【日本代表コラム】改善した左と生まれた幅2015.09.09 11:50 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽前日会見で「2つのポジションで先発が決まっていない」と語っていたハリルホジッチ監督のコメントを受け、多くの人が宇佐美の先発を予想しただろう。そういった意味で原口の起用は驚きだったが、その意図は明白だった。そして、原口も期待に応えるパフォーマンスを披露し、結果と内容を両立させることに成功した。

▽先日のカンボジア代表戦と今回のアフガニスタン代表戦で変わったことと言えば、まずは左サイドに原口が入ったこと。その原口は序盤からワイドに開いてボールを受け、そこからの仕掛けで攻撃の起点となった。そこが、カンボジア戦では早いタイミングでボックス内に入っていた武藤と異なるところ。件のカンボジア戦では、相手が5バックだったこともあるが、武藤や長友が早いタイミングで中に入りすぎたためにボックス内が渋滞し、クロスを簡単に跳ね返される要因の1つになっていた。

▽しかし、今回は原口がサイドに開いてボールを受けることで相手の守備ブロックも広がり、そこからスペースの空いたバイタルエリアに侵入することで効果的な攻撃を仕掛けることができた。実際、カットインから香川とのワンツーを狙ったことで結果的にDFのマークを引きつけることになり、その原口の動きを生かした香川が素早い反転からミドルシュートを突き刺して先制した。また、原口は中にスペースがないと判断すれば逆サイドにボールを展開し、カットインばかりでなく縦にも仕掛けるなど、攻撃の幅を広げることに一役買っていた。そして2点目も、原口の縦への仕掛けによって得たCKの流れから生まれた。

▽その他にも、カンボジア戦ではやや控えめだった森重が、積極的に持ち上がってミスを恐れずに両サイドの裏に長いボールを入れていた。精度を欠く部分もあったが、こういったボールを多用したことでアフガニスタンの守備ブロックは広がり、中央をより生かしやすい状況が生まれたように思う。もちろん、前述の2人だけでなく、2得点の香川も動きに躍動感があったし、出足の早さと球際の強さ、そして真骨頂でもある機を見た攻撃参加で得点にも絡んだ山口も存在感を示していた。

▽また、攻撃のバリエーションという意味では、セットプレーの形にも意図が感じられた。ニアでボールをすらし、中央とファーサイドに配した選手がタイミングをずらして入っていく形や、ボックス中央にスペースを作り、その空いたスペースを生かすサインプレーなど、いくつかの形を試していた。また、試したと言えば、練習でもやったことのない原口の右サイドバック起用もあった。ただ、彼に求められている役割を考えれば、もっと高い位置をとり続けても良かったように思う。

▽最終的に6-0という大差で勝利を収めたが、対戦国のレベルを考えれば大勝して当然の相手であり、当然の結果とも言える。やはり、問題は次のシリア代表戦。シリアはここまで3連勝で、勝ち点でも得失点差でも日本を上回っている。すでに引き分けが1つある日本としては、直接対決で優位に立たなければいけない。シリアとの過去の対戦を振り返っても楽な試合にはならないだろう。それでも、今回の一戦のようにピッチをワイドに使ってコンビネーションを交える形や、素早い攻守の切り替えを見せることができれば、結果はついてくるはずだ。
《超ワールドサッカー編集部・平野由倫》

コメント

関連ニュース

thumb

セルティックのオーストラリア代表MFロジックが足首を手術…長期離脱でW杯最終予選も欠場へ

▽セルティックは9日、オーストラリア代表MFトーマス・ロジックの負傷を発表した。足首を手術したため、長期の離脱になるとのことだ。 ▽チームの発表によると、ロジックは昨年12月のダンディー戦で足首を負傷。その後、トレーニングセッション中に再び足首を負傷し、手術が必要になったとのことだ。 ▽セルティックのブレンダン・ロジャーズ監督は「チームとともにプレーするのを楽しみにしていたため、とても失望している。ただ、シーズンの終わりには戻って来るだろう」とコメント。長期離脱を嘆いていた。 ▽オーストラリア代表としてもプレーするロジックは、ロシア・ワールドカップ アジア最終予選でもプレー。ここまでの5試合全てに先発出場し、昨年10月に行われた日本代表戦(1-1のドロー)にもフル出場していた。なお、オーストラリアは現在グループBで3位に位置。3月にはイラク代表(5位)、UAE代表(4位)との試合が控えている。 2017.02.10 20:41 Fri
twitterfacebook
thumb

2018年ロシアW杯のGS組み合わせ抽選会開催日時が決定! 12月1日にモスクワで実施

▽国際サッカー連盟(FIFA)は24日、2018年に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)本大会の組み合わせ抽選会を12月1日に実施することを発表した。 ▽開催地は、ロシアのモスクワにある6000人収容可能なクレムリン大宮殿のコンサートホール。本大会に臨む32カ国は、この抽選会で8つのグループのいずれかに振り分けられる。 ▽なお、W杯本大会行きを懸けた予選は、各大陸で行われている真っ只中。アジア最終予選を戦う日本代表は現在、グループAで本大会出場圏内の2位につけている。 2017.01.25 17:45 Wed
twitterfacebook
thumb

アメリカ代表、アリーナ新監督招へいを正式発表! 2度目の代表監督就任

▽アメリカ合衆国サッカー連盟(USSF)は22日、ロサンゼルス・ギャラクシーを率いるブルース・アリーナ監督(65)が、アメリカ代表の新監督に就任することを発表した。『ESPN』などが伝えるところによれば、契約期間は18カ月か、2年間となる見込みだ。 ▽USSFは21日、2011年からアメリカ代表監督を率いたユルゲン・クリンスマン前監督(52)を解任していた。 ▽2013年のゴールドカップ優勝、2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)ではベスト16、2016年のコパ・アメリカ・センテナリオでは4位の成績を残していたクリンスマン前監督だったが、、2018年のロシアW杯の出場権を懸けた北中米カリブ海サッカー予選では、初戦のメキシコ代表戦、第2戦のコスタリカ代表戦で連敗。アウェイでのコスタリカ戦は4-0と完敗し、2試合を終えて最下位に低迷していた。 ▽アメリカ代表新監督就任が決定したアリーナ氏は、1998年から2006年まで8年間、同国代表を率い、2002年の日韓ワールドカップでは、アメリカ史上最高位となるベスト8進出を達成していた。 ▽なお、2008年からロサンゼルス・ギャラクシーを率いてきた同氏だが、USSFからの要請を受けて、ロサンゼルス・ギャラクシーが契約解除を受け入れた。 2016.11.23 04:10 Wed
twitterfacebook
thumb

クリンスマン監督が電撃解任…アメリカ代表はW杯予選2連敗で最下位スタート

▽アメリカ合衆国サッカー連盟(USSF)は21日、アメリカ代表を率いるユルゲン・クリンスマン監督(52)の解任を発表した。 ▽クリンスマン監督は、2011年7月にアメリカ代表の監督に就任。2013年のゴールドカップで優勝、2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)ではベスト16、2016年のコパ・アメリカ・センテナリオでは4位の成績を残していた。通算成績は55勝27分け16敗。 ▽しかし、2018年のロシアW杯の出場権を懸けた北中米カリブ海サッカー予選では、初戦のメキシコ代表戦、第2戦のコスタリカ代表戦で連敗。アウェイでのコスタリカ戦は4-0と完敗し、2試合を終えて最下位に位置している。 ▽なお、後任監督はまだ決定していないが、ロサンゼルス・ギャラクシーのブルース・アリーナ監督が就任する可能性があるようだ。 2016.11.22 12:17 Tue
twitterfacebook
thumb

【日本サッカー見聞録】サウジ戦での原口の成長

▽W杯アジア最終予選で日本代表は、グループB首位のサウジアラビアを2-1で下し、オーストラリアがタイと2-2で引き分けたため、サウジと同勝点の2位に浮上した。正直な感想としては、サウジもオーストラリアも「たいしたことはないチーム」という印象だ。むしろイラクに勝ってオーストラリアと同勝点で4位UAEの、オマル・アブドゥルラフマン(背番号10)と、日本戦ではFKとPKから2得点のアハメド・ハリル(背番号11)の方が、「個の強さ」による脅威を感じた。 ▽といったところでサウジ戦である。ハリルホジッチ監督は本田と香川、岡崎をスタメンから外し、久保と大迫、清武をスタメンに起用した。ベンチスタートとなったこれまでの主力を、「ジョーカー」と表現して起用したことは、いままでになかった発想だけに面白い。そしてサウジ戦では原口の決勝点で逃げ切ったが、試合後に原口の発言を聞いて、「やっとチームになった」と感じたものだ。 ▽ザッケローニ監督からアギーレ監督、そしてハリルホジッチ監督になっても、日本代表の攻撃陣は、ほぼ決まった顔ぶれだった。右MFは本田、トップ下は香川か清武、1トップは岡崎だ。唯一、ピースがハマらないのが左MFだった。 ▽遡ること2013年、ザッケローニ監督は東アジア・カップで左MFに原口、大迫、工藤、齋藤らをテストしてきた。その後も歴代監督は宇佐美や乾を同じポジションで起用したため、ポジション争いの無風な右MFやトップ下、1トップと違い、左MFは激戦区となった。その弊害として、左MFに起用された選手は結果を残そうと得点を求めるあまり、個人プレーに走っていた印象が強い。 ▽ジーコ・ジャパン時代から続く、日本代表のレギュラーになるためには「海外でプレーしなければいけない」という呪縛の悪弊だ。ようやくハリルホジッチ監督は、海外組に「試合に出られるチーム」への移籍を推奨したが、これも日本の実情を経験したからの発言だろう。 ▽話を原口に戻そう。東アジア・カップ以降、左MFに起用された選手は、誰もが結果を残そうと自身のゴールにこだわった。チーム内の競争は歓迎すべきところだが、その結果、パスを出していればというシーンでもエゴイストになりチャンスを潰していた。これはチーム作りの難しさでもある。 ▽そんな左MFに、今予選では原口がハマった。W杯の最終予選で4試合連続得点という記録もさることながら、サウジ戦の試合直後に「今日は勝点3が必要な試合だったので、それを達成できてよかったです。(ゴールは)コースは見えていた。ゴールはおまけなようなものです」と、自身のプレーではなくチームの勝利を優先した発言に、彼自身の成長を感じずにはいられなかった。原口の成長が日本を救ったと言っても過言ではないだろう。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2016.11.17 18:20 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース