J1復帰の福岡がU-22日本代表DF亀川諒史を完全移籍で獲得…今季は湘南から期限付き移籍2015.12.30 16:24 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽福岡が30日、湘南から期限付き移籍で加入していたU-22日本代表DF亀川諒史(22)が完全移籍で加入することを発表した。

▽亀川は2010年に帝京第三高から湘南に加入。今シーズンから福岡でプレーしていた。今シーズンはJ2で38試合に出場し、福岡のJ1昇格に大きく貢献していた。亀川はクラブを通じてコメントしている。

「来年もアビスパでみなさんと一緒に闘うことが決まり本当に嬉しく思っています。湘南に戻るか福岡に残るかでかなり迷いましたがJ1に昇格できたこと、そしてホーム最終戦、プレーオフ決勝でサポーターの皆さんが揚げてくれた横断幕をみて自分の心にグッとくるものがありました。本当に嬉しかったです」

「皆さんの期待に応えられるよう来シーズンはJ1で結果を出してみなさんに恩返しをしたいと思っています。変わらぬ熱い応援よろしくお願いします。J1で福岡旋風を巻き起こしましょう」

▽また、3シーズンを過ごした湘南を通じてもコメント。感謝の気持ちを述べると共に、福岡での意気込みを語っている。

「高校時代、全国大会などに一度も出たことのない全く無名だった自分を、2012年からプロとしての道をスタートさせてもらい本当に感謝しています。湘南での3年間は昇格、降格、昇格と本当に濃い3年間でしたがその中でもシーズンを通して試合に出ることができずチームに貢献できなかったことは悔しく思っています」

「それでも選手として人間として成長させてくれた湘南があったからこそ今の自分があります。来年は敵チームとして闘うことになりますが、少しでも成長した姿を見せたいと思います。どんな時も温かく応援してくださったサポーターの皆様には本当に感謝しています。3年間、本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

福岡DFキム・ヒョヌンが中国2部の雲南麗江に完全移籍

▽アビスパ福岡は23日、韓国人DFキム・ヒョヌン(25)が中国甲級リーグ(中国2部)の雲南麗江への完全移籍が決定したことを発表した。 ▽2013年にジェフユナイテッド千葉でプロキャリアをスタートしたキム・ヒョヌンは、2016年に福岡に加入。2016年の明治安田生命J1リーグでは、29試合に出場している。 ▽雲南麗江への完全移籍が決定したキム・ヒョヌンは、福岡の公式サイトを通じて以下のコメントを残している。 「一年間、レベルファイブ スタジアムでプレーすることができて幸せでした。たくさん応援していただき感謝していますし、ファンの皆さんの熱い応援とあたたかい声援を絶対忘れず、違うチームに行っても頑張りたいと思います。アビスパ福岡を応援し、J1復帰を願っています。今まで本当にありがとうございました」 2017.02.23 13:38 Thu
twitterfacebook
thumb

好調・鈴木弾の鹿島、福岡撃破で宮崎Rを2位フィニッシュ《DAZNニューイヤーカップ》

▽2017 JリーグDAZNニューイヤーカップの宮崎ラウンドが6日に行われ、鹿島アントラーズ(J1)vsアビスパ福岡(J2)は、鹿島が1-0で勝利した。 ▽第2戦で横浜FCに0-1で敗北した鹿島と、V・ファーレン長崎に3-0で快勝した福岡が激突した。11時キックオフの試合で長崎と1-1で引き分けた横浜FCが宮崎ラウンド優勝を決めたため、消化試合となった中で迎えた。 ▽両チームともに主力を擁して挑んだ試合は6分、福岡が鹿島ディフェンスのミスから決定機を迎える。敵陣右コーナー付近の昌子が近寄ったGKクォン・スンテにボールを戻すと、まさかのミスキック。パスカットした城後が中央へ折り返すと、松田が右足で無人のゴールを狙うも、枠の右に外れる。 ▽思わぬ形でピンチを招いた鹿島は7分、金崎のパスから右サイドを抜け出したレアンドロがボックス右に侵攻し、クロスを供給。これをファーサイドの鈴木がプッシュを試みるも、ここはGK杉山の対応に遭う。さらに12分、右サイドでこぼれ球を拾ったレオ・シルバがボックス右にスルーパスを送ると、レアンドロが反応。そのまま右足を振り抜くも、GK杉山のパンチングに阻まれ、先制点とはならない。 ▽立て続けにチャンスを作られた福岡は、25分に右CKのチャンス。駒野が低い弾道のクロスを入れると、ボックス内の岩下がバックステップを踏みながら右足で合わせるも、ゴール右に外れる。 ▽徐々に最終ラインが安定し始めた鹿島は、試合のペースを引き寄せる。28分、ボックス左での鈴木のボールキープから、金崎を経由して、土居がボックス右にスルーパス。最後は、走りこんだ西がダイレクトで放つも、GK杉山にセーブされる。 ▽鹿島は続く38分、敵陣中央でパスを受けたレオ・シルバの縦パスを起点に決定機。金崎のフリックから鈴木のポストプレーでレオ・シルバが再びパスを受け、ボックス内に侵攻するが、GK杉山の鋭い飛び出しに遭ってモノにできない。その流れから、金崎がこぼれ球に反応するが、このチャンスも不意にしてしまう。 ▽前半、チャンスを作るも決め切れなかった鹿島は49分、三竿雄の左CKを鈴木が左足で合わせると、ゴール左隅に吸い込まれた。 ▽失点後、鹿島の堅実なディフェンスと、レオ・シルバを軸にしたゲームコントロールに苦しむ福岡だが、77分にビッグチャンスを迎える。左サイドの敵陣深くからウィリアン・ポッピがクロス。邦本とウェリントンがボックス手前で粘ると、邦本が胸トラップでボックス右を相手DFのマークを剥がしてシュート。しかし、GK曽ヶ端の右足に阻まれる。 ▽結局、福岡はボールを敵陣に運びこそするものの、鹿島の巧みな繋ぎを軸としたゲームコントロールにてこずり、そのまま試合終了。鹿島は2勝1敗の2位、福岡は1勝2敗の3位で宮崎ラウンドを終えている。 2017.02.06 17:49 Mon
twitterfacebook
thumb

福岡、ダニルソン&神山負傷交代も長崎に4発快勝《DAZNニューイヤーカップ》

▽2017 JリーグDAZNニューイヤーカップの宮崎ラウンドが4日に行われ、アビスパ福岡(J2)vs V・ファーレン長崎(J2)は、福岡が4-0で勝利した。 ▽先の初戦で横浜FC(J2)に0-3の完敗を喫した福岡と、鹿島アントラーズ(J1)に0-2で敗れた長崎が激突。試合は、ボールの主導権を争い合う展開で立ち上がる。 ▽先に試合を動かしたのは福岡。8分、最終ラインからのフィードに左サイドで反応した為田が対面の福田を突破。最後は折り返しを中央の松田が押し込んだ。 ▽先制した福岡は22分に追加点。ハイラインの背後でフィードを受けた坂田が左サイドを抜け出すと、GKとの一対一をループ気味のシュートでネットを揺らした。 ▽効率よく点を重ねる福岡は34分に3点目。またしても後方からのフィードで最終ラインを抜け出した坂田の折り返しから、中央の松田が右足で流し込んだ。 ▽その後、ダニルソンの負傷交代というアクシデントに見舞われた福岡だったが、最後まで優位な試合運びを見せ、3-0でハーフタイムを迎えた。 ▽3点ビハインドで試合を折り返した長崎は54分にようやく決定機。味方とのワンツーでボックス左に侵攻した翁長がシュートを放つ。しかし、これを枠に飛ばせない。 ▽その後も長崎の反撃が続く中、福岡も攻勢に出ると、70分に65分から出場の三島がヘディングシュート。しかし、これはクロスバーの上に外れる。 ▽半ばから終盤にかけても次の1点目を目指して攻防が続く中、福岡は81分にGK神山が前半のダニルソンに続き負傷交代。不運が続く。 ▽それでも、88分に相手GKがパンチングで弾いたボールを途中出場の城後が頭で押し込み、福岡が4点目。長崎を一蹴した福岡が今大会初勝利を手にしている。 アビスパ福岡 4-0 V・ファーレン長崎 【アビスパ福岡】 松田力(8) 坂田大輔(22) 松田力(34) 城後寿(88) 2017.02.04 12:55 Sat
twitterfacebook
thumb

宮崎Rが開幕!! 後半3ゴールの横浜FCが福岡に完勝!!《DAZNニューイヤーカップ》

▽2017 JリーグDAZNニューイヤーカップが2日開幕を迎え、横浜FC(J2)vsアビスパ福岡(J2)は、3-0で横浜FCが勝利した。 ▽先日閉幕した鹿児島ラウンドに引き続き、開幕した宮崎ラウンド。初戦はJ1昇格を目指す2チームの対戦となった。横浜FCは[4-4-2]のフォーメーションを採用。前線には大久保と齋藤を起用し、今季から加入となった増山もスタメンに名を連ねた。 ▽福岡は[4-4-2]で試合に入った。バックラインには岩下、中盤に山瀬とこちらも新加入の選手を起用。また神戸から復帰した石津も中盤で起用され、前線はウェリントンと城後の2トップとなった。 ▽試合は福岡がバックラインから丁寧に繋ぐビルドアップを見せる中、横浜FCはピッチの幅を広く使いながら、サイドで縦に仕掛けるなど推進力のある攻撃を見せる。最初の決定機は福岡だった。10分に岩下から左サイドの亀川に展開。亀川、ウェリントンと繋いで最後は石津がシュートを狙うが、ボールはGKの正面に飛んでしまった。 ▽一方の横浜FCは24分にカウンター。中盤でうまくシュートパスを繋いで右サイドに展開するも、増山のクロスは相手にあたってしまい、チャンスを潰してしまった。すると直後に齋藤が足首を負傷。担架で運び出されると、そのままジョン・チュン・グンとの交代を余儀なくされてしまった。 ▽横浜FCは38分、裏に抜け出したジョン・チュン・グンに長いボールが出される。しかしGK杉山がエリアを飛び出して頭から突っ込んでクリアすると、直後には福岡が反撃。山瀬がボックス内から積極的に仕掛けてシュートを狙うが、決めきれなかった。福岡がやや優位に試合を進める前半となったが、ゴールレスでハーフタイムを迎えた。 ▽両チームともにハーフタイムでの交代はなく後半に突入すると、横浜FCがチャンスを作り出す。50分にカウンターでボールを相手陣内に運ぶ。この流れでシュートチャンスは作れなかったものの、しっかりと押し上げて最後は野村が右サイドからシュートを狙った。 ▽すると56分、左サイドの深い位置でボールを受けた田所が、ダイレクトでゴール前にクロスを配給。ニアのジョン・チュン・グンの頭には合わなかったものの、その後ろでフリーとなっていた大久保が押し込んで、横浜FCが勢いのままに先制した。 ▽追いかける福岡は64分、岩下、駒野、山瀬のベテラン選手を外して、期待の新戦力であるポッピ、下坂、末吉を送り出した。横浜FCも同じタイミングで大久保、佐藤、ヨン・アピンを下げて、イバ、石井、渡邉を送り出した。 ▽迎えた69分、相手を押し込んで試合を進める福岡は石津が下坂からのマイナスの折り返しをボックス左で受けてシュート。しかしボールはクロスバーを越えてゴールとはならず。すると今度は横浜FCがロングボールのこぼれ球を拾ったジョン・チュン・グンがシュート。ここはブロックされるも跳ね返りを野村が押し込んで、横浜FCが2点目を奪った。 ▽なかなか得点が奪えない福岡はは74分、ウェリントンが中里に足を踏まれて激昂。ウェリントンが相手につめよると、今度はイバとの口論になり味方選手に制止される場面が見られた。福岡はこの際に石津を下げて三島を投入。さらに76分にはウェリントンに代わって松田を送り出した。 ▽横浜FCも同じタイミングで田所、西河、野村を下げて、小宮山、楠元、前嶋を送り出すと、福岡はさらに城後に代えて邦本を投入した。 ▽福岡は80分にポッピのスルーパスからカウンターを仕掛けると、邦本がいれた浮き球のボールに三門が合わせるが、相手に寄せられてボールは枠に飛ばず。84分には邦本がボックス外から左足で狙うが、ここもボールを枠に飛ばすことができなかった。 ▽しかし90分、イバがポッピに倒されて相手陣内左サイドでFKを獲得。ナ・ソンスが蹴ったボールにイバとジョン・チュン・グンが飛び込むと、ボールはそのままゴールネットを揺らし、横浜FCが3点目を奪取。試合はそのまま終了を迎え、横浜FCが福岡に完勝した。 横浜FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3</span>-0 アビスパ福岡 【横浜FC】 大久保哲哉(56) 野村直輝(70) ナ・ソンス(90) 2017.02.02 13:00 Thu
twitterfacebook
thumb

福岡が釜山アイパークからブラジル人FWウィリアン・ポッピを獲得「早く試合に出たくてワクワクしている」

▽アビスパ福岡は17日、Kリーグ・チャレンジ(韓国2部)の釜山アイパークからブラジル人FWウィリアン・ポッピ(22)が完全移籍で加入することを発表した。 ▽ウィリアン・ポッピは、2014年にブラジルのジョインビレでキャリアをスタート。同年にモジミリンへと期限付き移籍。2015年はジョインビレでプレーした、。釜山アイパークには2016年3月に加入。昨シーズンはKリーグ・チャレンジで38試合に出場し18得点を記録。ベストイレブンに選出されていた。また、カマタマーレ讃岐に所属するMF渡邉大剛とも共にプレーしていた。ウィリアン・ポッピはクラブを通じてコメントしている。 「はじめましてウィリアン・ポッピです。アビスパ福岡でプレーできることになり本当に幸せです。早く試合に出たくてワクワクしています。チームの目標を達成できるように全力で頑張りますので応援よろしくお願いします!」 ▽なお、ウィリアン・ポッピは17日のトレーニングより合流する予定とのことだ。 2017.01.17 09:44 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース