超ワールドサッカー

ビッグクラブ注目のラベッシ、1月移籍の可能性はなし2015.12.31 18:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽今冬の移籍市場でビッグクラブが注目するパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWエセキエル・ラベッシ(30)だが、1月にクラブを離れる可能性はないようだ。同選手の代理人がイタリア『Radio CRC』で1月の残留を明言している。

▽今シーズン終了後にPSGとの契約が終了するラベッシには、500万ユーロ(約6億6000万円)の移籍金を用意しているといわれるバルセロナやリバプール、インテルなどの複数クラブが1月の獲得を狙っているとみられている。

▽しかし、ラベッシの代理人を務めるアレハンドロ・マッツォーニ氏は、1月の移籍の可能性を否定している。

「現時点で私には何の可能性もない。彼が1月に移籍する可能性はないだろう」

「PSGはチャンピオンズリーグで非常に良い可能性を持っている。そして、彼らはできる限り最高の結果を求めている。したがって、その障壁となるラベッシの1月の移籍を望んでいない」

「次の6月、彼は静かに自身の新天地を選ぶことになるだろう」

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッド、72億円オファーでマルキーニョス獲得を確信か

▽マンチェスター・ユナイテッドは、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表DFマルキーニョス(22)の獲得に自信を深めているのかもしれない。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽マルキーニョスはスピードと身体能力の高さを売りとするセンターバック。今夏にはユナイテッドのみならず、バルセロナやチェルシーからの関心も取り沙汰される人気銘柄の1人だ。 ▽そうした中、渦中のマルキーニョスは放出意思のないPSGから新契約のオファーを受けたものの、依然として進展なし。本人はプレミアリーグでの新たな挑戦に意欲を示しているようだ。 ▽報道によれば、ジョゼ・モウリーニョ監督は、DFエリック・バイリーを除き、現在のセンターバック陣を信頼しきれていないことから、守備陣補強の必要性を感じているとみられている。 ▽そこで、ポルトガル人指揮官は守備陣補強のメインターゲットとしてマルキーニョスの獲得を希望。クラブは移籍金5000万ポンド(約72億1000万円)での獲得を見込んでいるという。 2017.04.29 17:30 Sat
twitterfacebook
thumb

パリ・サンジェルマンが主力温存のモナコを5発粉砕…仏杯決勝進出《クープ・ドゥ・フランス》

26日にクープ・ドゥ・フランス準決勝が行われ、パリ・サンジェルマン(PSG)とモナコが対戦した。試合はホームのPSGが5-0と大勝している。<br><br>リーグ・アンではモナコに首位を譲るが、この日はPSGが前半から圧倒。7割近いポゼッションで試合を進め、26分に先制に成功する。アンヘル・ディ・マリアのミドルシュートをモナコGKモルガン・デ・サンクティスがファンブル。エディンソン・カバーニが詰めると、最後はユリアン・ドラクスラーが無人のゴールに押し込んだ。さらにその5分後、ディ・マリアの右足のクロスにカバーニがヒールで合わせ、今度はエースにゴールが生まれる。<br><br>前半を2点リードで終えたPSGは後半もゴールを重ねる。50分、52分に得点を挙げ、勝負を決めると、90分にマルキーニョスのゴールでさらにダメ押しした。<br><br>PSGはリーグ戦の鬱憤を晴らすようにモナコに快勝。モナコはラダメル・ファルカオ、キリアン・ムバッペ、ベルナルド・シルバらを温存して臨んだが、それで勝てるほど簡単な相手ではなかったようだ。なお、PSGは決勝でアンジェと対戦する予定。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.27 06:30 Thu
twitterfacebook
thumb

カバーニがPSGと2020年まで契約を延長!! 今季はリーグ戦32試合32ゴール

▽パリ・サンジェルマンは25日、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(30)との契約を2020年まで延長したことを発表した。 ▽2013-14シーズンにナポリからパリ・サンジェルマンに加入したカバーニは、移籍初年度にリーグ戦30試合16ゴールをマーク。その後も主力として活躍すると、エースだった元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが退団した今シーズンはリーグ戦32試合32ゴールで得点ランキングのトップを独走するなどチームを牽引している。 ▽なお、今季で4シーズン目を迎えているカバーニは、公式戦192試合で125ゴールをマーク。クラブの歴代最多得点はイブラヒモビッチの156ゴールとなっており、このペースならば契約満了時に新記録を更新できそうだ。また、カバーニはこれまでにリーグ・アン3連覇を含む11個ものタイトルを獲得している。 ▽カバーニはクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「契約を延長しPSGとの関係を続けられることを嬉しく思っているよ。今までも言っていたように、僕はパリでキャリアを続けたかった。このクラブのサポーターやスタッフは本当に素晴らしいからね」 「そしてこのクラブは目的を達成できるだけの力があると確信している。これからもお互いに野心を持って臨みたいね」 2017.04.26 08:41 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、メッシ希望のディ・マリア獲得に107億円オファー?

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(29)にスペイン復帰の可能性が浮上した。スペイン『Don Balon』によれば、バルセロナが獲得を狙っているようだ。 ▽伝えられるところによれば、バルセロナは今夏、元レアル・マドリーのアルゼンチン人アタッカー獲得に挑戦。移籍金9000万ユーロ(約107億5000万円)のオファーを用意し、ビッグディール成立を目指すという。 ▽どうやら、バルセロナ上層部は先のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグでPSGと対戦した際、ディ・マリアのプレーぶりに感銘。9000万ユーロという高額な移籍金を支払ってでも獲得する価値があると評価しているようだ。 ▽また、この移籍を巡っては、代表でディ・マリアとチームメートであるFWリオネル・メッシの希望が絡んでいる模様。クラブ上層部もエースの要望に沿うべく、ディ・マリア獲得へ本腰を入れる意向を示しているとのことだ。 ▽ディ・マリアは、2014年夏にレアル・マドリーからマンチェスター・ユナイテッドに移籍。2015年夏からPSGでプレーしている。元レアル・マドリー選手がバルセロナ移籍となれば議論を呼びそうだが、メッシの願いは叶うのだろうか。 2017.04.25 12:05 Tue
twitterfacebook
thumb

マンチェスター・U、パリSG若手DF獲得を目論む…移籍金は82億円?

マンチェスター・ユナイテッドは、今シーズン終了後にパリ・サンジェルマンのマルキーニョスを7000万ユーロ(約82億円)で獲得に動いていることが分かった。<br><br>リーグ・アン王者のパリ・サンジェルマンはキープレーヤーの一人であるマルキーニョスの売却に難色を示し、1億ユーロを積まれても今夏に移籍させる意思はないと考えられている。しかし、プレミアリーグのタイトル奪還を目指すマンチェスター・Uは、欧州屈指の若手ディフェンダーの獲得を熱望しており、年俸1000万ユーロのオファーを提示する準備を進めているとされている。<br><br>今夏守備陣の大刷新を敢行する可能性のあるジョゼ・モウリーニョ監督は、ケガがちのクリス・スモーリングとフィル・ジョーンズに疑問を抱いており、ダレイ・ブリントに至っては放出候補になっている。マルコス・ロホとエリック・バイリーはここ数週間安定したパフォーマンスを続けているため、そこにマルキーニョスを加え、強靭なディフェンスラインを構築したいと考えているようだ。<br><br>ユナイテッドは、まだ正式なオファーを提示しておらず、パリ・サンジェルマンも2013年にローマから獲得したマルキーニョスの放出を阻止するため徹底抗戦の構えを見せている。しかしパルク・デ・プランスで最高給取りの一人になるというブラジル代表DFの要求をクラブは渋っており、昨夏に契約延長の交渉を行った際、合意には達していなかった。<br><br>同選手の父親、マルコス・バロス氏は独占インタビューに対して「サラリーだけでの問題ではない。息子がチームのベストプレーヤーにどのようなるかが問題だ。PSGは彼がチームにとって最も重要な選手の一人であると証明する必要がある」と語っていた。<br><br>22歳にしてブラジル代表で17キャップを誇るマルキーニョスは、3月にパリ・サンジェルマンでプレーする喜びを語っていた。アドリアン・ラビオとマルコ・ヴェッラッティとともにクラブの将来を担うキープレーヤーと見なされているマルキーニョスは、来シーズンもパリの地でプレーを続けるのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2017.04.22 15:10 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース