超ワールドサッカー

【日本代表コラム】起点になった右とちぐはぐな左2015.09.04 13:36 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽このところの練習で取り組んでいたというサイド攻撃で何度も形は作ったが、特に前半はそのほとんどが右サイドからだった。最後のクロスが少し単調ではあったが、本田と酒井宏、そこに長谷部や香川が絡んだコンビネーションや動きからゴールに迫る場面を何度か作りだした。ただ、前述したように、ボックス中央に放り込まれるクロスが合うことはほぼなかった。ボックス内には多くの選手がひしめき、そこに淡々と送られるクロスは、ことごとくクリアされた。

▽それでも、ワンツーなどのコンビネーションで攻撃の起点となっていた右サイドに対し、より深刻だったのが、マインツでの活躍を受けて先発に抜擢されたFW武藤と、ハリルホジッチ監督の下では初出場となるDF長友の左サイドだ。並々ならぬ意気込みを見せていた2人だったが、その意気込みが逆効果となった印象を受けた。武藤と長友の2人はゴールに向かう意識が強く、右サイドで攻撃に詰まったときにやり直そうとボランチまでボールを下げても、ボックス内に武藤と長友の姿があり、揃ってクロスを待ち構えているという場面が散見された。

▽もちろん、その全てを否定するわけではないが、特にヘディングが強いわけでもない長友がボックス内に居続ければ、もれなくマーカーも付いてくるため、ボックス内のスペースは埋まり、渋滞の原因となる。流れの中で中央に入ることもあるだろうが、すぐにサイドに開き、幅を取った方が攻撃の幅も生まれただろう。ボックス内に留まる長友に、正直怖さは感じなかった。

▽武藤にしても、ゴール前に入っていくタイミングが早すぎた印象だ。サイドで呼び込んでから中に入っていく動きを見せた方が、相手DFにとっては対処が難しかったと思う。実際、代わって入ったFW宇佐美は、サイドから仕掛けつつワンツーなどでボックス内に侵入してチャンスを作り出していた。武藤には、所属クラブと代表で異なる役割を担う難しさもあるだろうが、サイドのポジションは彼が好んでいる場所であり、畑違いの仕事というわけでもないはずだ。

▽また、本田にボールが入ると大外を酒井宏が上がる右サイドに比べ、左サイドは長友にボールが渡る頃には武藤が中に入っているため、長友が独力で仕掛ける場面が多かった。2人の距離感は悪く、コンビネーションで局面を打開する場面はあまり見られなかった。個人的に、長友は個人で打開するほどの突破力やシュート力を持っているは思っていない。武藤がある程度の距離を保ってパスを引き出し、長友を使う形を増やした方が効果的な攻撃を仕掛けられたのではないかと感じている。

▽それは指揮官も感じていたようで、香川を左サイドに出して岡崎と武藤の2トップにしてからの方がよりスムーズな攻撃が展開できていたと思うし、宇佐美が入ってからも同様の展開がみられた。6月のシンガポール代表戦からの流れもあったとは思うが、カンボジア代表戦は少し攻撃を急ぎすぎていた印象が強い。8日のアフガニスタン代表戦も、おそらくは日本が主導権を握る時間が多くなるだろう。試合を見る限り海外組のコンディションにはバラつきが見られたため、数人の入れ替えが行われる可能性もあるが、武藤、長友の2人が起用された際には、左サイドの動きに注目したい。
《超ワールドサッカー編集部・平野由倫》

コメント

関連ニュース

thumb

U-20W杯直前のU-20日本代表、エコパでU-20ホンジュラス代表と激突《国際親善試合》

▽日本サッカー協会(JFA)は27日、5月15日に静岡県のエコパスタジアムで行われる国際親善試合でU-20ホンジュラス代表と対戦することを発表した。夜開催の同試合は、入場料無料となっている。 ▽U-20日本代表は5月2日、2007年のカナダ大会以来5大会ぶり9度目の世界大会出場となるFIFA U-20ワールドカップ(W杯)韓国2017に臨むメンバー21名を発表。グループリーグでは南アフリカ、イタリア、ウルグアイと同居する。 ▽なお、U-20日本代表は11日から同大会に向けた合宿が行われる予定だ。 2017.04.28 21:30 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FMユースのFW棚橋尭士がケガのためU-17日本代表のギニア・UAE遠征を辞退

▽日本サッカー協会は28日、ギニア・UAE遠征に臨むU-17日本代表に招集されていた横浜F・マリノスユースのFW棚橋尭士が不参加になることを発表した。 ▽棚橋はケガのために不参加となり、追加招集は行わないとのことだ。 ▽U-17日本代表は、今回の遠征でU-17ギニア代表と2試合、U-18UAE代表と1試合の国際親善試合を戦う。 <span style="font-weight:700;">◆U-17日本代表メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> 12.<span style="font-weight:700;">大内一生</span>(横浜FCユース) 1.<span style="font-weight:700;">谷晃生</span>(ガンバ大阪ユース) <span style="font-weight:700;">DF</span> 2.<span style="font-weight:700;">菊地健太</span>(JFAアカデミー福島U18) 19.<span style="font-weight:700;">久米航太郎</span>(徳島ヴォルティスユース) 16.<span style="font-weight:700;">監物拓歩</span>(清水エスパルスユース) 5.<span style="font-weight:700;">瀬古歩夢</span>(セレッソ大阪U-18) 7.<span style="font-weight:700;">菅原由勢</span>(名古屋グランパスU-18) 3.<span style="font-weight:700;">小林友希</span>(ヴィッセル神戸U-18) 17.<span style="font-weight:700;">藤井陽也</span>(名古屋グランパスU-18) <span style="font-weight:700;">MF</span> 6.<span style="font-weight:700;">桝谷岳良</span>(川崎フロンターレU-18) 8.<span style="font-weight:700;">奥野耕平</span>(ガンバ大阪ユース) 4.<span style="font-weight:700;">平川怜</span>(FC東京U-18) 15.<span style="font-weight:700;">郡司篤也</span>(市立船橋高校) 10.<span style="font-weight:700;">福岡慎平</span>(京都サンガF.C.U-18) 18.<span style="font-weight:700;">森田晃樹</span>(東京ヴェルディユース) <span style="font-weight:700;">FW</span> 9.<span style="font-weight:700;">山田寛人</span>(セレッソ大阪U-18) 11.<span style="font-weight:700;">宮代大聖</span>(川崎フロンターレU-18) <span style="text-decoration: line-through;font-weight:700;">14.棚橋尭士(横浜F・マリノスユース)</span>※ケガのため 13.<span style="font-weight:700;">中村敬斗</span>(三菱養和SCユース) 2017.04.28 21:22 Fri
twitterfacebook
thumb

限定2万枚! “ジョホールバルの歓喜”で着用した日本代表ユニをアディダスが現代的にリデザインして復刻発売!

▽あの画像の全貌が明らかになった。マルチスポーツブランドのアディダス ジャパンは27日、日本代表が初めてワールドカップ(W杯)出場を決めた1997年から今年で20周年目を迎えるにあたり、“FIFA ワールドカップ初出場決定20周年メモリアルユニフォーム”の発売を発表した。 ▽1997年11月16日、マレーシアのジョホールバルで歴史的な出来事が起きた。サッカー好きであれば、一度は耳にしたことがあるであろう“ジョホールバルの歓喜”。日本が初めてW杯出場を決めたイラン代表戦に多くの日本サッカーファンが歓喜した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/ad20170426_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽アディダス ジャパンは今回、その試合で着用した印象的なユニフォームを現代的にリデザインし、現行モデルのテクノロジーをそのままに進化させたメモリアルユニフォームを発売。先行画像で見られた袖にあしらったアイコニックな炎のデザインと襟元のジャパンレッドのデザインは、サッカー日本代表の情熱と世界の舞台で躍動する姿を表している。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/ad20170426_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>▽また、胴体脇には、アディダスの象徴的デザインのスリーストライプスをプリントし、現代のリニューアルを遂げた。発売は5月1日 0時から2万枚限定で発売。オーセンティックユニフォーム(半袖)[画像左]は1万4000円(税抜)、レプリカユニフォーム(半袖)は8990円(税抜)で発売。また、KIDS用のレプリカユニフォーム(半袖)[画像右]は6900円(税抜)となっており、ショーツやソックス、GKモデルは発売されない。 2017.04.27 09:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ギニア・UAE遠征に臨むU-17日本代表メンバーが発表《ギニア・UAE遠征》

▽日本サッカー協会(JFA)は26日、ギニア・UAE遠征に臨むU-17日本代表メンバーを発表した。 ▽今回のメンバーには、FC東京U-18のMF平川怜や京都サンガF.C.U-18のMF福岡慎平、セレッソ大阪U-18のDF瀬古歩夢らが順当に選出されている。 ▽U-17日本代表は、今回の遠征でU-17ギニア代表と2試合、U-18UAE代表と1試合の国際親善試合を戦う。今回発表されたメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆U-17日本代表メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> 12.<span style="font-weight:700;">大内一生</span>(横浜FCユース) 1.<span style="font-weight:700;">谷晃生</span>(ガンバ大阪ユース) <span style="font-weight:700;">DF</span> 2.<span style="font-weight:700;">菊地健太</span>(JFAアカデミー福島U18) 19.<span style="font-weight:700;">久米航太郎</span>(徳島ヴォルティスユース) 16.<span style="font-weight:700;">監物拓歩</span>(清水エスパルスユース) 5.<span style="font-weight:700;">瀬古歩夢</span>(セレッソ大阪U-18) 7.<span style="font-weight:700;">菅原由勢</span>(名古屋グランパスU-18) 3.<span style="font-weight:700;">小林友希</span>(ヴィッセル神戸U-18) 17.<span style="font-weight:700;">藤井陽也</span>(名古屋グランパスU-18) <span style="font-weight:700;">MF</span> 6.<span style="font-weight:700;">桝谷岳良</span>(川崎フロンターレU-18) 8.<span style="font-weight:700;">奥野耕平</span>(ガンバ大阪ユース) 4.<span style="font-weight:700;">平川怜</span>(FC東京U-18) 15.<span style="font-weight:700;">郡司篤也</span>(市立船橋高校) 10.<span style="font-weight:700;">福岡慎平</span>(京都サンガF.C.U-18) 18.<span style="font-weight:700;">森田晃樹</span>(東京ヴェルディユース) <span style="font-weight:700;">FW</span> 9.<span style="font-weight:700;">山田寛人</span>(セレッソ大阪U-18) 11.<span style="font-weight:700;">宮代大聖</span>(川崎フロンターレU-18) 14.<span style="font-weight:700;">棚橋尭士</span>(横浜F・マリノスユース) 13.<span style="font-weight:700;">中村敬斗</span>(三菱養和SCユース) 2017.04.26 20:05 Wed
twitterfacebook
thumb

青い生地&右袖に「炎」…アディダスから送られてきた1枚の画像とは

▽25日、アディダスが1枚の画像を公開した。 ▽アディダス フットボールの公式ツイッターでは、先週末から「あの日の炎は、消えたのか。」をキーコピーとしたツイートを投稿。21日には香川真司の写真とともに「暑苦しいまでに貪欲だった頃の日本を思い出せ。」、22日には清武弘嗣の写真とともに「20年前から、テクニックも組織力も向上した。がむしゃらさはどうだ。」と投稿していた。 ▽今回アディダスから送られてきた1枚の画像は、何かのユニフォームの右袖の部分のみ。ブルーのユニフォームに、ツイートのキーコピーである「あの日の炎は、消えたのか。」と同じ炎のモチーフがあしらわれ、まるで約20年前に見た覚えのあるユニフォームを連想させるものとなっている。 ▽ちょうど20年前と言えば、日本全国が歓喜に包まれた瞬間を思い出す。奇跡のゴールに日本中のサッカーファンが歓喜したはず。アディダス フットボールの公式ツイッターでは「あんなに遠かった一点はなかった。あんなに歓喜した一点もなかった」のメッセージとともに、「14 OKANO」と背中に刻まれた画像が投稿されている。 ▽この画像についての詳細情報は一切公開されていないものの、長らくサッカーを見てきた人ならピンと来るものがあるはずだ。画像の詳しい情報は後日公開予定となっており、続報を待ちたい。 2017.04.25 00:00 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース