大宮にペチュニク放出の千葉、30歳のブラジル人FWエウトンを獲得2015.01.02 14:15 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽J2の千葉は2日、ブラジル2部のECヴィトーリアからブラジル人FWエウトン(30)を獲得したと発表した。

▽同日に今シーズン、チーム最多となる14ゴールを挙げたスロベニア代表FWネイツ・ペチュニクの大宮移籍を発表していた千葉は、同選手の後釜として今シーズンのセリエB(ブラジル2部)で10ゴールを記録した185cmの長身ストライカーを獲得した。


▽千葉加入が決定したエウトンは、同クラブの公式サイトで意気込みを語っている。

「今回はジェフユナイテッド千葉からオファーをいただき感謝してます。J1昇格がクラブの悲願だと聞いています。より多くのゴールをクラブとサポーターに捧げられるように努力します」

コメント

関連ニュース

thumb

森本&船山の恩返し弾で延長戦にもつれ込んだ一戦は川崎Fに軍配 千葉撃破で2大会連続の16強入り《天皇杯》

▽22日、第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会の3回戦が行われた。川崎フロンターレ(J1)と、ジェフユナイテッド千葉(J2)の一戦は延長戦の末、4-1で川崎Fが勝利。4回戦進出を果たした。 ▽試合が動いたのは20分。かつて千葉でプレーしていた森本のミドルシュートで、川崎イFが幸先良く先制に成功する。ところが、1点ビハインドで後半を迎えた千葉は51分、こちらもかつて川崎Fに所属していた船山が同点弾。千葉が追いつく。 ▽その後、互いに勝ち越しゴールが遠く、そのまま1-1で延長戦に突入。すると、川崎Fは延長前半15分、右サイドを突破したエウシーニョのクロスを同6分から出場の車屋が頭で合わせる。川崎Fが勝ち越しに成功した。 ▽車屋のゴールでリードした川崎Fは、迎えた延長後半に大久保がトドメの2発。最終的に、4-1で千葉を下した川崎Fが2大会連続のベスト16入りを果たした。 <span style="font-size:14px;">◆天皇杯3回戦 ▽9/22(木) 《13:00》 グルージャ盛岡 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2</span> Honda FC 《14:00》 アルビレックス新潟 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1</span>-0 レノファ山口 《15:00》 鹿島アントラーズ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2</span>-1 ファジアーノ岡山 ヴィッセル神戸 3-3 [<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">5</span> PK 3] モンテディオ山形 大分トリニータ 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1</span> 清水エスパルス 《16:00》 大宮アルディージャ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">5</span>-0 ジュビロ磐田 横浜F・マリノス <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4</span>-0 東京ヴェルディ 《18:00》 川崎フロンターレ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4</span>-1[延長] ジェフユナイテッド千葉 《19:00》 サガン鳥栖 vs セレッソ大阪 柏レイソル vs 愛媛FC 湘南ベルマーレ vs 徳島ヴォルティス 長野パルセイロ vs 横浜FC</span> 2016.09.22 20:30 Thu
twitterfacebook
thumb

エウトン直近5戦8発目の千葉が逃げ切り失敗で山口とドロー《J2》

▽18日にフクダ電子アリーナで行われた明治安田生命J2リーグ第32節のジェフユナイテッド千葉vsレノファ山口FCは、1-1のドローに終わった。 ▽10位の千葉と、8位の山口というJ1昇格圏内への滑り込みを狙う両者が相まみえた一戦。試合は、持ち前のオーガナイズされたパスサッカーを見せる山口と、カウンターを交えながら反撃に出る千葉という構図となる。 ▽しかし、互いにシュートチャンスをゴールに結び付けられず、試合は徐々に落ち着き始めてこう着化。結局、両チームともに攻め切れず、ゴールレスでハーフタイムを迎えることになった。 ▽後半に入っても長く拮抗した展開が続く中、千葉がついに均衡を破る。65分、中盤から出された縦パスにボックス右の深くで追いついた長澤が中央に折り返すと、これをエウトンが押し込んだ。 ▽エウトンの直近5試合で8発目となるゴールで先制した千葉だったが、山口が後半アディショナルタイム2分に反撃。右サイド深くから途中出場の岡本がクロスを入れると、中山が頭でネットを揺らした。 ▽結局、試合は1-1で終了。先制後5バックに変更して逃げ切りを図った千葉だったが、策もむなしくドローという結果に終わり、3試合ぶりのポイントロスで上位追走とはならなかった。 2016.09.18 17:56 Sun
twitterfacebook
thumb

琉球が千葉からMF仲村京雅、DF浦田樹を育成型期限付き移籍で獲得

▽FC琉球は14日、ジェフユナイテッド市原・千葉のMF仲村京雅(20)、DF浦田樹(19/写真)が育成型期限付き移籍で加入することを発表した。移籍期間は2016年9月13日から2017年1月31日までとなる。 ▽仲村は、千葉の下部組織出身で、2015年にとトップチーム昇格。昨シーズンは7月からY.S.C.C.横浜へのレンタル移籍を経験していた。千葉での公式戦出場はないが、YS横浜では明治安田生命J3リーグで14試合に出場している。 ▽一方の浦田も千葉の下部組織出身で、2015年にトップチーム昇格。今年1月から5月まではブラジルパラナ州1部のPSTCへとレンタル移籍。6月に千葉へ復帰していた。千葉での公式戦出場はないものの、U-15からU-19まで各世代の日本代表に選出されている。両選手は琉球を通じてコメントしている。 <span style="font-weight:700;">◆MF仲村京雅</span> 「自分のもっているすべての力を出しきって、勝利に貢献したいと思います。沖縄のみなさま、応援宜しくお願いします!」 <span style="font-weight:700;">◆DF浦田樹</span> 「チームに貢献し、そして勝利に貢献できるように頑張りますので、応援宜しくお願いします!」 ▽また、千葉を通じてもコメント。新天地での成長を誓った。 <span style="font-weight:700;">◆MF仲村京雅</span> 「今回FC琉球にレンタル移籍する事を決断しました!心も体も成長して帰ってこれるよう日々挑戦してきます」 <span style="font-weight:700;">◆DF浦田樹</span> 「今回、FC琉球にレンタル移籍することになりました。自分自身、色々と迷いましたが、移籍を決断しました。成長した姿を見せられるよう頑張ってきます」 2016.09.14 21:39 Wed
twitterfacebook
thumb

苦しんだ千葉が町田&エウトン弾で勝利! 敗れた岐阜は12戦未勝利《J2》

▽11日に明治安田生命J2リーグ第31節のFC岐阜vsジェフユナイテッド千葉が岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われ、0-2で千葉が勝利した。 ▽3週間ぶりのリーグ戦となる今節のJ2。20位と残留争い真っ只中の岐阜が、昇格プレーオフ圏内と勝ち点差11の千葉を迎えた一戦。試合はアウェイの千葉が最初にチャンスを迎える。 ▽11分、ボックス内の混戦から船山がシュートもGKがしっかりキャッチする。25分には、ボックス手前中央で得たFKを船山が直接狙うも、壁に当ててしまう。 ▽攻め込む千葉は29分、ボックス左からの長澤のクロスをボックス内で繋ぐと、最後は菅嶋がシュート。しかし、これも枠を捉えられない。 ▽防戦状態が続いた岐阜だったが38分、左サイドを仕掛けた岐阜はボックス内に侵入した鈴木潤がグラウンダーのクロス。これを難波が押し込みに行くも、寸前でDFがクリアする。その後も岐阜が圧力を掛けて攻め込むが得点を奪えず。ゴールレスで前半を終える。 ▽後半は慎重に入った両チームだったが49分、左からのクロスをボックス内でエウトンがボレー。しかし、これはGKがセーブする。58分には船山のスルーパスに反応したエウトンがGKと一対一でシュートもセーブされてしまう。 ▽60分にはボックス手前から、ルーズボールを菅嶋がダイレクトシュートも、枠の右に外れる。66分には、左サイドからのクロスを菅嶋が落とすと船山が反応しシュート。しかし、これは右ポストを叩いてしまう。 ▽岐阜は70分、遠目の位置からのFKをレオナルド・ロシャがグラウンダーで狙うとGK佐藤がファンブル。こぼれ球をエヴァンドロが拾ってシュートを放つも、枠を外れてしまう。 ▽攻めあぐねていた千葉だが、ついに均衡を破る。76分、長澤がボックス手前で粘り横パス。これを受けた町田がボックス内左から沈め、千葉が先制する。さらに86分には、長澤の縦パスを受けたオナイウがためると、後方から走ってきた長澤がシュート。これはクロスバーに直撃するも、跳ね返りをエウトンが豪快に沈め、千葉がリードを2点に広げる。 ▽その後は岐阜が攻勢に出るも、千葉はしっかりと時間を使い、チャンスと見ればカウンターを仕掛けるなど盤石の試合運びで終了のホイッスル。千葉が0-2で勝利を収めた。 2016.09.11 20:02 Sun
twitterfacebook
thumb

岡山に無失点完勝の千葉が長谷部体制でホーム初勝利!!《J2》

▽21日にフクダ電子アリーナで行われた明治安田生命J2リーグ第30節のジェフユナイテッド千葉vsファジアーノ岡山は、2-0で千葉が勝利した。 ▽前節のロアッソ熊本戦で0-3と大敗を喫した10位の千葉(勝ち点37)が、カマタマーレ讃岐に勝利して5戦無敗と勢いに乗る3位の岡山(勝ち点53)を迎えた。試合はお互いにゴール前の攻防が続く中、ホームの千葉がフィニッシュまで持ち込む場面が多くみられる。すると9分、アランダのロングボールをエウトンが胸で落とし、これを拾った船山のスルーパスに抜け出した町田がシュート。うまくボールにミートできなかったものの強引にねじ込んで千葉が先制した。 ▽その後も千葉が岡山の高いバックラインの裏を狙って直線的に仕掛けていく。43分には町田が抜け出してGKとの一対一を迎えるも、シュートは右へと外れた。結局前半は千葉が1点リードして終えた。 ▽後半はなかなかスコアが動かない展開の中、73分にスルーパスに抜け出した船山がボックス右でキープ。マイナスの折り返しにエウトンがダイレクトで合わせると、これがゴールネットを揺らして千葉が2点目を奪った。 ▽一方の岡山は相手陣内までボールを運ぶもシュートを枠に飛ばすことはできない。試合終盤、ボックス手前の好位置でFKを獲得するも伊藤が直接狙ったシュートは、GK佐藤の好セーブに阻まれた。結局試合はそのまま終了を迎え、千葉が岡山を相手に無失点完勝を飾った。なお千葉は、長谷部監督就任後ホームで初勝利となった。 2016.08.21 20:03 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース