怪物ロナウド「メッシはC・ロナウドより完璧」2015.12.30 17:21 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ブラジル代表のレジェンドであるロナウド氏が、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドについて語った。スペイン『マルカ』が伝えた。

▽現代フットボール界の2大スーパースターであるC・ロナウドとメッシ。過去7年のバロンドールを分け合っている2選手に関しては、どちらが優れた選手かという議論が絶えない。

▽現役時代にマドリーとバルセロナの両方でプレーしたロナウド氏は、メッシに軍配を上げた。

「メッシは異星人だよ。クリスティアーノもだけどね。だが、より完璧なのはメッシだ」

「個人的に他の選手よりも好きだね。より劇的だ。瞬間で非常に効果的なプレーをする」

▽だが、ロナウド氏は、そんなメッシでもフットボール史上最高の選手ではないと強調する。

「ペレとマラドーナは、我々全員のはるか上空にいる」

コメント

関連ニュース

thumb

早くも次を見据えるベイル 来季は故郷カーディフで12度目の優勝狙う

28日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝で、レアル・マドリーはPK戦の末にアトレティコ・マドリーを下して優勝を飾った。FWガレス・ベイルは勝利を喜びつつ、早くも次の目標を見据えている。<br><br>DFセルヒオ・ラモスのゴールで前半に先制点を奪ったマドリーだが、後半に追いつかれて延長戦に突入。そのまま1-1で120分間を終えたが、最後はPK戦でベイルも含む5人全員が成功してライバルチームを振り切った。<br><br><div id="ad"></div>マドリー加入から3年間で2度目のCL優勝となったベイルは、試合後に次のようにコメントしている。スペイン『アス』などが伝えた。<br><br>「刺激的な感覚だ。すごく幸せだよ。クラブにとって信じられないような素晴らしい成果だね。アトレティコは戦いにくい相手で、本当に大変だった。すごく暑かったしね。でも僕らは気持ちを見せて勝つことができたんだ」<br><br>「アトレティコも全力を尽くしていたから、少し悪いような気はする。でも決勝戦は決勝戦だし、僕らは勝たなければならなかったんだ」<br><br>この優勝でマドリーは、2年前の&rdquo;デシマ(10回目の欧州制覇)&rdquo;に続く&rdquo;ウンデシマ(11回目)&rdquo;を達成。来季はベイルの故郷であるウェールズのカーディフで開催される決勝を目指すことになる。<br><br>「今夜と明日はこの勝利を喜ぶことにしよう。来年は&rdquo;ドゥオデシマ(12回目)&rdquo;を考えることになるだろうね。カーディフでの開催だよ」<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.29 17:38 Sun
twitterfacebook
thumb

CL決勝マンオブザマッチに選出のS・ラモス「苦しかったシーズンが報われた」

28日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝で、レアル・マドリーはアトレティコ・マドリーを下してクラブ通算11度目の優勝を飾った。勝利に大きく貢献したDFセルヒオ・ラモスが喜びのコメントを述べている。<br><br>2年前にも同カードで行われたアトレティコとのCL決勝では、S・ラモスが後半アディショナルタイムに値千金の同点ゴールを決めて試合を延長に持ち込み、最終的に4-1でマドリーが勝利を収めた。今回もゴールネットを揺らしたのは守備の要であるS・ラモスだった。<br><br><div id="ad"></div></div>前半にセットプレーから先制点を記録したS・ラモスは、1-1で迎えたPK戦でもキックを成功。UEFAによる決勝のマンオブザマッチにも選出された。試合後には次のようにコメントしたとしてスペイン『アス』などが伝えている。<br><br>「このタイトルの獲得と比べられるようなことはほかにほとんどない。仕事が報われたということだし、苦しんだことも報われた。本当に難しいシーズンだったよ」<br><br>「僕は肩の負傷でも苦しんだ。ゴールはボーナスのようなものだよ。こういう形でシーズンを終えられるのは特別なことだ。決勝でのゴールはいつも歴史に残るものだからね」<br><br>前回の優勝時にキャプテンを務めていたGKイケル・カシージャスは去り、S・ラモスは新キャプテンとしてビッグイヤーを掲げることになった。<br><br>「キャプテンとしての1年目にトロフィーを掲げられるのはとんでもなく名誉なことだ。リスボンでの1度目もすごくうれしかったけどね。ミラノでは僕がトロフィーを掲げたということはずっと心の中に残るよ」<br><br>強力なライバルとしてタイトルを争ってきたアトレティコに対しても賛辞を送っている。<br><br>「素晴らしいライバルであるアトレティコのことも祝福しなければならない。彼らは素晴らしいシーズンを過ごしてきた。今回は僕らが勝って彼らが負けることになったけど、奮闘をたたえるべきだよ」<br><br><br><br>提供:goal.com 2016.05.29 16:10 Sun
twitterfacebook
thumb

欧州制覇を喜ぶペレス会長 「ジダンはマドリーの歴史にとって重要な存在」

28日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝で、レアル・マドリーはアトレティコ・マドリーをPK戦の末に下して優勝を勝ち取った。フロレンティーノ・ペレス会長が喜びの言葉を述べている。<br><br>2年前の再現となったCL決勝でのマドリッド・ダービーは、前回と同じ1-1のスコアで延長戦に突入。今回は延長戦でスコアが動くことはなく、PK戦の末に5-3でマドリーが通算11度目の欧州制覇を成し遂げた。<br><br><div id="ad"></div>ペレス会長はスペイン『アンテナ3』に次のように語り、強力なライバルとなったアトレティコに対しても賛辞を送っている。<br><br>「マドリーの会長であることを非常に誇らしく感じている。素晴らしいファンを持ち、素晴らしい歴史があり、素晴らしい選手たちを擁しているクラブだ」<br><br>「隣人であり友人でもあるアトレティコにも言葉を捧げたいと思う。ここ数年のアトレティコは今のようなレベルを示してきた。彼らの行ってきた努力を考えれば少し痛みも感じるが、彼らもいつか勝利を得ることができると確信している」<br><br>シーズン途中でBチーム監督から昇格したジネディーヌ・ジダン監督は、トップチームでの監督デビュー初年度にビッグタイトルを手に入れた。<br><br>「ジダンは私にとっても、マドリーにとっても、クラブの歴史にとっても非常に重要な存在だ。2001年には歴史を変えてくれた。選手として優勝し、副監督として優勝し、今回は監督としても優勝した」<br><br>FWクリスティアーノ・ロナウドに対しては、契約を延長していつまでもマドリーでのプレーを続けてほしいと期待を口にしている。<br><br>「彼はユーロへ行くので来週(契約を延長する)ということはないと思うが、彼には一生ここに残ってほしいと思う。クラブの支柱の一人であり、歴史の一部だからだ。クリスティアーノのいるレアル・マドリーという1つの時代を築いている」<br><br><br><br>提供:goal.com 2016.05.29 14:58 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルンCEO、レヴァンドフスキのマドリー行きを否定 「来季もバイエルン」

バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOは、来季レアル・マドリーへの移籍の可能性が取りざたされるFWロベルト・レヴァンドフスキ(27)の放出を強く否定している。<br><br>レヴァンドフスキの代理人チェザリ・クハルスキ氏は先日、マドリーが同選手の獲得に関心を抱いているとして、コンタクトを取っていることを明らかにしていた。レヴァンドフスキも「契約は絶対ではない」として、2019年まで契約を残すバイエルンを離れる可能性も否定はしなかった。<br><br><div id="ad"></div>前所属クラブのドルトムント時代も含めてブンデスリーガで6年間プレーしてきたレヴァンドフスキは、新たな挑戦を求める可能性もあるのだろうか。だがルンメニゲCEOは、ポーランド代表FWの残留は決定しているとドイツ『キッカー』に語った。<br><br>「1つ、私が確実に分かっていることがある。ロベルト・レヴァンドフスキは来シーズンもバイエルンでプレーするということだ」<br><br>「すでに決定は下されている。我々がロベルト・レヴァンドフスキを売ることはないよ。どんなオファーが届いたとしてもね」<br><br><br><br>提供:goal.com 2016.05.29 13:58 Sun
twitterfacebook
thumb

欧州制覇を成し遂げたジダン「この大きな家族たちを誇りに思う」

▽レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、チャンピオンズリーグ(CL)制覇に喜びを示している。欧州サッカー連盟(UEFA)公式サイトが伝えている。 ▽マドリーは28日、CL決勝でアトレティコ・マドリーと対戦した。1-1で120分の激闘を終えると、迎えたPK戦を5-3で制して2シーズンぶり11度目のCL制覇を成し遂げた。 <div id="ad"></div> ▽試合後に行われた会見でジダン監督は、試合の総括に加え、選手たちは自身を支えたテクニカル・スタッフへの感謝の言葉を述べ、対戦したディエゴ・シメオネ監督についても語った。 「フィジカルの部分でとても苦しんだ試合だったが、特別なことでない。メンタル的にも大きなプレッシャーを感じながら戦うことになったが、それは普通だ。結局、どのような試合でも戦う姿勢が大事なる」 「選手やテクニカル・スタッフには感謝している。長い間このクラブの一員として過ごしているが、とても幸せに感じているよ。この大きな家族たちを本当に誇りに思っている」 「アトレティコとシメオネにもおめでとうと伝えたい。彼は本当に偉大な指揮官だ。だからこそ私は今日の勝利を喜んでいる」 2016.05.29 09:52 Sun
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース