ビッグクラブ注目のラベッシ、1月移籍の可能性はなし2015.12.31 18:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽今冬の移籍市場でビッグクラブが注目するパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWエセキエル・ラベッシ(30)だが、1月にクラブを離れる可能性はないようだ。同選手の代理人がイタリア『Radio CRC』で1月の残留を明言している。

▽今シーズン終了後にPSGとの契約が終了するラベッシには、500万ユーロ(約6億6000万円)の移籍金を用意しているといわれるバルセロナやリバプール、インテルなどの複数クラブが1月の獲得を狙っているとみられている。

▽しかし、ラベッシの代理人を務めるアレハンドロ・マッツォーニ氏は、1月の移籍の可能性を否定している。

「現時点で私には何の可能性もない。彼が1月に移籍する可能性はないだろう」

「PSGはチャンピオンズリーグで非常に良い可能性を持っている。そして、彼らはできる限り最高の結果を求めている。したがって、その障壁となるラベッシの1月の移籍を望んでいない」

「次の6月、彼は静かに自身の新天地を選ぶことになるだろう」

コメント

関連ニュース

thumb

アーセナル、ウォルコットの2Gで“ジャカ兄弟”対決実現のバーゼル戦を快勝! 格下に苦戦のPSGはカバーニ2発で辛勝《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループA第2節のアーセナルvsバーゼルが28日にアーセナル・スタジアムで行われ、アーセナルが2-0で勝利した。 ▽パリ・サンジェルマンとの初戦をドローで終えたアーセナルは、国内リーグで4連勝中と好調を継続。スイス王者バーゼルをホームに迎えたこの一戦では、直近のチェルシー戦から先発1人を変更。負傷のコクランに代わってグラニト・ジャカが起用され、バーゼルMFタウラントとの兄弟対決が実現した。 ▽守備的な[5-3-2]の布陣を採用したバーゼルを立ち上がりから押し込むアーセナルは、開始7分に先制点を奪う。ボックス左をえぐったサンチェスの浮き球クロスに反応したウォルコットがDF2枚の間に入り込んでヘディングシュートを流し込んだ。 ▽幸先良くリードを奪ったアーセナルはその後も優勢に試合を運ぶと、再びサンチェスとウォルコットのコンビで追加点を奪う。26分、ボックス手前で縦に仕掛けたウォルコットがサンチェスとのワンツーでボックス右に抜け出し、右足のシュートをファーポストに流し込んだ。 ▽ウォルコットの2ゴールで余裕の試合運びとなったアーセナルは、重心を上げたバーゼルに対して、鋭いショートカウンターから3点目に迫る。30分過ぎにはサンチェス、ベジェリン、エジルと続けて決定機を迎えるが、相手GKバシリクの好守に阻まれ、前半のうちに3点目を奪うまでには至らず。 ▽迎えた後半も試合の主導権を握るアーセナルは前半同様に再三の決定機を作るが、GKバシリクの好守に加え、フィニッシュの精度を欠き、試合を決める3点目を奪えない。逆に、63分と64分にはビャルナソンに続けて決定機を許すが、ここはGKオスピナの好守で凌いだ。 ▽その後、アーセナルを率いるヴェンゲル監督は70分、イウォビ、ウォルコットの両翼を下げて古巣対戦となるエルネニー、チェンバレンを投入。さらに75分にはモンレアルに代えてギブスを投入し、試合をクローズにかかる。試合終盤にはボックス内で飛び出したGKを交わしたチェンバレンに決定機が訪れるも、ここも決め切れず。それでも、相手の反撃をクリーンシートで凌ぎ、ホームで2-0の快勝。スイス王者に力の差を見せつけたアーセナルが、グループステージ初勝利を手にした。 ▽また、同日行われたグループAのもう1試合、ルドゴレツvsパリ・サンジェルマン(PSG)は、アウェイのPSGが3-1で逆転勝利した。 ▽直近の国内リーグで格下のトゥールーズ相手に完敗し、リーグ7節にして昨シーズンの敗戦数と同じ2敗目を喫するなど、不調が続くPSGが、バウンスバックを目指した一戦。立ち上がりから相手を圧倒したいPSGだったが、16分にナタナエウに左足の直接FKを決められ、まさかの先制を許してしまう。 ▽早い時間帯に追いつきたいPSGは怒涛も猛攻を見せるが、引いた相手を崩し切れない。ぞれでも、前半終了間際の41、ヴェッラッティのスルーパスに抜け出したマテュイディのゴールで1点を返し、1-1のイーブンで試合を折り返した。 ▽迎えた後半、55分にディ・マリアのFKをカバーニが頭で合わせ、逆転に成功したPSGだったが、直後にボックス内でのモッタのファウルでPKを献上。しかし、このピンチでモツィのPKをGKアレオラが見事なセーブでストップした。 ▽若き守護神の好守でピンチを凌いだPSGは、60分にボックス右をえぐったルーカス・モウラの折り返しをカバーニがきっちり決めて、点差を2点に広げた。その後、危なげない試合運びで逃げ切りに成功したPSGが、苦しみながらもグループステージ初勝利を手にした。 2016.09.29 06:32 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシー、ディ・マリア獲得に動く? コンテが獲得熱望か

▽チェルシーが、パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(28)の獲得に関心を示しているようだ。スペイン『ドン・バロン』が報じている。 ▽『ドン・バロン』の伝えるところによると、チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督は、ベルギー代表MFエデン・アザール、ブラジル代表MFウィリアンと共に個で打開できる2列目の選手の獲得を目指しており、ユベントスを率いていた時代から関心を示してきたディ・マリアの獲得をクラブにリクエストしている模様だ。 ▽また、ウナイ・エメリ新体制でのプレーに満足していないディ・マリアは、新たな挑戦を希望しており、PSG退団を検討しているようだ。 ▽なお、昨年夏に4400万ポンド(約57億円)といわれる移籍金でマンチェスター・ユナイテッドからPSGに加入したディ・マリアは、クラブとの契約が3年残っており、相応の移籍金が必要となる。したがって、現在守備陣の刷新を最優先とするチェルシーが、ディ・マリア獲得に向けてPSGの要求に見合うオファーを掲示できるかが、移籍成立のカギとなる。 2016.09.27 04:36 Tue
twitterfacebook
thumb

警察への侮辱および暴行罪で逮捕されたPSGのDFオーリエに懲役2カ月の禁固刑

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエ(23)が、今年5月末にパリのナイトクラブで起こした警察官への侮辱および暴行罪で、懲役2カ月の禁固刑と2万1000ユーロ(約237万円)の罰金を科されることになった。フランス『RMC』が報じている。 ▽オーリエは、今年5月30日早朝にパリのナイトクラブを出た際に、パトロール中の警察官と口論になり、侮辱的な発言と軽度の暴力行為(蹴りを見舞う)を働いたことで、逮捕されていた。 ▽そして、26日に地元裁判所でこの一件に関する判決が下され、オーリエに対して2カ月の禁固刑と2万1000ユーロ(約237万円)の罰金が科されることになった。なお、この判決に対して、オーリエ側は上訴を行う意向とのことだ。 ▽ただ、フランスの複数メディアが伝えるところによれば、オーリエが刑務所に服役する可能性は低く、地域への奉仕活動を行うことで、服役を免れる見込みのようだ。そのため、PSGでのプレーに大きな障害はない模様だ。 2016.09.26 22:30 Mon
twitterfacebook
thumb

マテュイディ、ユベントス移籍が叶わなかった夏に後悔なし「残留できて嬉しい」

パリ・サンジェルマンに所属するフランス代表MFブレーズ・マテュイディは、残留することになって喜んでいると話した。フランス『Le Parisien』が報じている。<br><br>マテュイディは今夏、ユベントスへの移籍が近づいていたが、合意直前でクラブの監督と会長からストップがかかり、移籍は実現しなかった。代理人やチームメート、さらには本人からも移籍が実現しなかった悲しみが伝えられたが、今となっては後悔はないと語っている。<br><br>「最終的に残留することが決まって嬉しいよ。ピッチ上で素晴らしいパフォーマンスを見せられると思う。(ウナイ)エメリ新監督とともによくやっているし、後悔はないね」<br><br>マテュイディはウナイ・エメリ監督の信頼を勝ち取り、ここまで7試合に出場。今シーズンもチームの主軸に据えられることが予想される。<br><br>提供:goal.com 2016.09.24 09:15 Sat
twitterfacebook
thumb

エメリPSG、早くも2敗目…PK献上&モッタ痛恨ミスでトゥールーズに敗戦《リーグ・アン》

▽パリ・サンジェルマン(PSG)は23日、リーグ・アン第7節でトゥールーズとのアウェイゲームに臨み、0-2で落とした。 ▽開幕から4勝1分け1敗の勝ち点13で首位ニースを勝ち点1差で追う2位のPSG。今節は、カバーニや、ディ・マリア、マテュイディ、チアゴ・シウバら主力を先発起用し、勝ち点11で5位につけるトゥールーズとのアウェイ戦に臨んだ。 ▽しかし、PSGは47分、ボックス内でファウルを犯したオーリエがこの試合2枚目の警告で退場。さらに、PKのチャンスを献上すると、MFヤニック・ボディジャーに決められてリードを許してしまう。 ▽その後、前がかりになったPSGだが、76分に自陣左サイドでボールを受けたモッタがまさかのミス。右足で出したバックパスをMFジェミー・ドゥルマズに奪われると、難なくシュートを決められた。 ▽結局、試合は2-0で終了。主力を起用しながら敗れたPSGは、今シーズンのリーグ・アンで早くも2敗目となった。 2016.09.24 08:30 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース