クラブ間のいざこざに巻き込まれながらも… 元インテルのアタッカーがサンプドリア加入2015.12.30 09:23 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽サンプドリアは29日、元アルゼンチン代表MFリカルド・アルバレス(27)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。イタリア『gianlucadimarzio.com』によれば、契約期間は今シーズン終了までとなり、パフォーマンス次第で3年契約が提示されるとのことだ。

▽近年のインテルの攻撃をけん引していたリカルド・アルバレスだが、昨年9月にサンダーランドへレンタル移籍。サンダーランドではヒザの負傷もあり、リーグ戦13試合の出場にとどまった。

▽ただ、サンダーランドがプレミアリーグに残留した場合、完全移籍となる条件だったが、同選手のヒザの手術に関する決定をインテルが先延ばしにしたとして、サンダーランド側が完全移籍での獲得を拒否。結局は決断をFIFAに委ね、今夏の移籍市場閉幕後にリカルド・アルバレスはフリートランスファーで新天地を探すことが認められていた。

▽クラブ間のいざこざに巻き込まれ、無所属のまま今シーズンを過ごしていたリカルド・アルバレスは、所属先が決まった喜びを語っている。

「本当に戻りたかった。現在、僕はクラブとチームのために利用できる。ここにいられて本当にうれしいし、感慨深い気持ちだよ。これまでの6カ月は、いくつかの問題によって止まらなければいけなかった。でも、今は最高だよ」

「サンプは素晴らしいチーム。優れた選手がいるし、昨シーズンは非常に良かった。僕にとって素晴らしい挑戦だよ」

▽キレのあるドリブルと左足の繊細なキックを武器にインテルで活躍した“リッキー”は、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が率いるサンプドリアで再び輝きを見せられるだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

アタランタが下位対決制す! サンプドリアは泥沼の4連敗…《セリエA》

▽セリエA第6節の2試合が26日に行われた。最下位クロトーネと19位のアタランタの下位対決は、アウェイのアタランタが3-1で勝利した。 ▽降格圏に沈む両チームが浮上のキッカケを探る下位対決は、いきなりスコアが動く。キックオフ直後にいきなり決定機を作ったアウェイのアタランタは3分、右サイドに抜け出したペターニャがDFを振り切ってボックス内に侵入すると、冷静に左足のシュートをファーポストに流し込んだ。 ▽この先制点で勢い付くアタランタはアレハンドロ・ゴメスの果敢な仕掛けを起点に、その後もクロトーネを押し込み続けると、40分には左CKの場面でGKが弾き損ねたボールをクルティッチが身体ごと押し込んで追加点を奪取。さらに前半アディショナルタイムには左サイドからドリブルで切り込んだゴメスがボックス右から強烈な右足のミドルシュートをゴール右上隅に突き刺し、前半のうちに試合を決めた ▽迎えた後半もアタランタペースが続く中、62分に相手選手に危険なタックルを見舞ったケシエにレッドカードが掲示され、退場処分に。すると数的優位を手にしたクロトーネが、ここから攻勢をかける。86分にはファルシネッリが頭で裏に流したボールを途中出場のシミーが決めて1点を返すが、反撃もここまで。敵地で快勝のアタランタが今季2勝目。一方、ホームで敗れたクロトーネは、またしてもセリエA初勝利ならず。 ▽また、同日行われたカリアリvsサンプドリアは、ホームのカリアリが2-1で勝利した。今季2勝目を狙う17位のカリアリと、3連敗中の12位サンプドリアが連敗ストップを目指した一戦。 ▽カリアリは、30分過ぎに守護神ストラーリが右ヒザを痛めて負傷交代するアクシデントに見舞われたが、37分にジョアン・ペドロのゴールで先制に成功した。 ▽一方、連敗を止めたいサンプドリアは、86分に途中出場のブルーノ・フェルナンデスのミドルシュートで土壇場で追いつくも、その2分後に守護神ヴィヴィアーノが痛恨の空振りでロングボールの処理を誤り、抜け出したメルキオッリに無人のゴールへ決勝点を決められ、勝負あり。カリアリが2試合ぶりの勝利を手にした一方、サンプドリアは泥沼の4連敗となった。 2016.09.27 06:11 Tue
twitterfacebook
thumb

終盤のバッカ弾でミランがサンプに辛勝で連敗ストップ、本田は出場せず《セリエA》

▽ミランは16日、セリエA第4節でサンプドリアの本拠地ルイジ・フェラリスに乗り込み、1-0で勝利した。ミランの本田はベンチ入りしたものの出場機会はなかった。 ▽前節ウディネーゼ戦を終盤の被弾で惜敗して2連敗となったミランは、その試合のスタメンから3選手を変更。バッカがベンチスタートとなって、昨季セリエB得点王のラパドゥーラが初先発を飾り、ニアンが出場停止から戻ってきた。前節、今季初出場を果たした本田は今節もベンチスタートとなった。 ▽前節こそローマに2-3と敗れたものの、2勝1敗と好スタートを切ったサンプドリアに対し、ミランは引き続き[4-3-3]を採用。前線は右からスソ、ラパドゥーラ、ニアンと並べた。 ▽緩く、所々芝の剥げたピッチでキックオフされた一戦は、ミランが徐々にポゼッションを高める展開となった中、11分に最初のピンチが訪れる。ゴール正面の位置からトレイラの放ったミドルシュートが枠の左上を捉えるも、GKドンナルンマがファインセーブで阻止した。ここからサンプドリアにポゼッションを譲ったミランは、両ウイングのスソとニアンが下がって4-5の守備ブロックを作り、ムリエルの仕掛けを軸とするサンプドリアの攻撃を受け止めていく。29分にはボックス内へ抜け出したラパドゥーラが左足を振り抜いたが、枠を捉えることはできなかった。 ▽ハーフタイムにかけても攻撃の形を作れなかったミランは、44分にE・バレットにGKドンナルンマを強襲された中、枠内シュート0本に終わった前半をゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半開始3分、スソが仕掛けてボックス右で倒されるも主審はノーファウルの判定を下す。その後半もサンプドリアの出足の鋭さに押し込まれる状況が続いたミランは、57分に最初の交代カードを切る。存在感のなかったホセ・ソサに代えてロカテッリをアンカーの位置に投入した。すると59分にスソがミドルシュートで初の枠内シュートを浴びせる。 ▽それでも流れを好転させられないミランは、64分にラパドゥーラに代えてバッカを投入。すると74分、バッカが個人技で見せ場を作る。ボックス左でボールを持ったコロンビア代表FWはDFを外して右足を振り抜くと、枠の右を捉えた。しかし、GKの手を弾いたボールは右ポストに直撃してしまう。 ▽終盤にかけてはオープンな展開となり、80分にはボックス右からムリエルの放ったシュートが左ポストを直撃と、ミランはヒヤリとさせられる。助かったミランは82分にボックス左へ侵入したボナヴェントゥーラが後方から倒されたものの、この場面も主審はPKを取らなかった。84分にサンプドリアはムリエルがネットを揺らしたが、その前にハンドを取られてノーゴールの判定に。 ▽すると85分、ミランが値千金の先制ゴールを奪う。スクリニアのボールコントロールミスを突いたスソがドリブルを仕掛けてラストパスを送ると、ボックス左に侵入したバッカが右足トゥキックでゴール右に流し込んだ。これが決勝点となってミランが連敗をストップし、今季2勝目を挙げている。 2016.09.17 05:45 Sat
twitterfacebook
thumb

途中出場のトッティが劇的PK弾で逆転勝利に導く! 今季初出場の王子が1G1Aの大活躍でまた一つ伝説を刻む!《セリエA》

▽セリエA第3節のローマvsサンプドリアが11日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが3-2で逆転勝利した。 ▽チャンピオンズリーグ・プレーオフ敗退に続いて、直近のカリアリ戦では2点差を追いつかれてのドローと、苦境に立たされるローマ。インターナショナルウィーク明けのサンプドリア戦に向けては、カリアリ戦から先発2人を変更。負傷のヴェルメーレンに代わってフアン・ジェズス、ゼコに代わってエル・シャーラウィが起用され、代表戦でふくらはぎを痛めたデ・ロッシも先発に入った。 ▽ここ2試合の重苦しい空気を払拭したいローマは、ペロッティを最前線に据えた“ゼロトップ”でスピードと流動性を生かした攻めを見せる。すると8分、ボックス左でボールを持ったペロッティの浮き球クロスを大外に走り込んだサラーが頭で合わせ、開始早々にスコアを動かす。さらに先制直後には得意のショートカウンターからペロッティのラストパスに抜け出したエル・シャーラウィに決定機も、ここはシュートを枠に飛ばせない。 ▽最高のスタートを切ったローマだが、この試合でも課題の守備が耐え切れない。18分にはフアン・ジェズスとブルーノ・ペレスのコミュニケーションミスからフリーでボックス内への侵入を許したムリエルに、レジーニの浮き球のフィードを見事なダイレクトボレーで決められ、わずか10分でリードを吐き出す。さらに動揺するホームチームは、失点直後にもムリエルに抜け出され決定的なシュートを許すが、ここはGKシュチェスニーがファインセーブで救った。 ▽その後もオープンな攻防が続く中、32分にはストロートマンの浮き球のスルーパスに抜け出したサラーに決定機も、ここはGKヴィヴィアーニの飛び出しに阻まれる。すると41分、ローマはリカルド・アルバレスの右CKからゴール前でフリーのクアリアレッラにワンタッチで流し込まれ、まさかの逆転を許す。気落ちしたチームは、43分にも最終ラインの連係ミスから再びゴール前のクアリアレッラにヒールシュートを打たれるが、ここはGKシュチェスニーの好守で凌いだ。 ▽だが、2失点目直前から突如ゲリラ豪雨に見舞われたスタディオ・オリンピコのホームサポーターからは、激しい雨と同様に不甲斐ないチームに向けて容赦ないブーイングが浴びせかけられた。 ▽前半終盤から降り続いた豪雨の影響で約1時間の中断を経て再開された試合。ローマを率いるスパレッティ監督は、流れを変えるためペロッティとエル・シャーラウィを下げて、ハーフタイム明けに今季初出場となるトッティとゼコを同時投入した。 ▽王子投入でスタジアム全体のボルテージが上がったローマは、キックオフ直後にストロートマンがいきなり決定機に絡むなど、猛攻を仕掛ける。ゼコやサラーの決定機はGKヴィヴィアーノのビッグセーブに阻まれるが、王子が同点ゴールをもたらす。 ▽61分、左サイドでボールを受けたトッティが浮き球のスルーパスをゴール前に送ると、GKヴィヴィアーノとうまく入れ替わったゼコが冷静に流し込んだ。 ▽その後もトッティの精度の高いパスを起点に再三の決定機を作るローマだが、2失点を喫したものの前半からビッグセーブを連発する相手GKヴィヴィアーノがサラーやゼコのビッグチャンスを圧巻のセービングで阻み続ける。 ▽試合終盤にかけては攻め疲れが顕著なローマに対して、サンプドリアが押し返し、拮抗した展開となる。引き分けでは許されないローマを救ったのは、今月末に40歳の誕生日を迎えるレジェンドだった。 ▽試合終了間際のアディショナルタイム3分、ボックス内に抜け出したゼコがDFスクリニアに倒されてローマにPKが与えられる。そして、このプレッシャーのかかるPKを名手トッティは見事にゴール右隅に流し込み、試合はタイムアップ。 ▽今季限りで現役を引退するトッティが、ラストシーズンの初出場試合で1ゴール1アシストの大活躍をみせ、苦境に立たされるローマに公式戦3試合ぶりの勝利をもたらした。 2016.09.12 01:09 Mon
twitterfacebook
thumb

「カッサーノは賢くない」 サンプドリア会長困惑

サンプドリアFWアントニオ・カッサーノは、チームの構想から外れたままクラブに残ることになった。マッシモ・フェレーロ会長は、カッサーノが「賢くない」と話している。<br><br>カッサーノはクラブで構想から外れており、サンプドリアは今夏の移籍市場で放出するつもりだった。しかし、選手側が移籍に応じず、今後も孤独な日々が続く見込みだ。<br><br>フェレーロ会長は、カッサーノについて「あまり賢くない」とコメント。イタリア『レーテ・スポルト』で次のように話した。<br><br>「(セリエBの)エンテッラへ行くなら、私が彼の給料を全額負担する準備があった。エンテッラをセリエA昇格に導けば、彼のキャリアは素晴らしい形で終わることになった。だが、彼は拒否したんだ。私は2度話したが、諦めたよ」<br><br>34歳のカッサーノを再びピッチで見られる日はくるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2016.09.08 11:00 Thu
twitterfacebook
thumb

サンプドリアがU-21イタリア代表MFカペッツィとリオ五輪のナイジェリア代表DFを獲得

▽サンプドリアは29日、フィオレンティーナのU-21イタリア代表MFレオナルド・カペッツィ(21)と、ポルトガル2部リーグのオルハネンセに所属するU-23ナイジェリア代表DFスタンレイ・アムジー(20)の獲得を発表した。カペッツィに関しては今季、レンタルでクロトーネへ移籍することが発表されている。 ▽フィオレンティーナのプリマヴェーラ出身であるカペッツィは、攻撃センスのあるレジスタ。フィオレンティーナでは出場機会を得られなかったが、2014-15シーズンにヴァレーゼで経験を積むと、2015-16シーズンはクロトーネで32試合に出場して2ゴールをマークし、クラブのセリエA初昇格に貢献していた。イタリア代表としてはU-17からプレーし、現在はU-21でプレーしている。 ▽一方、アムジーはリオデジャネイロ五輪で銅メダルを獲得したナイジェリア代表の不動の左サイドバックとして活躍。日本戦でもフル出場していた。 2016.08.30 02:46 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
ユーロ2016特集

アクセスランキング

新着ニュース