新潟が町田に期限付き移籍していたDF増田繁人の復帰を発表…4シーズンぶりの復帰へ2015.12.30 14:14 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽新潟は30日、町田に期限付き移籍していたDF増田繁人(23)が復帰することを発表した。

▽増田は流経大柏高から2011年に新潟へ加入。2013年は群馬、2014年は大分、2015年は町田に期限付き移籍し経験を積んでいた。今季はJ3で32試合に出場し4得点を記録。町田のJ2昇格に貢献していた。増田は新潟を通じて意気込みを語っている。

「新潟の皆さん、お久しぶりです! 4シーズンぶりに新潟でプレーすることになりました。この3年間でしてきた経験をチームに還元できるようになり頑張ります! よろしくお願いします!」

▽増田は町田を通じてもコメント。感謝のコメントを述べ、新潟での活躍を誓った。

「今回、アルビレックス新潟に戻る事になりました。みんなで勝ち取ったJ2の舞台で一緒に戦いたい気持ちも強く、とても悩みましたが、新潟に帰ってチャレンジしようと思い決断しました」

「優勝こそできませんでしたが、史上最大のぬか喜びも含め、昇格を成し遂げられたことは、僕にとってとても大切な財産です!本当に皆さんに感謝しています。1年間ありがとうございました!!」

コメント

関連ニュース

thumb

新潟MF成岡に第二子となる男の子が誕生「より責任感を持ってがんばっていきたいと思います」

▽アルビレックス新潟は22日、MF成岡翔(32)に第二子となる男の子が誕生したと発表した。 ▽クラブの発表によると、成岡の第二子となる男の子は21日に誕生したとのことだ。成岡はクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ▽「大切な家族が増えました。より責任感を持ってがんばっていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」 ▽同選手は今シーズンの明治安田生命J1リーグ3試合に出場している。 2017.03.22 14:05 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FMvs新潟は両者譲らずドロー《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第4節の横浜F・マリノスvsアルビレックス新潟が18日に日産スタジアムで行われ、1-1で終了した。 ▽ここまで2勝1敗の横浜FMと、1分け2敗で勝利がない新潟が激突。横浜FMは、ウーゴ・ヴィエイラの1トップに、2列目は齋藤、バブンスキー、マルティノスを起用した。一方の新潟は、ホニとチアゴ・ガリャルドの2トップ、左サイドの山崎らが先発に名を連ねた。 ▽立ち上がりにビッグチャンスを迎えたのは横浜FM。4分、右サイドからマルティノスがゴール前に入れたボールに、ウーゴ・ヴィエイラが合わせる。これが枠に飛んだが、コースが甘くGK大谷のセーブに遭う。 ▽ハーフタイムにかけては一進一退の攻防となったが、33分に試合の均衡を破ったのは横浜FMだった。右サイドからカットインしてボックス右手前に入ったマルティノスが左足を一閃。強烈なミドルシュートがゴール左に突き刺さり、横浜FMがリードを手にする。 ▽先制した横浜FMはさらに、齋藤、ウーゴ・ヴィエイラとゴール前で決定機を迎えるが、フィニッシュの精度を欠いて追加点とはならない。 ▽すると、新潟が相手のミスから40分に追いつく。横浜FMのMF中町がGKに浮き球のバックパス。これをGKに先んじてボールをかっさらったホニがネットを揺らし、1-1とした。 ▽迎えた後半、横浜FMはゴール前で粘り強いプレーを見せたウーゴ・ヴィエイラがシュートに持ち込むも、相手DFのブロックに遭う。さらにゴール前でバブンスキーもチャンスを迎えたが、新潟守備陣の身体を張ったディフェンスを前にシュートに持ち込めない。 ▽終盤にかけては横浜FMが攻勢に出たが、ラストプレーの精度を欠いたことと新潟守備陣の奮闘もあって、なかなかゴールを割ることができない。87分には右サイドからのクロスをボックス左の中町が折り返し、最後は正面の遠藤がボレー。しかし、これはGK大谷に弾かれ、ポストに直撃した。 ▽結局、試合はそのまま1-1で終了。両者が勝ち点を分け合っている。 2017.03.18 16:06 Sat
twitterfacebook
thumb

劇的結末! 途中出場のFW田中達也が2得点で新潟が鳥栖と引き分けに持ち込む《YBCルヴァンカップ》

▽15日、JリーグYBCルヴァンカップが開幕。グループBのサガン鳥栖vsアルビレックス新潟がベストアメニティスタジアムで行われ、2-2のドローに終わった。 ▽直近のリーグ戦でサンフレッチェ広島に1-0と勝利し、今シーズン初白星を手にした鳥栖は、決勝ゴールのMF原川力やFW豊田陽平、MF鎌田大地らを温存。新加入のDFフランコ・スブットーニやMF太田徹郎、MF水野晃樹が初出場。MF小川佳純も初先発を飾った。対する新潟は、直近のリーグ戦で清水エスパルスに0-2で敗戦。FWチアゴ・ガリャルドやFW鈴木武蔵、FWロメロ・フランクを先発起用した。 ▽ホームの鳥栖は8分、やや離れた位置からのFKを水野が直接狙うもわずかに枠の右に外れる。10分にはFKから水野がクロスを入れると、FW趙東建が合わせるもGK大谷がセーブする。 ▽それでも22分、右サイドから田川がクロス。これを原がニアでクリアするも、こぼれ球を水野が左足ボレーで叩き込み鳥栖が先制する。 ▽新潟は24分、鈴木武蔵がボックスに差し掛かった所からシュートもGK権田が好反応でセーブする。29分には、鳥栖がチャンス。左からの田川のクロスをボックス内で趙東建が左足で合わせる。しかし、これは枠に飛ばない。 ▽鳥栖の1点リードで迎えた後半は新潟が圧力をかける。51分にはチアゴ・ガリャルドのクロスにソン・ジュフンが頭で合わせるも、枠に飛ばない。追いつきたい新潟はFW田中達也、MF本間勲のベテラン2人を投入。すると選手交代が効果を発揮する。 ▽66分、右サイドを鈴木が突破すると、グラウンダーのクロスを受けた田中がボックス内でシュート。これが左隅に決まり、新潟が同点に追いつく。 ▽その後は互いに攻勢を掛けるもスコアが動かず。このまま引き分けかと思われた90分、鳥栖は西村のクリアボールを途中出場の高橋が左足ボレー。これが決まり、鳥栖が土壇場で勝ち越しに成功する。 ▽そのまま逃げ切りたい鳥栖だったが、新潟が一瞬の隙を突く。浮き球のパスを受けた田中が、ボックス内右からフリーでシュート。これが左ポストを叩いて決まり、新潟が起死回生の同点ゴール。そのまま試合は終わり、2-2の引き分けに終わった。 2017.03.15 21:11 Wed
twitterfacebook
thumb

新潟DF前野貴徳が右外側半月板損傷で全治3カ月…

▽アルビレックス新潟は12日、DF前野貴徳が負傷したことを発表した。 ▽クラブ公式サイトによると、前野は2月26日に行われた新潟医療福祉大学との練習試合で負傷。右外側半月板損傷との診断を受けて、3月10日に東京都内の病院で手術を行い全治3カ月と診断されたようだ。 2017.03.12 18:16 Sun
twitterfacebook
thumb

鄭大世2戦連発の清水が新潟撃破でJ1舞台に3年ぶりの2連勝!《J1》

▽11日にデンカビッグスワンスタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第3節のアルビレックス新潟vs清水エスパルスは、アウェイの清水が2-0で勝利した。 ▽開幕から1分け1敗の新潟と、1勝1敗の清水が激突した。ホーム開幕戦の新潟は、2戦連発中の田中が引き続きベンチスタート。対する清水は、前節を欠場した野津田が昨シーズンまで在籍した新潟との一戦に向けて先発した。 ▽試合が動き始めたのは後半に入ってから。後半開始4分に角田の負傷交代というアクシデントに見舞われた清水だったが、76分に均衡を破る。右サイドの枝村がダイレクトで中央にクロスを送ると、ファーサイドの鄭大世がヘディング。鄭大世の2試合連続ゴールで清水が先制する。 ▽その後、追いつきたい新潟が交代枠を駆使しながら反撃に出るが、清水が後半アディショナルタイム3分に松原が試合の行方を決定付ける追加点。前節のサンフレッチェ広島戦に続く白星を手にした清水が約3年ぶりにJ1で2連勝を飾った。 2017.03.11 17:45 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース