超ワールドサッカー

【日本代表コラム】改善した左と生まれた幅2015.09.09 11:50 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽前日会見で「2つのポジションで先発が決まっていない」と語っていたハリルホジッチ監督のコメントを受け、多くの人が宇佐美の先発を予想しただろう。そういった意味で原口の起用は驚きだったが、その意図は明白だった。そして、原口も期待に応えるパフォーマンスを披露し、結果と内容を両立させることに成功した。

▽先日のカンボジア代表戦と今回のアフガニスタン代表戦で変わったことと言えば、まずは左サイドに原口が入ったこと。その原口は序盤からワイドに開いてボールを受け、そこからの仕掛けで攻撃の起点となった。そこが、カンボジア戦では早いタイミングでボックス内に入っていた武藤と異なるところ。件のカンボジア戦では、相手が5バックだったこともあるが、武藤や長友が早いタイミングで中に入りすぎたためにボックス内が渋滞し、クロスを簡単に跳ね返される要因の1つになっていた。

▽しかし、今回は原口がサイドに開いてボールを受けることで相手の守備ブロックも広がり、そこからスペースの空いたバイタルエリアに侵入することで効果的な攻撃を仕掛けることができた。実際、カットインから香川とのワンツーを狙ったことで結果的にDFのマークを引きつけることになり、その原口の動きを生かした香川が素早い反転からミドルシュートを突き刺して先制した。また、原口は中にスペースがないと判断すれば逆サイドにボールを展開し、カットインばかりでなく縦にも仕掛けるなど、攻撃の幅を広げることに一役買っていた。そして2点目も、原口の縦への仕掛けによって得たCKの流れから生まれた。

▽その他にも、カンボジア戦ではやや控えめだった森重が、積極的に持ち上がってミスを恐れずに両サイドの裏に長いボールを入れていた。精度を欠く部分もあったが、こういったボールを多用したことでアフガニスタンの守備ブロックは広がり、中央をより生かしやすい状況が生まれたように思う。もちろん、前述の2人だけでなく、2得点の香川も動きに躍動感があったし、出足の早さと球際の強さ、そして真骨頂でもある機を見た攻撃参加で得点にも絡んだ山口も存在感を示していた。

▽また、攻撃のバリエーションという意味では、セットプレーの形にも意図が感じられた。ニアでボールをすらし、中央とファーサイドに配した選手がタイミングをずらして入っていく形や、ボックス中央にスペースを作り、その空いたスペースを生かすサインプレーなど、いくつかの形を試していた。また、試したと言えば、練習でもやったことのない原口の右サイドバック起用もあった。ただ、彼に求められている役割を考えれば、もっと高い位置をとり続けても良かったように思う。

▽最終的に6-0という大差で勝利を収めたが、対戦国のレベルを考えれば大勝して当然の相手であり、当然の結果とも言える。やはり、問題は次のシリア代表戦。シリアはここまで3連勝で、勝ち点でも得失点差でも日本を上回っている。すでに引き分けが1つある日本としては、直接対決で優位に立たなければいけない。シリアとの過去の対戦を振り返っても楽な試合にはならないだろう。それでも、今回の一戦のようにピッチをワイドに使ってコンビネーションを交える形や、素早い攻守の切り替えを見せることができれば、結果はついてくるはずだ。
《超ワールドサッカー編集部・平野由倫》

コメント

関連ニュース

thumb

霜田氏も監督候補と報じられたタイ代表監督にライェバツ氏が就任…ガーナ代表やアルジェリア代表を指揮

▽タイサッカー協会は26日、タイ代表新監督にセルビア人指揮官のミロバン・ライェバツ氏(63)を招へいすることを発表した。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選で日本代表と同じグループBに属するタイだったが、7試合で勝ち点がわずかに1となりグループ最下位。W杯出場の可能性が潰え、3月にキャティサック・セーナムアン監督が辞任を発表していた。 ▽後任監督の候補には、かつてジュビロ磐田でもプレーしブラジル代表監督も務めた経験のあるドゥンガ氏や、日本サッカー協会で技術委員長を務めていた霜田正浩氏らが候補に挙がっていた。 ▽新指揮官に就任したライェバツ監督は、母国のFKボラツ・ツァツァクで監督としてのキャリアをスタート。その後はボスニア・ヘルツェゴビナやドイツ、セルビアなどでクラブチームを率い、2003-04シーズンからはレッドスター・ベオグラードで監督を務めていた。 ▽その後もクラブチームで監督を続けると、2008年8月からはガーナ代表監督に就任し2010年の南アフリカW杯で指揮。2010年9月からはカタール代表、2016年7月からはアルジェリア代表の監督を務めていたが、昨年10月に解任されていた。 2017.04.26 22:20 Wed
twitterfacebook
thumb

イラク代表のスワディ監督が解任…W杯予選では日本と同じグループBに所属

▽イラクサッカー協会(IFA)は10日、イラク代表を率いるラディ・スワディ監督(50)の解任を発表した。 ▽日本代表と同じグループBに属するイラクだが、3月のロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選でオーストラリアと1-1で引き分けたものの、アウェイでサウジアラビアに1-0で敗れグループ5位。数字上は可能性が残っているものの、W杯出場が非常に厳しい状況となっていた。 ▽IFAは今回の解任について「我々は結果に満足しておらず、コーチングチームを解任する。そして、外国人スタッフに置き換えられるだろう」と声明を発表。また、「IFAはイラク政府、イラクオリンピック委員会と協力し、監督交代に動く」としている。 ▽スワディ監督は、カタールSCやアル・ショルタSC(イラク)で指揮をトリ、2016年4月にイラク代表監督に就任。ロシアW杯アジア最終予選では、7試合を終えて1勝1分け5敗の成績だった。 ▽なお、グループBではUAE代表のマフディ・アリ監督、タイ代表のキャティサック・セーナムアン監督に次いで、3人目の監督交代となる。 2017.04.12 13:15 Wed
twitterfacebook
thumb

会長がアルゼンチン代表のバウサ監督解任を明言…後任はセビージャのサンパオリ監督か

▽アルゼンチン代表を率いるエドガルド・バウサ監督(59)が、9日に成績不振により解任された。『ESPN』など複数メディアが報じた。 ▽現役時代もアルゼンチン代表としてプレーし、2016年8月からアルゼンチン代表の指揮官に就任したバウサ監督。しかし、2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)出場を目指し、南米予選を戦っているアルゼンチンだが、現在5位と出場権を得られない順位に位置し、苦しい戦いが続いている。 ▽また、副審への暴言によりバルセロナのFWリオネル・メッシが4試合の出場停止処分を受けるなど、厳しい状況は重なり、3月の南米予選ではボリビア代表にアウェイで敗れていた。 ▽新たにアルゼンチンサッカー協会(AFA)の会長に就任したクラウディオ・タビア氏は9日、メディアの前でコメント。「バウサはもう代表チームの監督ではない」と語り、解任を明言した。 ▽後任には、セビージャを率いるホルへ・サンパオリ監督や、アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督が候補に挙がっているが、スペイン『マルカ』がサンパオリ監督がセビージャを離れることを報じており、AFAとセビージャの交渉次第では6月のブラジル代表との親善試合から指揮を執ることになりそうだ。 2017.04.11 11:02 Tue
twitterfacebook
thumb

解任も噂されたアルゼンチン代表のバウサ監督は続投か

▽アルゼンチンサッカー協会(AFA)は6日、アルゼンチン代表で指揮を執るエドガルド・バウサ監督(59)に関し、去就は保留となることを発表した。 ▽2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)出場を目指し、南米予選を戦っているアルゼンチンだが、現在5位と出場権を得られない順位に位置し、苦しい戦いが続いている。 ▽また、副審への暴言によりバルセロナのFWリオネル・メッシが4試合の出場停止処分を受けるなど、厳しい状況は重なり、先日はセビージャのホルヘ・サンパオリ監督を招へいするのではないかとの報道も出ていた。 ▽しかし、6日にAFAのクラウディオ・タピア会長がコメント。バウサ監督への信頼を示した。 「彼は今のナショナルチームを率いる監督だ。契約も残っている」 「我々は仕事を続けなければいけないし、お互いを理解しあわなければいけない」 「バウサはとても良い。私は他の誰も考えられない。AFAの会長だよ。契約している監督がここにいるんだ」 ▽アルゼンチン代表は、6月にオーストラリアでブラジル代表との国際親善試合を戦い、8月と9月にウルグアイ代表、ベネズエラ代表とのW杯予選を控えている。 2017.04.07 15:47 Fri
twitterfacebook
thumb

UAE戦を振り返るGK川島永嗣、試合後の涙は「死ぬまで忘れない涙」

▽メスの日本代表GK川島永嗣が30日に自身のブログを更新し、UAE戦を振り返って心境をつづった。 ▽今シーズンにフランスのメスに加入した川島だが、リーグ戦で1度もプレーしていない。実戦から遠ざかっている状況ながらも、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、3月の代表戦に川島を招集した。 ▽迎えた23日のロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のUAE戦では、川島が先発でゴールマウスを守ることに。すると1-0とリードした直後の前半20分にはマブフートとの一対一で冷静に対処するなど、2-0の勝利に大きく貢献した。 ▽続く28日に行われたタイ代表戦でも先発でピッチに立つと4-0で迎えた試合終盤にはPKストップを見せて、2試合共に完封勝利を収めた。 ▽川島はブログでUAE戦を振り返り「このUAEとのアウェイ、タイとのホームの2試合、勝てて本当に良かった。バカみたいな話ですが、UAE戦が終わった後は、ロッカールームに戻っても涙が止まりませんでした」とコメント。その理由として次のように続けた。 「昨シーズンは半年チームがなく、今シーズンもFC Metzと契約してから、1月のカップ戦まで試合に出ることができず、その後も試合に出ることはできていませんでした。リザーブチームで試合をしたり、とにかくトレーニングに励んだり、やれる事はすべてやってきました」 「1日1日が勝負。とはいえ、公式戦に出るのは夏から数えて2試合目。少しのディテール、1つのミスがワールドカップへ繋がるかどうかという試合の重みは、今までの経験上、いやという程分かっています。とにかく、自分が積み重ねていることを全力で出そう。そう思ってピッチに立ちました」 「いつも通り。でも試合が終わった後、いろんな想いが湧き上がってきました。試合に出られない日々、選手として表現する場所のないストレス、迷いを振り切り信じ続けること。うまくいかない時でも信じ続けてくれる人達のために、いつも応援してくれる人達のために、そしてすべてを分かち合ってくれている家族のために」 ▽また川島は今回の涙について「多分、この涙は死ぬまで忘れない涙だと思います」とコメント。さらに今季残りの試合に向けての意気込みもつづった。 「そしてまた、こちらでの勝負の日々が始まります。シーズンも残りわずか。でもこの1日1日の勝負の日々からしか、得られないものが今の自分にはあります」 「うまくいかない時もあるだろうし、辛いこともある。でも、その影には必ずそれ以上に値する価値のある種が隠れていると信じて、自分の道を信じて突き進んでいきたいと思います」 2017.03.31 15:59 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース