【日本代表コラム】東アジアカップで得たもの2015.08.10 12:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽今回の東アジアカップは、国内組の選手たちにとって代表定着に向けて自身の力をアピールする格好の舞台だった。今大会に向けたメンバー発表の席で、「一番試したいことは?」と問われたヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、「次の合宿に向けて選手を発見したい」と主張。その後、別の記者から「選手の発掘と結果を両立できるのか」との質問を受けると、「まず大事なのは結果。その中で新しい選手が力を示さなければいけない」と語った。

▽要するに今大会は、優勝を目指しつつ、A代表の新たなオプションに成り得る選手を探すことが目的だった。結果は知ってのとおり、2分け1敗の勝ち点2で最下位。連覇どころか勝利を収めることすらできなかった。だが、中国戦後の会見で「真のA代表に入れる選手を何人か見つけた」と語っており、そういった意味では、当初の目的の1つを果たすことはできたと言えそうだ。

▽その中国戦では、武藤が出場した北朝鮮戦に続き2戦連発となるゴールを記録。スコアラーを欲している指揮官の期待に応えた。そして、3試合すべてに先発して攻守に奮闘した山口や遠藤も「真のA代表」に入る有力候補と言えそうだ。攻守にわたる精力的なアップダウンを繰り返した米倉や、前線でタメをつくるポストプレーをみせた興梠は、“オプションに成り得る”活躍を見せたと言える。

▽一方、精彩を欠いていた印象のある永井や宇佐美、川又といったFW陣は、現在の4-3-3よりも、2トップの一角として起用した方が機能しそうだ。永井は、高い位置で裏を狙うことに専念させた方が相手の脅威となるはず。宇佐美も、サイドで守備に追われるよりは、G大阪のようにパートナーを置いて中央で自由にやらせた方が持ち味は発揮できると思う。それは川又にも言えることだ。彼はポストプレーヤーではない。

▽大会前に語っていた「異なる3つのオーガナイズ」を見ることはできなかったが、今後は選手の特徴や相手の特徴に合わせた起用法なども見せてもらいたい。そういった引き出しを増やしていくことが、アジアと世界で異なる戦い方を求められる日本に必要な要素であり、それをもたらせる監督だと思っている。

▽そんな指揮官が今大会を通して“アピール”していたのが、“スケジュールの問題”だ。他の3カ国に1週間ほどの準備期間があったのに対し、日本は大会の4日前まで国内リーグを戦う過密日程。そのため指揮官は、準備期間を「もう2~3日与えて欲しかった」と繰り返した。これを、結果を残せないことへの“エクスキューズ”と捉える向きもあるが、個人的には違うと思っている。

▽ハリルホジッチ監督が語るように、「どの監督も準備をしたいと思うのは当然」の主張だ。そして何より、今大会は候補選手50人のうち約20%にあたる選手が、何らかの負傷を抱えていた。代表の強化はもちろん、選手のことを考えれば、ハリルホジッチ監督の要求を“言い訳”と捉えるのではなく、来年以降のスケジュールについて考えるための好機だと捉えるべきではないだろうか。
《超ワールドサッカー編集部・平野由倫》

コメント

関連ニュース

thumb

強豪イングランドに善戦もPK負けでベスト16敗退《U-17W杯》

▽U-17日本代表は17日、インドで開催されているFIFA U-17ワールドカップの決勝トーナメント1回戦でU-17イングランド代表と対戦し、0-0で終了した。しかし、90分を戦い終えて迎えたPK戦を3-5で敗れ、ベスト16敗退に終わっている。 ▽3日前に行われたU-17ニューカレドニア代表戦を1-1と引き分けてグループEを1勝1分け1敗の2位で通過した日本は、ニューカレドニア戦のスタメンから大幅に8選手を変更。MF中村敬斗、MF福岡慎平、DF鈴木冬一の3選手のみが引き続きスタメンとなった。 ▽グループFを全勝で首位通過したイングランドに対し、5-0と大勝した初戦のU-17ホンジュラス代表戦と同じスタメンで臨んだ日本は、フラットな[4-4-2]の布陣を採用。GKに谷晃生(G大阪ユース)、最終ラインは右から喜田陽(C大坂U-18)、菅原由勢(名古屋U-18)、小林友希(神戸ユース)、鈴木冬一(C大阪U-18)。中盤は右に中村敬斗(三菱養和SCユース)、左に上月壮一郎(京都U-18)、2ボランチに平川怜(FC東京U-18)と福岡慎平(京都U-18)を起用。2トップは久保建英(FC東京U-18)と宮代大聖(川崎F U-18)を配した。 ▽開始4分に左サイドからカットインした上月が枠内シュートを浴びせた日本だったが、イングランドのハイプレスの前に押し込まれる時間が続く。14分には平川のボールロストからブルースターに枠内シュートを浴びると、その後もフォーデンを筆頭に個人能力の高いイングランドに主導権を握られる。 ▽18分に久保がミドルシュートで牽制した日本だったが、イングランドの攻勢を受ける展開が続くと、27分にはボックス右への侵入を許したブルースターに右ポスト直撃のシュートを浴びせられてしまう。 ▽ハーフタイムにかけても一方的に押し込まれる中、カウンターに転じた日本は37分にチャンス。ボックス内から中村が放ったシュートのルーズボールをゴールエリア左の上月がシュート。しかし、枠を捉えきれなかった。そのまま何とか耐えきった日本はゴールレスで前半を終えた。 ▽迎えた後半も押し込まれた日本は49分にピンチ。マクイークランのミドルシュートが枠を捉えたが、GK谷が横っ飛びのセーブで阻止した。劣勢が続く日本は54分に中村に代えて椿直起(横浜F・マリノスユース)を投入すると、オープンな展開に移行する。 ▽徐々に敵陣でプレーする時間を増やしていった日本は、69分に福岡とのパス交換から持ち上がった久保がミドルシュートを浴びせた。後半半ば以降も運動量の落ちたイングランド相手に押し込んだ日本は、76分に宮代がGKを強襲するミドルシュートを放つ。 ▽攻勢に出ていた日本だったが、84分にピンチ。自陣右サイドを突破され、最後はキルビーにシュートを許すも、菅原が身体を張った守備で防いだ。すると凌いだ日本は87分に決定機。ボックス右に侵入した椿の折り返しを宮代がダイレクトシュート。しかし、GKの守備範囲に飛んでしまった。 ▽その後も久保がミドルシュートを浴びせるなど攻め立て日本だったが、90分をゴールレスで終了。決着はPK戦に委ねられた。そのPK戦では5人全員が決めたイングランドに対し、日本は3番手の喜田がGKに止められて3-5で敗戦。強豪イングランド相手に善戦しながらもPKで惜しくも敗退となった。 ◆PK戦 イングランド 5-3 日本 1.ブルースター 〇 〇 菅原 2.ハドソン=オドイ 〇 〇 宮代 3.フォーデン 〇 × 喜田 4.アンダーソン × 〇 上月 5.キルビー〇 2017.10.18 01:42 Wed
twitterfacebook
thumb

U-17日本代表に追い風か? ドルトムントの要請でU-17イングランド代表からMFサンチョが離脱

▽イングランドサッカー協会(FA)は16日、FIFA U-17ワールドカップに出場しているU-17イングランド代表から、ドルトムントのMFジェイドン・サンチョ(17)が離脱することを発表した。公式サイトが伝えた。 ▽サンチョは、今夏マンチェスター・シティからドルトムントへと移籍。ブンデスリーガでの出場はここまでないものの、期待の若手として注目されている。 ▽U-17ワールドカップでも、グループステージの3試合に出場し3ゴールを記録。チームのラウンド16進出に貢献していたが、U-17日本代表戦を前にチームを離脱。ドルトムントへと戻っていた。 ▽クーパー・スティーブ監督は、大会中のサンチョの離脱について「ジェイドンは家に戻った。ドルトムントはドイツに戻ってくる様にリクエストしてきた」とコメント。「大会にとっては痛手だよ」と語り、この先のトーナメントに向けて、大きな戦力ダウンであると語った。 ▽イングランドは、日本と17日の23時30分から準々決勝進出をかけて対戦する。 2017.10.17 14:50 Tue
twitterfacebook
thumb

『FIFA.com』がU-17日本代表FW中村敬斗に2択の一問一答…「あらゆる面でチームに貢献したい」

▽U-17日本代表は17日、U-17ワールドカップのラウンド16でU-17イングランド代表と対戦する。『FIFA.com』が、日本のFW中村敬斗に注目し、一問一答を行った。 ▽日本は、フランス、ホンジュラス、ニューカレドニアとグループステージで同居。1勝1分け1敗の2位でグループステージを突破し、ラウンド16に臨む。 ▽中村は、初戦のホンジュラス戦でハットトリックを記録すると、第3戦のニューカレドニア戦でも1得点を記録。ここまで3試合で4得点を挙げている。 ▽ラウンド16で対戦するイングランドは、メキシコ、チリ、イラクと同居したグループステージで3勝を記録。11得点2失点と結果も残し、優勝候補にも挙げられている。 ▽『FIFA.com』は日本を牽引する中村を特集。2択のインタビューを実施し、大会の目標やプレースタイル、中村の好みについて迫った。 <span style="font-weight:700;">──イングランドと日本。準々決勝に進むのは?</span> 「日本、明らかに日本です。疑いの余地はありません」 <span style="font-weight:700;">──コルカタでタイトルを獲りたいか、テレビで決勝を見るか?</span> 「コルカタでタイトルを獲りたいです。僕たちが2年半前にスタートさせた目標でもあります。チームと僕は、長期間このために取り組んできました。僕たちはそのことだけを話していますし、そのために努力してきました」 <span style="font-weight:700;">──これまでの日本のパフォーマンスは、満足か不満か?</span> 「結果だけを見ると、不満です。僕たちはより攻撃的に、積極的にプレーしたいですし、しなければいけません」 <span style="font-weight:700;">──クリスティアーノ・ロナウドかリオネル・メッシか?</span> 「ロナウドです。多分、僕のスタイルはロナウドにより似ていると思います。ロナウドのドリブルと、右足でシュートを打つ姿が好きです」 <span style="font-weight:700;">──将来的にはヨーロッパでプレーしたいか、日本でプレーしたいか?</span> 「ヨーロッパです。なぜなら、多くの日本代表選手がプレーしているからです。それも、僕の目標です」 <span style="font-weight:700;">──シュートかドリブルか?</span> 「難しい質問ですね…でも、シュートです。なぜなら、僕はゴールを決めるチャンスがあります」 <span style="font-weight:700;">──ウイングか中央か?</span> 「ウイングです。僕は攻撃をして、チャンスを作ることはできますが、ゴールも決めています」 <span style="font-weight:700;">──ゴールかアシストか?</span> 「ゴールです。僕のプレーするポジションを考えると…」 <span style="font-weight:700;">──寿司かピザか?</span> 「寿司です。僕の好物は、実際に刺身です」 <span style="font-weight:700;">──アディダスゴールデンブーツ(得点王)かアディダスゴールデンボール(大会MVP)か?</span> 「ゴールデンボールは、大会の最高の選手です。僕はゴールを決めるだけでなく、あらゆる面でチームの成功に貢献したいと思っています」 2017.10.17 12:30 Tue
twitterfacebook
thumb

日本はポット4が濃厚…ポット3入りの条件は4つ

▽国際サッカー連盟(FIFA)は16日、10月のFIFAランキングを発表した。日本は前回より4つランクを下げ、44位となった。 ▽今回のFIFAランキングは、12月1日に行われる、ロシア・ワールドカップの組み合わせ抽選会のポット分けに影響する。ポット分けはFIFAランキングの上位から8カ国ずつが4つ分類され、開催国であるロシア(65位)のみ、FIFAランキングに関係なくポット1に入る。 ▽現時点で出場32カ国中、出場が決定しているのは23カ国。ここに、アフリカ予選の残り3カ国、欧州予選のプレーオフを勝ち抜く4カ国、南米5位のペルーvsオセアニア王者のニュージーランド、北中米カリブ海4位のホンジュラスvsアジアPOを勝ち抜いたオーストラリアの勝者の9カ国が加わることとなる。 ▽今回発表されたランキングを元にポット分けを予想すると、日本は限りなくポット4に入ることとなるだろう。出場が確定している国で、日本よりFIFAランキングが低いのは、パナマ(49位)、韓国(62位)、サウジアラビア(63位)の3カ国のみ。また、アフリカ予選で同グループのモロッコ(48位)、コートジボワール(61位)は、どちらが出場となっても日本よりランキングは下となる。日本以下のW杯出場国(可能性がある国を含む)のランキングは以下の通り。 ◆FIFAランキング 44.日本 47.ギリシャ※1 48.モロッコ※2 49.パナマ 55.ブルキナファソ※3 61.コートジボワール※2 62.韓国 63.サウジアラビア 64.カーボベルデ※3 69.ホンジュラス※4 74.南アフリカ※3 122.ニュージーランド※5 ※1…欧州予選プレーオフ ※2…アフリカ予選で同グループ ※3…アフリカ予選で同グループ。32位のセネガルが首位 ※4…43位のオーストラリアとの大陸間プレーオフ ※5…10位のペルーとの大陸間プレーオフ ▽上記の通り、日本はギリギリでポット3に入る可能性が残されている。しかし、下記の4つの条件が揃わない限り、日本はポット4入りが決定する。 1.ギリシャが欧州予選プレーオフを勝ち抜く 2.ニュージーランドが大陸間プレーオフを勝ち抜く 3.ホンジュラスが大陸間プレーをオフを勝ち抜く 4.アフリカグループDでブルキナファソ or カーボベルデ or 南アフリカが首位 ▽欧州予選プレーオフギリシャの相手になるのは、スイス(11位)、イタリア(15位)、クロアチア(18位)、デンマーク(19位)の4カ国。いずれも強敵だ。 ▽ニュージーランドの大陸間プレーオフの相手は南米5位で、FIFAランキング10位のペルー。2010年の南アフリカW杯は、バーレーンとの大陸間プレーオフを制して、本大会出場を決めている。2014年のブラジルW杯はメキシコとの大陸間プレーオフに敗れて出場はならなかったが、今回はどうなるのか。 ▽ホンジュラスの相手は、日本とアジア予選を戦った43位のオーストラリアだ。どちらも連続でのW杯出場を目指している。拮抗した試合になる可能性が高い。 ▽そしてアフリカ予選グループDは、セネガルが2試合を残して勝ち点差2の首位。セネガルの残り2試合は最下位の南アフリカだが、南アフリカも連勝すれば逆転でのW杯出場の可能性がある。 ▽4つの条件を満たす可能性はゼロではないが、1つでも達成されなければポット4となる。果たしてどのような結果になるのか。11月のW杯予選、プレーオフで全てが決着する。 2017.10.16 19:25 Mon
twitterfacebook
thumb

日本代表、アジア3番手に後退 前月40位→44位にダウン

▽国際サッカー連盟(FIFA)は16日、最新のFIFAランキングを発表した。 ▽前月にヴァイッド・ハリルホジッチ体制最高位の40位に順位を上げた日本代表だが、今月は4つ下げて44位。アジア全体でも、50位から43位にジャンプアップしたオーストラリア代表に抜かれて、前月2位から3位に後退した。 ▽また、世界全体では、ドイツ代表、ブラジル代表、ポルトガル代表、アルゼンチン代表、ベルギー代表の上位5カ国の順位に変動なし。そのほか、前月11位のスペイン代表が8位にランクインしている。 ◆<span style="font-weight:700;">10月のFIFAランキング50位(カッコ内は前月の順位)</span> 1.ドイツ(1) 2.ブラジル(2) 3.ポルトガル(3) 4.アルゼンチン(4) 5.ベルギー(5) 6.ポーランド(6) 7.フランス(8) 8.スペイン(11) 9.チリ(9) 10.ペルー(12) 11.スイス(7) 12.イングランド(15) 13.コロンビア(10) 14.ウェールズ(13) 15.イタリア(17) 16.メキシコ(14) 17.ウルグアイ(16) 18.クロアチア(18) 19.デンマーク(26) 20.オランダ(29) 21.アイスランド(22) 22.コスタリカ(21) 23.北アイルランド(20) 24.スロバキア(19) 25.スウェーデン(23) 26.アイルランド(34) 27.アメリカ(28) 28.チュニジア(31) 29.スコットランド(43) 30.エジプト(30) 31.ウクライナ(24) 32.セネガル(33) 33.トルコ(27) 34.イラン(25) 35.DRコンゴ(42) 36.パラグアイ(39) 36.ブルガリア(38) 38.セルビア(32) 39.オーストリア(57) 40.ボスニア・ヘルツェゴビナ(36) 41.ナイジェリア(44) 42.カメルーン(45) 43.オーストラリア(50) 44.日本(40) 45.ルーマニア(41) 46.チェコ(58) 47.ギリシャ(47) 48.モロッコ(56) 49.パナマ(60) 50.ボリビア(46) ◆<span style="font-weight:700;">アジア内トップ10(カッコ内は総合順位)</span> 1.イラン(34) 2.オーストラリア(43) 3.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">日本(44)</span> 4.中国(57) 5.韓国(62) 6.サウジアラビア(63) 7.UAE(72) 8.ウズベキスタン(76) 9.シリア(77) 10.イラク(80) 2017.10.16 17:50 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース