超ワールドサッカー

レキップ選出ベスト100、ゼコやデ・ロッシ、スターリングなどがランクイン《76位~100位》2015.01.02 12:16 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽フランス『レキップ』は1日、ジャーナリスト19名による2015年のサッカー選手ベスト100を発表した。

▽今回発表されたリストの76位から100位では、76位にローマのボスニアヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコ、77位にバルセロナのドイツ代表GKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲン、78位にチェルシーのブラジル代表MFウィリアンが選出された。

▽その他、レアル・マドリーのコスタリカ代表GKケイロル・ナバスは82位、ローマのイタリア代表MFダニエレ・デロッシは83位、マンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリングは87位にランクインした。発表された100名の76位から100位は以下の通り。

◆レキップ選出2015年ベスト100
76.エディン・ゼコ(ローマ/ボスニアヘルツェゴビナ)
77.マーク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ/ドイツ)
78.ウィリアン(チェルシー/ブラジル)
79.チアゴ・モッタ(パリ・サンジェルマン/イタリア)
80.ディミトリ・パイエ(ウェストハム/フランス)
81.アンドレ=ピエール・ジニャック(ティグレス/フランス)
82.ケイロル・ナバス(レアル・マドリー/コスタリカ)
83.ダニエレ・デロッシ(ローマ/イタリア)
84.ジョー・ハート(マンチェスター・シティ/イングランド)
85.ドウグラス・コスタ(バイエルン/ブラジル)
86.グルゼゴルツ・クリホヴィアク(セビージャ/ポーランド)
87.ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ/イングランド)
88.ミランダ(インテル/ブラジル)
89.ラジャ・ナインゴラン(ローマ/ベルギー)
90.セバスティアン・ジョビンコ(トロント/イタリア)
91.エベル・バネガ(セビージャ/アルゼンチン)
92.ウーゴ・ロリス(トッテナム/フランス)
93.アンドリー・ヤルモレンコ(ディナモ・キエフ/ウクライナ)
94.ローラン・コシエルニー(アーセナル/フランス)
95.リヤド・マフレズ(レスター/アルジェリア)
96.ジェルビーニョ(ローマ/コートジボワール)
97.ハテム・ベン・アルファ(ニース/フランス)
98.ダビド・ルイス(パリ・サンジェルマン/ブラジル)
99.クラース=ヤン・フンテラール(シャルケ/オランダ)
100.ヤシン・ブラヒミ(ポルト/アルジェリア)

コメント

関連ニュース

thumb

バロテッリ、来季もニースでのプレーを希望か、金銭面での妥協も承諾…会長が明かす

ニースのジャン=ピエール・リヴェール会長は、FWマリオ・バロテッリが来シーズンの残留を希望していることを明かした。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が22日、報じている。<br><br>バロテッリは2016-17シーズン、リバプールからフリーでニースに加入すると、リーグ・アンで23試合に出場し15得点を挙げ、自身最高記録となる好成績を収めた。ただし、ニースには1年間の契約で加入しており、期限は今月末までとなっている。<br><br>代理人のミーノ・ライオラ氏がドルトムントやマルセイユ、リヨンへの移籍の可能性を示唆するなどして、バロテッリの去就が注目されるが、リヴェール会長はインタビューに応じ、選手がニース残留を希望し、現在は契約更新へ向けて交渉中であることを明らかにした。<br><br>「3つだけ教えよう。まず1つ目、選手は残留を望んでいる。2つ目は彼が金銭面での妥協を承諾していること。3つ目は現在も交渉中だ」<br><br>バロテッリはのびのびとしたニースの環境に適応しているほか、サポーターからも愛されている。またクラブは2016-17シーズンを3位で終えたため、来シーズンはチャンピオンズリーグ予選への出場も可能となる。バロテッリは来シーズンもニースで安定してプレーすることで、ロシア・ワールドカップへ向けてイタリア代表復帰を目指す。なお新契約は2年間、月給45万ユーロ(約5500万円)程度と報じられている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.23 15:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ムバッペ、デンベレ、デレ・アリ、アセンシオ...英紙が注目する若手50選手のトップ10とは?

2016-17シーズンは、多くの若手選手が世界に驚きを与えてくれた。<br><br>その代表格が、モナコFWキリアン・ムバッペだ。ムバッペは18歳の若さでモナコの主力としてチャンピオンズリーグ準決勝進出に貢献。フランス代表デビューも果たし、世界中にその名を轟かせた。<br><br>イギリス『テレグラフ』は、今後の活躍が期待される21歳以下の若手50選手をピックアップしている。トップに輝いたのは当然、ムバッペ。ほかにもマンチェスター・シティFWガブリエウ・ジェズス、ドルトムントFWオスマン・デンベレらが選ばれている。上位10名は以下の通りだ。<br><br><br />1位:キリアン・ムバッペ(モナコ、18歳)<br />2位:ガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・シティ、20歳)<br />3位:オスマン・デンベレ(ドルトムント、20歳)<br />4位:デレ・アリ(トッテナム、21歳)<br />5位:レロイ・ザネ(マンチェスター・シティ、21歳)<br />6位:キングスレイ・コマン(バイエルン、21歳)<br />7位:マルコ・アセンシオ(レアル・マドリー、21歳)<br />8位:ジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン、18歳)<br />9位:アンドレ・シウバ(ミラン、21歳)<br />10位:マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド、19歳)<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.21 21:06 Wed
twitterfacebook
thumb

「ヴェッラッティは半年毎に年俸アップを求めている」元フランス代表のデュガリー氏が痛烈批判

現役時代にフランス代表やバルセロナで活躍したクリストフ・デュガリー氏は、パリ・サンジェルマンMFマルコ・ヴェッラッティがビッグクラブ移籍にふさわしい選手ではないと主張している。<br><br>今夏バルセロナ移籍の可能性が取りざたされているヴェッラッティ。だがデュガリー氏は『RMC Sports』で、イタリア代表MFの能力に疑問符を付けている。<br><br>「私は驚いている。なぜか? ヴェッラッティは良い選手だが、一体これまでに彼が何を成し遂げたと言うんだ?」<br><br>「彼は半年毎に年俸アップを求めていることがメディアで話題になる。そして、ケガが多い。おそらく私生活を正しく送れていないのだろう。彼のパフォーマンスを見ると、まだバルサに移籍するよりパリSGに残った方がいいと思う。バルサのアクションも明確ではないしね」<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.21 20:58 Wed
twitterfacebook
thumb

人気注目株のムバッペ、移籍の選択肢はマドリー一択?

▽今夏の移籍マーケットを賑わしている一人、モナコのフランス代表MFキリアン・ムバッペ(18)は、移籍先をマドリー一択に絞ったようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽バルセロナやマンチェスター・シティ、パリ・サンジェルマンといった多くの強豪クラブがこぞって関心を示していると言われるムバッペ。その去就に注目が集まっていたが、15日にクラブのオーナーと、ディミトリ・リボロフレフ会長とで会合を行い、移籍先はマドリーのみという旨を伝えたようだ。 ▽同メディアによると、マドリーは当初、今夏にムバッペを獲得した上で、もう1シーズン、モナコに留まらせる可能性を考慮していた。しかし、絶対的エースのクリスティアーノ・ロナウドが移籍を志願していることから、現在は即戦力として補強したい思いがあるようだ。 2017.06.19 19:56 Mon
twitterfacebook
thumb

バロテッリ、ニースとの契約延長が近づく?

▽イタリア代表FWマリオ・バロテッリ(26)が、ニースとの契約延長に近づいているようだ。ニースの地元メディア『nice-matin』が伝えている。 ▽クラブとの契約が今月30日に迫っているバロテッリは、日本代表MF香川真司のドルトムントや、スペインのラス・パルマスからの関心が噂されていた。ニースのジャン=ピエール・リヴェール会長は17日に「バロテッリは月曜日のトレーニングに参加するよ」とコメント。同メディアは契約延長の可能性を伝えているが、成立に向けてはまだ詳細を詰めなければならない状況のようだ。 ▽インテルやミラン、マンチェスター・シティを渡り歩いたバロテッリは、今シーズンリバプールからニースに加入。ピッチ内外におけるプレーや言動から“悪童”と呼ばれてきた同選手は、シーズン途中に相手サポーターからの攻撃的な野次を受け涙を流すシーンも見られたが、今季は落ち着いたプレーを見せた。ケガによる離脱もあったが、リーグ戦23試合に出場し15ゴール1アシストを記録した。 2017.06.19 14:39 Mon
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース