主審の心は移ろいやすいもの? 一発レッドで退場DFが奇跡の生還2015.10.06 17:23 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽4日にブラジルで行われたシャペコエンセvsパルメイラスで、退場したパルメイラスDFがロッカールームから奇跡の生還を果たした。『dirtytackle.net』が報じている。

▽4日に行われたブラジル全国選手権第29節のシャペコエンセvsパルメイラスで、前半16分に物議を醸すプレーが起きた。シャペコエンセFWウィリアム・バルビオが相手DFを1人かわしてボックス付近まで侵攻。この際に必死の戻りを見せたパルメイラスDFエジジオが後方からスライディングタックルを行い、バルビオの突破を阻んだ。

▽このチャレンジに対して、主審はエジジオの決定機阻止と判断して同選手にレッドカードを掲示した。エジジオは自身のプレーが正当なものだったと主張するも、渋々判定を受け入れて失意の中でロッカールームへと引き揚げた。

▽だが、パルメイラスの選手たちが執拗な抗議を行うと、自分の判断に疑問を感じ始めた主審はピッチサイドの副審にアドバイスを求めた。すると、副審はエジジオのチャレンジが正当なものだったと指摘。これを受けて、主審は自らの誤りを認めて1度出したレッドカードを取り消すという驚きの決断に出た。

▽そして、主審はパルメイラスの選手にエジジオを呼び戻すように促すと、ロッカールームでこの決定を伝え聞いたエジジオは、満面の笑みを浮かべながらピッチに生還を果たした。当然、この決定にシャペコエンセベンチは猛抗議を行うも、2度目の判定覆りとはならなかった。

▽ただ、エジジオが奇跡の生還を果たしたパルメイラスだったが、試合は1-5で大敗。一方、判定取り消しで被害を被ったシャペコエンセだったが、ホームでの大勝にホッと胸を撫で下ろしたことだろう。興味のある方は以下のURLから動画をチェックしてみてください。

◆奇跡の生還を果たしたDFエジジオ
https://www.youtube.com/watch?t=188&v=fQnTa-__g8s

コメント

関連ニュース

thumb

ブラジル代表、ユベントスDFアレックス・サンドロを追加招集

▽ブラジルサッカー連盟(CBF)は22日、ユベントスに所属するDFアレックス・サンドロを代表に追加招集することを発表した。アレックス・サンドロは、左太ももを負傷したレアル・マドリーのDFマルセロに代わる招集となる。 ▽既にロシア・ワールドカップ行きを決めているブラジル代表は、10月5日に行われる南米予選第17節でボリビア代表とアウェイで対戦。同月10日に行われる翌節には、ホームでチリ代表を迎え撃つ。 ▽26歳のアレックス・サンドロは、2015年夏、ポルトからユベントスに移籍。今シーズンはここまで、公式戦5試合に出場し、2アシストをマークしている。 2017.09.23 11:00 Sat
twitterfacebook
thumb

バルサ移籍のパウリーニョやPSGのネイマールらが順当に選出、グレミオのMFアルトゥールが代表初招集《ロシアW杯南米予選》

▽ブラジルサッカー連盟(CBF)は15日、10月に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選に臨むブラジル代表メンバー24名を発表した。 ▽今回の招集メンバーには、エースのFWネイマールや今夏、中国の広州恒大からバルセロナに移籍したMFパウリーニョらが順当に選出されたほか、シャフタール・ドネツクFWフレッジが約2年ぶりに代表復帰。マンチェスター・シティのDFダニーロも1年半ぶりの代表入りを果たした。また、グレミオに所属するMFアルトゥールは代表初選出となった。 ▽すでにロシアW杯出場を決めているブラジルは、10月5日にアウェイでボリビア代表(予選9位)と、10日にホームでチリ代表(予選6位)と対戦する。今回発表されたブラジル代表メンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆ブラジル代表メンバー23名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">アリソン</span>(ローマ/イタリア) <span style="font-weight:700;">カッシオ</span>(コリンチャンス) <span style="font-weight:700;">エデルソン</span>(マンチェスター・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ジェメルソン</span>(モナコ/フランス) <span style="font-weight:700;">マルキーニョス</span>(パリ・サンジェルマン/フランス) <span style="font-weight:700;">チアゴ・シウバ</span>(パリ・サンジェルマン/フランス) <span style="font-weight:700;">ダニエウ・アウベス</span>(パリ・サンジェルマン/フランス) <span style="font-weight:700;">ミランダ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">ダニーロ</span>(マンチェスター・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">フィリペ・ルイス</span>(アトレティコ・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">マルセロ</span>(レアル・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">アルトゥール</span>(グレミオ) <span style="font-weight:700;">カゼミロ</span>(レアル・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">フェルナンジーニョ</span>(マンチェスター・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">フレッジ</span>(シャフタール・ドネツク/ウクライナ) <span style="font-weight:700;">ジエゴ</span>(フラメンゴ) <span style="font-weight:700;">レナト・アウグスト</span>(北京国安/中国) <span style="font-weight:700;">フィリペ・コウチーニョ</span>(リバプール/イングランド) <span style="font-weight:700;">パウリーニョ</span>(バルセロナ) <span style="font-weight:700;">ウィリアン</span>(チェルシー/イングランド) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ロベルト・フィルミノ</span>(リバプール/イングランド) <span style="font-weight:700;">ガブリエウ・ジェズス</span>(マンチェスター・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ネイマール</span>(パリ・サンジェルマン/フランス) <span style="font-weight:700;">ジエゴ・タルデリ</span>(山東魯能泰山/中国) 2017.09.16 02:51 Sat
twitterfacebook
thumb

2位コロンビアvs首位ブラジルはドロー! コロンビアはブラジルの連勝止めるも2戦連続ドローで足踏み《ロシアW杯南米予選》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選第16節のコロンビア代表vsブラジル代表が5日に行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前節、最下位ベネズエラ代表(勝ち点7)相手に痛恨のゴールレスドローとなった2位のコロンビア(勝ち点25)は、ライバル国の取りこぼしで2位をキープしたものの、大陸連盟間プレーオフ圏内の5位アルゼンチン代表(勝ち点23)との勝ち点差はわずかに2ポイントと、首位ブラジル相手の勝ち点3奪取が必須。今回の一戦では負傷明けのハメス・ロドリゲスをファルカオやクアドラードらと共に先発で起用した。 ▽一方、破竹の9連勝で首位通過を確定しているブラジル(勝ち点36)だが、チームの熟成を図るチッチ監督はネイマールやフィルミノ、ダニエウ・アウベス、パウリーニョ、マルキーニョスなど、主力を起用した。 ▽注目の南米強豪対決は立ち上がりからオープンな攻防が続く。23分にはカルドナのスルーパスに抜け出したハメスにシュートチャンスも、ここは角度を消されてGKのセーブに遭う。すると直後の28分には、ボックス左でネイマールからパスを受けたフィルミノがグラウンダーのシュートでファーポストを狙うが、これはGKオスピナの圧巻の反応に阻まれる。 ▽その後も行ったり来たりの攻め合いが続く中、前半終了間際にブラジルがゴールをこじ開ける。犬がピッチに乱入するアクシデントでややコロンビアの集中力が切れた中、左CKの二次攻撃からボックス左に抜け出したネイマールがワンタッチでマイナスに落とす。これをウィリアンが圧巻の右足ボレーでゴール右上隅の完璧なコースに突き刺した。 ▽一瞬の隙を突かれてゴラッソを許したコロンビアは、ハーフタイム明けにクアドラードに代えてチャラを投入。立ち上がりからリスクを冒して攻撃に出ると、56分には右サイドを突破したアリアスからのクロスをボックス中央から巧みな動き出しでセンターバック2枚の間に入り込んだファルカオがニアで頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。 ▽頼れるエースストライカーの同点弾で勢いづくコロンビアは60分、相手陣内右サイド深くで得たFKの場面でキッカーのハメスが見せる。中央へのクロスを匂わせるハメスはGKアリソンの意表を突いて、ニアを狙った低い弾道のシュートを放つ。だが、左ポストを叩いたボールはGKアリソンの身体に当たり、枠の外に向かう。 ▽その後は再び一進一退の攻防が続く中、互いに交代カードで試合の流れを変えに行く。ブラジルはガブリエウ・ジェズス、コウチーニョとスタメン級の豪華な交代カードでここから攻撃のギアを上げていくが、GKオスピナを中心とするコロンビア守備陣を崩し切るまでには至らず。試合終了間際にはチアゴ・シウバが負傷交代となるアクシデントに見舞われたが、結局試合は1-1のままタイムアップ。 ▽首位ブラジルの連勝を「9」でストップしたコロンビアだったが、ホームで勝ち切れず。3位以下のチームとの勝ち点差を広げるチャンスを逃した。 コロンビア 1-1 ブラジル 【コロンビア】 ファルカオ(後11) 【ブラジル】 ウィリアン(前47) 2017.09.06 07:50 Wed
twitterfacebook
thumb

アレックス・サンドロとジェメルソンがブラジル代表に追加招集

▽ブラジルサッカー連盟(CBF)は2日、5日にアウェイで行われるロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選のコロンビア代表戦に向けて2選手を追加招集した。 ▽追加招集されたのはDFアレックス・サンドロ(ユベントス)と、DFジェメルソン(モナコ)の2選手。ブラジル代表は8月31日にホームで行われたエクアドル代表戦でDFマルセロ(レアル・マドリー)とDFミランダ(インテル)の2選手がイエローカードを受け、コロンビア戦は累積で出場停止となる。 ▽エクアドルに2-0で勝利したブラジルは既に予選首位でのW杯出場を決めている。 2017.09.02 23:28 Sat
twitterfacebook
thumb

ネイマール「コウチーニョは大きな悲しみを抱えている」

▽パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールが、リバプールの同代表MFフィリペ・コウチーニョについて言及した。イギリス『インデペンデント』が伝えた。 ▽ブラジル代表は現地時間1日、ロシアW杯南米予選第15節でエクアドル代表と対戦。コウチーニョは途中出場し、76分にチームの2点目を記録し、勝利に貢献した。 ▽ゴール後、コウチーニョは感極まった様子で目頭を押さえた。バルセロナ移籍を希望していると伝えられるもリバプールがオファーを拒否して残留となっただけに、コウチーニョのこの様子が色々な憶測を呼んでいる。 ▽試合後、ネイマールはコウチーニョについて、以下のように話した。 「彼がゴールを記録できて僕は非常に幸せだ。今、彼は大きな悲しみを抱えている。でも、勝利に導く助けをしてくれた」 「彼は偉大な選手でスーパースターだ。ベンチからの出場だったけど、うまく試合に入ったね」 2017.09.02 13:16 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース