クラブ間のいざこざに巻き込まれながらも… 元インテルのアタッカーがサンプドリア加入2015.12.30 09:23 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽サンプドリアは29日、元アルゼンチン代表MFリカルド・アルバレス(27)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。イタリア『gianlucadimarzio.com』によれば、契約期間は今シーズン終了までとなり、パフォーマンス次第で3年契約が提示されるとのことだ。

▽近年のインテルの攻撃をけん引していたリカルド・アルバレスだが、昨年9月にサンダーランドへレンタル移籍。サンダーランドではヒザの負傷もあり、リーグ戦13試合の出場にとどまった。

▽ただ、サンダーランドがプレミアリーグに残留した場合、完全移籍となる条件だったが、同選手のヒザの手術に関する決定をインテルが先延ばしにしたとして、サンダーランド側が完全移籍での獲得を拒否。結局は決断をFIFAに委ね、今夏の移籍市場閉幕後にリカルド・アルバレスはフリートランスファーで新天地を探すことが認められていた。

▽クラブ間のいざこざに巻き込まれ、無所属のまま今シーズンを過ごしていたリカルド・アルバレスは、所属先が決まった喜びを語っている。

「本当に戻りたかった。現在、僕はクラブとチームのために利用できる。ここにいられて本当にうれしいし、感慨深い気持ちだよ。これまでの6カ月は、いくつかの問題によって止まらなければいけなかった。でも、今は最高だよ」

「サンプは素晴らしいチーム。優れた選手がいるし、昨シーズンは非常に良かった。僕にとって素晴らしい挑戦だよ」

▽キレのあるドリブルと左足の繊細なキックを武器にインテルで活躍した“リッキー”は、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が率いるサンプドリアで再び輝きを見せられるだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

ユベントスCEO、バルセロナ2選手獲得は「まだ何もない」 ベラルディは獲得へ

ユベントスは現在、バルセロナからMFハビエル・マスチェラーノとDFダニエウ・アウベスを獲得しようとしていることが報じられている。同クラブのジュゼッペ・マロッタCEOは、まだ何も決まっていないと語った。<br><br>マスチェラーノとD・アウベスの獲得について問われたマロッタCEOは26日、報道陣に対してこのように語った。イタリア『スカイ・スポーツ』などが伝えている。<br><br>「現時点で何もない。認めることも、否定することもない」<br><br>サッスオーロFWドメニコ・ベラルディについては、獲得に動くつもりだ。<br><br>「素晴らしい才能の持ち主だ。我々には優先的に交渉する権利があり、取引を完了させるつもりだよ」<br><br>レアル・マドリーが買い戻しオプションを持っているFWアルバロ・モラタにも触れた。<br><br>「才能豊かな選手から偉大な選手へと飛躍している。彼は大きな成長を遂げた。我々としては、ここに残すためにベストを尽くしていく。チャンピオンズリーグ決勝の後でレアル・マドリーと話し合うよ」<br><br>なお、DFパトリス・エブラについては、数日中に契約延長を公式発表する予定だと明かしている。<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.26 19:34 Thu
twitterfacebook
thumb

ディバラが2G1Aでテベス1年目に並ぶ、ユーベが5発圧勝で5連覇を祝福《セリエA》

▽セリエA最終節が14日にユベントス・スタジアムで行われ、ユベントスvsサンプドリアは5-0でユベントスが勝利した。 ▽1週間後にコッパ・イタリア決勝を控えるユベントスは、ホーム最終戦で2016-17シーズン用のニューキットで登場。守護神にはコッパ決勝を見据え、GKブッフォンではなくカップ戦要員のGKネトが引き続き起用された。そのほか、出場停止明けのポグバが先発に戻り、2トップはマンジュキッチとディバラが組んだ。 ▽開始早々にリカルド・アルバレスにゴールを襲われたユベントスだったが、その直後にセットプレーのチャンスを生かして先制する。6分、左サイド寄りで得たFKをディバラが左足でゴール前に送ると、ファーサイドに飛び込んだエブラが頭でゴール右に押し込んだ。 ▽幸先良くリードを手にし、試合を支配し始めたユベントスは15分、ボックス右に侵入したマンジュキッチがスクリニアに倒されてPKを獲得。このPKをディバラがゴール左に沈め、ユベントスが追加点を奪った。 ▽その後もディバラを中心に3点目を目指すユベントスは、前半のうちに試合を決定付ける。37分、バイタルエリアのスペースでボールを受けたディバラが左足のシュートをゴール右隅に決めた。ディバラは、テベスのユベントス1年目に並ぶ19ゴール目となる。 ▽迎えた後半も、余裕の試合運びを見せるユベントスは、52分にディバラの絶妙なスルーパスに抜け出したキエッリーニが決定機を迎える。これは相手GKに阻止されて4点目とはならなかったが、65分にはR・ペレイラを下げてストゥラーロ、67分にはディバラからモラタに入れ替えていく。 ▽75分にマンジュキッチを下げてザザを送り出したユベントスは、その直後に4点目を奪取。77分、右CKのクリアボールがボックス手前にこぼれると、これに反応したキエッリーニが左足を振り抜いてゴール左に叩き込んだ。さらに85分、今度は左CKからモラタが頭で競ったボールをゴール前に飛び込んだボヌッチが押し込み、ユベントスが大量5点目を挙げた。 ▽結局、このまま試合は終了。試合後には優勝セレモニーが行われ、キャプテンのGKブッフォンがトロフィーを掲げて32回目のリーグ制覇を祝った。 2016.05.15 03:21 Sun
twitterfacebook
thumb

サンプ、カッサーノに解雇通知を用意していた? シーズン後の退団は不可避か

サンプドリアはやはり、FWアントニオ・カッサーノを解雇するところだったようだ。イタリアメディアが報じている。<br><br>今季からサンプドリアに復帰したカッサーノだが、これまでの問題行動から、契約にはトラブルを起こした場合にクラブが契約を解消できる条項が織り込まれていると言われる。<br><br>そして、ジェノアとのダービーマッチで0-3と大敗した8日の試合後、カッサーノはマッシモ・フェレーロ会長の右腕であるアントニオ・ロメイ弁護士と衝突したと報じられた。<br><br>クラブは否定したが、実際にはやはり「解雇条項」の行使に踏み切るところだったようだ。『Telenord』が、カッサーノにクビを伝える電報の存在をスクープし、イタリア各メディアが報じた。<br><br>だが、カッサーノは10日、11日と通常どおりに練習をこなしている。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、クラブは電報を用意したものの、最終的に&ldquo;強硬手段&rdquo;には出なかったそうだ。<br><br>それでも、『ガゼッタ』は、今回の一件でカッサーノはシーズン後に退団へ向かうと報じている。2010年に故マッシモ・ガッローネ元会長を罵倒して退団して以降、後悔とサンプへの愛を繰り返し強調し、今季ようやく復帰を遂げたカッサーノだが、2017年までの契約を全うせずに1年でまた退団することになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.12 13:33 Thu
twitterfacebook
thumb

カッサーノがサンプ会長の側近と口論? 契約条項により解雇の可能性…

▽サンプドリアの元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノ(33)が、同クラブを解雇される可能性が高まっている。『CalcioNews24』の報道を『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽昨年1月にパルマと契約を解消してフリーとなっていたカッサーノは、今シーズンから4年ぶりに古巣のサンプドリアに復帰していた。ここまでのリーグ戦24試合(2ゴール)に出場するなど主軸として活躍している。 ▽『CalcioNews24』によると、8日に行われたセリエA第37節のジェノア戦に0-3で敗れた直後、カッサーノは、マッシモ・フェレロ会長の右腕であるアントニオ・ロメイ氏と激しく口論を行ったようだ。 ▽同メディアは、カッサーノとサンプドリアの契約の中に、同選手が問題行動を起こした場合、クラブ側が契約を解除できるとの条項が盛り込まれていると主張。そのため、クラブ側が今回の一見を重く見た場合は、契約を解除される可能性があるとしている。 2016.05.10 10:05 Tue
twitterfacebook
thumb

モンテッラがコンテ後任のポールポジションに? ダービー敗北でサンプドリアと関係悪化か

ユーロ2016終了後にイタリア代表を率いるのは、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督かもしれない。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えている。<br><br>モンテッラ監督率いるサンプドリアは8日、セリエA第37節でジェノアとのダービーを戦い、0-3で敗れた。ダービーで完敗した後、スポーツ・ディレクターのカルロ・オスティ氏は怒りをあらわにしていた。これに対して、モンテッラ監督は「自分を恥じるようなことはない」と反論。クラブとの関係に問題が生じている様子だ。<br><br>これを受けて、イタリア代表監督就任の話題が出ている。イタリア代表は現在、アントニオ・コンテ監督が率いているが、ユーロ2016終了で退任してチェルシーへ行くことが決まっている。その後任探しはしばらく続いているが、まだ有力な候補者はいないようだ。<br><br>現役時代にイタリア代表で戦ったモンテッラ監督。アッズーリから声がかかったら、引き受けるつもりなのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2016.05.09 19:10 Mon
twitterfacebook

アクセスランキング

新着ニュース