ビッグクラブ注目のラベッシ、1月移籍の可能性はなし2015.12.31 18:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽今冬の移籍市場でビッグクラブが注目するパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWエセキエル・ラベッシ(30)だが、1月にクラブを離れる可能性はないようだ。同選手の代理人がイタリア『Radio CRC』で1月の残留を明言している。

▽今シーズン終了後にPSGとの契約が終了するラベッシには、500万ユーロ(約6億6000万円)の移籍金を用意しているといわれるバルセロナやリバプール、インテルなどの複数クラブが1月の獲得を狙っているとみられている。

▽しかし、ラベッシの代理人を務めるアレハンドロ・マッツォーニ氏は、1月の移籍の可能性を否定している。

「現時点で私には何の可能性もない。彼が1月に移籍する可能性はないだろう」

「PSGはチャンピオンズリーグで非常に良い可能性を持っている。そして、彼らはできる限り最高の結果を求めている。したがって、その障壁となるラベッシの1月の移籍を望んでいない」

「次の6月、彼は静かに自身の新天地を選ぶことになるだろう」

コメント

関連ニュース

thumb

セビージャ、D・アウベスを上回る史上最高額でクリホヴィアクを売却へ

セビージャはMFグジェゴシュ・クリホヴィアクをクラブ史上最高額で売却することを目指しているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>ヨーロッパリーグ3連覇やリーガエスパニョーラの放映権収入分配方法の改革によって選手売却の必要性がなくなり、&ldquo;売るクラブ&rdquo;から脱却しつつあるセビージャ。今夏の移籍市場では選手を放出する考えはなかったが、パリ・サンジェルマン(PSG)が狙うクリホヴィアクに関しては別のようだ。<br><br>PSGはセビージャから引き抜いたウナイ・エメリ監督の要請によって、クリホヴィアクの獲得に動いている。これを受けたセビージャのモンチSD(スポーツディレクター)は、移籍金3500万ユーロ+インセンティブ500万ユーロという条件での売却を目指すようだ。<br><br>移籍金+インセンティブの合計額は、クリホヴィアクの契約解除金より500万ユーロ少ない4000万ユーロ。もしインセンティブが支払われる場合には、DFダニエウ・アウベスをバルセロナに売却する際に得た3800万ユーロを上回り、セビージャ史上最高額での選手売却となる。<br><br>一方、バルセロナが獲得を狙っているとされるFWケヴィン・ガメイロについて、セビージャは契約解除金が支払われなければ放出を許容しない方針とみられる。ガメイロの契約解除金は、セビージャがPSGに求める額と同じ4000万ユーロとなっている。<br><br> <br>提供:goal.com 2016.06.25 23:40 Sat
twitterfacebook
thumb

PSG、クリホヴィアク獲得で個人間合意か? エメリ新監督に強力な援軍

▽パリ・サンジェルマン(PSG)が、セビージャのポーランド代表MFグルゼゴルツ・クリホヴィアク(26)と個人間合意に至った模様だ。ポーランド『Przeglad Sportowy』が報じている。 ▽今週末にもウナイ・エメリ新監督誕生が迫るPSGは、同監督と共にセビージャのヨーロッパリーグ連覇に貢献したクリホヴィアクの獲得にも迫っているようだ。 ▽『Przeglad Sportowy』の伝えるところによれば、クリホヴィアクはPSGとの4年契約にサインすることで合意しているという。また、スペイン『マルカ』は、23日にPSGの幹部がセビージャを訪問し、同選手の移籍に向けた話し合いをスタートしたと報じている。 ▽ただ、現時点でセビージャ側に売却の意思はなく、PSGとしては4500万ユーロ(約51億1000万円)に設定されているといわれる契約解除金を支払う必要があるようだ。 ▽なお、クリホヴィアクはボルドーでプロキャリアをスタートし、セビージャに移籍するまではスタッド・ランスでプレーしており、リーグ・アンへの適応は全く問題ない。リーグ・アン初挑戦となるエメリ新監督にとっては、自身の戦術とリーグ・アンを知り抜くクリホヴィアクの加入が決定すれば、強力な援軍となるはずだ。 2016.06.25 01:18 Sat
twitterfacebook
thumb

元フランス代表MFクレマン・シャントームがレンヌと3年契約

▽スタッド・レンヌは23日、元フランス代表MFクレマン・シャントーム(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2019年6月30日までの3年契約となる。 ▽パリ・サンジェルマンの下部組織出身のシャントームは、2006年にトップチームデビュー。中盤をマルチにこなす応用力と高い技術が評価され、在籍9シーズンで公式戦217試合に出場するなど活躍を見せたが、2011年から始まった大型補強の影響で徐々に出場機会が減らすと、2013-14シーズンにはトゥールーズへのレンタル移籍を決断。その後、一度はパリ・サンジェルマンに復帰するも、2015年1月にボルドーに完全移籍した。 ▽なお、ボルドーとの契約も今月末で満了を迎えるため、フリートランスファーでの加入となる。 2016.06.24 16:00 Fri
twitterfacebook
thumb

解任決定報道のブラン監督の違約金は2200万ユーロ

▽フランス『レキップ』は23日、パリ・サンジェルマン(PSG)がローラン・ブラン監督(50)と契約解消に至ったと報じている。その違約金は2200万ユーロ(約26億4000万円)とのことだ。 ▽2013年にカルロ・アンチェロッティ監督の後任としてPSGの新監督に就任したブラン監督は、巨大戦力を武器に在任3シーズンでリーグ3連覇を含め、11個のタイトル獲得に導いた。そして、今年2月に2018年6月まで契約を延長していた。しかし、クラブの悲願であるチャンピオンズリーグの舞台ではベスト8の壁を破ることができず。かねてより指摘される采配能力の低さに加え、ビッグマッチにおける勝負強さが目立っていた。 ▽この現状を受けて、クラブは現在セビージャでヨーロッパリーグ3連覇を達成したウナイ・エメリ氏(44)の新監督招聘に動いている。 2016.06.24 04:20 Fri
twitterfacebook
thumb

マクスウェル、PSG残留 2017年まで契約延長

パリ・サンジェルマン(PSG)は21日、クラブの公式ウェブサイトで、DFマクスウェル(34)との契約を2017年まで1年延長したことを発表した。<br><br>2012年1月にバルセロナから移籍したマクスウェルは、PSGで公式戦181試合に出場してきた。12のタイトル獲得に貢献し、リーグ・アンの年間最優秀左サイドバックに3回選出されている。<br><br>マクスウェルはクラブの公式ウェブサイトで、次のように契約延長を喜んだ。<br><br>「契約を延長できて、とてもうれしいよ。僕は選手たちやクラブのすべての人と非常にうまくやっているんだ。物語は続く。非常にうれしいよ。チームを前進させたい。まずはチームのことを考えるんだ。僕らは競い続ける。すべてのコンペティションで、できるだけのところまでいきたい。できるだけ多くのタイトルを獲得したいんだ。クラブはそれに値する」<br><br>また、ナセル・アル・ケライフィ会長も次のようにマクスウェルの契約延長に喜びを表している。<br><br>「マクスウェルがクラブに残るのはとてもうれしい。我々のファンは常に彼の模範的な振る舞いをたたえてきた。クラブも誇りに思う。この4年半、マクスウェルは我々に多くの満足をもたらしてくれた」<br><br>「彼は素晴らしい人としてのクオリティーを持つ選手だ。ピッチの外でも我々にとって非常に重要なんだよ。PSGで多くのタイトルを獲得してきた彼だが、来季も我々の野心を満たす助けとなり続けてくれるだろう」<br><br><br>提供:goal.com 2016.06.22 03:36 Wed
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース