超ワールドサッカー

ビッグクラブ注目のラベッシ、1月移籍の可能性はなし2015.12.31 18:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽今冬の移籍市場でビッグクラブが注目するパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWエセキエル・ラベッシ(30)だが、1月にクラブを離れる可能性はないようだ。同選手の代理人がイタリア『Radio CRC』で1月の残留を明言している。

▽今シーズン終了後にPSGとの契約が終了するラベッシには、500万ユーロ(約6億6000万円)の移籍金を用意しているといわれるバルセロナやリバプール、インテルなどの複数クラブが1月の獲得を狙っているとみられている。

▽しかし、ラベッシの代理人を務めるアレハンドロ・マッツォーニ氏は、1月の移籍の可能性を否定している。

「現時点で私には何の可能性もない。彼が1月に移籍する可能性はないだろう」

「PSGはチャンピオンズリーグで非常に良い可能性を持っている。そして、彼らはできる限り最高の結果を求めている。したがって、その障壁となるラベッシの1月の移籍を望んでいない」

「次の6月、彼は静かに自身の新天地を選ぶことになるだろう」

コメント

関連ニュース

thumb

PSG、シティがサンチェス獲得ならアグエロに84億円のオファーか

▽パリ・サンジェルマン(PSG)が、マンチェスター・シティに所属するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(29)の獲得を目論んでいるようだ。イギリス『メトロ』がイギリス『タイムズ』を引用して報じている。 ▽長きにわたりエースとしてチームを牽引してきたアグエロは今シーズン、リーグ戦で31試合20ゴールをマーク。しかし、今年1月のブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスの加入により、チーム内での立ち位置が絶対的なものではなくなりかけている。 ▽さらに、シティは現在、アーセナルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェス(28)に関して、合意に達したとの報道が過熱。アグエロ本人は今週、現行契約である2019年6月まで残留すること示唆したが、新たなライバル登場でさらに序列を落とす恐れがある。 ▽伝えられるところによると、PSGはそのアグエロの動向に注視。シティがサンチェスを獲得した場合に備えて、アグエロの引き入れに向けて6000万ポンド(約84億8000万円)のオファーを用意しているという。 ▽また、PSGは、アグエロに対する個人条件も準備している模様。アグエロに対して、シティで現在受け取っている週給22万ポンド(約3100万円)を越えるオファーと同選手を前線の主軸として起用することを条件として、交渉に臨むとのことだ。 2017.06.24 22:23 Sat
twitterfacebook
thumb

バルサ、ユナイテッド、ユーベがマルキーニョスに関心

▽パリ・サンジェルマンに所属するブラジル代表DFマルキーニョス(23)の争奪戦が繰り広げられているようだ。ブラジル『GloboEsporte』が報じた。 ▽23歳ながらも世界有数のセンターバックとして評価されているマルキーニョス。『GloboEsporte』によれば、このセレソンに対してマンチェスター・ユナイテッド、ユベントス、バルセロナが獲得に関心を示しているとのことだ。 ▽マルキーニョス獲得に向けて最も高い移籍金を提示しているのがユナイテッドで、7000万ユーロ(約87億円)。最も低い提示額は4000万~4500万ユーロ(約50億~56億円)のバルセロナだとのことだ。 ▽2019年までPSGとの契約を残すマルキーニョス自身は、バルセロナ移籍の夢があると伝えられている。しかし、2018年にロシア・ワールドカップが行われることもあり、もう1シーズンはPSGに残留するとみられている。 2017.06.24 10:28 Sat
twitterfacebook
thumb

PSGがムバッペ獲得へ167億超オファー?

▽イギリス『デイリー・ミラー』は22日、パリ・サンジェルマン(PSG)がモナコに所属するFWキリアン・ムバッペ(19)獲得へ史上最高額のオファーを用意したと報じた。 ▽今シーズンのモナコで公式戦44試合26ゴールと一気にブレイクを果たしたムバッペ。そのフランス人アタッカーを巡っては現在、アーセナル、レアル・マドリーをはじめとする欧州の錚々たるビッククラブの関心が取り沙汰されているところだ。 ▽しかし、伝えられるところによれば、ムバッペの争奪戦において、資金力を有するPSGに動きがある模様。ユベントスからマンチェスター・ユナイテッドに移籍したMFポール・ポグバの移籍金を凌ぐ1億1900万ポンド(約167億8000万円)を投じる準備があるという。 ▽しかし、『デイリー・ミラー』は、モナコが今夏にポルトガル代表MFベルナルド・シウバを移籍金4300万ポンドでマンチェスター・シティに売却したことを指摘。モナコに必ずしもムバッペを売る必要がないため、獲得は困難を極めているとの見解を示している。 2017.06.23 09:30 Fri
twitterfacebook
thumb

PSG、移籍金246億円をC・ロナウド獲得に向けて準備か...レアル会長はコンフェデ杯後に“運命の"会合を予定

レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドは、コンフェデレーションズカップ後に、フロレンティーノ・ぺレス会長と会合を開くようだ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>今夏のマドリー退団を検討しているといわれるC・ロナウド。行き先は2003年から2009年まで在籍したマンチェスター・ユナイテッドが濃厚だとされてきたが、ジョゼ・モウリーニョ監督はポルトガル代表FW獲得に難色を示しており、古巣復帰の可能性は非常に低くなりつつある。<br><br>ユナイテッドは、移籍金と年俸を含め4億ユーロ(496億円)が必要とみられるオペレーションを前に、C・ロナウド獲得レースからの撤退を決断した模様だ。だが巨額の資金を必要としても、獲得を試みるクラブはまだ存在する。パリ・サンジェルマン(PSG)である。<br><br>現在ポルトガル代表としてコンフェデ杯に参加しているC・ロナウドは、同大会後にマドリーのぺレス会長と会合を開く予定だ。この会合でぺレス会長がC・ロナウドを説き伏せられるかどうか、両者にとって&ldquo;運命の&rdquo;話し合いとなりそうだ。<br><br>C・ロナウドはこの重要なコンタクトを前に、PSGのオファーを携えて臨むとされている。PSGのオファーは現時点で定かになっていないが、2億ユーロ(約248億円)以上を提示されればマドリーがC・ロナウドの慰留に努めるのは難しいとみられている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.22 18:56 Thu
twitterfacebook
thumb

クライファート、「パリSGは許可しない」とヴェッラッティのバルサ移籍に否定的

元パリ・サンジェルマン(パリSG)のスポーツディレクター(SD)、パトリック・クライファート氏は、マルコ・ヴェッラッティのバルセロナ移籍に否定的な考えを持っている。<br><br>ヴェッラッティはパリに留まることを望んでおらず、クラブに退団希望を伝えたとされている。バルセロナも同選手の獲得に1億ユーロ(約124億円)のオファーを準備し、移籍に近づいていると報じられていた。しかし6月にクラブSDから退任した元オランダ代表ストライカーは、パリSGが4年間の契約を残す同選手の移籍を許可する可能性は低いと感じているようだ。<br><br>クライファート氏は『ラ・セクスタ』に「ヴェッラッティがバルセロナと契約したいことは知っているが、PSGは許可しないだろう。移籍の成立はとても困難な状況だ。ヴェッラッティには1億ユーロ以上の費用がかかる」とイタリア代表MFのスペイン移籍に懐疑的な考えを示した。<br><br>24歳の司令塔を長年探し求めているシャビ・エルナンデスの代役にしたいと考えているバルセロナだが、2012年にペスカーラから獲得したヴェッラッティをキープレーヤーの1人と考えているパリSGは、売却に強い難色を示している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.22 12:30 Thu
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース