主審の心は移ろいやすいもの? 一発レッドで退場DFが奇跡の生還2015.10.06 17:23 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽4日にブラジルで行われたシャペコエンセvsパルメイラスで、退場したパルメイラスDFがロッカールームから奇跡の生還を果たした。『dirtytackle.net』が報じている。

▽4日に行われたブラジル全国選手権第29節のシャペコエンセvsパルメイラスで、前半16分に物議を醸すプレーが起きた。シャペコエンセFWウィリアム・バルビオが相手DFを1人かわしてボックス付近まで侵攻。この際に必死の戻りを見せたパルメイラスDFエジジオが後方からスライディングタックルを行い、バルビオの突破を阻んだ。

▽このチャレンジに対して、主審はエジジオの決定機阻止と判断して同選手にレッドカードを掲示した。エジジオは自身のプレーが正当なものだったと主張するも、渋々判定を受け入れて失意の中でロッカールームへと引き揚げた。

▽だが、パルメイラスの選手たちが執拗な抗議を行うと、自分の判断に疑問を感じ始めた主審はピッチサイドの副審にアドバイスを求めた。すると、副審はエジジオのチャレンジが正当なものだったと指摘。これを受けて、主審は自らの誤りを認めて1度出したレッドカードを取り消すという驚きの決断に出た。

▽そして、主審はパルメイラスの選手にエジジオを呼び戻すように促すと、ロッカールームでこの決定を伝え聞いたエジジオは、満面の笑みを浮かべながらピッチに生還を果たした。当然、この決定にシャペコエンセベンチは猛抗議を行うも、2度目の判定覆りとはならなかった。

▽ただ、エジジオが奇跡の生還を果たしたパルメイラスだったが、試合は1-5で大敗。一方、判定取り消しで被害を被ったシャペコエンセだったが、ホームでの大勝にホッと胸を撫で下ろしたことだろう。興味のある方は以下のURLから動画をチェックしてみてください。

◆奇跡の生還を果たしたDFエジジオ
https://www.youtube.com/watch?t=188&v=fQnTa-__g8s

コメント

関連ニュース

thumb

被ファウル数でW杯記録に迫ったネイマール、練習から姿を消す

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールがチームのトレーニングから姿を消した。 ▽ネイマールは、17日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)グループE第1節のスイス代表戦にフル出場。結果こそ1-1のドローに終わったものの、W杯記録に迫る10個のファウルを受けるなど、攻撃の核として一定の存在感を示した。 ▽イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、ブラジル代表はスイス戦翌日から野外でトレーニング。別メニュー調整のMFパウリーニョやDFチアゴ・シウバと共に、ネイマールも同日の全体トレーニングを欠席したという。 ▽なお、チッチ監督はスイス戦前、負傷明けのネイマールについて「100%の状態ではない」と話している。ネイマールは次戦も出場できるのだろうか。ブラジル代表は22日に行われる次節、コスタリカ代表と対戦する。 2018.06.19 14:25 Tue
twitterfacebook
thumb

ドローに不満のブラジル指揮官、VARの使用基準に疑問「ミランダは押された。ジェズスの場面でも…」

ブラジル代表のチッチ監督は、スイス代表とドローに終わったグループリーグ初戦の出来に、不満を感じている。さらに、ビデオ判定の基準に疑問を覚えているようだ。<br><br>現地時間17日に行われた2018FIFAワールドカップ・ロシアのグループE初戦で、ブラジルはスイスと対戦。20分にMFフィリペ・コウチーニョのゴールで先制したブラジルだったが、その後は攻勢を見せるも1点が遠く。すると、後半開始早々にCKからスイスに同点ゴールを奪われ、結局1-1でタイムアップの笛を聞いた。<br><br>試合後、会見を行ったチッチ監督は、まずビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)について「言い訳をしたくはないが、(スイスのゴールの場面で)ミランダが押されていたのはとても明らかだった。それに、ガブリエウ・ジェズスの場面も&hellip;」とビデオ判定を採用する基準を疑問に感じていると話した。<br><br>「レフェリーに対して変にプレッシャーを掛けるべきではないが、システムのおかげで我々は試合を評価できる。しかし、最初の場面(スイスの得点)については議論できない。公平にこのシステムが使えるように働きかけなくてはならない」<br><br>続けて試合内容について言及。「いつものブラジルではなかった。ハーフタイムにポジションを修正したが、正確なフィニッシュに欠けていた。非常に多くのシュートが枠を外れた。相手GKをもう少し働かすことができたはずだ。もちろん勝利を期待し、勝利を望んでいた。だからこの結果には満足できない」<br><br>「試合の3分の2には満足している。積極性や創造性のあるプレーを左右で展開して、我々のチームの特徴が出ていた。しかし、ゴールを決められた後、推進力が十分ではなく、フィニッシュの精度も欠いた。これが次戦への教訓になるだろう」<br><br>初戦で勝利を逃したブラジル代表は、22日に行われる2戦目でコスタリカ代表と対戦する。<br><br>提供:goal.com 2018.06.18 21:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ブラジル代表DF、スイス戦失点場面のファウルを主張「倒れこんでいれば違ったかも」

ブラジル代表DFミランダは、17日に行われた2018FIFAワールドカップ・ロシアのグループE第1戦、スイス代表との試合を振り返り、失点のシーンを悔やんだ。<br><br>ロシアW杯の大本命・ブラジルは、グループリーグ初戦でスイスと対戦。1年以上公式戦負けなしのチッチ体制セレソンだったが、1-1の引き分けに終わった。<br><br>ブラジルは20分、MFフィリペ・コウチーニョによるミドルシュートでリード。しかし50分、CKからスイス代表MFスティーブン・ズーバーの得点を許し、同点とされた。この時、ミランダはスイスMFに押されており、直後にチームメイトとともに主審にファウルを主張したが、VARが使用されることはなく、スイスの得点が認められた。ミランダは、ゴール前での判断の誤りを悔やんだ。<br><br>「それならば僕の失敗だったと言える。彼(ズーバー)が僕を押した時、倒れ込まなければならなかった、という意味でね。全てがもっとハッキリしただろうし、判定も違っていたかもしれない。試合終了後、ビデオ担当の審判員からは『チェックがあった』と言われた。だがもう切り替えて、次のコスタリカ戦のことを考えた方が良いだろう」<br><br>「結果は引き分けになってしまったが、スイスが簡単な対戦相手でないことは、分かっていた。それに僕らに限らず、ほかの強豪国にも同じことが起きている。それでも前を向いていかなければならない。次戦では素晴らしい勝利をつかめると確信している」<br><br>ブラジルの次戦は22日、コスタリカ代表と対戦する。<br><br>提供:goal.com 2018.06.18 13:20 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:ブラジル 1-1 スイス《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループE第1節、ブラジル代表vsスイス代表が17日にロストフ・アリーナで行われ、1-1の引き分けに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ブラジル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180618_4_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 アリソン 5.5 責めるのは酷だが至近距離からのヘディングで失点 DF 14 ダニーロ 5.5 対面のツバーに右サイドでは仕事をさせず 2 チアゴ・シウバ 5.5 経験豊富なプレーも失点場面では目の前で得点を許す 3 ミランダ 5.0 上手く出し抜かれ同点弾を許した 12 マルセロ 5.5 前半は普段よりも低いポジションを取り、後半にタイスコアになってから上がったが打開できず MF 15 パウリーニョ 6.0 適切なポジショニングで終始ミスなくプレー (→ R・アウグスト 5.5) 攻撃にアクセントを加えた 5 カゼミロ 5.5 持ち味を発揮し、ボール奪取後には幾度か良い縦パスを通す (→ フェルナンジーニョ 5.5) 終盤のシュートを決めたかった 11 コウチーニョ 6.5 お得意の位置から美しい先制点を突き刺す FW 19 ウィリアン 5.5 やや低い位置でチャンスメイクに専念 9 ガブリエウ・ジェズス 5.5 頻繁に動き直し打開を試みたものの結果には結び付かなかった (フィルミノ -) 10 ネイマール 5.5 対面の相手選手3人に警告を出させたがエースの役割は果たし切れず 監督 チッチ 5.0 圧倒的なタレントを有しながらも1得点止まり。交代策も打開には至らなかった ▽スイス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180618_4_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ゾンマー 6.0 失点場面は相手を褒めるべき。最終盤には好守を披露 DF 2 リヒトシュタイナー 6.0 豊富な運動量で強力な相手の左サイドに対応 (→ ラング -) 22 シェアー 6.0 危険な位置でファールを与えることもなく素晴らしいフィードも披露 5 アカンジ 5.5 クリアが中途半端になる場面もあったが、厳しいチェックで能力を発揮 13 R・ロドリゲス 6.0 勇敢な上がりで対面のウィリアンに守備を義務付けた MF 23 シャキリ 6.5 常に攻撃の起点となり、高い精度のクロスで同点弾をアシスト 11 ベーラミ 6.5 集中した守備でネイマールを外に追い込んだが、釣り出されてコウチーニョにスペースを使われる場面も (→ ザカリア 5.5) 不用意なファールを与える場面も 15 ジェマイリ 5.0 ボールを引き出せず、フォワードと中盤の橋渡しはできなかった 10 ジャカ 5.5 とりわけ後半は中盤のコンダクターとして機能 14 ツバー 6.5 巧みな駆け引きから値千金の同点弾をマーク FW 9 セフェロビッチ 5.5 左右に動き打開を試みたがあまりチャンスには絡めず (→ エンボロ -) 監督 ペトコビッチ 6.5 ネイマールに決定的な仕事をさせず、優先順位を明確にして危険なゾーンをケア。安定した守備が勝ち点に繋がった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ツバー(スイス) ▽チアゴ・シウバ、ミランダの間で見事に仕事を遂行。この試合だけでなく、グループステージでの戦い方全体に影響を及ぼす大きな得点を決め切った。 ブラジル 1-1 スイス 【ブラジル】 コウチーニョ(前20) 【スイス】 ツバー(後5) 2018.06.18 05:01 Mon
twitterfacebook
thumb

ブラジル、コウチーニョのビューティフル弾もスイスに追いつかれドロー発進《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループE第1節、ブラジル代表vsスイス代表が17日にロストフ・アリーナで行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽同日に行われたコスタリカ代表vsセルビア代表で、セルビアが1-0の勝利を収めたグループE。南米予選を首位通過し21大会連続21回目のW杯出場となったブラジルは、準決勝でドイツ代表に1-7とショッキングな大敗を喫した母国での前回大会のリベンジを果たすべく、ネイマールやコウチーニョらベストメンバーを順当にスタメン起用した。 ▽欧州予選で9勝1敗の好成績を収めて2位通過で4大会連続11回目のW杯出場を決めたスイスも、シャキリやジャカらを順当に起用。2-0で勝利した直近の国際親善試合、日本代表戦の勢いそのままに優勝候補筆頭国との試合に臨んだ。 ▽お互いに高いテンションで入った試合、最初にシュートを放ったのはスイスだった。4分、右サイドでボールを持ったシャキリが、ボックス内にスルーパスを供給。ジェマイリが右足で放ったシュートは上手くミートできずに枠を上に外れたものの、試合開始早々にブラジルゴールを脅かす。 ▽11分、徐々に押し込み始めたブラジルが決定機を作り出す。ボックス手前左でボールを持ったコウチーニョが、ボックス内左のネイマールにボールを送る。しかし、ネイマールのグラウンダーのクロスに合わせたパウリーニョのシュートは枠をわずかに右へ外れた。 ▽20分、ネイマールが左サイドでドリブルを仕掛けると、スイスDFのクリアに遭いこぼれたボールがボックス手前左のコウチーニョの下に。コウチーニョはそこから右足を一閃、得意な角度から美しい軌道のシュートでファーに流し込み、先制点とした。 ▽ブラジルはその後、プレスの位置をやや低めに設定し3ラインを作る形で試合を進行。ボールを持てる時間が増加したスイスはチャンスを作り出そうとするが、強固なブロックを崩すことができずにシュートまで至らない。 ▽40分、スイスにシュートチャンスが訪れる。再三の上がりを見せているR・ロドリゲスの縦パスをボックス手前で受けたジェマイリが、ドリブル突破を図る。ブラジルDFにブロックされこぼれたボールに反応したツバーが放ったシュートはチアゴ・シウバの顔面に激突し得点とはならなかったが、ファーストシュート以来の決定機となった。 ▽ブラジルが1-0でリードして迎えた後半、スイスが右CKからチャンスを作り出す。50分、キッカーのシャキリが中央にクロスを上げると、ミランダの背後でマークを剥がしたツバーが、ヘディングで貴重な同点弾を決め切った。 ▽再び得点が必要となったブラジルは57分、ボックス手前でボールを持ったコウチーニョがミドルシュートを狙う。しかし、これはスイスDFに跳ね返され、直後にネイマールが左サイドからカットインして放ったシュートもブロックに遭い枠に飛ばすことができない。 ▽60分、ブラジルは選手交代を敢行。後半早々に警告を1枚貰っていたカゼミロに代え、フェルナンジーニョを起用。フレッシュな選手の投入で、ややスイスに傾きかけている流れを引き戻そうと試みた。 ▽66分、ブラジルはボックス手前左でFKを獲得。しかし、キッカーのネイマールが入れた低いボールは味方には合わず、チャンスに繋げることができない。67分、チッチ監督はパウリーニョに代えてR・アウグストを投入し、リズムチェンジを求めた。 ▽対するスイスは70分、前半からネイマールのカバーに奔走していたベーラミに代えて、ザカリアを投入。高い身体能力を有する守備的MFの起用で、勝ち点奪取を狙っていく。 ▽その後、試合終了間際の88分、何とかしてスイスのゴールをこじ開けたいブラジルがチャンスを迎える。右サイドでボールを持ったウィリアンがクロスを供給。しかし、飛び込んだネイマールが放ったヘディングシュートは枠こそ捉えたもののGKゾンマーにキャッチされる。90分にも左サイドからのFKの場面でネイマールのクロスに途中出場のフィルミノが合わせたが、GKゾンマーの攻守に阻まれた。 ▽結局、最後まで1-1のスコアから動きを見せないまま試合が終了。幸先良いスタートを切ることができなかったブラジルは第2節でコスタリカと、優勝候補から勝ち点をもぎ取ったスイスはセルビアと対戦する。 2018.06.18 05:00 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース