ビッグクラブ注目のラベッシ、1月移籍の可能性はなし2015.12.31 18:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽今冬の移籍市場でビッグクラブが注目するパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWエセキエル・ラベッシ(30)だが、1月にクラブを離れる可能性はないようだ。同選手の代理人がイタリア『Radio CRC』で1月の残留を明言している。

▽今シーズン終了後にPSGとの契約が終了するラベッシには、500万ユーロ(約6億6000万円)の移籍金を用意しているといわれるバルセロナやリバプール、インテルなどの複数クラブが1月の獲得を狙っているとみられている。

▽しかし、ラベッシの代理人を務めるアレハンドロ・マッツォーニ氏は、1月の移籍の可能性を否定している。

「現時点で私には何の可能性もない。彼が1月に移籍する可能性はないだろう」

「PSGはチャンピオンズリーグで非常に良い可能性を持っている。そして、彼らはできる限り最高の結果を求めている。したがって、その障壁となるラベッシの1月の移籍を望んでいない」

「次の6月、彼は静かに自身の新天地を選ぶことになるだろう」

コメント

関連ニュース

thumb

レアルとの対戦が決まったPSG…会長は「魔法の瞬間が訪れる」と対戦を心待ち

欧州王者レアル・マドリーとの対戦が決まったパリ・サンジェルマンだが、抽選結果を楽観的に見ているようだ。<br><br>11日にチャンピオンズリーグ、ラウンド16の抽選会が行われ、グループBを首位で通過したパリSGは、昨シーズンに史上初のチャンピオンズリーグ連覇を成し遂げたレアル・マドリーとの対戦が決まった。<br><br>巨額の移籍金を投じてネイマールやキリアン・ムバッペを獲得し、グループリーグではバイエルン相手に勝利するなど快進撃を続けるパリSGだが、ベスト16で早くも難敵を迎えることになる。しかし、クラブのナセル・アル・ケライフィ会長はレアル・マドリーとの対戦を楽しみにしているようだ。<br><br>抽選会後、インタビューを受けたアル・ケライフィ会長は「我々はレアル・マドリーに最大の敬意を払っている。非常に重要な2試合になる。しかし、アウェイ戦とパルク・デ・プランス(ホーム)の2試合で、ファンは魔法の瞬間を目にすることになるだろう。私は常日頃言っているが、我々はすべてのチームと戦う準備をする必要がある。そしてレアル・マドリー戦までにはその準備が整っているだろう」とレアル・マドリー戦を心待ちにしていると語った。<br><br>また、アシスタント・スポーツディレクターのマクスウェル氏は、ラウンド16でレアル・マドリーと激突することについて「2試合の重要な試合を戦うことになった。特にセカンドレグのホームでの一戦は我々にとっても、ファンにとってもビッグマッチになるだろう。クラブにとって最高のチャレンジだ」と言及。<br><br>続けて「我々とレアル・マドリーの間には歴史がある。彼らが次のラウンドに進出するために全力を出すと分かっているから、このトーナメントにおける我々の価値を証明したい。世界のベストプレーヤーたちを擁する最高の2チームが戦う非常に大きな一戦になる」とコメントを残した。<br><br>パリSGはチャンピオンズリーグの舞台でレアル・マドリーと2度対戦。2015-16シーズンのグループステージで両者は激突し、パリSGの1分け1敗となっている。<br><br>提供:goal.com 2017.12.12 15:22 Tue
twitterfacebook
thumb

ネイマール欠場のPSGが不調リールに完勝で公式戦連敗をストップ!《リーグ・アン》

▽パリ・サンジェルマン(PSG)は9日、リーグ・アン第17節でリールと対戦し、3-1で勝利した。 ▽前節、昇格組のストラスブールに今季初黒星を喫した首位のPSGが、ホームのパルク・デ・プランスに17位に低迷するリールを迎えた一戦。ミッドウィークにチャンピオンズリーグ・グループB最終節のバイエルン戦(1-3)を行ったPSGは、その試合から先発を4人変更。累積で出場停止のネイマールやドラクスラー、チアゴ・シウバ、クルザワに代えてディ・マリアやパストーレ、キンペンベ、ユーリを先発で起用した。 ▽試合はPSGが立ち上がりからポゼッションでリールを圧倒し主導権を掌握したが、アタッキングサードでのプレーの質を欠いて決定機をつくるには至らない。膠着状態のまま前半半ばに差し掛かると28分に試合が動く。 ▽パストーレのスルーパスをボックス右付近で受けたダニエウ・アウベスがクロスを供給するとゴール前に走り込んだディ・マリアがヘディングシュートで流し込み、PSGが先制に成功した。 ▽迎えた後半、1点をリードするPSGはラビオを下げてロ・セルソを投入。するとPSGは49分、中盤でヴェッラッティのパスカットからカウンターを発動。最前線でボールを受けたカバーニの横パスをペナルティアーク付近のディ・マリアがワンタッチで繋ぐと、最後はボックス中央に走り込んだパストーレがシュートをゴール左に突き刺した。 ▽追加点を奪ったPSGは、72分にもヴェッラッティのパスをボックス左で受けたムバッペが決定機を迎えるも、シュートはGKメニャンの好セーブに阻まれた。 ▽その後、87分に途中出場のエル・ガジに1点を返されたPSGだが、93分に自陣での相手CKからロングカウンターを発動。マルキーニョスのクリアで相手DFの裏に抜け出したムバッペがドリブルで独走すると、無人のゴールにボールを流し込み、勝負を決める3点目を奪取。 ▽結局、試合はそのまま3-1で終了。エースFWネイマールを欠きながら、下位相手にホームでしっかりと勝ち点3を奪ったPSGが連敗をストップすると共に公式戦3試合ぶりの勝利を手にした。 2017.12.10 03:05 Sun
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド「PSG? “可能なら”残りたい」

▽レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(32)が“可能なら”との条件付きでクラブ残留を希望した。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ▽バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと並び、史上最多5度目のバロンドール受賞を果たしたC・ロナウド。歴代でも指折りの名プレーヤーは受賞後、噂として浮上しているPSG行きについて、次のように語ったという。 「PSG移籍の可能性? 僕はレアル・マドリーで幸せだ。可能なら、これから先も残りたい」 ▽C・ロナウドは、レアル・マドリーで公式戦通算412試合に出場して418ゴールをマーク。しかし、近年はスペイン税務局による脱税容疑を引き金に退団をほのめかすなど、去就が慌ただしくなりつつある。 2017.12.09 16:35 Sat
twitterfacebook
thumb

PSG、ルイス・エンリケを新たにリストアップか

▽フランス『レキップ』は、パリ・サンジェルマン(PSG)がウナイ・エメリ監督の後任として、新たにルイス・エンリケ氏(47)の招へいを検討していると報じた。 ▽PSGは昨シーズンからエメリ体制を発足。だが、以前から解任説が取り沙汰され、将来が不透明な状況が続いている。そうした中、PSGは5日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージのバイエルン戦を黒星(1-3)。これにより、ナセル・アル・ケライフィ会長は、不適任とみなして、エメリ監督の解任を決心したという。 ▽そのケライフィ会長は後任として、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督、チェルシーのアントニオ・コンテ監督、ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督、アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督をリストアップ。さらに、エンリケ氏の動向も追っているようだ。 ▽ルイス・エンリケ監督は、ローマ、セルタでの指揮を経て、2014年夏から古巣バルセロナの監督に就任。計9つのタイトルをもたらしたほか、2014-15シーズンにリーガエスパニョーラ、コパ・デル・レイ、CLのトレブルを達成した。 2017.12.09 11:30 Sat
twitterfacebook
thumb

バロンドールが欲しいなら来い! レアル・マドリー会長がネイマールを口説く

▽レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長がパリ・サンジェルマンに所属するブラジル代表FWネイマールを手招きした。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽今夏に史上最高額の移籍金2億2200万ユーロでバルセロナからPSGに移籍したネイマール。今シーズンもここまで公式戦16試合で15得点11アシストと結果を残し続けており、新天地でも出色ぶりが際立っている。 ▽しかし、ブラジル人スタッカーが夢見るとされるバロンドールは、今年もレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが受賞。レアル・マドリー会長は、関心が囁かれるネイマールを次のように口説いた。 「レアル・マドリーにいれば、バロンドールを勝ち取ることがより容易くなるものだ」 「レアル・マドリーは、偉大な選手に必要なものを全て提供するクラブ。私が彼とサインしたがっていることは承知の事実だ」 2017.12.09 09:45 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース