クラブ間のいざこざに巻き込まれながらも… 元インテルのアタッカーがサンプドリア加入2015.12.30 09:23 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽サンプドリアは29日、元アルゼンチン代表MFリカルド・アルバレス(27)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。イタリア『gianlucadimarzio.com』によれば、契約期間は今シーズン終了までとなり、パフォーマンス次第で3年契約が提示されるとのことだ。

▽近年のインテルの攻撃をけん引していたリカルド・アルバレスだが、昨年9月にサンダーランドへレンタル移籍。サンダーランドではヒザの負傷もあり、リーグ戦13試合の出場にとどまった。

▽ただ、サンダーランドがプレミアリーグに残留した場合、完全移籍となる条件だったが、同選手のヒザの手術に関する決定をインテルが先延ばしにしたとして、サンダーランド側が完全移籍での獲得を拒否。結局は決断をFIFAに委ね、今夏の移籍市場閉幕後にリカルド・アルバレスはフリートランスファーで新天地を探すことが認められていた。

▽クラブ間のいざこざに巻き込まれ、無所属のまま今シーズンを過ごしていたリカルド・アルバレスは、所属先が決まった喜びを語っている。

「本当に戻りたかった。現在、僕はクラブとチームのために利用できる。ここにいられて本当にうれしいし、感慨深い気持ちだよ。これまでの6カ月は、いくつかの問題によって止まらなければいけなかった。でも、今は最高だよ」

「サンプは素晴らしいチーム。優れた選手がいるし、昨シーズンは非常に良かった。僕にとって素晴らしい挑戦だよ」

▽キレのあるドリブルと左足の繊細なキックを武器にインテルで活躍した“リッキー”は、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が率いるサンプドリアで再び輝きを見せられるだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

追加タイムのカイセド弾でラツィオが要塞ルイジ・フェラリスを攻略! 上位陣を追走《セリエA》

▽セリエA第15節、サンプドリアvsラツィオが3日に行われ、1-2でラツィオが逆転勝利した。 ▽前節ボローニャに0-3と完敗した6位サンプドリア(勝ち点26/未消化1試合)と、フィオレンティーナにラストプレーのPK被弾で引き分けに持ち込まれた5位ラツィオ(勝ち点29/未消化1試合)による上位対決。 ▽ユベントスを敗るなど、ここまで全勝を誇るルイジ・フェラレリスにラツィオを迎えたサンプドリアが、徐々に攻勢を強めていく流れとなった一戦。 ▽そんななか、ラツィオは15分にパローロがヘディングシュートで、17分にインモービレがコントロールシュートでサンプドリアをけん制していく。 ▽その後もサンプドリアがハイプレスをかけて圧力をかけていくと、ガストン・ラミレスが立て続けにミドルシュートを浴びせてラツィオを脅かした。そして、31分には決定機。ガストン・ラミレス、プラートとつないでボックス右のD・サパタがシュート。枠を捉えていたが、GKストラコシャのセーブに阻まれた。 ▽オープンな打ち合いとなった好ゲームは、36分にはラツィオに決定機。CKの流れからインモービレのミドルシュートが枠を捉えるも、こちらもGKヴィヴィアーノにセーブされる。さらにルーズボールをボックス右のルイス・アルベルトがシュートに持ち込んだが、ゴールライン前のベレシュインスキにカットされた。 ▽ハーフタイムにかけても互いにゴールに迫ったが、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、52分にラツィオに決定機。マルシッチの右クロスを受けたパローロのシュートが左ポストを直撃した。すると56分、サンプドリアが先制する。トレイラの浮き球フィードをクアリアレッラが頭で落とすと、D・サパタがボックス中央で受けてシュートをゴール左に流し込んだ。 ▽その後もオープンな攻防が続くなか、1点を追うラツィオは75分にルーカス・レイバとルリッチに代えてカイセドとJ・ルカクを投入。アタッカーを増やして攻勢を強めると、80分に同点に追いついた。右サイドで得たFKが混戦を生むと、ゴールエリア右にこぼれたルーズボールをミリンコビッチ=サビッチが押し込んだ。 ▽終盤にかけては同点としたラツィオが攻勢に出ると、追加タイム1分に逆転する。ミリンコビッチ=サビッチの意表を突いたスルーパスをインモービレがシュート。GKヴィヴィアーノにセーブされるも、ルーズボールをカイセドが押し込んだ。 ▽エクアドル代表FWのセリエA初ゴールが決勝点となってラツィオが勝利。要塞ルイジ・フェラリスを攻略して上位を追走している。 2017.12.04 06:43 Mon
twitterfacebook
thumb

ユベントスが難所で3失点敗戦… 勝利したサンプドリアはホーム戦全勝を維持《セリエA》

▽ユベントスは19日、セリエA第13節でサンプドリアとのアウェイ戦に臨み、2-3で敗れた。 ▽代表ウィーク前に行われた前節ベネヴェント戦をイグアインの公式戦4戦連発弾など逆転で退けた2位ユベントス(勝ち点31)はリーグ戦4連勝として首位ナポリに1ポイント差に迫った。そのユベントスは水曜日にチャンピオンズリーグ(CL)のバルセロナ戦を控える中、イタリア代表で失意を受けたGKブッフォンとバルザーリがベンチスタートとなり、キエッリーニとベルナルデスキがスタメンとなった。 ▽前節ジェノヴァ・ダービーを制した今季のホーム戦5戦全勝の6位サンプドリア(勝ち点23)に対し、2列目に右からクアドラード、ベルナルデスキ、マンジュキッチと並べる[4-2-3-1]で臨んだユベントスは、開始2分にベルナルデスキのスルーパスからイグアインが決定的なシュートを浴びせていく。 ▽良い入りを見せたユベントスが能動的に試合を進めていくものの、サンプドリアのタイトな守備の前にシュートに結びつけることはできない。 ▽28分に足首を負傷したプラートに代わってリネティを投入したサンプドリアに対し、引き続き敵陣でのプレーを続けたユベントスは、32分にビッグチャンス。イグアインのスルーパスをボックス右で受けたクアドラードがゴールエリア右まで侵攻してシュート。しかし、GKヴィヴィアーノにセーブされた。 ▽ハーフタイムにかけてはチャンスを生み出せず、前半をゴールレスドローで終えた。 ▽迎えた後半も圧力をかけたユベントスだったが、52分に先制される。ベルナルデスキのクリアボールが甘くなってルーズとなると、リヒトシュタイナーに競り勝ったD・サパタにヘディングで押し込まれた。 ▽続く56分にはクアリアレッラのスルーパスを受けたD・サパタに決定的なシュートを許したユベントスだったが、GKシュチェスニーが好飛び出しによるファインセーブで凌いだ。 ▽流れが悪くなってきたユベントスは62分にベルナルデスキに代えてディバラを投入。しかし72分に追加点を許してしまう。ペナルティアーク右でボールを持ったトレイラにミドルシュートを叩き込まれた。 ▽さらに79分、FKの流れからフェッラーリにもゴールを許したユベントスは、終了間際のPKをイグアインが決め、ディバラがドリブルシュートを叩き込んだものの2-3で敗戦。難所ルイジ・フェラリスで今季2敗目を喫し、ナポリとのポイント差は4に広がった。一方、勝利したサンプドリアはホーム戦全勝としている。 2017.11.20 00:58 Mon
twitterfacebook
thumb

サンプ戦でユーベデビューを目指すヘヴェデス「準備はできている」

▽ユベントスのドイツ代表DFベネディクト・ヘヴェデスは、19日に行われるセリエA第13節のサンプドリア戦でのデビューを目指している。イタリア『スカイスポーツ・イタリア』が報じている。 ▽今夏、シャルケから買い取りオプション付きのレンタル移籍でユベントスに加入したヘヴェデスだが、プレシーズンの時期に行った手術の影響や筋肉系の問題で未だ公式戦デビューはお預けとなっている。 ▽だが、ヘヴェデスは『スカイスポーツ・イタリア』のインタビューでサンプドリア戦でのデビューに向けて意気込みを語った。 「ピッチに戻ってこられて嬉しいよ。次の試合でプレーする準備もできている」 「サンプドリアは競争力があるいいチームだね。だけど、ユベントスは常に勝利を求められるチームなんだ。それはバルセロナ相手にでも求められることだよ」 2017.11.17 01:29 Fri
twitterfacebook
thumb

イカルディのドッピエッタとシュクリニアルの古巣弾でインテルが好調サンプドリアを撃破! 長友は84分までプレー《セリエA》

▽インテルは24日、セリエA第10節でサンプドリアをホームに迎え、3-2で勝利した。インテルのDF長友佑都は84分までプレーしている。 ▽3日前に行われた前節ナポリ戦をゴールレスドローで終えて無敗を維持した2位インテル(勝ち点23)は、ナポリ戦と同様のスタメンを送り出した。 ▽前節クロトーネ戦を5-0と大勝して2連勝とした6位サンプドリア(勝ち点17)に対し、4分にカンドレーバが際どいミドルシュートを浴びせたインテルが良い入りを見せると、13分には長友のフィードを受けたペリシッチがボックス左に侵入して枠内シュートを放った。 ▽続く15分には右サイドで仕掛けたペリシッチがグラウンダーのクロスを送り、ダンブロージオがボレー。これはわずかに枠の右に外れたが18分、インテルが順当に先制した。右CKの流れからルーズとなったボールをシュクリニアルが蹴り込んだ。 ▽シュクリニアルの古巣からのゴールで先制したインテルは、29分にも決定機。GKのキックミスを左サイド低い位置にいたペリシッチがダイレクトでロングシュート。狙い済まされたシュートだったが、惜しくも右ポストに嫌われた。 ▽それでも32分、追加点を奪いきる。右サイドからのヴェシーノのアーリークロスはDFにカットされるも、浮き球のルーズボールをボックス左のイカルディが完璧なボレーシュートで叩き込んだ。続く40分には右CKからイカルディのヘディングシュートが右ポストを直撃したインテルは2点のリードで前半を終えた。 ▽迎えた後半からガストン・ラミレスに代えてカプラーリを投入してきたサンプドリアに対して、インテルは54分に3点目を奪う。ボックス右からのペリシッチのクロスをイカルディがボレーで合わせて3-0とした。 ▽その後、63分にペリシッチがバー直撃のシュートを浴びせたインテルは、64分に途中出場のコフナツキにボレーシュートを流し込まれて1点を返されると、67分にはクアリアレッラにボックス右への侵入を許すピンチを迎える。しかし、枠を外れて助かった。 ▽終盤、長友がピッチを後にしたインテルは、85分にプラートの右クロスからクアリアレッラにヘディングシュートを決められて1点差に詰め寄られるも、3-2で逃げ切り。イカルディのドッピエッタとシュクリニアルの古巣弾でインテルが勝利している。 2017.10.25 05:58 Wed
twitterfacebook
thumb

D・サパタ&アルバレス弾に沈んだミランが敵地で完敗…《セリエA》

▽ミランは24日、セリエA第6節でサンプドリアと対戦し、0-2で敗戦した。 ▽公式戦3連勝中の4位ミランが、無敗を維持する8位サンプドリアの本拠地ルイジ・フェラリスに乗り込んだ一戦。ミッドウィークにヨーロッパリーグ(EL)のリエカ戦が控えるミランは、前節のSPAL戦からスタメンを2人変更。チャノハノールとアンドレ・シウバに代えてボナヴェントゥーラとスソを先発で起用した。 ▽ミランは開始早々にピンチを迎える。3分、D・サパタのパスで左サイドを突破したストリニッチのクロスを供給。これがブロックに入ったサパタの腕に当たると、主審がハンドの判定を下しPKを指示。この判定に対しミランの選手が抗議すると、主審はビデオ判定(VAR)を採用。その結果、ノーハンドの判定に覆りCKとなった。 ▽ハイテンションでゲームに入ったサンプドリアのプレッシングに苦しむミランは、ビルドアップもままならないこともあり、ノーチャンスのまま時間が経過する。すると37分、チャンスを迎えたのはサンプドリア。ケシエのミスパスを中盤で奪ったD・サパタがボックス左までドリブルで侵攻。切り返しで相手DFのマークを外しシュートに持ち込んだが、これはGKドンナルンマの好手に阻まれた。 ▽前半終了間際の45分、ミランは左CKをケシエが頭で合わせると、ゴール前のボヌッチにつながるも、これはオフサイドの判定。ミランは枠内シュート0本で前半を終了した。 ▽後半に入ってもインテンシティの高いプレーを見せるホームのサンプドリアは54分、ベレシュインスキのパスに抜け出したクアリアレッラがボックス右からシュートを狙うが、これは枠の左に外れた。 ▽疲れの見え始めたサンプドリアに対し、徐々にミランがポゼッションを高める。しかし、ミランは一瞬の隙からサンプドリアに先制を許す。72分、中盤からゴール前へフィードボールが供給されると、サパタのクリアミスをボックス中央のD・サパタに叩き込まれた。 ▽先制を許したミランは、78分にボナヴェントゥーラとスソを下げてクトローネとチャノハノールを投入する2枚替えを敢行。さらに82分、アバーテを下げてボリーニをピッチに送り出し、3枚の交代カードを使いきった。 ▽攻勢に出たいミランだったが、集中したサンプドリアの守備陣を崩しきれずにいると、後半アディショナルタイム1分に途中出場のリカルド・アルバレスにゴールネットを揺らされ、万事休す。 ▽敵地で完敗を喫したミランの公式戦連勝は“3”でストップし、ミッドウィークに行われるELに向けて良い流れを維持できなかった。 2017.09.24 21:47 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース