新潟が町田に期限付き移籍していたDF増田繁人の復帰を発表…4シーズンぶりの復帰へ2015.12.30 14:14 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽新潟は30日、町田に期限付き移籍していたDF増田繁人(23)が復帰することを発表した。

▽増田は流経大柏高から2011年に新潟へ加入。2013年は群馬、2014年は大分、2015年は町田に期限付き移籍し経験を積んでいた。今季はJ3で32試合に出場し4得点を記録。町田のJ2昇格に貢献していた。増田は新潟を通じて意気込みを語っている。

「新潟の皆さん、お久しぶりです! 4シーズンぶりに新潟でプレーすることになりました。この3年間でしてきた経験をチームに還元できるようになり頑張ります! よろしくお願いします!」

▽増田は町田を通じてもコメント。感謝のコメントを述べ、新潟での活躍を誓った。

「今回、アルビレックス新潟に戻る事になりました。みんなで勝ち取ったJ2の舞台で一緒に戦いたい気持ちも強く、とても悩みましたが、新潟に帰ってチャレンジしようと思い決断しました」

「優勝こそできませんでしたが、史上最大のぬか喜びも含め、昇格を成し遂げられたことは、僕にとってとても大切な財産です!本当に皆さんに感謝しています。1年間ありがとうございました!!」

コメント

関連ニュース

thumb

槙野智章が浦和同僚らと闘病中の新潟DF早川史哉にエール

▽浦和レッズに所属する日本代表DF槙野智章が、急性白血病で治療を続けているアルビレックス新潟のDF早川史哉に励ましの言葉を送った。 ▽26日に自身のインスタグラム(@makino.5_official)を更新した槙野は、「アルビレックス新潟の早川選手へ 病気に負けるな!早くピッチに戻ってまたサッカーやるぞ!」とエール。さらに、浦和のチームメートとの動画をアップし、各々が早川にメッセージを寄せた。 ▽2015年に特別指定選手として新潟入りした22歳の早川は、今シーズンに正式入団。開幕戦となった明治安田生命J1リーグ・1stステージ第1節の湘南ベルマーレ戦に先発フル出場でデビューを果たした。 ▽しかし、開幕から3戦連続フル出場を果たすなど上々のルーキーイヤーを過ごしていた早川はその後、数試合にわたってベンチ入りこそするもプレーから遠ざかり、6月13日にクラブから急性白血病と診断されたことが発表されていた。 2016.09.26 15:30 Mon
twitterfacebook
thumb

柴崎のゴラッソ&金崎PK弾の鹿島が2戦連続完封の2連勝 新潟は4連敗で16位名古屋とわずか勝ち点1差に《J1》

▽25日にデンカビッグスワンスタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第13節のアルビレックス新潟vs鹿島アントラーズは、アウェイの鹿島が2-0で勝利した。 ▽残留争い真っ只中の総合15位の新潟と、2ndステージ10位ながら総合3位につける鹿島が相まみえた。試合は、立ち上がりから両チーム共にアグレッシブな入りを見せたことで、好ゲームの様相となる。 ▽しかし、鹿島は新潟の圧力に押し込まれてしまい、なかなか攻撃に転じることができない。それでも、対する新潟も決定機らしい決定機をつくり出すことができず停滞。試合はゴールレスでハーフタイムを迎える。 ▽こう着したまま折り返した試合は、開始早々の3分に動く。48分、左CKからのクロスはDFにクリアされたものの、バイタルエリアのやや左寄りで柴崎がこぼれ球に反応。左足のコントロールシュートがゴール左隅に突き刺さった。 ▽柴崎のビューティフルゴールで均衡を破った鹿島はその後も依然として相手に攻め込まれる時間が長く続くも、統率された守備で対応。精度を欠く相手の攻撃をことごとく跳ね返していく。 ▽すると、90分にPKのチャンスを獲得した鹿島は、これを金崎がしっかりと決め切って勝負あり。前節のジュビロ磐田戦に続く完封勝ちで2連勝を飾った。 ▽敗れた新潟は、これで4連敗。今節勝ち点3を上積みした総合16位の名古屋グランパスに勝点1差に詰め寄られる結果となった。 2016.09.25 18:47 Sun
twitterfacebook
thumb

急性白血病と診断された新潟DF早川史哉が感謝のメッセージ「とても大きな支え、チカラとなっています」

▽アルビレックス新潟は23日、急性白血病であることが発表されたDF早川史哉(22)からのメッセージを発表した。 ▽早川は新潟の下部組織出身で、筑波大学に進学後、今シーズンから新潟に加入。シーズン開幕戦となった湘南ベルマーレ戦で先発フル出場を果たしデビューを果たすなど活躍が期待されていたが、6月13日(月)に急性白血病と発表されていた。 ▽その後は、早川に対し全国のJリーグファン・サポーター、サッカー関係者から激励のメッセージや募金活動を通じての支援が行われていたが、今回公表から約3カ月を経過したタイミングで、早川が感謝のメッセージと共に、病状を報告した。 「アルビレックス新潟サポーターの皆さん、ご支援をいただいたすべての皆様へ」 「状況経過の連絡が遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。僕は現在、急性白血病からの寛解を目指した抗がん剤の治療中です。治療期間中には副作用の影響で辛いことが多々あり、無気力になることもありますが、何とか元気に過ごすことができています」 「白血病であることを公表して、3ヶ月が経過しています。その間Jリーグチームをはじめとする多くのサッカーチームからの支援、また各クラブチームサポーターの方々やサッカーに関わりの少ない方々からも、たくさんの手紙やメール、段幕、千羽鶴などをいただき、皆様からの温かい支援が白血病と闘っている自分にはとても大きな支え、チカラとなっています。本当にありがとうございます」 「そしてアルビレックス新潟から復帰のサポートをしていただけること、チームメイトからの励ましにも感謝しています。公表後に新潟のサポーターの方々が試合の際に出してくれた28番のビッグフラッグや段幕、応援をテレビで見て涙が止まりませんでした。自分は決して一人で闘っているわけじゃないんだという思いと、何としても病気を治してまたサッカーがしたいという思いがわき起こってきました」 「闘病中にいつも思っていることがあります。それはどんなに辛いことがあっても、常に前を向いて一日一日を過ごそうということです。辛い日があってもそれを乗り越えればきっといいことが待っていると信じています。アルビレックス新潟も残り5試合、決して楽な道のりではありません。僕はテレビでしか応援することができませんが、アルビレックス新潟と共に毎試合闘っています」 「サポーターの皆さんも含めたアルビレックス新潟というチームの団結力、熱さを見せ絶対に勝ちましょう!! We are ONE」 2016.09.23 17:52 Fri
twitterfacebook
thumb

山崎弾で山口撃破の新潟が2010年以来の16強入り《天皇杯》

▽22日、第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会の3回戦が行われた。アルビレックス新潟(J1)と、レノファ山口FC(J2)の一戦は、1-0で新潟が勝利。4回戦進出を果たした。 ▽J1とJ2のクラブが激突した試合は、ゴールレスで後半に突入。迎えた後半も持ち前のアクションサッカーで新潟を相手にボールの主導権を握った山口だが、なかなかゴールネットを揺らすことができない。 ▽対する新潟は、カウンターで応戦。シュート本数こそ相手を上回るものの、こちらも最後の精度を欠き、ゴールが遠い。そのため、試合は長い時間にわたってこう着状態となり、停滞感の漂う展開となる。 ▽そんな中、77分に新潟が途中出場の山崎、ラファエル・シルバの2人で均衡を破る。敵陣の高い位置でラファエル・シルバが相手DF陣を引き付け、中央のスペースにボールを供給。これをフリーで受けた山崎が相手GKの一対一を冷静に制した。 ▽先制した新潟は、その後の山口の反撃を受ける展開となるが、最後まで1点のリードを守り抜き、1-0で勝利。J1クラブの意地を見せつける形で2010年以来のベスト16進出を果たした。 <span style="font-size:14px;">◆天皇杯3回戦 ▽9/22(木) 《13:00》 グルージャ盛岡 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2</span> Honda FC 《14:00》 アルビレックス新潟 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1</span>-0 レノファ山口 《15:00》 鹿島アントラーズ vs ファジアーノ岡山 ヴィッセル神戸 vs モンテディオ山形 大分トリニータ vs 清水エスパルス 《16:00》 大宮アルディージャ vs ジュビロ磐田 横浜F・マリノス vs 東京ヴェルディ 《18:00》 川崎フロンターレ vs ジェフユナイテッド千葉 《19:00》 サガン鳥栖 vs セレッソ大阪 柏レイソル vs 愛媛FC 湘南ベルマーレ vs 徳島ヴォルティス 長野パルセイロ vs 横浜FC</span> 2016.09.22 15:55 Thu
twitterfacebook
thumb

東京V、元韓国代表DF林裕煥と契約解除 レンタル元の新潟も契約解除を発表

▽J2の東京ヴェルディは19日、J1のアルビレックス新潟から期限付き移籍で加入していた元韓国代表DF林裕煥(32)との契約を双方合意の下、解除したことを発表した。 ▽京都サンガF.C.(当時は京都パープルサンガ)でプロデビューした林裕煥は、全北現代(韓国)、上海シンキン足球倶楽部(中国)などを経て2015年に新潟に加入。だが、度重なる負傷の影響で出場機会に恵まれず、今年7月に東京Vにレンタル移籍していた。 ▽東京Vでは、リーグ戦3試合、天皇杯1試合に出場していた。 ▽なお、レンタル元の新潟は同日、林裕煥の東京Vへの期限付き移籍終了および、同選手との契約解消を併せて発表している。 2016.09.19 13:23 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース