超ワールドサッカー

主審の心は移ろいやすいもの? 一発レッドで退場DFが奇跡の生還2015.10.06 17:23 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽4日にブラジルで行われたシャペコエンセvsパルメイラスで、退場したパルメイラスDFがロッカールームから奇跡の生還を果たした。『dirtytackle.net』が報じている。

▽4日に行われたブラジル全国選手権第29節のシャペコエンセvsパルメイラスで、前半16分に物議を醸すプレーが起きた。シャペコエンセFWウィリアム・バルビオが相手DFを1人かわしてボックス付近まで侵攻。この際に必死の戻りを見せたパルメイラスDFエジジオが後方からスライディングタックルを行い、バルビオの突破を阻んだ。

▽このチャレンジに対して、主審はエジジオの決定機阻止と判断して同選手にレッドカードを掲示した。エジジオは自身のプレーが正当なものだったと主張するも、渋々判定を受け入れて失意の中でロッカールームへと引き揚げた。

▽だが、パルメイラスの選手たちが執拗な抗議を行うと、自分の判断に疑問を感じ始めた主審はピッチサイドの副審にアドバイスを求めた。すると、副審はエジジオのチャレンジが正当なものだったと指摘。これを受けて、主審は自らの誤りを認めて1度出したレッドカードを取り消すという驚きの決断に出た。

▽そして、主審はパルメイラスの選手にエジジオを呼び戻すように促すと、ロッカールームでこの決定を伝え聞いたエジジオは、満面の笑みを浮かべながらピッチに生還を果たした。当然、この決定にシャペコエンセベンチは猛抗議を行うも、2度目の判定覆りとはならなかった。

▽ただ、エジジオが奇跡の生還を果たしたパルメイラスだったが、試合は1-5で大敗。一方、判定取り消しで被害を被ったシャペコエンセだったが、ホームでの大勝にホッと胸を撫で下ろしたことだろう。興味のある方は以下のURLから動画をチェックしてみてください。

◆奇跡の生還を果たしたDFエジジオ
https://www.youtube.com/watch?t=188&v=fQnTa-__g8s

コメント

関連ニュース

thumb

ネイマールほかCL決勝控える一部主力が選外、アルゼンチンとの親善試合に臨むブラジル代表メンバー発表《国際親善試合》

▽ブラジルサッカー連盟(CBF)は19日、6月に行われるアルゼンチン代表とオーストラリア代表との国際親善試合に臨む代表メンバー24名を発表した。 ▽ブラジルを率いるチッチ監督は6月3日に行われるチャンピオンズリーグ決勝に進出したレアル・マドリーのDFマルセロやMFカゼミロ、ユベントスのDFダニエウ・アウベスを選外とした他、FWネイマール(バルセロナ)やDFミランダ(インテル)、DFマルキーニョス(パリ・サンジェルマン)といった主力に休養を与えるため選出しなかった。一方でチェルシーのプレミアリーグ優勝に貢献したDFダビド・ルイスが昨年3月以来ぶりに復帰を果たした他、負傷から復帰したFWガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・シティ)がメンバー入りした。 ▽一番乗りでロシア・ワールドカップ出場を決めているブラジルは、6月9日にオーストラリアでアルゼンチン代表と、同13日にオーストラリア代表とアウェイで対戦する。今回発表されたブラジル代表メンバーは以下の通り。 ◆ブラジル代表メンバー</B> <B>GK</B> <span style="font-size:14px;"><B>ジエゴ・アウベス</B>(バレンシア/スペイン) <B>エデルソン・モラエス</B>(ベンフィカ/ポルトガル)</span> <B>ヴェヴェルトン</B>(アトレチコ・パラナエンセ) <B>DF</B> <span style="font-size:14px;"><B>ファグネル</B>(コリンチャンス) <B>ロドリゴ・カイオ</B>(サンパウロ) <B>ジウ</B>(山東魯能/中国) <B>チアゴ・シウバ</B>(パリ・サンジェルマン/フランス) <B>ジェメルソン</B>(モナコ/フランス) <B>フィリペ・ルイス</B>(アトレティコ・マドリー/スペイン) <B>ダビド・ルイス</B>(チェルシー/イングランド) <B>アレックス・サンドロ</B>(ユベントス/イタリア) <B>ラフィーニャ</B>(バイエルン/ドイツ)</span> <B>MF</B> <span style="font-size:14px;"> <B>ロドリギーニョ</B>(コリンチャンス) <B>ルーカス・リマ</B>(サントス) <B>レナト・アウグスト</B>(北京国安/中国) <B>パウリーニョ</B>(広州恒大/中国) <B>ジウリアーノ</B>(ゼニト/ロシア) <B>フェルナンジーニョ</B>(マンチェスター・シティ/イングランド) <B>フィリペ・コウチーニョ</B>(リバプール/イングランド) <B>ウィリアン</B>(チェルシー/イングランド)</span> <B>FW</B> <span style="font-size:14px;"><B>ガブリエウ・ジェズス</B>(マンチェスター・シティ/イングランド) <B>ドグラス・コスタ</B>(バイエルン/ドイツ) <B>タイソン</B>(シャフタール/ウクライナ) <B>ジエゴ・ソウザ</B>(スポルチ・レシフェ)</span> 2017.05.20 01:07 Sat
twitterfacebook
thumb

最新FIFAランクで日本は7つ順位を上げて44位に! ブラジルが首位返り咲き

▽国際サッカー連盟(FIFA)は6日、最新のFIFAランキングを発表した。 ▽トップは、アルゼンチンを抜いたブラジルが久々に返り咲き。前月首位のアルゼンチンは2位となり、3位のドイツ、4位のチリは変動なし。5位に前月7位のコロンビアが浮上した。また、3月のロシア・ワールドカップ欧州予選で結果を残せなかったオランダが順位を11こ下げて32位と大きく順位を下げた。 ▽前月51位に位置していた日本は、7つ順位を上げて44位となりトップ50入りを果たした。また、アジア勢ではイランが28位、韓国が43位で日本は引き続き3番手となった。 ◆<span style="font-weight:700;">4月のFIFAランキング50位(カッコ内は前月の順位) </span> 1.ブラジル(2) 2.アルゼンチン(1) 3.ドイツ(3) 4.チリ(4) 5.コロンビア(7) 6.フランス(6) 7.ベルギー(5) 8.ポルトガル(8) 9.スイス(11) 10.スペイン(10) 11.ポーランド(12) 12.イタリア(15) 13.ウェールズ(12) 14.イングランド(14) 15.ウルグアイ(9) 16.メキシコ(17) 17.ペルー(18) 18.クロアチア(16) 19.エジプト(20) 20.コスタリカ(19) 21.アイスランド(23) 22.トルコ(26) 23.アメリカ(30) 23.スロバキア(25) 25.エクアドル(22) 26.北アイルランド(35) 26.アイルランド(24) 28.イラン(33) 29.ボスニア・ヘルツェゴビナ(29) 30.セネガル(28) 31.ハンガリー(27) 32.オランダ(21) 33.カメルーン(32) 34.スウェーデン(45) 35.ブルキナファソ(36) 36.オーストリア(34) 37.ウクライナ(31) 38.パラグアイ(43) 39.ギリシャ(46) 40.ナイジェリア(41) 41.コンゴDR(38) 42.チュニジア(37) 43.韓国(40) 44.日本(51) 45.ガーナ(43) 46.チェコ(42) 47.ルーマニア(41) 48.コートジボワール(47) 49.セルビア(52) 50.オーストラリア(55) ◆<span style="font-weight:700;">アジア内トップ10(カッコ内は総合順位)</span> 1.イラン(28) 2.韓国(43) 3.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">日本(44)</span> 4.オーストラリア(50) 5.サウジアラビア(52) 6.ウズベキスタン(60) 7.UAE(74) 8.シリア(80) 9.中国(81) 10.カタール(89) 2017.04.06 17:41 Thu
twitterfacebook
thumb

ブラジルのW杯出場が決定…予選4位以内確定《ロシアW杯南米予選》

▽ブラジル代表のロシア・ワールドカップ(W杯)本大会出場が決定した。 ▽現地時間28日に行われたロシアW杯南米予選でパラグアイ代表に3-0と快勝したブラジルは、予選8連勝で勝ち点33。ウルグアイ代表が戦う今節の結果次第で、ブラジルに予選突破確定の可能性が浮上していた。 ▽その結果、ウルグアイがペルー代表に1-2の逆転負け。まだ4節を残しているが、次節にウルグアイとアルゼンチン代表が直接対決で潰し合うため、ブラジルを逆転できなくなった。 ▽これにより、ブラジルの南米予選4位以内が確定。創設から全大会出場となる21回目のW杯出場が決まった。 ◆ロシアW杯南米予選※上位 (勝ち点/得失点) 1:ブラジル(33/+25) 2:コロンビア(24/+3) 3:ウルグアイ(23/+9) 4:チリ(23/+5) ──────W杯出場圏内────── 5:アルゼンチン(22/+1) ────大陸間プレーオフ──── 2017.03.29 13:37 Wed
twitterfacebook
thumb

コウチーニョ、ネイマール、マルセロ弾のブラジルがパラグアイに快勝で8連勝《ロシアW杯南米予選》

▽日本時間29日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選第14節のブラジル代表vsパラグアイ代表は、ホームのブラジルが3-0で勝利した。 ▽破竹の7連勝で首位に立つブラジルと、前節2試合ぶりの白星で7位につけるパラグアイが激突した。ブラジルは、前節のウルグアイ代表から先発を1人のみ変更。立ち上がりからボールの主導権を握ったブラジルだったが、パラグアイの組織的な守備攻略に手を焼く。 ▽それでも、ブラジルは36分、右サイドから斜めにドリブルを仕掛けたコウチーニョがバイタルエリア中央のパウリーニョとのワンツーで相手の守備ブロックを攻略。左足のシュートを放つ。これがゴールマウスの左下に吸い込まれ、ブラジルが先制する。 ▽1点リードで試合を折り返したブラジルは、51分にドリブルでボックス左に侵攻したネイマールが相手のファウルを受けてPKのチャンスを獲得。しかし、キッカーに名乗りを上げたネイマールのシュートは相手GKに読まれて追加点のチャンスを不意にしてしまう。 ▽それでも、ブラジルの絶対的エースが、64分に個人の力で汚名返上。左サイドからドリブルを仕掛けて突破すると、そのままゴール前まで持ち上がり、右足のシュートでネットを揺らした。 ▽これで完全に勢いづいたブラジルは、86分、味方のパスワークから3人目の動き出しでボックス左に抜け出したマルセロがトドメの一発。パラグアイに快勝したブラジルが破竹の8連勝を飾った。 2017.03.29 11:45 Wed
twitterfacebook
thumb

親友・ネイマールを絶賛するコウチーニョ「ボールを渡せば問題を解決してくれる」

▽リバプールのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョが同胞のバルセロナFWネイマールを賞賛した。『ESPN』が報じた。 ▽10代の頃からブラジル代表として共にプレーしてきたコウチーニョとネイマール。ピッチ外でも親友の関係にある両者だけに、最近はネイマールがコウチーニョをバルセロナに勧誘したと報じられるなど、強い絆で結ばれているようだ。 ▽リバプールでは好調を維持しているコウチーニョだが、よく知るネイマールのプレーは別格であるとコメント。よく知る親友を賞賛した。 「見てよ。ネイマールは僕たち全員が見られるように目立っている。彼はカギとなる試合を決められる選手の1人だ。彼は僕らのチームの基礎なんだ」 「僕たちは長い時間一緒にプレーしてきた。ユースレベルから一緒だよ。彼の隣でプレーすることは簡単だし、彼は簡単にゲームを変えられる」 「僕たちは彼にボールを渡す。そうすると、彼は問題を解決してくれるんだ」 2017.03.28 11:10 Tue
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース