スタッド・ランス、昨季ELファイナリストのドニプロからカンカバを獲得2015.08.17 03:21 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽スタッド・ランスは16日、ドニプロからジョージア代表MFヤバ・カンカバ(29)を完全移籍で獲得したと公式サイトで発表した。契約期間は2018年6月30日までの3年間となるが、契約期間終了後にクラブ側に更なる契約を延長する権利が与えられている。

▽2007年からドニプロでプレーするカンカバは、堅守速攻スタイルを採用する同クラブの守備的MFの主力として長年にわたって活躍。昨シーズンのヨーロッパリーグでは、安定したパフォーマンスでクラブ史上初の準優勝に大きく貢献した。

▽なお、カンカバの加入が決定したスタッド・ランスは、今シーズンのリーグ・アン開幕戦でボルドー、第2節でマルセイユを撃破するなど、最高のスタートを切っている。

コメント

関連ニュース

thumb

リバプールFWオジョが契約延長 今季はスタッド・ランスへレンタル

▽リバプールは30日、イングランド人FWセイ・オジョ(21)と契約延長し、同時にスタッド・ランスへの今季終了時までのレンタル移籍を発表した。 ▽リバプールユース出身のオジョは2014-15シーズンにレンタル先のウィガンでトップチームデビュー。翌シーズンにリバプールでもデビューを果たすものの、ほとんど出場機会に恵まれず、昨季はフルアムに武者修行に出ていた。フルアムではリーグ戦22試合に出場し4ゴール2アシストを記録。プレミア昇格に貢献した。 ▽一方、昨季のリーグ・ドゥ(フランス2部)で優勝し、3シーズンぶりにリーグ・アンに戻ってきたランスは、現在第3節を終えた時点で2勝1敗で6位に位置。第2節ではリヨンを倒すなど快調なスタートを切っている。 2018.08.30 19:13 Thu
twitterfacebook
thumb

ニース指揮官ヴィエラ、悪童バロテッリの退団を容認「彼が残留することはないだろう」

これまでニースのイタリア代表FWマリオ・バロテッリには移籍のうわさが浮上していたが、指揮官パトリック・ヴィエラも教え子の退団を容認しているようだ。<br><br>11日に行われたリーグ・アン第1節で、ニースはスタッド・ランスをホームで迎え撃った。ニースは開始2分で失点してしまうと、その後は試合の大半で主導権を握りながらも1点が遠く、0-1で開幕ゲームを落としている。<br><br>試合後、この試合でバロテッリがベンチ外だったことについて指揮官ヴィエラは「マリオは異なるチームに移りたいと主張していたので、この試合では戦力として想定していなかった」とコメント。<br><br>「彼がここに残留することはないだろう。我々は選手たちの自主性やモチベーションを重視する。ここを去りたいと言っている選手をつなぎ止める理由はないので、彼の移籍を後押しするよ」<br><br>ヴィエラ監督は現役時代に同僚だったバロテッリの退団を容認した一方で、その動きは停滞している状況だ。<br><br>今夏の移籍市場でバロテッリにはマルセイユ、パルマ、ボローニャ、トリノ、ドルトムントなどが関心を示していたが、いずれも具体的な段階まで話は進展せず。指揮官ヴィエラはバロテッリを構想外と見ているだけに、ニース退団は確実と見られるが、果たしてイタリアの悪童はどのチームに新天地を求めるのか。引き続きその動向が注目されるところだ。<br><br>提供:goal.com 2018.08.12 13:55 Sun
twitterfacebook
thumb

古豪スタッド・ランスが3シーズンぶりのリーグ・アン復帰《リーグ・ドゥ》

▽リーグ・ドゥ(フランス2部)の第34節、スタッド・ランスvsACアジャクシオが20日に行われ、ホームのスタッド・ランスが1-0で勝利した。この結果、首位のスタッド・ランス(勝ち点78)が1試合消化試合が多い3位のACアジャクシオ(勝ち点63)との勝ち点差を「15」に広げ、3シーズンぶりのリーグ・アン復帰を決めた。 ▽1940年代後半から1960年代前半までに6度のリーグ・アン制覇を果たした古豪スタッド・ランスは、1955-56シーズンに創設されたチャンピオンズリーグの前身ユーロピアン・チャンピオン・クラブズ・カップでレアル・マドリーと共に決勝を戦ったフランス屈指の名門。 ▽その後は長期に渡る低迷期を経て2011-12シーズンに34年ぶりのリーグ・アン昇格を果たすも、2015-16シーズンを18位で終えて再び降格。それでも、昨季7位から大きくジャンプアップを果たした今季ここまでは25勝5敗3分けの安定した戦績で3シーズンぶりのリーグ・アン復帰を決めた。 2018.04.21 14:02 Sat
twitterfacebook
thumb

ジダン、セスク獲得もハメス放出も否定 「中盤にもう一人を加えるのは難しい」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は、チェルシーMFセスク・ファブレガスの加入やMFハメス・ロドリゲスの放出の可能性を否定するコメントを述べている。<br><br>セスクはチェルシーのアントニオ・コンテ監督から高い評価を受けられていない様子で、プレミアリーグ開幕戦にも起用されなかった。かつて所属したバルセロナの宿敵であるレアル・マドリーへの移籍の噂も浮上している。<br><br>だがジダン監督は、中盤の補強は難しいと主張している。16日に行われたベルナベウ杯、スタッド・ランス戦の終了後の会見で次のように述べたとしてスペインメディアが伝えた。<br><br>「中盤にもう一人別のMFを加えたいとしても難しいことだ。3人か4人が招集メンバーから外れるようなメンバー構成となる。もう一人を中盤に加えるのは非常に難しいだろう」<br><br>ジダン監督の就任以来チーム内での序列が低下したハメスはこの夏の放出候補だとされてきたが、S・ランス戦では1ゴールを記録してアピールしている。<br><br>「ハメスはここにいる。私は彼の試合に満足しているし、ここに残ることになるだろう。こういう質問に答えるのはもううんざりだ。私の答えが変わることはないよ」<br><br>基本的には、新シーズンを戦うメンバーはすでに確定していると指揮官は述べた。<br><br>「31日まで待ってみよう。誰も来ることはないと思うし、私は今のメンバーに満足している。常にどんなことでも起こる可能性はあるものだが、満足しているよ」<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2016.08.17 13:58 Wed
twitterfacebook
thumb

ベティス、スタッド・ランスからアルジェリア代表DFマンディを獲得

▽ベティスは6月30日、スタッド・ランスからアルジェリア代表DFアイサ・マンディ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの5年契約となる。 ▽アルジェリア人の両親の下、フランスで生まれ育ったマンディは、スタッド・ランスでプロキャリアをスタート。本職のセンターバックに加え、左右のサイドバックでプレー可能な同選手は、2011-12シーズンから絶対的なレギュラーとして活躍。キャプテンに就任した2015-16シーズンは、リーグ・アン32試合に出場し、5ゴールを記録した。 ▽また、2014年にデビューを飾ったアルジェリア代表では、ここまで24試合に出場し、1ゴールを記録。2014年ブラジル・ワールドカップでは、現在、日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督の下でレギュラーとしてプレーし、ベスト16進出に貢献した。 2016.07.01 05:05 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース