レキップ選出ベスト100、ゼコやデ・ロッシ、スターリングなどがランクイン《76位~100位》2015.01.02 12:16 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽フランス『レキップ』は1日、ジャーナリスト19名による2015年のサッカー選手ベスト100を発表した。

▽今回発表されたリストの76位から100位では、76位にローマのボスニアヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコ、77位にバルセロナのドイツ代表GKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲン、78位にチェルシーのブラジル代表MFウィリアンが選出された。

▽その他、レアル・マドリーのコスタリカ代表GKケイロル・ナバスは82位、ローマのイタリア代表MFダニエレ・デロッシは83位、マンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリングは87位にランクインした。発表された100名の76位から100位は以下の通り。

◆レキップ選出2015年ベスト100
76.エディン・ゼコ(ローマ/ボスニアヘルツェゴビナ)
77.マーク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ/ドイツ)
78.ウィリアン(チェルシー/ブラジル)
79.チアゴ・モッタ(パリ・サンジェルマン/イタリア)
80.ディミトリ・パイエ(ウェストハム/フランス)
81.アンドレ=ピエール・ジニャック(ティグレス/フランス)
82.ケイロル・ナバス(レアル・マドリー/コスタリカ)
83.ダニエレ・デロッシ(ローマ/イタリア)
84.ジョー・ハート(マンチェスター・シティ/イングランド)
85.ドウグラス・コスタ(バイエルン/ブラジル)
86.グルゼゴルツ・クリホヴィアク(セビージャ/ポーランド)
87.ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ/イングランド)
88.ミランダ(インテル/ブラジル)
89.ラジャ・ナインゴラン(ローマ/ベルギー)
90.セバスティアン・ジョビンコ(トロント/イタリア)
91.エベル・バネガ(セビージャ/アルゼンチン)
92.ウーゴ・ロリス(トッテナム/フランス)
93.アンドリー・ヤルモレンコ(ディナモ・キエフ/ウクライナ)
94.ローラン・コシエルニー(アーセナル/フランス)
95.リヤド・マフレズ(レスター/アルジェリア)
96.ジェルビーニョ(ローマ/コートジボワール)
97.ハテム・ベン・アルファ(ニース/フランス)
98.ダビド・ルイス(パリ・サンジェルマン/ブラジル)
99.クラース=ヤン・フンテラール(シャルケ/オランダ)
100.ヤシン・ブラヒミ(ポルト/アルジェリア)

コメント

関連ニュース

thumb

モナコ、注目株ムバッペの移籍を示唆...「残留は保証できない」

モナコのバディム・バシリエフ副会長は、FWキリアン・ムバッペの移籍を示唆するコメントを残した。<br><br>ムバッペは今季、18歳2カ月の若さでチャンピオンズリーグで得点を挙げ、フランス人史上2位となる最年少得点記録を達成した。「アンリ2世」と謳われる同選手はフランス代表にも選ばれ、レアル・マドリー、バルセロナなどビッグクラブから熱視線を注がれている。<br><br>バシリエフ副会長は、フランス『RMC』で「ムバッペの活躍を誇りに思っている」と若き才能を評価した。さらに「我々は彼の新契約に向けて交渉を開始した。彼はモナコで幸せだ。我々のプロジェクトにコミットしている」と述べ、契約延長の希望を明かしている。<br><br>「ムバッペは非常に真面目な性格だ。計り知れないポテンシャルを備えている。だから他クラブの関心を引き付けているのだろう」そう語ったバシリエフ副会長だが、ムバッペをつなぎ止められるかには確信を抱けずにいるようだ。<br><br>「我々はムバッペの残留を望んでいる。しかし、現時点でそれを保証することはできないよ」<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.23 19:12 Thu
twitterfacebook
thumb

評価急上昇中のムバッペ、歴代ベストイレブンを選ぶ...レアル・マドリーから5名選出

モナコFWキリアン・ムバッペが、歴代ベストイレブンを選出している。<br><br>今季モナコにすい星のごとく現れたムバッペ。チャンピオンズリーグでは、決勝トーナメント1回戦1stレグのマンチェスター・シティ戦で得点を記録し、フランス人として史上2位のCL最年少得点得点記録を更新した。現在、欧州中からの注目を集める選手だ。<br><br>そのムバッペが、『フット・メルカト』で歴代選手の中からベストイレブンを選出している。レアル・マドリーから、フランス代表としても活躍したジネディーヌ・ジダン監督を含め、実に5名が選ばれた。<br><br>ムバッペが選出したメンバーは以下のとおり。システムは4-3-3だ。<br><br>GK:ブッフォン<br />DF:カフー、セルヒオ・ラモス、マルディーニ、ロベルト・カルロス<br />MF:ジダン、ロナウジーニョ、メッシ<br />FW:クリスティアーノ・ロナウド、ネイマール、ロナウド<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.22 22:09 Wed
twitterfacebook
thumb

ヴェッラッティ代理人が移籍をほのめかす...「PSGではチャンピオンズリーグ制覇できない」

パリ・サンジェルマン(PSG)のMFマルコ・ヴェッラッティを注視するクラブの動きが加速しそうだ。ヴェッラッティの代理人は、来る夏に選手が移籍する可能性を示唆している。<br><br>2012年夏、当時20歳の若さでペスカーラからPSGに移籍したヴェッラッティは、毎年のように大型補強を敢行し監督交代を行ってきたクラブで常に定位置を確保してきた。<br><br>これまでは不満を見せず、昨年にはPSGとの契約を2021年まで延長したヴェッラッティだが、最近になり心境の変化が訪れたのかもしれない。ドナト・ディ・カプリ代理人は「ヴェッラッティの状況は難しい」と語り、次のように説明している。<br><br>「契約は2021年まである。だが彼はタイトル獲得を望んでいる。チャンピオンズリーグ(CL)を含めた、タイトルの奪冠だ。PSGでは現時点、CLを勝ち取るのが困難だと言わざるを得ない」<br><br>「ヴェッラッティにとって、タイトルはお金よりはるかに重要だ。それに、どのクラブも彼の獲得を試みることができる。ただ言えるのは、PSGを離れるのであれば行き先はヨーロッパのクラブになるということだ」<br><br>ヴェッラッティに強い関心を示しているのは、バルセロナだ。バルセロナは来夏中盤の補強を必須としている。MFチャビ・エルナンデス(現アル・サッド)が「バルサのDNAを持っている」と述べ、MFアンドレス・イニエスタが自身の後継者と認めたように、そのプレースタイルはバルセロナ幹部の間で高く評価されているとみられる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.22 21:02 Wed
twitterfacebook
thumb

ニースのバロテッリがベンチで1人涙…対戦相手サポの攻撃的なチャントに堪えられず

ニースのFWマリオ・バロテッリは18日、途中交代を命じられベンチへ向かったが、ブーイングを受け涙目になっていたと、複数のイタリアメディアが報じている。<br><br>バロテッリは今シーズン、リーグ・アンにおいてこれまで16試合に出場し10得点を挙げている。しかし、18日の第30節ナント対ニース戦(1-1)では、先発出場を果たしたものの、枠内へのシュートはわずか1本と精彩を欠いた。<br><br>84分、1-1の引き分けの状況でバロテッリは同僚のFWミカエル・ルビアンと交代を命じられ、ベンチへと引き上げたのだが、この際、ナントのサポーターからブーイングや攻撃的なチャントを浴びせられた。<br><br>バロテッリは挑発に応じることなく大人しく引き上げたのだが、ベンチに座り、悲しげな表情で目に涙を浮かべている様子が試合の中継映像にとらえられて放送された。<br><br>現在順位表で3位につけているニースだが、この試合に引き分けたことで勝ち点は64ポイントにとどまり、今節で勝利した1位のモナコ(71ポイント)、2位のパリ・サンジェルマン(68ポイント)との差は広がっている。<br><br>提供:goal.com 2017.03.20 17:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ニースのバロテッリが衝撃告白「10年前、バルセロナに加入するはずだった」

ニースのFWマリオ・バロテッリが以前、バルセロナに加入する可能性があったことを、フランスのラジオ放送『ラディオ・モンテ・カルロ』のインタビューで明らかにした。<br><br>現在26歳のバロテッリは今シーズン、問題行動がたまに見受けられるものの、リーグ・アンでは16試合に出場し10得点を挙げるなど好調だ。<br><br>バロテッリは自身のキャリアにおいてこれまで、インテルやミラン、マンチェスター・シティ、リヴァプールなど、プレミアリーグやセリエAのビッグクラブでプレーした経験がある。<br><br>しかし既に10年ほど前には、FWリオネル・メッシら世界最高峰の選手が数多く所属するスペインの強豪バルセロナに加入する可能性があったことを告白している。<br><br>「15歳のとき、半年ほどバルセロナにいたことがある。当時オレが所属していたルメッツァーネは(バルセロナに対し)高額な移籍金を要求したんだ。オレはバルセロナに行きたかったけど、まだ契約が残っていて、結局インテルへ移籍することになった」<br><br>バロテッリは当時の状況を回想し、自分が所属していた地元クラブとバルセロナの間で金銭面での折り合いがつかず、移籍が破談となっていたことを明らかにした。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.17 18:51 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース