超ワールドサッカー

新潟が町田に期限付き移籍していたDF増田繁人の復帰を発表…4シーズンぶりの復帰へ2015.12.30 14:14 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽新潟は30日、町田に期限付き移籍していたDF増田繁人(23)が復帰することを発表した。

▽増田は流経大柏高から2011年に新潟へ加入。2013年は群馬、2014年は大分、2015年は町田に期限付き移籍し経験を積んでいた。今季はJ3で32試合に出場し4得点を記録。町田のJ2昇格に貢献していた。増田は新潟を通じて意気込みを語っている。

「新潟の皆さん、お久しぶりです! 4シーズンぶりに新潟でプレーすることになりました。この3年間でしてきた経験をチームに還元できるようになり頑張ります! よろしくお願いします!」

▽増田は町田を通じてもコメント。感謝のコメントを述べ、新潟での活躍を誓った。

「今回、アルビレックス新潟に戻る事になりました。みんなで勝ち取ったJ2の舞台で一緒に戦いたい気持ちも強く、とても悩みましたが、新潟に帰ってチャレンジしようと思い決断しました」

「優勝こそできませんでしたが、史上最大のぬか喜びも含め、昇格を成し遂げられたことは、僕にとってとても大切な財産です!本当に皆さんに感謝しています。1年間ありがとうございました!!」

コメント

関連ニュース

thumb

中島&遠藤らのゴールで横浜FMが新潟に4発快勝《YBCルヴァンカップ》

▽YBCルヴァンカップ2017のグループB第3節、横浜F・マリノスvsアルビレックス新潟が26日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、4-1で横浜FMが勝利した。 ▽2連敗スタートとなった横浜FMと、1分け1敗の新潟が対戦。横浜FMは、直近の柏レイソル戦から、扇原、前田、ウーゴ・ヴィエイラの3選手以外を変更し、バブンスキーやU-21の中島を先発起用した。対する新潟は、直近のFC東京戦から全選手を入れ替え、鈴木や端山、成岡といった選手がスタートからピッチに立った。 ▽先にチャンスを作ったのは横浜FM。7分、ボックス左手前から吉尾がシュートを放つが、これはわずかにバーの上へはずれる。 ▽対する新潟は11分、端山の左CKに平松が頭で合わせる。しかし、このヘディングシュートは枠を捉えることができない。 ▽それでも、新潟は18分にスコアを動かす。ボックス左に侵入した鈴木が仕掛けて正面のジャン・パトリックにパス。ジャン・パトリックが冷静にシュートをゴールに流し込み、新潟が先行する。 ▽ビハインドを背負った横浜FMだが、32分に同点に追いつく。ウーゴ・ヴィエイラがジャン・パトリックのヒジ打ちを受けてPKを獲得。これをウーゴ・ヴィエイラが確実に決めて1-1とした。 ▽迎えた後半、62分に前田に代えて齋藤を投入して積極的に2点目を狙いにいった横浜FMは、65分に勝ち越す。左サイドで得たFKで、キッカーの吉尾がクロスを入れる。最後は混戦から正面の中島がシュートをねじ込み、横浜FMが逆転する。 ▽勢いに乗った横浜FMは、72分に遠藤のクロスに合わせた伊藤のヘディングシュートがポストに直撃。それでも、83分にバイタルエリアで仕掛けてボックス右に侵入した遠藤がファーにプロ初ゴールとなるシュートを決めて3-1とする。 ▽さらに横浜FMは88分、扇原が豪快なミドルシュートを決めて4点目。そのまま快勝した横浜FMが、今季のルヴァンカップ初勝利を挙げた。 2017.04.26 21:51 Wed
twitterfacebook
thumb

太田の直接FK弾含む3発で新潟撃破! FC東京、3試合ぶりの白星《J1》

▽22日に明治安田生命J1リーグ第8節のアルビレックス新潟vsFC東京がデンカビッグスワンスタジアムで行われ、3-0でFC東京が勝利した。 ▽第7節を終えて、1勝2分け4敗で16位につける新潟と、3勝1分け3敗で8位につけるFC東京の一戦。2-0で勝利した前節のヴァンフォーレ甲府戦で今シーズン初勝利を飾った新潟は、その一戦と同様のメンバーを起用した。 ▽一方、前節の浦和レッズ戦で0-1の黒星を喫して今季初の連敗を喫したFC東京は、その一戦から先発メンバーを3人変更。室屋と永井、阿部に代えて太田と河野、大久保嘉人を起用した。 ▽試合は、立ち上がりからホームの新潟が前線のスピードを活かした攻撃で果敢に相手陣内へと攻め入るも、FC東京の固いディフェンスを前にシュートチャンスを作ることができない。 ▽前半半ばが経過すると、ここまで押し込まれていたFC東京がセットプレーから先制する。28分、ボックス手前やや左でFKを獲得すると、太田が左足を振り抜く。ゴール左上隅を狙ったシュートはGK大谷が伸ばした手をかすめることなく、ゴールネットに吸い込まれた。 ▽先制を許した新潟が攻勢を強めると31分、山崎の落としを受けたロメロ・フランクがボックス手前から右足でシュート。さらに32分、チアゴ・ガリャルドのパスでボックス右へと抜け出したホニが右足を振り抜くも、どちらも枠を捉えることができない。 ▽立て続けにチャンスを作った新潟は直後に決定機を迎える。34分、こぼれ球を拾ったチアゴ・ガリャルドがボックス手前から右足を振り抜く。これがゴール右隅を捉えるも、GK林がわずかに触れて右ポストに嫌われてしまい、1-0でFC東京がリードして試合を折り返す。 ▽後半に入ると1点ビハインドの新潟が攻撃を加速させる。62分、最終ラインからの縦パスに反応した加藤がボックス右に抜け出すと、相手DFにブロックされるもこぼれ球をホニが右足でシュート。しかし、これはGK林に正面でキャッチされる。 ▽その後も攻勢を続ける新潟だったが、一瞬の隙からFC東京が追加点を奪う。69分、高萩の縦パスに抜け出した太田が左サイド敵陣深くからグラウンダーのクロスを供給。これをボックス中央に走り込んだ橋本が右足で合わせ、ゴール左上に突き刺した。 ▽終盤に差し掛かると、リードを広げたFC東京がダメ押しのチャンス。80分、最終ラインからのボールを敵陣中央やや右で永井がヘディングで縦に流すと、ポストプレーに入った前田が潰れてボールはボックス右手前へと転がる。これに反応した大久保嘉人が抜け出すと、ソン・ジュフンに倒されてしまう。すると、ボックス外でのファウルにも見えたが、これがPKの判定。これを大久保嘉人自らが真ん中に沈め、3-0と新潟を突き放す。 ▽一矢報いたい新潟は終盤、ソン・ジュフンを前線に上げパワープレーに出るも、猛攻は実らず。3-0で快勝したFC東京は、3試合ぶりの勝利。一方の新潟は、今季初の連勝とはならなかった。 2017.04.22 18:07 Sat
twitterfacebook
thumb

新潟MF加藤大が入籍「家族のため、新潟のため戦っていきたい」

▽アルビレックス新潟は20日、MF加藤大の入籍を発表した。お相手は一般の方のため、プロフィールや入籍日などは公開されない。 ▽加藤は三菱養和SCユースから2010年に新潟へ入団。2012年、2013年と2シーズンは愛媛FCにレンタル移籍を経験し、2015年からは中盤のレギュラーとして活躍していた。加藤はクラブを通じてコメントしている。 「このたび、お付き合いしていた方と結婚させていただくことになりました。守るものができたので、よりいっそう責任感を持って、家族のため、新潟のため戦っていきたいと思います」 ▽今シーズンの加藤は、明治安田生命J1リーグで7試合に出場。YBCルヴァンカップでは2試合に出場していた。 2017.04.20 18:59 Thu
twitterfacebook
thumb

矢野の復帰後初ゴールなどで新潟が甲府との川中島ダービーを制して今季初勝利!!《J1》

▽16日に明治安田生命J1リーグ第7節、ヴァンフォーレ甲府vsアルビレックス新潟の“川中島ダービー”が山梨中銀スタジアムで行われ、2-0で新潟が今季初勝利を飾った。 ▽かつて戦国時代において甲斐国・武田信玄と越後国・上杉謙信が信濃国で相見えた川中島の戦いになぞらえられる甲府と新潟のダービーマッチ。前節の川崎フロンターレ戦で1-1のドローに終わり連勝は2でストップした12位の甲府(勝ち点8)が、サガン鳥栖戦に0-3の完敗を喫し2連敗で未だ勝利がない17位の新潟(勝ち点2)をホームに迎えた。 ▽甲府が[5-3-2]のフォーメーションを採用し、新潟は[4-4-2]で試合に入った。恵まれた天候の中でキックオフされた一戦は、新潟がボールを持ちながらも、自陣で受ける甲府がボールフォルダーへの素早い寄せからロングカウンターを狙っていく。すると11分に早速試合が動いた。左CKを獲得した新潟は、チアゴ・ガリャルドが入れたインスイングのボールを、ファーサイドの富澤が頭で折り返すと最後は原が低空ダイビングヘッドで押し込み、先制点を奪った。 ▽追いかける甲府は18分にボックス手前右の位置でFKを獲得。オリヴァー・ボザニッチが左足で直接狙うと、シュートは枠を捕えたがGK大谷がしっかりとはじき出した。甲府は26分にも左サイドの深い位置でボールを受けた小椋が落として、松橋が狙うがボールは枠外へ。さらに押し込んでいく甲府は、31分に松橋が相手選手との接触で負傷。一度はピッチを出るが、プレー続行となった。 ▽リードする新潟は、オフェンス時にパスのエラーが目立ちフィニッシュに持ち込めない時間が続く。それでも36分、ホニがボックス内でドリブルを仕掛け、GKをかわして無人のゴールに流し込みにかかる。新潟が追加点かと思われたが、ライン上で甲府がクリアしリードを広げることはできなかった。44分にはゴール正面のやや遠い位置でFKを獲得するが、ホニが直接狙った強烈なシュートは枠を捕えるもGKがキャッチ。前半はそのまま新潟の1点リードで終えた。 ▽迎えた後半の最初のチャンスは新潟だった。49分、裏に抜け出したホニがドリブルでボックス内に侵入。DFを引き連れながらもGKの体勢を崩して右足で狙うが、右ポストを叩いてしまい、追加点を奪うことはできなかった。しかし直後の52分、左CKを獲得した新潟はこの流れからニアサイドの矢野が頭で合わせる。矢野の復帰後初ゴールで新潟がリードを2点に広げた。 ▽甲府は終盤にかけて攻勢に出ようとするも、新潟も集中した守りを見せて危なげなくし合いを運んでいく。最後まで集中力を切らさなかった新潟が、そのままリードを保って試合は終了。今シーズン初の川中島ダービーは新潟に軍配があがり、今季初勝利となった。 2017.04.16 15:07 Sun
twitterfacebook
thumb

茶島弾の広島がアウェイで新潟を撃破《YBCルヴァンカップ》

▽YBCルヴァンカップ2017のグループB第2節、アルビレックス新潟vsサンフレッチェ広島が12日にデンカビッグスワンスタジアムで行われ、0-1で広島が勝利した。 ▽第1節で引き分けスタートとなった両者が相まみえた。新潟はトップに鈴木を先発で起用。広島は、U-21日本代表の長沼や森島がスタメンに名を連ねた。 ▽序盤は、堀米の仕掛けを軸とする新潟が積極的にシュートを狙いにいくが、広島も徐々にポゼッション率を高めて巻き返す。しかし、広島はトップの工藤に良質なボールをなかなか供給することができず、決定機をつくるまでには至らない。 ▽それでも、試合の均衡を破ったのは広島だった。30分、ボックス右に流れた森島が縦パスをダイレクトで折り返す。最後はゴール前の茶島が丁寧に合わせてネットを揺らし、広島が先行した。 ▽広島リードのまま迎えた後半は、新潟が反撃に転じる。なかなか同点弾に迫れない新潟は、端山、鈴木、本間勲と下げていき、田中、山崎、ホニを送り出していく。新潟は73分、左サイドで仕掛けた堀米のクロスに正面の加藤が合わせる。だが、このシュートもバーの上にはずれる。 ▽終盤にかけては、新潟がリスクを冒してゴールを狙いにいくも、堅実な守備で相手を封じた広島が最後までリードを保ったまま逃げ切り。1勝1分けの広島が勝ち点4まで伸ばした。 2017.04.12 21:13 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース