J1復帰の福岡がU-22日本代表DF亀川諒史を完全移籍で獲得…今季は湘南から期限付き移籍2015.12.30 16:24 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽福岡が30日、湘南から期限付き移籍で加入していたU-22日本代表DF亀川諒史(22)が完全移籍で加入することを発表した。

▽亀川は2010年に帝京第三高から湘南に加入。今シーズンから福岡でプレーしていた。今シーズンはJ2で38試合に出場し、福岡のJ1昇格に大きく貢献していた。亀川はクラブを通じてコメントしている。

「来年もアビスパでみなさんと一緒に闘うことが決まり本当に嬉しく思っています。湘南に戻るか福岡に残るかでかなり迷いましたがJ1に昇格できたこと、そしてホーム最終戦、プレーオフ決勝でサポーターの皆さんが揚げてくれた横断幕をみて自分の心にグッとくるものがありました。本当に嬉しかったです」

「皆さんの期待に応えられるよう来シーズンはJ1で結果を出してみなさんに恩返しをしたいと思っています。変わらぬ熱い応援よろしくお願いします。J1で福岡旋風を巻き起こしましょう」

▽また、3シーズンを過ごした湘南を通じてもコメント。感謝の気持ちを述べると共に、福岡での意気込みを語っている。

「高校時代、全国大会などに一度も出たことのない全く無名だった自分を、2012年からプロとしての道をスタートさせてもらい本当に感謝しています。湘南での3年間は昇格、降格、昇格と本当に濃い3年間でしたがその中でもシーズンを通して試合に出ることができずチームに貢献できなかったことは悔しく思っています」

「それでも選手として人間として成長させてくれた湘南があったからこそ今の自分があります。来年は敵チームとして闘うことになりますが、少しでも成長した姿を見せたいと思います。どんな時も温かく応援してくださったサポーターの皆様には本当に感謝しています。3年間、本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

千葉が今季福岡から期限付き移籍で加入していたMF為田大貴を完全移籍で獲得「昇格のために頑張る」

▽ジェフユナイテッド千葉は14日、今シーズンアビスパ福岡から期限付き移籍で加入しているMF為田大貴(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽為田は2017年7月にアビスパ福岡から期限付き移籍で加入した。今シーズンは福岡で明治安田生命J2リーグと天皇杯に1試合ずつ出場。千葉ではJ2リーグで17試合4ゴールを記録し、J1昇格プレーオフには1試合出場していた。 ▽千葉への完全移籍が決定した為田は、両クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆ジェフユナイテッド千葉 「ジェフ千葉の皆さん。もう一度僕にピッチに立つ喜びを教えてくれてありがとうございます。ほんとうに感謝しかありません。あのピッチで試合ができるのは選手としてとても幸せなことだと思います。半年間しかまだ味わっていませんが、ほんとうに最高です。ゴールを決めた時の歓声や勝利の時の歓声」 「あのスタジアムでしか味わうことのできない興奮を、また味わえると思うと嬉しくてたまりません。そして僕を獲得してくれた監督やチーム関係者の方に心より感謝します。千葉の昇格のために少しでも力になれるようにもっともっと頑張ります」 「そして13番のユニフォームでいっぱいのスタジアムにできるようなプレーを目指しますので、力強い応援よろしくお願いします」 ◆アビスパ福岡 「この度、千葉に完全移籍することになりました」 「1年半福岡でプレーできたことは自分にとって大きな財産ですし、これからのサッカー人生においても、とても大事な時間だったと思います。選手の方にも家族共々良くして頂いて本当に感謝しています」 2017.12.14 15:12 Thu
twitterfacebook
thumb

J1昇格を逃した福岡が井原正巳監督と契約更新…4シーズン目の指揮へ

▽アビスパ福岡は14日、井原正巳監督(50)との契約更新を発表した。 ▽井原監督は、横浜マリノス(現横浜F・マリノス)やジュビロ磐田、浦和レッズでプレーし、現役引退後は指導者の道へ。2015年から福岡の監督に就任していた。 ▽就任1年目ではJ1昇格プレーオフを勝ち抜いてチームをJ1昇格へと導いたものの、2016年は1年でJ2降格。今シーズンはJ2で4位に入ると、J1昇格プレーオフ準決勝では東京ヴェルディを下したものの、決勝では名古屋グランパスとゴールレスドロー。J1昇格はならなかった。 2017.12.14 10:24 Thu
twitterfacebook
thumb

福岡、DF濱田水輝とMF末吉隼也、MFジウシーニョら7選手の契約満了を発表

▽アビスパ福岡は5日、DF濱田水輝(27)、FW中原貴之(33)、FW坂田大輔(34)、MF末吉隼也(30)、GK兼田亜季重(27)、MFジウシーニョ(33)、MF三島勇太(23)の契約満了を発表した。 ▽濱田は2015年に浦和レッズから加入。今シーズンは明治安田生命J2リーグに4試合、天皇杯に2試合出場した。中原は2015年にベガルタ仙台から加入。今シーズンは天皇杯で1試合1ゴールを記録した。坂田は2012年にFC東京から加入。今シーズンはJ2リーグで31試合1ゴールを記録した。 ▽福岡県出身の末吉は2015年に鳥栖から復帰。今シーズンはJ3リーグに4試合、天皇杯に2試合出場した。兼田は2016年にモンテディオ山形から加入。今シーズンはJ3リーグに14試合、天皇杯に1試合出場した。ジウシーニョは2017年にブラジルのアトレチコ・ゴイアニエンセから加入。今シーズンはJ3リーグで30試合3ゴールを記録し、天皇杯には1試合出場した。福岡県出身の三島は2013年に福岡U-18からトップ昇格。今シーズンは天皇杯で2試合1ゴールを記録した。 ▽退団が決定した7選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆濱田水輝 「3年間ありがとうございました。今年は目標だったJ1昇格を達成できず、また個人的にも試合に出てチームの力になることができず悔しいシーズンでした」 「そんな苦しい状況の中でも常に練習場やスタジアムで声をかけてくれて応援してくれたファン・サポーターのみなさんには本当に感謝しています。 福岡の街を離れるのは寂しいですがみなさんにまた元気な姿を見せられるよう次の場所で頑張ります。これからもアビスパを応援しています。ありがとうございました」 ◆中原貴之 「3年間ありがとうございました。昇格も降格もプレーオフも、選手としてなかなか経験出来ないことをさせていただきました。チームが苦しい時に力が出せず、申し訳ない気持ちでいっぱいですが、3年間自分なりにチームのために毎日を一生懸命過ごしてきました。来年は必ずアビスパがJ1昇格出来ると信じていますし願ってます。3年間本当にありがとうございました」 ◆坂田大輔 「契約満了になりアビスパ福岡を離れることになりました。アビスパ福岡、そして坂田大輔を応援してくれた皆さん6年間本当にありがとうございました。 皆さんと過ごした6年間、良い時も悪い時もありましたが全てが良い経験になりました」 「2012シーズンに移籍してきてホーム開幕戦でゴールを決めてスタートでき、あの瞬間からアビスパ福岡を応援してくれる皆さんと自分のアビスパ福岡の歴史が始まりました。2013シーズンには経営危機問題もありました。いろんな方々の援助などでその経営危機を乗り越えれました。皆さんのお陰で選手には負担が掛かる事もなくプレーに集中できました。本当にありがとうございました」 「2015年プレーオフ決勝で北斗が劇的なゴールを決めてJ1昇格、今でも思い出すだけで鳥肌が立ちます。先日のプレーオフ決勝 なんとか勝利してJ1昇格をしたかったのですが力及ばず申し訳ありませんでした。アビスパ福岡での時間は終わりました。ただ自分自身新たなスタートに向かわなければなりません。先の事は決まってませんが皆さんに良い報告が出来ればと思います。 最後にもう一度アビスパ福岡と坂田大輔を応援してくれた皆さん6年間本当にありがとうございました」 「クラブハウスにはまだ顔を出すつもりなのでいつでも会いに来てくださいね!」 ◆末吉隼也 「今シーズン限りでアビスパ福岡を退団することになりました。アビスパ福岡で経験できたことは僕にとってかけがえのない財産です。この経験を生かしてこれからも頑張っていきたいと思います。6年間ありがとうございました」 ◆兼田亜季重 「2年間という短い期間でしたが、ありがとうございました。今シーズンは14試合出場とプロ10年間で最も多くの試合に出場し、その中で首位に立って戦う緊張感や1点の重みを改めて実感しました。チームを離れなければなりませんが、この経験を力にして今後に生かしていきたいと思っています」 「たくさんの経験をしてる選手がいてくれた事で試合に出てる時も出てない時も成長できましたし、素晴らしいチームメイトに恵まれて感謝しかありません。また、GKグループとして知恵や技術を教えていただいた山岸コーチ、いつもチームを盛り上げてくれて力強いセーブの中にも繊細さがある神さん、走り方は変なのに身体能力の高さや一瞬の伸びがある杉さん、いじられキャラを受け入れピッチ内外でチームを明るくしてくれて良いセーブをしたら肩があがってくる拓巳、1年間ほんとにありがとう!!」 「監督、コーチ、スタッフ、ファン・サポーターの皆さん、支えてくださってる多くの皆さんに感謝してます。ありがとうございました」 ◆ジウシーニョ 「アビスパサポーターの皆さん、スポンサーの皆さん、そしてクラブ関係スタッフ、チームメイト、現場スタッフ、この貴重な一年間でお世話になった全ての皆さんに心から感謝の気持ちを伝えたいと思います」 「目標としていた昇格を果たせず期待に応えられなかったことは心残りですが、チームメイトも私自身も最後まで全力を尽くしました。アビスパ福岡が来年昇格を達成することを心から願っています。本当にありがとうございました」 ◆三島勇太 「プロになってから5年、育成から入れると11年間ありがとうございました。 チームの力になれず申し訳なかったです。またチームが変わっても応援よろしくお願いします」 2017.12.05 20:23 Tue
twitterfacebook
thumb

風間グランパス、1年でJ1復帰! アドバンテージ生かして福岡との争い制す《J1昇格プレーオフ》

▽3日に豊田スタジアムで行われたJ1昇格プレーオフ決勝の名古屋グランパスvsアビスパ福岡は、ゴールレスドローで終了。レギュラーシーズン上位の名古屋がJ1昇格を果たした。 ▽J2最多85得点の攻撃力が売りの名古屋と、最小36失点の守備力が生命線の福岡がそれぞれ1年でのJ1復帰を目指して、残り1枠の昇格切符を懸けて激突。両チームともに準決勝のスタメンから変更なく、運命の一戦に挑んだ。 ▽緊迫した展開の中、名古屋は13分、右CKからガブリエル・シャビエルのクロスに田口がヘッド。これがネットを揺らすが、ゴール前でGKに対するシモビッチのオフェンスファウルを取られ、ノーゴールとなる。 ▽ゴールレスのまま一進一退の攻防が繰り広げられた試合は、徐々に名古屋がボールの主導権を握り始めるが、対する福岡も山瀬や仲川に決定機。互いに引けを取らない戦いで凌ぎを削る。 ▽58分には、右ウィングバックの駒野が右足で高精度のセンタリングを供給。これに反応したゴール前のウェリントンが頭で合わせるが、オフサイドの判定により、福岡の追加点とはならない。 ▽レギュレーション上、勝たなければJ1昇格の目がない福岡は、石津、ウォン・ドゥジェ、城後を投入。猛攻を仕掛けるが、名古屋が守りの意識を高めてクローズ。名古屋の1年でのJ1復帰が決まっている。 2017.12.03 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1昇格PO決勝プレビュー】J1行き最後の切符を賭けて最強の矛楯対決《名古屋vs福岡》

▽J1昇格へ最後の切符を賭けた大一番が3日に豊田スタジアムで行われる。準決勝を勝ち上がった名古屋グランパスとアビスパ福岡が1年でのJ1復帰を目指して激突する。 <span style="font-weight:700;">◆鬼門・豊田スタジアムで最後は歓喜を</span>〜名古屋グランパス〜 ▽J1昇格プレーオフ準々決勝では、リーグ戦終盤に7連勝を飾りプレーオフに滑り込んだジェフユナイテッド千葉と対戦。佐藤兄弟対決として注目が集まる中、FWシモビッチのハットトリックなどで、4-2で勝利し決勝へと駒を進めた。この勢いのまま昇格を手にしたいところだが、決勝の地である豊田スタジアムでは相性が悪い。 ▽今シーズンの名古屋は豊田スタジアムで8試合を戦い、2勝2分け4敗と大きく負け越している。もう一つのホームスタジアムであるパロマ瑞穂スタジアムでは11勝2敗であることを考えると、鬼門と言えるスタジアムだ。しかし当日は、昇格を心待ちにしている多くのファンやサポーターが詰めかけることが予想されている。彼らの声援を後押しに“終わり良ければすべて良し”となるか。 <span style="font-weight:700;">◆2年前の再現へ完全アウェイで昇格を</span>〜アビスパ福岡〜 ▽名古屋とともにJ1復帰に王手を賭けた福岡は、準決勝で東京ヴェルディと対戦。2年前のプレーオフ王者は、相手が浮き足立つ中の14分にMF山瀬功治のゴールで先制するとそのまま逃げ切った。レベルファイブスタジアム改修に伴い、えがお健康スタジアムで開催されるイレギュラーがありながらも、経験十分の福岡が貫禄勝ちを見せた。 ▽その2年前のプレーオフ決勝では、決勝の地がヤンマースタジアム長居で決まっており、リーグ戦3位でプレーオフに進出した福岡だったが、4位で勝ち上がったセレッソ大阪のホームスタジアムで対戦することとなった。今回はリーグ戦上位チームのホームスタジアムでの開催となっていたため、2年前の状況とは異なる。ただ敵地での独特の雰囲気は体験済み。再びプレーオフ王者に輝けるか。 <span style="font-weight:700;">◆今季の対戦は全くの五分</span> ▽両チームが今シーズン最初に対戦したのは6月17日にレベルファイブスタジアムで行われた第19節。19分にシモビッチのゴールで名古屋が先制するが、後半はFW石津大介の2ゴールにFW城後寿も加点して福岡が逆転勝利を飾っている。この試合では、福岡が[3-4-2-1]を採用したのに対して、名古屋が中盤フラットな[4-4-2]で臨んでいる。 ▽リターンレグは8月20日にパロマ瑞穂スタジアムで行われた第29節。今度は福岡が11分にMF三門雄大のゴールで先制するが、19分にシモビッチのゴールで名古屋が追いつく。さらに後半はMF青木亮太、DFイム・スンギョムがゴールを奪い、3-1で名古屋が勝利した。この試合では、名古屋が[3-4-2-1]を敷いて臨んだのに対して、福岡は中盤フラットの[4-4-2]で望んだ。結果だけでなく、戦い方のアプローチも似た2試合となっている。 <span style="font-weight:700;">◆最強の矛楯対決</span> ▽名古屋は今シーズン、リーグ戦で最多となる85ゴールをマーク。得点数で2位の徳島ヴォルティスは71ゴールで1試合平均は1.69ゴールであるのに対して、名古屋は唯一の2点台である2.02ゴール。プレーオフ準決勝の千葉戦でも先制されながらも逆転に持ち込むなど、驚異的な攻撃陣となっている。福岡の堅い守りをこじ開けられるかに注目だ。 ▽対する福岡は今オフにオフェンスの補強が目立ったが、やはりチームスタイルは“堅守”。湘南ベルマーレと並びリーグ最小の36失点となっている。1試合平均では0.86失点と1点台を切っている。ゴールが必要な状況だが、失点しては元も子もない。ゴールレスの時間を長く作り、1発にかける。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆名古屋グランパス</span>[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171202_51_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>GK:武田洋平 DF:宮原和也、ワシントン、櫛引一紀 MF:青木亮太、田口泰士、小林裕紀、和泉竜司 MF:ガブリエル・シャビエル、佐藤寿人 FW:シモビッチ 監督:風間八宏 ▽引き分け以上の結果でJ1復帰が決まる名古屋にとっては、[4-4-2]を採用して立ち上がりにブロックを敷き福岡の出方を伺うことも考えられる。しかし今季の対戦結果を考えても[3-4-2-1]で立ち上がりから主導権を握りにかかるだろう。福岡戦で2ゴールを奪っているシモビッチにうまくボールを集め、試合の行方を大きく左右する先制点を奪いたい。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆アビスパ福岡</span>[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171202_51_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>GK:杉山力裕 DF:實藤友紀、冨安健洋、堤俊輔 MF: 駒野友一、山瀬功治、三門雄大、亀川諒史 MF:仲川輝人、松田力 FW:ウェリントン 監督:井原正巳 ▽プレーオフ準決勝の東京V戦では、第39節のツエーゲン金沢戦以来となる復帰となった實藤を先発させるサプライズ起用を見せた。その結果、福岡は4試合ぶりの無失点試合を達成。名古屋との大一番でも“勝っているチームは弄らず”。準決勝のメンバーにJ1復帰を託す。 <span style="font-weight:700;">【キープレーヤー】</span> <span style="font-weight:700;">◆FW玉田圭司</span>(名古屋グランパス)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171202_51_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽名古屋にキープレーヤーはベテランレフティーの玉田圭司。今季はケガの影響もありシーズン中盤に離脱したが、終盤には復帰を果たし8試合連続出場を果たすなど状態は万全。ベテランらしく最前線やシャドーストライカー、右サイドハーフなど攻撃的なあらゆるポジションをこなせるジョーカー。また2年前のプレーオフ決勝ではC大阪の選手として福岡から先制点を奪っている。チームとしてプレーオフの経験がないだけに、玉田には精神的支柱としての役割も求められる。 <span style="font-weight:700;">◆FW松田力</span>(アビスパ福岡)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171202_51_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽福岡のキープレーヤーは、今シーズンに名古屋から福岡に加入した松田力。昨シーズンはJ1リーグで14試合1ゴールを奪う活躍を見せたがポジションを獲得できず。しかし新天地ではリーグ戦31試合で4ゴールと、欠かせない存在となっている。福岡のオフェンスのストロングポイントであるFWウェリントンには厳しいマークが予想されるだけに、松田がいかにフォローできるかが勝敗を左右する。古巣の前で成長した姿を見せられるか。 2017.12.02 22:00 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース