レキップ選出ベスト100、ゼコやデ・ロッシ、スターリングなどがランクイン《76位~100位》2015.01.02 12:16 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽フランス『レキップ』は1日、ジャーナリスト19名による2015年のサッカー選手ベスト100を発表した。

▽今回発表されたリストの76位から100位では、76位にローマのボスニアヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコ、77位にバルセロナのドイツ代表GKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲン、78位にチェルシーのブラジル代表MFウィリアンが選出された。

▽その他、レアル・マドリーのコスタリカ代表GKケイロル・ナバスは82位、ローマのイタリア代表MFダニエレ・デロッシは83位、マンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリングは87位にランクインした。発表された100名の76位から100位は以下の通り。

◆レキップ選出2015年ベスト100
76.エディン・ゼコ(ローマ/ボスニアヘルツェゴビナ)
77.マーク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ/ドイツ)
78.ウィリアン(チェルシー/ブラジル)
79.チアゴ・モッタ(パリ・サンジェルマン/イタリア)
80.ディミトリ・パイエ(ウェストハム/フランス)
81.アンドレ=ピエール・ジニャック(ティグレス/フランス)
82.ケイロル・ナバス(レアル・マドリー/コスタリカ)
83.ダニエレ・デロッシ(ローマ/イタリア)
84.ジョー・ハート(マンチェスター・シティ/イングランド)
85.ドウグラス・コスタ(バイエルン/ブラジル)
86.グルゼゴルツ・クリホヴィアク(セビージャ/ポーランド)
87.ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ/イングランド)
88.ミランダ(インテル/ブラジル)
89.ラジャ・ナインゴラン(ローマ/ベルギー)
90.セバスティアン・ジョビンコ(トロント/イタリア)
91.エベル・バネガ(セビージャ/アルゼンチン)
92.ウーゴ・ロリス(トッテナム/フランス)
93.アンドリー・ヤルモレンコ(ディナモ・キエフ/ウクライナ)
94.ローラン・コシエルニー(アーセナル/フランス)
95.リヤド・マフレズ(レスター/アルジェリア)
96.ジェルビーニョ(ローマ/コートジボワール)
97.ハテム・ベン・アルファ(ニース/フランス)
98.ダビド・ルイス(パリ・サンジェルマン/ブラジル)
99.クラース=ヤン・フンテラール(シャルケ/オランダ)
100.ヤシン・ブラヒミ(ポルト/アルジェリア)

コメント

関連ニュース

thumb

メス川島永嗣、終了間際の被弾に失望も「前節から進歩していることを見せられた」

メスに所属する日本代表GK川島永嗣は、またしても勝ち点3を得ることはできず、失望していることを明かした。フランス『madeinfoot』が報じている。<br><br>メスは9日、リーグ・アン第17節でレンヌと対戦。ホームで1点を先制しながら、終了間際に追いつかれ、ドローに終わっている。リーグ戦9試合目の先発出場を果たした川島は試合後、失望を語りつつ、前向きなコメントも残した。<br><br>「もちろんがっかりしています。こういった試合に勝てないと、どんどん難しくなります。でも前の試合から進歩していることも見せられました。より団結して常に前へ出ようとしていましたからね」<br><br>さらに続けて、「こういうプレーを続けられれば、勝利に値するときも来ると思います」と勝ち星はそう遠くないとも話している。<br><br>メスは10月以来白星からは遠ざかっており、勝ち点5で最下位に沈む。浮上に向け、少しでも多く勝ち点を拾っていく必要がありそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.11 12:10 Mon
twitterfacebook
thumb

ネイマール欠場のPSGが不調リールに完勝で公式戦連敗をストップ!《リーグ・アン》

▽パリ・サンジェルマン(PSG)は9日、リーグ・アン第17節でリールと対戦し、3-1で勝利した。 ▽前節、昇格組のストラスブールに今季初黒星を喫した首位のPSGが、ホームのパルク・デ・プランスに17位に低迷するリールを迎えた一戦。ミッドウィークにチャンピオンズリーグ・グループB最終節のバイエルン戦(1-3)を行ったPSGは、その試合から先発を4人変更。累積で出場停止のネイマールやドラクスラー、チアゴ・シウバ、クルザワに代えてディ・マリアやパストーレ、キンペンベ、ユーリを先発で起用した。 ▽試合はPSGが立ち上がりからポゼッションでリールを圧倒し主導権を掌握したが、アタッキングサードでのプレーの質を欠いて決定機をつくるには至らない。膠着状態のまま前半半ばに差し掛かると28分に試合が動く。 ▽パストーレのスルーパスをボックス右付近で受けたダニエウ・アウベスがクロスを供給するとゴール前に走り込んだディ・マリアがヘディングシュートで流し込み、PSGが先制に成功した。 ▽迎えた後半、1点をリードするPSGはラビオを下げてロ・セルソを投入。するとPSGは49分、中盤でヴェッラッティのパスカットからカウンターを発動。最前線でボールを受けたカバーニの横パスをペナルティアーク付近のディ・マリアがワンタッチで繋ぐと、最後はボックス中央に走り込んだパストーレがシュートをゴール左に突き刺した。 ▽追加点を奪ったPSGは、72分にもヴェッラッティのパスをボックス左で受けたムバッペが決定機を迎えるも、シュートはGKメニャンの好セーブに阻まれた。 ▽その後、87分に途中出場のエル・ガジに1点を返されたPSGだが、93分に自陣での相手CKからロングカウンターを発動。マルキーニョスのクリアで相手DFの裏に抜け出したムバッペがドリブルで独走すると、無人のゴールにボールを流し込み、勝負を決める3点目を奪取。 ▽結局、試合はそのまま3-1で終了。エースFWネイマールを欠きながら、下位相手にホームでしっかりと勝ち点3を奪ったPSGが連敗をストップすると共に公式戦3試合ぶりの勝利を手にした。 2017.12.10 03:05 Sun
twitterfacebook
thumb

川島永嗣、次節も先発へ…守護神決定のレンヌ戦も指揮官はローテーション続行を決断

メスに所属する日本代表GK川島永嗣は、次節も先発出場することになるようだ。フランス『republicain-lorrain』が報じた。<br><br>今シーズンいまだ未勝利で、最下位に沈むメスは、GKに関してターンオーバーを採用。第10節以降から就任したフレデリック・アンツ監督もGKトマ・ディディヨンか川島のどちらを守護神として起用するべきか決めかねていた。<br><br>ディディヨンを3試合、川島を2試合起用し、第17節のレンヌ戦から守護神を固定すると明言していたアンツ監督は「川島がレンヌ戦に出場することになる」と話したが、「今後もローテーションはクリスマスまで続けることになる」と決断を遅らせることを決めたようだ。<br><br>勝ち点4で最下位に沈むメスは、残留圏内の17位リールとは勝ち点14差。厳しい戦いが続くが、今後も守護神争いは続いていくことになりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.09 17:32 Sat
twitterfacebook
thumb

バロテッリ、愛車が盗難で大騒動?実は弟が仕掛け人の“ドッキリ番組”で苦笑い

ニースのFWマリオ・バロテッリにイタリアメディア『メディアセット』のテレビ番組の企画で&ldquo;ドッキリ&rdquo;が仕掛けられた。<br><br>バロテッリは今シーズン、リーグ・アンにおいて11試合に出場8得点を挙げる活躍を見せている。2日に行われた第16節メス戦においても、日本代表GK川島永嗣から得点を奪い、3-1での勝利に貢献した。しかしニースから故郷ブレシアに帰郷したバロテッリを&ldquo;ドッキリ&rdquo;が待ち受けていた。<br><br>&ldquo;ドッキリ&rdquo;にはバロテッリの実弟でセリエD(イタリア4部)チリヴェルゲでプレーするエノック・バルウアーも仕掛け人として参加。高級車レンジローバーに乗ってフランスから4時間かけて帰宅したバロテッリに対し、ダイヤモンド販売業者と名乗るマルロンを紹介した。バロテッリが怪しい商売に誘われそうになる弟を心配する中、マルロンはバロテッリの車のカギを盗むと姿を消した。<br><br>バロテッリはマルロンとともに愛車が消えたことに気づくと怒りを露わにする。マルロンから電話で車が故障したかもしれないことを聞かされると、はめられているのではと怪しんだ。その後、演出により煙を上げている愛車を発見すると、現場にいた偽警官らともみ合いになる騒ぎに発展。スタッフが介入し、&ldquo;ドッキリ&rdquo;であったことを聞かされると、苦笑いしながらも「本当にぶっ殺すところだよ。危なかったぞ」と答えている。バロテッリへの&ldquo;ドッキリ&rdquo;は見事成功したようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.06 15:06 Wed
twitterfacebook
thumb

酒井フル出場のマルセイユ、2つの疑惑判定で辛くもドロー《リーグ・アン》

▽リーグ・アン第16節、モンペリエvsマルセイユが3日にスタッド・デ・ラ・モソンで行われ、1-1のドローに終わった。なお、マルセイユのDF酒井宏樹はフル出場した。 ▽リーグ戦10試合無敗で2位に位置するマルセイユ(勝ち点31)と、リーグ最少失点(8失点)の堅守を武器に、4戦無敗で7位に付けるモンペリエ(勝ち点21)による南仏対決。来週ミッドウィークに決勝トーナメント進出が懸かるヨーロッパリーグ(EL)のザルツブルク戦を控えるマルセイユだが、酒井やトヴァン、ルイス・グスタボ、ラミなど主力メンバーを揃ってこの試合で起用した。 ▽立ち上がりからボールを保持するマルセイユだが、組織的な相手の守備ブロックの前でボールを横に動かす場面が目立ち、なかなか危険なエリアでボールを受けられない。逆に、9分にセセニョン、18分にムベンザと相手得意のカウンターからGKマンダンダがセーブを強いられる場面が続く。 ▽なかなか流れを掴み切れないマルセイユは29分、一瞬の隙を突かれて先制点を許す。相手のショートカウンターからボックス左でルシヨンが入れたクロスがDF酒井にディフレクトしてボックス中央のスペースへ。これをジョバンニ・シオがアクロバティックなボレーで合わすと、GKマンダンダの手を弾いたボールがネットに吸い込まれた。 ▽リーグ最高の堅守を誇るモンペリエを前にビハインドを背負う苦しい展開となったマルセイユは、古巣対戦のサンソンや酒井とトヴァンの右サイドを起点に攻勢を強める。すると、前半終了間際の45分に味方のスルーパスに抜け出した酒井が右サイド深くで折り返す。これを中央の味方がシュートすると、DFイウトンが身体に付けていた腕にボールが当たる。ここで主審はかなり微妙な判定ながらハンドを取り、マルセイユにPKが与えられる。これをキッカーのトヴァンが冷静に右隅へ決めてリーグ戦3試合連続ゴールを記録した。 ▽幸運な判定によって1-1のイーブンで試合を折り返したマルセイユは、後半も前半同様にボールを保持していくが、相手の堅守を前にほとんど決定的な場面を作れない。何とか流れを変えたいガルシア監督は61分にトヴァンを下げてオカンポスを投入。70分過ぎには酒井の際どいクロス、ジェルマンの枠を捉えたミドルシュートでゴールに迫るが、GKルコントの好守に遭う。 ▽試合終盤にかけてはホームのモンペリエが押し返す展開が続く。すると88分、マルセイユは自陣右サイドで与えたFKの場面でキッカーのサンビアのクロスをニアのカマラに頭で合わせられ、これがゴール右隅に吸い込まれる。土壇場で痛恨の勝ち越し点を許したかに思えたが、副審はカマラのヘディングに反応したオフサイドラインのイウトンがプレーに関与したとの判定でフラッグを上げ、主審との話し合いの結果、ノーゴールの判定となった。その後も相手の猛攻に晒されたマルセイユだが、何とか守り切って試合は1-1のドローで決着。2つの幸運な判定によって辛くも勝ち点1を拾ったマルセイユは11戦無敗継続もリヨンとモナコに勝ち点で並ばれ、得失点差の関係で4位に転落した。 2017.12.04 07:08 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース