Sun
twitterfacebook
thumb

熊本、地震後初のリーグ復帰試合も町田2発の千葉に敗戦《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第13節のジェフユナイテッド千葉vsロアッソ熊本が15日にフクダ電子アリーナで行われ、2-0で千葉が勝利した。 ▽熊本地震以降、初めてとなるロアッソ熊本のリーグ戦再開試合。4勝4分け4敗で12位の千葉が、5試合未消化で14位の熊本をホームに迎えた。バイタルエリアで仕掛けた清武が4分に際どいシュートに持ち込むなど、熊本が立ち上がりから積極性を見せる。 ▽ハーフタイムにかけては千葉が巻き返したが、熊本も古巣対決となる最前線の巻を筆頭に粘り強い守備を見せて得点を許さず。試合はゴールレスのまま折り返す。 ▽迎えた後半、千葉は51分にペナルティアーク付近から船山が惜しいミドルシュートを放つなど、まずまずの入りを見せる。さらに、53分には決定機を演出する。左サイドから船山が入れたクロスに正面のエウトンがヘッド。これが枠を捉えるが、コースが甘くGK畑に弾かれる。 ▽それでも、56分には千葉が先行する。阿部のクロスにファーで合わせた船山のシュートはミートしなかったが、正面でルーズボールに反応した町田がゴールに蹴り込んで、千葉が先手を取った。 ▽ビハインドを背負った熊本も気落ちせず、厳しいプレスでボールを奪ってゴールを目指す。68分には高柳がミドルレンジから鋭いミドルシュートを放つも、わずかに枠をはずれてゴールとはならない。 ▽すると、74分には千葉が相手のミスを突いて2点目。前線にフィードを入れたGK畑のキックを町田がブロック。目の前に転がったボールをそのまま町田が無人のゴールに流し込んで、2-0とする。 ▽その後、熊本は清武を中心に反撃に出るも、ゴールを奪うことができずにリーグ復帰試合で敗れた。一方の千葉はリーグ戦6試合ぶりの勝利となっている。 2016.05.15 18:03 Sun
twitterfacebook
thumb

ブラジルに期限付き移籍していたDF浦田樹が千葉に復帰「本場ブラジルで良い経験」

▽ジェフユナイテッド千葉は14日、ブラジルのパラナ州リーグ1部に所属するPSTCへ期限付き移籍していたU-19日本代表DF浦田樹(19)の復帰を発表した。 ▽浦田は、千葉の下部組織出身で、世代別の日本代表としてもプレー。今シーズン開幕前の1月に期限付き移籍が発表されていた。浦田はクラブを通じて、復帰のコメントを残している。 「ブラジルから帰ってきました。本場ブラジルで良い経験ができ、自分自身成長できたと思います。チームの目標に少しでも力になれるように頑張ります。応援よろしくお願いします」 2016.05.14 13:18 Sat
twitterfacebook
thumb

DF近藤のAT弾で千葉が京都から土壇場で勝ち点1をもぎ取る!!《J2》

▽7日に京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場で、明治安田生命J2リーグ第12節の京都サンガF.C.vsジェフユナイテッド千葉が行われ、1-1のドローに終わった。 ▽現在2連勝中で勝ち点16の8位に位置する京都と4試合白星から遠ざかっている勝ち点15で11位の千葉が対戦した。ゴールデンウィーク連戦最後の試合を勝利で飾りたい両チームの一戦は、 ▽最初にチャンスを作ったのは千葉だった。13分に右CKの流れから多々良が頭で合わせるがGK菅野が難なく処理した。一方の京都も千葉陣内に攻め込んでいくが、攻撃をシュートで終われない時間が続く。結局前半はお互いにゴールを奪うことができずにゴールレスで終えた。 ▽ハーフタイムで京都は、前半に負傷した有田を下げてイ・ヨンジェを送り出した。しかし決定機を決めきれない展開は前半と変わらず。お互いに選手を入れ替えながら流れを掴みにかかる。 ▽迎えた75分、ボックス左の深い位置でボールを受けたエスクデロの折り返しを、堀米がシュート。これがディフレクトして、ボールはニアサイドを抜けてゴールネットを揺らし、京都がついに試合の均衡を破る。 ▽千葉は多々良を下げて菅嶋、船山に代えてエウトンを投入するなど同点ゴールを目指す。一方の京都はボールを持っても無理をせずに時間を使っていく。するとアディショナルタイム3分が経過。しかし千葉が左CKを獲得すると、この流れから近藤がボールを蹴り込み、千葉が土壇場で同点に追いつく。直後に試合は終了し、勝ち点1を分け合う結果に終わった。 2016.05.07 17:59 Sat
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース