クラブ間のいざこざに巻き込まれながらも… 元インテルのアタッカーがサンプドリア加入2015.12.30 09:23 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽サンプドリアは29日、元アルゼンチン代表MFリカルド・アルバレス(27)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。イタリア『gianlucadimarzio.com』によれば、契約期間は今シーズン終了までとなり、パフォーマンス次第で3年契約が提示されるとのことだ。

▽近年のインテルの攻撃をけん引していたリカルド・アルバレスだが、昨年9月にサンダーランドへレンタル移籍。サンダーランドではヒザの負傷もあり、リーグ戦13試合の出場にとどまった。

▽ただ、サンダーランドがプレミアリーグに残留した場合、完全移籍となる条件だったが、同選手のヒザの手術に関する決定をインテルが先延ばしにしたとして、サンダーランド側が完全移籍での獲得を拒否。結局は決断をFIFAに委ね、今夏の移籍市場閉幕後にリカルド・アルバレスはフリートランスファーで新天地を探すことが認められていた。

▽クラブ間のいざこざに巻き込まれ、無所属のまま今シーズンを過ごしていたリカルド・アルバレスは、所属先が決まった喜びを語っている。

「本当に戻りたかった。現在、僕はクラブとチームのために利用できる。ここにいられて本当にうれしいし、感慨深い気持ちだよ。これまでの6カ月は、いくつかの問題によって止まらなければいけなかった。でも、今は最高だよ」

「サンプは素晴らしいチーム。優れた選手がいるし、昨シーズンは非常に良かった。僕にとって素晴らしい挑戦だよ」

▽キレのあるドリブルと左足の繊細なキックを武器にインテルで活躍した“リッキー”は、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が率いるサンプドリアで再び輝きを見せられるだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

ジェノア新監督の副官がオファーを拒否「サンプドリアへの愛はお金には換えられない」

ジェノアの指揮官に就任したアンドレア・マンドルリーニ監督の右腕、エンリコ・ニコリーニ氏がジェノアのアシスタントコーチとなることを拒否したと、フェイスブックで明かした。<br><br>ニコリーニ氏は、ルーマニアリーグのCFRクルージュやヴェローナで、マンドルリーニのアシスタントを務めてきた。ジェノアにも帯同するものと思われたが、ニコリーニ氏の決断は違った。<br><br>「父は私に相手をリスペクトすることと、サンプドリアへの愛を教えてくれた。もしジェノアへ行けば、サンプドリアのファンを裏切ることになり、リスペクトを欠く行為だ」<br><br>ニコリーニ氏はジェノヴァに生まれ、サンプドリアの下部組織で選手時代を過ごした。そのため、ライバルチームであるジェノアのコーチに就任することは、背信行為に思えたようだ。「お金で豊かな暮らしはできるが、自分の主義思想はお金に換えられないものだ」<br><br>ニコリーニ氏はジェノアのオファーよりも、これまで通りサンプドリアへの愛を貫くことを決意した。<br><br>提供:goal.com 2017.02.21 16:45 Tue
twitterfacebook
thumb

元伊代表FW、ナポリ時代から5年にわたる悪夢のストーカー被害を告白…犯人は警察官

サンプドリアに所属する元イタリア代表のFWファビオ・クアリアレッラがストーカー被害に遭っていたことを告白し、犯人が逮捕されていたと、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューで報告した。<br><br>「やっと悪夢が終わった。この4-5年の間は家族とともに苦しみ、とても辛かった。プロとしてプレーに集中しようとしていたが、簡単ではなかった」<br><br>ストーカーの被害が始まったのは、ナポリに在籍していた時だった。犯人のラファエレ・ピッコロ被告は警察官だった。ピッコロ被告はクアリアレッラについて、ドラッグや賭博に関わり、マフィアとの付き合いがあるほか、小児愛の性癖もあるなどといったニセ情報を匿名の手紙でクラブへ報告していた。また殺害予告も数えきれないほどあった。<br><br>「ナポリから移籍したのもこれが原因だった。(ナポリでは)快適だったし、家族とも一緒だった。自分と同じような被害者が出ないよう望む。脅迫をされてボロボロになる」<br><br>17日、ピッコロ被告には禁固4年8ヶ月の実刑が下された。ようやく悪夢の日々から解放されたクアリアレッラはカメラの前で声を詰まらせながら、同様の被害者が出ないようにと訴えた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.21 01:12 Tue
twitterfacebook
thumb

泥沼ミラン、PK弾の一発に沈んで公式戦4連敗… サンプドリアはローマ戦に続き金星《セリエA》

▽ミランは5日、セリエA第23節でサンプドリアを本拠地サン・シーロに迎え、0-1で敗れた。ミランのMF本田圭佑はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節ウディネーゼに痛恨の逆転負けを喫して公式戦3連敗中の7位ミラン(勝ち点37)は、ボナヴェントウーラとデ・シリオが重傷を負った。悪い流れが続く逆境の中、アバーテやウディネーゼ戦で失点につながるミスを犯したロカテッリがベンチスタートとなり、右サイドバックにはクツカを、左サイドバックにはロマニョーリを起用。そして、中盤アンカーにホセ・ソサを起用した。 ▽前節ローマに3-2で勝利した12位サンプドリア(勝ち点27)に対し、ミランは左ウイングのデウロフェウの仕掛けを起点に打開にかかる。徐々に攻勢を強める中、23分にはベルトラッチのミドルシュートでGKを強襲。 ▽その後、25分にボックス左への侵入を許したリネティに決定的なシュートを浴びるも、GKドンナルンマの好守で凌いだミランは、パシャリッチやベルトラッチのミドルシュートで牽制。37分にはFKの流れからデウロフェウが枠内シュートを浴びせたが、威力を欠いてGKにセーブされた。ハーフタイムにかけても攻め込んだミランだったがゴールは割れず0-0で前半を終えた。 ▽迎えた後半開始3分、ミランにビッグチャンスが訪れる。ボックス左のデウロフェウがルーズボールを拾って狙いすましたシュート。しかし、右ポストに直撃してしまった。その後も攻勢を続けるミランはバッカのバイシクルシュートやパシャリッチのミドルシュートでゴールに迫るも、69分に痛恨のPKを献上してしまう。 ▽スルーパスを受けてボックス内に侵入したクアリアレッラをパレッタが軽率に倒してしまった。このPKをムリエルに決められ、サンプドリアに先制される。 ▽一瞬の隙を突かれて失点したミランは、ラパドゥーラや新戦力のオカンポスを投入。しかし、82分にジュリチッチに決定的なシュートを浴びてヒヤリとさせられる。ここは枠を外れて救われたミランは88分に決定機。スソのスルーパスに抜け出したボックス右のラパドゥーラが狙いすましてシュート。だが、GKヴィヴィアーノのファインセーブに阻まれ、0-1で敗戦した。敗れたミランは公式戦4連敗となっている。 2017.02.05 22:38 Sun
twitterfacebook
thumb

堅守崩壊ローマが不調サンプに逆転負けで8戦ぶりの勝利献上…スクデットが遠のく痛恨の結果に…《セリエA》

▽セリエA第22節のサンプドリアvsローマが29日にルイジ・フェラリスで行われ、サンプドリアが3-2で逆転勝利した。 ▽リーグ戦3試合連続ウノゼロで4連勝中の2位ローマは、5連勝を目指す今節で先日のコッパ・イタリアで4-0の大勝を飾ったサンプドリアとのアウェイゲームに臨んだ。前節のカリアリ戦からのメンバー変更は負傷のマノラスに代わって、ヴェルメーレンが起用された1点のみとなった。 ▽ややバタ付く入りとなったローマだったが、開始5分に最初の決定機をゴールに結びつける。バイタルエリアでエメルソン・パルミエリの放った強烈なミドルシュートのこぼれ球をブルーノ・ペレスが冷静に蹴り込んだ。 ▽ブルーノ・ペレスの移籍後初ゴールで早々に均衡を破ったローマだが、13分に裏へ抜け出したブルーノ・フェルナンデスに絶好機を許す。だが、ここはGKシュチェスニーが一対一のピンチを見事な反応で防いだ。 ▽守護神の好守に救われたローマだが、3バックの左に入るヴェルメーレンのサイドを狙われて押し込まれると、21分にヴェルメーレンがムリエルに振り切られてマイナスの折り返しを許し、これをゴール前に走り込んだプラートに決められ、リーグ戦4試合ぶりの失点を喫した。 ▽追いつかれたローマは28分にボックス内でのゼコのポストプレーからナインゴランがミドルシュートを狙うが、これは枠を捉え切れない。その後は果敢に前へ出てくるサンプドリアの反撃に遭い、押し込まれる展開が続く。だが、最後の場面でDFファシオやGKシュチェスニーが粘り強い対応をみせ、辛くも1-1のイーブンで前半を終えた。 ▽互いに交代なしで迎えた後半、最初の決定機はローマに訪れる。51分、左サイドでストロートマンのスルーパスに抜け出したゼコがボックス左から左足のシュートでファーポストを狙うが、これはわずかに枠の右に外れた。 ▽攻め込みながらもゴールが遠いローマだったが、66分にエースがようやく仕事を果たす。左サイドでエメルソンがグラウンダーで折り返したボールを、ゴール前に走り込んだゼコが左足でゴール左隅へ流し込んだ。 ▽苦しみながらも勝ち越しに成功したローマだったが、直近3試合連続でクリーンシートを記録した堅守が嘘のように続け様の失点でまさかの逆転を許すことに。まずは71分、ムリエルが頭で流したボールに反応した途中出場のシックに胸トラップから冷静なフィニッシュで同点ゴールを許すと、2分後の73分にはボックス手前で与えたFKの場面でムリエルが直接狙ったシュートが壁に入ったナインゴランに当たって大きくコースが変わり、ゴール右上隅に突き刺さった。 ▽勝ち越しゴールからわずか数分後に地獄を味わうことになったローマは、78分にブルーノ・ペレス、デ・ロッシを下げてエル・シャーラウィと共に切り札のトッティを投入。85分にはそのトッティの絶妙なスルーパスに抜け出したゼコが冷静にゴールネットを揺らすが、これはオフサイドの判定でゴールは認められない。 ▽その後も猛攻を仕掛けるローマは、後半アディショナルタイムにボックス手前の好位置でFKのチャンスを得るが、トッティが直接狙った強烈なシュートは相手GKのセーブに阻まれ、試合はこのままタイムアップ。格下サンプドリアに8試合ぶりの勝利を献上したローマは、スクデットが遠のく痛恨の敗戦で連勝が「4」でストップした。 2017.01.30 01:10 Mon
twitterfacebook
thumb

“悪童”カッサーノがサンプドリアと双方合意の下で契約解除…下部組織での練習参加は許可

▽サンプドリアは25日、元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノ(34)との契約解除を発表した。双方合意の下での契約解除とのことだ。 ▽ローマやレアル・マドリー、ミラン、インテル、パルマなどでプレーしたカッサーノは2015年8月にサンプドリアへ4年半ぶりに復帰。昨シーズンのセリエAでは、24試合に出場し2得点を記録していた。 ▽しかし、シーズン終盤にサンプドリアの会長と問題を起こし契約解除も噂されていたが結局残留。しかし、今シーズンは構想外の状態が続いていた。 ▽一部報道ではイタリアクラブからのオファーがなく、中国スーパーリーグへの移籍が浮上。本人は中国行きを否定したものの、このたび契約解除でフリーとなった。なお、契約は解除したもののプリマヴェーラ(下部組織)でのトレーニング参加は許可するとのことだ。 2017.01.26 13:03 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース