スタリッジにウェストハム戦で復帰の可能性 クロップ「我々がトライするならば…」2015.01.01 21:52 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、次節のウェストハム戦でイングランド代表FWダニエル・スタリッジに復帰の可能性があることを示唆した。クラブの公式サイトがドイツ人指揮官のコメントを伝えている。

▽度重なる故障に悩まされているスタリッジは、ハムストリングの負傷で直近のリーグ戦4試合を欠場中。2日にプレミアリーグ第20節のウェストハム戦を控えるクロップ監督は前日会見で、スタリッジら負傷者の状況について以下のようにコメントしている。

「おそらく、我々がトライするならば、ダニエルはプレーできるだろう。ミルナーとオリギはノーだね。ジョー・アレンは病気で、昨日の夕方、ドクターから彼を家に帰らせなければならないと言われたよ。だから、彼に関しては診断結果を待たなければならない」

▽また、クロップ監督は、前節のサンダーランド戦で負傷交代を余儀なくされたイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンの出場可否について、慎重な姿勢を見せている。

「ヘンダーソンの最新情報はない。かかとを痛めたわけだし、少し様子を見ないといけない。吉報が届く可能性だってある。彼がタフガイだということは知っているけど、昨日の彼を見る限り、万全の状態ではないようだ。もう少し待てば、情報を得られるはずさ」

コメント

関連ニュース

thumb

リバプール優勢もトッテナムが引き分けに持ち込み勝ち点1を分け合う《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第3節のトッテナムvsリバプールが27日に行われ、1-1で引き分けた。 ▽前節クリスタル・パレス戦をワニアマの移籍後初ゴールで1-0と勝利して1勝1分けスタートとしたトッテナムは、C・パレス戦のスタメンからヤンセンに代えてデレ・アリを起用した。 ▽一方、前節バーンリー戦を0-2と完敗して1勝1敗スタートとなったリバプールは、5-0と大勝したEFLカップのバートン戦のスタメンから2選手を変更。コウチーニョとワイナルドゥムが先発に戻り、引き続き[4-3-3]のシステムを採用した。 ▽最初に決定機を掴んだのはリバプール。5分に敵陣でのインターセプトを起点に、フィルミノのラストパスをゴールエリア左のコウチーニョがシュート。しかし、至近距離からのシュートはGKフォルムに右足でセーブされた。 ▽徐々にトッテナムがポゼッションする流れで試合が推移する中、カウンターを狙うリバプールは13分にボックス右へ侵入したS・マネのシュートでトッテナムを脅かす。その後もS・マネのスピードを生かしたカウンターを狙うリバプールがゴールにより近づくが、トッテナムはGKフォルムの鋭い飛び出しなどで阻止していく。 ▽効率よくゴールに迫るリバプールは23分にコウチーニョのミドルシュートでトッテナムを脅かすと、26分にもS・マネの浮き球パスを受けたコウチーニョが枠内シュートを浴びせてプレッシャーをかけていく。 ▽流れの悪いトッテナムは28分にウォーカーが左ヒザを痛めてしまい、ポチェッティーノ監督はストライカーのヤンセンを投入。右サイドバックにE・ダイアーを、センターハーフにエリクセンを回して[4-4-2]に変更した。 ▽すると42分、リバプールがPKを獲得する。左サイドゴールライン際からボックス内に侵入したフィルミノがラメラに倒された。これをミルナーがゴール左に決めてリバプールが先制してハーフタイムに入った。 ▽後半立ち上がりにワイナルドゥムが際どいミドルシュートを浴びせたリバプールは、53分に左CKからマティプのヘディングシュートがバーを掠める決定機を演出。そして56分にはS・マネがネットを揺らすも、ラストパスを送ったララナのポジションがオフサイドでノーゴールとなる。 ▽一方、ちぐはぐな攻撃を続けていたトッテナムは62分にようやく決定機。右サイドからE・ダイアーの入れたグラウンダークロスを、ボックス中央のエリクセンがダイレクトでシュート。しかし、枠の上に外れてしまった。続く64分には左CKからアルデルヴァイレルトの放ったヘディングシュートが枠の左を捉えたがGKミニョレのビッグセーブに阻まれてしまう。 ▽それでも72分、右サイドから上がったクロスのルーズボールをボックス左のローズが拾い、飛び出したGKミニョレを外すシュートを決めて試合を振り出しに戻した。 ▽終盤にかけては両チームがゴールを目指す一進一退の攻防が繰り広げられたが、決定機は生まれず1-1のままタイムアップ。勝ち点1を分け合った。 2016.08.27 22:39 Sat
twitterfacebook
thumb

バロテッリの新天地はスイス? シオン会長が関心認める

リバプールFWマリオ・バロテッリの新天地が決まるかもしれない。スイスのシオンが、同選手の獲得に興味を持っていることを認めた。<br><br>ミランへのレンタルが終わってリバプールに戻っているバロテッリは、ユルゲン・クロップ監督の構想に含まれていない。そのため今夏の移籍が決定的となっているが、買い手がいない状況が続いていた。<br><br>そこでシオンが動き出したようだ。シオンのクリスティアン・コンスタンティン会長は、「バロテッリのレンタルについて話し合っていることを認める」と『Ticinonews.ch』にコメント。「交渉は前進している。ただ、移籍が決まるかどうかはまだ言うことができない」と続けた。<br><br>イタリア国内のクラブに自身を売り込んでいるとも言われるバロテッリ。スイスで再出発ということになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.25 05:34 Thu
twitterfacebook
thumb

快勝のリバプール、クロップはS・マネを称賛「2試合だけで語るのは好きではないが…」

リバプールは23日、イングランド・リーグカップ初戦でバートン・アルビオンと対戦し、5-0で勝利した。<br><br>試合はFWダニエル・スタリッジの2ゴールなどで大量5得点の大勝となっている。しかし、チームを率いるユルゲン・クロップ監督は得点のなかったFWサディオ・マネを称賛した。イギリス『ミラー』がコメントを伝えている。<br><br>「私は本当に彼が大好きだが、2試合を見ただけで多くを語るのは好きではない。彼のクオリティーやスタイルがリバプールに合うことはわかっていた。我々が彼をここに連れてきたんだからね」<br><br>マネは今夏、サウサンプトンから3000万ポンド(約41億円)でリバプールへ加入した。バートン戦では2アシストをマークし、パス成功率は82%となっている。なお、週末リバプールはプレミアリーグ第3節でトッテナムと対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.24 19:58 Wed
twitterfacebook
thumb

バロテッリに今度こそ救いの手!? 敏腕代理人がガッビアディーニを狙うエバートンに売り込み

▽リバプールに所属する元イタリア代表FWマリオ・バロテッリ(26)に救いの手を差し伸べるクラブが現れるかもしれない。 ▽リバプールのユルゲン・クロップ監督から構想外であることが明かされたバロテッリは移籍先を探しており、これまでにベシクタシュやサッスオーロに売り込みをかけたと報じられている。しかし現時点で新たな所属先は決まっていない。 ▽『フットボール・イタリア』によると、バロテッリの代理人を務めるミノ・ライオラ氏は、新たな売り込み先としてエバートンに目を付けたようだ。 ▽そのエバートンはナポリのイタリア代表FWマノロ・ガッビアディーニ(24)の獲得に動いていると噂されており、3000万ユーロ(約34億円)ほどの移籍金を準備しているようだ。 ▽ライオラ氏は、エバートンのカッビアディーニ獲得オペレーションは万全ではないと見ているようで、失敗した際にバロテッリの売り込みにかかるようだ。 ▽バロテッリは自身のインスタグラムで、トレーニングに励んでいる動画を公開。完璧なコンディションであることを強調しているが、それを披露させてくれるクラブは現れるのだろうか…。 2016.08.24 11:59 Wed
twitterfacebook
thumb

EFLカップでカンが負傷…クロップは軽傷を強調

▽リバプールのドイツ代表MFエムレ・カンが、24日に行われたイングランドフットボールリーグカップ(EFLカップ)で負傷した。イギリス『スカイ・スポーツ』がユルゲン・クロップ監督のコメントを伝えている。 ▽リバプールは24日、EFLカップ2回戦でバートンとアウェイで対戦。前半からゴールを重ねていくリバプールだったが、71分にアクシデント。カンが足首を負傷してプレー続行が不可能となった。なお、チームは5-0と大勝して3回戦へと駒を進めている。 ▽試合後の会見でクロップはカンの状態について言及。詳しい検査を行わなければならないが、現時点で重症ではないと強調した。 「負傷した際の状況についてはわかっている。彼は足を伸ばしてしまったんだ。こういったことだ誰にだって起こる問題だ。現時点で痛みに関しては問題ない様だ。詳しい検査が必要だが、それほど大きなケガではないだろう」 ▽なお、プレミアリーグ第1節でバーンリーに敗戦しているリバプールは、27日にトッテナムとの重要な一戦を控える。 2016.08.24 10:05 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース