ビッグクラブ注目のラベッシ、1月移籍の可能性はなし2015.12.31 18:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽今冬の移籍市場でビッグクラブが注目するパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWエセキエル・ラベッシ(30)だが、1月にクラブを離れる可能性はないようだ。同選手の代理人がイタリア『Radio CRC』で1月の残留を明言している。

▽今シーズン終了後にPSGとの契約が終了するラベッシには、500万ユーロ(約6億6000万円)の移籍金を用意しているといわれるバルセロナやリバプール、インテルなどの複数クラブが1月の獲得を狙っているとみられている。

▽しかし、ラベッシの代理人を務めるアレハンドロ・マッツォーニ氏は、1月の移籍の可能性を否定している。

「現時点で私には何の可能性もない。彼が1月に移籍する可能性はないだろう」

「PSGはチャンピオンズリーグで非常に良い可能性を持っている。そして、彼らはできる限り最高の結果を求めている。したがって、その障壁となるラベッシの1月の移籍を望んでいない」

「次の6月、彼は静かに自身の新天地を選ぶことになるだろう」

コメント

関連ニュース

thumb

PSGが新加入T・ムニエ2発含む3ゴールでモラタ先発のレアル・マドリー撃破《ICC2016》

▽28日に行われたインターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)2016米国・欧州ラウンドのレアル・マドリーvsパリ・サンジェルマンは、PSGが3-1で勝利した。 ▽米国・欧州ラウンドの開幕ゲームとなるレアル・マドリーと、2戦目となるPSGが対峙した。レアル・マドリーは、ユベントスから買い戻したモラタを先発起用。対するPSGは、ベン・アルファとトマス・ムニエの新加入組がベンチスタートとなった。 ▽試合は開始早々の2分に動く。左サイドでドリブルを仕掛けたイコネが相手数人の囲い込みに動じることなくボックス中央に侵攻。最後はマルセロを抜き去り、相手GKとの一対一を冷静に制し、PSGが先制する。 ▽出鼻をくじかれたレアル・マドリーは、ボールの主導権を握りながら押し込みにかかると、18分にボックス左外からコバチッチが右足を鋭く振り抜く。ボールは枠の右隅を捉えたかに思われたが、惜しくも右ポストに嫌われてしまう。 ▽すると、PSGは35分、12分にチアゴ・シウバとの交代でピッチに立ったT・ムニエの強烈なミドルシュートで追加点を奪取。続く40分には、T・ムニエが敵陣の高い位置でラインの背後に抜け出して、GKとの一対一を迎える。一度目のシュートはGKにブロックされるも、こぼれ球を押し込み、チームに3点目をもたらした。 ▽立て続けの失点で大量リードを許したレアル・マドリーは、43分にオーリエのハイドを誘い、PKのチャンスを獲得。キッカーに名乗りを上げたマルセロが左足のシュートをゴール右隅に沈め、レアル・マドリーが1点を返してハーフタイムを迎えた。 ▽後半を迎えると、全選手をハーフタイムから一新したレアル・マドリーが押し気味に試合を進めていく。しかし、攻撃をゴールに結び付けられずにいると、後半途中からディ・マリアや、新加入のベン・アルファらを投入したPSGの勢いに押され始める。 ▽結局、相手の攻撃をPKのみの1点に抑え込んだPSGが3-1で白星。24日に行われた第1戦のインテル戦に続く白星でICC連勝を飾った。敗れたレアル・マドリーは、30日に行われる次戦でチェルシーと対戦。PSGは31日にレスター・シティと激突する。 2016.07.28 10:35 Thu
twitterfacebook
thumb

PSG、バッカ獲得はなし エメリはマテュイディの残留を強調

パリ・サンジェルマン(PSG)のウナイ・エメリ監督が、フランス『レキップ』で選手の獲得・放出について意見を述べている。<br><br>PSGは昨季限りで契約満了となったFWズラタン・イブラヒモビッチがマンチェスター・ユナイテッドへ渡った。ストライカー獲得を必須とするなか、先日元オランダ代表パトリック・クライファート氏のスポーツディレクター就任が発表され、今後の動きが注目されている。<br><br>エメリ監督は「ビッグクラブに適した素晴らしい選手」をFWエディンソン・カバーニと一緒に2トップを組ませる考えを示した。だが、補強候補と噂されるミランFWカルロス・バッカに関してはDFマクスウェル、ダビド・ルイス、チアゴ・シウバ、MFルーカス・モウラと外国人登録枠が埋まっていることを理由に、獲得の可能性を除外している。<br><br>GKのポジションには4選手が控える。ケビン・トラップ、アルフォンス・アレオラ、サルバトーレ・シリグ、レミー・デシャンが定位置を争う状況だ。だがエメリ監督は問題ないと主張している。<br><br>「私は良いGKが2人いることを望んでいる。ナンバー1は欲していない。ナンバー2になれる選手が欲しいんだ」<br><br>「シリグは契約をあと2年残している。我々はそれを尊重する。彼は状況を理解している。我々とも話し合った。話を続けていくつもりだよ。その間、チームで問題なく練習をこなしてくれるはずだ」<br><br>MFブレーズ・マテュイディにはユベントス移籍の噂がある。ユナイテッド移籍に傾くMFポール・ポグバの後釜に、ユーベが狙っているとみられる。<br><br>「マテュイディは素晴らしい選手。我々の中盤には左利きの良い選手がたくさんいるね。中盤の選手が多く、移籍するチャンスがあると彼自身が考えたら...。私は彼の残留を願っているけれどね」<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.27 18:28 Wed
twitterfacebook
thumb

PSGで快適なパストーレ 「パリで神様のように感じている」

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するMFハビエル・パストーレは、現在の環境に居心地の良さを感じている。<br><br>パストーレは2009年から所属したパレルモで評価を高め、2011年にPSGへ移籍した。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』に対して、同選手が次のように述べている。<br><br>「PSGですごく良いフィーリングだ。僕たちは素晴らしいチームで、毎シーズンのようにトロフィーを獲得している。これより多くのことを求めることはできないね」<br><br>イタリア復帰は今のところ考えていない。<br><br>「先のことは誰にも分からない。ただ、イタリアのことは大好きだけど、今はパリで自分が神様のように感じている」<br><br>「PSG2年目に、ユベントスが僕の獲得に動いていた。そのときはいつもプレーしているわけではなく、ユヴェントスが獲得可能かを調べていたよ。ビッグクラブからの関心はいつも素晴らしいことだね。PSGに移籍する前は、インテル、ミラン、ローマといったクラブが獲得を望んでくれた。ただ、僕はあまり安くなかった。クラブは国外に得ることを望んでいたんだ」<br><br>提供:goal.com 2016.07.27 11:35 Wed
twitterfacebook
thumb

PSG、リオ五輪に臨むU-23アルゼンチン代表MFロ・セルソを獲得

▽パリ・サンジェルマンは26日、ロサリオ・セントラルのU-23アルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・セルソ(20)を獲得したと発表した。移籍金は発表されていないが、契約期間は2021年6月30日までの5年で、2016年12月31日までロサリオ・セントラルにレンタルの形で残留するとのことだ。 ▽トップ下を本職とする攻撃的MFのロ・セルソはユース時代を過ごしたロサリオ・セントラルで2015年7月にトップデビュー。2016シーズンはアルゼンチン・リーグで14試合に出場して2ゴールをマークしている。 ▽また、8月に開催されるリオデジャネイロ・オリンピックではアルゼンチン代表に選出されている。 ▽ウナイ・エメリ新監督を迎えたPSGでは今夏、MFハテム・ベンアルファ、MFグルゼゴルツ・クリホヴィアク、DFトーマス・ムニエを獲得しており、ロ・セルソは4人目の補強選手となった。 2016.07.27 02:06 Wed
twitterfacebook
thumb

ユベントス、ポグバ後釜にマテュイディ獲得を考慮

▽ユベントスが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFブレーズ・マテュイディ(29)の獲得を考慮しているようだ。フランス『レキップ』が報じた。 ▽ユベントスでは、フランス代表MFポール・ポグバのマンチェスター・ユナイテッド移籍が取りざたされている。『レキップ』が先日、1億2000万ユーロでの両者の合意を報じるなど、取引は非常に進展しているとみられる。 ▽伝えられるところによれば、ユベントスはポグバの後釜として、同じレ・ブルーのセントラルMFであるマテュイディに注目。PSGと2018年6月まで契約を交わしているマテュイディに関しては、ユナイテッド行きを含めて、今夏の移籍の可能性が取りざたされている。 2016.07.26 16:58 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース