J1復帰の福岡がU-22日本代表DF亀川諒史を完全移籍で獲得…今季は湘南から期限付き移籍2015.12.30 16:24 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽福岡が30日、湘南から期限付き移籍で加入していたU-22日本代表DF亀川諒史(22)が完全移籍で加入することを発表した。

▽亀川は2010年に帝京第三高から湘南に加入。今シーズンから福岡でプレーしていた。今シーズンはJ2で38試合に出場し、福岡のJ1昇格に大きく貢献していた。亀川はクラブを通じてコメントしている。

「来年もアビスパでみなさんと一緒に闘うことが決まり本当に嬉しく思っています。湘南に戻るか福岡に残るかでかなり迷いましたがJ1に昇格できたこと、そしてホーム最終戦、プレーオフ決勝でサポーターの皆さんが揚げてくれた横断幕をみて自分の心にグッとくるものがありました。本当に嬉しかったです」

「皆さんの期待に応えられるよう来シーズンはJ1で結果を出してみなさんに恩返しをしたいと思っています。変わらぬ熱い応援よろしくお願いします。J1で福岡旋風を巻き起こしましょう」

▽また、3シーズンを過ごした湘南を通じてもコメント。感謝の気持ちを述べると共に、福岡での意気込みを語っている。

「高校時代、全国大会などに一度も出たことのない全く無名だった自分を、2012年からプロとしての道をスタートさせてもらい本当に感謝しています。湘南での3年間は昇格、降格、昇格と本当に濃い3年間でしたがその中でもシーズンを通して試合に出ることができずチームに貢献できなかったことは悔しく思っています」

「それでも選手として人間として成長させてくれた湘南があったからこそ今の自分があります。来年は敵チームとして闘うことになりますが、少しでも成長した姿を見せたいと思います。どんな時も温かく応援してくださったサポーターの皆様には本当に感謝しています。3年間、本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

広島が王者の貫録を見せつけ、福岡を相手に4発快勝!!《J1》

▽29日にレベルファイブスタジアムで明治安田生命J1リーグ1stステージ第14節、アビスパ福岡vsサンフレッチェ広島が行われ、4-0で広島が勝利した。 ▽勝ち点9で17位に位置する福岡は、前節の柏レイソル戦で撃ち合いの末に敗れて今季初の連勝はならなかった。一方、勝ち点18で8位の広島は前節のG大阪戦で4試合ぶりの黒星を喫している。 <div id="ad"></div> ▽ここ最近の試合では4バックを採用していた福岡だが、今回の一戦では[3-4-2-1]のフォーメーションに戻し、広島を相手にミラーゲームに持ち込んだ。立ち上がりから戦前の予想通り広島がポゼッションを高めて主導権を握り、福岡はボールを奪ってから縦に早いカウンターでゴールを目指す。 ▽すると18分に試合が動きを見せた。広島は、青山の縦パスをボックス内で受けた柴崎が落とす。これにピーター・ウタカが反応し、この試合のファーストシュートげ福岡のゴールマウスをこじ開けた。31分には左サイドで裏を取った清水がボックス内から鋭いクロスを入れると、遅れて入り込んだ宮吉が豪快に蹴り込む。宮良の移籍後初ゴールで、広島がリードを2点とした。 ▽さらに広島は36分に右サイドで一対一の状況からカットインしたミキッチのクロスに、實藤の前に入り込んだ柴崎が難なくヘディングシュートを沈めて3点目を奪取。対する福岡はダブルボランチの末吉と邦本が、バイタルエリアをケアできずに、一方的に押し込まれていく。さらに攻撃も散発で、得点源のセットプレーでもウェリントンにボールが入らず力の差を見せつけられた前半となった。 ▽追いかける福岡は金森と實藤を下げて平井とダニルソンを投入。フォーメーションを[4-4-2]に移行して3点差を追いかける。しかし試合の大勢は変わらず、54分にはピーター・ウタカのスルーパスから宮吉がこの日2点目となるとゴールを奪った。 ▽4点差とされた福岡は、裏に抜ける平井を起点に深さを作り、ゴール付近でのセットプレーでは、ウェリントン、キム・ヒョヌン、城後など高さのある選手を狙ってボールを蹴り込んでいく。しかし、前年のJ1王者を相手に1点も奪えずに試合は終了。広島が4発快勝で勝ち点3を手にした。 2016.05.29 15:54 Sun
twitterfacebook
thumb

平井の豪快ミドルで福岡が決勝Tに望みを繋ぐ…鳥栖は敗退《ナビスコカップ》

▽25日にヤマザキナビスコカップ2016のグループB第6節、アビスパ福岡vsサガン鳥栖の“バトル・オブ・九州”が行われ、1-1のドローに終わった。 ▽4試合を消化して6位の福岡(勝ち点5)が、同じく4試合を終えて7位の鳥栖(勝ち点2)をレベルファイブスタジアムに迎えたダービーマッチ。決勝トーナメントに進出するためにはこの試合で勝利が欲しい両チームの一戦は、鳥栖が主導権を握る展開となる。 ▽しかし20分を過ぎる頃から徐々に福岡がボールを持ち始めると、左サイドの下坂を起点として鳥栖陣内に攻め込んでいく。すると42分、相手陣内左サイドからのFKで濱田がヘディングシュートを沈める。しかし、これはオフサイドの判定によりゴールは認められなかった。 ▽すると45分、冨安がボックス内で豊田を倒してしまいPKを献上。冨安は2度目の警告で退場となった。鳥栖はこのチャンスを豊田がきっちりと決めきり、1点リードして前半を終える。 ▽追いかける展開の福岡はハーフタイムで三島を下げて城後を投入し、まずは同点を目指す。しかし最初のチャンスは鳥栖が迎えた。49分にCKの流れからボックス内でフリーとなっていた豊田がシュートを沈める。しかし、ここはオフサイドの判定により、ゴールは認められなかった。 ▽福岡は71分、ボールを運んだ城後がボックス手前から右足を一閃。しかし、このシュートはクロスバーを越えるなどゴールが遠い。それでも85分、城後とのパス交換から平井がボックス外から右足を一閃。これがゴールネットに突き刺さって、福岡が同点とする。 ▽試合終盤はお互いにロングボールを蹴り込んで勝ち越しを目指すも、決勝点は生まれずに試合終了。同点に追いついた福岡は、決勝トーナメント進出に望みを繋いだ。一方の鳥栖は、グループステージ敗退が決定した。 2016.05.25 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

柏が輪湖の決勝ゴールで福岡とのシーソーゲームをモノにする!!《J1》

▽21日に日立柏サッカー場で、明治安田生命J1リーグ・1stステージ第13節の柏レイソルvsアビスパ福岡が行われ、3-2で柏が勝利した。 ▽前節のサンフレッチェ広島戦で引き分けに終わり、ここ2試合で勝ち星がない5位の柏が、前節の湘南戦で3試合ぶりの勝利を手にした17位の福岡が対戦した。 ▽試合は4分、トゥーロン国際大会に臨むU-23日本代表の招集を辞退した伊東が右サイドからドリブルで仕掛けシュートを放つなど積極的な入りを見せた。すると6分、左サイドから崩しにかかると、ディエゴ・オリヴェイラの落としから最後は武富がミドルシュートを突き刺して、柏が勢いのままに先制した。 ▽その後もボールポゼッションを高く保ち、福岡の緩いプレスを掻い潜っていく柏が主導権を握っていく。19分には相手陣内左サイドでのFKから鎌田が放ったヘディングはゴールマウスを急襲するも、ここはGKイ・ボムヨンが好セーブで防いだ。 ▽しかし柏の勢いは止まらず23分には輪湖の落としからディエゴ・オリヴェイラが抜け出してシュート。しかしボールはクロスバーを叩いて、追加点を奪うことはできなかった。39分には右サイドを突破した伊東の折り返しにディエゴ・オリヴェイラが合わせるが、ボールは逆サイドを叩いた。 ▽42分には左サイドの輪湖のクロスからボックス右の中川がダイレクトボレーを放つ。決定的チャンスだったが、福岡はGKイ・ボムヨンが再び好セーブを見せて失点を防ぐ。柏が圧倒する前半となったが、点差を広げることができずに1点リードのまま試合を折り返した。 ▽前半はセットプレーからしかチャンスを作れなかった福岡だが、50分に前線のウェリントンの粘りからそのままボックス内でマーカーを外して右足でシュート。しかしブロックに入った柏のDFに防がれて、福岡はチャンスを逸した。 ▽流れを引き寄せ始めた福岡は56分、邦本が相手のプレスが緩いと見るや、ドリブルでボールを運ぶとそのままボックス外からシュート。これがゴールマウス左隅に突き刺さり福岡が同点に追いついた。 ▽すると59分、左サイドに流れた邦本の折り返しに坂田がヒールで合わせる。これは相手にブロックされるもこぼれ球に反応した城後が押し込む。福岡が城後の2戦連発弾で試合をひっくり返した。 ▽追いかける展開となった柏だが、福岡のプレスが早くなったことで前半のようにチャンスを作り出せない。逆に77分には福岡にカウンターを許し、平井にポスト直撃のシュートを許してしまう。 ▽しかし80分、福岡のパスミスから攻め込んだ柏は、ディエゴ・オリヴェイラが個人技でそのままゴールネットを揺らして、2-2の同点とする。さらに86分には右サイドからのクロスに逆サイドの輪湖が飛び込むと、これがネットを揺らして柏がまたもリードを手にした。結局このゴールが決勝点となり、柏がシーソーゲームをモノにした。 2016.05.21 16:53 Sat
twitterfacebook
thumb

伊藤翔の劇的AT弾で横浜FMが公式戦6試合ぶりの勝利! GS突破に望みを繋ぐ《ナビスコカップ》

▽ヤマザキナビスコカップ2016のグループB第5節、横浜F・マリノスvsアビスパ福岡が18日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、ホームの横浜FMが2-1で逆転勝利した。 ▽グループB5位の横浜FM(勝ち点4)と3位の福岡(勝ち点5)が、上位進出を目指して激突した一戦。試合は立ち上がりからホームチームが攻勢を見せる。15分には右サイドで天野が入れたクロスをファーサイドの仲川が頭で合わすが、これはクロスバーを叩く。さらにこぼれ球をボックス右でフリーの兵藤がシュートするが、これは大きくふかしてしまった。 ▽その後も横浜FMペースが続くものの、フィニッシュの精度を欠き続けると、ここまで劣勢だった福岡がワンチャンスをモノにする。31分、ボックス右で金森が高速クロスを入れると、これにニアで反応した平井がワンタッチで合わせた。 ▽福岡の1点リードで迎えた後半、ビハインドを追うホームチームは、DFの小林を下げて切り札の齋藤を投入する。この交代で崩しの精度が増した横浜FMは、71分にボックス内で天野がDF堤に倒されてPKを獲得。これを兵藤が冷静に決めて、同点に追いついた。 ▽ようやく福岡ゴールをこじ開けた横浜FMは、途中出場ながらシュートブロックの際に脳震とうを起こしてプレー続行不可能となった實藤が負傷交代を強いられた福岡を一方的に押し込んでいく。だが、試合終盤にカイケらが迎えた絶好機をGK神山の続け様のビッグセーブに阻まれ、逆転には至らない。 ▽それでも、諦めずに攻め続けるホームチームは後半アディショナルタイム4分、波状攻撃からボックス右に抜け出した途中出場の伊藤翔が豪快な右足のシュートをニア天井に突き刺し、土壇場で逆転に成功。そして、試合はこのままタイムアップを迎え、ホームで劇的な逆転勝利を掴んだ横浜FMが公式戦6試合ぶりの勝利を挙げ、グループ3位に浮上した。 2016.05.18 22:12 Wed
twitterfacebook
thumb

キング・城後のゴールで福岡が4年8カ月ぶりのJ1ホーム戦勝利!!《J1》

▽14日にレベルファイブスタジアムで明治安田生命J1リーグ・1stステージ第12節、アビスパ福岡vs湘南ベルマーレが行われ、1-0で福岡が勝利した。 ▽18位の福岡(勝ち点6)は、第9節のFC東京戦で今季のリーグ戦で初勝利を挙げるもその後2連敗を喫している。一方の17位・湘南(勝ち点8)は、同じく第9節の横浜F・マリノス戦で今季初勝利を挙げるとそこから2連勝を達成。前節のFC東京戦では0-1の敗戦を喫した。 ▽浮上のきっかけをつかみたい両チームの一戦、先に仕掛けたのはホームの福岡だった。左サイドの坂田がドリブルでボールを運びグラウンダーのクロスを入れる。ボックス内の城後、ウェリントンにボールは入らなかったものの、こぼれ球を亀川がダイレクトで狙う。シュートは枠を外してしまったが、ホーム初勝利を狙う福岡が積極的な入りを見せた。 ▽対する湘南もショートパスを繋ぎながら福岡のブロックを揺さぶりにかかる。10分にはパウリーニョがミドルレンジから右足を振り抜く。11分にはパウリーニョのロングパスから菊地がボックス内でシュートに持ち込むなど、徐々に攻勢に転じ始めた。 ▽迎えた31分、福岡は早めのリスタートから左サイドの亀川のクロスをウェリントンが頭でゴール前に折り返す。最後はファーポストの城後がボールを押し込んだ。しかし城後のポジションはオフサイドポジションであり、ゴールは無効となった。 ▽結局前半はゴールレスで終えて、迎えた後半はお互いに交代選手なしで開始された。両チームともに相手陣内に素早く攻め込みながらも、集中した守備を見せてゴールを割らせない展開が続いていく。 ▽福岡は63分に決定機。ボールを奪った城後がそのままドリブルで持ち込み、バックラインを抜け出す。GKと一対一を迎えるが、城後は邦本へのパスを選択すると、相手DFにボールをカットされてチャンスを逸した。65分にはウェリントンがロングボールを収めてそのままシュート。しかし左ポストをわずかにかすめていく。 ▽互いに交代選手を投入しゴールを目指していく試合終盤。迎えた82分、福岡はカウンターから平井のクロスを金森が繋ぐと、最後は城後が押し込みついに福岡が試合の均衡を破る。 ▽勢いに乗る福岡は86分にスピードで勝負を仕掛けた平井がボックス左にボールを運んでシュート。しかし湘南もGK村山が足でブロックして追加点を許さない。 ▽後半アディショナルタイムには湘南が猛攻を見せ、島村が強烈なミドルシュートを放つ。しかしここはGKイ・ボムヨンの好セーブで防ぐと試合はそのまま終了。福岡が2011年9月25日の広島戦以来、4年8カ月ぶりとなるJ1ホーム戦での白星を飾った。一方の湘南は2連勝後の2連敗となり最下位に転落している。 2016.05.14 15:55 Sat
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース