クラブ間のいざこざに巻き込まれながらも… 元インテルのアタッカーがサンプドリア加入2015.12.30 09:23 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽サンプドリアは29日、元アルゼンチン代表MFリカルド・アルバレス(27)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。イタリア『gianlucadimarzio.com』によれば、契約期間は今シーズン終了までとなり、パフォーマンス次第で3年契約が提示されるとのことだ。

▽近年のインテルの攻撃をけん引していたリカルド・アルバレスだが、昨年9月にサンダーランドへレンタル移籍。サンダーランドではヒザの負傷もあり、リーグ戦13試合の出場にとどまった。

▽ただ、サンダーランドがプレミアリーグに残留した場合、完全移籍となる条件だったが、同選手のヒザの手術に関する決定をインテルが先延ばしにしたとして、サンダーランド側が完全移籍での獲得を拒否。結局は決断をFIFAに委ね、今夏の移籍市場閉幕後にリカルド・アルバレスはフリートランスファーで新天地を探すことが認められていた。

▽クラブ間のいざこざに巻き込まれ、無所属のまま今シーズンを過ごしていたリカルド・アルバレスは、所属先が決まった喜びを語っている。

「本当に戻りたかった。現在、僕はクラブとチームのために利用できる。ここにいられて本当にうれしいし、感慨深い気持ちだよ。これまでの6カ月は、いくつかの問題によって止まらなければいけなかった。でも、今は最高だよ」

「サンプは素晴らしいチーム。優れた選手がいるし、昨シーズンは非常に良かった。僕にとって素晴らしい挑戦だよ」

▽キレのあるドリブルと左足の繊細なキックを武器にインテルで活躍した“リッキー”は、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が率いるサンプドリアで再び輝きを見せられるだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

途中出場のドグラス・コスタが3アシストを記録しユーベ快勝! ナポリと6ポイント差に《セリエA》

▽ユベントスは15日、セリエA第32節でサンプドリアをホームに迎え、3-0で快勝した。 ▽前節ベネヴェント戦をディバラのPK弾2つ含むハットトリックで打ち合いを制した首位ユベントス(勝ち点81)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のレアル・マドリー戦では3点差を追いつく大健闘の戦いを見せながらも終了間際のPK被弾で惜しくもベスト8敗退となった。そのユベントスはレアル・マドリー戦のスタメンから5選手を変更。出場停止で欠場したディバラの他、クアドラードやルガーニ、ヘヴェデスといったバックアップメンバーが先発となった。 ▽直前の試合で2位ナポリがミランに引き分けたことで勝利すれば6ポイント差となる一戦。ヨーロッパリーグ出場権獲得を目指す8位サンプドリア(勝ち点48)に対し、フラットな[4-4-2]で臨んだユベントスは、2トップにマンジュキッチとディバラ、右サイドにクアドラード、左サイドにマテュイディを配した。 ▽そのユベントスがサイド攻撃を軸に圧力をかける展開とするも、決定機を生み出すには至らない。そんな中21分、CKからクアリアレッラのヘディングシュートでゴールを脅かされるも、GKブッフォンが阻止。 ▽やや単調な攻撃が続くユベントスは35分にケディラのミドルシュートでオンターゲットを記録。43分には負傷したピャニッチがプレー続行不可能となってドグラス・コスタを投入するアクシデントに見舞われたが、45分に先制した。緊急投入されたドグラス・コスタの左サイドからのアーリークロスに、マンジュキッチがボレーシュートで叩き込んだ。 ▽迎えた後半、オープンな展開で立ち上がると、ユベントスが60分に突き放した。左サイドからのドグラス・コスタの柔らかいクロスをヘヴェデスがヘディングで押し込んだ。 ▽ヘヴェデスの移籍後初ゴールでリードを広げたユベントスはディバラをお役御免とすると、75分に3点目を記録。右サイドをドグラス・コスタが突破してボックス右深くから左足アウトでパス。これをケディラが押し込んだ。 ▽ドグラス・コスタこの試合3つ目のアシストで3-0としたユベントスは試合終了間際、D・サパタのシュートをGKブッフォンが止めてシャットアウト勝利。2位ナポリとのポイント差を6に広げている。 2018.04.16 03:02 Mon
twitterfacebook
thumb

EL出場権争いはアタランタの自滅でサンプドリアに軍配《セリエA》

▽セリエA第27節延期分、アタランタvsサンプドリアが3日に行われ、1-2でサンプドリアが勝利した。 ▽アストーリの急逝を受けて延期となっていた2連勝中の7位アタランタ(勝ち点47)と、3連敗中の9位サンプドリア(勝ち点44)によるヨーロッパリーグ(EL)出場権を争う一戦。 ▽A・ゴメスとペターニャの2トップで臨んだホームチームのアタランタが徐々に押し込む流れとなっていた中、15分に決定機を演出。クリスタンテのスルーパスに反応したカスターニュがボックス左に侵入。GKと一対一となったが、シュートを枠の左に外してしまった。 ▽その後、クリスタンテやフロイラーのミドルシュートでサンプドリアをけん制していたアタランタは、37分に右CKからペターニャのヘディングシュートがバーを直撃した。 ▽ところが43分、カスターニュのクリアボールが自陣ゴール方向へ。トロイが対応に回ったがボールに触れず、ボックス左でルーズボールを拾ったカプラーリにシュートを流し込まれた。追加タイム2分にもガストン・ラミレスの直接FKでゴールに迫られたアタランタだったが、ここはGKベリシャがファインセーブで凌ぎ、1点のビハインドで前半を終えた。 ▽迎えた後半、思うようにシュートチャンスを作れないアタランタは、56分にデ・ルーンに代えてハースを投入。さらに64分、ハテボエルに代えてバロウを投入すると67分、攻めあぐねていたアタランタがセットプレーから試合を振り出しに戻した。左サイドからのA・ゴメスのFKがルーズとなると、ボックス中央のトロイが右足でゴールへ蹴り込んだ。 ▽失点に絡んだトロイの同点弾で勢い付くかに思われたアタランタだったが、終盤の84分に自滅する。ハースのバックパスミスをカットされ、D・サパタにGKとの一対一を制された。 ▽これが決勝点となってサンプドリアが勝利。連敗を3で止め、アタランタに勝ち点で並んでいる。 2018.04.04 03:38 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリ、サッスオーロのウインガー2人引き抜きなるか

▽ナポリが、サッスオーロのイタリア代表FWドメニコ・ベラルディ(23)とイタリア人MFマッテオ・ポリターノ(24)の両獲りに動いているようだ。イタリア『TUTTOmercatWEB』が伝えている。 ▽昨夏から前線の強化に着手しているナポリ。イタリア国内を中心に若く才能溢れる選手らの獲得が噂される中、アヤックスのドイツ代表FWアミン・ユーネス(24)の今夏でのナポリ入りが確実視されていた。 ▽しかし、ここにきてユーネスはナポリの治安の悪さを理由に移籍を踏みとどまっている模様。同選手の去就が不透明となる中で、今回の報道ではナポリはサッスオーロの両翼をリストアップしたようだ。 ▽なお、両選手は昨夏に2022年まで契約延長したばかり。難しい交渉が予想されるが、ナポリは交渉材料に、現在サンプドリアにレンタル移籍中のコロンビア代表FWドゥバン・サパタ(26)の譲渡を考慮していると見るメディアもあるようだ。 ▽サッスオーロの下部組織出身のベラルディは、ユベントスにレンタル移籍した経験を持つウインガーで、右ウイングを主戦場にするレフティはリーグ戦21試合に出場し2ゴール2アシストを記録している。一方のポリターノはローマの下部組織出身。レンタル移籍を経て、2016年に完全移籍。こちらは左ウイングを主に、リーグ戦26試合に出場。3ゴール4アシストをマークしている。 2018.03.31 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

イカルディが古巣相手に大爆発! セリエA通算100得点目含む4発でインテル快勝《セリエA》

▽インテルは18日、セリエA第29節でサンプドリアとのアウェイ戦に臨み、5-0で大勝した。 ▽リーグ2戦負けなしの5位インテル(勝ち点52)が、前節クロトーネ戦で1-4の大敗を喫した7位サンプドリア(勝ち点44)のホームに乗り込んだ一戦。インテルは、ゴールレスドローに持ち込んだ前節ナポリ戦からスタメンを変更せず。現状のベストメンバーで臨んだ。 ▽試合は序盤からインテルが優位に運ぶ。13分、右サイドでボールを持ったカンドレーバが低く速いクロスを入れると、駆け込んだのはイカルディ。しかし、トップスピードのまま合わせたシュートは上手くミートできず、枠を外れていく。 ▽さらに22分、カンドレーバが右サイドでボールを持つと、今度は浮き球のクロスを供給。ボックス左のペリシッチが頭で落とすと、ボックス内中央でフリーのイカルディとGKヴィヴィアーノが一対一を迎える。しかし、イカルディがシュートを空振り、ネットを揺らすことは叶わない。 ▽それでも26分、右サイドを上がったカンセロのクロスに、ペリシッチが頭で合わせる。これがネットを揺らし、インテルにとって幸先の良い先制弾とした。 ▽直後の30分、ラフィーニャがボックス内で倒されてPKを獲得すると、キッカーを務めるのはイカルディ。冷静にGKヴィヴィアーノの逆を突き、イカルディにとってはセリエA通算100ゴール目のメモリアル弾となった。 ▽31分にも、波に乗るインテルが畳みかける。左サイドを上がったペリシッチがグラウンダーのクロスを供給すると、ボックス内に混戦がもたらされる。最終的にボールを奪ったイカルディが、意表を突くヒールシュートを放ち、自身の今シーズンのセリエAでの20得点目とした。 ▽さらに前半終了間際の44分、ボックス内でボールを持ったラフィーニャがヒールシュートを狙うと、GKヴィヴィアーノが弾き出す。こぼれ球に反応したイカルディがまたしてもネットを揺らし、前半だけでトリプレッタを達成。試合は直後に折り返しを迎えた。 ▽後半に入っても、早々にインテルのエースが前半の勢いそのままに輝きを放つ。51分、ボックス内に放り込まれたボールに対してサンプドリアDFのクリアが中途半端になると、ボックス内のイカルディが反応。バウンドするボールを右足で捉えて地面に叩きつけると、シュートは絶妙なコースでGKヴィヴィアーノの頭上を射抜き、ダメ押しの追加点に。 ▽古巣相手に4得点を叩き込んだイカルディは、66分にお役御免。エデルとの交代でピッチを退く際には、かつての本拠地から大音量のブーイングと拍手が送られた。 ▽インテルはその後、ややペースを落としてボールを回しつつ失点のリスクを回避し、5-0のスコアのままで試合が終了。この結果、インテルは3戦負けなしとした。対するサンプドリアはホームで手痛い大敗を喫し、連敗に突入している。 2018.03.18 22:25 Sun
twitterfacebook
thumb

サンプドリア、元パラグアイ代表MFバレットと2019年まで契約延長

▽サンプドリアは16日、元パラグアイ代表MFエドガル・バレット(33)と2019年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ▽2015年夏にパレルモからサンプドリアに加入したセントラルMFのバレットは、これまでサンプドリアで公式戦90試合に出場して5ゴールを記録。今季もセリエAで19試合に先発し、7位と健闘しているチームの中で準主力としてプレーしている。また、パラグアイ代表としてはこれまで61キャップを刻んでいる。 2018.03.17 01:30 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース