【日本代表コラム】改善した左と生まれた幅2015.09.09 11:50 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽前日会見で「2つのポジションで先発が決まっていない」と語っていたハリルホジッチ監督のコメントを受け、多くの人が宇佐美の先発を予想しただろう。そういった意味で原口の起用は驚きだったが、その意図は明白だった。そして、原口も期待に応えるパフォーマンスを披露し、結果と内容を両立させることに成功した。

▽先日のカンボジア代表戦と今回のアフガニスタン代表戦で変わったことと言えば、まずは左サイドに原口が入ったこと。その原口は序盤からワイドに開いてボールを受け、そこからの仕掛けで攻撃の起点となった。そこが、カンボジア戦では早いタイミングでボックス内に入っていた武藤と異なるところ。件のカンボジア戦では、相手が5バックだったこともあるが、武藤や長友が早いタイミングで中に入りすぎたためにボックス内が渋滞し、クロスを簡単に跳ね返される要因の1つになっていた。

▽しかし、今回は原口がサイドに開いてボールを受けることで相手の守備ブロックも広がり、そこからスペースの空いたバイタルエリアに侵入することで効果的な攻撃を仕掛けることができた。実際、カットインから香川とのワンツーを狙ったことで結果的にDFのマークを引きつけることになり、その原口の動きを生かした香川が素早い反転からミドルシュートを突き刺して先制した。また、原口は中にスペースがないと判断すれば逆サイドにボールを展開し、カットインばかりでなく縦にも仕掛けるなど、攻撃の幅を広げることに一役買っていた。そして2点目も、原口の縦への仕掛けによって得たCKの流れから生まれた。

▽その他にも、カンボジア戦ではやや控えめだった森重が、積極的に持ち上がってミスを恐れずに両サイドの裏に長いボールを入れていた。精度を欠く部分もあったが、こういったボールを多用したことでアフガニスタンの守備ブロックは広がり、中央をより生かしやすい状況が生まれたように思う。もちろん、前述の2人だけでなく、2得点の香川も動きに躍動感があったし、出足の早さと球際の強さ、そして真骨頂でもある機を見た攻撃参加で得点にも絡んだ山口も存在感を示していた。

▽また、攻撃のバリエーションという意味では、セットプレーの形にも意図が感じられた。ニアでボールをすらし、中央とファーサイドに配した選手がタイミングをずらして入っていく形や、ボックス中央にスペースを作り、その空いたスペースを生かすサインプレーなど、いくつかの形を試していた。また、試したと言えば、練習でもやったことのない原口の右サイドバック起用もあった。ただ、彼に求められている役割を考えれば、もっと高い位置をとり続けても良かったように思う。

▽最終的に6-0という大差で勝利を収めたが、対戦国のレベルを考えれば大勝して当然の相手であり、当然の結果とも言える。やはり、問題は次のシリア代表戦。シリアはここまで3連勝で、勝ち点でも得失点差でも日本を上回っている。すでに引き分けが1つある日本としては、直接対決で優位に立たなければいけない。シリアとの過去の対戦を振り返っても楽な試合にはならないだろう。それでも、今回の一戦のようにピッチをワイドに使ってコンビネーションを交える形や、素早い攻守の切り替えを見せることができれば、結果はついてくるはずだ。
《超ワールドサッカー編集部・平野由倫》

コメント

関連ニュース

thumb

欧州予選プレーオフ最大の注目カードはスウェーデンvsイタリア《ロシアW杯欧州PO》

▽国際サッカー連盟(FIFA)は17日、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフの組み合わせ抽選会を実施した。 ▽欧州予選の各グループ2位に入った9カ国の内、最下位のスロバキアを除いた8カ国が進むプレーオフ。勝利した4カ国がW杯出場権を獲得する。 ▽16日に発表されたFIFAランキングから、スイス(11位)、イタリア(15位)、クロアチア(18位)、デンマーク(19位)がシード。北アイルランド(23位)、スウェーデン(25位)、アイルランド(26位)、ギリシャ(47位)がノーシードとなった。 ▽プレーオフの再注目カードは、スウェーデンvsイタリア。スウェーデンは3大会ぶり、イタリアは15大会連続の出場を懸けて戦う。また、スイスは北アイルランド、クロアチアはギリシャ、デンマークはアイルランドと対戦する。 ▽1stレグは11月の9日〜11日、2ndレグは11月12日〜14日に行われる。対戦カードは以下のとおり。 ◆ロシアW杯欧州予選プレーオフ 北アイルランド vs スイス クロアチア vs ギリシャ デンマーク vs アイルランド スウェーデン vs イタリア ◆日程 1stレグ:11月9〜11日 2ndレグ:11月12日〜14日 2017.10.17 21:40 Tue
twitterfacebook
thumb

日本はポット4が濃厚…ポット3入りの条件は4つ

▽国際サッカー連盟(FIFA)は16日、10月のFIFAランキングを発表した。日本は前回より4つランクを下げ、44位となった。 ▽今回のFIFAランキングは、12月1日に行われる、ロシア・ワールドカップの組み合わせ抽選会のポット分けに影響する。ポット分けはFIFAランキングの上位から8カ国ずつが4つ分類され、開催国であるロシア(65位)のみ、FIFAランキングに関係なくポット1に入る。 ▽現時点で出場32カ国中、出場が決定しているのは23カ国。ここに、アフリカ予選の残り3カ国、欧州予選のプレーオフを勝ち抜く4カ国、南米5位のペルーvsオセアニア王者のニュージーランド、北中米カリブ海4位のホンジュラスvsアジアPOを勝ち抜いたオーストラリアの勝者の9カ国が加わることとなる。 ▽今回発表されたランキングを元にポット分けを予想すると、日本は限りなくポット4に入ることとなるだろう。出場が確定している国で、日本よりFIFAランキングが低いのは、パナマ(49位)、韓国(62位)、サウジアラビア(63位)の3カ国のみ。また、アフリカ予選で同グループのモロッコ(48位)、コートジボワール(61位)は、どちらが出場となっても日本よりランキングは下となる。日本以下のW杯出場国(可能性がある国を含む)のランキングは以下の通り。 ◆FIFAランキング 44.日本 47.ギリシャ※1 48.モロッコ※2 49.パナマ 55.ブルキナファソ※3 61.コートジボワール※2 62.韓国 63.サウジアラビア 64.カーボベルデ※3 69.ホンジュラス※4 74.南アフリカ※3 122.ニュージーランド※5 ※1…欧州予選プレーオフ ※2…アフリカ予選で同グループ ※3…アフリカ予選で同グループ。32位のセネガルが首位 ※4…43位のオーストラリアとの大陸間プレーオフ ※5…10位のペルーとの大陸間プレーオフ ▽上記の通り、日本はギリギリでポット3に入る可能性が残されている。しかし、下記の4つの条件が揃わない限り、日本はポット4入りが決定する。 1.ギリシャが欧州予選プレーオフを勝ち抜く 2.ニュージーランドが大陸間プレーオフを勝ち抜く 3.ホンジュラスが大陸間プレーをオフを勝ち抜く 4.アフリカグループDでブルキナファソ or カーボベルデ or 南アフリカが首位 ▽欧州予選プレーオフギリシャの相手になるのは、スイス(11位)、イタリア(15位)、クロアチア(18位)、デンマーク(19位)の4カ国。いずれも強敵だ。 ▽ニュージーランドの大陸間プレーオフの相手は南米5位で、FIFAランキング10位のペルー。2010年の南アフリカW杯は、バーレーンとの大陸間プレーオフを制して、本大会出場を決めている。2014年のブラジルW杯はメキシコとの大陸間プレーオフに敗れて出場はならなかったが、今回はどうなるのか。 ▽ホンジュラスの相手は、日本とアジア予選を戦った43位のオーストラリアだ。どちらも連続でのW杯出場を目指している。拮抗した試合になる可能性が高い。 ▽そしてアフリカ予選グループDは、セネガルが2試合を残して勝ち点差2の首位。セネガルの残り2試合は最下位の南アフリカだが、南アフリカも連勝すれば逆転でのW杯出場の可能性がある。 ▽4つの条件を満たす可能性はゼロではないが、1つでも達成されなければポット4となる。果たしてどのような結果になるのか。11月のW杯予選、プレーオフで全てが決着する。 2017.10.16 19:25 Mon
twitterfacebook
thumb

ベイル、ロッベン、サンチェスら…豪華過ぎる“W杯で見られない”11名

▽来年開催のロシア・ワールドカップ(W杯)出場国32カ国中23カ国が、この10月の代表ウィークで決定した。イギリス『スカイ・スポーツ』は、予選で姿を消した国々の“W杯で見られない11名”をベストイレブン形式で紹介している。 ▽メンバーを見ると、MFガレス・ベイルやFWアリエン・ロッベン、GKヤン・オブラクを筆頭に錚々たる面々。あと9カ国の出場枠を懸けて、欧州予選プレーオフなども控えているだけに、今後もロシア行きを絶たれる名プレーヤーが出てきそうだ。 ▽なお、記載されたメンバーの他にも、MFミラレム・ピャニッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ/ユベントス)や、MFマレク・ハムシク(スロバキア/ナポリ)、FWクリスティアン・プリシッチ(アメリカ/ドルトムント)の不参加が確定している。 ◆“ロシアW杯で見られない”ベストイレブン GK ヤン・オブラク(スロベニア/アトレティコ・マドリー) DF アントニオ・バレンシア(エクアドル/マンチェスター・ユナイテッド) ヴィルヒル・ファン・ダイク(オランダ/サウサンプトン) ダビド・アラバ(オーストリア/バイエルン) MF ヘンリク・ムヒタリアン(アルメニア/マンチェスター・ユナイテッド) アルトゥーロ・ビダル(チリ/バイエルン) アリエン・ロッベン(オランダ/バイエルン) リヤド・マフレズ(アルジェリア/レスター・シティ) FW ガレス・ベイル(ウェールズ/レアル・マドリー) アレクシス・サンチェス(チリ/アーセナル) ピエール=エメリク・オーバメヤン(ガボン/ドルトムント) 2017.10.14 08:45 Sat
twitterfacebook
thumb

チリ代表がW杯出場逃したのは必然? 前指揮官サンパオリは2年前から警鐘

▽コパ・アメリカ・センテナリオ王者がワールドカップ(W杯)の出場権を逃したのは、必然だったのかもしれない。前指揮官であり、今はアルゼンチン代表を率いるホルヘ・サンパオリが過去に警鐘を鳴らしていた。スペイン『アス』が報じている。 ▽サンパオリ監督は、2012年にチリ代表の指揮官に就任し、2015年に行われたコパ・アメリカでは、大会初優勝に導いた。しかし2016年1月にチリサッカー連盟から契約の解消が発表され、同年6月にはセビージャの指揮官に就任。2017年からはアルゼンチン代表監督を務めている。 ▽サンパオリ監督が去った後もチリ代表は、2016年のコパ・アメリカ・センテナリオで優勝を果たすなど結果を残してきた。しかし来年行われるロシア・ワールドカップ(W杯)の出場権がかかった南米予選の最終節でブラジル代表に0-3と完敗。この結果、前節まで3位だったものの最終節を終えて6位となり、W杯出場は叶わなかった。 ▽『アス』によると、チリ代表のこの事態は以前から予見できたという。アルゼンチン代表を率いてロシアW杯の出場権を獲得したサンパオリ監督は、2015年の時点でチーム内に蔓延する“気の緩み”を指摘していたようだ。 「アルトゥーロ・ビダルは医者を必要とするレベルだ。それほどお酒が大好きで、自己管理ができていない。以前にリマから戻る飛行機の中で、彼は私にビールを差し出して『飲むか?』と聞いてきた。私はそれを断ったが、彼はさらにウイスキーも手にしていた」 「ガリー・メデルは外出して楽しい時間を過ごしてきた。もうお酒は飲めないようだったね。エドゥアルド・バルガスは、チリに戻ってくるたびに酷い有様になっていた。マティアス・フェルナンデスは、もはや代表チームでプレーすべきレベルではなかった」 「マウリシオ・ピニージャに至っては、常にパーティーのことしか頭にない。アレクシス・サンチェスはヘッドホンを携帯し、食事の時ですら話をしない」 ▽さすがにこんな代表ではW杯出場を逃したとしても仕方ないだろう――。 2017.10.13 18:39 Fri
twitterfacebook
thumb

ヤヤ・トゥーレがロシアW杯での人種差別対策に名乗り「助けたい」

▽マンチェスター・シティの元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレが、FIFA(国際サッカー連盟)とロシア政府に対して提言。人種差別の抑制に協力したいとアピールした。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽ロシアサッカーは、2014年から2016年にかけて、人種差別や差別的な行為を100件以上も報告。長年にわたり、人種差別主義に悩まされ続けている。 ▽2018年にはワールドカップが開催されるが、多くの人種がロシアに集まることとなる。ヤヤ・トゥーレは、ロシアの現状に警鐘を鳴らし、人種差別抑止に協力すると名乗り上げた。 「みんながロシアについて話をしている。少し難しいことかもしれないが、僕はロシアが何かを素晴らしいものにするとトライし、みんなを驚かせてくれることを望んでいる」 「僕は西ヨーロッパに移籍する前、ウクライナやロシアでプレーしていた。ロシアは、第2の祖国のようだよ。僕はロシア語を上手に話せるからね」 「FIFAに言いたい。そして、ロシア政府にもだ。もし、僕を必要とするなら、助けられることはある。僕は話すだけに留まりたくない。僕は行動を起こし、人々を本当に助けたい」 「これらのことは、フットボールの将来に関してとても重要なことだ。僕たちは変化を見る必要がある。人々は話し合っているが、本当に何か世話をしたことはない。僕が何を意味するかが分かるはずだ」 「何人かの選手を関わらせることはとても重要なことであり、もし僕が関わるのであれば喜んでやるよ。僕はいつでも電話に出る準備はできている」 2017.10.13 12:30 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース