J1復帰の福岡がU-22日本代表DF亀川諒史を完全移籍で獲得…今季は湘南から期限付き移籍2015.12.30 16:24 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽福岡が30日、湘南から期限付き移籍で加入していたU-22日本代表DF亀川諒史(22)が完全移籍で加入することを発表した。

▽亀川は2010年に帝京第三高から湘南に加入。今シーズンから福岡でプレーしていた。今シーズンはJ2で38試合に出場し、福岡のJ1昇格に大きく貢献していた。亀川はクラブを通じてコメントしている。

「来年もアビスパでみなさんと一緒に闘うことが決まり本当に嬉しく思っています。湘南に戻るか福岡に残るかでかなり迷いましたがJ1に昇格できたこと、そしてホーム最終戦、プレーオフ決勝でサポーターの皆さんが揚げてくれた横断幕をみて自分の心にグッとくるものがありました。本当に嬉しかったです」

「皆さんの期待に応えられるよう来シーズンはJ1で結果を出してみなさんに恩返しをしたいと思っています。変わらぬ熱い応援よろしくお願いします。J1で福岡旋風を巻き起こしましょう」

▽また、3シーズンを過ごした湘南を通じてもコメント。感謝の気持ちを述べると共に、福岡での意気込みを語っている。

「高校時代、全国大会などに一度も出たことのない全く無名だった自分を、2012年からプロとしての道をスタートさせてもらい本当に感謝しています。湘南での3年間は昇格、降格、昇格と本当に濃い3年間でしたがその中でもシーズンを通して試合に出ることができずチームに貢献できなかったことは悔しく思っています」

「それでも選手として人間として成長させてくれた湘南があったからこそ今の自分があります。来年は敵チームとして闘うことになりますが、少しでも成長した姿を見せたいと思います。どんな時も温かく応援してくださったサポーターの皆様には本当に感謝しています。3年間、本当にありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

鹿島が1stステージ制覇で7年ぶりのリーグタイトル獲得《J1》

▽25日に県立カシマサッカースタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ・1stステージ第17節の鹿島アントラーズvsアビスパ福岡は、ホームの鹿島が2-0で勝利した。この結果、鹿島の1stステージ優勝が決定。11月に行われるチャンピオンシップ出場権を獲得した。 ▽勝てば自力でステージ優勝を決められる首位の鹿島は、出場停止の昌子とカイオに代わって、ブエノと杉本を先発起用。その他、今夏限りでの退団が発表された青木とジネイがベンチ入りした。対して、ここ5試合で白星から遠ざかる最下位の福岡は、前節の川崎フロンターレ戦で2ゴールの金森らがスタートから起用された。 ▽立ち上がりから圧力をかけていきたい鹿島だったが、序盤は縦にシンプルな仕掛けを見せる福岡に苦戦を強いられる。5分には、右サイドで縦に仕掛けた金森が深くからクロスを供給。中央でフリーのウェリントンが左足ボレーを放つが、枠内に飛ばせない。 ▽その後も古部にシュートを許すなど不安定さを拭えない鹿島だったが、27分に均衡を破る。右CKのチャンスから柴崎が右足でクロスを供給すると、ゴール前の狭いスペースに走り込んだ山本がヘディング。これがゴール左隅に決まり、鹿島が先制する。 ▽さらに、鹿島は37分、ボックス右のイーブンボールに反応した金崎がダニルソンを鋭いターンで出し抜き、ゴールマウスに向かってドリブルを開始。深くまでボールを持ち込んで中央に折り返すと、ゴール前に詰めた土居が冷静に押し込んだ。 ▽迎えた後半も相手にボールを持たせながら試合を進めた鹿島は、攻守のバランスを意識しながらプレー。無理に攻め急ぐことはない。それでも、後半の半ばに3枚の交代カードを使い切り、攻勢を強めた福岡にやや押し込まれ始めてしまう。 ▽すると、77分に守備のテコ入れを図るべく永木を入れた鹿島は、後半アディショナルタイムにこの試合をもって退団するジネイ、青木を投入。そのまま勝ち切った鹿島が1stステージ優勝を果たし、2009年以来7年ぶりのリーグタイトル獲得を手にした。 2016.06.25 21:02 Sat
twitterfacebook
thumb

福岡が横浜FMのMF三門雄大を完全移籍で獲得

▽アビスパ福岡は23日、横浜F・マリノスMF三門雄大(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽福岡に加入した三門は、公式サイトを通して「初めまして。この度、横浜F・マリノスから加入することになりました三門雄大です。今持っている全ての力を尽くして、福岡のために戦いたいと思います。応援よろしくお願いします」と意気込みを語った。 ▽また2シーズン半在籍した横浜FMの公式サイト上では次のように語っている。 「横浜F・マリノスのファン・サポーターの皆さん。2年半に渡り、温かいご声援ありがとうございました。嬉しい時、楽しい時はもちろん、苦しい時も悩む時もありましたが、皆さんのご声援のおかげで頑張ることができました」 「シーズン半ばでの移籍なので、今回の決断に至るまで本当にたくさん悩みました。悩み抜いた上での決断なので、温かく見守っていただけると嬉しいです。F・マリノスでプレーすることが出来たことは僕の誇りです。自分の実力不足もあり、今回移籍という決断に至りましたが、ファン・サポーターの皆さんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。共に戦った2年半を絶対に忘れません。本当にありがとうございました」 ▽2014シーズンに新潟から横浜FMに加入した三門は、2015シーズンにリーグ戦32試合に出場(4ゴール)するなど主力としてプレー。しかし今シーズンはリーグ戦3試合の出場に留まっていた。 2016.06.23 15:36 Thu
twitterfacebook
thumb

初タイトルを狙う川崎Fが最下位の福岡に痛恨のドロー…自力優勝が消滅《J1》

▽18日に明治安田生命J1リーグ・1stステージ第16節のアビスパ福岡vs川崎フロンターレがレベルファイブスタジアムで行われ、2-2の引き分けに終わった。 ▽今節の結果次第で悲願の初タイトル獲得となる首位の川崎Fは、前節行われた横浜F・マリノスとの“神奈川ダービー”から先発メンバーを1人変更。腰痛のため前日練習を欠席した中村に代わって大塚がリーグ戦初先発を飾った。 ▽一方、リーグ戦4試合勝利のない最下位の福岡は、前節のヴァンフォーレ甲府戦からメンバー変更は2点。鈴木と濱田に代わって甲府戦を出場停止で欠場したダニルソンと堤が先発に起用された。 ▽優勝の可能性を秘める注目の試合は、開始早々の2分に大島のパスに抜け出した小林がボックス右からシュート。3分には登里が仕掛けたこぼれ球を拾った大久保がゴールを狙ったが、共に枠を捉えられない。 ▽前掛かりに攻める川崎Fに対し、福岡は9分にファーストチャンスでスコアを動かす。GKイ・ボムヨンのロングフィードをバイタルエリア中央でウェリントンが競り合うと、このこぼれ球をボックス手前の邦本がワンタッチでつなぎ、最後はボックス内に走りこんだ金森が胸トラップから右足でゴールに流し込んだ。ホームで先制に成功した福岡は、15分にも邦本とのパス交換でボックス中央から侵入した金森が左足でゴール右隅を打ち抜いた。 ▽まさかの2失点を喫した川崎Fだが、22分に追い討ちをかけるアクシデント。エドゥアルドが左モモ裏を負傷し、プレー続行が不可能となって井川との交代を余儀なくされた。しかし、川崎Fが持ち前のポゼッションサッカーでゲームをコントロールすると23分、ボックス右で大久保のパスを受けた小林の折り返しを大島がゴールに流し込んだが、これはGKイ・ボムヨンの好守に遭う。 ▽ハーフタイムにかけて攻勢を続ける川崎Fは42分、バイタルエリア手前でボールを受けた大島のスルーパスに抜け出した小林がループシュートを放つと、クロスバーに当たったボールがそのままゴールに吸い込まれた。 ▽後半、川崎Fは登里を下げて武岡を投入。[4-2-3-1]の布陣を大久保と大塚を2トップに配置した[4-4-2]に変更した。しかし、最初の決定機はホームチームに生まれる。48分、ウェリントンのパスで相手DFの裏に抜け出した金森がボックス左から侵入。シュートを狙ったがこれはサイドネットを叩いた。 ▽ピンチを凌いだ川崎Fは反撃に転じる。52分、ボックス左ライン際でボールを受けた小林の折り返しをゴール前のエウシーニョがダイレクト合わせるも、これは枠の上に外れた。さらに62分には、左サイドでボールを受けた大塚のパスをボックス手前で受けた車屋がそのままボックス左から侵入しゴールを狙ったが、これもGKイ・ボムヨンの好セーブに阻まれた。 ▽攻勢を強める川崎Fは71分、大塚のシュートのこぼれ球に詰めた大島がボックス内でキム・ヒョヌンに倒され、PKを獲得。このPKを大久保が冷静に沈めた。勢いに乗る川崎Fは75分にも大久保のパスをボックス右ライン際で武岡が折り返すと、相手DFに当たったこぼれ球を大久保が押し込んだが、再びGKイ・ボムヨンのファインセーブに防がれた。 ▽その後、川崎Fは79分にエウシーニョを下げて田坂を投入。最後まで福岡ゴールに迫ったが勝ち越しゴールは生まれず、試合は2-2で終了。敵地で痛恨のドローを喫した川崎Fは2位に後退し、1stステージの自力優勝が消滅した。 2016.06.18 21:49 Sat
twitterfacebook
thumb

福岡FW中原貴之が左ヒザ前十字靭帯損傷で全治8カ月…

▽アビスパ福岡は16日、FW中原貴之が負傷したことを発表した。 ▽福岡の公式サイトによると、中原は5月15日(日)のトレーニング中に負傷。検査結果で、左ヒザ前十字靭帯損傷と診断され6月17日(金)に手術を行うようだ。なお、全治は8カ月を見込んでいる。 ▽なお、中原は今季のリーグ戦で3試合に途中出場している。 2016.06.17 08:31 Fri
twitterfacebook
thumb

甲府、ビリー・セレスキーの移籍後初ゴールで福岡との下位対決を制し9戦ぶりの白星!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ1stステージ第15節、ヴァンフォーレ甲府vsアビスパ福岡が11日に山梨中銀スタジアムで行われ、ホームの甲府が1-0で勝利した。 ▽8戦未勝利の14位甲府(勝ち点12)と、3戦勝利のない最下位の福岡(勝ち点10)が勝ち点2差の中で迎えた下位対決。互いに勝ち点3を目指して集中した入りを見せた両チームは、ウェリントンとクリスティアーノのキーマンにボールを集めながら相手陣内に侵攻していく。だが、崩しの精度を欠き、なかなか決定機を創出できない。 ▽それでも、9戦ぶりの勝利に向けて気迫を見せるホームの甲府が鮮やかな連係から先制点を奪う。41分、ボックス付近でチュカと稲垣とダイレクトでパス交換したビリー・セレスキーがボックス内に侵入。最後はGKとの一対一を冷静に制し、右足の丁寧なシュートを流し込んだ。 ▽甲府の1点リードで迎えた後半、ビハインドを追う福岡は為田を下げて平井をハーフタイム明けに投入する。54分にはウェリントンと末吉の絡んだサイドアタックでチャンスを作るが、末吉の折り返しはそのままゴールラインを割ってしまった。 ▽一方、61分にチュカを下げて長身DFの熊谷を最前線に投入した甲府は、74分に左CKのショートコーナーからクリスティアーノの絶妙クロスに畑尾と熊谷が飛び込むが、この決定機を決め切れない。 ▽試合終盤にかけて邦本と坂田の2人のアタッカーを投入した福岡は、83分にこの試合最大の決定機を迎える。ボックス内に抜け出したウェリントンのシュートが飛び出したGK河田に阻まれるも、ボールは勢いを失わず、そのままゴール方向に向かう。だが、このシュートをDF畑尾にゴールライン手前でかき出され、同点ゴールとはならず。 ▽畑尾の好クリアで最大のピンチを何とか凌いだ甲府は、試合終盤の相手のパワープレーをきっちり跳ね返して、このまま試合をクローズ。ビリー・セレスキーの移籍後初ゴールで福岡との下位対決を制した甲府が、9戦ぶりの白星を手にした。 2016.06.11 17:34 Sat
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース