超ワールドサッカー

クラブ間のいざこざに巻き込まれながらも… 元インテルのアタッカーがサンプドリア加入2015.12.30 09:23 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽サンプドリアは29日、元アルゼンチン代表MFリカルド・アルバレス(27)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。イタリア『gianlucadimarzio.com』によれば、契約期間は今シーズン終了までとなり、パフォーマンス次第で3年契約が提示されるとのことだ。

▽近年のインテルの攻撃をけん引していたリカルド・アルバレスだが、昨年9月にサンダーランドへレンタル移籍。サンダーランドではヒザの負傷もあり、リーグ戦13試合の出場にとどまった。

▽ただ、サンダーランドがプレミアリーグに残留した場合、完全移籍となる条件だったが、同選手のヒザの手術に関する決定をインテルが先延ばしにしたとして、サンダーランド側が完全移籍での獲得を拒否。結局は決断をFIFAに委ね、今夏の移籍市場閉幕後にリカルド・アルバレスはフリートランスファーで新天地を探すことが認められていた。

▽クラブ間のいざこざに巻き込まれ、無所属のまま今シーズンを過ごしていたリカルド・アルバレスは、所属先が決まった喜びを語っている。

「本当に戻りたかった。現在、僕はクラブとチームのために利用できる。ここにいられて本当にうれしいし、感慨深い気持ちだよ。これまでの6カ月は、いくつかの問題によって止まらなければいけなかった。でも、今は最高だよ」

「サンプは素晴らしいチーム。優れた選手がいるし、昨シーズンは非常に良かった。僕にとって素晴らしい挑戦だよ」

▽キレのあるドリブルと左足の繊細なキックを武器にインテルで活躍した“リッキー”は、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が率いるサンプドリアで再び輝きを見せられるだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

ユベントス、サンプドリアで売り出し中のシック獲得に“ボカの至宝”をレンタル放出か!?

▽ユベントスが、サンプドリアのチェコ代表FWパトリック・シック(21)の獲得に動きを見せているようだ。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽今シーズンからサンプドリアでプレーするシックは、公式戦30試合で12ゴール3アシストをマークするなどすでに才能を発揮している。同選手に対してはインテルが以前から興味を示していたようだが、ここに来てユベントスも獲得に動きを見せているという。 ▽『フットボール・イタリア』によると、ユベントス側はシックの獲得に向けて2500万ユーロ(約30億4200万円)を用意しているという。サンプドリアは400万ユーロ(現在のレートで約4億8700万円)で同選手を獲得しており、1年で約6倍も移籍金が上昇したことになる。 ▽さらにユベントスは、先日ボカ・ジュニアーズから獲得したU-20ウルグアイ代表MFロドリゴ・ベンタンクール(19)を期限付き移籍でサンプドリアに貸し出す案を持っているという。ユベントスは、ベンタンクールをローンで出すことにより、移籍金を引き下げるだけでなく、ベンタンクールがセリエA実戦経験を詰めるとしてWin-Winの関係になると考えているようだ。 2017.04.26 11:16 Wed
twitterfacebook
thumb

サンプドリアがジャンパオロ監督と2020年まで契約延長

▽サンプドリアは7日、マルコ・ジャンパオロ監督(49)との契約延長を発表した。新たな契約期間は2020年6月30日までとなる。 ▽ジャンパオロ監督は、アスコリやカリアリ、シエナ、カターニャ、チェゼーナ、ブレシア、クレモネーゼ、エンポリとイタリアクラブの指揮官を歴任。2016年7月よりサンプドリアの監督に就任していた。 ▽今シーズンはここまでのセリエAで12勝8分け10敗の勝ち点44で9位に位置している。 2017.04.07 22:16 Fri
twitterfacebook
thumb

ブロゾビッチ背信のインテルがホームでサンプに痛恨の逆転負け…6位転落で来季CL出場遠のく…《セリエA》

▽セリエA第30節、インテルvsサンプドリアが3日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、アウェイのサンプドリアが2-1で勝利した。インテルのDF長友佑都は、ベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節、トリノとドローに終わり、連勝がストップした5位インテル(勝ち点55)。逆転でのチャンピオンズリーグ出場権獲得を目指すインテルは、今節で3位ナポリ(勝ち点64)が首位ユベントスと引き分けたため、勝ち点差を縮める格好のチャンスとなった。9位サンプドリアをホームに迎えたこの一戦に向けてピオリ監督は、コンドグビアに代えてブロゾビッチを起用した以外、トリノ戦と同じメンバーを起用した。 ▽立ち上がりから優勢に試合を運ぶインテルは、9分に最初の決定機を迎える。左サイドでミランダからのフィードを受けたペリシッチが、サイドを深くえぐってマイナスのクロスを入れる。中央に走り込んだバネガが右足ダイレクトで合わせるが、これはGKヴィヴィアーニに阻まれる。さらに、こぼれ球を拾ったカンドレーバがフリーでシュートを放つが、コースを狙い過ぎて枠の左に外してしまった。 ▽一方、立ち上がりから劣勢が続くサンプドリアは、16分に足を痛めたサーラがプレー続行不可能となり、ベレシュインスキが同じ右サイドバックに緊急投入された。それでも、24分にはボックス手前でボールを受けたクアリアレッラが右ポスト直撃の強烈な右足シュートを放つなど、虎視眈々とインテルゴールを脅かした。 ▽前半半ばから終盤にかけて攻勢を強めるインテルは、35分に先制点を奪う。右サイド深くでスローインを受けたバネガが狙い澄ましたクロスをゴール前に入れる。これをゴール前に走り込んでいた右サイドバックのダンブロージオが右足インサイドで合わせると、DFベレシュインスキに当たってコースが変わり、ゴール右隅に吸い込まれた。 ▽幸先良く先制に成功したインテルは、その後も積極的に2点目を目指すが、イカルディが続けてオフサイドにかかるなど、前半のうちに取り切れない。逆に、前半終了間際にはブルーノ・フェルナンデス、シックに続けて決定機を許すが、ブルーノ・フェルナンデスがボックス右で放ったシュートが前半2度目のポストに直撃する幸運もあり、1点リードで試合を折り返した。 ▽迎えた後半、インテルは前半に足首を痛めていたガリアルディーニに代えて、ハーフタイム明けからコンドグビアを投入。前半同様に集中した入りを見せたホームチームだったが、相手のセットプレーから同点に追いつかれる。 ▽50分、サンプドリアの左CKの場面でショートコーナーからファーサイドのブルーノ・フェルナンデスが頭で合わせると、ボックス左ギリギリのコースに飛んだボールをシックが足裏でわずかに触り、ゴールネットに流し込んだ。インテル守備陣はシックのオフサイドを主張するが、手前に居たブロゾビッチがラインを上げ切れておらず、ゴールが認められた。 ▽1-1のイーブンに戻ったことで、試合はここからヒートアップ。62分にはインテルが右CKの場面でファーサイドのペリシッチがドンピシャのヘディングシュートを放つが、これはGKヴィヴィアーニの正面。この直後にはサンプドリアのロングカウンターからボックス左で強引に仕掛けたクアリアレッラが左足を強振するが、ここはGKハンダノビッチが好守で凌いだ。 ▽ホームで負けられないインテルは66分、疲れの見えたバネガに代えてエデルを投入。そのエデルは69分にボックス手前から強烈なミドルシュートを放つが、GKヴィヴィアーニの好守に阻まれる。さらに72分には右サイドを縦に持ち上がったカンドレーバがボックス内に持ち込んで鋭いクロスを入れるが、ファーサイドに走り込んだイカルディはシュートをふかしてしまい、絶好の勝ち越し機を逸した。 ▽その後、79分にペリシッチを下げて最後の交代カードとしてジョアン・マリオを投入したインテルだが、前半から飛ばしてきたツケか、運動量の低下が顕著で中盤が間延びし、相手のカウンターを許す苦しい展開に。すると84分、ボックス手前中央で与えたFKの場面でリカルド・アルバレスが直接狙ったシュートを壁に入ったブロゾビッチが不用意に出した腕でブロックしてしまい、痛恨のPK献上。これをキッカーのクアリアレッラに豪快に蹴り込まれ、まさかの逆転を許した。 ▽CL出場権獲得に向けて負けられないインテルはここから反撃に出るも、一度失った流れを最後まで取り戻すことはできず、ホームで格下サンプドリア相手に痛恨の逆転負け。4試合ぶりの敗戦を喫したインテルは、アタランタに抜かれて6位に転落した。 2017.04.04 05:58 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプール、サンプドリア所属のコロンビア代表FWムリエル獲得に興味か...今季セリエAで10G9A

▽リバプールがサンプドリアに所属するコロンビア代表FWルイス・ムリエル(25)の獲得への関心を寄せているようだ。イタリア『フットボール・イタリア』が『Tuttomercatoweb』を引用して伝えている。 ▽2015年1月にウディネーゼから加入したムリエルは、移籍当初から出場機会を得ると、終盤には主力へと定着し公式戦16試合4ゴールをマーク。今シーズンはセリエAで29試合に出場し、10ゴール9アシストを記録している。そんな同選手には現在、インテルやローマ、アトレティコ・マドリーなど複数のクラブから関心が寄せられている。 ▽今回の報道によると、リバプールがムリエルの獲得に興味を示しており、同クラブを率いるユルゲン・クロップ監督が、同選手の情報収集を要請したとのことだ。なお、違約金として2800万ユーロ(約33億4000万円)の金額を設定されている模様。リバプールが複数の欧州の有力クラブとの争奪戦にどのように加わるか注目だ。 2017.03.31 22:09 Fri
twitterfacebook
thumb

サンプドリアFWムリエルが代表戦でハムストリング負傷、1カ月の離脱か

▽サンプドリアは25日、コロンビア代表FWルイス・ムリエルが右足太ももの大腿二頭筋を負傷したと発表した。 ▽ムリエルは23日に行われたロシア・ワールドカップ南米予選のボリビア代表戦に先発していたが、35分に負傷交代していた。25日にイタリアに戻ったムリエルは、サンプドリアの医療スタッフの診断を受けた結果、右足太ももの大腿二頭筋を損傷していることがわかった。クラブは全治に要する時間を現段階で明かしていないが、『フットボール・イタリア』は全治1カ月と報じている。 ▽サンプドリアで10ゴールを挙げていたムリエルはチームの得点源として活躍していた。セリエAで9位に付けるサンプドリアは今後、インテルやフィオレンティーナと対戦する。 2017.03.26 03:10 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース