【日本代表コラム】前後半の変化2015.10.09 13:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽蒸し暑い気候、長めの芝生といった環境の中、シリア代表との首位攻防戦を制して得た勝ち点3と、グループ首位の座。中立地での試合ということを差し引いても、悪くない結果だったと言えるだろう。特に前半は予想以上にアグレッシブなシリアの出足を受け、思うように試合を進めることができなかったが、ゴールレスのまま迎えた後半に戦い方を変えて3ゴールを奪うことに成功した。

▽内容の良くなかった前半で気になったのは、最終ラインから中盤に入るパス。比較的プレッシャーの少ない状況でボールを持つことが多かった最終ラインだったが、そこからマークを受けている中盤に縦パスを入れて、パスの出し手が再びバックパス(リターンパス)を受ける。といったプレーの繰り返しが散見された。そして、そのパスを相手に狙われてカウンターを受けそうになる場面も何度かあった。

▽前述したように、ピンチになりかけた場面は、基本的には自分たちのミス絡みから。相手のレベルが高くないからこそ、ボールをつなぐ意識が高まった部分もあったとは思うが、レベルの高い相手であれば、致命的なプレーになっていた可能性も十分に考えられる。もちろん、これはパスの出し手の問題だけではない。暑さという考慮すべき問題もあったが、受け手の動き出しといった部分も関係してくるため、チーム全体の問題とも言える。

▽しかし、迎えた後半に相手の出方を逆手にとって先手を奪った。54分、自陣内でボールを回収すると、素早く前を向いた長谷部が右サイドのスペースに走り込む岡崎へロングパスをフィード。相手の裏を突いてパスを受けた岡崎がボックス内で倒されて得たPKを本田が冷静に決めた。シリアは、縦パスを入れた相手には強く当たりにくるが、逆に裏を狙うボールへの対応には前半から曖昧な部分があり、そこをうまく突くことができたと言える。給水タイムなどの時間もあっただけに、前半から狙いを修正することができればベストだったかもしれないが、良くない中でも戦い方を修正して結果を残せたことは大きい。

▽その後は、シリアの運動量が落ちたこともあり、中盤の両サイドを中央寄りでプレーさせて選手間の距離を修正した日本が主導権を握る展開が続く。そして、セットプレーの流れから香川の個人技と岡崎の動き出しによって加点。終盤には、途中出場の清武と宇佐美が本田と絡み、そこから生まれた宇佐美のゴールで勝利を決定づけた。

▽特に攻撃面に関しては、まだまだ改善の余地はあるものの、最も重要だった“結果”を手にすることはできた。次は親善試合ながらアウェイでのイラン戦だ。最終予選を見据えた場合、ベストメンバーで試合に臨み、現時点の力を図ることもできるが、指揮官は出場機会の少ない選手を起用する可能性も示唆している。果たして、どのようなメンバーで臨むのか――。ベストメンバーであっても、そうでなくても、それぞれにとって今後に向けた試金石となることは間違いないだろう。
《超ワールドサッカー編集部・平野由倫》

コメント

関連ニュース

thumb

久保裕也、ヘントでの好調を日本代表へ「ポジションは似てるし、イメージはしやすい」

日本代表は23日に行われる2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選・アラブ首長国連邦(UAE)代表戦に向け、敵地アル・アインでトレーニングを行っている。所属先のヘントで結果を残し続けているFW久保裕也は、大一番に向けて意欲を燃やした。<br><br>久保は今冬、スイスのヤングボーイズからベルギーのヘントへ移籍。加入後7試合で5ゴールと好調をキープする久保はUAE戦でも「得点に絡みたい」と話し、クラブでの好調を持ち込める可能性を示した。<br><br>「ポジションはわりと似てるというか、近いものがあるんで、イメージはしやすいかなと思います」<br><br>また、クラブ同様本来のセンターフォワードではなく、ウィンガーとして起用される可能性にも言及し、「いろんな動きが要求されるかなと思います。真ん中だけではないし、下がってサイドに張る場面も必要だと思いますし、状況に応じてだと思います。イメージを持ちながらやりたいと思います。どこであれ、チャンスが来たらそのポジションがチャンスだと思うので、チームにしっかり貢献したいですね」と語った。<br><br>昨年11月に行われたサウジアラビア戦では前半で途中交代した久保。そのため、懸ける思いは強いようだ。<br><br>「そうですね。個人的な思いはやっぱり前回不甲斐ない形で終わったので、とにかく個人的にもいい結果で終わりたいなと思います。まずはチームが大事だとは思いますけど」<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.23 06:38 Thu
twitterfacebook
thumb

【前日会見】UAE戦へハリルホジッチ「不当な審判の笛を避けたい」

▽日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督が22日、翌23日にアウェイで行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のUAE代表戦に向けた前日会見を現地で行った。 ▽首位のサウジアラビア(勝ち点10)以下、2位の日本(勝ち点10)、3位のオーストラリア(勝ち点9)、4位のUAE(勝ち点9)が勝ち点1差の中にひしめく大混戦のグループB。日本にとって、UAE戦と28日のタイ代表戦(ホーム)は連勝したいところだ。 ▽この2試合での連勝を狙うハリルホジッチ監督は、現在のチーム状況や右ヒザの故障で手術を行ったMF長谷部誠の離脱を受けた質問に関して、以下のように話した。 <B>◆ヴァイッド・ハリルホジッチ監督</B> 「もちろん、この2試合とも勝ちたい。勝つためにここに来たが、簡単な仕事ではない。しっかりと準備したい」 <B>――(長谷部が離脱したが)キャプテンは誰が務めるのか</B> 「何人か候補がいる。(吉田)麻也かもしれないし、森重かもしれない。(長友)佑都かもしれない。選手ともディスカッションして決めたいと思うが、(チームを引っ張るのは)1人だけではない。経験がたくさん必要な試合になるので、何人かのキャプテンがいると思う」 <B>――準備期間が短かったが、フィジカル面の仕上がりは</B> 「時間は短かった。トレーニングは2回だけしかできていない。ただ、こうやってやるしかない。この試合の重要性をしっかりと選手が意識するしかない。全員で明日の戦いに向けて準備するだけ」 <B>――(昨年9月に行われた)日本のホーム戦ではUAEに負けている。それを避けるには</B> 「まずは不当な審判の笛を避けたい。分かったでしょうか」 <B>――試合の審判はイルマトフ主審だが。彼については</B> 「審判に関しては、あまり話したくない。明日の審判のことは信頼している。UAEは素晴らしいチームなので、そこに集中したい。クオリティーの高い素晴らしいチームだと思う。正確な笛を吹いてほしいと願う。W杯に行くための決定的な試合になるかもしれないので、それをお願いしたいと思う」 <B>――長谷部に代わるボランチについて。先発選びで重要なのは</B> 「長谷部の不在は我々にとって少し不利に働くと思うが、仲間が全員で彼の穴を埋めようとしている。今いる選手で集中することが大事。強い気持ちと野心と希望をもって準備しなければいけない」 <B>――長谷部の離脱を受け、今野、山口、高萩は昨年のUAE戦に出場していないが</B> 「1人のキャプテンに集中しているわけではない。この試合には2、3人のキャプテンがいると先ほどにも言った。このキャプテンの役割ができるという人。もちろん、経験のある選手もいるし、その役割を果たしてもらわないといけない。今夜、何人かの選手と話をしようと思う。キャプテンマークは1人でも、チームには2、3人のキャプテンがいると思ってほしい。前と真ん中と後ろにキャプテンがいる」 2017.03.22 21:35 Wed
twitterfacebook
thumb

日本代表の予選突破を信じ、キリンが『勝利の祝杯』キャンペーンを実施! 1万名に記念ビールが当たる!

▽キリン株式会社は、日本代表のアジア最終予選-ROAD TO RUSSIAの突破を記念するビール『勝利の祝杯』が当たるオープンキャンペーンの実施を発表した。1万名様に『勝利の祝杯』が当たる。 ▽23日にUAE代表戦、28日にタイ代表戦を控える日本代表。初戦でUAEに敗れ、過去初戦に敗れたチームが予選突破できる確率は、データ上では“0%”と言われる厳しい予選スタートとなった。しかし、その後日本は結果を残し続け現時点でグループ2位。中東勢とのアウェイ3試合が残るなど厳しい状況には変わらない中、「予選突破の瞬間に、サッカー日本代表を信じて共に戦ったファン、サポーターの皆さんと祝杯をあげたい。」というサッカー日本代表オフィシャルパートナーであるキリンの強い想いによって、このキャンペーンが実施された。 ▽特設サイトで応募可能な今回の『勝利の祝杯』キャンペーンでは、キャンペーン限定品で非売品の『勝利の祝杯』(350ml)×2缶が抽選で1万名様に当たる。中味は「キリン一番搾り生ビール」となっている。今すぐキャンペーンに応募しよう。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://goo.gl/P6Tf4m" target="_blank"><span style="color:#ff8c00;">『勝利の祝杯』キャンペーン<br/>応募はコチラ</span></a><hr></div> ▽さらに、23日からは新CMが放映。日本代表FW原口元気が出演し、荒野で異形の軍団と戦う原口が、ファンの声援で目を覚まし、幻想を振り払って大歓声が沸き起こるグラウンドの中心に立つ、というストーリーを壮大なスケールで描いている。 <div id="cws_ad">◆新CM『私たちの代表』</div> <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><iframe style="display: block; margin: 0px auto;width: 100% !important;height:315px;" src="https://www.youtube.com/embed/bxd19YYc-HU" frameborder="0" allowfullscreen></iframe></div> 2017.03.21 21:06 Tue
twitterfacebook
thumb

歴代AIR MAXからインスピレーションを得たスパイク「NIKE REVOLUTION PACK」を原口元気や山口蛍が着用!

▽ナイキは21日、今年30周年を迎えるAIR MAXのデザインからインスピレーションを得た新スパイクのコレクション「NIKE REVOLUTION PACK」を発表した。日本代表のFW原口元気やFW浅野拓磨、MF山口蛍、DF森重真人、GK西川周作が着用する予定だ。 ▽「NIKE REVOLUTION PACK」はAIR MAXの中でも人気のある「AIR MAX 90」、「AIR MAX 95」、「AIR MAX 97」、「AIR MAX 1」の特徴的なデザインをフットボール界にもたらせる。マーキュリアル、ハイパーヴェノム、マジスタ、ティエンポがそれぞれのAIR MAXにインスピレーションを得て表現されている。 ▽原口は「AIR MAX 90」にインスピレーションを得たマーキュリアル(写真:左上)、浅野は「AIR MAX 95」にインスピレーションを得たハイパーヴェノム(写真:右上)、山口は「AIR MAX 97」にインスピレーションを得たマジスタ(写真:左下)、森重と西川は「AIR MAX 1」にインスピレーションを得たティエンポ(写真:右下)を着用する。 <div style="text-align:left;" id="cws_ad">【選手SNSムービー】 <a href="https://twitter.com/AsaTaku29/status/842703597242671106" target="_blank">◆浅野拓磨</a> <a href="https://twitter.com/hotaru10crz/status/843033991913529346" target="_blank">◆山口蛍</a> <a href="https://twitter.com/morigekun3/status/843713502883860480" target="_blank">◆森重真人</a> <a href="https://twitter.com/SHUSAKU_1/status/843740447134638080" target="_blank">◆西川周作</a> </div> ▽なお、4つのスパイクは3月21日よりNIKE.COMと一部専門店で発売。マーキュリアル、ハイパーヴェノム、マジスタは3万7800円(税込)、ティエンポは2万4840円(税込)となる。 ▽また、「NIKE REVOLUTION PACK」はAIR MAX誕生30年を記念したイベント「AIR MAX REVOLUTION TOKYO」でも展示。3月24日〜26日までの3日間、上野・東京国立博物館表慶館にて開催される。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://goo.gl/GgE3Ph" target="_blank"><span style="color:#ff8c00;">イベント情報はコチラ<br />「AIR MAX REVOLUTION TOKYO」</span></a><hr></div> 2017.03.21 20:30 Tue
twitterfacebook
thumb

右ヒザ負傷のMF長谷部誠の日本代表離脱が決定…19日にUAEでチームに合流も無念の離脱…《ロシアW杯アジア最終予選》

▽日本サッカー協会(JFA)は20日、フランクフルトMF長谷部誠が負傷のため、同日夜に日本代表を離脱することになったと発表した。なお、同選手の離脱に伴う代替選手の追加招集は行わないとのことだ。 ▽長谷部は19日にロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選を控える日本代表に予定通り合流していたが、UAEのアル・アインで行われているチームの練習に参加することはなく、このまま途中離脱が決定した。 ▽長谷部は11日に行われたブンデスリーガ第24節のバイエルン戦に先発出場した際、後半にトーマス・ミュラーのシュートをクリアした場面で左ポストへ激突。スネに6針縫合する裂傷を受け、途中交代していた。 ▽その後、一度は練習に復帰した長谷部だったが、初回の診断より状態が悪く、16日にMRI検査を受け、17日からは練習を中止。クラブは長谷部のケガについてチームドクターと協議した結果、手術が必要と判断。来週中にヒザの手術を受けることが予定されている。 ▽なお、日本はアジア最終予選5試合終了時点で、3勝1分け1敗の勝ち点10で首位のサウジアラビア代表に次ぐ2位に位置。今月23日にUAE代表のホームに乗り込み、28日に埼玉スタジアム2002でタイ代表を迎え撃つ。 2017.03.21 00:23 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース