FC東京が湘南の正守護神GK秋元陽太を完全移籍で獲得2015.12.30 17:50 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽FC東京は30日、湘南からGK秋元陽太(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。

▽横浜FMユース出身の秋元は、2006年にトップチームデビュー。2012年に愛媛へ移籍し、2014年から湘南でプレーしていた。2015シーズンは、正守護神としてリーグ戦全試合に出場している。

▽秋元は、FC東京の公式サイトを通じて意気込みを語っている。

「湘南ベルマーレから加入することになりました、秋元陽太です。チームに新たな影響をもたらすことができるように全力でプレーし、FC東京の勝利に貢献できるよう精一杯頑張ります。応援よろしくお願いします」

▽一方、湘南の公式サイトでは悩み抜いた上での決断だったことを明かし、サポーターに感謝の思いを綴っている。

「この度、FC東京へ移籍することになりました。決断に至るまで、これまでの人生で一番というくらい悩みましたが、最後は自分自身で決断をしました」

「この2年間、チームとしてはJ1昇格、そしてJ1で8位という結果を得られたこと、また個人としても自分が成長したことを実感し、初めて人にもそう言えるくらいの自信をつけることができました。また、サッカーの面においてはもちろんのこと、練習に対する意欲や準備、そしてチームメイトから日々様々なことを学びいい刺激を受け多くのことを得た2年間でした。」

「サポーターの皆さんには、2年間、本当に温かいご声援をいただきありがとうございました。皆さんの声援があったからこそ、苦しい時も乗り越えることができました。試合が終わった後に皆さんが掛けてくれる言葉が自分自身の大きなモチベーションになっていました。本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

リッピ・ヴェローゾが決勝点!FC東京U-23が鳥取を下し3連勝!《J3》

▽明治安田生命J3リーグ第27節、FC東京U-23vsガイナーレ鳥取が16日に行われ、1-0でFC東京U-23が勝利した。 ▽現在2連勝中のFC東京U-23と、6連敗中の鳥取との一戦。序盤から積極的に攻めるFC東京U-23は9分に、ボックス左に侵入した小川がGK強襲のシュートを見舞うなど、次々と鳥取ゴールに迫る。 ▽徐々にペースを掴み始めた鳥取も32分に前田のパスを受けた河合がボックス左から枠内シュートを放つものの、GK波多野が立ちふさがる。互いにチャンスを作れた前半だったが、ネットを揺らせずゴールレスで後半を迎えた。 ▽後半はよりオープンな展開となる。66分に、鳥取がカウンターから岩元がGKと一対一の場面を迎えるが、ファーストタッチが長めに出てしまい、GKをかわしきれずシュートを打てなかった。続く72分には再びチャンスを迎えた岩元のシュートはわずかにゴールの右に外れてしまう。 ▽試合が動いたのは74分。鳥取のパスミスから敵陣中央でボールを奪った鈴木がすかさず前方の小林幹へボールを預けると、小林幹はボックス右にスルーパス。そこに走り込んで来たリッピ・ヴェローゾが冷静に流し込み、後半はやや劣勢だったFC東京U-23が先制点を奪った。 ▽試合はこのまま終了。貴重な先制点を守ったFC東京U-23が1-0で勝利し、3連勝を飾っている。 2017.10.16 21:02 Mon
twitterfacebook
thumb

甲府、10人の FC東京に追いつかれドロー止まり《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第29節のヴァンフォーレ甲府vsFC東京が15日に山梨中銀スタジアムで行われ、1-1で終了した。 ▽ここまで6勝9分け13敗で16位に位置する甲府(勝ち点27)と、10勝7分け11敗で11位のFC東京(勝ち点37)が激突した。ホームの甲府は、1-0で勝利した前節の柏レイソル戦と同様のスターティングイレブンをチョイス。対するFC東京は、0-0で引き分けた前節のジュビロ磐田戦からGK林、大久保嘉、前田に代えてGK大久保択、ピーター・ウタカ、ユ・インスを起用した。 ▽雨が降る中で始まった試合は、開始からポゼッションを高めて能動的に攻めるFC東京が序盤は押し気味に進める。すると、20分に決定機を演出。ゴール正面のペナルティアーク付近で高萩からの浮き球をトラップした永井が、うまく反転してシュート。これが枠を捉えたが、GK河田の好セーブに遭って先制点とはならない。 ▽やや苦しい展開となった甲府だが、23分にセットプレーからチャンスをモノにする。右サイドで得たFKでキッカーの島川がゴール前にクロスを入れると、正面のリンスが打点の高いヘッドで合わせる。このヘディングシュートがゴール右に決まり、甲府がリードした。 ▽ハーフタイムにかけては同点弾を狙うFC東京が前に出る。40分にはゴール正面でウタカが粘って、最後はユ・インスがシュート。DFにディフレクトしたボールがゴールに向かったが、これはバーにヒットして同点弾とはならなかった。 ▽圧力を強めたいFC東京だったが、前半終了間際にアクシデント。ポストプレー中のウタカが背後に背負っていたマーカーの田中に肘打ち。これが悪質なプレーと判断され、レッドカードを提示された。ビハインドを背負うFC東京が数的不利を強いられる。 ▽迎えた後半は、ボールを保持するFC東京に対して甲府がカウンターを狙う展開となる。55分には、その甲府がカウンターからチャンス。縦パスを受けたドゥドゥがドリブルで仕掛けてボックス左に侵入し、シュートに持ち込む。しかし、このシュートはわずかに枠の右に外れた。 ▽すると、スコアを動かしたのは10人のFC東京だった。60分、左サイドで得たFKでキッカーの太田がゴール前に鋭いクロスを入れる。これに正面で合わせた丸山がヘディングシュートでネットを揺らし、FC東京が1-1のタイスコアに持ち込む。 ▽終盤にかけても展開は変わらない。勝ち越し弾を狙うFC東京は88分、ペナルティアーク手前から太田がゴール右を捉える直接FKでゴールを襲うも、GK河田の好セーブに阻まれる。 ▽結局、試合はそのまま1-1で終了。両者譲らず、勝ち点を分け合った。 2017.10.15 15:57 Sun
twitterfacebook
thumb

FC東京vs磐田は互いに見せ場を欠きゴールレスドロー《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第28節のFC東京vsジュビロ磐田が30日に味の素スタジアムで行われ、0-0のドローに終わった。 ▽前節、柏レイソルに大敗した11位のFC東京(勝ち点36)と、大宮アルディージャを相手に3試合ぶりの勝利を手にした6位の磐田(勝ち点46)による一戦。FC東京は柏戦から先2人を変更し、柳と橋本に代えて室屋、古巣対戦の前田を起用。対する磐田は大宮戦から藤田に代えて復帰後初先発となる山田を起用し、[4-2-3-1]の布陣を採用した。 ▽新布陣を採用した磐田の出方に注目が集まった中、試合は序盤から拮抗した展開に。ホームのFC東京はボランチでの起用となった東を起点に背後を狙う永井へのシンプルな縦パス、両ウイングバックの攻め上がりを生かしながら、相手ゴールに迫る。 ▽一方、新布陣がなかなか機能しない磐田は、23分にアダイウトンが長い持ち上がりからボックス左に持ち込んでシュートを放つが、これはGK林の正面を突く。 ▽互いになかなか決定機を作り出せない中、41分に前半最大の決定機。中村俊のアウトスウィングの右CKがGK林の判断ミスを誘い、被ったボールがゴール前の川又の足元に。だが、川又のシュートはクロスバーを叩き、絶好の先制機を逸した。 ▽迎えた後半、最初の決定機はFC東京に訪れる。53分、ボックス中央でクリアボールを拾った高萩が右足を振り抜くが、これは枠の上に外れる。さらに58分にはボックス左ゴールライン際で見事なドリブル突破を見せた永井がグラウンダーで折り返すが、これは味方に合わない。 ▽後半に入っても流れを掴み切れない磐田は57分、精彩を欠いた山田を諦めて松浦を投入。さらに64分には川又を下げて齊藤をピッチに送り出す。後半も中村俊を起点としたパスワークでチャンスを窺うが、フィニッシュに結び付けることができない。 ▽ホームで勝ち切りたいFC東京は、永井、室屋、前田を下げてピーター・ウタカ、小川諒、梶山を続けて投入。ウタカの強さを活かして幾つかチャンスを作るが、こちらも攻撃に厚みを加えられない。 ▽結局、前後半を通じて互いに攻撃面での停滞感が目立った一戦は、ゴールレスドローで終了。ACL圏内浮上を目指す磐田にとっては厳しい取りこぼしとなった。 2017.09.30 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

FC東京、ユース所属のMF品田愛斗&FW原大智の来季新加入内定を発表

▽FC東京は24日、MF品田愛斗(18)、FW原大智の来シーズン新加入内定を発表した。 ▽両選手は、それぞれFC東京U-18に在籍。来シーズンのトップチーム入りを受けて、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 ◆MF品田愛斗 「来シーズンからトップチームに昇格することが決まりました。小学生のころから育ててもらったこのクラブで、夢だったプロサッカー選手になれることができ、大変嬉しく思います。今まで支えてくださった方々への感謝の気持ちを忘れず、チームにタイトルをもたらすことのできる選手になれるように頑張ります。応援よろしくお願いします」 ◆FW原大智 「このたび、トップチームへの昇格が決まりました。小さい頃から大好きなチームでプロサッカー選手としてプレーできることに、嬉しい気持ちでいっぱいです。ここから、さらに厳しい世界に入りますが、常に目標と自信を持って、日々成長していきたいと思います。そして小さい頃からお世話になっているFC東京に恩返しするために、少しでも早くJ1にピッチに立ちたいです。応援よろしくお願いします!」 2017.09.25 09:50 Mon
twitterfacebook
thumb

武富バースデイ弾2発! 柏がFC東京に4発快勝で11戦負けなし!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第27節の柏レイソルとFC東京の試合が23日に日立柏サッカー場で行われ、4-1で柏が勝利した。 ▽3位の柏(勝ち点50)は、前節の横浜F・マリノス戦を試合終了間際の得点でドロー。敗戦は免れたものの、手にした結果は最低限のものとなった。さらに柏は、その試合から中3日で天皇杯のガンバ大阪戦に臨み、120分もの激闘を演じた。そして、G大阪戦から中2日となる今節は、横浜FM戦からスタメンを1名のみ変更。小林に代えて、武富を起用した。 ▽10位のFC東京(勝ち点36)は、前節のベガルタ仙台戦を1-0で制し、安間新監督の初陣を完封勝利で飾った。ミッドウィークに試合を挟んでいないFC東京は、前節と全く同じメンバーをスタメンに起用した。 ▽試合の序盤はFC東京が攻勢に出た。試合開始早々の3分に敵陣中央付近でボールを持った大久保嘉がロングシュートを選択。このシュートは枠を外れたが、素早く前線にボールを渡し、積極的に仕掛ける展開が目立った。 ▽しかし、FC東京が崩し切ることができずにいると、徐々に柏の攻撃頻度が増した。すると、28分に先制点が決まる。東のパスをキム・ボギョンがカット。ボックス手前にボールがこぼれると武富が反応し、ボックス内に侵攻して素早くシュートを放つ。これがネットに突き刺さり、自身の誕生日を祝うゴールとなった。 ▽柏が1点のリードを保ったまま試合を折り返すと、追いつきたいFC東京は柳に代えてピーター・ウタカを後半開始から投入。攻撃の枚数を増やして、攻勢を強めた。すると51分、57分と立て続けに大久保嘉がシュートを放つ。どちらもDFにブロックされたが、柏のゴールマウスを度々襲った。 ▽しかし、FC東京の追い上げムードも束の間、柏が一挙3得点を追加して突き放した。60分、ハモン・ロペスが徳永をかわし、ボックス内に精度の高いクロスを供給。ボックス内の伊東が頭で合わせ、追加点とした。 ▽続いて67分、伊東とのワンツーで前を向いた武富が、ボックス右手前から豪快なミドルシュートを突き刺し、この日2得点目。さらに69分には、ボックス手前中央で得たFKの場面で、キッカーのクリスティアーノが相手の意表を突きグラウンダーのシュートを放つと、これがゴールに吸い込まれた。 ▽9分間で3失点を喫したFC東京だったが、75分にピーター・ウタカがボックス内で中山に倒され、PKを獲得。キッカーをピーター・ウタカ自らが務め、1点を返した。しかし、FC東京の反撃はこの得点のみ。猛攻虚しく、これ以上差を縮めることができないまま、試合は終了を迎えた。 ▽この結果、怒涛の得点で快勝した柏(勝ち点53)は、11試合連続で負けなしとなり、上位に首位を追走する形となった。対して、FC東京(勝ち点36)は安間監督体制2試合目にして早くも初黒星に。上位を打倒し、浮上のきっかけにすることはできなかった。 2017.09.23 18:08 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース