怪物ロナウド「メッシはC・ロナウドより完璧」2015.12.30 17:21 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ブラジル代表のレジェンドであるロナウド氏が、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドについて語った。スペイン『マルカ』が伝えた。

▽現代フットボール界の2大スーパースターであるC・ロナウドとメッシ。過去7年のバロンドールを分け合っている2選手に関しては、どちらが優れた選手かという議論が絶えない。

▽現役時代にマドリーとバルセロナの両方でプレーしたロナウド氏は、メッシに軍配を上げた。

「メッシは異星人だよ。クリスティアーノもだけどね。だが、より完璧なのはメッシだ」

「個人的に他の選手よりも好きだね。より劇的だ。瞬間で非常に効果的なプレーをする」

▽だが、ロナウド氏は、そんなメッシでもフットボール史上最高の選手ではないと強調する。

「ペレとマラドーナは、我々全員のはるか上空にいる」

コメント

関連ニュース

thumb

レーティング:ドルトムント2-2レアル・マドリー《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループF第2節ドルトムントvsレアル・マドリーが27日に行われ、2-2で引き分けた。ドルトムントの香川はベンチ外となった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ドルトムント採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160928_8_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 38 ビュルキ 5.5 さほど守備機会がない中、2失点 DF 26 ピシュチェク 5.5 1失点目は防げた。ただ、流れの中でC・ロナウドを自由にさせず 25 パパスタソプーロス 6.0 ベンゼマとのマッチアップで引けを取らず 28 ギンター 6.0 後半序盤に足を痛めるも、最後までパパスタソプーロスと共に安定した守備を見せた 29 シュメルツァー 6.0 ベイルの動きを止める MF 7 O・デンベレ 6.0 両足をうまく使って打開を図り、シュートも果敢に狙った (→プリシッチ 6.0) ドリブルで右サイドの攻撃を活性化 27 カストロ 5.5 攻守に渡ってハードに戦った 33 ヴァイグル 6.0 中盤をコントロール。ポゼッションを安定させた 10 ゲッツェ 5.0 モドリッチとの攻防で上回れず (→シュールレ 6.5) 値千金の同点弾。左サイドの攻撃を活性化 13 ラファエウ・ゲレイロ 5.5 FKでオーバメヤンのゴール演出。ただ、流れの中で違いを生みだしきれず (→エムレ・モル -) FW 17 オーバメヤン 6.0 スペースがなく苦戦も1ゴール 監督 トゥヘル 6.0 王者相手に能動的に戦って引き分けに持ち込む ▽レアル・マドリー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160928_9_480_000.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ケイロル・ナバス 6.0 失点場面はパンチングの弾く方向がまずかったが、多くの枠内シュートを的確にセーブ DF 2 カルバハル 5.5 ラファエウ・ゲレイロとのマッチアップで後手を踏まず 5 ヴァラン 6.0 失点に絡んだが、意地のゴールで相殺 4 セルヒオ・ラモス 5.5 バックラインを下げて相手の攻撃を抑える 23 ダニーロ 5.5 O・デンベレに苦戦も耐える MF 8 クロース 6.0 モドリッチと共に守備のバランスを取った 10 ハメス・ロドリゲス 5.5 先制点を演出。ヴァイグルを監視する役割も担った (→コバチッチ -) 19 モドリッチ 6.0 攻守に及第点以上のプレーぶり FW 11 ベイル 5.5 先制点をアシスト。ただ、カウンター時にもっと脅威となりたいところ 9 ベンゼマ 5.5 2点に絡む。劣勢だったため前線で起点になる働きは制限された (→モラタ -) 7 C・ロナウド 6.5 先制ゴールを決め、2点目を演出。ゴールに直結する働きを見せた 監督 ジダン 6.0 2失点したものの、ドブレピボーテに変更して守備を安定させた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! シュールレ(ドルトムント) ▽2点に絡んだC・ロナウドも相応しいが、負傷明けで途中出場ながら、すんなりと試合に入って同点弾を奪ったシュールレを選出。 ドルトムント 2-2 レアル・マドリー 【ドルトムント】 オーバメヤン(前43) シュールレ(後42) 【レアル・マドリー】 C・ロナウド(前17) ヴァラン(後23) 2016.09.28 06:01 Wed
twitterfacebook
thumb

グループF本命対決のドルトムントvsレアル・マドリーは2-2ドロー決着、香川はベンチ外《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)グループF第2節ドルトムントvsレアル・マドリーが27日に行われ、2-2で引き分けた。ドルトムントの香川はベンチ外となった。 ▽守備の要カゼミロ不在のレアル・マドリーはクロースとモドリッチを2センターに配す[4-2-3-1]の布陣を採用。そのレアル・マドリーが開始3分にC・ロナウドの直接FKでゴールに迫れば、ドルトムントは直後の4分にカストロの直接FKでゴールを脅かす。 ▽互いにセットプレーでゴールの可能性を感じさせた立ち上がりを経ると、徐々にドルトムントがポゼッションを高めていく展開に。12分にオーバメヤンが枠内のミドルシュートを放てば、13分にはO・デンベレがミドルシュートでゴールに迫った。 ▽しかし17分、レアル・マドリーが先制ゴールを奪う。カウンターの流れからハメス・ロドリゲスのスルーパスをボックス右で引き出したベイルがヒールパス。これを受けたC・ロナウドがダイレクトでゴール左に蹴り込んだ。 ▽その後もドルトムントがボールを保持する展開となると、25分にボックス右に侵入したO・デンベレがダニーロをかわして左足で放ったシュートがわずかに枠の左上に外れた。自陣でセットする守備を続けるレアル・マドリーに対し、押し込むドルトムントは続く34分には右CKからパパスタソプーロスのヘディングシュートがGKケイロル・ナバスを強襲する。 ▽ハーフタイムにかけて攻めあぐねていたドルトムントだったが43分、試合を振り出しに戻す。ラファエウ・ゲレイロのブレ球による直接FKがGKケイロル・ナバスのパンチングミスを誘うと、これがヴァランに当たってゴールに向かい、最後はオーバメヤンが詰めた。 ▽後半も仕掛けるドルトムントは51分にO・デンベレがボックス右からシュートに持ち込めば、直後にもオーバメヤンが枠内シュートを浴びせてGKケイロル・ナバスを強襲する。58分に低調だったゲッツェに代えてシュールレを左サイドに投入したドルトムントは、ラファエウ・ゲレイロを左インサイドにスライドした。 ▽カウンターやセットプレーでドルトムントを効率的に脅かすレアル・マドリーは、66分に右CKからベイルが打点の高いヘディングシュートでゴールに迫るもわずかに枠の上へ。それでも68分、左CKのショートコーナーを使ってC・ロナウドが右足でクロスを放つと、ファーサイドのベンゼマのボレーシュートはバーを叩いたものの、ルーズボールをヴァランが詰めて勝ち越しに成功した。 ▽再び追う展開となったドルトムントは70分、ラファエウ・ゲレイロの右足シュートでGKケイロル・ナバスを強襲。73分にO・デンベレに代えてプリシッチをそのまま右サイドに投入すると、75分にはボックス左に侵入したシュールレのシュートが枠を捉えたが、GKケイロル・ナバスの好守に阻まれてしまう。 ▽プリシッチが右サイドの攻撃を活性化させて圧力を強めるドルトムントは終盤の87分、土壇場で同点に持ち込む。右サイドからのプリシッチのクロスがファーに流れると、これを拾ったシュールレが左足を一閃。枠の左上を射抜いて2-2に持ち込んだ。このまま試合は終了。グループFの本命対決はドロー決着となった。 ▽グループFもう一試合のスポルティング・リスボンvsレギア・ワルシャワは2-0でスポルティングが初勝利を飾っている。 2016.09.28 06:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ジダンは現役時代交代に納得していた...2001年デル・ボスケ政権時の出来事

レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督は、現役時代に交代を告げられて不満をあらわにする態度は取らなかったようだ。スペイン『アス』が伝えている。<br><br>ジダン監督は先日のラス・パルマス戦(2-2)で72分にFWクリスティアーノ・ロナウドをMFルーカス・バスケスと交代させた。C・ロナウドは交代時に指揮官と目を合わさず、「くそったれ」と吐き捨てるなど暴言を連発しながらピッチを後にしていた。<br><br>これと似たような状況が、過去にあったようだ。それはまだジダン監督が現役選手としてマドリーでプレーしていた、2001年に遡る。当時チームを率いていたのは、ビセンテ・デル・ボスケ監督。リーガエスパニョーラ第8節、マドリーは16位と低迷するなかでホームのセルタ戦を迎えていた。<br><br>開始8分でセルタに先制されたマドリーは、25分にジダンの素晴らしいアシストからグティの得点で同点に追いつく。だがその後は決め手を欠き、ジダンは83分にフェルナンド・モリエンテスと交代でピッチを退いた。この試合で唯一輝きを放っていたジダンの交代に、本拠地サンティアゴ・ベルナベウでは「監督、出て行け!」という怒号が飛び交った。<br><br>デル・ボスケ監督は試合後、ジダンの交代を説明した。「選手交代は監督にとって、まるでドラマだ。私は前線を厚くするために、適切だと思った選手を投入しただけ」。しかし、反響は指揮官の予想を上回るものだった。同監督はその後スペイン『カデナ・セール』のインタビューで「私の妻と娘ですら、ジダンの交代について問いただしてきたんだ」と自身の非を認めた。<br><br>一方、ジダンは交代時にデル・ボスケ監督をはじめチームメートやクラブの人間にも反抗的な態度を示さなかった。「決めるのは監督だ。当然だよ。彼がジダンの交代を告げたら、ジダンは交代なんだ。僕は監督の決断をすべて受け入れる。問題はまったくない」。試合後のコメントからも、今回のC・ロナウドのケースとは異なることは明らかである。<br><br>マドリーが今後も勝つためにC・ロナウドを必要とするのは間違いない。だが全選手のコンディションを第一に考える指揮官の配慮を、ポルトガル代表FWは理解するべきなのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2016.09.27 21:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムントをリスペクトするクロース「とても良いプレーをして多くのゴールを奪えるチーム」

▽レアル・マドリーのドイツ代表MFトニ・クロースが、27日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)で対戦するドルトムントをリスペクトしている。クラブ公式サイトがクロースのコメントを伝えた。 ▽マドリーは27日、CL・グループF第2節でドルトムントとアウェイで対戦する。前日会見に出席したクロースは、ドルトムントを率いるトーマス・トゥヘル監督を称賛し、チームとしても攻撃的で魅力あるプレーをしているとコメント。厳しい戦いになると予想し、好ゲームになることを期待している。 「ドルトムントは素晴らしプレーをして多くのゴールを奪えるチームだ。僕らは相手によってプランを変えるようなチームではない。自分たちのプレーをすることだけに集中している。失点は避けたいね。明日はきっとハードな試合になるよ」 「ドルトムントには明確なプランを持った優秀な指揮官がいる。おそらくホームということで積極的なプレーをしてくるだろう。前から行くのは彼らのスタイルだ。僕らはそれを止めなければいけない」 「ドルトムント戦は僕らにとってテストだ。このスタジアムや雰囲気などクオリティの高い中で行われる試合だ。自分たちのコンディションが上がっていることを示す機会になるね」 2016.09.27 10:26 Tue
twitterfacebook
thumb

クロース、交代に不満を示したC・ロナウドについて「普通のこと」

▽レアル・マドリーのドイツ代表MFトニ・クロースが、チームメートであるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの態度に理解を示した。クラブ公式サイトがクロースのコメントを伝えている。 ▽C・ロナウドは24日に行われたリーガエスパニョーラ第6節のラス・パルマス戦に先発出場を果たした。しかし目立ったパフォーマンスを見せることはできず、72分に交代を告げられている。ベンチに戻る際にはジネディーヌ・ジダン監督と目を合わせないなど交代に納得していない様子を見せていた。 ▽さらにスペインメディアは交代直後にC・ロナウドが口にした言葉を読唇術で解析。「なぜ俺なんだ? 2-1にするためにできることはやっていたのに、くそったれ」と、怒りをあらわにしていたことが明らかとなった。 ▽チャンピオンズリーグの前日会見に出席したクロースは、C・ロナウドの行動について質問を受け、次のように答えている。 「普通のことだ。そもそも、実際に起こったことより大げさに伝えられている。僕にとっては日常的なことの1つだよ。1人の選手が年間60試合を常に高いレベルで戦うことは不可能だ。それに誰がフル出場し、誰が交代となるかを決めるのは監督の仕事。今はクリスティアーノも落ち着いているし、チームに戻って次の試合への準備を進めている」 2016.09.27 09:55 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース