“疑惑のPK”を振り返るメッシ「僕にはわからない」2015.12.31 08:45 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、30日に行われたリーガエスパニョーラ第17節のベティス戦を振り返り、自身が獲得した“疑惑のPK”について言及した。スペイン『マルカ』が報じている。

▽ホームにベティスを迎えたバルセロナは、28分にブスケッツの浮き球に反応したメッシがGKアダンと接触し、PKを獲得する。このPKの流れから相手のオウンゴールを誘発し、バルセロナが先制点を奪った。

▽しかしこのPKの場面、GKアダンはメッシと交錯する前にボールをはじき出している。そのため、ベティスはファウルではないと主張。さらに、主審に激しく抗議を行ったペペ・メル監督が退席処分となった。

▽試合後のインタビューに応じた当事者のメッシは次のように語っている。

「正直に言うと、僕にはわからないよ。僕が彼と衝突したことは確かで、それ以外はわからない。彼が飛び出てきているのを見ていなかったんだ。僕はボールを胸でコントロールしてシュートをしようと思っていた。だからあの状況についてはよくわからない」

▽なお、バルセロナはベティスに4-0と快勝し、リーガエスパニョーラ首位で2015年を終えた。

コメント

関連ニュース

thumb

ヒホンに5-0大勝のバルサ、ルイス・エンリケはS・ロベルトを称賛 「バルサにとって最高の右サイドバック」

24日のリーガエスパニョーラ第6節、バルセロナは敵地モリノンでのスポルティング・ヒホン戦で5&minus;0の大勝を収めた。しかしルイス・エンリケ監督は試合後、この結果が「過剰」なものであるとの見解を示している。<br><br>スペイン『ムンド・デポルティボ』がアストゥリアス出身指揮官のコメントを伝えた。<br><br>「5&minus;0は人をだましている過剰な結果だ。簡単な、容易な試合だったと伝えているようだからね。けれども、現実とは程遠い。前半のスポルティングは、攻撃を勢い付けることを許してくれなかった。良質なアクションからゴールが生まれ、2&minus;0でハーフタイムを迎えられはしたがね」<br><br>「後半の立ち上がり、我々は必要とされたインテンシティーを欠いたために、とても脆かった。ハーフタイムに決着をつけにいかなくてはならないと話し合ったが、そうできずスポルティングに可能性を与えてしまったんだ。ロラが退場するまで試合の行方は分からなかった。改善していかなくてはね」<br><br>一方、右サイドバックとして再び好パフォーマンスを披露したDFセルジ・ロベルトについては、次のように語っている。<br><br>「バルサにとって、彼よりも最高の右サイドバックはいない。彼がそのポジションを気に入り始めているならば、うれしい限りだよ。今日の我々は、引いて守る相手にサイドで素晴らしいプレーを見せられた」<br><br>またこの試合の両インサイドハーフ、MFアンドレス・イニエスタ、MFアルダ・トゥランにも触れた。<br><br>「私は様々な選択肢を手にしている。今日は左サイドでディーニェ、アルダ、ネイ(マール)が三角形をつくり、右はセルジ、ラフィーニャ、アンドレだった。とてもよく機能していたよ。アルダ、アンドレのような選手がチームにいるのは、じつに魅惑的なことだ」<br><br>最後に、古巣であり、心のクラブであるスポルティングについての見解を示している。<br><br>「スポルティングはとても良い感じだと見ている。現段階で勝ち点7を獲得しているというのは、自信につながるはずだよ。しかし13人の新加入選手はチームに適応しなければならない。目標は残留だが、良いスタートを切ったからと言って簡単な目標と考えてはいけないんだ。そう考えるのは馬鹿正直というものだろう」<br><br>提供:goal.com 2016.09.25 11:00 Sun
twitterfacebook
thumb

フィリペを「ピエロ」と呼んだスアレス、今度はアモレビエタに「臆病者」

21日のリーガエスパニョーラ第5節アトレティコ・マドリー戦で、同チームDFフィリペ・ルイスを「ピエロ」と呼んだバルセロナFWルイス・スアレスだが、24日の第6節スポルティング・ヒホン戦ではDFフェルナンド・アモレビエタを「臆病者」呼ばわりしている。スペイン『マルカ』が報じた。<br><br>ルイス・スアレスはアトレティコ戦で、激しくやり合っていたフィリペが倒れた際に「ダイブしただろ。ピエロが」と叫んだ。その後にフィリペはSNSを通じて足に負った傷を公開し、スアレスが「サッカーは男のスポーツ、すべての出来事はピッチに置いていくべき。一々写真を掲載していれば、それはサーカスだ」と反論していた。<br><br>この両者のやり取りは大きな話題となったが、スアレスはその3日後にまた違う選手とやり合った。今度の相手は、アモレビエタである。スアレスはスポルティング戦で、自身をマークするアモレビエタに対して「臆病者が」と何度も口にし、両者は一触即発のムードに。審判が一度試合を止めて、冷静になるよう指示するに至っている。<br><br>今回の一件は、ピッチに置かれたままとなるのだろうか&hellip;。<br><br>提供:goal.com 2016.09.25 10:15 Sun
twitterfacebook
thumb

メッシ不在を払しょくする大勝!! スアレス先制弾にネイマール2ゴールのバルサが5発快勝!!《リーガエスパニョーラ》

▽24日にリーガエスパニョーラ第6節のスポルティング・ヒホンvsバルセロナがエル・モリノンで行われ5-0でバルセロナが勝利した。 ▽前節のアトレティコ・マドリー戦を引き分けで終えたバルセロナが、2連敗中のスポルティング・ヒホンと敵地で対戦した。バルセロナはエースのメッシがアトレティコ戦で負傷したため、今回の一戦はベンチ外となっている。前線はスアレスを頂点にネイマールとラフィーニャが3トップを形成。中盤ではイニエスタがベンチに置かれ、アンドレ・ゴメスがスタメン出場となった。 ▽試合はバルセロナがポゼッションを高く保つ中、スポルティング・ヒホンは高い位置からボールを奪いに行く。しかし徐々にバルセロナが相手陣内に攻め込んでいくと、14分には、ボックス内でのアルダの折り返しを胸トラップでコントロールしたネイマールがバイシクルで狙うなどゴールに迫っていく。 ▽一方のスポルティング・ヒホンは19分にチャンス。テア・シュテーゲンがロングボールを飛び出して処理しようとした際にボックスを飛び出してしまい、間接FKを獲得。しかしV・ロドリゲスが壁に当てようとしたシュートはアルダがはじき返してゴールとはならなかった。 ▽バルセロナも27分にカウンターからチャンスを作る。ネイマールのスルーパスに反応したスアレスがボックス左からマイナスのパスを入れると、最後はアンドレ・ゴメスがキックフェイントから左足を振りぬいたが、ここは枠を捉えきれずこちらもチャンスを決めきれない。 ▽しかし29分にスアレスが試合を動かす。アルダの浮き球のパスに反応したスアレスが、飛び出したクエジャールより先にボールをコントロールし、最後は無人のゴールへとシュートを流し込んだ。さらに32分には右サイドバックのセルジ・ロベルトが高い位置から鋭いクロスを入れると、ニアサイドのラフィーニャが頭で押し込んで追加点を奪った。 ▽結局前半はバルセロナが2点リードで終えると、後半も試合の主導権を握る。54分にはラフィーニャがボックス右から入れたグラウンダーのクロスにスアレスがニアサイドで合わせるなど追加点を奪いにかかった。スポルティング・ヒホンも55分にV・ロドリゲスがボックス手前でボールを受けて縦に仕掛けてシュートに持ち込むが、ここはピケが対応してショットブロックを見せる。 ▽65分を過ぎる頃には試合が停滞していく。するとバルセロナは、ブスケッツを下げてデニス・スアレスを投入し、アンドレ・ゴメスをアンカーに置く。さらに71分にはスアレスを下げてアルカセルを投入した。 ▽迎えた74分に右サイドを抜け出したセルジ・ロベルトに対してA・ロラが後方からタックルを見舞う。このプレーでA・ロラは2枚目のイエローカードを受けて退場となり、バルセロナは数的優位に立った。スポルティング・ヒホンは77分にV・ロドリゲスを下げてバルセロナからレンタル移籍で加入しているドウグラスを投入する。 ▽81分にもバルセロナが追加点を奪う。右サイドのセルジ・ロベルトが入れたグラウンダーのクロスにアルカセルがニアで合わせる。これは右ポストを叩くも、こぼれ球を拾ったネイマールが流し込んだ。さらに85分には、再びセルジ・ロベルトのピンポイントクロスをフリーとなっていたアルダが頭で流し込み、バルセロナが4-0として試合の大勢は決した。 ▽バルセロナは88分にもデニス・スアレスのスルーパスを受けたネイマールがこの日2点目を奪取。メッシ不在が不安視されていたバルセロナだが、5発大勝を飾った。 2016.09.25 01:08 Sun
twitterfacebook
thumb

シュワちゃんがバルサの練習を訪問

▽俳優で元カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツェネッガー氏(69)が、23日にバルセロナの練習場を訪れた。バルセロナ公式サイトが伝えている。 ▽シュワルツェネッガー氏は、ボディビルのイベントに参加するためにバルセロナを訪れているとのことで、練習場を訪問。チーム練習の前にMFセルヒオ・ブスケッツ、MFハビエル・マスチェラーノ、FWネイマールらと歓談したとのことだ。 ▽また、シュワルツェネッガー氏はDFジョルディ・アルバ、MFデニス・スアレス、MFラフィーニャ、FWパコ・アルカセルとも会ったとのことだ。クラブ施設を案内されたシュワルツェネッガー氏は、名前入りのユニフォームをプレゼントされ、笑顔で選手とポーズをとった。 ▽なお、バルセロナは24日に行われるリーガエスパニョーラ第6節でスポルティング・ヒホンと対戦する。シュワルツェネッガー氏に刺激を受けた選手たちのパフォーマンスに注目だ。 2016.09.24 18:17 Sat
twitterfacebook
thumb

負傷離脱のメッシ、ボルシアMG&ファンに感謝 「強くなって戻ってくる」

▽バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが23日、自身のフェイスブックを更新。サポーターにメッセージを送った。 ▽メッシは、21日に行われたリーガエスパニョーラ第5節のアトレティコ・マドリー戦(1-1のドロー)で右足を負傷。途中交代を余儀なくされた。その後、3週間の離脱がクラブによって発表された。 ▽メッシは、ファンに加えて、チャンピオンズリーグのグループステージで対戦する敵ながらメッセージを寄せてくれたボルシアMGに以下のように感謝の言葉を綴った。 「ボルシアMGが寄せてくれた僕に対するサポートメッセージに感謝する! もちろん、僕の復帰を願ってくれた全員にも感謝したい。今の僕は、数日間休まなくてはならない。もっと強くなって戻ってくるよ」 2016.09.24 11:00 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース