レキップ選出ベスト100、ゼコやデ・ロッシ、スターリングなどがランクイン《76位~100位》2015.01.02 12:16 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽フランス『レキップ』は1日、ジャーナリスト19名による2015年のサッカー選手ベスト100を発表した。

▽今回発表されたリストの76位から100位では、76位にローマのボスニアヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコ、77位にバルセロナのドイツ代表GKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲン、78位にチェルシーのブラジル代表MFウィリアンが選出された。

▽その他、レアル・マドリーのコスタリカ代表GKケイロル・ナバスは82位、ローマのイタリア代表MFダニエレ・デロッシは83位、マンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリングは87位にランクインした。発表された100名の76位から100位は以下の通り。

◆レキップ選出2015年ベスト100
76.エディン・ゼコ(ローマ/ボスニアヘルツェゴビナ)
77.マーク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ/ドイツ)
78.ウィリアン(チェルシー/ブラジル)
79.チアゴ・モッタ(パリ・サンジェルマン/イタリア)
80.ディミトリ・パイエ(ウェストハム/フランス)
81.アンドレ=ピエール・ジニャック(ティグレス/フランス)
82.ケイロル・ナバス(レアル・マドリー/コスタリカ)
83.ダニエレ・デロッシ(ローマ/イタリア)
84.ジョー・ハート(マンチェスター・シティ/イングランド)
85.ドウグラス・コスタ(バイエルン/ブラジル)
86.グルゼゴルツ・クリホヴィアク(セビージャ/ポーランド)
87.ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ/イングランド)
88.ミランダ(インテル/ブラジル)
89.ラジャ・ナインゴラン(ローマ/ベルギー)
90.セバスティアン・ジョビンコ(トロント/イタリア)
91.エベル・バネガ(セビージャ/アルゼンチン)
92.ウーゴ・ロリス(トッテナム/フランス)
93.アンドリー・ヤルモレンコ(ディナモ・キエフ/ウクライナ)
94.ローラン・コシエルニー(アーセナル/フランス)
95.リヤド・マフレズ(レスター/アルジェリア)
96.ジェルビーニョ(ローマ/コートジボワール)
97.ハテム・ベン・アルファ(ニース/フランス)
98.ダビド・ルイス(パリ・サンジェルマン/ブラジル)
99.クラース=ヤン・フンテラール(シャルケ/オランダ)
100.ヤシン・ブラヒミ(ポルト/アルジェリア)

コメント

関連ニュース

thumb

マルセイユでデビュー2戦目の酒井宏樹が好プレー 監督も「完璧だ」と賛辞

マルセイユは15日にフランス2部ニームとの親善試合を行い、1-0で勝利を収めた。フランク・パッシ監督は先発出場した日本代表DF酒井宏樹のプレーに賛辞を送っている。<br><br>12日に行われたプレシーズン初戦ではスイスのローザンヌに1-2の敗戦を喫していたマルセイユだが、2戦目で今季初勝利を挙げることに成功した。MFレミ・カベラが54分に奪った1点が決勝点となった。<br><br>ローザンヌ戦で後半45分間の出場だった酒井は、この試合では右SBとして先発で出場。終了間際の89分までプレーし、好プレーで定位置確保に向けてアピールすることができた。クラブ公式サイトでも「前半最高の出来だったのは酒井。右サイドで(相手に)抑えられず、特に守備面ではほぼ非の打ち所がなかった」「非常に良い試合をして、交代時には観客から拍手を浴びた」とそのパフォーマンスに絶賛の言葉が記されている。<br><br>パッシ監督も酒井のプレーに満足している様子だ。試合後に日本代表SBについて質問を受けると、「(活躍は)我々にとって驚きではない。彼のことは分かっていたからね。良いプレーをしているし、システムにうまく合っている。完璧だよ」とコメントしている。<br><br>マルセイユのプレシーズン3戦目は20日、オランダの強豪アヤックスとの対戦が予定されている。<br><br>提供:goal.com 2016.07.16 12:15 Sat
twitterfacebook
thumb

元仏代表フレイ、ニースの悲劇を免れるも知人が被害に 不安を告白

セリエAで活躍した元フランス代表GKセバスティアン・フレイ氏が、ニースで起きたテロに言及した。わずかの差で自身も悲劇に巻き込まれていた可能性があったと明かしている。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。<br><br>現役を引退したフレイ氏は現在、ニースに拠点を構えているという。プロムナード・デ・ザングレには「毎日コーヒーを飲みに行っている」そうだ。そのニースで起きたトラックによるテロ事件について、フレイ氏はこう明かしている。<br><br>「(ニースの花火は)小さいころからいつも父と行っていた。家族にとって最高のイベントなんだ。でも、昨日(14日)はペスカーラから戻ってくるのが遅くなり、家に着いたときに遠くから花火を見ることにしようと決めたんだよ。(問題の)トラックは私が所有するガレージの一つにもぶつかったんだ」<br><br>「何を感じるか? 不安さ。プロムナードに行くことを知っていた知り合いには、すぐに『フェイスブック』でメッセージを送った。息子を抱えていた親友の一人は、3メートルのところをあのトラックが通っていったそうだ。母の同僚は一人亡くなった。もう一人も病院にいる。現場にいた人たちは恐ろしいものを目にし、夜も眠れないんだ。子供たちがたくさんいたのに、誰があんなことを望む?」<br><br>フレイはテロ行為に激しい憤りを見せている。<br><br>「こんなのを望むのは、世界中を脅かすことだけが人生の目的のクレイジーなヤツらだ。宗教のことを話そうとは思わないね。私にはイスラム教徒の友人がたくさんいるが、他人の死を推奨する者などいない」<br><br>「こんなのは、卑怯者というだけだ。罪のない人たちを予告なしに叩いているだけだ。度胸があるなら姿を見せてくるだろう。だが、彼らはそうしないだろうね。それでも、我々の政府の問題への取り組み方は違ってくるだろう」<br><br>サッカー界にできることを問われると、フレイ氏は「とても少ない。連帯のメッセージはうれしいが、状況はこうだから&hellip;」と述べ、次のように続けた。<br><br>「怖くない者などいないだろう。今夜はコンサートに子供たちを連れていく予定だったが、もちろん中止になった。私は考えてしまうよ。我々はこれから気を楽に生きていけるのか? まだ子供たちをスタジアムやお祭り、街の広場に連れていくか?」<br><br>ゴールキーパーだったフレイ氏は、「恐怖を&ldquo;防ぐ&rdquo;ことはできないか?」との質問に、こう返した。<br><br>「シュートは見抜くことができる。反射的に跳ね返すことができる。狂気は違うんだ。まったく予見できない。私はしばらく、ニースの中心部には行かないようにするよ」<br><br>提供:goal.com 2016.07.16 11:45 Sat
twitterfacebook
thumb

酒井宏加入のマルセイユ、ラブルン会長が辞任! クラブ売却が決定的に

▽マルセイユのヴァンサン・ラブルン会長(45)が14日、21日に行われる理事会後に辞任することを発表した。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽長らくフランスの放送局に勤めていたラブルン会長は、2011年にマルセイユの新会長に就任。以降は、マルセイユのオーナーを務めるマルガリータ・ルイ・ドレフュス女史の右腕として、混迷を極めたクラブの舵取りを行ってきた。 ▽だが、今年4月にドレフュス女史からクラブ売却の意向が発表されたことで、同会長はクラブの会長職を辞することを決断したようだ。なお、現時点でラブルン会長の後任は発表されていないが、クラブ売却交渉が終了した後、新オーナーの下で新会長が発表されることになる見込みだ。 2016.07.15 15:02 Fri
twitterfacebook
thumb

PSGがエメリ新監督の初陣を逆転勝利で飾る!《プレシーズンマッチ》

▽パリ・サンジェルマン(PSG)は13日、プレシーズンマッチでWBAとの試合を行い、2-1で試合を終えた。 ▽リーグ・アン4連覇中のPSGと、2015-16シーズンをプレミアリーグ14位で終えたWBAが相まみえた。エメリ新監督の初陣となったPSGは、[4-2-3-1]の布陣を採用。GKはトラップで、最終ラインは右からサバリ、ダビド・ルイス、キンペンベ、クルザワを起用。スタンブリとカレガリを中盤の底に置き、最前線のエドゥアールの下には、イコネ、ベン・アルファ、デ・サを配置した。 ▽対するWBAのピュリス監督は、フラットな[4-4-2]の布陣を採用。GKはフォスター、DFは右からドーソン、フィッツウォーター、オルソン、ポコニョーリと配置。MFは右からマット・フィリップス、フレッチャー、サム・フィールド、レコ。2トップにロンドンとベラヒノを起用した。 ▽雨の降りしきる中でスタートした一戦は、序盤からボールポゼッションを高めるPSGが押し気味に試合を進めたが、最初のチャンスはWBAに生まれる。14分、ロングフィードに抜け出したベラヒノがボックス右からシュートを放つも、これは右サイドネットを叩いた。 ▽しかし、直後の15分にスコアが動く。WBAはロングパスに抜け出したベラヒノが ボックス右からクロスを供給すると、これをスライディングブロックしたD・ルイスの足に当たったボールがそのままゴールに吸い込まれた。 ▽早々に失点したPSGは、直後から反撃に出るがラストパスやフィニッシュの精度を欠く。32分には、オーバーラップしたサバリがボックス右からゴールを狙ったが、これは枠の左に外れた。 ▽ハーフタイム明け、PSGは5選手を変更。GKトラップやクルザワなどが下がり、ルーカス・モウラやラビオ、マクスウェル、オーリエなどがピッチに登場した。一方のWBAは、8選手を変更。ベラヒノやロンドン、フレッチャーなどに代わり、ヤコブやランバート、マクマナマンがピッチに立った。 ▽後半に入っても試合のペースを握るPSGは62分、相手陣内でハイプレスをかけたラビオがボール奪取すると、ドリブルでボックス内に侵入。背後からのマークに物ともせずゴール左まで侵攻し、シュートをゴール中央に決めた。 ▽同点に追いついたPSGは、その後もゲームを支配すると79分に逆転ゴールが生まれる。ボックス左からカットインしたラビオのパスをボックス手前に走りこんだスタンブリがダイレクトシュート。このシュートは右ポストに直撃するも、こぼれ球を拾ったルーカス・モウラが冷静にゴールに流し込んだ。 ▽結局、試合はそのまま2-1で終了。PSGはエメリ新監督の初陣を逆転勝利で飾った。 2016.07.14 03:16 Thu
twitterfacebook
thumb

PSG監督就任のエメリ「すべてを勝ち取りたい」と意欲を示す

パリ・サンジェルマン(PSG)が4日、ウナイ・エメリ監督の就任会見を開いた。<br><br>3シーズンにわたって指揮を執ったセビージャを退団し、PSGを率いることを決断したエメリ監督。バスク出身指揮官はフランスリーグ&カップ戦、そしてチャンピオンズリーグと、すべてのタイトルを狙う意欲を口にしている。<br><br>「我々はすべてを勝ち取りたい。自分にとっては大いなる挑戦となるね。特にチャンピオンズリーグは大きな期待を生む大会で、モチベーションとなる」<br><br>「私は素晴らしい選手たちを擁するチームの監督となるチャンスを持った。まずは彼らのことを知り、ともに働いていきたい」<br><br>一方、マンチェスター・ユナイテッドに移籍したFWズラタン・イブラヒモビッチ、セビージャから引き抜いたMFグジェゴシュ・クリホヴィアクについては、次のように語った。<br><br>「ズラタンはここを去った。その代わりに攻撃の柱となる選手が到着しなければならない。クリホヴィアクについて、我々は中盤におけるスペシャリストが必要だった。彼はセビージャの頃から知っているし、完璧な人材だよ」<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.05 01:05 Tue
twitterfacebook


ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース