新潟が町田に期限付き移籍していたDF増田繁人の復帰を発表…4シーズンぶりの復帰へ2015.12.30 14:14 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽新潟は30日、町田に期限付き移籍していたDF増田繁人(23)が復帰することを発表した。

▽増田は流経大柏高から2011年に新潟へ加入。2013年は群馬、2014年は大分、2015年は町田に期限付き移籍し経験を積んでいた。今季はJ3で32試合に出場し4得点を記録。町田のJ2昇格に貢献していた。増田は新潟を通じて意気込みを語っている。

「新潟の皆さん、お久しぶりです! 4シーズンぶりに新潟でプレーすることになりました。この3年間でしてきた経験をチームに還元できるようになり頑張ります! よろしくお願いします!」

▽増田は町田を通じてもコメント。感謝のコメントを述べ、新潟での活躍を誓った。

「今回、アルビレックス新潟に戻る事になりました。みんなで勝ち取ったJ2の舞台で一緒に戦いたい気持ちも強く、とても悩みましたが、新潟に帰ってチャレンジしようと思い決断しました」

「優勝こそできませんでしたが、史上最大のぬか喜びも含め、昇格を成し遂げられたことは、僕にとってとても大切な財産です!本当に皆さんに感謝しています。1年間ありがとうございました!!」

コメント

関連ニュース

thumb

豊田の決勝弾で鳥栖が新潟を撃破《J1》

▽明治安田生命J1リーグ2ndステージ第10節のサガン鳥栖vsアルビレックス新潟が27日にベストアメニティスタジアムで行われ、1-0で鳥栖が勝利した。 ▽2ndステージ5勝3分け1敗で3位(総合11位)につける鳥栖と、同3勝6敗で14位(総合14位)の新潟が激突した。積極的な入りを見せた鳥栖は4分、藤田のクロスから正面の豊田がヘッド。しかし、このシュートはわずかに枠の右にはずれる。 ▽ハーフタイムにかけても鳥栖が押し気味に試合を進める。16分にはボックス右に侵入したエル・カビルがシュート。一度、GK守田にブロックされたボールを再び自ら詰めたが、ゴールとはならない。結局、前半はゴールレスのまま終了する。 ▽迎えた後半、先にチャンスをモノにしたのは鳥栖だった。64分、パスカットのクリアを拾った豊田が一気に仕掛けてボックス内へ。そのまま冷静にシュートを流し込み、鳥栖が試合の均衡を破った。 ▽これで勢いに乗った鳥栖は71分、左サイドで仕掛けた鎌田の折り返しを正面のキム・ミヌが合わせる。しかし、このシュートはゴール前でDFにブロックされる。 ▽その後は新潟がリスクを冒して攻めるも、最後まで鳥栖が耐えて逃げ切り。豊田の今季11ゴール目を決勝点とした鳥栖が勝ち点3を上乗せした。 2016.08.27 21:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ラファエル&レオが躍動!! 新潟が3発快勝を収める!! 福岡は為す術もなく最下位脱出のチャンスを逸する…《J1》

▽20日にデンカビッグスワンスタジアムで行われた、明治安田生命J1リーグ2ndステージ第9節のアルビレックス新潟vsアビスパ福岡は、3-0で新潟が勝利した。 ▽前節の甲府戦に敗れた年間順位14位の新潟(勝ち点24)が、鹿島アントラーズに敗れて2連敗中の18位・福岡(勝ち点16)を迎えた。新潟はリオ五輪に参加していた鈴木をベンチスタートとし、福岡は亀川をスタメンで起用した。 ▽試合は立ち上がりこそ福岡が得意のセットプレーからゴールに迫る場面を作るが、徐々に新潟が主導権を握りだす。10分にはコルテースが入れたグラウンダーのクロスに、ラファエル・シルバが倒れ込みながら合わせるが、わずかにゴールマウスを外してしまった。 ▽福岡は23分、右サイドからのスローインで城後が入れたロングスローに坂田が合わせるが、ボールは枠を捉えきれない。その福岡は39分に平井を下げて金森を送り出した。しかし決定機を作り出すことはできずに、前半を終えている。 ▽後半もなかなかスコアが動かない重い展開となるも、55分にボックス右の山崎が入れたクロスにラファエル・シルバが頭で合わせる。このシンプルな攻撃から新潟が先制点を奪いきった。 ▽追いかける福岡は63分にアクシデントが発生。實藤が負傷してしまい、プレー続行が不可能となったため駒野が急きょ出場することに。一方の新潟は65分、山崎を下げてリオ五輪に参加していた鈴木を投入する。 ▽追いつきたい福岡だが、効果的な攻めを見せられずに新潟が張る網にかかってしまう。新潟は試合を決する追加点を奪いたいところだが、焦ることなくビルドアップしていく。すると79分、ラファエル・シルバがボックス内に入れた浮き球のパスが亀川の手に当たり、新潟がPKを獲得。これをレオ・シルバがきっちりと決めて新潟が試合の大勢を決した。 ▽福岡は反撃を試みようとするも全く攻め手を見いだせない。さらに気持ちも切れたか、92分にはレオ・シルバにミドルシュートが決められて試合は終了。新潟が下位相手にしっかりと勝ち点3を拾った。 2016.08.20 20:58 Sat
twitterfacebook
thumb

戦術ドゥドゥ徹底の甲府が新潟との残留争い直接対決制す《J1》

▽13日に山梨中銀スタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ・2ndステージ第8節のヴァンフォーレ甲府vs新潟アルビレックスは、ホームの甲府が1-0で勝利した。 ▽前々節の浦和レッズ戦(0-2)に続き前節の川崎フロンターレ戦(0-4)も無得点で敗れた年間15位の甲府と、ヴィッセル神戸(1-0)を下して2ndステージ2勝目を手にした同14位の新潟が対峙した。1stステージでは、2-2の痛み分けに終わっている。 ▽甲府は右足を痛めて出場が危ぶまれていたドゥドゥ、負傷明けの山本がスターティングメンバー入り。新潟はラファエル・シルバが累積警告で欠場となり、疲労蓄積で前節を欠場した舞行龍ジェームズが先発復帰した。 ▽開始2分にドゥドゥが放ったクロスバー直撃の左足ボレーでゴールに迫った甲府は、新潟の圧力に押し込まれた流れから11分にカウンターを発動。ボックス左の橋爪が右足でファーポスト側を狙い澄ましたシュートを放つが、惜しくも右に外れる。 ▽序盤から鋭い攻守の切り替えでボールの主導権を握る新潟だが、甲府の守備ブロック攻略に苦戦。すると33分、ボックス左内でロングボールを競り合ったドゥドゥがレオ・シルバのファウルを受け、甲府がPK獲得。ドゥドゥが右足でゴール右下に沈めた。 ▽先制した甲府は、1点リードで迎えた後半も、“戦術ドゥドゥ”を前面に押し出したカウンターアタックを展開。追加点こそ奪えないものの、しっかりと攻守にメリハリをつけた戦いで、前がかりとなる新潟を揺さぶっていく。 ▽対する新潟は、ハーフタイム明けから成岡に代えて山崎を投入。立ち上がりから攻勢を強めるが、試合を通じて徹底してくるドゥドゥ中心のカウンターに苦戦を強いられる。その後、田中、伊藤を立て続けに投入するが、流れを変えられない。 ▽結局、終盤に3枚の交代カードで田中、河本、ドゥドゥに代えて、石原、河本、盛田を投入した甲府は、そのまま新潟の反撃から逃げ切り、3試合ぶりの白星。攻め手を欠いた新潟は残留争いに向け、痛い黒星を喫した。 2016.08.13 20:10 Sat
twitterfacebook
thumb

ラファエル・シルバ弾で新潟が2ndステージでホーム初勝利《J1》

▽明治安田生命J1リーグ2ndステージ第7節のアルビレックス新潟vsヴィッセル神戸が6日にデンカビッグスワンスタジアムで行われ、ホームの新潟が1-0で勝利した。 ▽降格圏から2ポイント差の年間14位に位置する新潟と、2ndステージ7位で上位を窺う神戸の一戦。前節、FC東京に競り負けた新潟は、その試合から5人を変更。最終ラインは大野を除く3人にコルテース、西村、松原が入り、中盤では野津田と山崎に代わって、加藤と田中が起用された。一方、前節大宮アルディージャを破り、2ndステージ初の連勝を目指す神戸は、先発2人を変更。出場停止のペドロ・ジュニオールに代わって石津、エウトンに代わって小林が起用された。 ▽開始4分にボックス内に抜け出した高橋峻のゴールでいきなりゴールに迫るなど、[4-4-2]に布陣を変更した神戸が立ち上がりから主導権を握る。対する新潟もボックス右に抜け出したレオ・シルバがGKキム・スンギュにビッグセーブを強いるなど、カウンターから応戦する。 ▽やや劣勢が続く新潟だったが、前半のうちに先制点を奪う。42分、高い位置でのボール奪取からボックス内に持ち込んだラファエル・シルバが右足を振り抜くと、DFに当たってコースが変わったシュートがゴール左隅に吸い込まれた。 ▽新潟の1点リードで迎えた後半も前半同様に拮抗した展開が続く。開始直後には流れるようなダイレクトプレーからゴール前の成岡がシュートを放つが、これは枠を外れる。一方、藤田や中坂を投入し、反撃に転じる神戸は、その藤田のロングスローから幾つかのチャンスを演出するが、最後のところで決め切れない。 ▽試合終盤にかけても白熱の攻防が繰り広げられた一戦だったが、2ndステージのホーム初勝利に向けて一丸となった守りを見せた新潟が、神戸の反撃を無失点で凌ぎ切った。そして、神戸相手に勝ち切った新潟が、残留争いからの脱却に向けて大きな勝ち点3を掴んだ。 2016.08.06 22:14 Sat
twitterfacebook
thumb

FC東京が篠田新体制の初陣飾り、連敗を「3」でストップ! 新潟は連勝ならず…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ2ndステージ第6節のアルビレックス新潟vsFC東京が30日にデンカビッグスワンスタジアムで行われ、アウェイのFC東京が1-0で勝利した。 ▽前節、大宮アルディージャに逆転勝利を収め、2ndステージ初勝利を掴むとともに連敗を「4」でストップした新潟。対して、泥沼の3連敗を喫したFC東京は、24日に城福前監督を解任。そして、26日に篠田コーチが内部昇格で新監督に就任した。 ▽連勝を目指す新潟は、大宮戦と同じ11人を起用。引き続き最前線に成岡が起用された。一方、篠田新監督の下で再スタートを切るFC東京は、先発2人を変更。長期離脱の米本に代わって高橋、ネイサン・バーンズに代わって前田が1トップに入り、2列目はムリキ、東、河野という並びになった。 ▽立ち上がりから攻勢を仕掛けるFC東京は、開始2分に橋本が強烈なミドルシュートを放つ。さらに16分には波状攻撃からペナルティアーク付近で味方からの落としを受けた高橋が地を這うミドルシュートでゴールネットを揺らすが、ここはオフサイドポジションにいた前田がGKのブラインドになったとの判定でノーゴールとなった。 ▽その後も高橋の強烈なミドルシュートなどでゴールに迫るFC東京だが、30分過ぎにアクシデント発生。右ヒザのじん帯を伸ばした橋本がプレー続行不可能となり、田邉が緊急投入された。 ▽迎えた後半、試合はいきなり動く。48分、ゴール前の混戦で粘った前田のシュートはGK守田に弾かれるが、こぼれ球を東が豪快に蹴り込んだ。 ▽ホームで負けられない新潟は、58分に成岡を下げて鈴木武蔵をピッチに投入。67分にはボックス手前左で得たFKをレオ・シルバが直接狙うが、このシュートは枠の右に外れた。 ▽新体制初勝利を目指すFC東京は、84分にムリキを下げてDF吉本を投入し逃げ切りを図る。対して新潟は、途中出場の伊藤を起点に再三のチャンスを演出するが、最後までゴールをこじ開けることはできず。篠田新体制の初陣を勝利で飾ったFC東京が、連敗を「3」でストップした。 2016.07.30 22:18 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース