FC東京が湘南の正守護神GK秋元陽太を完全移籍で獲得2015.12.30 17:50 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽FC東京は30日、湘南からGK秋元陽太(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。

▽横浜FMユース出身の秋元は、2006年にトップチームデビュー。2012年に愛媛へ移籍し、2014年から湘南でプレーしていた。2015シーズンは、正守護神としてリーグ戦全試合に出場している。

▽秋元は、FC東京の公式サイトを通じて意気込みを語っている。

「湘南ベルマーレから加入することになりました、秋元陽太です。チームに新たな影響をもたらすことができるように全力でプレーし、FC東京の勝利に貢献できるよう精一杯頑張ります。応援よろしくお願いします」

▽一方、湘南の公式サイトでは悩み抜いた上での決断だったことを明かし、サポーターに感謝の思いを綴っている。

「この度、FC東京へ移籍することになりました。決断に至るまで、これまでの人生で一番というくらい悩みましたが、最後は自分自身で決断をしました」

「この2年間、チームとしてはJ1昇格、そしてJ1で8位という結果を得られたこと、また個人としても自分が成長したことを実感し、初めて人にもそう言えるくらいの自信をつけることができました。また、サッカーの面においてはもちろんのこと、練習に対する意欲や準備、そしてチームメイトから日々様々なことを学びいい刺激を受け多くのことを得た2年間でした。」

「サポーターの皆さんには、2年間、本当に温かいご声援をいただきありがとうございました。皆さんの声援があったからこそ、苦しい時も乗り越えることができました。試合が終わった後に皆さんが掛けてくれる言葉が自分自身の大きなモチベーションになっていました。本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

平山弾でFC東京がリーグ戦5試合ぶりの勝利!《J1》

▽25日に明治安田生命J1リーグ1stステージ第17節の横浜F・マリノスvsFC東京が行われ、0-1でFC東京が勝利した。 ▽ここまで6勝4分6敗で9位の横浜FMと、5勝5分6敗で11位のFC東京が相まみえた。前節、下平の劇的ゴールでドローに持ち込んだ横浜FMは、その一戦の先発から3人変更。両足首痛の中村、下平、富樫に代わってカイケ、兵藤、新井が先発に名を連ねた。一方、今週のミッドウィークに行われた浦和レッズ戦で逆転負けを喫したFC東京は、その浦和戦からスタメンを3選手変更。徳永、高橋、羽生に代えて、梶山、河野、東を先発で起用した。 ▽試合は序盤から一進一退の攻防を見せる。横浜FMは9分、ドリブルでボックス右から侵入したマルティノスのシュートのこぼれ球を小林がダイレクトシュートで狙うも、ボールは枠の上に外れた。 ▽対するFC東京は29分、ボックス左手前で獲得したFKを森重が狙ったが、これは枠を捉えられない。すると、FC東京はアクシデントに見舞われる。ピッチに座り込んだネイサン・バーンズがプレー続行不可能となり、33分に平山との交代でピッチを後にした。 ▽横浜FMは前半終了間際の45分、カイケのパスを受けた齋藤がボックス右からシュートを放つも、これは右ポストを直撃した。 ▽ゴールレスで迎えた後半、最初のチャンスは横浜FMに生まれる。47分、マルティノスのスルーパスに抜け出したカイケがシュートを狙うも、ボールはGK秋元がセーブ。さらに61分にも、兵藤のミドルシュートのこぼれ球をボックス右で拾ったカイケがゴールを脅かすも、シュートは右サイドネットを叩いた。 ▽後半に入って効果的な攻めが見られないFC東京だったが、試合終了間際の89分にワンチャンスを生かす。小川の左CKをゴール前の平山がヘディングシュートで狙うと、ボールはゴールに吸い込まれた。 ▽結局、このゴールが決勝点となってFC東京が勝利。FC東京が敵地でリーグ戦5試合ぶりの白星。敗れた横浜FMは、リーグ戦3戦未勝利となった。 2016.06.25 21:55 Sat
twitterfacebook
thumb

槙野2発と李の逆転弾で浦和が4試合ぶりの白星!! FC東京は4戦未勝利…《J1》

▽22日に埼玉スタジアム2002で明治安田生命J1リーグ1stステージ第13節延期分の浦和レッズvsFC東京が行われ、3-2で浦和が勝利した。 ▽前節のサンフレッチェ広島戦に敗れリーグ戦3連敗中の3位・浦和(勝ち点27)が、ホームに公式戦3連続ドロー中の11位・FC東京(勝ち点20)を迎えた。AFCチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦に勝ち進んだ影響により延期となっていた一戦は、ホームの浦和がピッチを広く使ったパス回しでポゼッションを高めていく。 ▽しかし効果的な攻撃を見せられずにいると13分に試合が動く。相手陣内で米本がボールを奪い、こぼれ球を拾ったネイサン・バーンズがゴール前にグラウンダーのボールを配給。これをムリキが押し込む。ムリキの来日初ゴールでFC東京が先制に成功した。 ▽リードを許した浦和は20分にボックス内にこぼれたボールを武藤が拾い、右の角度のない位置からシュート。GKは飛び出していたものの、カバーに入った丸山がスライディングでボールをかきだしてゴールとはならず。その後も興梠、李が立て続けにチャンスを作り出したが、ここでも決めきれなかった。 ▽FC東京は25分、左CKの流れからボックス外にこぼれたボールをU-23日本代表の橋本がボレーで狙う。相手にディフレクトしたボールは軌道が変わってゴールマウスに向かうも、わずかにクロスバーを越えた。それでも37分に橋本が結果を残す。バイタルエリアでボールを受けたネイサン・バーンズが浦和の3選手に囲まれてボールをロスト。しかし、こぼれ球にいち早く反応した橋本がシュートを流し込んでFC東京が、リーグ戦9試合ぶりのマルチ得点とする。 ▽2点を追う浦和だが、ポゼッションは握るもののファイナルサードで崩しきることができずに、距離のある位置からのシュートでこじ開けにかかる。しかし、FC東京も前線のネイサン・バーンズとムリキも自陣まで下がってブロックを作り、前半は2点リードのままハーフタイムを迎えた。 ▽互いに交代なしで迎えた後半、49分に右CKを得た浦和はこの流れからファーサイドの武藤にボールが渡る。フリーの状況からコースを狙ってシュートを放ったが、GK秋元のセーブに遭い後半最初の決定機を逸した。FC東京も56分、ボックス内右でスルーパスに反応したムリキが体をひねって逆サイドを狙ったシュートを放つ。これはGK西川の手をかすめてゴールに向かうも、左ポストを叩き追加点とはならなかった。 ▽お互いに交代選手を送り込み始めた後半の中盤、66分に浦和は右サイドに流れた興梠からのクロスボールにボックス内の槙野が合わせて1点を返す。さらに72分、ボックス内の興梠が落としたボールを槙野が右足を振り抜いてミドルシュートを放つと、これがゴールネットを揺らして浦和が試合を振り出しに戻した。 ▽浦和の勢いはこれで止まらず。78分に相手陣内でのFKから阿部が強烈なミドルシュートを放つ。このシュートはクロスバーを直撃するも、跳ね返ったボールが李の胸に当たって、ボールはGK秋元の頭上を越えてネットに収まり、浦和が勝ち越しに成功した。 ▽追いかける展開となったが、浦和の勢いを止めることはできずに劣勢が続く。するとそのまま試合終了を迎え、浦和は4試合ぶりの勝利。敗れたFC東京は4戦未勝利となった。 2016.06.22 21:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ケガから復帰し久しぶりのU-23日本代表招集となったFW中島翔哉「とても楽しみ」

▽FC東京は20日、U-23日本代表メンバーに選出されたFW中島翔哉のコメントを発表した。 ▽U-23日本代表は29日に松本平広域公園総合球技場で行われるキリンチャレンジカップ2016のU-23南アフリカ代表と対戦する。リオ五輪を前に国内で行われる最後の試合に向けて中島は次のように語った。 ◆<B>中島翔哉</B>(FC東京) 「U-23日本代表に選出されてうれしく思うと同時に、久々の代表戦なのでとても楽しみにしています。オリンピックまであと約1か月半なので、キリンチャレンジカップ2016をとおしてチームとして成長できるよう戦い、また個人としてもしっかりとアピールをしたいです。楽しんでサッカーをプレーしたいと思います」 2016.06.20 18:32 Mon
twitterfacebook
thumb

リオ五輪出場を狙うDF橋本拳人「自分のプレーを最大限に発揮したい」

▽FC東京は20日、U-23日本代表メンバーに選出されたDF橋本拳人のコメントを発表した。 ▽U-23日本代表は29日に松本平広域公園総合球技場で行われるキリンチャレンジカップ2016のU-23南アフリカ代表と対戦する。リオ五輪を前に国内で行われる最後の試合に向けて橋本は次のように語った。 ◆<B>橋本拳人</B>(FC東京) 「オリンピックメンバー発表前の最後の大会ということで、このアピールチャンスにメンバーとして戦えることを幸せに思います。リオデジャネイロに行きたい気持ちを前面に出し、自分のプレーを最大限に発揮したいです」 2016.06.20 18:31 Mon
twitterfacebook
thumb

アジア最終予選以来のU-23代表招集にDF室屋成「支えてくださった周りの方々に感謝して」

▽FC東京は20日、U-23日本代表メンバーに選出されたDF室屋成のコメントを発表した。 ▽U-23日本代表は29日に松本平広域公園総合球技場で行われるキリンチャレンジカップ2016のU-23南アフリカ代表と対戦する。リオ五輪を前に国内で行われる最後の試合に向けて室屋は次のように語った。 ◆<B>室屋成</B>(FC東京) 「アジア予選以来の招集となりますが、東京のトレーナーやスタッフのみなさんのお陰で、この時期に間に合わせることができました。これまで支えてくださった周りの方々に感謝して、オリンピックまでの最後のチャンスを活かせるように、精一杯プレーしたいと思います」 2016.06.20 18:30 Mon
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース