クラブ間のいざこざに巻き込まれながらも… 元インテルのアタッカーがサンプドリア加入2015.12.30 09:23 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽サンプドリアは29日、元アルゼンチン代表MFリカルド・アルバレス(27)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。イタリア『gianlucadimarzio.com』によれば、契約期間は今シーズン終了までとなり、パフォーマンス次第で3年契約が提示されるとのことだ。

▽近年のインテルの攻撃をけん引していたリカルド・アルバレスだが、昨年9月にサンダーランドへレンタル移籍。サンダーランドではヒザの負傷もあり、リーグ戦13試合の出場にとどまった。

▽ただ、サンダーランドがプレミアリーグに残留した場合、完全移籍となる条件だったが、同選手のヒザの手術に関する決定をインテルが先延ばしにしたとして、サンダーランド側が完全移籍での獲得を拒否。結局は決断をFIFAに委ね、今夏の移籍市場閉幕後にリカルド・アルバレスはフリートランスファーで新天地を探すことが認められていた。

▽クラブ間のいざこざに巻き込まれ、無所属のまま今シーズンを過ごしていたリカルド・アルバレスは、所属先が決まった喜びを語っている。

「本当に戻りたかった。現在、僕はクラブとチームのために利用できる。ここにいられて本当にうれしいし、感慨深い気持ちだよ。これまでの6カ月は、いくつかの問題によって止まらなければいけなかった。でも、今は最高だよ」

「サンプは素晴らしいチーム。優れた選手がいるし、昨シーズンは非常に良かった。僕にとって素晴らしい挑戦だよ」

▽キレのあるドリブルと左足の繊細なキックを武器にインテルで活躍した“リッキー”は、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が率いるサンプドリアで再び輝きを見せられるだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

D・サパタ&アルバレス弾に沈んだミランが敵地で完敗…《セリエA》

▽ミランは24日、セリエA第6節でサンプドリアと対戦し、0-2で敗戦した。 ▽公式戦3連勝中の4位ミランが、無敗を維持する8位サンプドリアの本拠地ルイジ・フェラリスに乗り込んだ一戦。ミッドウィークにヨーロッパリーグ(EL)のリエカ戦が控えるミランは、前節のSPAL戦からスタメンを2人変更。チャノハノールとアンドレ・シウバに代えてボナヴェントゥーラとスソを先発で起用した。 ▽ミランは開始早々にピンチを迎える。3分、D・サパタのパスで左サイドを突破したストリニッチのクロスを供給。これがブロックに入ったサパタの腕に当たると、主審がハンドの判定を下しPKを指示。この判定に対しミランの選手が抗議すると、主審はビデオ判定(VAR)を採用。その結果、ノーハンドの判定に覆りCKとなった。 ▽ハイテンションでゲームに入ったサンプドリアのプレッシングに苦しむミランは、ビルドアップもままならないこともあり、ノーチャンスのまま時間が経過する。すると37分、チャンスを迎えたのはサンプドリア。ケシエのミスパスを中盤で奪ったD・サパタがボックス左までドリブルで侵攻。切り返しで相手DFのマークを外しシュートに持ち込んだが、これはGKドンナルンマの好手に阻まれた。 ▽前半終了間際の45分、ミランは左CKをケシエが頭で合わせると、ゴール前のボヌッチにつながるも、これはオフサイドの判定。ミランは枠内シュート0本で前半を終了した。 ▽後半に入ってもインテンシティの高いプレーを見せるホームのサンプドリアは54分、ベレシュインスキのパスに抜け出したクアリアレッラがボックス右からシュートを狙うが、これは枠の左に外れた。 ▽疲れの見え始めたサンプドリアに対し、徐々にミランがポゼッションを高める。しかし、ミランは一瞬の隙からサンプドリアに先制を許す。72分、中盤からゴール前へフィードボールが供給されると、サパタのクリアミスをボックス中央のD・サパタに叩き込まれた。 ▽先制を許したミランは、78分にボナヴェントゥーラとスソを下げてクトローネとチャノハノールを投入する2枚替えを敢行。さらに82分、アバーテを下げてボリーニをピッチに送り出し、3枚の交代カードを使いきった。 ▽攻勢に出たいミランだったが、集中したサンプドリアの守備陣を崩しきれずにいると、後半アディショナルタイム1分に途中出場のリカルド・アルバレスにゴールネットを揺らされ、万事休す。 ▽敵地で完敗を喫したミランの公式戦連勝は“3”でストップし、ミッドウィークに行われるELに向けて良い流れを維持できなかった。 2017.09.24 21:47 Sun
twitterfacebook
thumb

9日開催予定のサンプドリアvsローマが悪天候のため延期

▽サンプドリアは8日、9日に開催予定だったセリエA第3節のサンプドリアvsローマを延期することを発表した。代替日などについては明らかにされていない。 ▽サンプドリアの本拠地ルイジ・フェラリスで開催予定だった一戦。しかし、開催地であるリグーリア州では現在、断続的な雷雨により警戒を知らせるオレンジアラートが発令されており、安全面が保障できない状況のため開催延期を決めたようだ。 2017.09.09 01:44 Sat
twitterfacebook
thumb

ローマがチェコ代表FWシックを買い取り義務付きレンタルで獲得、移籍金総額は最高で55億円

▽ローマは29日、サンプドリアに所属するチェコ代表FWパトリック・シック(21)を買い取り義務付きのレンタルで獲得したことを発表した。移籍金の総額は最大で4200万ユーロ(約54億8000万円)と明かしている。 ▽移籍金の詳細については、まずレンタル料として500万ユーロ(約6億5000万円)、レンタル期間終了後に900万ユーロ(約11億7000万円)。ボーナスで最大800万ユーロ(約10億4000万円)が加算され、2020年2月に2000万ユーロ(約26億円)を支払う内容となっているとのことだ。仮に満額での支払いとなれば、2001年にフィオレンティーナから獲得した元アルゼンチン代表FWガブリエル・バティストゥータ氏の3600万ユーロを超えるクラブレコードとなる。 ▽移籍金3000万ユーロ以上(約38億5000万円)でユベントス移籍がクラブ間合意を果たしていたシックだったが、メディカルチェックを受診した際に心臓の疾患が見つかり、移籍が破談に終わっていた。 ▽その後、シックを巡ってはインテルとローマが熾烈な争奪戦を繰り広げてきたが、エジプト代表FWモハメド・サラーの後釜確保に全力を注ぐローマが、逸材確保に成功した。 ▽2016-17シーズン、チェコのスパルタ・プラハからサンプドリアに加入したシックは公式戦35試合に出場し、13得点をマーク。185cmという体格ながら足元の技術も高く、鋭いゴールへの嗅覚を持つ期待の若手だ。チェコ代表では各下部年代で選ばれており、2016年5月にデビューしたフル代表では5試合1得点を記録している。 2017.08.30 00:26 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマがシック争奪戦制す! サンプ会長「シックはローマの選手であり、ロマニスタだ」

▽ローマがサンプドリアに所属するチェコ代表FWパトリック・シック(21)の争奪戦を制した。サンプドリアのマッシモ・フェレーロ会長が28日、イタリア『プレミアム・スポルト』で同選手のローマ行きを認めた。 ▽移籍金3000万ユーロ以上(約38億5000万円)でユベントス移籍がクラブ間合意を果たしていたシックだったが、メディカルチェックを受診した際に心臓の疾患が見つかり、移籍が破談に終わっていた。 ▽その後、シックを巡ってはインテルとローマが熾烈な争奪戦を繰り広げてきたが、エジプト代表FWモハメド・サラーの後釜確保に全力を注ぐローマが、総額3800万ユーロ(約50億円)ともいわれる高額な移籍金を準備し、逸材確保に成功した。 ▽フェレーロ会長は、「現時点でシックはローマの選手であり、ロマニスタだ。我々にとって彼の流出はショックなことだ」と、シックのローマ行きを認めた。 ▽その一方で同会長は、「個人的には彼をローマに行かせたいと思っていたから、彼のローマ移籍は嬉しいよ。彼自身も幸せだと思う。彼は我々にとって宝石だった。だから、ローマが彼を大事に扱ってくれることが重要なんだ」 ▽2016-17シーズン、チェコのスパルタ・プラハからサンプドリアに加入したシックは公式戦35試合に出場し、13得点をマーク。185cmという体格ながら足元の技術も高く、鋭いゴールへの嗅覚を持つ期待の若手だ。チェコ代表では各下部年代で選ばれており、2016年5月にデビューしたフル代表では5試合1得点を記録している。 2017.08.28 23:26 Mon
twitterfacebook
thumb

サンプドリア、トゥベンテからU-21デンマーク代表DFを獲得!

▽サンプドリアは25日、トゥベンテからU-21デンマーク代表DFヨアキム・アンデルセン(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「3」に決定。契約期間などに関する詳細は明かされていない。 ▽2013年にトゥベンテでプロキャリアをスタートしたアンデルセンは、190cmの長身センターバック。恵まれた体躯を生かした対人守備に加え、中盤でのプレーも可能な足元の技術を備えたモダンな若手DFは、トゥベンテで公式戦通算50試合に出場し4ゴールを挙げていた。 2017.08.26 06:02 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース