超ワールドサッカー

FC東京が湘南の正守護神GK秋元陽太を完全移籍で獲得2015.12.30 17:50 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽FC東京は30日、湘南からGK秋元陽太(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。

▽横浜FMユース出身の秋元は、2006年にトップチームデビュー。2012年に愛媛へ移籍し、2014年から湘南でプレーしていた。2015シーズンは、正守護神としてリーグ戦全試合に出場している。

▽秋元は、FC東京の公式サイトを通じて意気込みを語っている。

「湘南ベルマーレから加入することになりました、秋元陽太です。チームに新たな影響をもたらすことができるように全力でプレーし、FC東京の勝利に貢献できるよう精一杯頑張ります。応援よろしくお願いします」

▽一方、湘南の公式サイトでは悩み抜いた上での決断だったことを明かし、サポーターに感謝の思いを綴っている。

「この度、FC東京へ移籍することになりました。決断に至るまで、これまでの人生で一番というくらい悩みましたが、最後は自分自身で決断をしました」

「この2年間、チームとしてはJ1昇格、そしてJ1で8位という結果を得られたこと、また個人としても自分が成長したことを実感し、初めて人にもそう言えるくらいの自信をつけることができました。また、サッカーの面においてはもちろんのこと、練習に対する意欲や準備、そしてチームメイトから日々様々なことを学びいい刺激を受け多くのことを得た2年間でした。」

「サポーターの皆さんには、2年間、本当に温かいご声援をいただきありがとうございました。皆さんの声援があったからこそ、苦しい時も乗り越えることができました。試合が終わった後に皆さんが掛けてくれる言葉が自分自身の大きなモチベーションになっていました。本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

FC東京のFW大久保嘉人が右距骨骨挫傷及び右脛腓靭帯損傷…全治は約4週間から6週間

▽FC東京は27日、元日本代表FW大久保嘉人が右距骨骨挫傷及び右脛腓靭帯損傷と診断されたことを発表した。全治は約4週間から6週間とのこと。 ▽大久保は、25日に行われた明治安田生命J1リーグ第16節のジュビロ磐田戦(2-0で磐田が勝利)で先発するも、23分に負傷交代していた。 ▽今シーズンに川崎フロンターレから加入した大久保は、J1リーグでここまで15試合に出場し、6得点を記録していた。 2017.06.27 13:53 Tue
twitterfacebook
thumb

アダイウトンが3戦連発! 39歳の誕生日を迎えた中村俊起点の2ゴールでFC東京を下した磐田が5年ぶりリーグ戦3連勝《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第16節、ジュビロ磐田vsFC東京が25日にヤマハスタジアムで行われ、2-0で磐田が勝利した。 ▽ここまで6勝4分け5敗で10位につける磐田(勝ち点22)が、7勝3分け5敗で7位につけるFC東京(勝ち点24)をホームに迎えた。前節の浦和レッズ戦を4-2で勝利し、前々節のガンバ大阪戦からの上位クラブとの連戦で連勝を飾った好調・磐田は、浦和戦から先発メンバーを1人のみ変更。松井を代えて右大腿部を痛めていた中村俊を起用した。 ▽一方、前節の横浜F・マリノス戦を0-1で敗れ、連勝を飾ることができず、21日に行われた天皇杯2回戦でもJ3のAC長野パルセイロにPK戦の末に敗れるなど不安定な状態が続くFC東京は、横浜FM戦同様のメンバーでこの一戦に臨んだ。 ▽試合は、磐田がボールを落ち着かせて保持する中、4分に森下が敵陣中央やや左からゴールを狙い、ファーストシュートを記録する。すると10分、磐田が5年ぶりの3連勝に向けて幸先良く先制する。10分、ボックス右外で巧みなキープを魅せる中村俊からパスを受けた川辺が敵陣右深い位置からダイレクトでクロス。これをゴール前で待ち構えていた川又が頭でゴールに流し込んだ。 ▽先制点を奪われたFC東京は13分、ボックス右手前でパスを受けた橋本が右足でシュートを放つが、これはGKカミンスキーに正面でキャッチされる。さらに18分、ハーフウェイライン付近左から中島がボックス右へロングパス。これに反応したピーター・ウタカが右足を合わせるも、右サイドネットに嫌われてしまう。 ▽磐田ゴールを脅かしつつあるFC東京だが、アクシデントが発生。クロスボールに反応した大久保がボックス内へ走り込んだ際に右足首を捻り、転倒してしまう。その後、立ち上がることができず、23分に永井との負傷交代を余儀なくされる。 ▽この事態にも動じないFC東京は26分、ピーター・ウタカのパスにボックス右外へ抜け出した永井がゴール前にグラウンダーのクロスを供給。これにピーター・ウタカが飛び込むが、カバーに戻ったムサエフにブロックされてしまう。 ▽前半も半ばが経過すると、互いに主導権を握らせず、両者シュートまで結びつけることができないこう着した展開になる。そんな中、1点を追うFC東京がカウンターを発動する。40分、左サイドを突破したピーター・ウタカのパスに反応した中島がボックス内へ侵攻。しかし、磐田の懸命なディフェンスの前にシュートを打たせてもらえない。中島の落としを受けた室屋がボックス手前から右足でループ気味のシュートを放ったが、GKカミンスキーに冷静に対処される。 ▽試合を折り返すと、1-0でリードする磐田がアダイウトンのスピードを生かして攻勢を強める。55分に、敵陣中央やや右から中村俊が左足を振り抜き、強烈なブレ球シュートでゴールを脅かすと、さらに58分、ボックス左外からアダイウトンがカットインから右足でシュート。こぼれ球に櫻内が飛び込むが、押し込むことができない。 ▽攻勢に転じたいものの、思うように攻めることができないFC東京は75分、太田からの右CKをニアサイドに走り込んだ橋本が頭で流す。これをゴールライン付近で高萩が反応し、相手DFともつれると混戦になるが、最後はGKカミンスキーが処理。惜しくもゴールラインを越えず、同点に追いつくことができない。 ▽直後、磐田に待望の追加点。78分、敵陣中央やや右へ進行した川辺がボックス右へラストパス。これに走り込んだアダイウトンが右足でGK林の脇を射抜いた。 ▽大きな1点を追加した磐田はその後、試合を落ち着かせ、最後までFC東京にパワープレーを許さず、2-0で試合終了。磐田が本拠地で5年ぶりのリーグ戦3連勝を飾った。 2017.06.25 20:05 Sun
twitterfacebook
thumb

FC東京、オーストラリア代表FWネイサン・バーンズの契約満了を発表

▽FC東京は23日、オーストラリア代表FWネイサン・バーンズ(29)が6月30日で契約満了となり、更新をしないことを発表した。 ▽2015年7月にニュージーランドのウェリントン・フェニックスから加入したネイサン・バーンズは、移籍1年目となった2015シーズンの明治安田生命J1リーグの10試合に出場し、2得点を記録。また、同年9月に行われたロシアW杯アジア2次予選第3戦のバングラデシュ代表戦では、代表初ゴールを挙げ、オーストラリア年間最優秀選手にもノミネートされた。 ▽しかし、その後クラブでは好不調の波があり、レギュラー定着は叶わず。今シーズンはトップチームでの出場はここまでYBCルヴァンカップの4試合のみ。U-23としては明治安田生命J3リーグに3試合していた。J1通算26試合3得点、J3通算6試合、リーグカップ戦通算6試合、天皇杯通算1試合、AFCチャンピオンズリーグ通算5試合1得点を記録にとどまっていた。 ▽契約満了が決定したネイサン・バーンズは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントした。 「このたび、FC東京を離れることになりました。クラブを去るのはとても寂しいですし、仲間と別れることを残念に思います。FC東京での2年間は自分にとって貴重な経験の連続でした。もちろん良い時もあれば、そうでない時もありましたが、そのどれもが自分にとって大切な思い出です」 「そして、FC東京の16番のユニフォームに袖を通せたことを誇りに思います。いつも明るく接してくれたチームメイト、いつも選手のことを一番に考えてくれたコーチングスタッフ、たくさんの良い仲間に恵まれました。このチームで、この仲間でJ1、J3、ACLを戦えたことを本当に嬉しく思います。また、素晴らしいファン・サポーターのみなさんには、いつも支えていただき、感謝しています。みなさんの声援がいつも僕に力を与えてくれました」 「FC東京のこれからの活躍を心から願っています。将来、何かの形でまたFC東京に関われることを心から楽しみにしています。試合結果も毎試合楽しみにチェックしようと思います。素晴らしい時間、素晴らしい思い出、素晴らしい日々をありがとうございました」 「最後になりますが、これからも僕のサッカー人生は続いていきます。これからもネイサン バーンズを応援していただけると嬉しいです。このクラブで出会った全ての人を忘れません。さよならは言いません。また会う日まで。ありがとうございました。GO!F.C.TOKYO!」 2017.06.23 15:08 Fri
twitterfacebook
thumb

天野の値千金弾でFC東京撃破の横浜FMが3連勝!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第15節、FC東京vs横浜F・マリノスが18日に行われ、1-0でアウェイの横浜FMが勝利を収めた。 ▽上位対決となったこの試合、ホームの4位FC東京(勝ち点24)は、前節大久保の2得点で勝利した清水エスパルス戦から、前田遼に代えて、ピーター・ウタカを先発に起用。2連勝を目指す。対する7位横浜FM(勝ち点23)はここ4試合で3勝1分けと好調。2-0で勝利した前節の川崎フロンターレ戦から、松原、ミロシュ・デゲネクを栗原と山中に代えて試合に臨んだ。 ▽雨天に見舞われた今節屈指の好カードは、前線にタレントを揃えるFC東京がやや優勢に試合を運ぶ。5分、大久保嘉がボックス手前左からゴール前へ速いパスを送ると、ディフェンスラインの裏に抜け出した東が押し込んでネットを揺らす。しかし、これはオフサイドというやや厳しい判定で先制点とはならなかった。 ▽対する横浜FMも20分、齋藤の突破から、ウーゴ・ヴィエイラが狙うが枠へ飛ばず。23分には右サイドからボックスに侵入した齋藤が、左足で狙うが枠を捉えることができず。その後は横浜FMがボールを支配する展開となる。 ▽しかし、FC東京は効率よくチャンスを作り出す。37分、ボックス右に侵入した室屋が中へ切り返して左足を振り抜くが、DFのブロックに遭ってしまう。44分には前半最大の決定機。中島の縦パスから、ウタカがゴール前の大久保嘉にラストパス。しかし、フリーの大久保嘉は狙いすぎたか、シュートはゴールの右に逸れてしまった。 ▽迎えた後半も、FC東京がチャンスを演出する。61分、ボックス外左の中島が右足でクロス。大久保嘉が頭で合わせるが、ゴールの右へ逸れてしまう。続く65分には、東、大久保嘉、ウタカのパスワークから最後はウタカがシュートを放つが、威力の弱いシュートはGK飯倉がしっかりセーブ。 ▽雨も激しさを増す後半半ばの75分、FC東京がカウンターから決定機を迎える。自陣でボールを奪った高萩が、右のウタカに展開。ウタカはゴール前にアーリークロスを送ると、大久保嘉が頭で合わせるもクロスバーの上へ外れてしまう。 ▽FC東京の流れが続く試合だったが、意外にも先制点はアウェイの横浜FMに。試合も終盤に差し掛かった88分、左サイドの扇原のパスをボックス手前で受けた天野が富樫に繋ぐ。富樫はダイレクトで天野へ返すと、天野がボックス手前中央から右足を振り抜く。グラウンダーの鋭いシュートがゴールの左に突き刺さりネットを揺らした。 ▽試合終了間際にはボックス手前中央からのFKを太田が狙うが、壁に当たりそのまま 終了の笛が鳴った。天野の値千金のゴールで少ないチャンスをモノにした横浜FMが1-0で勝利。リーグ戦3連勝を飾った。 2017.06.18 20:39 Sun
twitterfacebook
thumb

FC東京が7月にドイツ遠征実施! 宇佐美所属アウグスブルク&ボルシアMGと対戦

▽FC東京は15日、7月17日から21日にドイツ遠征を実施することを発表した。 ▽7月18日には日本代表FW宇佐美貴史が所属するアウグスブルク、20日にはボルシアMGと対戦することが決定している。日程は以下の通り。 ◆7月18日(火) 現地時間:19:00~ アウグスブルク vs FC東京 [インパルス・アレーナ] ◆7月20日(木) 現地時間:15:00~ ボルシアMG vs FC東京 [シュタディオン・イム・ボルシア・パルク] ▽また、同遠征では応援ツアーを実施することも併せて発表している。詳細などは決まり次第、公式サイトでお知らせするとのことだ。 2017.06.15 18:00 Thu
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース