湘南、松本からGK村山智彦を完全移籍で獲得2015.12.30 11:45 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽湘南は30日、松本からGK村山智彦(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。

▽2010年にJFLのSAGAWA SHIGAに加入した村山は、2013年に松本へ移籍。2014シーズンは正守護神としてチームのJ1初昇格に貢献し、2015シーズンはリーグ戦全試合に出場してチームを最後尾から支えた。

▽新天地に湘南を選んだ村山は、公式サイトを通じて意気込みを語っている。

「松本山雅FCから移籍してきました、村山智彦です。湘南ベルマーレに加入できることを幸せに思います。自分の持っている力を湘南のために全て注ぎ、湘南の勝利に貢献出来るよう頑張ります。よろしくお願いします」

▽一方、松本の公式サイトでは3年間の感謝を述べている。

「この度、湘南ベルマーレに移籍する事になりました。サッカーが出来なくなるかもしれない状況からプロサッカー選手になるという夢を叶えてくれた松本山雅FC。感謝してもしきれない気持ちです。本当にありがとうございます。そして、どんな場面でもいつも温かく力強い声援を送って下さったファン、サポーターのみなさん。どれだけ勇気づけられて、どれだけ救われた事か。本当にありがとうございました。あのアルウィンの雰囲気は一生忘れる事はありません。この様な素敵なチームを離れる事は僕自身、相当な覚悟を持って決断をしました。監督、コーチ、スタッフ、クラブ、会社、選手のみなさん。そして、ファン、サポーターのみなさん。3年間、ありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

J2降格の湘南が退任報道の曺貴裁監督との契約更新を発表!! 「改めて指揮を執る機会を与えてくださったクラブに感謝」

▽湘南ベルマーレは21日、同クラブを率いる曺貴裁監督との契約を更新したことを発表した。 ▽2012年から湘南で指揮を執っていた曺貴裁監督は、5年目となった今シーズンの明治安田生命J1リーグで17位に終わりJ2降格となった。一部報道では、降格の責任を受けて退任することが濃厚であると言われていたが、湘南は同監督との契約を更新することを決めた。 ▽曺貴裁監督は、クラブ公式サイト上で次のようにコメントを残している。 「この度、2017シーズンも引き続き湘南ベルマーレの監督を務めさせていただくことになりました。まず何より、今季J1年間17位と言う結果に終わったにも関わらず、改めて指揮を執る機会を与えてくださったクラブに感謝したいと思います」 「来季も謙虚にひたむきに勝利を目指し、フットボールを楽しむという気持ちを持って戦っていきたいと思います。サポーターやファンの方々、また日頃からご支援いただいている企業の皆様、来季もぜひ、また一緒に戦ってください」 2016.11.21 16:43 Mon
twitterfacebook
thumb

柏に逆転勝利の湘南が大宮の待つベスト8へ! ファブリシオ2発の鹿島も8強進出《天皇杯》

▽12日、第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会の4回戦が各地で開催された。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161112_10_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTO<hr></div>▽13時キックオフの柏レイソル(J1)vs湘南ベルマーレ(J1)は日立柏サッカー場で行われ、湘南が3-1で勝利した。 ▽試合は25分、バイタルエリア左でボールを受けた輪湖が中にカットイン。利き足ではない右足のシュートがゴール右に突き刺さり、柏が先制する。 ▽しかし、湘南が1点ビハインドで迎えた52分、敵陣左サイドで得たFKから三竿がクロス。アンドレ・バイアが身体で折り返すと、正面のジネイが押し込み、湘南が追いつく。 ▽すると、湘南は68分、ジネイ、山田でボールを繋ぎ、ボックス右の藤田が右足でグラウンダーのクロス。これにゴール正面で反応した高山が右足で流し込み、逆転する。 ▽さらに、40分に大槻のダメ押し弾でリードを広げた湘南が3-1で柏に逆転勝ち。大宮アルディージャ(J1)が待つベスト8に駒を進めた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20161112_10_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽また、14時キックオフのノエビアスタジアム神戸で行われた鹿島アントラーズ(J1)vsヴィッセル神戸(J1)は、2-1で鹿島が勝利した。 ▽試合は、32分にファブリシオのゴールで鹿島が先制。さらに55分にもファブリシオがネットを揺らし、リードを広げた。 ▽2点ビハインドの神戸は64分に渡邉のゴールで1点を返すが、鹿島がこれ以上の反撃を許さず。鹿島が8強入りを果たした。 <span style="font-size:14px;">◆天皇杯4回戦 ▽11/12(土) 《13:00》 柏レイソル 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3</span> 湘南ベルマーレ 《14:00》 鹿島アントラーズ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2</span>-1 ヴィッセル神戸 《15:00》 横浜F・マリノス vs アルビレックス新潟 サガン鳥栖 vs サンフレッチェ広島 《19:00》 川崎フロンターレ vs 浦和レッズ ▽11/9(水) 《19:00》 大宮アルディージャ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1</span>-0 横浜FC FC東京 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2</span>-1 Honda FC ガンバ大阪 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1</span>-0 清水エスパルス</span> 2016.11.12 15:56 Sat
twitterfacebook
thumb

湘南DF岡本拓也が左肩脱臼で手術…全治4カ月

▽湘南ベルマーレは11日、DF岡本拓也の手術を発表した。 ▽湘南の発表によると、岡本は8日に左肩の手術を受けたとのこと。反復性左肩関節脱臼と診断され、全治は4カ月を要するようだ。なお、19日に行われるシーズンチケットホルダー限定の「2016感謝の集い」には参加する予定とのことだ。 ▽浦和レッズから期限付き移籍中の岡本は、今シーズンの明治安田生命J1リーグで21試合に出場し1得点を記録していた。 2016.11.11 18:05 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1チーム別総括】大きな穴を埋められなかったシーズン…スタイルを貫くも結果に繋がらず《湘南ベルマーレ》

▽明治安田生命J1リーグの全日程が11月3日に終了した。2016シーズンのJ1を振り返り、超ワールドサッカー編集部が各チームを採点。シーズンを振り返るとともに、チーム内の最優秀選手賞、敢闘賞、ブレイクスルー賞を決定した。第2回目は、3シーズンぶりのJ2降格となった17位の湘南ベルマーレ編をお届けする。 <span style="font-weight:700;">◆チーム採点</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">30点</span>(100点満点) <span style="font-weight:700;">◆チーム成績</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/2016data_bellmare.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <span style="font-weight:700;">◆シーズン総括</span> ▽シーズン開幕前にGK秋元陽太(FC東京)、DF遠藤航(浦和レッズ)、MF永木亮太(鹿島アントラーズ)とセンターラインの3選手がチームを去り、厳しいシーズンになることが予想されていた。開幕戦でアルビレックス新潟に敗れると、シーズン初白星を挙げたのは第9節の横浜F・マリノス戦。1stステージのラスト4試合は2勝2分けと調子を上げたが16位と降格圏で終えた。 ▽2ndステージは第2節の新潟戦で白星を記録するも、第3節から10連敗。第15節の大宮アルディージャ戦で敗れ、3シーズンぶりにJ2へと降格した。チョウ・キジェ監督の下、スタイルを貫くも戦力ダウンが響いた湘南。しかし、ラスト2試合で見せた戦いは来シーズンに期待を持たせるものだった。 <span style="font-weight:700;">◆最優秀選手賞</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/2016data_bellmare_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div><span style="font-weight:700;">DF三竿雄斗(25)</span> 32試合出場(先発32試合)/2得点<hr>▽3バックの左に加え、シーズン終盤はボランチの位置でプレー。先発32試合はMF菊池大介、FW高山薫と並んで最多タイだった。精度の高いキックでのチャンス演出や、直接FKでのゴールなど攻守でチームに貢献。苦しいシーズンだったが、個人のパフォーマンスは悪くなかった。 <span style="font-weight:700;">◆敢闘賞</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/2016data_bellmare_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div><span style="font-weight:700;">MF山田直輝(26)</span> 11試合出場(先発6試合)/2得点<hr>▽わずか11試合の出場で、先発は6試合。2シーズン続けて浦和レッズから期限付き移籍でプレーした山田にとっては、満足行く結果ではないだろう。しかし、2ndステージのラスト5試合に出場すると、攻撃面で相手チームの脅威となり、チームも2勝2分け1敗と結果を残した。山田がフルシーズン起用できていれば…と思わせるプレーぶりだった。 <span style="font-weight:700;">◆ブレイクスルー賞</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/2016data_bellmare_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div><span style="font-weight:700;">MF神谷優太(19)</span> 14試合出場(先発8試合)/0得点<hr>▽U-19日本代表としてもプレーした神谷は、東京五輪での活躍も期待される選手。まだプレーの安定感はないものの、ボランチの位置でのプレーぶりは可能性を感じさせるものだった。来シーズンはレギュラーポジションを掴み、更なる飛躍が期待される。 2016.11.05 19:00 Sat
twitterfacebook
thumb

“オリジナル10”名古屋がクラブ史上初のJ2降格…湘南MF山田の圧巻2発に沈む《J1》

▽明治安田生命J1リーグ2ndステージ第17節の名古屋グランパスvs湘南ベルマーレが3日にパロマ瑞穂スタジアムで行われ、ホームの名古屋が1-3で敗れた。この結果、名古屋のクラブ史上初のJ2降格が決定した。 ▽前節終了時点で降格圏内の年間16位に低迷する名古屋(勝ち点30)が、既に降格が決定している年間17位湘南(勝ち点24)をホームに迎えた運命の一戦。1993年のJ1創設以来、トップカテゴリーにとどまり続ける名門は、0-3で敗れた前節のヴィッセル神戸戦から先発2人を変更。矢野と磯村の両サイドバックに代わって、古林と高橋が起用された。 ▽逆転での残留に向けて勝ち点奪取が最低条件の名古屋だが、いきなり試練を迎える。開始6分、湘南のカウンターの場面で右サイドから切り込んだ山田が放った左足ミドルがゴール前のDF闘莉王にディフレクトし、ゴール左隅に吸い込まれた。 ▽開始早々にビハインドを背負う窮地に追い込まれた名古屋はすぐさま反撃に転じるが、早い時間帯に追いつきたいという焦りからか、なかなかフィニッシュまで持ち込むことができない。20分過ぎになってセットプレーの流れなどからイ・スンヒ、永井と続けて決定機を作るが、いずれも枠を捉え切れず。 ▽その後は拮抗した展開が続くが、一瞬の隙を見せた名古屋は湘南に追加点を許す。37分、右サイドに流れたジネイが正確なクロスを入れると、ゴール前でDFの前に身体を入れた高山が右足で流し込んだ。 ▽2点ビハインドと最悪の形で試合を折り返した名古屋は、ハーフタイム明けにハ・デソンを下げてDF酒井を投入。永井とシモビッチを最前線に置いた[3-3-2-2]にシステム変更し、逆転を目指す。すると50分、セットプレーの場面で小川が相手DF坪井にホールディングで倒され、PKを獲得。これをキッカーのシモビッチが冷静に決め、後半開始早々に1点を返す。勢いづくホームチームは、52分にも右CKの場面で闘莉王、酒井に続けて決定機も、ここは相手DFのブロックに阻まれた。 ▽ホームサポーターの大歓声を後押しにして一気に追いつきたい名古屋だったが、前がかりなチームは痛恨の3失点目を喫する。左サイド深くでDF闘莉王を振り切った山田がボックス左角度のないところから見事な右足のシュートをファーポストに突き刺し、この試合2点目を奪った。 ▽再び2点のビハインドを追うことになった名古屋は、シモビッチにシンプルに長いボールを当てて、そこから前を向いた永井らが積極的にフィニッシュに絡むが、68分に田口の左CKから闘莉王が放ったヘディングシュートはGK梶川のビッグセーブに遭う。逆に、70分にはこの試合で絶大な存在感を放っていた山田にあわやハットトリックというシュートを許すが、ここはクロスバーに救われた。 ▽試合終盤にかけて古林を下げてストライカーの川又をピッチに送り込み、決死の猛攻に出る名古屋。センターバックの闘莉王もパワープレー要員として攻撃参加を見せるが、89分にボックス右で永井が放ったシュートは枠の右角を叩く。結局、試合はこのままタイムアップを迎えた。同時刻に行われた試合で勝ち点で並んでいた新潟も0-1で敗れたものの、得失点差で下回った名古屋の年間16位が確定。1993年のJリーグ創設以来、トップカテゴリーを守ってきた“オリジナル10”名古屋のクラブ史上初のJ2降格が決定した。 2016.11.03 15:31 Thu
twitterfacebook
Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース