超ワールドサッカー

新潟が町田に期限付き移籍していたDF増田繁人の復帰を発表…4シーズンぶりの復帰へ2015.12.30 14:14 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽新潟は30日、町田に期限付き移籍していたDF増田繁人(23)が復帰することを発表した。

▽増田は流経大柏高から2011年に新潟へ加入。2013年は群馬、2014年は大分、2015年は町田に期限付き移籍し経験を積んでいた。今季はJ3で32試合に出場し4得点を記録。町田のJ2昇格に貢献していた。増田は新潟を通じて意気込みを語っている。

「新潟の皆さん、お久しぶりです! 4シーズンぶりに新潟でプレーすることになりました。この3年間でしてきた経験をチームに還元できるようになり頑張ります! よろしくお願いします!」

▽増田は町田を通じてもコメント。感謝のコメントを述べ、新潟での活躍を誓った。

「今回、アルビレックス新潟に戻る事になりました。みんなで勝ち取ったJ2の舞台で一緒に戦いたい気持ちも強く、とても悩みましたが、新潟に帰ってチャレンジしようと思い決断しました」

「優勝こそできませんでしたが、史上最大のぬか喜びも含め、昇格を成し遂げられたことは、僕にとってとても大切な財産です!本当に皆さんに感謝しています。1年間ありがとうございました!!」

コメント

関連ニュース

thumb

ペドロ・ジュニオール1G1Aの鹿島が新潟撃破で大岩体制リーグ3連勝《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第16節の鹿島アントラーズvsアルビレックス新潟が25日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、2-0で鹿島が勝利した。 ▽ここまで9勝0分け5敗で4位に位置する鹿島と、2勝2分け11敗で最下位に低迷する新潟が相まみえた。鹿島は、3-0で勝利した前節の北海道コンサドーレ札幌戦から、GK曽ヶ端に代わってGKクォン・スンテが復帰させた1点を変更。一方の新潟は、1-2で敗れた前節の大宮アルディージャ戦からGK川浪とロメロ・フランクに代えてGK守田、加藤を起用した。 ▽試合序盤は一進一退の攻防となる。最初に決定機を演出したのは新潟。23分、ペナルティアークからやや右の位置でチアゴ・ガジャルドが左足を振り抜く。強烈なミドルシュートがゴールに飛んだが、これはバーに直撃した。 ▽ハーフタイムにかけても好勝負は続く。なかなか攻撃がハマらない鹿島に対し、新潟は相手の最終ラインを突きながらゴールを目指す。しかし、決定打を欠いたことで、試合はゴールレスのまま折り返す。 ▽迎えた後半、試合を動かしたのは積極的に攻めた鹿島だった。57分、小笠原の右CKに正面の山本が打点の高いヘディングで合わせる。これはGK守田に弾かれてゴールライン上のDFにクリアされるも、これが甘くなったところを見逃さなかったペドロ・ジュニオールが押し込んだ。 ▽これで勢いに乗った鹿島は立て続けにチャンス。70分には、DFソン・ジュフンからボールを奪ったペドロ・ジュニオールがボックス内に入ってシュートを放つ。しかし、これはGK守田のセーブに遭う。さらに、73分にもペドロ・ジュニオールが際どいシュートを放つ。 ▽決めきれない鹿島だが、75分には2点目を決める。ペドロ・ジュニオールのパスをボックス内で受けたレアンドロが冷静にGK守田の牙城を崩し、スコアを2-0とした。 ▽その後、負傷明けのレオ・シルバと遠藤を投入した鹿島は、新潟の攻撃をシャットアウト。大岩新監督体制後、リーグ戦3連勝で好調を維持している。一方の新潟はリーグ戦4連敗と苦しんでいる。 2017.06.25 20:30 Sun
twitterfacebook
thumb

新潟が名古屋DF大武峻を完全移籍で獲得「残留と言う大きな目標に向かってすべて出し尽くす」

▽アルビレックス新潟は23日、名古屋グランパスのDF大武峻(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽大武は福岡大学から特別指定選手を経て、2015年に名古屋へと入団。特別指定選手ながら当時指揮を執っていた西野朗監督に評価され、開幕スタメンを掴むなどJ1で12試合に出場。2年目の2015年は7試合の出場に留まったものの、2016年は20試合に出場。しかし、クラブ史上初のJ2降格となった。 ▽今シーズンからチームを率いる風間八宏監督の下では出場機会に恵まれず、ここまで明治安田生命J2リーグで1試合の出場に留まっている。大武は両クラブを通じてコメントしている。 ◆アルビレックス新潟 「アルビレックス新潟のファン・サポーターの皆さんこんにちは、名古屋グランパスから来ました大武峻です。J2で出場機会のなかった私に、チャンスを与えてくださったアルビレックス新潟の皆さんに本当に感謝しています」 「現在のチームの状況はよく理解しています。まずは残留と言う大きな目標に向かって、自分の持てる力をすべて出し尽くして、チームに貢献できればと思っています」 「厳しい戦いが続くと思いますが、選手、スタッフ、サポーターが一丸となれば、必ずこの苦境を乗り越えられると思いますので、引き続き素晴らしいサポートをよろしくお願いします!」 ◆名古屋グランパス 「名古屋グランパスのファン・サポーターの皆さん、クラブに関わるスタッフ、パートナーの皆さん、特別指定選手の頃から合わせて約3年半、本当にお世話になりました。プロサッカー選手としての人生を名古屋グランパスという歴史ある素晴らしいクラブでスタートできたことを本当に誇りに思っていますし、名古屋グランパスで過ごした時間や経験は僕にとってのかけがえのない財産です」 「昨シーズン、名古屋グランパスを初めてJ2に降格させてしまい非常に責任を感じていますし、だからこそ今シーズン、1年でのJ1復帰に向けて全身全霊をかけて貢献していこうと思っていましたが、全くチームの力になれない今の自分にとても悔しさと怒りを感じています。そして、サポーターの皆さんには本当に申し訳なく思っています」 「チームがJ1昇格に向けて頑張っている時に退団することは非常に迷いました。しかし、自分自身の成長のため、環境を変えて新たなチャレンジをしようと決断しました。6月23日をもってグランパスを離れることになりますが、グランパスというクラブは僕の心の中に残り続けますし、これからも応援しています。またいつの日か成長してこのクラブでプレーできればいいなと思っています。約3年半、本当にありがとうございました」 2017.06.23 15:12 Fri
twitterfacebook
thumb

「強じんなフィジカルを活かして重戦車のようにゴールに突き進むストライカー」 新潟が23歳のブラジル出身FWを獲得

▽アルビレックス新潟は22日、カフェタレロス・デ・タパチューラ(メキシコ2部リーグ)からドウグラス・タンキ(23)の移籍加入が内定したことを発表した。 ▽23歳のタンキは188cm92kgの大型FWで、これまでコリンチャンスやポンチプレッタでプレー。2015シーズンはザスパクサツ群馬に在籍し、4試合出場1得点の記録を残した。2016-17シーズンはメキシコ2部リーグで28試合出場10得点をマークしている。 ▽新潟はタンキの特徴について、「強じんなフィジカルを活かして重戦車のようにゴールに突き進むストライカー。利き足の左足はもちろん、右足、ヘディングから繰り出すパワフルで正確なシュートが持ち味で、高い決定力で得点源となる」と紹介している。 ▽移籍に際し、タンキは新潟の公式サイトで以下のコメントを残した。 「新潟に来ることができて非常に嬉しく思います。チームの状況はよく理解していますが、チームメイトとともに、力を合わせて目標を達成できるようにがんばっていきたいと思います。アルビレックス新潟のサポーターの皆様、引き続き素晴らしいサポートをいただけますよう、お願いいたします」 2017.06.22 15:11 Thu
twitterfacebook
thumb

新潟は5連敗で最下位脱出ならず…“裏天王山”は大宮が制す《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第15節のアルビレックス新潟vs大宮アルディージャが17日にデンカビッグスワンスタジアムで行われ、2-1で大宮が勝利した。 ▽2勝2分10敗の17位に沈む大宮 (勝ち点8)と、同じく2勝2分10敗の18位で最下位に転落している新潟 (勝ち点8)の対戦は、残留を争う両チームとって絶対に負けられない試合となる。新潟は0-4で大敗したセレッソ大阪戦から先発を3名変更し、川浪、矢野、ロメロを起用した。対する大宮も1-1で引き分けたサガン鳥栖戦から先発を3名変更し、渡部、大山、大前を起用した。なお、長谷川アーリアジャスールは戦術的な理由でベンチ外となった。 ▽開始早々の1分、新潟がファーストシュートを放つ。DFからのフィードを矢野が大宮のDFラインの裏へ落とすと、走り抜けた山崎が追いつきボックス内右の角度がないところから右足を振り抜く。枠を捉えることはできなかったが、新潟が幸先の良いスタートを切る。 ▽大宮は10分、14分、15分とクロスを多用して決定機を作り出そうと試みるが、待ち構える新潟DFにことごとく弾き返される。新潟陣営も人数をかけて攻める大宮を相手に攻撃の手を欠き、にらみ合いが続く。 ▽そんな中、27分に大宮のエースが仕事を果たす。新潟陣内中央でボールを持った大山が、オフサイドライン上で駆け引きをする江坂へスルーパスを送る。ボックス内左で待ち構えていた江坂がワンタッチで前を向き、右足一閃。確実に得点を決め、先制に成功した。 ▽続いて33分にも、江坂が得点を決める。ボックス手前中央で相手のパスミスを拾った江坂は、そのまま右足を振り抜く。これがゴールネットに突き刺さり、この日2点目を決めた。 ▽立て直したい新潟は、早めのカードを切る。39分、ロメロに代えてこれでJ1通算300試合出場となる成岡を投入した。新潟はこの交代をきっかけにポゼッションを高め始める。 ▽折り返して60分、新潟が反撃に成功する。ボックス内中央でボールを受けたホニが、DFを背負いながらも山崎へと落とす。浮き球となったパスを受けた山崎は、胸でトラップをし、短いステップで左足を振り抜く。豪快に放ったシュートがネットに突き刺さり、ビハインドを1点に縮めた。 ▽勢い付く新潟は66分にもチャンスを作り出す。ホニが左サイドから個人技で中央へボールを運び、ボックス手前からGKを強襲する。しかしこれは弾かれ、同点弾とはいかなかった。 ▽徐々に押し込まれる大宮だが、71分には再び怖さを見せ付ける。新潟陣内中央でボールを持った茨田が、裏に抜け出した岩上へループパスを送る。ボックス内右から放たれたシュートはネットへ吸い込まれたが、これはオフサイドの判定を受ける。新潟の巧みなラインコントロールを前に、3得点目とはならなかった。 ▽守備に人数をかける大宮に対して攻めあぐねる新潟は、76分に山崎を下げて鈴木を投入する。すると78分、鈴木が早速見せ場を作る。DFからのフィードに抜け出した鈴木が、ボックス内左でボールを収める。そのままコントロールしたキックで得点を狙うが、枠を外れた。 ▽試合はそのまま大宮が逃げ切り、貴重な勝ち点3を獲得した。大宮(勝ち点11)は残留を争う新潟(勝ち点8)を直接突き放すことに成功し、監督交代後の公式戦全3試合で2勝1分と、チームの好調を印象付けた。対する新潟(勝ち点8)は最下位を脱することができず。泥沼の5連敗となった。 2017.06.17 21:41 Sat
twitterfacebook
thumb

新潟、ブラジル人MFジャン・パトリックとの契約を解除! リーグ不出場もルヴァンカップで1得点

▽アルビレックス新潟は16日、ブラジル人MFジャン・パトリック(24)との契約を双方合意の下で解除したことを発表した。ジャン・パトリックは同日、帰国することも併せて伝えられている。 ▽今季、ルーヴェルデンセから新潟に加入したジャン・パトリックだが、明治安田生命J1リーグでの出場はなかった。その一方で、ルヴァンカップでは2試合に出場し、横浜F・マリノス戦でゴールを記録していた。 2017.06.16 17:23 Fri
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース