【日本代表コラム】前後半の変化2015.10.09 13:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽蒸し暑い気候、長めの芝生といった環境の中、シリア代表との首位攻防戦を制して得た勝ち点3と、グループ首位の座。中立地での試合ということを差し引いても、悪くない結果だったと言えるだろう。特に前半は予想以上にアグレッシブなシリアの出足を受け、思うように試合を進めることができなかったが、ゴールレスのまま迎えた後半に戦い方を変えて3ゴールを奪うことに成功した。

▽内容の良くなかった前半で気になったのは、最終ラインから中盤に入るパス。比較的プレッシャーの少ない状況でボールを持つことが多かった最終ラインだったが、そこからマークを受けている中盤に縦パスを入れて、パスの出し手が再びバックパス(リターンパス)を受ける。といったプレーの繰り返しが散見された。そして、そのパスを相手に狙われてカウンターを受けそうになる場面も何度かあった。

▽前述したように、ピンチになりかけた場面は、基本的には自分たちのミス絡みから。相手のレベルが高くないからこそ、ボールをつなぐ意識が高まった部分もあったとは思うが、レベルの高い相手であれば、致命的なプレーになっていた可能性も十分に考えられる。もちろん、これはパスの出し手の問題だけではない。暑さという考慮すべき問題もあったが、受け手の動き出しといった部分も関係してくるため、チーム全体の問題とも言える。

▽しかし、迎えた後半に相手の出方を逆手にとって先手を奪った。54分、自陣内でボールを回収すると、素早く前を向いた長谷部が右サイドのスペースに走り込む岡崎へロングパスをフィード。相手の裏を突いてパスを受けた岡崎がボックス内で倒されて得たPKを本田が冷静に決めた。シリアは、縦パスを入れた相手には強く当たりにくるが、逆に裏を狙うボールへの対応には前半から曖昧な部分があり、そこをうまく突くことができたと言える。給水タイムなどの時間もあっただけに、前半から狙いを修正することができればベストだったかもしれないが、良くない中でも戦い方を修正して結果を残せたことは大きい。

▽その後は、シリアの運動量が落ちたこともあり、中盤の両サイドを中央寄りでプレーさせて選手間の距離を修正した日本が主導権を握る展開が続く。そして、セットプレーの流れから香川の個人技と岡崎の動き出しによって加点。終盤には、途中出場の清武と宇佐美が本田と絡み、そこから生まれた宇佐美のゴールで勝利を決定づけた。

▽特に攻撃面に関しては、まだまだ改善の余地はあるものの、最も重要だった“結果”を手にすることはできた。次は親善試合ながらアウェイでのイラン戦だ。最終予選を見据えた場合、ベストメンバーで試合に臨み、現時点の力を図ることもできるが、指揮官は出場機会の少ない選手を起用する可能性も示唆している。果たして、どのようなメンバーで臨むのか――。ベストメンバーであっても、そうでなくても、それぞれにとって今後に向けた試金石となることは間違いないだろう。
《超ワールドサッカー編集部・平野由倫》

コメント

関連ニュース

thumb

青い生地&右袖に「炎」…アディダスから送られてきた1枚の画像とは

▽25日、アディダスが1枚の画像を公開した。 ▽アディダス フットボールの公式ツイッターでは、先週末から「あの日の炎は、消えたのか。」をキーコピーとしたツイートを投稿。21日には香川真司の写真とともに「暑苦しいまでに貪欲だった頃の日本を思い出せ。」、22日には清武弘嗣の写真とともに「20年前から、テクニックも組織力も向上した。がむしゃらさはどうだ。」と投稿していた。 ▽今回アディダスから送られてきた1枚の画像は、何かのユニフォームの右袖の部分のみ。ブルーのユニフォームに、ツイートのキーコピーである「あの日の炎は、消えたのか。」と同じ炎のモチーフがあしらわれ、まるで約20年前に見た覚えのあるユニフォームを連想させるものとなっている。 ▽ちょうど20年前と言えば、日本全国が歓喜に包まれた瞬間を思い出す。奇跡のゴールに日本中のサッカーファンが歓喜したはず。アディダス フットボールの公式ツイッターでは「あんなに遠かった一点はなかった。あんなに歓喜した一点もなかった」のメッセージとともに、「14 OKANO」と背中に刻まれた画像が投稿されている。 ▽この画像についての詳細情報は一切公開されていないものの、長らくサッカーを見てきた人ならピンと来るものがあるはずだ。画像の詳しい情報は後日公開予定となっており、続報を待ちたい。 2017.04.25 00:00 Tue
twitterfacebook
thumb

日本が5大会ぶりに出場するU-20W杯をフジテレビが生中継! 日本戦に加え開幕戦、準決勝以降の全試合を放送《U-20W杯》

▽フジテレビは19日、5月20日から6月11日にかけて行われるFIFA U-20ワールドカップ韓国2017を、CS放送のフジテレビONE、フジテレビTWO、フジテレビNEXTで生中継することを発表した。また、フジテレビのインターネットチャンネルでも生配信する。 ▽昨年バーレーンで行われたAFC U-19選手権で見事優勝し、5大会ぶりの出場権を獲得したU-20日本代表。フジテレビが、U-20日本代表のグループステージ3試合の他、開幕戦となるU-20韓国代表vsU-20ギニア代表の試合を生中継する。また、決勝トーナメントは日本の試合に加え、準決勝以降の全試合を生中継する。 ▽日本は、南アフリカ、イタリア、ウルグアイとグループDで同居。初戦は5月21日に南アフリカと対戦し、その後24日にウルグアイ、27日にイタリアと対戦する。 ▽なお、2015年にニュージーランドで行われた前回大会は決勝でブラジルを破ったセルビアが2度目の優勝を果たしている。 2017.04.19 15:45 Wed
twitterfacebook
thumb

U-20日本代表候補メンバーが変更、GK小島亨介とDF舩木翔に代わりGK大迫敬介、DF岩田智輝、MF伊藤洋輝が追加招集《トレーニングキャンプ》

▽日本サッカー協会(JFA)は16日、明日17日から行われるU-20日本代表候補のトレーニングキャンプメンバーに変更があったことを発表した。 ▽先日発表されたメンバーからGK小島亨介(早稲田大学)がケガのため、DF舩木翔(セレッソ大阪)がコンディション不良のため不参加となる。両選手に代わって、GK大迫敬介(サンフレッチェ広島ユース)、DF岩田智輝(大分トリニータ)、MF伊藤洋輝(ジュビロ磐田U-18)が追加招集となった。 ▽なお、U-20日本代表候補は17日と18日に千葉県内でトレーニングキャンプを実施。18日にはジェフユナイテッド千葉と練習試合を行う。 2017.04.16 20:53 Sun
twitterfacebook
thumb

欧州遠征に臨むU-15日本代表メンバーが発表!《第14回デッレナツィオーニトーナメント》

▽日本サッカー協会(JFA)は14日、4月21日から5月3日まで行われる欧州遠征に臨むU-15日本代表メンバーを発表した。 ▽U-15日本代表はイタリアで開催される第14回デッレナツィオーニトーナメントに参加。UAE代表、イタリア代表、ポルトガル代表と対戦する。今回発表されたメンバーは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆U-15日本代表メンバー</span> GK 1.<span style="font-weight:700;">山田大樹/ヤマダタイキ</span>(鹿島アントラーズユース) 18.<span style="font-weight:700;">鈴木彩艶/スズキザイオン</span>(浦和レッズジュニアユース) DF 2.<span style="font-weight:700;">半田陸/ハンダリク</span>(モンテディオ山形ユース) 5.<span style="font-weight:700;">下川太陽/シモカワタイヨウ</span>(セレッソ大阪U-18) 12.<span style="font-weight:700;">古薗汰久己/フルゾノタクミ</span>(JFAアカデミー福島U15) 4.<span style="font-weight:700;">横川旦陽/ヨコカワアサヒ</span>(湘南ベルマーレU-15平塚) 3.<span style="font-weight:700;">佐藤優斗/サトウユウト</span>(浦和レッズジュニアユース) 16.<span style="font-weight:700;">鈴木海音/スズキカイト</span>(ジュビロ磐田U-15) 15.<span style="font-weight:700;">佐古真礼/サコマアヤ</span>(東京ヴェルディジュニアユース) MF 6.<span style="font-weight:700;">荒木遼太郎/アラキリョウタロウ</span>(東福岡高) 8.<span style="font-weight:700;">渡辺綾平/ワタナベリョウヘイ</span>(前橋育英高) 7.<span style="font-weight:700;">西川潤/ニシカワジュン</span>(桐光学園高) 10.<span style="font-weight:700;">前田龍大/マエダリュウダイ</span>(セレッソ大阪U-15) 13.<span style="font-weight:700;">成岡輝瑠/ナルオカヒカル</span>(清水エスパルスジュニアユース) 19.<span style="font-weight:700;">角昂志郎/スミコウシロウ</span>(東京武蔵野シティフットボールクラブU-15) 20.<span style="font-weight:700;">植田啓太/ウエダケイタ</span>(横浜F・マリノスジュニアユース) FW 9.<span style="font-weight:700;">吉田有志/ヨシダユウジ</span>(セレッソ大阪U-15) 11.<span style="font-weight:700;">近藤蔵波/コンドウクラバ</span>(セレッソ大阪U-15) 14.<span style="font-weight:700;">中野桂太/ナカノケイタ</span>(京都サンガF.C.U-15) 17.<span style="font-weight:700;">大澤朋也/オオサワトモヤ</span>(大宮アルディージャジュニアユース) 2017.04.14 16:51 Fri
twitterfacebook
thumb

久保建英は選外、坂井や神谷、針谷らU-20日本代表候補メンバーが発表《トレーニングキャンプ》

▽日本サッカー協会(JFA)は12日、今月17日と18日に千葉県内で行われるU-20日本代表候補トレーニングキャンプのメンバーを発表した。 ▽今回のメンバーには、この世代の主力であるMF坂井大将(大分トリニータ)やFW小川航基(ジュビロ磐田)に加え、MF神谷優太(湘南ベルマーレ)、MF針谷岳晃(ジュビロ磐田)らが選出された。一方、FC東京U-18のFW久保建英は今回のメンバーから外れている。 ▽U-20日本代表候補メンバーは17日に千葉県内に集合しトレーニングを実施。翌18日にはジェフユナイテッド千葉と練習試合を行う。 <span style="font-weight:700;">◆U-20日本代表候補メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">小島亨介(早稲田大)</span> <span style="font-weight:700;">波多野豪(FC東京)</span> <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">町田浩樹(鹿島アントラーズ)</span> <span style="font-weight:700;">藤谷壮(ヴィッセル神戸)</span> <span style="font-weight:700;">大南拓麿(ジュビロ磐田)</span> <span style="font-weight:700;">舩木翔(セレッソ大阪)</span> <span style="font-weight:700;">橋岡大樹(浦和レッズユース)</span> <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">坂井大将(大分トリニータ)</span> <span style="font-weight:700;">神谷優太(湘南ベルマーレ)</span> <span style="font-weight:700;">森島司(サンフレッチェ広島)</span> <span style="font-weight:700;">遠藤渓太(横浜F・マリノス)</span> <span style="font-weight:700;">針谷岳晃(ジュビロ磐田)</span> <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">小川航基(ジュビロ磐田)</span> <span style="font-weight:700;">岩崎悠人(京都サンガF.C.)</span> <span style="font-weight:700;">田川亨介(サガン鳥栖)</span> 2017.04.12 16:50 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース