J1復帰の福岡がU-22日本代表DF亀川諒史を完全移籍で獲得…今季は湘南から期限付き移籍2015.12.30 16:24 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽福岡が30日、湘南から期限付き移籍で加入していたU-22日本代表DF亀川諒史(22)が完全移籍で加入することを発表した。

▽亀川は2010年に帝京第三高から湘南に加入。今シーズンから福岡でプレーしていた。今シーズンはJ2で38試合に出場し、福岡のJ1昇格に大きく貢献していた。亀川はクラブを通じてコメントしている。

「来年もアビスパでみなさんと一緒に闘うことが決まり本当に嬉しく思っています。湘南に戻るか福岡に残るかでかなり迷いましたがJ1に昇格できたこと、そしてホーム最終戦、プレーオフ決勝でサポーターの皆さんが揚げてくれた横断幕をみて自分の心にグッとくるものがありました。本当に嬉しかったです」

「皆さんの期待に応えられるよう来シーズンはJ1で結果を出してみなさんに恩返しをしたいと思っています。変わらぬ熱い応援よろしくお願いします。J1で福岡旋風を巻き起こしましょう」

▽また、3シーズンを過ごした湘南を通じてもコメント。感謝の気持ちを述べると共に、福岡での意気込みを語っている。

「高校時代、全国大会などに一度も出たことのない全く無名だった自分を、2012年からプロとしての道をスタートさせてもらい本当に感謝しています。湘南での3年間は昇格、降格、昇格と本当に濃い3年間でしたがその中でもシーズンを通して試合に出ることができずチームに貢献できなかったことは悔しく思っています」

「それでも選手として人間として成長させてくれた湘南があったからこそ今の自分があります。来年は敵チームとして闘うことになりますが、少しでも成長した姿を見せたいと思います。どんな時も温かく応援してくださったサポーターの皆様には本当に感謝しています。3年間、本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

福岡撃破の磐田が2ndステージ初勝利でJ1通算350勝達成《J1》

▽24日にレベルファイブスタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第10節のアビスパ福岡vsジュビロ磐田は、アウェイの磐田が3-2で競り勝った。 ▽前節、残留争いのライバルである新潟アルビレックスとの直接対決を落とした年間18位の福岡と、サガン鳥栖と引き分けた同13位の磐田が対峙した。3連敗中で6戦未勝利の福岡は、前節スタメンから外れていた金森が復帰。2ndステージで未だ白星なしの磐田は、ジェイを2試合連続で先発起用した。 ▽今週末に行われる天皇杯1回戦に参戦する日程の関係で前倒し開催となった一戦は、9分に動く。川辺が福岡の最終ラインの背後に浮き球を送ると、これが亀川のクリアミスを誘発。ルーズボールに反応したアダイウトンが右足ダイレクトでネットを揺らした。 ▽先制を許した福岡は13分に同点機。敵陣の左サイドからのグラウンダーのクロスを供給されると、ニアサイドに走り込んだ城後が上体を倒しながら押し込みにかかる。これが相手GKの横を通過するが、惜しくも左ポストに嫌われてしまう。 ▽それでも、福岡は16分に追いつく。自陣ハーフウェイライン付近でのボール奪取から左サイドの為田が持ち上がり、ゴール前にグラウンダーのクロスを供給。これに反応した城後がファーサイドでフリーとなり、落ち着いてボールを流し込んだ。 ▽同点に追いついた勢いをそのままに試合の流れを引き寄せた福岡は、21分に勝ち越しのチャンスを迎える。ドリブルで中央突破を試みた金森がバイタルエリア中央から右足でシュート。これが枠の左を捉えるが、GKカミンスキーにセーブされてしまう。 ▽同点で迎えた後半も相手にボールの主導権を握られる中、カウンターで応戦した福岡。50分にはその速攻で得たバイタルエリア右でのFKのチャンスから駒野が右足で直接ゴールを狙う。これがゴール右隅を捉えるが、惜しくも相手GKに阻まれた。 ▽良いリズムでゴールに迫る福岡は60分、ついに逆転する。左サイドからボックス内にボールを持ち込んだ金森が相手を引き付けてバイタルエリア中央にボールをはたく。これに反応した三門のシュートはGKに弾かれるも、こぼれ球を為田が押し込んだ。 ▽試合をひっくり返された磐田は直後に宮崎を下げて山本を送り込み、反撃を開始。63分には相手を引き付けた川辺の横パスからボックス右でフリーとなっていたジェイが左足でゴールを狙う。これが相手GKのファンブルを誘い、アダイウトンがネットを揺らした。 ▽すると、磐田は続く69分に敵陣の中央付近でFKのチャンスを獲得。上田のふわりとしたクロスボールをボックス右のジェイが頭で中央に折り返すと、相手2人に囲まれながらもパパドプーロスがヘディングで合わせたボールがゴール左隅に吸い込まれた。 ▽再びビハインドを追う苦しい展開に持ち込まれた福岡は終盤にかけて、坂田、邦本、中原を立て続けに投入するが、猛攻も実らず2-3で敗戦。泥沼の4連敗となった。一方の磐田は2ndステージ初白星。そして、J1通算350勝を達成した。 2016.08.24 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ラファエル&レオが躍動!! 新潟が3発快勝を収める!! 福岡は為す術もなく最下位脱出のチャンスを逸する…《J1》

▽20日にデンカビッグスワンスタジアムで行われた、明治安田生命J1リーグ2ndステージ第9節のアルビレックス新潟vsアビスパ福岡は、3-0で新潟が勝利した。 ▽前節の甲府戦に敗れた年間順位14位の新潟(勝ち点24)が、鹿島アントラーズに敗れて2連敗中の18位・福岡(勝ち点16)を迎えた。新潟はリオ五輪に参加していた鈴木をベンチスタートとし、福岡は亀川をスタメンで起用した。 ▽試合は立ち上がりこそ福岡が得意のセットプレーからゴールに迫る場面を作るが、徐々に新潟が主導権を握りだす。10分にはコルテースが入れたグラウンダーのクロスに、ラファエル・シルバが倒れ込みながら合わせるが、わずかにゴールマウスを外してしまった。 ▽福岡は23分、右サイドからのスローインで城後が入れたロングスローに坂田が合わせるが、ボールは枠を捉えきれない。その福岡は39分に平井を下げて金森を送り出した。しかし決定機を作り出すことはできずに、前半を終えている。 ▽後半もなかなかスコアが動かない重い展開となるも、55分にボックス右の山崎が入れたクロスにラファエル・シルバが頭で合わせる。このシンプルな攻撃から新潟が先制点を奪いきった。 ▽追いかける福岡は63分にアクシデントが発生。實藤が負傷してしまい、プレー続行が不可能となったため駒野が急きょ出場することに。一方の新潟は65分、山崎を下げてリオ五輪に参加していた鈴木を投入する。 ▽追いつきたい福岡だが、効果的な攻めを見せられずに新潟が張る網にかかってしまう。新潟は試合を決する追加点を奪いたいところだが、焦ることなくビルドアップしていく。すると79分、ラファエル・シルバがボックス内に入れた浮き球のパスが亀川の手に当たり、新潟がPKを獲得。これをレオ・シルバがきっちりと決めて新潟が試合の大勢を決した。 ▽福岡は反撃を試みようとするも全く攻め手を見いだせない。さらに気持ちも切れたか、92分にはレオ・シルバにミドルシュートが決められて試合は終了。新潟が下位相手にしっかりと勝ち点3を拾った。 2016.08.20 20:58 Sat
twitterfacebook
thumb

福岡がJ注目の静岡学園GK山ノ井拓己の来季加入内定を発表「小さい頃からの夢」

▽アビスパ福岡は18日、静岡学園高校のGK山ノ井拓己(17)の来季加入内定を発表した。 ▽山ノ井はジェフユナイテッド千葉の下部組織から静岡学園高校へ進学。Jリーグの複数クラブが注目していた。山ノ井はクラブを通じてコメントしている。 「初めまして。来シーズンからアビスパ福岡に加入することが決まりました静岡学園高等学校の山ノ井拓己です。小さい頃からの夢であったプロサッカー選手になることができ非常に嬉しいです」 「これも今まで支えてもらった両親や監督、コーチ陣、学校関係の皆様をはじめ応援してくださっている多くの人々のおかげだと思っています」 「アビスパ福岡ではサポーターの皆様に1日でも早くレベスタでプレーしている姿を見て頂けるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」 2016.08.18 19:06 Thu
twitterfacebook
thumb

20歳MF鈴木&赤崎弾の鹿島が福岡を下して連敗ストップ《J1》

▽明治安田生命J1リーグ2ndステージ第8節のアビスパ福岡vs鹿島アントラーズが14日にレベルファイブスタジアムで行われ、1-2で鹿島が勝利した。 ▽ここまで1勝2分け4敗の福岡(総合18位)と、同2勝1分け4敗と苦しんでいる1stステージ王者の鹿島(総合3位)が対戦。試合は、押し気味に進めていた公式戦4連敗中の鹿島が27分に動かす。正面の金崎が出したスルーパスに反応した赤崎が、飛び出してきたGK神山に対してチップキック。これが決まり、鹿島が先行した。 ▽ハーフタイムにかけても鹿島が攻勢に出る。しかし、最後の部分で福岡が身体を張った守備を見せたこともあって追加点は奪えず、0-1のまま試合を折り返す。 ▽迎えた後半、鹿島は60分にビッグチャンス。赤崎のパスからボックス右に侵入した鈴木がクロス。これにニアの金崎が態勢を崩しながらもバイシクル気味に合わせる。しかし、シュートはわずかに枠の右に外れた。 ▽それでも、70分には2点目を挙げる。ハイボールの競り合いからバイタルエリアでボールを拾った鈴木がゴール前へ。飛び出してきたGKを冷静にかわして、無人のゴールへシュートを流し込んだ。 ▽その後、87分には福岡DF濱田が2枚目のイエローカードで退場。鹿島は試合終了間際に垣田のオウンゴールで1点を返されるも、そのまま勝利。公式戦の連敗を4試合で止めて、2ndステージ第3節以来の白星を手にした。 2016.08.14 21:01 Sun
twitterfacebook
thumb

2ndステージ初出場の家長が値千金の復帰弾! 福岡との昇格組対決制した大宮が6戦ぶり勝利!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ2ndステージ第7節の大宮アルディージャvsアビスパ福岡が6日にNACK5スタジアム大宮で行われ、ホームの大宮が1-0で勝利した。 ▽年間8位の大宮と、同最下位の福岡が対峙した昇格組対決。2連敗中で直近5戦未勝利の大宮は、前節の神戸戦から先発4人を変更。GKに塩田、最終ラインに渡部と菊池が復帰し、負傷明けで2ndステージ初出場の家長が江坂と2トップを組んだ。一方、直近4試合で1勝2分け1敗と復調傾向にある福岡は、ドローに終わったベガルタ仙台戦と同じ11人を起用した。 ▽立ち上がりから拮抗した展開が続く中、20分に大宮に決定機。序盤から右サイドで鋭い仕掛けを見せていたマテウスがボックス右からニアポストを狙ったシュートを放つが、ここはGK神山の好守に阻まれる。 ▽一方の福岡は25分と30分過ぎに為田と金森が続けてミドルシュートでゴールを脅かすと、40分には右サイドでフリーの實藤が枠を捉えたロングシュートを放つが、ここは3月終わりのサンフレッチェ広島戦以来、20試合ぶりの出場となったベテランGK塩田のファインセーブに阻まれ、ゴールレスで前半は終了した。 ▽後半に入って徐々にペースを握る大宮は、59分に左サイドを突破した家長のクロスをゴール前の泉澤が見事なダイレクトボレーで合わすが、これはわずかに枠の左に外れた。それでも、攻勢を続ける大宮は69分、左CKのこぼれ球に反応したファーサイドの家長がうまくヒザを被せた左足ボレーで均衡を破った。 ▽冨安とウェリントンを投入した直後に先制を許した福岡は、ここからリスクを冒してゴールを奪いに行く。79分には中央を持ち上がった平井が強烈なシュート、83分にはボックス手前で得たFKから駒野が直接狙うも、いずれの枠内シュートもGK塩田のビッグセーブに阻まれた。 ▽試合終盤にかけて家長と江坂を下げて逃げ切りを図る大宮は、試合終了間際にボックス内で金森に際どいシュートを放たれるも、このシュートは枠の左に外れて、試合はこのままタイムアップ。エース家長の復帰弾をGK塩田が最後まで守り切った大宮が、6試合ぶりの白星を手にした。 2016.08.06 21:58 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース