J1復帰の福岡がU-22日本代表DF亀川諒史を完全移籍で獲得…今季は湘南から期限付き移籍2015.12.30 16:24 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽福岡が30日、湘南から期限付き移籍で加入していたU-22日本代表DF亀川諒史(22)が完全移籍で加入することを発表した。

▽亀川は2010年に帝京第三高から湘南に加入。今シーズンから福岡でプレーしていた。今シーズンはJ2で38試合に出場し、福岡のJ1昇格に大きく貢献していた。亀川はクラブを通じてコメントしている。

「来年もアビスパでみなさんと一緒に闘うことが決まり本当に嬉しく思っています。湘南に戻るか福岡に残るかでかなり迷いましたがJ1に昇格できたこと、そしてホーム最終戦、プレーオフ決勝でサポーターの皆さんが揚げてくれた横断幕をみて自分の心にグッとくるものがありました。本当に嬉しかったです」

「皆さんの期待に応えられるよう来シーズンはJ1で結果を出してみなさんに恩返しをしたいと思っています。変わらぬ熱い応援よろしくお願いします。J1で福岡旋風を巻き起こしましょう」

▽また、3シーズンを過ごした湘南を通じてもコメント。感謝の気持ちを述べると共に、福岡での意気込みを語っている。

「高校時代、全国大会などに一度も出たことのない全く無名だった自分を、2012年からプロとしての道をスタートさせてもらい本当に感謝しています。湘南での3年間は昇格、降格、昇格と本当に濃い3年間でしたがその中でもシーズンを通して試合に出ることができずチームに貢献できなかったことは悔しく思っています」

「それでも選手として人間として成長させてくれた湘南があったからこそ今の自分があります。来年は敵チームとして闘うことになりますが、少しでも成長した姿を見せたいと思います。どんな時も温かく応援してくださったサポーターの皆様には本当に感謝しています。3年間、本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

福岡MF末吉隼也に第一子となる長男が誕生「より一層責任感をもって頑張っていきたい」

▽アビスパ福岡は3日、MF末吉隼也に第一子となる男の子が誕生したことを発表した。 ▽クラブの発表によると、末吉の長男は9月28日(木)の8時56分に誕生したとのことだ。すえよしはクラブを通じてコメントしている。 「第一子が誕生しました。前節の山口戦ではチームメイトからゆりかごダンスでお祝いをしてもらい、本当に嬉しかったです。改めて多くの皆さんのおかげでこの日を迎えられたと思っています」 「そして元気な子どもを産んでくれた妻に心から感謝しています。父親としての自覚と覚悟を胸に、より一層責任感をもって頑張っていきたいと思っています。これからも応援よろしくお願いします」 ▽今シーズンの末吉は、明治安田生命J2リーグで4試合の出場にとどまっている。 2017.10.03 20:14 Tue
twitterfacebook
thumb

長崎ドローで連勝福岡が2位浮上! 首位湘南は圧巻開始11秒弾などで快勝《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第35節の5試合が、30日に各地で開催された。 ▽NDソフトスタジアム山形で行われたモンテディオ山形vsV・ファーレン長崎は、0-0のドローに終わった。 ▽全て1点差の接戦をモノにして5連勝で自動昇格圏内の2位をキープする長崎(勝ち点62)が、7戦未勝利で13位に位置する山形(勝ち点46)のホームに乗り込んだ一戦。立ち上がりから優勢に試合を進める長崎は5分、セットプレーから飯尾が際どいシュートを放つが、これは右ポストを叩く。その後は山形が盛り返して拮抗した展開が続く中、37分には鈴木雄の個人技から山形に決定機も、ボックス手前で放ったシュートは相手GKの好守に遭う。すると43分には長崎が得意のセットプレーの流れから前田のミドルシュートがゴールネットを揺らすが、ここはオフサイドポジションの味方にボールが当たっており、ゴールは認められず。 ▽ゴールレスで折り返した試合は、前半同様に拮抗した展開に。55分には左サイド深くで碓井が折り返したボールをGKが弾くと、これをボックス中央の幸野が強烈なシュートで狙うが、これはGK児玉の素早いレスポンスに阻まれる。その後も互いに勝ち点3を目指して攻め合う中、より勝ち点がほしい長崎はファンマを狙ったクロスやロングボールでゴールをこじ開けにかかるが、最後まで山形ゴールをこじ開けることはできず。苦手山形とのアウェイゲームでまたしても勝利を逃した長崎の連勝が「5」でストップした。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170930_17_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽レベルファイブスタジアムで行われたアビスパ福岡vsレノファ山口FCは、ホームの福岡が2-1で勝利した。 ▽前節、7試合ぶりの勝利を収めた3位福岡(勝ち点61)が、降格圏の21位山口(勝ち点28)をホームに迎えた隣県対決。試合は立ち上がりからホームの福岡が押し込むと、15分にボックス内に抜け出した仲川がPKを獲得。これをキッカーの山瀬が冷静に流し込み、幸先良く先制に成功。さらに、直後の18分には中央の三門から左サイドに走り込む亀川にパスが通ると、亀川の速いクロスをゴール前に走り込んだ松田が頭で合わせ、2試合連続ゴールを記録。その後は小塚や岸田を起点に山口が反撃を試みるが、要所を締めた福岡が2点リードで試合を折り返した。 ▽迎えた後半もきっちりゲームをコントロールする福岡は、出場停止明けのウェリントンを松田に代えて投入するなど、とどめの3点目を目指す。だが、62分に駒野のクロスに合わせたウェリントンのヘディングシュート、82分に相手のバックパスに反応したウェリントンのループシュートは相手の好守やポストに阻まれ、追加点とはならず。それでも、相手の反撃を試合終了間際のラストプレーで喫した前の1点にとどめ、ホームで2-1の勝利。見事に連勝を飾った福岡はこの日引き分けた長崎を抜き、再び自動昇格圏内の2位に浮上した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170930_17_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽Shonan BMWスタジアム平塚で行われた湘南ベルマーレvsツエーゲン金沢は、ホームの湘南が4-2で勝利した。 ▽2位長崎に勝ち点9差を付けて首位を独走する湘南(勝ち点71)がホームに19位金沢(勝ち点34)を迎えた一戦は、キックオフ直後に圧巻のゴールが生まれる。湘南はキックオフのボールを山田が右サイドの藤田征に展開。その藤田征がワンタッチで菊池に預け、リターンパスを右サイド深くからダイレクトで折り返すと、ボックス中央に走り込んだ山田が右足で叩きつけたダイレクトシュートが大きくバウンドし、GK白井の頭上を越えてゴールネットを揺らし、金沢の選手が誰もボールに触れないうちに開始11秒の衝撃ゴールが決まった。 ▽その後、足を痛めたジネイに代えて19分に齊藤の投入を余儀なくされた湘南だが、その後も相手を押し込むと、32分には山田のパスに抜け出した秋野がボックス内で左足のシュートを流し込み、前半のうちに2点目を奪った。後半に入っても攻撃の手を緩めない湘南は54分、藤田征の右CKをファーで収めた菊池が流し込み、19戦ぶりの出場で早速結果を残した。この3点目で勝利を大きく近づけた湘南は、中美にゴールを許してクリーンシートを逃がすも、セットプレーからアンドレ・バイアのゴールで4点目を奪取。その後、試合終了間際に金子に2点目を許したが、ホームで4-2の完勝。リーグ11戦負けなしで優勝に向けてまた一歩前進した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170930_17_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽ケーズデンキスタジアム水戸で行われた水戸ホーリーホックvs松本山雅FCは、アウェイの松本が1-0で勝利した。 ▽前節、6試合ぶりの勝利を手にした11位水戸(勝ち点48)と、前節連勝が「4」でストップした6位松本(勝ち点55)が対峙した一戦。試合は立ち上がりから松本のペースで進むと、29分に先制点を奪う。スローインの流れから右サイドをドリブルで独走した高崎がボックス内に侵入して丁寧に折り返すと、これを併走していた石原が冷静に流し込んだ。その後は追加点を奪えずに苦戦を強いられながらも、出場停止に加え、契約上の問題でエースFW前田大然を起用できない水戸の反撃をきっちり凌ぎ切った松本が1-0で勝利。暫定ながら4位浮上に成功した。 ▽その他の試合結果は以下の通り。 ◆J2第35節 ▽9/30(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アビスパ福岡 2</span>-1 レノファ山口FC モンテディオ山形 0-0 V・ファーレン長崎 水戸ホーリーホック 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 松本山雅FC</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">京都サンガF.C. 2</span>-0 ジェフユナイテッド千葉 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">湘南ベルマーレ 4</span>-2 ツエーゲン金沢 ▽10/1(日) 《13:00》 ファジアーノ岡山 vs 大分トリニータ カマタマーレ讃岐 vs 徳島ヴォルティス 《15:00》 ザスパクサツ群馬 vs 横浜FC FC岐阜 vs 名古屋グランパス 東京ヴェルディ vs FC町田ゼルビア 《19:00》 ロアッソ熊本 vs 愛媛FC 2017.09.30 21:19 Sat
twitterfacebook
thumb

福岡DF駒野友一がホークスvsマリーンズで始球式!! 左手で放ったボールは!?

▽アビスパ福岡の元日本代表DF駒野友一が、26日に行われたプロ野球の福岡ソフトバンクホークスvs千葉ロッテマリーンズで始球式を行った。 ▽ヤフオクドームでの一戦で駒野は、ホークスのユニフォームを着てマウンドに登場。和田毅投手が見守る中、右バッターボックスに立った加藤翔平外野手に対して左手で投じたボールは、左に大きく逸れるも、ノーバウンドで高谷裕亮捕手のミットに収まった。 ▽駒野には温かい拍手が送られ、マウンドを降りている。 ▽ホークスは、16日に2年振り20度目(1リーグ制時代を含む)のパシフィックリーグ優勝を決めた。前回優勝した2015年には、アビスパ福岡もJ2リーグ3位で昇格プレーオフを制してJ1リーグに復帰を果たした。 ▽しかし昨年はホークスが日本ハムファイターズに11.5ゲーム差を引っくり返されてV逸。アビスパ福岡も1年でのJ1降格を余儀なくされている。 ▽近年は同じように浮き沈みを経験している2チームだけに、アビスパ福岡としてはホークスにあやかりJ1昇格を決めたいところ。J2で首位の湘南ベルマーレには勝ち点10差と大きく引き離されているが、2位のV・ファーレン長崎とは勝ち点1差だけに、自動昇格圏内を勝ち取りたい。まずは30日に行われる明治安田生命J2リーグ第35節のレノファ山口戦で勝利できるかに注目だ。 2017.09.26 19:12 Tue
twitterfacebook
thumb

福岡、6戦未勝利で3位後退…熊本に追いつかれてドロー《J2》

▽18日にえがお健康スタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ第33節延期分のロアッソ熊本vsアビスパ福岡は、1-1のドローに終わった。 ▽台風の影響により、順延を余儀なくされた九州勢対決。直近5試合で勝利から遠ざかっている2位の福岡が6試合未勝利で20位に沈む熊本のホームに乗り込んだ。試合は坂田にシュートシーンが巡ってくるなど、序盤から福岡ペースの展開に。だが、出場停止でウェリントンを欠くこともあり、崩しで熊本の守備を崩しきれない。 ▽37分にバイタルエリア手前から石津がミドルシュートでゴールに迫った福岡は、セットプレーを絡めた攻撃を展開。だが、重苦しい戦況を好転させるには至らない。福岡は、後半も攻勢をかける。だが、熊本は59分、ボックス中央でボールを受けた安柄俊が鋭い反転からシュートを放つ決定打。だが、ここはGKの好守に阻まれた。 ▽流れを変えるべく坂田からジウシーニョにスイッチした福岡は、69分に均衡を破る。ジウシーニョからパスを受けたウォン・ドゥジェがバイタルエリア右から右足を振り抜く。枠に飛んだシュートがゴール前の植田にディフレクトして、大きく弾んだボールがそのままゴールに。苦しい戦いを強いられた福岡がついにリードした。 ▽だが、リードを許した熊本も反撃。73分、ボックス左で縦に仕掛けた片山がジウシーニョに後方から倒されてPKのチャンスを獲得すると、これを嶋田が落ち着いてゴール左隅に沈める。熊本にとって、嶋田のゴールは7試合ぶりの得点。熊本が試合のスコアをイーブンに戻した。 ▽引き離したい福岡は、残る交代カードで三門、仲川に代えて、松田、城後を投入。より圧力を強めていきたいところだったが、終盤に入り、熊本が攻撃に力を注ぎ始めたことで、守備に追われてしまう。結局、試合は1-1の痛み分けで終了。6戦未勝利の福岡は、今節勝利したV・ファーレン長崎に2位を奪われる形で3位に後退している。 2017.09.18 19:55 Mon
twitterfacebook
thumb

福岡FWウェリントンが肘打ちで2試合の出場停止処分

▽Jリーグは15日、アビスパ福岡に所属するブラジル人FWウェリントンをリーグ戦2試合の出場停止処分を科すことを発表した。 ▽規律委員会は、9日に行われた明治安田生命J2リーグ第32節の愛媛FC戦において、ウェリントンがゴール前のポジショニング争いの際に、相手選手に対して極めて乱暴なひじ打ちをした疑いがあったことをマッチコミッショナーより報告を受けて調査。事実関係の確認を行い、審議された結果、同選手の行為は「選手等に対する暴行・脅迫及び一般大衆に対する挑発行為」に該当すると判断され、2試合の出場停止処分が下された。 ▽ウェリントンは、これにより17日に行われるJ2リーグ第33節のロアッソ熊本戦と24日に行われるFC岐阜戦で出場停止となる。 2017.09.16 08:48 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース