FC東京が湘南の正守護神GK秋元陽太を完全移籍で獲得2015.12.30 17:50 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽FC東京は30日、湘南からGK秋元陽太(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。

▽横浜FMユース出身の秋元は、2006年にトップチームデビュー。2012年に愛媛へ移籍し、2014年から湘南でプレーしていた。2015シーズンは、正守護神としてリーグ戦全試合に出場している。

▽秋元は、FC東京の公式サイトを通じて意気込みを語っている。

「湘南ベルマーレから加入することになりました、秋元陽太です。チームに新たな影響をもたらすことができるように全力でプレーし、FC東京の勝利に貢献できるよう精一杯頑張ります。応援よろしくお願いします」

▽一方、湘南の公式サイトでは悩み抜いた上での決断だったことを明かし、サポーターに感謝の思いを綴っている。

「この度、FC東京へ移籍することになりました。決断に至るまで、これまでの人生で一番というくらい悩みましたが、最後は自分自身で決断をしました」

「この2年間、チームとしてはJ1昇格、そしてJ1で8位という結果を得られたこと、また個人としても自分が成長したことを実感し、初めて人にもそう言えるくらいの自信をつけることができました。また、サッカーの面においてはもちろんのこと、練習に対する意欲や準備、そしてチームメイトから日々様々なことを学びいい刺激を受け多くのことを得た2年間でした。」

「サポーターの皆さんには、2年間、本当に温かいご声援をいただきありがとうございました。皆さんの声援があったからこそ、苦しい時も乗り越えることができました。試合が終わった後に皆さんが掛けてくれる言葉が自分自身の大きなモチベーションになっていました。本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

9月に引き続き招集されたFC東京DF丸山祐市「しっかりと結果を求めて戦いたい」《ロシアW杯アジア最終予選》

▽日本サッカー協会(JFA)は29日、10月6日、11日に行われるロシア・ワールドカップ (W杯)アジア最終予選に臨む日本代表メンバーを発表した。 ▽9月の最終予選に引き続き日本代表に招集されたFC東京のDF丸山祐市がコメント。結果を求めて戦うと意気込みを語った。 <span style="font-weight:700;">◆DF丸山祐市(FC東京)</span> 「日本代表のメンバーに選んでいただき光栄です。アジア最終予選なので、しっかりと結果を求めて日本のために戦いたいと思います。まずはホームで迎える一戦目を大事に戦い、二戦目のアウェイでもしっかりと結果を残せるようにいい準備をしたいと思います」 2016.09.29 15:39 Thu
twitterfacebook
thumb

イラク戦が重要だと考えるFC東京DF森重真人「しっかりと勝利して良い流れを作りたい」《ロシアW杯アジア最終予選》

▽日本サッカー協会(JFA)は29日、10月6日、11日に行われるロシア・ワールドカップ (W杯)アジア最終予選に臨む日本代表メンバーを発表した。 ▽9月の最終予選に引き続き日本代表に招集されたFC東京のDF森重真人がコメント。初戦が重要だとの見解を示した。 <span style="font-weight:700;">◆DF森重真人(FC東京)</span> 「日本代表に選出していただき、大変光栄です。まずは最初の試合で勝つことが非常に重要だと考えています。しっかりと勝利して良い流れを作りたいと思います。その上で、アウェイでの2戦目もチーム全体で準備をして、勝利を掴みとれるよう精一杯頑張ります」 2016.09.29 15:35 Thu
twitterfacebook
thumb

G大阪がFC東京との乱戦で意地の勝ち点1 勝ち点4差で次節2ndステージ首位の浦和戦へ《J1》

▽25日に市立吹田サッカースタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第13節のガンバ大阪vsFC東京は3-3の打ち合いの末、痛み分けに終わった。 ▽2ndステージ首位の浦和レッズを勝ち点2差で追う総合4位のガンバ大阪と、2試合ぶりの勝利を目指す同10位のFC東京が激突した。その立ち上がりは、互いに主導権を握り合い、ボールが落ち着かない展開となる。そんな中、13分にFC東京が均衡を破る。相手の低い位置でボールを保持する大森を前田がチェイシング。その流れから生まれたこぼれ球を田邊が拾い、右足のシュートをゴール右に突き刺した。 ▽しかし、そのわずか2分後、G大阪が追いつく。失点に絡んだ大森がボックス手前のやや右寄りの位置でアデミウソンからボールを受けると、迷いなく右足を一閃。低い弾道の鋭いシュートを叩き込んだ。続く18分にもG大阪に決定機。左サイドで縦にオーバーラップした藤春がアデミウソンからスルーパスを受けると、飛び出してきた相手GKに触れられる前にラストパス。正面の長沢が押し込み、G大阪が逆転する。 ▽ところが、FC東京は22分、バイタルエリア中央で前田が後方からの縦パスをワンタッチで叩くと、これに河野が反応。ボックス手前右角付近から左足で狙ったコントロールシュートがゴール左上に吸い込まれた。その後、FC東京に押し込まれたG大阪は、同点で迎えた後半の頭から今野に代えて、負傷の影響で4年ぶりのベンチスタートとなった遠藤を投入。しかし、なかなかリズムをつくり出せない。 ▽すると、G大阪は90分、徳永に自陣ボックス左への侵攻を許すと、86分から出場の平山の勝ち越し弾を被弾。土壇場で勝ち越される。それでもアディショナルタイム1分、右サイドから米倉がシュートを放つと、これがゴール前での混戦を誘発。倉田のヒールパスから、米倉が押し込んだボールがゴール前の藤春に当たって吸い込まれた。 ▽結局、試合は3-3で終了。G大阪は10月1日に埼玉スタジアム2002で行われる次節、勝ち点4差で浦和との直接対決に臨む。 2016.09.25 18:15 Sun
twitterfacebook
thumb

石川直宏が1年2カ月ぶりの復帰! 終盤の水沼弾でFC東京U-23が秋田撃破!《J3》

▽明治安田生命J3リーグ第22節の3試合が19日に行われた。 ▽FC東京U-23vsブラウブリッツ秋田は、試合序盤から拮抗した展開が続いていく。互いになかなか決定機を決め切れないまま時間だけが過ぎていくが、ゴールレスドロー濃厚と思われた87分、OA枠で出場の水沼のゴールで先制したFC東京U-23が、1-0で勝利。リーグ戦3試合ぶりの白星を手にした。 ▽なお、この試合では度重なる左ヒザの負傷で長期離脱を強いられていたFC東京の元日本代表MF石川直宏が66分から途中出場を果たし、昨年7月末のベガルタ仙台戦以来、約1年2カ月ぶりの復帰を果たしている。 ▽そのほか、大分トリニータvsセレッソ大阪U-23は、65分からの3分間に後藤が続けてゴールを奪ったホームの大分が、2-0で勝利。鹿児島ユナイテッドを抜いて2位に浮上した。19日に開催されたJ3第22節の結果は以下のとおり。 <div style="font-size:14px;"><span style="font-weight:700;">◆明治安田生命J3リーグ第22節</span> ▽9/19(月) FC東京U-23 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1</span>-0 ブラウブリッツ秋田 大分トリニータ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2</span>-0 セレッソ大阪U-23 FC琉球 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4</span>-2 グルージャ盛岡 ▽9/17(土) Y.S.C.C.横浜 3-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4</span> カターレ富山 ▽9/18(日) 藤枝MYFC 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">5</span> ガイナーレ鳥取 福島ユナイテッドFC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1</span>-0 AC長野パルセイロ ガンバ大阪U-23 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">6</span>-1 鹿児島ユナイテッドFC 栃木SC 1-1 SC相模原</div> 2016.09.19 19:58 Mon
twitterfacebook
thumb

敵地で逆転勝利の浦和が2ndステージ首位に浮上! 同点ゴールの李はリーグ戦二桁ゴール達成!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ2ndステージ第12節のFC東京vs浦和レッズが17日に味の素スタジアムで行われ、アウェイの浦和が3-1で逆転勝利した。 ▽2ndステージ&年間順位で10位のFC東京と、2ndステージ&年間順位で2位に付ける浦和の一戦。前節、湘南ベルマーレに大勝し、リーグ戦3試合負けなしのFC東京は、湘南戦と同じ11人を先発起用。リーグ戦2連発中の中島が前田や河野と共にスタメン入りを果たした。 ▽一方、前節サガン鳥栖に快勝した浦和は、リーグ戦の連敗をストップ。2ndステージ&年間順位で首位の川崎フロンターレを追う浦和は、鳥栖戦から先発1人を変更。コンディション不良の槙野に代わって、駒井が右ウイングバックで起用され、宇賀神が3バックの左に入った。 ▽キックオフ直後からアグレッシブな姿勢を見せたFC東京は、開始7分に東の浮き球パスに抜け出したゴール前の前田にシュートチャンスも、ここはボールをうまくミートできない。 ▽一方、相手の鋭い出足にやや押し込まれる時間が続く浦和だが徐々に押し返していくと、24分にこの試合最初の決定機。GK西川のロングフィードに抜け出した武藤のシュートのこぼれ球に反応したズラタンがボックス右に持ち込んでシュートを放つが、これは惜しくもサイドネットを叩いた。 ▽その後、一進一退の攻防が続く中、36分には西川のフィードミスをカットした中島が梶山とのワンツーから際どいシュートを放つが、これはGK西川の好守に阻まれ、前半はゴールレスで終了した。 ▽前半は互いにチャンスの数が少なかったが、後半立ち上がりにいきなりスコアが動く。48分、梶山のスルーパスに抜け出した中島がボックス内でDF那須に倒され、FC東京がPKを獲得。これをキッカーの森重がど真ん中に蹴り込んだ。 ▽逆転優勝に向けて敗戦の許されない浦和は、すぐさま反撃を開始。56分にはボックス手前で柏木が右足のボレーシュートも、これはクロスバーを叩く。さらにハーフタイム明けに投入した李に続き、64分には興梠を投入する。 ▽一方、守勢に回るFC東京は河野と中島を下げて丸山、高橋と守備的な交代を行い、守備的な3バックのシステムに変更。69分には相手DFの連係ミスを突き、橋本がGKと一対一を迎えるが、このチャンスを決め切ることができない。 ▽後半半ばを過ぎて完全に流れを掴んだ浦和は、71分に関根のクロスからズラタンに決定機もヘディングシュートはクロスバーを叩く。それでも、攻め続けるアウェイチームは77分、左サイドの関根が右足に持ち替えて入れたクロスに反応した李がDF丸山の寄せをモノともしないヘディングでゴールをこじ開け、今季リーグ戦10得点目を記録。 ▽勢いづく浦和は85分、柏木のフィードに抜け出したズラタンがボックス右でクロスを上げる。これがゴール前で関根と競った東のオウンゴールを誘い、逆転に成功。さらに87分には、ボックス右で駒井が上げた柔らかいクロスを興梠が頭で合わせ、試合を決定付ける3点目を奪った。敵地でFC東京相手に鮮やかな逆転勝利の浦和が、この日敗れた川崎Fを抜いて2ndステージ首位に浮上した。 2016.09.17 21:10 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース