クラブ間のいざこざに巻き込まれながらも… 元インテルのアタッカーがサンプドリア加入2015.12.30 09:23 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽サンプドリアは29日、元アルゼンチン代表MFリカルド・アルバレス(27)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。イタリア『gianlucadimarzio.com』によれば、契約期間は今シーズン終了までとなり、パフォーマンス次第で3年契約が提示されるとのことだ。

▽近年のインテルの攻撃をけん引していたリカルド・アルバレスだが、昨年9月にサンダーランドへレンタル移籍。サンダーランドではヒザの負傷もあり、リーグ戦13試合の出場にとどまった。

▽ただ、サンダーランドがプレミアリーグに残留した場合、完全移籍となる条件だったが、同選手のヒザの手術に関する決定をインテルが先延ばしにしたとして、サンダーランド側が完全移籍での獲得を拒否。結局は決断をFIFAに委ね、今夏の移籍市場閉幕後にリカルド・アルバレスはフリートランスファーで新天地を探すことが認められていた。

▽クラブ間のいざこざに巻き込まれ、無所属のまま今シーズンを過ごしていたリカルド・アルバレスは、所属先が決まった喜びを語っている。

「本当に戻りたかった。現在、僕はクラブとチームのために利用できる。ここにいられて本当にうれしいし、感慨深い気持ちだよ。これまでの6カ月は、いくつかの問題によって止まらなければいけなかった。でも、今は最高だよ」

「サンプは素晴らしいチーム。優れた選手がいるし、昨シーズンは非常に良かった。僕にとって素晴らしい挑戦だよ」

▽キレのあるドリブルと左足の繊細なキックを武器にインテルで活躍した“リッキー”は、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が率いるサンプドリアで再び輝きを見せられるだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

ディバラ負傷のユベントス、難所ルイジ・フェラリスを辛くも攻略《セリエA》

▽ユベントスは19日、セリエA第29節でサンプドリアとのアウェイ戦に臨み、1-0で辛勝した。 ▽前節ミラン戦をディバラの終了間際のPK弾で競り勝った首位ユベントス(勝ち点70)は、5日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグのポルト戦をディバラのPK弾で制し、ベスト8進出を決めた。そのユベントスはローマやインテルを飲み込んだ難所ルイジ・フェラリスでの一戦に向けて、ポルト戦のスタメンから4選手を変更。ボヌッチやアレックス・サンドロがベンチスタートとなってピャニッチやバルザーリが先発となった。 ▽前節ジェノヴァ・ダービーを制してここ7試合5勝2分けと好調な9位サンプドリア(勝ち点41)に対し、ユベントスは開始3分にイグアインが枠内シュートを浴びせる。その後、6分にボックス右へ抜け出したクアリアレッラに決定的なシュートを浴びるも枠を外れて助かると、直後の7分に先制した。左サイドからのアサモアのクロスに反応したクアドラードのダイビングヘッドでのシュートが豪快に決まった。 ▽続く15分にはディバラのスルーパスを受けてボックス右深くまでえぐったクアドラードの折り返しにイグアイン、マンジュキッチが立て続けにシュートに持ち込むも、相手GKの好守もあって追加点とはならない。 ▽さらに20分にはクアドラードのクロスのルーズボールに反応したボックス右のイグアインが決定的なシュートを浴びせるが、ここもGKプッジョーニの好守に阻まれる。良いリズムで試合を運んでいたユベントスだったが、27分に足を負傷したディバラがプレー続行不可能となってピアツァを左ウイングに投入せざるを得なくなると、ハーフタイムにかけては攻撃が停滞。 ▽逆にサンプドリアにブルーノ・フェルナンデスの枠内シュートやクアリアレッラのバイシクルシュートでゴールに迫られてしまう。そんな中、前半終了間際の45分にイグアインがピアツァとのパス交換でボックス中央から決定的なシュートを浴びせたユベントスだったが、GKプッジョーニの好守に阻まれて追加点は奪えずに前半を終えた。 ▽迎えた後半は、自陣に引いて構えるユベントスが、サンプドリアの圧力を受け止めていく展開が続く。 ▽守勢に回るユベントスは、72分にクアドラードに代えてレミナを投入し、守備の強度を上げにかかる。そして1点のリードを保って迎えた85分にはイグアインに代えてリヒトシュタイナーを投入し、さらに守備重視の布陣として逃げ切りを図った。結局、5分の追加タイムまで凌ぎ切ったユベントスが逃げ切り。難所を辛くも攻略して首位を堅持している。 2017.03.20 00:56 Mon
twitterfacebook
thumb

【セリエA第29節プレビュー】ユーベは難所ルイジ・フェラリスでのサンプ戦

▽前節はユベントスが終了間際のPK弾でミランに競り勝った他、ローマやナポリ、ラツィオが順当に勝利を収め、上位陣に勝ち点差の変動はなかった。そしてインテルがアタランタとの上位対決を圧勝し、5位に浮上している。迎える第29節はユベントスが難所ルイジ・フェラリスでのサンプドリア戦に臨む。 ▽前節ミラン戦をディバラの終了間際のPK弾で競り勝った首位ユベントス(勝ち点70)は、火曜日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグのポルト戦を10人となった相手にディバラのPK弾で制し、ベスト8進出を決めた。そのユベントスはローマやインテルが飲み込まれたルイジ・フェラリスでの9位サンプドリア(勝ち点41)戦に臨むが、ここ7試合5勝2分けと好調な相手に勝利となるか。 ▽ゼコやデ・ロッシをベンチスタートとした中、パレルモにやや苦戦したものの公式戦での連敗を3で止めてユベントスを8ポイント差で追走する2位ローマ(勝ち点62)は、木曜日に行われたヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント2回戦2ndレグのリヨン戦を2-1で勝利したものの、2戦合計スコア4-5で敗退。主力を投入し、消耗戦を戦った中、ここ3試合勝利がなくやや調子を落としている15位サッスオーロ(勝ち点31)を下してユベントス追走となるか。 ▽メルテンスのドッピエッタなどでクロトーネに3-1と快勝した3位ナポリ(勝ち点60)は、17位エンポリ(勝ち点22)とのアウェイ戦に臨む。1週間の調整期間を得られた中、ベストメンバーで5連敗中のエンポリを撃破にかかる。 ▽イカルディとバネガのダブルトリプレッタでアタランタに7発圧勝した5位インテル(勝ち点54)は、10位トリノ(勝ち点39)とのアウェイ戦に臨む。バネガの躍動でここ2試合攻撃陣が爆発しているインテルだが、同じく攻撃力が売りのトリノに打ち勝って3連勝となるか。 ▽GKドンナルンマの奮闘実らずユベントスに惜敗した7位ミラン(勝ち点50)は、16位ジェノア(勝ち点29)とのホーム戦に臨む。ホセ・ソサとロマニョーリが出場停止となる中、前節ジェノヴァ・ダービーに敗れたジェノアから、ユベントス戦での悔しい敗戦を払しょくする勝利を挙げられるか。 ▽その他、インモービレの4戦連発弾などでリーグ戦4連勝としている4位ラツィオ(勝ち点56)は14位カリアリ(勝ち点31)とのアウェイ戦に臨み、6位に後退したアタランタ(勝ち点52)は最下位ペスカーラとのホーム戦でインテル戦の惨敗を払しょくにかかる。 ※スタメン予想はイタリア『ガゼッタ』を参照 ◆セリエA第29節 ▽3/18(土) 《26:00》 トリノ vs インテル 《28:45》 ミラン vs ジェノア ▽3/19(日) 《20:00》 エンポリ vs ナポリ 《23:00》 アタランタ vs ペスカーラ サンプドリア vs ユベントス ボローニャ vs キエーボ クロトーネ vs フィオレンティーナ カリアリ vs ラツィオ 《26:00》 ウディネーゼ vs パレルモ 《28:45》 ローマ vs サッスオーロ 2017.03.17 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

好調サンプドリアがムリエル弾でジェノヴァ・ダービーをシーズンダブル《セリエA》

▽セリエA第28節ジェノアvsサンプドリアのジェノヴァ・ダービーが11日に行われ、0-1でサンプドリアが勝利した。 ▽前節エンポリ戦で11試合ぶりの勝利を飾った15位ジェノア(勝ち点29)と、ここ6試合負け(4勝2分け)のない10位サンプドリア(勝ち点38)によるジェノヴァ・ダービー。 ▽立ち上がりの主導権争いを経て、まずはサンプドリアが9分に中央の位置からムリエルがミドルシュートを浴びせてゴールへ近づく。 ▽その後もオープンな攻防が続くと、18分にジェノアに立て続けに決定機。シメオネがスルーパスに抜け出してGKと一対一となるも、シュートは威力を欠いてGKにセーブされる。続く19分にはシメオネの左クロスを受けたピニージャがゴール至近距離からシュートに持ち込んだが、GKヴィヴィアーノの好守に阻まれた。 ▽引き続きテンションの高い攻防が続いたが、ハーフタイムにかけては互いに決定機を生み出すには至らずゴールレスで前半を終える。 ▽迎えた後半、サンプドリアがポゼッションを高めていくと、51分にチャンス。ムリエルの強烈なミドルシュートがわずかに枠の上へ外れた。続く56分にはクアリアレッラの反転シュートでゴールに迫ると、71分にサンプドリアがスコアを動かした。エンチャムの横パスをムリエルがムニョスの前でカット。ボックス中央へ侵入し、そのままGKとの一対一を制した。 ▽劣勢のジェノアは終盤、パッラディーノやターラブトといったアタッカーを投入するも、チャンスを生み出すには至らない。結局、ムリエルのゴールが決勝点となったサンプドリアがジェノアとのダービーでシーズンダブルを果たしている。 2017.03.12 06:55 Sun
twitterfacebook
thumb

ジェノア新監督の副官がオファーを拒否「サンプドリアへの愛はお金には換えられない」

ジェノアの指揮官に就任したアンドレア・マンドルリーニ監督の右腕、エンリコ・ニコリーニ氏がジェノアのアシスタントコーチとなることを拒否したと、フェイスブックで明かした。<br><br>ニコリーニ氏は、ルーマニアリーグのCFRクルージュやヴェローナで、マンドルリーニのアシスタントを務めてきた。ジェノアにも帯同するものと思われたが、ニコリーニ氏の決断は違った。<br><br>「父は私に相手をリスペクトすることと、サンプドリアへの愛を教えてくれた。もしジェノアへ行けば、サンプドリアのファンを裏切ることになり、リスペクトを欠く行為だ」<br><br>ニコリーニ氏はジェノヴァに生まれ、サンプドリアの下部組織で選手時代を過ごした。そのため、ライバルチームであるジェノアのコーチに就任することは、背信行為に思えたようだ。「お金で豊かな暮らしはできるが、自分の主義思想はお金に換えられないものだ」<br><br>ニコリーニ氏はジェノアのオファーよりも、これまで通りサンプドリアへの愛を貫くことを決意した。<br><br>提供:goal.com 2017.02.21 16:45 Tue
twitterfacebook
thumb

元伊代表FW、ナポリ時代から5年にわたる悪夢のストーカー被害を告白…犯人は警察官

サンプドリアに所属する元イタリア代表のFWファビオ・クアリアレッラがストーカー被害に遭っていたことを告白し、犯人が逮捕されていたと、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューで報告した。<br><br>「やっと悪夢が終わった。この4-5年の間は家族とともに苦しみ、とても辛かった。プロとしてプレーに集中しようとしていたが、簡単ではなかった」<br><br>ストーカーの被害が始まったのは、ナポリに在籍していた時だった。犯人のラファエレ・ピッコロ被告は警察官だった。ピッコロ被告はクアリアレッラについて、ドラッグや賭博に関わり、マフィアとの付き合いがあるほか、小児愛の性癖もあるなどといったニセ情報を匿名の手紙でクラブへ報告していた。また殺害予告も数えきれないほどあった。<br><br>「ナポリから移籍したのもこれが原因だった。(ナポリでは)快適だったし、家族とも一緒だった。自分と同じような被害者が出ないよう望む。脅迫をされてボロボロになる」<br><br>17日、ピッコロ被告には禁固4年8ヶ月の実刑が下された。ようやく悪夢の日々から解放されたクアリアレッラはカメラの前で声を詰まらせながら、同様の被害者が出ないようにと訴えた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.21 01:12 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース