クラブ間のいざこざに巻き込まれながらも… 元インテルのアタッカーがサンプドリア加入2015.12.30 09:23 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽サンプドリアは29日、元アルゼンチン代表MFリカルド・アルバレス(27)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。イタリア『gianlucadimarzio.com』によれば、契約期間は今シーズン終了までとなり、パフォーマンス次第で3年契約が提示されるとのことだ。

▽近年のインテルの攻撃をけん引していたリカルド・アルバレスだが、昨年9月にサンダーランドへレンタル移籍。サンダーランドではヒザの負傷もあり、リーグ戦13試合の出場にとどまった。

▽ただ、サンダーランドがプレミアリーグに残留した場合、完全移籍となる条件だったが、同選手のヒザの手術に関する決定をインテルが先延ばしにしたとして、サンダーランド側が完全移籍での獲得を拒否。結局は決断をFIFAに委ね、今夏の移籍市場閉幕後にリカルド・アルバレスはフリートランスファーで新天地を探すことが認められていた。

▽クラブ間のいざこざに巻き込まれ、無所属のまま今シーズンを過ごしていたリカルド・アルバレスは、所属先が決まった喜びを語っている。

「本当に戻りたかった。現在、僕はクラブとチームのために利用できる。ここにいられて本当にうれしいし、感慨深い気持ちだよ。これまでの6カ月は、いくつかの問題によって止まらなければいけなかった。でも、今は最高だよ」

「サンプは素晴らしいチーム。優れた選手がいるし、昨シーズンは非常に良かった。僕にとって素晴らしい挑戦だよ」

▽キレのあるドリブルと左足の繊細なキックを武器にインテルで活躍した“リッキー”は、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が率いるサンプドリアで再び輝きを見せられるだろうか。

コメント

関連ニュース

thumb

クアリアレッラがサンプドリアと2019年まで契約延長

▽サンプドリアは13日、元イタリア代表FWファビオ・クアリアレッラ(33)と2019年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ▽ナポリやユベントス、ウディネーゼなどで活躍したストライカーのクアリアレッラは、2016年夏にトリノからサンプドリアへ移籍。昨季はセリエAで16試合に出場して3ゴール、今季はここまで4ゴールを挙げている。生涯キャリアではこれまでセリエAで104ゴールをマークしている。 2017.01.14 00:37 Sat
twitterfacebook
thumb

伊クラブからオファーが届かないカッサーノ、現役続行のため中国移籍を検討か

今冬、サンプドリアの元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノが中国スーパーリーグへ移籍する可能性があると、イタリアメディア『スカイ・スポルト』が報じている。<br><br>カッサーノは昨夏、サンプドリアのマッシモ・フェレロ会長との意見の食い違いなどからチームの構想から外れ、選手登録もされずに1人隔絶された状況が続いていた。11月末にようやく、クラブとの合意の下、サンプドリアのプリマヴェーラ(下部組織)の練習に参加することを許され、今冬の移籍市場に向けて、若手選手とともにコンディションの維持を続けていた。<br><br>カッサーノ本人は家族とともに暮らすジェノヴァでの生活が気に入っており、ジェノヴァ近郊のセリエBヴィルトゥス・エンテッラへの移籍を希望しているとの情報もあった。また12月には、ジェノヴァ市内のレストランで、同市に拠点を置くジェノアのイヴァン・ユリッチ監督とともに食事をする姿が目撃され、同クラブへの移籍が噂されたこともあった。<br><br>しかし実際のところ、イタリア国内のクラブからのオファーはセリエBを含めて届いていないと見られており、カッサーノの代理人であるベッペ・ボッツォ氏が現役続行のためにも、中国への移籍を検討するよう説得しているという。<br><br>移籍先としては、広州富力と元イタリア代表のFWグラツィアーノ・ペッレが所属する山東魯能泰山が挙がっている。山東魯能泰山からは年俸800万ユーロ(約10億円)のオファーが届いているとみられる。<br><br>だが、カッサーノ本人は家族とともに暮らすジェノヴァを離れることに難色を示しており、実現は難しいとみられるが、今後の動向は注目されるところだ。<br><br>提供:goal.com 2017.01.09 15:30 Mon
twitterfacebook
thumb

終了間際のトネッリの移籍後初ゴールでナポリが劇的逆転勝利《セリエA》

▽ナポリは7日、セリエA第19節でサンプドリアを本拠地サン・パオロに迎え、2-1でナポリが逆転勝利した。 ▽2016年最終戦となったフィオレンティーナ戦を打ち合いの末に3-3と引き分けて連勝が3で止まった3位ナポリ(勝ち点35)は、アフリカ・ネイションズカップの影響でクリバリとグラムが欠場となった中、トネッリとストリニッチのバックアッパーを起用。ジェノアから獲得したストライカーのパヴォレッティはベンチ入りした。 ▽ここ3試合勝利のない12位サンプドリア(勝ち点23)に対し、徐々にポゼッションを高めてリズムを生んだナポリは、9分にインシーニェのミドルシュートでGKを強襲。しかし、丁寧なビルドアップで応戦するサンプドリアを攻略できずにいると、28分にリカルド・アルバレスの直接FKでゴールを脅かされる。すると、30分に失点してしまった。 ▽キリケシュがシックに突破され、ボックス右への侵入を許す。そして、クロスボールをヒサイがクリアしきれず、オウンゴールを献上した。ハーフタイムにかけても流れを引き寄せきれなかったナポリは、前半を1点ビハインドのまま終えた。 ▽迎えた後半もアグレッシブな入りを見せたナポリだったが、決定機を生み出すには至らない。そこで59分、アランに代えてジエリンスキを投入。61分にはGKレイナへの遅延行為でシルベストレに2枚目のイエローカードが提示され、ナポリは数的優位となる。 ▽それでもゴールの遠いナポリはジョルジーニョに代えてガッビアディーニを投入。すると77分、試合を振り出しに戻す。左サイドのインシーニェのクロスをボックス右のカジェホンが折り返すと、最後はガッビアディーニが押し込んだ。 ▽勢い付くナポリは85分、インシーニェの丁寧なヘッドでの落としに反応したボックス左のガッビアディーニがダイレクトでシュート。しかし、GKプッジョーニの好守に阻まれる。さらに87分のハムシクの枠内シュートもプッジョーニに阻まれ、1-1のままタイムアップするかに思われた。しかし、終了間際の追加タイム5分、ボックス左ゴールライン際まで侵入したストリニッチの折り返しをトネッリが蹴り込んで劇的逆転。トネッリの移籍後初ゴールでナポリが貴重な勝ち点3を手にしている。 2017.01.08 06:49 Sun
twitterfacebook
thumb

サンプドリアがレギア・ワルシャワからポーランド代表DFを獲得

▽サンプドリアは4日、レギア・ワルシャワに所属するポーランド代表DFバルトシュ・ベレシュインスキ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。なお、契約期間は4年半で、背番号は24を着用することが併せて発表されている。 <span class="AdVideo" data-category="video_ad_app" data-page-id-ios="konami161228_ios" data-page-id-and="konami161228_and" data-height="180px"></span> ▽ポーランドのレフ・ポズナンでプロデビューしたベレシュインスキは、2013年の途中にレギア・ワルシャワに加入。在籍4シーズンで73試合に出場し、1ゴールを記録。今シーズンはここまで公式戦21試合に出場していた。 ▽また、各年代のポーランド代表に選出されてきたベレシュインスキは、2013年3月にA代表に初選出。これまで3キャップを記録している。 2017.01.05 00:33 Thu
twitterfacebook
thumb

F・アンデルソン2Aのラツィオが難所ルイジ・フェラリスを攻略《セリエA》

▽ラツィオは10日、セリエA第16節でサンプドリアの本拠地ルイジ・フェラリスに乗り込み、2-1で勝利した。 ▽前節ローマとのダービーを0-2と敗れて10試合ぶりの敗戦を喫した4位ラツィオ(勝ち点28)が、ここ5試合(3勝2分け)負けのない9位サンプドリア(勝ち点22)のホームに乗り込んだ一戦。 ▽[4-3-3]を採用し、右からフェリペ・アンデルソン、インモービレ、ルリッチと並べたラツィオが立ち上がりから仕掛けていく。15分にはインモービレがヘディングシュートでGKを強襲した。 ▽対するサンプドリアもタイトな守備からのカウンターで応戦し、主導権を渡さない。21分にはブルーノ・フェルナンデスがミドルシュートでGKマルケッティを脅かす。しかし、これ以降は互いにゴールへ向かう姿勢は見せるものの、なかなかシュートに持ち込めない状況が続いた。 ▽そんな中40分、フェリペ・アンデルソンの右クロスにミリンコビッチ=サビッチがヘディングで押し込み、ラツィオが先制する。さらに44分、フェリペ・アンデルソンの鋭い右クロスに飛び込んだパローロがスライディングシュートで決めてリードを広げ、前半を2-0で終えた。 ▽ハーフタイム明け、ラツィオは負傷した影響かGKマルケッティに代えてストラコシャを、サンプドリアはブルーノ・フェルナンデスに代えてプラートを投入した。 ▽その後半、サンプドリアが押し込む流れで推移していったが、ラツィオは52分にフェリペ・アンデルソンがボックス右に侵入して強烈な枠内シュートを浴びせた。その後もカウンターを狙うラツィオは64分にビッグチャンス。インモービレが抜け出してGKと一対一に。しかし、シュートはGKにセーブされてしまった。 ▽71分にもインモービレがカウンターから抜け出して決定機を迎えるも枠を捉えられず、ラツィオは3点目を奪いきれない。それでも73分のクアリアレッラの直接FKをGKストラコシャがセーブして2点のリードを保つ。 ▽その後、89分にシックの強烈な左足ミドルで1点を返されたものの5分の追加タイムを凌いだラツィオが勝利。難所で白星を取り戻し、上位を追走している。 2016.12.11 06:45 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース