FC東京が湘南の正守護神GK秋元陽太を完全移籍で獲得2015.12.30 17:50 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽FC東京は30日、湘南からGK秋元陽太(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。

▽横浜FMユース出身の秋元は、2006年にトップチームデビュー。2012年に愛媛へ移籍し、2014年から湘南でプレーしていた。2015シーズンは、正守護神としてリーグ戦全試合に出場している。

▽秋元は、FC東京の公式サイトを通じて意気込みを語っている。

「湘南ベルマーレから加入することになりました、秋元陽太です。チームに新たな影響をもたらすことができるように全力でプレーし、FC東京の勝利に貢献できるよう精一杯頑張ります。応援よろしくお願いします」

▽一方、湘南の公式サイトでは悩み抜いた上での決断だったことを明かし、サポーターに感謝の思いを綴っている。

「この度、FC東京へ移籍することになりました。決断に至るまで、これまでの人生で一番というくらい悩みましたが、最後は自分自身で決断をしました」

「この2年間、チームとしてはJ1昇格、そしてJ1で8位という結果を得られたこと、また個人としても自分が成長したことを実感し、初めて人にもそう言えるくらいの自信をつけることができました。また、サッカーの面においてはもちろんのこと、練習に対する意欲や準備、そしてチームメイトから日々様々なことを学びいい刺激を受け多くのことを得た2年間でした。」

「サポーターの皆さんには、2年間、本当に温かいご声援をいただきありがとうございました。皆さんの声援があったからこそ、苦しい時も乗り越えることができました。試合が終わった後に皆さんが掛けてくれる言葉が自分自身の大きなモチベーションになっていました。本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

FC東京が前田弾でG大阪を撃破《J1》

▽明治安田生命J1リーグ1stステージ第14節のFC東京vsガンバ大阪が29日に味の素スタジアムで行われ、1-0でFC東京が勝利した。 ▽ここまで4勝2分け5敗で12位のFC東京と、6勝1分け5敗で6位に位置するG大阪が激突した。序盤は両者共にそれほどリスクを冒さず、一進一退の攻防が繰り広げられる。G大阪はアデミウソン、宇佐美、パトリックの仕掛けを軸に攻める。 <div id="ad"></div> ▽一方のFC東京はポゼッションを意識しながら、東や水沼が仕掛ける姿勢を見せる。34分にはパスカットした高橋が遠めの位置からミドルシュート。DFにディフレクトしてゴールに向かったボールは、わずかにバーの上へはずれた。 ▽さらに前半アディショナルタイムにもFC東京に好機。CKの流れから徳永がゴール右隅を捉えるミドルシュートを放ったが、これはGK東口のセーブに遭った。 ▽迎えた後半も好勝負が展開される。65分には、東に代わって投入されたばかりの阿部がゴールに近づく。右から丸山が入れたクロスに巧みに合わせた阿部のヘディングシュートが左ポストにヒット。FC東京の先制とはならない。 ▽それでも、80分にはFC東京が均衡を破る。途中出場の河野が入れたFKに前田が頭で合わせる。これがネットに収まり、FC東京が先行した。 ▽その後、G大阪の反撃を凌いだFC東京が強敵を撃破。一方のG大阪は4試合ぶりの黒星を喫した。 2016.05.29 18:52 Sun
twitterfacebook
thumb

FC東京が専修大DF小山拓哉を特別指定選手として登録…昨年までユースに所属

▽日本サッカー協会(JFA)は27日、専修大学体育会サッカー部のDF小山拓哉(19)を、24日付けで2016年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。また、受け入れ先のFC東京も公式サイトで発表している。 ▽小山は2010年にFC東京U-15むさしに加入。2013年にFC東京U-18に昇格するも、トップチームには昇格できず、専修大に進学していた。 <div id="ad"></div> ▽FC東京は小山のアピールポイントとして「高い危機察知能力を活かした積極的な守備から、試合展開を読み的確に状況を判断して攻撃に転じ、左サイドを制圧するクレバーなサイドバック」と紹介。小山はFC東京に復帰できたことを喜んだ。 「この度、FC東京の特別指定選手として登録していただくことになりました。再びFC東京のエンブレムを胸にプレーできることを大変うれしく思います。これまで支えてくれた多くの方に感謝するとともに、このチャンスを活かして自分自身がレベルアップし、大学とFC東京の両方の力になれるように頑張ります。応援よろしくお願いします」 2016.05.27 18:44 Fri
twitterfacebook
thumb

代表選出のDF森重真人「優勝を目指す」

▽日本サッカー協会(JFA)は26日、6月3日と7日に行われるキリンカップサッカー2016に臨む日本代表メンバーを発表した。代表に選ばれたFC東京のDF森重真人がクラブ公式サイトでコメントを残している。 ▽現在の日本代表にとって不可欠な存在となっている森重は、3日のブルガリア代表戦と7日の試合を連勝して優勝を目指すことを強調。また、ワールドカップ最終予選の準備としても重要な試合になると主張した。 「日本代表に選んでいただいて大変光栄です。キリンカップでは結果を求め、優勝を目指して戦いたいと思います。ワールドカップ最終予選に向けての準備という意味でもしっかりと考えてプレーしたいです」 2016.05.26 16:52 Thu
twitterfacebook
thumb

代表復帰のDF丸山祐市「持ち味をアピールしたい」

▽日本サッカー協会(JFA)は26日、6月3日と7日に行われるキリンカップサッカー2016に臨む日本代表メンバーを発表した。代表に選ばれたFC東京のDF丸山祐市がクラブ公式サイトでコメントを残している。 ▽昨年11月以来の日本代表復帰となった丸山は、5年ぶりに開催されるノックアウト方式のキリンチャレンジカップ2016でのアピールを狙っている。 「日本代表に選んでいただき光栄に思います。FC東京の代表として、日本の代表として、誇りを持って戦いたいです。この機会に自分の持ち味をしっかりと出してアピールしたいと思います」 2016.05.26 16:44 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:上海上港 1-0 FC東京《ACL2016》

▽FC東京は24日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2016のラウンド16・2ndレグで上海上港と対戦し、0-1の敗戦を喫した。2戦合計で2-2となるも、アウェイゴール数差で、FC東京のACL敗退が決まっている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160524_028_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽FC東京採点 GK 47 秋元陽太 6.5 再三にわたり好セーブでピンチを凌ぐ。終盤の失点は責められない DF 37 橋本拳人 5.0 ウー・レイの突破に対応できず自身サイドからチャンスを作られた 29 吉本一謙 6.0 森重と共に奮闘。最終ラインから懸命に相手の攻撃を跳ね返し続けた 3 森重真人 6.5 経験に裏打ちされた読み、対人、空中戦の強さなど遺憾なく発揮。劣勢の中で秋元ともに獅子奮迅の活躍を見せる 2 徳永悠平 6.5 ベテランらしくバランスを見ながら対応。一対一でも優位に立ち貫禄を見せつける MF 22 羽生直剛 6.0 アンカーの高橋や右サイドバックの橋本のフォローに奔走するなど守備で大きく貢献。ただ、後半最初のチャンスではシュートを打ちたかった (→丸山祐市 -) 4 高橋秀人 5.5 両サイドのスペースを上手く使われて苦戦するも大崩れはしなかった 7 米本拓司 6.0 鋭いプレスと激しタックルで相手の自由を奪う FW 48 水沼宏太 6.0 前線から積極的にプレスを敢行。攻撃面でも持ち味のドリブルで積極性を見せた (→阿部拓馬 6.0) ボールに触る回数は少なかったものの、ボールを持てばタメを作って時間の稼いだ 20 前田遼一 5.0 前線から積極的にプレスをかけるも、ストライカーの仕事はゴール。後半頭のチャンスは決めなければいけなかった 38 東慶悟 6.0 連動した守備や体を張ったプレーを見せる。攻撃の際にはややシュート意識が欠けていたか (→河野広貴 -) 監督 城福浩 5.0 逃げ切りに失敗。効果的な策は全くなかった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ウー・レイ(上海上港) ▽再三にわたり左サイドからチャンスメーク。鋭いドリブルと強力なシュートでFC東京の脅威となる。ゴールシーンでもしっかりとゴール前に詰めるなど泥臭さも併せ持っていた。 上海上港 0-1 FC東京 【上海上港】 ウー・レイ(後46) ※2戦合計2-2も、アウェイゴール数差で上海上港がベスト8進出 2016.05.24 22:39 Tue
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース