レキップ選出ベスト100、ゼコやデ・ロッシ、スターリングなどがランクイン《76位~100位》2015.01.02 12:16 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽フランス『レキップ』は1日、ジャーナリスト19名による2015年のサッカー選手ベスト100を発表した。

▽今回発表されたリストの76位から100位では、76位にローマのボスニアヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコ、77位にバルセロナのドイツ代表GKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲン、78位にチェルシーのブラジル代表MFウィリアンが選出された。

▽その他、レアル・マドリーのコスタリカ代表GKケイロル・ナバスは82位、ローマのイタリア代表MFダニエレ・デロッシは83位、マンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリングは87位にランクインした。発表された100名の76位から100位は以下の通り。

◆レキップ選出2015年ベスト100
76.エディン・ゼコ(ローマ/ボスニアヘルツェゴビナ)
77.マーク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ/ドイツ)
78.ウィリアン(チェルシー/ブラジル)
79.チアゴ・モッタ(パリ・サンジェルマン/イタリア)
80.ディミトリ・パイエ(ウェストハム/フランス)
81.アンドレ=ピエール・ジニャック(ティグレス/フランス)
82.ケイロル・ナバス(レアル・マドリー/コスタリカ)
83.ダニエレ・デロッシ(ローマ/イタリア)
84.ジョー・ハート(マンチェスター・シティ/イングランド)
85.ドウグラス・コスタ(バイエルン/ブラジル)
86.グルゼゴルツ・クリホヴィアク(セビージャ/ポーランド)
87.ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ/イングランド)
88.ミランダ(インテル/ブラジル)
89.ラジャ・ナインゴラン(ローマ/ベルギー)
90.セバスティアン・ジョビンコ(トロント/イタリア)
91.エベル・バネガ(セビージャ/アルゼンチン)
92.ウーゴ・ロリス(トッテナム/フランス)
93.アンドリー・ヤルモレンコ(ディナモ・キエフ/ウクライナ)
94.ローラン・コシエルニー(アーセナル/フランス)
95.リヤド・マフレズ(レスター/アルジェリア)
96.ジェルビーニョ(ローマ/コートジボワール)
97.ハテム・ベン・アルファ(ニース/フランス)
98.ダビド・ルイス(パリ・サンジェルマン/ブラジル)
99.クラース=ヤン・フンテラール(シャルケ/オランダ)
100.ヤシン・ブラヒミ(ポルト/アルジェリア)

コメント

関連ニュース

thumb

酒井宏樹がフル出場のマルセイユがトヴァン弾で2位モナコを追走!《リーグ・アン》

▽日本代表DF酒井宏樹の所属するマルセイユは18日、リーグ・アン第26節でボルドーと対戦し、1-0で勝利した。酒井はフル出場を果たしている。 ▽リーグ戦7試合負けなしの3位マルセイユ(勝ち点52)が、ホームに7位ボルドーを迎えた一戦。ミッドウィークにヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・1stレグのブラガ戦を行い3-0と快勝したマルセイユは、その試合から先発を4人変更。オカンポスやエンジエ、マキシム・ロペス、B・サールに代えて酒井宏樹やトヴァン、サンソン、アンギッサを先発で起用した。 ▽立ち上がりから一進一退の攻防が続いた中、徐々に流れを引き寄せたマルセイユは23分に決定機。パイエの右CKをアンギッサがヘディングシュート。GKコスティルの弾いたボールをゴール左のジェルマンがダイレクトで狙ったが、シュートは再びコスティルの好セーブに阻まれた。 ▽その後、ポゼッションでボルドーを圧倒するマルセイユは、34分にセットプレーからスコアを動かす。パイエの左CKをニアサイドのトヴァンがヘディングでゴールに叩き込んだ。 ▽迎えた後半、先にチャンスを作ったのはマルセイユ。59分、パイエのスルーパスで抜け出したサンソンが相手GKとの一対一を迎えたが、シュートは飛び出したGKコスティルに当たり、戻ったDFにクリアされた。 ▽膠着状態の続く中、マルセイユは68分にパイエを下げてオカンポスを投入。さらに75分にはジェルマンを下げてエンジエ、87分にトヴァンを下げてマキシム・ロペスをピッチに送り出した。 ▽結局、試合は1-0で終了。前半のトヴァン弾で逃げ切ったマルセイユが、2位モナコ(勝ち点56)追走に成功している。 2018.02.19 06:57 Mon
twitterfacebook
thumb

川島永嗣、好守見せるも試合終盤に均衡破られる…メスはリーグ戦3連敗《リーグ・アン》

▽日本代表GK川島永嗣が所属するメスは、17日、リーグ・アン第26節でトロワのホームに乗り込み、0-1で敗れた。川島はフル出場している。 ▽最下位・メス(勝ち点18)と19位・トロワ(勝ち点24)の一戦。リーグ戦連敗中同士の試合はメスが最初にチャンスを作る。8分、ボックス右外のドセビからのクロスをミリチェビッチがボレーシュート。こぼれ球をリビエールが詰めるも、GKゼラズニーの好守に阻まれる。 ▽連敗を脱したい試合にトロワも反撃。15分、カーウィの左CKにニアネにゴール前右で頭で合わせられる。しかし、これはクロスバーに直撃して難を逃れる。さらに18分、プレに左サイドの突破を許し、ボックス内のワルテルに左足を振り抜かれたが、GK川島が頭上に放たれたボールをパンチングでセーブ。前半終了間際にもFKからクロスバー直撃のピンチを迎えるも、ゴールレスで前半を終える。 ▽後半に入っても押し込まれる時間帯が続くメス。63分、ニヴェのスルーパスに反応してボックス右に侵攻したグランディシルにシュートを許すが、ここもGK川島がニアサイドへのシュートにしっかりと対応する。 ▽その後も川島を中心になんとか耐え凌ぐメスだったが88分、ボックス右深い位置まで持ち込んだデプラーニュの折り返しをニアネに右足で合わせられると、GK川島の右手はわずかに届かずゴール左へと突き刺さった。 ▽試合終盤に先制点を許したメスは残り少ない時間でチャンスを作ることが出来ず試合終了。0-1で敗れて3連敗を喫した。 2018.02.18 09:37 Sun
twitterfacebook
thumb

攻撃陣そろい踏みで5発大勝のPSGがCLショックを払拭!《リーグ・アン》

▽リーグ・アン第26節、パリ・サンジェルマン(PSG)vsストラスブールが17日にパルク・デ・プランスで行われ、ホームのPSGが5-2で勝利した。 ▽ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のレアル・マドリー戦で痛恨の1-3の逆転負けを喫した首位のPSG。その敗戦からのバウンスバックが求められる今節は、前回対戦で今季公式戦初黒星を喫した13位のストラスブールと対戦した。マドリー戦からは先発5人を変更。ムバッペやヴェッラッティがベンチ外となったほか、マルキーニョスとラビオが先発を外れ、チアゴ・シウバやディ・マリア、クルザワが先発に復帰した。 ▽開始直後に高い位置でのボール奪取からネイマールにいきなり決定機が生まれるなど、押し込む立ち上がりとなったPSG。しかし、開始6分に相手に与えた最初の決定機をゴールに結びつけられる。左サイドで相手DFに囲まれたネイマールが中央に出した横パスを奪われカウンターを許すと、右サイドでララが入れた折り返しをゴール前に走り込んだアフルにダイレクトボレーで決められた。 ▽マドリー戦の敗戦に続き格下相手に先制を許す厳しい入りとなったが、スター軍団はこの苦境にも全く動じない。10分にはネイマールの縦パスが相手に引っかかるも、ボックス内でこぼれ球を回収したドラクスラーが左足のシュートをゴール右隅に流し込み、早くも同点に追いつく。 ▽さらに21分にはボックス左に抜け出したネイマールが一度は相手GKにシュートを防がれるが、こぼれ球を回収するとゴール前で冷静にGKとDFを外して2試合連続となる逆転ゴールを挙げた。さらに直後には相手のキックオフで最終ラインまでボールが下がると、もたついたDFからボールを奪ったディ・マリアが電光石火の3点目を決めた。 ▽その後、ややペースを落としながらもネイマールを起点に攻勢を続けるPSGはカバーニに幾度か決定機が訪れるなど、きっちり試合をコントロールして前半を終えた。 ▽後半も主導権を握るPSGは58分、ラサナ・ディアラとロ・セルソを下げてモッタとパストーレを投入する2枚替えを敢行。だが、再三の決定機を逸するホームチームは67分、バオケンのミドルシュートであっさりと失点し、点差を1点に縮められる。 ▽それでも、この失点で目を覚ましたPSGは73分、パストーレからの絶妙なスルーパスに抜け出したカバーニが飛び出したGKをあざ笑うかのようなチップキックでゴールネットを揺らす。続く79分にはネイマールの浮き球に抜け出したカバーニが今度はミドルループで流し込み、一気に点差を3点に広げた。 ▽そして、試合運びに課題を見せたものの、攻撃陣そろい踏みの活躍でストラスブールにリベンジを果たしたPSGが一先ずマドリー戦のショックを払拭した。 2018.02.18 03:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ネイマールの驚異的な発信力…1投稿=6100万円

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールのSNS上における価値が半端ないことが判明した。『DIGITALSPORT』が伝えている。 ▽ソーシャルメディアを調査するソフトウェア企業『Blinkfire』が独自でネイマールのSNS上における発信力を分析。74回の総投稿数を記録した1月だけでも、合計3400万ユーロ(約45億1000万円)の経済効果を生み、1回の投稿あたり45万9000ユーロ(約6100万円)の価値があるそうだ。 ▽世界中で抜群の知名度を誇るネイマールは現在、ツイッター(@neymarjr)、インスタグラム(neymarjr)、フェイスブックの3大SNSを運用。ツイッターで3800万人、インスタグラムで8900万人、フェイスブックで6000万人のフォロワーを抱えている。 ▽なお、『Blinkfire』によれば、ネイマールの並外れたSNS上における発信力は、世界中の注目を集めるとされるワールドカップ決勝で掲示された広告効果と肩を並べるほどだという。 ▽昨夏、史上最高額となる移籍金2億2200万ユーロ(現在のレートで約294億7000万円)でバルセロナから鳴り物入りでパリに活躍の場を移したネイマール。SNSが凄まじいスピードで普及する近年において、ブラジル代表FWの発信力を考えると、安い買い物だったのかもしれない。 2018.02.13 22:35 Tue
twitterfacebook
thumb

反差別団体、被害訴えたバロテッリへの警告に抗議「容認できないし、間違いだ」

反差別団体の『キック・イット・アウト』は、人種差別被害を訴えたニースFWマリオ・バロテッリに対し主審が警告を提示したことについて、「受け入れらない決断」との声明を発表した。<br /><br />10日に行われたリーグ・アン第25節ディジョン戦に出場したバロテッリ。フル出場したイタリア人FWだったが、この試合でシュートミスをした際に、スタンドから人種差別的チャントを受ける。これに対し、選手はスタンドを指して被害を訴えたが、ニコラス・レインヴィル主審はバロテッリに対してイエローカードを提示していた。<br><br>この判定に、『キック・イット・アウト』は12日に声明を発表。人種差別の被害を訴えたバロテッリが罰を受けるのは容認できないし、間違いだと強く訴えている。<br><br>「この判定は受け入れられないし、明らかな間違いだ。マッチオフィシャルは、差別行為があれば試合を中断するというUEFAのプロトコルに反する行動をとった。ディジョンサポーターの言動と主審の間違った行為に対してフランスサッカー協会に強く抗議する」<br><br>また、ニースのジャン=ピエール・リヴェール会長も「私は憤慨している。直近4試合、我々は11対12で戦っているようなものだ」と不満を露わにした。<br><br>さまざまな批判を受け、フランスサッカー協会は15日にバロテッリの警告について協議すると、フランス複数メディアが報じている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.13 11:59 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース