FC東京が湘南の正守護神GK秋元陽太を完全移籍で獲得2015.12.30 17:50 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽FC東京は30日、湘南からGK秋元陽太(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。

▽横浜FMユース出身の秋元は、2006年にトップチームデビュー。2012年に愛媛へ移籍し、2014年から湘南でプレーしていた。2015シーズンは、正守護神としてリーグ戦全試合に出場している。

▽秋元は、FC東京の公式サイトを通じて意気込みを語っている。

「湘南ベルマーレから加入することになりました、秋元陽太です。チームに新たな影響をもたらすことができるように全力でプレーし、FC東京の勝利に貢献できるよう精一杯頑張ります。応援よろしくお願いします」

▽一方、湘南の公式サイトでは悩み抜いた上での決断だったことを明かし、サポーターに感謝の思いを綴っている。

「この度、FC東京へ移籍することになりました。決断に至るまで、これまでの人生で一番というくらい悩みましたが、最後は自分自身で決断をしました」

「この2年間、チームとしてはJ1昇格、そしてJ1で8位という結果を得られたこと、また個人としても自分が成長したことを実感し、初めて人にもそう言えるくらいの自信をつけることができました。また、サッカーの面においてはもちろんのこと、練習に対する意欲や準備、そしてチームメイトから日々様々なことを学びいい刺激を受け多くのことを得た2年間でした。」

「サポーターの皆さんには、2年間、本当に温かいご声援をいただきありがとうございました。皆さんの声援があったからこそ、苦しい時も乗り越えることができました。試合が終わった後に皆さんが掛けてくれる言葉が自分自身の大きなモチベーションになっていました。本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

FC東京MF梶山陽平が右ヒラメ筋筋挫傷で全治約3週間

▽FC東京は26日、MF梶山陽平の負傷を発表した。 ▽梶山は18日のトレーニング中に負傷したとのこと。チームドクターの診察の結果、右ヒラメ筋筋挫傷と診断。全治は約3週間とのことだ。 ▽梶山は昨シーズンの明治安田生命J1リーグで14試合に出場していた。 2017.02.26 20:21 Sun
twitterfacebook
thumb

FC東京、MF平岡翼の負傷発表…左大腿二頭筋筋挫傷で全治約3~4週

▽FC東京は26日、MF平岡翼が19日のトレーニング中に負傷し、左大腿二頭筋筋挫傷で全治約3~4週間と診断されたことを発表した。 ▽平岡は、2014年に作陽高校から入団。昨シーズンはU-23メンバーとして明治安田生命J3リーグを主戦場とし、28試合1ゴールを記録していた。 2017.02.26 11:56 Sun
twitterfacebook
thumb

途中出場の中島がOG誘発! FC東京が昨年王者・鹿島を下す!《J1》

▽25日に県立カシマサッカースタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ開幕節の鹿島アントラーズvsFC東京は、1-0でアウェイのFC東京が勝利した。 ▽昨シーズンのJリーグ王者となった鹿島と、昨シーズン年間順位9位のFC東京が激突した。連覇を狙う鹿島は、先日のAFCチャンピオンズリーグ(AFC)・グループステージ第1節の蔚山現代戦から先発メンバーを5名変更。伊東、永木、レアンドロ、鈴木らに代えて、西、小笠原、遠藤、ペドロ・ジュニオールらを起用。対するFC東京は、新加入のGK林、高萩、永井、大久保嘉を起用してこの一戦に臨んだ。 ▽強力なチーム同士の対戦となった試合。まず仕掛けたのはFC東京。7分、ボックス手前の永井が粘ると、ボックス手前右で受けた東がボックス右にスルーパス。反応した大久保嘉がシュートを放つも、右ポストに嫌われる。 ▽序盤、ピンチを迎えた鹿島は、反撃したいものの、FC東京のプレスに苦しみ、チャンスの芽を摘まれてしまう。 ▽前半の半ばが経過すると、両者ともに球際の激しさが増し、ヒートアップする場面も。するとFC東京は36分、敵陣中央でボールを受けた高萩がロングシュート。アウトサイド回転のかかった強烈なシュートも、GKクォン・スンテが冷静に対処する。 ▽その後も主導権を握るFC東京は40分、ボックス右外でボールを受けた室屋がクロスを供給。ゴール前でフリーになった永井が飛び込むも、合わせることができない。 ▽すると前半苦しい展開を強いられていた鹿島がチャンスを迎える。54分、レオ・シルバが自陣ボックス内でインターセプトすると、そのままカウンター発動。敵陣中央の土居を経由して、ボックス左の金崎につなぎ、右に持ち替えてシュートを放つ。これがバーを叩いてゴールラインを割るも、金崎にオフサイドの判定が下される。 ▽58分、太田の右CKにセカンドボールを永井が粘ると、ボールはファーサイドに転がる。待ち構えていた大久保嘉が右足で合わせるも、ミートできず、ゴール上に外れてしまう。その直後に今度は鹿島。敵陣中央でボールを受けた土居がスルーパスを送ると、反応したペドロ・ジュニオールがボックス内に侵攻し、右足でシュート。しかし、GK林の好守にはばまれ、先制点とはならない。 ▽するとFC東京は、河野に代えて中島を投入。攻撃の活性化を図ると82分、ボックス左手前の中島がカットインからシュート。これがゴール右隅を捉えるもGKクォン・スンテがパンチング。しかし、カバーに戻った三竿雄に当たり、ゴールに吸い込まる。 ▽先制を許した鹿島は、反撃の手を強めるも、FC東京の牙城を崩せずそのまま試合は終了。FC東京が開幕戦を制し、勝ち点3を獲得した。 2017.02.25 16:18 Sat
twitterfacebook
thumb

【2017 J1チーム診断】大久保など各ポジションに日本代表経験者を補強! 目指すは初のJ制覇《FC東京》

▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分で大幅な見直しが行われたことで、高みを目指した戦いにこれまで以上の激化が必至だ。 ▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回は積極補強で初のJリーグ制覇に挑むFC東京編をお届けする。 <span style="font-weight:700;">◆大型補強で優勝争いできる陣容に</span> ▽“多摩川クラシコ”のライバルでもある川崎フロンターレから獲得したFW大久保嘉人を筆頭に、中盤にFCソウルからMF高萩洋次郎、バックラインにフィテッセからDF太田宏介、守護神にサガン鳥栖からGK林彰洋を獲得。各ポジションに日本代表経験者を揃えた。リーグ制覇も夢ではない陣容を揃えただけに、篠田善之監督のマネジメント力が結果を左右することになるだろう。 <span style="font-weight:700;">◆2017年の注目ポイント</span> ▽上記の補強以外にも名古屋グランパスからFW永井謙佑を獲得。また、今季も主力としての活躍が期待されるMF中島翔哉、MF東慶悟、さらに控えに10番を背負うMF梶山陽平、FW阿部拓馬など攻撃陣は多くの駒を揃えている。篠田監督が求めるポゼッションサッカーが浸透できれば、非常に面白い攻撃ユニットを形成できるだろう。 ▽一方で、問題はバックライン。昨シーズンは固定できなかった左サイドバックに太田が復帰したことはポジティブな要素であり、DF徳永悠平、DF室屋成、DF小川諒也、DF橋本拳人とサイドバックの駒は揃った。それだけに、DF森重真人、DF丸山祐市に頼らざるを得ないセンターバックはケガや出場停止などをどのように乗り越えるかに注目だ。ただ、篠田監督は守備のスタイルとしてハードプレッシングを掲げているため、チームとして連動してボールを奪うディフェンスが機能できれば大崩れはないだろう。 <span style="font-weight:700;">◆予想フォーメーション</span>[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170221_tokyo_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">林彰洋</span> DF:室屋成、森重真人、丸山祐市、<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">太田宏介</span> MF:<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">高萩洋次郎</span>、田邉草民 MF:<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">永井謙佑</span>、東慶悟、中島翔哉 FW:<span style="font-weight:700;color:#CC0000;">大久保嘉人</span><hr>▽今季は[4-2-3-1]のフォーメーションを採用。1トップには、点取り屋のFW大久保嘉人が起用され、快速FWの永井謙佑、コンダクターのMF東慶悟、テクニックに秀でたアタッカーのMF中島翔哉が2列目でフォローする。新加入のMF高萩洋次郎はボランチ起用が濃厚で、相方として昨季同様にMF田邉草民がこのポジションを務める。バックラインでは固定できなかった左サイドバックにDF太田宏介が入り、GK秋元陽太が抜けたゴールマウスはGK林彰洋が守る。 <span style="font-weight:700;">◆期待の新戦力</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170221_tokyo_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>FW大久保嘉人(日本) 1982年6月9日(34歳) 2016シーズン(J1):33試合15得点<hr>▽昨シーズンこそ得点ランキング4位タイに終わるも15得点をマーク。2013年、2014年、2015年には3シーズン連続で得点王に輝くなどゴールへの嗅覚は衰えを知らない。昨季のFC東京は総得点39点で10位タイと、得点力不足が上位進出を逃した要因だと言える。それだけに大久保にかかる期待は大きい。また、練習初日には「激しさが足りない」とダメ出しをするなど、ピッチ外でも早速チームへの影響力を示している。 <span style="font-weight:700;">◆キープレーヤー</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170221_tokyo_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>DF森重真人(日本) 1987年5月21日(29歳) 2016シーズン(J1):32試合4得点<hr>▽日本代表でも主力として活躍するなど、キャリアの絶頂期を過ごす。クラブレベルでは、加入した2010年以降でタイトルは2011シーズンのJ2優勝のみ。それだけに大型補強に乗り出した今季は、J1でのタイトル獲得に燃えているだろう。昨季までは、守備だけでなく攻撃面での貢献も目立ったが、強力な前線が揃っただけに、本職でのさらなる活躍に期待がかかる。 2017.02.21 20:00 Tue
twitterfacebook
thumb

「味スタで暴れたい!」…FC東京、大久保嘉人が宣言

FC東京は2月18日、東京都渋谷区のSHIBUYA109前イベントスペースにて、「F.C.TOKYO 開幕トークイベント presented by 東京ガス」を実施。篠田善之監督と森重真人、太田宏介、大久保嘉人の3選手が出演し、ステージ周辺は約500人のファン・サポーターで賑わいを見せた。<br><br>篠田監督は「皆さんの期待を感じています。その期待に応えられるように全力で戦って、最終的には全員で喜びを分かち合えるようなシーズンで終わりたいと思います」とコメント。森重は「今季はたくさんの選手が入れ替わってファン・サポーターの皆さんからの期待も感じています。1年通してピッチの上で示していかないといけない」と話した。<br><br>フィテッセから2年ぶりに復帰した太田は「良い調整ができているし、開幕が楽しみ。オランダで得たものをチームの勝利のために出し尽くしたい」と決意表明。川崎フロンターレから加入した大久保は「早く開幕して試合がしたい。味スタ(味の素スタジアム)にはすごく良い印象を持っています(笑)。やりやすいです(笑)。暴れたいと思います!」と冗談を交えてコメントするなど終始笑顔を見せていた。<br><br>FC東京は25日に、アウェイの鹿島アントラーズ戦で明治安田生命J1リーグ開幕を迎える。大久保がやりやすいと話した味スタでのホーム開幕戦は、3月4日に行われる第2節・大宮アルディージャ戦となっている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.19 18:33 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース