“疑惑のPK”を振り返るメッシ「僕にはわからない」2015.12.31 08:45 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、30日に行われたリーガエスパニョーラ第17節のベティス戦を振り返り、自身が獲得した“疑惑のPK”について言及した。スペイン『マルカ』が報じている。

▽ホームにベティスを迎えたバルセロナは、28分にブスケッツの浮き球に反応したメッシがGKアダンと接触し、PKを獲得する。このPKの流れから相手のオウンゴールを誘発し、バルセロナが先制点を奪った。

▽しかしこのPKの場面、GKアダンはメッシと交錯する前にボールをはじき出している。そのため、ベティスはファウルではないと主張。さらに、主審に激しく抗議を行ったペペ・メル監督が退席処分となった。

▽試合後のインタビューに応じた当事者のメッシは次のように語っている。

「正直に言うと、僕にはわからないよ。僕が彼と衝突したことは確かで、それ以外はわからない。彼が飛び出てきているのを見ていなかったんだ。僕はボールを胸でコントロールしてシュートをしようと思っていた。だからあの状況についてはよくわからない」

▽なお、バルセロナはベティスに4-0と快勝し、リーガエスパニョーラ首位で2015年を終えた。

コメント

関連ニュース

thumb

ネイマール父親「レアル・マドリーが息子を獲得する可能性はゼロにしかなり得ない」

バルセロナFWネイマールの父親は、息子がレアル・マドリーに移籍する可能性が「ゼロ」であることを強調している。<br><br>バルセロナとの契約延長交渉に臨みながらも、移籍の可能性も絶えず噂され続けるネイマール。その移籍先候補には、バルセロナの宿敵レアルも挙げられているが、同選手の父親は&ldquo;禁断の移籍&rdquo;があり得ないこととしている。<br><br>ネイマールの父親は、『フォックス・ブラジル』とのインタビューで次のように語った。<br><br>「マドリー移籍だって? その可能性はゼロにしかなり得ない」<br><br>「いずれにしろ、ネイマールが所属しているのはバルセロナだ。ネイマールと契約を結んでいるのはあのクラブであり、どのようなオファーも彼らを通じて届かなければならない」<br><br>またネイマールの代理人ワグネル・リベイロ氏が、パリ・サンジェルマンと同選手の移籍に関する話し合いの場をもったとの噂についても言及している。<br><br>「私を抜かして、息子のキャリアについて話せる権限を持つのは息子自身だ。ワグネルに関して言えば、彼が取り扱っている選手は息子だけじゃないんだよ」<br><br> <br>提供:goal.com 2016.06.25 22:35 Sat
twitterfacebook
thumb

絶対的選手はメッシだけ…バルサ、ネイマール側が年俸1500万ユーロ以上を求める場合には放出も

FWネイマールとの契約延長交渉に臨んでいるバルセロナだが、求められる年俸が1500万ユーロを超える場合には、同選手を放出する考えもある模様だ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。<br><br>契約延長交渉は円滑に進んでいるとされるが、バルセロナ側はネイマールの新年俸の上限を1500万ユーロとしており、今後それ以上の額を求められても応じる気はない様子だ。<br><br>『ムンド・デポルティボ』によれば、バルセロナはクラブの絶対的選手がFWリオネル・メッシのみと捉えており、ネイマールの後釜獲得は可能であると考えているという。ネイマールの契約解除金は1億9200万ユーロに設定されているが、バルセロナは実際に同額で選手を売却する場合には、その収入を基にしてアトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマン、ユベントスFWパオロ・ディバラ、バイエルンMFドグラス・コスタらの獲得に動くことを考慮に入れているとのことだ。<br><br>『ムンド・デポルティボ』によれば、現在ネイマールの父親と交渉を行っているバルセロナ幹部ラウール・サンジェイ氏は、「ネイマールはメッシではない」というクラブの考えを、直接的な表現ではないながらも父親に伝えた模様。年俸として1500万ユーロ以上を求めないよう、けん制している状況のようだ。<br><br> <br>提供:goal.com 2016.06.25 22:34 Sat
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーもガブリエウ・ジェズスに関心? 宿敵バルセロナと争奪戦か

バルセロナが獲得に関心を抱いていることが報じられてきたパルメイラスFWガブリエウ・ジェズスだが、最大のライバルとの争奪戦となるかもしれない。レアル・マドリーも同選手の獲得を望んでいるとスペイン『マルカ』は伝えている。<br><br>19歳のガブリエウ・ジェズスはブラジル五輪代表としてリオデジャネイロ・オリンピック出場が見込まれ、A代表入りも近いとみられる逸材。バルセロナは移籍金1900万ユーロ+出来高500万ユーロのオファーを出したと報じられており、クラブ幹部がたびたび視察に訪れていたことはパルメイラスのクカ監督も認めている。<br><br>だが、マドリーも本格的にブラジルの新星を獲りに行くことになるのかもしれない。ガブリエウ・ジェズスの契約には、マドリーやバルサなどを含む欧州ビッグクラブからのオファーを対象とした2400万ユーロの契約解除金が設定されており、マドリーはこの金額を支払う意志があるのだという。<br><br>スペイン2強のほかにもマンチェスター・シティや、ユベントスなどもガブリエウ・ジェズスに目をつけているのではないかと言われる。今後の移籍市場での動向が注目されることになりそうだ。<br><br>『マルカ』は、ブラジル人選手特有の複雑な権利関係が交渉を難航させる可能性も指摘している。ガブリエウ・ジェズスの保有権の55%は代理人、30%はパルメイラス、15%は選手本人が保有しているという。<br><br> <br>提供:goal.com 2016.06.25 15:40 Sat
twitterfacebook
thumb

2009-10以降で直接FK成功率が最も高いのは?…CR7、メッシ、パイエ、ベイルで比較

▽現フットボール界最高のフリーキッカーは誰なのだろうか。イギリス『スカイ・スポーツ』は23日、フリーキックの名手としても名高い4選手をピックアップし、フットボールデータサイト『WhoScored.com』のもとに、それぞれのデータを紹介した。 ▽比較対象として紹介されたのは、FWクリスティアーノ・ロナウド、FWリオネル・メッシ、MFディミトリ・パイエ、MFガレス・ベイルの4選手。各々が2009-10シーズン以降にクラブで記録したデータが紹介されている。 ▽最も肝心な成功率だけを見ると、ここ最近、フリーキッカーとしての存在感を失いつつあるC・ロナウドが依然として8.5%でトップ。次点に7.8%のメッシ、6.3%のパイエ、3.6%のベイルが続く結果となった。 ◆<B>クリスティアーノ・ロナウド</B>(ポルトガル/レアル・マドリー) 回数:141 / 得点:12 / 枠内:31.9% / 成功率:8.5% ◆<B>リオネル・メッシ</B>(アルゼンチン/バルセロナ) 回数:232 / 得点:18 / 枠内:32.3% / 成功率:7.8% ◆<B>ディミトリ・パイエ</B>(フランス/ウェストハム) 回数:63 / 得点:4 / 枠内:46% / 成功率:6.3% ◆<B>ガレス・ベイル</B>(ウェールズ/レアル・マドリー) 回数:3 / 得点:83 / 枠内:26.5% / 成功率:3.6% 2016.06.24 09:30 Fri
twitterfacebook
thumb

パルメイラス監督、バルサが狙う19歳に残留を勧める 「出場機会が…」

パルメイラスのクカ監督は、FWガブリエウ・ジェズスにバルセロナが関心を示していることを認めつつ、期待の若手アタッカーに対して残留を勧めている。<br><br>次世代のスター選手として大きな注目を集める19歳のガブリエウ・ジェズスに対しては、バルセロナがオファーを出した模様だとスペインメディアで報じられていた。ほかにもマンチェスター・シティなど複数クラブの関心が噂されている。<br><br>22日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ第10節アメリカRN戦(2-0)でガブリエウ・ジェズスは2得点を記録したが、バルセロナのラウール・サンジェイFD(フットボールディレクター)がこの試合を観戦に訪れていたという。クカ監督もそれを認め、試合後に次のように述べたとしてスペイン『スポルト』が伝えた。<br><br>「アメリカ戦を見に来ていたことは知っているが、今日だけのことではない。しばらく前から、別の試合も見に来ていたよ」<br><br>だが指揮官は、出場機会の確保が見込まれるパルメイラスに残って成長を続けるようガブリエウ・ジェズスに促している。<br><br>「バルセロナへ行かないとしても、別のクラブへ行く可能性もありそうだ。彼はパルメイラスにいた方が出場機会を得られるチャンスがはるかに多い。ブラジル代表にとって重要な選手になることもできるだろう」<br><br>「私がガブリエウ・ジェズスの父親なら、今移籍はさせないね。現時点ではバルサでプレーできる可能性は低いからだ。誰の代わりにプレーすると言うんだ? ここには彼の場所がある。レギュラーとして勝利を得ているんだ」<br><br> <br>提供:goal.com 2016.06.23 10:32 Thu
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース