ビッグクラブ注目のラベッシ、1月移籍の可能性はなし2015.12.31 18:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽今冬の移籍市場でビッグクラブが注目するパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWエセキエル・ラベッシ(30)だが、1月にクラブを離れる可能性はないようだ。同選手の代理人がイタリア『Radio CRC』で1月の残留を明言している。

▽今シーズン終了後にPSGとの契約が終了するラベッシには、500万ユーロ(約6億6000万円)の移籍金を用意しているといわれるバルセロナやリバプール、インテルなどの複数クラブが1月の獲得を狙っているとみられている。

▽しかし、ラベッシの代理人を務めるアレハンドロ・マッツォーニ氏は、1月の移籍の可能性を否定している。

「現時点で私には何の可能性もない。彼が1月に移籍する可能性はないだろう」

「PSGはチャンピオンズリーグで非常に良い可能性を持っている。そして、彼らはできる限り最高の結果を求めている。したがって、その障壁となるラベッシの1月の移籍を望んでいない」

「次の6月、彼は静かに自身の新天地を選ぶことになるだろう」

コメント

関連ニュース

thumb

【CLグループA総括】アーセナルとPSGが順当突破! ルドゴレツが快挙

▽CL決勝トーナメントの常連であるアーセナルとパリ・サンジェルマン(PSG)の2強と、バーゼルとルドゴレツのアウトサイダーの2弱という構図となったグループAでは、最終節を前にその2チームが決勝トーナメント進出を決定。最終節では勝ち切ったアーセナルが首位通過を決め、取りこぼしたPSGの2位通過という結果に終わった。 ■グループA順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.アーセナル[14/4/2/0/12)] 2.パリ・サンジェルマン[12/3/3/0/6] 3.ルドゴレツ[3/0/3/3/-9] 4.バーゼル[2/0/2/4/-9] ◆試合巧者ぶり発揮し、首位通過~アーセナル~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161209_41_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽PSGとの直接対決ではいずれも力の差を見せつけられながらも、試合巧者ぶりを発揮し、いずれもドローに持ち込んだ。アウェイゴール数の差で最終節を前に自力での首位通過の可能性が潰えるも、PSGの取りこぼしを生かして首位通過を決めた。大量6ゴールを奪ったホームでのルドゴレツ戦など、快勝の試合が多かった一方、PSGとの2度の対戦やアウェイでのルドゴレツ戦など、低調な試合も少なくなく、波のあるグループステージだった。それでも、MFエジルとFWサンチェスを中心に持ち味の攻撃力を発揮し、目標の首位通過を決めた。 ◆勝負弱さを露呈し、無念の2位通過~パリ・サンジェルマン~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161209_42_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽セビージャ時代にヨーロッパリーグ3連覇に導くなど、カップ戦で強さを発揮するエメリ監督を招へいも、勝負弱さを露呈するグループステージとなった。とりわけ、ホームで戦った最終節では格下ルドゴレツ相手に終了間際の同点弾で辛くもドローに持ち込む、低調な戦いぶりでパルク・デ・プランスに集まったサポーターからブーイングを浴びる始末。アーセナルとの直接対決では、いずれも内容面で圧倒も、FWカバーニらが再三の決定機を逃がし、ドローに終わった。エメリ新監督の戦術面の浸透の遅れや、前エースFWイブラヒモビッチの不在を感じさせられ、決勝トーナメントでの戦いに不安が残るところだ。 ◆ブルガリア史上初の3位フィニッシュ~ルドゴレツ~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161209_43_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽グループ最弱と目されながらも鋭いカウンターと、粘り強いプレーでしぶとくドローに持ち込み、ブルガリア史上初のグループステージ3位フィニッシュを果たし、EL決勝トーナメントへの出場権を手にした。3位争いのライバルとなったバーゼルとの直接対決では勝利こそ逃すも、アウェイゴール数で優位に立つ2戦連続ドロー。そして、最終節のPSG戦では相手の低調なパフォーマンスもあったものの、球際の激しさやカウンターの精度という部分で上回り、見事にドローに持ち込んだ。個人では既に4大リーグのターゲットとなっているFWジョナタン・カフーや、攻撃的左サイドバックのDFナタエウの活躍が光った。 ◆主力流出響き最下位に~バーゼル~<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161209_44_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽アーセナルとPSGに次ぐ3番手の位置づけだったバーゼルだったが、FWエンボロなど昨シーズンまでの主力の流出が響き、攻守に精彩を欠いた印象だ。絶対的王者であるスイスリーグとは異なり、守備重視の堅守速攻スタイルで臨んだものの、エンボロらの離脱でカウンターの威力が低下し、攻め切れない場面が目立った。その間に守備陣が我慢し切れずに敗れるという、課題を最後まで克服できなかった。 2016.12.10 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ホームで低調PSG、格下に引き分けて首位通過逃す…ルドゴレツはブルガリア勢初の3位フィニッシュ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループA第6節のパリ・サンジェルマン(PSG)vsルドゴレツが6日にパルク・デ・プランスで行われ、2-2のドローに終わった。 ▽前節、敵地で行われた2位アーセナル(勝ち点11)との直接対決を2-2のドローで終えたPSG(勝ち点11)は、当該成績におけるアウェイゴール数で上回り、自力での首位通過のチャンスを手にした。3位のルドゴレツ(勝ち点2)をホームに迎えたこの試合では、0-3の惨敗となった直近のモンペリエ戦から先発4人を変更。1トップのカバーニの下にルーカス・モウラ、ベン・アルファ、ディ・マリアが並ぶ[4-2-3-1]の布陣を採用した。 ▽立ち上がりからルーカス、カバーニと積極的にシュートを放ち、相手を押し込むPSGだが、粘り強く守るルドゴレツを崩し切れない。すると15分、一瞬の隙から左サイドでフリーにしたナタエウの絶妙なクロスをセンターバック2枚の間に入ったミシジャンに頭で決められ、ホームでまさかのビハインドを負った。 ▽これで2点が必要となったPSGは、より前がかりになって攻勢を強める。カバーニの動き出しに加え、突破力に優れる2列目のルーカス、ベン・アルファ、ディ・マリアがDF数枚を剥がしてチャンスメーク。19分と29分にはボックス内に侵入したルーカスとディ・マリアにシュートチャンスも、相手の寄せで決め切れない。さらにセットプレーの場面で存在感を放つチアゴ・シウバが続けてチャンスに絡むが、クロスバーを叩くなどゴールが遠い。その後も攻め続けたホームチームだったが、前半を1点ビハインドで終えた。 ▽後半に入って攻勢を強めるPSGは、前半同様にフィニッシュの場面でうまくいかない。しかし、61分にボックス内で浮き球のルーズボールに反応したカバーニが見事なオーバーヘッドシュートを叩き込み、ようやく同点に追いつく。この直後にはボックス内でディ・マリアのシュートが相手DFの手に当たるも、ここはノーファウルの判定となった。 ▽ここから一気に逆転の機運高まるPSGだったが、緩慢なプレーで勝ち越しを許す。69分、右サイドでのスローインの場面でボールを受けたマルキーニョスがジョナタン・カフーにボールを奪われてショートカウンターを許すと、ボックス左で折り返したボールをヴァンデルソンにダイレクトシュートで決められた。 ▽再び2点が必要なPSGは、試合終盤にかけてクルザワ、ヘセ・ロドリゲス、オーリエを投入し、ゴールをこじ開けにかかる。だが、焦りからか、フィニッシュの場面で連係ミスやシュートミスが目立つ。後半アディショナルタイムにはマルキーニョスのフィードをボックス左のクルザワが落とし、ディ・マリアが同点ゴールを奪うも、反撃はここまで。 ▽ホームで格下相手に痛恨ドローのPSGは、同節でバーゼルに4-1で勝利したアーセナルに抜かれて、まさかの2位通過となった。一方、グループステージ初勝利を逃がすも貴重な勝ち点1を奪ったルドゴレツは、ブルガリア勢として初の3位フィニッシュとなり、EL決勝トーナメント出場を決めた。 2016.12.07 06:54 Wed
twitterfacebook
thumb

マルシャルがPSGのターゲットに?

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表FWアントニー・マルシャル(20)にパリ・サンジェルマンが注視しているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 ▽ユナイテッド加入初年度の昨シーズンこそ輝かしい成績で彩ったマルシャルだが、今シーズンはいまひとつ。ピッチ外でのドタバタもあってか、昨シーズンほどのインパクトを残せずにいる。 ▽事前の報道によれば、ジョゼ・モウリーニョ監督は来夏、大規模なチーム編成に着手し、今後2度の移籍期間で最大8名の選手を売却するとの報道が浮上。そんな中、マルシャルにおいては、PSGが引き取り手となる可能性があるようだ。 ▽伝えられるところによれば、ユナイテッド関係者は「ユナイテッドがマルシャルを売却するとなれば、PSGが真っ先に名乗りを上げてくることは承知の事実」と証言。PSGが関心を示しているという。 ▽しかし、マルシャルは11月30日のEFLカップ準々決勝のウェストハム戦(4-1で勝利)で2ゴール。チームのベスト4進出に貢献して、定位置確保に向けてモウリーニョ監督へのアピールに成功している。 2016.12.02 08:45 Fri
twitterfacebook
thumb

パリSG、12試合負けなしと復調…エメリ監督はチームの成長に手応え

パリ・サンジェルマンを率いるウナイ・エメリ監督は、今シーズン決して順調とは言えないスタートを切ったチームが正しい道を歩んでいると感じているようだ。<br><br>リーグ1で絶対的な強さを見せてチャンピオンの座に君臨してきたPSGは、水曜日に行われたリーグ戦でチアゴ・シウバとエディンソン・カバーニのゴールによりアンジェを2-0で下した。この勝利により、モナコを抜いて2位に躍り出たPSGは、誰も予想しなかった躍進を見せている首位ニースに1ポイント差と迫っている。<br><br>これでPSGは12試合負けなしとなった。序盤戦で躓いた後に持ち直した格好だが、エメリ監督はチームの成長に手ごたえを感じているようだ。<br><br>「(アンジェ戦は)重要な、勝利が必要な試合だった。3ポイントを獲得しなければならない状況だし、ホームで勝ち点を獲りこぼすわけにはいかなかった」。エメリ監督は試合後の記者会見でこう語った。<br><br>「組織だったコンパクトな守備体系を見せた難しい相手に対して手堅いパフォーマンスを披露できた。リーグ1は競争の激しいリーグで、PSGの他にもリヨンやモナコ、サンテチェンヌといったチームが優勝を狙っている。難しいリーグなんだ」<br><br>「でも今は我々のパフォーマンスのことを主に考えている。もし我々がやるべきことをやれば、結果はおのずとついてくるだろう。2つのゴールを決めたことに満足しているし、もっとチャンスも作れていた。徐々にだけど確実に成長しているよ」<br><br>エメリ監督率いるPSGは土曜日の試合でモンペリエと対戦する。一方、首位のニースはトゥールーズとの試合が組まれている。<br><br><br>提供:goal.com 2016.12.01 16:58 Thu
twitterfacebook
thumb

パリ・サンジェルマン監督「ヴェラッティは移籍させない」オファーをけん制

パリ・サンジェルマンのウナイ・エメリ監督がイタリア代表のMFマルコ・ヴェッラッティの移籍を容認しないと、スペイン紙『エル・パイス』のインタビューで明らかにした。<br><br>イタリアの若手レジスタ、ヴェッラッティにはユベントスやインテルなど複数のクラブが興味を示している。しかし、こういったスカウティングの動きに対し、エメリ監督がけん制する姿勢を見せた。<br><br>「マルコ・ヴェッラッティとマルキーニョスは若く、パリ・サンジェルマンの期待の星だ。高く評価しているよ。野心もあるようだが、パリから移籍させるつもりはない」<br><br>一方でエメリ監督はヴェッラッティのプレーについて、課題も掲げている。<br><br>「ゴールへの意識を高めるべきだ。リーグ戦1シーズンでの最高得点数は2ゴールだ。この課題を克服するべきだと思う。(アンドレス)イニエスタやシャビ(エルナンデス)も最初はゴールを決めていなかった」<br><br>元スペイン代表の天才プレーヤーを例に、ヴェッラッティに更なる進化を求めた。<br><br><br>提供:goal.com 2016.11.30 18:30 Wed
twitterfacebook
Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース