新潟が町田に期限付き移籍していたDF増田繁人の復帰を発表…4シーズンぶりの復帰へ2015.12.30 14:14 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽新潟は30日、町田に期限付き移籍していたDF増田繁人(23)が復帰することを発表した。

▽増田は流経大柏高から2011年に新潟へ加入。2013年は群馬、2014年は大分、2015年は町田に期限付き移籍し経験を積んでいた。今季はJ3で32試合に出場し4得点を記録。町田のJ2昇格に貢献していた。増田は新潟を通じて意気込みを語っている。

「新潟の皆さん、お久しぶりです! 4シーズンぶりに新潟でプレーすることになりました。この3年間でしてきた経験をチームに還元できるようになり頑張ります! よろしくお願いします!」

▽増田は町田を通じてもコメント。感謝のコメントを述べ、新潟での活躍を誓った。

「今回、アルビレックス新潟に戻る事になりました。みんなで勝ち取ったJ2の舞台で一緒に戦いたい気持ちも強く、とても悩みましたが、新潟に帰ってチャレンジしようと思い決断しました」

「優勝こそできませんでしたが、史上最大のぬか喜びも含め、昇格を成し遂げられたことは、僕にとってとても大切な財産です!本当に皆さんに感謝しています。1年間ありがとうございました!!」

コメント

関連ニュース

thumb

新潟と横浜FMは最終節に望み繋ぐも痛い引き分け《ナビスコカップ》

▽25日にヤマザキナビスコカップ2016のグループB第6節のアルビレックス新潟vs横浜F・マリノスが行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽4試合を消化して4位に位置する新潟(勝ち点6)が、同じく4試合消化で3位の横浜FM(勝ち点7)をデンカビッグスワンスタジアムに迎えた一戦。お互いに決勝トーナメント進出に可能性を残す中で迎えた今節、試合は7分に動きを見せる。 ▽新潟は伊藤が右サイドでドリブルを仕掛けると、そのままボックス内に侵入してグラウンダーのクロスを送り、フリーの指宿が押し込んだ。 ▽対する横浜FMは29分に天野が入れたロビングのパスからカイケがダイレクトで折り返すと、これを仲川がボレーで合わせる。しかし、このチャンスを決めきることはできず、結局前半は新潟が1点リードで終えた。 ▽お互いに交代なしで迎えた後半は、追いかける展開の横浜FMが攻勢に出る。49分には相手陣内中央の位置でFKを獲得し、この流れから中澤がフリーでゴール前にボールを送るも味方には合わなかった。 ▽しかし、72分に相手陣内右サイドでFKを獲得した横浜FMは、ボックス内でセカンドボールを拾った仲川が右足でシュートを流し込んで振り出しに戻す。その後は一進一退の攻防となるも、お互いにチャンスを決めきれないまま試合は終了。両チームともに決勝トーナメント進出の可能性は残すも、痛み分けに終わった。 2016.05.25 21:13 Wed
twitterfacebook
thumb

G大阪、浦和に続き川崎Fも新潟の牙城を崩せずゴールレスドロー《J1》

▽明治安田生命J1リーグ・1stステージ第13節のアルビレックス新潟vs川崎フロンターレが21日にデンカビッグスワンスタジアムで行われ、0-0の引き分けに終わった。 ▽前節のヴィッセル神戸戦でホーム1カ月ぶりの勝利を挙げ暫定首位に浮上した川崎Fは、U-23日本代表に招集された大島に代わり、森谷がエドゥアルド・ネットとボランチでコンビを組み、トップ下に中村を配置した[4-2-3-1] の布陣で試合に臨んだ。なお、神戸戦で負傷した奈良の代わりには、谷口を起用している。 ▽一方の新潟は、第11節のガンバ大阪戦、第12節の浦和レッズ戦と、昨季のチャンピオンシップ進出チームに対して2戦連続で引き分けに持ち込むなど堅守を披露するも、リーグ戦7試合未勝利と苦戦が続いている。その新潟は、前節の浦和戦から先発を2選手変更。増田と平松に代わり、大野と小塚が先発で起用された。 ▽立ち上がりからチーム全体で新潟を押し込んだ川崎Fは7分、相手陣内でボールを奪った登里のスルーパスに反応した小林がボックス左からシュート。しかし、これは左ポストを直撃した。 ▽一方、素早いカウンターで川崎Fゴールに迫る新潟は10分、小塚の左CKに飛び込んだ舞行龍ジェームズがヘディングシュートを放つも、これはGKチョン・ソンリョンのファインセーブに遭った。 ▽川崎Fは17分、右サイドを突破したエウシーニョの折り返しが舞行龍ジェームズにブロックされると、こぼれ球に反応した小林がシュート。しかし、このシュートも大野の体を投げ出したスライディングブロックに防がれた。 ▽新潟は前半終了間際の46分、バイタルエリア左で獲得したFKを加藤がボックス内に放り込むと、このボールが直接川崎Fゴールを脅かしたが、ボールはわずかに右に逸れた。 ▽ゴールレスで迎えた後半、新潟は田中を下げて成岡を投入。すると46分、右サイドからのアーリークロスをファーサイドに走り込んだ成岡がヘディングで狙ったが、これはオフサイドを取られた。 ▽川崎Fは52分、中村の右FKをニアサイドで小林が頭で合わせるも、これはGK守田の正面に飛んでしまう。一方の新潟は68分、小塚のボックス左で受けた山崎の折り返しを加藤がダイレクトで押し込むもこれは相手DFのブロックに阻まれた。 ▽ポゼッションで上回るも新潟ゴールをこじ開けられない川崎Fは70分、登里を下げて中野を投入。すると74分、中村のパスをボックス右で受けた中野のダイレクトクロスにファーサイドの大久保が飛び込むも、これはボールに届かず。 ▽試合終盤にかけてカウンターの鋭さが増す新潟は87分、レオシルバのスルーパスに抜け出した途中出場の指宿がシュート。さらに90分にはドリブルで持ち上がったレオシルバのラストパスを受けた途中出場の伊藤がフリーでシュートを放つも、これはGKチョン・ソンリョンのファインセーブに防がれた。 ▽結局、試合はそのままゴールレスで終了。G大阪、浦和に続き、暫定首位の川崎Fも新潟の牙城を崩すことが出来なかった。 2016.05.21 21:13 Sat
twitterfacebook
thumb

新潟が小塚のゴラッソで吉田監督凱旋試合を制す! 連勝ストップの柏は首位浮上ならず…《ナビスコカップ》

▽ヤマザキナビスコカップ2016のグループB第5節、柏レイソルvsアルビレックス新潟が18日に日立柏サッカー場で行われ、アウェイの新潟が2-1で勝利した。 ▽グループB2位に付ける柏(勝ち点7)と6位の新潟(勝ち点3)が対峙した一戦。共に直近のリーグ戦からほとんどのメンバーを入れ替えた中、ホームの柏は負傷明けの伊東や田中、大津、エデルソンらが先発入り。一方の新潟はこれがトップチームデビューとなる西村と長谷川、カリウとフレッシュなメンバー構成となった。 ▽立ち上がりから優勢に試合を運ぶ柏は、エデルソンや大谷、田中がボックス付近で積極的にシュートを放っていくが、GK川浪の好守などに阻まれて序盤の先制機を生かせない。対して守勢が続く新潟も17分、ボックス左で仕掛けたカリウにシュトチャンスも、ここはGKにコースを消されて加入後初ゴールとはならず。 ▽その後も伊東の右サイドと前線の流動性を生かして攻勢を続ける柏だったが、大津や田中が再三の決定機をモノにできず、柏ペースで進んだ前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半、カリウを下げてハーフタイム明けに大野を投入し、攻守のバランスを整えた新潟が、序盤のピンチを凌ぐと、55分にワンチャンスを生かして先制に成功する。ハーフウェイライン付近左サイドでボールを奪った成岡が、相手陣内に持ち上がってボックス右に走り込む伊藤にラストパス。飛び出したGKをキックフェイントでかわし、ゴール左隅に蹴り込んだ。 ▽グループステージ突破に向けて負けられない柏は、60分に武富、64分にディエゴ・オリヴェイラを投入。すると、この選手交代が同点ゴールをもたらす。66分、右CKの流れから中川が頭で裏に流したボールをディエゴ・オリヴェイラが頭で押し込んだ。 ▽同点に追いついて勢い付く柏が、ここから攻勢を仕掛けるが、先に勝ち越しゴールを奪ったのは、またしても新潟だった。左サイドから端山が入れたクロスをボックス右の平松が丁寧に頭でマイナスに折り返すと、これを小塚が見事なダイレクトボレーでゴール左に突き刺した。 ▽再びビハインドを背負った柏は、試合終盤にかけて猛攻を仕掛ける。80分にはボックス内でディエゴ・オリヴェイラ、小林と続けて際どいシュートを放つが、いずれもGK川浪のビッグセーブに阻まれる。その後、GK桐畑まで前線に上がるパワープレーで同点ゴールを目指すも、最後まで新潟守備を崩すことはできず。この結果、吉田監督の日立台凱旋試合を制した新潟が2勝2敗とし、グループステージ突破に望みを繋いだ。一方、ホームで敗れた柏は、ナビスコカップ3連勝を逃し、首位浮上のチャンスを逃した。 ◆ナビスコカップ・グループB順位表(第5節終了時点) (勝点/得失/試合) 1.仙台(8/+1/4) 2.柏(7/+4/5) 3.横浜FM(7/0/4) 4.新潟(6/-4/4) 5.川崎F(5/+3/5) 6.福岡(5/0/4) 7.鳥栖(2/-2/4) 2016.05.18 21:21 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:浦和レッズ 0-0 アルビレックス新潟《J1》

▽14日に埼玉スタジアム2002で行われた明治安田生命J1リーグ・1ステージ第12節の浦和レッズvsアルビレックス新潟は、0-0で終了した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽浦和レッズ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160514_15_480000.jpg" width="290px"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 西川周作 5.5 押し込まれる時間帯もあったが、難しいタスクを迫られるシーンは少なかった DF 46 森脇良太 5.5 後半に入ってより攻撃参加の意識を高めるが、停滞感を一蹴するまでには至らず 6 遠藤航 6.0 ポジショニングの良さで最終ラインを統率 5 槙野智章 5.5 守備に比重を置いたプレーぶり。いつもより攻撃面での貢献度は低かった MF 24 関根貴大 5.0 十分に前野の牙城を打ち破れず、効果的なボールを供給できなかった (→駒井善成 -) 10 柏木陽介 5.5 好調キープも停滞感が漂う試合の流れにのまれた印象 22 阿部勇樹 5.5 いつも通り、攻撃時は最終ラインに下がってビルドアップに関与。ただ、後半に一度自陣でボールを奪われてピンチを招いた 3 宇賀神友弥 5.0 サイドからの切り崩しも不十分で消化不良な出来 (→ズラタン 5.0) ジョーカーとしてピッチに送られるも不発 9 武藤雄樹 5.0 ボールを引き出す動きで秀逸ぶりを発揮するが、局面打開とは至らず (→梅崎司 5.5) 自身の仕掛けでアウトサイドからの攻撃に一定の勢いをもたらした 20 李忠成 5.5 人を使うプレーを徹底もここ数試合と比べるとややキレを欠いた FW 30 興梠慎三 5.0 狭いスペースでの動き出しでPKのチャンス獲得。しかし、その先制機を自ら不意に 監督 ペトロヴィッチ 5.0 痛いポイントロス。今日の内容に限れば勝ち点3に値しなかった ▽アルビレックス新潟採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20160514_16_480000.jpg" width="290px"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 21 守田達弥 6.5 殊勲のPKストップ。結果論だが、あのPKストップが勝ち点1をもたらした DF 4 舞行龍ジェームズ 6.0 2戦連続のサイドバック起用。大きな綻びなく宇賀神を黙らせた 2 大野和成 5.5 PKストップのGK守田に助けられる。その後は徐々に地に足をつけた守備を見せた 3 増田繁人 6.0 概ね安定した守備を披露 5 前野貴徳 6.0 関根を封殺。相手のサイド攻撃を停滞させた MF 25 小泉慶 6.0 豊富な運動量でサイドをケアしつつ、攻撃面も手を抜くことなく尽力 13 加藤大 6.0 中央に人数をかけてくる相手の仕掛けに苦慮。ただ、目を見張る運動量で攻守をフォローした 8 レオ・シルバ 6.5 要所で存在感。堅守速攻の体現者に 14 田中達也 5.0 埼スタ凱旋試合。いくつからしいプレーを見せるも、前節のガンバ大阪戦に比べると物足りない出来 (→端山豪 5.5) 流れを壊すことなく攻守に集中した FW 16 平松宗 5.5 攻守にハードワーク。前線で泥臭く戦った (→野津田岳人 -) 9 山崎亮平 6.0 決定力こそ欠いたものの、終始カウンターの旗手に (→成岡翔 -) 監督 吉田達磨 6.5 前節のガンバ大阪に続くクリーンシート。7戦勝ちなしだが、内容だけ見れば勝ち点3に値する出来 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! レオ・シルバ(アルビレックス新潟) ▽レスター・シティのカンテを彷彿とさせる運動量で中盤の広範囲を監視。攻守における働きぶり、貢献度は絶大だった 浦和レッズ 0-0 アルビレックス新潟 2016.05.14 16:05 Sat
twitterfacebook
thumb

興梠PK失敗の浦和、“お得意様”新潟とドローで連勝ストップ《J1》

▽14日に埼玉スタジアム2002で行われた明治安田生命J1リーグ・1ステージ第12節の浦和レッズvsアルビレックス新潟は、0-0で終了した。 ▽1試合未消化ながら4連勝で首位をひた走る浦和がホームに6戦未勝利で暫定15位に沈む新潟を相まみえた。浦和はGK西川から1トップの興梠まで現状のベストメンバーを先発起用。対する新潟は前節のガンバ大阪戦と同様の顔ぶれを引き続きスタート起用した。 ▽戦前の予想通り、立ち上がりからチーム全体を押し上げて新潟を押し込んだ浦和は15分、ボックス手前でクリアボールを拾った柏木が左足のミドルシュート。さらに、ボックス左でGK守田の弾いたボールを武藤がゴールを狙うが、ここも決めきれない。 ▽それでも、浦和は19分に味方の縦パスにボックスの狭いスペースで反応した興梠が大野からファウルを受けてPKのチャンスを獲得。このキッカーに興梠自らが名乗りを上げるが、ゴール正面をとらえたシュートは、GK守田の残した足に弾かれてしまう。 ▽先制機を逸した浦和だが、その後も新潟のカウンターをケアしつつ、売りとするポゼッションサッカーで試合の流れを掌握。41分にはボックス右角でボールを受けた李が反転して左足を振りぬくが、ゴール左隅をとらえたボールもGK守田にブロックされる。 ▽その後、43分には新潟がカウンターを発動。さらに、44分にもシンプルなボールのつなぎで前線に持ち運んでシュートの形に持っていくが、いずれも不発。対する浦和も停滞した流れを打ち破る一手を欠き、ゴールレスで前半を終えた。 ▽無失点で耐え凌いで後半を迎えた新潟は、前半と同様にレオ・シルバのところでボールを落ち着かせながら、攻撃のリズムを構築。59分には、前野のスルーパスからボックス左の平松がシュートを放つが、ここはゴール左のサイドネットを揺らすにとどまる。 ▽さらに、新潟は8分に加藤、9分に山崎がシュートに持ち込むと、56分にも決定機。敵陣の左サイドで阿部からボールを奪った山崎がそのままドリブルで持ち上がり、シュートを放つが、ここもネットを揺らせない。 ▽すると、浦和は58分に武藤を諦めて梅崎をピッチに送り込み、流れを再び引き寄せにかかるが、その後も新潟がカウンターで応戦。ところが、レオ・シルバの持ち上がりから生まれた決定機を山崎が決めきれず、先制のチャンスを不意にしてしまう。 ▽後半の半ばにかけても攻撃面の停滞感が漂う浦和は、70分に宇賀神を下げてズラタン、83分に関根に代えて駒井を投入。チーム全体を押し上げて前がかりとなるが、対する新潟も端山や野津田、成岡をピッチに送り込み、カウンターで応戦する。 ▽そんな中、攻守の切り替えで鈍さが目立つ浦和はズラタンの高さを生かしたロングボールも交えながら勝ち点3を目指すが、そのまま試合終了。リーグ19戦無敗で“お得意様”とする新潟に対して、連勝を止められる結果に終わった。 2016.05.14 16:04 Sat
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース