新潟が町田に期限付き移籍していたDF増田繁人の復帰を発表…4シーズンぶりの復帰へ2015.12.30 14:14 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽新潟は30日、町田に期限付き移籍していたDF増田繁人(23)が復帰することを発表した。

▽増田は流経大柏高から2011年に新潟へ加入。2013年は群馬、2014年は大分、2015年は町田に期限付き移籍し経験を積んでいた。今季はJ3で32試合に出場し4得点を記録。町田のJ2昇格に貢献していた。増田は新潟を通じて意気込みを語っている。

「新潟の皆さん、お久しぶりです! 4シーズンぶりに新潟でプレーすることになりました。この3年間でしてきた経験をチームに還元できるようになり頑張ります! よろしくお願いします!」

▽増田は町田を通じてもコメント。感謝のコメントを述べ、新潟での活躍を誓った。

「今回、アルビレックス新潟に戻る事になりました。みんなで勝ち取ったJ2の舞台で一緒に戦いたい気持ちも強く、とても悩みましたが、新潟に帰ってチャレンジしようと思い決断しました」

「優勝こそできませんでしたが、史上最大のぬか喜びも含め、昇格を成し遂げられたことは、僕にとってとても大切な財産です!本当に皆さんに感謝しています。1年間ありがとうございました!!」

コメント

関連ニュース

thumb

新潟がFW田中達也と契約更新…今季はJ1で20試合3得点

▽アルビレックス新潟は30日、FW田中達也(34)との契約更新を発表した。 ▽田中は浦和レッズから2013年に新潟へ入団。今シーズンは明治安田生命J1リーグで20試合3得点、ヤマザキナビスコカップ(現YBCルヴァンカップ)で3試合、天皇杯で3試合に出場していた。 2016.11.30 14:53 Wed
twitterfacebook
thumb

新潟がユース出身のDF西村竜馬と契約更新…復帰初年度の今季J1で7試合出場

▽アルビレックス新潟は29日、DF西村竜馬(23)と2017シーズンの契約を更新したことを発表した。 ▽新潟ユース育ちの西村は2011年に2種登録選手としてトップチーム登録されると、翌年に正式昇格。その後、ブラジルのGEマウアエンセ、JAPANサッカーカレッジ、アスルクラロ沼津へのレンタル移籍を経て、今シーズンから新潟に復帰した。 ▽なお、新潟復帰初年度の今シーズンは、明治安田生命J1リーグの7試合、天皇杯の2試合に出場していた。 2016.11.29 13:25 Tue
twitterfacebook
thumb

新潟が新潟シンガポールのFW河田篤秀を完全移籍で獲得…シンガポールリーグで43試合19得点

▽アルビレックス新潟は25日、アルビレックス新潟・シンガポールからFW河田篤秀(24)が完全移籍で加入することを発表した。 ▽セレッソ大阪の下部組織出身の河田は、阪南大学から2015年にアルビレックス新潟・Sへと加入。シンガポールリーグでは2シーズンで43試合に出場し19得点を記録。リーグカップでは通算8試合出場6得点、シンガポールカップ通算9試合出場し6得点を記録していた。河田はクラブを通じてコメントしている。 「このたび、アルビレックス新潟シンガポールから移籍する事になりました河田篤秀です。シンガポールでの2年間は僕にとって素晴らしいもので、支えてくださった方々に感謝しています」 「来シーズンからは新潟の地で「アルビレックス」という名を背負いプレーできる事を誇りに思います。チームの力になれるよう全力でプレーしますので応援よろしくお願いします!」 2016.11.25 11:30 Fri
twitterfacebook
thumb

新潟、8年間トップを務めた田村貢社長が退任「さらに飛躍を遂げるためには何らかの変化が必要であると感じ、退任を決意」

▽J1のアルビレックス新潟は23日、22日に取締役会を開催し、2016年12月31日付けで代表取締役社長の田村貢氏(54)が退任することが決定したことを発表した。 ▽2009年に代表取締役社長に就任して以降、8年間に渡って新潟の発展に尽力してきた田村氏は、クラブ公式サイトで以下のようなコメントを残している。 いつもアルビレックス新潟に温かいご支援・ご声援を賜り厚く御礼申し上げます。 11月22日に開催された取締役会で、代表取締役社長の退任について承認をいただきました。 「2009年にアルビレックス新潟代表取締役社長に就任し、8年もの長きに渡って支えていただいたサポーターの皆様、株主・スポンサーの皆様、クラブや試合運営を支えていただいている関係会社やボランティアの皆様、選手・スタッフ、クラブスタッフの皆様に、心より感謝申し上げます」 「2016年、アルビレックス新潟はタイトル獲得を目標に掲げ、選手・スタッフ、また育成普及スタッフやフロントスタッフも各々の分野で力を尽くしてくれましたが、苦しい戦いが続き、最終節でJ1リーグ残留を決める結果に終わりました。クラブに対して大きな期待を寄せていただいている多くのサポーターの皆様、株主・スポンサーの皆様に対して期待に応えることができなかったことへの責任は代表取締役社長を務める私にあり、また、これからアルビレックス新潟がさらに飛躍を遂げるためには何らかの変化が必要であると感じ、退任を決意いたしました」 「クラブの前身である新潟イレブンに選手として所属して12年間、そしてクラブ創設から20年間と長きに渡り携わってまいりました。新潟の皆様に大きなご支援を賜ってアルビレックス新潟が歩み始めてから、「新潟においてアルビレックス新潟というクラブがより地域の皆様に愛されるために」全身全霊で取り組んできました。代表取締役社長という大役を拝命してからは、地域に密着した育成型クラブとして、アカデミーの充実を図るとともに、より新潟の皆様にクラブを身近に感じていただけるよう、サポーターの皆様のお力もお借りしながら、ホームタウン活動なども質・量とも拡大をしてまいりました」 「また、アルビレックス新潟が百年後の新潟でも、地域の誇りとして皆様に愛される存在となるために、ホームゲームの充実やクラブの体質改善にも努めてまいりました。これらの取り組みの中には痛みを伴うものもありましたが、いま、着実に成果を挙げつつあります」 「サポーターの皆様、株主・スポンサーの皆様、関係会社やボランティアの皆様には、いつも温かいご支援を賜りましたことを重ねて御礼申し上げますとともに、今後ともアルビレックス新潟に対して変わらぬご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。長い間、本当にありがとうございました」 2016.11.23 22:33 Wed
twitterfacebook
thumb

新潟がDF大野和成と契約更新、今季リーグ戦28試合出場1得点

▽アルビレックス新潟が23日、DF大野和成(27)との契約を更新したことを発表した。 ▽新潟県出身の大野は、2008年にアルビレックス新潟ユースからトップチームに昇格。2011年には愛媛FC、2012年から2013年には湘南ベルマーレに期限付き移籍した。 ▽その後、2014年に新潟に復帰すると、今シーズンの明治安田生命J1リーグの28試合出場で1得点。J1リーグ通算116試合出場4得点、J2リーグ通算55試合出場2得点を記録している。 2016.11.23 12:59 Wed
twitterfacebook
Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース