レキップ選出ベスト100、ゼコやデ・ロッシ、スターリングなどがランクイン《76位~100位》2015.01.02 12:16 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽フランス『レキップ』は1日、ジャーナリスト19名による2015年のサッカー選手ベスト100を発表した。

▽今回発表されたリストの76位から100位では、76位にローマのボスニアヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコ、77位にバルセロナのドイツ代表GKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲン、78位にチェルシーのブラジル代表MFウィリアンが選出された。

▽その他、レアル・マドリーのコスタリカ代表GKケイロル・ナバスは82位、ローマのイタリア代表MFダニエレ・デロッシは83位、マンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリングは87位にランクインした。発表された100名の76位から100位は以下の通り。

◆レキップ選出2015年ベスト100
76.エディン・ゼコ(ローマ/ボスニアヘルツェゴビナ)
77.マーク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ/ドイツ)
78.ウィリアン(チェルシー/ブラジル)
79.チアゴ・モッタ(パリ・サンジェルマン/イタリア)
80.ディミトリ・パイエ(ウェストハム/フランス)
81.アンドレ=ピエール・ジニャック(ティグレス/フランス)
82.ケイロル・ナバス(レアル・マドリー/コスタリカ)
83.ダニエレ・デロッシ(ローマ/イタリア)
84.ジョー・ハート(マンチェスター・シティ/イングランド)
85.ドウグラス・コスタ(バイエルン/ブラジル)
86.グルゼゴルツ・クリホヴィアク(セビージャ/ポーランド)
87.ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ/イングランド)
88.ミランダ(インテル/ブラジル)
89.ラジャ・ナインゴラン(ローマ/ベルギー)
90.セバスティアン・ジョビンコ(トロント/イタリア)
91.エベル・バネガ(セビージャ/アルゼンチン)
92.ウーゴ・ロリス(トッテナム/フランス)
93.アンドリー・ヤルモレンコ(ディナモ・キエフ/ウクライナ)
94.ローラン・コシエルニー(アーセナル/フランス)
95.リヤド・マフレズ(レスター/アルジェリア)
96.ジェルビーニョ(ローマ/コートジボワール)
97.ハテム・ベン・アルファ(ニース/フランス)
98.ダビド・ルイス(パリ・サンジェルマン/ブラジル)
99.クラース=ヤン・フンテラール(シャルケ/オランダ)
100.ヤシン・ブラヒミ(ポルト/アルジェリア)

コメント

関連ニュース

thumb

マルセイユ酒井宏樹、勝利に安堵するも満足せず…サポーターに応援を呼びかけ

マルセイユに所属する日本代表DFの酒井宏樹が、25日に行われたリーグ・アン第7節のナント戦に先発フル出場を果たした。チームは前半2分に失点したものの、2得点を決めて逆転勝ちを果たしている。<br><br>試合後、酒井は勝利を喜びつつ、さらに向上していく必要があると語った。フランス『footmercato』が報じている。<br><br>「3ポイントを獲得できてとても安心しました。ただ、もっと順位を上げていかないといけない。そのためにハードワークしていきます。だからサポーターの皆さん、これからも応援よろしくお願いします」<br><br>マルセイユは第7節終了時点で2勝2分け3敗と負け越している。名門復活へ向けた道のりは平坦ではなさそうだが、酒井は前を向いて努力を続けていく意向を示している。<br><br><br>提供:goal.com 2016.09.27 12:33 Tue
twitterfacebook
thumb

警察への侮辱および暴行罪で逮捕されたPSGのDFオーリエに懲役2カ月の禁固刑

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエ(23)が、今年5月末にパリのナイトクラブで起こした警察官への侮辱および暴行罪で、懲役2カ月の禁固刑と2万1000ユーロ(約237万円)の罰金を科されることになった。フランス『RMC』が報じている。 ▽オーリエは、今年5月30日早朝にパリのナイトクラブを出た際に、パトロール中の警察官と口論になり、侮辱的な発言と軽度の暴力行為(蹴りを見舞う)を働いたことで、逮捕されていた。 ▽そして、26日に地元裁判所でこの一件に関する判決が下され、オーリエに対して2カ月の禁固刑と2万1000ユーロ(約237万円)の罰金が科されることになった。なお、この判決に対して、オーリエ側は上訴を行う意向とのことだ。 ▽ただ、フランスの複数メディアが伝えるところによれば、オーリエが刑務所に服役する可能性は低く、地域への奉仕活動を行うことで、服役を免れる見込みのようだ。そのため、PSGでのプレーに大きな障害はない模様だ。 2016.09.26 22:30 Mon
twitterfacebook
thumb

パレルモ会長、バロテッリの獲得を希望していたと明かす…資金不足により断念

パレルモのマウリツィオ・ザンパリーニ会長が今夏、元イタリア代表FWマリオ・バロテッリの獲得を狙っていたと明かした。イタリア『Rai Sport』が報じている。<br><br>バロテッリは今夏、リバプールで構想外となり、移籍先を探していた。最終的にニースへの移籍を決め、今シーズンは2試合に出場して4ゴールと結果を出している。<br><br>ザンパリーニ会長は、パレルモが獲得に動いたものの、資金不足により断念した過去があったと明かした。<br><br>「バロテッリが欲しかったかって? そうだね。ニースで調子を取り戻しつつあるのを見て喜んでいるよ。彼がゴールデンボーイであることに疑いはないからね。パレルモにとっては高すぎたんだ。ああいったスター選手を獲得する余裕はない」<br><br>パレルモは2013&minus;14シーズンにセリエBで優勝し、トップリーグへの返り咲きを果たしたが、ここ2シーズンは11位、16位と二桁順位に終わっている。イタリア全体が経済不況に陥っている状況もあって、バロテッリ獲得のハードルは高かったようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.09.26 17:02 Mon
twitterfacebook
thumb

スーパーマリオがイタリア代表に帰ってくる? ニースに招集レター送付済みか

▽ニースで復活の兆しを見せつつあるFWマリオ・バロテッリにイタリア代表復帰の可能性が浮上した。イタリア『スカイ』が報じた。 ▽近年、低調なパフォーマンスに終始する上、プライベートでの素行の悪さばかりが報じられてきたバロテッリ。しかし、今夏に加わったニースでの活躍を受け、イタリア代表を率いるジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督が10月の招集を決断したようだ。 ▽伝えられるところによれば、イタリアサッカー連盟(FIGC)はすでにバロテッリの所属先であるニースに招集レターを送付。10月にバロテッリを代表に招集する可能性をクラブ側に伝達したという。 ▽今夏にリバプールからニースに移籍したバロテッリは、初挑戦となるリーグ・アンでここまで2試合出場で4ゴールを記録。仮に、イタリア代表に招集されれば、2014年以来の代表復帰となる。 2016.09.26 10:15 Mon
twitterfacebook
thumb

酒井宏樹、開幕7戦連続先発 マルセイユはナントに逆転勝ちで4試合ぶり白星《リーグ・アン》

▽マルセイユは25日、リーグ・アン第7節でナントをホームに迎え、2-1で勝利した。マルセイユでプレーする日本代表DF酒井宏樹は開幕7戦連続先発。フル出場を果たした。 ▽4試合ぶりの勝利を目指したマルセイユは、開始早々の2分に失点するが、22分にFWクリントン・エンジエのゴールで同点。迎えた後半にはFWバフェティンビ・ゴミスの一発で勝ち越し、2-1の逆転勝利を収めた。 ▽マルセイユは、10月1日に行われる次節、アンジェとのアウェイゲームに臨む。 2016.09.26 09:45 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース