超ワールドサッカー

レキップ選出ベスト100、ゼコやデ・ロッシ、スターリングなどがランクイン《76位~100位》2015.01.02 12:16 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽フランス『レキップ』は1日、ジャーナリスト19名による2015年のサッカー選手ベスト100を発表した。

▽今回発表されたリストの76位から100位では、76位にローマのボスニアヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコ、77位にバルセロナのドイツ代表GKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲン、78位にチェルシーのブラジル代表MFウィリアンが選出された。

▽その他、レアル・マドリーのコスタリカ代表GKケイロル・ナバスは82位、ローマのイタリア代表MFダニエレ・デロッシは83位、マンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリングは87位にランクインした。発表された100名の76位から100位は以下の通り。

◆レキップ選出2015年ベスト100
76.エディン・ゼコ(ローマ/ボスニアヘルツェゴビナ)
77.マーク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ/ドイツ)
78.ウィリアン(チェルシー/ブラジル)
79.チアゴ・モッタ(パリ・サンジェルマン/イタリア)
80.ディミトリ・パイエ(ウェストハム/フランス)
81.アンドレ=ピエール・ジニャック(ティグレス/フランス)
82.ケイロル・ナバス(レアル・マドリー/コスタリカ)
83.ダニエレ・デロッシ(ローマ/イタリア)
84.ジョー・ハート(マンチェスター・シティ/イングランド)
85.ドウグラス・コスタ(バイエルン/ブラジル)
86.グルゼゴルツ・クリホヴィアク(セビージャ/ポーランド)
87.ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ/イングランド)
88.ミランダ(インテル/ブラジル)
89.ラジャ・ナインゴラン(ローマ/ベルギー)
90.セバスティアン・ジョビンコ(トロント/イタリア)
91.エベル・バネガ(セビージャ/アルゼンチン)
92.ウーゴ・ロリス(トッテナム/フランス)
93.アンドリー・ヤルモレンコ(ディナモ・キエフ/ウクライナ)
94.ローラン・コシエルニー(アーセナル/フランス)
95.リヤド・マフレズ(レスター/アルジェリア)
96.ジェルビーニョ(ローマ/コートジボワール)
97.ハテム・ベン・アルファ(ニース/フランス)
98.ダビド・ルイス(パリ・サンジェルマン/ブラジル)
99.クラース=ヤン・フンテラール(シャルケ/オランダ)
100.ヤシン・ブラヒミ(ポルト/アルジェリア)

コメント

関連ニュース

thumb

メス川島永嗣、フル出場で6試合ぶりの勝利に貢献…今季3度目の出番《リーグアン》

メスに所属する日本代表GK川島永嗣が、今シーズン公式戦3度目の出場を飾り、チームの6試合ぶりの勝利に大きく貢献した。<br><br>メスは29日、リーグ・アン第35節でナンシーと対戦。前節ロリアンに5失点と大敗を喫したメスは、前々節のパリ・サンジェルマン(PSG)戦でもゴールマウスを守った川島が先発した。正キーパーであるトーマス・ディジョンはベンチに座っている。<br><br>PSG戦では3失点を喫した川島だが、この日は安定したプレーを披露。1失点を喫したものの、3つのセーブを見せ、2-1の勝利に貢献した。メスは3月17日のバスティア戦以来、6試合ぶりの勝利となっている。<br><br>まだまだ残留争いに巻き込まれているメス。厳しい状況でフィリップ・ヒンシュベルガー監督は、一時的にベテランの川島を先発として起用し続ける可能性もありそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.30 07:10 Sun
twitterfacebook
thumb

酒井宏樹のマルセイユ、苦手アウェーで勝利なるか?指揮官「問題は精神面」

マルセイユのルディ・ガルシア監督がアウェイで苦戦する理由を説明した。『OMNISPORT』が伝えた。<br><br>日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユはリーグ・アン第34節を終えた時点で6位につけている。ホームでは11勝4分け2敗の好成績を残している一方で、アウェイの戦績は3勝6分け8敗と、なかなか勝てていない。ガルシア監督はアウェイでの低調な成績について以下のようなコメントを残した。<br><br>「問題は精神面にあると思う。どのような状況でも、試合開始から目標を持ってプレーする必要がある。ホームではファンの歓声が力になるが、アウェイでも同じようにプレーしなくてはならないし、そのために練習している。90分通して力を出せなくては意味がない」<br><br>マルセイユは30日、敵地で17位のカーンと対戦する。ヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得圏内の4位オリンピック・リヨンとの勝ち点差は「5」。苦手なアウェー戦とは言え、カーン相手に確実に勝利し、来季のEL出場に望みを繋ぐことが期待される。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.29 20:54 Sat
twitterfacebook
thumb

バロテッリ、カッサーノによる「代理人のおかげ」発言に失望「職場に友達はいない」

ニースに所属するFWマリオ・バロテッリが元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノの発言について27日、SNS上で反論した。<br><br>カッサーノは27日に掲載されたイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューにおいて、「過大評価されている3選手は?」との問いに対し、MFポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)、FWハメス・ロドリゲス(レアル・マドリー)そしてバロテッリの名前を挙げていた。<br><br>「ポグバは本当に1億2000万ユーロの価値があるか? オレはそうは思わない。ロドリゲスが8000万ユーロ? ありえない。だとしたら(アンドレス)イニエスタが彼と同じ年齢の時、いくらだったと思う? バロテッリ? マリオのことは好きだし、フランスでは上手くやっているようだけど、彼もポグバも人生で強運に恵まれていた。ミーノ・ライオラという敏腕マネージャーがついているから、2人とも信じられないようなチャンスをもらうことができたんだ」<br><br>高騰する移籍金に疑問を呈しつつ、バロテッリとポグバについては、実力ではなく有力な代理人の力でビッグチャンスを得ることができたと指摘した。<br><br>するとバロテッリはすぐさまツイッターで反応している。元イタリア代表の同僚カッサーノを名指しすることはなかったが、「天才が爆発したか&hellip;&ldquo;(本当の)友人とは数少ないもので、職場にはいない&rdquo;というのは本当だね」とつぶやき、発言に失望した様子をみせた。<br><br>なおカッサーノは1月にサンプドリアと契約を解除して以来所属先が決まらず、現在は無所属の状態となっている。しかし、「オレは唯一無二だ。あと2ヶ月したら戻るから待ってろよ」などと話し、現役続行を示唆している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.28 13:23 Fri
twitterfacebook
thumb

パリ・サンジェルマンが主力温存のモナコを5発粉砕…仏杯決勝進出《クープ・ドゥ・フランス》

26日にクープ・ドゥ・フランス準決勝が行われ、パリ・サンジェルマン(PSG)とモナコが対戦した。試合はホームのPSGが5-0と大勝している。<br><br>リーグ・アンではモナコに首位を譲るが、この日はPSGが前半から圧倒。7割近いポゼッションで試合を進め、26分に先制に成功する。アンヘル・ディ・マリアのミドルシュートをモナコGKモルガン・デ・サンクティスがファンブル。エディンソン・カバーニが詰めると、最後はユリアン・ドラクスラーが無人のゴールに押し込んだ。さらにその5分後、ディ・マリアの右足のクロスにカバーニがヒールで合わせ、今度はエースにゴールが生まれる。<br><br>前半を2点リードで終えたPSGは後半もゴールを重ねる。50分、52分に得点を挙げ、勝負を決めると、90分にマルキーニョスのゴールでさらにダメ押しした。<br><br>PSGはリーグ戦の鬱憤を晴らすようにモナコに快勝。モナコはラダメル・ファルカオ、キリアン・ムバッペ、ベルナルド・シルバらを温存して臨んだが、それで勝てるほど簡単な相手ではなかったようだ。なお、PSGは決勝でアンジェと対戦する予定。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.27 06:30 Thu
twitterfacebook
thumb

カバーニがPSGと2020年まで契約を延長!! 今季はリーグ戦32試合32ゴール

▽パリ・サンジェルマンは25日、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(30)との契約を2020年まで延長したことを発表した。 ▽2013-14シーズンにナポリからパリ・サンジェルマンに加入したカバーニは、移籍初年度にリーグ戦30試合16ゴールをマーク。その後も主力として活躍すると、エースだった元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが退団した今シーズンはリーグ戦32試合32ゴールで得点ランキングのトップを独走するなどチームを牽引している。 ▽なお、今季で4シーズン目を迎えているカバーニは、公式戦192試合で125ゴールをマーク。クラブの歴代最多得点はイブラヒモビッチの156ゴールとなっており、このペースならば契約満了時に新記録を更新できそうだ。また、カバーニはこれまでにリーグ・アン3連覇を含む11個ものタイトルを獲得している。 ▽カバーニはクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「契約を延長しPSGとの関係を続けられることを嬉しく思っているよ。今までも言っていたように、僕はパリでキャリアを続けたかった。このクラブのサポーターやスタッフは本当に素晴らしいからね」 「そしてこのクラブは目的を達成できるだけの力があると確信している。これからもお互いに野心を持って臨みたいね」 2017.04.26 08:41 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース