J1復帰の福岡がU-22日本代表DF亀川諒史を完全移籍で獲得…今季は湘南から期限付き移籍2015.12.30 16:24 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽福岡が30日、湘南から期限付き移籍で加入していたU-22日本代表DF亀川諒史(22)が完全移籍で加入することを発表した。

▽亀川は2010年に帝京第三高から湘南に加入。今シーズンから福岡でプレーしていた。今シーズンはJ2で38試合に出場し、福岡のJ1昇格に大きく貢献していた。亀川はクラブを通じてコメントしている。

「来年もアビスパでみなさんと一緒に闘うことが決まり本当に嬉しく思っています。湘南に戻るか福岡に残るかでかなり迷いましたがJ1に昇格できたこと、そしてホーム最終戦、プレーオフ決勝でサポーターの皆さんが揚げてくれた横断幕をみて自分の心にグッとくるものがありました。本当に嬉しかったです」

「皆さんの期待に応えられるよう来シーズンはJ1で結果を出してみなさんに恩返しをしたいと思っています。変わらぬ熱い応援よろしくお願いします。J1で福岡旋風を巻き起こしましょう」

▽また、3シーズンを過ごした湘南を通じてもコメント。感謝の気持ちを述べると共に、福岡での意気込みを語っている。

「高校時代、全国大会などに一度も出たことのない全く無名だった自分を、2012年からプロとしての道をスタートさせてもらい本当に感謝しています。湘南での3年間は昇格、降格、昇格と本当に濃い3年間でしたがその中でもシーズンを通して試合に出ることができずチームに貢献できなかったことは悔しく思っています」

「それでも選手として人間として成長させてくれた湘南があったからこそ今の自分があります。来年は敵チームとして闘うことになりますが、少しでも成長した姿を見せたいと思います。どんな時も温かく応援してくださったサポーターの皆様には本当に感謝しています。3年間、本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

シント=トロイデンの東京五輪世代DF冨安健洋がベルギーデビュー!《ジュピラー・プロ・リーグ・ELプレーオフ》

▽DF冨安健洋が所属するシント=トロイデンVVは12日、ジュピラー・プロ・リーグ・ヨーロッパリーグ(EL)出場権プレーオフ・グループB第9節でアントワープと対戦し、2-1で勝利している。冨安は93分から出場してベルギーデビューを飾っている。 ▽試合はシント=トロイデンが前半に2点を先取。しかし、後半開始早々にアントワープに1点を返されて2-1とされてしまう。 ▽それでもリードを守り続けるシント=トロイデンは後半アディショナルタイム3分、冨安を投入。冨安は1月に加入して以来、移籍後初出場となった。 ▽試合はそのまま2-1で勝利。シント=トロイデンは現在5勝1分け3敗の勝ち点16で2位に位置。しかし、最終節を残して首位ロケレンとの勝ち点差が4となったため、グループA・首位とのプレーオフ決勝に進むことはできなかった。 2018.05.13 17:00 Sun
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 5月7日は、中学生でJデビューを飾り幾多の最年少記録を打ち立てた和製ロナウド

◆森本貴幸 【Profile】 出身:日本 誕生日:1988/5/7 ポジション:FW クラブ:アビスパ福岡 身長:180㎝ 体重:77kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、5月7日はアビスパ福岡に所属する元日本代表FW森本貴幸だ。 ▽東京ヴェルディ下部組織出身で、中学卒業直前の2004年3月13日にジュビロ磐田戦に後半6分から出場し、当時Jリーグ史上最年少となる15歳10カ月6日でデビューを飾った森本。同年5月5日のJ1第8節のジェフ市原(現・ジェフユナイテッド千葉)戦では、15歳11カ月28日で当時J1最年少ゴールを記録し、同年のJリーグ最優秀新人賞も最年少で受賞した。2005年にはJリーグヤマザキナビスコカップ(現・YBCルヴァンカップ)でも史上最年少ゴール(16歳10カ月12日)している。 ▽「神童」「和製ロナウド」とも呼ばれ、若くしてその才能を高く評価されてきた森本は、2006年7月に当時・セリエAに昇格したばかりのカターニャに移籍。2008-09シーズンにはローマ戦で初のドッピエッタ、ユベントス戦ではイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンからもゴールを奪うなど、リーグ戦23試合7ゴールを記録してチームの中心選手に飛躍した。 ▽しかし、翌年なかなかゴールが奪えない不調に陥ると、出場機会が減少。2011年7月にノヴァーラに移籍したが、ここから度重なるケガに泣かされて、カターニャ復帰、UAEのアル・ナスルを経て2013年8月に千葉に加入してJリーグ復帰を果たし、今シーズンは川崎フロンターレからアビスパ福岡に活躍の場を移している。 ▽2009年に代表デビューを飾った森本は、10試合のキャップ数を記録。スピードや得点感覚を武器に得点を奪う姿はもちろん、2010年の南アフリカ・ワールドカップから帰国した際の会見で南アフリカの歌を披露するなど、ムードメーカーの一面も持っている。 ※誕生日が同じ主な著名人 大山啓輔(サッカー選手/大宮アルディージャ) 加藤大(サッカー選手/アルビレックス新潟) ニャホ・ニャホ=タマクロー(ガーナサッカー協会元会長) 五十嵐圭(バスケットボール選手) 窪塚洋介(俳優) 佐藤二朗(俳優) 上川隆也(俳優) 原田葵(アイドル/欅坂46) 石森虹花(アイドル/欅坂46) LITTLE(ミュージシャン/KICK THE CAN CREW) 上田晋也(お笑い芸人/くりぃむしちゅー) 萩本欽一(お笑い芸人) 2018.05.07 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

森本恩返し弾で千葉撃破の福岡が今季初の連勝! 新潟vs大宮は大宮に軍配! 劇的勝利の大分が首位浮上!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第10節の7試合が22日に各地で行われた。 ▽レベルファイブスタジアムで行われたアビスパ福岡vsジェフユナイテッド千葉は、ホームの福岡が3-1で快勝した。 ▽昨季J1昇格プレーオフに出場したチーム同士の一戦。直近3戦負けなしで7位の福岡(勝ち点15)と、前節FC町田ゼルビアを相手に連敗をストップした16位千葉(勝ち点10)の試合は開始早々に動く。3分、ボックス内で松田がDF近藤に倒されてPKを獲得。これを古巣対戦の森本が冷静に決め切った。しかし、千葉も失点直後の5分にラリベイの落としを受けた船山が左足のシュートをゴール右隅に決めて3試合連続ゴール。早々に試合を振り出しに戻した。 ▽その後は相手のハイラインの裏を効果的に突く福岡がユ・インスを起点に再三の決定機を作り出すと、30分には鈴木の右CKを中央で篠原が競ったこぼれ球をDFエベルトが痛恨のクリアミス。自軍のゴールに頭で流し込んでしまった。福岡の1点リードで折り返した試合は後半も立ち上がりの47分に動く。鈴木のフィードに抜け出した森本が右サイドからそのままボックス内に持ち込んでこの試合2点目を奪い、福岡がリードを2点に広げた。何とか追いつきたい千葉はラリベイを下げて古巣対戦の為田を投入するなど、反撃を試みるが最後まで相手ゴールをこじ開けられず。森本の古巣恩返し弾で快勝の福岡が今季初の連勝。一方、千葉は今季アウェイゲーム5試合で全敗とまたしても内弁慶解消とはならなかった。 ▽デンカビッグスワンスタジアムで行われたアルビレックス新潟vs大宮アルディージャは、アウェイの大宮が1-0で勝利した。 ▽昨季のJ1リーグで17位の新潟と最下位の大宮による降格チーム同士の注目対決。リーグ戦3連敗で13位に低迷する新潟(勝ち点11)と、直近2敗1分けで19位の大宮(勝ち点8)が4試合ぶりの勝利で浮上のキッカケを探る一戦は、立ち上がりからアウェイの大宮ペースで進む。開始直後にはボックス付近に持ち込んだ大前が右足シュートを放つが、これはクロスバーを叩いた。その後もロビン・シモヴィッチを起点に押し込む大宮は大前やシモヴィッチに決定機が訪れるも、GKアレックス・ムラーリャがことごとく好守で阻み、前半はゴールレスで終了した。 ▽それでも、後半も攻勢を見せる大宮は立ち上がりの48分にボックス手前の好位置でFKを獲得。これを名手・大前がゴール左隅の絶妙なコースに直接突き刺し、2試合連続ゴール。待望の先制点を手にした。その後は反撃を試みる新潟が今季リーグ初先発のターレスを軸に相手ゴールに迫るも、ターレスのゴールがオフェンスファウルで認められないなど、なかなか決定機を作れない。対する大宮は鋭いカウンターから幾度か2点目のチャンスを得るも、シモビッチや大前、マテウスらが決め切れない。しかし、粘り強い守備で逃げ切った大宮が今季アウェイ初勝利で4戦ぶりの白星を手にした。一方、新潟は泥沼の4連敗となった。 ▽また、石川県西部緑地公園陸上競技場で行われたツエーゲン金沢vs大分トリニータはアウェイの大分が1-0で勝利した。この結果、大分が首位に浮上した。 ▽10位の金沢(勝ち点12)のホームに乗り込んだ2位の大分(勝ち点18)だが、安定した守備と鋭いカウンターを繰り出すホームチーム相手に苦戦。前半をゴールレスで終えた。後半も一進一退の攻防が続く中、徐々に相手を押し返す金沢がボックス付近で決定機を作り出すが、ボックス内でのハンドやファウルに対して主審がなかなか笛を吹かず、ゴールをこじ開けられない。すると、試合終了間際の93分にはボックス左で仕掛けた星のマイナスの折り返しを丸谷がダイレクトシュート。これが相手DFにディフレクトしてゴール右に決まり、大分が丸谷の移籍後初ゴールで劇的な形で勝利。前日に引き分けたファジアーノ岡山を得失点差で振り切り、首位に浮上した。 ▽その他の試合では4位FC町田ゼルビア(勝ち点16)と3位レノファ山口(勝ち点17)の上位対決は、アウェイの山口が2-1で勝利した。高木と小野瀬のゴールで競り勝った山口は2試合ぶりの勝利で3位キープに成功した。一方、杉森の移籍後初ゴールで一矢報いるも敗れた町田は今季初の連敗となった。 ▽さらに徳島ヴォルティスvsカマタマーレ讃岐の“東四国クラシコ”は、アウェイの讃岐が1-0で勝利。J2昇格後初めて四国勢とのダービーを制した讃岐は8戦ぶりの白星で20位に浮上し、最下位脱出に成功した。 ◆明治安田生命J2リーグ第10節 結果 ▽4/22(日) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アビスパ福岡 3</span>-1 ジェフユナイテッド千葉 アルビレックス新潟 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 大宮アルディージャ</span> 横浜FC 0-0 栃木SC ツエーゲン金沢 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 大分トリニータ</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">松本山雅FC 1</span>-0 モンテディオ山形 徳島ヴォルティス 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 カマタマーレ讃岐</span> FC町田ゼルビア 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 レノファ山口FC</span> ▽4/21(土) 京都サンガF.C. 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ロアッソ熊本</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">東京ヴェルディ 3</span>-0 水戸ホーリーホック 愛媛FC 0-0 ヴァンフォーレ甲府 ファジアーノ岡山 0-0 FC岐阜 2018.04.22 17:00 Sun
twitterfacebook
thumb

アビスパ福岡、中継カメラに侮辱的行為のサポーターに9試合入場禁止処分

▽アビスパ福岡は28日、3月11日に石川県西部緑地公園陸上競技場で開催された2018明治安田生命J2リーグ第3節、ツエーゲン金沢戦でサポーター1名がDAZN中継カメラに向かって侮辱的な行為を働いたことが確認されたことを発表した。 ▽福岡の発表によると、当該サポーターは前述の試合のハーフタイムに、DAZN中継カメラに向かって侮辱的な行為を働いたという。また、当該行為がスタジアム内で大型ビジョンを見ていた人たちをはじめDAZNの中継映像を視聴していた多くの人たちに不快感を与えるものだったと判断。 ▽そして、Jリーグと協議した結果、当該サポーターに対し、3月17日のヴァンフォーレ甲府戦~5月3日のモンテディオ山形戦までのホームゲーム5試合及び、その間に開催されるアウェイゲーム4試合の合計9試合のスタジアム入場禁止を科すことを決めた。 ▽福岡は今回の一件を受けて、「弊クラブといたしましては、日頃より暴力・差別のない世界を目指し、啓発活動に取組んで参りましたが、このような事案が発生しましたことは誠に残念です。本件につきましては、金沢戦にご来場の皆様、Jリーグをはじめとするサッカー関係者及びアビスパ福岡を応援いただいている皆様にご迷惑とご心配をおかけしましたことをお詫び申し上げますとともに、再発防止に取組んで参ります」と、関係者への謝罪と共に再発防止に取り組むことを誓った。 2018.03.28 23:44 Wed
twitterfacebook
thumb

シモヴィッチ&大前の両エース揃い踏み! 大宮が福岡撃破で開幕以来の今季2勝目《J2》

▽25日にNACK5スタジアム大宮で行われた明治安田生命J2リーグ第6節の大宮アルディージャvsアビスパ福岡は、ホームの大宮が2-1で勝利した。 ▽開幕戦以来白星から遠ざかる17位の大宮は、ロアッソ熊本戦との前節から先発6名を変更。直近2試合で勝ちがない11位の福岡は、前節の東京ヴェルディ戦からスタメンを2名入れ替えた。 ▽試合は、序盤から福岡が積極的にシュートを打っていく入りに。だが、20分に大宮が先制する。右サイドで茨田からパスを受けたマテウスが左足でクロス。ゴール前のロビン・シモヴィッチが頭で合わせ、大宮がリードした。 ▽1点先取の大宮は50分、森本を投入して反撃ムードの福岡を尻目にカウンター。ボール奪取の大前が絶妙なタイミングで最終ラインの背後にスルーパスを出す。これに三門が合わせるがシュートを放つが、相手GKに阻まれた。 ▽それでも、52分には大宮に追加点。バイタルエリア中央の位置でFKのチャンスを得ると、大前がキッカーを務める。右足で直接狙い、スピードに乗ったボールがゴールマウス左隅に吸い込まれ、大宮が福岡を突き放した。 ▽勢いを削がれた福岡は、2枚目の交代カードでエウレーを途中起用。78分にも最後の交代枠で山瀬をピッチに送り込んで反撃に転じるが、ドゥドゥがシュート精度を欠くなど、攻めあぐねる時間が続く。 ▽それでも、福岡は89分、ボックス中央でこぼれ球に反応したエウレーのシュートが途中出場の河面の右腕に当たってPKのチャンス。これを森本が確実に決め、終盤に1点を返した。 ▽決定機阻止の河面に一発退場の判定が下された大宮だが、追いすがる福岡の反撃を凌ぎ切り、開幕戦以来の白星となる今シーズン2勝目。2試合ぶり黒星の福岡は、ここ3試合で白星から遠ざかる結果に終わっている。 2018.03.25 18:00 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース