“疑惑のPK”を振り返るメッシ「僕にはわからない」2015.12.31 08:45 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、30日に行われたリーガエスパニョーラ第17節のベティス戦を振り返り、自身が獲得した“疑惑のPK”について言及した。スペイン『マルカ』が報じている。

▽ホームにベティスを迎えたバルセロナは、28分にブスケッツの浮き球に反応したメッシがGKアダンと接触し、PKを獲得する。このPKの流れから相手のオウンゴールを誘発し、バルセロナが先制点を奪った。

▽しかしこのPKの場面、GKアダンはメッシと交錯する前にボールをはじき出している。そのため、ベティスはファウルではないと主張。さらに、主審に激しく抗議を行ったペペ・メル監督が退席処分となった。

▽試合後のインタビューに応じた当事者のメッシは次のように語っている。

「正直に言うと、僕にはわからないよ。僕が彼と衝突したことは確かで、それ以外はわからない。彼が飛び出てきているのを見ていなかったんだ。僕はボールを胸でコントロールしてシュートをしようと思っていた。だからあの状況についてはよくわからない」

▽なお、バルセロナはベティスに4-0と快勝し、リーガエスパニョーラ首位で2015年を終えた。

コメント

関連ニュース

thumb

ラキティッチ、移籍示唆騒動をバッサリ 「僕の代理人は一人しかいない」

バルセロナMFイヴァン・ラキティッチは、代理人が移籍を示唆したとされる騒動に終止符を打った。発言が注目されたミケル・ソルス氏は自身の代理人ではないと主張している。<br><br>FIFA公認代理人であるソルス氏が、『ツイッター』で「出て行くべきときだと思う&hellip;」と短くつぶやいたことで、これがラキティッチの移籍の可能性を示唆するものではないかとして受け止められていた。<br><br>ソルス氏はラキティッチの代理人であるアルトゥーロ・カナルス氏の協力者のひとりだとされているが、一部では「ラキティッチの代理人」とも報じられた。その後ソルス氏は、このツイートはラキティッチに関連するものではなかったと話している。<br><br>だが、そもそもソルス氏はラキティッチの移籍を示唆するような立場にはないということを同選手は明確にした。SNSで次のようにコメントしている。<br><br>「新シーズンに向けて準備を整えている。本当にやる気十分だ。ところで、僕の代理人はアルトゥーロ・カナルスだけだよ」<br><br>MFアンドレ・ゴメスの加入が決まったこともあり、中盤の競争は激しくなることが予想されるが、ラキティッチは引き続きバルセロナでプレーを続けていくことを望んでいるようだ。<br><br>提供:goal.com 2016.07.23 16:30 Sat
twitterfacebook
thumb

メッシの代表復帰を予想するL・スアレス 「メッシのいないアルゼンチンは想像できない」

バルセロナFWルイス・スアレスは、チームメートのFWリオネル・メッシがアルゼンチン代表引退を撤回することを望むとともに、撤回することになるという予想も口にしている。<br><br>コパ・アメリカ・センテナリオ決勝で敗れて準優勝に終わったあと、メッシはアルゼンチン代表からの引退の意志を表明した。代表でのタイトルを逃し続けた失意からか、29歳にして国際舞台を去るという決断だ。<br><br>だがL・スアレスは、メッシのいないアルゼンチン代表は想像できないと語る。22日の会見でのコメントをスペイン複数メディアが伝えた。<br><br>「正直に言えば、想像できない。想像もできないし、そうなってほしいとも思わない。友人としても、サッカーを愛する一人のファンとしても、彼が代表チームでプレーを続ける姿を見たいと思う」<br><br>「彼がここに来たときにはスペイン人になることを望まれていたが、アルゼンチンを選んだ。アルゼンチンに対して彼が抱いている愛情に疑いの余地はない。彼の状況を理解することも必要だけど、考え直して復帰することになると思うよ」<br><br>メッシはレアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドを抑えて今年のFIFAバロンドールを受賞するともL・スアレスは予想している。<br><br>「(C・ロナウドに)アドバンテージがあるのかどうかは分からない。彼はチャンピオンズリーグとユーロで優勝したけど、僕にとっては議論の余地はないことだ。レオは圧倒的に世界最高の選手だよ」<br><br>「アルゼンチン代表で勝つことはできなかったが、バルサではほぼすべてを勝ち取った。そういう数字が彼のバロンドール受賞を保証している」<br><br>提供:goal.com 2016.07.23 15:00 Sat
twitterfacebook
thumb

バルセロナ「第4のFW」はラカゼットに…? SNS上での動きが注目される

バルセロナが探し続けている「第4のFW」は、リヨンFWアレクサンドル・ラカゼットになるのだろうか? SNS上での同選手の動きに注目が集まっている。<br><br>FWリオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールのバックアップを務める4人目のFWを探しているバルセロナだが、補強は実現に至っていない。アトレティコ・マドリーFWルシアーノ・ビエットやセビージャFWケビン・ガメイロなどが候補に挙がりながらも、交渉は難航しているようだ。<br><br>一昨シーズンのリーグアン得点王であるラカゼットも新戦力候補の一人だとされるが、同選手の移籍先としてはアーセナルが有力ではないかとも言われる。<br><br>そんな中、ラカゼットが『ツイッター』でバルセロナの公式アカウントのフォローを開始したことが話題となっている。ラカゼットがこれまでフォローしていたサッカークラブは、自身の所属するリヨンのみだった。<br><br>ラカゼットは、この夏バルセロナに加入した同じフランス人のDFサミュエル・ユムティティ(元リヨン)やDFルーカス・ディーニュのアカウントも以前からフォローしている。あえてこの時期にバルセロナをフォローし始めたことに、何か特別な意味はあるのだろうか&hellip;?<br><br>提供:goal.com 2016.07.23 13:04 Sat
twitterfacebook
thumb

A・ゴメス加入の影響? 代理人がラキティッチの移籍示唆と騒がれたが…

MFアンドレ・ゴメスが加入したことが、MFイバン・ラキティッチの退団につながる可能性もあるのだろうか。代理人のひとりが意味深なツイートでその可能性を示唆したとの憶測が持たれた。<br><br>バルセロナは21日に、バレンシアからA・ゴメスを獲得することが合意に達したと発表した。レアル・マドリーへの移籍が近いとも報じられていたポルトガル代表MFを素早く奪い取った形だ。<br><br>スペイン王者の中盤の層はさらに厚くなるが、ラキティッチの周辺はこれを快く受け入れてはいないのかもしれない。同選手の代理人であるアルトゥーロ・カナルス氏と協力関係にあるというミケル・ソルス氏が、「出て行くべきときだと思う&hellip;」と短くツイートしたことが注目されることになった。<br><br>バルサと2019年までの契約を結んでいるラキティッチは、クラブと契約延長に向けた交渉を行いながらも、サインには至っていない。ツイートには、新契約に向けてバルセロナにプレッシャーをかける意図もあったのだろうか。<br><br>だがその後ソルス氏は、自身のツイートはラキティッチの移籍の示唆ではなかったと主張している。次のように説明を行ったとスペイン『スポルト』が伝えた。<br><br>「誰かについて言及したわけではなかった。単に&rdquo;オーバーブッキング&rdquo;のことを言ったのであり、それ以上のことはない。我々はここにいることに満足している。単なる個人的意見だ。この話はそれで終わりだ」<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.22 20:31 Fri
twitterfacebook
thumb

欧州5大リーグ王者&香川、岡崎、本田、長友が登場! ICCが7月22日に開幕

バルセロナ、レスター、ユベントスにバイエルン&hellip;&hellip;。新シーズンへ向けた準備が本格化する中、各国の強豪クラブが集う『インターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)』が22日に開幕する。<br><br>同大会は世界各国の強豪クラブが参加するプレシーズン大会。試合は欧州、アメリカ、オーストラリア、中国と、各国にまたがって行われる。参加するクラブは欧州5大リーグのチャンピオン(バルセロナ、レスター、ユベントス、バイエルン、パリ・サンジェルマン)に加え、レアル・マドリー、アトレティコ・マドリー、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、チェルシー、ドルトムント、インテル、ミランといった各国の強豪クラブがずらり名を連ねている。<br><br>新シーズンへ向けたテストの意味合いが強いため、各クラブの様々な面が見られることが見どころの一つだ。新指揮官に率いられたチームがどのようなシステムを用いてくるのか、新加入のプレーヤーはフィットするのか&hellip;&hellip;。また、普段は下部組織に所属する若手プレーヤーが起用されることが多く、見る側としては才能あるプレーヤーを&ldquo;青田買い&rdquo;する楽しみもある。<br><br>日本人選手を見てみると、レスターに所属する岡崎慎司、ドルトムントの香川真司、インテルの長友佑都、ミランの本田圭佑が参加。香川は7月22日に古巣マンチェスター・ユナイテッドと、レスターは8月3日にバルセロナと対戦する予定と、見どころ満載の対戦カードが組まれている。<br><br>なお、ICCは『GOAL TV』で無料放送される予定だ。『GOAL TV』の放送は、今夏に開始予定の新スポーツ映像サービス『DAZN』の協力で提供している。<br><br><br>提供:goal.com 2016.07.22 16:58 Fri
twitterfacebook


ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース