スタリッジにウェストハム戦で復帰の可能性 クロップ「我々がトライするならば…」2015.01.01 21:52 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、次節のウェストハム戦でイングランド代表FWダニエル・スタリッジに復帰の可能性があることを示唆した。クラブの公式サイトがドイツ人指揮官のコメントを伝えている。

▽度重なる故障に悩まされているスタリッジは、ハムストリングの負傷で直近のリーグ戦4試合を欠場中。2日にプレミアリーグ第20節のウェストハム戦を控えるクロップ監督は前日会見で、スタリッジら負傷者の状況について以下のようにコメントしている。

「おそらく、我々がトライするならば、ダニエルはプレーできるだろう。ミルナーとオリギはノーだね。ジョー・アレンは病気で、昨日の夕方、ドクターから彼を家に帰らせなければならないと言われたよ。だから、彼に関しては診断結果を待たなければならない」

▽また、クロップ監督は、前節のサンダーランド戦で負傷交代を余儀なくされたイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンの出場可否について、慎重な姿勢を見せている。

「ヘンダーソンの最新情報はない。かかとを痛めたわけだし、少し様子を見ないといけない。吉報が届く可能性だってある。彼がタフガイだということは知っているけど、昨日の彼を見る限り、万全の状態ではないようだ。もう少し待てば、情報を得られるはずさ」

コメント

関連ニュース

thumb

バルサ、コウチーニョ獲得から撤退へ

▽バルセロナは、リバプールのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(25)から手を引くようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽今夏、パリ・サンジェルマンに契約解除金2億2200万ユーロ(約285億円)でFWネイマールを引き抜かれたバルセロナは、その後釜としてコウチーニョの獲得を目指していることが伝えられてきた。報道によれば、バルセロナはこれまで3度にわたってリバプールにオファーを提示。しかし、そのいずれも拒絶されている。 ▽『スカイ・スポーツ』のジャーナリストであるギジェム・バラゲ氏によれば、3度目のオファーは1億1800万ポンド(約166億円)もの高額だった模様だが、リバプールはこれを拒否し売却不可能であることを主張しているようだ。 ▽バラグ氏は、「リバプールを信用するならバルセロナはコウチーニョを獲得できない。他のターゲット獲得に動かないといけない」と主張。「最終オファーの返答期限は日曜日の午後7時だった。受け入れられていなければバルサは撤退するだろう」とし、バルセロナがコウチーニョ獲得交渉から手を引く見込みとの見解を示した。 2017.08.22 11:08 Tue
twitterfacebook
thumb

マネ弾で競り勝ったリバプールが今季初勝利《プレミアリーグ》

▽リバプールは19日、プレミアリーグ第2節でクリスタル・パレスをアンフィールドに迎え、1-0で勝利した。 ▽開幕節のワトフォード戦を3-3のドローに持ち込まれたリバプールは、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・プレーオフ1stレグのホッフェンハイム戦を敵地で2-1と勝利。本選出場が見えた中、ホッフェンハイム戦のスタメンから5選手を変更。サラーやカン、ロブレンらがベンチスタートとなって、スタリッジやミルナー、新戦力のロバートソンがスタメンとなった。 ▽開幕節でハダースフィールドに0-3で敗れたF・デ・ブール監督率いるC・パレスに対し、リバプールは3トップに右からS・マネ、スタリッジ、フィルミノと並べる[4-3-3]でスタート。 ▽立ち上がりからそのリバプールがポゼッションこそ上回るも、ベンテケとタウンゼントが攻め残るC・パレスに牽制されると、8分にFKからトムキンスにヘディングシュートを許してしまう。 ▽それでも10分にミルナーがボックス左に抜け出して枠内シュートを浴びせて押し込み続けると、15分に決定機。セットプレーの流れからロバートソンの左クロスをマティプがヘディング。しかし枠を捉えきれなかった。 ▽その後も5バックを敷くC・パレスを攻めあぐねるリバプールは、35分にCKの流れからロバートソンの左クロスをS・マネが合わせにかかるもミートしきれず、GKヘネシーにセーブされる。 ▽続く41分にはフィルミノがミドルシュートでGKを強襲。直後にカウンターを浴びてパンチェオンに枠内シュートを浴びせられるも、GKミニョレがセーブし、前半を0-0で終えた。 ▽迎えた後半、立ち上がりから攻勢に出たリバプールは54分に決定機。CKの流れからワイナルドゥムのボレーシュートが枠の左を捉えたが、GKヘネシーのセーブに阻まれた。 ▽直後の55分、ボックス右ゴールライン際をロフタス=チークに突破されてマイナスに折り返されたクロスをベンテケにダイレクトで合わせられたが、シュートは枠の上に外れて助かった。 ▽ゴールが遠いリバプールはスタリッジに代えてサラーを投入。さらにワイナルドゥムに代えてソランケを投入した。すると73分、リバプールが均衡を破る。ソランケがミリボイェビッチにプレスをかけてルーズとなったボールに、S・マネがいち早く反応。ボックス中央に詰めてスライディングシュートを流し込んだ。 ▽終盤にかけてもサラーのヘディングシュートやフィルミノのロングシュート、ソランケのボックス内からのシュートで追加点に迫ったリバプールが、C・パレスに主導権を渡すことなく1-0で勝利。今季初勝利を飾っている。 2017.08.20 00:59 Sun
twitterfacebook
thumb

40歳バースデーのアンリを祝福するジェラード「今の移籍市場なら…」

▽アーセナルOBで元フランス代表FWティエリ・アンリ氏が8月17日に40歳の誕生日を迎えた。リバプールOBで元イングランド代表FWスティーブン・ジェラード氏が粋な祝福のメッセージを寄せている。 ▽アンリ氏とジェラード氏は、現役時代に幾多の凌ぎを削った間柄。ジェラード氏は、自身のインスタグラム(@Stevengerrard)で、高騰化する現在の移籍市場における“流行り”を交えて、次のようにお祝いの言葉を送った。 「今の移籍市場なら2億(通貨単位は不明)だ。ハッピーバースデー、ティエリ・アンリ」 ▽今夏の移籍市場は、ブラジル代表FWネイマールがバルセロナからパリ・サンジェルマンに移籍した際に2億2200万ユーロもの大金が動くなど大荒れ。アンリ氏が今現役だったら、一体どれぐらいの値がついたのだろうか。 2017.08.19 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプール、コウチーニョに対するバルセロナの3度目の入札を拒否!

▽リバプールがブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(25)に対するバルセロナのオファーを三度拒否したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽これまで2度コウチーニョのオファーを拒否されたバルセロナは、移籍金7680万ポンド+ボーナス1360万ポンドを積んだ2度目の入札から移籍金1億1300万ポンド(158億5000万円)+ボーナス500万ポンド(7億円)に条件を引き上げたが、リバプールを納得させられなかった模様だ。 ▽伝えられるところによれば、バルセロナへの移籍志願をクラブに伝えたコウチーニョはだが、リバプールは昨シーズンのプレミアリーグ13得点7アシストを記録したコウチーニョを売却不可能選手として再確認。これまでと同様、今年1月に5年の契約延長で合意したブラジル人プレーメーカーを売らない姿勢だという。 2017.08.19 00:42 Sat
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、コウチーニョ&O・デンベレ獲得目前? クラブSDが明言

▽バルセロナのスポーツディレクターを務めるペップ・セグラ氏が、リバプールに所属するブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(25)とドルトムントに所属するフランス代表MFウスマーヌ・デンベレ(20)の獲得に近づいていることを明かした。イギリス『デイリー・ミラー』がスペインのテレビ局『TV3』でのインタビューを引用して伝えている。 ▽バルセロナは今夏の移籍市場でトリデンテの1つとして君臨したブラジル代表FWネイマールが、パリ・サンジェルマンに移籍した。その補強が急務となっている中、かねてよりコウチーニョとO・デンベレへの興味が囁かれている。 ▽そうした中で、バルセロナはネイマールの放出によって受け取った移籍金2億2200万ポンド(約314億4600万円)を使って両選手の獲得を試みているようだ。『デイリー・ミラー』によるとコウチーニョの獲得に向けては1億2000万ポンド(約170億円)、O・デンベレの獲得には1億1800万ポンド(約167億2500万円)での獲得を目指しているようだ。 ▽補強に関する報道を受けて、ペップ・セグラ氏は、クラブが両選手に対してすでに接触していることを明言。また、バルセロナ加入の実現へ近づいていると自信をあらわにしている。 「我々はコウチーニョとデンベレの獲得に近づいている。条件についても話している。ただ、いつ頃成立するかはまだはっきりとは言えないね」 「彼らが今シーズン、バルセロナのプレーヤーになってくれることを望んでいるよ」 2017.08.17 16:51 Thu
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース