主審の心は移ろいやすいもの? 一発レッドで退場DFが奇跡の生還2015.10.06 17:23 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽4日にブラジルで行われたシャペコエンセvsパルメイラスで、退場したパルメイラスDFがロッカールームから奇跡の生還を果たした。『dirtytackle.net』が報じている。

▽4日に行われたブラジル全国選手権第29節のシャペコエンセvsパルメイラスで、前半16分に物議を醸すプレーが起きた。シャペコエンセFWウィリアム・バルビオが相手DFを1人かわしてボックス付近まで侵攻。この際に必死の戻りを見せたパルメイラスDFエジジオが後方からスライディングタックルを行い、バルビオの突破を阻んだ。

▽このチャレンジに対して、主審はエジジオの決定機阻止と判断して同選手にレッドカードを掲示した。エジジオは自身のプレーが正当なものだったと主張するも、渋々判定を受け入れて失意の中でロッカールームへと引き揚げた。

▽だが、パルメイラスの選手たちが執拗な抗議を行うと、自分の判断に疑問を感じ始めた主審はピッチサイドの副審にアドバイスを求めた。すると、副審はエジジオのチャレンジが正当なものだったと指摘。これを受けて、主審は自らの誤りを認めて1度出したレッドカードを取り消すという驚きの決断に出た。

▽そして、主審はパルメイラスの選手にエジジオを呼び戻すように促すと、ロッカールームでこの決定を伝え聞いたエジジオは、満面の笑みを浮かべながらピッチに生還を果たした。当然、この決定にシャペコエンセベンチは猛抗議を行うも、2度目の判定覆りとはならなかった。

▽ただ、エジジオが奇跡の生還を果たしたパルメイラスだったが、試合は1-5で大敗。一方、判定取り消しで被害を被ったシャペコエンセだったが、ホームでの大勝にホッと胸を撫で下ろしたことだろう。興味のある方は以下のURLから動画をチェックしてみてください。

◆奇跡の生還を果たしたDFエジジオ
https://www.youtube.com/watch?t=188&v=fQnTa-__g8s

コメント

関連ニュース

thumb

サッカー母国とサッカー王国による注目の一戦はゴールレスドロー《国際親善試合》

▽国際親善試合のイングランド代表vsブラジル代表が14日にウェンブリー・スタジアムで行われ、0-0のドローに終わった。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)で優勝候補にも挙がるサッカー母国とサッカー王国による注目の一戦。10日にドイツ代表戦をゴールレスドローで終えたイングランドは、その試合から5選手を変更。GKピックフォードに代わってGKハートが起用されたほか、トリッピアーとローズに代わってウォーカーとバートランドを両ウイングバックに据え、フィル・ジョーンズとエイブラハムに代えてジョー・ゴメスとラッシュフォードを起用した。 ▽一方、10日の日本代表戦を3-1で快勝したブラジルは、その試合から6選手を変更。ダニエウ・アウベス、マルキーニョス、ミランダと最終ラインの主力が復帰したほか、インサイドMFにパウリーニョとレナト・アウグスト、ウィリアンに代わってコウチーニョが入り、現状のベストメンバーが起用された。 ▽立ち上がりから攻守の切り替えが速い展開が続く中、地力で勝るブラジルが最初の決定機を作り出す。12分、右サイドでボールを持ったダニエウ・アウベスが鋭いクロスを入れると、これをゴール前に飛び込んだジェズスが頭で合わせるがGK正面を突く。 ▽一方、ヴァーディとラッシュフォードの快足を活かしたカウンターで攻撃を組み立てるイングランドは18分、左サイドからカットインしたラッシュフォードがミドルシュートを狙うが、これはGKアリソンに難なくセーブされる。 ▽その後はボールを保持するブラジルのペースが続くも、直近のドイツ戦で無失点を記録したイングランドの堅守が最後の場面で仕事をさせない。だが、拮抗した展開が続く中、35分には筋肉系のトラブルでロフタス=チークがプレー続行不可能となり、リンガードが緊急投入された。 ▽結局、ゴールレスで折り返した試合は後半もブラジルが最初の決定機を作る。47分、細かいパス交換からネイマールのスルーパスに抜け出したコウチーニョがボックス右からシュートを放つが、ここは冷静に間合いを詰めたGKハートの好守に遭う。 ▽前半同様に中盤での攻防が目立つ中、両ベンチは選手交代で流れを引き寄せにかかる。ブラジルは68分、レナト・アウグスト、コウチーニョを下げてフェルナンジーニョとウィリアンを投入。対するイングランドは76分、ヴァーディとラッシュフォードを下げてエイブラハムと、これが代表デビューのソランケの若手2人を前線に送り込む。 ▽76分にはボックス手前でカゼミロからパスを受けたフェルナンジーニョが際どいミドルシュートを放つが、これは左ポストを叩く。さらに85分にはネイマールのお膳立てからパウリーニョにシュートチャンスも、ここはGKハートが立ちはだかる。 ▽その後、試合終了間際の89分にはゴール右に抜け出したソランケに絶好のチャンスが訪れるも、ここはGKアリソンの身体を張った飛び出しに阻まれ、均衡を破るゴールとはならず。サッカー母国とサッカー王国による注目の一戦はゴールレスドローに終わった。 2017.11.15 07:27 Wed
twitterfacebook
thumb

ダニエウ・アウベス「ガブリエウ・ジェズスはNEWロナウド」

▽パリ・サンジェルマンに所属するブラジル代表DFダニエウ・アウベスがマンチェスター・シティの同国代表FWガブリエウ・ジェズスを“既に偉大な選手”として褒めちぎった。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽20歳ながら既に所属先のシティや、ブラジル代表で一定の地位を確立するガブリエウ・ジェズス。ダニエウ・アウベスは、現役時代に世界最高のフィニッシャーとして一世を風靡したロナウド氏の再来として、そのガブリエウ・ジェズスの才能に惚れ込んでいるようだ。 ▽ダニエウ・アウベスは、14日に行われるイングランド代表との国際親善試合に向けた前日会見で、ガブリエウ・ジェズスについて次のように言及した。 「冗談抜きで、彼のことを新たなロナウドって呼んでいるんだ。彼らは似ている」 「彼は既に偉大で、今後もより良くなるだろうね」 「彼はこれまでプレッシャーを感じることなく、色んなことを成し遂げてきた」 「彼は自分がやりたいようにやっているだけなんだよ」 2017.11.14 12:55 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサからの再オファーが噂されるコウチーニョ「今のところ僕の人生に不満はない」

▽リバプールのブラジル代表MFフェリペ・コウチーニョが、噂されるバルセロナからの再オファーについてコメントした。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽バルセロナは今夏にコウチーニョの獲得に動いていた。一部ではボーナス込み1億6000万ユーロ(約210億円)の移籍金で合意と報じられたが、最終的にはリバプールがオファーを拒否したことにより移籍は実現しなかった。 ▽しかし、バルセロナはコウチーニョの獲得を諦めていないようで、今冬にも1億ポンド(約150億円)超えのオファーを出すとみられている。 ▽現在、14日に行われるイングランド代表との国際親善試合のためにブラジル代表に合流しているコウチーニョは、『スカイ・スポーツ』のインタビューで移籍について問われると、マージーサイドでの生活に満足していると語った。 「僕はリバプールで世界最大のリーグをプレーしている。ここでのプレーにはとても満足しているし、今のところ僕の人生に不満はないね。とにかく今は代表の試合に集中しているよ」 2017.11.13 06:16 Mon
twitterfacebook
thumb

ジュリオ・セーザル「エデルソンには世界最高のGKに必要な要素が全てある」

▽ベンフィカに所属する元ブラジル代表GKジュリオ・セーザルがマンチェスター・シティでプレーする同国代表の後輩であるGKエデルソンを絶賛した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽エデルソンは今夏、ベンフィカからシティに移籍。ここまで出場したプレミアリーグ11試合で6度のクリーンシートを記録し、ジョゼップ・グアルディオラ監督率いるシティの首位独走を助けている。 ▽そのエデルソンの活躍は、ブラジル代表87キャップを誇るジュリオ・セーザルの目にも留まっているようだ。10月11日に行われたロシア・ワールドカップ南米予選のチリ代表戦でブラジル代表初キャップをマークしたエデルソンについて、『ESPN』で次のように言及した。 「彼は常に成長を続けるGK。彼はワールドカップでプレーする準備ができていて、世界最高のGKに必要な材料を全て持っている」 「彼はすでGKとして完璧だ。人々は彼のプレーを見て楽しんでいるね」 「ブラジルはワールドカップを優勝するチャンスがある。僕らには偉大な仕事をする監督がいる。僕らもお気に入りさ」 2017.11.12 09:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ブラジルにとって日本戦に意義はあったのか?現地記者がこの一戦を分析

日本代表は10日、国際親善試合でブラジル代表と対戦し、1-3で敗れた。この試合をブラジル側はどのように見ているのか、『Goal』ブラジル版のマテウス・ハルブ記者に話を聞いた。<br><br>ハルブ氏はゲームを「静かで、支配的な勝利でした」と総括。「恐らく予想通りのことですが、通常のブラジル代表では先発ではないフェルナンジーニョ、ダニーロ、ジュリアーノといった選手が素晴らしい働きをしました」と評価した。<br><br>ブラジル代表は36分までに大量3ゴールを奪って圧倒的な力量を見せるも、後半は無得点に終わった。「前半を支配した後、後半に少し緩みが出たのは自然なことです。同時に、チッチ監督が後半の45分間にチームへ変化を加え始めたからです」と分析した。<br><br>この日本戦がブラジルにとって有意義であったかどうかを率直に語ってほしいと聞くと、「チッチ監督がよく言うことですが、最も重要なのは選手たちがチームに溶け込み、ブラジルの戦術に慣れるためにあらゆる機会を利用することです。そういう意味では意義はありました」と回答。<br><br>「しかしもちろん、一般のブラジル人の多くは、今回のワールドカップでライバルとなるであろうイングランドとの一戦を楽しみにしています。南米予選でウルグアイやアルゼンチン、チリなどを相手に素晴らしいサッカーを見せたにもかかわらずです」と国民のムードを説明してくれた。<br><br>ブラジル代表は、15日にイングランド代表との親善試合を行う。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.11 18:37 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース