ビッグクラブ注目のラベッシ、1月移籍の可能性はなし2015.12.31 18:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽今冬の移籍市場でビッグクラブが注目するパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWエセキエル・ラベッシ(30)だが、1月にクラブを離れる可能性はないようだ。同選手の代理人がイタリア『Radio CRC』で1月の残留を明言している。

▽今シーズン終了後にPSGとの契約が終了するラベッシには、500万ユーロ(約6億6000万円)の移籍金を用意しているといわれるバルセロナやリバプール、インテルなどの複数クラブが1月の獲得を狙っているとみられている。

▽しかし、ラベッシの代理人を務めるアレハンドロ・マッツォーニ氏は、1月の移籍の可能性を否定している。

「現時点で私には何の可能性もない。彼が1月に移籍する可能性はないだろう」

「PSGはチャンピオンズリーグで非常に良い可能性を持っている。そして、彼らはできる限り最高の結果を求めている。したがって、その障壁となるラベッシの1月の移籍を望んでいない」

「次の6月、彼は静かに自身の新天地を選ぶことになるだろう」

コメント

関連ニュース

thumb

ヴェッラッティ代理人が移籍をほのめかす...「PSGではチャンピオンズリーグ制覇できない」

パリ・サンジェルマン(PSG)のMFマルコ・ヴェッラッティを注視するクラブの動きが加速しそうだ。ヴェッラッティの代理人は、来る夏に選手が移籍する可能性を示唆している。<br><br>2012年夏、当時20歳の若さでペスカーラからPSGに移籍したヴェッラッティは、毎年のように大型補強を敢行し監督交代を行ってきたクラブで常に定位置を確保してきた。<br><br>これまでは不満を見せず、昨年にはPSGとの契約を2021年まで延長したヴェッラッティだが、最近になり心境の変化が訪れたのかもしれない。ドナト・ディ・カプリ代理人は「ヴェッラッティの状況は難しい」と語り、次のように説明している。<br><br>「契約は2021年まである。だが彼はタイトル獲得を望んでいる。チャンピオンズリーグ(CL)を含めた、タイトルの奪冠だ。PSGでは現時点、CLを勝ち取るのが困難だと言わざるを得ない」<br><br>「ヴェッラッティにとって、タイトルはお金よりはるかに重要だ。それに、どのクラブも彼の獲得を試みることができる。ただ言えるのは、PSGを離れるのであれば行き先はヨーロッパのクラブになるということだ」<br><br>ヴェッラッティに強い関心を示しているのは、バルセロナだ。バルセロナは来夏中盤の補強を必須としている。MFチャビ・エルナンデス(現アル・サッド)が「バルサのDNAを持っている」と述べ、MFアンドレス・イニエスタが自身の後継者と認めたように、そのプレースタイルはバルセロナ幹部の間で高く評価されているとみられる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.22 21:02 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ、今夏中盤にトップクラスの選手を加える方針? 目玉補強としてヴェッラッティの名が浮上

バルセロナは今夏、中盤にトップクラスの選手を加える考えだという。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。<br><br>バルセロナはすでに次の夏の市場に向けて動き始めているとみられる。地元メディアによると、クラブはトップターゲットとしてパリ・サンジェルマン(PSG)のMFマルコ・ヴェッラッティに狙いを定めているようだ。<br><br>昨年PSGと2021年までの契約延長を行ったばかりのヴェッラッティだが、イタリア代表MFは最近フランスメディアで厳しい批判の対象となっている。この状況に不満を募らせる同選手はドナト・ディ・カンプリ代理人に他クラブからのオファーに耳を傾けるよう依頼したとされている。<br><br>しかしながらバルセロナにとって、ヴェッラッティ獲得は簡単なオペレーションとはならないだろう。移籍金は7000万ユーロ(約84億円)程度といわれるが、ユベントス、バイエルン、レアル・マドリー、チェルシーなど競争相手には事欠かず、PSGが移籍金をつり上げる可能性も十分にあり得る。<br><br>奇しくも、バルセロナで長年プレーしたMFチャビ・エルナンデス(現アル・サッド)は、先日自身の後継者としてヴェッラッティの名を挙げていた。チャビをはじめ、バルセロナの関係者がヴェッラッティのプレースタイルを気に入っているのは確かだと言えそうだが、果たしてこの夏の大型移籍は実現するだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.14 20:40 Tue
twitterfacebook
thumb

バルセロナvsPSGの再戦を求める署名が20万人を超える…一般人が呼びかけ

サッカー史に残る伝説の一戦として記憶されそうなバルセロナvsパリ・サンジェルマン(PSG)が、再試合となるかもしれない。<br><br>バルセロナはチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でPSGと激突。ファーストレグを敵地で0-4と大敗しながら、ホームのカンプ・ノウで6-1と勝利し、史上最大の逆転劇を演じてみせた。<br><br>しかし、一方でセカンドレグを裁いた主審のデニス・アイテキン氏には少なくない批判が集まっている。ホームチームに2つのPKを与えた一方で、PSGのためにペナルティースポットを指差すことはなかった。<br><br>PSGファンの一人であるルイス・メレンド・オルメドさんはカンプ・ノウでのスリリングでの戦いが再び行われることを求めているという。<br><br>「主審の判定はPSGにとってあまりに不利で、大きなダメージを与えました。だからこそ、再戦されなければならないと思っています」<br><br>オルメドさんは、『Change.org』というキャンペーンを立ち上げる、もしくは署名を集めることができるサイトで、再戦を呼びかける請願を投稿。すでに20万人がオルメドさんの意見に賛同している。いずれにしろ、今後UEFA(欧州サッカー連盟)はこういった意見や活動を無視できなくなるかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.13 22:10 Mon
twitterfacebook
thumb

PSGのエメリ監督、“バルサ・ショック”からの立ち直りを希望「私には動じない強さがある」

パリ・サンジェルマン(PSG)のウナイ・エメリ監督が、チームが大逆転のショックから立ち直ることに期待している。『OMNISPORT』が伝えた。<br><br>PSGは12日、リーグ・アン第29節でロリアンと対戦する。バルセロナに大逆転負けを喫した直後の試合であるため、難しい戦いが予想されるが、エメリは&ldquo;悲劇&rdquo;を乗り越えたいと話している。<br><br>「私が監督になったのは動じない強さがあるからだ。だからこそ、今私はここにいる。キャリアの中では苦しい時間も何度も味わってきた。だがそのたびにやめるくらいなら、最初からやめていただろう。監督の仕事を始めて、2試合目にはやめていたはずだ。この仕事がどういうものか分かっている。強くなるやり方も分かっている。こういう苦しい時期を乗り越えるため、いつも仕事をしてきたんだ」<br><br>リーグ・アンでは10試合負けていないPSG。バルセロナ戦の大敗を乗り越え、再び無敗街道を歩むことはできるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.12 16:51 Sun
twitterfacebook
thumb

PSGが仏『レキップ』報道を完全否定! バルサ戦2日前に主力2選手がリアーナのパーティに参加と報道

▽パリ・サンジェルマン(PSG)は10日、同日にフランス『レキップ』が報じた、主力2選手がバルセロナ戦の2日前にパリで行われたパーティーに参加したとの情報を完全否定した。同クラブが公式サイトで伝えている。 ▽先月にホームで行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグを4-0で圧勝したPSGは、2ndレグを待たずしてベスト8進出が濃厚とみられた。だが、8日に敵地カンプ・ノウで行われた2ndレグでまさかの1-6の敗戦を喫し、2戦合計5-6でラウンド16での敗退を強いられた。 ▽現在、フランス国内ではこの歴史的な敗退劇の原因を追及するため、多くの噂が飛び交っている。 ▽その中で『レキップ』は10日、フランス代表MFブレーズ・マテュイディとイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティの2選手が試合の2日前にパリのナイトクラブで行われたアメリカ出身の世界的アーティスト、リアーナのパーティーに参加していたとの報道を行っていた。 ▽この報道を受けて、激怒したPSGサポーターはSNSを中心に重要な一戦を前に油断を見せた2選手を強く非難していた。 ▽だが、2選手の在籍するPSGは、この記事が掲載された同日、クラブの公式サイトを通じて、この報道が事実無根だと主張。2選手の名誉を傷つけた『レキップ』を強く非難している。 「ブレーズ・マテュイディとマルコ・ヴェッラッティがバルセロナ戦の2日前にナイトクラブに居た?」 「それらの報道は彼らのプロ意識とクラブに対する大きな侮辱だ」 「(バルセロナ戦での)今回の敗北は、決して最も悪意がある噂を普及させることの理由にはならない。こういった報道を恥ずかしく思う」 「今回の報道は全く信憑性がない間違った情報だ。彼らはなぜ嘘を発表するんだ? そして、『レキップ』は何を成し遂げようとしているんだ?」 ▽なお、ヴェッラッティは一連の報道に関して、名誉毀損を理由に法的措置に踏み切る準備をしているようだ。 2017.03.11 14:30 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース