【日本代表コラム】起点になった右とちぐはぐな左2015.09.04 13:36 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽このところの練習で取り組んでいたというサイド攻撃で何度も形は作ったが、特に前半はそのほとんどが右サイドからだった。最後のクロスが少し単調ではあったが、本田と酒井宏、そこに長谷部や香川が絡んだコンビネーションや動きからゴールに迫る場面を何度か作りだした。ただ、前述したように、ボックス中央に放り込まれるクロスが合うことはほぼなかった。ボックス内には多くの選手がひしめき、そこに淡々と送られるクロスは、ことごとくクリアされた。

▽それでも、ワンツーなどのコンビネーションで攻撃の起点となっていた右サイドに対し、より深刻だったのが、マインツでの活躍を受けて先発に抜擢されたFW武藤と、ハリルホジッチ監督の下では初出場となるDF長友の左サイドだ。並々ならぬ意気込みを見せていた2人だったが、その意気込みが逆効果となった印象を受けた。武藤と長友の2人はゴールに向かう意識が強く、右サイドで攻撃に詰まったときにやり直そうとボランチまでボールを下げても、ボックス内に武藤と長友の姿があり、揃ってクロスを待ち構えているという場面が散見された。

▽もちろん、その全てを否定するわけではないが、特にヘディングが強いわけでもない長友がボックス内に居続ければ、もれなくマーカーも付いてくるため、ボックス内のスペースは埋まり、渋滞の原因となる。流れの中で中央に入ることもあるだろうが、すぐにサイドに開き、幅を取った方が攻撃の幅も生まれただろう。ボックス内に留まる長友に、正直怖さは感じなかった。

▽武藤にしても、ゴール前に入っていくタイミングが早すぎた印象だ。サイドで呼び込んでから中に入っていく動きを見せた方が、相手DFにとっては対処が難しかったと思う。実際、代わって入ったFW宇佐美は、サイドから仕掛けつつワンツーなどでボックス内に侵入してチャンスを作り出していた。武藤には、所属クラブと代表で異なる役割を担う難しさもあるだろうが、サイドのポジションは彼が好んでいる場所であり、畑違いの仕事というわけでもないはずだ。

▽また、本田にボールが入ると大外を酒井宏が上がる右サイドに比べ、左サイドは長友にボールが渡る頃には武藤が中に入っているため、長友が独力で仕掛ける場面が多かった。2人の距離感は悪く、コンビネーションで局面を打開する場面はあまり見られなかった。個人的に、長友は個人で打開するほどの突破力やシュート力を持っているは思っていない。武藤がある程度の距離を保ってパスを引き出し、長友を使う形を増やした方が効果的な攻撃を仕掛けられたのではないかと感じている。

▽それは指揮官も感じていたようで、香川を左サイドに出して岡崎と武藤の2トップにしてからの方がよりスムーズな攻撃が展開できていたと思うし、宇佐美が入ってからも同様の展開がみられた。6月のシンガポール代表戦からの流れもあったとは思うが、カンボジア代表戦は少し攻撃を急ぎすぎていた印象が強い。8日のアフガニスタン代表戦も、おそらくは日本が主導権を握る時間が多くなるだろう。試合を見る限り海外組のコンディションにはバラつきが見られたため、数人の入れ替えが行われる可能性もあるが、武藤、長友の2人が起用された際には、左サイドの動きに注目したい。
《超ワールドサッカー編集部・平野由倫》

コメント

関連ニュース

thumb

【日本代表コラム】Jリーグでのプレーによる弱点が見え隠れした北朝鮮戦

▽6月に開幕するロシア・ワールドカップに向けた最後のアピールチャンスとなるEAFF E-1サッカー選手権。日本代表は、初戦の北朝鮮代表戦で薄氷の勝利を収めた。結果だけを見れば、終了間際のラストプレーで挙げたゴールで1-0の勝利と厳しい評価を下すこともできる。 ▽しかし、状況を考えればしっかりと勝利を収めたこと、そしてデビュー戦となった選手における収穫があった試合と言える。Jリーグ勢が世界で戦うために必要なことも明確になっただろう。 <span style="font-weight:700;">◆明暗分かれたデビュー戦</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171210_1000_tw2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽この試合で最もインパクトを残したのは、日本代表初出場となった柏レイソルのGK中村航輔だ。説明の必要もないだろうが、この試合の中村は北朝鮮の決定的なシュートを連続してセーブ。日本のクリーンシートに大きく貢献し、土壇場での勝利を呼び込むプレーを見せていた。 ▽日本代表デビュー戦ということを考えれば、緊張をしてもよかったはず。しかし、中村のプレーぶりは通常運転そのもの。セービングだけでなく、セットプレー時の指示なども、柏で見せるものと変わりなかった。特筆すべきはポジショニングの良さだろう。好セーブを連発したことはポジショニグも関係しており、自身の力を発揮したと言える。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171210_1000_tw3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽そしてもう1人、途中出場となったFW伊東純也(柏レイソル)も持ち味を発揮していた。右サイドに入った伊東は、縦への仕掛け、そして右サイドの守備でも貢献。左サイドで組み立てる時間が多かった前半に比べ、日本が右サイドを使うこともできた。北朝鮮が引いていたこともあり、前半はスペースがあまりなかったが、伊東のプレーの選択も含め、右サイドを活性化できたのはプラス材料だ。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171210_1000_tw4.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽一方で、DF室屋成(FC東京)、MF阿部浩之(川崎フロンターレ)はもう少し良さを出すこともできただろう。室屋はいきなりの先発デビューとなり、ポジショニングの良さなどを見せていた。しかし「5、6回不要なファールをしています。もちろん、アピールしたいというところでのファールだったのでしょうが、未熟さも出たかと思います」とヴァイッド・ハリルホジッチ監督が試合後に語ったように、不慣れな部分も出ていた。それでも、ポテンシャルの高さは感じさせた場面は随所にあり、連係が上がれば攻撃面でも違いを出せるだろう。 ▽阿部はプレー時間が短かった部分もあるが、左サイドバックのDF車屋紳太郎、トップ下のFW小林悠とは川崎フロンターレでもチームメイト。左サイドを中心にもう少し違いを生み出せることが期待された。決勝点に繋がったシーンでは、FW川又堅碁(ジュビロ磐田)への絶妙なパスを出したが、もう少し長い時間のプレーが見たいところだ。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171210_1000_tw9.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽久々の代表戦となったDF谷口彰悟(川崎フロンターレ)はまずまずの出来だった。谷口は対応を誤るシーンも多少はあったが、DF昌子源(鹿島アントラーズ)との補完性は高く、無失点で試合を終えられたことはプラスだ。FW金崎夢生(鹿島アントラーズ)はポストプレー、サイドに流れてスペースを空ける動きと従来のプレーを見せていた。ハリルホジッチ監督の要求とは少し違ったようだが、持ち味は出せていた。 <span style="font-weight:700;">◆Jリーグでのプレーによる弱点</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171210_1000_tw5.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽Jリーガーで構成される今回の日本代表。初めて日本代表に招集され、連係がままならないという点も考慮すべき部分はたくさんある。しかし、北朝鮮戦では機になるシーンがあった。1つはリスクを冒すパスを出せないことだ。 ▽この試合では前半、金崎が1トップに、トップ下にMF高萩洋次郎(FC東京)、右サイドに小林、左サイドにMF倉田秋(ガンバ大阪)が入った。[4-5-1]で2列のブロックを敷く北朝鮮に対し、高萩が間に入ってボールを受けようとしていた。そして、金崎もライン間でポストプレーを、小林はラインの裏への動きを繰り返していた。しかし、後方から3名にパスが入るシーンはほとんどなかった。 ▽基本的な攻撃は左サイドから。車屋が高い位置を取り、倉田とともにボールを運んで組み立ててていく。しかし、効果的なボールが入ることは少なく、時間をかけている間に北朝鮮のブロックが形成されていった。「縦に早いサッカー」ということをハリルホジッチ監督は予てから口にしていたが、その部分が見られるシーンは少なかった。前半では15分に今野からの縦パスを金崎がフリック。倉田はオフサイドとなったが、形としては素晴らしかった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171210_1000_tw7.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽鍵を握るのは「ボランチ」に入る選手になるだろう。Jリーグを見ていても、効果的に「縦パス」を入れられる選手は少ない。そして、裏を狙うボール、サイドで作った上での逆サイドへの展開というものも、あまり見られるものではない。北朝鮮戦でも、サイドチェンジなどをする場面は見られたが、パススピードが遅かったり、パスが前に出ないためにスピードダウンしたりと、効果的なプレーにつながるシーンが少なかった。 ▽ワールドカップで戦うことを考えれば、ピッチ上でのスピードアップやリスクを負った仕掛けというのが必要となる。Jリーグでもトップクラスの選手が集まったチーム。連係面が不足しているとはいえ、リスクを冒すプレーがあまりにも少なく感じた。普段から行えていないことは、指示を出されていてもなかなか簡単にできるものではない。中国、韓国との2試合では、イニシアチブを握るという意味でも、リスクを冒したプレーが見たいところだ。 <span style="font-weight:700;">◆即効性はなくとも継続が重要</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171210_1000_tw8.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽残りは2試合、チームとしての活動も限られたものがある。最大の目標はロシア・ワールドカップで結果を残すこと。しかし、その先も日本サッカーは止まることなく、世界と戦う場で結果を残すことを目標に進んでいく。 ▽そういった面で考えれば、Jリーガーが普段のプレーで足りていない部分を感じること、そして国際舞台でプレーすることで感じるものはプラスに働くはず。ワールドカップに向けたメンバー選考の場であることには変わりないが、日本サッカー、Jリーグの底上げのためにも重要な機会となる。 ▽「次の試合では選手を入れ替えながらやっていきたいと思っています」とハリルホジッチ監督が語っているだけに、次の中国戦では北朝鮮戦とは違うメンバーが名を連ねるだろう。その結果、連係面は上がらない可能性はあるが、積み上げたものは無駄にはならないだろう。選手の能力は高い。あとは、そこにどれだけ対応できるか。今大会を通じて、Jリーガー勢がどこまでアジャストしていけるのか、注目していきたい。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2017.12.10 23:55 Sun
twitterfacebook
thumb

【アンケート結果】北朝鮮に辛勝の日本…最高点は低調な攻撃陣を救ったGK中村航輔!

▽超WS有料版で実施していた9日のEAFF E-1カップ、北朝鮮代表戦における日本代表の採点アンケート結果を発表します。 ▽2年に一度開催される東アジアの王者を決める大会EAFF E-1カップ。欧州リーグ真っ只中行われるため、代表のメンバー構成はJリーグで活躍する選手ばかり。またワールドカップを目前に控えたこの大会は、J選手が監督に自分をアピールできるほぼ最後のチャンス。 ▽普段とは違った雰囲気を持つE-1カップ初戦の相手は北朝鮮。未知数な相手との試合になる中、日本は相手の徹底した守りに苦しみます。前半は左サイドを突破口に崩しにかかった日本ですが、連係が噛み合わずゴールレスで後半を迎えます。後半は北朝鮮に攻め込まれる時間が多く、その度にGK中村航輔のビッグセーブが光りました。このまま終わるかに思われた後半アディショナルタイム。井手口陽介の値千金の決勝弾が飛び出し、日本が辛くも北朝鮮に1-0で勝利を収めました。 ▽今回の採点では、やはりスーパーセーブ連発の守護神・中村に高い評価が集まり、GKでは珍しい【7.5】という最高評価が付きました。次に高かったのは唯一ゴールを決めた井手口の【6.5】。今回は決勝弾の井手口より、無失点に抑えた中村が好評価を得る結果となりました。 ▽そのほか、アシストした今野泰幸が【5.8】。ゴールとはならなかったものの強烈なヘディングシュートを見舞った川又堅碁が【5.7】という評価に。軒並み平均点周りに収まった評価ですが、攻撃のタクトを振るいながらも得点に結びつくプレーができなかった高萩洋次郎が最低の【3.9】という結果になりました。 ◆北朝鮮戦のユーザー採点結果 GK 中村航輔 7.5 DF 室屋成 5.1 昌子源 4.9 谷口彰悟 4.5 車屋紳太郎 4.8 MF 今野泰幸 5.8 井手口陽介 6.5 高萩洋次郎 3.9 →伊東純也 5.5 FW 小林悠 5.0 倉田秋 4.7 →阿部浩之 4.9 金崎夢生 4.5 →川又堅碁 5.7 監督 ハリルホジッチ 4.3 ◆皆様の声(一部) ・もうちょっと頑張れ ・寄せ集め感がすごかった。パスの呼吸が合ってない ・国内組は本当に使えない ・中村のみ今後に期待が持てる ・急造メンバーとはいえ攻撃陣のコンビネーションは酷かった ・攻守に低調な内容だった。残り2試合良い試合を見せてほしい ・やるべき事が多々あるのではないかと思う ・相手の実力を考えると攻守に物足りない試合だった ・北朝鮮相手にGKが目立つような試合じゃダメだろ ・面子は揃っていたが、ほぼ初めての組み合わせで連係不足が否めなかった 2017.12.10 19:12 Sun
twitterfacebook
thumb

“俺は俺”のFW川又堅碁、「代表生き残り」より「大会優勝」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽EAFF E-1サッカー選手権2017に参戦中の日本代表は10日、都内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、FW川又堅碁がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。ジュビロ磐田でストライカーとして磨きがかかる川又は、サバイバルレース中の身だが、チームの大会優勝に重きを置いた。 ◆FW川又堅碁(ジュビロ磐田) ──練習中、監督から呼び出されていたが 「(ボールを)受けたらシンプルに裏に抜けろって」 ──起点になるプレーで安定感があるが、今回の代表に落とし込めているか 「どうだろう。そんなに合わせた感じはない。でも、互いの癖はわかっているので、そのぶん合わせやすい。練習中でもそういう話はしているし、(試合でも)うまくいくと思う」 ──MF谷口彰吾(川崎フロンターレ)が今回が本大会のメンバー入りに向けて「最後のチャンス」と言っていたが、自身はどう考えているか 「俺は谷口じゃない(笑)。俺は俺的にやる。覚悟というか、ただ単に次の試合に勝ちたい。本当にこの大会を優勝したいので、目の前の試合、中国戦に勝ちたい。で、(大会が終わってからこのテーマについて)最後喋りましょ」 ──初戦に出たことは次戦に向けてプラスになるか 「正直、選手だったら先発で出たい。俺も出たかった。(初戦で)途中からうまく入れたのは良かったけど、次の試合は次の試合。まずはコンディションとメンタルのところが自分にとって大事になってくる」 ──クラブと代表での疲れは違うか 「クラブだったら、いつもの流れができているけど、代表だと人も変わる。多少はあるかもしれないけど、自分的にはあまり変わらない。俺は結構、そういうの余裕なんで(笑)」 2017.12.10 16:40 Sun
twitterfacebook
thumb

10番背負うMF大島僚太「準備はしておかないと」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽EAFF E-1サッカー選手権2017に参戦中の日本代表は10日、都内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF大島僚太がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。今大会、背番号10を背負う川崎フロンターレのファンタジスタが出場の可能性がある次戦の中国代表戦でのプレーイメージを深めた。 ◆MF大島僚太(川崎フロンターレ) ──改めて北朝鮮戦を振り返って 「初戦を勝てたのは大きいと思う。やりにくさはあったと思うけど、耐えることを耐えて、チャンスをモノにできたのは良いこと」 ──裏を狙う姿勢がチームに求められているが 「裏を狙う姿勢は求められていることなので、そこはしっかり狙って、ゆっくりするところはゆっくりする使い分けはしたい」 ──出るとなればボランチか、トップ下が濃厚だが 「多少の違いはあるけど、それぞれの準備はしっかりしないといけない」 ──中国代表のイメージは 「ACLで対戦したとき、力強さを感じたので、その印象はある」 ──そういう相手に対するプレーイメージは 「ボールを持ったとき、良いポジションを取ってつかまらないことも1つだと思う」 ──監督が多少のメンバー変更を示唆しているが 「背後を狙うことは、どのタイミングでも言われているので、意識しないといけない。ただ、相手が引いて背後にスペースがないとき、違った方法が必要になってくる」 2017.12.10 16:20 Sun
twitterfacebook
thumb

ベールを脱いだGK中村航輔「いつもどおりのプレーができた」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽EAFF E-1サッカー選手権2017に参戦中の日本代表は10日、都内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、GK中村航輔がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。柏レイソルの絶対的守護神は、浮かれる様子なく、堂々たるパフォーマンスを披露したA代表デビュー戦を回想した。 ◆GK中村航輔(柏レイソル) ──改めて北朝鮮戦を振り返って 「チームとして結果を出すことができて何よりだった」 ──改めてデビュー戦を振り返って 「本当に難しい試合だったけど、心がけていたいつもどおりのプレーができた」 ──世代別代表との違いは 「国際大会をA代表で経験するのは初めてだったけど、少しのところで結果が変わってしまうと思うので、悪い方にならなくて良かった」 ──実際にプレーしてみて達成感はあるか 「ピッチに立つことは目標だったので、その点に関しては良かったと思う」 ──安定したパフォーマンスぶりだったが 「国内組だけで、しかも初めてのメンバーも多かったけど、互いがサポートして、サポートされながらうまくプレーできた」 ──クラブと代表のスタイルで意識している部分はあるか 「もちろん、チームと人が変われば、やるサッカーも変わる。合わせながら、そして合わせてもらいながら、リスペクトしてプレーすることができたと思う」 2017.12.10 16:00 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース