ビッグクラブ注目のラベッシ、1月移籍の可能性はなし2015.12.31 18:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽今冬の移籍市場でビッグクラブが注目するパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWエセキエル・ラベッシ(30)だが、1月にクラブを離れる可能性はないようだ。同選手の代理人がイタリア『Radio CRC』で1月の残留を明言している。

▽今シーズン終了後にPSGとの契約が終了するラベッシには、500万ユーロ(約6億6000万円)の移籍金を用意しているといわれるバルセロナやリバプール、インテルなどの複数クラブが1月の獲得を狙っているとみられている。

▽しかし、ラベッシの代理人を務めるアレハンドロ・マッツォーニ氏は、1月の移籍の可能性を否定している。

「現時点で私には何の可能性もない。彼が1月に移籍する可能性はないだろう」

「PSGはチャンピオンズリーグで非常に良い可能性を持っている。そして、彼らはできる限り最高の結果を求めている。したがって、その障壁となるラベッシの1月の移籍を望んでいない」

「次の6月、彼は静かに自身の新天地を選ぶことになるだろう」

コメント

関連ニュース

thumb

「私がPSGにいたら…」デュガリー氏、優勝懸かった一戦でオンラインポーカーをしていたネイマールを批判

▽かつてミランやバルセロナでプレーした元フランス代表FWクリストフ・デュガリー氏が、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールを批判した。『EURO SPORT』が伝えている。 ▽2位・モナコとの勝ち点差14をつけて首位に立っていたPSG(勝ち点84)は、15日のリーグアン第33節でモナコ(勝ち点70)と直接激突した。PSGは勝てば2シーズンぶり7度目のリーグ優勝が決まる一戦に、攻撃陣が爆発。ロ・セルソとディ・マリアの2ゴールを含む計7発でモナコを圧倒して、リーグ優勝を成し遂げた。 ▽2月に右足首のねん挫および第5中足骨の骨折という負傷を負ったネイマールは、この時母国のブラジルで自宅療養中。しかし、同メディアによるとネイマールは試合中、自宅のテレビでPSGの試合を観戦しながら、オンラインポーカーを楽しんでいる様子をSNSで投稿していたようだ。 ▽これに対してデュガリー氏は、ネイマールが優勝が決定するかもしれない瞬間に立ち会わなかったことに疑問を抱いているようだ。 「どうして彼はタイトルが懸かった一戦でチームメイトと共に居なかったのか? 彼はリーダーという役割が与えられた。それなのに勝利を分かち合うこともしないのか」 「PSGはそれを受け入れることはできるのだろうか? 私がPSGにいたらとても怒っているだろうね」 2018.04.19 10:53 Thu
twitterfacebook
thumb

プレミア王者ペップ・シティ、今夏大暴れか

▽今シーズンのプレミアリーグ王者に輝いたマンチェスター・シティが今夏、さらなる大型補強を敢行する可能性があるようだ。 ▽近年のストーブリーグを賑わせ続けるシティ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じたところによれば、ジョゼップ・グアルディオラ監督は今夏の移籍市場で新たに3名のタレントに目を光らせているという。 ▽その3名とは、バイエルンのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ(26)、パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペ(19)、そして、クリスタル・パレスのコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハ(25)だ。 ▽ただし、グアルディオラ監督の主要ターゲットは、チアゴ・アルカンタラとムバッペ。2億ポンド(約304億2000万円)の資金を生かして、ロシア・ワールドカップ開催を考慮し、早期に補強を進めたい意向を示している模様だ。 2018.04.18 18:45 Wed
twitterfacebook
thumb

PSG、カゼミロ獲得に266億準備か?! ネイマールとトレードの可能性も

▽パリ・サンジェルマン(PSG)が、レアル・マドリーのブラジル代表MFカゼミロ(26)獲得に乗り出すようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽2013年に母国のサンパウロからレアル・マドリーに移籍したカゼミロは、2014年にポルトにレンタル移籍した。成長を果たしてレアル・マドリーのトップチームに復帰すると、2016年に就任したジネディーヌ・ジダン監督の下でレギュラーを勝ち取り、2015-16シーズンのチャンピオンズリーグ決勝、アトレティコ・マドリー戦では傑出したパフォーマンスを披露。昨シーズンのCL決勝ユベントス戦でもミドルシュートで勝ち越し点を決め、今やクラブで最も欠かせない選手の1人として称賛を集めている。 ▽攻撃的な選手が多いレアル・マドリーの中で数少ない守備的MFとして活躍を続けるカゼミロには、これまでマンチェスター・ユナイテッドから関心を抱かれていることが取り沙汰されていた。今回の『アス』の報道によると、欧州最大の資金力を誇るPSGまでもが手を挙げているようだ。 ▽PSGは、MFマルコ・ヴェッラッティは別として、ベテランMFチアゴ・モッタや若手MFロ・セルソの代わりとなる中盤の選手を探している。クラブのスポーツディレクターであるアンテーロ・エンリケ氏が、かつてポルトでカゼミロとともに仕事をしていた縁もあり、白羽の矢が立っているようだ。 ▽レアル・マドリー側はカゼミロとの契約延長を目指しており、近いうちに好条件の新契約を締結する予定だという。しかし、PSG側が同選手の契約解除金2億ユーロ(約266億円)を払う用意をしているとも伝えられており、そのような巨額なオファーであればレアル・マドリー側が一考する可能性もあるだろう。 ▽それでも、PSGが2億ユーロ(約266億円)の支払いを躊躇する場合、ブラジル代表FWネイマール(26)を取引材料にする可能性もあるという。ネイマールの周囲にはかねてよりレアル・マドリー移籍の噂が噴出しており、今後の動向に注目が集まる。 2018.04.18 15:00 Wed
twitterfacebook
thumb

PSG通算7度目のリーグ優勝も…エメリ「トップクラブになるには時間と忍耐が必要」

パリ・サンジェルマン(PSG)のウナイ・エメリ監督は、国内リーグでの地位を確立するバルセロナやバイエルンと比較するのは時期尚早だと考えているようだ。<br><br>15日に昨シーズン王者のモナコをホームで7-1で下したPSGは、2シーズンぶりのリーグ・アン優勝を決めた。ここ6年で5度目のリーグ制覇と、近年は国内で無類の強さを誇るPSGだが、エメリ監督はフランスを代表するクラブになるにはまだまだ時間がかかるとの見解を示している。<br><br>「ドイツではバイエルンがどのクラブよりも優勝しているし、スペインではレアル・マドリーとバルセロナ、イタリアではユベントスに加えミランとインテルだ。しかし、フランスではPSGが7度目の優勝と、ようやくリヨンの優勝回数に追いついた」<br><br>「フランスで、PSGが最高の地位を築き上げるには、時間と忍耐が必要だ。我々はまだ新しいコンセプトを持つ新しいクラブにすぎない」<br><br>パリSGは国内3冠に向け、18日にクープ・ドゥ・フランス準決勝でカーンと対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.18 14:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ライオラ、PSGにもポグバをセールスか

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(25)を巡る退団報道が熱を帯びている。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽ジョゼ・モウリーニョ監督との軋轢が取り沙汰され続けるポグバ。7日に行われたプレミアリーグ第33節のマンチェスター・シティ戦で殊勲の2ゴールを挙げて大逆転勝利に大きく貢献したが、ポルトガル人指揮官と関係悪化の一途を辿っているとの見方が強まり、今夏における放出候補の1人として名前が囁かれ始める始末だ。 ▽その中、先日にシティの指揮を執るジョゼップ・グアルディオラ監督から売り込みがあったことを暴露されたポグバの代理人を務めるミノ・ライオラ氏だが、選手に関心を寄せているパリ・サンジェルマン(PSG)に対しても今夏の獲得をセールスしている模様だ。 ▽だが、昨夏にブラジル代表FWネイマールとフランス代表FWキリアン・ムバッペの獲得に多額の移籍金を投じたPSGは、ファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)に抵触している疑いがあることから、ポグバの迎え入れに動けるかどうか定かではない状況だという。 ▽また、ライオラ氏が考えるポグバの新天地として、レアル・マドリーとバルセロナの選択肢も含まれているようだが、現時点でいずれも関心を示していないものとみられている。 2018.04.18 13:15 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース