クラブ間のいざこざに巻き込まれながらも… 元インテルのアタッカーがサンプドリア加入2015.12.30 09:23 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽サンプドリアは29日、元アルゼンチン代表MFリカルド・アルバレス(27)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。イタリア『gianlucadimarzio.com』によれば、契約期間は今シーズン終了までとなり、パフォーマンス次第で3年契約が提示されるとのことだ。

▽近年のインテルの攻撃をけん引していたリカルド・アルバレスだが、昨年9月にサンダーランドへレンタル移籍。サンダーランドではヒザの負傷もあり、リーグ戦13試合の出場にとどまった。

▽ただ、サンダーランドがプレミアリーグに残留した場合、完全移籍となる条件だったが、同選手のヒザの手術に関する決定をインテルが先延ばしにしたとして、サンダーランド側が完全移籍での獲得を拒否。結局は決断をFIFAに委ね、今夏の移籍市場閉幕後にリカルド・アルバレスはフリートランスファーで新天地を探すことが認められていた。

▽クラブ間のいざこざに巻き込まれ、無所属のまま今シーズンを過ごしていたリカルド・アルバレスは、所属先が決まった喜びを語っている。

「本当に戻りたかった。現在、僕はクラブとチームのために利用できる。ここにいられて本当にうれしいし、感慨深い気持ちだよ。これまでの6カ月は、いくつかの問題によって止まらなければいけなかった。でも、今は最高だよ」

「サンプは素晴らしいチーム。優れた選手がいるし、昨シーズンは非常に良かった。僕にとって素晴らしい挑戦だよ」

▽キレのあるドリブルと左足の繊細なキックを武器にインテルで活躍した“リッキー”は、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が率いるサンプドリアで再び輝きを見せられるだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

カッサーノ、ジェノアへ1月移籍か…ジェノア監督との会食姿がとSNS上で話題に

<br><br>1月移籍が決定的となったサンプドリアのFWアントニオ・カッサーノだが、移籍先候補が同じジェノヴァに拠点を置くジェノアではないかとの憶測がSNS上で広がっている。<br><br>カッサーノは今夏、サンプドリアのマッシモ・フェレロ会長との意見の食い違いなどからチームの構想から外れ、1人隔絶された状態が長く続いた。<br><br>11月29日にようやくクラブとの合意の下、1月移籍に向けてサンプドリアの下部組織の練習に参加を許された経緯がある。<br><br>1月の移籍に関して、本人はイタリアTV番組の直撃インタビューで「俺はファンタジスタだからね。1月を楽しみにしてろよ」とサプライズを予感させる発言を残していた。<br><br>そんな中、カッサーノがジェノアのイヴァン・ユリッチ監督と会食している姿をジェノヴァ市内でサポーターが目撃し、写真をSNS上に投稿したことで憶測を呼んだ。<br><br>カッサーノはこれまでも、家族とともに暮らすジェノヴァでの生活が気に入っており、ジェノヴァ近郊のセリエBヴィルトゥス・エンテッラへの移籍を希望しているとの情報もあった。<br><br>今回話題となったジェノアは、サンプドリアと同様ジェノヴァに拠点を置き、カッサーノの希望を満たすとみられるが、ライバルチームへの移籍の噂をカロリーナ夫人がフェイスブックで否定している。<br><br>「SNS上で話題となっている写真についてだけど、この間、ジェノヴァ市内のレストランに食事に行ったわ。その場にたまたまジェノアの監督やスタッフもいたので、ごく普通に挨拶をしたまでよ。それだけで契約交渉になるなんて、すごい想像力ね」<br><br>1月の移籍市場に向けて、カッサーノの動向は注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2016.12.09 18:02 Fri
twitterfacebook
thumb

お騒がせカッサーノ、1月移籍へ向けてサンプドリア下部組織の練習へ合流を許される

サンプドリアの元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノが29日、下部組織の練習への参加を許された。複数のイタリアメディアが伝えている。<br><br>カッサーノは今夏、サンプドリアのマッシモ・フェレロ会長との意見の食い違いなどからチームの構想から外れ、選手登録もされず、1人隔絶された状況が続いていた。<br><br>28日にはイタリアのテレビ番組『Striscia La Notizia』に出演し、現在の境遇について語っていたのだが、翌29日から、クラブとの合意の下、サンプドリアのプリマヴェーラ(下部組織)の練習に参加することを許された。<br><br>カッサーノはこれから1月の移籍市場に向けて、若手選手とともにコンディションの維持を続けていくことになる。<br><br>移籍先に関しては、中国リーグやUAEのクラブなどが候補として報じられているほか、カッサーノ本人がセリエBヴィルトゥス・エンテッラへの移籍を希望しているとの情報もある。<br><br><br>提供:goal.com 2016.11.30 17:58 Wed
twitterfacebook
thumb

カッサーノがサンプドリアでの騒動に言及「クラブから口止めされてるけど…」

サンプドリアの元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノが28日、イタリアのテレビ番組『Striscia La Notizia』に出演し、現在の境遇について話した。<br><br>「ファンタントニオ(ファンタジスタとアントニオの造語)」ことカッサーノは、同番組のリポーターからアポなし直撃インタビューを受けると、「クラブから口止めされているんだけど&hellip;」と戸惑いながらもインタビューに応じた。<br><br>カッサーノは今夏、サンプドリアのマッシモ・フェレロ会長との意見の食い違いなどからチームの構想から外れ、現在も1人隔絶されている。当然、今シーズンの出場はゼロ。ベンチ入りすら許されない状況にある。<br><br>「サンプドリアには記者からのインタビュー要請がいくつも来ているけど、クラブが全部断っている。ジェノアダービー(10月23日、2-1でサンプドリアが勝利)の後、フェレロ会長の右腕(アントニオ・ロメイ氏)とケンカまがいの事件が起きた。結局、最後はオレが年をとり過ぎだからって言われたよ」<br><br>「確かに年をとった鶏からは良いダシがとれるって言うけど、俺はファンタジスタだからね。1月を楽しみにしてろよ」<br><br>イタリアのことわざを引用しつつ、1月の移籍市場でのサプライズを約束した。<br><br>またインタビューでは、数日前にイタリアのAV男優ロッコ・シフレーディ氏から共演をオファーされたことにも言及。<br><br>「ロッコにはいつも言っているけど、こういう仕事は妻とケンカになるからダメだ。家を追い出されるって」<br><br>愛妻家として知られるカッサーノは妻とのケンカを理由に、オファーを頑なに固辞している。<br><br><br>提供:goal.com 2016.11.30 16:03 Wed
twitterfacebook
thumb

カッサーノの時代は終わった…恩師が弟子を愛するがゆえの苦言「もう引退するべき」

時は1999年まで遡る。エウジェニオ・ファシェッティ監督は17歳の少年をセリエAにデビューさせようとしていた。インテル戦ではフォリクラッセ(規格外)のプレーを披露し、見る者を驚かせた。あれから17年が経った今、元バーリ監督はFWアントニオ・カッサーノの現役生活について苦いコメントを残している。<br><br>『Sky Sport』のインタビューで、ファシェッティ元監督はカッサーノに対する失望を露わにした。<br><br>「カッサーノがこんな事になるのを予想していたか?カッサーノは自分の好きなようにしたまでだ。古巣サンプドリアに戻って、またもめ事を起こした。もう引退してもよいのではないだろうか。カッサーノのような才能のある選手に出会うことはめったにないから本当に残念だ。彼とは7、8年連絡をとっていない。これまで何度、彼に説明しようとしたことか。それでもカッサーノが連絡をくれたことはなかった。もはや仕方あるまい」<br><br>ファシェッティ元監督はカッサーノの将来の選択肢は限られていると明かす。<br><br>「厳しい話だが、パルマを退団した後、何がなんでもジェノヴァへ戻ろうと奮闘した。そして今度は何がなんでもジェノヴァから去るために奮闘しているようだ。もう決断は下しているだろうが、1月に移籍先を見つけるのは難しいかもしれない。34歳だし、ここ2年はまともにプレーしていない。もはや誰が彼を必要とするのかね?」<br><br>さらに元監督はカッサーノの責任を追及した。<br><br>「彼みたいな選手をチームの戦術にはめ込むのは難しいのではないか。しかもピッチ外でカッサーノは自分の好きなようにやり過ぎた。毎回謝ればよいものではない。正直がっかりだ。カッサーノはカルチョで一時代を築けるような人材だったんだ。生まれながらのフォリクラッセで、成長するための努力を怠った。例えばレアル・マドリーはサッカー選手なら誰しも目指すようなチームだ。それがあんな調整不足のコンディションで挑んでしまうなんて、現代サッカーを何も分かっていない」<br><br>最後に再び、元監督としてカッサーノについて話した。<br><br>「カッサーノの結婚式以来連絡を取っていない。だが、もし彼が希望するならいつでも話をしたい。私が彼とケンカをしたことは1度もない。ただ、私の考えはいつも彼に伝えてきた。カッサーノは才能を100%開花させることができなかったフォリクラッセ、これが真実だ。素晴らしい才能を無駄にするのを見るのは喜ばしいものではない」<br><br><br>提供:goal.com 2016.11.15 18:45 Tue
twitterfacebook
thumb

長友不出場のインテル、躍動サンプドリアに完敗… ここ5試合で4敗目《セリエA》

▽インテルは30日、セリエA第11節でサンプドリアとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。インテルの長友はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節トリノ戦をイカルディのドッピエッタで辛くも制して連敗を3で止めた10位インテル(勝ち点14)は、そのトリノ戦のスタメンから、公式戦3試合連続先発中だった長友に代わってサントンを起用した。 ▽前節ユベントスにターンオーバーを敢行して完敗した15位サンプドリア(勝ち点11)に対し、インテルはトリノ戦に続き出場停止のメデルに代わってジョアン・マリオが中盤アンカーに入る[4-3-3]を採用した。 ▽ホームチームがアグレッシブな入りを見せる中、インテルは8分にボックス右への侵入を許したクアリアレッラに際どいシュートを浴びてしまう。さらに13分にも大ピンチ。ブルーノ・フェルナンデスのラストパスをボックス左で受けたフリーのムリエルに決定的なシュートを許したが、枠の右に外れて助かった。 ▽インテルは16分にカンドレーバがミドルシュートを狙うも、17分にクアリアレッラの枠内シュートを浴びると、30分には右CKからバレットの右足ボレーが右ポストを直撃するピンチを迎える。 ▽引き続き劣勢のインテルは35分にようやく決定機を演出。カンドレーバのミドルシュートがGKプッジョーニを強襲した。続く39分にもチャンスを作り、ブロゾビッチがボックス右まで侵入して左足でシュート。だが、バーを掠めて枠のわずか上に外れてしまった。 ▽すると44分、ブルーノ・フェルナンデスのパスをボックス左で反応したリネティのトラップが流れたところを、ボックス中央のクアリアレッラに左足シュートでゴール右に流し込まれてしまった。 ▽1点リードを許して迎えた後半、インテルは開始直後にエデルがボックス左から際どいシュートを浴びせる。しかし、サンプドリアの鋭いボールへの寄せに苦しんでシュートに持ち込めない状況が続いた。 ▽サイド攻撃でサンプドリアの守備を打開にかかるインテルは、67分に決定機。右サイドをアンサルディが崩してボックス右のブロゾビッチがクロス。しかし、イカルディのヘディングシュートはミートできずに枠の上に外れてしまった。 ▽流れを引き寄せきれないインテルは76分に2枚代えを敢行。カンドレーバとエデルに代えてペリシッチとパラシオをウイングの位置にそれぞれ投入。しかし、劣勢を変えられずにいると、86分にバドミルにGKハンダノビッチとの一対一の局面を作られてしまう。ここはハンダノビッチが防いで望みをつないだインテルは、追加タイム1分に同点のチャンスを迎える。だが、左クロスを受けたゴールエリア左のパラシオのシュートは、バーの下を叩いてゴールラインを割らずにタイムアップ。スコア以上の内容の差で敗れたインテルがここ5試合で4敗目を喫している。 2016.10.31 06:42 Mon
twitterfacebook
Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース