J1復帰の福岡がU-22日本代表DF亀川諒史を完全移籍で獲得…今季は湘南から期限付き移籍2015.12.30 16:24 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽福岡が30日、湘南から期限付き移籍で加入していたU-22日本代表DF亀川諒史(22)が完全移籍で加入することを発表した。

▽亀川は2010年に帝京第三高から湘南に加入。今シーズンから福岡でプレーしていた。今シーズンはJ2で38試合に出場し、福岡のJ1昇格に大きく貢献していた。亀川はクラブを通じてコメントしている。

「来年もアビスパでみなさんと一緒に闘うことが決まり本当に嬉しく思っています。湘南に戻るか福岡に残るかでかなり迷いましたがJ1に昇格できたこと、そしてホーム最終戦、プレーオフ決勝でサポーターの皆さんが揚げてくれた横断幕をみて自分の心にグッとくるものがありました。本当に嬉しかったです」

「皆さんの期待に応えられるよう来シーズンはJ1で結果を出してみなさんに恩返しをしたいと思っています。変わらぬ熱い応援よろしくお願いします。J1で福岡旋風を巻き起こしましょう」

▽また、3シーズンを過ごした湘南を通じてもコメント。感謝の気持ちを述べると共に、福岡での意気込みを語っている。

「高校時代、全国大会などに一度も出たことのない全く無名だった自分を、2012年からプロとしての道をスタートさせてもらい本当に感謝しています。湘南での3年間は昇格、降格、昇格と本当に濃い3年間でしたがその中でもシーズンを通して試合に出ることができずチームに貢献できなかったことは悔しく思っています」

「それでも選手として人間として成長させてくれた湘南があったからこそ今の自分があります。来年は敵チームとして闘うことになりますが、少しでも成長した姿を見せたいと思います。どんな時も温かく応援してくださったサポーターの皆様には本当に感謝しています。3年間、本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

ステージ優勝狙う神戸が逆転残留目指す福岡を4発一蹴《J1》

▽25日にレベルファイブスタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第13節のアビスパ福岡vsヴィッセル神戸は、アウェイの神戸が4-1と快勝した。 ▽逆転残留のためにもこれ以上勝ち点を落とせない総合17位の福岡と、2ndステージで首位の浦和レッズから勝ち点5差の5位につける神戸が激突した。その立ち上がり、ホームの福岡が鋭い入りを見せるが、対する神戸もレアンドロ・ペドロ・ジュニオールを軸に攻め立てる。 ▽すると、試合は攻勢の神戸が福岡を押し込む展開となると、33分にショートカウンターを発動。敵陣右寄りの位置でボールを拾ったペドロ・ジュニオールが浮き球パスを不揃いなバックラインのスペースに供給する。これを受けたレアンドロがGKとの一対一を冷静に制した。 ▽1点リードで試合を折り返した神戸は早々の48分に右CKのチャンスを獲得すると、藤田のクロスボールを正面のニウトンが頭で合わせて追加点。続く51分には、左サイドで得たFKから藤田のクロスをニアサイドの岩波が頭で押し込み、神戸がリードを3点差に広げた。 ▽後がなくなった福岡は、3失点目直後に坂田、ウェリントンを同時投入。前がかりになるが、なかなかゴールをこじ開けられない。すると、神戸は75分に渡邉がドドメの一発。終盤に坂田の一発を浴びた神戸だったが、これ以上の反撃を許さず、2試合ぶりの白星を手にした。 2016.09.25 15:53 Sun
twitterfacebook
thumb

裏天王山制した福岡が9戦ぶり白星! 10連敗の湘南が最下位転落…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ2ndステージ第12節の湘南ベルマーレvsアビスパ福岡が17日にShonan BMWスタジアム平塚で行われ、アウェイの福岡が2-0で勝利した。 ▽9連敗で年間17位の湘南と、8戦未勝利で年間最下位に沈む福岡による裏天王山。前節、FC東京に大敗した湘南は、前節から先発3人を変更。坪井、大槻、長谷川アーリアジャスールに代わって、藤田征、藤田祥、ウェズレーが先発に入った。対する福岡は、1-3で敗れた川崎フロンターレ戦から先発2人を変更。キム・ヒョヌンと為田に代えて、實藤と平井を起用した。 ▽試合はキックオフ直後にいきなり動く。ボックス内でクロスの対応にあたった下田がハンドを犯し、アウェイの福岡にPKが与えられる。キッカーの金森の左を狙ったシュートはGKタンドウ・ペラピに触られるが、ボールは勢いを失わずゴールネットに吸い込まれ、開始3分で先制点が生まれた。 ▽何とか早いうちに追いつきたい湘南は、12分にボックス左で見事な仕掛けを見せた菊池大の折り返しをゴール前の高山がシュート。だが、この決定的なシュートはGKイ・ボムヨンのビッグセーブに阻まれる。すると、同点のチャンスを逃した湘南は、直後の15分にボックス手前左から平井に見事な右足のボレーシュートをゴール右隅に決められ、点差を2点に広げられてしまう。 ▽痛恨の2失点目を喫し、前がかりになる湘南に対して、福岡はカウンターから3点目を目指す。27分にはウェズレーのシュートのこぼれ球に反応した高山がゴール前で右足を振り抜くも、これは枠の左に外れた。さらに前半終了間際には三竿が直接FKを狙うが、枠を捉えきれない。 ▽福岡の2点リードで迎えた後半、ビハインドを追う湘南は石川に代えて、19歳の神谷をハーフタイム明けに投入する。さらに湘南は55分にジネイ、67分に島村を投入し、早い時間帯に交代枠3枚を使い切る。 ▽この交代策で攻勢を強めるホームチームは、56分にボックス内の菊池大がシュート。69分には右サイドからのクロスをボックス左で島村がギリギリで折り返すが、ゴール前のジネイのヘディングシュートは枠の右に外れた。 ▽その後も諦めずに攻め続ける湘南は再三のチャンスを演出するが、ことごとくシュートが枠に飛ばない。試合終了間際には實藤が2枚目の警告を受けて退場となり、数的優位を手にしたものの、最後までゴールをこじ開けることはできず。 ▽敵地で裏天王山を制した福岡が連敗を「5」でストップするとともに、9試合ぶりの白星を手にした。一方、試合の入りと決定力不足が響いた湘南は10連敗で年間最下位に転落した。 2016.09.17 21:18 Sat
twitterfacebook
thumb

福岡に3発快勝の川崎Fが年間&2ndステージ首位の座防衛《J1》

▽10日に行われた明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第11節の川崎フロンターレvsアビスパ福岡は、ホームの川崎Fが3-1で勝利した。 ▽年間首位、2ndステージ優勝のためにも勝ち点を積み重ねていきたい川崎Fは序盤からボールを繋ぎながら試合をコントロールする展開となる。 ▽すると29分、獲得した左CKのチャンスからMF中村憲がクロスボールを供給。ニアサイドで反応した谷口のヘディングシュートが決まり、川崎Fが先制に成功する。 ▽1点リードで試合を折り返した川崎Fは開始2分、エドゥアルド・ネットの縦パスを起点に守備ブロックを攻略。味方とのパス交換でボックス内に走り込んだ中村がダニルソンの背後から左足でゴールネットを揺らした。 ▽主将の中村の今シーズン7得点目で追加点を奪った川崎Fは60分、中村の縦パスを受けた小林がスルーパス。これに反応した大久保が右足ダイレクトで流し込んだ。 ▽大久保の今シーズン15得点目で3点のリードを手にした川崎Fはその後、途中出場の平井に一発を許して1点を返されるが、それ以上の反撃を許さず、3-1で試合終了。2ndステージ順位と年間順位で首位の座防衛に成功した。 2016.09.10 21:37 Sat
twitterfacebook
thumb

敵地で福岡を撃破したFC東京が浦和との準決勝へ《YBCルヴァンカップ》

▽JリーグYBCルヴァンカップの準々決勝第2戦のアビスパ福岡vs FC東京が4日にレベルファイブスタジアムで行われ、0-2で勝利したFC東京が準決勝に進出した。 ▽先月31日にFC東京ホームで行われた試合は1-1で引き分けて終了。福岡がアドバンテージをもった中で第2戦を迎えた。立ち上がりはFC東京が積極性を見せたが、25分に福岡が相手を脅かす。右CKに正面で合わせた濱田のヘディングシュートがネットを揺らすも、ここはオフェンスファウルを取られてノーゴールの判定となる。 ▽すると、試合を動かしたのはFC東京だった。30分、正面で梶山からボールを受けた田邉がコントロールシュート。これがゴール右上隅に見事に決まり、FC東京が試合の均衡を破った。 ▽迎えた後半、同点弾を狙いにいく福岡は55分にビッグチャンス。左サイドで仕掛けた金森からの横パスを受けた為田がゴール前で絶好機を得る。しかし、フリーの為田が放ったシュートは枠を捉えることができず、このチャンスを生かせない。 ▽すると、75分にゴールを挙げたのはFC東京だった。右サイドで得たFKで東がクロスを入れると、ファーに流れたボールを高橋がヘッド。これが決まり、FC東京が大きな2つ目のアウェイゴールを手にした。 ▽その後、勝ち上がるためには3点が必要となった福岡はリスクを冒して攻めるも、最後までFC東京のゴールを割ることができず、試合終了。2戦合計1-3でFC東京が準決勝に進出した。FC東京は、10月5日と9日に行われる準決勝で浦和と対戦する。 2016.09.04 21:10 Sun
twitterfacebook
thumb

福岡、FC東京との第2戦の予定通り開催を発表 5日に台風上陸との予報を受けて《YBCルヴァンカップ》

▽アビスパ福岡は4日、同日にホームのレベルファイブスタジアムで行われるJリーグYBCルヴァンカップの準々決勝 第2戦のFC東京戦に関して、予定通りの19時キックオフで開催することを発表した。 ▽台風12号の接近に伴い、数回にわたって開催可否ついてのリリースを掲載してきた福岡は、現時点で九州北部への上陸が5日にかけてとの予報を受け、予定通り開催する運びとなったと伝えている。 ▽クラブ史上初の決勝トーナメントを戦う福岡は、8月1日に味の素スタジアムに行われた第1戦を1-1のドロー。DF三島勇太が敵地で記録した貴重なアウェイゴールを持ち帰り、今回の第2戦に臨む。 2016.09.04 14:00 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース